Advanced search options

Advanced Search Options 🞨

Browse by author name (“Author name starts with…”).

Find ETDs with:

in
/  
in
/  
in
/  
in

Written in Published in Earliest date Latest date

Sorted by

Results per page:

Sorted by: relevance · author · university · dateNew search

You searched for subject:( Education management development). Showing records 1 – 30 of 274191 total matches.

[1] [2] [3] [4] [5] … [9140]

Search Limiters

Last 2 Years | English Only

Degrees

Levels

Languages

Country

▼ Search Limiters

1. 安齋, 利典. 人間中心設計視点による企業ウェブサイトのデザインマネジメントの研究 : Research on Corporate Website Design Management from the Perspective of Human-Centered Design.

Degree: 博士(工学), 2014, Ciba Institute of Technology / 千葉工業大学

平成26年度

Subjects/Keywords: 企業ウェブサイト,人間中心設計プロセス,デザインマネジメント; Corporate Website,Human-Centered Design,Design Management  

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

安齋, . (2014). 人間中心設計視点による企業ウェブサイトのデザインマネジメントの研究 : Research on Corporate Website Design Management from the Perspective of Human-Centered Design. (Thesis). Ciba Institute of Technology / 千葉工業大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1196/00000053/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

安齋, 利典. “人間中心設計視点による企業ウェブサイトのデザインマネジメントの研究 : Research on Corporate Website Design Management from the Perspective of Human-Centered Design.” 2014. Thesis, Ciba Institute of Technology / 千葉工業大学. Accessed March 20, 2019. http://id.nii.ac.jp/1196/00000053/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

安齋, 利典. “人間中心設計視点による企業ウェブサイトのデザインマネジメントの研究 : Research on Corporate Website Design Management from the Perspective of Human-Centered Design.” 2014. Web. 20 Mar 2019.

Vancouver:

安齋 . 人間中心設計視点による企業ウェブサイトのデザインマネジメントの研究 : Research on Corporate Website Design Management from the Perspective of Human-Centered Design. [Internet] [Thesis]. Ciba Institute of Technology / 千葉工業大学; 2014. [cited 2019 Mar 20]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1196/00000053/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

安齋 . 人間中心設計視点による企業ウェブサイトのデザインマネジメントの研究 : Research on Corporate Website Design Management from the Perspective of Human-Centered Design. [Thesis]. Ciba Institute of Technology / 千葉工業大学; 2014. Available from: http://id.nii.ac.jp/1196/00000053/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

2. 安齋, 利典. 人間中心設計視点による企業ウェブサイトのデザインマネジメントの研究 : Research on Corporate Website Design Management from the Perspective of Human-Centered Design.

Degree: 博士(工学), 2015, Ciba Institute of Technology / 千葉工業大学

平成26年度

Subjects/Keywords: 企業ウェブサイト|人間中心設計|デザインマネジメント; Corporate Website; HCD|Human Centered Design; Design Management

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

安齋, . (2015). 人間中心設計視点による企業ウェブサイトのデザインマネジメントの研究 : Research on Corporate Website Design Management from the Perspective of Human-Centered Design. (Thesis). Ciba Institute of Technology / 千葉工業大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1196/00000086/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

安齋, 利典. “人間中心設計視点による企業ウェブサイトのデザインマネジメントの研究 : Research on Corporate Website Design Management from the Perspective of Human-Centered Design.” 2015. Thesis, Ciba Institute of Technology / 千葉工業大学. Accessed March 20, 2019. http://id.nii.ac.jp/1196/00000086/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

安齋, 利典. “人間中心設計視点による企業ウェブサイトのデザインマネジメントの研究 : Research on Corporate Website Design Management from the Perspective of Human-Centered Design.” 2015. Web. 20 Mar 2019.

Vancouver:

安齋 . 人間中心設計視点による企業ウェブサイトのデザインマネジメントの研究 : Research on Corporate Website Design Management from the Perspective of Human-Centered Design. [Internet] [Thesis]. Ciba Institute of Technology / 千葉工業大学; 2015. [cited 2019 Mar 20]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1196/00000086/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

安齋 . 人間中心設計視点による企業ウェブサイトのデザインマネジメントの研究 : Research on Corporate Website Design Management from the Perspective of Human-Centered Design. [Thesis]. Ciba Institute of Technology / 千葉工業大学; 2015. Available from: http://id.nii.ac.jp/1196/00000086/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

3. 蒋, 戍栄. 情報システム開発におけるリスクマネジメント方法に関する研究 : A Study of Information Security Management in the Information System Development.

Degree: 博士(工学), 2017, Ciba Institute of Technology / 千葉工業大学

平成28年度

Subjects/Keywords: CMMI-DEV|情報セキュリティマネジメント|オフショア; CMMI-DEV| Information Security Management |offshore

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

蒋, . (2017). 情報システム開発におけるリスクマネジメント方法に関する研究 : A Study of Information Security Management in the Information System Development. (Thesis). Ciba Institute of Technology / 千葉工業大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1196/00000168/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

蒋, 戍栄. “情報システム開発におけるリスクマネジメント方法に関する研究 : A Study of Information Security Management in the Information System Development.” 2017. Thesis, Ciba Institute of Technology / 千葉工業大学. Accessed March 20, 2019. http://id.nii.ac.jp/1196/00000168/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

蒋, 戍栄. “情報システム開発におけるリスクマネジメント方法に関する研究 : A Study of Information Security Management in the Information System Development.” 2017. Web. 20 Mar 2019.

Vancouver:

蒋 . 情報システム開発におけるリスクマネジメント方法に関する研究 : A Study of Information Security Management in the Information System Development. [Internet] [Thesis]. Ciba Institute of Technology / 千葉工業大学; 2017. [cited 2019 Mar 20]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1196/00000168/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

蒋 . 情報システム開発におけるリスクマネジメント方法に関する研究 : A Study of Information Security Management in the Information System Development. [Thesis]. Ciba Institute of Technology / 千葉工業大学; 2017. Available from: http://id.nii.ac.jp/1196/00000168/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

4. 清田, 守. ハイテク製造業における研究開発プロジェクトマネジメント手法の研究 : A Study of Project Management Method of Research and Development in High -technology Manufacture Companies.

Degree: 博士(工学), 2017, Ciba Institute of Technology / 千葉工業大学

平成28年度

Subjects/Keywords: R&D|研究開発|プロジェクトマネジメント|死の谷|魔の川; R&D|Project Management |valley of death|Devil River

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

清田, . (2017). ハイテク製造業における研究開発プロジェクトマネジメント手法の研究 : A Study of Project Management Method of Research and Development in High -technology Manufacture Companies. (Thesis). Ciba Institute of Technology / 千葉工業大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1196/00000170/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

清田, 守. “ハイテク製造業における研究開発プロジェクトマネジメント手法の研究 : A Study of Project Management Method of Research and Development in High -technology Manufacture Companies.” 2017. Thesis, Ciba Institute of Technology / 千葉工業大学. Accessed March 20, 2019. http://id.nii.ac.jp/1196/00000170/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

清田, 守. “ハイテク製造業における研究開発プロジェクトマネジメント手法の研究 : A Study of Project Management Method of Research and Development in High -technology Manufacture Companies.” 2017. Web. 20 Mar 2019.

Vancouver:

清田 . ハイテク製造業における研究開発プロジェクトマネジメント手法の研究 : A Study of Project Management Method of Research and Development in High -technology Manufacture Companies. [Internet] [Thesis]. Ciba Institute of Technology / 千葉工業大学; 2017. [cited 2019 Mar 20]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1196/00000170/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

清田 . ハイテク製造業における研究開発プロジェクトマネジメント手法の研究 : A Study of Project Management Method of Research and Development in High -technology Manufacture Companies. [Thesis]. Ciba Institute of Technology / 千葉工業大学; 2017. Available from: http://id.nii.ac.jp/1196/00000170/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

5. 大迫, 正弘. 開発援助プロジェクトのナレッジマネジメント-ダッカ市ごみ処理プロジェクトの事例研究-.

Degree: 博士(知識科学), 2017, Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学

Supervisor:伊藤 泰信

知識科学研究科

博士

Subjects/Keywords: Knowledge Management; Project Management; Local Knowledge; Context-Adaptive

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

大迫, . (2017). 開発援助プロジェクトのナレッジマネジメント-ダッカ市ごみ処理プロジェクトの事例研究-. (Thesis). Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10119/15073

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

大迫, 正弘. “開発援助プロジェクトのナレッジマネジメント-ダッカ市ごみ処理プロジェクトの事例研究-.” 2017. Thesis, Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学. Accessed March 20, 2019. http://hdl.handle.net/10119/15073.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

大迫, 正弘. “開発援助プロジェクトのナレッジマネジメント-ダッカ市ごみ処理プロジェクトの事例研究-.” 2017. Web. 20 Mar 2019.

Vancouver:

大迫 . 開発援助プロジェクトのナレッジマネジメント-ダッカ市ごみ処理プロジェクトの事例研究-. [Internet] [Thesis]. Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学; 2017. [cited 2019 Mar 20]. Available from: http://hdl.handle.net/10119/15073.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

大迫 . 開発援助プロジェクトのナレッジマネジメント-ダッカ市ごみ処理プロジェクトの事例研究-. [Thesis]. Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/10119/15073

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

6. 大道, 裕. メダカをモデルとした細胞型特異的遺伝子制御機構に関する研究 : Studies on the mechanisms of cell type-specific gene regulation using medaka as a simple vertebrate.

Degree: 博士(理学), 2015, Konan University / 甲南大学

一つの個体を構成する同じゲノム情報をもつ細胞が,異なる個性を獲得する過程で中心的な役割を果たすのは,細胞によって特異的な遺伝子群を発現するメカニズムである。多くの生物のゲノムDNA配列が解明された現在においても,細胞によって異なる遺伝情報が読み出されるメカニズムは,依然として大きな謎である。近年,遺伝子制御研究のモデル生物として注目され,研究が盛んになってきた生物として,脊椎動物と同じ脊索動物門に属する海産動物のホヤがある。ホヤのオタマジャクシ幼生は,約3000と少数の細胞からなるにも関わらず,脊椎動物と共通のボディープランをもっている。胚発生が体外で進行し,胚が透明ですべての細胞を顕微鏡下で観察することが可能で,個体レベルの遺伝子機能操作も容易である。さらにゲノムサイズが小さく,シス調節配列の発見や解析が容易であるという利点もある。ホヤはモデル脊索動物としてさまざまな利点があるが,その一方で,特殊化する方向へ進化してきた生物であり,脊椎動物とのさまざまな相違点も存在する。ホヤと同様な研究モデルとしての利点をもちながら,脊椎動物に特有の性質も備えたシンプルなモデルとして注目されているのが,ゼブラフィッシュやメダカなどの小型魚類である。とくにメダカは,ゲノムサイズがゼブラフィッシュの半分であり,シス調節領域のゲノムレベルおよび個体レベルの解析に優れた特徴を備えている。 本研究では,メダカを個体レベルで細胞特異的な遺伝子発現制御機構を解析するためのモデル脊椎動物ととらえ,メダカを用いて新奇現象あるいはあらたに発見された分子の普遍性を明らかにすることを目指した。まず,ホヤを用いて発見された,細胞特異的な転写制御が関わる2つの現象について,その普遍性をメダカを用いて調べた。一つは,生殖腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)の非生殖現象における新奇役割の可能性である。もう一つの現象は,ホヤ胚を用いて見いだされた背腹軸に沿った遺伝子発現制御と遺伝子配置およびクロマチンレベルの遺伝子発現制御機構である。メダカを用いて,細胞特異的なシス調節領域を同定し,個体レベルでその活性を解析することにより,ホヤでみいだされたこれらの新奇現象が,脊椎動物にもあてはまる普遍的なものであることを示した。さらに,脊椎動物に特異的な細胞の個性化を伴う現象として,網膜における視細胞の多様性形成機構に注目し,メダカを用いた解析を行った。網膜視細胞の個性化に関わる分子機構として,錐体オプシン遺伝子とシス制御領域を共有する2つのmicroRNAを発見し,転写後調節と転写制御が共役することによる,視細胞の個性化に関わる新しい調節メカニズムを提唱した。

平成26年(2014年度)

Subjects/Keywords: gene regulation; development; medaka; photoreceptor; miRNA

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

大道, . (2015). メダカをモデルとした細胞型特異的遺伝子制御機構に関する研究 : Studies on the mechanisms of cell type-specific gene regulation using medaka as a simple vertebrate. (Thesis). Konan University / 甲南大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1260/00001546/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00001546

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

大道, 裕. “メダカをモデルとした細胞型特異的遺伝子制御機構に関する研究 : Studies on the mechanisms of cell type-specific gene regulation using medaka as a simple vertebrate.” 2015. Thesis, Konan University / 甲南大学. Accessed March 20, 2019. http://id.nii.ac.jp/1260/00001546/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00001546.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

大道, 裕. “メダカをモデルとした細胞型特異的遺伝子制御機構に関する研究 : Studies on the mechanisms of cell type-specific gene regulation using medaka as a simple vertebrate.” 2015. Web. 20 Mar 2019.

Vancouver:

大道 . メダカをモデルとした細胞型特異的遺伝子制御機構に関する研究 : Studies on the mechanisms of cell type-specific gene regulation using medaka as a simple vertebrate. [Internet] [Thesis]. Konan University / 甲南大学; 2015. [cited 2019 Mar 20]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1260/00001546/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00001546.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

大道 . メダカをモデルとした細胞型特異的遺伝子制御機構に関する研究 : Studies on the mechanisms of cell type-specific gene regulation using medaka as a simple vertebrate. [Thesis]. Konan University / 甲南大学; 2015. Available from: http://id.nii.ac.jp/1260/00001546/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00001546

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

7. 池, 天択. YUBAメソッドによる音痴矯正に関する検証 : 中国の歌唱発声教育などへの導入に向けて.

Degree: 2017, Mie University / 三重大学

[目的]中国人が中国語で歌を歌う場合においても、「YUBAメソッド」を用いた音痴矯正のための個別発声指導が有効であるかを検証すること。[実施対象者と方法]男性中国人留学生の学部生4名と大学院生1名、計5名である。方法は、まず、対象者に対し、『赤とんぼ』と筆者による自作曲のメロディーの聴き比べ能力に関する調査を行った。各設間において2つのメロディーを被験者に聴き比べてもらい、それらが同じか異なるかを答えてもらった。この間き取り調査により、音痴歌唱の原因が、生まれつきの耳の問題ではないという可能性が高いことが分かつた。次に、約1ヶ月(週1回40分、計4回)にわたって「YUBAメソッド」のトレーニング用DVDをCD化した教材を用いて筆者が個別発声指導を行い、また、自宅ではYUBAメソッドの本付属したトレーニングCDで自主練習をしてもらった。[結果]YUBAメソッドによる個別発声指導及び自宅練習の結果、対象者5名全員において、高音方向に平均9,7半音音域が拡張し、低音方向に平均0.8半音音域が拡張した。全体として10.5半音音域が拡張した。全員に音域の拡張がみられた。メロディーの音程のズレが約80セント以内に矯正された。さらに、指導前と1回目の指導後、そして指導前と最終指導後の音高のズレの平均値に差があるかをWilcoxon検定で調べたところ、有意差(p=0,03125。有意水準5%)が認められた。[結論]中国人が中国語の歌を歌う場合において、YUBAメソッドは有効である。[Purpose]To verify whether The YUBA Method is effective in improving off-key singing so-called tone-deafness in individual voicing guidance for Chinese singing a song in Chinese… (more)

Subjects/Keywords: YUBAメソッド; 音痴矯正; 運動性音痴; 中国; ミュージカル; 個別発声指導; 自宅練習; 声区; 音程; 音域; 音楽教育; YUBA method; Tone-deafness correction; Movement Tone-deafness; China; Musical; Individual Vocal Guidance; Self-practice at Home; Vocal Area; Interval; Vocal Range; Music Education

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

池, . (2017). YUBAメソッドによる音痴矯正に関する検証 : 中国の歌唱発声教育などへの導入に向けて. (Thesis). Mie University / 三重大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10076/14048

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

池, 天択. “YUBAメソッドによる音痴矯正に関する検証 : 中国の歌唱発声教育などへの導入に向けて.” 2017. Thesis, Mie University / 三重大学. Accessed March 20, 2019. http://hdl.handle.net/10076/14048.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

池, 天択. “YUBAメソッドによる音痴矯正に関する検証 : 中国の歌唱発声教育などへの導入に向けて.” 2017. Web. 20 Mar 2019.

Vancouver:

池 . YUBAメソッドによる音痴矯正に関する検証 : 中国の歌唱発声教育などへの導入に向けて. [Internet] [Thesis]. Mie University / 三重大学; 2017. [cited 2019 Mar 20]. Available from: http://hdl.handle.net/10076/14048.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

池 . YUBAメソッドによる音痴矯正に関する検証 : 中国の歌唱発声教育などへの導入に向けて. [Thesis]. Mie University / 三重大学; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/10076/14048

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

8. 蒋, 瑜潔. 外部経営資源の活用を通じた後発企業の技術能力構築プロセス:吉利汽車のM&A と提携を通じた成長戦略 : Technological capability building trajectory in late-comer firms leveraging external resources: the case of Geely Auto's M&A and Alliance growth strategy.

Degree: 博士(技術経営), 2017, Yokohama National University / 横浜国立大学

今日において、中国後発企業は激化する国際競争の中で、失速・淘汰されつつある先発企業を買収することによって、かつての日韓後発企業より短期間で技術能力成長の機会を作り出している。しかし、技術知識や経営経験の蓄積が相対的に不十分な中国後発企業発のM&Aでは、組織統合と組織併存を同時に求めるために、複雑・困難なものになりつつありながら、かつての日韓後発企業と異なる制約条件を克服するために、新たな組織学習メカニズムの工夫を求められていると考えられる。本論文では、吉利汽車の技術能力構築過程の事例研究に基づいて、後発企業が外部経営資源の活用を通じて短期間で技術能力を構築する上で、複雑・困難なものになりつつあるM&A経営課題を解決するマネジメントと、厳しい新たな制約条件を乗り越えるための組織学習メカニズムについて考察した。その結果、M&Aを通じて外部経営資源を獲得する際に、複雑・困難なものになりつつあるM&A経営課題を解決するマネジメントとして、ある時点で統合すべき焦点を戦略で定め、統合すべき焦点をダイナミックに変動させる限定された統合マネジメントは有効であり、それを実現する上で組織間交流システムの構築が重要であることを明らかにした。また、獲得されたそれぞれの経営資源を組織内部で伝達して活用する際に、人材不足と高い離職率という制約条件を乗り越えるために、技術以外のファンクション出身者も含めて、限定された組織上層部成員に、短期間で多くの立ち上げ業務を担当させることで育成されたコア人材の役割が重要であること、及び現場オペレーターを育成する上で、入社前にオペレーターを育成する産学連携教育システムの構築がカギとなっていることを明らかにした。

Chinese latecomer firms are growing rapidly by leveraging external knowledge by M&A and strategic Alliance compared to Japanese and South Korean latecomer firms in… (more)

Subjects/Keywords: 後発企業; 外部成長戦略; M&Aマネジメント; 組織学習能力; 吉利汽車; Latecomer firms; External growth strategy; M&A Management; Organizational learning Capability; Geely Auto

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

蒋, . (2017). 外部経営資源の活用を通じた後発企業の技術能力構築プロセス:吉利汽車のM&A と提携を通じた成長戦略 : Technological capability building trajectory in late-comer firms leveraging external resources: the case of Geely Auto's M&A and Alliance growth strategy. (Thesis). Yokohama National University / 横浜国立大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10131/10617

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

蒋, 瑜潔. “外部経営資源の活用を通じた後発企業の技術能力構築プロセス:吉利汽車のM&A と提携を通じた成長戦略 : Technological capability building trajectory in late-comer firms leveraging external resources: the case of Geely Auto's M&A and Alliance growth strategy.” 2017. Thesis, Yokohama National University / 横浜国立大学. Accessed March 20, 2019. http://hdl.handle.net/10131/10617.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

蒋, 瑜潔. “外部経営資源の活用を通じた後発企業の技術能力構築プロセス:吉利汽車のM&A と提携を通じた成長戦略 : Technological capability building trajectory in late-comer firms leveraging external resources: the case of Geely Auto's M&A and Alliance growth strategy.” 2017. Web. 20 Mar 2019.

Vancouver:

蒋 . 外部経営資源の活用を通じた後発企業の技術能力構築プロセス:吉利汽車のM&A と提携を通じた成長戦略 : Technological capability building trajectory in late-comer firms leveraging external resources: the case of Geely Auto's M&A and Alliance growth strategy. [Internet] [Thesis]. Yokohama National University / 横浜国立大学; 2017. [cited 2019 Mar 20]. Available from: http://hdl.handle.net/10131/10617.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

蒋 . 外部経営資源の活用を通じた後発企業の技術能力構築プロセス:吉利汽車のM&A と提携を通じた成長戦略 : Technological capability building trajectory in late-comer firms leveraging external resources: the case of Geely Auto's M&A and Alliance growth strategy. [Thesis]. Yokohama National University / 横浜国立大学; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/10131/10617

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

9. 市村, 美晴. 小学校における芸術を通じたコミュニケーション教育の推進方策 : アーティストによる「共感」の視点を持ったプログラムに焦点を当てて : A method for promotion of an art education program in elementary schools : Communication education, "empathy" and cooperation with the artist.

Degree: 2014, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学

本研究は、小学校の芸術教育におけるコミュニケーション能力を育むプログラムの中でも「共感」の視点を盛り込んだものに焦点を当て、それを外部のアーティストと協力したプログラムとして推進する際、どのような点が求められるかを明らかにすることを目的としている。そのため、多分野におけるアーティストの意識調査を行い、このプログラムを行う上での課題を探った。その結果、アーティストの大半が「共感」のプログラムを実施できると答えた一方、それぞれにとっての「共感」の位置づけが異なっていることが分かった。そこで、「共感」の位置づけごとにアーティストを、A タイプ、B タイプ(アーティストの職の形態によりさらにB.1、B.2 に分かれる)、C タイプに分け、それぞれごとの課題を分析し、推進策を検討した。A タイプは、「共感」の空間が自らの活動の目的とほぼ同じであるため、特に問題はないと考えられる。一方、B タイプは、「共感」という言葉から「強制」や「受け手のみ」の印象を受けることから、抵抗感を持っている。B.1 タイプは、「共感」を自らの活動の目的を達成する手段として扱う特徴を持つことから、「共感」の言葉を目的に使わず、方法として「共感」の特徴を提示することが必要と考えられる。B.2 タイプは、ファシリテーターとして「教える」能力の面の不安と、ワークショップのイメージである上から物を言う「教える」ところに良い印象がない点も抵抗感を持つ要因であり、他者の表現に対する柔軟な姿勢が特徴である。よって、子どもたちの言葉や動作を拾うなどの「共感」の特徴を説明することが必要と考えられる。C タイプは、作品を極めることのみに専念してきた点が特徴であり、若い時に教育の活動に触れ合うことや、教育に関わるアーティストとのつながりを持つことが重要であることが分かった。これらを効率よく実行するためには、アーティストを統括する人材などが必要性として考えられる。

静岡文化芸術大学

2012

Advisors/Committee Members: 片山, 泰輔.

Subjects/Keywords: 小学校; 芸術; コミュニケーション教育; アーティスト; 「共感」; elementary schools; art; communication education; artist; "empathy"

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

市村, . (2014). 小学校における芸術を通じたコミュニケーション教育の推進方策 : アーティストによる「共感」の視点を持ったプログラムに焦点を当てて : A method for promotion of an art education program in elementary schools : Communication education, "empathy" and cooperation with the artist. (Thesis). Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1132/00000908/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

市村, 美晴. “小学校における芸術を通じたコミュニケーション教育の推進方策 : アーティストによる「共感」の視点を持ったプログラムに焦点を当てて : A method for promotion of an art education program in elementary schools : Communication education, "empathy" and cooperation with the artist.” 2014. Thesis, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Accessed March 20, 2019. http://id.nii.ac.jp/1132/00000908/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

市村, 美晴. “小学校における芸術を通じたコミュニケーション教育の推進方策 : アーティストによる「共感」の視点を持ったプログラムに焦点を当てて : A method for promotion of an art education program in elementary schools : Communication education, "empathy" and cooperation with the artist.” 2014. Web. 20 Mar 2019.

Vancouver:

市村 . 小学校における芸術を通じたコミュニケーション教育の推進方策 : アーティストによる「共感」の視点を持ったプログラムに焦点を当てて : A method for promotion of an art education program in elementary schools : Communication education, "empathy" and cooperation with the artist. [Internet] [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2014. [cited 2019 Mar 20]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00000908/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

市村 . 小学校における芸術を通じたコミュニケーション教育の推進方策 : アーティストによる「共感」の視点を持ったプログラムに焦点を当てて : A method for promotion of an art education program in elementary schools : Communication education, "empathy" and cooperation with the artist. [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2014. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00000908/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

10. 鈴木, 恵梨香. 浜松における音楽を通じた多文化共生教育のあり方 : 外国人支援教育を越えて : Multicultural education through music : Enriching foreign educational support in Hamamatsu, Japan.

Degree: 2014, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学

本研究は浜松における多文化音楽教育の実践方法を導き出したものである。まず日本全体および浜松における多文化共生施策、特に学校教育における課題を整理した。傾向として主に外国人支援を中心とした施策を展開していることがわかった。浜松市教育委員会でも国際理解教育として外国人児童生徒教育に焦点を当てていることがインタビュー調査により明らかになった。近年、浜松では外国人市民と日本人市民による新たな文化の創造を施策に掲げている。そこで浜松の地域のリソースを生かす方法として、音楽を通じた多文化共生教育の実践方法を考察した。米国と日本における多文化音楽教育の実践の成功要因を考察したところ、地域の国際交流団体、音楽団体と学校との連携が重要であることがわかった。そのため浜松においてブラジル音楽のワークショップを担う団体とその参加者、国際交流協会、児童合唱団、学校関係者に対し、活動の現状や意識について調査した。その結果浜松では「ブラジル」に関連する組織や団体と、浜松の文化芸術を担う団体との「横」のつながりが希薄であることが明らかになった。また学校では外国人児童生徒支援に時間が割かれているため教員が中心になって多文化音楽教育を計画・実践することは難しいことがわかった。そこで日本人市民と外国人市民が文化活動により交流する方法の参考として、米国やドイツ、岐阜県可児市の例、2012 年に制定された「劇場法」にも触れた。浜松においては、音楽ホールを持つ文化施設に多文化共生に関わる専門的人材を配置して地域の外国音楽団体がワークショップを実施し、学校やその他の文化芸術団体に働きかけると実現可能性が高いと考えられる。

静岡文化芸術大学

2012

Advisors/Committee Members: 池上, 重弘.

Subjects/Keywords: 浜松; 多文化音楽教育; ブラジル; 日本人児童生徒; 劇場法; Hamamatsu; multicultural music education; Brazilians; music halls; schools

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

鈴木, . (2014). 浜松における音楽を通じた多文化共生教育のあり方 : 外国人支援教育を越えて : Multicultural education through music : Enriching foreign educational support in Hamamatsu, Japan. (Thesis). Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1132/00000910/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

鈴木, 恵梨香. “浜松における音楽を通じた多文化共生教育のあり方 : 外国人支援教育を越えて : Multicultural education through music : Enriching foreign educational support in Hamamatsu, Japan.” 2014. Thesis, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Accessed March 20, 2019. http://id.nii.ac.jp/1132/00000910/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

鈴木, 恵梨香. “浜松における音楽を通じた多文化共生教育のあり方 : 外国人支援教育を越えて : Multicultural education through music : Enriching foreign educational support in Hamamatsu, Japan.” 2014. Web. 20 Mar 2019.

Vancouver:

鈴木 . 浜松における音楽を通じた多文化共生教育のあり方 : 外国人支援教育を越えて : Multicultural education through music : Enriching foreign educational support in Hamamatsu, Japan. [Internet] [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2014. [cited 2019 Mar 20]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00000910/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

鈴木 . 浜松における音楽を通じた多文化共生教育のあり方 : 外国人支援教育を越えて : Multicultural education through music : Enriching foreign educational support in Hamamatsu, Japan. [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2014. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00000910/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

11. 鈴置, 路子. 地方中小自治体における市民文化活動の支援のあり方 : 地域振興のための人材育成の視点から : The concept support system of civil cultural activities in local community : From point of view in cultivating talent for the development of the community.

Degree: 2014, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学

社会教育等の分野における先行研究よれば、市民文化活動は、自己実現を果たすだでなく、集団的活動を通して豊かな人間性育み社会的ネットワーク構築させるなど、地域社会の発展に寄与する効用を持っている。自治体等はこうした市民文化活動への支援を行なってきているが、こうした人材育成への機能を十分に引き出すもとなっ現状である。そこで、本研究では、市民文化活動を人材育成の視点から捉え、どのような活動環境により人材が育成されるか、育成された人材が増えることで今後の地域振興に寄与る市民文化団体支援の課題を明らかにした。 まず、文化・芸術による地域活性化の事例に関する文献調査と市民団体2団体に対するプレ調査によって、市民文化活動を通じ人材育成がなされる55つの要因を抽出した。①団体の性格、②自主公演の有無、③マネジメント体制、④外部と関わり、⑤地域社会つながりである。これらの要因普遍性を確認し、人材育成が活発に行わようなため支援のあり方を考察するために、愛知県内で活動様々な市民文化団体に対する調査を実施した。対象団体の抽出にあたっては、財政が豊かな自治体とそうでない自治体を尾張地区と三河地区から2つずつ選出し、文化団体は、音楽系、演劇系、舞踏系、伝統文化など、幅広いジャンルの15団体を対象とした。 調査の結果、 5つの要因は文化ジャンル特性や地域の財政的事情に左右されるものではなく、自分たちの活動の目的づけ、いかにマネジメント人員を育成さていくかという、地域社会における組織マネジメントの視点が必要であこと明らかなった。これらを踏まえて支援主体は、①自性を促すきっかけづくり、②関係の構築、③ネットワーク広げる広域的地域における活性化事業を展開する、という中長期的な段階の中で、現行支援手段をどのように運用していくかということが求められる。

静岡文化芸術大学

2013

Advisors/Committee Members: 片山, 泰輔.

Subjects/Keywords: 市民文化活動; 社会教育; 地域振興; 人材育成; civil cultural activities; social education; development of community; cultivating talent

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

鈴置, . (2014). 地方中小自治体における市民文化活動の支援のあり方 : 地域振興のための人材育成の視点から : The concept support system of civil cultural activities in local community : From point of view in cultivating talent for the development of the community. (Thesis). Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1132/00000980/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

鈴置, 路子. “地方中小自治体における市民文化活動の支援のあり方 : 地域振興のための人材育成の視点から : The concept support system of civil cultural activities in local community : From point of view in cultivating talent for the development of the community.” 2014. Thesis, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Accessed March 20, 2019. http://id.nii.ac.jp/1132/00000980/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

鈴置, 路子. “地方中小自治体における市民文化活動の支援のあり方 : 地域振興のための人材育成の視点から : The concept support system of civil cultural activities in local community : From point of view in cultivating talent for the development of the community.” 2014. Web. 20 Mar 2019.

Vancouver:

鈴置 . 地方中小自治体における市民文化活動の支援のあり方 : 地域振興のための人材育成の視点から : The concept support system of civil cultural activities in local community : From point of view in cultivating talent for the development of the community. [Internet] [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2014. [cited 2019 Mar 20]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00000980/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

鈴置 . 地方中小自治体における市民文化活動の支援のあり方 : 地域振興のための人材育成の視点から : The concept support system of civil cultural activities in local community : From point of view in cultivating talent for the development of the community. [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2014. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00000980/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

12. 松本, 麻未. 地域文化施設における連携と協働の可能性 : 神戸市立灘区民ホールを事例として : The Possibility of partnership and collaboration at Regional Cultural Institutions : A case study on Kobe Nada Hall.

Degree: 2014, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学

本研究は、指定管理者制度が導入された神戸市灘区民ホールを題材にして地域との連携・協働を目指した公立文化施設の新な取り組みについて現地調査を行い、事例分析ものである。連携・協働が実現すためにはどのような要素が必要となるのか、指定管理者制度はどのような影響を及ぼしたのか、についてNPMの視点から考察を試みる。東日本大震災や「劇場・音楽堂等の活性化に関する法律」をきっかけに、文施設役割は変容をめられている。社会変化が激しく、地域ごとに状況や課題が多様である現代おいては、各文化施設が独自の対応が期待され、指定管理者制度は地域文化施設の運営に一効用あると考えられる。事例調査を行った神戸市立灘区民ホールは2社による共同事業体によって管理運営がなされている。運営を主導する1社は使命を同じくする「同志的集団」であことに注目し、人材が集まった経緯や運営方針について解明を試みた。地域に存在する商店街・周辺文化施設・高等教育機関に対して、同ホール職員が施設を出て、積極的に地域文化活動に人的・物的支援を行っていく様子明らかにした。このような施設を「地域連携協働型」文化と名付け、上記の取り組み可能にしている要素として次の3点を挙げた。1つには「地域連携協働型」文化施設にはNPMを生かした指定管理者制度の導入が効果的であること。2つには管理運営をする指定者には、管理運営方針に具体的なミッションを掲げ、それ賛同する人たちが集まった「同志的集団」であることが望ましいこと。3つには 「同志的集団」を指定管理者に選定する場合、自治体はNPMに基づいて、一定の権限移譲を行うこと、である。同ホールのような地域文化施設は全国各に置されており、連携・協働担い手である商店街・周辺文化施設高等教育機関は地域に存在している。灘区民ホールの取り組みは、大都市の小規模施設や中都文化自治体行政参考になると考えた。

静岡文化芸術大学

2013

Advisors/Committee Members: 松本, 茂章.

Subjects/Keywords: 公立文化施設; 指定管理者制度; NPM; 連携・協働; 地域振興; Regional Cultural Institutions; Designated Administrator System; New Public Management(NPM); partnership and collaboration; regional development

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

松本, . (2014). 地域文化施設における連携と協働の可能性 : 神戸市立灘区民ホールを事例として : The Possibility of partnership and collaboration at Regional Cultural Institutions : A case study on Kobe Nada Hall. (Thesis). Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1132/00000982/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

松本, 麻未. “地域文化施設における連携と協働の可能性 : 神戸市立灘区民ホールを事例として : The Possibility of partnership and collaboration at Regional Cultural Institutions : A case study on Kobe Nada Hall.” 2014. Thesis, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Accessed March 20, 2019. http://id.nii.ac.jp/1132/00000982/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

松本, 麻未. “地域文化施設における連携と協働の可能性 : 神戸市立灘区民ホールを事例として : The Possibility of partnership and collaboration at Regional Cultural Institutions : A case study on Kobe Nada Hall.” 2014. Web. 20 Mar 2019.

Vancouver:

松本 . 地域文化施設における連携と協働の可能性 : 神戸市立灘区民ホールを事例として : The Possibility of partnership and collaboration at Regional Cultural Institutions : A case study on Kobe Nada Hall. [Internet] [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2014. [cited 2019 Mar 20]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00000982/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

松本 . 地域文化施設における連携と協働の可能性 : 神戸市立灘区民ホールを事例として : The Possibility of partnership and collaboration at Regional Cultural Institutions : A case study on Kobe Nada Hall. [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2014. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00000982/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

13. 曳地, 真澄. 市民と共に取り組む文化財保存に関する研究 : 博物館における市民協働型IPMを事例に : Research on cultural heritage preservation with citizens : The case of civil collaborative IPM in museums.

Degree: 2015, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学

日本では、近代以降、文化財の保存機能が博物館に集約されるようになり、文化財保存は専門性の非常に高いものとなっていた。博物館での教育普及活動や文化ボランティアの活動が行われるようになったが、文化財保存や収蔵庫での保管業務に関わるようなボランティア活動や教育普及などは、その専門性故に難しいとされてきた。また、近代化以降の文化財保存は、社会情勢によって方策を変更しながら現在に至っている。地球温暖化を背景に文化財用の燻蒸薬剤として利用されていた臭化メチルが全廃となり、1990年代半ばから、文化財保存の方針がIPM(総合的有害生物管理:Integrated Pest Management)に切り替わった。約20年の間にIPMの認知度は上がったが、十分な体制を整えて実行できない館は依然として多数ある。 IPM導入館のうち多くは、館職員と専門業者によるIPMを行っているが、九州国立博物館・愛知県美術館・岐阜県美術館の3館では、市民も一緒にIPMに取り組む市民共同型IPMの体制を築いている。 そこで、市民協働型IPMを行っている施設のIPM体制を比較し、市民協働型IPMに必要な要素を明らかにし、今後市民協働のIPMを行う施設を行う施設を増やすための示唆を得ることを目的とした研究を行う。 プレ調査の結果、市民IPMには(1)支援者増員による館全体のIPMの促進、(2)文化財保存の教育普及効果、(3)IPM支援者は増えるがボランティアマネジメントの負担も大きい、といった特徴が分かった。 本調査では、調査対象を既に市民協働型IPMを行っている3館4団体と、導入を計画している熊本市現代美術館とし、インタビュー調査と可能な限りでの参与観察・非参与観察を行った。その結果を非営利組織のマネジメント体系に沿って、「ミッション・目標の方策」「戦略的な方策」「戦術的な方策」の3レベルに分類してまとめた。

静岡文化芸術大学

2014

Advisors/Committee Members: 片山, 泰輔.

Subjects/Keywords: 文化財保存; IPM; 博物館ボランティア; ボランティアマネジメント; Conservation of cultural property; IPM; Museum volunteer; Volunteer management

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

曳地, . (2015). 市民と共に取り組む文化財保存に関する研究 : 博物館における市民協働型IPMを事例に : Research on cultural heritage preservation with citizens : The case of civil collaborative IPM in museums. (Thesis). Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1132/00001037/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

曳地, 真澄. “市民と共に取り組む文化財保存に関する研究 : 博物館における市民協働型IPMを事例に : Research on cultural heritage preservation with citizens : The case of civil collaborative IPM in museums.” 2015. Thesis, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Accessed March 20, 2019. http://id.nii.ac.jp/1132/00001037/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

曳地, 真澄. “市民と共に取り組む文化財保存に関する研究 : 博物館における市民協働型IPMを事例に : Research on cultural heritage preservation with citizens : The case of civil collaborative IPM in museums.” 2015. Web. 20 Mar 2019.

Vancouver:

曳地 . 市民と共に取り組む文化財保存に関する研究 : 博物館における市民協働型IPMを事例に : Research on cultural heritage preservation with citizens : The case of civil collaborative IPM in museums. [Internet] [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2015. [cited 2019 Mar 20]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00001037/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

曳地 . 市民と共に取り組む文化財保存に関する研究 : 博物館における市民協働型IPMを事例に : Research on cultural heritage preservation with citizens : The case of civil collaborative IPM in museums. [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2015. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00001037/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

14. 林, 上安. 芸術祭を活用した産業振興の新たな可能性 : 地方圏芸術祭に焦点を当てて : Exploring the Possibility for the Industrial Development : Focus on Local Art Festivals.

Degree: 2015, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学

地方圏において、少子高齢化の進展と大都市への人口流出が、地域間格差を拡大し、地域経済の衰退と社会的共同生活機能の崩壊を招き地方共通の問題になっている。持続的発展のためには、地方圏における現状の悪化に歯止めをかける地域活性化策が必要であるが、2000年に「大地の芸術祭」が開催され、地域活性化として成功したことが高く評価され、多くの地方自治体は芸術祭を地域活性化の手段として考えるようになり、地方圏で芸術祭が盛んに開催されるようになって来た。地域活性化のためには、経済振興が不可欠である。芸術祭開催期間内で発生する経済波及効果は一時期的に地域経済を高めるが、長期的に地域経済を支える産業の振興は更に重視すべき施策であり、芸術祭を活用して地域経済循環を活性化させることが地方にとって新しい機会となると考える。 本論文の目的は、芸術祭が産業振興の触媒として果たす効果と、それを発揮するための方策を明らかにすることである。 本研究は、地方圏における(1)人口減少地域のインバウンド効果、(2)地方都市のアウトバウンド効果、の2つのフレームを分析軸として、5つの地方圏芸術祭を対象として、行政、芸術祭運営団体や地元業者に対し、計18件のインタビュー調査を行った。これらの調査から、芸術祭による地域産業振興効果として、インバウンド効果は(1)資源の充実(人材の移入と育成、アイディアの移入と技術の向上)、(2)マーケティングの充実(新規創業、客層の転換・拡大、生産誘発)(3)産業のグレードアップ(産業転換、創造性を喚起させる)、以上3つの効果があると考えられる。また、アウトバウンド効果は、(1)地域ブランドの認識度を高める、(2)産業集積を呼ぶための情報発信、以上2つの効果があると明らかに出来た。更に、芸術祭を活用して産業振興を実現するには、(1)継続の必要性、(2)行政の支援、(3)民間の自主性、が必要と考えられる。

静岡文化芸術大学

2014

Advisors/Committee Members: 片山, 泰輔.

Subjects/Keywords: 産業振興; 地域活性化; 芸術祭; アートプロジェクト; Industrial Development; Regional Vitalization; Art Festival; Art Project

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

林, . (2015). 芸術祭を活用した産業振興の新たな可能性 : 地方圏芸術祭に焦点を当てて : Exploring the Possibility for the Industrial Development : Focus on Local Art Festivals. (Thesis). Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1132/00001039/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

林, 上安. “芸術祭を活用した産業振興の新たな可能性 : 地方圏芸術祭に焦点を当てて : Exploring the Possibility for the Industrial Development : Focus on Local Art Festivals.” 2015. Thesis, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Accessed March 20, 2019. http://id.nii.ac.jp/1132/00001039/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

林, 上安. “芸術祭を活用した産業振興の新たな可能性 : 地方圏芸術祭に焦点を当てて : Exploring the Possibility for the Industrial Development : Focus on Local Art Festivals.” 2015. Web. 20 Mar 2019.

Vancouver:

林 . 芸術祭を活用した産業振興の新たな可能性 : 地方圏芸術祭に焦点を当てて : Exploring the Possibility for the Industrial Development : Focus on Local Art Festivals. [Internet] [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2015. [cited 2019 Mar 20]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00001039/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

林 . 芸術祭を活用した産業振興の新たな可能性 : 地方圏芸術祭に焦点を当てて : Exploring the Possibility for the Industrial Development : Focus on Local Art Festivals. [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2015. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00001039/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

15. 刘, 斯佳. 現代中国における校外音楽教育の研究 : 長春市少年宮と顕順琵琶学校を中心として : A Study on the Off Campus Music Education in Modern China : Focusing on the Children's Palace in Changchun City and Xian Shun Pipa School.

Degree: 2016, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学

21世紀、中国は経済発展に伴い、生活における衣食住などの物質的な満足から、音楽など精神的世界の豊かさを享受しようと努力している。中国の音楽教育は学校音楽教育と校外音楽教育に分けられ、さらに、校外音楽教育は社会音楽教育と民間音楽教育に分けられている。近年、学校音楽教育と比べ、校外音楽教育の方が盛んになっている。これまで学校音楽教育については研究が進められてきたが、校外の音楽教育、特に民間音楽教育については、あまり研究されてこなかった。 本研究では、まず第一章で学校音楽教育の歴史を新中国建立前、新中国建立後、改革開放以第から現代の順で説明した。また、、学校音楽教育状を分析し、現在の学校音楽教育の問題点を明らかにした。第二章では、社会音楽教育として少年宮を取り上げ、少年宮の歴史・背景などを調査した上で、特に「長春市少年宮」を取りげた。近年長春市少年宮の問題に関する記事が多くなり、現在学生が減り、衰退してきた事実を述べた。第三章では民間音楽教育のマンツーマン音楽教育と一種類の楽器の専門学校―顕順琵琶学校を取り上げて、現状と問題点を分析した。また、第四章で現在の中国音楽教育において、重要な制度として認識されている社会音楽考級試験について分析した。音楽考級試験はどのようなものなのかを本論文で明らかにした。 校外音楽教育の目的はミュージシャンを養成することではなく、音楽を普及させ、子供の精神的糧を増し、心身健康な子供を養成することである。音楽上達の成果の追求ではなく、校外音楽教育を普及させ、子供は心から、生活を愛し、さらに一生音楽を伴い、生活の質を向上させることが目的である。学校音楽教育、社会音楽教育、民間音楽教育の間には、競争ではなく、お互いに支え、長所を持って短所を補足する考えが必要である。

静岡文化芸術大学

2015

Advisors/Committee Members: 奥中, 康人.

Subjects/Keywords: 校外音楽教育; 少年宮; 顕順琵琶学校; 考級; Off-Campus Music Education; Children's Palace; Xian Shun Pipa School; Grade Examination

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

刘, . (2016). 現代中国における校外音楽教育の研究 : 長春市少年宮と顕順琵琶学校を中心として : A Study on the Off Campus Music Education in Modern China : Focusing on the Children's Palace in Changchun City and Xian Shun Pipa School. (Thesis). Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1132/00001181/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

刘, 斯佳. “現代中国における校外音楽教育の研究 : 長春市少年宮と顕順琵琶学校を中心として : A Study on the Off Campus Music Education in Modern China : Focusing on the Children's Palace in Changchun City and Xian Shun Pipa School.” 2016. Thesis, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Accessed March 20, 2019. http://id.nii.ac.jp/1132/00001181/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

刘, 斯佳. “現代中国における校外音楽教育の研究 : 長春市少年宮と顕順琵琶学校を中心として : A Study on the Off Campus Music Education in Modern China : Focusing on the Children's Palace in Changchun City and Xian Shun Pipa School.” 2016. Web. 20 Mar 2019.

Vancouver:

刘 . 現代中国における校外音楽教育の研究 : 長春市少年宮と顕順琵琶学校を中心として : A Study on the Off Campus Music Education in Modern China : Focusing on the Children's Palace in Changchun City and Xian Shun Pipa School. [Internet] [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2016. [cited 2019 Mar 20]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00001181/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

刘 . 現代中国における校外音楽教育の研究 : 長春市少年宮と顕順琵琶学校を中心として : A Study on the Off Campus Music Education in Modern China : Focusing on the Children's Palace in Changchun City and Xian Shun Pipa School. [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2016. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00001181/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

16. 圡居, 孝広. ソフトウェアビジネスエコシステムにおける協業型営業の価値共創 -ソフトウェアコンポーネント企業A社におけるアクションリサーチ-.

Degree: Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学

Supervisor:内平 直志

知識科学研究科

修士

Subjects/Keywords: 営業; Eigyo; ナレッジマネジメント; Knowledge Management; 価値共創; Value co-creation; ビジネスエコシステム; Business ecosystem

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

圡居, . (n.d.). ソフトウェアビジネスエコシステムにおける協業型営業の価値共創 -ソフトウェアコンポーネント企業A社におけるアクションリサーチ-. (Thesis). Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10119/15162

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

圡居, 孝広. “ソフトウェアビジネスエコシステムにおける協業型営業の価値共創 -ソフトウェアコンポーネント企業A社におけるアクションリサーチ-.” Thesis, Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学. Accessed March 20, 2019. http://hdl.handle.net/10119/15162.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

圡居, 孝広. “ソフトウェアビジネスエコシステムにおける協業型営業の価値共創 -ソフトウェアコンポーネント企業A社におけるアクションリサーチ-.” Web. 20 Mar 2019.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.

Vancouver:

圡居 . ソフトウェアビジネスエコシステムにおける協業型営業の価値共創 -ソフトウェアコンポーネント企業A社におけるアクションリサーチ-. [Internet] [Thesis]. Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学; [cited 2019 Mar 20]. Available from: http://hdl.handle.net/10119/15162.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

Council of Science Editors:

圡居 . ソフトウェアビジネスエコシステムにおける協業型営業の価値共創 -ソフトウェアコンポーネント企業A社におけるアクションリサーチ-. [Thesis]. Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学; Available from: http://hdl.handle.net/10119/15162

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

17. 岡村, 晴彦. 製品コンセプト構築フェーズのマネジメント -携帯電話端末メーカーS社における事例分析-.

Degree: Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学

Supervisor:内平 直志

知識科学研究科

修士

Subjects/Keywords: 製品開発; Product development; コンセプト; Concept; スマートフォン; Smartphone

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

岡村, . (n.d.). 製品コンセプト構築フェーズのマネジメント -携帯電話端末メーカーS社における事例分析-. (Thesis). Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10119/15165

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

岡村, 晴彦. “製品コンセプト構築フェーズのマネジメント -携帯電話端末メーカーS社における事例分析-.” Thesis, Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学. Accessed March 20, 2019. http://hdl.handle.net/10119/15165.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

岡村, 晴彦. “製品コンセプト構築フェーズのマネジメント -携帯電話端末メーカーS社における事例分析-.” Web. 20 Mar 2019.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.

Vancouver:

岡村 . 製品コンセプト構築フェーズのマネジメント -携帯電話端末メーカーS社における事例分析-. [Internet] [Thesis]. Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学; [cited 2019 Mar 20]. Available from: http://hdl.handle.net/10119/15165.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

Council of Science Editors:

岡村 . 製品コンセプト構築フェーズのマネジメント -携帯電話端末メーカーS社における事例分析-. [Thesis]. Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学; Available from: http://hdl.handle.net/10119/15165

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

18. 北村, 竜之介. 家庭内ネットワークにおける管理運用情報統合に関する研究.

Degree: Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学

Supervisor:丹 康雄

先端科学技術研究科

修士(情報科学)

Subjects/Keywords: ホームネットワーク; Home Network; 管理運用技術; Management and Operation Technology

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

北村, . (n.d.). 家庭内ネットワークにおける管理運用情報統合に関する研究. (Thesis). Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10119/15173

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

北村, 竜之介. “家庭内ネットワークにおける管理運用情報統合に関する研究.” Thesis, Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学. Accessed March 20, 2019. http://hdl.handle.net/10119/15173.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

北村, 竜之介. “家庭内ネットワークにおける管理運用情報統合に関する研究.” Web. 20 Mar 2019.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.

Vancouver:

北村 . 家庭内ネットワークにおける管理運用情報統合に関する研究. [Internet] [Thesis]. Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学; [cited 2019 Mar 20]. Available from: http://hdl.handle.net/10119/15173.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

Council of Science Editors:

北村 . 家庭内ネットワークにおける管理運用情報統合に関する研究. [Thesis]. Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学; Available from: http://hdl.handle.net/10119/15173

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

19. 清田, 守. ハイテク製造業における研究開発プロジェクトマネジメント手法の研究 : A Study of Project Management Method of Research and Development in High -technology Manufacture Companies.

Degree: 博士(工学), 2018, Ciba Institute of Technology / 千葉工業大学

平成28年度

Subjects/Keywords: R&D|研究開発|プロジェクトマネジメント|死の谷|魔の川; R&D|Project Management |valley of death|Devil River

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

清田, . (2018). ハイテク製造業における研究開発プロジェクトマネジメント手法の研究 : A Study of Project Management Method of Research and Development in High -technology Manufacture Companies. (Thesis). Ciba Institute of Technology / 千葉工業大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1196/00000191/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

清田, 守. “ハイテク製造業における研究開発プロジェクトマネジメント手法の研究 : A Study of Project Management Method of Research and Development in High -technology Manufacture Companies.” 2018. Thesis, Ciba Institute of Technology / 千葉工業大学. Accessed March 20, 2019. http://id.nii.ac.jp/1196/00000191/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

清田, 守. “ハイテク製造業における研究開発プロジェクトマネジメント手法の研究 : A Study of Project Management Method of Research and Development in High -technology Manufacture Companies.” 2018. Web. 20 Mar 2019.

Vancouver:

清田 . ハイテク製造業における研究開発プロジェクトマネジメント手法の研究 : A Study of Project Management Method of Research and Development in High -technology Manufacture Companies. [Internet] [Thesis]. Ciba Institute of Technology / 千葉工業大学; 2018. [cited 2019 Mar 20]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1196/00000191/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

清田 . ハイテク製造業における研究開発プロジェクトマネジメント手法の研究 : A Study of Project Management Method of Research and Development in High -technology Manufacture Companies. [Thesis]. Ciba Institute of Technology / 千葉工業大学; 2018. Available from: http://id.nii.ac.jp/1196/00000191/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

20. 松下, 巧. Expression of Grhl2 and Its Target Gene Products in Developing Mouse Submandibular Gland : マウス顎下腺発生過程における転写因子 Grhl2 とその標的遺伝子の発現.

Degree: 博士(歯学), 2017, Osaka Dental University / 大阪歯科大学

Development of the salivary gland is characterized by extensive branching morphogenesis and lumen formation as well as differentiation into acinar and ductal cells. Although various… (more)

Subjects/Keywords: Grhl2; SPINT1; Matriptase; Salivary gland; Development

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

松下, . (2017). Expression of Grhl2 and Its Target Gene Products in Developing Mouse Submandibular Gland : マウス顎下腺発生過程における転写因子 Grhl2 とその標的遺伝子の発現. (Thesis). Osaka Dental University / 大阪歯科大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1392/00000147/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

松下, 巧. “Expression of Grhl2 and Its Target Gene Products in Developing Mouse Submandibular Gland : マウス顎下腺発生過程における転写因子 Grhl2 とその標的遺伝子の発現.” 2017. Thesis, Osaka Dental University / 大阪歯科大学. Accessed March 20, 2019. http://id.nii.ac.jp/1392/00000147/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

松下, 巧. “Expression of Grhl2 and Its Target Gene Products in Developing Mouse Submandibular Gland : マウス顎下腺発生過程における転写因子 Grhl2 とその標的遺伝子の発現.” 2017. Web. 20 Mar 2019.

Vancouver:

松下 . Expression of Grhl2 and Its Target Gene Products in Developing Mouse Submandibular Gland : マウス顎下腺発生過程における転写因子 Grhl2 とその標的遺伝子の発現. [Internet] [Thesis]. Osaka Dental University / 大阪歯科大学; 2017. [cited 2019 Mar 20]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1392/00000147/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

松下 . Expression of Grhl2 and Its Target Gene Products in Developing Mouse Submandibular Gland : マウス顎下腺発生過程における転写因子 Grhl2 とその標的遺伝子の発現. [Thesis]. Osaka Dental University / 大阪歯科大学; 2017. Available from: http://id.nii.ac.jp/1392/00000147/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

21. 村田, 雄. ARM向け組み込みOSにおける実行性能改善に関する研究 : Research on a Performance Improvement of OS/161 Operating System for ARM Processor.

Degree: 2016, Waseda University / 早稲田大学

近年,OSは様々な要求を取り込むために機能が増加し,その構造が大規模化,複雑化している.この様な状況の中,膨大なソースコードをもつLinuxのようなOSは理解が困難であり,OSの内部構造を学ぶ上では不適切である.そこで我々は,小規模なOSであるOS/161をARMプロセッサ向けに移植を行った.これにより,OSを理解する上でOSの移植は非常に効率の良い方法であることが分かった.また,組み込み機器では応答性やリアルタイム性といった要素は重要であるため,その性能を向上させる手法としてCopy-on-Writeの実装および評価を行った.この結果,Copy-on-Writeは性能改善に非常に有効であり,最悪なケースでもオーバヘッドは1.39%と非常に小さいことが分かった.

卒業論文

Advisors/Committee Members: 中島, 達夫, 中島研究室.

Subjects/Keywords: オペレーティングシステム; 組み込み機器; メモリ管理; コピー・オン・ライト; Operating Systems; Embedded Systems; Memory Management; Copy-on-Write

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

村田, . (2016). ARM向け組み込みOSにおける実行性能改善に関する研究 : Research on a Performance Improvement of OS/161 Operating System for ARM Processor. (Thesis). Waseda University / 早稲田大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2065/661

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

村田, 雄. “ARM向け組み込みOSにおける実行性能改善に関する研究 : Research on a Performance Improvement of OS/161 Operating System for ARM Processor.” 2016. Thesis, Waseda University / 早稲田大学. Accessed March 20, 2019. http://hdl.handle.net/2065/661.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

村田, 雄. “ARM向け組み込みOSにおける実行性能改善に関する研究 : Research on a Performance Improvement of OS/161 Operating System for ARM Processor.” 2016. Web. 20 Mar 2019.

Vancouver:

村田 . ARM向け組み込みOSにおける実行性能改善に関する研究 : Research on a Performance Improvement of OS/161 Operating System for ARM Processor. [Internet] [Thesis]. Waseda University / 早稲田大学; 2016. [cited 2019 Mar 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2065/661.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

村田 . ARM向け組み込みOSにおける実行性能改善に関する研究 : Research on a Performance Improvement of OS/161 Operating System for ARM Processor. [Thesis]. Waseda University / 早稲田大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/2065/661

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

22. 腰前, 秀成. 組込み向けプロセッサにおけるオペレーティングシステムの実装 : Implementation of an Operating System on ARM Embedded Processor.

Degree: 2016, Waseda University / 早稲田大学

携帯電話やPDAに代表されるように,近年の組込み機器は非常に高機能化してきている.それに伴い,組込み機器を制御するOSに対する要求も日々拡大してきている.しかし,既存のOSでは高機能化した組込み機器に求められる高信頼性,応答性,拡張性などを十分に提供できないのが現状である.本研究では,そのような組込み機器においても十分な仕組みを提供することが可能なOSを研究,開発していく上で必要な知識や技術を習得するために,必要最低限の機能を提供するOS/161を組込み向けプロセッサであるARMへ移植し,未実装部分の実装を行った.また,OSのパフォーマンス向上を目的として,プログラム実行時におけるオーバヘッドを明らかにした.その上で,オーバヘッドとなる部分の改良を行い,パフォーマンスの向上を実現した.

卒業論文

Advisors/Committee Members: 中島, 達夫, 中島研究室.

Subjects/Keywords: 組込みシステム; オペレーティングシステム; プロセス管理; メモリ管理; Embedded Systems; Operating Systems; Process Management; Memory Management

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

腰前, . (2016). 組込み向けプロセッサにおけるオペレーティングシステムの実装 : Implementation of an Operating System on ARM Embedded Processor. (Thesis). Waseda University / 早稲田大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2065/655

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

腰前, 秀成. “組込み向けプロセッサにおけるオペレーティングシステムの実装 : Implementation of an Operating System on ARM Embedded Processor.” 2016. Thesis, Waseda University / 早稲田大学. Accessed March 20, 2019. http://hdl.handle.net/2065/655.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

腰前, 秀成. “組込み向けプロセッサにおけるオペレーティングシステムの実装 : Implementation of an Operating System on ARM Embedded Processor.” 2016. Web. 20 Mar 2019.

Vancouver:

腰前 . 組込み向けプロセッサにおけるオペレーティングシステムの実装 : Implementation of an Operating System on ARM Embedded Processor. [Internet] [Thesis]. Waseda University / 早稲田大学; 2016. [cited 2019 Mar 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2065/655.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

腰前 . 組込み向けプロセッサにおけるオペレーティングシステムの実装 : Implementation of an Operating System on ARM Embedded Processor. [Thesis]. Waseda University / 早稲田大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/2065/655

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

23. 神戸, 猛. ユビキタスコンピューティング環境における現場指向の開発支援ツール : An On-site Development Tool for a Ubiquitous Computing Environment.

Degree: 2016, Waseda University / 早稲田大学

ユビキタス社会が叫ばれる昨今,ユーザが置かれた環境や状況を把握し,それにもとにシステムが振る舞いを適応させることができるようになりつつある.このような社会の実現には,ユーザの周辺にある日常物による自然なコンテクストの抽出が必要不可欠である.今日,センサデバイスを埋め込んだ日常物は徐々に増加しているが,それを統合するアプリケーション(以下,AP)が少ないのが現状である.これは,知的な日常物を統合したAPの開発が容易ではないことから来ていると考えられる.本研究では,そういった知的な日常物の統合における課題を抽出し,その課題を解決するためのAP開発の将来像の1つとして,「現場指向の開発支援ツール」を提案する.実際に対象となる知的な日常物を目の当たりにしながらAPを開発することで,AP開発者の開発効率を向上できると考えたからである.本論文では,この「現場指向の開発支援ツール」の概要から実装,評価を述べる.

卒業論文

Advisors/Committee Members: 中島, 達夫, 中島研究室.

Subjects/Keywords: コンテクスト; 現場; 統合; Bazaar; 開発支援ツール; context; on-site; integrate; Bazaar; development tool

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

神戸, . (2016). ユビキタスコンピューティング環境における現場指向の開発支援ツール : An On-site Development Tool for a Ubiquitous Computing Environment. (Thesis). Waseda University / 早稲田大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2065/652

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

神戸, 猛. “ユビキタスコンピューティング環境における現場指向の開発支援ツール : An On-site Development Tool for a Ubiquitous Computing Environment.” 2016. Thesis, Waseda University / 早稲田大学. Accessed March 20, 2019. http://hdl.handle.net/2065/652.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

神戸, 猛. “ユビキタスコンピューティング環境における現場指向の開発支援ツール : An On-site Development Tool for a Ubiquitous Computing Environment.” 2016. Web. 20 Mar 2019.

Vancouver:

神戸 . ユビキタスコンピューティング環境における現場指向の開発支援ツール : An On-site Development Tool for a Ubiquitous Computing Environment. [Internet] [Thesis]. Waseda University / 早稲田大学; 2016. [cited 2019 Mar 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2065/652.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

神戸 . ユビキタスコンピューティング環境における現場指向の開発支援ツール : An On-site Development Tool for a Ubiquitous Computing Environment. [Thesis]. Waseda University / 早稲田大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/2065/652

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

24. 花岡, 健介. 組み込み向けMINIXのプロセス管理に関する研究 : Research for the Process Management of the Embedded MINIX.

Degree: 2016, Waseda University / 早稲田大学

近年,PDAや携帯電話などの組み込み機器は非常に高機能化してきている.それに伴ってOSも年々高機能化してきているが,同時に構造が複雑化してきている.本研究の目的は,比較的規模の小さなOSであるMINIXをARMアーキテクチャへ移植し,OSの基本的な動作を理解した上で,組み込み機器の持つ要求を満たすために必要なOSの機能について議論することにある.移植を行ったMINIXの性能評価として,プロセス管理において重要なforkおよびexecシステムコールのコストを計測し,同じARM上で動作するLinuxとの比較を行った.MINIXはLinuxと比較して30倍近く遅いという結果を得たが,MINIXのオーバーヘッドとなっている部分について考察を行い,組み込み機器への適用可能性を議論した.

卒業論文

Advisors/Committee Members: 中島, 達夫, 中島研究室.

Subjects/Keywords: MINIX; 組み込み機器; プロセス管理; プロセス間通信; MINIX; Embedded Systems; Process Management; InterProcess Communication

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

花岡, . (2016). 組み込み向けMINIXのプロセス管理に関する研究 : Research for the Process Management of the Embedded MINIX. (Thesis). Waseda University / 早稲田大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2065/658

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

花岡, 健介. “組み込み向けMINIXのプロセス管理に関する研究 : Research for the Process Management of the Embedded MINIX.” 2016. Thesis, Waseda University / 早稲田大学. Accessed March 20, 2019. http://hdl.handle.net/2065/658.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

花岡, 健介. “組み込み向けMINIXのプロセス管理に関する研究 : Research for the Process Management of the Embedded MINIX.” 2016. Web. 20 Mar 2019.

Vancouver:

花岡 . 組み込み向けMINIXのプロセス管理に関する研究 : Research for the Process Management of the Embedded MINIX. [Internet] [Thesis]. Waseda University / 早稲田大学; 2016. [cited 2019 Mar 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2065/658.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

花岡 . 組み込み向けMINIXのプロセス管理に関する研究 : Research for the Process Management of the Embedded MINIX. [Thesis]. Waseda University / 早稲田大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/2065/658

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

25. 小原, 圭央. XCASTを利用したコミュニケーション環境におけるグループ管理システムに関する研究 : Research on Group Management System for the Communication Environment based on XCAST.

Degree: 2016, Waseda University / 早稲田大学

PC上ではメールだけでなく、テキストチャット、IP電話、ビデオ会議システムなど、さまざまなコミュニケーションチャネルが存在する。さらにファイル共有やアプリケーション共有などによって、遠隔地同士の共同作業が可能となってきている。このように、遠隔で複数の人達が共同作業をするという状況は、今後ますます想定されていくことであろうと思われる。現在では、この遠隔コラボレーション(距離的に離れた複数の場所にいる人達が、共同して作業を行うこと)を支援するシステムがいくつか存在するが、複数の人達がグループを形成し共同作業を行うような状況を十分に支援するシステムは、そのニーズが高いのにも関わらず、一般的なものは存在しない。本研究では、XCASTとJabberを用いて、遠隔コラボレーションを支援する要求事項の1つと考えられる、多人数多グループでの共同作業を十分に支援することができるグループ管理システムを提供することを目的する。

卒業論文

Advisors/Committee Members: 深澤, 良彰, 深澤研究室.

Subjects/Keywords: 共同作業; XCAST; Jabber; グループ管理; Collaboration; XCAST; Jabber; Group Management

Page 1 Page 2 Page 3

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

小原, . (2016). XCASTを利用したコミュニケーション環境におけるグループ管理システムに関する研究 : Research on Group Management System for the Communication Environment based on XCAST. (Thesis). Waseda University / 早稲田大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2065/596

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

小原, 圭央. “XCASTを利用したコミュニケーション環境におけるグループ管理システムに関する研究 : Research on Group Management System for the Communication Environment based on XCAST.” 2016. Thesis, Waseda University / 早稲田大学. Accessed March 20, 2019. http://hdl.handle.net/2065/596.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

小原, 圭央. “XCASTを利用したコミュニケーション環境におけるグループ管理システムに関する研究 : Research on Group Management System for the Communication Environment based on XCAST.” 2016. Web. 20 Mar 2019.

Vancouver:

小原 . XCASTを利用したコミュニケーション環境におけるグループ管理システムに関する研究 : Research on Group Management System for the Communication Environment based on XCAST. [Internet] [Thesis]. Waseda University / 早稲田大学; 2016. [cited 2019 Mar 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2065/596.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

小原 . XCASTを利用したコミュニケーション環境におけるグループ管理システムに関する研究 : Research on Group Management System for the Communication Environment based on XCAST. [Thesis]. Waseda University / 早稲田大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/2065/596

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

26. 吉田, 昂央. Java3Dによる、中学数学における空間図形把握能力の養成に関する研究 : Imagination Training of Polyhedra by Java3D.

Degree: 2016, Waseda University / 早稲田大学

近年では、コンピュータが目覚しく発展し、それに伴って非常に便利なソフトウェアも多く登場した。教育のためのソフトも、現在では数え切れないほど存在する。私が興味を持っていた立体図形の指導に関しても、これを支援するソフトや、これを用いた指導案は存在していたが、実際に塾講師として生徒と向き合ってみたとき、空間把握能力がある生徒とない生徒の差の大きさに驚いた。しかも、圧倒的に後者のほうが多いという現状も初めて知った。コンピュータの進歩に伴い同分野でも数多くの提案がなされてきたが、その成果はまだあまりないようである。今回はこうした現状を踏まえ、自身の塾講師としての経験を生かして新たな提案をすることを本論文のテーマとする。最終目的は表題にあるように、「空間図形把握能力の向上」であるが、その指標として、「空間図形のイメージができるようになる」「空間図形の問題が解ける」を目指すことにする。具体的には、前者は立方体の断面の様子を頭の中で理解できることとし、後者は頭の中でのイメージを活用し、中学レベルの空間図形の問題が解けることとする。これらの目的を、アニメーションを見せることで達成できるのではないかと考え、アニメーション機能を実装するソフトを制作した。このソフトを用いた実験結果の報告を行うとともに、今後の課題や展開についての提案をする。

卒業論文

Advisors/Committee Members: 大石, 進一, 大石研究室.

Subjects/Keywords: 教育; 数学; 立体幾何学; Java3D; education; math; solid geometry; Java3D

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

吉田, . (2016). Java3Dによる、中学数学における空間図形把握能力の養成に関する研究 : Imagination Training of Polyhedra by Java3D. (Thesis). Waseda University / 早稲田大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2065/673

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

吉田, 昂央. “Java3Dによる、中学数学における空間図形把握能力の養成に関する研究 : Imagination Training of Polyhedra by Java3D.” 2016. Thesis, Waseda University / 早稲田大学. Accessed March 20, 2019. http://hdl.handle.net/2065/673.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

吉田, 昂央. “Java3Dによる、中学数学における空間図形把握能力の養成に関する研究 : Imagination Training of Polyhedra by Java3D.” 2016. Web. 20 Mar 2019.

Vancouver:

吉田 . Java3Dによる、中学数学における空間図形把握能力の養成に関する研究 : Imagination Training of Polyhedra by Java3D. [Internet] [Thesis]. Waseda University / 早稲田大学; 2016. [cited 2019 Mar 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2065/673.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

吉田 . Java3Dによる、中学数学における空間図形把握能力の養成に関する研究 : Imagination Training of Polyhedra by Java3D. [Thesis]. Waseda University / 早稲田大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/2065/673

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

27. 宮之前, 謙一. 地理属性を考慮したZoneDHTによる分散コンテンツ管理モデル : Zone-DHT: a DHT with Geographical Node Clustering for Distributed Contents Management.

Degree: 2016, Waseda University / 早稲田大学

大規模なネットワークでコンテンツ発見を行う環境においてネットワーク上のコンテンツ管理には、特定コンテンツへのホットスポット回避や、災害等によるコンテンツ消滅回避施策など、様々な問題がある。そこで本研究ではコンテンツ管理戦略に有用なノードクラスタ情報を提供するオーバレイ、Zone-DHTを構築する。Zone-DHTはベースをTapestry-DHTに、ノード間の距離情報を考慮したID付けを行ったDHTである。Zone-DHTの構成は大きく、ZONE情報の管理面とZONE情報の収集面に分けられる。Zone-DHTの評価では、短期間のシミュレーションにおいてクラスタリング精度、クラスタ情報の収集、Tapestryへの負荷の面で良好な結果を得た。

修士論文

Advisors/Committee Members: 村岡, 洋一, 村岡研究室.

Subjects/Keywords: DHT; 分散コンテンツ管理; 地理的なノードクラスタリング; DHT; Distributed Contents Management; Geographical Node Clustering

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

宮之前, . (2016). 地理属性を考慮したZoneDHTによる分散コンテンツ管理モデル : Zone-DHT: a DHT with Geographical Node Clustering for Distributed Contents Management. (Thesis). Waseda University / 早稲田大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2065/745

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

宮之前, 謙一. “地理属性を考慮したZoneDHTによる分散コンテンツ管理モデル : Zone-DHT: a DHT with Geographical Node Clustering for Distributed Contents Management.” 2016. Thesis, Waseda University / 早稲田大学. Accessed March 20, 2019. http://hdl.handle.net/2065/745.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

宮之前, 謙一. “地理属性を考慮したZoneDHTによる分散コンテンツ管理モデル : Zone-DHT: a DHT with Geographical Node Clustering for Distributed Contents Management.” 2016. Web. 20 Mar 2019.

Vancouver:

宮之前 . 地理属性を考慮したZoneDHTによる分散コンテンツ管理モデル : Zone-DHT: a DHT with Geographical Node Clustering for Distributed Contents Management. [Internet] [Thesis]. Waseda University / 早稲田大学; 2016. [cited 2019 Mar 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2065/745.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

宮之前 . 地理属性を考慮したZoneDHTによる分散コンテンツ管理モデル : Zone-DHT: a DHT with Geographical Node Clustering for Distributed Contents Management. [Thesis]. Waseda University / 早稲田大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/2065/745

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

28. 川古谷, 裕平. 資源濫用攻撃耐性を持つRental-Retrieveチケット配布型Lottery資源管理手法の提案と実装 : Proposal and Implementation of Rental-Retrieve Lottery Resource Management Technique against Denial of Service Attack.

Degree: 2016, Waseda University / 早稲田大学

近年、インターネットからソフトウェアをダウンロードして、自分のマシン上で実行することが多くなった。そのようなソフトウェアの中には悪意を持つ攻撃者が作成した攻撃プログラムも少なくない。このような攻撃形態の一つに資源濫用型のサービス妨害攻撃が存在する。この攻撃はCPUやメモリなどのコンピュータの資源を意図的に占有し、濫用することで他のプログラムの応答性を阻害し、実行を著しく低下する攻撃である。 本研究では、Proportional shareでIsolationを実現できるLottery資源管理アルゴリズムを拡張し、資源の使用状況に応じてチケットの貸し借りを行うRental-Retrieve型のチケットの配布方法を提案することで、資源を濫用しているプロセスを抑制し、資源の濫用を防止する資源管理方式について提案する。実際、提案手法をLinuxカーネル2.4.19にて実装し、CPU占有型、メモリ占有型の資源濫用攻撃を防ぐことが可能であるかを実験した。

修士論文

Advisors/Committee Members: 村岡, 洋一, 村岡研究室.

Subjects/Keywords: Lottery資源管理方式; 資源濫用攻撃; Linux Kernel; メモリ管理; スケジューラ; Lottery resource management; scheduler; memory management; Linux Kernel; Denial of Service Attack

Page 1 Page 2 Page 3

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

川古谷, . (2016). 資源濫用攻撃耐性を持つRental-Retrieveチケット配布型Lottery資源管理手法の提案と実装 : Proposal and Implementation of Rental-Retrieve Lottery Resource Management Technique against Denial of Service Attack. (Thesis). Waseda University / 早稲田大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2065/741

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

川古谷, 裕平. “資源濫用攻撃耐性を持つRental-Retrieveチケット配布型Lottery資源管理手法の提案と実装 : Proposal and Implementation of Rental-Retrieve Lottery Resource Management Technique against Denial of Service Attack.” 2016. Thesis, Waseda University / 早稲田大学. Accessed March 20, 2019. http://hdl.handle.net/2065/741.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

川古谷, 裕平. “資源濫用攻撃耐性を持つRental-Retrieveチケット配布型Lottery資源管理手法の提案と実装 : Proposal and Implementation of Rental-Retrieve Lottery Resource Management Technique against Denial of Service Attack.” 2016. Web. 20 Mar 2019.

Vancouver:

川古谷 . 資源濫用攻撃耐性を持つRental-Retrieveチケット配布型Lottery資源管理手法の提案と実装 : Proposal and Implementation of Rental-Retrieve Lottery Resource Management Technique against Denial of Service Attack. [Internet] [Thesis]. Waseda University / 早稲田大学; 2016. [cited 2019 Mar 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2065/741.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

川古谷 . 資源濫用攻撃耐性を持つRental-Retrieveチケット配布型Lottery資源管理手法の提案と実装 : Proposal and Implementation of Rental-Retrieve Lottery Resource Management Technique against Denial of Service Attack. [Thesis]. Waseda University / 早稲田大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/2065/741

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

29. 安達, 一斗. コンポーネントベースシステムのソフトウェア自律管理の提案 : An Automatic Management of Component-based System Software.

Degree: 2016, Waseda University / 早稲田大学

技術の進歩により小型で,多機能なコンピュータを内蔵した新しいデバイスが登場してきている.ネットワーク家電などの,それらデバイスは,ネットワーク内の他のデバイスと協調動作ができることがビジョンとして掲げられている.しかし,ネットワークに接続できることで,新たにセキュリティに対する管理が必要になってくる.本研究では,デバイス自身が能動的にセキュリティアップデートを行い,インストールされているソフトウェアの状態を管理する.これによりアップデートの未実行や設定変更のミスから生じるセキュリティ問題を回避できることが分かった.さらに長期的な視野で見ると,エンドユーザの管理タスクを軽減できることが検証された.

修士論文

Advisors/Committee Members: 中島, 達夫, 中島研究室.

Subjects/Keywords: 自律管理; コンポーネント; 依存関係; OSGi; automatic management; component; dependency; OSGi

Page 1 Page 2 Page 3

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

安達, . (2016). コンポーネントベースシステムのソフトウェア自律管理の提案 : An Automatic Management of Component-based System Software. (Thesis). Waseda University / 早稲田大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2065/749

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

安達, 一斗. “コンポーネントベースシステムのソフトウェア自律管理の提案 : An Automatic Management of Component-based System Software.” 2016. Thesis, Waseda University / 早稲田大学. Accessed March 20, 2019. http://hdl.handle.net/2065/749.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

安達, 一斗. “コンポーネントベースシステムのソフトウェア自律管理の提案 : An Automatic Management of Component-based System Software.” 2016. Web. 20 Mar 2019.

Vancouver:

安達 . コンポーネントベースシステムのソフトウェア自律管理の提案 : An Automatic Management of Component-based System Software. [Internet] [Thesis]. Waseda University / 早稲田大学; 2016. [cited 2019 Mar 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2065/749.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

安達 . コンポーネントベースシステムのソフトウェア自律管理の提案 : An Automatic Management of Component-based System Software. [Thesis]. Waseda University / 早稲田大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/2065/749

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

30. 細野, 一雄. 事業部門長による知識リーダシップの発揮とその影響 : IT企業の事業部門ナレッジマネジメントの事例研究.

Degree: Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学

Supervisor:内平 直志

知識科学研究科

修士

付録1(pp.78-95)はA社 秘密情報のため非公開

Subjects/Keywords: knowledge management; knowledge leadership; SECI model; ‘Ba’

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

細野, . (n.d.). 事業部門長による知識リーダシップの発揮とその影響 : IT企業の事業部門ナレッジマネジメントの事例研究. (Thesis). Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10119/15301

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

細野, 一雄. “事業部門長による知識リーダシップの発揮とその影響 : IT企業の事業部門ナレッジマネジメントの事例研究.” Thesis, Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学. Accessed March 20, 2019. http://hdl.handle.net/10119/15301.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

細野, 一雄. “事業部門長による知識リーダシップの発揮とその影響 : IT企業の事業部門ナレッジマネジメントの事例研究.” Web. 20 Mar 2019.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.

Vancouver:

細野 . 事業部門長による知識リーダシップの発揮とその影響 : IT企業の事業部門ナレッジマネジメントの事例研究. [Internet] [Thesis]. Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学; [cited 2019 Mar 20]. Available from: http://hdl.handle.net/10119/15301.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

Council of Science Editors:

細野 . 事業部門長による知識リーダシップの発揮とその影響 : IT企業の事業部門ナレッジマネジメントの事例研究. [Thesis]. Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学; Available from: http://hdl.handle.net/10119/15301

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

[1] [2] [3] [4] [5] … [9140]

.