Advanced search options

Advanced Search Options 🞨

Browse by author name (“Author name starts with…”).

Find ETDs with:

in
/  
in
/  
in
/  
in

Written in Published in Earliest date Latest date

Sorted by

Results per page:

Sorted by: relevance · author · university · dateNew search

You searched for publisher:"Yokohama National University". Showing records 1 – 30 of 869 total matches.

[1] [2] [3] [4] [5] … [29]

Search Limiters

Last 2 Years | English Only

Languages

▼ Search Limiters

1. 三浦, 剛. タイヘヨウサケ属の降河および遡上行動調節機構に関する行動生理学的研究 : Behavioral and physiological study in control mechanisms of downstream and upstream behaviors in Pacific salmon, Oncorhynchus spp.

Degree: 博士(環境学), 2016, Yokohama National University / 横浜国立大学

タイヘイヨウサケ属には、河川で生まれ河川と海の間での通し回遊を行う降海型と、終生を河川内の一定区域内で過ごし通し回遊は行わない河川型が存在する。このうち降海型は、河川で成長した後に、銀化変態と呼ばれる生理的変化に続き降河行動を発現し、群れとなって河川を降る(降河回遊)。降河行動の後に海域進出した降海型は北洋を回遊して成長し、性成熟とともに生まれた川へと回帰し、母川内を遡上行動により産卵域まで遡上する(遡上回遊)。種によっては、降河回遊を示すが海域進出はせず、河川中下流域で成長した後、上流域へ向けた遡上回遊を行う個体も存在する。本研究では降海型と河川型の境界は河川を降河および遡上するか否かとし、上記のような個体も降海型と定義した。本属の中で系統的に起源に近いサクラマスOncorhynchus masouなどでは、降海型と河川型の種内多型がみられ、系統的により後から派生したシロザケO. ketaなどに比べ、降海型の降河回遊期までの河川生息期間が長い傾向にある。そのため我が国のサクラマス降海型の孵化放流事業は、放流種苗の全魚が降海型とならない、降河回遊期までの減耗が大きいなどの問題を含んでおり、資源量の増加に結びついていない。この問題の解決に向け、人工的に生育させた降海型種苗を降河回遊期に放流する技術(スモルト放流)が採用されているが、技術改善の余地は大きい。また、資源量を維持していくためには天然繁殖保護も重要とされ、これらの方策を組み合わせる必要がある。これらの背景から本研究では、タイヘイヨウサケ属のうちサクラマスを含む河川への依存度が比較的高い種において、降河および遡上行動の調節機構を解明することを目的とした。前者はスモルト放流に関して、減耗を抑え種苗を速やかに降河させる放流技術に寄与することが、また後者は天然繁殖保護に関して、親魚遡上の促進に寄与することがそれぞれ期待される。第1章では、内分泌学的手法を用いて降河行動の調節機構を探索した。サクラマスでは、ストレスホルモンの一種コルチゾルの投与により降河行動が促進されることが報告されている。また、甲状腺ホルモンの一種サイロキシンも行動発現に関与することが示されている。これらのホルモンの変動を指標に、降河行動の発現に関わる環境要因を調べた。2005~2010年に岩手県気仙川にて、サクラマスの経時的な採捕を行うとともに、種々の外部環境因子を観測することで、本種の血中コルチゾル、サイロキシン量に影響を及ぼす環境要因を探索した。結果、いずれのホルモン量も、降河回遊期の降海型が、同時期の河川型および降河回遊期以前の夏、秋の個体よりも高い値を示した。また降海型のコルチゾル量は、低気圧、降雨、水温低下といった刺激に応じて上昇すると示唆され、これらの中では水温低下刺激が最も重要な刺激と考えられた。サイロキシン量は、コルチゾル量とは異なり累積降雨量の増加、高気圧などに応じて上昇すると考えられた。各ホルモンの上昇が引き起こされるこれらの環境下で、降河行動が促進される可能性が考えられた。次に野外採集の結果を受け、河川内で起こりうる大きさの水温低下刺激が、①コルチゾル上昇を引き起こすか否か、②降河行動を引き起こすか否か、および③コルチゾルとサイロキシンの降河行動への関与、を検証する水槽実験を行った。結果、①サクラマス0+年魚では1.5 ℃、O.mykissの降海型スチールヘッドトラウト2+年魚では1.0 ℃の水温低下刺激に対して血中コルチゾル量が上昇した。一方で、O.mykissの河川型ニジマス1+年魚では1.0 ℃の水温低下刺激に対する血中コルチゾル量の上昇は確認されなかった。②サクラマス0+年魚では2.0 ℃、スチールヘッドトラウト1+年魚では1.5 ℃、ギンザケO. kisutch0+年魚では1.0℃の水温低下刺激によって、それぞれ回流水槽内での降河行動が誘起された。③ギンザケ0+年魚のコルチゾル投与魚およびサイロキシン投与魚は、水温低下刺激に関わらず降河行動を発現した。これらから、本属の降河行動は水温低下刺激によるコルチゾル上昇が引き金となって発現すると示唆された。さらに、コルチゾルに加えサイロキシンにも、降河行動を促進する働きがあると考えられた。他方、降河行動発現に対する個体間作用などの内的要因の関与について調べた。魚類の個体間作用は環境水を介した間接的な接触によっても起こるとされる。そこで、個体間作用が降河行動に影響を及ぼしているか否かを解明する端緒として、回流水槽内にサクラマス0+年魚を収容し、年長魚(1+年魚)の飼育水、コルチゾル溶存水、サイロキシン溶存水を流した際の行動を観察した。結果、いずれによっても実験魚の降河行動が誘起され、サイロキシン溶存水の場合には血中サイロキシン量の上昇も確認された。これより、年長魚の存在や、溶存コルチゾル、サイロキシンを媒体とした個体間作用が、降河行動発現に関与する可能性が考えられた。第2章では、なぜ降海型のみが降河行動を発現するのかについて考えた。第1章から、水温の低下が降海型の降河行動を引き起こすと考えられた。一方で、性ホルモンの1種テストステロンは降河行動の発現を抑制することが知られている。そこで、水温低下刺激に対する感受性大きさが降河行動発現の有無につながっているとの仮説のもと、①水温低下に対する感受性は降河型が河川型より高いか否か、②この感受性に対するテストステロンの影響、を検証するため2つの実験を行った。①スチールヘッドトラウトとニジマスで水温低下時の体温低下を比較するとともに、②スチールヘッドトラウトのテストステロン投与魚と未投与魚でも同様の比較を行った。30分間で3…

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

三浦, . (2016). タイヘヨウサケ属の降河および遡上行動調節機構に関する行動生理学的研究 : Behavioral and physiological study in control mechanisms of downstream and upstream behaviors in Pacific salmon, Oncorhynchus spp. (Thesis). Yokohama National University / 横浜国立大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10131/8477

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

三浦, 剛. “タイヘヨウサケ属の降河および遡上行動調節機構に関する行動生理学的研究 : Behavioral and physiological study in control mechanisms of downstream and upstream behaviors in Pacific salmon, Oncorhynchus spp.” 2016. Thesis, Yokohama National University / 横浜国立大学. Accessed January 15, 2019. http://hdl.handle.net/10131/8477.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

三浦, 剛. “タイヘヨウサケ属の降河および遡上行動調節機構に関する行動生理学的研究 : Behavioral and physiological study in control mechanisms of downstream and upstream behaviors in Pacific salmon, Oncorhynchus spp.” 2016. Web. 15 Jan 2019.

Vancouver:

三浦 . タイヘヨウサケ属の降河および遡上行動調節機構に関する行動生理学的研究 : Behavioral and physiological study in control mechanisms of downstream and upstream behaviors in Pacific salmon, Oncorhynchus spp. [Internet] [Thesis]. Yokohama National University / 横浜国立大学; 2016. [cited 2019 Jan 15]. Available from: http://hdl.handle.net/10131/8477.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

三浦 . タイヘヨウサケ属の降河および遡上行動調節機構に関する行動生理学的研究 : Behavioral and physiological study in control mechanisms of downstream and upstream behaviors in Pacific salmon, Oncorhynchus spp. [Thesis]. Yokohama National University / 横浜国立大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10131/8477

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

2. 尾崎, 伸吾. 弾塑性論に基づく速度・状態依存性摩擦構成式の提案と境界値問題への適用 : Proposal of elastoplastic analogy constitutive equation for rate- and state-dependent friction and its application to boundary value problems.

Degree: 博士(工学), 2016, Yokohama National University / 横浜国立大学

 In various fields of engineering, it is important to clarify the frictional sliding behavior for a wide range of scales from microscopic elements to continental… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

尾崎, . (2016). 弾塑性論に基づく速度・状態依存性摩擦構成式の提案と境界値問題への適用 : Proposal of elastoplastic analogy constitutive equation for rate- and state-dependent friction and its application to boundary value problems. (Thesis). Yokohama National University / 横浜国立大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10131/8482

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

尾崎, 伸吾. “弾塑性論に基づく速度・状態依存性摩擦構成式の提案と境界値問題への適用 : Proposal of elastoplastic analogy constitutive equation for rate- and state-dependent friction and its application to boundary value problems.” 2016. Thesis, Yokohama National University / 横浜国立大学. Accessed January 15, 2019. http://hdl.handle.net/10131/8482.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

尾崎, 伸吾. “弾塑性論に基づく速度・状態依存性摩擦構成式の提案と境界値問題への適用 : Proposal of elastoplastic analogy constitutive equation for rate- and state-dependent friction and its application to boundary value problems.” 2016. Web. 15 Jan 2019.

Vancouver:

尾崎 . 弾塑性論に基づく速度・状態依存性摩擦構成式の提案と境界値問題への適用 : Proposal of elastoplastic analogy constitutive equation for rate- and state-dependent friction and its application to boundary value problems. [Internet] [Thesis]. Yokohama National University / 横浜国立大学; 2016. [cited 2019 Jan 15]. Available from: http://hdl.handle.net/10131/8482.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

尾崎 . 弾塑性論に基づく速度・状態依存性摩擦構成式の提案と境界値問題への適用 : Proposal of elastoplastic analogy constitutive equation for rate- and state-dependent friction and its application to boundary value problems. [Thesis]. Yokohama National University / 横浜国立大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10131/8482

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

3. Nang, Tin Tin Htwe. A numerical analysis of flow structures around extremely blunt ships : 超肥大船まわりの流場構造の数値解析.

Degree: 博士(工学), 2016, Yokohama National University / 横浜国立大学

 A novel ship concept which is called ULBS (Ultra Large Block coefficient ship) to reduce CO2 emission form sea transportation is under investigation at Yokohama(more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Nang, T. T. H. (2016). A numerical analysis of flow structures around extremely blunt ships : 超肥大船まわりの流場構造の数値解析. (Thesis). Yokohama National University / 横浜国立大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10131/8484

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Nang, Tin Tin Htwe. “A numerical analysis of flow structures around extremely blunt ships : 超肥大船まわりの流場構造の数値解析.” 2016. Thesis, Yokohama National University / 横浜国立大学. Accessed January 15, 2019. http://hdl.handle.net/10131/8484.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Nang, Tin Tin Htwe. “A numerical analysis of flow structures around extremely blunt ships : 超肥大船まわりの流場構造の数値解析.” 2016. Web. 15 Jan 2019.

Vancouver:

Nang TTH. A numerical analysis of flow structures around extremely blunt ships : 超肥大船まわりの流場構造の数値解析. [Internet] [Thesis]. Yokohama National University / 横浜国立大学; 2016. [cited 2019 Jan 15]. Available from: http://hdl.handle.net/10131/8484.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Nang TTH. A numerical analysis of flow structures around extremely blunt ships : 超肥大船まわりの流場構造の数値解析. [Thesis]. Yokohama National University / 横浜国立大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10131/8484

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

4. Diaz-Figueroa, Miguel Augusto. Development of the seismic performance estimation during an aftershock considering the equivalent damping ratio and the response reduction ratio : 等価粘性減衰定数と応答低減率を用いた余震に対する地震応答推定に関する研究.

Degree: 博士(工学), 2016, Yokohama National University / 横浜国立大学

 Aftershocks cause different damage levels on building structures; and occasionally they can result in collapse. Hence, it is desirable to count with an instrument to… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Diaz-Figueroa, M. A. (2016). Development of the seismic performance estimation during an aftershock considering the equivalent damping ratio and the response reduction ratio : 等価粘性減衰定数と応答低減率を用いた余震に対する地震応答推定に関する研究. (Thesis). Yokohama National University / 横浜国立大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10131/8485

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Diaz-Figueroa, Miguel Augusto. “Development of the seismic performance estimation during an aftershock considering the equivalent damping ratio and the response reduction ratio : 等価粘性減衰定数と応答低減率を用いた余震に対する地震応答推定に関する研究.” 2016. Thesis, Yokohama National University / 横浜国立大学. Accessed January 15, 2019. http://hdl.handle.net/10131/8485.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Diaz-Figueroa, Miguel Augusto. “Development of the seismic performance estimation during an aftershock considering the equivalent damping ratio and the response reduction ratio : 等価粘性減衰定数と応答低減率を用いた余震に対する地震応答推定に関する研究.” 2016. Web. 15 Jan 2019.

Vancouver:

Diaz-Figueroa MA. Development of the seismic performance estimation during an aftershock considering the equivalent damping ratio and the response reduction ratio : 等価粘性減衰定数と応答低減率を用いた余震に対する地震応答推定に関する研究. [Internet] [Thesis]. Yokohama National University / 横浜国立大学; 2016. [cited 2019 Jan 15]. Available from: http://hdl.handle.net/10131/8485.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Diaz-Figueroa MA. Development of the seismic performance estimation during an aftershock considering the equivalent damping ratio and the response reduction ratio : 等価粘性減衰定数と応答低減率を用いた余震に対する地震応答推定に関する研究. [Thesis]. Yokohama National University / 横浜国立大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10131/8485

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

5. Chandru, Balasanthiran Kuhan. Survivability and condensation of amino acids in simulated submarine hydrothermal environments : 模擬海底熱水環境下でのアミノ酸の安定性と重合.

Degree: 博士(学術), 2016, Yokohama National University / 横浜国立大学

 The discovery of hydrothermal systems in the late 70’s brought a new hypothesis to the origin of life. Previously, the Urey-Miller experiment had made waves… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Chandru, B. K. (2016). Survivability and condensation of amino acids in simulated submarine hydrothermal environments : 模擬海底熱水環境下でのアミノ酸の安定性と重合. (Thesis). Yokohama National University / 横浜国立大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10131/8486

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Chandru, Balasanthiran Kuhan. “Survivability and condensation of amino acids in simulated submarine hydrothermal environments : 模擬海底熱水環境下でのアミノ酸の安定性と重合.” 2016. Thesis, Yokohama National University / 横浜国立大学. Accessed January 15, 2019. http://hdl.handle.net/10131/8486.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Chandru, Balasanthiran Kuhan. “Survivability and condensation of amino acids in simulated submarine hydrothermal environments : 模擬海底熱水環境下でのアミノ酸の安定性と重合.” 2016. Web. 15 Jan 2019.

Vancouver:

Chandru BK. Survivability and condensation of amino acids in simulated submarine hydrothermal environments : 模擬海底熱水環境下でのアミノ酸の安定性と重合. [Internet] [Thesis]. Yokohama National University / 横浜国立大学; 2016. [cited 2019 Jan 15]. Available from: http://hdl.handle.net/10131/8486.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Chandru BK. Survivability and condensation of amino acids in simulated submarine hydrothermal environments : 模擬海底熱水環境下でのアミノ酸の安定性と重合. [Thesis]. Yokohama National University / 横浜国立大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10131/8486

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

6. Muhammad, Ashraf Javid. A study for public perceptions in integrating transportation demand management measures in developing countries: A study in Lahore : 発展途上国における交通需要マネジメント施策に対する受容意識に関する研究 :ラホール市を事例として.

Degree: 博士(学術), 2016, Yokohama National University / 横浜国立大学

 The rapid increase in travel demand tends to increase social loss by increasing traffic jams and accidents, influence on environment and energy consumption. The main… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Muhammad, A. J. (2016). A study for public perceptions in integrating transportation demand management measures in developing countries: A study in Lahore : 発展途上国における交通需要マネジメント施策に対する受容意識に関する研究 :ラホール市を事例として. (Thesis). Yokohama National University / 横浜国立大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10131/8487

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Muhammad, Ashraf Javid. “A study for public perceptions in integrating transportation demand management measures in developing countries: A study in Lahore : 発展途上国における交通需要マネジメント施策に対する受容意識に関する研究 :ラホール市を事例として.” 2016. Thesis, Yokohama National University / 横浜国立大学. Accessed January 15, 2019. http://hdl.handle.net/10131/8487.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Muhammad, Ashraf Javid. “A study for public perceptions in integrating transportation demand management measures in developing countries: A study in Lahore : 発展途上国における交通需要マネジメント施策に対する受容意識に関する研究 :ラホール市を事例として.” 2016. Web. 15 Jan 2019.

Vancouver:

Muhammad AJ. A study for public perceptions in integrating transportation demand management measures in developing countries: A study in Lahore : 発展途上国における交通需要マネジメント施策に対する受容意識に関する研究 :ラホール市を事例として. [Internet] [Thesis]. Yokohama National University / 横浜国立大学; 2016. [cited 2019 Jan 15]. Available from: http://hdl.handle.net/10131/8487.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Muhammad AJ. A study for public perceptions in integrating transportation demand management measures in developing countries: A study in Lahore : 発展途上国における交通需要マネジメント施策に対する受容意識に関する研究 :ラホール市を事例として. [Thesis]. Yokohama National University / 横浜国立大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10131/8487

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

7. Tarekegn, Abrahaam Gebre. Design restoration method for existing reinforced concrete slab bridges : 既設RCスラブ橋の復元設計法.

Degree: 博士(学術), 2016, Yokohama National University / 横浜国立大学

 Bridges constructed several decades ago have been deteriorated due to many reasons and hence their capacity is reduced. Capacity performance assessment is one of the… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Tarekegn, A. G. (2016). Design restoration method for existing reinforced concrete slab bridges : 既設RCスラブ橋の復元設計法. (Thesis). Yokohama National University / 横浜国立大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10131/8488

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Tarekegn, Abrahaam Gebre. “Design restoration method for existing reinforced concrete slab bridges : 既設RCスラブ橋の復元設計法.” 2016. Thesis, Yokohama National University / 横浜国立大学. Accessed January 15, 2019. http://hdl.handle.net/10131/8488.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Tarekegn, Abrahaam Gebre. “Design restoration method for existing reinforced concrete slab bridges : 既設RCスラブ橋の復元設計法.” 2016. Web. 15 Jan 2019.

Vancouver:

Tarekegn AG. Design restoration method for existing reinforced concrete slab bridges : 既設RCスラブ橋の復元設計法. [Internet] [Thesis]. Yokohama National University / 横浜国立大学; 2016. [cited 2019 Jan 15]. Available from: http://hdl.handle.net/10131/8488.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Tarekegn AG. Design restoration method for existing reinforced concrete slab bridges : 既設RCスラブ橋の復元設計法. [Thesis]. Yokohama National University / 横浜国立大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10131/8488

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

8. Kumara, Galle Hetti Arachchige Janaka Jagath. Development of prediction methods for deformation characteristics of fouled ballasts based on laboratory experiments and discrete element method : 室内試験と個別要素法に基づく土砂混入バラストの変形特性の予測手法の開発.

Degree: 博士(学術), 2016, Yokohama National University / 横浜国立大学

 Repeated train loads produce settlements in railway tracks, particularly in ballasted trail tracks. When the settlement reaches the allowable limit, a maintenance method should be… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Kumara, G. H. A. J. J. (2016). Development of prediction methods for deformation characteristics of fouled ballasts based on laboratory experiments and discrete element method : 室内試験と個別要素法に基づく土砂混入バラストの変形特性の予測手法の開発. (Thesis). Yokohama National University / 横浜国立大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10131/8489

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Kumara, Galle Hetti Arachchige Janaka Jagath. “Development of prediction methods for deformation characteristics of fouled ballasts based on laboratory experiments and discrete element method : 室内試験と個別要素法に基づく土砂混入バラストの変形特性の予測手法の開発.” 2016. Thesis, Yokohama National University / 横浜国立大学. Accessed January 15, 2019. http://hdl.handle.net/10131/8489.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Kumara, Galle Hetti Arachchige Janaka Jagath. “Development of prediction methods for deformation characteristics of fouled ballasts based on laboratory experiments and discrete element method : 室内試験と個別要素法に基づく土砂混入バラストの変形特性の予測手法の開発.” 2016. Web. 15 Jan 2019.

Vancouver:

Kumara GHAJJ. Development of prediction methods for deformation characteristics of fouled ballasts based on laboratory experiments and discrete element method : 室内試験と個別要素法に基づく土砂混入バラストの変形特性の予測手法の開発. [Internet] [Thesis]. Yokohama National University / 横浜国立大学; 2016. [cited 2019 Jan 15]. Available from: http://hdl.handle.net/10131/8489.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Kumara GHAJJ. Development of prediction methods for deformation characteristics of fouled ballasts based on laboratory experiments and discrete element method : 室内試験と個別要素法に基づく土砂混入バラストの変形特性の予測手法の開発. [Thesis]. Yokohama National University / 横浜国立大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10131/8489

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

9. Sangchuwong, Panpipat. Study on turbulence effects on flow fields around sharpedged bluff bodies.

Degree: 博士(学術), 2016, Yokohama National University / 横浜国立大学

 Flow patterns around bluff bodies have long been extensively studied, however the interaction mechanisms between flow fields and structures are still not fully understandable. Most… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Sangchuwong, P. (2016). Study on turbulence effects on flow fields around sharpedged bluff bodies. (Thesis). Yokohama National University / 横浜国立大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10131/8490

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Sangchuwong, Panpipat. “Study on turbulence effects on flow fields around sharpedged bluff bodies.” 2016. Thesis, Yokohama National University / 横浜国立大学. Accessed January 15, 2019. http://hdl.handle.net/10131/8490.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Sangchuwong, Panpipat. “Study on turbulence effects on flow fields around sharpedged bluff bodies.” 2016. Web. 15 Jan 2019.

Vancouver:

Sangchuwong P. Study on turbulence effects on flow fields around sharpedged bluff bodies. [Internet] [Thesis]. Yokohama National University / 横浜国立大学; 2016. [cited 2019 Jan 15]. Available from: http://hdl.handle.net/10131/8490.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Sangchuwong P. Study on turbulence effects on flow fields around sharpedged bluff bodies. [Thesis]. Yokohama National University / 横浜国立大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10131/8490

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

10. 浦川, 禎之. ディジタル制御における演算時間遅れを考慮した限定極配置法の研究 : Studies on limited pole placement method considering calculation delay of digital control system.

Degree: 博士(工学), 2016, Yokohama National University / 横浜国立大学

本論文では,産業用ロボットや光ディスクドライブなどのメカトロニクス制御系を,PID制御器や位相進み補償器などの固定構成のディジタル制御器で実現するときに,演算時間遅れなどのむだ時間要素を考慮して制御パラメータを決定する「限定極配置法」を提案する。ディジタル制御では演算時間遅れやゼロ次ホルダなどのむだ時間要素が必ず存在する。このむだ時間要素のために制御系の次数が高くなり,制御パラメータ数の限定された固定構成制御器で制御系設計を行おうとすると,制御パラメータの数が足りずに試行錯誤の調整が必要になる。このような,制御系の次数に比べ制御パラメータ数が少ない場合について,パラメータ数に相当する極のみ配置する「限定極配置法」を考案した。本手法により制御パラメータ設計の効率化が図れるとともに,むだ時間要素の影響を明らかにできる。本論文ではこの「限定極配置法」について説明すると共に,産業用ロボットおよび光ディスクドライブなどへの適用法を示す。具体的には,産業用ロボットの例として1慣性系をPID制御器で位置制御する制御系について,また光ディスクドライブの例としてボイスコイルを位相進み制御で位置制御する制御系について「限定極配置法」を適用し,いずれの場合も振動性を抑えた制御パラメータが算出されることを確認するとともに,制御性能の限界について解析した。また,光ディスクドライブへの適用時に極を重ねて配置することで,複素零点により低域ゲインを高くできる「高ゲインサーボ」制御器を考案した。この「高ゲインサーボ」の実用化検討を行い,サーボ引き込み失敗率を改善するために初期値補償法を適用し,その飽和対策も行った。さらにシステムLSIに実装するためにマルチレート制御への対応を行い,また一層の高ゲイン化を図るため「2段ブースト高ゲインサーボ」の検討を行った。さらに次世代光ディスクシステムとして検討されている「超多層光ディスクシステム」での制御方式についても検討を行い,限定極配置法の適用で高ゲイン化が図れることを確認した。最後に,限定極配置法により算出される「決定極」の挙動について解析し,産業用ロボットで用いられるPID制御系と光ディスクで用いられる位相進み制御系の違いについて考察した。以上を通して,「限定極配置法」によりむだ時間を考慮した制御パラメータが得られ,試行錯誤の調整が不要となり,見通し良く制御パラメータ設計が行えることを確認した。また,決定極について解析することでむだ時間要素の影響を定量的に把握でき,制御性能の限界について新たな考察を加えることができることを確認した。

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

浦川, . (2016). ディジタル制御における演算時間遅れを考慮した限定極配置法の研究 : Studies on limited pole placement method considering calculation delay of digital control system. (Thesis). Yokohama National University / 横浜国立大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10131/8491

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

浦川, 禎之. “ディジタル制御における演算時間遅れを考慮した限定極配置法の研究 : Studies on limited pole placement method considering calculation delay of digital control system.” 2016. Thesis, Yokohama National University / 横浜国立大学. Accessed January 15, 2019. http://hdl.handle.net/10131/8491.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

浦川, 禎之. “ディジタル制御における演算時間遅れを考慮した限定極配置法の研究 : Studies on limited pole placement method considering calculation delay of digital control system.” 2016. Web. 15 Jan 2019.

Vancouver:

浦川 . ディジタル制御における演算時間遅れを考慮した限定極配置法の研究 : Studies on limited pole placement method considering calculation delay of digital control system. [Internet] [Thesis]. Yokohama National University / 横浜国立大学; 2016. [cited 2019 Jan 15]. Available from: http://hdl.handle.net/10131/8491.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

浦川 . ディジタル制御における演算時間遅れを考慮した限定極配置法の研究 : Studies on limited pole placement method considering calculation delay of digital control system. [Thesis]. Yokohama National University / 横浜国立大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10131/8491

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

11. 河合, 純. タイタン液相圏における化学進化に関する研究 : Study on chemical evolution in titan's liquidosphere.

Degree: 博士(工学), 2016, Yokohama National University / 横浜国立大学

タイタンは、表面上に液体と気体を持ち、もっとも大きな衛星で直径は5150kmである。主な気体は窒素とメタンである。表面の大気圧は約1500hPaで温度は約94Kである。ボイジャーの赤外干渉計スペクトルメータにより、エタン、アセチレン、プロパン、シアン化水素、アセトニトリルや様々な有機物が検出されている。そしてカッシーニに搭載された熱分解GC/MSによりタイタン上空にてサンプルが集められ分析された結果、ニトリルやアミンなどを含む揮発性有機物が含まれていることが報告されている。タイタンの大気を模擬した地上実験も数々行われている。タイタンの大気を模擬したガスに紫外線や放電などのエネルギーを照射し、褐色な有機物を生成した。泥のようなという意味で、ギリシャ語でソーリンと名付けられた。その生成物は、熱分解GC/MSによって分析され、脂肪族、芳香族、ニトリルそしてピロールやピリジンを含む含窒素化合物が確認された。またソーリンはポリマーではなく、ケロジュンのような構造体をもつ複雑な構造物であることが報告されている。炭化水素を有する湖がタイタン表面上にあることは光化学のモデルにより予測されていた。カッシーニのレーダーにより高緯度地域にエタンやメタンから成る湖があることがわかり、川が流れたような地形や海岸線のように見える地形がみられた。また、角のとれた岩のような物体が見られた。これは水の氷であり、川に流され角がとれて丸くなったと考えられる。最近の研究により低緯度付近にも炭化水素で形成される湖があることが分かった。タイタン表面上の氷は隕石の衝突によって102~104年液体でいられる試算されている。また、タイタンの地下にはアンモニア水が存在することが示唆されており、15wt%でPHが11.4以下であることが推測されている。生命の存在には水が必要不可欠であり、地球においては水が液体として存在でき、表面上に海や川を形成している。水は蒸発して水蒸気となり、上空で冷やされて雲になり、そして雨が地表に降り注ぐ。このサイクルが地球での生命維持に必要なため、惑星での液体の存在が必要不可欠とされていた。一方、タイタンでは表面温度が平均94Kのため、水が液体として存在することができない。そこで、この温度で液体として存在できるメタン(融点91K,沸点112K)、エタン(融点90K、沸点184K)が地表面の水の役割を担っていたと考えられる。では、もしタイタンで存在する液相圏、つまり地表では液体エタンやメタン、地下ではアンモニア水、で生命が存在するとしたらどのようなタイプが存在するであろうか?おそらく、地球、火星・エウロパで存在する生物とは全く異なるタイプであろう。本研究は、タイタンの上空大気をシミュレーションするため、プラズマ放電装置(NASAAmes研究所)を利用した。大気圧を26Paと133Paでメタン(10%)窒素(90%)の混合気体を用いてプラズマ放電を行った。生成物ソーリンは基盤上にスライドガラスを置き、付着したものを回収した。これらのサンプルを用い、タイタンの液体の相互作用が考えられる液体圏を模擬した実験を行い、タイタンでの液体圏での化学進化及び生命の可能性を検証した。また、これらのデータを用いてタイタンの生命探査法について検討した。本論文は全5章で構成されていて、それぞれの概要は以下の通りである。第1章では諸論である。タイタンについて今までの地上波の観測、ボイジャーミッションそしてホイヘンス・カッシーニミッションにて明らかになった物理的特性・化学的特性を述べ、そしてタイタン環境を模擬して生成された有機物ソーリンに関して今まで行われてきた研究に関して述べた。また、分析に使用した分析機器の詳細について記載した。第2章ではタイタンソーリンの自己集合体に注目した。なぜなら、地球上ではあらゆる生物が膜をもっているからである。原始膜を考える上で自己集合体は必要不可欠である。本実験では、液体エタン・メタンの代わりに室温でも存在する非極性溶媒であるヘキサンと微極性であるクロロホルムを用いた。ソーリン自体は、非極性溶媒である液体エタン・メタンにはほとんど溶けなく、極性溶媒であるアンモニア水に溶解する。少しでも極性を持っている溶媒には溶解することができる。また、ソーリンは両親媒性の性質をもっており、親水基であるアミノ基(-NH2)、疎水基である炭化水素をもっていることが分かった。蛍光スペクトルメータを用いてソーリンが励起波長350nm蛍光波長427nmあたりにピークをもつことが分かった。そこで、ソーリンをクロロホルムに溶かしスライドガラス加え、アンモニア水を加えたところ、ソーリンの自己集合体が蛍光顕微鏡にて確認できた。また、ソーリンをヘキサンに溶かしてスライドガラスに加え、アンモニアを加えたところ、凝集体を生成した。この実験結果はタイタンにて地上に存在する液体エタン・メタンの非極性が地下に存在であろう極性溶媒のアンモニアと相互作用を起こし、原始膜ができる可能性を示唆した。第3章では、低圧ソーリン(26hPa)・高圧ソーリン(133hPa)を用いてアミノ酸を分析した。ソーリンの各溶媒に対するアミノ酸の回収率に注目した。なぜなら、タイタンの表面に非極性溶媒として液体エタン・メタンそして地下には極性溶媒のアンモニアの存在が示唆されているからである。そしてアミノ酸は地球上のすべての生物に用いられている。本実験では室温でも存在するヘキサン、アセトニトリル、エタノール、メタノール、水そしてアンモニア水を用いて低圧ソーリン(26hPa)・高圧ソーリン(133hPa)を溶解させた。そして、Vアミノ酸分析及び紫外線吸収スペクトルを用いて溶解度について評価した。高圧ソーリンは低圧ソーリンに比べ、多様なアミノ酸を検出できた。なぜならC/Nの割合が高くCH基が多く含まれているからである。タイタン地表では、液体メタン・エタンにて微極性溶媒が溶ければソーリンが溶解することが確認できた。また地下に存在するであろうアンモニアには十分な溶解が確認できる。タイタンの環境化において液相圏において化学進化が可能であることを示唆した。第4章では熱水噴出孔のサンプルを用いた生命探査法の検討をおこなった。なぜなら、熱水噴出孔は地球上での生命の起源の場所と考えられており、熱水噴出孔周辺または地下にて地球上とは異なる生物が見つかっている。そこで、沖縄トラフの多良間海丘周辺のサンプルを採取した。また、生命の存在を評価する方法としてアミノ酸分析、フォスファターゼ活性、蛍光顕微鏡等を用いて評価した。また、同サンプルのメタン同位体とのデータとの比較を行った。HD1034N1とHD1034N2のサンプルは高いフォスファターゼ活性及びメタン濃度を示した。この結果は海水に含まれる高いメタン濃度により微生物が増えフォスファターゼ活性が高い値を示した。また、どれくらいのサンプルの量において生物が検出できるか検討した。この結果を惑星探査、エウロパ、エンケラダスそしてタイタンの生命探査法に応用について考察した。第5章では本研究の統括と意義及び今後の課題について述べた。また、現在検討されているタイタンミッション及び今回得られた実験結果を考察し、さらに今後の展望や応用について述べた。

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

河合, . (2016). タイタン液相圏における化学進化に関する研究 : Study on chemical evolution in titan's liquidosphere. (Thesis). Yokohama National University / 横浜国立大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10131/8492

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

河合, 純. “タイタン液相圏における化学進化に関する研究 : Study on chemical evolution in titan's liquidosphere.” 2016. Thesis, Yokohama National University / 横浜国立大学. Accessed January 15, 2019. http://hdl.handle.net/10131/8492.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

河合, 純. “タイタン液相圏における化学進化に関する研究 : Study on chemical evolution in titan's liquidosphere.” 2016. Web. 15 Jan 2019.

Vancouver:

河合 . タイタン液相圏における化学進化に関する研究 : Study on chemical evolution in titan's liquidosphere. [Internet] [Thesis]. Yokohama National University / 横浜国立大学; 2016. [cited 2019 Jan 15]. Available from: http://hdl.handle.net/10131/8492.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

河合 . タイタン液相圏における化学進化に関する研究 : Study on chemical evolution in titan's liquidosphere. [Thesis]. Yokohama National University / 横浜国立大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10131/8492

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

12. 田阪, 昭彦. ノンエンジニアド住宅の耐震性向上のための阻害要因分析に関する研究 : Study on constraints to improve the earthquake resistance of non-engineered houses with factor analysis method.

Degree: 博士(工学), 2016, Yokohama National University / 横浜国立大学

今日、開発途上国の多くでは、必ずしも専門的な建築知識を有さない地元住民や石工大工(Mason)、あるいは施工業者等が、建築士(Architect)や技術者(Engineer)の関与を十分にうけることなく、アドべ(日干しレンガ)造や焼成レンガ組積造等により住宅等の建築物を建設するケースが見受けられる。こうした建築物の多くは、地元で容易に入手できる廉価な建設資材を使用していること(すなわち必ずしも一定の品質管理下で製造された工業製品等を使用していないこと)、また建築士や技術者による関与が低いあるいは全く無いこと、工学的な配慮をもった設計や施工監理が行われていないこと、等により、一般的に「ノンエンジニアド建築」(Non- Engineered Buildings)と称されている。ノンエンジニアド建築は、開発途上国にでは主に貧困層の住居として建設されるケースが多い。これはセメントや鉄筋などの高価な資材の調達が困難であること、技術力を有する設計者・施工者等を雇うことが困難であるという経済的な理由の他、教育の欠如等に起因してそもそも防災に対する認識が低いといったこと等が背景として存在している。結果として多くの貧困層の住居は十分な耐震性能が確保されない状態になり、大地震が発生するたびに倒壊・破損等の被害を受け、多くの人命の損失、社会経済的損失に繋がっている。防災・災害対策における貧困層の環境改善は、貧困撲滅や持続可能な社会発展の観点からも世界的に重要な課題として位置付けられており、こうした中、ノンエンジニアド建築の耐震化の重要性及びその困難さについても、IAEE(International Association for Earthquake Engineering)のガイドライン、国連防災計画報告書等でも言及されており、その対策が急務である。そこで、本論文では、ノンエンジニアド建築の耐震安全性向上に資することを目的として、ノンエンジニアド建築を取り巻く法令基準の実態、建設施工の実態を分析することを通じて、ノンエンジニアド建築の耐震安全性を高めていく際に阻害要因となっている要素を分析し、その対応策を検討することとした。 第1章 はじめに「ノンエンジニアド建築」の定義は研究者によりその範疇に一定の幅がみられ、必ずしも明確に定義されていない。そこで本論文では、研究対象を明確にするため以下の5つの条件全てを満たす建築物を「エンジニアド建築」として、これに属さない建築物を「ノンエンジニアド建築」として定義した。 ① 適正な技術基準 当該建築物に関する法令基準が高い水準で存在しているか。また、当該建築物の工法等に関する多くの学術的な研究・知見が存在し、これらが基準やガイドライン等に反映されているか。 ② 適正な材料品質等 当該建築物の材料の品質が規格化されている等によって一定の水準が確保されおり、かつ普遍的に流通しているか。 ③ 適正な設計 当該建築物を適正に設計できる有資格者あるいはこれと同等程度の能力・経験を有する者が関与しているか。 ④ 適正な施工 当該建築物を適正に施工できる有資格者又は登録業者等又はこれと同等程度の能力・経験を有する熟練技工者が関与しているか。 ⑤ 適正な工事監理、確認検査 当該建築物の工事監理が有資格者若しくは同等の能力を有する者により行われているか。また、確認検査の体制が構築されかつ機能しているか。 世界各国における建築物の建設実態をみると、鉄筋コンクリート造、アドべ造等の種別によらず、様々な地域で様々な構造の建築物が建設されており、必ずしも社会の発展度合と採用される構造様式が相対関係になく、例えば鉄筋コンクリート造のノンエンジニアド建築も存在することが分かる。こうした状況の中でも、今日世界各国で場所や時間を選ばず地震が発生しており、開発途上国を中心に、多くのノンエンジニアド建築が甚大な被害を受けている実態が明らかになっている。このような実態の中、徐々にではあるがノンエンジニアド建築の耐震性向上に向けた取り組みが進められつつある。しかしながら、ノンエンジニアド建築はエンジニアド建築と比して社会背景等が大きく異なり、多様な社会的阻害要因が存在するため、工学的なアプローチだけでこれを解決することは困難であり、工学以外の分野も含めた総合的なアプローチを進めていくことの必要性が、既往研究等からも明らかにされている。また、ノンエンジニアド建築に投入できる予算や人材は限られているという実態もあり、少ない投入で最大限の効果を迅速に発現させることが、喫緊の課題であえると言える。このため本論文においては、エンジニアド建築と同じ発想で構造関係規定全ての遵守を図ることによる耐震安全性の確保を目指すのではなく、全ての規定を遵守しなくとも一定程度の耐震安全性、例えば崩壊により人命を失うまでには至らない程度の耐震安全性を確保することを目指すことが実現可能性の高い方策であるとの認識のもと、効果的な対応策を検証することした。以上を踏まえ、本研究の進め方を以下のとおり整理した。まず第2 章において、ノンエンジニアド建築に関する法令基準を検証することで、構造関係規定の実態を把握する。次に、第3 章においてノンエンジニアド建築の施工実態調査結果の分析を通じて、ノンエンジニアド建築の施工上の課題抽出と対策を検討する。第3 章3 節では、ノンエンジニアド建築の建設傾向を把握し、耐震安全性の確保に対して阻害要因となり得る項目の検討を行う。次に第4 節では、各建築物の構造関係仕様規定の遵守状況を確認し、その上で当該構造関係規定の遵守状況に影響を与えうる要因を抽出の上で、両者の因果関係をクロス集計により分析する。さらに第5 節では、因果関係の分析結果をふまえて、構造関係規定の遵守状況に影響を与えうる要素(影響要素)を抽出し、当該規定の遵守を図るための方策を検討する。最後に第4 章において、これらの結果を取りまとめるとともに、今後の展開の可能性について整理する。第2章 途上国等におけるノンエンジニアド建築に関する法令・基準の実情  第2 章では、開発途上国及び先進国8 カ国(コロンビア、エルサルバドル、インドネシア、日本、メキシコ、ルーマニア、トルコ、米国)を対象に、ノンエンジニアド建築の大半を占めると考えられる「低層壁式構造建築」の法令基準の内容について、各国の研究者が作成したレポートの比較分析を実施した。これによりノンエンジニアド建築に関する基準の実態について、一般的な傾向を把握した。なお本調査の結果取りまとめられた各国のレポート及び全体概要については、Wold Federation of Engineereing Organizations (WFEO)に報告書として提出され、ウェブ上で公開されている。比較分析の結果、発途上国、先進国によらず低層壁式構造に関する建築基準法令が存在しており、これらの基準は構造・工法を細分化した仕様規定を設けていることや、大地震の被害踏まえた適宜の改正が行われていることが明らかになった。こうした事実を踏まえると、一般論としてノンエンジニアド建築に関する建築基準であっても、一定程度の工学的インプットを経て技術基準が制定されている可能性が高いものと結論づけた。第3章 開発途上国における施工実態調査の結果分析  第3…

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

田阪, . (2016). ノンエンジニアド住宅の耐震性向上のための阻害要因分析に関する研究 : Study on constraints to improve the earthquake resistance of non-engineered houses with factor analysis method. (Thesis). Yokohama National University / 横浜国立大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10131/8494

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

田阪, 昭彦. “ノンエンジニアド住宅の耐震性向上のための阻害要因分析に関する研究 : Study on constraints to improve the earthquake resistance of non-engineered houses with factor analysis method.” 2016. Thesis, Yokohama National University / 横浜国立大学. Accessed January 15, 2019. http://hdl.handle.net/10131/8494.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

田阪, 昭彦. “ノンエンジニアド住宅の耐震性向上のための阻害要因分析に関する研究 : Study on constraints to improve the earthquake resistance of non-engineered houses with factor analysis method.” 2016. Web. 15 Jan 2019.

Vancouver:

田阪 . ノンエンジニアド住宅の耐震性向上のための阻害要因分析に関する研究 : Study on constraints to improve the earthquake resistance of non-engineered houses with factor analysis method. [Internet] [Thesis]. Yokohama National University / 横浜国立大学; 2016. [cited 2019 Jan 15]. Available from: http://hdl.handle.net/10131/8494.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

田阪 . ノンエンジニアド住宅の耐震性向上のための阻害要因分析に関する研究 : Study on constraints to improve the earthquake resistance of non-engineered houses with factor analysis method. [Thesis]. Yokohama National University / 横浜国立大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10131/8494

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

13. 丁, 乙碩. ETFEフィルムを用いた張力膜構造の粘塑性挙動と延伸成形に関する研究 : A study on visco-plastic behavior and stretch fabrication of tensile membrane structures using ETFE Film.

Degree: 博士(工学), 2016, Yokohama National University / 横浜国立大学

本論文は、ETFE(エチレンーテトラフルオロエチレン共重合体の略語)フィルムを用いた張力膜構造の粘製性挙動と延伸成形に関する研究についてまとめたものである。本研究では、テンション方式フィルム膜構造を対象として、フィルム膜構造の耐カを高める方法として、フィルムを塑性域まで延伸することを提案し、張カ膜構造における延伸成形の有効性について実験及び解析的検討を通じて明らかにしている。本研究論文は、以下のように第1章から第6章までの合計6つの章で構成している。第1章の「序論」では、本研究を行うに至った背景とその目的を明確にし、さらに本論文の構成についてまとめている。第2章の「ETFEフィルムの粘塑性構成式」では、フィルムの粘塑性挙動を把握するために、粘塑性構成式を適用し、その妥当性を確認している。まず、フィルムのひずみ速度依存性が再現できるように粘塑性構成式内の材料定数をひずみ速度に応じた近似式で表し、フィルムの1軸及び2軸引張時における解析と実験結果の比較検討を行っている。また、フィルムの第1降伏点を超えた後のひずみ軟化現象を解明するために、アニーリング処理を施したフィルムの1軸引張実験を行い、フィルムの構造挙動について検討している。さらに、粘塑性構成式によるフィルムのカーブフィッティングを行うことで、フィルムへの適用可能性を確認している。第3章の「ETFEフィルムの延伸効果」では、フィルム膜構造の耐力を高めるための方法として、パネル取付け時にフィルムを塑性域まで延伸することを提案し、その有効性を検討している。まず、延伸成形実験を通じて張力膜構造への適用可能性及びフィルム膜構造の高耐力化が可能なことを確認している。また、実験を模擬した解析的検討を行い、粘性挙動を考慮した弾塑性解析の有効性を検討している。なお、実験施設に対して経年後の張力測定を行い、張力膜構造におけるリラクセーションによる粘塑性挙動について検討を行っている。第4章の「ETFEフィルムの応力集中」では、テンション方式フィルム膜構造における外周引込みによるフィルムの応カ集中問題について検討している。まず、フィルムを対象として引張実験を行い、切欠き形状による応力集中と亀裂発生との関係を検討している。さらに、実験モデルを対象として1軸引張実験を模擬したFEM解析を行い、クラックやノッチ先端部における応力集中や亀裂発生時の応力分布について把握している。第5章の「ETFEフィルムを用いた立体形状の延伸成形」では、テンション方式フィルム膜構造の技術的確立を目的として、様々な形状のモデルを対象として延伸成形の適用可能性を確認し、実証実験を通じて実際構造物への実現可能性を把握している。まず、スタディーモデルの試作を通じて、色々な形状のテンション方式に対する延伸成形の適用可能性を確認している。また、実証実験を通じてアーチを用いた延伸成形方法の有効性及び延伸成形後のフィルムの粘性挙動について検討している。さらに、粘性挙動を考慮した弾塑性解析を行い、実験結果との比較検討を通じて解析結果の妥当性を検討するとともに、延伸成形後のフィルムの力学的挙動についても検討を行っている。第6章の「結論」は、各章で得られた結果と研究成果についてまとめている。

This thesis is a summary of study on the visco-p1astic behavior and stretch-fabrication oftensi1e membrane structures using ETFE (Ethylene/TetraFluoroEthylene) film. In This study, a… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

丁, . (2016). ETFEフィルムを用いた張力膜構造の粘塑性挙動と延伸成形に関する研究 : A study on visco-plastic behavior and stretch fabrication of tensile membrane structures using ETFE Film. (Thesis). Yokohama National University / 横浜国立大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10131/8495

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

丁, 乙碩. “ETFEフィルムを用いた張力膜構造の粘塑性挙動と延伸成形に関する研究 : A study on visco-plastic behavior and stretch fabrication of tensile membrane structures using ETFE Film.” 2016. Thesis, Yokohama National University / 横浜国立大学. Accessed January 15, 2019. http://hdl.handle.net/10131/8495.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

丁, 乙碩. “ETFEフィルムを用いた張力膜構造の粘塑性挙動と延伸成形に関する研究 : A study on visco-plastic behavior and stretch fabrication of tensile membrane structures using ETFE Film.” 2016. Web. 15 Jan 2019.

Vancouver:

丁 . ETFEフィルムを用いた張力膜構造の粘塑性挙動と延伸成形に関する研究 : A study on visco-plastic behavior and stretch fabrication of tensile membrane structures using ETFE Film. [Internet] [Thesis]. Yokohama National University / 横浜国立大学; 2016. [cited 2019 Jan 15]. Available from: http://hdl.handle.net/10131/8495.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

丁 . ETFEフィルムを用いた張力膜構造の粘塑性挙動と延伸成形に関する研究 : A study on visco-plastic behavior and stretch fabrication of tensile membrane structures using ETFE Film. [Thesis]. Yokohama National University / 横浜国立大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10131/8495

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

14. Amran, Aliza Che. Study on minimal energy consumption of three dimensional bipedal walking robot trajectory.

Degree: 博士(工学), 2016, Yokohama National University / 横浜国立大学

 Minimal energy consumption trajectory is important for battery-powered bipedal robots. Linear inverted pendulum model or LIPM-based walking has some drawbacks in robot's walking efficiency. LIPM… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Amran, A. C. (2016). Study on minimal energy consumption of three dimensional bipedal walking robot trajectory. (Thesis). Yokohama National University / 横浜国立大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10131/8496

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Amran, Aliza Che. “Study on minimal energy consumption of three dimensional bipedal walking robot trajectory.” 2016. Thesis, Yokohama National University / 横浜国立大学. Accessed January 15, 2019. http://hdl.handle.net/10131/8496.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Amran, Aliza Che. “Study on minimal energy consumption of three dimensional bipedal walking robot trajectory.” 2016. Web. 15 Jan 2019.

Vancouver:

Amran AC. Study on minimal energy consumption of three dimensional bipedal walking robot trajectory. [Internet] [Thesis]. Yokohama National University / 横浜国立大学; 2016. [cited 2019 Jan 15]. Available from: http://hdl.handle.net/10131/8496.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Amran AC. Study on minimal energy consumption of three dimensional bipedal walking robot trajectory. [Thesis]. Yokohama National University / 横浜国立大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10131/8496

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

15. 安形, 友希子. ガスタービン翼モデルにおける内部乱流促進リブが膜冷却性能に及ぼす影響 : Effect of internal turbulence promoting ribs on film cooling performance for gas turbine blademodel.

Degree: 博士(工学), 2016, Yokohama National University / 横浜国立大学

国内電気事業における火力発電事業では,他火力と比べ高効率で低エミッションであるLNGガスタービンコンバインドサイクル(Gas turbine combined cycle: GTCC)の導入を進めてきた.また,ガスタービンは,2011年3月に発生した東日本大震災以降,緊急電源として設置されるなど電力不足の社会情勢の下で重責を負っている.さらに,ガスタービンは機動性にも優れているため,今後,自然エネルギーの導入が進んだ場合には,負荷変動の吸収源としても期待され将来的にも重要な位置付けにある.GTCCプラントの熱効率向上は,環境負荷低減や燃料消費量削減への寄与が大きいことから,従来から,熱効率の向上に資するためガスタービンのタービン入口温度の上昇が図られており,現在ではタービン入口温度が1700℃級のガスタービンの実用化も目前となっている.その結果,タービンに流入するガス温度はタービン翼材料(基材)の許容温度を遥かに超え,安全性や耐久性を確保するためには,翼基材を守る冷却技術が非常に重要な役割を担っている.さらに,翼の冷却空気は圧縮機からの抽気を用いるため,冷却技術の向上によって冷却空気量を削減することで,ガスタービンの比出力を上げGTCCの更なる熱効率の向上を実現させることができる. 最近主力となっているタービン入口温度が1300℃を超えるガスタービンの初段翼では,伝熱促進リブを設けた翼の内部流路に冷却空気を流す‘内部対流冷却’と,その冷却空気の一部を翼面に吹き出す‘膜冷却’の併用が広く採用されている.さらに,翼面には‘遮熱コーティング’が施工され,それら全体の効果によって翼基材の温度を安全に保っている.本研究では,内部対流冷却と膜冷却を対象とする.これらの技術は,個別には,これまでにも数多くの研究が行われてきている.その一方で,内部冷却空気は膜冷却空気の供給源であり,膜冷却性能に対する重要な影響因子であるのにもかかわらず,各々の相互干渉や複合効果については,これまで研究対象としてほとんど取り扱われてこなかった.最近になり,膜冷却に対する基礎研究において冷却空気の供給条件や境界条件が膜冷却性能に及ぼす影響が指摘され始めたが,タービン翼の冷却構造を模擬して冷却特性の検討が行われた例は極めて少ない.そこで,本研究では,ガスタービン初段動翼の冷却構造に焦点をあて,内部冷却流路に設置される伝熱促進リブの配置が,翼面の膜冷却性能に及ぼす影響の解明を試みた.従来は,膜冷却性能の評価,見積もりに考慮されることがなかった内部冷却流路のリブ配置が,膜冷却性能を決定づける翼面の膜冷却空気の流れ構造に,顕著な違いを生むことを本論文で示す.本研究では,実機翼における典型的なリブの配置として,内部冷却流に対してリブが60°傾斜した配置(Rib1),およびリブが120°傾斜した配置(Rib2)について,風洞実験および数値解析により膜冷却性能を評価した.膜冷却性能を示す熱流束を求めるために,従来簡便な方法で代替えされてきた膜冷却時の熱伝達率について,実験や数値解析で評価し,熱流束低減率および表面温度低減率を求めて,内部冷却流路のリブ配置の違いが膜冷却性能の特性に及ぼす影響を詳細に議論した.本論文の構成は次のとおりである. 第1章では,本研究の目的および重要性について述べ,既往研究との関連性について概説した. 第2章では,膜冷却性能の評価方法について定式化し,熱流束低減率γ,表面温度低減率χを定義した. 第3章では,ガスタービン動翼の内部対流冷却と膜冷却を模擬した風洞実験により,膜冷却孔下流の熱伝達率および断熱膜冷却効率を計測し,さらに,両者を統合して求める熱流束低減率および表面温度低減率によって膜冷却性能を評価し,そのリブ配置への依存特性を明らかにした.断熱膜冷却効率と熱伝達率の局所分布は,リブ配置によって大きく異なる特性を示した.両分布はともに,Rib1では,膜冷却孔の中心を通る主流方向の軸に対して整った対称性を示したのに対し,Rib2では非対称な分布を示した.また,吹出比依存性についても,リブ配置に依存する特徴を明らかにした.断熱膜冷却効率は,Rib1で吹出比の増加に伴って著しく低下するのに対し,Rib2の場合にはほとんど変化を示さなかった.熱伝達率は,両リブ配置でともに吹出比に伴って増加するが,Rib2では,Rib1と比較して著しい増加を示した.熱流束低減率および表面温度低減率については,断熱膜冷却効率に近いリブ配置に対する依存性を示し,吹出比の増大に伴ってRib1では著しく低下するのに対して,Rib2での変化は僅かであった. 第4章では,断熱膜冷却効率に関する風洞実験を模擬したDetached-eddy simulation(DES)を行った.第3章で明らかにしたリブ配置に依存する膜冷却特性を決定づけている流れ構造を明らかにした.また,本数値解析により,膜冷却における流れ構造の予測に対するDESの有効性について示した. 従来研究より,定常のレイノルズ平均ナビエ-ストークス方程式(Reynolds averaged Navier-Stokes,以下RANS)に線形の渦粘性モデルを用いた乱流計算では膜冷却構造の正確な予測が難しいことが指摘されてきたが,一方で,Large-eddy simulation(LES)やDirect numerical simulation(DNS)は,壁近傍に膨大な格子数が必要となり実用的な検討には適用が容易でないことも明らかである.そこで,本研究では,LESとRANSのハイブリッドモデルであるDESの適用を試みた.DES結果の可視化から,Rib1では典型的な膜冷却構造である双子渦の形成により,吹出比の増加に伴って,膜冷却空気が壁面から離脱するリフトオフが発生し,膜冷却効率の大幅な低下が生じていることが分かった.Rib2では,吹き出した膜冷却空気が,主流へ貫通する歪曲した渦構造(skewed vortical lump: SVL)と,壁近傍で壁面に向かう流れを形成する流れ構造(wall-ward lump:流れの可視化により,この膜冷却構造の違いは,内部リブで生じる剥離流れが冷却孔入口における熱流動場に及ぼす影響を明らかにした. 第5章では,主流と吹出し空気を等温として等熱流束壁面条件を設定し,熱伝達率の計測実験を模擬したDESを行った.熱伝達率予測に対するDESの有用性を示すとともに,第4章で示したものと同一の膜冷却空気構造から,熱伝達率および断熱膜冷却効率の分布を生みだすメカニズムを明らかにした.さらに,数値解析結果を用いて熱流束低減率および表面温度低減率を評価し,各々の挙動について数値解析によって得られる流れ場を基に議論した.…

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

安形, . (2016). ガスタービン翼モデルにおける内部乱流促進リブが膜冷却性能に及ぼす影響 : Effect of internal turbulence promoting ribs on film cooling performance for gas turbine blademodel. (Thesis). Yokohama National University / 横浜国立大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10131/8498

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

安形, 友希子. “ガスタービン翼モデルにおける内部乱流促進リブが膜冷却性能に及ぼす影響 : Effect of internal turbulence promoting ribs on film cooling performance for gas turbine blademodel.” 2016. Thesis, Yokohama National University / 横浜国立大学. Accessed January 15, 2019. http://hdl.handle.net/10131/8498.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

安形, 友希子. “ガスタービン翼モデルにおける内部乱流促進リブが膜冷却性能に及ぼす影響 : Effect of internal turbulence promoting ribs on film cooling performance for gas turbine blademodel.” 2016. Web. 15 Jan 2019.

Vancouver:

安形 . ガスタービン翼モデルにおける内部乱流促進リブが膜冷却性能に及ぼす影響 : Effect of internal turbulence promoting ribs on film cooling performance for gas turbine blademodel. [Internet] [Thesis]. Yokohama National University / 横浜国立大学; 2016. [cited 2019 Jan 15]. Available from: http://hdl.handle.net/10131/8498.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

安形 . ガスタービン翼モデルにおける内部乱流促進リブが膜冷却性能に及ぼす影響 : Effect of internal turbulence promoting ribs on film cooling performance for gas turbine blademodel. [Thesis]. Yokohama National University / 横浜国立大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10131/8498

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

16. Mohammed, Fatehy Soliman. Variable spreading slotted-Aloha technology for robust and reliable medical and consumer electronics WBAN over IEEE 802.15.6 : IEEE802.15.6 国際標準に準拠した耐久性・信頼性に優れた医療・家電両用の無線BANのための可変Spreading Slotted Aloha 技術.

Degree: 博士(学術), 2016, Yokohama National University / 横浜国立大学

 Wireless Body Area Network (WBAN) networks expected to be widely and deeply penetrating our daily lives to enable a new communication environment in the near… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Mohammed, F. S. (2016). Variable spreading slotted-Aloha technology for robust and reliable medical and consumer electronics WBAN over IEEE 802.15.6 : IEEE802.15.6 国際標準に準拠した耐久性・信頼性に優れた医療・家電両用の無線BANのための可変Spreading Slotted Aloha 技術. (Thesis). Yokohama National University / 横浜国立大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10131/8499

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Mohammed, Fatehy Soliman. “Variable spreading slotted-Aloha technology for robust and reliable medical and consumer electronics WBAN over IEEE 802.15.6 : IEEE802.15.6 国際標準に準拠した耐久性・信頼性に優れた医療・家電両用の無線BANのための可変Spreading Slotted Aloha 技術.” 2016. Thesis, Yokohama National University / 横浜国立大学. Accessed January 15, 2019. http://hdl.handle.net/10131/8499.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Mohammed, Fatehy Soliman. “Variable spreading slotted-Aloha technology for robust and reliable medical and consumer electronics WBAN over IEEE 802.15.6 : IEEE802.15.6 国際標準に準拠した耐久性・信頼性に優れた医療・家電両用の無線BANのための可変Spreading Slotted Aloha 技術.” 2016. Web. 15 Jan 2019.

Vancouver:

Mohammed FS. Variable spreading slotted-Aloha technology for robust and reliable medical and consumer electronics WBAN over IEEE 802.15.6 : IEEE802.15.6 国際標準に準拠した耐久性・信頼性に優れた医療・家電両用の無線BANのための可変Spreading Slotted Aloha 技術. [Internet] [Thesis]. Yokohama National University / 横浜国立大学; 2016. [cited 2019 Jan 15]. Available from: http://hdl.handle.net/10131/8499.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Mohammed FS. Variable spreading slotted-Aloha technology for robust and reliable medical and consumer electronics WBAN over IEEE 802.15.6 : IEEE802.15.6 国際標準に準拠した耐久性・信頼性に優れた医療・家電両用の無線BANのための可変Spreading Slotted Aloha 技術. [Thesis]. Yokohama National University / 横浜国立大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10131/8499

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

17. Quadrante, Luis Antonio Rodrigues. Experimental Study of Tripping Rods Effects on Enhancement of Efficiency of a Vortex-Induced Vibration Based Energy Harvesting System : トリッピングロッドが渦励振発電システムの効率向上に与える影響に関する実験的研究.

Degree: 博士(工学), 2016, Yokohama National University / 横浜国立大学

 This doctoral thesis show an experimental study about the enhancement of energy conversion efficiency of a vortex-induced vibrations (VIV) based energy generation system. Firstly, there… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Quadrante, L. A. R. (2016). Experimental Study of Tripping Rods Effects on Enhancement of Efficiency of a Vortex-Induced Vibration Based Energy Harvesting System : トリッピングロッドが渦励振発電システムの効率向上に与える影響に関する実験的研究. (Thesis). Yokohama National University / 横浜国立大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10131/8522

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Quadrante, Luis Antonio Rodrigues. “Experimental Study of Tripping Rods Effects on Enhancement of Efficiency of a Vortex-Induced Vibration Based Energy Harvesting System : トリッピングロッドが渦励振発電システムの効率向上に与える影響に関する実験的研究.” 2016. Thesis, Yokohama National University / 横浜国立大学. Accessed January 15, 2019. http://hdl.handle.net/10131/8522.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Quadrante, Luis Antonio Rodrigues. “Experimental Study of Tripping Rods Effects on Enhancement of Efficiency of a Vortex-Induced Vibration Based Energy Harvesting System : トリッピングロッドが渦励振発電システムの効率向上に与える影響に関する実験的研究.” 2016. Web. 15 Jan 2019.

Vancouver:

Quadrante LAR. Experimental Study of Tripping Rods Effects on Enhancement of Efficiency of a Vortex-Induced Vibration Based Energy Harvesting System : トリッピングロッドが渦励振発電システムの効率向上に与える影響に関する実験的研究. [Internet] [Thesis]. Yokohama National University / 横浜国立大学; 2016. [cited 2019 Jan 15]. Available from: http://hdl.handle.net/10131/8522.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Quadrante LAR. Experimental Study of Tripping Rods Effects on Enhancement of Efficiency of a Vortex-Induced Vibration Based Energy Harvesting System : トリッピングロッドが渦励振発電システムの効率向上に与える影響に関する実験的研究. [Thesis]. Yokohama National University / 横浜国立大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10131/8522

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

18. Saifulza, bin Alwi. Verification and validation of logic control systems by model checking.

Degree: 博士(工学), 2016, Yokohama National University / 横浜国立大学

 From a simple electronic devices to replace sophisticated electro-mechanical relays, nowadays PLCs are extensively used in industrial automation field and they are integrated into much… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Saifulza, b. A. (2016). Verification and validation of logic control systems by model checking. (Thesis). Yokohama National University / 横浜国立大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10131/8524

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Saifulza, bin Alwi. “Verification and validation of logic control systems by model checking.” 2016. Thesis, Yokohama National University / 横浜国立大学. Accessed January 15, 2019. http://hdl.handle.net/10131/8524.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Saifulza, bin Alwi. “Verification and validation of logic control systems by model checking.” 2016. Web. 15 Jan 2019.

Vancouver:

Saifulza bA. Verification and validation of logic control systems by model checking. [Internet] [Thesis]. Yokohama National University / 横浜国立大学; 2016. [cited 2019 Jan 15]. Available from: http://hdl.handle.net/10131/8524.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Saifulza bA. Verification and validation of logic control systems by model checking. [Thesis]. Yokohama National University / 横浜国立大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10131/8524

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

19. 藤田, 武士. Magnetic and chemical interactions of the nearest neighbor transition metal impurity pairs in semiconductors: A density-functional study : 第一原理計算による半導体中の最隣接遷移金属不純物対の磁気・化学相互作用に関する研究.

Degree: 博士(工学), 2016, Yokohama National University / 横浜国立大学

 Magnetic and chemical interactions of the nearest neighbor transition metal impurity pairs in semiconductors have been studied over the past few decades in order to… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

藤田, . (2016). Magnetic and chemical interactions of the nearest neighbor transition metal impurity pairs in semiconductors: A density-functional study : 第一原理計算による半導体中の最隣接遷移金属不純物対の磁気・化学相互作用に関する研究. (Thesis). Yokohama National University / 横浜国立大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10131/8536

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

藤田, 武士. “Magnetic and chemical interactions of the nearest neighbor transition metal impurity pairs in semiconductors: A density-functional study : 第一原理計算による半導体中の最隣接遷移金属不純物対の磁気・化学相互作用に関する研究.” 2016. Thesis, Yokohama National University / 横浜国立大学. Accessed January 15, 2019. http://hdl.handle.net/10131/8536.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

藤田, 武士. “Magnetic and chemical interactions of the nearest neighbor transition metal impurity pairs in semiconductors: A density-functional study : 第一原理計算による半導体中の最隣接遷移金属不純物対の磁気・化学相互作用に関する研究.” 2016. Web. 15 Jan 2019.

Vancouver:

藤田 . Magnetic and chemical interactions of the nearest neighbor transition metal impurity pairs in semiconductors: A density-functional study : 第一原理計算による半導体中の最隣接遷移金属不純物対の磁気・化学相互作用に関する研究. [Internet] [Thesis]. Yokohama National University / 横浜国立大学; 2016. [cited 2019 Jan 15]. Available from: http://hdl.handle.net/10131/8536.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

藤田 . Magnetic and chemical interactions of the nearest neighbor transition metal impurity pairs in semiconductors: A density-functional study : 第一原理計算による半導体中の最隣接遷移金属不純物対の磁気・化学相互作用に関する研究. [Thesis]. Yokohama National University / 横浜国立大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10131/8536

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

20. RAJAN, THAPA CHHETRI. Analyses of the diversities of bacterial consortia involved in the biological removal of Arsenic, iron and manganese from water using molecular biological methods : 水中のヒ素、鉄およびマンガンの生物学的除去に関与する細菌群集構造の分子生物学的手法を用いた解析.

Degree: 博士(工学), 2016, Yokohama National University / 横浜国立大学

 Biological filtration plant is a simple, cost-effective and eco-friend system toremove soluble iron (Fe) and manganese (Mn) ions from groundwater. In thissystem, the combined biological… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

RAJAN, T. C. (2016). Analyses of the diversities of bacterial consortia involved in the biological removal of Arsenic, iron and manganese from water using molecular biological methods : 水中のヒ素、鉄およびマンガンの生物学的除去に関与する細菌群集構造の分子生物学的手法を用いた解析. (Thesis). Yokohama National University / 横浜国立大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10131/8538

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

RAJAN, THAPA CHHETRI. “Analyses of the diversities of bacterial consortia involved in the biological removal of Arsenic, iron and manganese from water using molecular biological methods : 水中のヒ素、鉄およびマンガンの生物学的除去に関与する細菌群集構造の分子生物学的手法を用いた解析.” 2016. Thesis, Yokohama National University / 横浜国立大学. Accessed January 15, 2019. http://hdl.handle.net/10131/8538.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

RAJAN, THAPA CHHETRI. “Analyses of the diversities of bacterial consortia involved in the biological removal of Arsenic, iron and manganese from water using molecular biological methods : 水中のヒ素、鉄およびマンガンの生物学的除去に関与する細菌群集構造の分子生物学的手法を用いた解析.” 2016. Web. 15 Jan 2019.

Vancouver:

RAJAN TC. Analyses of the diversities of bacterial consortia involved in the biological removal of Arsenic, iron and manganese from water using molecular biological methods : 水中のヒ素、鉄およびマンガンの生物学的除去に関与する細菌群集構造の分子生物学的手法を用いた解析. [Internet] [Thesis]. Yokohama National University / 横浜国立大学; 2016. [cited 2019 Jan 15]. Available from: http://hdl.handle.net/10131/8538.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

RAJAN TC. Analyses of the diversities of bacterial consortia involved in the biological removal of Arsenic, iron and manganese from water using molecular biological methods : 水中のヒ素、鉄およびマンガンの生物学的除去に関与する細菌群集構造の分子生物学的手法を用いた解析. [Thesis]. Yokohama National University / 横浜国立大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10131/8538

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

21. Holitiana, Macha Randrianandraina. Integrated Radar and Communication Using DS-UWB for Safety Driving against Collision and Interference : 安全運転のための衝突や干渉対策のDS-UWBに基づくレーダーと通信の統合に関する研究.

Degree: 博士(工学), 2016, Yokohama National University / 横浜国立大学

 In the present time, due to the increase of vehicle and pedestrian traffic,danger of traffic accidents has increased extremely. We need new and reliabletechnology to… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Holitiana, M. R. (2016). Integrated Radar and Communication Using DS-UWB for Safety Driving against Collision and Interference : 安全運転のための衝突や干渉対策のDS-UWBに基づくレーダーと通信の統合に関する研究. (Thesis). Yokohama National University / 横浜国立大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10131/8539

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Holitiana, Macha Randrianandraina. “Integrated Radar and Communication Using DS-UWB for Safety Driving against Collision and Interference : 安全運転のための衝突や干渉対策のDS-UWBに基づくレーダーと通信の統合に関する研究.” 2016. Thesis, Yokohama National University / 横浜国立大学. Accessed January 15, 2019. http://hdl.handle.net/10131/8539.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Holitiana, Macha Randrianandraina. “Integrated Radar and Communication Using DS-UWB for Safety Driving against Collision and Interference : 安全運転のための衝突や干渉対策のDS-UWBに基づくレーダーと通信の統合に関する研究.” 2016. Web. 15 Jan 2019.

Vancouver:

Holitiana MR. Integrated Radar and Communication Using DS-UWB for Safety Driving against Collision and Interference : 安全運転のための衝突や干渉対策のDS-UWBに基づくレーダーと通信の統合に関する研究. [Internet] [Thesis]. Yokohama National University / 横浜国立大学; 2016. [cited 2019 Jan 15]. Available from: http://hdl.handle.net/10131/8539.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Holitiana MR. Integrated Radar and Communication Using DS-UWB for Safety Driving against Collision and Interference : 安全運転のための衝突や干渉対策のDS-UWBに基づくレーダーと通信の統合に関する研究. [Thesis]. Yokohama National University / 横浜国立大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10131/8539

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

22. 竹中, 国浩. PWB におけるFR-4 の積層構造の不均質性を考慮したビアの熱疲労寿命評価に関する研究 : A study on thermal fatigue life assessment of via in printed wiring board considering heterogeneity of a laminated structure in FR-4.

Degree: 博士(工学), 2016, Yokohama National University / 横浜国立大学

Japan is confronting with the problem of aging population. According to anestimate conducted in 2010, the proportion of elderly population, aged 65 or above,comprised about… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

竹中, . (2016). PWB におけるFR-4 の積層構造の不均質性を考慮したビアの熱疲労寿命評価に関する研究 : A study on thermal fatigue life assessment of via in printed wiring board considering heterogeneity of a laminated structure in FR-4. (Thesis). Yokohama National University / 横浜国立大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10131/8542

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

竹中, 国浩. “PWB におけるFR-4 の積層構造の不均質性を考慮したビアの熱疲労寿命評価に関する研究 : A study on thermal fatigue life assessment of via in printed wiring board considering heterogeneity of a laminated structure in FR-4.” 2016. Thesis, Yokohama National University / 横浜国立大学. Accessed January 15, 2019. http://hdl.handle.net/10131/8542.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

竹中, 国浩. “PWB におけるFR-4 の積層構造の不均質性を考慮したビアの熱疲労寿命評価に関する研究 : A study on thermal fatigue life assessment of via in printed wiring board considering heterogeneity of a laminated structure in FR-4.” 2016. Web. 15 Jan 2019.

Vancouver:

竹中 . PWB におけるFR-4 の積層構造の不均質性を考慮したビアの熱疲労寿命評価に関する研究 : A study on thermal fatigue life assessment of via in printed wiring board considering heterogeneity of a laminated structure in FR-4. [Internet] [Thesis]. Yokohama National University / 横浜国立大学; 2016. [cited 2019 Jan 15]. Available from: http://hdl.handle.net/10131/8542.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

竹中 . PWB におけるFR-4 の積層構造の不均質性を考慮したビアの熱疲労寿命評価に関する研究 : A study on thermal fatigue life assessment of via in printed wiring board considering heterogeneity of a laminated structure in FR-4. [Thesis]. Yokohama National University / 横浜国立大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10131/8542

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

23. 竹内, 尚輝. Extremely Energy-Efficient Integrated Circuits Using Adiabatic Superconductor Logic : 断熱型超伝導論理回路を用いた超低電力集積回路の研究.

Degree: 博士(工学), 2016, Yokohama National University / 横浜国立大学

 Complementary metal-oxide-semiconductor (CMOS) circuit technology has sustainedthe exponential growth of computing power for more than 20 years. However, it hasbeen estimated that the power consumption… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

竹内, . (2016). Extremely Energy-Efficient Integrated Circuits Using Adiabatic Superconductor Logic : 断熱型超伝導論理回路を用いた超低電力集積回路の研究. (Thesis). Yokohama National University / 横浜国立大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10131/8543

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

竹内, 尚輝. “Extremely Energy-Efficient Integrated Circuits Using Adiabatic Superconductor Logic : 断熱型超伝導論理回路を用いた超低電力集積回路の研究.” 2016. Thesis, Yokohama National University / 横浜国立大学. Accessed January 15, 2019. http://hdl.handle.net/10131/8543.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

竹内, 尚輝. “Extremely Energy-Efficient Integrated Circuits Using Adiabatic Superconductor Logic : 断熱型超伝導論理回路を用いた超低電力集積回路の研究.” 2016. Web. 15 Jan 2019.

Vancouver:

竹内 . Extremely Energy-Efficient Integrated Circuits Using Adiabatic Superconductor Logic : 断熱型超伝導論理回路を用いた超低電力集積回路の研究. [Internet] [Thesis]. Yokohama National University / 横浜国立大学; 2016. [cited 2019 Jan 15]. Available from: http://hdl.handle.net/10131/8543.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

竹内 . Extremely Energy-Efficient Integrated Circuits Using Adiabatic Superconductor Logic : 断熱型超伝導論理回路を用いた超低電力集積回路の研究. [Thesis]. Yokohama National University / 横浜国立大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10131/8543

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

24. Gautam, Rajdeep. Silicon microring resonator loaded Mach-Zehnder interferometer for low power optical modulation, switching and bio-sensing : 光変調器・光スイッチおよびバイオセンサのためのシリコン微小リング装荷マッハ・ツェンダー干渉計.

Degree: 博士(工学), 2016, Yokohama National University / 横浜国立大学

 In the span of past one decade, the world has been revolutionised by the technology development and innovations. High speed communication technology on smarter and… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Gautam, R. (2016). Silicon microring resonator loaded Mach-Zehnder interferometer for low power optical modulation, switching and bio-sensing : 光変調器・光スイッチおよびバイオセンサのためのシリコン微小リング装荷マッハ・ツェンダー干渉計. (Thesis). Yokohama National University / 横浜国立大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10131/8544

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Gautam, Rajdeep. “Silicon microring resonator loaded Mach-Zehnder interferometer for low power optical modulation, switching and bio-sensing : 光変調器・光スイッチおよびバイオセンサのためのシリコン微小リング装荷マッハ・ツェンダー干渉計.” 2016. Thesis, Yokohama National University / 横浜国立大学. Accessed January 15, 2019. http://hdl.handle.net/10131/8544.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Gautam, Rajdeep. “Silicon microring resonator loaded Mach-Zehnder interferometer for low power optical modulation, switching and bio-sensing : 光変調器・光スイッチおよびバイオセンサのためのシリコン微小リング装荷マッハ・ツェンダー干渉計.” 2016. Web. 15 Jan 2019.

Vancouver:

Gautam R. Silicon microring resonator loaded Mach-Zehnder interferometer for low power optical modulation, switching and bio-sensing : 光変調器・光スイッチおよびバイオセンサのためのシリコン微小リング装荷マッハ・ツェンダー干渉計. [Internet] [Thesis]. Yokohama National University / 横浜国立大学; 2016. [cited 2019 Jan 15]. Available from: http://hdl.handle.net/10131/8544.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Gautam R. Silicon microring resonator loaded Mach-Zehnder interferometer for low power optical modulation, switching and bio-sensing : 光変調器・光スイッチおよびバイオセンサのためのシリコン微小リング装荷マッハ・ツェンダー干渉計. [Thesis]. Yokohama National University / 横浜国立大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10131/8544

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

25. 石倉, 徳洋. High performance photonic crystal slow light devices and their applications : フォトニック結晶スローライトデバイスの高性能化とその応用.

Degree: 博士(工学), 2016, Yokohama National University / 横浜国立大学

 本論文ではシリコン基板上に製作したフォトニック結晶スローライト導波路(PCW) の高性能化とその応用について議論する.情報トラフィックは指数関数的に増加しており,ノード部分で光電変換を多用する現在の通信ネットワークでは消費電力や信号処理速度の点で限界を迎えるといわれている.これに対応するために,小型で多機能な高密度光集積回路が求められている.その中で,シリコンを母体とした光導波路やその関連技術の総称であるシリコンフォトニクスは大いに期待されている.光集積回路としては先行してきたインジウムリンを母体としたデバイスとは異なり,その製作法は大規模集積電気回路の生産手法として成熟したシリコンCMOS プロセスとの互換性を有し,集積度は年率60%で増加している.このような進展によりスーパーコンピュータやデータセンターの光インターコネクトでの利用が始まりつつある.シリコンフォトニクスでは電気回路との融合が容易なのでCPU 同士などの,より短距離の通信にも適用されていくと考えられる.一方でメトロネットワークのような長距離光通信の観点からは,複雑な回路構成に対応するため,シリコンフォトニクスデバイスの利用が考えられている.このようなデバイスの性能をさらに向上させる方法として,巨大な1 次分散媒質中で発生するスローライト技術が挙げられる.特にPCW で発生するスローライトは,構造調整により特性を自由にエンジニアリングできるので有望である.我々の研究室では,PCW の構造パラメータを徐々に変化させたチャープを導入することで,可変相対遅延7 を得ていた.可変相対遅延は,デバイス内に蓄積できる光ビット数であり,スローライトの最も魅力的な性能である出射時刻の可変性の性能指標である.しかしこの性能は製作プロセスに制約され,その実証にはレーザ光加熱のための大型の顕微光学系が必要であった.また,これまでのPCWの研究は個別デバイスに留まり,電気回路との一体集積やその応用については議論されてこなかった.PCW での光信号の伝搬速度(群速度)はフォトニックバンドの傾きで表される.フォトニックバンドは3 次元時間領域有限差分 (FDTD) 法により得られた.我々の研究室が従来,提案していたPCW の構造をさらに微調整することにより,製作トレランスの高いスローライト構造を得た.また結合効率を向上させるためのシリコン細線導波路 (PWW) とPCW の接続構造を検討し,接続付近のPCW の幅を断熱的に増加させる構造が有効であることを示した.本研究では,このようなPCW を電子ビーム (EB) 描画プロセスとCMOS 互換プロセスで製作することを検討した.EB 描画プロセスでは,高精度な加工プロセスを使用することで,従来のPCW の空気穴の面内ゆらぎが3 nm 程度から2… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

石倉, . (2016). High performance photonic crystal slow light devices and their applications : フォトニック結晶スローライトデバイスの高性能化とその応用. (Thesis). Yokohama National University / 横浜国立大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10131/8547

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

石倉, 徳洋. “High performance photonic crystal slow light devices and their applications : フォトニック結晶スローライトデバイスの高性能化とその応用.” 2016. Thesis, Yokohama National University / 横浜国立大学. Accessed January 15, 2019. http://hdl.handle.net/10131/8547.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

石倉, 徳洋. “High performance photonic crystal slow light devices and their applications : フォトニック結晶スローライトデバイスの高性能化とその応用.” 2016. Web. 15 Jan 2019.

Vancouver:

石倉 . High performance photonic crystal slow light devices and their applications : フォトニック結晶スローライトデバイスの高性能化とその応用. [Internet] [Thesis]. Yokohama National University / 横浜国立大学; 2016. [cited 2019 Jan 15]. Available from: http://hdl.handle.net/10131/8547.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

石倉 . High performance photonic crystal slow light devices and their applications : フォトニック結晶スローライトデバイスの高性能化とその応用. [Thesis]. Yokohama National University / 横浜国立大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10131/8547

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

26. 山﨑, 憲慈. グラフェンの溶液中応用に向けた界面構築 : Fabrication of graphene interfaces in liquid environment toward bio-applications.

Degree: 博士(工学), 2016, Yokohama National University / 横浜国立大学

2004年の機械的剥離法によるグラフェン形成の報告以来、グラフェンは一躍世界で最も注目を集める材料の一つとなった。発見当初は高い機械的強度を利用したメカニカルデバイス、非常に大きな電子移動度を利用した電子デバイス、また光透過性も非常に大きいので光学デバイスとしての応用が期待されるなど、あらゆる分野での応用が検討され、グラフェンは無限の可能性を秘めた物質のように扱われた。しかしながら完全な二次元物質として存在するグラフェンの物性が明らかになるにつれて、グラフェン界面の構築の重要性が高まってきた。例えばグラフェンはあらゆる物質の中で最高の電子移動度を有するが、スイッチングに十分なオンオフ比を得るためのバンドギャップを付与すると移動度が他の物質と同等程度に落ちてしまうという問題を抱えている。またグラフェンの物性は固体表面に支持される場合と宙に浮いたサスペンドな状態では大きく異なる。この違いはグラフェンの構造の歪みや表面、界面に付着した不純物によるものであると考えられており、大気中における固体表面の影響についてはここ 3年ほどで報告が急増し、大気中におけるグラフェン界面の現象については大きく進歩した。しかしながら溶液中においては固体表面との界面現象についての報告は大気中ほど進んでいない。それは溶液中においてはグラフェンを取り巻く界面として固体表面との界面の他、生体分子の界面、周囲の水分子との界面等様々存在するため、大気中よりも複雑であることが一因である。一方でグラフェンの溶液中での応用先、つまりバイオテクノロジーの分野では界面構築は重要なテーマとして扱われてきた長い歴史がある。例えば人工骨、人工血管、人工臓器のように体内で用いられるインプラントデバイスでは生体適合性を有することは当然であるが、いかに長持ちさせられるかということは患者の負担を考える上で非常に重要な要素である。インプラントデバイスの場合には体内物質の吸着による劣化を防ぐための研究がなされておりインプラントと体内物質との表面界面の制御はデバイスの長寿命化、安全性に直結する。このように生体材料を扱う場合には生体との界面を形成する固体との生体-固体界面(バイオインターフェース)の構築が重要な技術である。本研究では溶液中応用のためのグラフェン界面の構築を目指し、溶液中においてグラフェン下部の支持表面がグラフェン表面に及ぼす影響を明らかにすることを目的とした。表面構造が制御されたサファイア表面と原子間力顕微鏡を用いて固体表面-タンパク質分子、支持表面-グラフェン表面、グラフェン-生体分子の界面の構築を行った。まず表面構造と化学状態が同時に制御されたサファイア表面を用いてタンパク質分子の吸着、脱離過程を溶液条件の制御と定量解析によって明らかにした。その結果、タンパク質分子の吸着領域は吸着表面の化学状態制御と溶液条件によってコントロール可能であること、疎水性表面に吸着したタンパク質分子は溶液のpH変化では脱離が起こらないことを示した。またグラフェン表面に吸着したタンパク質は著しく変性することを示し、物理吸着においてグラフェンエッジへの配列には正に帯電したタンパク質が有利であり、グラフェンエッジでのタンパク質の変性状態を明らかにした。次にグラフェンの溶液中応用に向けたキャラクタリゼーションを目的として、グラフェンのAFM観察と脂質膜形成を行った。原子一層のステップ構造の高さを基準として大気中、溶液中でグラフェンの高さが異なることを示し、グラフェンとサファイア表面の界面に一定層の水分子層が形成されていることを見出した。コロイドプローブによる表面測定ではグラフェンが溶液中において疎水性を維持していることや、電気二重層相互作用に基づく斥力を観測した。また異なるサファイア表面に支持されたグラフェン表面への脂質膜展開から、支持表面の親水性に応じた脂質膜の選択的展開を実現し、支持表面が溶液中でグラフェンの物性に影響を与えていることを示した。支持表面の化学状態によってグラフェンとの界面に異なる構造の水分子が存在し、界面の水和構造がグラフェンを溶液中で応用する場合のグラフェン界面の構築に関して最も重要な事項の一つであることを示した。最後にグラフェン表面への脂質二重膜形成を実現した。ストレプトアビジンとビオチン分子の特異的結合を利用した繋ぎ止め法、またストレプトアビジン分子のグラフェンエッジへの配列により疎水性のグラフェン表面に脂質二重膜が形成可能であることを示した。本研究は世界に先駆けて溶液中における支持表面の影響について明らかにしたという点で意義深い研究であった。また界面の水分子の構造が非常に重要という知見はサファイア表面-グラフェン表面の界面の場合に限った話ではないため、シリコン基板等、実際のデバイス応用に適した基板を用いる場合にも重要な研究成果である。

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

山﨑, . (2016). グラフェンの溶液中応用に向けた界面構築 : Fabrication of graphene interfaces in liquid environment toward bio-applications. (Thesis). Yokohama National University / 横浜国立大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10131/8548

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

山﨑, 憲慈. “グラフェンの溶液中応用に向けた界面構築 : Fabrication of graphene interfaces in liquid environment toward bio-applications.” 2016. Thesis, Yokohama National University / 横浜国立大学. Accessed January 15, 2019. http://hdl.handle.net/10131/8548.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

山﨑, 憲慈. “グラフェンの溶液中応用に向けた界面構築 : Fabrication of graphene interfaces in liquid environment toward bio-applications.” 2016. Web. 15 Jan 2019.

Vancouver:

山﨑 . グラフェンの溶液中応用に向けた界面構築 : Fabrication of graphene interfaces in liquid environment toward bio-applications. [Internet] [Thesis]. Yokohama National University / 横浜国立大学; 2016. [cited 2019 Jan 15]. Available from: http://hdl.handle.net/10131/8548.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

山﨑 . グラフェンの溶液中応用に向けた界面構築 : Fabrication of graphene interfaces in liquid environment toward bio-applications. [Thesis]. Yokohama National University / 横浜国立大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10131/8548

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

27. Malawara, Arachchige Chamila Niroshinie. Investigation of fluid motion and sediment concentration under breaking waves considering the change in bed topography : 地形変化を考慮した砕波による流体運動および底質浮遊濃度の解明.

Degree: 博士(工学), 2016, Yokohama National University / 横浜国立大学

 From the past many numerical models which can predict coastal bed profile updates have been developed. They are ranged from one dimensional shore line change… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Malawara, A. C. N. (2016). Investigation of fluid motion and sediment concentration under breaking waves considering the change in bed topography : 地形変化を考慮した砕波による流体運動および底質浮遊濃度の解明. (Thesis). Yokohama National University / 横浜国立大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10131/8550

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Malawara, Arachchige Chamila Niroshinie. “Investigation of fluid motion and sediment concentration under breaking waves considering the change in bed topography : 地形変化を考慮した砕波による流体運動および底質浮遊濃度の解明.” 2016. Thesis, Yokohama National University / 横浜国立大学. Accessed January 15, 2019. http://hdl.handle.net/10131/8550.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Malawara, Arachchige Chamila Niroshinie. “Investigation of fluid motion and sediment concentration under breaking waves considering the change in bed topography : 地形変化を考慮した砕波による流体運動および底質浮遊濃度の解明.” 2016. Web. 15 Jan 2019.

Vancouver:

Malawara ACN. Investigation of fluid motion and sediment concentration under breaking waves considering the change in bed topography : 地形変化を考慮した砕波による流体運動および底質浮遊濃度の解明. [Internet] [Thesis]. Yokohama National University / 横浜国立大学; 2016. [cited 2019 Jan 15]. Available from: http://hdl.handle.net/10131/8550.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Malawara ACN. Investigation of fluid motion and sediment concentration under breaking waves considering the change in bed topography : 地形変化を考慮した砕波による流体運動および底質浮遊濃度の解明. [Thesis]. Yokohama National University / 横浜国立大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10131/8550

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

28. 松木, 洋. 運転ノウハウの抽出を用いた上水送水系運転支援システム : Operational Knowledge Acquisition for Water Supply Support System.

Degree: 博士(工学), 2016, Yokohama National University / 横浜国立大学

上水送水系は水源、浄水場、配水池、ならびに需要家から構成される重要な生活インフラの一つである。これら上水送水系の運用業務は地方自治体によって管理運営されている。しかしながら近年では施設維持管理費の問題等から施設運用業務のアウトソーシングを勧めている自治体も多い。また多くの配水池ではオペレータの高年齢化が進んでおり、近い将来これら熟練オペレータの減少が予測される。これらの問題に共通した課題は、施設運用における運転ノウハウを如何にして次世代のオペレータに継承していくかであり、施設運転ノウハウの継承が上手く行われない場合、オペレータの技術能力の低下が危惧され、最悪の場合安定した給水が不可能になってしまう恐れがある。現状では運転ノウハウの継承は熟練オペレータから若手オペレータへのオンザジョブトレーニングに頼っている部分が多い。しかしながらこれではオペレータの急な変更には対応出来ないといった問題が残る。そのため、近い将来熟練オペレータの施設運転ノウハウを組み込んだ新たな運転システムの必要性がでてくると考えられる。本研究の目的は、近年の上水送水系における問題点である熟練オペレータの減少による問題を解決することであり、より安定な上水送水系の構築を目指している。既存システムによる24 時間分の送水計画と本システムの運転ノウハウを取り入れた逐次的な送水計画を併用することで、より安定した給水の実現を目標とする。これにより、今後のアウトソーシングの増加や職員の高年齢化の問題に対応し、より安定な上水送水系の構築に役立てるのではないかと考えている。これを実現するため、運転履歴より熟練オペレータの運転ノウハウ抽出を行い、熟練オペレータの運転ノウハウを取り入れることで、熟練オペレータと同様の運転を行うことができるシステムの開発を行った。具体的には配水池の送水計画問題において回帰分析の適用を考え、熟練オペレータの運転ノウハウの抽出および再現を行う。それに伴い、回帰モデルの決定方法、説明変数の選択方法を提案した。これにより熟練オペレータの運転ノウハウを再現することができ、熟練オペレータと同等の送水計画の立案を可能とした。また小規模配水池特有の送水計画に着目し、送水量0 値を含む送水計画の立案ノウハウを運転履歴から獲得する方法を提案した。小規模な配水池においてはオペレータが作為的に送水量を止める場合が多々存在し、このような運転を運転ノウハウの無いオペレータが行うのは困難であり何らかの事前情報が必要となる。そのため送水量決定支援システムの開発において、このような事前情報を必要とする運転を可能とする手法が重要となる。これに伴い、解と説明変数間の相関を考慮した2 値分類器の提案、分類器の精度向上に関しての提案を行い、送水量0 値を含む送水計画の立案方法の提案を行なっている。これにより事前のオペレータによる送水計画の修正が必要なしに、送水量0 値を含む送水計画の立案が可能となった。また本論文では加えて若手オペレータへの運転ノウハウ引き継ぎ補助の為、熟練オペレータが重要視するセンサデータの抽出方法に関する提案も行っている。抽出した運転ノウハウを上手く視覚化することで、次世代オペレータへの運転ノウハウの継承に役立つことが期待できる。それを実現するため本論文では決定木のアルゴリズムであるC4.5 を用いることでプラント情報の中から運転に必要な情報の選択を行った。

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

松木, . (2016). 運転ノウハウの抽出を用いた上水送水系運転支援システム : Operational Knowledge Acquisition for Water Supply Support System. (Thesis). Yokohama National University / 横浜国立大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10131/8552

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

松木, 洋. “運転ノウハウの抽出を用いた上水送水系運転支援システム : Operational Knowledge Acquisition for Water Supply Support System.” 2016. Thesis, Yokohama National University / 横浜国立大学. Accessed January 15, 2019. http://hdl.handle.net/10131/8552.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

松木, 洋. “運転ノウハウの抽出を用いた上水送水系運転支援システム : Operational Knowledge Acquisition for Water Supply Support System.” 2016. Web. 15 Jan 2019.

Vancouver:

松木 . 運転ノウハウの抽出を用いた上水送水系運転支援システム : Operational Knowledge Acquisition for Water Supply Support System. [Internet] [Thesis]. Yokohama National University / 横浜国立大学; 2016. [cited 2019 Jan 15]. Available from: http://hdl.handle.net/10131/8552.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

松木 . 運転ノウハウの抽出を用いた上水送水系運転支援システム : Operational Knowledge Acquisition for Water Supply Support System. [Thesis]. Yokohama National University / 横浜国立大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10131/8552

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

29. Myo, Myo Htun. A study on random field model for representation of\ngeometry of corroded plates and estimation of tochastic property of their strength : ランダム場を用いた腐食板表面の形状表現と強度の不確定性の推定法に関する研究.

Degree: 博士(工学), 2016, Yokohama National University / 横浜国立大学

 Corrosion is a process of uncertain nature, and the estimation of the strength of the corroded plate is very important for safety assessment of ship… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Myo, M. H. (2016). A study on random field model for representation of\ngeometry of corroded plates and estimation of tochastic property of their strength : ランダム場を用いた腐食板表面の形状表現と強度の不確定性の推定法に関する研究. (Thesis). Yokohama National University / 横浜国立大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10131/8553

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Myo, Myo Htun. “A study on random field model for representation of\ngeometry of corroded plates and estimation of tochastic property of their strength : ランダム場を用いた腐食板表面の形状表現と強度の不確定性の推定法に関する研究.” 2016. Thesis, Yokohama National University / 横浜国立大学. Accessed January 15, 2019. http://hdl.handle.net/10131/8553.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Myo, Myo Htun. “A study on random field model for representation of\ngeometry of corroded plates and estimation of tochastic property of their strength : ランダム場を用いた腐食板表面の形状表現と強度の不確定性の推定法に関する研究.” 2016. Web. 15 Jan 2019.

Vancouver:

Myo MH. A study on random field model for representation of\ngeometry of corroded plates and estimation of tochastic property of their strength : ランダム場を用いた腐食板表面の形状表現と強度の不確定性の推定法に関する研究. [Internet] [Thesis]. Yokohama National University / 横浜国立大学; 2016. [cited 2019 Jan 15]. Available from: http://hdl.handle.net/10131/8553.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Myo MH. A study on random field model for representation of\ngeometry of corroded plates and estimation of tochastic property of their strength : ランダム場を用いた腐食板表面の形状表現と強度の不確定性の推定法に関する研究. [Thesis]. Yokohama National University / 横浜国立大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10131/8553

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

30. Van, Heerden Kirill. Safe bilateral operation of a humanoid robot’s arm’s : 人間型ロボットの安全な腕のバイラテラル動作の研究.

Degree: 博士(工学), 2016, Yokohama National University / 横浜国立大学

 Bilateral teleoperation of a humanoid robot’s arm’s can allow a human operator ata safe location to reach a disaster scene that has rough terrain and… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Van, H. K. (2016). Safe bilateral operation of a humanoid robot’s arm’s : 人間型ロボットの安全な腕のバイラテラル動作の研究. (Thesis). Yokohama National University / 横浜国立大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10131/8554

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Van, Heerden Kirill. “Safe bilateral operation of a humanoid robot’s arm’s : 人間型ロボットの安全な腕のバイラテラル動作の研究.” 2016. Thesis, Yokohama National University / 横浜国立大学. Accessed January 15, 2019. http://hdl.handle.net/10131/8554.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Van, Heerden Kirill. “Safe bilateral operation of a humanoid robot’s arm’s : 人間型ロボットの安全な腕のバイラテラル動作の研究.” 2016. Web. 15 Jan 2019.

Vancouver:

Van HK. Safe bilateral operation of a humanoid robot’s arm’s : 人間型ロボットの安全な腕のバイラテラル動作の研究. [Internet] [Thesis]. Yokohama National University / 横浜国立大学; 2016. [cited 2019 Jan 15]. Available from: http://hdl.handle.net/10131/8554.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Van HK. Safe bilateral operation of a humanoid robot’s arm’s : 人間型ロボットの安全な腕のバイラテラル動作の研究. [Thesis]. Yokohama National University / 横浜国立大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10131/8554

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

[1] [2] [3] [4] [5] … [29]

.