Advanced search options

Advanced Search Options 🞨

Browse by author name (“Author name starts with…”).

Find ETDs with:

in
/  
in
/  
in
/  
in

Written in Published in Earliest date Latest date

Sorted by

Results per page:

Sorted by: relevance · author · university · dateNew search

You searched for publisher:"Yamagata Univesity". Showing records 1 – 30 of 137 total matches.

[1] [2] [3] [4] [5]

Search Limiters

Last 2 Years | English Only

Languages

▼ Search Limiters

1. Kayama, Takamasa. A canine model of a completely ischemic brain regulated with the perfusion method.

Degree: 2015, Yamagata Univesity / 山形大学

学位取得大学: 東北大学; 報告番号: 乙第3283号; 学位授与年月日: 1982-02-24; 学位の種別: 論文博士; 学位の種類: 医学博士 「Surgical Neurology, Vol.16 No.3 1981 p.162-172」に掲載されたもの

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Kayama, . T. (2015). A canine model of a completely ischemic brain regulated with the perfusion method. (Thesis). Yamagata Univesity / 山形大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1348/00000036/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Kayama, Takamasa. “A canine model of a completely ischemic brain regulated with the perfusion method.” 2015. Thesis, Yamagata Univesity / 山形大学. Accessed January 16, 2019. http://id.nii.ac.jp/1348/00000036/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Kayama, Takamasa. “A canine model of a completely ischemic brain regulated with the perfusion method.” 2015. Web. 16 Jan 2019.

Vancouver:

Kayama T. A canine model of a completely ischemic brain regulated with the perfusion method. [Internet] [Thesis]. Yamagata Univesity / 山形大学; 2015. [cited 2019 Jan 16]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1348/00000036/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Kayama T. A canine model of a completely ischemic brain regulated with the perfusion method. [Thesis]. Yamagata Univesity / 山形大学; 2015. Available from: http://id.nii.ac.jp/1348/00000036/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

2. Yamashita, Hidetoshi. Pathological study on the process of proliferative vireoretinopahy - PVR - after retinal detachment.

Degree: 2015, Yamagata Univesity / 山形大学

学位取得大学: 東京大学; 報告番号: 乙第8071号; 学位授与年月日: 1986-11-26; 学位の種別: 論文博士; 学位の種類: 医学博士 「Japanese Journal of Opthalmology Vol.30, 1986, p.269-281, Vol.29, 1985, p.42-53, Vol.29, 1985, p.394-405」に掲載されたもの

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Yamashita, . H. (2015). Pathological study on the process of proliferative vireoretinopahy - PVR - after retinal detachment. (Thesis). Yamagata Univesity / 山形大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1348/00000037/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Yamashita, Hidetoshi. “Pathological study on the process of proliferative vireoretinopahy - PVR - after retinal detachment.” 2015. Thesis, Yamagata Univesity / 山形大学. Accessed January 16, 2019. http://id.nii.ac.jp/1348/00000037/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Yamashita, Hidetoshi. “Pathological study on the process of proliferative vireoretinopahy - PVR - after retinal detachment.” 2015. Web. 16 Jan 2019.

Vancouver:

Yamashita H. Pathological study on the process of proliferative vireoretinopahy - PVR - after retinal detachment. [Internet] [Thesis]. Yamagata Univesity / 山形大学; 2015. [cited 2019 Jan 16]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1348/00000037/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Yamashita H. Pathological study on the process of proliferative vireoretinopahy - PVR - after retinal detachment. [Thesis]. Yamagata Univesity / 山形大学; 2015. Available from: http://id.nii.ac.jp/1348/00000037/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

3. [No author]. Negative and positive intropic responses of the boold-perfused canine papillary muscle to acetylcholine.

Degree: 2015, Yamagata Univesity / 山形大学

学位取得大学: 東北大学; 学位授与年月日: 1972 学位の種類: 医学博士 「The Journal of Pharmacology and Experimental Therapeutics Vol.175, No.2 1970 p..377-387」に掲載されたもの

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

author], [. (2015). Negative and positive intropic responses of the boold-perfused canine papillary muscle to acetylcholine. (Thesis). Yamagata Univesity / 山形大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1348/00000038/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

author], [No. “Negative and positive intropic responses of the boold-perfused canine papillary muscle to acetylcholine.” 2015. Thesis, Yamagata Univesity / 山形大学. Accessed January 16, 2019. http://id.nii.ac.jp/1348/00000038/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

author], [No. “Negative and positive intropic responses of the boold-perfused canine papillary muscle to acetylcholine.” 2015. Web. 16 Jan 2019.

Vancouver:

author] [. Negative and positive intropic responses of the boold-perfused canine papillary muscle to acetylcholine. [Internet] [Thesis]. Yamagata Univesity / 山形大学; 2015. [cited 2019 Jan 16]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1348/00000038/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

author] [. Negative and positive intropic responses of the boold-perfused canine papillary muscle to acetylcholine. [Thesis]. Yamagata Univesity / 山形大学; 2015. Available from: http://id.nii.ac.jp/1348/00000038/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

4. 深尾, 彰. B型肝炎ウイルスと肝細胞癌との関連性に関する疫学的研究-地域疫学的研究とコホート研究- : An Epidemiological Study of Relationship between Hapatitis B Virus and Hepatocellular Carcinoma; Bガタ カンエン ウイルス ト カン サイボウ ガン トノ カンレンセイ ニ カンスル エキガクテキ ケンキュウ チイキ エキガクテキ ケンキュウ ト コホート ケンキュウ.

Degree: 2015, Yamagata Univesity / 山形大学

学位取得大学: 東北大学; 報告番号: 乙第3801号; 学位授与年月日: 1984-09-05; 学位の種別: 論文博士; 学位の種類: 医学博士 「日本消化器病学会雑誌 Vol.82 No2 1985 p.222-238」に掲載されたもの

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

深尾, . . (2015). B型肝炎ウイルスと肝細胞癌との関連性に関する疫学的研究-地域疫学的研究とコホート研究- : An Epidemiological Study of Relationship between Hapatitis B Virus and Hepatocellular Carcinoma; Bガタ カンエン ウイルス ト カン サイボウ ガン トノ カンレンセイ ニ カンスル エキガクテキ ケンキュウ チイキ エキガクテキ ケンキュウ ト コホート ケンキュウ. (Thesis). Yamagata Univesity / 山形大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1348/00000039/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

深尾, 彰. “B型肝炎ウイルスと肝細胞癌との関連性に関する疫学的研究-地域疫学的研究とコホート研究- : An Epidemiological Study of Relationship between Hapatitis B Virus and Hepatocellular Carcinoma; Bガタ カンエン ウイルス ト カン サイボウ ガン トノ カンレンセイ ニ カンスル エキガクテキ ケンキュウ チイキ エキガクテキ ケンキュウ ト コホート ケンキュウ.” 2015. Thesis, Yamagata Univesity / 山形大学. Accessed January 16, 2019. http://id.nii.ac.jp/1348/00000039/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

深尾, 彰. “B型肝炎ウイルスと肝細胞癌との関連性に関する疫学的研究-地域疫学的研究とコホート研究- : An Epidemiological Study of Relationship between Hapatitis B Virus and Hepatocellular Carcinoma; Bガタ カンエン ウイルス ト カン サイボウ ガン トノ カンレンセイ ニ カンスル エキガクテキ ケンキュウ チイキ エキガクテキ ケンキュウ ト コホート ケンキュウ.” 2015. Web. 16 Jan 2019.

Vancouver:

深尾 . B型肝炎ウイルスと肝細胞癌との関連性に関する疫学的研究-地域疫学的研究とコホート研究- : An Epidemiological Study of Relationship between Hapatitis B Virus and Hepatocellular Carcinoma; Bガタ カンエン ウイルス ト カン サイボウ ガン トノ カンレンセイ ニ カンスル エキガクテキ ケンキュウ チイキ エキガクテキ ケンキュウ ト コホート ケンキュウ. [Internet] [Thesis]. Yamagata Univesity / 山形大学; 2015. [cited 2019 Jan 16]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1348/00000039/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

深尾 . B型肝炎ウイルスと肝細胞癌との関連性に関する疫学的研究-地域疫学的研究とコホート研究- : An Epidemiological Study of Relationship between Hapatitis B Virus and Hepatocellular Carcinoma; Bガタ カンエン ウイルス ト カン サイボウ ガン トノ カンレンセイ ニ カンスル エキガクテキ ケンキュウ チイキ エキガクテキ ケンキュウ ト コホート ケンキュウ. [Thesis]. Yamagata Univesity / 山形大学; 2015. Available from: http://id.nii.ac.jp/1348/00000039/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

5. 北原, 辰郎. High-mobility group box 1 restores cardiac dysfunction after myocardial infarction in transgenic mice : ハイモビリティ・グループ・ボックス1の心筋梗塞モデルにおける機能解析; ハイモビリティ グループ ボックス1 ノ シンキン コウソク モデル ニ オケル キノウ カイセキ.

Degree: 2015, Yamagata Univesity / 山形大学

論文内容要旨

学位取得大学:山形大学 ; 報告番号:医博甲第522号 ; 学位の種類: 課程 ; 学位の種別:博士(医学)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

北原, . . (2015). High-mobility group box 1 restores cardiac dysfunction after myocardial infarction in transgenic mice : ハイモビリティ・グループ・ボックス1の心筋梗塞モデルにおける機能解析; ハイモビリティ グループ ボックス1 ノ シンキン コウソク モデル ニ オケル キノウ カイセキ. (Thesis). Yamagata Univesity / 山形大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1348/00000040/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

北原, 辰郎. “High-mobility group box 1 restores cardiac dysfunction after myocardial infarction in transgenic mice : ハイモビリティ・グループ・ボックス1の心筋梗塞モデルにおける機能解析; ハイモビリティ グループ ボックス1 ノ シンキン コウソク モデル ニ オケル キノウ カイセキ.” 2015. Thesis, Yamagata Univesity / 山形大学. Accessed January 16, 2019. http://id.nii.ac.jp/1348/00000040/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

北原, 辰郎. “High-mobility group box 1 restores cardiac dysfunction after myocardial infarction in transgenic mice : ハイモビリティ・グループ・ボックス1の心筋梗塞モデルにおける機能解析; ハイモビリティ グループ ボックス1 ノ シンキン コウソク モデル ニ オケル キノウ カイセキ.” 2015. Web. 16 Jan 2019.

Vancouver:

北原 . High-mobility group box 1 restores cardiac dysfunction after myocardial infarction in transgenic mice : ハイモビリティ・グループ・ボックス1の心筋梗塞モデルにおける機能解析; ハイモビリティ グループ ボックス1 ノ シンキン コウソク モデル ニ オケル キノウ カイセキ. [Internet] [Thesis]. Yamagata Univesity / 山形大学; 2015. [cited 2019 Jan 16]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1348/00000040/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

北原 . High-mobility group box 1 restores cardiac dysfunction after myocardial infarction in transgenic mice : ハイモビリティ・グループ・ボックス1の心筋梗塞モデルにおける機能解析; ハイモビリティ グループ ボックス1 ノ シンキン コウソク モデル ニ オケル キノウ カイセキ. [Thesis]. Yamagata Univesity / 山形大学; 2015. Available from: http://id.nii.ac.jp/1348/00000040/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

6. 尹, 麗梅. Fasudil inhibits vascular endothelial growth factor-induced angiogenesis in vitro and in vivo : FasudilはVEGFにより誘導される血管新生を制御する; Fasudil ワ VEGF ニヨリ ユウドウ サレル ケッカン シイセイ オ セイギョ スル.

Degree: 2015, Yamagata Univesity / 山形大学

論文内容要旨

学位取得大学:山形大学 ; 報告番号:医博甲第515号 ; 学位の種類: 課程 ; 学位の種別:博士(医学)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

尹, . . (2015). Fasudil inhibits vascular endothelial growth factor-induced angiogenesis in vitro and in vivo : FasudilはVEGFにより誘導される血管新生を制御する; Fasudil ワ VEGF ニヨリ ユウドウ サレル ケッカン シイセイ オ セイギョ スル. (Thesis). Yamagata Univesity / 山形大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1348/00000041/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

尹, 麗梅. “Fasudil inhibits vascular endothelial growth factor-induced angiogenesis in vitro and in vivo : FasudilはVEGFにより誘導される血管新生を制御する; Fasudil ワ VEGF ニヨリ ユウドウ サレル ケッカン シイセイ オ セイギョ スル.” 2015. Thesis, Yamagata Univesity / 山形大学. Accessed January 16, 2019. http://id.nii.ac.jp/1348/00000041/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

尹, 麗梅. “Fasudil inhibits vascular endothelial growth factor-induced angiogenesis in vitro and in vivo : FasudilはVEGFにより誘導される血管新生を制御する; Fasudil ワ VEGF ニヨリ ユウドウ サレル ケッカン シイセイ オ セイギョ スル.” 2015. Web. 16 Jan 2019.

Vancouver:

尹 . Fasudil inhibits vascular endothelial growth factor-induced angiogenesis in vitro and in vivo : FasudilはVEGFにより誘導される血管新生を制御する; Fasudil ワ VEGF ニヨリ ユウドウ サレル ケッカン シイセイ オ セイギョ スル. [Internet] [Thesis]. Yamagata Univesity / 山形大学; 2015. [cited 2019 Jan 16]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1348/00000041/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

尹 . Fasudil inhibits vascular endothelial growth factor-induced angiogenesis in vitro and in vivo : FasudilはVEGFにより誘導される血管新生を制御する; Fasudil ワ VEGF ニヨリ ユウドウ サレル ケッカン シイセイ オ セイギョ スル. [Thesis]. Yamagata Univesity / 山形大学; 2015. Available from: http://id.nii.ac.jp/1348/00000041/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

7. 李, 君. 非定型的ヤヌスキナーゼ3(JAK3) : 重症複合免疫不全症患者由来変異JAK3の機能解析 : ヒ テイケイ テキ ヤヌスキナーゼ 3 JAK3 : ジュウショウ フクゴウ メンエキ フゼンショウ カンジャ ユライ ヘンイ JAK3 ノ キノウ カイセキ.

Degree: 2015, Yamagata Univesity / 山形大学

論文内容要旨

学位取得大学:山形大学 ; 報告番号:医博甲第517号 ; 学位の種類: 課程 ; 学位の種別:博士(医学)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

李, . . (2015). 非定型的ヤヌスキナーゼ3(JAK3) : 重症複合免疫不全症患者由来変異JAK3の機能解析 : ヒ テイケイ テキ ヤヌスキナーゼ 3 JAK3 : ジュウショウ フクゴウ メンエキ フゼンショウ カンジャ ユライ ヘンイ JAK3 ノ キノウ カイセキ. (Thesis). Yamagata Univesity / 山形大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1348/00000042/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

李, 君. “非定型的ヤヌスキナーゼ3(JAK3) : 重症複合免疫不全症患者由来変異JAK3の機能解析 : ヒ テイケイ テキ ヤヌスキナーゼ 3 JAK3 : ジュウショウ フクゴウ メンエキ フゼンショウ カンジャ ユライ ヘンイ JAK3 ノ キノウ カイセキ.” 2015. Thesis, Yamagata Univesity / 山形大学. Accessed January 16, 2019. http://id.nii.ac.jp/1348/00000042/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

李, 君. “非定型的ヤヌスキナーゼ3(JAK3) : 重症複合免疫不全症患者由来変異JAK3の機能解析 : ヒ テイケイ テキ ヤヌスキナーゼ 3 JAK3 : ジュウショウ フクゴウ メンエキ フゼンショウ カンジャ ユライ ヘンイ JAK3 ノ キノウ カイセキ.” 2015. Web. 16 Jan 2019.

Vancouver:

李 . 非定型的ヤヌスキナーゼ3(JAK3) : 重症複合免疫不全症患者由来変異JAK3の機能解析 : ヒ テイケイ テキ ヤヌスキナーゼ 3 JAK3 : ジュウショウ フクゴウ メンエキ フゼンショウ カンジャ ユライ ヘンイ JAK3 ノ キノウ カイセキ. [Internet] [Thesis]. Yamagata Univesity / 山形大学; 2015. [cited 2019 Jan 16]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1348/00000042/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

李 . 非定型的ヤヌスキナーゼ3(JAK3) : 重症複合免疫不全症患者由来変異JAK3の機能解析 : ヒ テイケイ テキ ヤヌスキナーゼ 3 JAK3 : ジュウショウ フクゴウ メンエキ フゼンショウ カンジャ ユライ ヘンイ JAK3 ノ キノウ カイセキ. [Thesis]. Yamagata Univesity / 山形大学; 2015. Available from: http://id.nii.ac.jp/1348/00000042/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

8. 門間, 政亮. 地域在住後期高齢者における高次脳機能の検討 : チイキ ザイジュウ コウキ コウレイシャ ニ オケル コウジ ノウキノウ ノ ケントウ.

Degree: 2015, Yamagata Univesity / 山形大学

論文内容要旨

学位取得大学:山形大学 ; 報告番号:生医科博甲第16号 ; 学位の種類: 課程 ; 学位の種別:博士(医科学)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

門間, . . (2015). 地域在住後期高齢者における高次脳機能の検討 : チイキ ザイジュウ コウキ コウレイシャ ニ オケル コウジ ノウキノウ ノ ケントウ. (Thesis). Yamagata Univesity / 山形大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1348/00000043/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

門間, 政亮. “地域在住後期高齢者における高次脳機能の検討 : チイキ ザイジュウ コウキ コウレイシャ ニ オケル コウジ ノウキノウ ノ ケントウ.” 2015. Thesis, Yamagata Univesity / 山形大学. Accessed January 16, 2019. http://id.nii.ac.jp/1348/00000043/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

門間, 政亮. “地域在住後期高齢者における高次脳機能の検討 : チイキ ザイジュウ コウキ コウレイシャ ニ オケル コウジ ノウキノウ ノ ケントウ.” 2015. Web. 16 Jan 2019.

Vancouver:

門間 . 地域在住後期高齢者における高次脳機能の検討 : チイキ ザイジュウ コウキ コウレイシャ ニ オケル コウジ ノウキノウ ノ ケントウ. [Internet] [Thesis]. Yamagata Univesity / 山形大学; 2015. [cited 2019 Jan 16]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1348/00000043/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

門間 . 地域在住後期高齢者における高次脳機能の検討 : チイキ ザイジュウ コウキ コウレイシャ ニ オケル コウジ ノウキノウ ノ ケントウ. [Thesis]. Yamagata Univesity / 山形大学; 2015. Available from: http://id.nii.ac.jp/1348/00000043/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

9. 小田切, 徹州. Cardiac Ion Channel Gene Mutations in Sudden Infant Death Syndrome : 乳幼児突然死症候群における心筋細胞イオンチャンネル遺伝子異常; ニュウヨウジ トツゼンシ ショウコウグン ニ オケル シンキン サイボウ イオン チャンネル イデンシ イジョウ.

Degree: 2015, Yamagata Univesity / 山形大学

論文内容要旨

学位取得大学:山形大学 ; 報告番号:医博乙第553号 ; 学位の種類: 論文 ; 学位の種別:博士(医学)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

小田切, . . (2015). Cardiac Ion Channel Gene Mutations in Sudden Infant Death Syndrome : 乳幼児突然死症候群における心筋細胞イオンチャンネル遺伝子異常; ニュウヨウジ トツゼンシ ショウコウグン ニ オケル シンキン サイボウ イオン チャンネル イデンシ イジョウ. (Thesis). Yamagata Univesity / 山形大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1348/00000044/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

小田切, 徹州. “Cardiac Ion Channel Gene Mutations in Sudden Infant Death Syndrome : 乳幼児突然死症候群における心筋細胞イオンチャンネル遺伝子異常; ニュウヨウジ トツゼンシ ショウコウグン ニ オケル シンキン サイボウ イオン チャンネル イデンシ イジョウ.” 2015. Thesis, Yamagata Univesity / 山形大学. Accessed January 16, 2019. http://id.nii.ac.jp/1348/00000044/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

小田切, 徹州. “Cardiac Ion Channel Gene Mutations in Sudden Infant Death Syndrome : 乳幼児突然死症候群における心筋細胞イオンチャンネル遺伝子異常; ニュウヨウジ トツゼンシ ショウコウグン ニ オケル シンキン サイボウ イオン チャンネル イデンシ イジョウ.” 2015. Web. 16 Jan 2019.

Vancouver:

小田切 . Cardiac Ion Channel Gene Mutations in Sudden Infant Death Syndrome : 乳幼児突然死症候群における心筋細胞イオンチャンネル遺伝子異常; ニュウヨウジ トツゼンシ ショウコウグン ニ オケル シンキン サイボウ イオン チャンネル イデンシ イジョウ. [Internet] [Thesis]. Yamagata Univesity / 山形大学; 2015. [cited 2019 Jan 16]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1348/00000044/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

小田切 . Cardiac Ion Channel Gene Mutations in Sudden Infant Death Syndrome : 乳幼児突然死症候群における心筋細胞イオンチャンネル遺伝子異常; ニュウヨウジ トツゼンシ ショウコウグン ニ オケル シンキン サイボウ イオン チャンネル イデンシ イジョウ. [Thesis]. Yamagata Univesity / 山形大学; 2015. Available from: http://id.nii.ac.jp/1348/00000044/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

10. 山内, 啓子. Azithromycin suppressed interleukin-12p40 expression in lipopolysaccharide and interferon-γ stimulated macrophages : アジスロマイシンは炎症刺激に対するマクロファージのIL-12p40の産生を制御する。; アジスロマイシン ワ エンショウ シゲキ ニ タイスル マクロファージ ノ IL-12p40 ノ サンセイオ セイギョ スル.

Degree: 2015, Yamagata Univesity / 山形大学

論文内容要旨

学位取得大学:山形大学 ; 報告番号:医博甲第520号 ; 学位の種類: 課程 ; 学位の種別:博士(医学)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

山内, . . (2015). Azithromycin suppressed interleukin-12p40 expression in lipopolysaccharide and interferon-γ stimulated macrophages : アジスロマイシンは炎症刺激に対するマクロファージのIL-12p40の産生を制御する。; アジスロマイシン ワ エンショウ シゲキ ニ タイスル マクロファージ ノ IL-12p40 ノ サンセイオ セイギョ スル. (Thesis). Yamagata Univesity / 山形大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1348/00000045/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

山内, 啓子. “Azithromycin suppressed interleukin-12p40 expression in lipopolysaccharide and interferon-γ stimulated macrophages : アジスロマイシンは炎症刺激に対するマクロファージのIL-12p40の産生を制御する。; アジスロマイシン ワ エンショウ シゲキ ニ タイスル マクロファージ ノ IL-12p40 ノ サンセイオ セイギョ スル.” 2015. Thesis, Yamagata Univesity / 山形大学. Accessed January 16, 2019. http://id.nii.ac.jp/1348/00000045/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

山内, 啓子. “Azithromycin suppressed interleukin-12p40 expression in lipopolysaccharide and interferon-γ stimulated macrophages : アジスロマイシンは炎症刺激に対するマクロファージのIL-12p40の産生を制御する。; アジスロマイシン ワ エンショウ シゲキ ニ タイスル マクロファージ ノ IL-12p40 ノ サンセイオ セイギョ スル.” 2015. Web. 16 Jan 2019.

Vancouver:

山内 . Azithromycin suppressed interleukin-12p40 expression in lipopolysaccharide and interferon-γ stimulated macrophages : アジスロマイシンは炎症刺激に対するマクロファージのIL-12p40の産生を制御する。; アジスロマイシン ワ エンショウ シゲキ ニ タイスル マクロファージ ノ IL-12p40 ノ サンセイオ セイギョ スル. [Internet] [Thesis]. Yamagata Univesity / 山形大学; 2015. [cited 2019 Jan 16]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1348/00000045/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

山内 . Azithromycin suppressed interleukin-12p40 expression in lipopolysaccharide and interferon-γ stimulated macrophages : アジスロマイシンは炎症刺激に対するマクロファージのIL-12p40の産生を制御する。; アジスロマイシン ワ エンショウ シゲキ ニ タイスル マクロファージ ノ IL-12p40 ノ サンセイオ セイギョ スル. [Thesis]. Yamagata Univesity / 山形大学; 2015. Available from: http://id.nii.ac.jp/1348/00000045/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

11. 原, 進. 神経系培養細胞におけるα―シヌクレインSer129のリン酸化反応の寄与する酵素の同定およびリン酸化α―シヌクレインの生理機能の解析:パーキンソン病の病態への関与について : シンケイケイバイヨウサイボウニオケルα―シヌクレインSer129ノリンサンカハンノウノキヨスルコウソノドウテイオヨビリンサンカα―シヌクレインノセイリキノウノカイセキ:パーキンソンビョウノビョウタイヘノカンヨニツイテ.

Degree: 2015, Yamagata Univesity / 山形大学

論文内容要旨

学位取得大学:山形大学 ; 報告番号:生医科博甲第15号 ; 学位の種類: 課程 ; 学位の種別:博士(医科学)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

原, . . (2015). 神経系培養細胞におけるα―シヌクレインSer129のリン酸化反応の寄与する酵素の同定およびリン酸化α―シヌクレインの生理機能の解析:パーキンソン病の病態への関与について : シンケイケイバイヨウサイボウニオケルα―シヌクレインSer129ノリンサンカハンノウノキヨスルコウソノドウテイオヨビリンサンカα―シヌクレインノセイリキノウノカイセキ:パーキンソンビョウノビョウタイヘノカンヨニツイテ. (Thesis). Yamagata Univesity / 山形大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1348/00000046/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

原, 進. “神経系培養細胞におけるα―シヌクレインSer129のリン酸化反応の寄与する酵素の同定およびリン酸化α―シヌクレインの生理機能の解析:パーキンソン病の病態への関与について : シンケイケイバイヨウサイボウニオケルα―シヌクレインSer129ノリンサンカハンノウノキヨスルコウソノドウテイオヨビリンサンカα―シヌクレインノセイリキノウノカイセキ:パーキンソンビョウノビョウタイヘノカンヨニツイテ.” 2015. Thesis, Yamagata Univesity / 山形大学. Accessed January 16, 2019. http://id.nii.ac.jp/1348/00000046/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

原, 進. “神経系培養細胞におけるα―シヌクレインSer129のリン酸化反応の寄与する酵素の同定およびリン酸化α―シヌクレインの生理機能の解析:パーキンソン病の病態への関与について : シンケイケイバイヨウサイボウニオケルα―シヌクレインSer129ノリンサンカハンノウノキヨスルコウソノドウテイオヨビリンサンカα―シヌクレインノセイリキノウノカイセキ:パーキンソンビョウノビョウタイヘノカンヨニツイテ.” 2015. Web. 16 Jan 2019.

Vancouver:

原 . 神経系培養細胞におけるα―シヌクレインSer129のリン酸化反応の寄与する酵素の同定およびリン酸化α―シヌクレインの生理機能の解析:パーキンソン病の病態への関与について : シンケイケイバイヨウサイボウニオケルα―シヌクレインSer129ノリンサンカハンノウノキヨスルコウソノドウテイオヨビリンサンカα―シヌクレインノセイリキノウノカイセキ:パーキンソンビョウノビョウタイヘノカンヨニツイテ. [Internet] [Thesis]. Yamagata Univesity / 山形大学; 2015. [cited 2019 Jan 16]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1348/00000046/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

原 . 神経系培養細胞におけるα―シヌクレインSer129のリン酸化反応の寄与する酵素の同定およびリン酸化α―シヌクレインの生理機能の解析:パーキンソン病の病態への関与について : シンケイケイバイヨウサイボウニオケルα―シヌクレインSer129ノリンサンカハンノウノキヨスルコウソノドウテイオヨビリンサンカα―シヌクレインノセイリキノウノカイセキ:パーキンソンビョウノビョウタイヘノカンヨニツイテ. [Thesis]. Yamagata Univesity / 山形大学; 2015. Available from: http://id.nii.ac.jp/1348/00000046/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

12. 中野, 裕子. Molecular targeting of Bcl-2 overcomes prostate cancer cell adaptation to XIAP gene downregulation : Bcl-2発現の抑制はXIAP 遺伝子のダウンレギュレーションに順応した前立腺癌細胞の抗癌剤感受性を回復させる; Bcl-2 ハツゲン ノ ヨクセイ ワ XIAP イデンシ ノ ダウン レギュレーション ニ ジュンノウ シタ ゼンリツセン ガンサイボウ ノ コウガンザイ カンジュセイ オ カイフク サセル.

Degree: 2015, Yamagata Univesity / 山形大学

論文内容要旨

学位取得大学:山形大学 ; 報告番号:医博乙第555号 ; 学位の種類: 論文 ; 学位の種別:博士(医学)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

中野, . . (2015). Molecular targeting of Bcl-2 overcomes prostate cancer cell adaptation to XIAP gene downregulation : Bcl-2発現の抑制はXIAP 遺伝子のダウンレギュレーションに順応した前立腺癌細胞の抗癌剤感受性を回復させる; Bcl-2 ハツゲン ノ ヨクセイ ワ XIAP イデンシ ノ ダウン レギュレーション ニ ジュンノウ シタ ゼンリツセン ガンサイボウ ノ コウガンザイ カンジュセイ オ カイフク サセル. (Thesis). Yamagata Univesity / 山形大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1348/00000047/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

中野, 裕子. “Molecular targeting of Bcl-2 overcomes prostate cancer cell adaptation to XIAP gene downregulation : Bcl-2発現の抑制はXIAP 遺伝子のダウンレギュレーションに順応した前立腺癌細胞の抗癌剤感受性を回復させる; Bcl-2 ハツゲン ノ ヨクセイ ワ XIAP イデンシ ノ ダウン レギュレーション ニ ジュンノウ シタ ゼンリツセン ガンサイボウ ノ コウガンザイ カンジュセイ オ カイフク サセル.” 2015. Thesis, Yamagata Univesity / 山形大学. Accessed January 16, 2019. http://id.nii.ac.jp/1348/00000047/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

中野, 裕子. “Molecular targeting of Bcl-2 overcomes prostate cancer cell adaptation to XIAP gene downregulation : Bcl-2発現の抑制はXIAP 遺伝子のダウンレギュレーションに順応した前立腺癌細胞の抗癌剤感受性を回復させる; Bcl-2 ハツゲン ノ ヨクセイ ワ XIAP イデンシ ノ ダウン レギュレーション ニ ジュンノウ シタ ゼンリツセン ガンサイボウ ノ コウガンザイ カンジュセイ オ カイフク サセル.” 2015. Web. 16 Jan 2019.

Vancouver:

中野 . Molecular targeting of Bcl-2 overcomes prostate cancer cell adaptation to XIAP gene downregulation : Bcl-2発現の抑制はXIAP 遺伝子のダウンレギュレーションに順応した前立腺癌細胞の抗癌剤感受性を回復させる; Bcl-2 ハツゲン ノ ヨクセイ ワ XIAP イデンシ ノ ダウン レギュレーション ニ ジュンノウ シタ ゼンリツセン ガンサイボウ ノ コウガンザイ カンジュセイ オ カイフク サセル. [Internet] [Thesis]. Yamagata Univesity / 山形大学; 2015. [cited 2019 Jan 16]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1348/00000047/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

中野 . Molecular targeting of Bcl-2 overcomes prostate cancer cell adaptation to XIAP gene downregulation : Bcl-2発現の抑制はXIAP 遺伝子のダウンレギュレーションに順応した前立腺癌細胞の抗癌剤感受性を回復させる; Bcl-2 ハツゲン ノ ヨクセイ ワ XIAP イデンシ ノ ダウン レギュレーション ニ ジュンノウ シタ ゼンリツセン ガンサイボウ ノ コウガンザイ カンジュセイ オ カイフク サセル. [Thesis]. Yamagata Univesity / 山形大学; 2015. Available from: http://id.nii.ac.jp/1348/00000047/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

13. 押野, 伸吾. Influences of parental rearing on the personality traits of healthy Japanese : 健常日本人において両親の養育態度が人格特徴に与える特徴; ケンジョウ ニホンジン ニ オイテ リョウシン ノ ヨウイク タイド ガ ジンカク トクチョウ ニ アタエル トクチョウ.

Degree: 2015, Yamagata Univesity / 山形大学

論文内容要旨

学位取得大学:山形大学 ; 報告番号:医博甲第508号 ; 学位の種類: 課程 ; 学位の種別:博士(医学)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

押野, . . (2015). Influences of parental rearing on the personality traits of healthy Japanese : 健常日本人において両親の養育態度が人格特徴に与える特徴; ケンジョウ ニホンジン ニ オイテ リョウシン ノ ヨウイク タイド ガ ジンカク トクチョウ ニ アタエル トクチョウ. (Thesis). Yamagata Univesity / 山形大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1348/00000048/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

押野, 伸吾. “Influences of parental rearing on the personality traits of healthy Japanese : 健常日本人において両親の養育態度が人格特徴に与える特徴; ケンジョウ ニホンジン ニ オイテ リョウシン ノ ヨウイク タイド ガ ジンカク トクチョウ ニ アタエル トクチョウ.” 2015. Thesis, Yamagata Univesity / 山形大学. Accessed January 16, 2019. http://id.nii.ac.jp/1348/00000048/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

押野, 伸吾. “Influences of parental rearing on the personality traits of healthy Japanese : 健常日本人において両親の養育態度が人格特徴に与える特徴; ケンジョウ ニホンジン ニ オイテ リョウシン ノ ヨウイク タイド ガ ジンカク トクチョウ ニ アタエル トクチョウ.” 2015. Web. 16 Jan 2019.

Vancouver:

押野 . Influences of parental rearing on the personality traits of healthy Japanese : 健常日本人において両親の養育態度が人格特徴に与える特徴; ケンジョウ ニホンジン ニ オイテ リョウシン ノ ヨウイク タイド ガ ジンカク トクチョウ ニ アタエル トクチョウ. [Internet] [Thesis]. Yamagata Univesity / 山形大学; 2015. [cited 2019 Jan 16]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1348/00000048/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

押野 . Influences of parental rearing on the personality traits of healthy Japanese : 健常日本人において両親の養育態度が人格特徴に与える特徴; ケンジョウ ニホンジン ニ オイテ リョウシン ノ ヨウイク タイド ガ ジンカク トクチョウ ニ アタエル トクチョウ. [Thesis]. Yamagata Univesity / 山形大学; 2015. Available from: http://id.nii.ac.jp/1348/00000048/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

14. 松本, 祥彦. The -181A/C polymorphism in the excitatory amino acid transporter-2 gene promoter affects the personality trait of reward dependence in healthy subjects : 健常人において,excitatory amino acid transporter-2遺伝子プロモーター領域の-181A/C遺伝多型は報酬依存に影響を与える; ケンジョウジン ニ オイテ excitatory amino acid transporter-2 イデンシ プロモーター リョウイキ ノ -181A/C イデン タケイ ワ ホウシュウ イゾン ニ エイキョウ オ アタエル.

Degree: 2015, Yamagata Univesity / 山形大学

論文内容要旨

学位取得大学:山形大学 ; 報告番号:医博甲第514号 ; 学位の種類: 課程 ; 学位の種別:博士(医学)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

松本, . . (2015). The -181A/C polymorphism in the excitatory amino acid transporter-2 gene promoter affects the personality trait of reward dependence in healthy subjects : 健常人において,excitatory amino acid transporter-2遺伝子プロモーター領域の-181A/C遺伝多型は報酬依存に影響を与える; ケンジョウジン ニ オイテ excitatory amino acid transporter-2 イデンシ プロモーター リョウイキ ノ -181A/C イデン タケイ ワ ホウシュウ イゾン ニ エイキョウ オ アタエル. (Thesis). Yamagata Univesity / 山形大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1348/00000049/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

松本, 祥彦. “The -181A/C polymorphism in the excitatory amino acid transporter-2 gene promoter affects the personality trait of reward dependence in healthy subjects : 健常人において,excitatory amino acid transporter-2遺伝子プロモーター領域の-181A/C遺伝多型は報酬依存に影響を与える; ケンジョウジン ニ オイテ excitatory amino acid transporter-2 イデンシ プロモーター リョウイキ ノ -181A/C イデン タケイ ワ ホウシュウ イゾン ニ エイキョウ オ アタエル.” 2015. Thesis, Yamagata Univesity / 山形大学. Accessed January 16, 2019. http://id.nii.ac.jp/1348/00000049/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

松本, 祥彦. “The -181A/C polymorphism in the excitatory amino acid transporter-2 gene promoter affects the personality trait of reward dependence in healthy subjects : 健常人において,excitatory amino acid transporter-2遺伝子プロモーター領域の-181A/C遺伝多型は報酬依存に影響を与える; ケンジョウジン ニ オイテ excitatory amino acid transporter-2 イデンシ プロモーター リョウイキ ノ -181A/C イデン タケイ ワ ホウシュウ イゾン ニ エイキョウ オ アタエル.” 2015. Web. 16 Jan 2019.

Vancouver:

松本 . The -181A/C polymorphism in the excitatory amino acid transporter-2 gene promoter affects the personality trait of reward dependence in healthy subjects : 健常人において,excitatory amino acid transporter-2遺伝子プロモーター領域の-181A/C遺伝多型は報酬依存に影響を与える; ケンジョウジン ニ オイテ excitatory amino acid transporter-2 イデンシ プロモーター リョウイキ ノ -181A/C イデン タケイ ワ ホウシュウ イゾン ニ エイキョウ オ アタエル. [Internet] [Thesis]. Yamagata Univesity / 山形大学; 2015. [cited 2019 Jan 16]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1348/00000049/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

松本 . The -181A/C polymorphism in the excitatory amino acid transporter-2 gene promoter affects the personality trait of reward dependence in healthy subjects : 健常人において,excitatory amino acid transporter-2遺伝子プロモーター領域の-181A/C遺伝多型は報酬依存に影響を与える; ケンジョウジン ニ オイテ excitatory amino acid transporter-2 イデンシ プロモーター リョウイキ ノ -181A/C イデン タケイ ワ ホウシュウ イゾン ニ エイキョウ オ アタエル. [Thesis]. Yamagata Univesity / 山形大学; 2015. Available from: http://id.nii.ac.jp/1348/00000049/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

15. 難波, 広幸. 強角膜実質細胞での血小板由来成長因子によるトロンボモジュリン発現制御と炎症 : キョウカクマクジッシツサイボウデノケッショウバンユライセイチョウインシニヨルトロンボモジュリンハツゲンセイギョトエンショウ.

Degree: 2015, Yamagata Univesity / 山形大学

論文内容要旨

学位取得大学:山形大学 ; 報告番号:医博甲第511号 ; 学位の種類: 課程 ; 学位の種別:博士(医学)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

難波, . . (2015). 強角膜実質細胞での血小板由来成長因子によるトロンボモジュリン発現制御と炎症 : キョウカクマクジッシツサイボウデノケッショウバンユライセイチョウインシニヨルトロンボモジュリンハツゲンセイギョトエンショウ. (Thesis). Yamagata Univesity / 山形大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1348/00000050/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

難波, 広幸. “強角膜実質細胞での血小板由来成長因子によるトロンボモジュリン発現制御と炎症 : キョウカクマクジッシツサイボウデノケッショウバンユライセイチョウインシニヨルトロンボモジュリンハツゲンセイギョトエンショウ.” 2015. Thesis, Yamagata Univesity / 山形大学. Accessed January 16, 2019. http://id.nii.ac.jp/1348/00000050/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

難波, 広幸. “強角膜実質細胞での血小板由来成長因子によるトロンボモジュリン発現制御と炎症 : キョウカクマクジッシツサイボウデノケッショウバンユライセイチョウインシニヨルトロンボモジュリンハツゲンセイギョトエンショウ.” 2015. Web. 16 Jan 2019.

Vancouver:

難波 . 強角膜実質細胞での血小板由来成長因子によるトロンボモジュリン発現制御と炎症 : キョウカクマクジッシツサイボウデノケッショウバンユライセイチョウインシニヨルトロンボモジュリンハツゲンセイギョトエンショウ. [Internet] [Thesis]. Yamagata Univesity / 山形大学; 2015. [cited 2019 Jan 16]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1348/00000050/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

難波 . 強角膜実質細胞での血小板由来成長因子によるトロンボモジュリン発現制御と炎症 : キョウカクマクジッシツサイボウデノケッショウバンユライセイチョウインシニヨルトロンボモジュリンハツゲンセイギョトエンショウ. [Thesis]. Yamagata Univesity / 山形大学; 2015. Available from: http://id.nii.ac.jp/1348/00000050/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

16. 鈴木, 聡. The long pentraxin PTX3 exacerbates pressure overload-induced left ventricular dysfunction : ロングペントラキシンPTX3は圧負荷による左室機能低下を増悪させる; ロングペントラキシン PTX3 ワ アツフカ ニヨル サシツ キノウ テイカ オ ゾウアク サセル.

Degree: 2015, Yamagata Univesity / 山形大学

論文内容要旨

学位取得大学:山形大学 ; 報告番号:医博甲第510号 ; 学位の種類: 課程 ; 学位の種別:博士(医学)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

鈴木, . . (2015). The long pentraxin PTX3 exacerbates pressure overload-induced left ventricular dysfunction : ロングペントラキシンPTX3は圧負荷による左室機能低下を増悪させる; ロングペントラキシン PTX3 ワ アツフカ ニヨル サシツ キノウ テイカ オ ゾウアク サセル. (Thesis). Yamagata Univesity / 山形大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1348/00000051/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

鈴木, 聡. “The long pentraxin PTX3 exacerbates pressure overload-induced left ventricular dysfunction : ロングペントラキシンPTX3は圧負荷による左室機能低下を増悪させる; ロングペントラキシン PTX3 ワ アツフカ ニヨル サシツ キノウ テイカ オ ゾウアク サセル.” 2015. Thesis, Yamagata Univesity / 山形大学. Accessed January 16, 2019. http://id.nii.ac.jp/1348/00000051/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

鈴木, 聡. “The long pentraxin PTX3 exacerbates pressure overload-induced left ventricular dysfunction : ロングペントラキシンPTX3は圧負荷による左室機能低下を増悪させる; ロングペントラキシン PTX3 ワ アツフカ ニヨル サシツ キノウ テイカ オ ゾウアク サセル.” 2015. Web. 16 Jan 2019.

Vancouver:

鈴木 . The long pentraxin PTX3 exacerbates pressure overload-induced left ventricular dysfunction : ロングペントラキシンPTX3は圧負荷による左室機能低下を増悪させる; ロングペントラキシン PTX3 ワ アツフカ ニヨル サシツ キノウ テイカ オ ゾウアク サセル. [Internet] [Thesis]. Yamagata Univesity / 山形大学; 2015. [cited 2019 Jan 16]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1348/00000051/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

鈴木 . The long pentraxin PTX3 exacerbates pressure overload-induced left ventricular dysfunction : ロングペントラキシンPTX3は圧負荷による左室機能低下を増悪させる; ロングペントラキシン PTX3 ワ アツフカ ニヨル サシツ キノウ テイカ オ ゾウアク サセル. [Thesis]. Yamagata Univesity / 山形大学; 2015. Available from: http://id.nii.ac.jp/1348/00000051/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

17. 市川, 一誠. Genetic polymorphisms of paraoxonase-1 are associated with function in Japanese general population : 一般住民における腎機能とParaoxonase-1 遺伝多型の関連についての疫学的研究; イッパンジュウミンニオケルジンキノウトParaoxonase-1 イデン タケイ ノ カンレン ニ ツイテノ エキガクテキ ケンキュウ.

Degree: 2015, Yamagata Univesity / 山形大学

論文内容要旨

学位取得大学:山形大学 ; 報告番号:医博甲第521号 ; 学位の種類: 課程 ; 学位の種別:博士(医学)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

市川, . . (2015). Genetic polymorphisms of paraoxonase-1 are associated with function in Japanese general population : 一般住民における腎機能とParaoxonase-1 遺伝多型の関連についての疫学的研究; イッパンジュウミンニオケルジンキノウトParaoxonase-1 イデン タケイ ノ カンレン ニ ツイテノ エキガクテキ ケンキュウ. (Thesis). Yamagata Univesity / 山形大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1348/00000052/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

市川, 一誠. “Genetic polymorphisms of paraoxonase-1 are associated with function in Japanese general population : 一般住民における腎機能とParaoxonase-1 遺伝多型の関連についての疫学的研究; イッパンジュウミンニオケルジンキノウトParaoxonase-1 イデン タケイ ノ カンレン ニ ツイテノ エキガクテキ ケンキュウ.” 2015. Thesis, Yamagata Univesity / 山形大学. Accessed January 16, 2019. http://id.nii.ac.jp/1348/00000052/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

市川, 一誠. “Genetic polymorphisms of paraoxonase-1 are associated with function in Japanese general population : 一般住民における腎機能とParaoxonase-1 遺伝多型の関連についての疫学的研究; イッパンジュウミンニオケルジンキノウトParaoxonase-1 イデン タケイ ノ カンレン ニ ツイテノ エキガクテキ ケンキュウ.” 2015. Web. 16 Jan 2019.

Vancouver:

市川 . Genetic polymorphisms of paraoxonase-1 are associated with function in Japanese general population : 一般住民における腎機能とParaoxonase-1 遺伝多型の関連についての疫学的研究; イッパンジュウミンニオケルジンキノウトParaoxonase-1 イデン タケイ ノ カンレン ニ ツイテノ エキガクテキ ケンキュウ. [Internet] [Thesis]. Yamagata Univesity / 山形大学; 2015. [cited 2019 Jan 16]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1348/00000052/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

市川 . Genetic polymorphisms of paraoxonase-1 are associated with function in Japanese general population : 一般住民における腎機能とParaoxonase-1 遺伝多型の関連についての疫学的研究; イッパンジュウミンニオケルジンキノウトParaoxonase-1 イデン タケイ ノ カンレン ニ ツイテノ エキガクテキ ケンキュウ. [Thesis]. Yamagata Univesity / 山形大学; 2015. Available from: http://id.nii.ac.jp/1348/00000052/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

18. 早津, 徳人. Podocalyxin expression in malignant astrocytic tumors : 星細胞系腫瘍におけるポドカリキシンの発現解析; セイ サイボウ ケイ シュヨウ ニ オケル ポドカリキシン ノ ハツゲン カイセキ.

Degree: 2015, Yamagata Univesity / 山形大学

論文内容要旨

学位取得大学:山形大学 ; 報告番号:医博乙第557号 ; 学位の種類: 論文 ; 学位の種別:博士(医学)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

早津, . . (2015). Podocalyxin expression in malignant astrocytic tumors : 星細胞系腫瘍におけるポドカリキシンの発現解析; セイ サイボウ ケイ シュヨウ ニ オケル ポドカリキシン ノ ハツゲン カイセキ. (Thesis). Yamagata Univesity / 山形大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1348/00000053/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

早津, 徳人. “Podocalyxin expression in malignant astrocytic tumors : 星細胞系腫瘍におけるポドカリキシンの発現解析; セイ サイボウ ケイ シュヨウ ニ オケル ポドカリキシン ノ ハツゲン カイセキ.” 2015. Thesis, Yamagata Univesity / 山形大学. Accessed January 16, 2019. http://id.nii.ac.jp/1348/00000053/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

早津, 徳人. “Podocalyxin expression in malignant astrocytic tumors : 星細胞系腫瘍におけるポドカリキシンの発現解析; セイ サイボウ ケイ シュヨウ ニ オケル ポドカリキシン ノ ハツゲン カイセキ.” 2015. Web. 16 Jan 2019.

Vancouver:

早津 . Podocalyxin expression in malignant astrocytic tumors : 星細胞系腫瘍におけるポドカリキシンの発現解析; セイ サイボウ ケイ シュヨウ ニ オケル ポドカリキシン ノ ハツゲン カイセキ. [Internet] [Thesis]. Yamagata Univesity / 山形大学; 2015. [cited 2019 Jan 16]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1348/00000053/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

早津 . Podocalyxin expression in malignant astrocytic tumors : 星細胞系腫瘍におけるポドカリキシンの発現解析; セイ サイボウ ケイ シュヨウ ニ オケル ポドカリキシン ノ ハツゲン カイセキ. [Thesis]. Yamagata Univesity / 山形大学; 2015. Available from: http://id.nii.ac.jp/1348/00000053/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

19. 岡本, 道子. ELISA法によるヒト・メタニューモウイルス(hMPV)抗体の測定法の確立と成人における同ウイルスの再感染の疫学 : ELISAホウ ニヨル ヒト メタニューモウイルス hMPV コウタイ ノ ソクテイホウ ノ カクリツ ト セイジン ニ オケル ドウ ウイルス ノ サイ カンセン ノ エキガク.

Degree: 2015, Yamagata Univesity / 山形大学

論文内容要旨

学位取得大学:山形大学 ; 報告番号:医博甲第507号 ; 学位の種類: 課程 ; 学位の種別:博士(医学)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

岡本, . . (2015). ELISA法によるヒト・メタニューモウイルス(hMPV)抗体の測定法の確立と成人における同ウイルスの再感染の疫学 : ELISAホウ ニヨル ヒト メタニューモウイルス hMPV コウタイ ノ ソクテイホウ ノ カクリツ ト セイジン ニ オケル ドウ ウイルス ノ サイ カンセン ノ エキガク. (Thesis). Yamagata Univesity / 山形大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1348/00000054/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

岡本, 道子. “ELISA法によるヒト・メタニューモウイルス(hMPV)抗体の測定法の確立と成人における同ウイルスの再感染の疫学 : ELISAホウ ニヨル ヒト メタニューモウイルス hMPV コウタイ ノ ソクテイホウ ノ カクリツ ト セイジン ニ オケル ドウ ウイルス ノ サイ カンセン ノ エキガク.” 2015. Thesis, Yamagata Univesity / 山形大学. Accessed January 16, 2019. http://id.nii.ac.jp/1348/00000054/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

岡本, 道子. “ELISA法によるヒト・メタニューモウイルス(hMPV)抗体の測定法の確立と成人における同ウイルスの再感染の疫学 : ELISAホウ ニヨル ヒト メタニューモウイルス hMPV コウタイ ノ ソクテイホウ ノ カクリツ ト セイジン ニ オケル ドウ ウイルス ノ サイ カンセン ノ エキガク.” 2015. Web. 16 Jan 2019.

Vancouver:

岡本 . ELISA法によるヒト・メタニューモウイルス(hMPV)抗体の測定法の確立と成人における同ウイルスの再感染の疫学 : ELISAホウ ニヨル ヒト メタニューモウイルス hMPV コウタイ ノ ソクテイホウ ノ カクリツ ト セイジン ニ オケル ドウ ウイルス ノ サイ カンセン ノ エキガク. [Internet] [Thesis]. Yamagata Univesity / 山形大学; 2015. [cited 2019 Jan 16]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1348/00000054/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

岡本 . ELISA法によるヒト・メタニューモウイルス(hMPV)抗体の測定法の確立と成人における同ウイルスの再感染の疫学 : ELISAホウ ニヨル ヒト メタニューモウイルス hMPV コウタイ ノ ソクテイホウ ノ カクリツ ト セイジン ニ オケル ドウ ウイルス ノ サイ カンセン ノ エキガク. [Thesis]. Yamagata Univesity / 山形大学; 2015. Available from: http://id.nii.ac.jp/1348/00000054/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

20. 西山, 悟史. Trends in coronary risk factors among patients with acute myocardial infarction over the last decade The Yamagata AMI Registry Study : 心筋梗塞患者における冠動脈危険因子の変遷; シンキン コウソク カンジャ ニ オケル カンドウミャク キケン インシ ノ ヘンセン.

Degree: 2015, Yamagata Univesity / 山形大学

論文内容要旨

学位取得大学:山形大学 ; 報告番号:医博甲第512号 ; 学位の種類: 課程 ; 学位の種別:博士(医学)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

西山, . . (2015). Trends in coronary risk factors among patients with acute myocardial infarction over the last decade The Yamagata AMI Registry Study : 心筋梗塞患者における冠動脈危険因子の変遷; シンキン コウソク カンジャ ニ オケル カンドウミャク キケン インシ ノ ヘンセン. (Thesis). Yamagata Univesity / 山形大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1348/00000055/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

西山, 悟史. “Trends in coronary risk factors among patients with acute myocardial infarction over the last decade The Yamagata AMI Registry Study : 心筋梗塞患者における冠動脈危険因子の変遷; シンキン コウソク カンジャ ニ オケル カンドウミャク キケン インシ ノ ヘンセン.” 2015. Thesis, Yamagata Univesity / 山形大学. Accessed January 16, 2019. http://id.nii.ac.jp/1348/00000055/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

西山, 悟史. “Trends in coronary risk factors among patients with acute myocardial infarction over the last decade The Yamagata AMI Registry Study : 心筋梗塞患者における冠動脈危険因子の変遷; シンキン コウソク カンジャ ニ オケル カンドウミャク キケン インシ ノ ヘンセン.” 2015. Web. 16 Jan 2019.

Vancouver:

西山 . Trends in coronary risk factors among patients with acute myocardial infarction over the last decade The Yamagata AMI Registry Study : 心筋梗塞患者における冠動脈危険因子の変遷; シンキン コウソク カンジャ ニ オケル カンドウミャク キケン インシ ノ ヘンセン. [Internet] [Thesis]. Yamagata Univesity / 山形大学; 2015. [cited 2019 Jan 16]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1348/00000055/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

西山 . Trends in coronary risk factors among patients with acute myocardial infarction over the last decade The Yamagata AMI Registry Study : 心筋梗塞患者における冠動脈危険因子の変遷; シンキン コウソク カンジャ ニ オケル カンドウミャク キケン インシ ノ ヘンセン. [Thesis]. Yamagata Univesity / 山形大学; 2015. Available from: http://id.nii.ac.jp/1348/00000055/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

21. 柴崎, 智宏. シスチントランスポーター・xCTによる腎臓の虚血再灌流障害からの防護機構に関する研究 : シスチントランスポーター・xCTニヨルジンゾウノキョケツサイカンリュウショウガイカラノボウゴキコウニカンスルケンキュウ.

Degree: 2015, Yamagata Univesity / 山形大学

論文内容要旨

学位取得大学:山形大学 ; 報告番号:医博甲第509号 ; 学位の種類: 課程 ; 学位の種別:博士(医学)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

柴崎, . . (2015). シスチントランスポーター・xCTによる腎臓の虚血再灌流障害からの防護機構に関する研究 : シスチントランスポーター・xCTニヨルジンゾウノキョケツサイカンリュウショウガイカラノボウゴキコウニカンスルケンキュウ. (Thesis). Yamagata Univesity / 山形大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1348/00000056/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

柴崎, 智宏. “シスチントランスポーター・xCTによる腎臓の虚血再灌流障害からの防護機構に関する研究 : シスチントランスポーター・xCTニヨルジンゾウノキョケツサイカンリュウショウガイカラノボウゴキコウニカンスルケンキュウ.” 2015. Thesis, Yamagata Univesity / 山形大学. Accessed January 16, 2019. http://id.nii.ac.jp/1348/00000056/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

柴崎, 智宏. “シスチントランスポーター・xCTによる腎臓の虚血再灌流障害からの防護機構に関する研究 : シスチントランスポーター・xCTニヨルジンゾウノキョケツサイカンリュウショウガイカラノボウゴキコウニカンスルケンキュウ.” 2015. Web. 16 Jan 2019.

Vancouver:

柴崎 . シスチントランスポーター・xCTによる腎臓の虚血再灌流障害からの防護機構に関する研究 : シスチントランスポーター・xCTニヨルジンゾウノキョケツサイカンリュウショウガイカラノボウゴキコウニカンスルケンキュウ. [Internet] [Thesis]. Yamagata Univesity / 山形大学; 2015. [cited 2019 Jan 16]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1348/00000056/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

柴崎 . シスチントランスポーター・xCTによる腎臓の虚血再灌流障害からの防護機構に関する研究 : シスチントランスポーター・xCTニヨルジンゾウノキョケツサイカンリュウショウガイカラノボウゴキコウニカンスルケンキュウ. [Thesis]. Yamagata Univesity / 山形大学; 2015. Available from: http://id.nii.ac.jp/1348/00000056/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

22. 池田, 亜美. The synergistic effect of albuminuria and increased urine beta2-microgloblin on renal function in nondiabetic Japanese general population : Takahata study : 一般住民における糸球体・尿細管障害の関連性と腎機能に与える影響についての疫学的研究; イッパン ジュウミン ニ オケル シキュウタイ ニョウサイカン ショウガイ ノ カンレンセイ ト ジンキノウ ニ アタエル エイキョウ ニ ツイテノ エキガクテキ ケンキュウ.

Degree: 2015, Yamagata Univesity / 山形大学

論文内容要旨

学位取得大学:山形大学 ; 報告番号:医博甲第519号 ; 学位の種類: 課程 ; 学位の種別:博士(医学)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

池田, . . (2015). The synergistic effect of albuminuria and increased urine beta2-microgloblin on renal function in nondiabetic Japanese general population : Takahata study : 一般住民における糸球体・尿細管障害の関連性と腎機能に与える影響についての疫学的研究; イッパン ジュウミン ニ オケル シキュウタイ ニョウサイカン ショウガイ ノ カンレンセイ ト ジンキノウ ニ アタエル エイキョウ ニ ツイテノ エキガクテキ ケンキュウ. (Thesis). Yamagata Univesity / 山形大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1348/00000057/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

池田, 亜美. “The synergistic effect of albuminuria and increased urine beta2-microgloblin on renal function in nondiabetic Japanese general population : Takahata study : 一般住民における糸球体・尿細管障害の関連性と腎機能に与える影響についての疫学的研究; イッパン ジュウミン ニ オケル シキュウタイ ニョウサイカン ショウガイ ノ カンレンセイ ト ジンキノウ ニ アタエル エイキョウ ニ ツイテノ エキガクテキ ケンキュウ.” 2015. Thesis, Yamagata Univesity / 山形大学. Accessed January 16, 2019. http://id.nii.ac.jp/1348/00000057/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

池田, 亜美. “The synergistic effect of albuminuria and increased urine beta2-microgloblin on renal function in nondiabetic Japanese general population : Takahata study : 一般住民における糸球体・尿細管障害の関連性と腎機能に与える影響についての疫学的研究; イッパン ジュウミン ニ オケル シキュウタイ ニョウサイカン ショウガイ ノ カンレンセイ ト ジンキノウ ニ アタエル エイキョウ ニ ツイテノ エキガクテキ ケンキュウ.” 2015. Web. 16 Jan 2019.

Vancouver:

池田 . The synergistic effect of albuminuria and increased urine beta2-microgloblin on renal function in nondiabetic Japanese general population : Takahata study : 一般住民における糸球体・尿細管障害の関連性と腎機能に与える影響についての疫学的研究; イッパン ジュウミン ニ オケル シキュウタイ ニョウサイカン ショウガイ ノ カンレンセイ ト ジンキノウ ニ アタエル エイキョウ ニ ツイテノ エキガクテキ ケンキュウ. [Internet] [Thesis]. Yamagata Univesity / 山形大学; 2015. [cited 2019 Jan 16]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1348/00000057/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

池田 . The synergistic effect of albuminuria and increased urine beta2-microgloblin on renal function in nondiabetic Japanese general population : Takahata study : 一般住民における糸球体・尿細管障害の関連性と腎機能に与える影響についての疫学的研究; イッパン ジュウミン ニ オケル シキュウタイ ニョウサイカン ショウガイ ノ カンレンセイ ト ジンキノウ ニ アタエル エイキョウ ニ ツイテノ エキガクテキ ケンキュウ. [Thesis]. Yamagata Univesity / 山形大学; 2015. Available from: http://id.nii.ac.jp/1348/00000057/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

23. 佐藤, 篤. Regulation of neural stem cell maintenance by PI3K and mTOR.

Degree: 2015, Yamagata Univesity / 山形大学

論文内容要旨

学位取得大学:山形大学 ; 報告番号:医博甲第523号 ; 学位の種類: 課程 ; 学位の種別:博士(医学)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

佐藤, . . (2015). Regulation of neural stem cell maintenance by PI3K and mTOR. (Thesis). Yamagata Univesity / 山形大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1348/00000058/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

佐藤, 篤. “Regulation of neural stem cell maintenance by PI3K and mTOR.” 2015. Thesis, Yamagata Univesity / 山形大学. Accessed January 16, 2019. http://id.nii.ac.jp/1348/00000058/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

佐藤, 篤. “Regulation of neural stem cell maintenance by PI3K and mTOR.” 2015. Web. 16 Jan 2019.

Vancouver:

佐藤 . Regulation of neural stem cell maintenance by PI3K and mTOR. [Internet] [Thesis]. Yamagata Univesity / 山形大学; 2015. [cited 2019 Jan 16]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1348/00000058/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

佐藤 . Regulation of neural stem cell maintenance by PI3K and mTOR. [Thesis]. Yamagata Univesity / 山形大学; 2015. Available from: http://id.nii.ac.jp/1348/00000058/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

24. 潘, 雷. Primary research on MGSAD023,a new homologue of eIF4G.

Degree: 2015, Yamagata Univesity / 山形大学

論文内容要旨

学位取得大学:山形大学 ; 報告番号:医博甲第516号 ; 学位の種類: 課程 ; 学位の種別:博士(医学)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

潘, . . (2015). Primary research on MGSAD023,a new homologue of eIF4G. (Thesis). Yamagata Univesity / 山形大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1348/00000059/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

潘, 雷. “Primary research on MGSAD023,a new homologue of eIF4G.” 2015. Thesis, Yamagata Univesity / 山形大学. Accessed January 16, 2019. http://id.nii.ac.jp/1348/00000059/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

潘, 雷. “Primary research on MGSAD023,a new homologue of eIF4G.” 2015. Web. 16 Jan 2019.

Vancouver:

潘 . Primary research on MGSAD023,a new homologue of eIF4G. [Internet] [Thesis]. Yamagata Univesity / 山形大学; 2015. [cited 2019 Jan 16]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1348/00000059/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

潘 . Primary research on MGSAD023,a new homologue of eIF4G. [Thesis]. Yamagata Univesity / 山形大学; 2015. Available from: http://id.nii.ac.jp/1348/00000059/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

25. 山本, 哲生. Role of catalase in monocytic differentiation of U937 cells by TPA:hydrogen peroxide as a second messenger : TPA投与による単球系細胞株U937細胞の分化におけるカタラーゼの役割 : 細胞内伝達物質としての過酸化水素の役割; TPA トウヨ ニヨル タンキュウケイ サイボウ カブ U937 サイボウ ノ ブンカ ニ オケル カタラーゼ ノ ヤクワリ : サイボウナイデンタツブッシツ トシテノ カサンカスイソ ノ ヤクワリ.

Degree: 2015, Yamagata Univesity / 山形大学

論文内容要旨

学位取得大学:山形大学 ; 報告番号:医博乙第556号 ; 学位の種類: 論文 ; 学位の種別:博士(医学)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

山本, . . (2015). Role of catalase in monocytic differentiation of U937 cells by TPA:hydrogen peroxide as a second messenger : TPA投与による単球系細胞株U937細胞の分化におけるカタラーゼの役割 : 細胞内伝達物質としての過酸化水素の役割; TPA トウヨ ニヨル タンキュウケイ サイボウ カブ U937 サイボウ ノ ブンカ ニ オケル カタラーゼ ノ ヤクワリ : サイボウナイデンタツブッシツ トシテノ カサンカスイソ ノ ヤクワリ. (Thesis). Yamagata Univesity / 山形大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1348/00000060/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

山本, 哲生. “Role of catalase in monocytic differentiation of U937 cells by TPA:hydrogen peroxide as a second messenger : TPA投与による単球系細胞株U937細胞の分化におけるカタラーゼの役割 : 細胞内伝達物質としての過酸化水素の役割; TPA トウヨ ニヨル タンキュウケイ サイボウ カブ U937 サイボウ ノ ブンカ ニ オケル カタラーゼ ノ ヤクワリ : サイボウナイデンタツブッシツ トシテノ カサンカスイソ ノ ヤクワリ.” 2015. Thesis, Yamagata Univesity / 山形大学. Accessed January 16, 2019. http://id.nii.ac.jp/1348/00000060/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

山本, 哲生. “Role of catalase in monocytic differentiation of U937 cells by TPA:hydrogen peroxide as a second messenger : TPA投与による単球系細胞株U937細胞の分化におけるカタラーゼの役割 : 細胞内伝達物質としての過酸化水素の役割; TPA トウヨ ニヨル タンキュウケイ サイボウ カブ U937 サイボウ ノ ブンカ ニ オケル カタラーゼ ノ ヤクワリ : サイボウナイデンタツブッシツ トシテノ カサンカスイソ ノ ヤクワリ.” 2015. Web. 16 Jan 2019.

Vancouver:

山本 . Role of catalase in monocytic differentiation of U937 cells by TPA:hydrogen peroxide as a second messenger : TPA投与による単球系細胞株U937細胞の分化におけるカタラーゼの役割 : 細胞内伝達物質としての過酸化水素の役割; TPA トウヨ ニヨル タンキュウケイ サイボウ カブ U937 サイボウ ノ ブンカ ニ オケル カタラーゼ ノ ヤクワリ : サイボウナイデンタツブッシツ トシテノ カサンカスイソ ノ ヤクワリ. [Internet] [Thesis]. Yamagata Univesity / 山形大学; 2015. [cited 2019 Jan 16]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1348/00000060/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

山本 . Role of catalase in monocytic differentiation of U937 cells by TPA:hydrogen peroxide as a second messenger : TPA投与による単球系細胞株U937細胞の分化におけるカタラーゼの役割 : 細胞内伝達物質としての過酸化水素の役割; TPA トウヨ ニヨル タンキュウケイ サイボウ カブ U937 サイボウ ノ ブンカ ニ オケル カタラーゼ ノ ヤクワリ : サイボウナイデンタツブッシツ トシテノ カサンカスイソ ノ ヤクワリ. [Thesis]. Yamagata Univesity / 山形大学; 2015. Available from: http://id.nii.ac.jp/1348/00000060/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

26. 山本, 隆. Histotopographical characterization of the para-aortic lymph nodes in the area near the origin of the thoracic duct ,and its relationship to nodal cancer metastasis : 胸管起始部領域における大動脈周囲リンパ節の組織形態学的特徴とリンパ節転移の関係; キョウカン キシブ リョウイキ ニ オケル ダイドウミャク シュウイ リンパセツ ノ ソシキ ケイタイガクテキ トクチョウ ト リンパセツ テンイ ノカンケイ.

Degree: 2015, Yamagata Univesity / 山形大学

論文内容要旨

学位取得大学:山形大学 ; 報告番号:医博乙第558号 ; 学位の種類: 論文 ; 学位の種類:博士(医学)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

山本, . . (2015). Histotopographical characterization of the para-aortic lymph nodes in the area near the origin of the thoracic duct ,and its relationship to nodal cancer metastasis : 胸管起始部領域における大動脈周囲リンパ節の組織形態学的特徴とリンパ節転移の関係; キョウカン キシブ リョウイキ ニ オケル ダイドウミャク シュウイ リンパセツ ノ ソシキ ケイタイガクテキ トクチョウ ト リンパセツ テンイ ノカンケイ. (Thesis). Yamagata Univesity / 山形大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1348/00000061/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

山本, 隆. “Histotopographical characterization of the para-aortic lymph nodes in the area near the origin of the thoracic duct ,and its relationship to nodal cancer metastasis : 胸管起始部領域における大動脈周囲リンパ節の組織形態学的特徴とリンパ節転移の関係; キョウカン キシブ リョウイキ ニ オケル ダイドウミャク シュウイ リンパセツ ノ ソシキ ケイタイガクテキ トクチョウ ト リンパセツ テンイ ノカンケイ.” 2015. Thesis, Yamagata Univesity / 山形大学. Accessed January 16, 2019. http://id.nii.ac.jp/1348/00000061/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

山本, 隆. “Histotopographical characterization of the para-aortic lymph nodes in the area near the origin of the thoracic duct ,and its relationship to nodal cancer metastasis : 胸管起始部領域における大動脈周囲リンパ節の組織形態学的特徴とリンパ節転移の関係; キョウカン キシブ リョウイキ ニ オケル ダイドウミャク シュウイ リンパセツ ノ ソシキ ケイタイガクテキ トクチョウ ト リンパセツ テンイ ノカンケイ.” 2015. Web. 16 Jan 2019.

Vancouver:

山本 . Histotopographical characterization of the para-aortic lymph nodes in the area near the origin of the thoracic duct ,and its relationship to nodal cancer metastasis : 胸管起始部領域における大動脈周囲リンパ節の組織形態学的特徴とリンパ節転移の関係; キョウカン キシブ リョウイキ ニ オケル ダイドウミャク シュウイ リンパセツ ノ ソシキ ケイタイガクテキ トクチョウ ト リンパセツ テンイ ノカンケイ. [Internet] [Thesis]. Yamagata Univesity / 山形大学; 2015. [cited 2019 Jan 16]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1348/00000061/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

山本 . Histotopographical characterization of the para-aortic lymph nodes in the area near the origin of the thoracic duct ,and its relationship to nodal cancer metastasis : 胸管起始部領域における大動脈周囲リンパ節の組織形態学的特徴とリンパ節転移の関係; キョウカン キシブ リョウイキ ニ オケル ダイドウミャク シュウイ リンパセツ ノ ソシキ ケイタイガクテキ トクチョウ ト リンパセツ テンイ ノカンケイ. [Thesis]. Yamagata Univesity / 山形大学; 2015. Available from: http://id.nii.ac.jp/1348/00000061/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

27. 松田, 剛. Histologocal contact of tumor-infiltrating dendritic cells to regulatory T cells in carcinoma tissues : 癌組織における腫瘍浸潤樹状細胞と制御性T細胞の組織学的接触; ガン ソシキ ニ オケル シュヨウ シンジュン ジュジョウ サイボウ ト セイギョセイ Tサイボウ ノ ソシキガク テキ セッショク.

Degree: 2015, Yamagata Univesity / 山形大学

論文内容要旨

学位取得大学:山形大学 ; 報告番号:医博甲第513号 ; 学位の種類: 課程 ; 学位の種別:博士(医学)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

松田, . . (2015). Histologocal contact of tumor-infiltrating dendritic cells to regulatory T cells in carcinoma tissues : 癌組織における腫瘍浸潤樹状細胞と制御性T細胞の組織学的接触; ガン ソシキ ニ オケル シュヨウ シンジュン ジュジョウ サイボウ ト セイギョセイ Tサイボウ ノ ソシキガク テキ セッショク. (Thesis). Yamagata Univesity / 山形大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1348/00000062/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

松田, 剛. “Histologocal contact of tumor-infiltrating dendritic cells to regulatory T cells in carcinoma tissues : 癌組織における腫瘍浸潤樹状細胞と制御性T細胞の組織学的接触; ガン ソシキ ニ オケル シュヨウ シンジュン ジュジョウ サイボウ ト セイギョセイ Tサイボウ ノ ソシキガク テキ セッショク.” 2015. Thesis, Yamagata Univesity / 山形大学. Accessed January 16, 2019. http://id.nii.ac.jp/1348/00000062/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

松田, 剛. “Histologocal contact of tumor-infiltrating dendritic cells to regulatory T cells in carcinoma tissues : 癌組織における腫瘍浸潤樹状細胞と制御性T細胞の組織学的接触; ガン ソシキ ニ オケル シュヨウ シンジュン ジュジョウ サイボウ ト セイギョセイ Tサイボウ ノ ソシキガク テキ セッショク.” 2015. Web. 16 Jan 2019.

Vancouver:

松田 . Histologocal contact of tumor-infiltrating dendritic cells to regulatory T cells in carcinoma tissues : 癌組織における腫瘍浸潤樹状細胞と制御性T細胞の組織学的接触; ガン ソシキ ニ オケル シュヨウ シンジュン ジュジョウ サイボウ ト セイギョセイ Tサイボウ ノ ソシキガク テキ セッショク. [Internet] [Thesis]. Yamagata Univesity / 山形大学; 2015. [cited 2019 Jan 16]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1348/00000062/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

松田 . Histologocal contact of tumor-infiltrating dendritic cells to regulatory T cells in carcinoma tissues : 癌組織における腫瘍浸潤樹状細胞と制御性T細胞の組織学的接触; ガン ソシキ ニ オケル シュヨウ シンジュン ジュジョウ サイボウ ト セイギョセイ Tサイボウ ノ ソシキガク テキ セッショク. [Thesis]. Yamagata Univesity / 山形大学; 2015. Available from: http://id.nii.ac.jp/1348/00000062/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

28. 千田, 裕一郎. Temporal profile of oligodendrocyte and myelin in corpus callosum compared with brain function following chronic cerebral ischemia in rats : ラット慢性脳虚血におけるオリゴデンドロサイト及びミエリンの経時的変化と脳機能との関連の検討; ラット マンセイ ノウ キョケツ ニ オケル オリゴデンドロサイト オヨビ ミエリン ノ ケイジテキ ヘンカ ト ノウキノウ トノ カンレン ノ ケントウ.

Degree: 2015, Yamagata Univesity / 山形大学

論文内容要旨

学位取得大学:山形大学 ; 報告番号:生医科博甲第14号 ; 学位の種類: 課程 ; 学位の種別:博士(医科学)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

千田, . . (2015). Temporal profile of oligodendrocyte and myelin in corpus callosum compared with brain function following chronic cerebral ischemia in rats : ラット慢性脳虚血におけるオリゴデンドロサイト及びミエリンの経時的変化と脳機能との関連の検討; ラット マンセイ ノウ キョケツ ニ オケル オリゴデンドロサイト オヨビ ミエリン ノ ケイジテキ ヘンカ ト ノウキノウ トノ カンレン ノ ケントウ. (Thesis). Yamagata Univesity / 山形大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1348/00000063/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

千田, 裕一郎. “Temporal profile of oligodendrocyte and myelin in corpus callosum compared with brain function following chronic cerebral ischemia in rats : ラット慢性脳虚血におけるオリゴデンドロサイト及びミエリンの経時的変化と脳機能との関連の検討; ラット マンセイ ノウ キョケツ ニ オケル オリゴデンドロサイト オヨビ ミエリン ノ ケイジテキ ヘンカ ト ノウキノウ トノ カンレン ノ ケントウ.” 2015. Thesis, Yamagata Univesity / 山形大学. Accessed January 16, 2019. http://id.nii.ac.jp/1348/00000063/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

千田, 裕一郎. “Temporal profile of oligodendrocyte and myelin in corpus callosum compared with brain function following chronic cerebral ischemia in rats : ラット慢性脳虚血におけるオリゴデンドロサイト及びミエリンの経時的変化と脳機能との関連の検討; ラット マンセイ ノウ キョケツ ニ オケル オリゴデンドロサイト オヨビ ミエリン ノ ケイジテキ ヘンカ ト ノウキノウ トノ カンレン ノ ケントウ.” 2015. Web. 16 Jan 2019.

Vancouver:

千田 . Temporal profile of oligodendrocyte and myelin in corpus callosum compared with brain function following chronic cerebral ischemia in rats : ラット慢性脳虚血におけるオリゴデンドロサイト及びミエリンの経時的変化と脳機能との関連の検討; ラット マンセイ ノウ キョケツ ニ オケル オリゴデンドロサイト オヨビ ミエリン ノ ケイジテキ ヘンカ ト ノウキノウ トノ カンレン ノ ケントウ. [Internet] [Thesis]. Yamagata Univesity / 山形大学; 2015. [cited 2019 Jan 16]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1348/00000063/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

千田 . Temporal profile of oligodendrocyte and myelin in corpus callosum compared with brain function following chronic cerebral ischemia in rats : ラット慢性脳虚血におけるオリゴデンドロサイト及びミエリンの経時的変化と脳機能との関連の検討; ラット マンセイ ノウ キョケツ ニ オケル オリゴデンドロサイト オヨビ ミエリン ノ ケイジテキ ヘンカ ト ノウキノウ トノ カンレン ノ ケントウ. [Thesis]. Yamagata Univesity / 山形大学; 2015. Available from: http://id.nii.ac.jp/1348/00000063/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

29. 佐藤, 正広. ミクロアルブミン尿と生活習慣との関連性に関する研究 : ミクロアルブミンニョウトセイカツシュウカントノカンレンセイニカンスルケンキュウ.

Degree: 2015, Yamagata Univesity / 山形大学

論文内容要旨

学位取得大学:山形大学 ; 報告番号:医博甲第524号 ; 学位の種類: 課程 ; 学位の種別:博士(医学)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

佐藤, . . (2015). ミクロアルブミン尿と生活習慣との関連性に関する研究 : ミクロアルブミンニョウトセイカツシュウカントノカンレンセイニカンスルケンキュウ. (Thesis). Yamagata Univesity / 山形大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1348/00000064/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

佐藤, 正広. “ミクロアルブミン尿と生活習慣との関連性に関する研究 : ミクロアルブミンニョウトセイカツシュウカントノカンレンセイニカンスルケンキュウ.” 2015. Thesis, Yamagata Univesity / 山形大学. Accessed January 16, 2019. http://id.nii.ac.jp/1348/00000064/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

佐藤, 正広. “ミクロアルブミン尿と生活習慣との関連性に関する研究 : ミクロアルブミンニョウトセイカツシュウカントノカンレンセイニカンスルケンキュウ.” 2015. Web. 16 Jan 2019.

Vancouver:

佐藤 . ミクロアルブミン尿と生活習慣との関連性に関する研究 : ミクロアルブミンニョウトセイカツシュウカントノカンレンセイニカンスルケンキュウ. [Internet] [Thesis]. Yamagata Univesity / 山形大学; 2015. [cited 2019 Jan 16]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1348/00000064/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

佐藤 . ミクロアルブミン尿と生活習慣との関連性に関する研究 : ミクロアルブミンニョウトセイカツシュウカントノカンレンセイニカンスルケンキュウ. [Thesis]. Yamagata Univesity / 山形大学; 2015. Available from: http://id.nii.ac.jp/1348/00000064/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

30. 外山, 秀司. Preoperative pentraxin 3 concentration in pericardial fluid is related to adverse out comes in patients undergoing cardiac surgery : 術前心嚢液中Pentraxin3 濃度は開心術後の転帰と関連がある; ジュツゼン シンノウ エキチュウ Pentraxin3 ノウド ワ カイシン ジュツゴ ノ テンキ ト カンレン ガ アル.

Degree: 2015, Yamagata Univesity / 山形大学

論文内容要旨

学位取得大学:山形大学 ; 報告番号:医博乙第554号 ; 学位の種類: 論文 ; 学位の種別:博士(医学)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

外山, . . (2015). Preoperative pentraxin 3 concentration in pericardial fluid is related to adverse out comes in patients undergoing cardiac surgery : 術前心嚢液中Pentraxin3 濃度は開心術後の転帰と関連がある; ジュツゼン シンノウ エキチュウ Pentraxin3 ノウド ワ カイシン ジュツゴ ノ テンキ ト カンレン ガ アル. (Thesis). Yamagata Univesity / 山形大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1348/00000065/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

外山, 秀司. “Preoperative pentraxin 3 concentration in pericardial fluid is related to adverse out comes in patients undergoing cardiac surgery : 術前心嚢液中Pentraxin3 濃度は開心術後の転帰と関連がある; ジュツゼン シンノウ エキチュウ Pentraxin3 ノウド ワ カイシン ジュツゴ ノ テンキ ト カンレン ガ アル.” 2015. Thesis, Yamagata Univesity / 山形大学. Accessed January 16, 2019. http://id.nii.ac.jp/1348/00000065/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

外山, 秀司. “Preoperative pentraxin 3 concentration in pericardial fluid is related to adverse out comes in patients undergoing cardiac surgery : 術前心嚢液中Pentraxin3 濃度は開心術後の転帰と関連がある; ジュツゼン シンノウ エキチュウ Pentraxin3 ノウド ワ カイシン ジュツゴ ノ テンキ ト カンレン ガ アル.” 2015. Web. 16 Jan 2019.

Vancouver:

外山 . Preoperative pentraxin 3 concentration in pericardial fluid is related to adverse out comes in patients undergoing cardiac surgery : 術前心嚢液中Pentraxin3 濃度は開心術後の転帰と関連がある; ジュツゼン シンノウ エキチュウ Pentraxin3 ノウド ワ カイシン ジュツゴ ノ テンキ ト カンレン ガ アル. [Internet] [Thesis]. Yamagata Univesity / 山形大学; 2015. [cited 2019 Jan 16]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1348/00000065/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

外山 . Preoperative pentraxin 3 concentration in pericardial fluid is related to adverse out comes in patients undergoing cardiac surgery : 術前心嚢液中Pentraxin3 濃度は開心術後の転帰と関連がある; ジュツゼン シンノウ エキチュウ Pentraxin3 ノウド ワ カイシン ジュツゴ ノ テンキ ト カンレン ガ アル. [Thesis]. Yamagata Univesity / 山形大学; 2015. Available from: http://id.nii.ac.jp/1348/00000065/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

[1] [2] [3] [4] [5]

.