Advanced search options

Advanced Search Options 🞨

Browse by author name (“Author name starts with…”).

Find ETDs with:

in
/  
in
/  
in
/  
in

Written in Published in Earliest date Latest date

Sorted by

Results per page:

Sorted by: relevance · author · university · dateNew search

You searched for subject:( The Federalist Papers). Showing records 1 – 30 of 48616 total matches.

[1] [2] [3] [4] [5] … [1621]

Search Limiters

Last 2 Years | English Only

Degrees

Levels

Languages

Country

▼ Search Limiters

1. 塚本, 祐子. 2型糖尿病ラットにおけるシロスタゾールの脳微小血管内皮機能改善効果 : 2ガタ トウニョウビョウ ラット ニオケル シロスタゾール ノ ノウ ビショウ ケッカン ナイヒ キノウ カイゼン コウカ; Cilostazol protects against microvascular brain injury in a rat model of type 2 diabetes.

Degree: 博士(医学), 2017, Tokai University Repository / 東海大学

Subjects/Keywords: シロスタゾール, 糖尿病, 血管内皮細胞機能, 微小血管造影, 奇異性血管反応; Cilostazol, Diabetes mellitus, Endothelial cell function, Microangiography, Paradoxical autoregulatory responses in the small cerebral arteries

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

塚本, . (2017). 2型糖尿病ラットにおけるシロスタゾールの脳微小血管内皮機能改善効果 : 2ガタ トウニョウビョウ ラット ニオケル シロスタゾール ノ ノウ ビショウ ケッカン ナイヒ キノウ カイゼン コウカ; Cilostazol protects against microvascular brain injury in a rat model of type 2 diabetes. (Thesis). Tokai University Repository / 東海大学. Retrieved from https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000268

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

塚本, 祐子. “2型糖尿病ラットにおけるシロスタゾールの脳微小血管内皮機能改善効果 : 2ガタ トウニョウビョウ ラット ニオケル シロスタゾール ノ ノウ ビショウ ケッカン ナイヒ キノウ カイゼン コウカ; Cilostazol protects against microvascular brain injury in a rat model of type 2 diabetes.” 2017. Thesis, Tokai University Repository / 東海大学. Accessed December 08, 2019. https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000268.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

塚本, 祐子. “2型糖尿病ラットにおけるシロスタゾールの脳微小血管内皮機能改善効果 : 2ガタ トウニョウビョウ ラット ニオケル シロスタゾール ノ ノウ ビショウ ケッカン ナイヒ キノウ カイゼン コウカ; Cilostazol protects against microvascular brain injury in a rat model of type 2 diabetes.” 2017. Web. 08 Dec 2019.

Vancouver:

塚本 . 2型糖尿病ラットにおけるシロスタゾールの脳微小血管内皮機能改善効果 : 2ガタ トウニョウビョウ ラット ニオケル シロスタゾール ノ ノウ ビショウ ケッカン ナイヒ キノウ カイゼン コウカ; Cilostazol protects against microvascular brain injury in a rat model of type 2 diabetes. [Internet] [Thesis]. Tokai University Repository / 東海大学; 2017. [cited 2019 Dec 08]. Available from: https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000268.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

塚本 . 2型糖尿病ラットにおけるシロスタゾールの脳微小血管内皮機能改善効果 : 2ガタ トウニョウビョウ ラット ニオケル シロスタゾール ノ ノウ ビショウ ケッカン ナイヒ キノウ カイゼン コウカ; Cilostazol protects against microvascular brain injury in a rat model of type 2 diabetes. [Thesis]. Tokai University Repository / 東海大学; 2017. Available from: https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000268

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

2. 津田, 歩美. プロトンポンプ阻害薬が消化管細菌叢に及ぼす影響 : プロトンポンプ ソガイヤク ガ ショウカカン サイキンソウ ニ オヨボス エイキョウ; Influence of Proton-Pump Inhibitors on the Luminal Microbiota in the Gastrointestinal Tract.

Degree: 博士(医学), 2017, Tokai University Repository / 東海大学

Subjects/Keywords: プロトンポンプ阻害薬, 16S rRNA遺伝子, 消化管細菌叢, OTU解析, UniFrac解析; proton-pump inhibitors, 16S rRNA gene, luminal microbiota in the gastrointestinal tract, OTU analysis, UniFrac analysis

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

津田, . (2017). プロトンポンプ阻害薬が消化管細菌叢に及ぼす影響 : プロトンポンプ ソガイヤク ガ ショウカカン サイキンソウ ニ オヨボス エイキョウ; Influence of Proton-Pump Inhibitors on the Luminal Microbiota in the Gastrointestinal Tract. (Thesis). Tokai University Repository / 東海大学. Retrieved from https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000273

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

津田, 歩美. “プロトンポンプ阻害薬が消化管細菌叢に及ぼす影響 : プロトンポンプ ソガイヤク ガ ショウカカン サイキンソウ ニ オヨボス エイキョウ; Influence of Proton-Pump Inhibitors on the Luminal Microbiota in the Gastrointestinal Tract.” 2017. Thesis, Tokai University Repository / 東海大学. Accessed December 08, 2019. https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000273.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

津田, 歩美. “プロトンポンプ阻害薬が消化管細菌叢に及ぼす影響 : プロトンポンプ ソガイヤク ガ ショウカカン サイキンソウ ニ オヨボス エイキョウ; Influence of Proton-Pump Inhibitors on the Luminal Microbiota in the Gastrointestinal Tract.” 2017. Web. 08 Dec 2019.

Vancouver:

津田 . プロトンポンプ阻害薬が消化管細菌叢に及ぼす影響 : プロトンポンプ ソガイヤク ガ ショウカカン サイキンソウ ニ オヨボス エイキョウ; Influence of Proton-Pump Inhibitors on the Luminal Microbiota in the Gastrointestinal Tract. [Internet] [Thesis]. Tokai University Repository / 東海大学; 2017. [cited 2019 Dec 08]. Available from: https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000273.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

津田 . プロトンポンプ阻害薬が消化管細菌叢に及ぼす影響 : プロトンポンプ ソガイヤク ガ ショウカカン サイキンソウ ニ オヨボス エイキョウ; Influence of Proton-Pump Inhibitors on the Luminal Microbiota in the Gastrointestinal Tract. [Thesis]. Tokai University Repository / 東海大学; 2017. Available from: https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000273

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

3. 佐藤, 佑有子. YUBAメソッド発声練習用DVD教材による女子中学生の声域拡張に関する検証.

Degree: 2017, Mie University / 三重大学

三重県内では歌唱活動が非常に盛んである。多くの学校で校内合唱コンクールヘの熱心な取り組みが行われているが、授業において基礎発声指導を行う十分な時間がないため、多くの子どもたちが歌唱に対して何らかの問題を抱えている。また、一斉授業において、教師がピアノを弾きながらの歌唱指導は非常に難しい。このような課題の解決に向け、筆者は発声練習に有効なメソッドを選択した。筆者と1~2名の学校教員により、中学生の声域拡張への効果の検証を行った。YUBA理論(発声制御理論)を基にしたYUBAメソッド発声練習用DVD教材(初級編)を使用して発声練習を1か月間(週に3回)行い、対象者の声域をこの発声練習期間の開始前と終了後に測定した。対象者は女子中学生20名(13.05± 1.05歳)とした。その結果、対象者の声域は平均5.4半音拡がり、3オクターブ以上の声域を持つ者、練習開始前では7名(35%)であつたのに対し、練習終了後には16名(80%)となった。t検定を行ったところ、高音への拡張はP=4.813e-07、低音への拡張はP=0.0006898、そして声域全体の拡張はP=3.691e‐07となり、3項目全てにおいて有意な差が認められた(P<0.01)。また、全対象者の声域が拡張した。本研究の結果、YUBAメソッドのDVD教材は女子中学生の声域拡張に有効であることが検証された。

Chorus performances are very popular at junior high schools in Mie prefecture. Although many schools make efforts to set up school chorus competitions,… (more)

Subjects/Keywords: 声区; 声域; 音域; 発声機能解剖生理学; YUBA理論; 発声制御理論; YUBAメソッド; 教材; 発声練習; 発声指導; 歌唱指導; 女子中学生; vocal register; vocal range; a range; functional anatomical physiology for voicing; The YUBA Theory; control theory for voicing; The YUBA Method; teaching material; vocal training; vocal instruction; the teaching of singing; junior high school girls

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

佐藤, . (2017). YUBAメソッド発声練習用DVD教材による女子中学生の声域拡張に関する検証. (Thesis). Mie University / 三重大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10076/12851

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

佐藤, 佑有子. “YUBAメソッド発声練習用DVD教材による女子中学生の声域拡張に関する検証.” 2017. Thesis, Mie University / 三重大学. Accessed December 08, 2019. http://hdl.handle.net/10076/12851.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

佐藤, 佑有子. “YUBAメソッド発声練習用DVD教材による女子中学生の声域拡張に関する検証.” 2017. Web. 08 Dec 2019.

Vancouver:

佐藤 . YUBAメソッド発声練習用DVD教材による女子中学生の声域拡張に関する検証. [Internet] [Thesis]. Mie University / 三重大学; 2017. [cited 2019 Dec 08]. Available from: http://hdl.handle.net/10076/12851.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

佐藤 . YUBAメソッド発声練習用DVD教材による女子中学生の声域拡張に関する検証. [Thesis]. Mie University / 三重大学; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/10076/12851

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

4. 山﨑, 英明. YUBA理論(発声制御理論)に基づいた声区融合の実践における換声点ショックの改善に関する検証.

Degree: 2017, Mie University / 三重大学

【目的】YUBA 理論(発声制御理論)に基づいた声区融合の実践が換声点ショックの改善に有効であるかを検証すること。【背景】換声点ショックによって音質、音量が急激に変化するなどの問題が生じる。従来の発声指導・訓練において生理学や解剖学的な見地から換声点ショックとそのメカニズムにまで言及した実践法はほとんどない。筆者は、換声点ショックに起因する問題によって高音域の発声に困難が生じていたことから、音楽大学に入学するまでに5年間に及ぶ浪人生活を余儀なくされた。度を越えた無理な練習を繰り返した結果、音声障害などによって長く苦しい時間を過ごした。歌曲やアリアの「曲の山」の部分は高音域に位置することが多く、そこで発声状態が失調すると、曲の意図する内容が伝えられずに演奏の魅力が損なわれてしまう。『発声機能解剖生理学』の見地から組み立てられた『YUBA理論(発声制御理論)』は、音源を作る声帯の動きを操る内喉頭筋を制御することを中心に据えた理論である。音源レベルからの調整を可能にする従来とは異なる発声理論であり、換声点ショックに関する問題解決を図るものであると考えられる。【方法】被験者は換声点ショックに起因する発声上の問題を持つ満20 歳以上の成人男性。声楽専攻の大学生3 名と一般の大学生2 名の計5 名(平均年齢22.2 歳)。YUBA理論を基づいて弓場が作成した音型を参考に筆者が新たに作成した音型を使用し、筆者が被験者5 名に範唱・模唱の形式で声区融合を試みる個別指導を行った。音声は高音質デジタルレコーダーで録音し、waveファイルで保存した。それを“裏声診断装置”を用いてビジュアライズし、実践前後の声の途切れとピッチの乱れ、声区融合の状態を視覚的に比較することに加え、録音を聴取することで視覚的情報との整合性をみて換声点ショックの改善状況を評定した。この『裏声判別装置』とは、三重大学教育学部(弓場徹研究室)と三重大学工学部(野呂雄一研究室)の共同研究によって新たな独自の評価指標(裏声判別指標)に基づき開発されたもので、裏声・表声・換声点の位置を判別しそれらを視覚的に表示するプログラムである。【結果】YUBA理論に基づいた実践の結果、被験者の換声点ショックが改善される傾向があることが認められた。また、裏声診断装置による分析結果と聴覚的評定の多くは整合性が認められた。

Purpose: To verify practicing coordination of vocal registers based on The YUBA theory is effective to improve… (more)

Subjects/Keywords: YUBA 理論; 発声制御理論; 発声機能解剖生理学; 声区; 声区融合; 換声点; 換声点ショック; 半(不)随意筋; 地声; 裏声; ファルセット; 男声; 歌唱教育; 模倣学習; 高音; 発声; ハイ2システム; YUBA メソッド; 裏声診断装置; a falsetto voice diagnosis device; a register break; a vocal register; a vocal register shock; coordination of the vocal registers; falsetto voice; Functional Anatomical Physiology for Voicing; high-tone voice; semi voluntary muscles; natural voice; The YUBA Method; The YUBA Method “Hi2”System; The YUBA Theory; control theory for voicing; voice training; imitation study

Page 1 Page 2 Page 3

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

山﨑, . (2017). YUBA理論(発声制御理論)に基づいた声区融合の実践における換声点ショックの改善に関する検証. (Thesis). Mie University / 三重大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10076/13385

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

山﨑, 英明. “YUBA理論(発声制御理論)に基づいた声区融合の実践における換声点ショックの改善に関する検証.” 2017. Thesis, Mie University / 三重大学. Accessed December 08, 2019. http://hdl.handle.net/10076/13385.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

山﨑, 英明. “YUBA理論(発声制御理論)に基づいた声区融合の実践における換声点ショックの改善に関する検証.” 2017. Web. 08 Dec 2019.

Vancouver:

山﨑 . YUBA理論(発声制御理論)に基づいた声区融合の実践における換声点ショックの改善に関する検証. [Internet] [Thesis]. Mie University / 三重大学; 2017. [cited 2019 Dec 08]. Available from: http://hdl.handle.net/10076/13385.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

山﨑 . YUBA理論(発声制御理論)に基づいた声区融合の実践における換声点ショックの改善に関する検証. [Thesis]. Mie University / 三重大学; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/10076/13385

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

5. 近藤, 悠紀. YUBAメソッド発声練習用DVD教材を用いた高音域ロングトーンの発声効果に関する検証.

Degree: 2017, Mie University / 三重大学

 【目的】YUBAメソッド発声練習用DVD教材による発声練習が高音域のロングトーンの発声持続時間を伸ばすことに有効であるかを検証すること。【背景】曲の山場となる高音域のロングトーンを余裕をもって歌唱できる能力は、作品表現に欠かせない。また、歌唱の自信や良し悪しにつながる。筆者は音楽大学在学中、高音域での発声が難しく、高音域を含む作品においては1曲を歌いきることが困難であった。特に、高音域でのロングトーン発声が難しかった。筆者の個人指導時や教育実習指導時の生徒たちも同様であった。歌唱指導時は模倣学習形式が効率的なため、指導者がお手本を示す必要があるため、適切な指導法の習得はもちろんのこと、前述の指導者自身の問題を解決することも必要不可欠である。今日までYUBAメソッド教材を用いた声域拡張や音痴矯正の効果の検証は行われてきている。本研究では、YUBAメソッドが高音域のロングトーン発声に及ぼす効果に着目し研究を行うことにした。【方法】被験者は、満17歳の高校生1名と満20歳以上の成人8名、計 9名 (男性2名・女性7名、23.2±28.2歳)。YUBAメソッドの中級発声練習用DVD教材 (CD化したものを含む)による練習開始前、実践中の各週の終わり、練習終了後にロングトーンの発声持続時間を測定した。練習終了後の測定日に対象者1名が飲酒でのカラオケ歌唱が原因で声が不調となり医師の判断で測定を断念した。収録した音声データを筆者が聞き、歌唱時のロングトーンの発声持続時間を計測した。【結果】日本歌曲「花」と合唱曲「大地讃頌」 (女性はソプラノパート・男性はテノールパート)の各曲の山場における高音域のロングトーン発声持続時間を計測した。「花」は平均の開始前より約25.7%伸びた。また、「大地讃頌」では平均の開始前より約10.7%伸びた。この教材による発声歌唱練習は高音域のロングトーン発声持続時間を伸ばすことに有効であった。【Objective】To verify The YUBA Method is effective in voicing in high-pitched long-tone.【Background】It is essential to have a capability of singing high-pitched… (more)

Subjects/Keywords: YUBA理論; 発声機能解剖生理学; 発声制御理論; 発声応用物理学; YUBAメソッド; 高音域; ロングトーン; The YUBA Theory; Functional Anatomical Physiology for Voicing; Control Theory for Voicing; Applied Physics for Voicing; The YUBA Method; range of high-pitched tone; long-tone

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

近藤, . (2017). YUBAメソッド発声練習用DVD教材を用いた高音域ロングトーンの発声効果に関する検証. (Thesis). Mie University / 三重大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10076/15260

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

近藤, 悠紀. “YUBAメソッド発声練習用DVD教材を用いた高音域ロングトーンの発声効果に関する検証.” 2017. Thesis, Mie University / 三重大学. Accessed December 08, 2019. http://hdl.handle.net/10076/15260.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

近藤, 悠紀. “YUBAメソッド発声練習用DVD教材を用いた高音域ロングトーンの発声効果に関する検証.” 2017. Web. 08 Dec 2019.

Vancouver:

近藤 . YUBAメソッド発声練習用DVD教材を用いた高音域ロングトーンの発声効果に関する検証. [Internet] [Thesis]. Mie University / 三重大学; 2017. [cited 2019 Dec 08]. Available from: http://hdl.handle.net/10076/15260.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

近藤 . YUBAメソッド発声練習用DVD教材を用いた高音域ロングトーンの発声効果に関する検証. [Thesis]. Mie University / 三重大学; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/10076/15260

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

6. 大久保, 友加里. 児童・成人を対象とした、換声点(声区転換点)位置に関する調査研究.

Degree: 2017, Mie University / 三重大学

目的 : 児童及び成人における換声点位置の平均やばらつきを統計的に検証する。背景 : 歌唱時、換声点ショックが原因で音程が取れずに音痴歌唱となってしまう等の問題がある。発声指導や歌唱教材の制作及び選定などの際、換声点位置は重要な指標となる。しかし、従来のものは科学的根拠の無い説のみであり、統計的に割り出された信頼できる指標が無かった。方法 : 被験者は、変声前の小学4年生男子児童31名(平均年齢9.8±0.3歳)、女子児童23名(平均年齢9.9±O.3歳)、変声後の大学・大学院生の成人男性23名(平均年齢21.3± 1.7歳)、成人女性31名(平均年齢21.1±1.2歳)である。被験者に音階を「あ」で母音唱してもらい、上行時と下行時の換声点位置の判定を検査者2名により聴取方式で行った。また、咽喉マイクと気導マイクを用いて同時にそれぞれが接続されているレコーダーにデジタル録音した。調査結果を基に、換声点位置の平均値とそのばらつきを算出した。結果:以下は、換声点位置の上行時の平均値とばらつき及び下行時の平均値とばらつきである。・男子児童 : 上行時[A4+4.7cent]、最低[E♭ 4-E4]・最高[G5-A♭5] 下行時[A♭4+95.3cent]、最低[F4-E4]・最高[E5-E♭5]・女子児童 : 上行時[B♭4+32.4cent]、最低[E4-F4]・最高[E5-F5] 下行時[A♭4+93.3cent]、最低[F4-E4]・最高[E♭5-D5]・成人男性 : 上行時[F4+76.1cent]、最低[C4-D♭4]・最高[B♭4-B4] 下行時[E♭4+67.7cent]、最低[B3-B♭3]・最高[A♭4-G4]・成人女性 : 上行時[G4+92.Ocent]、最低[D♭4-D4]・最高[B4-C5] 下行時[G4+7.9cent]、最低[E♭4-D4]・最高[C5-B4].

Purpose : To statistically… (more)

Subjects/Keywords: 声区; 裏声; ファルセット; 表声; 地声; 換声点; 換声点位置; 換声点ショック; YUBAメソッド; vocal register; falsetto voice; natural voice; register break; register break position; vocal register shock; The YUBA Method

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

大久保, . (2017). 児童・成人を対象とした、換声点(声区転換点)位置に関する調査研究. (Thesis). Mie University / 三重大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10076/12652

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

大久保, 友加里. “児童・成人を対象とした、換声点(声区転換点)位置に関する調査研究.” 2017. Thesis, Mie University / 三重大学. Accessed December 08, 2019. http://hdl.handle.net/10076/12652.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

大久保, 友加里. “児童・成人を対象とした、換声点(声区転換点)位置に関する調査研究.” 2017. Web. 08 Dec 2019.

Vancouver:

大久保 . 児童・成人を対象とした、換声点(声区転換点)位置に関する調査研究. [Internet] [Thesis]. Mie University / 三重大学; 2017. [cited 2019 Dec 08]. Available from: http://hdl.handle.net/10076/12652.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

大久保 . 児童・成人を対象とした、換声点(声区転換点)位置に関する調査研究. [Thesis]. Mie University / 三重大学; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/10076/12652

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

7. 漢人, 省三. 擬洋風学校建築。この不思議な存在! : 明治初期の学校建築とその文化的社会的背景についての考察 : Early Western-Influenced school architecture. Mystery, Wonder and Innovation. : A case study on school architecture and its relation to culturally oriented society in the early Meiji Era..

Degree: 2014, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学

本論文は、「明治初期に建てられた見付学校」を事例として取り上げ考察するものである。近代教育制度の発足に合わせて建てられた学校建築は「擬洋風」と呼ばれている。洋風の意匠を持ち、日本人の大工達よって建てられたそれらの建造物のいくつかは日本各地に文化財として残存している。本論文は、「見付学校」が建築されるまでの状況と建設費用、そして明治初期のその時代に見付宿の人々が行った資金調達の様子を調査する。学校の創設は見付宿の名望家と呼ばれる人達の教育に対する熱い想いにより提唱され、一般住民がそれに応える形で実現した。学校建設の根底には明治初期の人々の新しい時代への希望や学校や教育に寄せる期待があった。一方、見付宿とその周辺には江戸期から続く、寺子屋、私塾を始めとする教育的な伝統があった。すなわち、教育の必要性の認識が広く共有されていた。この認識こそ学校の創設に関して、経済的基盤以上に重要な要素となったのである。

静岡文化芸術大学

2008

Advisors/Committee Members: 種田, 明.

Subjects/Keywords: 学校建築擬; 洋風; 見付学校; 経済的基盤; 教育の必要性の認識; school-buildings; "GI-YOFU (=quasi-western-style)"; Mitsuke-SchoolEconomic foundation; Recognition of the necessity for educational

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

漢人, . (2014). 擬洋風学校建築。この不思議な存在! : 明治初期の学校建築とその文化的社会的背景についての考察 : Early Western-Influenced school architecture. Mystery, Wonder and Innovation. : A case study on school architecture and its relation to culturally oriented society in the early Meiji Era.. (Thesis). Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1132/00000906/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

漢人, 省三. “擬洋風学校建築。この不思議な存在! : 明治初期の学校建築とその文化的社会的背景についての考察 : Early Western-Influenced school architecture. Mystery, Wonder and Innovation. : A case study on school architecture and its relation to culturally oriented society in the early Meiji Era..” 2014. Thesis, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Accessed December 08, 2019. http://id.nii.ac.jp/1132/00000906/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

漢人, 省三. “擬洋風学校建築。この不思議な存在! : 明治初期の学校建築とその文化的社会的背景についての考察 : Early Western-Influenced school architecture. Mystery, Wonder and Innovation. : A case study on school architecture and its relation to culturally oriented society in the early Meiji Era..” 2014. Web. 08 Dec 2019.

Vancouver:

漢人 . 擬洋風学校建築。この不思議な存在! : 明治初期の学校建築とその文化的社会的背景についての考察 : Early Western-Influenced school architecture. Mystery, Wonder and Innovation. : A case study on school architecture and its relation to culturally oriented society in the early Meiji Era.. [Internet] [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2014. [cited 2019 Dec 08]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00000906/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

漢人 . 擬洋風学校建築。この不思議な存在! : 明治初期の学校建築とその文化的社会的背景についての考察 : Early Western-Influenced school architecture. Mystery, Wonder and Innovation. : A case study on school architecture and its relation to culturally oriented society in the early Meiji Era.. [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2014. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00000906/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

8. 森, 可南子. 構造転換期の公立博物館に求められる「第三人材」 : "The third human resource" at Public Museum in the era of structural change.

Degree: 2014, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学

これからの博物館あり方一つとして、地域に開かれた存在、市民共活動する施設としての側面が指摘され、利用者と博物館とをなぐ役割が見直されている。しかしそのの現状や実態は未だ明らかでない。本研究では、新しい博物館の方向性を担う職員「第三の人材」と名付け、現状、必要な要因、拡充するための方策を明らかにする。まず「第三の人材」歴史的経緯について解明を試みた。事例として滋賀県立琵琶湖博物館における展示交流員の導入状況を調べた。その結果、①人材派遣会社の存在が大きかったこと、②展示交流員自身の理念への理解とモチベーションの維持、学芸員との連携が、活動理念の継続のために重要なこと、③他館への影響について琵琶湖博物は直接的な関与はないこと、が浮かび上がってきた。さらに「第三の人材」配置状況ついて、全国調査を行った。都道府県・政令指定都市立の博物館85館から「第三の人材」を配置するが12館抽出できた。次に、展示交流員の流れを組む7館に対して活動の状況と課題を調査したころ、活動状況は館によって異なり実際は受付や従来の展示解説にとどまる館もあった。最終的に、積極的な活動を行う館として滋賀県立琵琶湖博物、兵庫県立人と自然の博物館、山梨県立博物館の3館が挙がった。3館への事例調査の結果、「第三の人材」が積極的な活動を行うために必要な要因として次の3点を解明した。第1に館の直接雇用が望ましいこと。第2に自主企画の有無が重要であること。第3に館全体で「第三の人材」の重要性が認識されていること。これらの実現には①組織内での位置付けや役割分担の明確化、②「第三の人材」の自主性の尊重、③学芸員との密な連携、④理念共有のための研修が必要となる。さらに「第三の人材」の概念について確立化、博物館業界全体的な意識改革も欠かせことを指摘した。

静岡文化芸術大学

2013

Advisors/Committee Members: 松本, 茂章.

Subjects/Keywords: 公立博物館; 博物館職員; 交流; 「第三の人材」; Public Museum; museum staffs; exchange; "The third human resource"

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

森, . (2014). 構造転換期の公立博物館に求められる「第三人材」 : "The third human resource" at Public Museum in the era of structural change. (Thesis). Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1132/00000983/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

森, 可南子. “構造転換期の公立博物館に求められる「第三人材」 : "The third human resource" at Public Museum in the era of structural change.” 2014. Thesis, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Accessed December 08, 2019. http://id.nii.ac.jp/1132/00000983/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

森, 可南子. “構造転換期の公立博物館に求められる「第三人材」 : "The third human resource" at Public Museum in the era of structural change.” 2014. Web. 08 Dec 2019.

Vancouver:

森 . 構造転換期の公立博物館に求められる「第三人材」 : "The third human resource" at Public Museum in the era of structural change. [Internet] [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2014. [cited 2019 Dec 08]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00000983/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

森 . 構造転換期の公立博物館に求められる「第三人材」 : "The third human resource" at Public Museum in the era of structural change. [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2014. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00000983/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

9. 大橋, 加奈. 公立文化施設における「平成の合併」の影響 : 旧町村部に立地する文化施設の全国調査を通じて : The impact of the municipal mergers of Heisei Japan on cultural facilities : From a survey of cultural facilities located in old villages and towns.

Degree: 2016, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学

地方分権一括法の施行とともに推進された「平成の合併」は、合併した自治体に様々な影響を及ぼした。そして、この合併による影響は文化の領域においても例外ではない。例えば、合併した市町村の中には、地域の気質を失ってしまったり、文化事業の予算が削減されるといった事態が生じている。そして、地域の文化振興において重要な役割を果たしてきた公立文化施設においても合併を機に、その運営や事業に変化が生じてきている。 そこで、本研究は、地域の公立文化施設に焦点を当て、「平成の合併」後の実態を明らかにすることを目的とした。合併自治体は全国に多数存在する。本論は、それらの合併自治体の中で「非中心地域」を研究の対象とした。この「非中心地域」とは、編入合併の場合の「市に編入されられる側の旧町村部」、新設合併の場合の「市役所が存在し、新市の中心となる自治体以外の旧町村部」を指す。これは、合併によって他の市の周辺地域となってしまった自治体においてこそ、市町村合併による地域アイデンティティの喪失が懸念されるためである。研究の方法としては、「非中心地域」に加え、「中心地域」と「非合併町村」における劇場・音楽堂と博物館を選出し、それらに対して調査票を用いたアンケート調査を実施した。これらの調査結果を比較分析することによって、「非中心地域」の文化施設の実態の特徴を分析することが狙いである。 その結果、合併の影響は、博物館に比べて劇場・音楽堂により顕著に現れていることが明らかとなった。特に、合併に伴う経費節減は、地域のアイデンティティに関わる事業の実施に影響する可能性がある。さらに、文化施設の地元地域に対する姿勢、利用者・来場者の状況、他地域施設への関心、近年の予算といった実態を明らかにすることができた。

静岡文化芸術大学

2015

Advisors/Committee Members: 片山, 泰輔.

Subjects/Keywords: 平成の合併; 非中心地域; 劇場・音楽堂; 博物館; The municipal mergers of Heisei in Japan; Surrounding areas of merged municipalities; Theaters and concert halls; Museums

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

大橋, . (2016). 公立文化施設における「平成の合併」の影響 : 旧町村部に立地する文化施設の全国調査を通じて : The impact of the municipal mergers of Heisei Japan on cultural facilities : From a survey of cultural facilities located in old villages and towns. (Thesis). Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1132/00001178/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

大橋, 加奈. “公立文化施設における「平成の合併」の影響 : 旧町村部に立地する文化施設の全国調査を通じて : The impact of the municipal mergers of Heisei Japan on cultural facilities : From a survey of cultural facilities located in old villages and towns.” 2016. Thesis, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Accessed December 08, 2019. http://id.nii.ac.jp/1132/00001178/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

大橋, 加奈. “公立文化施設における「平成の合併」の影響 : 旧町村部に立地する文化施設の全国調査を通じて : The impact of the municipal mergers of Heisei Japan on cultural facilities : From a survey of cultural facilities located in old villages and towns.” 2016. Web. 08 Dec 2019.

Vancouver:

大橋 . 公立文化施設における「平成の合併」の影響 : 旧町村部に立地する文化施設の全国調査を通じて : The impact of the municipal mergers of Heisei Japan on cultural facilities : From a survey of cultural facilities located in old villages and towns. [Internet] [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2016. [cited 2019 Dec 08]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00001178/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

大橋 . 公立文化施設における「平成の合併」の影響 : 旧町村部に立地する文化施設の全国調査を通じて : The impact of the municipal mergers of Heisei Japan on cultural facilities : From a survey of cultural facilities located in old villages and towns. [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2016. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00001178/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

10. 梶谷, 智. 地域社会におけるシニア演劇の可能性 : 箕面市の劇団「すずしろ」を事例に : Possibilities of the Senior Theatre in Community : A Study on Theatre Company "Suzushiro" Based in Minoh City.

Degree: 2016, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学

少子高齢化の進むわが国では、高齢者が地域社会の担い手になることが期待される。高齢者の社会参加を促すものとして芸術文化活動の重要性は高まっているが、いまだ個人の問題として扱われがちである。本研究では近年注目されつつあるシニア演劇を題材に、高齢者の芸術文化活動を地域社会との関わりの中で捉え直し、その社会的な意義を明らかにすることを目的とする。調査対象は大阪府箕面市の劇団「すずしろ」とする。同劇団は、設立に行政が関与した点と、プロ俳優が指導する点に特徴があり、ニューヨーク公演や全国シニア演劇大会の実施などの特筆すべき実績を持つ。調査方法は劇団および行政へのインタビュー調査である。 事例分析では中川幾郎の「自治体文化政策基本モデル」を参考に、「蓄積」「表現」「交流」の3つの視点から、劇団および行政の成果と課題を整理した。その結果、「蓄積」「表現」の側面では一定の成果を上げていることが分かった。具体的には、団員の意識が地域社会に向けられるようになったこと、公演を通じて他の高齢者に影響を与えていること、市の知名度向上に寄与していることなどが挙げられる。一方、「交流」の側面では課題もあった。劇団が地域に開かれた存在になるために、他世代や他団体との交流を促進する必要性が浮かび上がった。事例調査・分析から、地域社会においてシニア演劇が担う役割として5つの可能性を指摘した。(1)社会参加のきっかけをつくること (2)他の高齢者のロールモデルになること (3)高齢社会の問題を地域で共有する場になること (4)シティ・プロモーションの役割を果たすこと (5)演劇文化の振興に寄与することである。最後にシニア演劇の発展条件として、高齢者、演劇人、行政の果たすべき役割をそれぞれ指摘した。

静岡文化芸術大学

2015

Advisors/Committee Members: 松本, 茂章.

Subjects/Keywords: シニア演劇; 高齢者の社会参加; ロールモデル; 地域文化振興; 多世代交流; the senior theatre; social participation of the elderly people; role model; promotion of the local culture; interaction between generations

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

梶谷, . (2016). 地域社会におけるシニア演劇の可能性 : 箕面市の劇団「すずしろ」を事例に : Possibilities of the Senior Theatre in Community : A Study on Theatre Company "Suzushiro" Based in Minoh City. (Thesis). Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1132/00001179/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

梶谷, 智. “地域社会におけるシニア演劇の可能性 : 箕面市の劇団「すずしろ」を事例に : Possibilities of the Senior Theatre in Community : A Study on Theatre Company "Suzushiro" Based in Minoh City.” 2016. Thesis, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Accessed December 08, 2019. http://id.nii.ac.jp/1132/00001179/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

梶谷, 智. “地域社会におけるシニア演劇の可能性 : 箕面市の劇団「すずしろ」を事例に : Possibilities of the Senior Theatre in Community : A Study on Theatre Company "Suzushiro" Based in Minoh City.” 2016. Web. 08 Dec 2019.

Vancouver:

梶谷 . 地域社会におけるシニア演劇の可能性 : 箕面市の劇団「すずしろ」を事例に : Possibilities of the Senior Theatre in Community : A Study on Theatre Company "Suzushiro" Based in Minoh City. [Internet] [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2016. [cited 2019 Dec 08]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00001179/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

梶谷 . 地域社会におけるシニア演劇の可能性 : 箕面市の劇団「すずしろ」を事例に : Possibilities of the Senior Theatre in Community : A Study on Theatre Company "Suzushiro" Based in Minoh City. [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2016. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00001179/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

11. 廖, 珮荏. 伝統工芸産業を活かした地域性化 : 台湾・鶯歌区の事例を中心に : Regional Revitalization by Utilizing the Traditional Craft Industry : A Case Study of the Yingge District in Taiwan.

Degree: 2016, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学

台湾鶯歌区の陶磁器産業は安価な陶磁器製品の流入、また海外市場で競争力低下による輸出不振などの課題を抱え、1980 年代後半以降衰退の一途を辿っている。こうした地域再生する努力が続くなか、1990年代頃から文化芸術を核に地域活性化を志向する「創造都市政策」が、とられようになった。鶯歌区は地域振興のため、政策を「観光化」→「産業観光振興」→「文化創造振興」といった順に展開してきた。 本研究では、台湾鶯歌区における近年の地域活性化政策の方向性の整理と今後の政策展開に向けた考察をすることを目的とした。研究方法としては、鶯歌区に関する先行研究の調査、直近鶯歌区の状況に関する現地調査を行い、さらに陶磁器産地である金沢、有田、常滑、多治見を取り上げ、台湾鶯歌区の事例と比較する。アートの力を通じて発展したそれらの地域の観光面、産業面、市民生活面を文献及び現地ヒアリング調査で分析する。台湾鶯歌区は創造的都市に向けての可能性と陶磁器産業を支える事業や方策の有効性を検証することによって、支援策の有り方を導き出すことが狙いである。 検証の結果、アートの力を通じた観光、産業、市民生活を含めた地域活性化方策による影響は顕著に現れていることが明らかとなった。鶯歌区の課題と日本の事例に見る施策効果、施策の限界と課題を提示することができた。特に、台湾鶯歌区での地域活性化には、陶磁器産業を支える創造の「場の整備」、「人材育成」、「産学官の連携」が極めて重要なことを明らかにできた。

静岡文化芸術大学

2015

Advisors/Committee Members: 根本, 敏行.

Subjects/Keywords: 鶯歌; 伝統工芸産業; 地域活性化; アートの力; 創造都市; Yingge; traditional crafts industries; regional revitalization; the power of art; creative city

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

廖, . (2016). 伝統工芸産業を活かした地域性化 : 台湾・鶯歌区の事例を中心に : Regional Revitalization by Utilizing the Traditional Craft Industry : A Case Study of the Yingge District in Taiwan. (Thesis). Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1132/00001182/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

廖, 珮荏. “伝統工芸産業を活かした地域性化 : 台湾・鶯歌区の事例を中心に : Regional Revitalization by Utilizing the Traditional Craft Industry : A Case Study of the Yingge District in Taiwan.” 2016. Thesis, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Accessed December 08, 2019. http://id.nii.ac.jp/1132/00001182/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

廖, 珮荏. “伝統工芸産業を活かした地域性化 : 台湾・鶯歌区の事例を中心に : Regional Revitalization by Utilizing the Traditional Craft Industry : A Case Study of the Yingge District in Taiwan.” 2016. Web. 08 Dec 2019.

Vancouver:

廖 . 伝統工芸産業を活かした地域性化 : 台湾・鶯歌区の事例を中心に : Regional Revitalization by Utilizing the Traditional Craft Industry : A Case Study of the Yingge District in Taiwan. [Internet] [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2016. [cited 2019 Dec 08]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00001182/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

廖 . 伝統工芸産業を活かした地域性化 : 台湾・鶯歌区の事例を中心に : Regional Revitalization by Utilizing the Traditional Craft Industry : A Case Study of the Yingge District in Taiwan. [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2016. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00001182/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

12. 西澤, 博大. 姿勢推定を援用した実人物モデルの描画学習支援システム.

Degree: Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学

Supervisor:宮田 一乘

先端科学技術研究科

修士(情報科学)

Subjects/Keywords: 描画学習支援; Drawing-learning support; 姿勢推定; Pose estimation; 実人物モデル; Actual Human Body Model; 骨格評価; Evaluation focused on the skeleton

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

西澤, . (n.d.). 姿勢推定を援用した実人物モデルの描画学習支援システム. (Thesis). Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10119/15193

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

西澤, 博大. “姿勢推定を援用した実人物モデルの描画学習支援システム.” Thesis, Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学. Accessed December 08, 2019. http://hdl.handle.net/10119/15193.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

西澤, 博大. “姿勢推定を援用した実人物モデルの描画学習支援システム.” Web. 08 Dec 2019.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.

Vancouver:

西澤 . 姿勢推定を援用した実人物モデルの描画学習支援システム. [Internet] [Thesis]. Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学; [cited 2019 Dec 08]. Available from: http://hdl.handle.net/10119/15193.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

Council of Science Editors:

西澤 . 姿勢推定を援用した実人物モデルの描画学習支援システム. [Thesis]. Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学; Available from: http://hdl.handle.net/10119/15193

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

13. 神矢, 佑輔. 難吸収性薬物の経鼻粘膜吸収制御を目的としたPEG修飾poly-L-ornithine及びpoly-L-lysineの合成と機能性評価に関する研究 : ナンキュウシュウセイヤクブツ ノ ケイビネンマク キュウシュウセイギョ オ モクテキ トシタ PEG シュウショク poly-L-ornithine オヨビ poly-L-lysine ノ ゴウセイ ト キノウセイ ヒョウカ ニ カンスル ケンキュウ; Synthesis and functional assessment of PEGylated-poly-L-ornithine and PEGylated-poly-L-lysine for controlling absorption of poorly absorbable drugs across the nasal mucosa.

Degree: 博士(薬学), 2017, Josai University / 城西大学

学位授与機関:城西大学 学位記番号:博甲第71号,学位の種別:博士(薬学), 学位授与年月日: 平成29年(2017年)3月17日 (72p.)  2018年3月31日まで要旨のみ公開

Subjects/Keywords: poly-L-ornithine; poly-L-lysine; PEGylation; transnasal drug delivery; retentivity in the nasal cavity

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

神矢, . (2017). 難吸収性薬物の経鼻粘膜吸収制御を目的としたPEG修飾poly-L-ornithine及びpoly-L-lysineの合成と機能性評価に関する研究 : ナンキュウシュウセイヤクブツ ノ ケイビネンマク キュウシュウセイギョ オ モクテキ トシタ PEG シュウショク poly-L-ornithine オヨビ poly-L-lysine ノ ゴウセイ ト キノウセイ ヒョウカ ニ カンスル ケンキュウ; Synthesis and functional assessment of PEGylated-poly-L-ornithine and PEGylated-poly-L-lysine for controlling absorption of poorly absorbable drugs across the nasal mucosa. (Thesis). Josai University / 城西大学. Retrieved from http://libir.josai.ac.jp/il/meta_pub/G0000284repository_JOS-PhDK71

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

神矢, 佑輔. “難吸収性薬物の経鼻粘膜吸収制御を目的としたPEG修飾poly-L-ornithine及びpoly-L-lysineの合成と機能性評価に関する研究 : ナンキュウシュウセイヤクブツ ノ ケイビネンマク キュウシュウセイギョ オ モクテキ トシタ PEG シュウショク poly-L-ornithine オヨビ poly-L-lysine ノ ゴウセイ ト キノウセイ ヒョウカ ニ カンスル ケンキュウ; Synthesis and functional assessment of PEGylated-poly-L-ornithine and PEGylated-poly-L-lysine for controlling absorption of poorly absorbable drugs across the nasal mucosa.” 2017. Thesis, Josai University / 城西大学. Accessed December 08, 2019. http://libir.josai.ac.jp/il/meta_pub/G0000284repository_JOS-PhDK71.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

神矢, 佑輔. “難吸収性薬物の経鼻粘膜吸収制御を目的としたPEG修飾poly-L-ornithine及びpoly-L-lysineの合成と機能性評価に関する研究 : ナンキュウシュウセイヤクブツ ノ ケイビネンマク キュウシュウセイギョ オ モクテキ トシタ PEG シュウショク poly-L-ornithine オヨビ poly-L-lysine ノ ゴウセイ ト キノウセイ ヒョウカ ニ カンスル ケンキュウ; Synthesis and functional assessment of PEGylated-poly-L-ornithine and PEGylated-poly-L-lysine for controlling absorption of poorly absorbable drugs across the nasal mucosa.” 2017. Web. 08 Dec 2019.

Vancouver:

神矢 . 難吸収性薬物の経鼻粘膜吸収制御を目的としたPEG修飾poly-L-ornithine及びpoly-L-lysineの合成と機能性評価に関する研究 : ナンキュウシュウセイヤクブツ ノ ケイビネンマク キュウシュウセイギョ オ モクテキ トシタ PEG シュウショク poly-L-ornithine オヨビ poly-L-lysine ノ ゴウセイ ト キノウセイ ヒョウカ ニ カンスル ケンキュウ; Synthesis and functional assessment of PEGylated-poly-L-ornithine and PEGylated-poly-L-lysine for controlling absorption of poorly absorbable drugs across the nasal mucosa. [Internet] [Thesis]. Josai University / 城西大学; 2017. [cited 2019 Dec 08]. Available from: http://libir.josai.ac.jp/il/meta_pub/G0000284repository_JOS-PhDK71.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

神矢 . 難吸収性薬物の経鼻粘膜吸収制御を目的としたPEG修飾poly-L-ornithine及びpoly-L-lysineの合成と機能性評価に関する研究 : ナンキュウシュウセイヤクブツ ノ ケイビネンマク キュウシュウセイギョ オ モクテキ トシタ PEG シュウショク poly-L-ornithine オヨビ poly-L-lysine ノ ゴウセイ ト キノウセイ ヒョウカ ニ カンスル ケンキュウ; Synthesis and functional assessment of PEGylated-poly-L-ornithine and PEGylated-poly-L-lysine for controlling absorption of poorly absorbable drugs across the nasal mucosa. [Thesis]. Josai University / 城西大学; 2017. Available from: http://libir.josai.ac.jp/il/meta_pub/G0000284repository_JOS-PhDK71

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

14. 佐藤, 研吾. Transabdominal ultrasonography for assessing the depth of tumor invasion in gastric cancer : 経腹部超音波検査による胃癌の壁深達度評価.

Degree: 博士(保健学), 2017, Tottori University / 鳥取大学

 Background: Although endoscopy and endoscopic ultrasonography are generally used to diagnose the depth of gastric tumor invasion, endoscopy is invasive and frequently results in patient… (more)

Subjects/Keywords: depth of tumor invasion; endoscopic ultrasonography; gastric cancer; ruptured form of the third layer; transabdominal ultrasonography

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

佐藤, . (2017). Transabdominal ultrasonography for assessing the depth of tumor invasion in gastric cancer : 経腹部超音波検査による胃癌の壁深達度評価. (Thesis). Tottori University / 鳥取大学. Retrieved from http://repository.lib.tottori-u.ac.jp/Repository/metadata/5642

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

佐藤, 研吾. “Transabdominal ultrasonography for assessing the depth of tumor invasion in gastric cancer : 経腹部超音波検査による胃癌の壁深達度評価.” 2017. Thesis, Tottori University / 鳥取大学. Accessed December 08, 2019. http://repository.lib.tottori-u.ac.jp/Repository/metadata/5642.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

佐藤, 研吾. “Transabdominal ultrasonography for assessing the depth of tumor invasion in gastric cancer : 経腹部超音波検査による胃癌の壁深達度評価.” 2017. Web. 08 Dec 2019.

Vancouver:

佐藤 . Transabdominal ultrasonography for assessing the depth of tumor invasion in gastric cancer : 経腹部超音波検査による胃癌の壁深達度評価. [Internet] [Thesis]. Tottori University / 鳥取大学; 2017. [cited 2019 Dec 08]. Available from: http://repository.lib.tottori-u.ac.jp/Repository/metadata/5642.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

佐藤 . Transabdominal ultrasonography for assessing the depth of tumor invasion in gastric cancer : 経腹部超音波検査による胃癌の壁深達度評価. [Thesis]. Tottori University / 鳥取大学; 2017. Available from: http://repository.lib.tottori-u.ac.jp/Repository/metadata/5642

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

15. 中山, 光成. 公共交通機関の事故・災害発生時における避難行動に関する研究 : The behavior of evacuation in case of the accident or disaster on the public transportation.

Degree: 博士(経営学), 2017, Takasaki City University of Economics / 高崎経済大学

2016

Subjects/Keywords: コウキョウ; コウツウ; キカン; ; ジコ; サイガイ; ハッセイジ; ; オケル; ヒナン; コウドウ; ; カンスル; ケンキュウ; The; behavior; of; evacuation; in; case; of; the; accident; or; disaster; on; the; public; transportation

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

中山, . (2017). 公共交通機関の事故・災害発生時における避難行動に関する研究 : The behavior of evacuation in case of the accident or disaster on the public transportation. (Thesis). Takasaki City University of Economics / 高崎経済大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1496/00000791/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

中山, 光成. “公共交通機関の事故・災害発生時における避難行動に関する研究 : The behavior of evacuation in case of the accident or disaster on the public transportation.” 2017. Thesis, Takasaki City University of Economics / 高崎経済大学. Accessed December 08, 2019. http://id.nii.ac.jp/1496/00000791/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

中山, 光成. “公共交通機関の事故・災害発生時における避難行動に関する研究 : The behavior of evacuation in case of the accident or disaster on the public transportation.” 2017. Web. 08 Dec 2019.

Vancouver:

中山 . 公共交通機関の事故・災害発生時における避難行動に関する研究 : The behavior of evacuation in case of the accident or disaster on the public transportation. [Internet] [Thesis]. Takasaki City University of Economics / 高崎経済大学; 2017. [cited 2019 Dec 08]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1496/00000791/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

中山 . 公共交通機関の事故・災害発生時における避難行動に関する研究 : The behavior of evacuation in case of the accident or disaster on the public transportation. [Thesis]. Takasaki City University of Economics / 高崎経済大学; 2017. Available from: http://id.nii.ac.jp/1496/00000791/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

16. 周  , 華. 中国内モンゴル自治区の酪農振興に関する研究―呼和浩特市近郊を中心に― : Research on the Promotion of Dairy in Inner Mongolia Autonomous Region, China:Mainly in the Suburbs of Hohhot.

Degree: 博士(地域政策学), 2017, Takasaki City University of Economics / 高崎経済大学

2016

Subjects/Keywords: チュウゴク; ウチモンゴル; ジチク; ; ラクノウ; シンコウ; ; カンスル; ケンキュウ; フフホトシ; キンコウ; ; チュウシン; ; Research; on; the; Promotion; of; Dairy; in; Inner; Mongolia; Autonomous; Region; China; Mainly; in; the; Suburbs; of; Hohhot

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

周  , . (2017). 中国内モンゴル自治区の酪農振興に関する研究―呼和浩特市近郊を中心に― : Research on the Promotion of Dairy in Inner Mongolia Autonomous Region, China:Mainly in the Suburbs of Hohhot. (Thesis). Takasaki City University of Economics / 高崎経済大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1496/00000793/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

周  , 華. “中国内モンゴル自治区の酪農振興に関する研究―呼和浩特市近郊を中心に― : Research on the Promotion of Dairy in Inner Mongolia Autonomous Region, China:Mainly in the Suburbs of Hohhot.” 2017. Thesis, Takasaki City University of Economics / 高崎経済大学. Accessed December 08, 2019. http://id.nii.ac.jp/1496/00000793/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

周  , 華. “中国内モンゴル自治区の酪農振興に関する研究―呼和浩特市近郊を中心に― : Research on the Promotion of Dairy in Inner Mongolia Autonomous Region, China:Mainly in the Suburbs of Hohhot.” 2017. Web. 08 Dec 2019.

Vancouver:

周   . 中国内モンゴル自治区の酪農振興に関する研究―呼和浩特市近郊を中心に― : Research on the Promotion of Dairy in Inner Mongolia Autonomous Region, China:Mainly in the Suburbs of Hohhot. [Internet] [Thesis]. Takasaki City University of Economics / 高崎経済大学; 2017. [cited 2019 Dec 08]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1496/00000793/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

周   . 中国内モンゴル自治区の酪農振興に関する研究―呼和浩特市近郊を中心に― : Research on the Promotion of Dairy in Inner Mongolia Autonomous Region, China:Mainly in the Suburbs of Hohhot. [Thesis]. Takasaki City University of Economics / 高崎経済大学; 2017. Available from: http://id.nii.ac.jp/1496/00000793/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

17. 大竹, 進. 頸椎後縦靱帯骨化症の頸椎周囲の応力に関する生体力学的研究 : Biomechanical Evaluation Around the Cervical Spine in Patients with Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament; ケイツイ コウジュウ ジンタイ コッカショウ ノ ケイツイ シュウイ ノ オウリョク ニ カンスル セイタイ リキガクテキ ケンキュウ.

Degree: 2018, Hirosaki University / 弘前大学

授与大学:弘前大学; 学位種類:医学博士; 授与年月日:平成3年3月4日; 学位記番号:医博乙第617号

Subjects/Keywords: Biomechanics of cervical spine; Ossificantion of the logitudinal ligament; Rigid body-spring model method; Facet joint inclination in the cervical spine; Cervical spine ligaments

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

大竹, . (2018). 頸椎後縦靱帯骨化症の頸椎周囲の応力に関する生体力学的研究 : Biomechanical Evaluation Around the Cervical Spine in Patients with Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament; ケイツイ コウジュウ ジンタイ コッカショウ ノ ケイツイ シュウイ ノ オウリョク ニ カンスル セイタイ リキガクテキ ケンキュウ. (Thesis). Hirosaki University / 弘前大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10129/5244

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

大竹, 進. “頸椎後縦靱帯骨化症の頸椎周囲の応力に関する生体力学的研究 : Biomechanical Evaluation Around the Cervical Spine in Patients with Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament; ケイツイ コウジュウ ジンタイ コッカショウ ノ ケイツイ シュウイ ノ オウリョク ニ カンスル セイタイ リキガクテキ ケンキュウ.” 2018. Thesis, Hirosaki University / 弘前大学. Accessed December 08, 2019. http://hdl.handle.net/10129/5244.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

大竹, 進. “頸椎後縦靱帯骨化症の頸椎周囲の応力に関する生体力学的研究 : Biomechanical Evaluation Around the Cervical Spine in Patients with Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament; ケイツイ コウジュウ ジンタイ コッカショウ ノ ケイツイ シュウイ ノ オウリョク ニ カンスル セイタイ リキガクテキ ケンキュウ.” 2018. Web. 08 Dec 2019.

Vancouver:

大竹 . 頸椎後縦靱帯骨化症の頸椎周囲の応力に関する生体力学的研究 : Biomechanical Evaluation Around the Cervical Spine in Patients with Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament; ケイツイ コウジュウ ジンタイ コッカショウ ノ ケイツイ シュウイ ノ オウリョク ニ カンスル セイタイ リキガクテキ ケンキュウ. [Internet] [Thesis]. Hirosaki University / 弘前大学; 2018. [cited 2019 Dec 08]. Available from: http://hdl.handle.net/10129/5244.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

大竹 . 頸椎後縦靱帯骨化症の頸椎周囲の応力に関する生体力学的研究 : Biomechanical Evaluation Around the Cervical Spine in Patients with Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament; ケイツイ コウジュウ ジンタイ コッカショウ ノ ケイツイ シュウイ ノ オウリョク ニ カンスル セイタイ リキガクテキ ケンキュウ. [Thesis]. Hirosaki University / 弘前大学; 2018. Available from: http://hdl.handle.net/10129/5244

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

18. 藁科, 智恵; ワラシナ, チエ. 神学と宗教学の狭間で : R.オットー『聖なるもの』をめぐって : シンガク ト シュウキョウガク ノ ハザマ デ : R.オットー『セイナル モノ』オ メグッテ; Between theology and religious studies : an interpretation of R.Ottos the idea of the holy; 神学と宗教学の狭間で : Rオットー聖なるものをめぐって; シンガク ト シュウキョウガク ノ ハザマ デ : R オットー セイナル モノ オ メグッテ.

Degree: 博士 (学術), 2017, Tokyo University of Foreign Studies / 東京外国語大学

PDF/A形式により利用可能

アクセス:WWWによる

東京外国語大学大学院総合国際学研究科博士 (学術) 論文 (2017年2月)

博甲第224号

その他のタイトルは英文要旨による

資料, 参考文献: p241-255

Subjects/Keywords: The idea of the holy

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

藁科, 智恵; ワラシナ, . (2017). 神学と宗教学の狭間で : R.オットー『聖なるもの』をめぐって : シンガク ト シュウキョウガク ノ ハザマ デ : R.オットー『セイナル モノ』オ メグッテ; Between theology and religious studies : an interpretation of R.Ottos the idea of the holy; 神学と宗教学の狭間で : Rオットー聖なるものをめぐって; シンガク ト シュウキョウガク ノ ハザマ デ : R オットー セイナル モノ オ メグッテ. (Thesis). Tokyo University of Foreign Studies / 東京外国語大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10108/88982

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

藁科, 智恵; ワラシナ, チエ. “神学と宗教学の狭間で : R.オットー『聖なるもの』をめぐって : シンガク ト シュウキョウガク ノ ハザマ デ : R.オットー『セイナル モノ』オ メグッテ; Between theology and religious studies : an interpretation of R.Ottos the idea of the holy; 神学と宗教学の狭間で : Rオットー聖なるものをめぐって; シンガク ト シュウキョウガク ノ ハザマ デ : R オットー セイナル モノ オ メグッテ.” 2017. Thesis, Tokyo University of Foreign Studies / 東京外国語大学. Accessed December 08, 2019. http://hdl.handle.net/10108/88982.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

藁科, 智恵; ワラシナ, チエ. “神学と宗教学の狭間で : R.オットー『聖なるもの』をめぐって : シンガク ト シュウキョウガク ノ ハザマ デ : R.オットー『セイナル モノ』オ メグッテ; Between theology and religious studies : an interpretation of R.Ottos the idea of the holy; 神学と宗教学の狭間で : Rオットー聖なるものをめぐって; シンガク ト シュウキョウガク ノ ハザマ デ : R オットー セイナル モノ オ メグッテ.” 2017. Web. 08 Dec 2019.

Vancouver:

藁科, 智恵; ワラシナ . 神学と宗教学の狭間で : R.オットー『聖なるもの』をめぐって : シンガク ト シュウキョウガク ノ ハザマ デ : R.オットー『セイナル モノ』オ メグッテ; Between theology and religious studies : an interpretation of R.Ottos the idea of the holy; 神学と宗教学の狭間で : Rオットー聖なるものをめぐって; シンガク ト シュウキョウガク ノ ハザマ デ : R オットー セイナル モノ オ メグッテ. [Internet] [Thesis]. Tokyo University of Foreign Studies / 東京外国語大学; 2017. [cited 2019 Dec 08]. Available from: http://hdl.handle.net/10108/88982.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

藁科, 智恵; ワラシナ . 神学と宗教学の狭間で : R.オットー『聖なるもの』をめぐって : シンガク ト シュウキョウガク ノ ハザマ デ : R.オットー『セイナル モノ』オ メグッテ; Between theology and religious studies : an interpretation of R.Ottos the idea of the holy; 神学と宗教学の狭間で : Rオットー聖なるものをめぐって; シンガク ト シュウキョウガク ノ ハザマ デ : R オットー セイナル モノ オ メグッテ. [Thesis]. Tokyo University of Foreign Studies / 東京外国語大学; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/10108/88982

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

19. 髙橋, 美香. Downregulation of WDR20 due to loss of 14q is involved in the malignant transformation of clear cell renal cell carcinoma.

Degree: 博士(医学), 2017, Oita University / 大分大学

 Previously, we reported that genomic loss of 14q occurs more frequently in high-grade than in low-grade clear cell renal cell carcinomas (ccRCCs), and has a… (more)

Subjects/Keywords: 14q loss; Apoptosis; clear cell renal cell carcinoma; The Cancer Genome Atlas; WDR20

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

髙橋, . (2017). Downregulation of WDR20 due to loss of 14q is involved in the malignant transformation of clear cell renal cell carcinoma. (Thesis). Oita University / 大分大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10559/15761

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

髙橋, 美香. “Downregulation of WDR20 due to loss of 14q is involved in the malignant transformation of clear cell renal cell carcinoma.” 2017. Thesis, Oita University / 大分大学. Accessed December 08, 2019. http://hdl.handle.net/10559/15761.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

髙橋, 美香. “Downregulation of WDR20 due to loss of 14q is involved in the malignant transformation of clear cell renal cell carcinoma.” 2017. Web. 08 Dec 2019.

Vancouver:

髙橋 . Downregulation of WDR20 due to loss of 14q is involved in the malignant transformation of clear cell renal cell carcinoma. [Internet] [Thesis]. Oita University / 大分大学; 2017. [cited 2019 Dec 08]. Available from: http://hdl.handle.net/10559/15761.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

髙橋 . Downregulation of WDR20 due to loss of 14q is involved in the malignant transformation of clear cell renal cell carcinoma. [Thesis]. Oita University / 大分大学; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/10559/15761

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

20. 正岡, 利朗. 人口減少期における複数居住の研究 : A Study of Multi-habitation in the Period of Decreasing Population.

Degree: 博士, 2012, The University of Kitakyushu / 北九州市立大学

本論文では、人口減少時代における人々の新たな居住スタイルとしての「複数居住」に注目し、この基礎概念を明らかにする。そして、このような居住スタイルの促進が、地域の人口減少対策として有効であるとの認識のもとで、その促進策について検討するものである。ここで複数居住とは、「主たる住宅を持つ住民が、従たる住宅を確保し、それら間を反復移動することにより、総合的に、より高次の欲求を満足させる居住スタイル」であると考える。それでは、なぜ複数居住を考えるのか。その発想は、きわめて単純である。筆者は、地域間人口移動についての調査研究にこれまで携わってきたが、生産年齢人口では、職業を求めての移動が移動要因の多くを占めていたという事実が指摘できる。このことは、とくに、「地方圏⇒大都市圏」の移動パターンで顕著である。職業による所得の獲得の機会が豊富な「都市」には人口が流入し、乏しい「多自然居住地域」からは人口が流出したのである。もとより、多自然居住地域におけるこのような条件は、容易に解消されないであろう。したがって、この地域に人口が増加する可能性は、職業によらない移動要因による移動者にかかっている。そして、近年、一部の都市住民により、多自然居住地域の自然環境の良さ等の評価が高まりつつある。そこで、人口誘致策として考えられるのは、まず第一に、「定年退職者による移住」であろう。この点については、すでに全国の多くの地方自治体等で「団塊世代誘致策」が採られていることからも、容易に首肯されよう。しかし、より若い世代の人口が増加する可能性はないか。このような状況のもとで、とくに複数居住の考え方が注目されたのであった。このスタイルであれば、都市住民が、主たる職業については都市で継続させながらも、一定期間、多自然居住地域で居住することが可能となるからである。そして、多自然居住地域では、このような複数居住の実践者を受け入れることができる空き家が数多くあるし、また、複数居住であれば、受け入れ地域側の行政コストも、限りなく小さくすることができるであろう。ただし、現時点では、多自然居住地域の多くの地方自治体において、複数居住施策がそれほど熱心に取り組まれているようには思われない。しかし、複数居住施策を推進することは、多自然居住地域にとって、有効な人口減少対策として位置づけられるのではないか。そこで、これらのことを明らかにするべく、複数居住の研究を開始した。また、その研究を通じて明らかにしようとした各テーマ及びその概要は、以下のとおりである。最初に、序章において、本論文の問題意識及び構成を整理した。「第1部 基礎概念」では、まず、第1章において、複数居住の歴史や現状について整理した。複数居住は、現在、実践者の増加を背景に、多自然居住地域の人口減少に対する対策として、政府等による調査研究を経て法制化される段階である。次に、第2章において、既存のアンケート調査を用いて複数居住の希望者や実践者の意識等を整理した。その結果、都市住民の中に複数居住の希望者が多数いることが判明し、彼らに適切な促進施策を施すことが肝要であることを指摘した。そして、第3章において、受け入れ地域である地方自治体等はどのような意識であるのかについて整理した。その結果、政府は促進に向けての準備を整えつつあるが、地方自治体の反応は総じて鈍いことが明らかとなった。「第2部 分析方法」では、まず、第4章において、複数居住の開始から、その継続、そして終了に至るまでの過程について、モデル分析を行った。その結果、複数居住促進についてのさまざまな局面が明確になった。次に、第5章において、複数居住が、実践者及び受け入れ地域にどのようなインパクトを与えるのかについて、理論的な考察を行った。合わせて、インパクトについての既存の調査研究を整理した。そして、第6章において、第4章、第5章の結果を踏まえ、今後の複数居住についての検討事項を明らかにした。「第3部 実証分析」では、まず、第7章において、複数居住を促進するためには、とくに「従たる住宅」についてどのような課題があるのかについて考察した。その結果、多自然居住地域には、未利用の空き家が多数あり、これを活用するべきこと、住宅の取得には、地方自治体等の関与についての課題があること、維持コストを低減させるためには、リバースモーゲージの適用が考えられること、処分については、その容易性を担保する仕組みが必要なこと等を明らかにした。次に、第8章において、複数居住を促進するためには、とくに「反復移動」についてどのような課題があるのかについて考察した。具体的には、高速道路を利用して、主たる住宅と従たる住宅との間の反復移動は容易になり、さらに割引制度も導入されたが、よりいっそう費用負担を軽減するべきであることを明らかにした。そして、第9章において、複数居住が、今後、大規模に実現可能であるのかどうかについて考察し、多くの地方圏において実現可能となるためには、大都市圏の都市住民を対象とするのみならず、地方都市の住民にも拡張するように、施策の発想を転換するべきであると指摘した。そして最後に、終章において、本論文で得られた知見を整理した。

Subjects/Keywords: 複数居住; 人口減少期; 従たる住宅; Multi-habitation; Deceasing Population; the Second House

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

正岡, . (2012). 人口減少期における複数居住の研究 : A Study of Multi-habitation in the Period of Decreasing Population. (Thesis). The University of Kitakyushu / 北九州市立大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1077/00000225/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

正岡, 利朗. “人口減少期における複数居住の研究 : A Study of Multi-habitation in the Period of Decreasing Population.” 2012. Thesis, The University of Kitakyushu / 北九州市立大学. Accessed December 08, 2019. http://id.nii.ac.jp/1077/00000225/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

正岡, 利朗. “人口減少期における複数居住の研究 : A Study of Multi-habitation in the Period of Decreasing Population.” 2012. Web. 08 Dec 2019.

Vancouver:

正岡 . 人口減少期における複数居住の研究 : A Study of Multi-habitation in the Period of Decreasing Population. [Internet] [Thesis]. The University of Kitakyushu / 北九州市立大学; 2012. [cited 2019 Dec 08]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1077/00000225/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

正岡 . 人口減少期における複数居住の研究 : A Study of Multi-habitation in the Period of Decreasing Population. [Thesis]. The University of Kitakyushu / 北九州市立大学; 2012. Available from: http://id.nii.ac.jp/1077/00000225/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

21. 多田, 裕一; 松田, 雅弘; 白谷, 智子; 妹尾, 淳史. 足底刺激条件の違いが識別課題時脳活動に及ぼす影響 : fMRIによる分析.

Degree: 2016, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京

足底刺激の違いが足関節の位置を識別する際の脳活動に及ぼす影響についてfMRIを用いて検討することを目的とした。対象は健常成人12名, 右足部を被検足とした。課題は他動運動時に足関節20°底屈位を通過した回数を被験者自身に数えることとした。その際に足底面への刺激を「突起あり」と「突起なし」の2条件とし, この違いが脳内活動に与える影響を検討した。この結果,「突起なし」条件が「突起あり」条件に比較して反対側である左半球の補足運動野が6ボクセル, 同側である右半球の縁上回が8ボクセル, 一次体性感覚野が23ボクセルと有意に賦活していた。右半球は身体内部への注意, 縁上回は身体イメージに関与するとされている。したがって,「突起なし」条件における識別課題では,「突起あり」条件に比較して感覚情報が少ないために同側の縁上回,一次体性感覚野が賦活し,この領域のネットワークが活性化したことが示唆された

The purpose of this study was to investigate the effect of brain activity at the time of the difference… (more)

Subjects/Keywords: 関節位置覚; 足底刺激; 一次体性感覚野; 縁上回; fMRI; position sense; stimulation to the plantar surface; primary somatosensory cortex; supramarginal gyrus

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

多田, 裕一; 松田, 雅弘; 白谷, 智子; 妹尾, . (2016). 足底刺激条件の違いが識別課題時脳活動に及ぼす影響 : fMRIによる分析. (Thesis). Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Retrieved from http://hdl.handle.net/10748/5194

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

多田, 裕一; 松田, 雅弘; 白谷, 智子; 妹尾, 淳史. “足底刺激条件の違いが識別課題時脳活動に及ぼす影響 : fMRIによる分析.” 2016. Thesis, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Accessed December 08, 2019. http://hdl.handle.net/10748/5194.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

多田, 裕一; 松田, 雅弘; 白谷, 智子; 妹尾, 淳史. “足底刺激条件の違いが識別課題時脳活動に及ぼす影響 : fMRIによる分析.” 2016. Web. 08 Dec 2019.

Vancouver:

多田, 裕一; 松田, 雅弘; 白谷, 智子; 妹尾 . 足底刺激条件の違いが識別課題時脳活動に及ぼす影響 : fMRIによる分析. [Internet] [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. [cited 2019 Dec 08]. Available from: http://hdl.handle.net/10748/5194.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

多田, 裕一; 松田, 雅弘; 白谷, 智子; 妹尾 . 足底刺激条件の違いが識別課題時脳活動に及ぼす影響 : fMRIによる分析. [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10748/5194

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

22. 市川, 和奈. 超音波診断装置による徒手療法及び温熱療法の治療効果の検討.

Degree: 修士(理学療法学), 2016, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京

本研究は超音波診断装置を使用し.筋膜リリースと温熱療法の治療効果を比較検討することを目的とした。対象者は健常成人男性12名、平均年齢27.0(22-34)歳であった。対象者の左外側広筋に対し、筋膜リリース4分、ホットパック20分、ホットパック10分、常温パック20分、常温パック10分、の5つの介入を同一被験者に対し順序は無作為に実施した。測定項目は筋膜移動距離、超音波診断装置及び筋硬度計による筋硬度測定、の3項目とした。結果.筋膜リリースは全ての項目で治療効果を認めた。筋膜移動距離では浅層深筋膜でより効果を認め、超音波診断装置による筋硬度は浅層部・深層部共に効果を認めた。20分ホットパックは筋硬度計による筋硬度のみ効果を認めたが他の項目では効果を認めず、深層部への効果はないことが示唆された。本研究では筋膜リリースのみが全ての項目で効果を認めたことから、筋・筋膜の滑走性及び柔軟性の改善には圧迫に加えて持続的な伸張が必要であることが示唆された。

The purpose of this study was to compare the effects of myofascial release and thermotherapy with the ultrasonography. Twelve healthy adult male subjects (mean… (more)

Subjects/Keywords: 筋膜リリース; ホットパック; 超音波診断装置; 筋膜移動距離; 筋硬度; myofascial release; hydrocollator hot packs; ultrasoundgraphy; motion of the deep fascia; muscle stiffness

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

市川, . (2016). 超音波診断装置による徒手療法及び温熱療法の治療効果の検討. (Thesis). Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Retrieved from http://hdl.handle.net/10748/6766

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

市川, 和奈. “超音波診断装置による徒手療法及び温熱療法の治療効果の検討.” 2016. Thesis, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Accessed December 08, 2019. http://hdl.handle.net/10748/6766.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

市川, 和奈. “超音波診断装置による徒手療法及び温熱療法の治療効果の検討.” 2016. Web. 08 Dec 2019.

Vancouver:

市川 . 超音波診断装置による徒手療法及び温熱療法の治療効果の検討. [Internet] [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. [cited 2019 Dec 08]. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6766.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

市川 . 超音波診断装置による徒手療法及び温熱療法の治療効果の検討. [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6766

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

23. 瀬岡, 直; セオカ, ナオ. 国際連合における拒否権の意義と限界 : 成立からスエズ危機までの拒否権行使に関する批判的検討 : コクサイ レンゴウ ニオケル キョヒケン ノ イギ ト ゲンカイ : セイリツ カラ スエズ キキ マデノ キョヒケン コウシ ニカンスル ヒハンテキ ケントウ; The implications and limitations of the veto power in the United Nations Security Council : a critical review of the practice from its birth to the Suez crisis.

Degree: 博士(法学), 2013, Doshisha University / 同志社大学

Subjects/Keywords: 拒否権, the veto right; 常任理事国, the permanent members; 安全保障理事会, the Security Council; 国際連合, the United Nations; 集団安全保障体制, the collective security system

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

瀬岡, 直; セオカ, . (2013). 国際連合における拒否権の意義と限界 : 成立からスエズ危機までの拒否権行使に関する批判的検討 : コクサイ レンゴウ ニオケル キョヒケン ノ イギ ト ゲンカイ : セイリツ カラ スエズ キキ マデノ キョヒケン コウシ ニカンスル ヒハンテキ ケントウ; The implications and limitations of the veto power in the United Nations Security Council : a critical review of the practice from its birth to the Suez crisis. (Thesis). Doshisha University / 同志社大学. Retrieved from https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/17495/?lang=0 ; http://dx.doi.org/10.14988/di.2017.0000016138

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

瀬岡, 直; セオカ, ナオ. “国際連合における拒否権の意義と限界 : 成立からスエズ危機までの拒否権行使に関する批判的検討 : コクサイ レンゴウ ニオケル キョヒケン ノ イギ ト ゲンカイ : セイリツ カラ スエズ キキ マデノ キョヒケン コウシ ニカンスル ヒハンテキ ケントウ; The implications and limitations of the veto power in the United Nations Security Council : a critical review of the practice from its birth to the Suez crisis.” 2013. Thesis, Doshisha University / 同志社大学. Accessed December 08, 2019. https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/17495/?lang=0 ; http://dx.doi.org/10.14988/di.2017.0000016138.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

瀬岡, 直; セオカ, ナオ. “国際連合における拒否権の意義と限界 : 成立からスエズ危機までの拒否権行使に関する批判的検討 : コクサイ レンゴウ ニオケル キョヒケン ノ イギ ト ゲンカイ : セイリツ カラ スエズ キキ マデノ キョヒケン コウシ ニカンスル ヒハンテキ ケントウ; The implications and limitations of the veto power in the United Nations Security Council : a critical review of the practice from its birth to the Suez crisis.” 2013. Web. 08 Dec 2019.

Vancouver:

瀬岡, 直; セオカ . 国際連合における拒否権の意義と限界 : 成立からスエズ危機までの拒否権行使に関する批判的検討 : コクサイ レンゴウ ニオケル キョヒケン ノ イギ ト ゲンカイ : セイリツ カラ スエズ キキ マデノ キョヒケン コウシ ニカンスル ヒハンテキ ケントウ; The implications and limitations of the veto power in the United Nations Security Council : a critical review of the practice from its birth to the Suez crisis. [Internet] [Thesis]. Doshisha University / 同志社大学; 2013. [cited 2019 Dec 08]. Available from: https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/17495/?lang=0 ; http://dx.doi.org/10.14988/di.2017.0000016138.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

瀬岡, 直; セオカ . 国際連合における拒否権の意義と限界 : 成立からスエズ危機までの拒否権行使に関する批判的検討 : コクサイ レンゴウ ニオケル キョヒケン ノ イギ ト ゲンカイ : セイリツ カラ スエズ キキ マデノ キョヒケン コウシ ニカンスル ヒハンテキ ケントウ; The implications and limitations of the veto power in the United Nations Security Council : a critical review of the practice from its birth to the Suez crisis. [Thesis]. Doshisha University / 同志社大学; 2013. Available from: https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/17495/?lang=0 ; http://dx.doi.org/10.14988/di.2017.0000016138

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

24. 藤原, 佐和子; フジワラ, サワコ. 1980年代以降のアジアにおける女性キリスト者の思想形成 : タイ北部を事例として : 1980ネンダイ イコウ ノ アジア ニオケル ジョセイ キリストシャ ノ シソウ ケイセイ : タイ ホクブ オ ジレイ トシテ; The formation of theological thoughts by Christian women in Asia since the 1980s : focusing on the case of Northern Thailand.

Degree: 博士(神学), 2014, Doshisha University / 同志社大学

Subjects/Keywords: アジアの女性たちの神学, Asian Women's Theologies; タイ・キリスト教団, The Church of Christ in Thailand; 女性神学者, Women theologians; 宗教文化的少数者, religious-cultural minority; 神学思想, theological reflection; エキュメニズム, ecumenism

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

藤原, 佐和子; フジワラ, . (2014). 1980年代以降のアジアにおける女性キリスト者の思想形成 : タイ北部を事例として : 1980ネンダイ イコウ ノ アジア ニオケル ジョセイ キリストシャ ノ シソウ ケイセイ : タイ ホクブ オ ジレイ トシテ; The formation of theological thoughts by Christian women in Asia since the 1980s : focusing on the case of Northern Thailand. (Thesis). Doshisha University / 同志社大学. Retrieved from https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/17505/?lang=0 ; http://dx.doi.org/10.14988/di.2017.0000016148

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

藤原, 佐和子; フジワラ, サワコ. “1980年代以降のアジアにおける女性キリスト者の思想形成 : タイ北部を事例として : 1980ネンダイ イコウ ノ アジア ニオケル ジョセイ キリストシャ ノ シソウ ケイセイ : タイ ホクブ オ ジレイ トシテ; The formation of theological thoughts by Christian women in Asia since the 1980s : focusing on the case of Northern Thailand.” 2014. Thesis, Doshisha University / 同志社大学. Accessed December 08, 2019. https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/17505/?lang=0 ; http://dx.doi.org/10.14988/di.2017.0000016148.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

藤原, 佐和子; フジワラ, サワコ. “1980年代以降のアジアにおける女性キリスト者の思想形成 : タイ北部を事例として : 1980ネンダイ イコウ ノ アジア ニオケル ジョセイ キリストシャ ノ シソウ ケイセイ : タイ ホクブ オ ジレイ トシテ; The formation of theological thoughts by Christian women in Asia since the 1980s : focusing on the case of Northern Thailand.” 2014. Web. 08 Dec 2019.

Vancouver:

藤原, 佐和子; フジワラ . 1980年代以降のアジアにおける女性キリスト者の思想形成 : タイ北部を事例として : 1980ネンダイ イコウ ノ アジア ニオケル ジョセイ キリストシャ ノ シソウ ケイセイ : タイ ホクブ オ ジレイ トシテ; The formation of theological thoughts by Christian women in Asia since the 1980s : focusing on the case of Northern Thailand. [Internet] [Thesis]. Doshisha University / 同志社大学; 2014. [cited 2019 Dec 08]. Available from: https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/17505/?lang=0 ; http://dx.doi.org/10.14988/di.2017.0000016148.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

藤原, 佐和子; フジワラ . 1980年代以降のアジアにおける女性キリスト者の思想形成 : タイ北部を事例として : 1980ネンダイ イコウ ノ アジア ニオケル ジョセイ キリストシャ ノ シソウ ケイセイ : タイ ホクブ オ ジレイ トシテ; The formation of theological thoughts by Christian women in Asia since the 1980s : focusing on the case of Northern Thailand. [Thesis]. Doshisha University / 同志社大学; 2014. Available from: https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/17505/?lang=0 ; http://dx.doi.org/10.14988/di.2017.0000016148

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

25. 小宮, 真樹子; コミヤ, マキコ. Bound by the Pentecostal oath : chivalric performance and the round table in Malory's Morte Darthur : 聖霊降臨祭の誓い : マロリーの『アーサー王の死』における騎士的行為と円卓; セイレイ コウリンサイ ノ チカイ : マロリー ノ『アーサーオウ ノ シ』ニオケル キシテキ コウイ ト エンタク.

Degree: 博士(英文学), 2014, Doshisha University / 同志社大学

本論文はトマス・マロリーの『アーサー王の死』における「円卓」の役割を、三つの定義を通じて考察するものである。中世において「ラウンド・テーブル」は「(1)アーサー王の騎士組織(2)彼らの集う場である家具(3)アーサー王伝説を模倣して行われた見世物」を意味した。本研究では特に円卓の形状と意味の変化、模擬戦と誓約による理想の提示、円卓が騎士たちの間に生み出す友愛と敵対、誓いにより結ばれた義兄弟と実の兄弟の差異、偽証による円卓の崩壊を取り上げる。

This dissertation presents a more comprehensive study of Thomas Malory's Morte Darthur from the three aspects of the Round Table. I focus on the… (more)

Subjects/Keywords: アーサー王, King Arthur; 円卓, the Round Table; 騎士道, chivalry

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

小宮, 真樹子; コミヤ, . (2014). Bound by the Pentecostal oath : chivalric performance and the round table in Malory's Morte Darthur : 聖霊降臨祭の誓い : マロリーの『アーサー王の死』における騎士的行為と円卓; セイレイ コウリンサイ ノ チカイ : マロリー ノ『アーサーオウ ノ シ』ニオケル キシテキ コウイ ト エンタク. (Thesis). Doshisha University / 同志社大学. Retrieved from https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/17541/?lang=0 ; http://dx.doi.org/10.14988/di.2017.0000016184

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

小宮, 真樹子; コミヤ, マキコ. “Bound by the Pentecostal oath : chivalric performance and the round table in Malory's Morte Darthur : 聖霊降臨祭の誓い : マロリーの『アーサー王の死』における騎士的行為と円卓; セイレイ コウリンサイ ノ チカイ : マロリー ノ『アーサーオウ ノ シ』ニオケル キシテキ コウイ ト エンタク.” 2014. Thesis, Doshisha University / 同志社大学. Accessed December 08, 2019. https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/17541/?lang=0 ; http://dx.doi.org/10.14988/di.2017.0000016184.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

小宮, 真樹子; コミヤ, マキコ. “Bound by the Pentecostal oath : chivalric performance and the round table in Malory's Morte Darthur : 聖霊降臨祭の誓い : マロリーの『アーサー王の死』における騎士的行為と円卓; セイレイ コウリンサイ ノ チカイ : マロリー ノ『アーサーオウ ノ シ』ニオケル キシテキ コウイ ト エンタク.” 2014. Web. 08 Dec 2019.

Vancouver:

小宮, 真樹子; コミヤ . Bound by the Pentecostal oath : chivalric performance and the round table in Malory's Morte Darthur : 聖霊降臨祭の誓い : マロリーの『アーサー王の死』における騎士的行為と円卓; セイレイ コウリンサイ ノ チカイ : マロリー ノ『アーサーオウ ノ シ』ニオケル キシテキ コウイ ト エンタク. [Internet] [Thesis]. Doshisha University / 同志社大学; 2014. [cited 2019 Dec 08]. Available from: https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/17541/?lang=0 ; http://dx.doi.org/10.14988/di.2017.0000016184.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

小宮, 真樹子; コミヤ . Bound by the Pentecostal oath : chivalric performance and the round table in Malory's Morte Darthur : 聖霊降臨祭の誓い : マロリーの『アーサー王の死』における騎士的行為と円卓; セイレイ コウリンサイ ノ チカイ : マロリー ノ『アーサーオウ ノ シ』ニオケル キシテキ コウイ ト エンタク. [Thesis]. Doshisha University / 同志社大学; 2014. Available from: https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/17541/?lang=0 ; http://dx.doi.org/10.14988/di.2017.0000016184

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

26. 三品, 桂子; ミシナ, ケイコ. 重い精神障害のある人への包括型地域生活支援 : アウトリーチ活動の理念とスキル : オモイ セイシン ショウガイ ノ アル ヒト エノ ホウカツガタ チイキ セイカツ シエン : アウトリーチ カツドウ ノ リネン ト スキル; Assertive community treatment (ACT) for people with severe mental illness : principles and skills of outreach activity.

Degree: 博士(社会福祉学), 2014, Doshisha University / 同志社大学

イギリス、日本、アメリカの3か国の調査に基づき、重い精神障害のある人への地域生活支援の理念とスキルを明らかにした。実践スキルに関しては、リカバリー志向でレジリアンスを育むスキルとして306を生成し、利用者の回復のプロセスに沿って体系化を試みた。これらのスキルのなかには、精神科病院や施設では用いられてこなかった新しいスキルが見出された。本論文は、学術出版会より2013年3月に出版されたものである。

Based on research conducted in the UK, Japan, and the USA, authors clarified principles and skills of community treatment for people with severe mental… (more)

Subjects/Keywords: 包括型地域生活支援, aseertive community treatment; 重い精神障害のある人, the people with severe mental illness; アウトリーチ, outreach; 理念, philosophy; スキル, skills

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

三品, 桂子; ミシナ, . (2014). 重い精神障害のある人への包括型地域生活支援 : アウトリーチ活動の理念とスキル : オモイ セイシン ショウガイ ノ アル ヒト エノ ホウカツガタ チイキ セイカツ シエン : アウトリーチ カツドウ ノ リネン ト スキル; Assertive community treatment (ACT) for people with severe mental illness : principles and skills of outreach activity. (Thesis). Doshisha University / 同志社大学. Retrieved from https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/17543/?lang=0 ; http://dx.doi.org/10.14988/di.2017.0000016186

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

三品, 桂子; ミシナ, ケイコ. “重い精神障害のある人への包括型地域生活支援 : アウトリーチ活動の理念とスキル : オモイ セイシン ショウガイ ノ アル ヒト エノ ホウカツガタ チイキ セイカツ シエン : アウトリーチ カツドウ ノ リネン ト スキル; Assertive community treatment (ACT) for people with severe mental illness : principles and skills of outreach activity.” 2014. Thesis, Doshisha University / 同志社大学. Accessed December 08, 2019. https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/17543/?lang=0 ; http://dx.doi.org/10.14988/di.2017.0000016186.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

三品, 桂子; ミシナ, ケイコ. “重い精神障害のある人への包括型地域生活支援 : アウトリーチ活動の理念とスキル : オモイ セイシン ショウガイ ノ アル ヒト エノ ホウカツガタ チイキ セイカツ シエン : アウトリーチ カツドウ ノ リネン ト スキル; Assertive community treatment (ACT) for people with severe mental illness : principles and skills of outreach activity.” 2014. Web. 08 Dec 2019.

Vancouver:

三品, 桂子; ミシナ . 重い精神障害のある人への包括型地域生活支援 : アウトリーチ活動の理念とスキル : オモイ セイシン ショウガイ ノ アル ヒト エノ ホウカツガタ チイキ セイカツ シエン : アウトリーチ カツドウ ノ リネン ト スキル; Assertive community treatment (ACT) for people with severe mental illness : principles and skills of outreach activity. [Internet] [Thesis]. Doshisha University / 同志社大学; 2014. [cited 2019 Dec 08]. Available from: https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/17543/?lang=0 ; http://dx.doi.org/10.14988/di.2017.0000016186.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

三品, 桂子; ミシナ . 重い精神障害のある人への包括型地域生活支援 : アウトリーチ活動の理念とスキル : オモイ セイシン ショウガイ ノ アル ヒト エノ ホウカツガタ チイキ セイカツ シエン : アウトリーチ カツドウ ノ リネン ト スキル; Assertive community treatment (ACT) for people with severe mental illness : principles and skills of outreach activity. [Thesis]. Doshisha University / 同志社大学; 2014. Available from: https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/17543/?lang=0 ; http://dx.doi.org/10.14988/di.2017.0000016186

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

27. 土山, 玄; ツチヤマ, ゲン. 計量文献学による『源氏物語』の成立に関する研究 : ケイリョウ ブンケンガク ニヨル『ゲンジ モノガタリ』ノ セイリツ ニカンスル ケンキュウ; 計量文献学による源氏物語の成立に関する研究.

Degree: 博士(文化情報学), 2015, Doshisha University / 同志社大学

Subjects/Keywords: 計量文献学, Stylometry; 源氏物語, The Tale of Genji; 統計学, Statistics; ディジタルヒューマニティーズ, Digital Humanities

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

土山, 玄; ツチヤマ, . (2015). 計量文献学による『源氏物語』の成立に関する研究 : ケイリョウ ブンケンガク ニヨル『ゲンジ モノガタリ』ノ セイリツ ニカンスル ケンキュウ; 計量文献学による源氏物語の成立に関する研究. (Thesis). Doshisha University / 同志社大学. Retrieved from https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/17589/?lang=0 ; http://dx.doi.org/10.14988/di.2017.0000016232

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

土山, 玄; ツチヤマ, ゲン. “計量文献学による『源氏物語』の成立に関する研究 : ケイリョウ ブンケンガク ニヨル『ゲンジ モノガタリ』ノ セイリツ ニカンスル ケンキュウ; 計量文献学による源氏物語の成立に関する研究.” 2015. Thesis, Doshisha University / 同志社大学. Accessed December 08, 2019. https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/17589/?lang=0 ; http://dx.doi.org/10.14988/di.2017.0000016232.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

土山, 玄; ツチヤマ, ゲン. “計量文献学による『源氏物語』の成立に関する研究 : ケイリョウ ブンケンガク ニヨル『ゲンジ モノガタリ』ノ セイリツ ニカンスル ケンキュウ; 計量文献学による源氏物語の成立に関する研究.” 2015. Web. 08 Dec 2019.

Vancouver:

土山, 玄; ツチヤマ . 計量文献学による『源氏物語』の成立に関する研究 : ケイリョウ ブンケンガク ニヨル『ゲンジ モノガタリ』ノ セイリツ ニカンスル ケンキュウ; 計量文献学による源氏物語の成立に関する研究. [Internet] [Thesis]. Doshisha University / 同志社大学; 2015. [cited 2019 Dec 08]. Available from: https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/17589/?lang=0 ; http://dx.doi.org/10.14988/di.2017.0000016232.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

土山, 玄; ツチヤマ . 計量文献学による『源氏物語』の成立に関する研究 : ケイリョウ ブンケンガク ニヨル『ゲンジ モノガタリ』ノ セイリツ ニカンスル ケンキュウ; 計量文献学による源氏物語の成立に関する研究. [Thesis]. Doshisha University / 同志社大学; 2015. Available from: https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/17589/?lang=0 ; http://dx.doi.org/10.14988/di.2017.0000016232

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

28. 片山, 明久; カタヤマ, アキヒサ. 地域の文化政策における旅行者の役割に関する研究 : チイキ ノ ブンカ セイサク ニオケル リョコウシャ ノ ヤクワリ ニカンスル ケンキュウ; Study on the role of tourists in local cultural policy.

Degree: 博士(政策科学), 2014, Doshisha University / 同志社大学

本研究は、今日の日本の地域文化における問題を情報社会の観光や旅行者と関連付けて考察し、解決の可能性を探るものである。考察の対象としては、最も情報化された旅行者であるアニメ聖地巡礼者に注目し、アニメ聖地5カ所を事例に採り上げた。結論として、旅行者は地域文化の担い手と共感者という2つの役割を果たし得ることを論証し、旅行者が関与する地域文化の活性化モデルを図式化した。

This paper analyzes the relationship between local residents and tourists in an information oriented society. In this analysis, the author tries to clarify the… (more)

Subjects/Keywords: 文化, culture; 文化政策, cultural policy; コンテンツ, content; アニメ, animation; 地域, local, region; 旅行者, tourist; 担い手, the main constituent; 共感者, a person who sympathize for local culture

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

片山, 明久; カタヤマ, . (2014). 地域の文化政策における旅行者の役割に関する研究 : チイキ ノ ブンカ セイサク ニオケル リョコウシャ ノ ヤクワリ ニカンスル ケンキュウ; Study on the role of tourists in local cultural policy. (Thesis). Doshisha University / 同志社大学. Retrieved from https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/17517/?lang=0 ; http://dx.doi.org/10.14988/di.2017.0000016160

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

片山, 明久; カタヤマ, アキヒサ. “地域の文化政策における旅行者の役割に関する研究 : チイキ ノ ブンカ セイサク ニオケル リョコウシャ ノ ヤクワリ ニカンスル ケンキュウ; Study on the role of tourists in local cultural policy.” 2014. Thesis, Doshisha University / 同志社大学. Accessed December 08, 2019. https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/17517/?lang=0 ; http://dx.doi.org/10.14988/di.2017.0000016160.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

片山, 明久; カタヤマ, アキヒサ. “地域の文化政策における旅行者の役割に関する研究 : チイキ ノ ブンカ セイサク ニオケル リョコウシャ ノ ヤクワリ ニカンスル ケンキュウ; Study on the role of tourists in local cultural policy.” 2014. Web. 08 Dec 2019.

Vancouver:

片山, 明久; カタヤマ . 地域の文化政策における旅行者の役割に関する研究 : チイキ ノ ブンカ セイサク ニオケル リョコウシャ ノ ヤクワリ ニカンスル ケンキュウ; Study on the role of tourists in local cultural policy. [Internet] [Thesis]. Doshisha University / 同志社大学; 2014. [cited 2019 Dec 08]. Available from: https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/17517/?lang=0 ; http://dx.doi.org/10.14988/di.2017.0000016160.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

片山, 明久; カタヤマ . 地域の文化政策における旅行者の役割に関する研究 : チイキ ノ ブンカ セイサク ニオケル リョコウシャ ノ ヤクワリ ニカンスル ケンキュウ; Study on the role of tourists in local cultural policy. [Thesis]. Doshisha University / 同志社大学; 2014. Available from: https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/17517/?lang=0 ; http://dx.doi.org/10.14988/di.2017.0000016160

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

29. 加納, 光子; カノウ, ミツコ. 改正精神衛生法時代の地域精神保健医療ソーシャルワーク : 保健所における開拓型支援モデルの形成過程と推進要因 : カイセイ セイシン エイセイ ホウ ジダイ ノ チイキ セイシン ホケン イリョウ ソーシャル ワーク : ホケンジョ ニオケル カイタクガタ シエン モデル ノ ケイセイ カテイ ト スイシン ヨウイン; カイセイ セイシン エイセイホウ ジダイ ノ チイキ セイシン ホケン イリョウ ソーシャル ワーク : ホケンジョ ニ オケル カイタクガタ シエン モデル ノ ケイセイ カテイ ト スイシン ヨウイン; Community mental health social work in the era of Reform of the Mental Health Act : the process and the factors of progress of pioneer type support model.

Degree: 博士(社会福祉学), 2015, Doshisha University / 同志社大学

改正精神衛生法時代の地域PSWの形成過程と推進要因を解明した.大阪府の実践を事例として,当時の保健所のPSW10名に面接調査をした.その結果,業務は,個別から集団へ,家族会の育成・支援から地域共同作業所の開設などへと進んでいた.また,推進要因としては,①自由,②主体性,③連帯,④意欲,⑤育成,⑥環境,⑦時代,があった.この実践は開拓型支援モデルと名づけられるものであった.

This is the study on the process and the factor of the progress of community mental health in the era of the Reform of… (more)

Subjects/Keywords: 精神保健医療ソーシャルワーク, PSW; コミュニティソーシャルワーク, Community social work; 改正精神衛生法, Reform of the Mental Health Act; 地域精神衛生, Community Mental Health; 精神障害, Mental disorder; 先駆性, Pioneer; 連帯, Solidarity; 自由, Freedom; 専門職性, Professionalism; 知恵と直感, Deep Smart; 共感, Empathy; 人権, Human Right; 当たり前の生活, Ordinary life; 連携, Cooperation

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

加納, 光子; カノウ, . (2015). 改正精神衛生法時代の地域精神保健医療ソーシャルワーク : 保健所における開拓型支援モデルの形成過程と推進要因 : カイセイ セイシン エイセイ ホウ ジダイ ノ チイキ セイシン ホケン イリョウ ソーシャル ワーク : ホケンジョ ニオケル カイタクガタ シエン モデル ノ ケイセイ カテイ ト スイシン ヨウイン; カイセイ セイシン エイセイホウ ジダイ ノ チイキ セイシン ホケン イリョウ ソーシャル ワーク : ホケンジョ ニ オケル カイタクガタ シエン モデル ノ ケイセイ カテイ ト スイシン ヨウイン; Community mental health social work in the era of Reform of the Mental Health Act : the process and the factors of progress of pioneer type support model. (Thesis). Doshisha University / 同志社大学. Retrieved from https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/22660/?lang=0 ; http://dx.doi.org/10.14988/di.2017.0000016261

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

加納, 光子; カノウ, ミツコ. “改正精神衛生法時代の地域精神保健医療ソーシャルワーク : 保健所における開拓型支援モデルの形成過程と推進要因 : カイセイ セイシン エイセイ ホウ ジダイ ノ チイキ セイシン ホケン イリョウ ソーシャル ワーク : ホケンジョ ニオケル カイタクガタ シエン モデル ノ ケイセイ カテイ ト スイシン ヨウイン; カイセイ セイシン エイセイホウ ジダイ ノ チイキ セイシン ホケン イリョウ ソーシャル ワーク : ホケンジョ ニ オケル カイタクガタ シエン モデル ノ ケイセイ カテイ ト スイシン ヨウイン; Community mental health social work in the era of Reform of the Mental Health Act : the process and the factors of progress of pioneer type support model.” 2015. Thesis, Doshisha University / 同志社大学. Accessed December 08, 2019. https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/22660/?lang=0 ; http://dx.doi.org/10.14988/di.2017.0000016261.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

加納, 光子; カノウ, ミツコ. “改正精神衛生法時代の地域精神保健医療ソーシャルワーク : 保健所における開拓型支援モデルの形成過程と推進要因 : カイセイ セイシン エイセイ ホウ ジダイ ノ チイキ セイシン ホケン イリョウ ソーシャル ワーク : ホケンジョ ニオケル カイタクガタ シエン モデル ノ ケイセイ カテイ ト スイシン ヨウイン; カイセイ セイシン エイセイホウ ジダイ ノ チイキ セイシン ホケン イリョウ ソーシャル ワーク : ホケンジョ ニ オケル カイタクガタ シエン モデル ノ ケイセイ カテイ ト スイシン ヨウイン; Community mental health social work in the era of Reform of the Mental Health Act : the process and the factors of progress of pioneer type support model.” 2015. Web. 08 Dec 2019.

Vancouver:

加納, 光子; カノウ . 改正精神衛生法時代の地域精神保健医療ソーシャルワーク : 保健所における開拓型支援モデルの形成過程と推進要因 : カイセイ セイシン エイセイ ホウ ジダイ ノ チイキ セイシン ホケン イリョウ ソーシャル ワーク : ホケンジョ ニオケル カイタクガタ シエン モデル ノ ケイセイ カテイ ト スイシン ヨウイン; カイセイ セイシン エイセイホウ ジダイ ノ チイキ セイシン ホケン イリョウ ソーシャル ワーク : ホケンジョ ニ オケル カイタクガタ シエン モデル ノ ケイセイ カテイ ト スイシン ヨウイン; Community mental health social work in the era of Reform of the Mental Health Act : the process and the factors of progress of pioneer type support model. [Internet] [Thesis]. Doshisha University / 同志社大学; 2015. [cited 2019 Dec 08]. Available from: https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/22660/?lang=0 ; http://dx.doi.org/10.14988/di.2017.0000016261.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

加納, 光子; カノウ . 改正精神衛生法時代の地域精神保健医療ソーシャルワーク : 保健所における開拓型支援モデルの形成過程と推進要因 : カイセイ セイシン エイセイ ホウ ジダイ ノ チイキ セイシン ホケン イリョウ ソーシャル ワーク : ホケンジョ ニオケル カイタクガタ シエン モデル ノ ケイセイ カテイ ト スイシン ヨウイン; カイセイ セイシン エイセイホウ ジダイ ノ チイキ セイシン ホケン イリョウ ソーシャル ワーク : ホケンジョ ニ オケル カイタクガタ シエン モデル ノ ケイセイ カテイ ト スイシン ヨウイン; Community mental health social work in the era of Reform of the Mental Health Act : the process and the factors of progress of pioneer type support model. [Thesis]. Doshisha University / 同志社大学; 2015. Available from: https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/22660/?lang=0 ; http://dx.doi.org/10.14988/di.2017.0000016261

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

30. 本莊, 雄一; ホンジョウ, ユウイチ. 大規模災害時における自治体間協力やNPO/NGOによる人的支援に対する被災自治体の受援力の研究 : 東日本大震災を対象として : ダイキボ サイガイジ ニオケル ジチタイカン キョウリョク ヤ NPO/NGO ニヨル ジンテキ シエン ニ タイスル ヒサイ ジチタイ ノ ジュエンリョク ノ ケンキュウ : ヒガシニホン ダイシンサイ オ タイショウ トシテ.

Degree: 博士(社会学), 2016, Doshisha University / 同志社大学

今後発生することが懸念されている大規模災害に備えて,より迅速で効果的な人的支援のあり方,特に人的支援に対する被災自治体の受援力の強化方策を検討するために,東日本大震災の初動期から応急対応期における人的支援について,自治体間協力や,単体としてのNPO/NGO,行政とNPO/NGOとから構成されるネットワーク組織という3つの組織形態別に,緊急社会システムを構成する組織の視点から実証分析を行う.

Subjects/Keywords: 東日本大震災, the Great East Japan Earthquake; 緊急支援, Emergency support; 受援力, power to receive outside support; 受援計画, plan for receiving outside support; 組織的対応の4類型, DRC typology; 創発的多元組織ネットワーク, EMON

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

本莊, 雄一; ホンジョウ, . (2016). 大規模災害時における自治体間協力やNPO/NGOによる人的支援に対する被災自治体の受援力の研究 : 東日本大震災を対象として : ダイキボ サイガイジ ニオケル ジチタイカン キョウリョク ヤ NPO/NGO ニヨル ジンテキ シエン ニ タイスル ヒサイ ジチタイ ノ ジュエンリョク ノ ケンキュウ : ヒガシニホン ダイシンサイ オ タイショウ トシテ. (Thesis). Doshisha University / 同志社大学. Retrieved from https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/23019/?lang=0 ; http://dx.doi.org/10.14988/di.2017.0000016280

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

本莊, 雄一; ホンジョウ, ユウイチ. “大規模災害時における自治体間協力やNPO/NGOによる人的支援に対する被災自治体の受援力の研究 : 東日本大震災を対象として : ダイキボ サイガイジ ニオケル ジチタイカン キョウリョク ヤ NPO/NGO ニヨル ジンテキ シエン ニ タイスル ヒサイ ジチタイ ノ ジュエンリョク ノ ケンキュウ : ヒガシニホン ダイシンサイ オ タイショウ トシテ.” 2016. Thesis, Doshisha University / 同志社大学. Accessed December 08, 2019. https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/23019/?lang=0 ; http://dx.doi.org/10.14988/di.2017.0000016280.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

本莊, 雄一; ホンジョウ, ユウイチ. “大規模災害時における自治体間協力やNPO/NGOによる人的支援に対する被災自治体の受援力の研究 : 東日本大震災を対象として : ダイキボ サイガイジ ニオケル ジチタイカン キョウリョク ヤ NPO/NGO ニヨル ジンテキ シエン ニ タイスル ヒサイ ジチタイ ノ ジュエンリョク ノ ケンキュウ : ヒガシニホン ダイシンサイ オ タイショウ トシテ.” 2016. Web. 08 Dec 2019.

Vancouver:

本莊, 雄一; ホンジョウ . 大規模災害時における自治体間協力やNPO/NGOによる人的支援に対する被災自治体の受援力の研究 : 東日本大震災を対象として : ダイキボ サイガイジ ニオケル ジチタイカン キョウリョク ヤ NPO/NGO ニヨル ジンテキ シエン ニ タイスル ヒサイ ジチタイ ノ ジュエンリョク ノ ケンキュウ : ヒガシニホン ダイシンサイ オ タイショウ トシテ. [Internet] [Thesis]. Doshisha University / 同志社大学; 2016. [cited 2019 Dec 08]. Available from: https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/23019/?lang=0 ; http://dx.doi.org/10.14988/di.2017.0000016280.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

本莊, 雄一; ホンジョウ . 大規模災害時における自治体間協力やNPO/NGOによる人的支援に対する被災自治体の受援力の研究 : 東日本大震災を対象として : ダイキボ サイガイジ ニオケル ジチタイカン キョウリョク ヤ NPO/NGO ニヨル ジンテキ シエン ニ タイスル ヒサイ ジチタイ ノ ジュエンリョク ノ ケンキュウ : ヒガシニホン ダイシンサイ オ タイショウ トシテ. [Thesis]. Doshisha University / 同志社大学; 2016. Available from: https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/23019/?lang=0 ; http://dx.doi.org/10.14988/di.2017.0000016280

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

[1] [2] [3] [4] [5] … [1621]

.