Advanced search options

Advanced Search Options 🞨

Browse by author name (“Author name starts with…”).

Find ETDs with:

in
/  
in
/  
in
/  
in

Written in Published in Earliest date Latest date

Sorted by

Results per page:

Sorted by: relevance · author · university · dateNew search

Language: Japanese

You searched for subject:( Coupling). Showing records 1 – 12 of 12 total matches.

Search Limiters

Last 2 Years | English Only

No search limiters apply to these results.

▼ Search Limiters

1. 上垣, 伸. 振動的間接交換結合を示す磁性/非磁性多層膜の非磁性層伝導電子に誘起された磁気構造 : Induced magnetic structure of the conduction electrons in the nonmagnetic layer of the oscillatory interlayer exchange coupling magnetic/nonmagnetic multilayer; シンドウテキ カンセツ コウカン ケツゴウ オ シメス ジセイ ヒジセイ タソウマク ノ ヒジセイソウ デンドウ デンシ ニ ユウキサレタ ジキ コウゾウ.

Degree: Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学

Subjects/Keywords: oscillatory interlayer exchange coupling

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

上垣, . (n.d.). 振動的間接交換結合を示す磁性/非磁性多層膜の非磁性層伝導電子に誘起された磁気構造 : Induced magnetic structure of the conduction electrons in the nonmagnetic layer of the oscillatory interlayer exchange coupling magnetic/nonmagnetic multilayer; シンドウテキ カンセツ コウカン ケツゴウ オ シメス ジセイ ヒジセイ タソウマク ノ ヒジセイソウ デンドウ デンシ ニ ユウキサレタ ジキ コウゾウ. (Thesis). Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10061/8647

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

上垣, 伸. “振動的間接交換結合を示す磁性/非磁性多層膜の非磁性層伝導電子に誘起された磁気構造 : Induced magnetic structure of the conduction electrons in the nonmagnetic layer of the oscillatory interlayer exchange coupling magnetic/nonmagnetic multilayer; シンドウテキ カンセツ コウカン ケツゴウ オ シメス ジセイ ヒジセイ タソウマク ノ ヒジセイソウ デンドウ デンシ ニ ユウキサレタ ジキ コウゾウ.” Thesis, Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学. Accessed March 25, 2019. http://hdl.handle.net/10061/8647.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

上垣, 伸. “振動的間接交換結合を示す磁性/非磁性多層膜の非磁性層伝導電子に誘起された磁気構造 : Induced magnetic structure of the conduction electrons in the nonmagnetic layer of the oscillatory interlayer exchange coupling magnetic/nonmagnetic multilayer; シンドウテキ カンセツ コウカン ケツゴウ オ シメス ジセイ ヒジセイ タソウマク ノ ヒジセイソウ デンドウ デンシ ニ ユウキサレタ ジキ コウゾウ.” Web. 25 Mar 2019.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.

Vancouver:

上垣 . 振動的間接交換結合を示す磁性/非磁性多層膜の非磁性層伝導電子に誘起された磁気構造 : Induced magnetic structure of the conduction electrons in the nonmagnetic layer of the oscillatory interlayer exchange coupling magnetic/nonmagnetic multilayer; シンドウテキ カンセツ コウカン ケツゴウ オ シメス ジセイ ヒジセイ タソウマク ノ ヒジセイソウ デンドウ デンシ ニ ユウキサレタ ジキ コウゾウ. [Internet] [Thesis]. Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学; [cited 2019 Mar 25]. Available from: http://hdl.handle.net/10061/8647.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

Council of Science Editors:

上垣 . 振動的間接交換結合を示す磁性/非磁性多層膜の非磁性層伝導電子に誘起された磁気構造 : Induced magnetic structure of the conduction electrons in the nonmagnetic layer of the oscillatory interlayer exchange coupling magnetic/nonmagnetic multilayer; シンドウテキ カンセツ コウカン ケツゴウ オ シメス ジセイ ヒジセイ タソウマク ノ ヒジセイソウ デンドウ デンシ ニ ユウキサレタ ジキ コウゾウ. [Thesis]. Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学; Available from: http://hdl.handle.net/10061/8647

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

2. 冨森, 英樹. 自動車運転中の心拍周期計測の信号処理に関する研究(要旨).

Degree: 修士(環境学), 2017, The University of Tokyo / 東京大学

 R-R interval measurement system for car drivers that allows measurement while the driver is driving with one hand has been developed. This system is intended… (more)

Subjects/Keywords: Drowsy driving; ECG; R-R interval; Capacitive coupling; Signal processing

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

冨森, . (2017). 自動車運転中の心拍周期計測の信号処理に関する研究(要旨). (Thesis). The University of Tokyo / 東京大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2261/37082

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

冨森, 英樹. “自動車運転中の心拍周期計測の信号処理に関する研究(要旨).” 2017. Thesis, The University of Tokyo / 東京大学. Accessed March 25, 2019. http://hdl.handle.net/2261/37082.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

冨森, 英樹. “自動車運転中の心拍周期計測の信号処理に関する研究(要旨).” 2017. Web. 25 Mar 2019.

Vancouver:

冨森 . 自動車運転中の心拍周期計測の信号処理に関する研究(要旨). [Internet] [Thesis]. The University of Tokyo / 東京大学; 2017. [cited 2019 Mar 25]. Available from: http://hdl.handle.net/2261/37082.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

冨森 . 自動車運転中の心拍周期計測の信号処理に関する研究(要旨). [Thesis]. The University of Tokyo / 東京大学; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/2261/37082

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation


Kyoto University / 京都大学

3. 屋木, 祐亮. 肝臓の有機アニオントランスポーター機能のインビボ評価のための核医学分子イメージングプローブの開発に関する研究.

Degree: 博士(薬学), 2014, Kyoto University / 京都大学

新制・課程博士

甲第18550号

薬博第812号

Subjects/Keywords: Organic anion transporter polypeptide; Positron Emission Tomography; Suzuki-coupling reaction; Pharmacokinetics; Nuclear Medicine

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

屋木, . (2014). 肝臓の有機アニオントランスポーター機能のインビボ評価のための核医学分子イメージングプローブの開発に関する研究. (Thesis). Kyoto University / 京都大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2433/192150 ; http://dx.doi.org/10.14989/doctor.k18550

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

屋木, 祐亮. “肝臓の有機アニオントランスポーター機能のインビボ評価のための核医学分子イメージングプローブの開発に関する研究.” 2014. Thesis, Kyoto University / 京都大学. Accessed March 25, 2019. http://hdl.handle.net/2433/192150 ; http://dx.doi.org/10.14989/doctor.k18550.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

屋木, 祐亮. “肝臓の有機アニオントランスポーター機能のインビボ評価のための核医学分子イメージングプローブの開発に関する研究.” 2014. Web. 25 Mar 2019.

Vancouver:

屋木 . 肝臓の有機アニオントランスポーター機能のインビボ評価のための核医学分子イメージングプローブの開発に関する研究. [Internet] [Thesis]. Kyoto University / 京都大学; 2014. [cited 2019 Mar 25]. Available from: http://hdl.handle.net/2433/192150 ; http://dx.doi.org/10.14989/doctor.k18550.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

屋木 . 肝臓の有機アニオントランスポーター機能のインビボ評価のための核医学分子イメージングプローブの開発に関する研究. [Thesis]. Kyoto University / 京都大学; 2014. Available from: http://hdl.handle.net/2433/192150 ; http://dx.doi.org/10.14989/doctor.k18550

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

4. 野口, 和博. 医療用画像を用いたボクセルデータによる流体構造連成解析に関する研究.

Degree: Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学

Supervisor:松澤 照男

情報科学研究科

修士

Subjects/Keywords: 連成解析, ボクセル, 血流; Coupling Analysis, Voxel, Blood Flow

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

野口, . (n.d.). 医療用画像を用いたボクセルデータによる流体構造連成解析に関する研究. (Thesis). Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10119/1968

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

野口, 和博. “医療用画像を用いたボクセルデータによる流体構造連成解析に関する研究.” Thesis, Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学. Accessed March 25, 2019. http://hdl.handle.net/10119/1968.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

野口, 和博. “医療用画像を用いたボクセルデータによる流体構造連成解析に関する研究.” Web. 25 Mar 2019.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.

Vancouver:

野口 . 医療用画像を用いたボクセルデータによる流体構造連成解析に関する研究. [Internet] [Thesis]. Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学; [cited 2019 Mar 25]. Available from: http://hdl.handle.net/10119/1968.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

Council of Science Editors:

野口 . 医療用画像を用いたボクセルデータによる流体構造連成解析に関する研究. [Thesis]. Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学; Available from: http://hdl.handle.net/10119/1968

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

5. 昆野, 富士子. ベンゾフェナンスリジンアルカロイドと関連スピロ化合物の不斉合成研究: ケリドニンの合成研究とアルノチンⅠ、II の全合成 : Studies on Asymmetric Syntheses of Benzophenanthridine Alkaloids and the Related Spiro Compounds: Studies on Chelidonine Synthesis and Total Synthesis of Arnottins I and II.

Degree: Chiba University / 千葉大学

研究科: 千葉大学大学院薬学研究院

修了年:2007

学位:千大院医薬博甲第薬52号

抄録:これまで当研究室では、ベンゾフェナンスリジンアルカロイドについて確立された合成法を基にいくつかの全合成を達成してきた。しかし不斉合成は未だ達成されておらず、課題となっていた。そこで、以前達成した、ケリドニン類縁体であるホモケリドニンのラセミ体合成を基に、これを不斉合成に展開し、更により短工程での合成を目指し検討を行った。また、当研究室において単離、構造決定されたアルノチンⅠ、Ⅱの全合成検討を行った。アルノチンⅡは、CDスペクトルにより決定していた立体化学を検証するため、その不斉合成検討を行った。その結果、以下の成果が得られた。1.ブロモエステルとテトラロンとのPd 触媒によるカップリング反応で、効率良く4環性ラクトン化合物を得ることができた。ラクトンをラクタムに変換しケリドニンの母核となるベンゾフェナンスリジン骨格を短工程で構築した。また、これを応用し、短工程でアルノチンⅠの合成を達成した。 この方法は他のアルカロイドの合成にも応用でき、有用な方法である。2.ラクトン、ラクタム2種の4置換オレフィンの不斉酸化に成功した。ラクタムの酸化で誘導された不斉を基に (+)-ケリドニンの前駆体を合成した。また、ラクトンの酸化により特異なスピロ骨格を有するアルノチンⅡの不斉全合成を達成した。これにより、以前CDスペクトルにより決定していた立体化学が正しいことが判明した。

Advisors/Committee Members: 千葉大学大学院薬学研究院.

Subjects/Keywords: カップリング反応; 不斉ジヒドロキシル化反応; coupling reaction; asymmetric di hydroxylation

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

昆野, . (n.d.). ベンゾフェナンスリジンアルカロイドと関連スピロ化合物の不斉合成研究: ケリドニンの合成研究とアルノチンⅠ、II の全合成 : Studies on Asymmetric Syntheses of Benzophenanthridine Alkaloids and the Related Spiro Compounds: Studies on Chelidonine Synthesis and Total Synthesis of Arnottins I and II. (Thesis). Chiba University / 千葉大学. Retrieved from http://opac.ll.chiba-u.jp/da/curator/900047205/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

昆野, 富士子. “ベンゾフェナンスリジンアルカロイドと関連スピロ化合物の不斉合成研究: ケリドニンの合成研究とアルノチンⅠ、II の全合成 : Studies on Asymmetric Syntheses of Benzophenanthridine Alkaloids and the Related Spiro Compounds: Studies on Chelidonine Synthesis and Total Synthesis of Arnottins I and II.” Thesis, Chiba University / 千葉大学. Accessed March 25, 2019. http://opac.ll.chiba-u.jp/da/curator/900047205/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

昆野, 富士子. “ベンゾフェナンスリジンアルカロイドと関連スピロ化合物の不斉合成研究: ケリドニンの合成研究とアルノチンⅠ、II の全合成 : Studies on Asymmetric Syntheses of Benzophenanthridine Alkaloids and the Related Spiro Compounds: Studies on Chelidonine Synthesis and Total Synthesis of Arnottins I and II.” Web. 25 Mar 2019.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.

Vancouver:

昆野 . ベンゾフェナンスリジンアルカロイドと関連スピロ化合物の不斉合成研究: ケリドニンの合成研究とアルノチンⅠ、II の全合成 : Studies on Asymmetric Syntheses of Benzophenanthridine Alkaloids and the Related Spiro Compounds: Studies on Chelidonine Synthesis and Total Synthesis of Arnottins I and II. [Internet] [Thesis]. Chiba University / 千葉大学; [cited 2019 Mar 25]. Available from: http://opac.ll.chiba-u.jp/da/curator/900047205/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

Council of Science Editors:

昆野 . ベンゾフェナンスリジンアルカロイドと関連スピロ化合物の不斉合成研究: ケリドニンの合成研究とアルノチンⅠ、II の全合成 : Studies on Asymmetric Syntheses of Benzophenanthridine Alkaloids and the Related Spiro Compounds: Studies on Chelidonine Synthesis and Total Synthesis of Arnottins I and II. [Thesis]. Chiba University / 千葉大学; Available from: http://opac.ll.chiba-u.jp/da/curator/900047205/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

6. 小林, 遼太. ゾルーゲル転移点近傍ゲルが示す自己治癒特性の定量的評価.

Degree: Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学

Supervisor:山口政之

マテリアルサイエンス研究科

修士

Subjects/Keywords: 自己修復材料; からみ合い相互作用; self-repairing material; entanglement coupling

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

小林, . (n.d.). ゾルーゲル転移点近傍ゲルが示す自己治癒特性の定量的評価. (Thesis). Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10119/8993

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

小林, 遼太. “ゾルーゲル転移点近傍ゲルが示す自己治癒特性の定量的評価.” Thesis, Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学. Accessed March 25, 2019. http://hdl.handle.net/10119/8993.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

小林, 遼太. “ゾルーゲル転移点近傍ゲルが示す自己治癒特性の定量的評価.” Web. 25 Mar 2019.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.

Vancouver:

小林 . ゾルーゲル転移点近傍ゲルが示す自己治癒特性の定量的評価. [Internet] [Thesis]. Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学; [cited 2019 Mar 25]. Available from: http://hdl.handle.net/10119/8993.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

Council of Science Editors:

小林 . ゾルーゲル転移点近傍ゲルが示す自己治癒特性の定量的評価. [Thesis]. Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学; Available from: http://hdl.handle.net/10119/8993

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

7. 日髙, 志郎. 強磁性体/狭ギャップ半導体二次元電子系におけるスピン依存伝導の研究.

Degree: 博士(マテリアルサイエンス), 2015, Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学

Supervisor:山田 省二

マテリアルサイエンス研究科

博士

Subjects/Keywords: narrow-gap semiconductor; two-dimensional electron gas; Rashba spin-orbit coupling; nonlocal spin injection

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

日髙, . (2015). 強磁性体/狭ギャップ半導体二次元電子系におけるスピン依存伝導の研究. (Thesis). Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10119/12776

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

日髙, 志郎. “強磁性体/狭ギャップ半導体二次元電子系におけるスピン依存伝導の研究.” 2015. Thesis, Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学. Accessed March 25, 2019. http://hdl.handle.net/10119/12776.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

日髙, 志郎. “強磁性体/狭ギャップ半導体二次元電子系におけるスピン依存伝導の研究.” 2015. Web. 25 Mar 2019.

Vancouver:

日髙 . 強磁性体/狭ギャップ半導体二次元電子系におけるスピン依存伝導の研究. [Internet] [Thesis]. Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学; 2015. [cited 2019 Mar 25]. Available from: http://hdl.handle.net/10119/12776.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

日髙 . 強磁性体/狭ギャップ半導体二次元電子系におけるスピン依存伝導の研究. [Thesis]. Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学; 2015. Available from: http://hdl.handle.net/10119/12776

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

8. 屋木, 祐亮. 肝臓の有機アニオントランスポーター機能のインビボ評価のための核医学分子イメージングプローブの開発に関する研究 .

Degree: 2014, Kyoto University

Subjects/Keywords: Organic anion transporter polypeptide; Positron Emission Tomography; Suzuki-coupling reaction; Pharmacokinetics; Nuclear Medicine

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

屋木, . (2014). 肝臓の有機アニオントランスポーター機能のインビボ評価のための核医学分子イメージングプローブの開発に関する研究 . (Thesis). Kyoto University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2433/192150

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

屋木, 祐亮. “肝臓の有機アニオントランスポーター機能のインビボ評価のための核医学分子イメージングプローブの開発に関する研究 .” 2014. Thesis, Kyoto University. Accessed March 25, 2019. http://hdl.handle.net/2433/192150.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

屋木, 祐亮. “肝臓の有機アニオントランスポーター機能のインビボ評価のための核医学分子イメージングプローブの開発に関する研究 .” 2014. Web. 25 Mar 2019.

Vancouver:

屋木 . 肝臓の有機アニオントランスポーター機能のインビボ評価のための核医学分子イメージングプローブの開発に関する研究 . [Internet] [Thesis]. Kyoto University; 2014. [cited 2019 Mar 25]. Available from: http://hdl.handle.net/2433/192150.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

屋木 . 肝臓の有機アニオントランスポーター機能のインビボ評価のための核医学分子イメージングプローブの開発に関する研究 . [Thesis]. Kyoto University; 2014. Available from: http://hdl.handle.net/2433/192150

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

9. 平井, 公徳. ヒドラゾン–パラジウム触媒による結合形成反応に関する研究 : ヒドラゾン – パラジウム ショクバイ ニ ヨル ケツゴウ ケイセイ ハンノウ ニ カンスル ケンキュウ; Palladium–catalyzed coupling reactions using hydrazones as Ligands.

Degree: Chiba University / 千葉大学

研究科: 千葉大学大学院工学研究科

千大院工博甲第工136号

Subjects/Keywords: パラジウム; ヒドラゾン; カップリング反応; 溝呂木-Heck反応; 薗頭反応; ニトリル化; Palladium; Hydrazone; Coupling reactions; Mizoroki-Heck reaction; Sonogashira reaction; Cyanation

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

平井, . (n.d.). ヒドラゾン–パラジウム触媒による結合形成反応に関する研究 : ヒドラゾン – パラジウム ショクバイ ニ ヨル ケツゴウ ケイセイ ハンノウ ニ カンスル ケンキュウ; Palladium–catalyzed coupling reactions using hydrazones as Ligands. (Thesis). Chiba University / 千葉大学. Retrieved from http://opac.ll.chiba-u.jp/da/curator/900116730/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

平井, 公徳. “ヒドラゾン–パラジウム触媒による結合形成反応に関する研究 : ヒドラゾン – パラジウム ショクバイ ニ ヨル ケツゴウ ケイセイ ハンノウ ニ カンスル ケンキュウ; Palladium–catalyzed coupling reactions using hydrazones as Ligands.” Thesis, Chiba University / 千葉大学. Accessed March 25, 2019. http://opac.ll.chiba-u.jp/da/curator/900116730/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

平井, 公徳. “ヒドラゾン–パラジウム触媒による結合形成反応に関する研究 : ヒドラゾン – パラジウム ショクバイ ニ ヨル ケツゴウ ケイセイ ハンノウ ニ カンスル ケンキュウ; Palladium–catalyzed coupling reactions using hydrazones as Ligands.” Web. 25 Mar 2019.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.

Vancouver:

平井 . ヒドラゾン–パラジウム触媒による結合形成反応に関する研究 : ヒドラゾン – パラジウム ショクバイ ニ ヨル ケツゴウ ケイセイ ハンノウ ニ カンスル ケンキュウ; Palladium–catalyzed coupling reactions using hydrazones as Ligands. [Internet] [Thesis]. Chiba University / 千葉大学; [cited 2019 Mar 25]. Available from: http://opac.ll.chiba-u.jp/da/curator/900116730/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

Council of Science Editors:

平井 . ヒドラゾン–パラジウム触媒による結合形成反応に関する研究 : ヒドラゾン – パラジウム ショクバイ ニ ヨル ケツゴウ ケイセイ ハンノウ ニ カンスル ケンキュウ; Palladium–catalyzed coupling reactions using hydrazones as Ligands. [Thesis]. Chiba University / 千葉大学; Available from: http://opac.ll.chiba-u.jp/da/curator/900116730/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

10. 藤田, 智之. 非接触磁気継手および磁気歯車の高機能化に関する研究 : Studies on High-Performance Magnetic Couplings and Magnetic Gears.

Degree: 博士(工学), 2014, Gunma University / 群馬大学

学位記番号:工博乙116

Subjects/Keywords: 磁気継手; 磁気歯車; 永久磁石; 非接触; Magnetic Coupling; Magnetic Gear; Permanent Magnet; Non Contact

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

藤田, . (2014). 非接触磁気継手および磁気歯車の高機能化に関する研究 : Studies on High-Performance Magnetic Couplings and Magnetic Gears. (Thesis). Gunma University / 群馬大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10087/8661

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

藤田, 智之. “非接触磁気継手および磁気歯車の高機能化に関する研究 : Studies on High-Performance Magnetic Couplings and Magnetic Gears.” 2014. Thesis, Gunma University / 群馬大学. Accessed March 25, 2019. http://hdl.handle.net/10087/8661.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

藤田, 智之. “非接触磁気継手および磁気歯車の高機能化に関する研究 : Studies on High-Performance Magnetic Couplings and Magnetic Gears.” 2014. Web. 25 Mar 2019.

Vancouver:

藤田 . 非接触磁気継手および磁気歯車の高機能化に関する研究 : Studies on High-Performance Magnetic Couplings and Magnetic Gears. [Internet] [Thesis]. Gunma University / 群馬大学; 2014. [cited 2019 Mar 25]. Available from: http://hdl.handle.net/10087/8661.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

藤田 . 非接触磁気継手および磁気歯車の高機能化に関する研究 : Studies on High-Performance Magnetic Couplings and Magnetic Gears. [Thesis]. Gunma University / 群馬大学; 2014. Available from: http://hdl.handle.net/10087/8661

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

11. 土屋, 寛太朗. 音響連成を利用した圧電振動発電によるエネルギー回収システムの構築 : オンキョウ レンセイ オ リヨウシタ アツデン シンドウ ハツデン ニヨル エネルギー カイシュウ システム ノ コウチク.

Degree: 博士(工学), 2017, Tokai University Repository / 東海大学

Subjects/Keywords: 機械音響連成, 音響エネルギー, 圧電振動発電, 空洞, 高次モード; Vibroacoustic coupling, Acoustic energy, Energy-harvesting systems with piezoelectric elements, Cavity, Higher order mode

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

土屋, . (2017). 音響連成を利用した圧電振動発電によるエネルギー回収システムの構築 : オンキョウ レンセイ オ リヨウシタ アツデン シンドウ ハツデン ニヨル エネルギー カイシュウ システム ノ コウチク. (Thesis). Tokai University Repository / 東海大学. Retrieved from https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000236

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

土屋, 寛太朗. “音響連成を利用した圧電振動発電によるエネルギー回収システムの構築 : オンキョウ レンセイ オ リヨウシタ アツデン シンドウ ハツデン ニヨル エネルギー カイシュウ システム ノ コウチク.” 2017. Thesis, Tokai University Repository / 東海大学. Accessed March 25, 2019. https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000236.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

土屋, 寛太朗. “音響連成を利用した圧電振動発電によるエネルギー回収システムの構築 : オンキョウ レンセイ オ リヨウシタ アツデン シンドウ ハツデン ニヨル エネルギー カイシュウ システム ノ コウチク.” 2017. Web. 25 Mar 2019.

Vancouver:

土屋 . 音響連成を利用した圧電振動発電によるエネルギー回収システムの構築 : オンキョウ レンセイ オ リヨウシタ アツデン シンドウ ハツデン ニヨル エネルギー カイシュウ システム ノ コウチク. [Internet] [Thesis]. Tokai University Repository / 東海大学; 2017. [cited 2019 Mar 25]. Available from: https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000236.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

土屋 . 音響連成を利用した圧電振動発電によるエネルギー回収システムの構築 : オンキョウ レンセイ オ リヨウシタ アツデン シンドウ ハツデン ニヨル エネルギー カイシュウ システム ノ コウチク. [Thesis]. Tokai University Repository / 東海大学; 2017. Available from: https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000236

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

12. 鈴木, 幸一; スズキ, コウイチ. 複素環を中心とする有機EL材料の創製およびそのEL素子特性 : フクソカン オ チュウシン トスル ユウキ EL ザイリョウ ノ ソウセイ オヨビ ソノ EL ソシ トクセイ.

Degree: Saga University / 佐賀大学

有機 EL (Electroluminescence) 素子は、自発光、広視野角、高速応答性、薄型、低消費電力などの優れた特長を有しており、次世代の自発光型のフルカラーデイスプレイとしての応用が注目され数多くの研究開発が行われている。本論文では、有機 EL 材料としての新規な一重項発光材料および一重項青色発光材料用新規ホスト材料の合成とそれらを用いた素子特性に関する研究を行った。本論文は、5章から構成されている。第1章では、有機ELの概論および研究の意義と目的について述べる。有機 EL 素子の発光色(Re

Subjects/Keywords: エレクトロルミネッセンス、有機EL、蛍光性材料、発光材料、ゲスト材料、ホスト材料、電子輸送材料、1; 2-オキサゾール、1,3-双極性環状付加反応、Push-Pull効果、2; 2'-ビ-[1; 3; 4]-チアジアゾール、ポリアリールベンゼン、Suzuki Coupling反応

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

鈴木, 幸一; スズキ, . (n.d.). 複素環を中心とする有機EL材料の創製およびそのEL素子特性 : フクソカン オ チュウシン トスル ユウキ EL ザイリョウ ノ ソウセイ オヨビ ソノ EL ソシ トクセイ. (Thesis). Saga University / 佐賀大学. Retrieved from http://portal.dl.saga-u.ac.jp/handle/123456789/8609

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

鈴木, 幸一; スズキ, コウイチ. “複素環を中心とする有機EL材料の創製およびそのEL素子特性 : フクソカン オ チュウシン トスル ユウキ EL ザイリョウ ノ ソウセイ オヨビ ソノ EL ソシ トクセイ.” Thesis, Saga University / 佐賀大学. Accessed March 25, 2019. http://portal.dl.saga-u.ac.jp/handle/123456789/8609.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

鈴木, 幸一; スズキ, コウイチ. “複素環を中心とする有機EL材料の創製およびそのEL素子特性 : フクソカン オ チュウシン トスル ユウキ EL ザイリョウ ノ ソウセイ オヨビ ソノ EL ソシ トクセイ.” Web. 25 Mar 2019.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.

Vancouver:

鈴木, 幸一; スズキ . 複素環を中心とする有機EL材料の創製およびそのEL素子特性 : フクソカン オ チュウシン トスル ユウキ EL ザイリョウ ノ ソウセイ オヨビ ソノ EL ソシ トクセイ. [Internet] [Thesis]. Saga University / 佐賀大学; [cited 2019 Mar 25]. Available from: http://portal.dl.saga-u.ac.jp/handle/123456789/8609.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

Council of Science Editors:

鈴木, 幸一; スズキ . 複素環を中心とする有機EL材料の創製およびそのEL素子特性 : フクソカン オ チュウシン トスル ユウキ EL ザイリョウ ノ ソウセイ オヨビ ソノ EL ソシ トクセイ. [Thesis]. Saga University / 佐賀大学; Available from: http://portal.dl.saga-u.ac.jp/handle/123456789/8609

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

.