Advanced search options

Advanced Search Options 🞨

Browse by author name (“Author name starts with…”).

Find ETDs with:

in
/  
in
/  
in
/  
in

Written in Published in Earliest date Latest date

Sorted by

Results per page:

Sorted by: relevance · author · university · dateNew search

You searched for publisher:"University of Tsukuba". Showing records 1 – 30 of 13405 total matches.

[1] [2] [3] [4] [5] … [447]

Search Limiters

Last 2 Years | English Only

Dates

Languages

▼ Search Limiters

1. 重村, 幹夫. 幕末から明治前期の油画技法材料に関する研究 : 油画媒剤を中心に.

Degree: 2017, University of Tsukuba / 筑波大学

筑波大学博士 (芸術学) 学位論文・平成23年3月25日授与 (甲第5799号)

序章 はじめに1章 幕末の油画技法材料2章 明治前期の油画技法材料 - 工部美術学校まで3章 明治前期の油画技法材料 - 工部美術学校4章 明治前期の油画技法材料 - 画塾「彰技堂」の油画技法書終章 おわりに引用文献、参考文献

参考資料1 関連年譜参考資料2 「屋宇轎車類乃油塗法」参考資料3 工学機器による支持体や地塗り層の調査資料参考資料4 工学機器による絵具層の調査資料参考資料5 「画学及彫像」と原書及び筆者による翻訳の一覧表参考資料6 「油絵写景指南」、「油絵山水訣」と原書及び筆者による翻訳の一覧表参考資料7 岡忠精筆写「油繪写景指南」参考資料8 「油繪導志留邊」と原著及び筆者による翻訳の一覧表参考資料9 岡忠精筆写「油繪道しるべ」

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

重村, . (2017). 幕末から明治前期の油画技法材料に関する研究 : 油画媒剤を中心に. (Thesis). University of Tsukuba / 筑波大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2241/00145537

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

重村, 幹夫. “幕末から明治前期の油画技法材料に関する研究 : 油画媒剤を中心に.” 2017. Thesis, University of Tsukuba / 筑波大学. Accessed February 26, 2020. http://hdl.handle.net/2241/00145537.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

重村, 幹夫. “幕末から明治前期の油画技法材料に関する研究 : 油画媒剤を中心に.” 2017. Web. 26 Feb 2020.

Vancouver:

重村 . 幕末から明治前期の油画技法材料に関する研究 : 油画媒剤を中心に. [Internet] [Thesis]. University of Tsukuba / 筑波大学; 2017. [cited 2020 Feb 26]. Available from: http://hdl.handle.net/2241/00145537.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

重村 . 幕末から明治前期の油画技法材料に関する研究 : 油画媒剤を中心に. [Thesis]. University of Tsukuba / 筑波大学; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/2241/00145537

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

2. TERUI, Akira. Symbolic-numeric algorithms for univariate polynomials.

Degree: 2018, University of Tsukuba / 筑波大学

3.25 Includes bibliographical references

Note to the re-typeset version: This is re-typeset version of the original dissertation. While I have maintained the original contents without… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

TERUI, A. (2018). Symbolic-numeric algorithms for univariate polynomials. (Thesis). University of Tsukuba / 筑波大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2241/00151496 ; http://dx.doi.org/10.15068/00151496

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

TERUI, Akira. “Symbolic-numeric algorithms for univariate polynomials.” 2018. Thesis, University of Tsukuba / 筑波大学. Accessed February 26, 2020. http://hdl.handle.net/2241/00151496 ; http://dx.doi.org/10.15068/00151496.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

TERUI, Akira. “Symbolic-numeric algorithms for univariate polynomials.” 2018. Web. 26 Feb 2020.

Vancouver:

TERUI A. Symbolic-numeric algorithms for univariate polynomials. [Internet] [Thesis]. University of Tsukuba / 筑波大学; 2018. [cited 2020 Feb 26]. Available from: http://hdl.handle.net/2241/00151496 ; http://dx.doi.org/10.15068/00151496.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

TERUI A. Symbolic-numeric algorithms for univariate polynomials. [Thesis]. University of Tsukuba / 筑波大学; 2018. Available from: http://hdl.handle.net/2241/00151496 ; http://dx.doi.org/10.15068/00151496

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

3. 平井, 祥子. Antitumor effects of a sirtuin inhibitor, tenovin-6, against gastric cancer cells via death receptor 5 up-regulation : ヒト胃癌細胞に対するsirtuin阻害薬tenovin-6のdeath receptor 5の発現誘導を介した抗腫瘍効果に関する研究.

Degree: PhD, Medical Sciences, 2018, University of Tsukuba / 筑波大学

この博士学位論文は学術雑誌掲載論文から構成されていますPLoS ONE 9(7): e102831. https://doi.org/10.1371/journal.pone.0102831

2014

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

平井, . (2018). Antitumor effects of a sirtuin inhibitor, tenovin-6, against gastric cancer cells via death receptor 5 up-regulation : ヒト胃癌細胞に対するsirtuin阻害薬tenovin-6のdeath receptor 5の発現誘導を介した抗腫瘍効果に関する研究. (Doctoral Dissertation). University of Tsukuba / 筑波大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2241/00151596

Chicago Manual of Style (16th Edition):

平井, 祥子. “Antitumor effects of a sirtuin inhibitor, tenovin-6, against gastric cancer cells via death receptor 5 up-regulation : ヒト胃癌細胞に対するsirtuin阻害薬tenovin-6のdeath receptor 5の発現誘導を介した抗腫瘍効果に関する研究.” 2018. Doctoral Dissertation, University of Tsukuba / 筑波大学. Accessed February 26, 2020. http://hdl.handle.net/2241/00151596.

MLA Handbook (7th Edition):

平井, 祥子. “Antitumor effects of a sirtuin inhibitor, tenovin-6, against gastric cancer cells via death receptor 5 up-regulation : ヒト胃癌細胞に対するsirtuin阻害薬tenovin-6のdeath receptor 5の発現誘導を介した抗腫瘍効果に関する研究.” 2018. Web. 26 Feb 2020.

Vancouver:

平井 . Antitumor effects of a sirtuin inhibitor, tenovin-6, against gastric cancer cells via death receptor 5 up-regulation : ヒト胃癌細胞に対するsirtuin阻害薬tenovin-6のdeath receptor 5の発現誘導を介した抗腫瘍効果に関する研究. [Internet] [Doctoral dissertation]. University of Tsukuba / 筑波大学; 2018. [cited 2020 Feb 26]. Available from: http://hdl.handle.net/2241/00151596.

Council of Science Editors:

平井 . Antitumor effects of a sirtuin inhibitor, tenovin-6, against gastric cancer cells via death receptor 5 up-regulation : ヒト胃癌細胞に対するsirtuin阻害薬tenovin-6のdeath receptor 5の発現誘導を介した抗腫瘍効果に関する研究. [Doctoral Dissertation]. University of Tsukuba / 筑波大学; 2018. Available from: http://hdl.handle.net/2241/00151596

4. 田村, 憲司. 黒ボク土の諸性質に及ぼす植生遷移の影響 : コクボクド ノ シヨセイシツ ニ オヨボス シヨクセイ センイ ノ エイキヨウ.

Degree: 2013, University of Tsukuba / 筑波大学

わが国には、黒色の厚いA層が特徴的な、黒ボク土と呼ばれる土壌が存在している. それは、世界的にもまれな特異な土壌である. 黒ボク土は、その母材が通常火山灰であるため、火山灰土壌として扱われてきた. 火山灰土壌はわが国に広範囲に分布し、農業的に広く利用されていることから、現在まで農学的に、また土壌生成学的に幅広く研究されてきた. 黒ボク土は、土壌分類学的に ...

筑波大学農学博士学位論文・昭和62年10月31日授与 (乙第410号)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

田村, . (2013). 黒ボク土の諸性質に及ぼす植生遷移の影響 : コクボクド ノ シヨセイシツ ニ オヨボス シヨクセイ センイ ノ エイキヨウ. (Thesis). University of Tsukuba / 筑波大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2241/6682

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

田村, 憲司. “黒ボク土の諸性質に及ぼす植生遷移の影響 : コクボクド ノ シヨセイシツ ニ オヨボス シヨクセイ センイ ノ エイキヨウ.” 2013. Thesis, University of Tsukuba / 筑波大学. Accessed February 26, 2020. http://hdl.handle.net/2241/6682.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

田村, 憲司. “黒ボク土の諸性質に及ぼす植生遷移の影響 : コクボクド ノ シヨセイシツ ニ オヨボス シヨクセイ センイ ノ エイキヨウ.” 2013. Web. 26 Feb 2020.

Vancouver:

田村 . 黒ボク土の諸性質に及ぼす植生遷移の影響 : コクボクド ノ シヨセイシツ ニ オヨボス シヨクセイ センイ ノ エイキヨウ. [Internet] [Thesis]. University of Tsukuba / 筑波大学; 2013. [cited 2020 Feb 26]. Available from: http://hdl.handle.net/2241/6682.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

田村 . 黒ボク土の諸性質に及ぼす植生遷移の影響 : コクボクド ノ シヨセイシツ ニ オヨボス シヨクセイ センイ ノ エイキヨウ. [Thesis]. University of Tsukuba / 筑波大学; 2013. Available from: http://hdl.handle.net/2241/6682

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

5. 佐藤, 誠吾. 好気培養における加圧の効果と応用 : コウキ バイヨウ ニ オケル カアツ ノ コウカ ト オウヨウ.

Degree: 2013, University of Tsukuba / 筑波大学

好気培養における加圧は、1930年代に活発に研究開発が行われた回転ドラム発酵槽によるグルコン酸の生産が最初であり、生産性の向上に有効であることが認められた。その後、1960年代になって、Wayman らがn-ヘキサンを基質とした Candida lypolyticaの菌体生産を加圧培養により行い、また、Clarkらは Aspergillus niger によるクエン酸生産に加圧培養を試みたが、その他には、加圧培養は殆ど行われなかった。しかし最近になって、生産性の向上を目的として ...

筑波大学農学博士学位論文・昭和63年3月25日授与 (乙第448号)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

佐藤, . (2013). 好気培養における加圧の効果と応用 : コウキ バイヨウ ニ オケル カアツ ノ コウカ ト オウヨウ. (Thesis). University of Tsukuba / 筑波大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2241/6683

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

佐藤, 誠吾. “好気培養における加圧の効果と応用 : コウキ バイヨウ ニ オケル カアツ ノ コウカ ト オウヨウ.” 2013. Thesis, University of Tsukuba / 筑波大学. Accessed February 26, 2020. http://hdl.handle.net/2241/6683.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

佐藤, 誠吾. “好気培養における加圧の効果と応用 : コウキ バイヨウ ニ オケル カアツ ノ コウカ ト オウヨウ.” 2013. Web. 26 Feb 2020.

Vancouver:

佐藤 . 好気培養における加圧の効果と応用 : コウキ バイヨウ ニ オケル カアツ ノ コウカ ト オウヨウ. [Internet] [Thesis]. University of Tsukuba / 筑波大学; 2013. [cited 2020 Feb 26]. Available from: http://hdl.handle.net/2241/6683.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

佐藤 . 好気培養における加圧の効果と応用 : コウキ バイヨウ ニ オケル カアツ ノ コウカ ト オウヨウ. [Thesis]. University of Tsukuba / 筑波大学; 2013. Available from: http://hdl.handle.net/2241/6683

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

6. 安部, 征雄. 表層土における塩類集積の機構とその対策に関する実験的研究 : ヒヨウソウド ニ オケル エンルイ シユウセキ ノ キコウ ト ソノ タイサク ニ カンスル ジツケンテキ ケンキユウ.

Degree: 2013, University of Tsukuba / 筑波大学

土壌内の塩類集積に関する問題は、現在より歴史を遡ること六、七千年も前のメソポタミアにおいて人類が最初の文明を持ったときに、既に生じていた1)と言われる。メソポタミア文明が世界最古の灌漑技術を用いたことのよって発展し、そして滅びていく過程以来、人類はこの難問題に挑戦し続けてきたことになる。したがって、二十世紀の今日まで、営々と積み重ねられた塩類集積とその対策に関する知見、経験そして成果は、 ...

筑波大学農学博士学位論文・昭和62年2月28日授与 (乙第358号)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

安部, . (2013). 表層土における塩類集積の機構とその対策に関する実験的研究 : ヒヨウソウド ニ オケル エンルイ シユウセキ ノ キコウ ト ソノ タイサク ニ カンスル ジツケンテキ ケンキユウ. (Thesis). University of Tsukuba / 筑波大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2241/6684

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

安部, 征雄. “表層土における塩類集積の機構とその対策に関する実験的研究 : ヒヨウソウド ニ オケル エンルイ シユウセキ ノ キコウ ト ソノ タイサク ニ カンスル ジツケンテキ ケンキユウ.” 2013. Thesis, University of Tsukuba / 筑波大学. Accessed February 26, 2020. http://hdl.handle.net/2241/6684.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

安部, 征雄. “表層土における塩類集積の機構とその対策に関する実験的研究 : ヒヨウソウド ニ オケル エンルイ シユウセキ ノ キコウ ト ソノ タイサク ニ カンスル ジツケンテキ ケンキユウ.” 2013. Web. 26 Feb 2020.

Vancouver:

安部 . 表層土における塩類集積の機構とその対策に関する実験的研究 : ヒヨウソウド ニ オケル エンルイ シユウセキ ノ キコウ ト ソノ タイサク ニ カンスル ジツケンテキ ケンキユウ. [Internet] [Thesis]. University of Tsukuba / 筑波大学; 2013. [cited 2020 Feb 26]. Available from: http://hdl.handle.net/2241/6684.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

安部 . 表層土における塩類集積の機構とその対策に関する実験的研究 : ヒヨウソウド ニ オケル エンルイ シユウセキ ノ キコウ ト ソノ タイサク ニ カンスル ジツケンテキ ケンキユウ. [Thesis]. University of Tsukuba / 筑波大学; 2013. Available from: http://hdl.handle.net/2241/6684

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

7. 大沢, 良. アブラナ属複二倍体植物の受粉生物学的研究 : アブラナゾク フクニバイタイ シヨクブツ ノ ジユフン セイブツガクテキ ケンキユウ.

Degree: 2013, University of Tsukuba / 筑波大学

筑波大学農学博士学位論文・昭和63年3月25日授与 (甲第513号)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

大沢, . (2013). アブラナ属複二倍体植物の受粉生物学的研究 : アブラナゾク フクニバイタイ シヨクブツ ノ ジユフン セイブツガクテキ ケンキユウ. (Thesis). University of Tsukuba / 筑波大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2241/3790

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

大沢, 良. “アブラナ属複二倍体植物の受粉生物学的研究 : アブラナゾク フクニバイタイ シヨクブツ ノ ジユフン セイブツガクテキ ケンキユウ.” 2013. Thesis, University of Tsukuba / 筑波大学. Accessed February 26, 2020. http://hdl.handle.net/2241/3790.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

大沢, 良. “アブラナ属複二倍体植物の受粉生物学的研究 : アブラナゾク フクニバイタイ シヨクブツ ノ ジユフン セイブツガクテキ ケンキユウ.” 2013. Web. 26 Feb 2020.

Vancouver:

大沢 . アブラナ属複二倍体植物の受粉生物学的研究 : アブラナゾク フクニバイタイ シヨクブツ ノ ジユフン セイブツガクテキ ケンキユウ. [Internet] [Thesis]. University of Tsukuba / 筑波大学; 2013. [cited 2020 Feb 26]. Available from: http://hdl.handle.net/2241/3790.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

大沢 . アブラナ属複二倍体植物の受粉生物学的研究 : アブラナゾク フクニバイタイ シヨクブツ ノ ジユフン セイブツガクテキ ケンキユウ. [Thesis]. University of Tsukuba / 筑波大学; 2013. Available from: http://hdl.handle.net/2241/3790

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

8. 阿部, 淳一. 海浜植物ハマニンニクパッチにおけるVA菌根菌の生態学的研究 : カイヒン ショクブツ ハマニンニクパッチ ニ オケル VAキンコンキン ノ セイタイガクテキ ケンキュウ.

Degree: 2013, University of Tsukuba / 筑波大学

筑波大学博士 (農学) 学位論文・平成8年3月25日授与 (甲第1471号)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

阿部, . (2013). 海浜植物ハマニンニクパッチにおけるVA菌根菌の生態学的研究 : カイヒン ショクブツ ハマニンニクパッチ ニ オケル VAキンコンキン ノ セイタイガクテキ ケンキュウ. (Thesis). University of Tsukuba / 筑波大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2241/3910

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

阿部, 淳一. “海浜植物ハマニンニクパッチにおけるVA菌根菌の生態学的研究 : カイヒン ショクブツ ハマニンニクパッチ ニ オケル VAキンコンキン ノ セイタイガクテキ ケンキュウ.” 2013. Thesis, University of Tsukuba / 筑波大学. Accessed February 26, 2020. http://hdl.handle.net/2241/3910.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

阿部, 淳一. “海浜植物ハマニンニクパッチにおけるVA菌根菌の生態学的研究 : カイヒン ショクブツ ハマニンニクパッチ ニ オケル VAキンコンキン ノ セイタイガクテキ ケンキュウ.” 2013. Web. 26 Feb 2020.

Vancouver:

阿部 . 海浜植物ハマニンニクパッチにおけるVA菌根菌の生態学的研究 : カイヒン ショクブツ ハマニンニクパッチ ニ オケル VAキンコンキン ノ セイタイガクテキ ケンキュウ. [Internet] [Thesis]. University of Tsukuba / 筑波大学; 2013. [cited 2020 Feb 26]. Available from: http://hdl.handle.net/2241/3910.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

阿部 . 海浜植物ハマニンニクパッチにおけるVA菌根菌の生態学的研究 : カイヒン ショクブツ ハマニンニクパッチ ニ オケル VAキンコンキン ノ セイタイガクテキ ケンキュウ. [Thesis]. University of Tsukuba / 筑波大学; 2013. Available from: http://hdl.handle.net/2241/3910

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

9. Fukamizu, Akiyoshi. Structure and regulation of human and rat renin genes.

Degree: 2013, University of Tsukuba / 筑波大学

Thesis – University of Tsukuba, D.Agr.(B), no. 528, 1989. 7. 31

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Fukamizu, A. (2013). Structure and regulation of human and rat renin genes. (Thesis). University of Tsukuba / 筑波大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2241/4260

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Fukamizu, Akiyoshi. “Structure and regulation of human and rat renin genes.” 2013. Thesis, University of Tsukuba / 筑波大学. Accessed February 26, 2020. http://hdl.handle.net/2241/4260.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Fukamizu, Akiyoshi. “Structure and regulation of human and rat renin genes.” 2013. Web. 26 Feb 2020.

Vancouver:

Fukamizu A. Structure and regulation of human and rat renin genes. [Internet] [Thesis]. University of Tsukuba / 筑波大学; 2013. [cited 2020 Feb 26]. Available from: http://hdl.handle.net/2241/4260.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Fukamizu A. Structure and regulation of human and rat renin genes. [Thesis]. University of Tsukuba / 筑波大学; 2013. Available from: http://hdl.handle.net/2241/4260

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

10. Tanimoto, Keiji. Structure of the human activin [beta][Alpha] subunit gene and its regulation in cultured cells.

Degree: 2013, University of Tsukuba / 筑波大学

3.25

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Tanimoto, K. (2013). Structure of the human activin [beta][Alpha] subunit gene and its regulation in cultured cells. (Thesis). University of Tsukuba / 筑波大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2241/4193

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Tanimoto, Keiji. “Structure of the human activin [beta][Alpha] subunit gene and its regulation in cultured cells.” 2013. Thesis, University of Tsukuba / 筑波大学. Accessed February 26, 2020. http://hdl.handle.net/2241/4193.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Tanimoto, Keiji. “Structure of the human activin [beta][Alpha] subunit gene and its regulation in cultured cells.” 2013. Web. 26 Feb 2020.

Vancouver:

Tanimoto K. Structure of the human activin [beta][Alpha] subunit gene and its regulation in cultured cells. [Internet] [Thesis]. University of Tsukuba / 筑波大学; 2013. [cited 2020 Feb 26]. Available from: http://hdl.handle.net/2241/4193.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Tanimoto K. Structure of the human activin [beta][Alpha] subunit gene and its regulation in cultured cells. [Thesis]. University of Tsukuba / 筑波大学; 2013. Available from: http://hdl.handle.net/2241/4193

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

11. 佐竹, 隆顕. 籾殼の低圧圧縮時における挙動に関する研究 : モミガラ ノ テイアツ アツシユクジ ニ オケル キヨドウ ニ カンスル ケンキユウ.

Degree: 2013, University of Tsukuba / 筑波大学

筑波大学農学博士学位論文・昭和58年3月25日授与

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

佐竹, . (2013). 籾殼の低圧圧縮時における挙動に関する研究 : モミガラ ノ テイアツ アツシユクジ ニ オケル キヨドウ ニ カンスル ケンキユウ. (Thesis). University of Tsukuba / 筑波大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2241/3725

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

佐竹, 隆顕. “籾殼の低圧圧縮時における挙動に関する研究 : モミガラ ノ テイアツ アツシユクジ ニ オケル キヨドウ ニ カンスル ケンキユウ.” 2013. Thesis, University of Tsukuba / 筑波大学. Accessed February 26, 2020. http://hdl.handle.net/2241/3725.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

佐竹, 隆顕. “籾殼の低圧圧縮時における挙動に関する研究 : モミガラ ノ テイアツ アツシユクジ ニ オケル キヨドウ ニ カンスル ケンキユウ.” 2013. Web. 26 Feb 2020.

Vancouver:

佐竹 . 籾殼の低圧圧縮時における挙動に関する研究 : モミガラ ノ テイアツ アツシユクジ ニ オケル キヨドウ ニ カンスル ケンキユウ. [Internet] [Thesis]. University of Tsukuba / 筑波大学; 2013. [cited 2020 Feb 26]. Available from: http://hdl.handle.net/2241/3725.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

佐竹 . 籾殼の低圧圧縮時における挙動に関する研究 : モミガラ ノ テイアツ アツシユクジ ニ オケル キヨドウ ニ カンスル ケンキユウ. [Thesis]. University of Tsukuba / 筑波大学; 2013. Available from: http://hdl.handle.net/2241/3725

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

12. Sakuma, Shinya. Vertex operator algebra with two τ-involutions generating S[3].

Degree: 2013, University of Tsukuba / 筑波大学

The notion of vertex operator algebras(VOAs) isintroduced in [B,FLM]. The most interesting example of vertex operator algebras is the Moonshine VOA V ...

3.25

Includes bibliographical references

"[3]" is subscript

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Sakuma, S. (2013). Vertex operator algebra with two τ-involutions generating S[3]. (Thesis). University of Tsukuba / 筑波大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2241/6523

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Sakuma, Shinya. “Vertex operator algebra with two τ-involutions generating S[3].” 2013. Thesis, University of Tsukuba / 筑波大学. Accessed February 26, 2020. http://hdl.handle.net/2241/6523.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Sakuma, Shinya. “Vertex operator algebra with two τ-involutions generating S[3].” 2013. Web. 26 Feb 2020.

Vancouver:

Sakuma S. Vertex operator algebra with two τ-involutions generating S[3]. [Internet] [Thesis]. University of Tsukuba / 筑波大学; 2013. [cited 2020 Feb 26]. Available from: http://hdl.handle.net/2241/6523.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Sakuma S. Vertex operator algebra with two τ-involutions generating S[3]. [Thesis]. University of Tsukuba / 筑波大学; 2013. Available from: http://hdl.handle.net/2241/6523

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

13. Shioya, Masahiro. On normal filters on P[kappa][lambda].

Degree: 2013, University of Tsukuba / 筑波大学

It is well-known that the existence of an edementary embedding of the universe into a transitive model with к critical is equivalent to that of a normal ultrafilter ...

3.25

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Shioya, M. (2013). On normal filters on P[kappa][lambda]. (Thesis). University of Tsukuba / 筑波大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2241/6524

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Shioya, Masahiro. “On normal filters on P[kappa][lambda].” 2013. Thesis, University of Tsukuba / 筑波大学. Accessed February 26, 2020. http://hdl.handle.net/2241/6524.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Shioya, Masahiro. “On normal filters on P[kappa][lambda].” 2013. Web. 26 Feb 2020.

Vancouver:

Shioya M. On normal filters on P[kappa][lambda]. [Internet] [Thesis]. University of Tsukuba / 筑波大学; 2013. [cited 2020 Feb 26]. Available from: http://hdl.handle.net/2241/6524.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Shioya M. On normal filters on P[kappa][lambda]. [Thesis]. University of Tsukuba / 筑波大学; 2013. Available from: http://hdl.handle.net/2241/6524

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

14. Chiku, Suenori. Optimized perturbation theory at finite temperature.

Degree: 2013, University of Tsukuba / 筑波大学

The naive perturbation theory is known to break down at high temperature (T). This is because higher order terms are enhanced by the powers of… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Chiku, S. (2013). Optimized perturbation theory at finite temperature. (Thesis). University of Tsukuba / 筑波大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2241/6688

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Chiku, Suenori. “Optimized perturbation theory at finite temperature.” 2013. Thesis, University of Tsukuba / 筑波大学. Accessed February 26, 2020. http://hdl.handle.net/2241/6688.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Chiku, Suenori. “Optimized perturbation theory at finite temperature.” 2013. Web. 26 Feb 2020.

Vancouver:

Chiku S. Optimized perturbation theory at finite temperature. [Internet] [Thesis]. University of Tsukuba / 筑波大学; 2013. [cited 2020 Feb 26]. Available from: http://hdl.handle.net/2241/6688.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Chiku S. Optimized perturbation theory at finite temperature. [Thesis]. University of Tsukuba / 筑波大学; 2013. Available from: http://hdl.handle.net/2241/6688

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

15. Shoji, Mamoru. Ion energy containment of ICRF-heated plasmas in the GAMMA10 central cell.

Degree: 2013, University of Tsukuba / 筑波大学

 This thesis describes investigations of the ion temperature,neutral particle density,and ion energy confinement in ICRF-heated plasmas in the central cell of the GAMMA10 tandem mirror… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Shoji, M. (2013). Ion energy containment of ICRF-heated plasmas in the GAMMA10 central cell. (Thesis). University of Tsukuba / 筑波大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2241/6685

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Shoji, Mamoru. “Ion energy containment of ICRF-heated plasmas in the GAMMA10 central cell.” 2013. Thesis, University of Tsukuba / 筑波大学. Accessed February 26, 2020. http://hdl.handle.net/2241/6685.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Shoji, Mamoru. “Ion energy containment of ICRF-heated plasmas in the GAMMA10 central cell.” 2013. Web. 26 Feb 2020.

Vancouver:

Shoji M. Ion energy containment of ICRF-heated plasmas in the GAMMA10 central cell. [Internet] [Thesis]. University of Tsukuba / 筑波大学; 2013. [cited 2020 Feb 26]. Available from: http://hdl.handle.net/2241/6685.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Shoji M. Ion energy containment of ICRF-heated plasmas in the GAMMA10 central cell. [Thesis]. University of Tsukuba / 筑波大学; 2013. Available from: http://hdl.handle.net/2241/6685

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

16. Mogami, Takeshi. Penrose limits and θ-expansion of the Green-Schwarz action.

Degree: 2013, University of Tsukuba / 筑波大学

We study the Green-Schwarz action of the Heterotic and the Type IIB string in a plane-wave background obtained by the Penrose limit. We show that… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Mogami, T. (2013). Penrose limits and θ-expansion of the Green-Schwarz action. (Thesis). University of Tsukuba / 筑波大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2241/6686

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Mogami, Takeshi. “Penrose limits and θ-expansion of the Green-Schwarz action.” 2013. Thesis, University of Tsukuba / 筑波大学. Accessed February 26, 2020. http://hdl.handle.net/2241/6686.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Mogami, Takeshi. “Penrose limits and θ-expansion of the Green-Schwarz action.” 2013. Web. 26 Feb 2020.

Vancouver:

Mogami T. Penrose limits and θ-expansion of the Green-Schwarz action. [Internet] [Thesis]. University of Tsukuba / 筑波大学; 2013. [cited 2020 Feb 26]. Available from: http://hdl.handle.net/2241/6686.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Mogami T. Penrose limits and θ-expansion of the Green-Schwarz action. [Thesis]. University of Tsukuba / 筑波大学; 2013. Available from: http://hdl.handle.net/2241/6686

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

17. Nakazato, Takeshi. A study of protostars with spectral modeling based on the two-dimensional radiativer transfer calculations.

Degree: 2013, University of Tsukuba / 筑波大学

We constructed two-dimensional radiative equilibrium protostar model to infer the structure of the Class I objects, which are considered as protostellar candidate. In the present… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Nakazato, T. (2013). A study of protostars with spectral modeling based on the two-dimensional radiativer transfer calculations. (Thesis). University of Tsukuba / 筑波大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2241/6687

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Nakazato, Takeshi. “A study of protostars with spectral modeling based on the two-dimensional radiativer transfer calculations.” 2013. Thesis, University of Tsukuba / 筑波大学. Accessed February 26, 2020. http://hdl.handle.net/2241/6687.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Nakazato, Takeshi. “A study of protostars with spectral modeling based on the two-dimensional radiativer transfer calculations.” 2013. Web. 26 Feb 2020.

Vancouver:

Nakazato T. A study of protostars with spectral modeling based on the two-dimensional radiativer transfer calculations. [Internet] [Thesis]. University of Tsukuba / 筑波大学; 2013. [cited 2020 Feb 26]. Available from: http://hdl.handle.net/2241/6687.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Nakazato T. A study of protostars with spectral modeling based on the two-dimensional radiativer transfer calculations. [Thesis]. University of Tsukuba / 筑波大学; 2013. Available from: http://hdl.handle.net/2241/6687

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

18. Banda, Richard Mani. The geology and planktic foraminiferal biostratigraphy of the Northwest Borneo basin, Sarawak, Malaysia : マレーシア, サラワク, ボルネオ盆地北西部の地質と浮遊性有孔虫層序の研究.

Degree: 2013, University of Tsukuba / 筑波大学

 The systematic research on geology and the planktic foraminiferal biostratigraphy which is the first kind in the region, was carried in the onshore area of… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Banda, R. M. (2013). The geology and planktic foraminiferal biostratigraphy of the Northwest Borneo basin, Sarawak, Malaysia : マレーシア, サラワク, ボルネオ盆地北西部の地質と浮遊性有孔虫層序の研究. (Thesis). University of Tsukuba / 筑波大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2241/6565

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Banda, Richard Mani. “The geology and planktic foraminiferal biostratigraphy of the Northwest Borneo basin, Sarawak, Malaysia : マレーシア, サラワク, ボルネオ盆地北西部の地質と浮遊性有孔虫層序の研究.” 2013. Thesis, University of Tsukuba / 筑波大学. Accessed February 26, 2020. http://hdl.handle.net/2241/6565.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Banda, Richard Mani. “The geology and planktic foraminiferal biostratigraphy of the Northwest Borneo basin, Sarawak, Malaysia : マレーシア, サラワク, ボルネオ盆地北西部の地質と浮遊性有孔虫層序の研究.” 2013. Web. 26 Feb 2020.

Vancouver:

Banda RM. The geology and planktic foraminiferal biostratigraphy of the Northwest Borneo basin, Sarawak, Malaysia : マレーシア, サラワク, ボルネオ盆地北西部の地質と浮遊性有孔虫層序の研究. [Internet] [Thesis]. University of Tsukuba / 筑波大学; 2013. [cited 2020 Feb 26]. Available from: http://hdl.handle.net/2241/6565.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Banda RM. The geology and planktic foraminiferal biostratigraphy of the Northwest Borneo basin, Sarawak, Malaysia : マレーシア, サラワク, ボルネオ盆地北西部の地質と浮遊性有孔虫層序の研究. [Thesis]. University of Tsukuba / 筑波大学; 2013. Available from: http://hdl.handle.net/2241/6565

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

19. 渡邉, 史紀. 複雑な動的システムの空間依存情報縮約法の提案と応用 : フクザツナ ドウテキ システム ノ クウカン イゾン ジョウホウ シュクヤクホウ ノ テイアン ト オウヨウ.

Degree: 2013, University of Tsukuba / 筑波大学

1 本研究の目的 本研究の目的は、(I) 空間的な広がりをもち、かつ非線形性や不確定性(不確実性)が内在する複雑な動的システムのダイナミクスの情報を抽出するための数理モデルを作成し、(II) そのモデルパラメータを偏見無く同定する方法を考案し、さらに、(III) 得られた複雑なシステムダイナミクスの時間及び空間情報を圧縮して ...

筑波大学博士 (工学) 学位論文・平成17年3月25日授与 (甲第3705号)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

渡邉, . (2013). 複雑な動的システムの空間依存情報縮約法の提案と応用 : フクザツナ ドウテキ システム ノ クウカン イゾン ジョウホウ シュクヤクホウ ノ テイアン ト オウヨウ. (Thesis). University of Tsukuba / 筑波大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2241/6273

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

渡邉, 史紀. “複雑な動的システムの空間依存情報縮約法の提案と応用 : フクザツナ ドウテキ システム ノ クウカン イゾン ジョウホウ シュクヤクホウ ノ テイアン ト オウヨウ.” 2013. Thesis, University of Tsukuba / 筑波大学. Accessed February 26, 2020. http://hdl.handle.net/2241/6273.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

渡邉, 史紀. “複雑な動的システムの空間依存情報縮約法の提案と応用 : フクザツナ ドウテキ システム ノ クウカン イゾン ジョウホウ シュクヤクホウ ノ テイアン ト オウヨウ.” 2013. Web. 26 Feb 2020.

Vancouver:

渡邉 . 複雑な動的システムの空間依存情報縮約法の提案と応用 : フクザツナ ドウテキ システム ノ クウカン イゾン ジョウホウ シュクヤクホウ ノ テイアン ト オウヨウ. [Internet] [Thesis]. University of Tsukuba / 筑波大学; 2013. [cited 2020 Feb 26]. Available from: http://hdl.handle.net/2241/6273.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

渡邉 . 複雑な動的システムの空間依存情報縮約法の提案と応用 : フクザツナ ドウテキ システム ノ クウカン イゾン ジョウホウ シュクヤクホウ ノ テイアン ト オウヨウ. [Thesis]. University of Tsukuba / 筑波大学; 2013. Available from: http://hdl.handle.net/2241/6273

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

20. 馬屋原, 一孝. ファジィクラスタリングにおける正則化と線形構造発見に関する研究 : ファジィ クラスタリング ニオケル セイソクカ ト センケイ コウゾウ ハッケン ニカンスル ケンキュウ.

Degree: 2013, University of Tsukuba / 筑波大学

第1章 緒論 1.1 研究の背景 クラスタリング[1,2,3,4]とは図1.1のようにいろいろ異なった性質のものがまざり合っている対象の中で、互いに似た者同士を集めてクラスタを作り、それらを分類しようとする方法である、これらはクラスタ分析(cluster analysis)とも呼ばれ、1950年代から ...

筑波大学博士 (工学) 学位論文・平成11年7月23日授与 (乙第1550号)

標題紙、目次  – 第1章 諸論  – 第2章 crisp k-means法とfuzzy c-means法  – 第I部 正則化によるファジィクラスタリング 第3章 fuzzy c-means法とエントロピー正則化法  – 第4章 2次正則化によるファジィクラスタリング  – 第II部 線形ファジィクラスタリング 第5章 異なる次元の線形構造発見のためのファジィクラスタリング  – 第6章 線形ファジィクラスタリングによる楕円型ファジィモデル  – 第7章 正則化による線形ファジィクラスタリング  – 第8章 緒言  – 謝辞  – 参考文献

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

馬屋原, . (2013). ファジィクラスタリングにおける正則化と線形構造発見に関する研究 : ファジィ クラスタリング ニオケル セイソクカ ト センケイ コウゾウ ハッケン ニカンスル ケンキュウ. (Thesis). University of Tsukuba / 筑波大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2241/6274

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

馬屋原, 一孝. “ファジィクラスタリングにおける正則化と線形構造発見に関する研究 : ファジィ クラスタリング ニオケル セイソクカ ト センケイ コウゾウ ハッケン ニカンスル ケンキュウ.” 2013. Thesis, University of Tsukuba / 筑波大学. Accessed February 26, 2020. http://hdl.handle.net/2241/6274.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

馬屋原, 一孝. “ファジィクラスタリングにおける正則化と線形構造発見に関する研究 : ファジィ クラスタリング ニオケル セイソクカ ト センケイ コウゾウ ハッケン ニカンスル ケンキュウ.” 2013. Web. 26 Feb 2020.

Vancouver:

馬屋原 . ファジィクラスタリングにおける正則化と線形構造発見に関する研究 : ファジィ クラスタリング ニオケル セイソクカ ト センケイ コウゾウ ハッケン ニカンスル ケンキュウ. [Internet] [Thesis]. University of Tsukuba / 筑波大学; 2013. [cited 2020 Feb 26]. Available from: http://hdl.handle.net/2241/6274.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

馬屋原 . ファジィクラスタリングにおける正則化と線形構造発見に関する研究 : ファジィ クラスタリング ニオケル セイソクカ ト センケイ コウゾウ ハッケン ニカンスル ケンキュウ. [Thesis]. University of Tsukuba / 筑波大学; 2013. Available from: http://hdl.handle.net/2241/6274

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

21. 有働, 恵子. 飛砂による後浜の地形変動と海岸植生の効果に関する研究 : トビスナ ニヨル ウシロハマ ノ チケイ ヘンドウ ト カイガン ショクセイ ノ コウカ ニ カンスル ケンキュウ.

Degree: 2013, University of Tsukuba / 筑波大学

後浜は,多角的利用の需要が高く,また,防災機能を持ちあわせた貴重な空間である.この空間を適切に管理していく上で,後浜の地形変動や飛砂の現状を把握することは重要であるが,これらに関する知見の蓄積は少ない.また,海岸植生は,飛砂を捕捉し,後浜地形を安定に保つ機能を持つことが報告されているが,定量的には不明な点が多い.よって,本研究では,後浜の短期的および長期的な地形変動特性を調べるとともに,植生モデルを用いて植生領域の飛砂に関する風洞実験を行い,植生の効果に関する考察を行った.さらに,植生および斜面の効果を取り入れた飛砂シミュレーションにより,海岸砂丘の長期的な地形変動の再現を試みた.茨城県角折海岸において現地調査を行い,後浜の短期的な地形変動特性を調べた結果,植生分布と地盤高変化の間には,植被率(植生が地面を覆う面積割合)が大きいほど堆砂を促進するという関係,すなわち植生の飛砂捕捉効果が見られた.茨城県角折海岸,下津海岸および豊ヶ浜海岸において航空写真測量を行い,後浜の長期的な地形変動特性を調べた結果,卓越風向に対して垂直に存在する横列砂丘は不安定で,砂丘の規模にかかわらず砂丘列方向長さ約100mの複数の小砂丘に分裂していた.横列砂丘は陸側への飛砂を抑制しており,砂丘に分裂が生じた後は後浜への飛砂が増大していた.植生が繁茂している領域において,植被率にかかわらず局所的に地形変動特性が異なっている部分があり,植生の飛砂捕捉効果は風向に依存すると見られる.風洞実験を行い,植生領域の飛砂特性を調べた結果,植生層の遮蔽体積率が大きく,植生層高が小さい場合ほど,砂面付近の風速の減衰が大きくなり,植生領域では堆砂傾向であった.植生層で発生する乱れにより,植生層内の風速は大きく減衰し,これにより砂のサルテーションの水平速度は小さくなっていた.平衡場の飛砂量公式である河村公式に,現地調査の結果より得られた植生と地盤高の関係を取り入れることで,航空写真測量で得られた角折海岸の中央砂丘の長期的な地形変動を定性的に再現することが可能であった.Backshore is important space for prevention and mitigation of coastal disasters, and development of coastal amenities. For proper management of backshore, it is important to… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

有働, . (2013). 飛砂による後浜の地形変動と海岸植生の効果に関する研究 : トビスナ ニヨル ウシロハマ ノ チケイ ヘンドウ ト カイガン ショクセイ ノ コウカ ニ カンスル ケンキュウ. (Thesis). University of Tsukuba / 筑波大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2241/6275

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

有働, 恵子. “飛砂による後浜の地形変動と海岸植生の効果に関する研究 : トビスナ ニヨル ウシロハマ ノ チケイ ヘンドウ ト カイガン ショクセイ ノ コウカ ニ カンスル ケンキュウ.” 2013. Thesis, University of Tsukuba / 筑波大学. Accessed February 26, 2020. http://hdl.handle.net/2241/6275.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

有働, 恵子. “飛砂による後浜の地形変動と海岸植生の効果に関する研究 : トビスナ ニヨル ウシロハマ ノ チケイ ヘンドウ ト カイガン ショクセイ ノ コウカ ニ カンスル ケンキュウ.” 2013. Web. 26 Feb 2020.

Vancouver:

有働 . 飛砂による後浜の地形変動と海岸植生の効果に関する研究 : トビスナ ニヨル ウシロハマ ノ チケイ ヘンドウ ト カイガン ショクセイ ノ コウカ ニ カンスル ケンキュウ. [Internet] [Thesis]. University of Tsukuba / 筑波大学; 2013. [cited 2020 Feb 26]. Available from: http://hdl.handle.net/2241/6275.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

有働 . 飛砂による後浜の地形変動と海岸植生の効果に関する研究 : トビスナ ニヨル ウシロハマ ノ チケイ ヘンドウ ト カイガン ショクセイ ノ コウカ ニ カンスル ケンキュウ. [Thesis]. University of Tsukuba / 筑波大学; 2013. Available from: http://hdl.handle.net/2241/6275

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

22. 藤掛, 一典. 高ひずみ速度下におけるコンクリートの引張・圧縮特性に関する研究 : コウヒズミ ソクドカ ニオケル コンクリート ノ ヒッパリ アッシュク トクセイ ニカンスル ケンキュウ.

Degree: 2013, University of Tsukuba / 筑波大学

第1章 序論 1.1 研究の背景 1.1.1 コンクリート構造物の衝撃解析における問題点 近年、原子力発電関連施設、重化学工業施設あるいは落石防護建造物など、高度の安全性が要求される構造物の建設にあたっては、衝撃荷重(物体の衝突によって発生する荷重および爆薬・火薬・ガス等の爆発による荷重)に対する安全性の照査と設計が重要に ...

筑波大学博士 (工学) 学位論文・平成11年7月23日授与 (乙第1545号)

標題紙、目次  – 第1章 序論  – 第2章 コンクリート材料の動的引張・圧縮特性 評価のための衝撃および急速載荷試験方法  – 第3章 コンクリートの動的引張特性に及ぼすひずみ速度と供試体寸法の影響  – 第4章 コンクリートの動的引張軟化挙動の計測とその定量的評価  – 第5章 コンクリートの一軸圧縮特性に及ぼすひずみ速度の影響  – 第6章 高ひずみ速度・三軸高応力下におけるコンクリートの圧縮破壊特性と破壊基準  – 第7章 結論  – 謝辞

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

藤掛, . (2013). 高ひずみ速度下におけるコンクリートの引張・圧縮特性に関する研究 : コウヒズミ ソクドカ ニオケル コンクリート ノ ヒッパリ アッシュク トクセイ ニカンスル ケンキュウ. (Thesis). University of Tsukuba / 筑波大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2241/6276

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

藤掛, 一典. “高ひずみ速度下におけるコンクリートの引張・圧縮特性に関する研究 : コウヒズミ ソクドカ ニオケル コンクリート ノ ヒッパリ アッシュク トクセイ ニカンスル ケンキュウ.” 2013. Thesis, University of Tsukuba / 筑波大学. Accessed February 26, 2020. http://hdl.handle.net/2241/6276.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

藤掛, 一典. “高ひずみ速度下におけるコンクリートの引張・圧縮特性に関する研究 : コウヒズミ ソクドカ ニオケル コンクリート ノ ヒッパリ アッシュク トクセイ ニカンスル ケンキュウ.” 2013. Web. 26 Feb 2020.

Vancouver:

藤掛 . 高ひずみ速度下におけるコンクリートの引張・圧縮特性に関する研究 : コウヒズミ ソクドカ ニオケル コンクリート ノ ヒッパリ アッシュク トクセイ ニカンスル ケンキュウ. [Internet] [Thesis]. University of Tsukuba / 筑波大学; 2013. [cited 2020 Feb 26]. Available from: http://hdl.handle.net/2241/6276.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

藤掛 . 高ひずみ速度下におけるコンクリートの引張・圧縮特性に関する研究 : コウヒズミ ソクドカ ニオケル コンクリート ノ ヒッパリ アッシュク トクセイ ニカンスル ケンキュウ. [Thesis]. University of Tsukuba / 筑波大学; 2013. Available from: http://hdl.handle.net/2241/6276

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

23. 畦原, 宗之. 対話型遺伝的アルゴリズムによる人間の感性を反映した音楽作曲 : タイワガタ イデンテキ アルゴリズム ニヨル ニンゲン ノ カンセイ オ ハンエイ シタ オンガク サッキョク.

Degree: 2013, University of Tsukuba / 筑波大学

論文要旨 物質的な豊かさだけでなく「心」の豊かさの追求も重要視されるようになってきている今日の社会では、ものづくりの場面において、使い手である人間の個性、主観を重視した戦略がより重要度を増してきている。人間中心システムとは、人間の主観、判断、評価、認識、感情、感性が中心的な役割を果たす情報処理システムの総称である。人間中心システムでは、主観性、多義性、曖昧性、状況依存性のような人間特有の性質を持った情報をシステムの入力に許容し、入力に応じてシステムの出力を様々に変化させることで、様々な問題を柔軟に解決する能力が必要となる。このようなシステムは、ものづくりの現場で今後ますます重要になると考えられる。そして聴き手の心を揺り動かす事のできる楽曲を作り上げる「作曲」という行為もまた、感性的な側面が特に重要視される、ものづくりの一例であるといえる。本論文では、人間の作曲活動の場面を考え、作り手の音楽的知識の有無に関わらず個人に応じた音楽作曲を支援する対話型作曲支援システムを構築することによって、人間の主観、感性を重視した人間中心システム設計の手法を提案する。システムへの入力は人間の音楽に関する感性情報であり、システムからの出力は、ユーザの感性を反映した楽曲である。「対話型遺伝的アルゴリズム」の手法を楽曲生成に応用し、入力に応じて出力結果を柔軟に変化させることのできる適応的な作曲支援を行う。システムは楽曲をGA の染色体として自動生成する。作曲者であるユーザはそれらを評価し、その結果をもとにシステムは染色体を進化させる。このようなシステムとユーザとの楽曲の生成と主観的評価を通じた対話によって、染色体群をユーザの満足するものへと進化させる。システムの有効性を検証する評価実験の結果、被験者の主観的評価を反映して、作曲された楽曲への評価は世代を経るごとに上昇し、また被験者の好みを反映して被験者間で異なる様々なメロディー、音色、伴奏をもった楽曲が作曲された。本システムはシンプルな評価と選択の操作を繰り返す事で楽曲を生成するため、音楽的な知識の無い人であっても、作り手の感性を反映しながら作曲支援を行えるシステムであるといえる。人間の主観や感性が最大限に重視される音楽作曲という場面で、ユーザ自身の感性によるシンプルな評価と選択を繰り返す事で作曲が行えるシステムを提案できたことは、ものづくりの場面における支援の在り方の具体例として有効な研究成果である。そしてこの結果から、人間中心システムの構築には、出力に対する人間の主観的評価をシステムの入力として取り入れ、評価に応じた多様な出力を得ることのできるシステム設計の方針が非常に有効であることがわかった。

筑波大学博士 (工学) 学位論文・平成17年3月25日授与 (甲第3701号)

著者の希望により要旨のみ公開

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

畦原, . (2013). 対話型遺伝的アルゴリズムによる人間の感性を反映した音楽作曲 : タイワガタ イデンテキ アルゴリズム ニヨル ニンゲン ノ カンセイ オ ハンエイ シタ オンガク サッキョク. (Thesis). University of Tsukuba / 筑波大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2241/6277

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

畦原, 宗之. “対話型遺伝的アルゴリズムによる人間の感性を反映した音楽作曲 : タイワガタ イデンテキ アルゴリズム ニヨル ニンゲン ノ カンセイ オ ハンエイ シタ オンガク サッキョク.” 2013. Thesis, University of Tsukuba / 筑波大学. Accessed February 26, 2020. http://hdl.handle.net/2241/6277.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

畦原, 宗之. “対話型遺伝的アルゴリズムによる人間の感性を反映した音楽作曲 : タイワガタ イデンテキ アルゴリズム ニヨル ニンゲン ノ カンセイ オ ハンエイ シタ オンガク サッキョク.” 2013. Web. 26 Feb 2020.

Vancouver:

畦原 . 対話型遺伝的アルゴリズムによる人間の感性を反映した音楽作曲 : タイワガタ イデンテキ アルゴリズム ニヨル ニンゲン ノ カンセイ オ ハンエイ シタ オンガク サッキョク. [Internet] [Thesis]. University of Tsukuba / 筑波大学; 2013. [cited 2020 Feb 26]. Available from: http://hdl.handle.net/2241/6277.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

畦原 . 対話型遺伝的アルゴリズムによる人間の感性を反映した音楽作曲 : タイワガタ イデンテキ アルゴリズム ニヨル ニンゲン ノ カンセイ オ ハンエイ シタ オンガク サッキョク. [Thesis]. University of Tsukuba / 筑波大学; 2013. Available from: http://hdl.handle.net/2241/6277

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

24. Miura, Makoto. Precise measurements of Mu- and Tau-pair production by the VENUS detector.

Degree: 2013, University of Tsukuba / 筑波大学

We have studied μ- and γ-pair production using e+e- collider, TRISTAN at the center of mass energy 57.77 GeV. The data used in this analysis were collected by the VENUS detector from 1990 to 1993 corresponding to 197.59 pb-1. ...

3.23

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Miura, M. (2013). Precise measurements of Mu- and Tau-pair production by the VENUS detector. (Thesis). University of Tsukuba / 筑波大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2241/6278

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Miura, Makoto. “Precise measurements of Mu- and Tau-pair production by the VENUS detector.” 2013. Thesis, University of Tsukuba / 筑波大学. Accessed February 26, 2020. http://hdl.handle.net/2241/6278.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Miura, Makoto. “Precise measurements of Mu- and Tau-pair production by the VENUS detector.” 2013. Web. 26 Feb 2020.

Vancouver:

Miura M. Precise measurements of Mu- and Tau-pair production by the VENUS detector. [Internet] [Thesis]. University of Tsukuba / 筑波大学; 2013. [cited 2020 Feb 26]. Available from: http://hdl.handle.net/2241/6278.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Miura M. Precise measurements of Mu- and Tau-pair production by the VENUS detector. [Thesis]. University of Tsukuba / 筑波大学; 2013. Available from: http://hdl.handle.net/2241/6278

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

25. 田窪, 朋仁. 非ホロノミック拘束を利用する物体の人間・ロボット協調搬送に関する研究 : ヒホロノミック コウソク オ リヨウ スル ブッタイ ノ ニンゲン・ロボット キョウチョウ ハンソウ ニ カンスル ケンキュウ.

Degree: 2013, University of Tsukuba / 筑波大学

第1章 緒論 1.1 本研究の背景 様々な場所でロボットが活躍する現在、一般にロボットといわれるものは産業用ロボットを意味するように、人から隔離された状態で単純な繰り返し動作をするにとどまっている。これらのロボットは人を単純労働から解放し生産性を高め、人々の生活を豊かにするために貢献してきた。これからは、ロボットが ...

筑波大学博士 (工学) 学位論文・平成15年3月25日授与 (甲第3159号)

標題紙、目次  – 第1章 緒論  – 第2章 長尺物の水平面内の協調運搬  – 第3章 3次元空間内の協調運搬  – 第4章 移動マニピュレータを用いた協調運搬  – 第5章 結論  – 謝辞  – 参考文献  – 関連業績一覧

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

田窪, . (2013). 非ホロノミック拘束を利用する物体の人間・ロボット協調搬送に関する研究 : ヒホロノミック コウソク オ リヨウ スル ブッタイ ノ ニンゲン・ロボット キョウチョウ ハンソウ ニ カンスル ケンキュウ. (Thesis). University of Tsukuba / 筑波大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2241/6279

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

田窪, 朋仁. “非ホロノミック拘束を利用する物体の人間・ロボット協調搬送に関する研究 : ヒホロノミック コウソク オ リヨウ スル ブッタイ ノ ニンゲン・ロボット キョウチョウ ハンソウ ニ カンスル ケンキュウ.” 2013. Thesis, University of Tsukuba / 筑波大学. Accessed February 26, 2020. http://hdl.handle.net/2241/6279.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

田窪, 朋仁. “非ホロノミック拘束を利用する物体の人間・ロボット協調搬送に関する研究 : ヒホロノミック コウソク オ リヨウ スル ブッタイ ノ ニンゲン・ロボット キョウチョウ ハンソウ ニ カンスル ケンキュウ.” 2013. Web. 26 Feb 2020.

Vancouver:

田窪 . 非ホロノミック拘束を利用する物体の人間・ロボット協調搬送に関する研究 : ヒホロノミック コウソク オ リヨウ スル ブッタイ ノ ニンゲン・ロボット キョウチョウ ハンソウ ニ カンスル ケンキュウ. [Internet] [Thesis]. University of Tsukuba / 筑波大学; 2013. [cited 2020 Feb 26]. Available from: http://hdl.handle.net/2241/6279.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

田窪 . 非ホロノミック拘束を利用する物体の人間・ロボット協調搬送に関する研究 : ヒホロノミック コウソク オ リヨウ スル ブッタイ ノ ニンゲン・ロボット キョウチョウ ハンソウ ニ カンスル ケンキュウ. [Thesis]. University of Tsukuba / 筑波大学; 2013. Available from: http://hdl.handle.net/2241/6279

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

26. 李, 秀雄. ロボットスーツHALによる脚のハイブリッドインピーダンス調整と関節モーメントの適応的調整に関する研究 : Research on hybrid impedance adjustment of lower limb and adaptive estimation method of joint moment by robot suit, HAL; ロボット スーツ HAL ニヨル アシ ノ ハイブリッド インピーダンス チョウセイ ト カンセツ モーメント ノ テキオウテキ チョウセイ ニ カンスル ケンキュウ.

Degree: 2013, University of Tsukuba / 筑波大学

筑波大学博士 (工学) 学位論文・平成17年3月25日授与 (甲第3698号)

著者の希望により学内のみ公開

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

李, . (2013). ロボットスーツHALによる脚のハイブリッドインピーダンス調整と関節モーメントの適応的調整に関する研究 : Research on hybrid impedance adjustment of lower limb and adaptive estimation method of joint moment by robot suit, HAL; ロボット スーツ HAL ニヨル アシ ノ ハイブリッド インピーダンス チョウセイ ト カンセツ モーメント ノ テキオウテキ チョウセイ ニ カンスル ケンキュウ. (Thesis). University of Tsukuba / 筑波大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2241/6280

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

李, 秀雄. “ロボットスーツHALによる脚のハイブリッドインピーダンス調整と関節モーメントの適応的調整に関する研究 : Research on hybrid impedance adjustment of lower limb and adaptive estimation method of joint moment by robot suit, HAL; ロボット スーツ HAL ニヨル アシ ノ ハイブリッド インピーダンス チョウセイ ト カンセツ モーメント ノ テキオウテキ チョウセイ ニ カンスル ケンキュウ.” 2013. Thesis, University of Tsukuba / 筑波大学. Accessed February 26, 2020. http://hdl.handle.net/2241/6280.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

李, 秀雄. “ロボットスーツHALによる脚のハイブリッドインピーダンス調整と関節モーメントの適応的調整に関する研究 : Research on hybrid impedance adjustment of lower limb and adaptive estimation method of joint moment by robot suit, HAL; ロボット スーツ HAL ニヨル アシ ノ ハイブリッド インピーダンス チョウセイ ト カンセツ モーメント ノ テキオウテキ チョウセイ ニ カンスル ケンキュウ.” 2013. Web. 26 Feb 2020.

Vancouver:

李 . ロボットスーツHALによる脚のハイブリッドインピーダンス調整と関節モーメントの適応的調整に関する研究 : Research on hybrid impedance adjustment of lower limb and adaptive estimation method of joint moment by robot suit, HAL; ロボット スーツ HAL ニヨル アシ ノ ハイブリッド インピーダンス チョウセイ ト カンセツ モーメント ノ テキオウテキ チョウセイ ニ カンスル ケンキュウ. [Internet] [Thesis]. University of Tsukuba / 筑波大学; 2013. [cited 2020 Feb 26]. Available from: http://hdl.handle.net/2241/6280.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

李 . ロボットスーツHALによる脚のハイブリッドインピーダンス調整と関節モーメントの適応的調整に関する研究 : Research on hybrid impedance adjustment of lower limb and adaptive estimation method of joint moment by robot suit, HAL; ロボット スーツ HAL ニヨル アシ ノ ハイブリッド インピーダンス チョウセイ ト カンセツ モーメント ノ テキオウテキ チョウセイ ニ カンスル ケンキュウ. [Thesis]. University of Tsukuba / 筑波大学; 2013. Available from: http://hdl.handle.net/2241/6280

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

27. 向川, 康博. 実画像の組合せによる任意方向・任意表情の顔画像生成に関する研究 : ジツガゾウ ノ クミアワセ ニヨル ニンイ ホウコウ ニンイ ヒョウジョウ ノ カオ ガゾウ セイセイ ニカンスル ケンキュウ.

Degree: 2013, University of Tsukuba / 筑波大学

第1章 序論 人間の顔画像には、特定個人の特徴だけでなく、表情表現など多くの情報が含まれており、我々の視覚系はこれらを的確にとらえることができる。そのため、高度なマンマシンインターフェースの実現に向けてコンピュータグラフイクス(CG)によって顔画像を生成する研究が行われている。任意方向から見た場合の任意の表情変化を持った顔画像を生成する技術は、例えばTV会議システム、服装シュミレーション、仮想俳優など、さまざまな ...

筑波大学博士 (工学) 学位論文・平成9年3月24日授与 (甲第1717号)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

向川, . (2013). 実画像の組合せによる任意方向・任意表情の顔画像生成に関する研究 : ジツガゾウ ノ クミアワセ ニヨル ニンイ ホウコウ ニンイ ヒョウジョウ ノ カオ ガゾウ セイセイ ニカンスル ケンキュウ. (Thesis). University of Tsukuba / 筑波大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2241/6281

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

向川, 康博. “実画像の組合せによる任意方向・任意表情の顔画像生成に関する研究 : ジツガゾウ ノ クミアワセ ニヨル ニンイ ホウコウ ニンイ ヒョウジョウ ノ カオ ガゾウ セイセイ ニカンスル ケンキュウ.” 2013. Thesis, University of Tsukuba / 筑波大学. Accessed February 26, 2020. http://hdl.handle.net/2241/6281.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

向川, 康博. “実画像の組合せによる任意方向・任意表情の顔画像生成に関する研究 : ジツガゾウ ノ クミアワセ ニヨル ニンイ ホウコウ ニンイ ヒョウジョウ ノ カオ ガゾウ セイセイ ニカンスル ケンキュウ.” 2013. Web. 26 Feb 2020.

Vancouver:

向川 . 実画像の組合せによる任意方向・任意表情の顔画像生成に関する研究 : ジツガゾウ ノ クミアワセ ニヨル ニンイ ホウコウ ニンイ ヒョウジョウ ノ カオ ガゾウ セイセイ ニカンスル ケンキュウ. [Internet] [Thesis]. University of Tsukuba / 筑波大学; 2013. [cited 2020 Feb 26]. Available from: http://hdl.handle.net/2241/6281.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

向川 . 実画像の組合せによる任意方向・任意表情の顔画像生成に関する研究 : ジツガゾウ ノ クミアワセ ニヨル ニンイ ホウコウ ニンイ ヒョウジョウ ノ カオ ガゾウ セイセイ ニカンスル ケンキュウ. [Thesis]. University of Tsukuba / 筑波大学; 2013. Available from: http://hdl.handle.net/2241/6281

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

28. 水田, 泰治. レーザーアブレーション法による可視発光Siナノ微粒子の生成ダイナミックスと表面修飾 : 時間分解測定 : レーザーアプレーションホウ ニヨル カシ ハッコウ Siナノ ビリュウシ ノ セイセイ ダイナミックス ト ヒョウメン シュウショク : ジカン ブンカイ ソクテイ.

Degree: 2013, University of Tsukuba / 筑波大学

現代の半導体産業の中心であるシリコン(SI)は間接還移型半導体であり、発光効率は非常に低い。しかし、数nmのオーダーにすることにより、ナノ構造Si(Siナノ微粒子)は可視発光する。Siナノ微粒子は希ガス中でのレーザーアブレーションにより、気相中で生成することができる。レーザーアブレーションのパルス的な特長を利用することで、Siナノ微粒子の表面装飾や不純物ドーピングが可能になると期待できる。これらを実現するためには、Siナノ微粒子の生成過程を明らかにすることは非常に重要であるが、生成過程には未解明な部分がある。その原因として、数nmの微粒子を検出する手法がないことがある。 本研究では、第一にナノ微粒子を検出する手法の開発を目的とし、時間分解フォトルミネッセンス(PL)法とレーザー分解法という二種類の手法を開発した。どちらの手法も気相中に存在するSiナノ微粒子に、任意の時間遅延を付けた第二のパルスレーザー光を照射し、Siナノ微粒子を検出する。時間分解PL法は、レーザー光照射によってSiナノ微粒子を励起し、Siナノ微粒子のPLを観測することで微粒子を検出する手法である。レーザー分解法は、高エネルギー密度でレーザー光を照射し、Siナノ微粒子をSi原子やイオンに分解することで得られる発光を観測し、Siナノ微粒子を検出する手法である。この手法の特長はPLを示さないSiナノ微粒子まで分解して検出することができることである。 第二に、上記の二種類の検出手法を用いて、Siナノ微粒子の生成過程を調べた。Siナノ微粒子を生成する際の希ガスの圧力を2Torrから10Torrまで増加した場合では、2.5msから0.6msとSiナノ微粒子の生成が早くなる。また、アブレーションレーザー光のエネルギー密度が約3.5~10J/c㎡でSiナノ微粒子を生成した場合、0.7~1.5msにおいてSiナノ微粒子は生成する。これから、雰囲気ガスの圧力とアブレーションレーザー光のエネルギー密度を制御することで、Siナノ微粒子が生成する時間を制御できることが明らかになった。さらに、Siナノ微粒子が生成する時間は、生成条件に依らず、電子系のエネルギー散逸に要する時間(~1ms前後)とほぼ一致することがわかった。また、Siナノ微粒子の検出に用いるレーザー光の波長を変化させた結果、気相中にあるSiナノ微粒子の平均サイズが約3nmであると見積もることができた。 第三に、Siナノ微粒子の生成を水素ガス或いは酸素ガスを含む雰囲気ガス中で行い、Siナノ微粒子の表面装飾を試みた。希ガス中で生成したSiナノ微粒子のPLスペクトルは600~700nmにピークがあり、Si 分子の解離による振動構造が観測される。しかし、水素化Siナノ微粒子のPLスペクトルは、1)550nm付近に新たなピークが出現し、2)水素がない場合に観測された振動構造が消滅し、Siナノ微粒子からSi 分子の解離が抑制される。一方、1mTorr以上の酸素ガス中で生成した酸化Siナノ微粒子は、酸化によりSiコアが消えるため、第二レーザー光が吸収されず、PLを示さない。このように、レーザーアブレーションにより水素化または酸化Siナノ微粒子を生成できることが明らかになった。

筑波大学博士 (工学) 学位論文・平成15年3月25日授与 (甲第3162号)

標題紙,論文要旨,目次  – 第1章 序論  – 第2章 手法開発と検出手法  – 第3章 Siナノ微粒子の生成過程  – 第4章 Siナノ微粒子の表面修飾  – 第5章 結論  – 謝辞、業績リスト

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

水田, . (2013). レーザーアブレーション法による可視発光Siナノ微粒子の生成ダイナミックスと表面修飾 : 時間分解測定 : レーザーアプレーションホウ ニヨル カシ ハッコウ Siナノ ビリュウシ ノ セイセイ ダイナミックス ト ヒョウメン シュウショク : ジカン ブンカイ ソクテイ. (Thesis). University of Tsukuba / 筑波大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2241/6282

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

水田, 泰治. “レーザーアブレーション法による可視発光Siナノ微粒子の生成ダイナミックスと表面修飾 : 時間分解測定 : レーザーアプレーションホウ ニヨル カシ ハッコウ Siナノ ビリュウシ ノ セイセイ ダイナミックス ト ヒョウメン シュウショク : ジカン ブンカイ ソクテイ.” 2013. Thesis, University of Tsukuba / 筑波大学. Accessed February 26, 2020. http://hdl.handle.net/2241/6282.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

水田, 泰治. “レーザーアブレーション法による可視発光Siナノ微粒子の生成ダイナミックスと表面修飾 : 時間分解測定 : レーザーアプレーションホウ ニヨル カシ ハッコウ Siナノ ビリュウシ ノ セイセイ ダイナミックス ト ヒョウメン シュウショク : ジカン ブンカイ ソクテイ.” 2013. Web. 26 Feb 2020.

Vancouver:

水田 . レーザーアブレーション法による可視発光Siナノ微粒子の生成ダイナミックスと表面修飾 : 時間分解測定 : レーザーアプレーションホウ ニヨル カシ ハッコウ Siナノ ビリュウシ ノ セイセイ ダイナミックス ト ヒョウメン シュウショク : ジカン ブンカイ ソクテイ. [Internet] [Thesis]. University of Tsukuba / 筑波大学; 2013. [cited 2020 Feb 26]. Available from: http://hdl.handle.net/2241/6282.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

水田 . レーザーアブレーション法による可視発光Siナノ微粒子の生成ダイナミックスと表面修飾 : 時間分解測定 : レーザーアプレーションホウ ニヨル カシ ハッコウ Siナノ ビリュウシ ノ セイセイ ダイナミックス ト ヒョウメン シュウショク : ジカン ブンカイ ソクテイ. [Thesis]. University of Tsukuba / 筑波大学; 2013. Available from: http://hdl.handle.net/2241/6282

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

29. Chin, Ko. Efficient algorithms for memory and processor allocation in parallel processing systems.

Degree: 2013, University of Tsukuba / 筑波大学

In this dissertation,optimal memory and processor allocation algorithms for parallel database processing are presented. Optimal memory allocation is one of the most important factors for… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Chin, K. (2013). Efficient algorithms for memory and processor allocation in parallel processing systems. (Thesis). University of Tsukuba / 筑波大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2241/6283

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Chin, Ko. “Efficient algorithms for memory and processor allocation in parallel processing systems.” 2013. Thesis, University of Tsukuba / 筑波大学. Accessed February 26, 2020. http://hdl.handle.net/2241/6283.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Chin, Ko. “Efficient algorithms for memory and processor allocation in parallel processing systems.” 2013. Web. 26 Feb 2020.

Vancouver:

Chin K. Efficient algorithms for memory and processor allocation in parallel processing systems. [Internet] [Thesis]. University of Tsukuba / 筑波大学; 2013. [cited 2020 Feb 26]. Available from: http://hdl.handle.net/2241/6283.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Chin K. Efficient algorithms for memory and processor allocation in parallel processing systems. [Thesis]. University of Tsukuba / 筑波大学; 2013. Available from: http://hdl.handle.net/2241/6283

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

30. 諸上, 茂光. 視覚系における情報統合および連合記憶のメカニズム : シカクケイ ニオケル ジョウホウ トウゴウ オヨビ レンゴウ キオク ノ メカニズム.

Degree: 2013, University of Tsukuba / 筑波大学

第1章 序論 1.1 はじめに 脳は科学最後の砦であると言われている.脳の構造や機能を解明しようとする取り組みは16世紀から17世紀のあたりから始まったといわれているが、21世紀に入った今でも、まだまだ多くの未解明な部分が残っている. 初期の脳研究は解剖学的な手法や心理学的な手法が多く用いられていた.解剖学的な研究では、脳がどのような種類の神経細胞で構成されているのかや、線継結合などの様子を ...

筑波大学博士 (工学) 学位論文・平成17年3月25日授与 (甲第3697号)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

諸上, . (2013). 視覚系における情報統合および連合記憶のメカニズム : シカクケイ ニオケル ジョウホウ トウゴウ オヨビ レンゴウ キオク ノ メカニズム. (Thesis). University of Tsukuba / 筑波大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2241/6284

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

諸上, 茂光. “視覚系における情報統合および連合記憶のメカニズム : シカクケイ ニオケル ジョウホウ トウゴウ オヨビ レンゴウ キオク ノ メカニズム.” 2013. Thesis, University of Tsukuba / 筑波大学. Accessed February 26, 2020. http://hdl.handle.net/2241/6284.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

諸上, 茂光. “視覚系における情報統合および連合記憶のメカニズム : シカクケイ ニオケル ジョウホウ トウゴウ オヨビ レンゴウ キオク ノ メカニズム.” 2013. Web. 26 Feb 2020.

Vancouver:

諸上 . 視覚系における情報統合および連合記憶のメカニズム : シカクケイ ニオケル ジョウホウ トウゴウ オヨビ レンゴウ キオク ノ メカニズム. [Internet] [Thesis]. University of Tsukuba / 筑波大学; 2013. [cited 2020 Feb 26]. Available from: http://hdl.handle.net/2241/6284.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

諸上 . 視覚系における情報統合および連合記憶のメカニズム : シカクケイ ニオケル ジョウホウ トウゴウ オヨビ レンゴウ キオク ノ メカニズム. [Thesis]. University of Tsukuba / 筑波大学; 2013. Available from: http://hdl.handle.net/2241/6284

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

[1] [2] [3] [4] [5] … [447]

.