Advanced search options

Advanced Search Options 🞨

Browse by author name (“Author name starts with…”).

Find ETDs with:

in
/  
in
/  
in
/  
in

Written in Published in Earliest date Latest date

Sorted by

Results per page:

Sorted by: relevance · author · university · dateNew search

Language: Japanese

You searched for subject:(Adaptative software development ASD ). Showing records 1 – 30 of 136 total matches.

[1] [2] [3] [4] [5]

Search Limiters

Last 2 Years | English Only

▼ Search Limiters

1. 大石, 啓. ITサービス提供プロセスにおける価値創造 −データセンターアウトソーシングサービスでの事例研究−.

Degree: Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学

Supervisor: 小坂 満隆

知識科学研究科

修士

Subjects/Keywords: service process; software development process; data center; IT operation management; agile; Shift-Right

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

大石, . (n.d.). ITサービス提供プロセスにおける価値創造 −データセンターアウトソーシングサービスでの事例研究−. (Thesis). Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10119/12937

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

大石, 啓. “ITサービス提供プロセスにおける価値創造 −データセンターアウトソーシングサービスでの事例研究−.” Thesis, Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学. Accessed March 22, 2019. http://hdl.handle.net/10119/12937.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

大石, 啓. “ITサービス提供プロセスにおける価値創造 −データセンターアウトソーシングサービスでの事例研究−.” Web. 22 Mar 2019.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.

Vancouver:

大石 . ITサービス提供プロセスにおける価値創造 −データセンターアウトソーシングサービスでの事例研究−. [Internet] [Thesis]. Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学; [cited 2019 Mar 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10119/12937.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

Council of Science Editors:

大石 . ITサービス提供プロセスにおける価値創造 −データセンターアウトソーシングサービスでの事例研究−. [Thesis]. Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学; Available from: http://hdl.handle.net/10119/12937

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

2. 朝倉, 功太. ソフトウェアプロダクトライン開発におけるコア資産の設計検証手法に関する研究.

Degree: Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学

Supervisor:岸知二

情報科学研究科

修士

Subjects/Keywords: ソフトウェアプロダクトライン開発; Software Product Line Development; コア資産開発; Core Asset Development; モデル検査; Model Checking

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

朝倉, . (n.d.). ソフトウェアプロダクトライン開発におけるコア資産の設計検証手法に関する研究. (Thesis). Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10119/8091

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

朝倉, 功太. “ソフトウェアプロダクトライン開発におけるコア資産の設計検証手法に関する研究.” Thesis, Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学. Accessed March 22, 2019. http://hdl.handle.net/10119/8091.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

朝倉, 功太. “ソフトウェアプロダクトライン開発におけるコア資産の設計検証手法に関する研究.” Web. 22 Mar 2019.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.

Vancouver:

朝倉 . ソフトウェアプロダクトライン開発におけるコア資産の設計検証手法に関する研究. [Internet] [Thesis]. Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学; [cited 2019 Mar 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10119/8091.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

Council of Science Editors:

朝倉 . ソフトウェアプロダクトライン開発におけるコア資産の設計検証手法に関する研究. [Thesis]. Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学; Available from: http://hdl.handle.net/10119/8091

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

3. 鍵野, 正則. 組み込みソフトウェア開発組織変革のナレッジ・マネジメント ―精密機器メーカーにおけるアクション・リサーチ―.

Degree: Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学

Supervisor:梅本勝博

知識科学研究科

修士

Subjects/Keywords: ナレッジ・マネジメント,組み込みソフトウェア開発,ソフトウェア・プロダクトライン・エンジニアリング,アクション・リサーチ; Knowledge Management, Embedded Software Development, Software Product Line Engineering, Action Research

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

鍵野, . (n.d.). 組み込みソフトウェア開発組織変革のナレッジ・マネジメント ―精密機器メーカーにおけるアクション・リサーチ―. (Thesis). Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10119/8792

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

鍵野, 正則. “組み込みソフトウェア開発組織変革のナレッジ・マネジメント ―精密機器メーカーにおけるアクション・リサーチ―.” Thesis, Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学. Accessed March 22, 2019. http://hdl.handle.net/10119/8792.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

鍵野, 正則. “組み込みソフトウェア開発組織変革のナレッジ・マネジメント ―精密機器メーカーにおけるアクション・リサーチ―.” Web. 22 Mar 2019.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.

Vancouver:

鍵野 . 組み込みソフトウェア開発組織変革のナレッジ・マネジメント ―精密機器メーカーにおけるアクション・リサーチ―. [Internet] [Thesis]. Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学; [cited 2019 Mar 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10119/8792.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

Council of Science Editors:

鍵野 . 組み込みソフトウェア開発組織変革のナレッジ・マネジメント ―精密機器メーカーにおけるアクション・リサーチ―. [Thesis]. Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学; Available from: http://hdl.handle.net/10119/8792

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

4. 原田, 邦彦. 地図と連携した歴史を表示するオンライン補助教材の開発.

Degree: 2017, Aichi University of Education / 愛知教育大学

平成23年度 修士論文 抄録

Subjects/Keywords: 教材開発; Development of teaching materials; 歴史教材; Historical material; 地図; Map; 教育ソフトウェア開発; Software Development of Education

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

原田, . (2017). 地図と連携した歴史を表示するオンライン補助教材の開発. (Thesis). Aichi University of Education / 愛知教育大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10424/4337

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

原田, 邦彦. “地図と連携した歴史を表示するオンライン補助教材の開発.” 2017. Thesis, Aichi University of Education / 愛知教育大学. Accessed March 22, 2019. http://hdl.handle.net/10424/4337.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

原田, 邦彦. “地図と連携した歴史を表示するオンライン補助教材の開発.” 2017. Web. 22 Mar 2019.

Vancouver:

原田 . 地図と連携した歴史を表示するオンライン補助教材の開発. [Internet] [Thesis]. Aichi University of Education / 愛知教育大学; 2017. [cited 2019 Mar 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10424/4337.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

原田 . 地図と連携した歴史を表示するオンライン補助教材の開発. [Thesis]. Aichi University of Education / 愛知教育大学; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/10424/4337

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

5. 小川, 泰明. 障害者支援システムの研究開発プロセスに関する方法論的研究.

Degree: Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学

Supervisor:亀岡 秋男

知識科学研究科

修士

Subjects/Keywords: バリアフリー,福祉用具,研究開発プロセス,アクセシビリティ,ソフトウェア; Barrier-free, welfare tools,research-and-development,accessibility,software

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

小川, . (n.d.). 障害者支援システムの研究開発プロセスに関する方法論的研究. (Thesis). Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10119/345

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

小川, 泰明. “障害者支援システムの研究開発プロセスに関する方法論的研究.” Thesis, Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学. Accessed March 22, 2019. http://hdl.handle.net/10119/345.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

小川, 泰明. “障害者支援システムの研究開発プロセスに関する方法論的研究.” Web. 22 Mar 2019.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.

Vancouver:

小川 . 障害者支援システムの研究開発プロセスに関する方法論的研究. [Internet] [Thesis]. Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学; [cited 2019 Mar 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10119/345.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

Council of Science Editors:

小川 . 障害者支援システムの研究開発プロセスに関する方法論的研究. [Thesis]. Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学; Available from: http://hdl.handle.net/10119/345

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

6. 山内, 崇. ソフトウェア成果物の設計根拠の抽出法.

Degree: Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学

Supervisor:落水 浩一郎

情報科学研究科

修士

Subjects/Keywords: オープンソース・ソフトウェア開発, CVS, 電子メール, ベクトル空間モデル, ヒューリスティック; Open-source-software development, CVS, E-mail, vec

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

山内, . (n.d.). ソフトウェア成果物の設計根拠の抽出法. (Thesis). Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10119/1859

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

山内, 崇. “ソフトウェア成果物の設計根拠の抽出法.” Thesis, Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学. Accessed March 22, 2019. http://hdl.handle.net/10119/1859.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

山内, 崇. “ソフトウェア成果物の設計根拠の抽出法.” Web. 22 Mar 2019.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.

Vancouver:

山内 . ソフトウェア成果物の設計根拠の抽出法. [Internet] [Thesis]. Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学; [cited 2019 Mar 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10119/1859.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

Council of Science Editors:

山内 . ソフトウェア成果物の設計根拠の抽出法. [Thesis]. Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学; Available from: http://hdl.handle.net/10119/1859

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

7. 中島, 健至. オープンソースソフトウェア開発に適したリポジトリ分散の支援機構に関する研究.

Degree: Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学

Supervisor:落水 浩一郎

情報科学研究科

修士

Subjects/Keywords: オープンソースソフトウェア開発, 管理方針, リポジトリ, 構成管理システム, CVS; Open Source Software Development, Repository, Mana

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

中島, . (n.d.). オープンソースソフトウェア開発に適したリポジトリ分散の支援機構に関する研究. (Thesis). Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10119/1925

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

中島, 健至. “オープンソースソフトウェア開発に適したリポジトリ分散の支援機構に関する研究.” Thesis, Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学. Accessed March 22, 2019. http://hdl.handle.net/10119/1925.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

中島, 健至. “オープンソースソフトウェア開発に適したリポジトリ分散の支援機構に関する研究.” Web. 22 Mar 2019.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.

Vancouver:

中島 . オープンソースソフトウェア開発に適したリポジトリ分散の支援機構に関する研究. [Internet] [Thesis]. Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学; [cited 2019 Mar 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10119/1925.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

Council of Science Editors:

中島 . オープンソースソフトウェア開発に適したリポジトリ分散の支援機構に関する研究. [Thesis]. Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学; Available from: http://hdl.handle.net/10119/1925

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

8. 新倉, 諭. ソースコード理解支援機能を持つ開発環境の研究.

Degree: Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学

Supervisor: 鈴木正人

情報科学研究科

修士

Subjects/Keywords: 理解支援, ソースコード, フィルタ, 開発環境; Comprehension Support, Source Code, Filter, Software Development Environment

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

新倉, . (n.d.). ソースコード理解支援機能を持つ開発環境の研究. (Thesis). Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10119/4321

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

新倉, 諭. “ソースコード理解支援機能を持つ開発環境の研究.” Thesis, Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学. Accessed March 22, 2019. http://hdl.handle.net/10119/4321.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

新倉, 諭. “ソースコード理解支援機能を持つ開発環境の研究.” Web. 22 Mar 2019.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.

Vancouver:

新倉 . ソースコード理解支援機能を持つ開発環境の研究. [Internet] [Thesis]. Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学; [cited 2019 Mar 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10119/4321.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

Council of Science Editors:

新倉 . ソースコード理解支援機能を持つ開発環境の研究. [Thesis]. Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学; Available from: http://hdl.handle.net/10119/4321

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

9. 張, 慧. 文系と理系の視点で異なる日中オフショア・ソフトウェア開発における人材育成法に関する研究.

Degree: Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学

Supervisor:國藤進

知識科学研究科

修士

Subjects/Keywords: オフショア・ソフトウェア開発; offshore software development; 人材育成; training for person

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

張, . (n.d.). 文系と理系の視点で異なる日中オフショア・ソフトウェア開発における人材育成法に関する研究. (Thesis). Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10119/9680

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

張, 慧. “文系と理系の視点で異なる日中オフショア・ソフトウェア開発における人材育成法に関する研究.” Thesis, Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学. Accessed March 22, 2019. http://hdl.handle.net/10119/9680.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

張, 慧. “文系と理系の視点で異なる日中オフショア・ソフトウェア開発における人材育成法に関する研究.” Web. 22 Mar 2019.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.

Vancouver:

張 . 文系と理系の視点で異なる日中オフショア・ソフトウェア開発における人材育成法に関する研究. [Internet] [Thesis]. Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学; [cited 2019 Mar 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10119/9680.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

Council of Science Editors:

張 . 文系と理系の視点で異なる日中オフショア・ソフトウェア開発における人材育成法に関する研究. [Thesis]. Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学; Available from: http://hdl.handle.net/10119/9680

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

10. 永田, 周一. NOTA : ユーザー主導型コミュニティ活動支援システムの研究 : NOTA : ユーザー シュドウガタ コミュニティ カツドウ シエン システム ノ ケンキュウ; NOTA : yuza shudogata komyuniti katsudo shien shisutemu no kenkyu; NOTA : user driven approach for community activity support system.

Degree: 2007, Keio University / 慶應義塾大学

安村通晃研究プロジェクト2006年

本研究は、地域コミュニティ活動で必要とされる細かな要求を満たせることができるよう、市民がソフトウェアを開発し、コミュニティで運用する中で得られるフィードバックを元に継続的に改良していく「共生開発スタイル」を提案し、事例を通じて有効性を示すことを目的としている。また、実際に共生開発スタイルの事例として開発したNOTAを利用して共生開発スタイルが広がったプロセスを明らかにしている。

Subjects/Keywords: コミュニティ活動支援システム; オープンコンテンツ; 共生開発スタイル; community activity support system; open content; civil software development

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

永田, . (2007). NOTA : ユーザー主導型コミュニティ活動支援システムの研究 : NOTA : ユーザー シュドウガタ コミュニティ カツドウ シエン システム ノ ケンキュウ; NOTA : yuza shudogata komyuniti katsudo shien shisutemu no kenkyu; NOTA : user driven approach for community activity support system. (Thesis). Keio University / 慶應義塾大学. Retrieved from http://koara.lib.keio.ac.jp/xoonips/modules/xoonips/detail.php?koara_id=0302-0000-0583

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

永田, 周一. “NOTA : ユーザー主導型コミュニティ活動支援システムの研究 : NOTA : ユーザー シュドウガタ コミュニティ カツドウ シエン システム ノ ケンキュウ; NOTA : yuza shudogata komyuniti katsudo shien shisutemu no kenkyu; NOTA : user driven approach for community activity support system.” 2007. Thesis, Keio University / 慶應義塾大学. Accessed March 22, 2019. http://koara.lib.keio.ac.jp/xoonips/modules/xoonips/detail.php?koara_id=0302-0000-0583.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

永田, 周一. “NOTA : ユーザー主導型コミュニティ活動支援システムの研究 : NOTA : ユーザー シュドウガタ コミュニティ カツドウ シエン システム ノ ケンキュウ; NOTA : yuza shudogata komyuniti katsudo shien shisutemu no kenkyu; NOTA : user driven approach for community activity support system.” 2007. Web. 22 Mar 2019.

Vancouver:

永田 . NOTA : ユーザー主導型コミュニティ活動支援システムの研究 : NOTA : ユーザー シュドウガタ コミュニティ カツドウ シエン システム ノ ケンキュウ; NOTA : yuza shudogata komyuniti katsudo shien shisutemu no kenkyu; NOTA : user driven approach for community activity support system. [Internet] [Thesis]. Keio University / 慶應義塾大学; 2007. [cited 2019 Mar 22]. Available from: http://koara.lib.keio.ac.jp/xoonips/modules/xoonips/detail.php?koara_id=0302-0000-0583.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

永田 . NOTA : ユーザー主導型コミュニティ活動支援システムの研究 : NOTA : ユーザー シュドウガタ コミュニティ カツドウ シエン システム ノ ケンキュウ; NOTA : yuza shudogata komyuniti katsudo shien shisutemu no kenkyu; NOTA : user driven approach for community activity support system. [Thesis]. Keio University / 慶應義塾大学; 2007. Available from: http://koara.lib.keio.ac.jp/xoonips/modules/xoonips/detail.php?koara_id=0302-0000-0583

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

11. 権, 亨漢. ソフトウェア開発環境における構成要素の分類と競合回避手段に関する調査研究 [課題研究報告書].

Degree: Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学

Supervisor:鈴木正人

情報科学研究科

修士

Subjects/Keywords: 挙動決定情報; Integrated Development Environment; 環境要素; Conflict; 言語要素; Behavior Dominant Information, Software configuration; 構成要素; Software preference

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

権, . (n.d.). ソフトウェア開発環境における構成要素の分類と競合回避手段に関する調査研究 [課題研究報告書]. (Thesis). Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10119/11302

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

権, 亨漢. “ソフトウェア開発環境における構成要素の分類と競合回避手段に関する調査研究 [課題研究報告書].” Thesis, Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学. Accessed March 22, 2019. http://hdl.handle.net/10119/11302.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

権, 亨漢. “ソフトウェア開発環境における構成要素の分類と競合回避手段に関する調査研究 [課題研究報告書].” Web. 22 Mar 2019.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.

Vancouver:

権 . ソフトウェア開発環境における構成要素の分類と競合回避手段に関する調査研究 [課題研究報告書]. [Internet] [Thesis]. Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学; [cited 2019 Mar 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10119/11302.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

Council of Science Editors:

権 . ソフトウェア開発環境における構成要素の分類と競合回避手段に関する調査研究 [課題研究報告書]. [Thesis]. Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学; Available from: http://hdl.handle.net/10119/11302

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

12. 南野, 美穂. 発達障害をもつ思春期の子どもと保護者への支援 -主体の生成と関係の形成に注目して- : Support for Adolescents with Developmental Disorders and their Parents - By placing emphasis on generating of Subject and the formation of Relationships -.

Degree: 博士(文学), 2016, Konan University / 甲南大学

本研究は、発達障害を持つ思春期の子どもとその保護者への心理的支援のモデルを構築することを目的として、実践研究による支援の方法論の検討と、効果の検証の試みを行ったものである。発達障害を持つ子どもおよび保護者への支援は、幼児期における早期発見と支援を目指す子育て支援、特別支援教育という小学校を中心とする学校教育における支援の必要性が認識され、保健、医療、福祉、教育の連携によって発展している。しかし、思春期の子どもとその保護者に対しては、特別支援教育のなかで教員あるいは教員補助者による支援が行われているものの、保護者も含めた発達支援は、学童期までに比べて乏しいのが現状である。実践研究においても、思春期を対象としたものは、学童期までに比べて少なく、方法論の構築に至っていない。本研究は、その残された実践課題に、個人心理療法とグループ支援の二本の柱からなる実践を通して取り組んだものである。論文は、問題の整理と研究デザインの提出からなる第Ⅰ部、個人心理療法の実践報告からなる第Ⅱ部、グループ支援事業の実践報告からなる第Ⅲ部、結果を踏まえて総合的に議論する第Ⅳ部の4部で構成されている。第Ⅰ部では、まず、障害の概念、定義に関する先行研究を検討し、発達障害を、疾病概念としてではなく、発達マイノリティととらえる視点を採用する。すなわち、発達マジョリティと同様の発達課題を持ちながら、課題に直面する時期およびその発現様式の相違がもたらすマジョリティとのずれから、発達障害をもつ人が抱えるさまざまな困難が発生すると考える。続いて、その視点にたって医療と支援の現状を概観し、特に、思春期において顕著になる困難要因を、子どもの特性がもたらす、子どもの主体形成の遅れ、保護者との愛着形成の遅れによる同年齢の子どもとのずれの拡大、親あるいは教師などの他者から見た分かりにくさの増大としてとらえる。逆に言えば、困難の陰に隠れて見逃されやすい、主体形成と愛着形成の課題に対して適切な支援が為されれば、社会適応の可能性が高くなることが予想される。以上のように思春期における心理的支援の重要性を確認した上で、第一に個人心理療法による子どもの主体の形成過程の支持、第二にグループ実践による保護者との愛着関係および他者との関係修正という二つの実践からなる本研究の方法を提示している。第Ⅱ部は、個人心理療法事例の分析である。主体の形成という観点から実践の有効性を分析するため、ここでは、思考thoughtsの発達理論として知られるBionの理論を援用している。Bionの図式によれば、心の素材以前の仮想的要素であるβ要素からα機能によってα要素が生み出され、それを素材として物語からより抽象的な概念へ思考が発展する過程を経ることが、能動的に考える働きの展開を表す。心身未分化な体験があり、それが包容され、消化され、意味が生まれることで、個人にとって意味のある体験となり、他者に伝達可能なものとなる。ここで取り上げられる3事例の子どもたち(男子)は、「からだと心の不連続」、「体験同士をつないで自分の物語を作ることの困難」、「有機的存在として他者との間で心の要素を伝えあうことの困難」といった、さまざまのレベルにおいて「つながることの困難」を抱えていた。意味づけられないままの体験が優越することで、ある程度統合された体験の主体という感覚を持つことができないことにつながっていると理解できた。その理解に基づき、著者はセラピストとして、クライエント一人では抱えられない未分化な心的要素を包容しつつ、消化や意味づけが生まれる過程を支える機能を、まずは彼らに代わって担い、次第に彼ら自身が自身の体験を包容できるようになるよう関わった。過程における変化のアセスメント手法としては、風景構成法を用い、高石の発達段階モデルと、自己像の形成に注目することで、思春期にある彼らが、知的には年齢相応の発達を遂げている一方で、体験のまとまり、自己を捉える視点という意味では、およそ小学校低学年段階にとどまっていたこと、著者のかかわりの過程で彼らなりの発達を遂げていった過程が観察された。3事例の分析に基づき、体験をつなぎ合わせて一貫した自己像を形成することが思春期の発達障害の支援の一つの核になること、それを支える個人心理療法の枠組みを維持することの意義が確認されるとともに、その枠組みを継続的に提供できる場は数少ないことが課題として指摘された。第Ⅲ部では、発達障害をもつ思春期の子どもとその保護者を対象としたグループ支援の実践報告に基づいて、発達障害に対してグループ支援を用いた先行実践研究を参照しつつ、支援において集団が持つ機能が考察された。小学校高学年になった発達障害のある子どもの愛着と仲間関係への欲求満足は、幼児が子ども社会へ足を踏み出す時期の養育者役割に相当するサポートによって促進されるという仮説、および保護者が適度な距離を保ちつつ子どもの欲求を理解する機会の必要性から次の形態が採用された。すなわち、子どもと保護者それぞれのグループワークを別室で同時間に並行して行いながら、子どもグループには、子ども一人について一人のサポーターが配置され、保護者グループにはファシリテーターとして1~2名のスタッフを配置した。グループ活動のプログラム内容は、先行研究を参照して設定したうえで、活動を実行しながらの検討、修正が重ねられた。プロセスの分析と効果検証は、三つの方法で行われた。第一に、グループにおける一人の子どもに焦点を当てた、子どもの変化とグループおよびサポーターの機能の分析。第二に、保護者グループ内における母親の語りの分析、第三に、保護者に対する半構造化インタビューによる検証である。第一の分析では、プロセス記録に基づき、サポーターの機能を「フィードバック機能」と「スキル指導機能」の二つに分け、前者が子どもの二者関係への欲求を受け止めること、後者が仲間関係への欲求を満たせる方向にサポートする役割を果たすと理解された。その両者を合わせることで、幼児期の養育者役割の代理をサポーターが果たしていると考えられた。第二の分析では、思春期の子どもが示す愛着欲求に対する戸惑いという共通のテーマが見られるとともに、直接の関わりでは受け入れにくいその欲求を、間にサポータ―という養育者代理を置くことで理解する過程が見られた。この過程を、幼児期に、砂場において一定の距離のもとで子どもが子ども集団に入るのを見守るのと同等の体験が、本グループ支援が提供する構造によって可能になると考え、「砂場体験」と名付けた。第三の分析では、ある期のグループ活動の開始前と開始後の参加者への半構造化インタビューの内容を、KJ法を用いて整理した結果、「安心できる場」「自己肯定感」「ほどよい親子関係」「将来への展望」「課題の明確化」の五つの効果を参加者が感じていることが分かった。また、この結果を、第一の分析による子どもの内的体験および第二の分析から抽出された「砂場体験」モデルに統合して、本支援グループの全体像を示すモデル図が描かれた。第Ⅳ部では、「主体の生成」、「関係の形成」という本研究の視点から、実践報告をもう一度振り返っている。主体の生成が主題となる個人心理療法では、まだ原初的な体験世界にとどまっている子どもに対し、その体験世界を共有しようとしながら包容することと、原初的な世界にとどまっている仮の主体を心

Subjects/Keywords: 発達障害; ADHD; ASD; 主体; 内発的欲求; 愛着形成; 思春期; 仲間関係

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

南野, . (2016). 発達障害をもつ思春期の子どもと保護者への支援 -主体の生成と関係の形成に注目して- : Support for Adolescents with Developmental Disorders and their Parents - By placing emphasis on generating of Subject and the formation of Relationships -. (Thesis). Konan University / 甲南大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1260/00001756/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00001756

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

南野, 美穂. “発達障害をもつ思春期の子どもと保護者への支援 -主体の生成と関係の形成に注目して- : Support for Adolescents with Developmental Disorders and their Parents - By placing emphasis on generating of Subject and the formation of Relationships -.” 2016. Thesis, Konan University / 甲南大学. Accessed March 22, 2019. http://id.nii.ac.jp/1260/00001756/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00001756.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

南野, 美穂. “発達障害をもつ思春期の子どもと保護者への支援 -主体の生成と関係の形成に注目して- : Support for Adolescents with Developmental Disorders and their Parents - By placing emphasis on generating of Subject and the formation of Relationships -.” 2016. Web. 22 Mar 2019.

Vancouver:

南野 . 発達障害をもつ思春期の子どもと保護者への支援 -主体の生成と関係の形成に注目して- : Support for Adolescents with Developmental Disorders and their Parents - By placing emphasis on generating of Subject and the formation of Relationships -. [Internet] [Thesis]. Konan University / 甲南大学; 2016. [cited 2019 Mar 22]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1260/00001756/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00001756.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

南野 . 発達障害をもつ思春期の子どもと保護者への支援 -主体の生成と関係の形成に注目して- : Support for Adolescents with Developmental Disorders and their Parents - By placing emphasis on generating of Subject and the formation of Relationships -. [Thesis]. Konan University / 甲南大学; 2016. Available from: http://id.nii.ac.jp/1260/00001756/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00001756

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

13. 上村, 恭平. ハードウェア記述言語におけるコードクローンの調査 : Investigation for Code Clone in Hardware Description Language; ハードウェア キジュツ ゲンゴ ニ オケル コードクローン ノ チョウサ.

Degree: Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学

Subjects/Keywords: Software Engineering

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

上村, . (n.d.). ハードウェア記述言語におけるコードクローンの調査 : Investigation for Code Clone in Hardware Description Language; ハードウェア キジュツ ゲンゴ ニ オケル コードクローン ノ チョウサ. (Thesis). Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10061/10507

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

上村, 恭平. “ハードウェア記述言語におけるコードクローンの調査 : Investigation for Code Clone in Hardware Description Language; ハードウェア キジュツ ゲンゴ ニ オケル コードクローン ノ チョウサ.” Thesis, Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学. Accessed March 22, 2019. http://hdl.handle.net/10061/10507.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

上村, 恭平. “ハードウェア記述言語におけるコードクローンの調査 : Investigation for Code Clone in Hardware Description Language; ハードウェア キジュツ ゲンゴ ニ オケル コードクローン ノ チョウサ.” Web. 22 Mar 2019.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.

Vancouver:

上村 . ハードウェア記述言語におけるコードクローンの調査 : Investigation for Code Clone in Hardware Description Language; ハードウェア キジュツ ゲンゴ ニ オケル コードクローン ノ チョウサ. [Internet] [Thesis]. Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学; [cited 2019 Mar 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10061/10507.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

Council of Science Editors:

上村 . ハードウェア記述言語におけるコードクローンの調査 : Investigation for Code Clone in Hardware Description Language; ハードウェア キジュツ ゲンゴ ニ オケル コードクローン ノ チョウサ. [Thesis]. Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学; Available from: http://hdl.handle.net/10061/10507

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

14. Uwano, Hidetake. Measuring and Characterizing Eye Movements for Performance Evaluation of Software Review : ソフトウェアレビュー能力の評価のための視線計測と特徴分析; ソフトウェア レビュー ノウリョク ノ ヒョウカ ノ タメ ノ シセン ケイソク ト トクチョウ ブンセキ.

Degree: Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学

Subjects/Keywords: Software Review

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Uwano, H. (n.d.). Measuring and Characterizing Eye Movements for Performance Evaluation of Software Review : ソフトウェアレビュー能力の評価のための視線計測と特徴分析; ソフトウェア レビュー ノウリョク ノ ヒョウカ ノ タメ ノ シセン ケイソク ト トクチョウ ブンセキ. (Thesis). Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10061/5206

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Uwano, Hidetake. “Measuring and Characterizing Eye Movements for Performance Evaluation of Software Review : ソフトウェアレビュー能力の評価のための視線計測と特徴分析; ソフトウェア レビュー ノウリョク ノ ヒョウカ ノ タメ ノ シセン ケイソク ト トクチョウ ブンセキ.” Thesis, Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学. Accessed March 22, 2019. http://hdl.handle.net/10061/5206.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Uwano, Hidetake. “Measuring and Characterizing Eye Movements for Performance Evaluation of Software Review : ソフトウェアレビュー能力の評価のための視線計測と特徴分析; ソフトウェア レビュー ノウリョク ノ ヒョウカ ノ タメ ノ シセン ケイソク ト トクチョウ ブンセキ.” Web. 22 Mar 2019.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.

Vancouver:

Uwano H. Measuring and Characterizing Eye Movements for Performance Evaluation of Software Review : ソフトウェアレビュー能力の評価のための視線計測と特徴分析; ソフトウェア レビュー ノウリョク ノ ヒョウカ ノ タメ ノ シセン ケイソク ト トクチョウ ブンセキ. [Internet] [Thesis]. Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学; [cited 2019 Mar 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10061/5206.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

Council of Science Editors:

Uwano H. Measuring and Characterizing Eye Movements for Performance Evaluation of Software Review : ソフトウェアレビュー能力の評価のための視線計測と特徴分析; ソフトウェア レビュー ノウリョク ノ ヒョウカ ノ タメ ノ シセン ケイソク ト トクチョウ ブンセキ. [Thesis]. Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学; Available from: http://hdl.handle.net/10061/5206

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

15. 八木, 英光. ゴール構造化記法を用いたリスク分析の改善と評価 : Improvement and evaluation of risk analysis using Goal Structuring Notation; ゴール コウゾウカ キホウ オ モチイタ リスク ブンセキ ノ カイゼン ト ヒョウカ.

Degree: Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学

Subjects/Keywords: Software Engineering

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

八木, . (n.d.). ゴール構造化記法を用いたリスク分析の改善と評価 : Improvement and evaluation of risk analysis using Goal Structuring Notation; ゴール コウゾウカ キホウ オ モチイタ リスク ブンセキ ノ カイゼン ト ヒョウカ. (Thesis). Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10061/11633

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

八木, 英光. “ゴール構造化記法を用いたリスク分析の改善と評価 : Improvement and evaluation of risk analysis using Goal Structuring Notation; ゴール コウゾウカ キホウ オ モチイタ リスク ブンセキ ノ カイゼン ト ヒョウカ.” Thesis, Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学. Accessed March 22, 2019. http://hdl.handle.net/10061/11633.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

八木, 英光. “ゴール構造化記法を用いたリスク分析の改善と評価 : Improvement and evaluation of risk analysis using Goal Structuring Notation; ゴール コウゾウカ キホウ オ モチイタ リスク ブンセキ ノ カイゼン ト ヒョウカ.” Web. 22 Mar 2019.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.

Vancouver:

八木 . ゴール構造化記法を用いたリスク分析の改善と評価 : Improvement and evaluation of risk analysis using Goal Structuring Notation; ゴール コウゾウカ キホウ オ モチイタ リスク ブンセキ ノ カイゼン ト ヒョウカ. [Internet] [Thesis]. Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学; [cited 2019 Mar 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10061/11633.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

Council of Science Editors:

八木 . ゴール構造化記法を用いたリスク分析の改善と評価 : Improvement and evaluation of risk analysis using Goal Structuring Notation; ゴール コウゾウカ キホウ オ モチイタ リスク ブンセキ ノ カイゼン ト ヒョウカ. [Thesis]. Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学; Available from: http://hdl.handle.net/10061/11633

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

16. 嶋田, 大輔. オープンソースソフトウェア開発に適したCVSリポジトリの階層型分散構成法の研究.

Degree: Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学

Supervisor:落水 浩一郎 教授

情報科学研究科

修士

Subjects/Keywords: オープンソースソフトウェア開発、運用方針、CVSリポジトリ、階層型分散構成; Open Source Software Development, Policy of Operat

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

嶋田, . (n.d.). オープンソースソフトウェア開発に適したCVSリポジトリの階層型分散構成法の研究. (Thesis). Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10119/1525

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

嶋田, 大輔. “オープンソースソフトウェア開発に適したCVSリポジトリの階層型分散構成法の研究.” Thesis, Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学. Accessed March 22, 2019. http://hdl.handle.net/10119/1525.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

嶋田, 大輔. “オープンソースソフトウェア開発に適したCVSリポジトリの階層型分散構成法の研究.” Web. 22 Mar 2019.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.

Vancouver:

嶋田 . オープンソースソフトウェア開発に適したCVSリポジトリの階層型分散構成法の研究. [Internet] [Thesis]. Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学; [cited 2019 Mar 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10119/1525.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

Council of Science Editors:

嶋田 . オープンソースソフトウェア開発に適したCVSリポジトリの階層型分散構成法の研究. [Thesis]. Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学; Available from: http://hdl.handle.net/10119/1525

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

17. 山本, 健太. Gitの履歴を利用したソ ースコード内のぜい弱性検知.

Degree: Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学

Supervisor:金子 峰雄

情報科学研究科

修士

Subjects/Keywords: セキュリティ; Security; ぜい弱性対応; Vulnerability Management; ソフトウェア開発; Software Development; バージョン管理; Version Control; 機械学習; Machine Learning

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

山本, . (n.d.). Gitの履歴を利用したソ ースコード内のぜい弱性検知. (Thesis). Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10119/15209

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

山本, 健太. “Gitの履歴を利用したソ ースコード内のぜい弱性検知.” Thesis, Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学. Accessed March 22, 2019. http://hdl.handle.net/10119/15209.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

山本, 健太. “Gitの履歴を利用したソ ースコード内のぜい弱性検知.” Web. 22 Mar 2019.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.

Vancouver:

山本 . Gitの履歴を利用したソ ースコード内のぜい弱性検知. [Internet] [Thesis]. Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学; [cited 2019 Mar 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10119/15209.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

Council of Science Editors:

山本 . Gitの履歴を利用したソ ースコード内のぜい弱性検知. [Thesis]. Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学; Available from: http://hdl.handle.net/10119/15209

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

18. 西田, 和豊. 分散共同ソフトウェア開発における情報共有支援方式に関する研究.

Degree: Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学

Supervisor:落水 浩一朗

情報科学研究科

修士

Subjects/Keywords: 分散共同ソフトウェア開発, 情報共有支援環境, 電子メールコミュニケーション, 討議構造モデル; Distributed Cooperative Software Development, Supp

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

西田, . (n.d.). 分散共同ソフトウェア開発における情報共有支援方式に関する研究. (Thesis). Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10119/1779

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

西田, 和豊. “分散共同ソフトウェア開発における情報共有支援方式に関する研究.” Thesis, Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学. Accessed March 22, 2019. http://hdl.handle.net/10119/1779.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

西田, 和豊. “分散共同ソフトウェア開発における情報共有支援方式に関する研究.” Web. 22 Mar 2019.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.

Vancouver:

西田 . 分散共同ソフトウェア開発における情報共有支援方式に関する研究. [Internet] [Thesis]. Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学; [cited 2019 Mar 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10119/1779.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

Council of Science Editors:

西田 . 分散共同ソフトウェア開発における情報共有支援方式に関する研究. [Thesis]. Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学; Available from: http://hdl.handle.net/10119/1779

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

19. 原, 一貴. Netspec:OpenFlow Networkのテストツール構築に関する研究 : Netspec:A Testing Tool for OpenFlow Network; Netspec OpenFlow Network ノ テスト ツール コウチク ニ カンスル ケンキュウ.

Degree: Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学

Subjects/Keywords: Software Defined Networking

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

原, . (n.d.). Netspec:OpenFlow Networkのテストツール構築に関する研究 : Netspec:A Testing Tool for OpenFlow Network; Netspec OpenFlow Network ノ テスト ツール コウチク ニ カンスル ケンキュウ. (Thesis). Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10061/10566

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

原, 一貴. “Netspec:OpenFlow Networkのテストツール構築に関する研究 : Netspec:A Testing Tool for OpenFlow Network; Netspec OpenFlow Network ノ テスト ツール コウチク ニ カンスル ケンキュウ.” Thesis, Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学. Accessed March 22, 2019. http://hdl.handle.net/10061/10566.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

原, 一貴. “Netspec:OpenFlow Networkのテストツール構築に関する研究 : Netspec:A Testing Tool for OpenFlow Network; Netspec OpenFlow Network ノ テスト ツール コウチク ニ カンスル ケンキュウ.” Web. 22 Mar 2019.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.

Vancouver:

原 . Netspec:OpenFlow Networkのテストツール構築に関する研究 : Netspec:A Testing Tool for OpenFlow Network; Netspec OpenFlow Network ノ テスト ツール コウチク ニ カンスル ケンキュウ. [Internet] [Thesis]. Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学; [cited 2019 Mar 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10061/10566.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

Council of Science Editors:

原 . Netspec:OpenFlow Networkのテストツール構築に関する研究 : Netspec:A Testing Tool for OpenFlow Network; Netspec OpenFlow Network ノ テスト ツール コウチク ニ カンスル ケンキュウ. [Thesis]. Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学; Available from: http://hdl.handle.net/10061/10566

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

20. 真田, 亮平. Software-Defined Networkingの適用例に関する研究調査と考察 : A study on Software-Defined Networking applications; Software-Defined Networking ノ テキヨウ レイ ニ カンスル ケンキュウ チョウサ ト コウサツ.

Degree: Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学

Subjects/Keywords: Software-Defined Networking

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

真田, . (n.d.). Software-Defined Networkingの適用例に関する研究調査と考察 : A study on Software-Defined Networking applications; Software-Defined Networking ノ テキヨウ レイ ニ カンスル ケンキュウ チョウサ ト コウサツ. (Thesis). Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10061/9925

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

真田, 亮平. “Software-Defined Networkingの適用例に関する研究調査と考察 : A study on Software-Defined Networking applications; Software-Defined Networking ノ テキヨウ レイ ニ カンスル ケンキュウ チョウサ ト コウサツ.” Thesis, Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学. Accessed March 22, 2019. http://hdl.handle.net/10061/9925.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

真田, 亮平. “Software-Defined Networkingの適用例に関する研究調査と考察 : A study on Software-Defined Networking applications; Software-Defined Networking ノ テキヨウ レイ ニ カンスル ケンキュウ チョウサ ト コウサツ.” Web. 22 Mar 2019.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.

Vancouver:

真田 . Software-Defined Networkingの適用例に関する研究調査と考察 : A study on Software-Defined Networking applications; Software-Defined Networking ノ テキヨウ レイ ニ カンスル ケンキュウ チョウサ ト コウサツ. [Internet] [Thesis]. Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学; [cited 2019 Mar 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10061/9925.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

Council of Science Editors:

真田 . Software-Defined Networkingの適用例に関する研究調査と考察 : A study on Software-Defined Networking applications; Software-Defined Networking ノ テキヨウ レイ ニ カンスル ケンキュウ チョウサ ト コウサツ. [Thesis]. Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学; Available from: http://hdl.handle.net/10061/9925

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

21. 山口, 由美. 「モノラルスピーカー音」と「ステレオスピーカー音」の音楽聴取時における自閉症スペクトラム障害児者の唾液アミラーゼ活性ストレス反応 : A Study of Salivary Amylase Activity Stress Reaction when Autistic Spectrum Disorders listen to the music by "Monaural Speaker Sound" and "Stereo Speaker Sound"; モノラル スピーカー オン ト ステレオ スピーカー オン ノ オンガク チョウシュジ ニ オケル ジヘイショウ スペクトラム ショウガイジシャ ノ ダエキ アミラーゼ カッセイ ストレス ハンノウ.

Degree: 2018, Hirosaki University / 弘前大学

言語コミュニケーション能力が低く,併せて知的障害を有する自閉症スペクトラム障害児者(AutisticSpectrum Disorders:以下ASD)において,言葉にできない内的ストレスを不適応行動で示す場合がある。そういった障害のある人たちはどのようなストレスを抱えているのか,またストレスが不適応行動とどうかかわっているのかを捉えるのには非常に困難な問題がある。そこで本研究では一つの手がかりとして,比較的新しい指標である唾液アミラーゼ活性ストレス反応を生理的指標とし,彼らのストレス状態を計測できるかどうかを実験した。結果は次のようであった。(1)あるASD児においては,不適応行動反応と唾液アミラーゼ活性ストレス反応は一致を示した。(2)成人ASD5名においては,内省好嫌報告と音ストレッサー好嫌唾液アミラーゼ活性ストレス反応が一致した。

授与大学:弘前大学; 学位種類:修士(教育学); 授与年月日:平成25年3月22日; 学位記番号:修第558号

Subjects/Keywords: ASD; 聴覚感覚; モノラル・ステレオスピーカー音; 唾液アミラーゼ活性ストレス反応

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

山口, . (2018). 「モノラルスピーカー音」と「ステレオスピーカー音」の音楽聴取時における自閉症スペクトラム障害児者の唾液アミラーゼ活性ストレス反応 : A Study of Salivary Amylase Activity Stress Reaction when Autistic Spectrum Disorders listen to the music by "Monaural Speaker Sound" and "Stereo Speaker Sound"; モノラル スピーカー オン ト ステレオ スピーカー オン ノ オンガク チョウシュジ ニ オケル ジヘイショウ スペクトラム ショウガイジシャ ノ ダエキ アミラーゼ カッセイ ストレス ハンノウ. (Thesis). Hirosaki University / 弘前大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10129/5127

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

山口, 由美. “「モノラルスピーカー音」と「ステレオスピーカー音」の音楽聴取時における自閉症スペクトラム障害児者の唾液アミラーゼ活性ストレス反応 : A Study of Salivary Amylase Activity Stress Reaction when Autistic Spectrum Disorders listen to the music by "Monaural Speaker Sound" and "Stereo Speaker Sound"; モノラル スピーカー オン ト ステレオ スピーカー オン ノ オンガク チョウシュジ ニ オケル ジヘイショウ スペクトラム ショウガイジシャ ノ ダエキ アミラーゼ カッセイ ストレス ハンノウ.” 2018. Thesis, Hirosaki University / 弘前大学. Accessed March 22, 2019. http://hdl.handle.net/10129/5127.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

山口, 由美. “「モノラルスピーカー音」と「ステレオスピーカー音」の音楽聴取時における自閉症スペクトラム障害児者の唾液アミラーゼ活性ストレス反応 : A Study of Salivary Amylase Activity Stress Reaction when Autistic Spectrum Disorders listen to the music by "Monaural Speaker Sound" and "Stereo Speaker Sound"; モノラル スピーカー オン ト ステレオ スピーカー オン ノ オンガク チョウシュジ ニ オケル ジヘイショウ スペクトラム ショウガイジシャ ノ ダエキ アミラーゼ カッセイ ストレス ハンノウ.” 2018. Web. 22 Mar 2019.

Vancouver:

山口 . 「モノラルスピーカー音」と「ステレオスピーカー音」の音楽聴取時における自閉症スペクトラム障害児者の唾液アミラーゼ活性ストレス反応 : A Study of Salivary Amylase Activity Stress Reaction when Autistic Spectrum Disorders listen to the music by "Monaural Speaker Sound" and "Stereo Speaker Sound"; モノラル スピーカー オン ト ステレオ スピーカー オン ノ オンガク チョウシュジ ニ オケル ジヘイショウ スペクトラム ショウガイジシャ ノ ダエキ アミラーゼ カッセイ ストレス ハンノウ. [Internet] [Thesis]. Hirosaki University / 弘前大学; 2018. [cited 2019 Mar 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10129/5127.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

山口 . 「モノラルスピーカー音」と「ステレオスピーカー音」の音楽聴取時における自閉症スペクトラム障害児者の唾液アミラーゼ活性ストレス反応 : A Study of Salivary Amylase Activity Stress Reaction when Autistic Spectrum Disorders listen to the music by "Monaural Speaker Sound" and "Stereo Speaker Sound"; モノラル スピーカー オン ト ステレオ スピーカー オン ノ オンガク チョウシュジ ニ オケル ジヘイショウ スペクトラム ショウガイジシャ ノ ダエキ アミラーゼ カッセイ ストレス ハンノウ. [Thesis]. Hirosaki University / 弘前大学; 2018. Available from: http://hdl.handle.net/10129/5127

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

22. 和田, 典子. サービス価値に着目したソフトウェア開発能力向上支援の研究.

Degree: 博士(知識科学), 2015, Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学

Supervisor:小坂 滿隆

知識科学研究科

博士

Subjects/Keywords: Service; Value-co-creation; Software process; Software organization capability; Software process improvement

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

和田, . (2015). サービス価値に着目したソフトウェア開発能力向上支援の研究. (Thesis). Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10119/12759

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

和田, 典子. “サービス価値に着目したソフトウェア開発能力向上支援の研究.” 2015. Thesis, Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学. Accessed March 22, 2019. http://hdl.handle.net/10119/12759.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

和田, 典子. “サービス価値に着目したソフトウェア開発能力向上支援の研究.” 2015. Web. 22 Mar 2019.

Vancouver:

和田 . サービス価値に着目したソフトウェア開発能力向上支援の研究. [Internet] [Thesis]. Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学; 2015. [cited 2019 Mar 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10119/12759.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

和田 . サービス価値に着目したソフトウェア開発能力向上支援の研究. [Thesis]. Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学; 2015. Available from: http://hdl.handle.net/10119/12759

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

23. 浅野, 卓也. 神経細胞の極性形成における定量的解析 : Quantitative Analysis of Neuronal Polarization; シンケイ サイボウ ノ キョクセイ ケイセイ ニオケル テイリョウテキ カイセキ.

Degree: Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学

Subjects/Keywords: neuronal development

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

浅野, . (n.d.). 神経細胞の極性形成における定量的解析 : Quantitative Analysis of Neuronal Polarization; シンケイ サイボウ ノ キョクセイ ケイセイ ニオケル テイリョウテキ カイセキ. (Thesis). Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10061/4574

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

浅野, 卓也. “神経細胞の極性形成における定量的解析 : Quantitative Analysis of Neuronal Polarization; シンケイ サイボウ ノ キョクセイ ケイセイ ニオケル テイリョウテキ カイセキ.” Thesis, Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学. Accessed March 22, 2019. http://hdl.handle.net/10061/4574.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

浅野, 卓也. “神経細胞の極性形成における定量的解析 : Quantitative Analysis of Neuronal Polarization; シンケイ サイボウ ノ キョクセイ ケイセイ ニオケル テイリョウテキ カイセキ.” Web. 22 Mar 2019.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.

Vancouver:

浅野 . 神経細胞の極性形成における定量的解析 : Quantitative Analysis of Neuronal Polarization; シンケイ サイボウ ノ キョクセイ ケイセイ ニオケル テイリョウテキ カイセキ. [Internet] [Thesis]. Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学; [cited 2019 Mar 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10061/4574.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

Council of Science Editors:

浅野 . 神経細胞の極性形成における定量的解析 : Quantitative Analysis of Neuronal Polarization; シンケイ サイボウ ノ キョクセイ ケイセイ ニオケル テイリョウテキ カイセキ. [Thesis]. Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学; Available from: http://hdl.handle.net/10061/4574

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

24. 小林, 琢磨. ニワトリ発生過程における眼胞の背腹軸極性の形成と眼胞内領域分化の制御 : Generation of a second eye by embryonic transplantation of the antero-ventral hemicephalon; Coordinated regulation of dorsal BMP4 and ventral Shh signaling specifies the dorso-ventral polarity in the optic vesicle and governs ocular morphogenesis through FGF8 upregulation.; ニワトリ ハッセイ カテイ ニ オケル ガンポウ ノ ハイフクジク キョクセイ ノ ケイセイ ト ガンポウナイ リョウイキ ブンカ ノ セイギョ.

Degree: Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学

Subjects/Keywords: Ocular development

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

小林, . (n.d.). ニワトリ発生過程における眼胞の背腹軸極性の形成と眼胞内領域分化の制御 : Generation of a second eye by embryonic transplantation of the antero-ventral hemicephalon; Coordinated regulation of dorsal BMP4 and ventral Shh signaling specifies the dorso-ventral polarity in the optic vesicle and governs ocular morphogenesis through FGF8 upregulation.; ニワトリ ハッセイ カテイ ニ オケル ガンポウ ノ ハイフクジク キョクセイ ノ ケイセイ ト ガンポウナイ リョウイキ ブンカ ノ セイギョ. (Thesis). Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10061/5293

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

小林, 琢磨. “ニワトリ発生過程における眼胞の背腹軸極性の形成と眼胞内領域分化の制御 : Generation of a second eye by embryonic transplantation of the antero-ventral hemicephalon; Coordinated regulation of dorsal BMP4 and ventral Shh signaling specifies the dorso-ventral polarity in the optic vesicle and governs ocular morphogenesis through FGF8 upregulation.; ニワトリ ハッセイ カテイ ニ オケル ガンポウ ノ ハイフクジク キョクセイ ノ ケイセイ ト ガンポウナイ リョウイキ ブンカ ノ セイギョ.” Thesis, Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学. Accessed March 22, 2019. http://hdl.handle.net/10061/5293.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

小林, 琢磨. “ニワトリ発生過程における眼胞の背腹軸極性の形成と眼胞内領域分化の制御 : Generation of a second eye by embryonic transplantation of the antero-ventral hemicephalon; Coordinated regulation of dorsal BMP4 and ventral Shh signaling specifies the dorso-ventral polarity in the optic vesicle and governs ocular morphogenesis through FGF8 upregulation.; ニワトリ ハッセイ カテイ ニ オケル ガンポウ ノ ハイフクジク キョクセイ ノ ケイセイ ト ガンポウナイ リョウイキ ブンカ ノ セイギョ.” Web. 22 Mar 2019.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.

Vancouver:

小林 . ニワトリ発生過程における眼胞の背腹軸極性の形成と眼胞内領域分化の制御 : Generation of a second eye by embryonic transplantation of the antero-ventral hemicephalon; Coordinated regulation of dorsal BMP4 and ventral Shh signaling specifies the dorso-ventral polarity in the optic vesicle and governs ocular morphogenesis through FGF8 upregulation.; ニワトリ ハッセイ カテイ ニ オケル ガンポウ ノ ハイフクジク キョクセイ ノ ケイセイ ト ガンポウナイ リョウイキ ブンカ ノ セイギョ. [Internet] [Thesis]. Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学; [cited 2019 Mar 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10061/5293.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

Council of Science Editors:

小林 . ニワトリ発生過程における眼胞の背腹軸極性の形成と眼胞内領域分化の制御 : Generation of a second eye by embryonic transplantation of the antero-ventral hemicephalon; Coordinated regulation of dorsal BMP4 and ventral Shh signaling specifies the dorso-ventral polarity in the optic vesicle and governs ocular morphogenesis through FGF8 upregulation.; ニワトリ ハッセイ カテイ ニ オケル ガンポウ ノ ハイフクジク キョクセイ ノ ケイセイ ト ガンポウナイ リョウイキ ブンカ ノ セイギョ. [Thesis]. Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学; Available from: http://hdl.handle.net/10061/5293

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

25. 伊藤, 大史. OpenFlowネットワークにおける不要トラフィック削減を目的としたドロップルール最適配置手法の提案 : A proposal and evaluation of drop rule arrangement optimization for decreasing unintended traffic in OpenFlow; OpenFlow ネットワーク ニ オケル フヨウ トラフィック サクゲン オ モクテキ ト シタ ドロップ ルール サイテキ ハイチ シュホウ ノ テイアン.

Degree: Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学

Subjects/Keywords: Software-Defined Networking (SDN)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

伊藤, . (n.d.). OpenFlowネットワークにおける不要トラフィック削減を目的としたドロップルール最適配置手法の提案 : A proposal and evaluation of drop rule arrangement optimization for decreasing unintended traffic in OpenFlow; OpenFlow ネットワーク ニ オケル フヨウ トラフィック サクゲン オ モクテキ ト シタ ドロップ ルール サイテキ ハイチ シュホウ ノ テイアン. (Thesis). Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10061/10501

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

伊藤, 大史. “OpenFlowネットワークにおける不要トラフィック削減を目的としたドロップルール最適配置手法の提案 : A proposal and evaluation of drop rule arrangement optimization for decreasing unintended traffic in OpenFlow; OpenFlow ネットワーク ニ オケル フヨウ トラフィック サクゲン オ モクテキ ト シタ ドロップ ルール サイテキ ハイチ シュホウ ノ テイアン.” Thesis, Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学. Accessed March 22, 2019. http://hdl.handle.net/10061/10501.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

伊藤, 大史. “OpenFlowネットワークにおける不要トラフィック削減を目的としたドロップルール最適配置手法の提案 : A proposal and evaluation of drop rule arrangement optimization for decreasing unintended traffic in OpenFlow; OpenFlow ネットワーク ニ オケル フヨウ トラフィック サクゲン オ モクテキ ト シタ ドロップ ルール サイテキ ハイチ シュホウ ノ テイアン.” Web. 22 Mar 2019.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.

Vancouver:

伊藤 . OpenFlowネットワークにおける不要トラフィック削減を目的としたドロップルール最適配置手法の提案 : A proposal and evaluation of drop rule arrangement optimization for decreasing unintended traffic in OpenFlow; OpenFlow ネットワーク ニ オケル フヨウ トラフィック サクゲン オ モクテキ ト シタ ドロップ ルール サイテキ ハイチ シュホウ ノ テイアン. [Internet] [Thesis]. Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学; [cited 2019 Mar 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10061/10501.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

Council of Science Editors:

伊藤 . OpenFlowネットワークにおける不要トラフィック削減を目的としたドロップルール最適配置手法の提案 : A proposal and evaluation of drop rule arrangement optimization for decreasing unintended traffic in OpenFlow; OpenFlow ネットワーク ニ オケル フヨウ トラフィック サクゲン オ モクテキ ト シタ ドロップ ルール サイテキ ハイチ シュホウ ノ テイアン. [Thesis]. Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学; Available from: http://hdl.handle.net/10061/10501

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

26. 堀内, 史枝. 自閉症スペクトラム障害における感情および行動上の問題 : 学齢・性別毎の定型発達児との比較.

Degree: 博士(医学), 2014, Ehime University / 愛媛大学

博士(医学)

乙医博第415号

Subjects/Keywords: 自閉症スペクトラム障害(Autism Spectrum Disorders : ASD); 強さと困難さ質問票(Strengths and Difficulties : SDQ); 感情および行動上の問題

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

堀内, . (2014). 自閉症スペクトラム障害における感情および行動上の問題 : 学齢・性別毎の定型発達児との比較. (Thesis). Ehime University / 愛媛大学. Retrieved from http://iyokan.lib.ehime-u.ac.jp/dspace/handle/iyokan/4026

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

堀内, 史枝. “自閉症スペクトラム障害における感情および行動上の問題 : 学齢・性別毎の定型発達児との比較.” 2014. Thesis, Ehime University / 愛媛大学. Accessed March 22, 2019. http://iyokan.lib.ehime-u.ac.jp/dspace/handle/iyokan/4026.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

堀内, 史枝. “自閉症スペクトラム障害における感情および行動上の問題 : 学齢・性別毎の定型発達児との比較.” 2014. Web. 22 Mar 2019.

Vancouver:

堀内 . 自閉症スペクトラム障害における感情および行動上の問題 : 学齢・性別毎の定型発達児との比較. [Internet] [Thesis]. Ehime University / 愛媛大学; 2014. [cited 2019 Mar 22]. Available from: http://iyokan.lib.ehime-u.ac.jp/dspace/handle/iyokan/4026.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

堀内 . 自閉症スペクトラム障害における感情および行動上の問題 : 学齢・性別毎の定型発達児との比較. [Thesis]. Ehime University / 愛媛大学; 2014. Available from: http://iyokan.lib.ehime-u.ac.jp/dspace/handle/iyokan/4026

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

27. 池永, 理恵子. 感覚過敏を伴うASD児の学校歯科健診における困難さへの養護教諭の対応モデル.

Degree: 博士(保健看護学), 2014, Kawasaki University of Medical Welfare / 川崎医療福祉大学

平成26年度 Advisors/Committee Members: 医療福祉学研究科 保健看護学専攻.

Subjects/Keywords: 感覚過敏; ASD; 学校歯科健診; 養護教諭; 対応モデル; hypersensibility; autism spectrum disorders; school dental examinations; school nurses; services model

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

池永, . (2014). 感覚過敏を伴うASD児の学校歯科健診における困難さへの養護教諭の対応モデル. (Thesis). Kawasaki University of Medical Welfare / 川崎医療福祉大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1163/00014113/ ; http://dx.doi.org/10.15112/00014113

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

池永, 理恵子. “感覚過敏を伴うASD児の学校歯科健診における困難さへの養護教諭の対応モデル.” 2014. Thesis, Kawasaki University of Medical Welfare / 川崎医療福祉大学. Accessed March 22, 2019. http://id.nii.ac.jp/1163/00014113/ ; http://dx.doi.org/10.15112/00014113.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

池永, 理恵子. “感覚過敏を伴うASD児の学校歯科健診における困難さへの養護教諭の対応モデル.” 2014. Web. 22 Mar 2019.

Vancouver:

池永 . 感覚過敏を伴うASD児の学校歯科健診における困難さへの養護教諭の対応モデル. [Internet] [Thesis]. Kawasaki University of Medical Welfare / 川崎医療福祉大学; 2014. [cited 2019 Mar 22]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1163/00014113/ ; http://dx.doi.org/10.15112/00014113.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

池永 . 感覚過敏を伴うASD児の学校歯科健診における困難さへの養護教諭の対応モデル. [Thesis]. Kawasaki University of Medical Welfare / 川崎医療福祉大学; 2014. Available from: http://id.nii.ac.jp/1163/00014113/ ; http://dx.doi.org/10.15112/00014113

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

28. 大道, 裕. メダカをモデルとした細胞型特異的遺伝子制御機構に関する研究 : Studies on the mechanisms of cell type-specific gene regulation using medaka as a simple vertebrate.

Degree: 博士(理学), 2015, Konan University / 甲南大学

一つの個体を構成する同じゲノム情報をもつ細胞が,異なる個性を獲得する過程で中心的な役割を果たすのは,細胞によって特異的な遺伝子群を発現するメカニズムである。多くの生物のゲノムDNA配列が解明された現在においても,細胞によって異なる遺伝情報が読み出されるメカニズムは,依然として大きな謎である。近年,遺伝子制御研究のモデル生物として注目され,研究が盛んになってきた生物として,脊椎動物と同じ脊索動物門に属する海産動物のホヤがある。ホヤのオタマジャクシ幼生は,約3000と少数の細胞からなるにも関わらず,脊椎動物と共通のボディープランをもっている。胚発生が体外で進行し,胚が透明ですべての細胞を顕微鏡下で観察することが可能で,個体レベルの遺伝子機能操作も容易である。さらにゲノムサイズが小さく,シス調節配列の発見や解析が容易であるという利点もある。ホヤはモデル脊索動物としてさまざまな利点があるが,その一方で,特殊化する方向へ進化してきた生物であり,脊椎動物とのさまざまな相違点も存在する。ホヤと同様な研究モデルとしての利点をもちながら,脊椎動物に特有の性質も備えたシンプルなモデルとして注目されているのが,ゼブラフィッシュやメダカなどの小型魚類である。とくにメダカは,ゲノムサイズがゼブラフィッシュの半分であり,シス調節領域のゲノムレベルおよび個体レベルの解析に優れた特徴を備えている。 本研究では,メダカを個体レベルで細胞特異的な遺伝子発現制御機構を解析するためのモデル脊椎動物ととらえ,メダカを用いて新奇現象あるいはあらたに発見された分子の普遍性を明らかにすることを目指した。まず,ホヤを用いて発見された,細胞特異的な転写制御が関わる2つの現象について,その普遍性をメダカを用いて調べた。一つは,生殖腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)の非生殖現象における新奇役割の可能性である。もう一つの現象は,ホヤ胚を用いて見いだされた背腹軸に沿った遺伝子発現制御と遺伝子配置およびクロマチンレベルの遺伝子発現制御機構である。メダカを用いて,細胞特異的なシス調節領域を同定し,個体レベルでその活性を解析することにより,ホヤでみいだされたこれらの新奇現象が,脊椎動物にもあてはまる普遍的なものであることを示した。さらに,脊椎動物に特異的な細胞の個性化を伴う現象として,網膜における視細胞の多様性形成機構に注目し,メダカを用いた解析を行った。網膜視細胞の個性化に関わる分子機構として,錐体オプシン遺伝子とシス制御領域を共有する2つのmicroRNAを発見し,転写後調節と転写制御が共役することによる,視細胞の個性化に関わる新しい調節メカニズムを提唱した。

平成26年(2014年度)

Subjects/Keywords: gene regulation; development; medaka; photoreceptor; miRNA

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

大道, . (2015). メダカをモデルとした細胞型特異的遺伝子制御機構に関する研究 : Studies on the mechanisms of cell type-specific gene regulation using medaka as a simple vertebrate. (Thesis). Konan University / 甲南大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1260/00001546/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00001546

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

大道, 裕. “メダカをモデルとした細胞型特異的遺伝子制御機構に関する研究 : Studies on the mechanisms of cell type-specific gene regulation using medaka as a simple vertebrate.” 2015. Thesis, Konan University / 甲南大学. Accessed March 22, 2019. http://id.nii.ac.jp/1260/00001546/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00001546.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

大道, 裕. “メダカをモデルとした細胞型特異的遺伝子制御機構に関する研究 : Studies on the mechanisms of cell type-specific gene regulation using medaka as a simple vertebrate.” 2015. Web. 22 Mar 2019.

Vancouver:

大道 . メダカをモデルとした細胞型特異的遺伝子制御機構に関する研究 : Studies on the mechanisms of cell type-specific gene regulation using medaka as a simple vertebrate. [Internet] [Thesis]. Konan University / 甲南大学; 2015. [cited 2019 Mar 22]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1260/00001546/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00001546.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

大道 . メダカをモデルとした細胞型特異的遺伝子制御機構に関する研究 : Studies on the mechanisms of cell type-specific gene regulation using medaka as a simple vertebrate. [Thesis]. Konan University / 甲南大学; 2015. Available from: http://id.nii.ac.jp/1260/00001546/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00001546

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

29. 堀田, 耕一郎. 知識モジュール共有への動機とためらいの要因解明―IT企業A社のソフトウェア開発部門の事例研究―.

Degree: 博士(知識科学), 2015, Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学

Supervisor:遠山 亮子

知識科学研究科

博士

Subjects/Keywords: knowledge sharing; ambiguous management; software module; recipient; motivation

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

堀田, . (2015). 知識モジュール共有への動機とためらいの要因解明―IT企業A社のソフトウェア開発部門の事例研究―. (Thesis). Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10119/12765

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

堀田, 耕一郎. “知識モジュール共有への動機とためらいの要因解明―IT企業A社のソフトウェア開発部門の事例研究―.” 2015. Thesis, Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学. Accessed March 22, 2019. http://hdl.handle.net/10119/12765.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

堀田, 耕一郎. “知識モジュール共有への動機とためらいの要因解明―IT企業A社のソフトウェア開発部門の事例研究―.” 2015. Web. 22 Mar 2019.

Vancouver:

堀田 . 知識モジュール共有への動機とためらいの要因解明―IT企業A社のソフトウェア開発部門の事例研究―. [Internet] [Thesis]. Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学; 2015. [cited 2019 Mar 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10119/12765.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

堀田 . 知識モジュール共有への動機とためらいの要因解明―IT企業A社のソフトウェア開発部門の事例研究―. [Thesis]. Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学; 2015. Available from: http://hdl.handle.net/10119/12765

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

30. 津田, 裕司. OSSメーリングリストにおいてフィードバックを受けるメッセージの分析 : OSS メーリング リスト ニ オイテ フィードバック オ ウケル メッセージ ノ ブンセキ; Understanding a Message to Get a Feedback from OSS Project Members.

Degree: Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学

Subjects/Keywords: オープンソースソフトウェア; メーリングリスト; テキストマイニング; Open Source Software; Mailing List

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

津田, . (n.d.). OSSメーリングリストにおいてフィードバックを受けるメッセージの分析 : OSS メーリング リスト ニ オイテ フィードバック オ ウケル メッセージ ノ ブンセキ; Understanding a Message to Get a Feedback from OSS Project Members. (Thesis). Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10061/9264

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

津田, 裕司. “OSSメーリングリストにおいてフィードバックを受けるメッセージの分析 : OSS メーリング リスト ニ オイテ フィードバック オ ウケル メッセージ ノ ブンセキ; Understanding a Message to Get a Feedback from OSS Project Members.” Thesis, Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学. Accessed March 22, 2019. http://hdl.handle.net/10061/9264.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

津田, 裕司. “OSSメーリングリストにおいてフィードバックを受けるメッセージの分析 : OSS メーリング リスト ニ オイテ フィードバック オ ウケル メッセージ ノ ブンセキ; Understanding a Message to Get a Feedback from OSS Project Members.” Web. 22 Mar 2019.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.

Vancouver:

津田 . OSSメーリングリストにおいてフィードバックを受けるメッセージの分析 : OSS メーリング リスト ニ オイテ フィードバック オ ウケル メッセージ ノ ブンセキ; Understanding a Message to Get a Feedback from OSS Project Members. [Internet] [Thesis]. Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学; [cited 2019 Mar 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10061/9264.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

Council of Science Editors:

津田 . OSSメーリングリストにおいてフィードバックを受けるメッセージの分析 : OSS メーリング リスト ニ オイテ フィードバック オ ウケル メッセージ ノ ブンセキ; Understanding a Message to Get a Feedback from OSS Project Members. [Thesis]. Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学; Available from: http://hdl.handle.net/10061/9264

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

[1] [2] [3] [4] [5]

.