Advanced search options

Advanced Search Options 🞨

Browse by author name (“Author name starts with…”).

Find ETDs with:

in
/  
in
/  
in
/  
in

Written in Published in Earliest date Latest date

Sorted by

Results per page:

Sorted by: relevance · author · university · dateNew search

You searched for subject:(Early childhood education Computer assisted instruction ). Showing records 1 – 30 of 264169 total matches.

[1] [2] [3] [4] [5] … [8806]

Search Limiters

Last 2 Years | English Only

Degrees

Levels

Languages

Country

▼ Search Limiters

1. 本多,, 絵美. Computer-Aided Diagnosis Scheme for Distinguishing Between Benign and Malignant Masses in Breast DCE-MRI : ダイナミック乳腺MRIにおけるコンピュータ診断支援システムの構築.

Degree: 博士(医療科学), 2017, SUZUKA UNIVERSITY OF MEDICAL SCIENCE / 鈴鹿医療科学大学

Subjects/Keywords: Computer-aided diagnosis; Mass; DCE-MRI; Computer-aided diagnosis; Mass; DCE-MRI

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

本多,, . (2017). Computer-Aided Diagnosis Scheme for Distinguishing Between Benign and Malignant Masses in Breast DCE-MRI : ダイナミック乳腺MRIにおけるコンピュータ診断支援システムの構築. (Thesis). SUZUKA UNIVERSITY OF MEDICAL SCIENCE / 鈴鹿医療科学大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1343/00000030/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

本多,, 絵美. “Computer-Aided Diagnosis Scheme for Distinguishing Between Benign and Malignant Masses in Breast DCE-MRI : ダイナミック乳腺MRIにおけるコンピュータ診断支援システムの構築.” 2017. Thesis, SUZUKA UNIVERSITY OF MEDICAL SCIENCE / 鈴鹿医療科学大学. Accessed November 18, 2019. http://id.nii.ac.jp/1343/00000030/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

本多,, 絵美. “Computer-Aided Diagnosis Scheme for Distinguishing Between Benign and Malignant Masses in Breast DCE-MRI : ダイナミック乳腺MRIにおけるコンピュータ診断支援システムの構築.” 2017. Web. 18 Nov 2019.

Vancouver:

本多, . Computer-Aided Diagnosis Scheme for Distinguishing Between Benign and Malignant Masses in Breast DCE-MRI : ダイナミック乳腺MRIにおけるコンピュータ診断支援システムの構築. [Internet] [Thesis]. SUZUKA UNIVERSITY OF MEDICAL SCIENCE / 鈴鹿医療科学大学; 2017. [cited 2019 Nov 18]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1343/00000030/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

本多, . Computer-Aided Diagnosis Scheme for Distinguishing Between Benign and Malignant Masses in Breast DCE-MRI : ダイナミック乳腺MRIにおけるコンピュータ診断支援システムの構築. [Thesis]. SUZUKA UNIVERSITY OF MEDICAL SCIENCE / 鈴鹿医療科学大学; 2017. Available from: http://id.nii.ac.jp/1343/00000030/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

2. 蟹江, 秀俊. 遮光性能を考慮したカーテンの仮想試着システム.

Degree: Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学

Supervisor:宮田 一乘

先端科学技術研究科

修士(知識科学)

Subjects/Keywords: コンピュータグラフィックス; Computer graphics

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

蟹江, . (n.d.). 遮光性能を考慮したカーテンの仮想試着システム. (Thesis). Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10119/15140

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

蟹江, 秀俊. “遮光性能を考慮したカーテンの仮想試着システム.” Thesis, Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学. Accessed November 18, 2019. http://hdl.handle.net/10119/15140.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

蟹江, 秀俊. “遮光性能を考慮したカーテンの仮想試着システム.” Web. 18 Nov 2019.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.

Vancouver:

蟹江 . 遮光性能を考慮したカーテンの仮想試着システム. [Internet] [Thesis]. Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学; [cited 2019 Nov 18]. Available from: http://hdl.handle.net/10119/15140.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

Council of Science Editors:

蟹江 . 遮光性能を考慮したカーテンの仮想試着システム. [Thesis]. Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学; Available from: http://hdl.handle.net/10119/15140

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

3. 佐藤, 佑有子. YUBAメソッド発声練習用DVD教材による女子中学生の声域拡張に関する検証.

Degree: 2017, Mie University / 三重大学

三重県内では歌唱活動が非常に盛んである。多くの学校で校内合唱コンクールヘの熱心な取り組みが行われているが、授業において基礎発声指導を行う十分な時間がないため、多くの子どもたちが歌唱に対して何らかの問題を抱えている。また、一斉授業において、教師がピアノを弾きながらの歌唱指導は非常に難しい。このような課題の解決に向け、筆者は発声練習に有効なメソッドを選択した。筆者と1~2名の学校教員により、中学生の声域拡張への効果の検証を行った。YUBA理論(発声制御理論)を基にしたYUBAメソッド発声練習用DVD教材(初級編)を使用して発声練習を1か月間(週に3回)行い、対象者の声域をこの発声練習期間の開始前と終了後に測定した。対象者は女子中学生20名(13.05± 1.05歳)とした。その結果、対象者の声域は平均5.4半音拡がり、3オクターブ以上の声域を持つ者、練習開始前では7名(35%)であつたのに対し、練習終了後には16名(80%)となった。t検定を行ったところ、高音への拡張はP=4.813e-07、低音への拡張はP=0.0006898、そして声域全体の拡張はP=3.691e‐07となり、3項目全てにおいて有意な差が認められた(P<0.01)。また、全対象者の声域が拡張した。本研究の結果、YUBAメソッドのDVD教材は女子中学生の声域拡張に有効であることが検証された。

Chorus performances are very popular at junior high schools in Mie prefecture. Although many schools make efforts to set up school chorus competitions,… (more)

Subjects/Keywords: 声区; 声域; 音域; 発声機能解剖生理学; YUBA理論; 発声制御理論; YUBAメソッド; 教材; 発声練習; 発声指導; 歌唱指導; 女子中学生; vocal register; vocal range; a range; functional anatomical physiology for voicing; The YUBA Theory; control theory for voicing; The YUBA Method; teaching material; vocal training; vocal instruction; the teaching of singing; junior high school girls

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

佐藤, . (2017). YUBAメソッド発声練習用DVD教材による女子中学生の声域拡張に関する検証. (Thesis). Mie University / 三重大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10076/12851

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

佐藤, 佑有子. “YUBAメソッド発声練習用DVD教材による女子中学生の声域拡張に関する検証.” 2017. Thesis, Mie University / 三重大学. Accessed November 18, 2019. http://hdl.handle.net/10076/12851.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

佐藤, 佑有子. “YUBAメソッド発声練習用DVD教材による女子中学生の声域拡張に関する検証.” 2017. Web. 18 Nov 2019.

Vancouver:

佐藤 . YUBAメソッド発声練習用DVD教材による女子中学生の声域拡張に関する検証. [Internet] [Thesis]. Mie University / 三重大学; 2017. [cited 2019 Nov 18]. Available from: http://hdl.handle.net/10076/12851.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

佐藤 . YUBAメソッド発声練習用DVD教材による女子中学生の声域拡張に関する検証. [Thesis]. Mie University / 三重大学; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/10076/12851

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

4. 池, 天択. YUBAメソッドによる音痴矯正に関する検証 : 中国の歌唱発声教育などへの導入に向けて.

Degree: 2017, Mie University / 三重大学

[目的]中国人が中国語で歌を歌う場合においても、「YUBAメソッド」を用いた音痴矯正のための個別発声指導が有効であるかを検証すること。[実施対象者と方法]男性中国人留学生の学部生4名と大学院生1名、計5名である。方法は、まず、対象者に対し、『赤とんぼ』と筆者による自作曲のメロディーの聴き比べ能力に関する調査を行った。各設間において2つのメロディーを被験者に聴き比べてもらい、それらが同じか異なるかを答えてもらった。この間き取り調査により、音痴歌唱の原因が、生まれつきの耳の問題ではないという可能性が高いことが分かつた。次に、約1ヶ月(週1回40分、計4回)にわたって「YUBAメソッド」のトレーニング用DVDをCD化した教材を用いて筆者が個別発声指導を行い、また、自宅ではYUBAメソッドの本付属したトレーニングCDで自主練習をしてもらった。[結果]YUBAメソッドによる個別発声指導及び自宅練習の結果、対象者5名全員において、高音方向に平均9,7半音音域が拡張し、低音方向に平均0.8半音音域が拡張した。全体として10.5半音音域が拡張した。全員に音域の拡張がみられた。メロディーの音程のズレが約80セント以内に矯正された。さらに、指導前と1回目の指導後、そして指導前と最終指導後の音高のズレの平均値に差があるかをWilcoxon検定で調べたところ、有意差(p=0,03125。有意水準5%)が認められた。[結論]中国人が中国語の歌を歌う場合において、YUBAメソッドは有効である。[Purpose]To verify whether The YUBA Method is effective in improving off-key singing so-called tone-deafness in individual voicing guidance for Chinese singing a song in Chinese… (more)

Subjects/Keywords: YUBAメソッド; 音痴矯正; 運動性音痴; 中国; ミュージカル; 個別発声指導; 自宅練習; 声区; 音程; 音域; 音楽教育; YUBA method; Tone-deafness correction; Movement Tone-deafness; China; Musical; Individual Vocal Guidance; Self-practice at Home; Vocal Area; Interval; Vocal Range; Music Education

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

池, . (2017). YUBAメソッドによる音痴矯正に関する検証 : 中国の歌唱発声教育などへの導入に向けて. (Thesis). Mie University / 三重大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10076/14048

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

池, 天択. “YUBAメソッドによる音痴矯正に関する検証 : 中国の歌唱発声教育などへの導入に向けて.” 2017. Thesis, Mie University / 三重大学. Accessed November 18, 2019. http://hdl.handle.net/10076/14048.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

池, 天択. “YUBAメソッドによる音痴矯正に関する検証 : 中国の歌唱発声教育などへの導入に向けて.” 2017. Web. 18 Nov 2019.

Vancouver:

池 . YUBAメソッドによる音痴矯正に関する検証 : 中国の歌唱発声教育などへの導入に向けて. [Internet] [Thesis]. Mie University / 三重大学; 2017. [cited 2019 Nov 18]. Available from: http://hdl.handle.net/10076/14048.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

池 . YUBAメソッドによる音痴矯正に関する検証 : 中国の歌唱発声教育などへの導入に向けて. [Thesis]. Mie University / 三重大学; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/10076/14048

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

5. 市村, 美晴. 小学校における芸術を通じたコミュニケーション教育の推進方策 : アーティストによる「共感」の視点を持ったプログラムに焦点を当てて : A method for promotion of an art education program in elementary schools : Communication education, "empathy" and cooperation with the artist.

Degree: 2014, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学

本研究は、小学校の芸術教育におけるコミュニケーション能力を育むプログラムの中でも「共感」の視点を盛り込んだものに焦点を当て、それを外部のアーティストと協力したプログラムとして推進する際、どのような点が求められるかを明らかにすることを目的としている。そのため、多分野におけるアーティストの意識調査を行い、このプログラムを行う上での課題を探った。その結果、アーティストの大半が「共感」のプログラムを実施できると答えた一方、それぞれにとっての「共感」の位置づけが異なっていることが分かった。そこで、「共感」の位置づけごとにアーティストを、A タイプ、B タイプ(アーティストの職の形態によりさらにB.1、B.2 に分かれる)、C タイプに分け、それぞれごとの課題を分析し、推進策を検討した。A タイプは、「共感」の空間が自らの活動の目的とほぼ同じであるため、特に問題はないと考えられる。一方、B タイプは、「共感」という言葉から「強制」や「受け手のみ」の印象を受けることから、抵抗感を持っている。B.1 タイプは、「共感」を自らの活動の目的を達成する手段として扱う特徴を持つことから、「共感」の言葉を目的に使わず、方法として「共感」の特徴を提示することが必要と考えられる。B.2 タイプは、ファシリテーターとして「教える」能力の面の不安と、ワークショップのイメージである上から物を言う「教える」ところに良い印象がない点も抵抗感を持つ要因であり、他者の表現に対する柔軟な姿勢が特徴である。よって、子どもたちの言葉や動作を拾うなどの「共感」の特徴を説明することが必要と考えられる。C タイプは、作品を極めることのみに専念してきた点が特徴であり、若い時に教育の活動に触れ合うことや、教育に関わるアーティストとのつながりを持つことが重要であることが分かった。これらを効率よく実行するためには、アーティストを統括する人材などが必要性として考えられる。

静岡文化芸術大学

2012

Advisors/Committee Members: 片山, 泰輔.

Subjects/Keywords: 小学校; 芸術; コミュニケーション教育; アーティスト; 「共感」; elementary schools; art; communication education; artist; "empathy"

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

市村, . (2014). 小学校における芸術を通じたコミュニケーション教育の推進方策 : アーティストによる「共感」の視点を持ったプログラムに焦点を当てて : A method for promotion of an art education program in elementary schools : Communication education, "empathy" and cooperation with the artist. (Thesis). Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1132/00000908/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

市村, 美晴. “小学校における芸術を通じたコミュニケーション教育の推進方策 : アーティストによる「共感」の視点を持ったプログラムに焦点を当てて : A method for promotion of an art education program in elementary schools : Communication education, "empathy" and cooperation with the artist.” 2014. Thesis, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Accessed November 18, 2019. http://id.nii.ac.jp/1132/00000908/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

市村, 美晴. “小学校における芸術を通じたコミュニケーション教育の推進方策 : アーティストによる「共感」の視点を持ったプログラムに焦点を当てて : A method for promotion of an art education program in elementary schools : Communication education, "empathy" and cooperation with the artist.” 2014. Web. 18 Nov 2019.

Vancouver:

市村 . 小学校における芸術を通じたコミュニケーション教育の推進方策 : アーティストによる「共感」の視点を持ったプログラムに焦点を当てて : A method for promotion of an art education program in elementary schools : Communication education, "empathy" and cooperation with the artist. [Internet] [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2014. [cited 2019 Nov 18]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00000908/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

市村 . 小学校における芸術を通じたコミュニケーション教育の推進方策 : アーティストによる「共感」の視点を持ったプログラムに焦点を当てて : A method for promotion of an art education program in elementary schools : Communication education, "empathy" and cooperation with the artist. [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2014. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00000908/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

6. 鈴木, 恵梨香. 浜松における音楽を通じた多文化共生教育のあり方 : 外国人支援教育を越えて : Multicultural education through music : Enriching foreign educational support in Hamamatsu, Japan.

Degree: 2014, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学

本研究は浜松における多文化音楽教育の実践方法を導き出したものである。まず日本全体および浜松における多文化共生施策、特に学校教育における課題を整理した。傾向として主に外国人支援を中心とした施策を展開していることがわかった。浜松市教育委員会でも国際理解教育として外国人児童生徒教育に焦点を当てていることがインタビュー調査により明らかになった。近年、浜松では外国人市民と日本人市民による新たな文化の創造を施策に掲げている。そこで浜松の地域のリソースを生かす方法として、音楽を通じた多文化共生教育の実践方法を考察した。米国と日本における多文化音楽教育の実践の成功要因を考察したところ、地域の国際交流団体、音楽団体と学校との連携が重要であることがわかった。そのため浜松においてブラジル音楽のワークショップを担う団体とその参加者、国際交流協会、児童合唱団、学校関係者に対し、活動の現状や意識について調査した。その結果浜松では「ブラジル」に関連する組織や団体と、浜松の文化芸術を担う団体との「横」のつながりが希薄であることが明らかになった。また学校では外国人児童生徒支援に時間が割かれているため教員が中心になって多文化音楽教育を計画・実践することは難しいことがわかった。そこで日本人市民と外国人市民が文化活動により交流する方法の参考として、米国やドイツ、岐阜県可児市の例、2012 年に制定された「劇場法」にも触れた。浜松においては、音楽ホールを持つ文化施設に多文化共生に関わる専門的人材を配置して地域の外国音楽団体がワークショップを実施し、学校やその他の文化芸術団体に働きかけると実現可能性が高いと考えられる。

静岡文化芸術大学

2012

Advisors/Committee Members: 池上, 重弘.

Subjects/Keywords: 浜松; 多文化音楽教育; ブラジル; 日本人児童生徒; 劇場法; Hamamatsu; multicultural music education; Brazilians; music halls; schools

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

鈴木, . (2014). 浜松における音楽を通じた多文化共生教育のあり方 : 外国人支援教育を越えて : Multicultural education through music : Enriching foreign educational support in Hamamatsu, Japan. (Thesis). Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1132/00000910/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

鈴木, 恵梨香. “浜松における音楽を通じた多文化共生教育のあり方 : 外国人支援教育を越えて : Multicultural education through music : Enriching foreign educational support in Hamamatsu, Japan.” 2014. Thesis, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Accessed November 18, 2019. http://id.nii.ac.jp/1132/00000910/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

鈴木, 恵梨香. “浜松における音楽を通じた多文化共生教育のあり方 : 外国人支援教育を越えて : Multicultural education through music : Enriching foreign educational support in Hamamatsu, Japan.” 2014. Web. 18 Nov 2019.

Vancouver:

鈴木 . 浜松における音楽を通じた多文化共生教育のあり方 : 外国人支援教育を越えて : Multicultural education through music : Enriching foreign educational support in Hamamatsu, Japan. [Internet] [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2014. [cited 2019 Nov 18]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00000910/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

鈴木 . 浜松における音楽を通じた多文化共生教育のあり方 : 外国人支援教育を越えて : Multicultural education through music : Enriching foreign educational support in Hamamatsu, Japan. [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2014. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00000910/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

7. 鈴置, 路子. 地方中小自治体における市民文化活動の支援のあり方 : 地域振興のための人材育成の視点から : The concept support system of civil cultural activities in local community : From point of view in cultivating talent for the development of the community.

Degree: 2014, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学

社会教育等の分野における先行研究よれば、市民文化活動は、自己実現を果たすだでなく、集団的活動を通して豊かな人間性育み社会的ネットワーク構築させるなど、地域社会の発展に寄与する効用を持っている。自治体等はこうした市民文化活動への支援を行なってきているが、こうした人材育成への機能を十分に引き出すもとなっ現状である。そこで、本研究では、市民文化活動を人材育成の視点から捉え、どのような活動環境により人材が育成されるか、育成された人材が増えることで今後の地域振興に寄与る市民文化団体支援の課題を明らかにした。 まず、文化・芸術による地域活性化の事例に関する文献調査と市民団体2団体に対するプレ調査によって、市民文化活動を通じ人材育成がなされる55つの要因を抽出した。①団体の性格、②自主公演の有無、③マネジメント体制、④外部と関わり、⑤地域社会つながりである。これらの要因普遍性を確認し、人材育成が活発に行わようなため支援のあり方を考察するために、愛知県内で活動様々な市民文化団体に対する調査を実施した。対象団体の抽出にあたっては、財政が豊かな自治体とそうでない自治体を尾張地区と三河地区から2つずつ選出し、文化団体は、音楽系、演劇系、舞踏系、伝統文化など、幅広いジャンルの15団体を対象とした。 調査の結果、 5つの要因は文化ジャンル特性や地域の財政的事情に左右されるものではなく、自分たちの活動の目的づけ、いかにマネジメント人員を育成さていくかという、地域社会における組織マネジメントの視点が必要であこと明らかなった。これらを踏まえて支援主体は、①自性を促すきっかけづくり、②関係の構築、③ネットワーク広げる広域的地域における活性化事業を展開する、という中長期的な段階の中で、現行支援手段をどのように運用していくかということが求められる。

静岡文化芸術大学

2013

Advisors/Committee Members: 片山, 泰輔.

Subjects/Keywords: 市民文化活動; 社会教育; 地域振興; 人材育成; civil cultural activities; social education; development of community; cultivating talent

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

鈴置, . (2014). 地方中小自治体における市民文化活動の支援のあり方 : 地域振興のための人材育成の視点から : The concept support system of civil cultural activities in local community : From point of view in cultivating talent for the development of the community. (Thesis). Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1132/00000980/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

鈴置, 路子. “地方中小自治体における市民文化活動の支援のあり方 : 地域振興のための人材育成の視点から : The concept support system of civil cultural activities in local community : From point of view in cultivating talent for the development of the community.” 2014. Thesis, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Accessed November 18, 2019. http://id.nii.ac.jp/1132/00000980/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

鈴置, 路子. “地方中小自治体における市民文化活動の支援のあり方 : 地域振興のための人材育成の視点から : The concept support system of civil cultural activities in local community : From point of view in cultivating talent for the development of the community.” 2014. Web. 18 Nov 2019.

Vancouver:

鈴置 . 地方中小自治体における市民文化活動の支援のあり方 : 地域振興のための人材育成の視点から : The concept support system of civil cultural activities in local community : From point of view in cultivating talent for the development of the community. [Internet] [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2014. [cited 2019 Nov 18]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00000980/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

鈴置 . 地方中小自治体における市民文化活動の支援のあり方 : 地域振興のための人材育成の視点から : The concept support system of civil cultural activities in local community : From point of view in cultivating talent for the development of the community. [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2014. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00000980/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

8. 刘, 斯佳. 現代中国における校外音楽教育の研究 : 長春市少年宮と顕順琵琶学校を中心として : A Study on the Off Campus Music Education in Modern China : Focusing on the Children's Palace in Changchun City and Xian Shun Pipa School.

Degree: 2016, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学

21世紀、中国は経済発展に伴い、生活における衣食住などの物質的な満足から、音楽など精神的世界の豊かさを享受しようと努力している。中国の音楽教育は学校音楽教育と校外音楽教育に分けられ、さらに、校外音楽教育は社会音楽教育と民間音楽教育に分けられている。近年、学校音楽教育と比べ、校外音楽教育の方が盛んになっている。これまで学校音楽教育については研究が進められてきたが、校外の音楽教育、特に民間音楽教育については、あまり研究されてこなかった。 本研究では、まず第一章で学校音楽教育の歴史を新中国建立前、新中国建立後、改革開放以第から現代の順で説明した。また、、学校音楽教育状を分析し、現在の学校音楽教育の問題点を明らかにした。第二章では、社会音楽教育として少年宮を取り上げ、少年宮の歴史・背景などを調査した上で、特に「長春市少年宮」を取りげた。近年長春市少年宮の問題に関する記事が多くなり、現在学生が減り、衰退してきた事実を述べた。第三章では民間音楽教育のマンツーマン音楽教育と一種類の楽器の専門学校―顕順琵琶学校を取り上げて、現状と問題点を分析した。また、第四章で現在の中国音楽教育において、重要な制度として認識されている社会音楽考級試験について分析した。音楽考級試験はどのようなものなのかを本論文で明らかにした。 校外音楽教育の目的はミュージシャンを養成することではなく、音楽を普及させ、子供の精神的糧を増し、心身健康な子供を養成することである。音楽上達の成果の追求ではなく、校外音楽教育を普及させ、子供は心から、生活を愛し、さらに一生音楽を伴い、生活の質を向上させることが目的である。学校音楽教育、社会音楽教育、民間音楽教育の間には、競争ではなく、お互いに支え、長所を持って短所を補足する考えが必要である。

静岡文化芸術大学

2015

Advisors/Committee Members: 奥中, 康人.

Subjects/Keywords: 校外音楽教育; 少年宮; 顕順琵琶学校; 考級; Off-Campus Music Education; Children's Palace; Xian Shun Pipa School; Grade Examination

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

刘, . (2016). 現代中国における校外音楽教育の研究 : 長春市少年宮と顕順琵琶学校を中心として : A Study on the Off Campus Music Education in Modern China : Focusing on the Children's Palace in Changchun City and Xian Shun Pipa School. (Thesis). Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1132/00001181/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

刘, 斯佳. “現代中国における校外音楽教育の研究 : 長春市少年宮と顕順琵琶学校を中心として : A Study on the Off Campus Music Education in Modern China : Focusing on the Children's Palace in Changchun City and Xian Shun Pipa School.” 2016. Thesis, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Accessed November 18, 2019. http://id.nii.ac.jp/1132/00001181/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

刘, 斯佳. “現代中国における校外音楽教育の研究 : 長春市少年宮と顕順琵琶学校を中心として : A Study on the Off Campus Music Education in Modern China : Focusing on the Children's Palace in Changchun City and Xian Shun Pipa School.” 2016. Web. 18 Nov 2019.

Vancouver:

刘 . 現代中国における校外音楽教育の研究 : 長春市少年宮と顕順琵琶学校を中心として : A Study on the Off Campus Music Education in Modern China : Focusing on the Children's Palace in Changchun City and Xian Shun Pipa School. [Internet] [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2016. [cited 2019 Nov 18]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00001181/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

刘 . 現代中国における校外音楽教育の研究 : 長春市少年宮と顕順琵琶学校を中心として : A Study on the Off Campus Music Education in Modern China : Focusing on the Children's Palace in Changchun City and Xian Shun Pipa School. [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2016. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00001181/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

9. 山田, 渉央. 強化学習を用いたコンピュータ麻雀プレイヤ.

Degree: Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学

Supervisor:池田 心

情報科学研究科

修士

Subjects/Keywords: Computer Mahjong; Maching Learning; Reinforcement Learning

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

山田, . (n.d.). 強化学習を用いたコンピュータ麻雀プレイヤ. (Thesis). Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10119/15213

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

山田, 渉央. “強化学習を用いたコンピュータ麻雀プレイヤ.” Thesis, Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学. Accessed November 18, 2019. http://hdl.handle.net/10119/15213.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

山田, 渉央. “強化学習を用いたコンピュータ麻雀プレイヤ.” Web. 18 Nov 2019.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.

Vancouver:

山田 . 強化学習を用いたコンピュータ麻雀プレイヤ. [Internet] [Thesis]. Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学; [cited 2019 Nov 18]. Available from: http://hdl.handle.net/10119/15213.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

Council of Science Editors:

山田 . 強化学習を用いたコンピュータ麻雀プレイヤ. [Thesis]. Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学; Available from: http://hdl.handle.net/10119/15213

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

10. 東, 仁. The Effects of Minimally Invasive Periodontal Surgery on Bone Resorption and Angiogenesis : 低侵襲で行う歯周外科が骨吸収および血管新生に及ぼす影響.

Degree: 博士(歯学), 2018, Osaka Dental University / 大阪歯科大学

Purpose: The minimally invasive surgery (MIS) yields favorable clinical outcomes for periodontal regeneration therapy. However, there have been few reports on the histological analysis underlying… (more)

Subjects/Keywords: early wound healing|minimally invasive surgical technique|wound stabilization

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

東, . (2018). The Effects of Minimally Invasive Periodontal Surgery on Bone Resorption and Angiogenesis : 低侵襲で行う歯周外科が骨吸収および血管新生に及ぼす影響. (Thesis). Osaka Dental University / 大阪歯科大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1392/00000163/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

東, 仁. “The Effects of Minimally Invasive Periodontal Surgery on Bone Resorption and Angiogenesis : 低侵襲で行う歯周外科が骨吸収および血管新生に及ぼす影響.” 2018. Thesis, Osaka Dental University / 大阪歯科大学. Accessed November 18, 2019. http://id.nii.ac.jp/1392/00000163/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

東, 仁. “The Effects of Minimally Invasive Periodontal Surgery on Bone Resorption and Angiogenesis : 低侵襲で行う歯周外科が骨吸収および血管新生に及ぼす影響.” 2018. Web. 18 Nov 2019.

Vancouver:

東 . The Effects of Minimally Invasive Periodontal Surgery on Bone Resorption and Angiogenesis : 低侵襲で行う歯周外科が骨吸収および血管新生に及ぼす影響. [Internet] [Thesis]. Osaka Dental University / 大阪歯科大学; 2018. [cited 2019 Nov 18]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1392/00000163/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

東 . The Effects of Minimally Invasive Periodontal Surgery on Bone Resorption and Angiogenesis : 低侵襲で行う歯周外科が骨吸収および血管新生に及ぼす影響. [Thesis]. Osaka Dental University / 大阪歯科大学; 2018. Available from: http://id.nii.ac.jp/1392/00000163/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

11. 大成, 高顕. DirectXを利用したトゥーンレンダリング : Toon Rendering by DirectX.

Degree: 2016, Waseda University / 早稲田大学

3DCG技術の発展により、映画などのちょっとしたシーンでも3Dグラフィックスが使われ、実際に撮影した映像と殆ど見分けのつかない映像をつくることが可能になってきている。このようなフォトリアリスティクな手法が進歩する中、アニメや漫画のように写真的でない映像を作る手法が生まれてきた。その中でも代表的な手法に「トゥーンレンダリング」がある。本研究の目的は、トゥーンレンダリングを、DirectXを用いて、実際に行なってみることでDirectXの使用に慣れるとともに、1つのモデルを利用し、多方向からの描画をアニメ的漫画的に違和感なく表現する方法についての模索を行なうことである。3Dでモデルをつくり、それをトゥーンレンダリングで違和感なく表現できるのなら、モデルを使いまわすことができ、描画という点に関して、かなりの負担軽減になるのではないだろうかと考えている。

卒業論文

Advisors/Committee Members: 大石, 進一, 大石研究室.

Subjects/Keywords: トゥーンレンダリング; DirectX; コンピューターグラフィックス; Toon Rendering; DirectX; Computer Graphics

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

大成, . (2016). DirectXを利用したトゥーンレンダリング : Toon Rendering by DirectX. (Thesis). Waseda University / 早稲田大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2065/665

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

大成, 高顕. “DirectXを利用したトゥーンレンダリング : Toon Rendering by DirectX.” 2016. Thesis, Waseda University / 早稲田大学. Accessed November 18, 2019. http://hdl.handle.net/2065/665.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

大成, 高顕. “DirectXを利用したトゥーンレンダリング : Toon Rendering by DirectX.” 2016. Web. 18 Nov 2019.

Vancouver:

大成 . DirectXを利用したトゥーンレンダリング : Toon Rendering by DirectX. [Internet] [Thesis]. Waseda University / 早稲田大学; 2016. [cited 2019 Nov 18]. Available from: http://hdl.handle.net/2065/665.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

大成 . DirectXを利用したトゥーンレンダリング : Toon Rendering by DirectX. [Thesis]. Waseda University / 早稲田大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/2065/665

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

12. 平川, 康史. Wizard-of-Oz法に基づいたジェスチャ認識システムの研究 : A Study for Gesture Recognition System based on Wizard-of-Oz Approach.

Degree: 2016, Waseda University / 早稲田大学

近年コンピュータは小型化され,ネットワークへの接続が可能となり,日常生活で扱われる様々な物に組み込まれることが可能となった. そのようなユビキタスコンピューティング環境では,コンピュータを使用する状況が多様化しているため,それに適したコントローラが必要となる. その中で我々が必要とするのは低コストで操作性の高いコントローラである. 本研究では,低コストなカメラによるジェスチャ認識を利用したコントローラを提案する. また既存の研究とは異なり,使い易いジェスチャを調査するための実験を行い,``使い易いジェスチャとは何か''を考慮することによって,操作の複雑さを回避しユーザの負担を少なくする. ケーススタディとしてウィンドウ操作を実現するジェスチャ認識システムを設計し,評価した.

卒業論文

Advisors/Committee Members: 中島, 達夫, 中島研究室.

Subjects/Keywords: ユビキタスコンピューティング; Wizard-of-Oz法; ジェスチャ; コンピュータビジョン; Ubiqutious Computing; Wizard-of-Oz Approach; Gesture; Computer Vision

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

平川, . (2016). Wizard-of-Oz法に基づいたジェスチャ認識システムの研究 : A Study for Gesture Recognition System based on Wizard-of-Oz Approach. (Thesis). Waseda University / 早稲田大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2065/659

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

平川, 康史. “Wizard-of-Oz法に基づいたジェスチャ認識システムの研究 : A Study for Gesture Recognition System based on Wizard-of-Oz Approach.” 2016. Thesis, Waseda University / 早稲田大学. Accessed November 18, 2019. http://hdl.handle.net/2065/659.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

平川, 康史. “Wizard-of-Oz法に基づいたジェスチャ認識システムの研究 : A Study for Gesture Recognition System based on Wizard-of-Oz Approach.” 2016. Web. 18 Nov 2019.

Vancouver:

平川 . Wizard-of-Oz法に基づいたジェスチャ認識システムの研究 : A Study for Gesture Recognition System based on Wizard-of-Oz Approach. [Internet] [Thesis]. Waseda University / 早稲田大学; 2016. [cited 2019 Nov 18]. Available from: http://hdl.handle.net/2065/659.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

平川 . Wizard-of-Oz法に基づいたジェスチャ認識システムの研究 : A Study for Gesture Recognition System based on Wizard-of-Oz Approach. [Thesis]. Waseda University / 早稲田大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/2065/659

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

13. 清水, 阿弥. わかりやすい作図道具を備えた直感的作図ソフトウェアHiZy : Intuitive geometry software HiZy with simple geometry tools.

Degree: 2016, Waseda University / 早稲田大学

本研究では,小中学校の授業で補助教材として役に立つ作図ソフトウェアの作製を目的としている。近年,多くの小中学校にパソコンが設置され,様々な授業でパソコンを利用したいという要望が高まっている。数学の幾何学の授業もその中のひとつである。パソコンで作図を行う作図ソフトウェアは既に複数あるが,授業で使うことはできない。作図ソフトウェアの操作が,パソコン初心者の小中学生にとって非常に難しいからである。そこで,パソコン初心者の小中学生が直感的に使えるような作図ソフトウェアHiZyを作製した。HiZyでは,紙の上に作図をするときと同じように,定規やコンパスといった作図道具を用いて作図をする。すべての操作は,マウスの移動とマウスの左ボタンのクリックとドラッグで簡単にできる。HiZyの評価はアンケートを通して行った。従来の作図ソフトウェアとは一味違った提案として,良い評価を得ることができた。

卒業論文

Advisors/Committee Members: 筧, 捷彦, 筧研究室.

Subjects/Keywords: 作図; パソコン初心者; わかりやすい作図道具; drawing figures; beginner of using a personal computer; simple geometry tools

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

清水, . (2016). わかりやすい作図道具を備えた直感的作図ソフトウェアHiZy : Intuitive geometry software HiZy with simple geometry tools. (Thesis). Waseda University / 早稲田大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2065/621

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

清水, 阿弥. “わかりやすい作図道具を備えた直感的作図ソフトウェアHiZy : Intuitive geometry software HiZy with simple geometry tools.” 2016. Thesis, Waseda University / 早稲田大学. Accessed November 18, 2019. http://hdl.handle.net/2065/621.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

清水, 阿弥. “わかりやすい作図道具を備えた直感的作図ソフトウェアHiZy : Intuitive geometry software HiZy with simple geometry tools.” 2016. Web. 18 Nov 2019.

Vancouver:

清水 . わかりやすい作図道具を備えた直感的作図ソフトウェアHiZy : Intuitive geometry software HiZy with simple geometry tools. [Internet] [Thesis]. Waseda University / 早稲田大学; 2016. [cited 2019 Nov 18]. Available from: http://hdl.handle.net/2065/621.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

清水 . わかりやすい作図道具を備えた直感的作図ソフトウェアHiZy : Intuitive geometry software HiZy with simple geometry tools. [Thesis]. Waseda University / 早稲田大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/2065/621

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

14. 吉田, 昂央. Java3Dによる、中学数学における空間図形把握能力の養成に関する研究 : Imagination Training of Polyhedra by Java3D.

Degree: 2016, Waseda University / 早稲田大学

近年では、コンピュータが目覚しく発展し、それに伴って非常に便利なソフトウェアも多く登場した。教育のためのソフトも、現在では数え切れないほど存在する。私が興味を持っていた立体図形の指導に関しても、これを支援するソフトや、これを用いた指導案は存在していたが、実際に塾講師として生徒と向き合ってみたとき、空間把握能力がある生徒とない生徒の差の大きさに驚いた。しかも、圧倒的に後者のほうが多いという現状も初めて知った。コンピュータの進歩に伴い同分野でも数多くの提案がなされてきたが、その成果はまだあまりないようである。今回はこうした現状を踏まえ、自身の塾講師としての経験を生かして新たな提案をすることを本論文のテーマとする。最終目的は表題にあるように、「空間図形把握能力の向上」であるが、その指標として、「空間図形のイメージができるようになる」「空間図形の問題が解ける」を目指すことにする。具体的には、前者は立方体の断面の様子を頭の中で理解できることとし、後者は頭の中でのイメージを活用し、中学レベルの空間図形の問題が解けることとする。これらの目的を、アニメーションを見せることで達成できるのではないかと考え、アニメーション機能を実装するソフトを制作した。このソフトを用いた実験結果の報告を行うとともに、今後の課題や展開についての提案をする。

卒業論文

Advisors/Committee Members: 大石, 進一, 大石研究室.

Subjects/Keywords: 教育; 数学; 立体幾何学; Java3D; education; math; solid geometry; Java3D

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

吉田, . (2016). Java3Dによる、中学数学における空間図形把握能力の養成に関する研究 : Imagination Training of Polyhedra by Java3D. (Thesis). Waseda University / 早稲田大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2065/673

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

吉田, 昂央. “Java3Dによる、中学数学における空間図形把握能力の養成に関する研究 : Imagination Training of Polyhedra by Java3D.” 2016. Thesis, Waseda University / 早稲田大学. Accessed November 18, 2019. http://hdl.handle.net/2065/673.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

吉田, 昂央. “Java3Dによる、中学数学における空間図形把握能力の養成に関する研究 : Imagination Training of Polyhedra by Java3D.” 2016. Web. 18 Nov 2019.

Vancouver:

吉田 . Java3Dによる、中学数学における空間図形把握能力の養成に関する研究 : Imagination Training of Polyhedra by Java3D. [Internet] [Thesis]. Waseda University / 早稲田大学; 2016. [cited 2019 Nov 18]. Available from: http://hdl.handle.net/2065/673.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

吉田 . Java3Dによる、中学数学における空間図形把握能力の養成に関する研究 : Imagination Training of Polyhedra by Java3D. [Thesis]. Waseda University / 早稲田大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/2065/673

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

15. 森野, 岳宏. キャラクタアニメーション制作簡易化の為の歩行動作制御モデルの構築 : Construction of the Walking Motion Model for Animated Character's Motion.

Degree: 2016, Waseda University / 早稲田大学

CG による人物動作生成を簡易化する為には, 少ないルールセットで人物動作を記述し, 簡易的なインターフェースで動作を制御する事が可能なモデルが必要である. そこで, モーションキャプチャで収録した歩行動作データに対し, 可動部位の連動性に着目して分析を行った結果, 歩行動作は幾つかのレベルの独立な動作群として構成されている事が確認された. さらに, 「速さ」「大きさ」「姿勢」のような物理的な特徴を表す特徴量成分の抽出を行った. そして, 歩行動作において独立している動作群に対し, 抽出した特徴量成分を様々に付加する事で, 多様な歩行動作を制御可能な歩行動作制御モデルを構築した. 最後に, 本モデルの評価実験を行い, モデルが多様な歩行動作を制御可能である事を確認した.

修士論文

Advisors/Committee Members: 白井, 克彦, 白井研究室.

Subjects/Keywords: Character Animation; Human-Computer Interfaces; Human Walking Motion; Motion Generation; キャラクタアニメーション; ヒューマンインターフェース; 人物歩行動作; 動作生成

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

森野, . (2016). キャラクタアニメーション制作簡易化の為の歩行動作制御モデルの構築 : Construction of the Walking Motion Model for Animated Character's Motion. (Thesis). Waseda University / 早稲田大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2065/766

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

森野, 岳宏. “キャラクタアニメーション制作簡易化の為の歩行動作制御モデルの構築 : Construction of the Walking Motion Model for Animated Character's Motion.” 2016. Thesis, Waseda University / 早稲田大学. Accessed November 18, 2019. http://hdl.handle.net/2065/766.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

森野, 岳宏. “キャラクタアニメーション制作簡易化の為の歩行動作制御モデルの構築 : Construction of the Walking Motion Model for Animated Character's Motion.” 2016. Web. 18 Nov 2019.

Vancouver:

森野 . キャラクタアニメーション制作簡易化の為の歩行動作制御モデルの構築 : Construction of the Walking Motion Model for Animated Character's Motion. [Internet] [Thesis]. Waseda University / 早稲田大学; 2016. [cited 2019 Nov 18]. Available from: http://hdl.handle.net/2065/766.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

森野 . キャラクタアニメーション制作簡易化の為の歩行動作制御モデルの構築 : Construction of the Walking Motion Model for Animated Character's Motion. [Thesis]. Waseda University / 早稲田大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/2065/766

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

16. 和田, 牧子. マトリックス支援レーザー脱離イオン化飛行時間型質量分析計を用いるポリアミン生合成酵素の構造解析 : マトリックス シエン レーザー ダツリ イオンカ ヒコウ ジカンガタ シツリョウ ブンセキケイ オ モチイル ポリアミン セイゴウセイ コウソ ノ コウゾウ カイセキ.

Degree: 博士(薬学), 2011, Josai University / 城西大学

学位授与機関:城西大学 学位記番号:博乙第56号,学位の種別:博士(薬学), 学位授与年月日:平成23年(2011年) 3月22日, 論文著者名:古屋, 牧子(フルヤ, マキコ). 60p.

Subjects/Keywords: matrix-assisted laser desorption; ionization time of flight mass spectrometry; spermidine synthase; s-adenosylmethionine decarboxylase; primary structure; conformational stabillization

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

和田, . (2011). マトリックス支援レーザー脱離イオン化飛行時間型質量分析計を用いるポリアミン生合成酵素の構造解析 : マトリックス シエン レーザー ダツリ イオンカ ヒコウ ジカンガタ シツリョウ ブンセキケイ オ モチイル ポリアミン セイゴウセイ コウソ ノ コウゾウ カイセキ. (Thesis). Josai University / 城西大学. Retrieved from http://libir.josai.ac.jp/il/meta_pub/G0000284repository_JOS-PhDZ56

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

和田, 牧子. “マトリックス支援レーザー脱離イオン化飛行時間型質量分析計を用いるポリアミン生合成酵素の構造解析 : マトリックス シエン レーザー ダツリ イオンカ ヒコウ ジカンガタ シツリョウ ブンセキケイ オ モチイル ポリアミン セイゴウセイ コウソ ノ コウゾウ カイセキ.” 2011. Thesis, Josai University / 城西大学. Accessed November 18, 2019. http://libir.josai.ac.jp/il/meta_pub/G0000284repository_JOS-PhDZ56.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

和田, 牧子. “マトリックス支援レーザー脱離イオン化飛行時間型質量分析計を用いるポリアミン生合成酵素の構造解析 : マトリックス シエン レーザー ダツリ イオンカ ヒコウ ジカンガタ シツリョウ ブンセキケイ オ モチイル ポリアミン セイゴウセイ コウソ ノ コウゾウ カイセキ.” 2011. Web. 18 Nov 2019.

Vancouver:

和田 . マトリックス支援レーザー脱離イオン化飛行時間型質量分析計を用いるポリアミン生合成酵素の構造解析 : マトリックス シエン レーザー ダツリ イオンカ ヒコウ ジカンガタ シツリョウ ブンセキケイ オ モチイル ポリアミン セイゴウセイ コウソ ノ コウゾウ カイセキ. [Internet] [Thesis]. Josai University / 城西大学; 2011. [cited 2019 Nov 18]. Available from: http://libir.josai.ac.jp/il/meta_pub/G0000284repository_JOS-PhDZ56.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

和田 . マトリックス支援レーザー脱離イオン化飛行時間型質量分析計を用いるポリアミン生合成酵素の構造解析 : マトリックス シエン レーザー ダツリ イオンカ ヒコウ ジカンガタ シツリョウ ブンセキケイ オ モチイル ポリアミン セイゴウセイ コウソ ノ コウゾウ カイセキ. [Thesis]. Josai University / 城西大学; 2011. Available from: http://libir.josai.ac.jp/il/meta_pub/G0000284repository_JOS-PhDZ56

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

17. 金, 準鎬. Study on Strength Improvement and Durability in Cold Regions of Cementitious Composite using Blast Furnace Slag : 高炉スラグ微粉末を用いたセメント系材料の強度改善および寒冷地での耐久性に関する研究.

Degree: 博士(工学), 2018, Muroran Institute of Technology / 室蘭工業大学

 Blast furnace slag (BFS) has been widely used as a mineral admixture in cement and concrete in the concrete industry in order to reduce CO2… (more)

Subjects/Keywords: blast furnace slag (BFS); High early strength Portland Cement (HPC); XRD/Rietveld; TG-DTA; pore structure; C-S-H type high early strength agent; limestone powder (LSP); gypsum (CS); combine deterioration; freeze-thaw resistance; carbonation resistance; maturity; compressive strength

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

金, . (2018). Study on Strength Improvement and Durability in Cold Regions of Cementitious Composite using Blast Furnace Slag : 高炉スラグ微粉末を用いたセメント系材料の強度改善および寒冷地での耐久性に関する研究. (Thesis). Muroran Institute of Technology / 室蘭工業大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10258/00009625

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

金, 準鎬. “Study on Strength Improvement and Durability in Cold Regions of Cementitious Composite using Blast Furnace Slag : 高炉スラグ微粉末を用いたセメント系材料の強度改善および寒冷地での耐久性に関する研究.” 2018. Thesis, Muroran Institute of Technology / 室蘭工業大学. Accessed November 18, 2019. http://hdl.handle.net/10258/00009625.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

金, 準鎬. “Study on Strength Improvement and Durability in Cold Regions of Cementitious Composite using Blast Furnace Slag : 高炉スラグ微粉末を用いたセメント系材料の強度改善および寒冷地での耐久性に関する研究.” 2018. Web. 18 Nov 2019.

Vancouver:

金 . Study on Strength Improvement and Durability in Cold Regions of Cementitious Composite using Blast Furnace Slag : 高炉スラグ微粉末を用いたセメント系材料の強度改善および寒冷地での耐久性に関する研究. [Internet] [Thesis]. Muroran Institute of Technology / 室蘭工業大学; 2018. [cited 2019 Nov 18]. Available from: http://hdl.handle.net/10258/00009625.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

金 . Study on Strength Improvement and Durability in Cold Regions of Cementitious Composite using Blast Furnace Slag : 高炉スラグ微粉末を用いたセメント系材料の強度改善および寒冷地での耐久性に関する研究. [Thesis]. Muroran Institute of Technology / 室蘭工業大学; 2018. Available from: http://hdl.handle.net/10258/00009625

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

18. 葛西, 敦子. 養護教諭の慢性疾患の子どもへの支援に関する研究 : 因果的構造モデルの構築 : Research Related to Yogo Teacher Support for Children with Chronic Diseases : Construction of a Causal Structure Model; ヨウゴキョウユノマンセイシッカンノコドモエノシエンニカンスルケンキュウ : インガテキ コウゾウ モデル ノ コウチク.

Degree: 2018, Hirosaki University / 弘前大学

現在通常の小・中学校では、小児慢性特定疾患児のうち約85%の児童生徒が在籍しており、医療的管理や看護的ケアを必要とする子どもが増加している。その背景には、平成14 年4 月の就学基準の見直しにより、病気により特別の配慮を必要とする子どもが、一般の小・中学校にも入学できるようになったことが挙げられる。そのため養護教諭には専門的な立場からの支援への期待が寄せられている。また「特別支援教育」が打ち出されたことから、養護教諭には今以上に慢性疾患の子どもに対して一人一人の教育的ニーズを把握したうえで、医療的管理や看護的ケアなどの健康管理支援が求められる。しかし養護教諭の現状は、いじめ、不登校、保健室登校、生活習慣病の徴候、薬物乱用、性の逸脱行動等の問題を抱えた子どもたちへの対応のために、多忙を極めている。そのため、慢性疾患の子ども一人一人の教育的ニーズを把握しての支援の展開に困難な状況が見受けられる。養護教諭が行う慢性疾患の子どもへの支援においては、疾患の種類・重症度、子どもの発育発達段階などの様々な背景を考慮した個別のニーズへの対応が重要であることはいうまでもない。しかし、第一義的には、いずれの子どもに対しても実践すべき共通の支援を実践することが必須と考える。この共通の支援については概念的に捉えた研究は見あたらず、それを構造的にモデルとして示したものも見受けられない。本研究の最終目的は、養護教諭の「慢性疾患の子どもへの支援」に共通する因果的構造モデルを構築することである。そこで、『学校における慢性疾患の子どもたち』、『「特別支援教育」における慢性疾患の子どもへの支援』、『慢性疾患の子ども支援における養護教諭の役割』、『養護教諭の「慢性疾患の子どもへの支援」に関する文献レビュー』を各章の課題とし、それぞれを概観し、その現状と課題をまとめた。その上で、仮説『養護教諭の「慢性疾患の子どもへの支援」は、直接的支援と間接的支援で構成され、その実践が養護教諭自身の支援に対する満足度に影響を及ぼす』を設定し、養護教諭への質問紙調査法を実施し、共分散構造分析した。その結果、養護教諭の「慢性疾患の子どもへの支援」に関する因果的構造モデルを構築し、以下のような知見を得た。(1)潜在変数《直接的支援》では観測変数〈健康管理支援〉、〈教育的支援〉、〈慢性疾患の子どもへの配慮〉の順に、潜在変数《間接的支援》では観測変数〈家族・その他機関との連携〉、〈学校内の連携〉、〈学校外との連携〉、〈周囲の子どもへの指導〉の順に影響を受けていた。(2)〈教育的支援〉と〈周囲の子どもへの指導〉、〈健康管理支援〉と〈学校外との連携〉との誤差変数間、および《直接的支援》と《間接的支援》との潜在変数間に、共分散関係が認められ、それぞれ関連づけて支援することが重要であることが示唆された。(3)『養護教諭の「慢性疾患の子どもへの支援」は、直接的支援と間接的支援で構成され、その実践が養護教諭自身の支援に対する満足度に影響を及ぼす』ことが検証された。以上より、本モデルは、養護教諭の「慢性疾患の子どもへの支援」の因果的構造を示すものであり、適合度指標の判定ではモデルとしての評価は高いものであった。このモデルに沿った養護実践が、有効な支援となるものである。

授与大学:弘前大学; 学位種類:博士(学術); 授与年月日:平成21年3月24日; 学位記番号:地博第12号

Subjects/Keywords: 養護教諭; 慢性疾患の子どもへの支援; 特別支援教育; 共分散分析構造; 因果的構造モデル; Yogo teacher; support for children with chronic diseases; special needs education; covariance structure analysis; Causal structure model

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

葛西, . (2018). 養護教諭の慢性疾患の子どもへの支援に関する研究 : 因果的構造モデルの構築 : Research Related to Yogo Teacher Support for Children with Chronic Diseases : Construction of a Causal Structure Model; ヨウゴキョウユノマンセイシッカンノコドモエノシエンニカンスルケンキュウ : インガテキ コウゾウ モデル ノ コウチク. (Thesis). Hirosaki University / 弘前大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10129/1790

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

葛西, 敦子. “養護教諭の慢性疾患の子どもへの支援に関する研究 : 因果的構造モデルの構築 : Research Related to Yogo Teacher Support for Children with Chronic Diseases : Construction of a Causal Structure Model; ヨウゴキョウユノマンセイシッカンノコドモエノシエンニカンスルケンキュウ : インガテキ コウゾウ モデル ノ コウチク.” 2018. Thesis, Hirosaki University / 弘前大学. Accessed November 18, 2019. http://hdl.handle.net/10129/1790.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

葛西, 敦子. “養護教諭の慢性疾患の子どもへの支援に関する研究 : 因果的構造モデルの構築 : Research Related to Yogo Teacher Support for Children with Chronic Diseases : Construction of a Causal Structure Model; ヨウゴキョウユノマンセイシッカンノコドモエノシエンニカンスルケンキュウ : インガテキ コウゾウ モデル ノ コウチク.” 2018. Web. 18 Nov 2019.

Vancouver:

葛西 . 養護教諭の慢性疾患の子どもへの支援に関する研究 : 因果的構造モデルの構築 : Research Related to Yogo Teacher Support for Children with Chronic Diseases : Construction of a Causal Structure Model; ヨウゴキョウユノマンセイシッカンノコドモエノシエンニカンスルケンキュウ : インガテキ コウゾウ モデル ノ コウチク. [Internet] [Thesis]. Hirosaki University / 弘前大学; 2018. [cited 2019 Nov 18]. Available from: http://hdl.handle.net/10129/1790.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

葛西 . 養護教諭の慢性疾患の子どもへの支援に関する研究 : 因果的構造モデルの構築 : Research Related to Yogo Teacher Support for Children with Chronic Diseases : Construction of a Causal Structure Model; ヨウゴキョウユノマンセイシッカンノコドモエノシエンニカンスルケンキュウ : インガテキ コウゾウ モデル ノ コウチク. [Thesis]. Hirosaki University / 弘前大学; 2018. Available from: http://hdl.handle.net/10129/1790

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

19. 神間, 俊男. 作業活動を用いた作業療法学生の自己評価と客観評価に関する研究 : A大学における学生の自己評価のギャップが自己認識に及ぼす影響について : Research on objective-evaluation and self-evaluation of Occupational Therapy Students witil occupational activities.

Degree: 修士(作業療法科学), 2016, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京

作業療法学生に「5cmの立方体」を作成するという課題を提示し,作成した作品を学生自身が評価した自己評価と,教員が指標に基づき行った客観評価とを比較し,また学生が自分自身をどのように受け止めているのかという自己認識についてのアンケートを実施した。その結果を分析したところ,作業課題の客観評価と,学生自身の自己評価,自己認識には関連があることが分かった。今回の研究においては,学生の自己評価は客観評価よりも高くなりがちであり,特に男性においてそのズレが大きいことが分かった。作品の客観評価の値が高い学生や,学生自身が作品を評価する自己評価と客観評価の誤差が小さい,いわゆる客観性が高い学生は,「手工芸が好きである」「他者との関わりを厭わない」「違う価値観と関わる」という傾向があることが分かった。

Performed the following studies to investigate an opportunity of the general instruction not to remain for simple learning instruction and simple learning promote in… (more)

Subjects/Keywords: 作業療法教育; 作業療法学生; 作業活動; 自己評価; 客観視; occupational therapy students; occupational activities; education; self-evaluation

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

神間, . (2016). 作業活動を用いた作業療法学生の自己評価と客観評価に関する研究 : A大学における学生の自己評価のギャップが自己認識に及ぼす影響について : Research on objective-evaluation and self-evaluation of Occupational Therapy Students witil occupational activities. (Thesis). Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Retrieved from http://hdl.handle.net/10748/6769

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

神間, 俊男. “作業活動を用いた作業療法学生の自己評価と客観評価に関する研究 : A大学における学生の自己評価のギャップが自己認識に及ぼす影響について : Research on objective-evaluation and self-evaluation of Occupational Therapy Students witil occupational activities.” 2016. Thesis, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Accessed November 18, 2019. http://hdl.handle.net/10748/6769.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

神間, 俊男. “作業活動を用いた作業療法学生の自己評価と客観評価に関する研究 : A大学における学生の自己評価のギャップが自己認識に及ぼす影響について : Research on objective-evaluation and self-evaluation of Occupational Therapy Students witil occupational activities.” 2016. Web. 18 Nov 2019.

Vancouver:

神間 . 作業活動を用いた作業療法学生の自己評価と客観評価に関する研究 : A大学における学生の自己評価のギャップが自己認識に及ぼす影響について : Research on objective-evaluation and self-evaluation of Occupational Therapy Students witil occupational activities. [Internet] [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. [cited 2019 Nov 18]. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6769.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

神間 . 作業活動を用いた作業療法学生の自己評価と客観評価に関する研究 : A大学における学生の自己評価のギャップが自己認識に及ぼす影響について : Research on objective-evaluation and self-evaluation of Occupational Therapy Students witil occupational activities. [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6769

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

20. 稲熊, 成憲. 肩関節外来患者における心理特性の基礎調査 : 肩関節の有痛性疾患における受療中の自己統制感の変動と身体的、精神的変化 : A study of psychological characteristics of outpatient in the shoulder joint disease : Studies on the psychological characteristics of the rehabilitation patient.

Degree: 修士(作業療法科学), 2016, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京

近年「痛み」は,5番目のバイタルサインと言われ,治療の質的向上に重要視されている.痛みにより行動の狭小化や活動の制限は対象者の精神状態と密接に関係があると考えられている.本研究は,統制感(Locus of control 以下 LOC)と健康統制感(Multidimensional health locus of control 以下 MHLC)を用いて分析することにより,「患者教育」に重点を置き考案した介入の効果が対象者の行動特性にどのような変化を与えたかを抽出するとともに,疼痛,身体機能,うつ傾向,統制の所在との関係性を明らかにすることを目的とした.また,この結果から,作業療法介入における「患者教育」が重要な役割であることを検討することを目的とした.

To clear the interaction between pain, physical function, depressive tendency, and locus of control,… (more)

Subjects/Keywords: Pain; Locus of Control; Cognitive Behavioral therapy; Recognition; Patient Education

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

稲熊, . (2016). 肩関節外来患者における心理特性の基礎調査 : 肩関節の有痛性疾患における受療中の自己統制感の変動と身体的、精神的変化 : A study of psychological characteristics of outpatient in the shoulder joint disease : Studies on the psychological characteristics of the rehabilitation patient. (Thesis). Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Retrieved from http://hdl.handle.net/10748/6770

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

稲熊, 成憲. “肩関節外来患者における心理特性の基礎調査 : 肩関節の有痛性疾患における受療中の自己統制感の変動と身体的、精神的変化 : A study of psychological characteristics of outpatient in the shoulder joint disease : Studies on the psychological characteristics of the rehabilitation patient.” 2016. Thesis, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Accessed November 18, 2019. http://hdl.handle.net/10748/6770.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

稲熊, 成憲. “肩関節外来患者における心理特性の基礎調査 : 肩関節の有痛性疾患における受療中の自己統制感の変動と身体的、精神的変化 : A study of psychological characteristics of outpatient in the shoulder joint disease : Studies on the psychological characteristics of the rehabilitation patient.” 2016. Web. 18 Nov 2019.

Vancouver:

稲熊 . 肩関節外来患者における心理特性の基礎調査 : 肩関節の有痛性疾患における受療中の自己統制感の変動と身体的、精神的変化 : A study of psychological characteristics of outpatient in the shoulder joint disease : Studies on the psychological characteristics of the rehabilitation patient. [Internet] [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. [cited 2019 Nov 18]. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6770.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

稲熊 . 肩関節外来患者における心理特性の基礎調査 : 肩関節の有痛性疾患における受療中の自己統制感の変動と身体的、精神的変化 : A study of psychological characteristics of outpatient in the shoulder joint disease : Studies on the psychological characteristics of the rehabilitation patient. [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6770

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

21. 伊藤, 貴史. 一側股関節回旋筋収縮が対側股関節回旋筋力に及ぼす影響.

Degree: 2016, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京

本研究の目的は、一側股関節回旋筋収縮が対側股関節回旋筋力に及ぼす影響について検証することである。対象は30名(男性15名、女性15名、平均年齢26.0歳)の健常成人とした。サイベックスとハンドヘルドダイナモメーターを用いて股関節内旋・外旋の各組合せでの同時収縮と一側性の収縮を最大静止性収縮で施行し左股関節回旋筋力を測定した。本研究の結果では、内旋・外旋ともに一側性股関節回旋筋収縮および両側非対称性股関節回旋筋収縮に比べ、両側対称性股関節回旋筋収縮の方が有意に高い筋力値を示した。この結果は、両側性股関節回旋筋収縮では非対称性運動より対称性運動の方が対側肢への神経インパルスの発散効果が大きく、高い筋力値を示したと考えられた。この結果の要因のひとつは、端座位においての非対称性の両側性股関節回旋運動では体幹が不安定でバランスを保つことが困難だったためと考えられた。

The purpose of this study was to determine the influence which it has on the contralateral hip joint rotator muscles power in a bilateral… (more)

Subjects/Keywords: 股関節回旋筋収縮; 両側性運動; 発散; cross education; hip rotator contraction; bilateral movement; irradiation

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

伊藤, . (2016). 一側股関節回旋筋収縮が対側股関節回旋筋力に及ぼす影響. (Thesis). Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Retrieved from http://hdl.handle.net/10748/5111

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

伊藤, 貴史. “一側股関節回旋筋収縮が対側股関節回旋筋力に及ぼす影響.” 2016. Thesis, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Accessed November 18, 2019. http://hdl.handle.net/10748/5111.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

伊藤, 貴史. “一側股関節回旋筋収縮が対側股関節回旋筋力に及ぼす影響.” 2016. Web. 18 Nov 2019.

Vancouver:

伊藤 . 一側股関節回旋筋収縮が対側股関節回旋筋力に及ぼす影響. [Internet] [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. [cited 2019 Nov 18]. Available from: http://hdl.handle.net/10748/5111.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

伊藤 . 一側股関節回旋筋収縮が対側股関節回旋筋力に及ぼす影響. [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10748/5111

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

22. 蔡, 金芳. 高齢者教育におけるサービス価値共創―前期高齢者に対する中国大学の事例研究.

Degree: 博士(知識科学), 2017, Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学

Supervisor:小坂 滿隆

知識科学研究科

博士

Subjects/Keywords: Older adult education; service science; service value co-creation; curriculum development; four-stage spiral model

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

蔡, . (2017). 高齢者教育におけるサービス価値共創―前期高齢者に対する中国大学の事例研究. (Thesis). Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10119/14746

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

蔡, 金芳. “高齢者教育におけるサービス価値共創―前期高齢者に対する中国大学の事例研究.” 2017. Thesis, Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学. Accessed November 18, 2019. http://hdl.handle.net/10119/14746.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

蔡, 金芳. “高齢者教育におけるサービス価値共創―前期高齢者に対する中国大学の事例研究.” 2017. Web. 18 Nov 2019.

Vancouver:

蔡 . 高齢者教育におけるサービス価値共創―前期高齢者に対する中国大学の事例研究. [Internet] [Thesis]. Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学; 2017. [cited 2019 Nov 18]. Available from: http://hdl.handle.net/10119/14746.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

蔡 . 高齢者教育におけるサービス価値共創―前期高齢者に対する中国大学の事例研究. [Thesis]. Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/10119/14746

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

23. 大澤, 香; オオザワ, カオリ. 初期ユダヤ教と原始キリスト教団における解釈と受容 : 「霊」と「天使」の概念の変遷を辿る : ショキ ユダヤキョウ ト ゲンシ キリスト キョウダン ニオケル カイシャク ト ジュヨウ : 「レイ」ト「テンシ」ノ ガイネン ノ ヘンセン オ タドル; 初期ユダヤ教と原始キリスト教団における解釈と受容 : 霊と天使の概念の変遷を辿る; Interpretations and receptions in early Judaism and early Christianity : tracing a history of concepts of “spirit” and “angel”.

Degree: 博士(神学), 2015, Doshisha University / 同志社大学

初期ユダヤ教の分派の一つとして誕生した原始キリスト教団は、霊・天使概念等に見られる聖書解釈、敬虔さの追及と内面化の傾向、文学的技法等の点で、初期ユダヤ教の特徴を継承していることが窺われる。その一方で、パウロとルカが行なった聖書の受容は、双方が結果的に「異邦人も神の言葉を受ける対象に含まれる」との解釈に至っていることを示しており、この点がキリスト教がユダヤ教から分岐するに至る「転換点」であったことが考えられる。

It can be inferred that early Christianity, which began as a sect of early Judaism, inherited characteristics of early Judaism, such as Scriptural interpretations… (more)

Subjects/Keywords: 初期ユダヤ教,Early Judaism; 原始キリスト教団,Early Christianity; 死海文書,Dead Sea Scrolls; 聖霊,Holy Spirit; 天使,Angel; 受容理論,Reception Theory

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

大澤, 香; オオザワ, . (2015). 初期ユダヤ教と原始キリスト教団における解釈と受容 : 「霊」と「天使」の概念の変遷を辿る : ショキ ユダヤキョウ ト ゲンシ キリスト キョウダン ニオケル カイシャク ト ジュヨウ : 「レイ」ト「テンシ」ノ ガイネン ノ ヘンセン オ タドル; 初期ユダヤ教と原始キリスト教団における解釈と受容 : 霊と天使の概念の変遷を辿る; Interpretations and receptions in early Judaism and early Christianity : tracing a history of concepts of “spirit” and “angel”. (Thesis). Doshisha University / 同志社大学. Retrieved from https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/17567/?lang=0 ; http://dx.doi.org/10.14988/di.2017.0000016210

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

大澤, 香; オオザワ, カオリ. “初期ユダヤ教と原始キリスト教団における解釈と受容 : 「霊」と「天使」の概念の変遷を辿る : ショキ ユダヤキョウ ト ゲンシ キリスト キョウダン ニオケル カイシャク ト ジュヨウ : 「レイ」ト「テンシ」ノ ガイネン ノ ヘンセン オ タドル; 初期ユダヤ教と原始キリスト教団における解釈と受容 : 霊と天使の概念の変遷を辿る; Interpretations and receptions in early Judaism and early Christianity : tracing a history of concepts of “spirit” and “angel”.” 2015. Thesis, Doshisha University / 同志社大学. Accessed November 18, 2019. https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/17567/?lang=0 ; http://dx.doi.org/10.14988/di.2017.0000016210.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

大澤, 香; オオザワ, カオリ. “初期ユダヤ教と原始キリスト教団における解釈と受容 : 「霊」と「天使」の概念の変遷を辿る : ショキ ユダヤキョウ ト ゲンシ キリスト キョウダン ニオケル カイシャク ト ジュヨウ : 「レイ」ト「テンシ」ノ ガイネン ノ ヘンセン オ タドル; 初期ユダヤ教と原始キリスト教団における解釈と受容 : 霊と天使の概念の変遷を辿る; Interpretations and receptions in early Judaism and early Christianity : tracing a history of concepts of “spirit” and “angel”.” 2015. Web. 18 Nov 2019.

Vancouver:

大澤, 香; オオザワ . 初期ユダヤ教と原始キリスト教団における解釈と受容 : 「霊」と「天使」の概念の変遷を辿る : ショキ ユダヤキョウ ト ゲンシ キリスト キョウダン ニオケル カイシャク ト ジュヨウ : 「レイ」ト「テンシ」ノ ガイネン ノ ヘンセン オ タドル; 初期ユダヤ教と原始キリスト教団における解釈と受容 : 霊と天使の概念の変遷を辿る; Interpretations and receptions in early Judaism and early Christianity : tracing a history of concepts of “spirit” and “angel”. [Internet] [Thesis]. Doshisha University / 同志社大学; 2015. [cited 2019 Nov 18]. Available from: https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/17567/?lang=0 ; http://dx.doi.org/10.14988/di.2017.0000016210.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

大澤, 香; オオザワ . 初期ユダヤ教と原始キリスト教団における解釈と受容 : 「霊」と「天使」の概念の変遷を辿る : ショキ ユダヤキョウ ト ゲンシ キリスト キョウダン ニオケル カイシャク ト ジュヨウ : 「レイ」ト「テンシ」ノ ガイネン ノ ヘンセン オ タドル; 初期ユダヤ教と原始キリスト教団における解釈と受容 : 霊と天使の概念の変遷を辿る; Interpretations and receptions in early Judaism and early Christianity : tracing a history of concepts of “spirit” and “angel”. [Thesis]. Doshisha University / 同志社大学; 2015. Available from: https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/17567/?lang=0 ; http://dx.doi.org/10.14988/di.2017.0000016210

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

24. 藤原, 孝章; フジワラ, タカアキ. グローバル教育の内容編成に関する研究 : グローバル・シティズンシップの育成をめざして : グローバル キョウイク ノ ナイヨウ ヘンセイ ニカンスル ケンキュウ : グローバル・シティズンシップ ノ イクセイ オ メザシテ; グローバル教育の内容編成に関する研究 : グローバルシティズンシップの育成をめざして.

Degree: 博士(教育文化学), 2015, Doshisha University / 同志社大学

グローバル教育の内容編成について、グローバリゼーションとグローバル教育の関係性を述べたうえで、日本の国際理解教育および英米のグローバル教育を取り上げ、教科構造論とシティズンシップ育成論の視点から、教科融合型、教科統合型、教科超越型という、3つのカリキュラムとしての内容編成の可能性と、目標としてのグローバル・シティズンシップの育成を明らかにし、それに応じた筆者の3つの授業実践について論じた。

The thesis is a study on the organization of discipline based contents of global education. Firstly, I describe about relationship between globalization and global… (more)

Subjects/Keywords: 国際理解教育, Education for International Understanding; カリキュラム, Curriculum; 教科構造, Subject Structure; シティズンシップ教育, Citizenship Education; 授業実践, Lesson Implemetation

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

藤原, 孝章; フジワラ, . (2015). グローバル教育の内容編成に関する研究 : グローバル・シティズンシップの育成をめざして : グローバル キョウイク ノ ナイヨウ ヘンセイ ニカンスル ケンキュウ : グローバル・シティズンシップ ノ イクセイ オ メザシテ; グローバル教育の内容編成に関する研究 : グローバルシティズンシップの育成をめざして. (Thesis). Doshisha University / 同志社大学. Retrieved from https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/22667/?lang=0 ; http://dx.doi.org/10.14988/di.2017.0000016268

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

藤原, 孝章; フジワラ, タカアキ. “グローバル教育の内容編成に関する研究 : グローバル・シティズンシップの育成をめざして : グローバル キョウイク ノ ナイヨウ ヘンセイ ニカンスル ケンキュウ : グローバル・シティズンシップ ノ イクセイ オ メザシテ; グローバル教育の内容編成に関する研究 : グローバルシティズンシップの育成をめざして.” 2015. Thesis, Doshisha University / 同志社大学. Accessed November 18, 2019. https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/22667/?lang=0 ; http://dx.doi.org/10.14988/di.2017.0000016268.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

藤原, 孝章; フジワラ, タカアキ. “グローバル教育の内容編成に関する研究 : グローバル・シティズンシップの育成をめざして : グローバル キョウイク ノ ナイヨウ ヘンセイ ニカンスル ケンキュウ : グローバル・シティズンシップ ノ イクセイ オ メザシテ; グローバル教育の内容編成に関する研究 : グローバルシティズンシップの育成をめざして.” 2015. Web. 18 Nov 2019.

Vancouver:

藤原, 孝章; フジワラ . グローバル教育の内容編成に関する研究 : グローバル・シティズンシップの育成をめざして : グローバル キョウイク ノ ナイヨウ ヘンセイ ニカンスル ケンキュウ : グローバル・シティズンシップ ノ イクセイ オ メザシテ; グローバル教育の内容編成に関する研究 : グローバルシティズンシップの育成をめざして. [Internet] [Thesis]. Doshisha University / 同志社大学; 2015. [cited 2019 Nov 18]. Available from: https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/22667/?lang=0 ; http://dx.doi.org/10.14988/di.2017.0000016268.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

藤原, 孝章; フジワラ . グローバル教育の内容編成に関する研究 : グローバル・シティズンシップの育成をめざして : グローバル キョウイク ノ ナイヨウ ヘンセイ ニカンスル ケンキュウ : グローバル・シティズンシップ ノ イクセイ オ メザシテ; グローバル教育の内容編成に関する研究 : グローバルシティズンシップの育成をめざして. [Thesis]. Doshisha University / 同志社大学; 2015. Available from: https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/22667/?lang=0 ; http://dx.doi.org/10.14988/di.2017.0000016268

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

25. 中島, 好一. MRI bone oedema at enrollment predicts rapid radiographic progression over 1 year in early rheumatoid arthritis patients: results from the Nagasaki University Early Arthritis Cohort : 早期関節リウマチ患者において、初診時のMRI骨髄浮腫が1年後の急速骨破壊進行を予測する:長崎大学早期関節炎コホートの解析.

Degree: 博士(医学), 2016, Nagasaki University / 長崎大学

 Objective. To clarify whether magnetic resonance imaging (MRI) bone edema predicts the development of rapid radiographic progression (RRP) in the Nagasaki University Early Arthritis Cohort… (more)

Subjects/Keywords: Magnetic Resonance Imaging; bone edema; Rapid Radiographic Progression; early-stage rheumatoid arthritis

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

中島, . (2016). MRI bone oedema at enrollment predicts rapid radiographic progression over 1 year in early rheumatoid arthritis patients: results from the Nagasaki University Early Arthritis Cohort : 早期関節リウマチ患者において、初診時のMRI骨髄浮腫が1年後の急速骨破壊進行を予測する:長崎大学早期関節炎コホートの解析. (Thesis). Nagasaki University / 長崎大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10069/37002

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

中島, 好一. “MRI bone oedema at enrollment predicts rapid radiographic progression over 1 year in early rheumatoid arthritis patients: results from the Nagasaki University Early Arthritis Cohort : 早期関節リウマチ患者において、初診時のMRI骨髄浮腫が1年後の急速骨破壊進行を予測する:長崎大学早期関節炎コホートの解析.” 2016. Thesis, Nagasaki University / 長崎大学. Accessed November 18, 2019. http://hdl.handle.net/10069/37002.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

中島, 好一. “MRI bone oedema at enrollment predicts rapid radiographic progression over 1 year in early rheumatoid arthritis patients: results from the Nagasaki University Early Arthritis Cohort : 早期関節リウマチ患者において、初診時のMRI骨髄浮腫が1年後の急速骨破壊進行を予測する:長崎大学早期関節炎コホートの解析.” 2016. Web. 18 Nov 2019.

Vancouver:

中島 . MRI bone oedema at enrollment predicts rapid radiographic progression over 1 year in early rheumatoid arthritis patients: results from the Nagasaki University Early Arthritis Cohort : 早期関節リウマチ患者において、初診時のMRI骨髄浮腫が1年後の急速骨破壊進行を予測する:長崎大学早期関節炎コホートの解析. [Internet] [Thesis]. Nagasaki University / 長崎大学; 2016. [cited 2019 Nov 18]. Available from: http://hdl.handle.net/10069/37002.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

中島 . MRI bone oedema at enrollment predicts rapid radiographic progression over 1 year in early rheumatoid arthritis patients: results from the Nagasaki University Early Arthritis Cohort : 早期関節リウマチ患者において、初診時のMRI骨髄浮腫が1年後の急速骨破壊進行を予測する:長崎大学早期関節炎コホートの解析. [Thesis]. Nagasaki University / 長崎大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10069/37002

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

26. 渡辺, 修宏. 「利用者主体の福祉サービス」の実践に対する行動分析学的視点の有用性とその視点に基づく援助者教育の必要性 : Utility of Practice of the Principle of Person-Centered Welfare Services and the Necessity of Education Based on Behavior Analysis.

Degree: 2016, Tokiwa University / 常磐大学

常磐大学

2015年度

Subjects/Keywords: 利用者主体の福祉サービス; 行動分析学; 利用者; 援助者; 援助者教育; person-centered welfare service; behavior analysis; user; social worker; welfare education based on behavior analysis

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

渡辺, . (2016). 「利用者主体の福祉サービス」の実践に対する行動分析学的視点の有用性とその視点に基づく援助者教育の必要性 : Utility of Practice of the Principle of Person-Centered Welfare Services and the Necessity of Education Based on Behavior Analysis. (Thesis). Tokiwa University / 常磐大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1168/00000007/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

渡辺, 修宏. “「利用者主体の福祉サービス」の実践に対する行動分析学的視点の有用性とその視点に基づく援助者教育の必要性 : Utility of Practice of the Principle of Person-Centered Welfare Services and the Necessity of Education Based on Behavior Analysis.” 2016. Thesis, Tokiwa University / 常磐大学. Accessed November 18, 2019. http://id.nii.ac.jp/1168/00000007/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

渡辺, 修宏. “「利用者主体の福祉サービス」の実践に対する行動分析学的視点の有用性とその視点に基づく援助者教育の必要性 : Utility of Practice of the Principle of Person-Centered Welfare Services and the Necessity of Education Based on Behavior Analysis.” 2016. Web. 18 Nov 2019.

Vancouver:

渡辺 . 「利用者主体の福祉サービス」の実践に対する行動分析学的視点の有用性とその視点に基づく援助者教育の必要性 : Utility of Practice of the Principle of Person-Centered Welfare Services and the Necessity of Education Based on Behavior Analysis. [Internet] [Thesis]. Tokiwa University / 常磐大学; 2016. [cited 2019 Nov 18]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1168/00000007/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

渡辺 . 「利用者主体の福祉サービス」の実践に対する行動分析学的視点の有用性とその視点に基づく援助者教育の必要性 : Utility of Practice of the Principle of Person-Centered Welfare Services and the Necessity of Education Based on Behavior Analysis. [Thesis]. Tokiwa University / 常磐大学; 2016. Available from: http://id.nii.ac.jp/1168/00000007/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation


Aristotle University Of Thessaloniki (AUTH); Αριστοτέλειο Πανεπιστήμιο Θεσσαλονίκης (ΑΠΘ)

27. Αργυρού, Χρήστος. Τα αναλυτικά προγράμματα και τα κυπριακά σχολικά βιβλία ιστορίας της πρωτοβάθμιας εκπαίδευσης στην Κύπρο κατά την περίοδο της αγγλοκρατίας (1878-1960): η διάχυση της εθνικής και αποικιακής ιδεολογίας.

Degree: 2014, Aristotle University Of Thessaloniki (AUTH); Αριστοτέλειο Πανεπιστήμιο Θεσσαλονίκης (ΑΠΘ)

The present thesis investigates the extent and the forms of diffusion of the national ideology through the history school textbooks of Primary Education of Cyprus,… (more)

Subjects/Keywords: Αναλυτικά προγράμματα ιστορίας; Σχολικά βιβλία Ιστορίας; Εθνική ιδεολογία; Κυπριακή εκπαίδευση; Εκπαιδευτική πολιτική; Εικόνα του εθνικού εαυτού; Εικόνα του εθνικού άλλου; Ανάλυση περιεχομένου; History curriculum; History school textbooks; National ideology; Cyprus education; Educational policy; National self image; Natioanl other image; Content analysis

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Αργυρού, . . (2014). Τα αναλυτικά προγράμματα και τα κυπριακά σχολικά βιβλία ιστορίας της πρωτοβάθμιας εκπαίδευσης στην Κύπρο κατά την περίοδο της αγγλοκρατίας (1878-1960): η διάχυση της εθνικής και αποικιακής ιδεολογίας. (Thesis). Aristotle University Of Thessaloniki (AUTH); Αριστοτέλειο Πανεπιστήμιο Θεσσαλονίκης (ΑΠΘ). Retrieved from http://hdl.handle.net/10442/hedi/41593

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Αργυρού, Χρήστος. “Τα αναλυτικά προγράμματα και τα κυπριακά σχολικά βιβλία ιστορίας της πρωτοβάθμιας εκπαίδευσης στην Κύπρο κατά την περίοδο της αγγλοκρατίας (1878-1960): η διάχυση της εθνικής και αποικιακής ιδεολογίας.” 2014. Thesis, Aristotle University Of Thessaloniki (AUTH); Αριστοτέλειο Πανεπιστήμιο Θεσσαλονίκης (ΑΠΘ). Accessed November 18, 2019. http://hdl.handle.net/10442/hedi/41593.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Αργυρού, Χρήστος. “Τα αναλυτικά προγράμματα και τα κυπριακά σχολικά βιβλία ιστορίας της πρωτοβάθμιας εκπαίδευσης στην Κύπρο κατά την περίοδο της αγγλοκρατίας (1878-1960): η διάχυση της εθνικής και αποικιακής ιδεολογίας.” 2014. Web. 18 Nov 2019.

Vancouver:

Αργυρού . Τα αναλυτικά προγράμματα και τα κυπριακά σχολικά βιβλία ιστορίας της πρωτοβάθμιας εκπαίδευσης στην Κύπρο κατά την περίοδο της αγγλοκρατίας (1878-1960): η διάχυση της εθνικής και αποικιακής ιδεολογίας. [Internet] [Thesis]. Aristotle University Of Thessaloniki (AUTH); Αριστοτέλειο Πανεπιστήμιο Θεσσαλονίκης (ΑΠΘ); 2014. [cited 2019 Nov 18]. Available from: http://hdl.handle.net/10442/hedi/41593.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Αργυρού . Τα αναλυτικά προγράμματα και τα κυπριακά σχολικά βιβλία ιστορίας της πρωτοβάθμιας εκπαίδευσης στην Κύπρο κατά την περίοδο της αγγλοκρατίας (1878-1960): η διάχυση της εθνικής και αποικιακής ιδεολογίας. [Thesis]. Aristotle University Of Thessaloniki (AUTH); Αριστοτέλειο Πανεπιστήμιο Θεσσαλονίκης (ΑΠΘ); 2014. Available from: http://hdl.handle.net/10442/hedi/41593

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

28. 鄭, 懿. Computer Simulation Study of Ventricular Fibrillation based on Whole-Heart Model : 全心臓モデルによる心室細動のコンピュータシミュレーション研究.

Degree: 博士(コンピュータ理工学), 2015, University of Aizu / 会津大学

Subjects/Keywords: 全心臓モデル; 心室細動; コンピュータシミュレーション; Computer Simulation Study; Ventricular Fibrillation; Whole-Heart Model

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

鄭, . (2015). Computer Simulation Study of Ventricular Fibrillation based on Whole-Heart Model : 全心臓モデルによる心室細動のコンピュータシミュレーション研究. (Thesis). University of Aizu / 会津大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1257/00000107/ ; http://dx.doi.org/10.15016/00000107

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

鄭, 懿. “Computer Simulation Study of Ventricular Fibrillation based on Whole-Heart Model : 全心臓モデルによる心室細動のコンピュータシミュレーション研究.” 2015. Thesis, University of Aizu / 会津大学. Accessed November 18, 2019. http://id.nii.ac.jp/1257/00000107/ ; http://dx.doi.org/10.15016/00000107.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

鄭, 懿. “Computer Simulation Study of Ventricular Fibrillation based on Whole-Heart Model : 全心臓モデルによる心室細動のコンピュータシミュレーション研究.” 2015. Web. 18 Nov 2019.

Vancouver:

鄭 . Computer Simulation Study of Ventricular Fibrillation based on Whole-Heart Model : 全心臓モデルによる心室細動のコンピュータシミュレーション研究. [Internet] [Thesis]. University of Aizu / 会津大学; 2015. [cited 2019 Nov 18]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1257/00000107/ ; http://dx.doi.org/10.15016/00000107.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

鄭 . Computer Simulation Study of Ventricular Fibrillation based on Whole-Heart Model : 全心臓モデルによる心室細動のコンピュータシミュレーション研究. [Thesis]. University of Aizu / 会津大学; 2015. Available from: http://id.nii.ac.jp/1257/00000107/ ; http://dx.doi.org/10.15016/00000107

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

29. 片岡, 三和子. 介護人材育成の実態と教育制度の方向性に関する研究:病院看護、老健・特養介護職の人事考課制度の比較から : A study on the reality of human resource development and the direction of education system: through a comparison of employee evaluation system for hospital nurses and caregivers at long-term care health facilities and special nursing homes.

Degree: 博士(医療福祉学), 2013, International University of Health and Welfare / 国際医療福祉大学

平成24年度

Subjects/Keywords: 人材育成; 成果; 人事考課制度; 教育制度; 組織の活性化; human resource development; result(achievement); employee evaluation system; education system(program); the vitalization of organization

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

片岡, . (2013). 介護人材育成の実態と教育制度の方向性に関する研究:病院看護、老健・特養介護職の人事考課制度の比較から : A study on the reality of human resource development and the direction of education system: through a comparison of employee evaluation system for hospital nurses and caregivers at long-term care health facilities and special nursing homes. (Thesis). International University of Health and Welfare / 国際医療福祉大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1065/00000330/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

片岡, 三和子. “介護人材育成の実態と教育制度の方向性に関する研究:病院看護、老健・特養介護職の人事考課制度の比較から : A study on the reality of human resource development and the direction of education system: through a comparison of employee evaluation system for hospital nurses and caregivers at long-term care health facilities and special nursing homes.” 2013. Thesis, International University of Health and Welfare / 国際医療福祉大学. Accessed November 18, 2019. http://id.nii.ac.jp/1065/00000330/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

片岡, 三和子. “介護人材育成の実態と教育制度の方向性に関する研究:病院看護、老健・特養介護職の人事考課制度の比較から : A study on the reality of human resource development and the direction of education system: through a comparison of employee evaluation system for hospital nurses and caregivers at long-term care health facilities and special nursing homes.” 2013. Web. 18 Nov 2019.

Vancouver:

片岡 . 介護人材育成の実態と教育制度の方向性に関する研究:病院看護、老健・特養介護職の人事考課制度の比較から : A study on the reality of human resource development and the direction of education system: through a comparison of employee evaluation system for hospital nurses and caregivers at long-term care health facilities and special nursing homes. [Internet] [Thesis]. International University of Health and Welfare / 国際医療福祉大学; 2013. [cited 2019 Nov 18]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1065/00000330/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

片岡 . 介護人材育成の実態と教育制度の方向性に関する研究:病院看護、老健・特養介護職の人事考課制度の比較から : A study on the reality of human resource development and the direction of education system: through a comparison of employee evaluation system for hospital nurses and caregivers at long-term care health facilities and special nursing homes. [Thesis]. International University of Health and Welfare / 国際医療福祉大学; 2013. Available from: http://id.nii.ac.jp/1065/00000330/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

30. 浜崎, 満治. 高齢者において健常群と虚弱群の間に早期機能低下群を設定する意義について : Significance of setting the early functional deterioration group between the healthy group and the frail group in the elderly people.

Degree: 博士(医療福祉経営学), 2013, International University of Health and Welfare / 国際医療福祉大学

平成24年度

Subjects/Keywords: FIM; 早期機能低下; IADL; 身体機能測定; FIM; early functional deterioration; IADL; body function measurement

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

浜崎, . (2013). 高齢者において健常群と虚弱群の間に早期機能低下群を設定する意義について : Significance of setting the early functional deterioration group between the healthy group and the frail group in the elderly people. (Thesis). International University of Health and Welfare / 国際医療福祉大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1065/00000347/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

浜崎, 満治. “高齢者において健常群と虚弱群の間に早期機能低下群を設定する意義について : Significance of setting the early functional deterioration group between the healthy group and the frail group in the elderly people.” 2013. Thesis, International University of Health and Welfare / 国際医療福祉大学. Accessed November 18, 2019. http://id.nii.ac.jp/1065/00000347/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

浜崎, 満治. “高齢者において健常群と虚弱群の間に早期機能低下群を設定する意義について : Significance of setting the early functional deterioration group between the healthy group and the frail group in the elderly people.” 2013. Web. 18 Nov 2019.

Vancouver:

浜崎 . 高齢者において健常群と虚弱群の間に早期機能低下群を設定する意義について : Significance of setting the early functional deterioration group between the healthy group and the frail group in the elderly people. [Internet] [Thesis]. International University of Health and Welfare / 国際医療福祉大学; 2013. [cited 2019 Nov 18]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1065/00000347/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

浜崎 . 高齢者において健常群と虚弱群の間に早期機能低下群を設定する意義について : Significance of setting the early functional deterioration group between the healthy group and the frail group in the elderly people. [Thesis]. International University of Health and Welfare / 国際医療福祉大学; 2013. Available from: http://id.nii.ac.jp/1065/00000347/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

[1] [2] [3] [4] [5] … [8806]

.