Advanced search options

Advanced Search Options 🞨

Browse by author name (“Author name starts with…”).

Find ETDs with:

in
/  
in
/  
in
/  
in

Written in Published in Earliest date Latest date

Sorted by

Results per page:

Sorted by: relevance · author · university · dateNew search

Language: Japanese

You searched for subject:( C ). Showing records 1 – 30 of 81 total matches.

[1] [2] [3]

Search Limiters

Last 2 Years | English Only

▼ Search Limiters

1. 牛, 冰心. X線透視動画像への実時間奥行き情報提示 : Real-time Depth Visualization on X-Ray Fluoroscopic Images; Xセン トウシ ドウガゾウ エノ ジツジカン オクユキ ジョウホウ テイジ.

Degree: Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学

Subjects/Keywords: Cアーム

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

牛, . (n.d.). X線透視動画像への実時間奥行き情報提示 : Real-time Depth Visualization on X-Ray Fluoroscopic Images; Xセン トウシ ドウガゾウ エノ ジツジカン オクユキ ジョウホウ テイジ. (Thesis). Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10061/4503

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

牛, 冰心. “X線透視動画像への実時間奥行き情報提示 : Real-time Depth Visualization on X-Ray Fluoroscopic Images; Xセン トウシ ドウガゾウ エノ ジツジカン オクユキ ジョウホウ テイジ.” Thesis, Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学. Accessed December 08, 2019. http://hdl.handle.net/10061/4503.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

牛, 冰心. “X線透視動画像への実時間奥行き情報提示 : Real-time Depth Visualization on X-Ray Fluoroscopic Images; Xセン トウシ ドウガゾウ エノ ジツジカン オクユキ ジョウホウ テイジ.” Web. 08 Dec 2019.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.

Vancouver:

牛 . X線透視動画像への実時間奥行き情報提示 : Real-time Depth Visualization on X-Ray Fluoroscopic Images; Xセン トウシ ドウガゾウ エノ ジツジカン オクユキ ジョウホウ テイジ. [Internet] [Thesis]. Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学; [cited 2019 Dec 08]. Available from: http://hdl.handle.net/10061/4503.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

Council of Science Editors:

牛 . X線透視動画像への実時間奥行き情報提示 : Real-time Depth Visualization on X-Ray Fluoroscopic Images; Xセン トウシ ドウガゾウ エノ ジツジカン オクユキ ジョウホウ テイジ. [Thesis]. Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学; Available from: http://hdl.handle.net/10061/4503

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

2. 圓岡, 真宏. Abi-1によるチロシンリン酸化酵素Ablの活性制御と機能に関する研究 : Regulation of Abl tyrosine kinase by Abi-1; Abi-1 ニ ヨル チロシンリン サンカ コウソ Abl ノ カッセイ セイギョ ト キノウ ニ カンスル ケンキュウ.

Degree: Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学

Subjects/Keywords: c-Abl

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

圓岡, . (n.d.). Abi-1によるチロシンリン酸化酵素Ablの活性制御と機能に関する研究 : Regulation of Abl tyrosine kinase by Abi-1; Abi-1 ニ ヨル チロシンリン サンカ コウソ Abl ノ カッセイ セイギョ ト キノウ ニ カンスル ケンキュウ. (Thesis). Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10061/5001

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

圓岡, 真宏. “Abi-1によるチロシンリン酸化酵素Ablの活性制御と機能に関する研究 : Regulation of Abl tyrosine kinase by Abi-1; Abi-1 ニ ヨル チロシンリン サンカ コウソ Abl ノ カッセイ セイギョ ト キノウ ニ カンスル ケンキュウ.” Thesis, Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学. Accessed December 08, 2019. http://hdl.handle.net/10061/5001.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

圓岡, 真宏. “Abi-1によるチロシンリン酸化酵素Ablの活性制御と機能に関する研究 : Regulation of Abl tyrosine kinase by Abi-1; Abi-1 ニ ヨル チロシンリン サンカ コウソ Abl ノ カッセイ セイギョ ト キノウ ニ カンスル ケンキュウ.” Web. 08 Dec 2019.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.

Vancouver:

圓岡 . Abi-1によるチロシンリン酸化酵素Ablの活性制御と機能に関する研究 : Regulation of Abl tyrosine kinase by Abi-1; Abi-1 ニ ヨル チロシンリン サンカ コウソ Abl ノ カッセイ セイギョ ト キノウ ニ カンスル ケンキュウ. [Internet] [Thesis]. Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学; [cited 2019 Dec 08]. Available from: http://hdl.handle.net/10061/5001.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

Council of Science Editors:

圓岡 . Abi-1によるチロシンリン酸化酵素Ablの活性制御と機能に関する研究 : Regulation of Abl tyrosine kinase by Abi-1; Abi-1 ニ ヨル チロシンリン サンカ コウソ Abl ノ カッセイ セイギョ ト キノウ ニ カンスル ケンキュウ. [Thesis]. Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学; Available from: http://hdl.handle.net/10061/5001

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

3. 佐藤, みずほ. アダプター分子Abi-1のチロシンリン酸化部位の同定とAblキナーゼの活性制御機構 : Identification and functional analysis of tyrosine phosphorylation sites of Abi-1 by Abl kinases; アダプター ブンシ Abi-1 ノ チロシンリン サンカ ブイ ノ ドウテイ ト Abl キナーゼ ノ カッセイ セイギョ キコウ.

Degree: Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学

Subjects/Keywords: c-Abl

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

佐藤, . (n.d.). アダプター分子Abi-1のチロシンリン酸化部位の同定とAblキナーゼの活性制御機構 : Identification and functional analysis of tyrosine phosphorylation sites of Abi-1 by Abl kinases; アダプター ブンシ Abi-1 ノ チロシンリン サンカ ブイ ノ ドウテイ ト Abl キナーゼ ノ カッセイ セイギョ キコウ. (Thesis). Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10061/6296

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

佐藤, みずほ. “アダプター分子Abi-1のチロシンリン酸化部位の同定とAblキナーゼの活性制御機構 : Identification and functional analysis of tyrosine phosphorylation sites of Abi-1 by Abl kinases; アダプター ブンシ Abi-1 ノ チロシンリン サンカ ブイ ノ ドウテイ ト Abl キナーゼ ノ カッセイ セイギョ キコウ.” Thesis, Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学. Accessed December 08, 2019. http://hdl.handle.net/10061/6296.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

佐藤, みずほ. “アダプター分子Abi-1のチロシンリン酸化部位の同定とAblキナーゼの活性制御機構 : Identification and functional analysis of tyrosine phosphorylation sites of Abi-1 by Abl kinases; アダプター ブンシ Abi-1 ノ チロシンリン サンカ ブイ ノ ドウテイ ト Abl キナーゼ ノ カッセイ セイギョ キコウ.” Web. 08 Dec 2019.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.

Vancouver:

佐藤 . アダプター分子Abi-1のチロシンリン酸化部位の同定とAblキナーゼの活性制御機構 : Identification and functional analysis of tyrosine phosphorylation sites of Abi-1 by Abl kinases; アダプター ブンシ Abi-1 ノ チロシンリン サンカ ブイ ノ ドウテイ ト Abl キナーゼ ノ カッセイ セイギョ キコウ. [Internet] [Thesis]. Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学; [cited 2019 Dec 08]. Available from: http://hdl.handle.net/10061/6296.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

Council of Science Editors:

佐藤 . アダプター分子Abi-1のチロシンリン酸化部位の同定とAblキナーゼの活性制御機構 : Identification and functional analysis of tyrosine phosphorylation sites of Abi-1 by Abl kinases; アダプター ブンシ Abi-1 ノ チロシンリン サンカ ブイ ノ ドウテイ ト Abl キナーゼ ノ カッセイ セイギョ キコウ. [Thesis]. Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学; Available from: http://hdl.handle.net/10061/6296

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

4. 小林, 紀. 微小脂質二分子膜バイセルと溶液NMRの組み合わせによるシトクロムcと脂質膜の相互作用解析 : Solution NMR Study on the Interaction of Cytochrome c with Membranes Using Phospholipid Bicelles; ビショウ シシツ ニブンシマク バイセル ト ヨウエキ NMR ノ クミアワセ ニ ヨル シトクロムc ト シシツマク ノ ソウゴ サヨウ カイセキ.

Degree: 博士(理学), 2018, Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学

Subjects/Keywords: シトクロムc

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

小林, . (2018). 微小脂質二分子膜バイセルと溶液NMRの組み合わせによるシトクロムcと脂質膜の相互作用解析 : Solution NMR Study on the Interaction of Cytochrome c with Membranes Using Phospholipid Bicelles; ビショウ シシツ ニブンシマク バイセル ト ヨウエキ NMR ノ クミアワセ ニ ヨル シトクロムc ト シシツマク ノ ソウゴ サヨウ カイセキ. (Thesis). Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10061/12525

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

小林, 紀. “微小脂質二分子膜バイセルと溶液NMRの組み合わせによるシトクロムcと脂質膜の相互作用解析 : Solution NMR Study on the Interaction of Cytochrome c with Membranes Using Phospholipid Bicelles; ビショウ シシツ ニブンシマク バイセル ト ヨウエキ NMR ノ クミアワセ ニ ヨル シトクロムc ト シシツマク ノ ソウゴ サヨウ カイセキ.” 2018. Thesis, Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学. Accessed December 08, 2019. http://hdl.handle.net/10061/12525.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

小林, 紀. “微小脂質二分子膜バイセルと溶液NMRの組み合わせによるシトクロムcと脂質膜の相互作用解析 : Solution NMR Study on the Interaction of Cytochrome c with Membranes Using Phospholipid Bicelles; ビショウ シシツ ニブンシマク バイセル ト ヨウエキ NMR ノ クミアワセ ニ ヨル シトクロムc ト シシツマク ノ ソウゴ サヨウ カイセキ.” 2018. Web. 08 Dec 2019.

Vancouver:

小林 . 微小脂質二分子膜バイセルと溶液NMRの組み合わせによるシトクロムcと脂質膜の相互作用解析 : Solution NMR Study on the Interaction of Cytochrome c with Membranes Using Phospholipid Bicelles; ビショウ シシツ ニブンシマク バイセル ト ヨウエキ NMR ノ クミアワセ ニ ヨル シトクロムc ト シシツマク ノ ソウゴ サヨウ カイセキ. [Internet] [Thesis]. Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学; 2018. [cited 2019 Dec 08]. Available from: http://hdl.handle.net/10061/12525.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

小林 . 微小脂質二分子膜バイセルと溶液NMRの組み合わせによるシトクロムcと脂質膜の相互作用解析 : Solution NMR Study on the Interaction of Cytochrome c with Membranes Using Phospholipid Bicelles; ビショウ シシツ ニブンシマク バイセル ト ヨウエキ NMR ノ クミアワセ ニ ヨル シトクロムc ト シシツマク ノ ソウゴ サヨウ カイセキ. [Thesis]. Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学; 2018. Available from: http://hdl.handle.net/10061/12525

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

5. 塚田, 裕庸. 慢性C型肝炎患者のインターフェロン感受性関連遺伝子MAPKAPK3の同定および機能解析 : Identification and functional analysis of MAPKAPK3 as an interferon sensitivity related gene in patients with chronic hepatitis C.; マンセイ Cガタ カンエン カンジャ ノ インターフェロン カンジュセイ カンレン イデンシ MAPKAPK3 ノ ドウテイ オヨビ キノウ カイセキ.

Degree: Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学

Subjects/Keywords: chronic hepatitis C

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

塚田, . (n.d.). 慢性C型肝炎患者のインターフェロン感受性関連遺伝子MAPKAPK3の同定および機能解析 : Identification and functional analysis of MAPKAPK3 as an interferon sensitivity related gene in patients with chronic hepatitis C.; マンセイ Cガタ カンエン カンジャ ノ インターフェロン カンジュセイ カンレン イデンシ MAPKAPK3 ノ ドウテイ オヨビ キノウ カイセキ. (Thesis). Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10061/5717

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

塚田, 裕庸. “慢性C型肝炎患者のインターフェロン感受性関連遺伝子MAPKAPK3の同定および機能解析 : Identification and functional analysis of MAPKAPK3 as an interferon sensitivity related gene in patients with chronic hepatitis C.; マンセイ Cガタ カンエン カンジャ ノ インターフェロン カンジュセイ カンレン イデンシ MAPKAPK3 ノ ドウテイ オヨビ キノウ カイセキ.” Thesis, Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学. Accessed December 08, 2019. http://hdl.handle.net/10061/5717.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

塚田, 裕庸. “慢性C型肝炎患者のインターフェロン感受性関連遺伝子MAPKAPK3の同定および機能解析 : Identification and functional analysis of MAPKAPK3 as an interferon sensitivity related gene in patients with chronic hepatitis C.; マンセイ Cガタ カンエン カンジャ ノ インターフェロン カンジュセイ カンレン イデンシ MAPKAPK3 ノ ドウテイ オヨビ キノウ カイセキ.” Web. 08 Dec 2019.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.

Vancouver:

塚田 . 慢性C型肝炎患者のインターフェロン感受性関連遺伝子MAPKAPK3の同定および機能解析 : Identification and functional analysis of MAPKAPK3 as an interferon sensitivity related gene in patients with chronic hepatitis C.; マンセイ Cガタ カンエン カンジャ ノ インターフェロン カンジュセイ カンレン イデンシ MAPKAPK3 ノ ドウテイ オヨビ キノウ カイセキ. [Internet] [Thesis]. Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学; [cited 2019 Dec 08]. Available from: http://hdl.handle.net/10061/5717.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

Council of Science Editors:

塚田 . 慢性C型肝炎患者のインターフェロン感受性関連遺伝子MAPKAPK3の同定および機能解析 : Identification and functional analysis of MAPKAPK3 as an interferon sensitivity related gene in patients with chronic hepatitis C.; マンセイ Cガタ カンエン カンジャ ノ インターフェロン カンジュセイ カンレン イデンシ MAPKAPK3 ノ ドウテイ オヨビ キノウ カイセキ. [Thesis]. Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学; Available from: http://hdl.handle.net/10061/5717

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

6. 蔡, 娟; サイ, ケン. 宋代白話文献における動補構造の総合研究 : ソウダイ ハクワ ブンケン ニオケル ドウホ コウゾウ ノ ソウゴウ ケンキュウ; The Verb-Complement Structures Reflected in Vernacular Literature of Sung Period.

Degree: 博士(中国言語文化学), 2014, Daito Bunka University / 大東文化大学

小論では、宋代中国語の口語を代表する信憑性の高い白話文献を幅広く調査し、そこlこ見られる動補構造の各類型を詳細に分類し、典型的な用例を挙げながらその形式と意味の両面から動補構造の特性を描写した。また、同じ宋代白話文献間の共時研究によって、共時文献間の動補構造の共通点と相違点を明確にした。さらに、宋代白話文献に見られる特定の動補構造をほかの時代の動補構造と比較することによって、その歴史的な変遷課程をまとめ、変化の傾向を考察した。

Subjects/Keywords: 宋代中国語; 白話文献; 動補構造; 「V+C」式; 「V+P+C」式

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

蔡, 娟; サイ, . (2014). 宋代白話文献における動補構造の総合研究 : ソウダイ ハクワ ブンケン ニオケル ドウホ コウゾウ ノ ソウゴウ ケンキュウ; The Verb-Complement Structures Reflected in Vernacular Literature of Sung Period. (Thesis). Daito Bunka University / 大東文化大学. Retrieved from http://opac.daito.ac.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00004601

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

蔡, 娟; サイ, ケン. “宋代白話文献における動補構造の総合研究 : ソウダイ ハクワ ブンケン ニオケル ドウホ コウゾウ ノ ソウゴウ ケンキュウ; The Verb-Complement Structures Reflected in Vernacular Literature of Sung Period.” 2014. Thesis, Daito Bunka University / 大東文化大学. Accessed December 08, 2019. http://opac.daito.ac.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00004601.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

蔡, 娟; サイ, ケン. “宋代白話文献における動補構造の総合研究 : ソウダイ ハクワ ブンケン ニオケル ドウホ コウゾウ ノ ソウゴウ ケンキュウ; The Verb-Complement Structures Reflected in Vernacular Literature of Sung Period.” 2014. Web. 08 Dec 2019.

Vancouver:

蔡, 娟; サイ . 宋代白話文献における動補構造の総合研究 : ソウダイ ハクワ ブンケン ニオケル ドウホ コウゾウ ノ ソウゴウ ケンキュウ; The Verb-Complement Structures Reflected in Vernacular Literature of Sung Period. [Internet] [Thesis]. Daito Bunka University / 大東文化大学; 2014. [cited 2019 Dec 08]. Available from: http://opac.daito.ac.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00004601.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

蔡, 娟; サイ . 宋代白話文献における動補構造の総合研究 : ソウダイ ハクワ ブンケン ニオケル ドウホ コウゾウ ノ ソウゴウ ケンキュウ; The Verb-Complement Structures Reflected in Vernacular Literature of Sung Period. [Thesis]. Daito Bunka University / 大東文化大学; 2014. Available from: http://opac.daito.ac.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00004601

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

7. 曽, 鮮. YAGレーザによるTi-6Al-4V合金への表面改質 : Surface Modification of Ti-6Al-4V Alloy by YAG Laser.

Degree: 博士(工学), 2017, Kyushu Institute of Technology / 九州工業大学

九州工業大学博士学位論文 学位記番号:工博甲第416号 学位授与年月日:平成28年3月25日

第1章 緒論|第2章 レーザ照射法によるTi-6Al-4V 合金表面へのTi(C,N)薄膜の形成|第3章 レーザ溶融法によるTi-6Al-4V 合金表面へのTi(C,N)/TiB 層の形成|第4章 レーザ溶融法によるTi-6Al-4V 合金表面へのTi(C,N)層の形成|第5章 表面改質層の耐摩耗性及び生体適合性の評価|第6章 総括

平成27年度

Advisors/Committee Members: 山口, 富子.

Subjects/Keywords: Surface Modiffication; Ti-6Al-4V; Laser; Ti(C,N); Wear

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

曽, . (2017). YAGレーザによるTi-6Al-4V合金への表面改質 : Surface Modification of Ti-6Al-4V Alloy by YAG Laser. (Thesis). Kyushu Institute of Technology / 九州工業大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10228/5704

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

曽, 鮮. “YAGレーザによるTi-6Al-4V合金への表面改質 : Surface Modification of Ti-6Al-4V Alloy by YAG Laser.” 2017. Thesis, Kyushu Institute of Technology / 九州工業大学. Accessed December 08, 2019. http://hdl.handle.net/10228/5704.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

曽, 鮮. “YAGレーザによるTi-6Al-4V合金への表面改質 : Surface Modification of Ti-6Al-4V Alloy by YAG Laser.” 2017. Web. 08 Dec 2019.

Vancouver:

曽 . YAGレーザによるTi-6Al-4V合金への表面改質 : Surface Modification of Ti-6Al-4V Alloy by YAG Laser. [Internet] [Thesis]. Kyushu Institute of Technology / 九州工業大学; 2017. [cited 2019 Dec 08]. Available from: http://hdl.handle.net/10228/5704.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

曽 . YAGレーザによるTi-6Al-4V合金への表面改質 : Surface Modification of Ti-6Al-4V Alloy by YAG Laser. [Thesis]. Kyushu Institute of Technology / 九州工業大学; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/10228/5704

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

8. 宮崎, 浩. ラット変形性関節症モデルの関節軟骨におけるc-fos,c-jun発現の免疫組織学的研究 : Immunohistochemical study of c-Fos, c-Jun protein in articular chondrocytes of rat osteoarthritis model.

Degree: 1998, Kindai University / 近畿大学

[抄録] c-fos, c-jun遺伝子は細胞増殖遺伝子として胎生期の関節や関節軟骨の発生に重要な役割を果たしている. また最近c-fos遺伝子が過剰発現すると関節軟骨の変性・破壊につながる可能性も報告されている. 今回, ラット変形性関節症(OA)モデルを作成し, 関節軟骨の変性過程におけるc-fos, c-jun蛋白の発現を免疫組織学的に検索した. その結果, c-fos, c-jun蛋白は, ともにOA誘発の3日目で全層に, 1週目で浅層から中間層に, 2週目で中間層の軟骨網胞核内および細胞質に発現し, 4週目では消失することがわかった. またサフラニンO(S-O)染色による軟骨基質の染色性は, c-fos, c-junの発現にともなって低下した. c-fos, c-lun蛋白の発現がメカニカルストレスの異常に対応してOA発症の初期に軟骨変性に先立ち強く認められたことは, c-fos, c-junによって誘導された軟骨細胞の分裂増殖および幼若化が基質破壊につながる可能性を示唆する. また, OAにおけるprotein kinase C(PKC)の役割とc-fosとの関係を検討するために, PKC活性化型ホルボールエステルであるphorbol-12-myristate-13-acetate(PMA)を関節内に注入し, 同様にc-fos蛋白の発現を観察した. その結果, PMA注入群ではc-fosの発現が抑制され, S-O染色性の低下は認められず, またOAの進行も明らかに抑制された. これはsecondary messengerであるPKCの活性化がtertiary messengerであるc-fosの発現に抑制的に作用したこと, それにより結果的に軟骨基質が破壊から守られたことを示唆し, OAの発症と進行のメカニズムの一端が明らかにされたと考えられる.

学位の種類:医学  学位授与年月日:1998/3/24  指導: 田中, 清介 教授(Director: Prof. )  報告番号:甲第439号  学内授与番号:医585  NDL書誌ID:000000324316

Subjects/Keywords: Chondrocyte; c-fos; c-jun; Osteoarthritis (OA); Articular cartilage; Immunohistochemistry

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

宮崎, . . (1998). ラット変形性関節症モデルの関節軟骨におけるc-fos,c-jun発現の免疫組織学的研究 : Immunohistochemical study of c-Fos, c-Jun protein in articular chondrocytes of rat osteoarthritis model. (Thesis). Kindai University / 近畿大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1391/00002107/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

宮崎, 浩. “ラット変形性関節症モデルの関節軟骨におけるc-fos,c-jun発現の免疫組織学的研究 : Immunohistochemical study of c-Fos, c-Jun protein in articular chondrocytes of rat osteoarthritis model.” 1998. Thesis, Kindai University / 近畿大学. Accessed December 08, 2019. http://id.nii.ac.jp/1391/00002107/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

宮崎, 浩. “ラット変形性関節症モデルの関節軟骨におけるc-fos,c-jun発現の免疫組織学的研究 : Immunohistochemical study of c-Fos, c-Jun protein in articular chondrocytes of rat osteoarthritis model.” 1998. Web. 08 Dec 2019.

Vancouver:

宮崎 . ラット変形性関節症モデルの関節軟骨におけるc-fos,c-jun発現の免疫組織学的研究 : Immunohistochemical study of c-Fos, c-Jun protein in articular chondrocytes of rat osteoarthritis model. [Internet] [Thesis]. Kindai University / 近畿大学; 1998. [cited 2019 Dec 08]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1391/00002107/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

宮崎 . ラット変形性関節症モデルの関節軟骨におけるc-fos,c-jun発現の免疫組織学的研究 : Immunohistochemical study of c-Fos, c-Jun protein in articular chondrocytes of rat osteoarthritis model. [Thesis]. Kindai University / 近畿大学; 1998. Available from: http://id.nii.ac.jp/1391/00002107/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

9. 陳, 益昇. フェノール性Benzo [c] phenanthridine型Alkaloidの合成研究 : Study on synthesis of phenolic benzo[c]phenanthridine alkaloid.

Degree: Chiba University / 千葉大学

研究科: 千葉大学大学院薬学研究院

学位:千大院薬博乙第64号

Advisors/Committee Members: 千葉大学大学院薬学研究院.

Subjects/Keywords: Alkaloid; Benzo[c]phenanthridine; Synthesis; アルカロイド; ベンゾ[c]フェナントリジン; 合成

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

陳, . (n.d.). フェノール性Benzo [c] phenanthridine型Alkaloidの合成研究 : Study on synthesis of phenolic benzo[c]phenanthridine alkaloid. (Thesis). Chiba University / 千葉大学. Retrieved from http://opac.ll.chiba-u.jp/da/curator/900022714/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

陳, 益昇. “フェノール性Benzo [c] phenanthridine型Alkaloidの合成研究 : Study on synthesis of phenolic benzo[c]phenanthridine alkaloid.” Thesis, Chiba University / 千葉大学. Accessed December 08, 2019. http://opac.ll.chiba-u.jp/da/curator/900022714/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

陳, 益昇. “フェノール性Benzo [c] phenanthridine型Alkaloidの合成研究 : Study on synthesis of phenolic benzo[c]phenanthridine alkaloid.” Web. 08 Dec 2019.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.

Vancouver:

陳 . フェノール性Benzo [c] phenanthridine型Alkaloidの合成研究 : Study on synthesis of phenolic benzo[c]phenanthridine alkaloid. [Internet] [Thesis]. Chiba University / 千葉大学; [cited 2019 Dec 08]. Available from: http://opac.ll.chiba-u.jp/da/curator/900022714/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

Council of Science Editors:

陳 . フェノール性Benzo [c] phenanthridine型Alkaloidの合成研究 : Study on synthesis of phenolic benzo[c]phenanthridine alkaloid. [Thesis]. Chiba University / 千葉大学; Available from: http://opac.ll.chiba-u.jp/da/curator/900022714/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

10. 宇治澤, 知代. C. elegansの低温耐性における温度情報伝達の分子制御機構 : Molecular mechanism for temperature signaling in cold tolerance of C. elegans.

Degree: 博士(理学), 2017, Konan University / 甲南大学

温度は生物の生存にとって欠かせない環境情報である。生物は、めまぐるしく変化する環境温度下において生存するために、複雑な体内メカニズムを巧みに働かせている。しかし、この分子制御メカニズムには未知の点が残されている。本研究では、シンプルなモデル生物である線虫Caenorhabditis elegansを用いて動物の温度応答メカニズムの解明を目指し解析を行った。動物の低温に対する応答メカニズムを解析するための実験系として、C. elegansの低温耐性現象を見つけた。低温耐性とは、15℃で飼育された個体は2℃の低温刺激後も生存できるが、20℃や25℃で飼育された個体は2℃の低温刺激後に死滅する現象である。また、25℃飼育個体は、わずか3時間15℃に置くことで2℃の低温刺激後も生存できるようになる。本研究では、この現象を指標にして低温耐性を制御する分子生理機構と組織ネットワークの解析をおこなった。低温耐性を制御する細胞を同定するために、神経系や腸などの組織に異常をもつ変異体の低温耐性を解析したところ、感覚ニューロンで機能するcGMP依存性チャネルTAX-4の変異体において低温耐性の異常が観察された。さらに、tax-4変異体の頭部のASJ感覚ニューロンでtax-4遺伝子を発現させたところ、低温耐性の異常が回復した。これまでに、ASJ感覚ニューロンは光を感じる感覚ニューロンとして知られていた。そこで、ASJ感覚ニューロンが光だけでなく温度をも感知しているのかを、カルシウムイメージング解析を用いて調べたところ、ASJの温度に対する応答性が確認された。ASJ感覚ニューロンの光情報伝達に関わる3量体Gタンパク質経路の変異体を調べたところ、低温耐性の異常がみられた。つまり、光と温度は同じ細胞において共通の分子経路を介して情報を下流へ伝達することが示唆された。低温耐性の表現型とカルシウムイメージングによる解析から、ASJ感覚ニューロンにおいて、複数のGタンパク、グアニル酸シクラーゼ、ホスホジエステラーゼが各々共同的に機能していることが示唆された。ASJはシナプス部位からインスリンを分泌し、腸や神経系がインスリンを受容することが示唆された、さらに、インスリン情報伝達経路の下流で機能するFOXO型転写因子DAF-16による遺伝子の発現制御などを受けて全身の低温耐性が制御されることが見つかった。

平成28年(2016年度)

Subjects/Keywords: C. elegans; 低温耐性; ニューロン; 温度情報伝達

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

宇治澤, . (2017). C. elegansの低温耐性における温度情報伝達の分子制御機構 : Molecular mechanism for temperature signaling in cold tolerance of C. elegans. (Thesis). Konan University / 甲南大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1260/00002420/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00002420

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

宇治澤, 知代. “C. elegansの低温耐性における温度情報伝達の分子制御機構 : Molecular mechanism for temperature signaling in cold tolerance of C. elegans.” 2017. Thesis, Konan University / 甲南大学. Accessed December 08, 2019. http://id.nii.ac.jp/1260/00002420/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00002420.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

宇治澤, 知代. “C. elegansの低温耐性における温度情報伝達の分子制御機構 : Molecular mechanism for temperature signaling in cold tolerance of C. elegans.” 2017. Web. 08 Dec 2019.

Vancouver:

宇治澤 . C. elegansの低温耐性における温度情報伝達の分子制御機構 : Molecular mechanism for temperature signaling in cold tolerance of C. elegans. [Internet] [Thesis]. Konan University / 甲南大学; 2017. [cited 2019 Dec 08]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1260/00002420/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00002420.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

宇治澤 . C. elegansの低温耐性における温度情報伝達の分子制御機構 : Molecular mechanism for temperature signaling in cold tolerance of C. elegans. [Thesis]. Konan University / 甲南大学; 2017. Available from: http://id.nii.ac.jp/1260/00002420/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00002420

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

11. Alam, Shahjalal Shafiul. Hepatitis C virus quasispecies in cancerous and noncancerous hepatic lesions: The core protein-encoding region : 肝癌および非癌部におけるC型肝炎ウイルスの準種:コア蛋白質をコードしている領域.

Degree: 博士(医学), 2002, Okayama University / 岡山大学

Subjects/Keywords: cancerous hepatic lesions; Hepatitis C virus

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Alam, S. S. (2002). Hepatitis C virus quasispecies in cancerous and noncancerous hepatic lesions: The core protein-encoding region : 肝癌および非癌部におけるC型肝炎ウイルスの準種:コア蛋白質をコードしている領域. (Thesis). Okayama University / 岡山大学. Retrieved from http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/1649

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Alam, Shahjalal Shafiul. “Hepatitis C virus quasispecies in cancerous and noncancerous hepatic lesions: The core protein-encoding region : 肝癌および非癌部におけるC型肝炎ウイルスの準種:コア蛋白質をコードしている領域.” 2002. Thesis, Okayama University / 岡山大学. Accessed December 08, 2019. http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/1649.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Alam, Shahjalal Shafiul. “Hepatitis C virus quasispecies in cancerous and noncancerous hepatic lesions: The core protein-encoding region : 肝癌および非癌部におけるC型肝炎ウイルスの準種:コア蛋白質をコードしている領域.” 2002. Web. 08 Dec 2019.

Vancouver:

Alam SS. Hepatitis C virus quasispecies in cancerous and noncancerous hepatic lesions: The core protein-encoding region : 肝癌および非癌部におけるC型肝炎ウイルスの準種:コア蛋白質をコードしている領域. [Internet] [Thesis]. Okayama University / 岡山大学; 2002. [cited 2019 Dec 08]. Available from: http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/1649.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Alam SS. Hepatitis C virus quasispecies in cancerous and noncancerous hepatic lesions: The core protein-encoding region : 肝癌および非癌部におけるC型肝炎ウイルスの準種:コア蛋白質をコードしている領域. [Thesis]. Okayama University / 岡山大学; 2002. Available from: http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/1649

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

12. 古賀, 慎太郎. c-Srcの新規会合タンパク質ADAPの同定とその機能解析 : Functional analysis of ADAP as a c-Src-binding protein; c-Src ノ シンキ カイゴウ タンパクシツ ADAP ノ ドウテイ ト ソノ キノウ カイセキ.

Degree: Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学

Subjects/Keywords: c-Src; 破骨細胞

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

古賀, . (n.d.). c-Srcの新規会合タンパク質ADAPの同定とその機能解析 : Functional analysis of ADAP as a c-Src-binding protein; c-Src ノ シンキ カイゴウ タンパクシツ ADAP ノ ドウテイ ト ソノ キノウ カイセキ. (Thesis). Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10061/4127

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

古賀, 慎太郎. “c-Srcの新規会合タンパク質ADAPの同定とその機能解析 : Functional analysis of ADAP as a c-Src-binding protein; c-Src ノ シンキ カイゴウ タンパクシツ ADAP ノ ドウテイ ト ソノ キノウ カイセキ.” Thesis, Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学. Accessed December 08, 2019. http://hdl.handle.net/10061/4127.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

古賀, 慎太郎. “c-Srcの新規会合タンパク質ADAPの同定とその機能解析 : Functional analysis of ADAP as a c-Src-binding protein; c-Src ノ シンキ カイゴウ タンパクシツ ADAP ノ ドウテイ ト ソノ キノウ カイセキ.” Web. 08 Dec 2019.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.

Vancouver:

古賀 . c-Srcの新規会合タンパク質ADAPの同定とその機能解析 : Functional analysis of ADAP as a c-Src-binding protein; c-Src ノ シンキ カイゴウ タンパクシツ ADAP ノ ドウテイ ト ソノ キノウ カイセキ. [Internet] [Thesis]. Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学; [cited 2019 Dec 08]. Available from: http://hdl.handle.net/10061/4127.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

Council of Science Editors:

古賀 . c-Srcの新規会合タンパク質ADAPの同定とその機能解析 : Functional analysis of ADAP as a c-Src-binding protein; c-Src ノ シンキ カイゴウ タンパクシツ ADAP ノ ドウテイ ト ソノ キノウ カイセキ. [Thesis]. Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学; Available from: http://hdl.handle.net/10061/4127

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

13. 井上, 幸司. 高機能性Al-Si-C系セラミックスの作製と特性に関する研究 : コウキノウ Al-Si-Cケイ セラミックス ノ サクセイ ト トクセイ ニカンスル ケンキュウ.

Degree: 博士(工学), 2016, Nagoya Institute of Technology / 名古屋工業大学

主査:山口 明良

Subjects/Keywords: Al-Si-Cケイ; セラミックス; トクセイ

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

井上, . (2016). 高機能性Al-Si-C系セラミックスの作製と特性に関する研究 : コウキノウ Al-Si-Cケイ セラミックス ノ サクセイ ト トクセイ ニカンスル ケンキュウ. (Thesis). Nagoya Institute of Technology / 名古屋工業大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1476/00002803/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

井上, 幸司. “高機能性Al-Si-C系セラミックスの作製と特性に関する研究 : コウキノウ Al-Si-Cケイ セラミックス ノ サクセイ ト トクセイ ニカンスル ケンキュウ.” 2016. Thesis, Nagoya Institute of Technology / 名古屋工業大学. Accessed December 08, 2019. http://id.nii.ac.jp/1476/00002803/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

井上, 幸司. “高機能性Al-Si-C系セラミックスの作製と特性に関する研究 : コウキノウ Al-Si-Cケイ セラミックス ノ サクセイ ト トクセイ ニカンスル ケンキュウ.” 2016. Web. 08 Dec 2019.

Vancouver:

井上 . 高機能性Al-Si-C系セラミックスの作製と特性に関する研究 : コウキノウ Al-Si-Cケイ セラミックス ノ サクセイ ト トクセイ ニカンスル ケンキュウ. [Internet] [Thesis]. Nagoya Institute of Technology / 名古屋工業大学; 2016. [cited 2019 Dec 08]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1476/00002803/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

井上 . 高機能性Al-Si-C系セラミックスの作製と特性に関する研究 : コウキノウ Al-Si-Cケイ セラミックス ノ サクセイ ト トクセイ ニカンスル ケンキュウ. [Thesis]. Nagoya Institute of Technology / 名古屋工業大学; 2016. Available from: http://id.nii.ac.jp/1476/00002803/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

14. 宮本, 素明. 微量ドーピング不純物と水素原子によるシリコン表面の高性能クリーニング.

Degree: Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学

Supervisor:松村英樹

マテリアルサイエンス研究科

修士

Subjects/Keywords: Hクリーニング, 結晶シリコン; H cleaning, c-Si

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

宮本, . (n.d.). 微量ドーピング不純物と水素原子によるシリコン表面の高性能クリーニング. (Thesis). Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10119/8990

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

宮本, 素明. “微量ドーピング不純物と水素原子によるシリコン表面の高性能クリーニング.” Thesis, Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学. Accessed December 08, 2019. http://hdl.handle.net/10119/8990.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

宮本, 素明. “微量ドーピング不純物と水素原子によるシリコン表面の高性能クリーニング.” Web. 08 Dec 2019.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.

Vancouver:

宮本 . 微量ドーピング不純物と水素原子によるシリコン表面の高性能クリーニング. [Internet] [Thesis]. Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学; [cited 2019 Dec 08]. Available from: http://hdl.handle.net/10119/8990.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

Council of Science Editors:

宮本 . 微量ドーピング不純物と水素原子によるシリコン表面の高性能クリーニング. [Thesis]. Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学; Available from: http://hdl.handle.net/10119/8990

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

15. 小酒, 慶一. A novel TK-NOG based humanized mouse model for the study of HBV and HCV infections. : HBV及びHCV感染症研究のための新たなTK-NOGベースヒト化マウスモデルの検討.

Degree: 博士(医学), 2014, Hiroshima University / 広島大学

 The immunodeficient mice transplanted with human hepatocytes are available for the study of the human hepatitis viruses. Recently, human hepatocytes were also successfully transplanted in… (more)

Subjects/Keywords: Human hepatocyte chimeric mouse; TK-NOG mouse; uPA-SCID mouse; Hepatitis B virus; Hepatitis C virus; Human serum albumin

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

小酒, . (2014). A novel TK-NOG based humanized mouse model for the study of HBV and HCV infections. : HBV及びHCV感染症研究のための新たなTK-NOGベースヒト化マウスモデルの検討. (Thesis). Hiroshima University / 広島大学. Retrieved from http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/00040621

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

小酒, 慶一. “A novel TK-NOG based humanized mouse model for the study of HBV and HCV infections. : HBV及びHCV感染症研究のための新たなTK-NOGベースヒト化マウスモデルの検討.” 2014. Thesis, Hiroshima University / 広島大学. Accessed December 08, 2019. http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/00040621.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

小酒, 慶一. “A novel TK-NOG based humanized mouse model for the study of HBV and HCV infections. : HBV及びHCV感染症研究のための新たなTK-NOGベースヒト化マウスモデルの検討.” 2014. Web. 08 Dec 2019.

Vancouver:

小酒 . A novel TK-NOG based humanized mouse model for the study of HBV and HCV infections. : HBV及びHCV感染症研究のための新たなTK-NOGベースヒト化マウスモデルの検討. [Internet] [Thesis]. Hiroshima University / 広島大学; 2014. [cited 2019 Dec 08]. Available from: http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/00040621.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

小酒 . A novel TK-NOG based humanized mouse model for the study of HBV and HCV infections. : HBV及びHCV感染症研究のための新たなTK-NOGベースヒト化マウスモデルの検討. [Thesis]. Hiroshima University / 広島大学; 2014. Available from: http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/00040621

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

16. エイ エイ, ルイン. Hepatitis C Virus Genotype Distribution in Myanmar: Predominance of Genotype 6 and Existence of New Genotype 6 Subtype : ミャンマー国におけるC型肝炎ウイルスの遺伝子型の分布:6型が優位であり、新しい6型のサブタイプが存在する.

Degree: 博士(医学), 2007, Okayama University / 岡山大学

 Aim: This study was performed to determine the prevalence and distribution of hepatitis C virus (HCV) genotypes in Myanmar. Methods: A total of 1333 peripheral… (more)

Subjects/Keywords: DNA sequencing; genotype; hepatitis C virus; Myanmar; phylogenetic analysis

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

エイ エイ, . (2007). Hepatitis C Virus Genotype Distribution in Myanmar: Predominance of Genotype 6 and Existence of New Genotype 6 Subtype : ミャンマー国におけるC型肝炎ウイルスの遺伝子型の分布:6型が優位であり、新しい6型のサブタイプが存在する. (Thesis). Okayama University / 岡山大学. Retrieved from http://eprints.lib.okayama-u.ac.jp/11765

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

エイ エイ, ルイン. “Hepatitis C Virus Genotype Distribution in Myanmar: Predominance of Genotype 6 and Existence of New Genotype 6 Subtype : ミャンマー国におけるC型肝炎ウイルスの遺伝子型の分布:6型が優位であり、新しい6型のサブタイプが存在する.” 2007. Thesis, Okayama University / 岡山大学. Accessed December 08, 2019. http://eprints.lib.okayama-u.ac.jp/11765.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

エイ エイ, ルイン. “Hepatitis C Virus Genotype Distribution in Myanmar: Predominance of Genotype 6 and Existence of New Genotype 6 Subtype : ミャンマー国におけるC型肝炎ウイルスの遺伝子型の分布:6型が優位であり、新しい6型のサブタイプが存在する.” 2007. Web. 08 Dec 2019.

Vancouver:

エイ エイ . Hepatitis C Virus Genotype Distribution in Myanmar: Predominance of Genotype 6 and Existence of New Genotype 6 Subtype : ミャンマー国におけるC型肝炎ウイルスの遺伝子型の分布:6型が優位であり、新しい6型のサブタイプが存在する. [Internet] [Thesis]. Okayama University / 岡山大学; 2007. [cited 2019 Dec 08]. Available from: http://eprints.lib.okayama-u.ac.jp/11765.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

エイ エイ . Hepatitis C Virus Genotype Distribution in Myanmar: Predominance of Genotype 6 and Existence of New Genotype 6 Subtype : ミャンマー国におけるC型肝炎ウイルスの遺伝子型の分布:6型が優位であり、新しい6型のサブタイプが存在する. [Thesis]. Okayama University / 岡山大学; 2007. Available from: http://eprints.lib.okayama-u.ac.jp/11765

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

17. エイ エイ,ルイン. Hepatitis C Virus Genotype Distribution in Myanmar: Predominance of Genotype 6 and Existence of New Genotype 6 Subtype : ミャンマー国におけるC型肝炎ウイルスの遺伝子型の分布:6型が優位であり、新しい6型のサブタイプが存在する.

Degree: 博士(医学), 2007, Okayama University / 岡山大学

 Aim: This study was performed to determine the prevalence and distribution of hepatitis C virus (HCV) genotypes in Myanmar. Methods: A total of 1333 peripheral… (more)

Subjects/Keywords: DNA sequencing; genotype; hepatitis C virus; Myanmar; phylogenetic analysis

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

エイ,ルイン, . (2007). Hepatitis C Virus Genotype Distribution in Myanmar: Predominance of Genotype 6 and Existence of New Genotype 6 Subtype : ミャンマー国におけるC型肝炎ウイルスの遺伝子型の分布:6型が優位であり、新しい6型のサブタイプが存在する. (Thesis). Okayama University / 岡山大学. Retrieved from http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/metadata/11765

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

エイ,ルイン, エイ. “Hepatitis C Virus Genotype Distribution in Myanmar: Predominance of Genotype 6 and Existence of New Genotype 6 Subtype : ミャンマー国におけるC型肝炎ウイルスの遺伝子型の分布:6型が優位であり、新しい6型のサブタイプが存在する.” 2007. Thesis, Okayama University / 岡山大学. Accessed December 08, 2019. http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/metadata/11765.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

エイ,ルイン, エイ. “Hepatitis C Virus Genotype Distribution in Myanmar: Predominance of Genotype 6 and Existence of New Genotype 6 Subtype : ミャンマー国におけるC型肝炎ウイルスの遺伝子型の分布:6型が優位であり、新しい6型のサブタイプが存在する.” 2007. Web. 08 Dec 2019.

Vancouver:

エイ,ルイン . Hepatitis C Virus Genotype Distribution in Myanmar: Predominance of Genotype 6 and Existence of New Genotype 6 Subtype : ミャンマー国におけるC型肝炎ウイルスの遺伝子型の分布:6型が優位であり、新しい6型のサブタイプが存在する. [Internet] [Thesis]. Okayama University / 岡山大学; 2007. [cited 2019 Dec 08]. Available from: http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/metadata/11765.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

エイ,ルイン . Hepatitis C Virus Genotype Distribution in Myanmar: Predominance of Genotype 6 and Existence of New Genotype 6 Subtype : ミャンマー国におけるC型肝炎ウイルスの遺伝子型の分布:6型が優位であり、新しい6型のサブタイプが存在する. [Thesis]. Okayama University / 岡山大学; 2007. Available from: http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/metadata/11765

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

18. 古松, 伸夫. 離散・連続混合型シミュレーションのためのモデリング環境 : リサン レンゾク コンゴウガタ シミュレーション ノ タメノ モデリング カンキョウ.

Degree: Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学

Subjects/Keywords: 離散・連続混合型シミュレーション; C++

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

古松, . (n.d.). 離散・連続混合型シミュレーションのためのモデリング環境 : リサン レンゾク コンゴウガタ シミュレーション ノ タメノ モデリング カンキョウ. (Thesis). Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10061/2188

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

古松, 伸夫. “離散・連続混合型シミュレーションのためのモデリング環境 : リサン レンゾク コンゴウガタ シミュレーション ノ タメノ モデリング カンキョウ.” Thesis, Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学. Accessed December 08, 2019. http://hdl.handle.net/10061/2188.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

古松, 伸夫. “離散・連続混合型シミュレーションのためのモデリング環境 : リサン レンゾク コンゴウガタ シミュレーション ノ タメノ モデリング カンキョウ.” Web. 08 Dec 2019.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.

Vancouver:

古松 . 離散・連続混合型シミュレーションのためのモデリング環境 : リサン レンゾク コンゴウガタ シミュレーション ノ タメノ モデリング カンキョウ. [Internet] [Thesis]. Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学; [cited 2019 Dec 08]. Available from: http://hdl.handle.net/10061/2188.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

Council of Science Editors:

古松 . 離散・連続混合型シミュレーションのためのモデリング環境 : リサン レンゾク コンゴウガタ シミュレーション ノ タメノ モデリング カンキョウ. [Thesis]. Nara Institute of Science and Technology / 奈良先端科学技術大学院大学; Available from: http://hdl.handle.net/10061/2188

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

19. 安田, 信彦. 紫外線照射によるポリ乳酸の光分解の精密解析 : Analysis of Photolysis Behavior of Poly(L-lactic acid) under Ultraviolet Irradiation.

Degree: 博士(工学), 2017, Kyushu Institute of Technology / 九州工業大学

本研究では、ポリ乳酸(PLLA)の光劣化について精密解析評価を行った。背景として、近年、再生可能資源から合成される生分解性と解重合性を兼ね備えたポリマーとして、PLLA は循環型社会の構築に重要な役割を果たし得る材料としてPLLA(PLLA)が考えられている。問題点として、PLLA は屋外で用いる際、太陽光により紫外線劣化を起こす事が知られており、これがPLLA の循環利用に及ぼす影響は未知であり、評価を行う必要がある。そこで、本研究では、光劣化の分解挙動を明らかにする事と、ケミカルリサイクルへの影響を評価する事を目的とした。本研究の論文は第 1 章から第11 章までで構成される。第 1 章では緒言として、生分解性のPLLA についての背景を示した。第 2 章では、PLLA の光分解に関する既往の研究をまとめ、分解メカニズムがNorrishⅡ型である事、そして、ラセミ化の評価が行われていない事を示し、本研究で明らかにすべき点を示した。第 3 章では本研究で行うPLLA フィルムサンプルの調製方法とUV-C を光源とした光照射試験の方法について紹介をした。第 4 章では光分解挙動について、外観、重量、分子量、及び光学純度の変化を評価した。これらの結果から、ラセミ化する事が新たに判明した。また、初期の光分解はランダム分に進行し、分子切断末端の生成が関与している可能性が示された。第 5 章では、初期光劣化の分解メカニズムの解析結果を示した。ここで起こるランダム分解反応の詳細を動力学的解析により明らかにし、結果では、PLLA の初期光劣化は単純ランダム分解で進行している事を示した。第 6 章では第4 章で明らかとなったラセミ化について、発生位置の調査を行った。この結果、UV-C(more)

Subjects/Keywords: ポリL-乳酸; 光劣化; 分解挙動; UV-C; 光学純度; tacticity

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

安田, . (2017). 紫外線照射によるポリ乳酸の光分解の精密解析 : Analysis of Photolysis Behavior of Poly(L-lactic acid) under Ultraviolet Irradiation. (Thesis). Kyushu Institute of Technology / 九州工業大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10228/5473

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

安田, 信彦. “紫外線照射によるポリ乳酸の光分解の精密解析 : Analysis of Photolysis Behavior of Poly(L-lactic acid) under Ultraviolet Irradiation.” 2017. Thesis, Kyushu Institute of Technology / 九州工業大学. Accessed December 08, 2019. http://hdl.handle.net/10228/5473.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

安田, 信彦. “紫外線照射によるポリ乳酸の光分解の精密解析 : Analysis of Photolysis Behavior of Poly(L-lactic acid) under Ultraviolet Irradiation.” 2017. Web. 08 Dec 2019.

Vancouver:

安田 . 紫外線照射によるポリ乳酸の光分解の精密解析 : Analysis of Photolysis Behavior of Poly(L-lactic acid) under Ultraviolet Irradiation. [Internet] [Thesis]. Kyushu Institute of Technology / 九州工業大学; 2017. [cited 2019 Dec 08]. Available from: http://hdl.handle.net/10228/5473.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

安田 . 紫外線照射によるポリ乳酸の光分解の精密解析 : Analysis of Photolysis Behavior of Poly(L-lactic acid) under Ultraviolet Irradiation. [Thesis]. Kyushu Institute of Technology / 九州工業大学; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/10228/5473

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

20. 黒岩, 純. 一般住民における血清レプチン濃度の実態及び糖代謝関連項目に及ぼす影響 : Effect of obesity on leptin and glucose metabolism-related items in the general population; イッパン ジュウミン ニオケル ケッセイ レプチン ノウド ノ ジッタイ オヨビ トウ タイシャ カンレン コウモク ニ オヨボス エイキョウ.

Degree: 博士(医学), 2018, Hirosaki University / 弘前大学

Subjects/Keywords: 一般住民; 肥満; レプチン; 血糖; HbA1c; Cペプチド; general populatuy; Obesity; Leptin; Glucose; HbA1c; C-peptide

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

黒岩, . (2018). 一般住民における血清レプチン濃度の実態及び糖代謝関連項目に及ぼす影響 : Effect of obesity on leptin and glucose metabolism-related items in the general population; イッパン ジュウミン ニオケル ケッセイ レプチン ノウド ノ ジッタイ オヨビ トウ タイシャ カンレン コウモク ニ オヨボス エイキョウ. (Thesis). Hirosaki University / 弘前大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10129/5614

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

黒岩, 純. “一般住民における血清レプチン濃度の実態及び糖代謝関連項目に及ぼす影響 : Effect of obesity on leptin and glucose metabolism-related items in the general population; イッパン ジュウミン ニオケル ケッセイ レプチン ノウド ノ ジッタイ オヨビ トウ タイシャ カンレン コウモク ニ オヨボス エイキョウ.” 2018. Thesis, Hirosaki University / 弘前大学. Accessed December 08, 2019. http://hdl.handle.net/10129/5614.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

黒岩, 純. “一般住民における血清レプチン濃度の実態及び糖代謝関連項目に及ぼす影響 : Effect of obesity on leptin and glucose metabolism-related items in the general population; イッパン ジュウミン ニオケル ケッセイ レプチン ノウド ノ ジッタイ オヨビ トウ タイシャ カンレン コウモク ニ オヨボス エイキョウ.” 2018. Web. 08 Dec 2019.

Vancouver:

黒岩 . 一般住民における血清レプチン濃度の実態及び糖代謝関連項目に及ぼす影響 : Effect of obesity on leptin and glucose metabolism-related items in the general population; イッパン ジュウミン ニオケル ケッセイ レプチン ノウド ノ ジッタイ オヨビ トウ タイシャ カンレン コウモク ニ オヨボス エイキョウ. [Internet] [Thesis]. Hirosaki University / 弘前大学; 2018. [cited 2019 Dec 08]. Available from: http://hdl.handle.net/10129/5614.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

黒岩 . 一般住民における血清レプチン濃度の実態及び糖代謝関連項目に及ぼす影響 : Effect of obesity on leptin and glucose metabolism-related items in the general population; イッパン ジュウミン ニオケル ケッセイ レプチン ノウド ノ ジッタイ オヨビ トウ タイシャ カンレン コウモク ニ オヨボス エイキョウ. [Thesis]. Hirosaki University / 弘前大学; 2018. Available from: http://hdl.handle.net/10129/5614

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

21. 谷口, 雅幸. 家電的マルチメディアネットワークシステムのための機器制御に関する研究.

Degree: Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学

Supervisor:丹 康雄

情報科学研究科

修士

Subjects/Keywords: 機器制御, VOD, IEEE1394, RTSP, AV/C; device control, VOD, IEEE1394, RTSP, AV/C

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

谷口, . (n.d.). 家電的マルチメディアネットワークシステムのための機器制御に関する研究. (Thesis). Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10119/1344

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

谷口, 雅幸. “家電的マルチメディアネットワークシステムのための機器制御に関する研究.” Thesis, Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学. Accessed December 08, 2019. http://hdl.handle.net/10119/1344.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

谷口, 雅幸. “家電的マルチメディアネットワークシステムのための機器制御に関する研究.” Web. 08 Dec 2019.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.

Vancouver:

谷口 . 家電的マルチメディアネットワークシステムのための機器制御に関する研究. [Internet] [Thesis]. Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学; [cited 2019 Dec 08]. Available from: http://hdl.handle.net/10119/1344.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

Council of Science Editors:

谷口 . 家電的マルチメディアネットワークシステムのための機器制御に関する研究. [Thesis]. Japan Advanced Institute of Science and Technology / 北陸先端科学技術大学院大学; Available from: http://hdl.handle.net/10119/1344

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

22. 沼田, 誠. 1型高ウイルス量C型慢性肝炎治療に対するペグインターフェロン及びリバビリン投与量による治療効果の相違 : 1ガタ コウウイルスリョウ Cガタ マンセイ カンエン チリョウ ニ タイスル ペグインターフェロン オヨビ リバビリン トウヨリョウ ニヨル チリョウ コウカ ノ ソウイ.

Degree: 博士(医学), 2013, Tokai University Repository / 東海大学

Subjects/Keywords: C型慢性肝炎, ペグインターフェロン, リバビリン; Chronic hepatitis C, PEG-IFN, Rivavirin

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

沼田, . (2013). 1型高ウイルス量C型慢性肝炎治療に対するペグインターフェロン及びリバビリン投与量による治療効果の相違 : 1ガタ コウウイルスリョウ Cガタ マンセイ カンエン チリョウ ニ タイスル ペグインターフェロン オヨビ リバビリン トウヨリョウ ニヨル チリョウ コウカ ノ ソウイ. (Thesis). Tokai University Repository / 東海大学. Retrieved from https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000052

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

沼田, 誠. “1型高ウイルス量C型慢性肝炎治療に対するペグインターフェロン及びリバビリン投与量による治療効果の相違 : 1ガタ コウウイルスリョウ Cガタ マンセイ カンエン チリョウ ニ タイスル ペグインターフェロン オヨビ リバビリン トウヨリョウ ニヨル チリョウ コウカ ノ ソウイ.” 2013. Thesis, Tokai University Repository / 東海大学. Accessed December 08, 2019. https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000052.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

沼田, 誠. “1型高ウイルス量C型慢性肝炎治療に対するペグインターフェロン及びリバビリン投与量による治療効果の相違 : 1ガタ コウウイルスリョウ Cガタ マンセイ カンエン チリョウ ニ タイスル ペグインターフェロン オヨビ リバビリン トウヨリョウ ニヨル チリョウ コウカ ノ ソウイ.” 2013. Web. 08 Dec 2019.

Vancouver:

沼田 . 1型高ウイルス量C型慢性肝炎治療に対するペグインターフェロン及びリバビリン投与量による治療効果の相違 : 1ガタ コウウイルスリョウ Cガタ マンセイ カンエン チリョウ ニ タイスル ペグインターフェロン オヨビ リバビリン トウヨリョウ ニヨル チリョウ コウカ ノ ソウイ. [Internet] [Thesis]. Tokai University Repository / 東海大学; 2013. [cited 2019 Dec 08]. Available from: https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000052.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

沼田 . 1型高ウイルス量C型慢性肝炎治療に対するペグインターフェロン及びリバビリン投与量による治療効果の相違 : 1ガタ コウウイルスリョウ Cガタ マンセイ カンエン チリョウ ニ タイスル ペグインターフェロン オヨビ リバビリン トウヨリョウ ニヨル チリョウ コウカ ノ ソウイ. [Thesis]. Tokai University Repository / 東海大学; 2013. Available from: https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000052

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

23. 半澤, 茂. シリコン含浸型炭素繊維強化複合材の合成と特性 : シリコン ガンシンガタ タンソ センイ キョウカ フクゴウザイ ノ ゴウセイ ト トクセイ.

Degree: 博士(工学), 2016, Nagoya Institute of Technology / 名古屋工業大学

主査:石澤 伸夫

Subjects/Keywords: si含浸型SiCセラミックス; SiCマトリックスC; C複合材; 炭素繊維

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

半澤, . (2016). シリコン含浸型炭素繊維強化複合材の合成と特性 : シリコン ガンシンガタ タンソ センイ キョウカ フクゴウザイ ノ ゴウセイ ト トクセイ. (Thesis). Nagoya Institute of Technology / 名古屋工業大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1476/00003039/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

半澤, 茂. “シリコン含浸型炭素繊維強化複合材の合成と特性 : シリコン ガンシンガタ タンソ センイ キョウカ フクゴウザイ ノ ゴウセイ ト トクセイ.” 2016. Thesis, Nagoya Institute of Technology / 名古屋工業大学. Accessed December 08, 2019. http://id.nii.ac.jp/1476/00003039/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

半澤, 茂. “シリコン含浸型炭素繊維強化複合材の合成と特性 : シリコン ガンシンガタ タンソ センイ キョウカ フクゴウザイ ノ ゴウセイ ト トクセイ.” 2016. Web. 08 Dec 2019.

Vancouver:

半澤 . シリコン含浸型炭素繊維強化複合材の合成と特性 : シリコン ガンシンガタ タンソ センイ キョウカ フクゴウザイ ノ ゴウセイ ト トクセイ. [Internet] [Thesis]. Nagoya Institute of Technology / 名古屋工業大学; 2016. [cited 2019 Dec 08]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1476/00003039/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

半澤 . シリコン含浸型炭素繊維強化複合材の合成と特性 : シリコン ガンシンガタ タンソ センイ キョウカ フクゴウザイ ノ ゴウセイ ト トクセイ. [Thesis]. Nagoya Institute of Technology / 名古屋工業大学; 2016. Available from: http://id.nii.ac.jp/1476/00003039/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

24. 山本, 清威. 糖尿病におけるプロテインキナーゼC-δシグナルと膵ランゲルハンス島からのグルカゴン分泌に関する研究 : トウニョウビョウ ニオケル プロテインキナーゼ C-δ シグナル ト スイランゲルハンストウ カラ ノ グルカゴン ブンピツ ニ カンスル ケンキュウ.

Degree: 博士(薬学), 2017, Tokushima University / 徳島大学

Subjects/Keywords: Glucagon secretion; Pancreatic α-cell; Protein kinase C-δ; Streptozotocin-induced diabetic mice

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

山本, . (2017). 糖尿病におけるプロテインキナーゼC-δシグナルと膵ランゲルハンス島からのグルカゴン分泌に関する研究 : トウニョウビョウ ニオケル プロテインキナーゼ C-δ シグナル ト スイランゲルハンストウ カラ ノ グルカゴン ブンピツ ニ カンスル ケンキュウ. (Thesis). Tokushima University / 徳島大学. Retrieved from http://repo.lib.tokushima-u.ac.jp/110059

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

山本, 清威. “糖尿病におけるプロテインキナーゼC-δシグナルと膵ランゲルハンス島からのグルカゴン分泌に関する研究 : トウニョウビョウ ニオケル プロテインキナーゼ C-δ シグナル ト スイランゲルハンストウ カラ ノ グルカゴン ブンピツ ニ カンスル ケンキュウ.” 2017. Thesis, Tokushima University / 徳島大学. Accessed December 08, 2019. http://repo.lib.tokushima-u.ac.jp/110059.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

山本, 清威. “糖尿病におけるプロテインキナーゼC-δシグナルと膵ランゲルハンス島からのグルカゴン分泌に関する研究 : トウニョウビョウ ニオケル プロテインキナーゼ C-δ シグナル ト スイランゲルハンストウ カラ ノ グルカゴン ブンピツ ニ カンスル ケンキュウ.” 2017. Web. 08 Dec 2019.

Vancouver:

山本 . 糖尿病におけるプロテインキナーゼC-δシグナルと膵ランゲルハンス島からのグルカゴン分泌に関する研究 : トウニョウビョウ ニオケル プロテインキナーゼ C-δ シグナル ト スイランゲルハンストウ カラ ノ グルカゴン ブンピツ ニ カンスル ケンキュウ. [Internet] [Thesis]. Tokushima University / 徳島大学; 2017. [cited 2019 Dec 08]. Available from: http://repo.lib.tokushima-u.ac.jp/110059.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

山本 . 糖尿病におけるプロテインキナーゼC-δシグナルと膵ランゲルハンス島からのグルカゴン分泌に関する研究 : トウニョウビョウ ニオケル プロテインキナーゼ C-δ シグナル ト スイランゲルハンストウ カラ ノ グルカゴン ブンピツ ニ カンスル ケンキュウ. [Thesis]. Tokushima University / 徳島大学; 2017. Available from: http://repo.lib.tokushima-u.ac.jp/110059

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation


Kyoto University / 京都大学

25. 森脇, 隆仁. 線虫 Caenorhabditis elegans を用いたストレス応答機構に関する研究.

Degree: 博士(理学), 2014, Kyoto University / 京都大学

新制・課程博士

甲第18110号

理博第3988号

Subjects/Keywords: C. elegans; DNA damage response; DNA mismatch repair; Aging; Drug resistance; ATM; MLH1

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

森脇, . (2014). 線虫 Caenorhabditis elegans を用いたストレス応答機構に関する研究. (Thesis). Kyoto University / 京都大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2433/188521 ; http://dx.doi.org/10.14989/doctor.k18110

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

森脇, 隆仁. “線虫 Caenorhabditis elegans を用いたストレス応答機構に関する研究.” 2014. Thesis, Kyoto University / 京都大学. Accessed December 08, 2019. http://hdl.handle.net/2433/188521 ; http://dx.doi.org/10.14989/doctor.k18110.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

森脇, 隆仁. “線虫 Caenorhabditis elegans を用いたストレス応答機構に関する研究.” 2014. Web. 08 Dec 2019.

Vancouver:

森脇 . 線虫 Caenorhabditis elegans を用いたストレス応答機構に関する研究. [Internet] [Thesis]. Kyoto University / 京都大学; 2014. [cited 2019 Dec 08]. Available from: http://hdl.handle.net/2433/188521 ; http://dx.doi.org/10.14989/doctor.k18110.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

森脇 . 線虫 Caenorhabditis elegans を用いたストレス応答機構に関する研究. [Thesis]. Kyoto University / 京都大学; 2014. Available from: http://hdl.handle.net/2433/188521 ; http://dx.doi.org/10.14989/doctor.k18110

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation


Kyoto University / 京都大学

26. 南條, 毅. カスケード型パラジウム触媒反応を利用した芳香族化合物の効率的合成.

Degree: 博士(薬科学), 2015, Kyoto University / 京都大学

新制・課程博士

甲第18915号

薬科博第29号

Subjects/Keywords: パラジウム触媒; カスケード反応; C-H活性化; イソシアニド; インドール

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

南條, . (2015). カスケード型パラジウム触媒反応を利用した芳香族化合物の効率的合成. (Thesis). Kyoto University / 京都大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2433/199487 ; http://dx.doi.org/10.14989/doctor.k18915

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

南條, 毅. “カスケード型パラジウム触媒反応を利用した芳香族化合物の効率的合成.” 2015. Thesis, Kyoto University / 京都大学. Accessed December 08, 2019. http://hdl.handle.net/2433/199487 ; http://dx.doi.org/10.14989/doctor.k18915.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

南條, 毅. “カスケード型パラジウム触媒反応を利用した芳香族化合物の効率的合成.” 2015. Web. 08 Dec 2019.

Vancouver:

南條 . カスケード型パラジウム触媒反応を利用した芳香族化合物の効率的合成. [Internet] [Thesis]. Kyoto University / 京都大学; 2015. [cited 2019 Dec 08]. Available from: http://hdl.handle.net/2433/199487 ; http://dx.doi.org/10.14989/doctor.k18915.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

南條 . カスケード型パラジウム触媒反応を利用した芳香族化合物の効率的合成. [Thesis]. Kyoto University / 京都大学; 2015. Available from: http://hdl.handle.net/2433/199487 ; http://dx.doi.org/10.14989/doctor.k18915

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation


Kyoto University / 京都大学

27. 末次, 聖. Pd触媒による分子内アリル位アミノ化および分子内C-H官能基化反応の開発.

Degree: 博士(薬科学), 2017, Kyoto University / 京都大学

新制・論文博士

乙第13086号

論薬科博第2号

Subjects/Keywords: Pd catalyst; allylic amination; C-H functionalization; aurantioclavine; oxidative rearrangement

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

末次, . (2017). Pd触媒による分子内アリル位アミノ化および分子内C-H官能基化反応の開発. (Thesis). Kyoto University / 京都大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2433/225305 ; http://dx.doi.org/10.14989/doctor.r13086

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

末次, 聖. “Pd触媒による分子内アリル位アミノ化および分子内C-H官能基化反応の開発.” 2017. Thesis, Kyoto University / 京都大学. Accessed December 08, 2019. http://hdl.handle.net/2433/225305 ; http://dx.doi.org/10.14989/doctor.r13086.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

末次, 聖. “Pd触媒による分子内アリル位アミノ化および分子内C-H官能基化反応の開発.” 2017. Web. 08 Dec 2019.

Vancouver:

末次 . Pd触媒による分子内アリル位アミノ化および分子内C-H官能基化反応の開発. [Internet] [Thesis]. Kyoto University / 京都大学; 2017. [cited 2019 Dec 08]. Available from: http://hdl.handle.net/2433/225305 ; http://dx.doi.org/10.14989/doctor.r13086.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

末次 . Pd触媒による分子内アリル位アミノ化および分子内C-H官能基化反応の開発. [Thesis]. Kyoto University / 京都大学; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/2433/225305 ; http://dx.doi.org/10.14989/doctor.r13086

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

28. 岩槻, 政晃; イワツキ, マサアキ. 大腸癌における細胞周期調節因子FBXW7遺伝子の発現低下の臨床病理学的意義 : ダイチョウ ガン ニ オケル サイボウ シュウキ チョウセツ インシ FBXW7 イデンシ ノ ハツゲン テイカ ノ リンショウ ビョウリガクテキ イギ; The clinicopathological significance of loss of FBXW7, a cell cycle regulating gene, in colorectal cancer.

Degree: Kumamoto University / 熊本大学

本研究では、c-Myc やcyclin E をユビキチン化して、その分解を促進することで細胞周期からの脱出を促進するユビキチンリガーゼをコードする細胞周期調節遺伝子FBXW7と大腸癌の進展・発育との関連に着目した。大腸癌検体におけるFBXW7 の発現と、臨床病理学的な意義を確認し、それを裏付ける分子機構を解明するために、大腸癌細胞株を用いて、FBXW7 の発現抑制による影響を検討することを目的とした。さらにFBXW7 mRNA 発現低下機構として、大腸癌細胞におけるゲノムレベルの変異(コピー数減少)の有無を明らかにする。

Subjects/Keywords: 大腸癌; FBXW7遺伝子; c-Myc; cyclin E; ゲノムコピー数

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

岩槻, 政晃; イワツキ, . (n.d.). 大腸癌における細胞周期調節因子FBXW7遺伝子の発現低下の臨床病理学的意義 : ダイチョウ ガン ニ オケル サイボウ シュウキ チョウセツ インシ FBXW7 イデンシ ノ ハツゲン テイカ ノ リンショウ ビョウリガクテキ イギ; The clinicopathological significance of loss of FBXW7, a cell cycle regulating gene, in colorectal cancer. (Thesis). Kumamoto University / 熊本大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2298/16509

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

岩槻, 政晃; イワツキ, マサアキ. “大腸癌における細胞周期調節因子FBXW7遺伝子の発現低下の臨床病理学的意義 : ダイチョウ ガン ニ オケル サイボウ シュウキ チョウセツ インシ FBXW7 イデンシ ノ ハツゲン テイカ ノ リンショウ ビョウリガクテキ イギ; The clinicopathological significance of loss of FBXW7, a cell cycle regulating gene, in colorectal cancer.” Thesis, Kumamoto University / 熊本大学. Accessed December 08, 2019. http://hdl.handle.net/2298/16509.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

岩槻, 政晃; イワツキ, マサアキ. “大腸癌における細胞周期調節因子FBXW7遺伝子の発現低下の臨床病理学的意義 : ダイチョウ ガン ニ オケル サイボウ シュウキ チョウセツ インシ FBXW7 イデンシ ノ ハツゲン テイカ ノ リンショウ ビョウリガクテキ イギ; The clinicopathological significance of loss of FBXW7, a cell cycle regulating gene, in colorectal cancer.” Web. 08 Dec 2019.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.

Vancouver:

岩槻, 政晃; イワツキ . 大腸癌における細胞周期調節因子FBXW7遺伝子の発現低下の臨床病理学的意義 : ダイチョウ ガン ニ オケル サイボウ シュウキ チョウセツ インシ FBXW7 イデンシ ノ ハツゲン テイカ ノ リンショウ ビョウリガクテキ イギ; The clinicopathological significance of loss of FBXW7, a cell cycle regulating gene, in colorectal cancer. [Internet] [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; [cited 2019 Dec 08]. Available from: http://hdl.handle.net/2298/16509.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

Council of Science Editors:

岩槻, 政晃; イワツキ . 大腸癌における細胞周期調節因子FBXW7遺伝子の発現低下の臨床病理学的意義 : ダイチョウ ガン ニ オケル サイボウ シュウキ チョウセツ インシ FBXW7 イデンシ ノ ハツゲン テイカ ノ リンショウ ビョウリガクテキ イギ; The clinicopathological significance of loss of FBXW7, a cell cycle regulating gene, in colorectal cancer. [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; Available from: http://hdl.handle.net/2298/16509

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

29. 川内, 暢子. 人工糖脂質を用いたC-型レクチン受容体SIGNR1の糖鎖結合選択性の解析に関する研究 : ジンコウ トウシシツ オ モチイタ C-ガタ レクチン ジュヨウタイ SIGNR1 ノ トウサ ケツゴウ センタクセイ ノ カイセキ ニ カンスル ケンキュウ.

Degree: 博士(理学), 2015, Tokai University Repository / 東海大学

Subjects/Keywords: C-型レクチン受容体; SIGNR1; OML; Phagocytosis; 等脂質

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

川内, . (2015). 人工糖脂質を用いたC-型レクチン受容体SIGNR1の糖鎖結合選択性の解析に関する研究 : ジンコウ トウシシツ オ モチイタ C-ガタ レクチン ジュヨウタイ SIGNR1 ノ トウサ ケツゴウ センタクセイ ノ カイセキ ニ カンスル ケンキュウ. (Thesis). Tokai University Repository / 東海大学. Retrieved from https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000136

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

川内, 暢子. “人工糖脂質を用いたC-型レクチン受容体SIGNR1の糖鎖結合選択性の解析に関する研究 : ジンコウ トウシシツ オ モチイタ C-ガタ レクチン ジュヨウタイ SIGNR1 ノ トウサ ケツゴウ センタクセイ ノ カイセキ ニ カンスル ケンキュウ.” 2015. Thesis, Tokai University Repository / 東海大学. Accessed December 08, 2019. https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000136.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

川内, 暢子. “人工糖脂質を用いたC-型レクチン受容体SIGNR1の糖鎖結合選択性の解析に関する研究 : ジンコウ トウシシツ オ モチイタ C-ガタ レクチン ジュヨウタイ SIGNR1 ノ トウサ ケツゴウ センタクセイ ノ カイセキ ニ カンスル ケンキュウ.” 2015. Web. 08 Dec 2019.

Vancouver:

川内 . 人工糖脂質を用いたC-型レクチン受容体SIGNR1の糖鎖結合選択性の解析に関する研究 : ジンコウ トウシシツ オ モチイタ C-ガタ レクチン ジュヨウタイ SIGNR1 ノ トウサ ケツゴウ センタクセイ ノ カイセキ ニ カンスル ケンキュウ. [Internet] [Thesis]. Tokai University Repository / 東海大学; 2015. [cited 2019 Dec 08]. Available from: https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000136.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

川内 . 人工糖脂質を用いたC-型レクチン受容体SIGNR1の糖鎖結合選択性の解析に関する研究 : ジンコウ トウシシツ オ モチイタ C-ガタ レクチン ジュヨウタイ SIGNR1 ノ トウサ ケツゴウ センタクセイ ノ カイセキ ニ カンスル ケンキュウ. [Thesis]. Tokai University Repository / 東海大学; 2015. Available from: https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000136

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation


Kyoto University / 京都大学

30. CHEN, DONGSHENG. 酸化物分散強化フェライト鋼における鉄/クロム相分離挙動 : Iron/Chromium Phase Decomposition Behavior in Oxide Dispersion Strengthened Ferritic Steels.

Degree: 博士(エネルギー科学), 2015, Kyoto University / 京都大学

新制・課程博士

甲第19093号

エネ博第317号

Subjects/Keywords: 15Cr-ODS steel; Phase decomposition; Age-hardening; 475°C embrittlement; Cr-rich phase

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

CHEN, D. (2015). 酸化物分散強化フェライト鋼における鉄/クロム相分離挙動 : Iron/Chromium Phase Decomposition Behavior in Oxide Dispersion Strengthened Ferritic Steels. (Thesis). Kyoto University / 京都大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2433/199548

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

CHEN, DONGSHENG. “酸化物分散強化フェライト鋼における鉄/クロム相分離挙動 : Iron/Chromium Phase Decomposition Behavior in Oxide Dispersion Strengthened Ferritic Steels.” 2015. Thesis, Kyoto University / 京都大学. Accessed December 08, 2019. http://hdl.handle.net/2433/199548.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

CHEN, DONGSHENG. “酸化物分散強化フェライト鋼における鉄/クロム相分離挙動 : Iron/Chromium Phase Decomposition Behavior in Oxide Dispersion Strengthened Ferritic Steels.” 2015. Web. 08 Dec 2019.

Vancouver:

CHEN D. 酸化物分散強化フェライト鋼における鉄/クロム相分離挙動 : Iron/Chromium Phase Decomposition Behavior in Oxide Dispersion Strengthened Ferritic Steels. [Internet] [Thesis]. Kyoto University / 京都大学; 2015. [cited 2019 Dec 08]. Available from: http://hdl.handle.net/2433/199548.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

CHEN D. 酸化物分散強化フェライト鋼における鉄/クロム相分離挙動 : Iron/Chromium Phase Decomposition Behavior in Oxide Dispersion Strengthened Ferritic Steels. [Thesis]. Kyoto University / 京都大学; 2015. Available from: http://hdl.handle.net/2433/199548

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

[1] [2] [3]

.