Advanced search options

Advanced Search Options 🞨

Browse by author name (“Author name starts with…”).

Find ETDs with:

in
/  
in
/  
in
/  
in

Written in Published in Earliest date Latest date

Sorted by

Results per page:

Sorted by: relevance · author · university · dateNew search

Language: Japanese

You searched for subject:( en BEHAVIOR ANALYSIS). Showing records 1 – 30 of 323 total matches.

[1] [2] [3] [4] [5] … [11]

Search Limiters

Last 2 Years | English Only

▼ Search Limiters

1. 津田, 歩美. プロトンポンプ阻害薬が消化管細菌叢に及ぼす影響 : プロトンポンプ ソガイヤク ガ ショウカカン サイキンソウ ニ オヨボス エイキョウ; Influence of Proton-Pump Inhibitors on the Luminal Microbiota in the Gastrointestinal Tract.

Degree: 博士(医学), 2017, Tokai University Repository / 東海大学

Subjects/Keywords: プロトンポンプ阻害薬, 16S rRNA遺伝子, 消化管細菌叢, OTU解析, UniFrac解析; proton-pump inhibitors, 16S rRNA gene, luminal microbiota in the gastrointestinal tract, OTU analysis, UniFrac analysis

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

津田, . (2017). プロトンポンプ阻害薬が消化管細菌叢に及ぼす影響 : プロトンポンプ ソガイヤク ガ ショウカカン サイキンソウ ニ オヨボス エイキョウ; Influence of Proton-Pump Inhibitors on the Luminal Microbiota in the Gastrointestinal Tract. (Thesis). Tokai University Repository / 東海大学. Retrieved from https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000273

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

津田, 歩美. “プロトンポンプ阻害薬が消化管細菌叢に及ぼす影響 : プロトンポンプ ソガイヤク ガ ショウカカン サイキンソウ ニ オヨボス エイキョウ; Influence of Proton-Pump Inhibitors on the Luminal Microbiota in the Gastrointestinal Tract.” 2017. Thesis, Tokai University Repository / 東海大学. Accessed November 20, 2019. https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000273.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

津田, 歩美. “プロトンポンプ阻害薬が消化管細菌叢に及ぼす影響 : プロトンポンプ ソガイヤク ガ ショウカカン サイキンソウ ニ オヨボス エイキョウ; Influence of Proton-Pump Inhibitors on the Luminal Microbiota in the Gastrointestinal Tract.” 2017. Web. 20 Nov 2019.

Vancouver:

津田 . プロトンポンプ阻害薬が消化管細菌叢に及ぼす影響 : プロトンポンプ ソガイヤク ガ ショウカカン サイキンソウ ニ オヨボス エイキョウ; Influence of Proton-Pump Inhibitors on the Luminal Microbiota in the Gastrointestinal Tract. [Internet] [Thesis]. Tokai University Repository / 東海大学; 2017. [cited 2019 Nov 20]. Available from: https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000273.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

津田 . プロトンポンプ阻害薬が消化管細菌叢に及ぼす影響 : プロトンポンプ ソガイヤク ガ ショウカカン サイキンソウ ニ オヨボス エイキョウ; Influence of Proton-Pump Inhibitors on the Luminal Microbiota in the Gastrointestinal Tract. [Thesis]. Tokai University Repository / 東海大学; 2017. Available from: https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000273

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

2. 高橋, 響子. 音域が広い歌声の声帯音源波形と声道形状の推定に関する研究.

Degree: Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学

Supervisor:赤木 正人

先端科学技術研究科

修士(情報科学)

Subjects/Keywords: 歌声分析; singing-voice analysis; 声区; vocal register; 声帯音源波形; glottal source waveform; ARX-LFモデル; ARX-LF model

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

高橋, . (n.d.). 音域が広い歌声の声帯音源波形と声道形状の推定に関する研究. (Thesis). Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10119/15182

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

高橋, 響子. “音域が広い歌声の声帯音源波形と声道形状の推定に関する研究.” Thesis, Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学. Accessed November 20, 2019. http://hdl.handle.net/10119/15182.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

高橋, 響子. “音域が広い歌声の声帯音源波形と声道形状の推定に関する研究.” Web. 20 Nov 2019.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.

Vancouver:

高橋 . 音域が広い歌声の声帯音源波形と声道形状の推定に関する研究. [Internet] [Thesis]. Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学; [cited 2019 Nov 20]. Available from: http://hdl.handle.net/10119/15182.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

Council of Science Editors:

高橋 . 音域が広い歌声の声帯音源波形と声道形状の推定に関する研究. [Thesis]. Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学; Available from: http://hdl.handle.net/10119/15182

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

3. 石輪, 悠貴. 改良TPSに基づいたGTTMにおけるCadential Retention.

Degree: Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学

Supervisor:東条 敏

情報科学研究科

修士

Subjects/Keywords: 計算論的音楽理論; computational musicology; GTTM; TPS; 和声解析; harmony analysis; cadential retention

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

石輪, . (n.d.). 改良TPSに基づいたGTTMにおけるCadential Retention. (Thesis). Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10119/15210

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

石輪, 悠貴. “改良TPSに基づいたGTTMにおけるCadential Retention.” Thesis, Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学. Accessed November 20, 2019. http://hdl.handle.net/10119/15210.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

石輪, 悠貴. “改良TPSに基づいたGTTMにおけるCadential Retention.” Web. 20 Nov 2019.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.

Vancouver:

石輪 . 改良TPSに基づいたGTTMにおけるCadential Retention. [Internet] [Thesis]. Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学; [cited 2019 Nov 20]. Available from: http://hdl.handle.net/10119/15210.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

Council of Science Editors:

石輪 . 改良TPSに基づいたGTTMにおけるCadential Retention. [Thesis]. Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学; Available from: http://hdl.handle.net/10119/15210

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

4. 重松, 沙樹. フーリエ変換イオンサイクロトロン共鳴質量分析法を用いた有機EL素子の劣化解析.

Degree: Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学

Supervisor:村田 英幸

先端科学技術研究科

修士(マテリアルサイエンス)

Subjects/Keywords: 有機EL素子; OLED; FT-ICR-MSI; 劣化解析; Degradation analysis

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

重松, . (n.d.). フーリエ変換イオンサイクロトロン共鳴質量分析法を用いた有機EL素子の劣化解析. (Thesis). Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10119/15227

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

重松, 沙樹. “フーリエ変換イオンサイクロトロン共鳴質量分析法を用いた有機EL素子の劣化解析.” Thesis, Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学. Accessed November 20, 2019. http://hdl.handle.net/10119/15227.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

重松, 沙樹. “フーリエ変換イオンサイクロトロン共鳴質量分析法を用いた有機EL素子の劣化解析.” Web. 20 Nov 2019.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.

Vancouver:

重松 . フーリエ変換イオンサイクロトロン共鳴質量分析法を用いた有機EL素子の劣化解析. [Internet] [Thesis]. Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学; [cited 2019 Nov 20]. Available from: http://hdl.handle.net/10119/15227.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

Council of Science Editors:

重松 . フーリエ変換イオンサイクロトロン共鳴質量分析法を用いた有機EL素子の劣化解析. [Thesis]. Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学; Available from: http://hdl.handle.net/10119/15227

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

5. 瀬口, 得二. アトピ-性皮膚炎患者皮膚表皮の最終分化産物の異常について : Abnormalities in epidermal terminal differentiation products in skin from patients with atopic dermatitis.

Degree: 1994, Kindai University / 近畿大学

[ABSTRACT] Filaggrin, cystatin A and involucrin are the principal products of epidermal terminal differentiation. They are required for normal formation of the stratum corneum. However… (more)

Subjects/Keywords: atopic dermatitis; filaggrin; cystatin A; involucrin; immunohistochemistry; quantitative analysis

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

瀬口, . . (1994). アトピ-性皮膚炎患者皮膚表皮の最終分化産物の異常について : Abnormalities in epidermal terminal differentiation products in skin from patients with atopic dermatitis. (Thesis). Kindai University / 近畿大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1391/00002131/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

瀬口, 得二. “アトピ-性皮膚炎患者皮膚表皮の最終分化産物の異常について : Abnormalities in epidermal terminal differentiation products in skin from patients with atopic dermatitis.” 1994. Thesis, Kindai University / 近畿大学. Accessed November 20, 2019. http://id.nii.ac.jp/1391/00002131/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

瀬口, 得二. “アトピ-性皮膚炎患者皮膚表皮の最終分化産物の異常について : Abnormalities in epidermal terminal differentiation products in skin from patients with atopic dermatitis.” 1994. Web. 20 Nov 2019.

Vancouver:

瀬口 . アトピ-性皮膚炎患者皮膚表皮の最終分化産物の異常について : Abnormalities in epidermal terminal differentiation products in skin from patients with atopic dermatitis. [Internet] [Thesis]. Kindai University / 近畿大学; 1994. [cited 2019 Nov 20]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1391/00002131/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

瀬口 . アトピ-性皮膚炎患者皮膚表皮の最終分化産物の異常について : Abnormalities in epidermal terminal differentiation products in skin from patients with atopic dermatitis. [Thesis]. Kindai University / 近畿大学; 1994. Available from: http://id.nii.ac.jp/1391/00002131/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

6. 石垣, 健太. 過去のメールから質問メールに対する返答内容候補の予測 : Prediction of Reply to Question E-Mail from the Mail Written Before.

Degree: 2016, Waseda University / 早稲田大学

現在ヘルプデスクシステムなどの電子メールを利用する環境では、迅速な顧客対応やサポートコストの削減に今注目を集めている。従来のメーラに付属するような自動返信機能では、ユーザ自身がある程度返信する内容を予測する必要があり前段階で手間がかかり、前もって決めた内容を決めた条件に合う相手にしか返信できないので柔軟性に欠ける。本研究では、質問文が含まれるメールを受け取りそれに対して返信する際に、過去の似たような受信メールに対する返信を返信内容の候補として挙げることによって、メールの作成効率を上げることを目的としている。受信したメールの本文を形態素解析し、それをTF-IDFアルゴリズムによって過去の類似したメールを検索する。そして以前にそのメールに対して返信がしてあれば、その内容を利用する事によって受信した内容に動的に対応できる機能の実装を試みた。

卒業論文

Advisors/Committee Members: 村岡, 洋一, 村岡研究室.

Subjects/Keywords: メール; 類似; 形態素解析; TF/IDF法; ベクトル空間モデル; mail; similarity; Morphological Analysis; TF/IDF algorithm; Vector Space Model

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

石垣, . (2016). 過去のメールから質問メールに対する返答内容候補の予測 : Prediction of Reply to Question E-Mail from the Mail Written Before. (Thesis). Waseda University / 早稲田大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2065/641

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

石垣, 健太. “過去のメールから質問メールに対する返答内容候補の予測 : Prediction of Reply to Question E-Mail from the Mail Written Before.” 2016. Thesis, Waseda University / 早稲田大学. Accessed November 20, 2019. http://hdl.handle.net/2065/641.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

石垣, 健太. “過去のメールから質問メールに対する返答内容候補の予測 : Prediction of Reply to Question E-Mail from the Mail Written Before.” 2016. Web. 20 Nov 2019.

Vancouver:

石垣 . 過去のメールから質問メールに対する返答内容候補の予測 : Prediction of Reply to Question E-Mail from the Mail Written Before. [Internet] [Thesis]. Waseda University / 早稲田大学; 2016. [cited 2019 Nov 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2065/641.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

石垣 . 過去のメールから質問メールに対する返答内容候補の予測 : Prediction of Reply to Question E-Mail from the Mail Written Before. [Thesis]. Waseda University / 早稲田大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/2065/641

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

7. 山下, 毅. 野球中継からのバッテリー画面の抽出及び解析手法の提案 : Proposal of extraction of battery views and analysis from baseball relay.

Degree: 2016, Waseda University / 早稲田大学

この研究は野球観戦に際し自動撮影機能を付加したカメラ実現のための研究であるが,その実験段階として野球のTV中継映像をサンプルに抽出・解析を行った。ハイライトシーンの抽出,球種の判定,打球の判定を目的とし,これを現場の複数代のカメラではなくTV中継された映像に対して画像解析手法を用いることにより実現を試みた。このシステムはは投手と打者が対決を行っているシーンの抽出,投手の投じたボールの認識と追跡による軌道解析,打撃が行われた際に打球の認識と追跡による解析で構成される。この研究は阿部,岩崎両名との共同研究であり,その機能の中で私が担当した,映像画面切り替わりの判定・画面内に存在しているボールの認識・打者のスウィングの認識について述べる。

卒業論文

Advisors/Committee Members: 筧, 捷彦, 筧研究室.

Subjects/Keywords: 野球; 画像解析; バッテリー画面; Baseball; image analysis; battery views

Page 1 Page 2 Page 3

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

山下, . (2016). 野球中継からのバッテリー画面の抽出及び解析手法の提案 : Proposal of extraction of battery views and analysis from baseball relay. (Thesis). Waseda University / 早稲田大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2065/628

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

山下, 毅. “野球中継からのバッテリー画面の抽出及び解析手法の提案 : Proposal of extraction of battery views and analysis from baseball relay.” 2016. Thesis, Waseda University / 早稲田大学. Accessed November 20, 2019. http://hdl.handle.net/2065/628.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

山下, 毅. “野球中継からのバッテリー画面の抽出及び解析手法の提案 : Proposal of extraction of battery views and analysis from baseball relay.” 2016. Web. 20 Nov 2019.

Vancouver:

山下 . 野球中継からのバッテリー画面の抽出及び解析手法の提案 : Proposal of extraction of battery views and analysis from baseball relay. [Internet] [Thesis]. Waseda University / 早稲田大学; 2016. [cited 2019 Nov 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2065/628.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

山下 . 野球中継からのバッテリー画面の抽出及び解析手法の提案 : Proposal of extraction of battery views and analysis from baseball relay. [Thesis]. Waseda University / 早稲田大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/2065/628

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

8. 岩崎, 遼. 野球中継からのバッテリー画面の抽出と打球結果の予測手法の提案 : Proposal of extraction of battery screen and forecast technique of hit ball result from baseball relay.

Degree: 2016, Waseda University / 早稲田大学

近年のインターネットのブロードバンド化により, 野球中継を配信するコンテンツが出てきている。本研究では, 配信された野球の映像を解析し, 自動でスコアブックをつけたり, シャッターシーンを切り出してくれるシステムを作成することを目的とした。ここでいうシャッターシーンとは, ピッチャーの投げた瞬間やバッターの打った瞬間と設定した。また, スコアブック作成に必要な情報は, ピッチャーの投げた球の球速および球種の情報, 打球の方向および結果の情報である。配信された映像をリアルタイムで処理することを目標に始めた研究であるが, その実験段階として, TV放送の映像をサンプルに用いて解析および抽出を行った。本研究は阿部, 山下両名との共同研究として行ったため, 私の担当した対決シーンの抽出時のバッテリー認識および打球の予測について述べる。

卒業論文

Advisors/Committee Members: 筧, 捷彦, 筧研究室.

Subjects/Keywords: 野球; 画像解析; バッテリー画面; 打球予測; Baseball; Picture analysis; Battery view; Hit ball forecast

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

岩崎, . (2016). 野球中継からのバッテリー画面の抽出と打球結果の予測手法の提案 : Proposal of extraction of battery screen and forecast technique of hit ball result from baseball relay. (Thesis). Waseda University / 早稲田大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2065/619

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

岩崎, 遼. “野球中継からのバッテリー画面の抽出と打球結果の予測手法の提案 : Proposal of extraction of battery screen and forecast technique of hit ball result from baseball relay.” 2016. Thesis, Waseda University / 早稲田大学. Accessed November 20, 2019. http://hdl.handle.net/2065/619.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

岩崎, 遼. “野球中継からのバッテリー画面の抽出と打球結果の予測手法の提案 : Proposal of extraction of battery screen and forecast technique of hit ball result from baseball relay.” 2016. Web. 20 Nov 2019.

Vancouver:

岩崎 . 野球中継からのバッテリー画面の抽出と打球結果の予測手法の提案 : Proposal of extraction of battery screen and forecast technique of hit ball result from baseball relay. [Internet] [Thesis]. Waseda University / 早稲田大学; 2016. [cited 2019 Nov 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2065/619.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

岩崎 . 野球中継からのバッテリー画面の抽出と打球結果の予測手法の提案 : Proposal of extraction of battery screen and forecast technique of hit ball result from baseball relay. [Thesis]. Waseda University / 早稲田大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/2065/619

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

9. 阿部, 洋介. 野球映像からのシャッターチャンス抽出と重要シーンの抽出、スコア情報の付加 : Proposal of extraction of Kodak moment, important scene and addition of score information in baseball video.

Degree: 2016, Waseda University / 早稲田大学

近年のデジタル家電の普及に伴い、コンテンツをデジタル撮影したり、デジタル録画して楽しむユーザが増えている。だがその中でスポーツというコンテンツは動きが激しいため、シャッターチャンスを撮影することが難しい。また録画したスポーツの映像は一見どれも同じようなので、見たいシーンを捜すのが厄介である。本研究ではこの難点を解決する手法を提案する。扱うスポーツを野球に絞り、野球映像からシャッターチャンスとしてピッチャーの投球の瞬間、バッターの打撃の瞬間を抽出した。また、野球映像中の重要シーンとしてピッチャーが投球を行うシーンを抽出し、スコア情報として球速,球種,打球の方向,シーンの状況を表す画像を付加した。なお本研究のシステムの開発は岩崎遼、山下毅と共同で行ったため、本論文は私が担当した部分を中心に構成する。

卒業論文

Advisors/Committee Members: 筧, 捷彦, 筧研究室.

Subjects/Keywords: 野球; 画像処理; ブロックマッチング; baseball; Image analysis; block-matching

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

阿部, . (2016). 野球映像からのシャッターチャンス抽出と重要シーンの抽出、スコア情報の付加 : Proposal of extraction of Kodak moment, important scene and addition of score information in baseball video. (Thesis). Waseda University / 早稲田大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2065/618

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

阿部, 洋介. “野球映像からのシャッターチャンス抽出と重要シーンの抽出、スコア情報の付加 : Proposal of extraction of Kodak moment, important scene and addition of score information in baseball video.” 2016. Thesis, Waseda University / 早稲田大学. Accessed November 20, 2019. http://hdl.handle.net/2065/618.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

阿部, 洋介. “野球映像からのシャッターチャンス抽出と重要シーンの抽出、スコア情報の付加 : Proposal of extraction of Kodak moment, important scene and addition of score information in baseball video.” 2016. Web. 20 Nov 2019.

Vancouver:

阿部 . 野球映像からのシャッターチャンス抽出と重要シーンの抽出、スコア情報の付加 : Proposal of extraction of Kodak moment, important scene and addition of score information in baseball video. [Internet] [Thesis]. Waseda University / 早稲田大学; 2016. [cited 2019 Nov 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2065/618.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

阿部 . 野球映像からのシャッターチャンス抽出と重要シーンの抽出、スコア情報の付加 : Proposal of extraction of Kodak moment, important scene and addition of score information in baseball video. [Thesis]. Waseda University / 早稲田大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/2065/618

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

10. 吉岡, 毅. Rによる統計解析計算の精度保証 : Statistics Analysis Computation by Using R for Numerical Method with Guaranteed Accuracy.

Degree: 2016, Waseda University / 早稲田大学

計算機による数値計算は浮動小数点数演算によって行われているため,丸めによる誤差を含んでしまい,その精度に関しては保証されていない.この問題に対し,近似解を計算すると同時にその正しさを数学的に保証する方法に関する研究が盛んになっている.この技法は精度保証付き数値計算とよばれている.統計解析計算は,様々な分野で行われている.解析計算を行う際,一つの方法としてオープンソースのRというフリーソフトによって解析計算を行う.本論文では,統計解析計算の結果を精度保証付きで求め,Rでの解析結果を検証することを目的とする.まず,解析計算の丸めを考慮して,区間演算を用いて解析計算を行うプログラムをC++で作成する.そして,その解析結果とRを使って計算した場合の解析結果の比較を行い,誤差解析を行う.解析計算は,推定,検定,重回帰分析について取り上げる.

卒業論文

Advisors/Committee Members: 大石, 進一, 大石研究室.

Subjects/Keywords: 精度保証付き数値計算; 区間演算; 統計解析計算; R; Numerical Methods with Guaranteed Accuracy; Interval Operation; Statistics Analysis Computation; R

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

吉岡, . (2016). Rによる統計解析計算の精度保証 : Statistics Analysis Computation by Using R for Numerical Method with Guaranteed Accuracy. (Thesis). Waseda University / 早稲田大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2065/672

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

吉岡, 毅. “Rによる統計解析計算の精度保証 : Statistics Analysis Computation by Using R for Numerical Method with Guaranteed Accuracy.” 2016. Thesis, Waseda University / 早稲田大学. Accessed November 20, 2019. http://hdl.handle.net/2065/672.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

吉岡, 毅. “Rによる統計解析計算の精度保証 : Statistics Analysis Computation by Using R for Numerical Method with Guaranteed Accuracy.” 2016. Web. 20 Nov 2019.

Vancouver:

吉岡 . Rによる統計解析計算の精度保証 : Statistics Analysis Computation by Using R for Numerical Method with Guaranteed Accuracy. [Internet] [Thesis]. Waseda University / 早稲田大学; 2016. [cited 2019 Nov 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2065/672.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

吉岡 . Rによる統計解析計算の精度保証 : Statistics Analysis Computation by Using R for Numerical Method with Guaranteed Accuracy. [Thesis]. Waseda University / 早稲田大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/2065/672

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

11. 北井, 翼. ユーザの検索行動を反映する動的クラスタリングシステム : dynamic clustering system which reflects searching behavior of a user.

Degree: 2016, Waseda University / 早稲田大学

一般にWeb検索システムは仮想的・平均的なユーザにとって有益な情報を提供できるよう設計されている。しかし、現実にシステムを利用するのは多様な個々のユーザであり、求める情報の傾向もそれぞれに異なる。検索要求に対してシステムにより提示される検索結果には、一般的には有益であっても、あるユーザの検索目的には明らかにそぐわないものも多数含まれ、ユーザはそういった情報をひとつひとつ選別していかねばならない。本研究においては、個々のユーザが求める情報により少ない労力で辿り付けるよう、ユーザの検索行動履歴からそのユーザが求める情報の傾向を判断し、それをキーワードのクラスタリングに反映させる検索補助システムを設計し、実装した。

修士論文

Advisors/Committee Members: 筧, 捷彦, 筧研究室.

Subjects/Keywords: Web検索; 動的クラスタリング; 検索行動; web search; dynamic clustering; searching behavior

Page 1 Page 2 Page 3

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

北井, . (2016). ユーザの検索行動を反映する動的クラスタリングシステム : dynamic clustering system which reflects searching behavior of a user. (Thesis). Waseda University / 早稲田大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2065/732

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

北井, 翼. “ユーザの検索行動を反映する動的クラスタリングシステム : dynamic clustering system which reflects searching behavior of a user.” 2016. Thesis, Waseda University / 早稲田大学. Accessed November 20, 2019. http://hdl.handle.net/2065/732.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

北井, 翼. “ユーザの検索行動を反映する動的クラスタリングシステム : dynamic clustering system which reflects searching behavior of a user.” 2016. Web. 20 Nov 2019.

Vancouver:

北井 . ユーザの検索行動を反映する動的クラスタリングシステム : dynamic clustering system which reflects searching behavior of a user. [Internet] [Thesis]. Waseda University / 早稲田大学; 2016. [cited 2019 Nov 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2065/732.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

北井 . ユーザの検索行動を反映する動的クラスタリングシステム : dynamic clustering system which reflects searching behavior of a user. [Thesis]. Waseda University / 早稲田大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/2065/732

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

12. 長船, 大毅. ディジタルアクタシステムのための感情表出モデルの構築 : Construction of the Models to Express Emotion for System of Virtual Actor.

Degree: 2016, Waseda University / 早稲田大学

近年,高性能PCの出現等により,3DCGキャラクタアニメーションの使用頻度が急増している.しかし,その需要とは裏腹に3DCGキャラクタアニメーション制作には特殊な設備や技術が必要であり,個人レベルで行なえるものではない.そこで我々は,3DCGキャラクタアニメーションの直感的且つ容易な生成を目指し,その手段としてディジタルアクタシステムを提案する.本システムは,PC上の擬人化キャラクタ(アクタ)に対して,言語での動作指示を与えることによりアクタの動作を制御し,アニメーションを生成する.本稿では特に,言語指示によるアクタの動作制御を可能とした機構である「感情表出モデル」の構築法並びにその構築結果を示し,最後にそれを内蔵したディジタルアクタシステムの評価を行なう.

修士論文

Advisors/Committee Members: 白井, 克彦, 白井研究室.

Subjects/Keywords: 3DCGキャラクタアニメーション; 動作空間; 感情表出; 感情学習; クラスター分析; 3DCG Character Animation; Domain of Motion; Expressing Emotion; Learning Emotion; Cluster Analysis

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

長船, . (2016). ディジタルアクタシステムのための感情表出モデルの構築 : Construction of the Models to Express Emotion for System of Virtual Actor. (Thesis). Waseda University / 早稲田大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2065/760

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

長船, 大毅. “ディジタルアクタシステムのための感情表出モデルの構築 : Construction of the Models to Express Emotion for System of Virtual Actor.” 2016. Thesis, Waseda University / 早稲田大学. Accessed November 20, 2019. http://hdl.handle.net/2065/760.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

長船, 大毅. “ディジタルアクタシステムのための感情表出モデルの構築 : Construction of the Models to Express Emotion for System of Virtual Actor.” 2016. Web. 20 Nov 2019.

Vancouver:

長船 . ディジタルアクタシステムのための感情表出モデルの構築 : Construction of the Models to Express Emotion for System of Virtual Actor. [Internet] [Thesis]. Waseda University / 早稲田大学; 2016. [cited 2019 Nov 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2065/760.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

長船 . ディジタルアクタシステムのための感情表出モデルの構築 : Construction of the Models to Express Emotion for System of Virtual Actor. [Thesis]. Waseda University / 早稲田大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/2065/760

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

13. 圷, 弘明. 階層グラフ書き換えによるプロトコル検証 : Protocol analysis with nested graph rewriting.

Degree: 2016, Waseda University / 早稲田大学

LMNtalは階層グラフ書き換えに基づく言語モデルであり、さまざまな計算モデルの統合を目指すモデルである。そのような言語的特性を生かし、本論文ではLMNtalをセキュリティプロトコルの検証に用いることにした。LMNtalで検証するにあたって、セキュリティプロトコルで多用されるグローバルな値を表現しやすくするために、hyperlinkを導入し、HyperLMNtalという言語モデルに拡張した。さらに、その上でnondeterministic LMNtalを定義し、セキュリティプロトコルを有限状態の書き換え系として扱うことによって検証する方法を提案した。本論文では実際のセキュリティプロトコルであるNeedham-Schroderプロトコルをはじめ、いくつかのプロトコルに対して拡張されたLMNtalで実際に記述できることを確認し、Loweらによって指摘された脆弱性を検証できることを確認した。

修士論文

Advisors/Committee Members: 上田, 和紀, 上田研究室.

Subjects/Keywords: プロトコル検証; 多重集合書き換え; 階層グラフ; ハイパーグラフ; LMNtal; protocol analysis; multiset rewriting; nested graph; hypergraphs; LMNtal

Page 1 Page 2 Page 3

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

圷, . (2016). 階層グラフ書き換えによるプロトコル検証 : Protocol analysis with nested graph rewriting. (Thesis). Waseda University / 早稲田大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2065/767

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

圷, 弘明. “階層グラフ書き換えによるプロトコル検証 : Protocol analysis with nested graph rewriting.” 2016. Thesis, Waseda University / 早稲田大学. Accessed November 20, 2019. http://hdl.handle.net/2065/767.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

圷, 弘明. “階層グラフ書き換えによるプロトコル検証 : Protocol analysis with nested graph rewriting.” 2016. Web. 20 Nov 2019.

Vancouver:

圷 . 階層グラフ書き換えによるプロトコル検証 : Protocol analysis with nested graph rewriting. [Internet] [Thesis]. Waseda University / 早稲田大学; 2016. [cited 2019 Nov 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2065/767.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

圷 . 階層グラフ書き換えによるプロトコル検証 : Protocol analysis with nested graph rewriting. [Thesis]. Waseda University / 早稲田大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/2065/767

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

14. 魏, 小比. JPドメインにおける茶筌を用いた中国語ページの抽出 : Extraction of Chinese pages from JP domain using ChaSen.

Degree: 2016, Waseda University / 早稲田大学

JPドメインのWEBサイトにも中国語ドキュメントが多く存在するが、あまり有効利用されていないのが現実である。中国語ページを抽出できれば、中国語を扱う人々に便利さをもたらすと共に、統計・語学・検索エンジンのデータベースなど様々な応用研究もできる。文字コードの多様化につれ、ファイルから言語を判別するのは、もはや文章の意味解析を切口にしなければならなくなった。この研究では、形態素解析ツール茶筌を使用し、早稲田大学(88,634 pages)と北京大学(25,421 pages)のWEBページを全面的に分析し、単語の品詞種類と一文字で区切られる形態素の割合から中国語文章の特徴を突き止め、JPドメインにある多国語の混在しているHTMLファイルから中国語で書かれたページを抽出する手法を考案し、実行する事に成功した。また、その延長である様々な応用の可能性についても述べている。

修士論文

Advisors/Committee Members: 上田, 和紀, 上田研究室.

Subjects/Keywords: 自然言語処理; 形態素解析; 茶筌; 中国語; JPドメイン; Natural language processing; Morphological analysis; ChaSen; Chinese; JP domain

Page 1 Page 2 Page 3

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

魏, . (2016). JPドメインにおける茶筌を用いた中国語ページの抽出 : Extraction of Chinese pages from JP domain using ChaSen. (Thesis). Waseda University / 早稲田大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2065/769

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

魏, 小比. “JPドメインにおける茶筌を用いた中国語ページの抽出 : Extraction of Chinese pages from JP domain using ChaSen.” 2016. Thesis, Waseda University / 早稲田大学. Accessed November 20, 2019. http://hdl.handle.net/2065/769.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

魏, 小比. “JPドメインにおける茶筌を用いた中国語ページの抽出 : Extraction of Chinese pages from JP domain using ChaSen.” 2016. Web. 20 Nov 2019.

Vancouver:

魏 . JPドメインにおける茶筌を用いた中国語ページの抽出 : Extraction of Chinese pages from JP domain using ChaSen. [Internet] [Thesis]. Waseda University / 早稲田大学; 2016. [cited 2019 Nov 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2065/769.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

魏 . JPドメインにおける茶筌を用いた中国語ページの抽出 : Extraction of Chinese pages from JP domain using ChaSen. [Thesis]. Waseda University / 早稲田大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/2065/769

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

15. 藤井, 優尚. 経路情報に基づくスパムメールの判別方法 : A New Method of Spam Message Discrimination.

Degree: 2016, Waseda University / 早稲田大学

社会の情報化がますます進み、情報通信技術は必須のものとなっている。その利用範囲は拡大する一方であり、電子商取引などのビジネスでの利用から情報閲覧やメールの送受信などの個人での利用までさまざまである。その中で、近年問題になっているものが、見ず知らずの相手から送られてくる「詐欺まがいの儲け話」や「アダルトサイトへの勧誘」、「違法なソフトウェアの販売」の広告などを内容とするスパムメール(spam)である。スパムメールがインターネット上に流出しないように防止することが理想的ではあるが、必ず誰かが送信するという事実がある。そこで、計算機やネットワークが要する処理を軽減するために、スパムメールをより簡単に、的確に検出することが必要となる。本論文では、ホワイトと判定されたメールの経路情報のみを用いてスパムメールを判別する方法を提案する。

修士論文

Advisors/Committee Members: 後藤, 滋樹, 後藤研究室.

Subjects/Keywords: スパムメール; 多変量解析; 線形判別分析; 経路情報; Spam; Multivariate Analysis; Linear Discriminant Analysis; Routing Infomation

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

藤井, . (2016). 経路情報に基づくスパムメールの判別方法 : A New Method of Spam Message Discrimination. (Thesis). Waseda University / 早稲田大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2065/729

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

藤井, 優尚. “経路情報に基づくスパムメールの判別方法 : A New Method of Spam Message Discrimination.” 2016. Thesis, Waseda University / 早稲田大学. Accessed November 20, 2019. http://hdl.handle.net/2065/729.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

藤井, 優尚. “経路情報に基づくスパムメールの判別方法 : A New Method of Spam Message Discrimination.” 2016. Web. 20 Nov 2019.

Vancouver:

藤井 . 経路情報に基づくスパムメールの判別方法 : A New Method of Spam Message Discrimination. [Internet] [Thesis]. Waseda University / 早稲田大学; 2016. [cited 2019 Nov 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2065/729.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

藤井 . 経路情報に基づくスパムメールの判別方法 : A New Method of Spam Message Discrimination. [Thesis]. Waseda University / 早稲田大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/2065/729

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

16. 喜島, 小翔. 微小組織投与を目的としたNano-dose applicator の可能性を評価するための薬物の微小組織内拡散に関する研究 : ビショウ ソシキ トウヨ オ モクテキ ト シタ Nano-dose applicator ノ カノウセイ オ ヒョウカ スル タメノ ヤクブツ ノ ビショウ ソシキナイ カクサン ニ カンスル ケンキュウ; Studies on the drug diffusion in minimal tissues to evaluate the potential of Nano-dose applicator as a nano-or pico dose-drug delivery system.

Degree: 博士(薬学), 2015, Josai University / 城西大学

学位授与機関:城西大学 学位記番号:博甲第63号,学位の種別:博士(薬学), 学位授与年月日: 平成27年(2015年)3月20日 (102p.) 2016年3月31日まで本文非公開

Subjects/Keywords: drug delivery system; dermatopharmacokinetics; image analysis; piezoelectric pressure-sensitive device; drug distribution

Page 1 Page 2 Page 3

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

喜島, . (2015). 微小組織投与を目的としたNano-dose applicator の可能性を評価するための薬物の微小組織内拡散に関する研究 : ビショウ ソシキ トウヨ オ モクテキ ト シタ Nano-dose applicator ノ カノウセイ オ ヒョウカ スル タメノ ヤクブツ ノ ビショウ ソシキナイ カクサン ニ カンスル ケンキュウ; Studies on the drug diffusion in minimal tissues to evaluate the potential of Nano-dose applicator as a nano-or pico dose-drug delivery system. (Thesis). Josai University / 城西大学. Retrieved from http://libir.josai.ac.jp/il/meta_pub/G0000284repository_JOS-PhDk63

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

喜島, 小翔. “微小組織投与を目的としたNano-dose applicator の可能性を評価するための薬物の微小組織内拡散に関する研究 : ビショウ ソシキ トウヨ オ モクテキ ト シタ Nano-dose applicator ノ カノウセイ オ ヒョウカ スル タメノ ヤクブツ ノ ビショウ ソシキナイ カクサン ニ カンスル ケンキュウ; Studies on the drug diffusion in minimal tissues to evaluate the potential of Nano-dose applicator as a nano-or pico dose-drug delivery system.” 2015. Thesis, Josai University / 城西大学. Accessed November 20, 2019. http://libir.josai.ac.jp/il/meta_pub/G0000284repository_JOS-PhDk63.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

喜島, 小翔. “微小組織投与を目的としたNano-dose applicator の可能性を評価するための薬物の微小組織内拡散に関する研究 : ビショウ ソシキ トウヨ オ モクテキ ト シタ Nano-dose applicator ノ カノウセイ オ ヒョウカ スル タメノ ヤクブツ ノ ビショウ ソシキナイ カクサン ニ カンスル ケンキュウ; Studies on the drug diffusion in minimal tissues to evaluate the potential of Nano-dose applicator as a nano-or pico dose-drug delivery system.” 2015. Web. 20 Nov 2019.

Vancouver:

喜島 . 微小組織投与を目的としたNano-dose applicator の可能性を評価するための薬物の微小組織内拡散に関する研究 : ビショウ ソシキ トウヨ オ モクテキ ト シタ Nano-dose applicator ノ カノウセイ オ ヒョウカ スル タメノ ヤクブツ ノ ビショウ ソシキナイ カクサン ニ カンスル ケンキュウ; Studies on the drug diffusion in minimal tissues to evaluate the potential of Nano-dose applicator as a nano-or pico dose-drug delivery system. [Internet] [Thesis]. Josai University / 城西大学; 2015. [cited 2019 Nov 20]. Available from: http://libir.josai.ac.jp/il/meta_pub/G0000284repository_JOS-PhDk63.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

喜島 . 微小組織投与を目的としたNano-dose applicator の可能性を評価するための薬物の微小組織内拡散に関する研究 : ビショウ ソシキ トウヨ オ モクテキ ト シタ Nano-dose applicator ノ カノウセイ オ ヒョウカ スル タメノ ヤクブツ ノ ビショウ ソシキナイ カクサン ニ カンスル ケンキュウ; Studies on the drug diffusion in minimal tissues to evaluate the potential of Nano-dose applicator as a nano-or pico dose-drug delivery system. [Thesis]. Josai University / 城西大学; 2015. Available from: http://libir.josai.ac.jp/il/meta_pub/G0000284repository_JOS-PhDk63

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

17. 中山, 光成. 公共交通機関の事故・災害発生時における避難行動に関する研究 : The behavior of evacuation in case of the accident or disaster on the public transportation.

Degree: 博士(経営学), 2017, Takasaki City University of Economics / 高崎経済大学

2016

Subjects/Keywords: コウキョウ; コウツウ; キカン; ; ジコ; サイガイ; ハッセイジ; ; オケル; ヒナン; コウドウ; ; カンスル; ケンキュウ; The; behavior; of; evacuation; in; case; of; the; accident; or; disaster; on; the; public; transportation

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

中山, . (2017). 公共交通機関の事故・災害発生時における避難行動に関する研究 : The behavior of evacuation in case of the accident or disaster on the public transportation. (Thesis). Takasaki City University of Economics / 高崎経済大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1496/00000791/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

中山, 光成. “公共交通機関の事故・災害発生時における避難行動に関する研究 : The behavior of evacuation in case of the accident or disaster on the public transportation.” 2017. Thesis, Takasaki City University of Economics / 高崎経済大学. Accessed November 20, 2019. http://id.nii.ac.jp/1496/00000791/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

中山, 光成. “公共交通機関の事故・災害発生時における避難行動に関する研究 : The behavior of evacuation in case of the accident or disaster on the public transportation.” 2017. Web. 20 Nov 2019.

Vancouver:

中山 . 公共交通機関の事故・災害発生時における避難行動に関する研究 : The behavior of evacuation in case of the accident or disaster on the public transportation. [Internet] [Thesis]. Takasaki City University of Economics / 高崎経済大学; 2017. [cited 2019 Nov 20]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1496/00000791/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

中山 . 公共交通機関の事故・災害発生時における避難行動に関する研究 : The behavior of evacuation in case of the accident or disaster on the public transportation. [Thesis]. Takasaki City University of Economics / 高崎経済大学; 2017. Available from: http://id.nii.ac.jp/1496/00000791/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

18. 北村, 政嗣. 身体装着型慣性センサによるスポーツ動作計測に関する研究 : A study on motion capture system of various sports using body-mounted inertial sensors; シンタイ ソウチャクガタ カンセイ センサ ニヨル スポーツ ドウサ ケイソク ニカンスル ケンキュウ.

Degree: 博士(工学), 2018, Hirosaki University / 弘前大学

Subjects/Keywords: Inertial sensor; Motion analysis; Pitching; Jump; Sports

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

北村, . (2018). 身体装着型慣性センサによるスポーツ動作計測に関する研究 : A study on motion capture system of various sports using body-mounted inertial sensors; シンタイ ソウチャクガタ カンセイ センサ ニヨル スポーツ ドウサ ケイソク ニカンスル ケンキュウ. (Thesis). Hirosaki University / 弘前大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10129/5392

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

北村, 政嗣. “身体装着型慣性センサによるスポーツ動作計測に関する研究 : A study on motion capture system of various sports using body-mounted inertial sensors; シンタイ ソウチャクガタ カンセイ センサ ニヨル スポーツ ドウサ ケイソク ニカンスル ケンキュウ.” 2018. Thesis, Hirosaki University / 弘前大学. Accessed November 20, 2019. http://hdl.handle.net/10129/5392.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

北村, 政嗣. “身体装着型慣性センサによるスポーツ動作計測に関する研究 : A study on motion capture system of various sports using body-mounted inertial sensors; シンタイ ソウチャクガタ カンセイ センサ ニヨル スポーツ ドウサ ケイソク ニカンスル ケンキュウ.” 2018. Web. 20 Nov 2019.

Vancouver:

北村 . 身体装着型慣性センサによるスポーツ動作計測に関する研究 : A study on motion capture system of various sports using body-mounted inertial sensors; シンタイ ソウチャクガタ カンセイ センサ ニヨル スポーツ ドウサ ケイソク ニカンスル ケンキュウ. [Internet] [Thesis]. Hirosaki University / 弘前大学; 2018. [cited 2019 Nov 20]. Available from: http://hdl.handle.net/10129/5392.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

北村 . 身体装着型慣性センサによるスポーツ動作計測に関する研究 : A study on motion capture system of various sports using body-mounted inertial sensors; シンタイ ソウチャクガタ カンセイ センサ ニヨル スポーツ ドウサ ケイソク ニカンスル ケンキュウ. [Thesis]. Hirosaki University / 弘前大学; 2018. Available from: http://hdl.handle.net/10129/5392

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

19. オトゴンバヤル エンフツォルモン. ウランバートル市ゲル地区の大気汚染削減対策の効率性評価に関する研究 : Study on Efficiency Evaluations of Air Pollution Abatement Measures in the Ger Areas of Ulaanbaatar City.

Degree: 博士, 2016, The University of Kitakyushu / 北九州市立大学

ウランバートル市の主要な大気汚染の発生源であるゲル地区の石炭ストーブの大気汚染削減対策を対象に、各種対策技術とその導入地域、さらに対策の導入時期を考慮した複数シナリオを構築、浮遊粒子状物質排出削減ポテンシャルのシナリオ分析を行った。

Subjects/Keywords: Air pollution; Cost-effectiveness analysis; Ulaanbaatar; Solar Air Heat(SAH)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

オトゴンバヤル エンフツォルモン. (2016). ウランバートル市ゲル地区の大気汚染削減対策の効率性評価に関する研究 : Study on Efficiency Evaluations of Air Pollution Abatement Measures in the Ger Areas of Ulaanbaatar City. (Thesis). The University of Kitakyushu / 北九州市立大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1077/00000450/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Author name may be incomplete
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

オトゴンバヤル エンフツォルモン. “ウランバートル市ゲル地区の大気汚染削減対策の効率性評価に関する研究 : Study on Efficiency Evaluations of Air Pollution Abatement Measures in the Ger Areas of Ulaanbaatar City.” 2016. Thesis, The University of Kitakyushu / 北九州市立大学. Accessed November 20, 2019. http://id.nii.ac.jp/1077/00000450/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Author name may be incomplete
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

オトゴンバヤル エンフツォルモン. “ウランバートル市ゲル地区の大気汚染削減対策の効率性評価に関する研究 : Study on Efficiency Evaluations of Air Pollution Abatement Measures in the Ger Areas of Ulaanbaatar City.” 2016. Web. 20 Nov 2019.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Author name may be incomplete

Vancouver:

オトゴンバヤル エンフツォルモン. ウランバートル市ゲル地区の大気汚染削減対策の効率性評価に関する研究 : Study on Efficiency Evaluations of Air Pollution Abatement Measures in the Ger Areas of Ulaanbaatar City. [Internet] [Thesis]. The University of Kitakyushu / 北九州市立大学; 2016. [cited 2019 Nov 20]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1077/00000450/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Author name may be incomplete
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

オトゴンバヤル エンフツォルモン. ウランバートル市ゲル地区の大気汚染削減対策の効率性評価に関する研究 : Study on Efficiency Evaluations of Air Pollution Abatement Measures in the Ger Areas of Ulaanbaatar City. [Thesis]. The University of Kitakyushu / 北九州市立大学; 2016. Available from: http://id.nii.ac.jp/1077/00000450/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Author name may be incomplete
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

20. 鶴田, 直. 資源循環拠点の持つ環境的側面の総合評価に関する研究 : Comprehensive Assessment on Environmental Aspects of the Resource Circulation Base.

Degree: 博士, 2016, The University of Kitakyushu / 北九州市立大学

本研究は、北九州エコタウン事業を対象に、資源循環拠点の環境面での定量的情報を提供するための総合評価手法を提示し、それを実際のエコタウン事業へ適用することで、その有用性を検証することを目的とするものである。具体的には、MFA、LCA、さらに複数年評価により、エコタウン事業の影響を定量化し、その評価手法の有効性を示したとともに、エコタウン事業の評価の必要について述べることができた。

Subjects/Keywords: エコタウン事業; 地域循環圏; EIP(Eco-industrial Park); MFA(Material Flow Analysis); LCA(Life Cycle Assessment)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

鶴田, . (2016). 資源循環拠点の持つ環境的側面の総合評価に関する研究 : Comprehensive Assessment on Environmental Aspects of the Resource Circulation Base. (Thesis). The University of Kitakyushu / 北九州市立大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1077/00000457/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

鶴田, 直. “資源循環拠点の持つ環境的側面の総合評価に関する研究 : Comprehensive Assessment on Environmental Aspects of the Resource Circulation Base.” 2016. Thesis, The University of Kitakyushu / 北九州市立大学. Accessed November 20, 2019. http://id.nii.ac.jp/1077/00000457/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

鶴田, 直. “資源循環拠点の持つ環境的側面の総合評価に関する研究 : Comprehensive Assessment on Environmental Aspects of the Resource Circulation Base.” 2016. Web. 20 Nov 2019.

Vancouver:

鶴田 . 資源循環拠点の持つ環境的側面の総合評価に関する研究 : Comprehensive Assessment on Environmental Aspects of the Resource Circulation Base. [Internet] [Thesis]. The University of Kitakyushu / 北九州市立大学; 2016. [cited 2019 Nov 20]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1077/00000457/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

鶴田 . 資源循環拠点の持つ環境的側面の総合評価に関する研究 : Comprehensive Assessment on Environmental Aspects of the Resource Circulation Base. [Thesis]. The University of Kitakyushu / 北九州市立大学; 2016. Available from: http://id.nii.ac.jp/1077/00000457/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

21. 葛西, 敦子. 養護教諭の慢性疾患の子どもへの支援に関する研究 : 因果的構造モデルの構築 : Research Related to Yogo Teacher Support for Children with Chronic Diseases : Construction of a Causal Structure Model; ヨウゴキョウユノマンセイシッカンノコドモエノシエンニカンスルケンキュウ : インガテキ コウゾウ モデル ノ コウチク.

Degree: 2018, Hirosaki University / 弘前大学

現在通常の小・中学校では、小児慢性特定疾患児のうち約85%の児童生徒が在籍しており、医療的管理や看護的ケアを必要とする子どもが増加している。その背景には、平成14 年4 月の就学基準の見直しにより、病気により特別の配慮を必要とする子どもが、一般の小・中学校にも入学できるようになったことが挙げられる。そのため養護教諭には専門的な立場からの支援への期待が寄せられている。また「特別支援教育」が打ち出されたことから、養護教諭には今以上に慢性疾患の子どもに対して一人一人の教育的ニーズを把握したうえで、医療的管理や看護的ケアなどの健康管理支援が求められる。しかし養護教諭の現状は、いじめ、不登校、保健室登校、生活習慣病の徴候、薬物乱用、性の逸脱行動等の問題を抱えた子どもたちへの対応のために、多忙を極めている。そのため、慢性疾患の子ども一人一人の教育的ニーズを把握しての支援の展開に困難な状況が見受けられる。養護教諭が行う慢性疾患の子どもへの支援においては、疾患の種類・重症度、子どもの発育発達段階などの様々な背景を考慮した個別のニーズへの対応が重要であることはいうまでもない。しかし、第一義的には、いずれの子どもに対しても実践すべき共通の支援を実践することが必須と考える。この共通の支援については概念的に捉えた研究は見あたらず、それを構造的にモデルとして示したものも見受けられない。本研究の最終目的は、養護教諭の「慢性疾患の子どもへの支援」に共通する因果的構造モデルを構築することである。そこで、『学校における慢性疾患の子どもたち』、『「特別支援教育」における慢性疾患の子どもへの支援』、『慢性疾患の子ども支援における養護教諭の役割』、『養護教諭の「慢性疾患の子どもへの支援」に関する文献レビュー』を各章の課題とし、それぞれを概観し、その現状と課題をまとめた。その上で、仮説『養護教諭の「慢性疾患の子どもへの支援」は、直接的支援と間接的支援で構成され、その実践が養護教諭自身の支援に対する満足度に影響を及ぼす』を設定し、養護教諭への質問紙調査法を実施し、共分散構造分析した。その結果、養護教諭の「慢性疾患の子どもへの支援」に関する因果的構造モデルを構築し、以下のような知見を得た。(1)潜在変数《直接的支援》では観測変数〈健康管理支援〉、〈教育的支援〉、〈慢性疾患の子どもへの配慮〉の順に、潜在変数《間接的支援》では観測変数〈家族・その他機関との連携〉、〈学校内の連携〉、〈学校外との連携〉、〈周囲の子どもへの指導〉の順に影響を受けていた。(2)〈教育的支援〉と〈周囲の子どもへの指導〉、〈健康管理支援〉と〈学校外との連携〉との誤差変数間、および《直接的支援》と《間接的支援》との潜在変数間に、共分散関係が認められ、それぞれ関連づけて支援することが重要であることが示唆された。(3)『養護教諭の「慢性疾患の子どもへの支援」は、直接的支援と間接的支援で構成され、その実践が養護教諭自身の支援に対する満足度に影響を及ぼす』ことが検証された。以上より、本モデルは、養護教諭の「慢性疾患の子どもへの支援」の因果的構造を示すものであり、適合度指標の判定ではモデルとしての評価は高いものであった。このモデルに沿った養護実践が、有効な支援となるものである。

授与大学:弘前大学; 学位種類:博士(学術); 授与年月日:平成21年3月24日; 学位記番号:地博第12号

Subjects/Keywords: 養護教諭; 慢性疾患の子どもへの支援; 特別支援教育; 共分散分析構造; 因果的構造モデル; Yogo teacher; support for children with chronic diseases; special needs education; covariance structure analysis; Causal structure model

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

葛西, . (2018). 養護教諭の慢性疾患の子どもへの支援に関する研究 : 因果的構造モデルの構築 : Research Related to Yogo Teacher Support for Children with Chronic Diseases : Construction of a Causal Structure Model; ヨウゴキョウユノマンセイシッカンノコドモエノシエンニカンスルケンキュウ : インガテキ コウゾウ モデル ノ コウチク. (Thesis). Hirosaki University / 弘前大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10129/1790

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

葛西, 敦子. “養護教諭の慢性疾患の子どもへの支援に関する研究 : 因果的構造モデルの構築 : Research Related to Yogo Teacher Support for Children with Chronic Diseases : Construction of a Causal Structure Model; ヨウゴキョウユノマンセイシッカンノコドモエノシエンニカンスルケンキュウ : インガテキ コウゾウ モデル ノ コウチク.” 2018. Thesis, Hirosaki University / 弘前大学. Accessed November 20, 2019. http://hdl.handle.net/10129/1790.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

葛西, 敦子. “養護教諭の慢性疾患の子どもへの支援に関する研究 : 因果的構造モデルの構築 : Research Related to Yogo Teacher Support for Children with Chronic Diseases : Construction of a Causal Structure Model; ヨウゴキョウユノマンセイシッカンノコドモエノシエンニカンスルケンキュウ : インガテキ コウゾウ モデル ノ コウチク.” 2018. Web. 20 Nov 2019.

Vancouver:

葛西 . 養護教諭の慢性疾患の子どもへの支援に関する研究 : 因果的構造モデルの構築 : Research Related to Yogo Teacher Support for Children with Chronic Diseases : Construction of a Causal Structure Model; ヨウゴキョウユノマンセイシッカンノコドモエノシエンニカンスルケンキュウ : インガテキ コウゾウ モデル ノ コウチク. [Internet] [Thesis]. Hirosaki University / 弘前大学; 2018. [cited 2019 Nov 20]. Available from: http://hdl.handle.net/10129/1790.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

葛西 . 養護教諭の慢性疾患の子どもへの支援に関する研究 : 因果的構造モデルの構築 : Research Related to Yogo Teacher Support for Children with Chronic Diseases : Construction of a Causal Structure Model; ヨウゴキョウユノマンセイシッカンノコドモエノシエンニカンスルケンキュウ : インガテキ コウゾウ モデル ノ コウチク. [Thesis]. Hirosaki University / 弘前大学; 2018. Available from: http://hdl.handle.net/10129/1790

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

22. 福田,悟志. 技術文書を統合した 動向分析システムの自動構築 : Automatic Construction of a Technical Trend Analysis System that Integrates Technical Documents.

Degree: 博士(情報科学), 2016, Hiroshima City University / 広島市立大学

乙第11号

Subjects/Keywords: 情報抽出; ドメイン適応; 文書分類; 技術動向分析; information extraction; domain adaptation; document classification; technical trend analysis

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

福田,悟志. (2016). 技術文書を統合した 動向分析システムの自動構築 : Automatic Construction of a Technical Trend Analysis System that Integrates Technical Documents. (Thesis). Hiroshima City University / 広島市立大学. Retrieved from http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hiroshima-cu/metadata/12368

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Author name may be incomplete
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

福田,悟志. “技術文書を統合した 動向分析システムの自動構築 : Automatic Construction of a Technical Trend Analysis System that Integrates Technical Documents.” 2016. Thesis, Hiroshima City University / 広島市立大学. Accessed November 20, 2019. http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hiroshima-cu/metadata/12368.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Author name may be incomplete
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

福田,悟志. “技術文書を統合した 動向分析システムの自動構築 : Automatic Construction of a Technical Trend Analysis System that Integrates Technical Documents.” 2016. Web. 20 Nov 2019.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Author name may be incomplete

Vancouver:

福田,悟志. 技術文書を統合した 動向分析システムの自動構築 : Automatic Construction of a Technical Trend Analysis System that Integrates Technical Documents. [Internet] [Thesis]. Hiroshima City University / 広島市立大学; 2016. [cited 2019 Nov 20]. Available from: http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hiroshima-cu/metadata/12368.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Author name may be incomplete
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

福田,悟志. 技術文書を統合した 動向分析システムの自動構築 : Automatic Construction of a Technical Trend Analysis System that Integrates Technical Documents. [Thesis]. Hiroshima City University / 広島市立大学; 2016. Available from: http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hiroshima-cu/metadata/12368

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Author name may be incomplete
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

23. 青木, 識子. 高齢女性の歩行特性並びに靴の履用効果に関する動態力学的研究 : コウレイ ジョセイ ノ ホコウ トクセイ ナラビ ニ クツ ノ リヨウ コウカ ニ カンスル ドウタイガク テキ ケンキュウ; The dynamic mechanical study of the walking of elderly women and the effects of wearing shoes at walking.

Degree: 博士(被服環境学), 2016, Bunka Gakuen University / 文化学園大学

Subjects/Keywords: 三次元動作解析; 関節トルク; 関節角度; 床反力; 3D motion analysis; Joint torque; Joint angle; Floor reaction force

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

青木, . (2016). 高齢女性の歩行特性並びに靴の履用効果に関する動態力学的研究 : コウレイ ジョセイ ノ ホコウ トクセイ ナラビ ニ クツ ノ リヨウ コウカ ニ カンスル ドウタイガク テキ ケンキュウ; The dynamic mechanical study of the walking of elderly women and the effects of wearing shoes at walking. (Thesis). Bunka Gakuen University / 文化学園大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10457/2569

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

青木, 識子. “高齢女性の歩行特性並びに靴の履用効果に関する動態力学的研究 : コウレイ ジョセイ ノ ホコウ トクセイ ナラビ ニ クツ ノ リヨウ コウカ ニ カンスル ドウタイガク テキ ケンキュウ; The dynamic mechanical study of the walking of elderly women and the effects of wearing shoes at walking.” 2016. Thesis, Bunka Gakuen University / 文化学園大学. Accessed November 20, 2019. http://hdl.handle.net/10457/2569.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

青木, 識子. “高齢女性の歩行特性並びに靴の履用効果に関する動態力学的研究 : コウレイ ジョセイ ノ ホコウ トクセイ ナラビ ニ クツ ノ リヨウ コウカ ニ カンスル ドウタイガク テキ ケンキュウ; The dynamic mechanical study of the walking of elderly women and the effects of wearing shoes at walking.” 2016. Web. 20 Nov 2019.

Vancouver:

青木 . 高齢女性の歩行特性並びに靴の履用効果に関する動態力学的研究 : コウレイ ジョセイ ノ ホコウ トクセイ ナラビ ニ クツ ノ リヨウ コウカ ニ カンスル ドウタイガク テキ ケンキュウ; The dynamic mechanical study of the walking of elderly women and the effects of wearing shoes at walking. [Internet] [Thesis]. Bunka Gakuen University / 文化学園大学; 2016. [cited 2019 Nov 20]. Available from: http://hdl.handle.net/10457/2569.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

青木 . 高齢女性の歩行特性並びに靴の履用効果に関する動態力学的研究 : コウレイ ジョセイ ノ ホコウ トクセイ ナラビ ニ クツ ノ リヨウ コウカ ニ カンスル ドウタイガク テキ ケンキュウ; The dynamic mechanical study of the walking of elderly women and the effects of wearing shoes at walking. [Thesis]. Bunka Gakuen University / 文化学園大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10457/2569

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

24. 三木, 啓嗣. 健常者における寝返り動作の定量的類型化 : Quantitative analysis of rolling motion in normal adults : classification of patterns by cluster analysis.

Degree: 2016, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京

寝返り動作はベッド上での移動性スキルの重要な要素であり,理学療法場面においても評価や治療,動作指導がしばしば行われている.しかし,起立や歩行などの他の基本動作とは異なり,定量的データに基づいた正常動作の運動学的特性は明らかにされていない.そこで,本研究の目的は健常者を対象として寝返り動作を定量的データに基づき類型化し,各動作パターンの特徴を明らかにすることとした.対象は健常者30名とし,各3試行の寝返り動作を三次元動作解析装置にて計測した.頭部,上部体幹,骨盤の関節角度を算出した後,クラスター分析を用いて動作パターンを類型化し,各類型の特徴を統計学的に明らかにした.その結果,寝返り動作を3群に類型化し,体幹の回旋と屈曲伸展の特徴を定量的に明らかにすることができた.これは,定量的データを用いた根拠に基づく大分類であり,臨床的に活用可能な寝返り動作評価の指標を示すものと考えられた.

Rolling over is an important part of bed mobility skills, and is often done in evaluating physical therapy and teaching. However, it is different… (more)

Subjects/Keywords: 寝返り; 定量的分析; 類型化; 三次元動作解析; クラスター分析; rolling over; quantitative analysis; classification of patterns; three dimensional motion analysis; cluster analysis

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

三木, . (2016). 健常者における寝返り動作の定量的類型化 : Quantitative analysis of rolling motion in normal adults : classification of patterns by cluster analysis. (Thesis). Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Retrieved from http://hdl.handle.net/10748/6384

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

三木, 啓嗣. “健常者における寝返り動作の定量的類型化 : Quantitative analysis of rolling motion in normal adults : classification of patterns by cluster analysis.” 2016. Thesis, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Accessed November 20, 2019. http://hdl.handle.net/10748/6384.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

三木, 啓嗣. “健常者における寝返り動作の定量的類型化 : Quantitative analysis of rolling motion in normal adults : classification of patterns by cluster analysis.” 2016. Web. 20 Nov 2019.

Vancouver:

三木 . 健常者における寝返り動作の定量的類型化 : Quantitative analysis of rolling motion in normal adults : classification of patterns by cluster analysis. [Internet] [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. [cited 2019 Nov 20]. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6384.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

三木 . 健常者における寝返り動作の定量的類型化 : Quantitative analysis of rolling motion in normal adults : classification of patterns by cluster analysis. [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6384

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

25. 来住野, 健二. 踵補高がパーキンソン病患者歩行の運動効率に与える影響.

Degree: 修士(理学療法学), 2016, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京

踵補高がパーキンソン病(PD)患者歩行の運動効率に与える影響を検討した.PD患者と健常者各8名を対象とし,踵補高の有無の2条件による立位時重心動揺(GS-3000)と6分間歩行試験中の呼気ガス(K4b_2),重心加速度(MVP-RF8)の測定を実施した.呼気ガスからは運動効率の指標として1mあたりの酸素摂取量(VO_2/m)を算出し,各測定項目はWilcoxonの符号付順位検定を用い有意水準5%にて比較した.PD患者群は踵補高により後方重心の改善,重心加速度の前方変換作用の向上が得られ歩行距離が延長した.また,PD患者群はVO_2/mが高値であったが,換気能力低下は認めず,歩行時の運動効率には下肢運動制限因子の影響が先行していると考えた.一方,踵補高によりVO_2/mは減少せず,歩行困難度が増加したことから,前方重心加速度の増加に対し突進を制御することで運動効率が低下した可能性が考えられた.

【Purpose】 We examined the effect that heel elevation gave in the exercise efficiency (oxygen consumption efficiency) of the patients with Parkinson' s disease (PD)… (more)

Subjects/Keywords: 踵補高; パーキンソン病; 呼気ガス分析; 重心加速度; 運動効率; Heel elevation; Parkinson's disease; Expired gas analysis; Center of acceleration; Exercise efficiency

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

来住野, . (2016). 踵補高がパーキンソン病患者歩行の運動効率に与える影響. (Thesis). Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Retrieved from http://hdl.handle.net/10748/6762

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

来住野, 健二. “踵補高がパーキンソン病患者歩行の運動効率に与える影響.” 2016. Thesis, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Accessed November 20, 2019. http://hdl.handle.net/10748/6762.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

来住野, 健二. “踵補高がパーキンソン病患者歩行の運動効率に与える影響.” 2016. Web. 20 Nov 2019.

Vancouver:

来住野 . 踵補高がパーキンソン病患者歩行の運動効率に与える影響. [Internet] [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. [cited 2019 Nov 20]. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6762.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

来住野 . 踵補高がパーキンソン病患者歩行の運動効率に与える影響. [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6762

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

26. 清水, 洋治. 条件の異なるスクワット動作遂行中の下肢の運動学的解析.

Degree: 修士(理学療法学), 2016, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京

本研究の目的は、3条件のスクワット動作中における下肢関節角度の関係、動作の違いが筋活動量へ及ぼす影響、股・膝・足関節間に一定の運動比率が存在するかを比較検討することとした。対象者は健常成人男性8名、平均年齢は23.0(21-27)歳であった。運動課題は3条件(1. 重心を真下におろす、2. 前方に重心を移動させる、3. 後方に重心を移動させる)での両脚スクワット動作とした。動作中の下肢関節角度は三次元動作解析装置で、筋活動量は表面筋電図で測定した。結果、すべての動作で股関節に対する膝関節・足関節の関節角度変化は常に一定の関係にあった。筋活動量は、動作開始から終了にかけて下肢前面の筋(大腿直筋、内側広筋、外側広筋、前脛骨筋)が有意に活動を増加させた。特に前脛骨筋は、3. 1. 2の順に有意に多く活動していた。また一定の運動比率が各動作で存在したが、比率の値は3が1・2よりも有意に低値で、動作による違いがみられた。

Purpose: This study's aim were to consider the relationship of the joint angle of lower extremity in the squat… (more)

Subjects/Keywords: スクワット; 三次元動作解析装置; 関節角度; 表面筋電図; 筋活動量; squat; three dimensional motion analysis device; joint angle; surface EMG; amount of muscle activity

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

清水, . (2016). 条件の異なるスクワット動作遂行中の下肢の運動学的解析. (Thesis). Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Retrieved from http://hdl.handle.net/10748/6763

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

清水, 洋治. “条件の異なるスクワット動作遂行中の下肢の運動学的解析.” 2016. Thesis, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Accessed November 20, 2019. http://hdl.handle.net/10748/6763.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

清水, 洋治. “条件の異なるスクワット動作遂行中の下肢の運動学的解析.” 2016. Web. 20 Nov 2019.

Vancouver:

清水 . 条件の異なるスクワット動作遂行中の下肢の運動学的解析. [Internet] [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. [cited 2019 Nov 20]. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6763.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

清水 . 条件の異なるスクワット動作遂行中の下肢の運動学的解析. [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6763

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

27. 池田, 陽紀; イケダ, ヨウキ. 垂直導体のサージ伝搬特性を考慮した風力発電タワー周波数依存回路解析モデル : スイチョク ドウタイ ノ サージ デンパン トクセイ オ コウリョシタ フウリョク ハツデン タワー シュウハスウ イゾン カイロ カイセキ モデル; Frequency dependent circuit analysis model including surge propagation characteristic on vertical conductor.

Degree: 博士(工学), 2015, Doshisha University / 同志社大学

風力発電システムは、現在世界中で普及しているが、その地上高と立地条件からしばしば落雷の被害を受け、稼働率の低下が問題視されている。本論文は、垂直導体である風力発電タワーにおける雷サージ解析の高精度化、高速化を目的とした垂直導体回路解析モデルの提案、およびその有用性のについて述べるとともに、風力発電所や洋上風車への拡張性についてまとめたものである。

Subjects/Keywords: 風力発電所,Wind Farm; 雷サージ解析,Lightning Surge Analysis; 回路解析,Circuit Analysis; Finite-difference time-domain (FDTD)法,Finite-difference time-domain (FDTD) method

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

池田, 陽紀; イケダ, . (2015). 垂直導体のサージ伝搬特性を考慮した風力発電タワー周波数依存回路解析モデル : スイチョク ドウタイ ノ サージ デンパン トクセイ オ コウリョシタ フウリョク ハツデン タワー シュウハスウ イゾン カイロ カイセキ モデル; Frequency dependent circuit analysis model including surge propagation characteristic on vertical conductor. (Thesis). Doshisha University / 同志社大学. Retrieved from https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/17591/?lang=0 ; http://dx.doi.org/10.14988/di.2017.0000016234

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

池田, 陽紀; イケダ, ヨウキ. “垂直導体のサージ伝搬特性を考慮した風力発電タワー周波数依存回路解析モデル : スイチョク ドウタイ ノ サージ デンパン トクセイ オ コウリョシタ フウリョク ハツデン タワー シュウハスウ イゾン カイロ カイセキ モデル; Frequency dependent circuit analysis model including surge propagation characteristic on vertical conductor.” 2015. Thesis, Doshisha University / 同志社大学. Accessed November 20, 2019. https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/17591/?lang=0 ; http://dx.doi.org/10.14988/di.2017.0000016234.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

池田, 陽紀; イケダ, ヨウキ. “垂直導体のサージ伝搬特性を考慮した風力発電タワー周波数依存回路解析モデル : スイチョク ドウタイ ノ サージ デンパン トクセイ オ コウリョシタ フウリョク ハツデン タワー シュウハスウ イゾン カイロ カイセキ モデル; Frequency dependent circuit analysis model including surge propagation characteristic on vertical conductor.” 2015. Web. 20 Nov 2019.

Vancouver:

池田, 陽紀; イケダ . 垂直導体のサージ伝搬特性を考慮した風力発電タワー周波数依存回路解析モデル : スイチョク ドウタイ ノ サージ デンパン トクセイ オ コウリョシタ フウリョク ハツデン タワー シュウハスウ イゾン カイロ カイセキ モデル; Frequency dependent circuit analysis model including surge propagation characteristic on vertical conductor. [Internet] [Thesis]. Doshisha University / 同志社大学; 2015. [cited 2019 Nov 20]. Available from: https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/17591/?lang=0 ; http://dx.doi.org/10.14988/di.2017.0000016234.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

池田, 陽紀; イケダ . 垂直導体のサージ伝搬特性を考慮した風力発電タワー周波数依存回路解析モデル : スイチョク ドウタイ ノ サージ デンパン トクセイ オ コウリョシタ フウリョク ハツデン タワー シュウハスウ イゾン カイロ カイセキ モデル; Frequency dependent circuit analysis model including surge propagation characteristic on vertical conductor. [Thesis]. Doshisha University / 同志社大学; 2015. Available from: https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/17591/?lang=0 ; http://dx.doi.org/10.14988/di.2017.0000016234

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

28. 足立, 渡; アダチ, ワタル. ウエアラブルな運動計測装置を用いた動作解析システムに関する研究 : ウエアラブルナ ウンドウ ケイソク ソウチ オ モチイタ ドウサ カイセキ システム ニカンスル ケンキュウ.

Degree: 博士(工学), 2014, Doshisha University / 同志社大学

本研究では小型軽量な移動式床反力計と加速度センサ,ジャイロセンサおよび地磁気センサからなるウエアラブルな運動計測装置を開発し,本計測装置に適した動力学解析手法を提案して,動作解析システムとしての妥当性の検証を行なうことを目的とした.移動式床反力計の計測精度について定量的に評価し,本運動計測装置を用いて運動中の下肢の姿勢を算出した.さらに,本運動計測装置に適した動力学解析手法を提案し,提案手法にて算出された足関節モーメントの妥当性を検証した.

Subjects/Keywords: ウエアラブルセンサ, Wearable Sensor; 床反力計, Force Plate; 動力学解析, Dynamic analysis; 関節モーメント, Joint Moment

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

足立, 渡; アダチ, . (2014). ウエアラブルな運動計測装置を用いた動作解析システムに関する研究 : ウエアラブルナ ウンドウ ケイソク ソウチ オ モチイタ ドウサ カイセキ システム ニカンスル ケンキュウ. (Thesis). Doshisha University / 同志社大学. Retrieved from https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/17504/?lang=0 ; http://dx.doi.org/10.14988/di.2017.0000016147

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

足立, 渡; アダチ, ワタル. “ウエアラブルな運動計測装置を用いた動作解析システムに関する研究 : ウエアラブルナ ウンドウ ケイソク ソウチ オ モチイタ ドウサ カイセキ システム ニカンスル ケンキュウ.” 2014. Thesis, Doshisha University / 同志社大学. Accessed November 20, 2019. https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/17504/?lang=0 ; http://dx.doi.org/10.14988/di.2017.0000016147.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

足立, 渡; アダチ, ワタル. “ウエアラブルな運動計測装置を用いた動作解析システムに関する研究 : ウエアラブルナ ウンドウ ケイソク ソウチ オ モチイタ ドウサ カイセキ システム ニカンスル ケンキュウ.” 2014. Web. 20 Nov 2019.

Vancouver:

足立, 渡; アダチ . ウエアラブルな運動計測装置を用いた動作解析システムに関する研究 : ウエアラブルナ ウンドウ ケイソク ソウチ オ モチイタ ドウサ カイセキ システム ニカンスル ケンキュウ. [Internet] [Thesis]. Doshisha University / 同志社大学; 2014. [cited 2019 Nov 20]. Available from: https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/17504/?lang=0 ; http://dx.doi.org/10.14988/di.2017.0000016147.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

足立, 渡; アダチ . ウエアラブルな運動計測装置を用いた動作解析システムに関する研究 : ウエアラブルナ ウンドウ ケイソク ソウチ オ モチイタ ドウサ カイセキ システム ニカンスル ケンキュウ. [Thesis]. Doshisha University / 同志社大学; 2014. Available from: https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/17504/?lang=0 ; http://dx.doi.org/10.14988/di.2017.0000016147

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

29. 小野原, 彩香; オノハラ, アヤカ. 数理的アプローチからの言語変化と外言語的要素との関わりに関する研究 : スウリテキ アプローチ カラノ ゲンゴ ヘンカ ト ガイゲンゴテキ ヨウソ トノ カカワリ ニカンスル ケンキュウ.

Degree: 博士(文化情報学), 2014, Doshisha University / 同志社大学

言語変化の原因については、比較言語学や言語地理学双方の立場から、様々な議論がなされてきたが、この問題に対し、変化の原因と変化の結果という関係を多変量的に捉えて知見を得る方法は、十分な議論があるとはいえない。そこで本研究では、これまでの言語変化の議論を踏まえつつ、具体的な事例について、系統推定や重回帰分析、対応分析といった数理的な手法を用いて多変量的な分析を行い、言語変化の原因や原因別の変化の特徴を明らかにした。

Subjects/Keywords: 言語変化, language change; 言語内的要因, Language-Internal Causes; 言語外的要因, Language-External Causes; 言語地理学, geolinguistics; 比較言語学, comparative linguistics; アクセント, accent; 慣習, practice; 系統推定, phylogeny estimation; 重回帰分析, multiple regression analysis; 対応分析, Correspondence analysis; 中心性, centrality

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

小野原, 彩香; オノハラ, . (2014). 数理的アプローチからの言語変化と外言語的要素との関わりに関する研究 : スウリテキ アプローチ カラノ ゲンゴ ヘンカ ト ガイゲンゴテキ ヨウソ トノ カカワリ ニカンスル ケンキュウ. (Thesis). Doshisha University / 同志社大学. Retrieved from https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/17523/?lang=0 ; http://dx.doi.org/10.14988/di.2017.0000016166

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

小野原, 彩香; オノハラ, アヤカ. “数理的アプローチからの言語変化と外言語的要素との関わりに関する研究 : スウリテキ アプローチ カラノ ゲンゴ ヘンカ ト ガイゲンゴテキ ヨウソ トノ カカワリ ニカンスル ケンキュウ.” 2014. Thesis, Doshisha University / 同志社大学. Accessed November 20, 2019. https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/17523/?lang=0 ; http://dx.doi.org/10.14988/di.2017.0000016166.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

小野原, 彩香; オノハラ, アヤカ. “数理的アプローチからの言語変化と外言語的要素との関わりに関する研究 : スウリテキ アプローチ カラノ ゲンゴ ヘンカ ト ガイゲンゴテキ ヨウソ トノ カカワリ ニカンスル ケンキュウ.” 2014. Web. 20 Nov 2019.

Vancouver:

小野原, 彩香; オノハラ . 数理的アプローチからの言語変化と外言語的要素との関わりに関する研究 : スウリテキ アプローチ カラノ ゲンゴ ヘンカ ト ガイゲンゴテキ ヨウソ トノ カカワリ ニカンスル ケンキュウ. [Internet] [Thesis]. Doshisha University / 同志社大学; 2014. [cited 2019 Nov 20]. Available from: https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/17523/?lang=0 ; http://dx.doi.org/10.14988/di.2017.0000016166.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

小野原, 彩香; オノハラ . 数理的アプローチからの言語変化と外言語的要素との関わりに関する研究 : スウリテキ アプローチ カラノ ゲンゴ ヘンカ ト ガイゲンゴテキ ヨウソ トノ カカワリ ニカンスル ケンキュウ. [Thesis]. Doshisha University / 同志社大学; 2014. Available from: https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/17523/?lang=0 ; http://dx.doi.org/10.14988/di.2017.0000016166

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

30. 松原, 真己; マツバラ, マサミ. 乗用車用タイヤの振動特性に関する研究 : ジョウヨウシャヨウ タイヤ ノ シンドウ トクセイ ニカンスル ケンキュウ.

Degree: 博士(工学), 2014, Doshisha University / 同志社大学

本論文ではロードノイズに関するタイヤ振動特性を予測する上で必要となるタイヤモデルの構築と接地・転動時のタイヤ振動特性の変化要因について解明することを目的にしている.薄肉円筒シェル理論に基づきタイヤばね付きリングモデルを構築し,Rayleigh法を用いてタイヤの固有振動数の式を導出した.また,径方向モードに着目し,非接地・転動時,接地・非転動時,接地・転動時におけるタイヤ振動特性の理論解析を行い,その特性を明らかにした.

Subjects/Keywords: タイヤ, Tire; 振動特性, Vibration characteristics; 動力学解析, Dynamic analysis

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

松原, 真己; マツバラ, . (2014). 乗用車用タイヤの振動特性に関する研究 : ジョウヨウシャヨウ タイヤ ノ シンドウ トクセイ ニカンスル ケンキュウ. (Thesis). Doshisha University / 同志社大学. Retrieved from https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/17530/?lang=0 ; http://dx.doi.org/10.14988/di.2017.0000016173

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

松原, 真己; マツバラ, マサミ. “乗用車用タイヤの振動特性に関する研究 : ジョウヨウシャヨウ タイヤ ノ シンドウ トクセイ ニカンスル ケンキュウ.” 2014. Thesis, Doshisha University / 同志社大学. Accessed November 20, 2019. https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/17530/?lang=0 ; http://dx.doi.org/10.14988/di.2017.0000016173.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

松原, 真己; マツバラ, マサミ. “乗用車用タイヤの振動特性に関する研究 : ジョウヨウシャヨウ タイヤ ノ シンドウ トクセイ ニカンスル ケンキュウ.” 2014. Web. 20 Nov 2019.

Vancouver:

松原, 真己; マツバラ . 乗用車用タイヤの振動特性に関する研究 : ジョウヨウシャヨウ タイヤ ノ シンドウ トクセイ ニカンスル ケンキュウ. [Internet] [Thesis]. Doshisha University / 同志社大学; 2014. [cited 2019 Nov 20]. Available from: https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/17530/?lang=0 ; http://dx.doi.org/10.14988/di.2017.0000016173.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

松原, 真己; マツバラ . 乗用車用タイヤの振動特性に関する研究 : ジョウヨウシャヨウ タイヤ ノ シンドウ トクセイ ニカンスル ケンキュウ. [Thesis]. Doshisha University / 同志社大学; 2014. Available from: https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/17530/?lang=0 ; http://dx.doi.org/10.14988/di.2017.0000016173

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

[1] [2] [3] [4] [5] … [11]

.