Advanced search options

Advanced Search Options 🞨

Browse by author name (“Author name starts with…”).

Find ETDs with:

in
/  
in
/  
in
/  
in

Written in Published in Earliest date Latest date

Sorted by

Results per page:

Sorted by: relevance · author · university · dateNew search

You searched for publisher:"Tokyo Metropolitan University". Showing records 1 – 30 of 1428 total matches.

[1] [2] [3] [4] [5] … [48]

Search Limiters

Last 2 Years | English Only

Languages

▼ Search Limiters

1. 何, 夢瑩. 中国農村部「留守高齢者」の生活実態と支援策に関する研究 : 江西省上饒市余幹県三塘郷劉家村を事例として.

Degree: 修士(社会学), 2017, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京

【問題提起】国際的な解釈では、WHOや国連(1982年)の定義を参照すると、60歳以上の人口が全体の10%、65歳以上の人口が全体の7%を超えた場合に高齢化社会となる。2000年に中国では60歳以上の人口比率は既に10%に達し、高齢化社会に突入した。その後、中国政府は日々深刻化してくる高齢化問題を解決する為に、医療、経済等の面において相次ぐ高齢者支援政策を打ち出した。一方、1980年代から工業化や都市化の進展に伴い、大量の“農民工”が誕生し、農村部では「留守問題」が発生し始めた。「留守問題」の中で子ども達が出稼ぎに行き、農村部に残された高齢者を「留守高齢者」という。都市部の発展に伴い、農村部から都市部へ出稼ぎ若年者が増えてくる。その結果、農村部に残された高齢者も増えてくる。従って、中国高齢化問題の中で「留守高齢者」という特別な対象者が生まれた。その特別な状況に対して、一般の高齢者と違い、より農村部の「留守高齢者」の需要を満たせる政策が必要である。しかし、現段階の高齢者支援政策はまだ「留守高齢者」のことを考えていないだけでなく、高齢者支援政策の実行力も弱い。故に、本研究はまだ特別な対象者になっていない農村部の「留守高齢者」達が一般の高齢者と同じようなサービスや権利を享受できるかどうか、又は既存の高齢者支援政策が「留守高齢者」の本当の需要を満たせるかどうかについて検討することが目的とする。【先行研究の検討】1980年代以前、中国においては、高齢者に関する研究は一切なかった。中国の高齢化は他の先進国より始まった時期が遅いから、高齢者に関する研究も相対的に遅れて出て来た。実際に“高齢化”という言葉が初めて認知されるようになったのは1982年にウィーンで開かれた第一回高齢問題世界大会1で提出されてからのことである。その以後、中国国内の学術研究者達は高齢化問題に対して興味を持ち始め、高齢化問題に関する研究も登場し始めた。その中で、農村部の「留守高齢者」の生活や老後の養老問題についての研究が多い。「留守高齢者」の生活に対する研究は主に「留守高齢者」の経済状況、日常生活や精神状況の三つの面である。子どもの出稼ぎによって、農村部の「留守高齢者」の経済状況や精神状況がより悪くなってくることがあり、日々困難な老後生活を送っているという研究結果があった。また、生活や養老問題以外の社会支援に対する研究もある。研究者達は農村部の「留守高齢者」の養老問題を解決することを提案し、国家的な高齢者支援政策に対する検討も行った。その結果、新型農村合作医療制度の実行が予期の結果と合わない、医療制度の実行力が弱い等問題点を発見した。養老保障制度の中で、新型農村合作医療制度以外の各種類の保障政策の加入率が低く、政策の保障水準も低いと分かった。しかし、農村部の「留守高齢者」の生活が本当にそうなのか、国家的な高齢者支援政策が「留守高齢者」に対して一体どんな役割を担っているのかがまだはっきり分かっていない。故に、既存の研究結果に基づき、農村部「留守高齢者」の生活実態を明らかにすること、また国家的な高齢者支援政策の運用程度を明らかにすることが本論文の目的である。【研究の成果】1)中国高齢化の特徴の解明 世界各国の進展状況と同じように、2000年から中国も高齢化社会に突入した。しかし、中国の高齢化の特徴は規模が大きく、発展スピードが速いということがある。そして、もう一つの大きな特徴は、豊かになる前に高齢化してしまうという点である。従って、ほかの先進国と比べ、中国は高齢化問題を解決するのはより困難になっている。更に、1980年代末から、農村部の若年労働者が都市に移動することによって、農村部では「留守家族」という問題が出て来た。「留守家族」問題の中で子ども達が面倒を見てくれず、農村部に残された「留守高齢者」が生まれた。「留守高齢者」は一般の高齢者と違い、子ども達が側にいなく、いざという時に支援してくれる人もいない。普段は、家の農作業や家事が全て自分で負担し、寂しい時には隣人同士と会話するしかない現状がある。従って、中国の高齢化問題を解決する為には、上記のような特徴を考えなければならない。とりわけ、農村部の「留守高齢者」その実態に相応しい政策を立案する必要がある。2)政策に対する検討及びインタビュー調査の結果 現段階で打ち出された農村最低生活保障制度2、社会養老保険制度、五保供養制度3、新型農村合作医療制度4や“80歳以上”高齢補助制度5等の制度の内容を見ると、どんな支援制度でも農村部の「留守高齢者」は特別な対象者となっていないことが分かった。実際に劉家村の「留守高齢者」達を調査してみると、“80歳以上の高齢者補助制度”の実行力が足りず、上海、北京のような大都市では実行されている高齢者補助制度は劉家村では利用している「留守高齢者」が一人もいない。新型農村合作医療制度(新農合)の加入率が100%にもかかわらず、補助金の申請手続きが煩雑である、補助金額が少ない、重病ではない場合は減免できない等の問題があり、新型農村合作医療制度がまだ不完全であることが分かった。要するに、現段階で実行された新型農村合作医療制度は農村部の「留守高齢者」のニーズを満たすことができでいないと言えるだろう。また、劉家村では社会養老保険制度(新農保)6を享受できる権利を売買する人(1人)が存在している。従って、中国政府は国家の高齢者支援政策に対する管理がまだ十分されていない問題点が分かった。五保供養制度を調査してみると、一般の高齢者が享受できる支援政策が「留守高齢者」が享受できないことがある。従って、既存の高齢者支援政策がまだ農村部の「留守高齢者」の養老問題を解決することはできていないと分かった。今後、中国の高齢化問題を解決する為に、現段階の高齢者支援政策を改善しなければならない。中国の高齢化問題に対して、より完備な高齢者支援政策が必要である。【研究意義】従来の農村部の「留守高齢者」研究には、「留守高齢者」の生活、経済状況や精神状況等に対する研究が多い。本研究は農村部の「留守高齢者」の生活、経済状況や精神状況に限定するのではなく、「留守高齢者」達が利用している高齢者支援政策についても分析した。その視点で、国家的な高齢者支援政策が農村部の「留守高齢者」に対する役割を明らかにした。今回のインタビュー調査を通して、国家的な支援策が実施しているものの、まだ農村部の「留守高齢者」の養老問題を解決することができていないことが分かった。【今後の課題】本研究に、劉家村の「留守高齢者」の生活現状や精神状況だけでなく、国家的な高齢者支援政策についても検討した。検討した結果、国家的な高齢者支援政策は農村部の「留守高齢者」の養老問題をまだ解決できていない状態と分かった。政策の内容や実行力等において、十分ではない所があり、検討し直すべきである。しかし、中国の農村部は数えきれないほどあり、一つ農村部の調査データは中国全体の事情を体表することができない。その為、より多くの農村部を調査し、たくさんの調査データを入手する必要がある。更に、今回の事例調査ではまだ検討できていない支援政策があり、今後その残りの支援政策に対する検討も必要である。

首都大学東京, 2017-03-25, 修士(社会学)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

何, . (2017). 中国農村部「留守高齢者」の生活実態と支援策に関する研究 : 江西省上饒市余幹県三塘郷劉家村を事例として. (Thesis). Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Retrieved from http://hdl.handle.net/10748/00009577

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

何, 夢瑩. “中国農村部「留守高齢者」の生活実態と支援策に関する研究 : 江西省上饒市余幹県三塘郷劉家村を事例として.” 2017. Thesis, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Accessed October 24, 2017. http://hdl.handle.net/10748/00009577.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

何, 夢瑩. “中国農村部「留守高齢者」の生活実態と支援策に関する研究 : 江西省上饒市余幹県三塘郷劉家村を事例として.” 2017. Web. 24 Oct 2017.

Vancouver:

何 . 中国農村部「留守高齢者」の生活実態と支援策に関する研究 : 江西省上饒市余幹県三塘郷劉家村を事例として. [Internet] [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2017. [cited 2017 Oct 24]. Available from: http://hdl.handle.net/10748/00009577.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

何 . 中国農村部「留守高齢者」の生活実態と支援策に関する研究 : 江西省上饒市余幹県三塘郷劉家村を事例として. [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/10748/00009577

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

2. 劉, 倬帆. ギデンズの構造化理論に関する批判的再検討.

Degree: 修士(社会学), 2017, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京

パーソンズ以降、社会理論にとって、いくつかの解決しなければならない問題がある、その中に、「社会とは何」という存在論的な問いと、「社会学はどのような学問なのか」という学問位置づけの問い、この二つが極めて基礎的かつ重大な問題であろう。この二つの問いに対して、イギリスの社会学者アンソニー・ギデンズが既存の社会理論を批判し、そのうえで、構造化理論を提出することによって、新たな回答と方向を提示した。しかし、日本におけるギデンズの構造化理論の理解について、ギデンズの科学的思想への関心が不十分、ギデンズの構造化理論の社会学または社会科学の原論の意義に対する認識が不十分、さらに、ギデンズが扱った個々の論点から出発し、それについて断片的に議論する研究が多い、ギデンズの思想そのものに対する認識が不十分、こうした問題を指摘しなければならない。それゆえ、ギデンズがこの二つの問題に対してどのように回答したか、既存の社会理論をどのように乗り越えたかということも認識できていないままである。本論文の課題は基本的にギデンズの構造化理論を十全に理解することに置かれる。第一章から、「デュルケーム・パーソンズによって定式化された社会学に対する科学的批判」の中で、ギデンズの自然主義批判を議論するとともに、「社会学はどのような学問なのか」という問いに対してギデンズの回答を確認する。結論から言えば、ギデンズが「実践によって出来上がった相互理解」を社会的世界の基盤とし、そうした基盤が存在するからこそ、社会的世界が自然的世界から区別することができると主張している。また、こうした「実践によって出来上がった相互理解」は行為者のみならず社会学者にも利用されているという点から、社会科学研究は主体主体との関係であり、自然科学のような主体客体との関係とは区別することもできる。こうした二重の解釈学の原理によって、社会科学は自然科学の実証主義を素朴に従うことができなく、批判主義的な学問性格を持つのである。すなわち、社会学は規律を探り出す学問ではなく、さまざまなこと批判することによって、より良い社会を作り出す学問なのである。具体的に言えば、ギデンズは「実践によって出来上がった相互理解」の中の命題化された部分を常識と名付け、それについて批判的評価は可能であると主張している。批判主義的社会学の批判する対象が、こうした常識なのである(イデオロギー批判も常識批判へ属する)。また、ギデンズが認知言語学者ライコフとかなり近い立場から、機能主義の認知的基盤は有機体メタファーであることを指摘し、すなわち、有機体メタファーなしには社会を実体として認識することがあり得ない、機能主義者は口にしなくても暗に有機体メタファーに導かれている、その認知的プロセスには正当性がない、ということをギデンズは指摘している。こうしたことによって、ギデンズは機能主義の立場をなくさせたのである。「二元論に対する存在論的批判」の中で、マルクスの実践概念から考察することによって、ギデンズの二元論に対する批判がマルクスから引き継いだ実践概念を中心として展開しているということを明らかにし、、「社会とは何」という問いに対して、ギデンズの回答を確認する。結論から言えば、ギデンズの「社会観」は以下のようなものである: 主体と客体両方とも実践の中で形成かつ再形成され、一刻も止まることなくずっと実践の中で変化していくものである。また、「人間行為者は何もないところから寄り集まって融合もしくは結合し、新しい統一体を形成するのではない。」(Giddens,1984=2015:206)こうした実践は決して個人の実践ではなく、複数の行為者が組成する集団の実践なのである。行為者らは実践を通して自然的世界を認識し、改造していくのである。この意味で、実践は時間の厚さと空間の幅を持った流れのようなものにほかならない。こうした実践の流れが歴史なのである。つまり、社会とは、決して社会実在論者や社会名目論者が言うような静止的なものではなく、時間一空間における、絶え間もなく動き出していく主体らと主体らによって対象化され変化されていく客体の運動的総合なのである。こうしたギデンズの基本的な立場を確認した上で、第二章から構造化理論の基本的構成を議論し、そして、そのすべてを踏まえて、第三章から構造化理論における構造概念の間主体性、創発性、さらに構造と主体との間に存在する視角転換を議論し、構造化理論の重大な問題点を明らかにする。すなわち、実践の原理から言えば、構造化理論における構造が実践によって内容が充実される。同じ「客体」であってもそれに加えた実践が異なるのであれば、諸行為者の記憶の痕跡として存在している構造が必ず異なる。つまり、構造は社会中に通用するものである限り、特定の個人の実践へ依存することができなく、集団の実践へ依存するのである。特定の個人の記憶の痕跡へ依存することができなく、社会的システムの諸メンバーの記憶の痕跡の全体へ依存するのである。つまり、構造化理論における構造概念は間主体的な概念に他ならない。こうした間主観的な構造は、過去において通用してきたが、未来においては必ずしも通用するわけではない。その意味で、構造概念がそもそも未来における通用可能性を保証しているゆえに、かなり不純粋なものである。その意味においてのみ、構造化理論における構造が創発性を持つのである。そして、こうした間主体的な本質を解明することによって、構造化理論における主体論と構造論の間には隠されている視角転換が存在しており、間主体的な理論が欠けているという問題点を明らかにする。その延長線上に、本論文は間主体的な理論と構造概念の時効性を導入することを呼んでおり、そうすることによって、構造化理論がより細緻化することができると主張する。

Since Parsons, there have been some questions of social theory that need to be solved, of which the ontological question: "What is a… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

劉, . (2017). ギデンズの構造化理論に関する批判的再検討. (Thesis). Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Retrieved from http://hdl.handle.net/10748/00009578

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

劉, 倬帆. “ギデンズの構造化理論に関する批判的再検討.” 2017. Thesis, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Accessed October 24, 2017. http://hdl.handle.net/10748/00009578.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

劉, 倬帆. “ギデンズの構造化理論に関する批判的再検討.” 2017. Web. 24 Oct 2017.

Vancouver:

劉 . ギデンズの構造化理論に関する批判的再検討. [Internet] [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2017. [cited 2017 Oct 24]. Available from: http://hdl.handle.net/10748/00009578.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

劉 . ギデンズの構造化理論に関する批判的再検討. [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/10748/00009578

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

3. 中島, 一稀. 身体的温かさと性格的温かさの相互作用 : 自己・他者評定の順序および性役割観の効果を含めた検証.

Degree: 修士(心理学), 2017, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京

この研究は身体的温かさと性格的温かさの相互作用を身体性認知の観点から検討したものである。実験1では身体の温かさ/冷たさ感覚が自己・他者評定に与える影響を実験室実験によって検証した。その結果、想定していた温度の影響は見られず、「暑い中で冷たいものを持つと自己および他者の評定が高くなる」という気分一致効果が確認された。また、この効果は男性参加者の性役割態度や評定順序によって調整されており、伝統主義的性役割観を持つ男性と平等主義的性役割観を持つ男性の“男女間の序列意識”や“女性のサブカテゴリー表象”の差異が気分一致効果を促進または抑制すること示唆されていた。実験2では実験1とは因果関係を逆転させ、評定他者の性格的温かさと有能さが周囲の環境の温度推定に及ぼす影響を質問紙実験によって検証した。その結果、女性参加者は直前に見た人物の性格的温かさや好意の高さによって室温推定を高めることが示唆されていた。これは性格的温かさ特性と有能さ特性が負の関係となっている他者を見ても身体性による影響が見られることを示唆していた。ただし、室温推定のパターンには性差が確認され、伝統主義的な男性ではキャリア的女性を見ると室温を高く推定するようになるという、女性とは異なる結果が見られた。また、実験1で示唆された「性役割観と評定順序の影響」についても検証を行ったが、自己評定については事前評定の高低によって変化量が既定される回帰が実験要因の影響と交絡する形で見られた。他者評定については男女問わず家庭的女性を“温かく能力が低い”と、キャリア的女性を“冷たく能力が高い”と評定することが示されていた。また、伝統主義的な参加者は、キャリア的な女性に対する好意をより高く評定することが確認された。温度による影響が男女で異なる点や他者評定が性役割態度で異なる点については、更なる検証とより包括的な解釈を要することが示唆された。

首都大学東京, 2017-03-25, 修士(心理学)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

中島, . (2017). 身体的温かさと性格的温かさの相互作用 : 自己・他者評定の順序および性役割観の効果を含めた検証. (Thesis). Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Retrieved from http://hdl.handle.net/10748/00009582

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

中島, 一稀. “身体的温かさと性格的温かさの相互作用 : 自己・他者評定の順序および性役割観の効果を含めた検証.” 2017. Thesis, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Accessed October 24, 2017. http://hdl.handle.net/10748/00009582.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

中島, 一稀. “身体的温かさと性格的温かさの相互作用 : 自己・他者評定の順序および性役割観の効果を含めた検証.” 2017. Web. 24 Oct 2017.

Vancouver:

中島 . 身体的温かさと性格的温かさの相互作用 : 自己・他者評定の順序および性役割観の効果を含めた検証. [Internet] [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2017. [cited 2017 Oct 24]. Available from: http://hdl.handle.net/10748/00009582.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

中島 . 身体的温かさと性格的温かさの相互作用 : 自己・他者評定の順序および性役割観の効果を含めた検証. [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/10748/00009582

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

4. 森川, 健太. 印象形成におけるカテゴリー・アクセシビリティ効果に確信が与える影響.

Degree: 修士(心理学), 2017, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京

カテゴリー・アクセシビリティ効果(以下,CA効果)が自分の考えに伴う確信によって調整されるかを検討するために,印象形成課題(Bargh & Pietromonaco, 1982)を改変した2つの実証研究を行った。研究1(N = 76)では,特性語の閾下呈示によって,カテゴリーのアクセシビリティを操作した後,頭を縦か横に動かしたままストーリーを聞かせ,確信を操作し,登場⼈物の印象を尋ねた。研究2(N = 45)では,研究1と同様の方法で特性コンストラクトの接近可能性を操作し,ストーリーを聞かせた後に,経験想起によって確信を操作し,登場人物の印象を尋ねた。実験の結果,研究1ではCA効果が観察された。しかし,確信によってCA効果が調整されるという本研究の仮説を支持する結果は,いずれの実証研究でも得られなかった。本研究の貢献点として,日本国内でこれまで用いられてきた閾下プライムの手続きよりも,実験状況の構築・統制の容易な手続きを確立した点が挙げられる。

首都大学東京, 2017-03-25, 修士(心理学)

Subjects/Keywords: プライミング効果; カテゴリー・アクセシビリティ効果; 自己妥当化; 印象形成; priming effect; category accessibility effect; self-validation; impression formation

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

森川, . (2017). 印象形成におけるカテゴリー・アクセシビリティ効果に確信が与える影響. (Thesis). Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Retrieved from http://hdl.handle.net/10748/00009583

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

森川, 健太. “印象形成におけるカテゴリー・アクセシビリティ効果に確信が与える影響.” 2017. Thesis, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Accessed October 24, 2017. http://hdl.handle.net/10748/00009583.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

森川, 健太. “印象形成におけるカテゴリー・アクセシビリティ効果に確信が与える影響.” 2017. Web. 24 Oct 2017.

Vancouver:

森川 . 印象形成におけるカテゴリー・アクセシビリティ効果に確信が与える影響. [Internet] [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2017. [cited 2017 Oct 24]. Available from: http://hdl.handle.net/10748/00009583.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

森川 . 印象形成におけるカテゴリー・アクセシビリティ効果に確信が与える影響. [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/10748/00009583

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

5. 矢田, 康人. Induction of speech fluency by using transcranial direct current electrical stimulation and delayed auditory feedback : 経頭蓋直流電気刺激と遅延聴覚フィードバックを用いた発話流暢性の導出.

Degree: 修士(言語科学), 2017, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京

 Stuttering is a speech fluency disorder characterized by word or part-word repetition, prolongation, and silent blocks. Past brain imaging studies have reported functional anomalies in… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

矢田, . (2017). Induction of speech fluency by using transcranial direct current electrical stimulation and delayed auditory feedback : 経頭蓋直流電気刺激と遅延聴覚フィードバックを用いた発話流暢性の導出. (Thesis). Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Retrieved from http://hdl.handle.net/10748/00009588

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

矢田, 康人. “Induction of speech fluency by using transcranial direct current electrical stimulation and delayed auditory feedback : 経頭蓋直流電気刺激と遅延聴覚フィードバックを用いた発話流暢性の導出.” 2017. Thesis, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Accessed October 24, 2017. http://hdl.handle.net/10748/00009588.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

矢田, 康人. “Induction of speech fluency by using transcranial direct current electrical stimulation and delayed auditory feedback : 経頭蓋直流電気刺激と遅延聴覚フィードバックを用いた発話流暢性の導出.” 2017. Web. 24 Oct 2017.

Vancouver:

矢田 . Induction of speech fluency by using transcranial direct current electrical stimulation and delayed auditory feedback : 経頭蓋直流電気刺激と遅延聴覚フィードバックを用いた発話流暢性の導出. [Internet] [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2017. [cited 2017 Oct 24]. Available from: http://hdl.handle.net/10748/00009588.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

矢田 . Induction of speech fluency by using transcranial direct current electrical stimulation and delayed auditory feedback : 経頭蓋直流電気刺激と遅延聴覚フィードバックを用いた発話流暢性の導出. [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/10748/00009588

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

6. 張, 岩. A+I構造と非対格仮説理論 : The A+I construction and Unaccusative Hypoyhesis.

Degree: 修士(言語科学), 2017, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京

This thesis is to study the connection between the Chinese A+I construction (the accusative plus infinitive construction) and Unaccusative Hypothesis under the framework of Generative… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

張, . (2017). A+I構造と非対格仮説理論 : The A+I construction and Unaccusative Hypoyhesis. (Thesis). Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Retrieved from http://hdl.handle.net/10748/00009589

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

張, 岩. “A+I構造と非対格仮説理論 : The A+I construction and Unaccusative Hypoyhesis.” 2017. Thesis, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Accessed October 24, 2017. http://hdl.handle.net/10748/00009589.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

張, 岩. “A+I構造と非対格仮説理論 : The A+I construction and Unaccusative Hypoyhesis.” 2017. Web. 24 Oct 2017.

Vancouver:

張 . A+I構造と非対格仮説理論 : The A+I construction and Unaccusative Hypoyhesis. [Internet] [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2017. [cited 2017 Oct 24]. Available from: http://hdl.handle.net/10748/00009589.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

張 . A+I構造と非対格仮説理論 : The A+I construction and Unaccusative Hypoyhesis. [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/10748/00009589

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

7. 徐, 晗智. 日本語学習者と日本語母語話者の和語動詞と漢語動詞の使用実態の差異 : 作文・意見文を中心に.

Degree: 修士(日本語教育学), 2017, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京

最近、やさしい日本語の研究がよくなされており、文章の硬さ、柔らかさは和語と漢語の使用率に関係があり、漢語動詞を和語動詞に書き換えると文章をやさしくする効果があることが証明された。筆者が書いた学術的なレポートや論文は、多少日本語母語話者が書いたものと異なり、子供っぽいと感じ、言語運用のコンプレックスを感じてしまう。そこで、考えたのは、文章の硬さ、柔らかさには、漢語動詞の多用が影響を与えているのではないかということである。本研究では、そのような仮説を立てて、今回の研究で明らかにしたいのは三点である。①日本語母語話者と学習者の和語・漢語動詞の使用率の差異を明らかにする。②和語・漢語動詞の使用率は文章の内容に関係しているかどうか、さらに、和語動詞と漢語動詞の使用率の観点から、学習者と日本語母語話者が一致するのかどうかを明らかにする。③学習者と日本語母語話者の和語・漢語動詞の使用差異を引き起こす原因を明らかにし、また、書き換え候補となる和語動詞と漢語動詞のペアを学習者に提案する。そこで、本研究は『日本・韓国・台湾の大学生による日本語意見文データベース』と『YUN書き言葉コーパス』を用いて、量的研究と質的研究を行った。その結果、「意見文データ」において、学習者の漢語動詞の使用は日本語母語話者より少ないことが明らかになり、レポートなどのやや硬い文章を書く際に、文章の「硬さ」が足りず、これが不自然な文章だと思われる原因だと考えられる。次に、『YNU書き言葉コーパス』を調査した結果、和語動詞と漢語動詞の使用頻度は文章の内容に関係があることがわかった。そこで、和語動詞と漢語動詞が多用するタスクとそれぞれの特徴をまとめた。このように、和語動詞と漢語動詞の使用率において、母語話者と学習者の使用差異があることを明らかにした。最後に、「意見文データ」と『YNU書き言葉コーパス』のデータを用いて、母語話者と学習者で、和語動詞と漢語動詞の使用に差異が見られた語をいくつか取り上げた。そして、母語話者が多用し、類義語関係にある和語動詞と漢語動詞で書き換え候補となるペアを提案した。

首都大学東京, 2017-03-25, 修士(日本語教育学)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

徐, . (2017). 日本語学習者と日本語母語話者の和語動詞と漢語動詞の使用実態の差異 : 作文・意見文を中心に. (Thesis). Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Retrieved from http://hdl.handle.net/10748/00009592

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

徐, 晗智. “日本語学習者と日本語母語話者の和語動詞と漢語動詞の使用実態の差異 : 作文・意見文を中心に.” 2017. Thesis, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Accessed October 24, 2017. http://hdl.handle.net/10748/00009592.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

徐, 晗智. “日本語学習者と日本語母語話者の和語動詞と漢語動詞の使用実態の差異 : 作文・意見文を中心に.” 2017. Web. 24 Oct 2017.

Vancouver:

徐 . 日本語学習者と日本語母語話者の和語動詞と漢語動詞の使用実態の差異 : 作文・意見文を中心に. [Internet] [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2017. [cited 2017 Oct 24]. Available from: http://hdl.handle.net/10748/00009592.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

徐 . 日本語学習者と日本語母語話者の和語動詞と漢語動詞の使用実態の差異 : 作文・意見文を中心に. [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/10748/00009592

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

8. 徐, 陽. 中国語を母語とする日本語学習者による外来語の聞き取りと産出 : 英語の語彙知識と日本語特殊拍の影響.

Degree: 修士(日本語教育学), 2017, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京

中国語を母語とする日本語学習者(以下CNSと略す)にとって、日本語の外来語の習得は難しいとされているが、英語の語彙知識を有しているため、原語が英語である日本語の外来語の場合、英語の知識をヒントとしているのである。しかし、CNSにとって、中国語(L1)、英語(L2)はいずれもシラプルを基本単位とする言語で、特殊拍は存在しない。そこで、本稿はCNSの外来語における特殊拍の聞き取りと産出の際に、英語の語彙知識がヒントとして用いられているかについて明らかにするため、有意味語と無意味綴りの刺激語を用いて、聞き取りテスト、産出テストを行い、フォローアップインタビューも行った。本調査の結果、聞き取りでは、CNSは日本語の外来語における特殊拍を聞き取る際に、英語の語彙知識はヒントとして用いていることが明らかになった。さらに、学習期間の上位群にとって、英語の語彙知識が正の影響を与えやすい。最後に、誤表記の特定傾向について、欠落の間違いパターンが最も多いことも分かった。産出では、CNSは日本語の外来語における特殊拍を産出する際に、英語の語彙知識はヒントとして用いていることが明らかになった。さらに、産出の際に、英語の語彙知識は早い段階ですでにCNSに影響を与えていると考えられる。最後に、産出における特殊拍の間違いの傾向について、欠落の間違いパターンが最も多いことも分かった。調査対象者の内省から、CNSは日本語の外来語を習得する際に、英語の語彙知識を援用していることが分かった。特に、特殊拍の部分に関しては、英語の語彙知識を援用する調査対象者は、形態的知識を多用していることが明らかになった。これらのことから、CNSの外来語における特殊拍の聞き取りと産出の際に、英語の語彙知識がヒントとして用いられていること明らかになった。その現状に配慮し、外来語指導や音声教育を向上させるため、借用語適応の規則をCNSに明示すべきだと考えられる。

首都大学東京, 2017-03-25, 修士(日本語教育学)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

徐, . (2017). 中国語を母語とする日本語学習者による外来語の聞き取りと産出 : 英語の語彙知識と日本語特殊拍の影響. (Thesis). Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Retrieved from http://hdl.handle.net/10748/00009593

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

徐, 陽. “中国語を母語とする日本語学習者による外来語の聞き取りと産出 : 英語の語彙知識と日本語特殊拍の影響.” 2017. Thesis, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Accessed October 24, 2017. http://hdl.handle.net/10748/00009593.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

徐, 陽. “中国語を母語とする日本語学習者による外来語の聞き取りと産出 : 英語の語彙知識と日本語特殊拍の影響.” 2017. Web. 24 Oct 2017.

Vancouver:

徐 . 中国語を母語とする日本語学習者による外来語の聞き取りと産出 : 英語の語彙知識と日本語特殊拍の影響. [Internet] [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2017. [cited 2017 Oct 24]. Available from: http://hdl.handle.net/10748/00009593.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

徐 . 中国語を母語とする日本語学習者による外来語の聞き取りと産出 : 英語の語彙知識と日本語特殊拍の影響. [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/10748/00009593

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

9. 馮, 洋. Three-dimensional Dynamic Analysis of Treadmill Walking : トレッドミル歩行の3次元動力学解析.

Degree: 修士(工学), 2017, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京

 Walking is one of the most basic movements of human beings. The study of walking has been researched for a long time, and it is… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

馮, . (2017). Three-dimensional Dynamic Analysis of Treadmill Walking : トレッドミル歩行の3次元動力学解析. (Thesis). Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Retrieved from http://hdl.handle.net/10748/00009602

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

馮, 洋. “Three-dimensional Dynamic Analysis of Treadmill Walking : トレッドミル歩行の3次元動力学解析.” 2017. Thesis, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Accessed October 24, 2017. http://hdl.handle.net/10748/00009602.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

馮, 洋. “Three-dimensional Dynamic Analysis of Treadmill Walking : トレッドミル歩行の3次元動力学解析.” 2017. Web. 24 Oct 2017.

Vancouver:

馮 . Three-dimensional Dynamic Analysis of Treadmill Walking : トレッドミル歩行の3次元動力学解析. [Internet] [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2017. [cited 2017 Oct 24]. Available from: http://hdl.handle.net/10748/00009602.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

馮 . Three-dimensional Dynamic Analysis of Treadmill Walking : トレッドミル歩行の3次元動力学解析. [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/10748/00009602

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

10. 金澤, 孝昭. 超塑性Al-Mg-Mn合金における動的組織変化.

Degree: 修士(工学), 2017, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京

一般的に構造材料の強度と加工性はトレードオフの関係にあり,その両立は不可能とされている.一方で,金属材料においては結晶粒径を10μm以下,セラミックスにおいては結晶粒径を1μm以下まで微細化することで,高温・低速変形によりネッキング無しで数百%以上の巨大延性を示す超塑性が発現する.この現象を加工技術として応用することにより,加工性に優れた高強度材料を実現することができ,この加工技術は超塑性加工と呼ばれている.超塑性加工は主に航空宇宙分野で利用されており,5000系や7000系をはじめとするアルミニウム合金や,Ti-6Al-4V合金をはじめとするα+β型チタン合金などの軽金属材料の加工に利用されている.超塑性加工の工業的課題の1つとして,超塑性変形中の微視組織変化の予測と制御が挙げられる.一般的に超塑性加工に利用される変形条件であるRegionIIにおいては,結晶粒の動的粗大化が生じることが知られており,特に一部のアルミニウム合金においては変形方向へ異方的に粒成長が生じることが知られている.一方,RegionIIよりも比較的低温・高速側の変形条件であるRegionIIIにおいては,連続動的再結晶による結晶粒の微細化が生じることが知られている.しかし,超塑性材料におけるこれらの動的組織変化について,一般に受け入れられるメカニズムの検討は十分になされていない.これらの動的組織変化に超塑性変形機構である粒界すべりが寄与することが予想されるが,超塑性変形機構と動的組織変化機構を関連付けて検討した研究は少ない.超塑性変形機構を調査している研究の多くは,材料表面で生じた粒界すべりを観察しているが,三次元的に粒界すべりが生じる材料においては,面外方向へ浮上し,周囲から拘束を受けない結晶粒(Floating grain)の存在が問題として挙げられる.Floating grainは,変形のほとんどを担う材料内部と異なる応力場を受けているため,自由表面では材料内部と異なる現象が生じている可能性がある.そのため,動的組織変化機構を議論するためには,材料内部の組織観察が必要である.変形条件により異なる組織変化が生じることから,変形後の材料の力学的特性も変化することが予想される.しかし,動的組織変化と変形後の力学特性について,包括的に調査した研究は少ない.以上のことから,本研究では,超塑性Al-Mg-Mn合金を用いて,工業的に利用価値があるRegionIIとRegionIIIにおける動的組織変化の素過程を理解すること,動的組織変化が変形後の材料の力学的特性に与える影響について調査することを目的とした.本稿は5章構成である.第1章は緒言として,超塑性変形の概要,超塑性変形機構について過去に行われた研究の概要,超塑性加工の用途と工業的課題,超塑性変形中に生じる動的組織変化についての過去の研究の概要についてまとめ,本研究の目的を記した.第2章では実験方法として,本研究で用いた材料の化学組成,高温引張試験に用いた試験片寸法と試験条件,微視組織観察のための試料作製手順と観察条件,変形後の材料の力学的特性を調査するために実施したビッカース硬さ試験の条件について記した.第3章では各種実験の結果を記した.高温引張試験の結果に基づき,変形条件をRegionIからRegionIIIに分類し,RegionIIとRegionIIIに分類された変形条件に焦点を当て,微視組織観察を行った.微視組織観察の結果は,RegionIIにおいては変形方向への異方的粒成長,RegionIIIにおいては連続動的再結晶による結晶粒の微細化が確認された.更に,RegionIIとRegionIIIの変形機構を調査するため,収束イオンビームを用いた表面観察を行い,RegionIIは粒界すべりが主な変形機構であり,RegionIIIでは転位クリープと粒界すべりの両方が寄与していることが確認された.ビッカース硬さ試験の結果では,RegionIIIではHall-Petch則に則り硬化が確認されたが,RegionIIでは大きな軟化が確認された.RegionIIにおいて生じた材料の軟化は,キャビティの形成によるものであることが後の光学顕微鏡観察によって確認された.RegionIIとRegionIIIについて途中止め試験と内部組織観察を行い,結晶粒径,アスペクト比,小角粒界の割合の変化について調査した.第4章では,以上の微視組織観察の結果に基づき,RegionIIとRegionIIIで生じた動的組織変化のメカニズムについて考察した.第5章は結言とし,本研究によって得られた結果と知見をまとめた.更に,付録として本研究で用いた電子線後方散乱回折法の原理,変形中の微視組織,RegionIIIにおける破断部近傍の微視組織についてまとめた.最後に本稿を執筆するにあたり用いた参考文献をまとめ,謝辞を記した.

首都大学東京, 2017-03-25, 修士(工学)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

金澤, . (2017). 超塑性Al-Mg-Mn合金における動的組織変化. (Thesis). Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Retrieved from http://hdl.handle.net/10748/00009603

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

金澤, 孝昭. “超塑性Al-Mg-Mn合金における動的組織変化.” 2017. Thesis, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Accessed October 24, 2017. http://hdl.handle.net/10748/00009603.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

金澤, 孝昭. “超塑性Al-Mg-Mn合金における動的組織変化.” 2017. Web. 24 Oct 2017.

Vancouver:

金澤 . 超塑性Al-Mg-Mn合金における動的組織変化. [Internet] [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2017. [cited 2017 Oct 24]. Available from: http://hdl.handle.net/10748/00009603.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

金澤 . 超塑性Al-Mg-Mn合金における動的組織変化. [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/10748/00009603

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

11. 櫻井, 勇也. 2種類の積層造形法により作製したTi-6Al-4Vの強度と微視組織.

Degree: 修士(工学), 2017, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京

航空宇宙材料用途を代表に様々な産業で広く利用されるTiは,地殻中の存在量が0.33-0.63at.%と全元素中10番目に大きく,レアメタル(希少金属)と呼ばれる金属元素の中で最大である.その歴史の浅さと高い原料価格にも関わらず,TiおよびTi合金は各種分野で欠かすことのできない役割を今日では果たしている.航空機におけるTi合金使用量は増加傾向にあり,米国Boeing社に最新鋭旅客機であるB-787ではTi合金の構成重量比は15%に達している.Ti合金の持つ鋼の60%程度の密度と鋼より大きな比強度は,CFRP(炭素繊維複合材料)と並んで,近年の航空機の燃費向上をもたらした主な理由である.しかし,Tiは難切削材であり,また溶接性や金型への充満性も悪いこと等から,複雑形状の実現は困難だとされてきた.Tiが持つこのような欠点を解決するために,付加製造による積層造形技術が近年注目されている.従来の除去加工・塑性加工では実現できなかった自由で合理的な設計の実現を可能とし,それは部品の更なる軽量化に直結するため,航空宇宙分野での適用が特に試みられている.付加製造技術を用いることで,複雑形状の実現や軽量化の他にも,歩留まりの悪い切削工程を省略することによる部品製造時の歩留まり向上を期待できること等から,付加製造備品の本格的な利用拡大が今後見込まれる.一般に金属用3Dプリンターと呼ばれる装置は,粉末床溶融結合方式を用いた付加製造装置として定義される.ASTMF2792では付加製造法を7つに分類しており,その中でも粉末床結合方式は,補助用構造材(サポート材)が不要であること,層的に積み重ねるため極めて優れた設計自由度を持つこと,適切なパラメーター設定により高密度を得られるという特徴がある.粉末床結合方式では,均等の厚さで金属粉末を敷きレーザーを照射することで選択的に粉末を溶融・結合させる.3次元CADシステムを用いて作成した3次元モデルを元にしたスライスデータに従って,レーザーないし電子ビームを走査し,層を積み重ねることで立体物を造形する.粉末床結合方式による付加製造法は現在2種類が実用化されていて,熱源としてレーザーを用いる選択的レーザー溶融法(selective laser melting: SLM)と,電子ビームを用いる電子ビーム溶融法(electron beam melting: EBM)とがある.SLMとEBMという2つの方式のどちらがより優れた方式なのかという問いに対し,未だ明確な回答は得られていない.今までの研究からは,双方それぞれに固有のアドバンテージとディスアドバンテージがあり,単純に優劣を判断することができないというのが現状である.SLMで懸念される酸素と窒素のコンタミネーションは,過去の文献によれば,物性に影響を及ぼすほどには大きなものではない.その前提に基づくと,SLM材とEBM材との間に機械的特性の違いが存在する場合,その主因は微視組織の違いである可能性が考えられる.そのため本研究では,代表的なTi合金であるTi-6Al-4VをSLM法とEBM法によって作製した時の組織を比較し相違を明らかにした上で,積層材と従来の圧延焼鈍材において,組織の違いが機械的特性の違いにおよぼす影響を明らかにすることを目的とする.本論文は全6章構成である.第1章は緒言とし,航空宇宙産業におけるTi合金と積層造形技術の現状,Ti-6Al-4V積層材の過去の研究を取り上げた上で,研究目的について記した.第2章は本研究に関連した理論を,Ti-6Al-4V,積層造形技術,走査型電子顕微鏡技術について主に解説した.第3章は実験方法であり,試験片および組織観察用試料の作成手順,試験装置と実験条件について記述した.Ti合金の鏡面仕上げには特別の技術を必要とするため,組織観察用試料の作成方法について特に詳細に記した.強度試験としては室温での引張試験の他に,高温での特性を調べるために450℃引張試験と450℃-400MPaクリープ試験を実施した.比較材として従来の製造法である圧延焼鈍材を用意した.第4章は実験結果である.SLMとEBM積層まま材の微視組織を比較し,両者は針状α相から成る組織をともに呈していたが,針状α相の粒径や旧β粒の形態,α-Widmanstatten組織の有無において違いが見られた.室温引張試験においては,SLM積層まま材がEBM積層まま材を約10%上回る強度を示し,450℃では強度差はさらに広がった.450℃-400MPaクリープ試験では,SLMとEBMとの間にクリープ特性の顕著な差は見られなかったこと,また,溶体化時効熱処理によっては両者ともにクリープ特性が大きく変化しなかったことが明らかとなった.第5章は考察である.IN718など他材料の積層造形材では顕著に見られる異方性がTi-6Al-4V積層材では見られなかったこと,SLMとEBM積層まま材の微視組織の違いが冷却速度の違いに起因するものであること,比較材である圧延焼鈍材やEBM積層まま材と比べてSLM積層まま材の強度が高かった理由について考察を行った.第6章は結言とし,本研究によって得られた結果および知見をまとめた.さらに,本論文を作成するにあたって用いた参考文献および謝辞を記した.

首都大学東京, 2017-03-25, 修士(工学)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

櫻井, . (2017). 2種類の積層造形法により作製したTi-6Al-4Vの強度と微視組織. (Thesis). Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Retrieved from http://hdl.handle.net/10748/00009604

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

櫻井, 勇也. “2種類の積層造形法により作製したTi-6Al-4Vの強度と微視組織.” 2017. Thesis, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Accessed October 24, 2017. http://hdl.handle.net/10748/00009604.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

櫻井, 勇也. “2種類の積層造形法により作製したTi-6Al-4Vの強度と微視組織.” 2017. Web. 24 Oct 2017.

Vancouver:

櫻井 . 2種類の積層造形法により作製したTi-6Al-4Vの強度と微視組織. [Internet] [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2017. [cited 2017 Oct 24]. Available from: http://hdl.handle.net/10748/00009604.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

櫻井 . 2種類の積層造形法により作製したTi-6Al-4Vの強度と微視組織. [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/10748/00009604

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

12. 伯田, 哲矢. 四足歩行モデルによるニホンザルの四肢間協調運動の決定基準.

Degree: 修士(工学), 2017, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京

霊長類は他の代表的な四足歩行動物(イヌ,ウマなど)と比較したとき,特異な身体特性,歩行パターンを有している.身体特性の違いと歩行パターンの違いは密接に関係していると考えられており,実験,解剖学的観点から様々な考察が行われている.しかし,霊長類の身体特性を考慮したシミュレーションモデルの開発は行われているもののほとんどは二足歩行を対象としており,四足歩行に関する力学解析は十分に行われていないのが現状である.本研究は身体的特徴や歩行パターンに関して多く実験が行われているニホンザルに着目し,その身体特性を考慮した力学的シミュレーションモデルを開発した.開発した四足歩行モデルを用い,平地,傾斜においてニホンザル,他の代表的な四足歩行動物の歩行パターンをシミュレーションした.算出された歩行パラメータを比較することにより,身体力学系を含む力学的環境と歩行遷移との関係を明らかにし,ニホンザルの四肢間協調運動の決定基準を考察することを本研究の目的とする.第1章は本研究の背景,目的について述べる.第2章は実験,観察,解剖学により明らかにされているニホンザルの身体特性,歩行パターン,他の代表的な四足歩行動物との相違点について述べる.第3章はモデルの運動生成についてである.本モデルの運動生成の手順は1.位相振動子による基本リズム生成,2.位相振動子による位相情報と計画された足先軌道から目標足先位置の算出,3.目標足先位置を実現するための関節駆動モーメントを身体力学系の逆モデルより算出,4.駆動モーメントにより実際の運動生成となっている.それぞれの項目において用いる手法,理論について説明している.第4章はシミュレーション条件に関しての内容である.本モデルの歩行は遺伝的アルゴリズムと呼ばれる最適化手法により四足歩行の最適化を行っており,遺伝的アルゴリズムの手法やその条件について述べている.また,ニホンザルの四足歩行パターンについての比較,分析を行うために用いる歩行条件について説明している.第5章は第3章,第4章にて説明してきた四足歩行モデルにより算出した床反力や関節駆動モーメントなどの歩行パラメータを示している.求めた数値を基に,開発したモデルの妥当性,ニホンザルの歩行の決定基準についての考察を行っている.自然界に生息するニホンザルを含む霊長類は前方交差型歩行,他の代表的な四足歩行動物は後方交差型歩行を用いて歩行を行っている.開発したシミュレーションモデルによりニホンザルの身体特性の場合,後方交差型歩行よりも前方交差型歩行は移動仕事率がより少なく歩行を行えることが明らかとなった.また,前方交差型歩行は前肢よりも後肢に負担をかける歩行パターンであるという結果を得た.このことから,ニホンザルのような重心が後方にあり,後肢駆動により歩行を行っている動物に適していたためにこの歩行パターンを選択した可能性があると考えられる第6章は結論,今後の展望についてである.

首都大学東京, 2017-03-25, 修士(工学)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

伯田, . (2017). 四足歩行モデルによるニホンザルの四肢間協調運動の決定基準. (Thesis). Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Retrieved from http://hdl.handle.net/10748/00009608

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

伯田, 哲矢. “四足歩行モデルによるニホンザルの四肢間協調運動の決定基準.” 2017. Thesis, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Accessed October 24, 2017. http://hdl.handle.net/10748/00009608.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

伯田, 哲矢. “四足歩行モデルによるニホンザルの四肢間協調運動の決定基準.” 2017. Web. 24 Oct 2017.

Vancouver:

伯田 . 四足歩行モデルによるニホンザルの四肢間協調運動の決定基準. [Internet] [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2017. [cited 2017 Oct 24]. Available from: http://hdl.handle.net/10748/00009608.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

伯田 . 四足歩行モデルによるニホンザルの四肢間協調運動の決定基準. [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/10748/00009608

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

13. 原口, 直登. 体幹運動に着目した歩行支援ウェアの開発.

Degree: 修士(工学), 2017, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京

近年の高齢社会に伴い,歩行支援ウェアの研究が進んでいる.歩行支援ウェアは安全で軽量といった,人間が装着するという実用的な観点から有効である反面,モータなどの動力を用いないため十分な歩行支援効果を得られないことが課題となっている.現存の歩行支援ウェアは下肢の2次元的な動きにのみ着目したものがほとんどであるが,The Spinal Engineでは,「歩行の本質は体幹や上肢の運動であり,下肢の運動はそれに付随するものである」とされており,また体幹トレーニングやポールウォーキングのように,体幹や上肢の運動を歩行に取り入れたものも存在する.そこで我々は歩行時の体幹運動に着目し,体幹の運動を下肢へ伝達することで歩行を支援する歩行支援ウェアを開発した.開発した歩行支援ウェアの歩行支援効果を調査したところ,股関節モーメントの伸展側に支援効果が得られた.しかし歩行全体の支援としては不十分であり,着心地や気易さなどの装着性の面で課題もある.そこで本研究では,開発を進めている歩行支援ウェアの支援効果と装着性の向上を目的とし,新たな歩行支援ウェアの開発を行った.第1章は研究背景や目的について述べる.第2章は歩行支援ウェアと開発構想について述べる.第3章は実験に基づいた歩行支援ウェアの機能最適化について述べる.歩行支援ウェアは体幹と下肢をエラストマー(弾性素材)のベルトによって接続し,体幹と下肢の運動によりエラストマーベルトが伸縮するような構造となっている.エラストマーベルトの伸縮に応じた張力によって股関節まわりにモーメントを発生させ,股関節運動を支援する.エラストマーベルトの張力はベルトを配置する位置とベルトの素材によって変化するため,ベルト位置と素材の最適化を行った.第4章と第5章では歩行支援ウェアの評価実験について述べる.機能最適化の結果に基づき歩行支援ウェアを製作後,性能評価実験を行った.実験は平地歩行実験と階段歩行実験を行い,歩行支援ウェアの歩行支援効果を評価することを目的とした.実験は健常成人男性13名を対象とし,歩行支援ウェア着用時と未着用時の歩行動作を計測した.計測にはモーションキャプチャシステムとフォースプレート,エラストマーベルトの張力を計測するための張力計,筋電図センサを使用し,着用時と未着用時の股関節モーメントと体幹部分の筋電図を算出,両者の比較を行った.実験の結果,平地歩行時は両脚支持期から遊脚時にかけて歩行支援ウェア着用により約25%の歩行支援効果が得られ,支援効果の高い歩行支援ウェアの開発に成功した.階段歩行時は上り動作時に支援効果が得られたが,下り動作時に負担増となることがわかった.第6章では結論を述べる.本研究の結論を以下に示す.■体幹運動により下肢運動を支援する歩行支援ウェアの開発を行った.■エラストマーベルトの位置と素材を最適化することで高い歩行支援効果が期待できる歩行支援ウェアの製作を行った.■歩行実験の結果,平地歩行時の両脚支持期から遊脚時にかけて約25%の支援効果と,階段歩行時の上り動作時に支援効果が得られた.

首都大学東京, 2017-03-25, 修士(工学)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

原口, . (2017). 体幹運動に着目した歩行支援ウェアの開発. (Thesis). Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Retrieved from http://hdl.handle.net/10748/00009609

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

原口, 直登. “体幹運動に着目した歩行支援ウェアの開発.” 2017. Thesis, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Accessed October 24, 2017. http://hdl.handle.net/10748/00009609.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

原口, 直登. “体幹運動に着目した歩行支援ウェアの開発.” 2017. Web. 24 Oct 2017.

Vancouver:

原口 . 体幹運動に着目した歩行支援ウェアの開発. [Internet] [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2017. [cited 2017 Oct 24]. Available from: http://hdl.handle.net/10748/00009609.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

原口 . 体幹運動に着目した歩行支援ウェアの開発. [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/10748/00009609

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

14. 堀川, 将大. レーザー走査方法が積層造形Ni基超合金の組織と機械特性に及ぼす影響.

Degree: 修士(工学), 2017, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京

航空機エンジンや発電用ガスタービンに代表されるガスタービン機関は,運用コスト削減や耐環境性などのテーマを中心に研究開発が進められている.燃焼効率向上には,燃焼温度の高温化が有効であり,コスト・環境性に対して優位である.そこで,高温の使用環境に耐えうる材料が要求される.超合金は,高温における良好な強度,耐酸化性,耐腐食性を有するため,ガスタービン部材の主要合金の1つとなっており,実績と信頼を得ている.なかでも,析出強化型Ni基超合金のInconel718(IN718)は,溶接割れなどが問題とされるNi基超合金の中でも溶接性が良く,ディスクやシャフト材料として多用されている.B777機に搭載されているPW4000エンジンでは,使用Ni合金の約6割を占める主要材料であるが,部品の加工において,熱伝導率が鋼の約1/4と低く,加工中のひずみ硬化により難削材として知られ,工具寿命の低下や工賃の高コスト化が問題となっている.そこで注目されている技術が積層造形技術である.積層造形技術は,従来の削り出す加工に対して,付け加えることに特徴がある.CADで作製した部品形状をそのまま造形でき,従来の手法では製作不可能な中空形状や複雑形状が製作可能である.また,ニアネットシェイプによる歩留まりの向上,試作段階の金型を必要とせず設計開発から製品化するまでのリードタイムを削減できるなど多くの利点が見込まれ,部品の軽量化やサービスタイムの向上,コストの削減などが期待されている.金属を対象にした積層造形方法には,大きく2つの方法が知られており,粉末床溶融結合法と指向エネルギー堆積法である.特に,粉末床溶融結合法はオーバーハング形状に関して指向エネルギー堆積法よりも優位であり,中でも熱源にレーザービームを使用する選択的レーザー溶融法は電子ビームに比べて表面粗さが良く,使用可能な合金の種類が多いため注目されている.しかし,積層造形されたNi基超合金IN718は組織の異方性を有することや局所的な入熱および冷却により導入される高い残留応力で部品形状が変形するなどの問題がある.部品を造形するにあたり,レーザー出力や走査速度,ハッチ間隔,1層の積層厚さなど多くのパラメータが存在し,これらの違いによって微視組織や残留応力,機械的特性が異なる.重要なパラメータの1つに,レーザー走査方法があり,残留応力の低減や密度の向上などに影響するとされているが,レーザー走査方法が組織や強度に与える影響について注目した報告は少ない.そこで本研究では,2種類のレーザー走査方法で製作されたNi基超合金IN718を用い,組織と強度について従来材である溶解鍛造IN718と比較,検討することを目的とした.本稿は6章構成である.第1章は緒言とし,研究背景および本研究の目的を記した.第2章は研究に関する基本事項の解説とし,本研究で用いたIN718合金の化学組成や主な析出相と熱処理,積層造形技術の基本事項について記した.第3章では実験方法を記した.本研究で用いた合金の詳細,積層造形試料の作製条件,強度試験および組織観察に供する試料の作製方法,引張およびクリープ試験,組織観察に用いた各種顕微鏡,解析方法について記した.第4章は実験結果である.まず,積層造形によって作製したIN718合金の熱処理を施さない積層まま材,標準熱処理を施した標準熱処理材,溶体化処理を行なわず時効処理のみを行った直接時効材を用意した.それぞれべ一スプレートに対して垂直な面,水平な面について顕微鏡を用いて組織観察を行った.その結果,光学顕微鏡観察では,レーザー走査方法に関わらずどちらの面においても積層まま材ではデンドライト組織が観察された.走査型電子顕微鏡観察から,垂直面では熱履歴の影響を受けて形成されたと考えられる柱状結晶がみられた.特にレーザー走査方向が各層90°変化する材料では,一定間隔でビーム方向に平行に伸長した[001]方位を有する結晶粒が観察された.透過型電子顕微鏡組織観察では,0.2μmほどの微細なNbおよびMoが濃化した析出物が存在していた.引張試験では室温において各試料とも垂直材,水平材で顕著な差は見られなかったが,650℃における高温試験では,熱処理を施した水平材の延性低下が顕著であり,異方性が見られた.クリープ試験では,積層材は熱処理の有無に関わらず溶解鍛造材よりも低いクリープ延性・寿命となった.標準熱処理を施した材料はクリープ特性が,積層まま材よりも劣った.第5章は,レーザー走査方法に主眼を置き,第4章で行った組織観察および強度試験結果に対する考察を行った.レーザー走査方法による熱履歴の違いによって影響される組織変化,ならびに引張・クリープ特性への影響を考察した.第6章は結言とし,本研究で得られた結果および知見をまとめた.さらに本稿を作成するにあたって用いた参考文献,謝辞を記した.

首都大学東京, 2017-03-25, 修士(工学)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

堀川, . (2017). レーザー走査方法が積層造形Ni基超合金の組織と機械特性に及ぼす影響. (Thesis). Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Retrieved from http://hdl.handle.net/10748/00009610

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

堀川, 将大. “レーザー走査方法が積層造形Ni基超合金の組織と機械特性に及ぼす影響.” 2017. Thesis, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Accessed October 24, 2017. http://hdl.handle.net/10748/00009610.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

堀川, 将大. “レーザー走査方法が積層造形Ni基超合金の組織と機械特性に及ぼす影響.” 2017. Web. 24 Oct 2017.

Vancouver:

堀川 . レーザー走査方法が積層造形Ni基超合金の組織と機械特性に及ぼす影響. [Internet] [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2017. [cited 2017 Oct 24]. Available from: http://hdl.handle.net/10748/00009610.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

堀川 . レーザー走査方法が積層造形Ni基超合金の組織と機械特性に及ぼす影響. [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/10748/00009610

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

15. 村田, 詩織. スポーツ義足と走幅跳フォームの同時最適化シミュレータの構築.

Degree: 修士(工学), 2017, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京

近年,スポーツ義足を用いた走幅跳競技は健常者の競技成績に近づいており,注目されている一方で,義足を用いた運動に関する研究は非常に少ない.義足は,試作と実験評価を繰り返し行い,試行錯誤的に設計することが一般的である.また,健常者の走幅跳に関しては,理論的な最適踏切角度の導出,砂場への着地動作最適化等が研究されている.しかし義足での走幅跳の競技成績は,義足と跳躍フォームの両方に依存し,それらは相互作用しているため,各々に閉じた設計では競技パフォーマンス最大化を達成することは難しい.本研究では,身体力学系だけでなく,義足の動力学特性についてもモデル化した動力学シミュレータを構築する.また,片脚大腿切断である対象選手を定め,その選手に適合したスポーツ義足と跳躍フォームを運動パフォーマンスが最大となるよう同時に最適化する動力学シミュレータの構築が本研究の目的である.さらに筋の発揮トルクの上限値を大きくすることによって,トレーニング効果をした場合の予測的な跳躍動作や義足形状での跳躍距離を算出できるようなシミュレータを構築することも目指す.本論文の構成は以下のとおりである.第1章では,上記の研究背景,目的および,順動力学シミュレーションや義足に関する研究状況,健常者の走幅跳に関する研究状況について述べた.第2章では,身体力学モデルと義足モデルの構築,運動方程式について記述を行った.身体力学モデルは義足部分以外を対象選手の体格に合致するよう,剛体リンクで構成した.筋特性としてHill Typeの筋モデルの筋の長さ-張力関係,カ-速度関係を関節角度,関節角速度,関節トルクの関係として身体モデルに導入した.また,義足のモデル化として,まず身体モデルとの統合の容易さから剛体リンク義足モデルを利用したが,剛体リンク義足モデルは各リンクが直線であるため,最適化計算後の義足の形状パラメータから実形状を設計することは困難である.したがって,薄板ばねのたわみと荷重の関係式で表される板ばね義足モデルを利用することとした.その板ばね義足モデルの理論について記述している.加えて,実際の義足の反発係数測定も行ったため,その反発係数測定結果のシミュレーションモデルへの反映について述べた.さらに,運動方程式の構築として,一般的なリンク構造の場合の運動方程式を本モデルに拡張する手法について記述を行った.第3章では,第2章で構築した各モデルを用いたシミュレーション方法について述べた.シミュレーション方法として,跳躍動作を生成するための関節角度ノード点,各筋駆動関節に発生させる関節トルクを計算するPD制御,最適化計算として遺伝的アルゴリズムを用いたため,それらの項目についての詳細と,本研究での最適化計算方法と評価指標について述べた.また,シミュレーションの条件についても記述した.第4章ではシミュレーション結果について記述した.剛体リンク義足モデルを用いた最適化計算は実計測運動を再現可能かのみのシミュレーション結果であるが,板ばね義足モデルを利用した最適化計算は跳躍距離を最大となるように計算を行った.板ばね義足モデルでは,初期姿勢を固定しない場合の最適化,初期姿勢を固定する場合の最適化,初期姿勢と初期義足形状を固定する場合の最適化,またトレーニング効果として,義足側の股関節トルクの上限値を高くした場合,健足側の股関節トルクの上限を高くした場合についてそれぞれ最適化計算結果と関節角度,関節トルク,床反力,義足形状の形状係数,義足形状の初期形状との比較を示した.最適化後の義足形状は,実形状と比較すると曲率が一部分で正負が逆転し,逆方向の曲率を持つという結果が得られた.第5章ではシミュレーション結果の考察について述べた.剛体リンク義足モデルを用いた実計測運動を再現するような最適化計算結果はシミュレーションと実測データとの関節角度差の一致度は必ずしも高くはないが,今回のPD制御のような比較的簡便な方法でも,運動パターンを十分に再現可能であると考えられる.板ばね義足モデルでは,特に義足形状と跳躍フォームを最適化した場合と義足形状を最適化せずに跳躍フォームのみ最適化した場合を比較すると,義足形状もフォームと同時に最適化した方が鉛直方向床反力のピークが離地直前となっており,跳躍距離を伸ばす役割を果たしているのではないかと考えられる結果を得た.第6章では本研究のまとめと,今後の展望について述べた.本研究ではスポーツ義足と走幅跳フォームの同時最適化シミュレータを構築した.今後は本シミュレータでは考慮していない義足の強度を確認するための有限要素解析と義足の製作,試験が別研究で進行しているため,今後最適形状の義足の製作,試験と対象選手の実走試験を行い,実用化に向かいたいと考えている.

首都大学東京, 2017-03-25, 修士(工学)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

村田, . (2017). スポーツ義足と走幅跳フォームの同時最適化シミュレータの構築. (Thesis). Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Retrieved from http://hdl.handle.net/10748/00009611

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

村田, 詩織. “スポーツ義足と走幅跳フォームの同時最適化シミュレータの構築.” 2017. Thesis, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Accessed October 24, 2017. http://hdl.handle.net/10748/00009611.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

村田, 詩織. “スポーツ義足と走幅跳フォームの同時最適化シミュレータの構築.” 2017. Web. 24 Oct 2017.

Vancouver:

村田 . スポーツ義足と走幅跳フォームの同時最適化シミュレータの構築. [Internet] [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2017. [cited 2017 Oct 24]. Available from: http://hdl.handle.net/10748/00009611.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

村田 . スポーツ義足と走幅跳フォームの同時最適化シミュレータの構築. [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/10748/00009611

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

16. 甄, 継国. ユーザの外出履歴に基づく文化を考慮したロボットとのインタラクションシステム : Interaction System with the Robot Considering Culture Based on Outdoor History of User.

Degree: 修士(工学), 2016, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京

Recently, the number of elderly people increases in Japan. It is thought that the demand of the care services to elderly people grows. From such… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

甄, . (2016). ユーザの外出履歴に基づく文化を考慮したロボットとのインタラクションシステム : Interaction System with the Robot Considering Culture Based on Outdoor History of User. (Thesis). Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Retrieved from http://hdl.handle.net/10748/6701

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

甄, 継国. “ユーザの外出履歴に基づく文化を考慮したロボットとのインタラクションシステム : Interaction System with the Robot Considering Culture Based on Outdoor History of User.” 2016. Thesis, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Accessed October 24, 2017. http://hdl.handle.net/10748/6701.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

甄, 継国. “ユーザの外出履歴に基づく文化を考慮したロボットとのインタラクションシステム : Interaction System with the Robot Considering Culture Based on Outdoor History of User.” 2016. Web. 24 Oct 2017.

Vancouver:

甄 . ユーザの外出履歴に基づく文化を考慮したロボットとのインタラクションシステム : Interaction System with the Robot Considering Culture Based on Outdoor History of User. [Internet] [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. [cited 2017 Oct 24]. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6701.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

甄 . ユーザの外出履歴に基づく文化を考慮したロボットとのインタラクションシステム : Interaction System with the Robot Considering Culture Based on Outdoor History of User. [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6701

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

17. 三宅, 遼祐. インタラクティブクラスタリングにおける対制約生成手法に関する研究.

Degree: 修士(工学), 2016, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京

In modern society, it is important to get desired information from large-scale information source. Although recentadvance of information processing such as information retrieval and recommendation… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

三宅, . (2016). インタラクティブクラスタリングにおける対制約生成手法に関する研究. (Thesis). Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Retrieved from http://hdl.handle.net/10748/6703

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

三宅, 遼祐. “インタラクティブクラスタリングにおける対制約生成手法に関する研究.” 2016. Thesis, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Accessed October 24, 2017. http://hdl.handle.net/10748/6703.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

三宅, 遼祐. “インタラクティブクラスタリングにおける対制約生成手法に関する研究.” 2016. Web. 24 Oct 2017.

Vancouver:

三宅 . インタラクティブクラスタリングにおける対制約生成手法に関する研究. [Internet] [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. [cited 2017 Oct 24]. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6703.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

三宅 . インタラクティブクラスタリングにおける対制約生成手法に関する研究. [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6703

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

18. 水留, 卓也. ユーザモデルを考慮したインテリジェントエネルギーマネジメント : Intelligent Energy Management considering User Models.

Degree: 修士(工学), 2016, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京

The goal of my study is realizing improvement of QOL and green innovation which solves energy problem. I propose intelligent energy management to peak cut… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

水留, . (2016). ユーザモデルを考慮したインテリジェントエネルギーマネジメント : Intelligent Energy Management considering User Models. (Thesis). Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Retrieved from http://hdl.handle.net/10748/6704

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

水留, 卓也. “ユーザモデルを考慮したインテリジェントエネルギーマネジメント : Intelligent Energy Management considering User Models.” 2016. Thesis, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Accessed October 24, 2017. http://hdl.handle.net/10748/6704.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

水留, 卓也. “ユーザモデルを考慮したインテリジェントエネルギーマネジメント : Intelligent Energy Management considering User Models.” 2016. Web. 24 Oct 2017.

Vancouver:

水留 . ユーザモデルを考慮したインテリジェントエネルギーマネジメント : Intelligent Energy Management considering User Models. [Internet] [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. [cited 2017 Oct 24]. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6704.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

水留 . ユーザモデルを考慮したインテリジェントエネルギーマネジメント : Intelligent Energy Management considering User Models. [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6704

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

19. サイサナソンカム, アロムハック. 高電磁環境下におけるディペンダブルコンピューティング手法 : Dependable Computing Techniques Under Highly Electromagnetic Environment.

Degree: 修士(工学), 2016, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京

近年,スマートグリッドやエネルギーの情報化などの情報通信システムと電力システムの融合技術が注目を浴びている.しかし一方,こうした技術には,低コスト化,高効率化,ノイズ対策などの重要な課題が残されている.本研究では,電力変換回路のノイズ問題に対してディペンダブルコンピューティングの手法を導入した,新しい高信頼化手法を検討する.パワーエレクトロニクス分野においては,電力変換回路の小型化・高密度化の研究が進んでいる.例えば,IGBT (Insulated Gate Bipolar Transistor) と制御基板が一体となったインバータや,車載用のモータとインバータ回路の一体化などがその例である.特にDC-ACインバータの開発では,高速スイッチング高電圧,高電力密度などを指向すると同時に,パワーソースと制御回路の一体化に関する多くの研究が行われている.それに伴い制御・ゲート駆動回路と大電流の主回路がより近接する傾向にある.今後は,パルス大電流部分近傍に発生する強力な放射磁界が,制御回路や周辺回路,ネットワークシステム等に大規模な過渡故障をもたらす可能性の増大が懸念される.従来から,ノイズ対策はEMC (Electro-magnetic Compatibility: 電磁両立性) 技術を中心に施すのが一般である.EMCとは,ある機器から発する電磁妨害波が他の機器や人体に影響を与えず,また逆に,他の機器から電磁妨害波を受けても機能に影響しない特性である.典型的には,配線や基板へのシールドなどの実装技術で実現されてきた.ただし,多くの場合,そのためのコストは非常に高い.また,半導体の微細化,高密度化などに伴い,これ以上の厳密な対策が困難になりつつあるとの指摘もある.本研究では,高電磁環境下のシステムにディペンダブルコンピューティングの手法を導入して,将来的にEMC技術と併用・代替することを目指した高信頼化技術について考察する.ここでは,高速・高出力のインバータが情報通信システムの基幹要素である半導体およびネットワークシステムの周辺に配置されることを想定する.従来,半導体では時間冗長,空間冗長,情報冗長などの冗長技術が用いられてきた.また,ネットワークにはFEC,ARQなどプロトコルベースの高信頼化手法がある.しかしながら,本研究で扱う故障モデルは,これらの手法が対象にしている従来の故障モデルとは異なり,周期的で大規模な誤りを想定したモデルである.この新たな故障モデルを対象にして適用可能な手法を検討する必要がある.本研究では高信頼化対象ごとに二つのテーマを扱う.一つは"高電磁環境下における耐故障順序回路の提案・評価"である.もう一つは"高電磁環境下における耐故障ネットワークの検討"である.一つ目のテーマでは,同時多重で周期的に発生する過渡故障のモデルに対する耐故障順序回路を提案する.基本的なアイディアはノイズの影響下で回路動作をクロックゲーティング手法で意図的に停止し,不正な状態に陥ることを回避するというものである.過渡故障の継続期間を回路起動時に組み込み自己テスト回路 (BIST: Built-in Self Test) を用いて計測する.本テーマでは,提案方式をカウンタ,独自設計8ビットプロセッサそしてルネサス社H8/300のサブセットプロセッサに実装し,シミュレーションによって提案方式の評価を行った.その結果,何れのアーキテクチャにおいても提案方式はノイズを回避することができた.また論理合成によって各対象回路での実装について面積オーバヘッドの比較・評価を行った.カウンタでは,回路の規模が小さいのでオーバヘッドが倍以上になった.一方,8ビットプロセッサ及びH8/300サブセットでは3.71%,後者は0.0777%のオーバヘッドでプロセッサ規模の回路について非常に小さな面積オーバヘッドを実現した.二つ目のテーマの高信頼化ネットワークでは,具体的にCAN (Control Area Network) プロトコルを採用したネットワークを取り上げて,高電磁環境下における高信頼化手法を検討した.はじめに,CANプロトコルについて説明し,本研究で取り扱う故障モデルが同ネットワークにどのように影響するかを説明した.また,それに対してどのような耐故障手法が有用であるか,各手法のメリット・デメリットを検討した.具体的にはFEC (Forward Error Correction) 手法,バスガーディアンによる通信抑制手法,そしてリングを動的に切断してバス構造を生成するなどの再構成手法について扱った.本論文は全6章で構成されている.第1章では,本研究の背景や目的を述べる.第2章では,関連研究に関して述べる.第3章では,インバータに起因するノイズについて概説する.第4章では,高電磁環境下における耐故障順序回路を提案し,評価する.第5章では,高電磁環境下における耐故障ネットワークのための手法について検討する.第6章では,本論文の結論と今後の課題を述べる.

首都大学東京, 2013-03-25, 修士(工学)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

サイサナソンカム, . (2016). 高電磁環境下におけるディペンダブルコンピューティング手法 : Dependable Computing Techniques Under Highly Electromagnetic Environment. (Thesis). Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Retrieved from http://hdl.handle.net/10748/6705

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

サイサナソンカム, アロムハック. “高電磁環境下におけるディペンダブルコンピューティング手法 : Dependable Computing Techniques Under Highly Electromagnetic Environment.” 2016. Thesis, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Accessed October 24, 2017. http://hdl.handle.net/10748/6705.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

サイサナソンカム, アロムハック. “高電磁環境下におけるディペンダブルコンピューティング手法 : Dependable Computing Techniques Under Highly Electromagnetic Environment.” 2016. Web. 24 Oct 2017.

Vancouver:

サイサナソンカム . 高電磁環境下におけるディペンダブルコンピューティング手法 : Dependable Computing Techniques Under Highly Electromagnetic Environment. [Internet] [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. [cited 2017 Oct 24]. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6705.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

サイサナソンカム . 高電磁環境下におけるディペンダブルコンピューティング手法 : Dependable Computing Techniques Under Highly Electromagnetic Environment. [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6705

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

20. 毛, 中杰. 価値観に着目したレビューの有用性評価手法に関する研究 : Study on Evaluation Method for Informative Reviews Depending on Personal Values.

Degree: 修士(工学), 2016, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京

This paper proposes an evaluation method for informative reviews de-pending on personal values. Reviews of an item are useful for a user who is considering… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

毛, . (2016). 価値観に着目したレビューの有用性評価手法に関する研究 : Study on Evaluation Method for Informative Reviews Depending on Personal Values. (Thesis). Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Retrieved from http://hdl.handle.net/10748/6707

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

毛, 中杰. “価値観に着目したレビューの有用性評価手法に関する研究 : Study on Evaluation Method for Informative Reviews Depending on Personal Values.” 2016. Thesis, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Accessed October 24, 2017. http://hdl.handle.net/10748/6707.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

毛, 中杰. “価値観に着目したレビューの有用性評価手法に関する研究 : Study on Evaluation Method for Informative Reviews Depending on Personal Values.” 2016. Web. 24 Oct 2017.

Vancouver:

毛 . 価値観に着目したレビューの有用性評価手法に関する研究 : Study on Evaluation Method for Informative Reviews Depending on Personal Values. [Internet] [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. [cited 2017 Oct 24]. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6707.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

毛 . 価値観に着目したレビューの有用性評価手法に関する研究 : Study on Evaluation Method for Informative Reviews Depending on Personal Values. [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6707

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

21. 石黒, 康平. 為替レートを対象としたコンテクスト検索に関する研究.

Degree: 修士(工学), 2016, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京

This paper proposes a context search system for exchange rate data, which supports users to grasp the relationship exchange rate and events. As the trend… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

石黒, . (2016). 為替レートを対象としたコンテクスト検索に関する研究. (Thesis). Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Retrieved from http://hdl.handle.net/10748/6711

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

石黒, 康平. “為替レートを対象としたコンテクスト検索に関する研究.” 2016. Thesis, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Accessed October 24, 2017. http://hdl.handle.net/10748/6711.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

石黒, 康平. “為替レートを対象としたコンテクスト検索に関する研究.” 2016. Web. 24 Oct 2017.

Vancouver:

石黒 . 為替レートを対象としたコンテクスト検索に関する研究. [Internet] [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. [cited 2017 Oct 24]. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6711.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

石黒 . 為替レートを対象としたコンテクスト検索に関する研究. [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6711

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

22. 直井, 優. センサ融合によりコミュニケーション分野に拡張したログ取得システム.

Degree: 修士(工学), 2016, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京

In this research, the author builds the system that acquires not only motion logs but also communication logs by using sensor fusion to extract the… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

直井, . (2016). センサ融合によりコミュニケーション分野に拡張したログ取得システム. (Thesis). Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Retrieved from http://hdl.handle.net/10748/6712

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

直井, 優. “センサ融合によりコミュニケーション分野に拡張したログ取得システム.” 2016. Thesis, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Accessed October 24, 2017. http://hdl.handle.net/10748/6712.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

直井, 優. “センサ融合によりコミュニケーション分野に拡張したログ取得システム.” 2016. Web. 24 Oct 2017.

Vancouver:

直井 . センサ融合によりコミュニケーション分野に拡張したログ取得システム. [Internet] [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. [cited 2017 Oct 24]. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6712.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

直井 . センサ融合によりコミュニケーション分野に拡張したログ取得システム. [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6712

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

23. 奥村, 真樹. 複数BBSスレッドを対象にしたモニタリング支援システムに関する研究.

Degree: 修士(工学), 2016, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京

In this study, we propose an information visualization system, which supports tasks of monitoring multiple BBS threads regularly. A BBS is useful as means to… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

奥村, . (2016). 複数BBSスレッドを対象にしたモニタリング支援システムに関する研究. (Thesis). Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Retrieved from http://hdl.handle.net/10748/6714

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

奥村, 真樹. “複数BBSスレッドを対象にしたモニタリング支援システムに関する研究.” 2016. Thesis, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Accessed October 24, 2017. http://hdl.handle.net/10748/6714.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

奥村, 真樹. “複数BBSスレッドを対象にしたモニタリング支援システムに関する研究.” 2016. Web. 24 Oct 2017.

Vancouver:

奥村 . 複数BBSスレッドを対象にしたモニタリング支援システムに関する研究. [Internet] [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. [cited 2017 Oct 24]. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6714.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

奥村 . 複数BBSスレッドを対象にしたモニタリング支援システムに関する研究. [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6714

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

24. 西海, 俊秀. 要約アイコンを用いたインタラクティブ情報検索システムに関する研究.

Degree: 修士(工学), 2016, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京

This paper proposes an interactive information retrieval system that combines Web page summary icon and two types of user feedback based on different features. Ordinary… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

西海, . (2016). 要約アイコンを用いたインタラクティブ情報検索システムに関する研究. (Thesis). Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Retrieved from http://hdl.handle.net/10748/6715

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

西海, 俊秀. “要約アイコンを用いたインタラクティブ情報検索システムに関する研究.” 2016. Thesis, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Accessed October 24, 2017. http://hdl.handle.net/10748/6715.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

西海, 俊秀. “要約アイコンを用いたインタラクティブ情報検索システムに関する研究.” 2016. Web. 24 Oct 2017.

Vancouver:

西海 . 要約アイコンを用いたインタラクティブ情報検索システムに関する研究. [Internet] [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. [cited 2017 Oct 24]. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6715.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

西海 . 要約アイコンを用いたインタラクティブ情報検索システムに関する研究. [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6715

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

25. 青木, 広貴. 個人属性と趣味嗜好を活かしたロボットコミュニケーション : Robot communication using personal attributes and interests.

Degree: 修士(工学), 2016, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京

Recently, the increase of the elderly people has become a problem. But, 90% of the elderly people in Japan do not need nursing care. Therefore,… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

青木, . (2016). 個人属性と趣味嗜好を活かしたロボットコミュニケーション : Robot communication using personal attributes and interests. (Thesis). Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Retrieved from http://hdl.handle.net/10748/6716

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

青木, 広貴. “個人属性と趣味嗜好を活かしたロボットコミュニケーション : Robot communication using personal attributes and interests.” 2016. Thesis, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Accessed October 24, 2017. http://hdl.handle.net/10748/6716.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

青木, 広貴. “個人属性と趣味嗜好を活かしたロボットコミュニケーション : Robot communication using personal attributes and interests.” 2016. Web. 24 Oct 2017.

Vancouver:

青木 . 個人属性と趣味嗜好を活かしたロボットコミュニケーション : Robot communication using personal attributes and interests. [Internet] [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. [cited 2017 Oct 24]. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6716.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

青木 . 個人属性と趣味嗜好を活かしたロボットコミュニケーション : Robot communication using personal attributes and interests. [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6716

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

26. 蜂谷, 聖未. SNSを利用した協調的サーベイ支援のための関連文献組織化に関する研究.

Degree: 修士(工学), 2016, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京

This thesis proposes a related paper organization method for supporting cooperative literature survey using SNS. In the proposed method, each researcher in the same group… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

蜂谷, . (2016). SNSを利用した協調的サーベイ支援のための関連文献組織化に関する研究. (Thesis). Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Retrieved from http://hdl.handle.net/10748/6717

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

蜂谷, 聖未. “SNSを利用した協調的サーベイ支援のための関連文献組織化に関する研究.” 2016. Thesis, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Accessed October 24, 2017. http://hdl.handle.net/10748/6717.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

蜂谷, 聖未. “SNSを利用した協調的サーベイ支援のための関連文献組織化に関する研究.” 2016. Web. 24 Oct 2017.

Vancouver:

蜂谷 . SNSを利用した協調的サーベイ支援のための関連文献組織化に関する研究. [Internet] [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. [cited 2017 Oct 24]. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6717.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

蜂谷 . SNSを利用した協調的サーベイ支援のための関連文献組織化に関する研究. [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6717

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

27. 川岸, 賢弘. センサネットワークによるユーザモデル構築と支援システムへの適用 : Constructing User Model and Its Application to Assistance System with Sensor Network.

Degree: 修士(工学), 2016, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京

In recently years, various services or assistances are being supplied for human life. These services serve or assist in a uniform manner because they are… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

川岸, . (2016). センサネットワークによるユーザモデル構築と支援システムへの適用 : Constructing User Model and Its Application to Assistance System with Sensor Network. (Thesis). Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Retrieved from http://hdl.handle.net/10748/6719

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

川岸, 賢弘. “センサネットワークによるユーザモデル構築と支援システムへの適用 : Constructing User Model and Its Application to Assistance System with Sensor Network.” 2016. Thesis, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Accessed October 24, 2017. http://hdl.handle.net/10748/6719.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

川岸, 賢弘. “センサネットワークによるユーザモデル構築と支援システムへの適用 : Constructing User Model and Its Application to Assistance System with Sensor Network.” 2016. Web. 24 Oct 2017.

Vancouver:

川岸 . センサネットワークによるユーザモデル構築と支援システムへの適用 : Constructing User Model and Its Application to Assistance System with Sensor Network. [Internet] [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. [cited 2017 Oct 24]. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6719.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

川岸 . センサネットワークによるユーザモデル構築と支援システムへの適用 : Constructing User Model and Its Application to Assistance System with Sensor Network. [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6719

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

28. 汐田, 俊明. シルエット抽出とその歩行者認識への応用 : Precise and Stable Silhouette Extraction for Gait Recognition.

Degree: 修士(工学), 2016, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京

This paper describes a high precision silhouette extraction with simple shadow elimination and contour extraction to the transform domain fore-ground segmentation using Gaussian Mixture Model… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

汐田, . (2016). シルエット抽出とその歩行者認識への応用 : Precise and Stable Silhouette Extraction for Gait Recognition. (Thesis). Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Retrieved from http://hdl.handle.net/10748/6720

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

汐田, 俊明. “シルエット抽出とその歩行者認識への応用 : Precise and Stable Silhouette Extraction for Gait Recognition.” 2016. Thesis, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Accessed October 24, 2017. http://hdl.handle.net/10748/6720.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

汐田, 俊明. “シルエット抽出とその歩行者認識への応用 : Precise and Stable Silhouette Extraction for Gait Recognition.” 2016. Web. 24 Oct 2017.

Vancouver:

汐田 . シルエット抽出とその歩行者認識への応用 : Precise and Stable Silhouette Extraction for Gait Recognition. [Internet] [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. [cited 2017 Oct 24]. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6720.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

汐田 . シルエット抽出とその歩行者認識への応用 : Precise and Stable Silhouette Extraction for Gait Recognition. [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6720

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

29. 平澤, 祐子. 「Design for the Other 90%」に示されるデザイン概念 : 現在の貧困とデザイン概念の転換 : Research: the Concept of “Design for the Other 90%” : Today Poverty and the Shift of Design.

Degree: 修士(学術), 2016, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京

2007年3月4日~9月23日にかけ、ニューヨークの国立デザイン博物館において「Design for the Other 90%」展(以下D90展)が開催された。本論では同展の背景にある現代の貧困がどのようにして発生しているかとその概念を明らかにし、またD90展に至るまでの持続可能なデザイン概念を明らかにすることで、D90展で示されている歴史的なデザイン概念の転換を示す。D90展における90%とは、デザイナーたちが従来先進工業国に済む10%の富裕層消費者向けにしかデザインしていないという、デザインの有り様を批判的に捉えた数字である。またその数は、80年代の絶対的貧困の人口割合に由来している。とはいえ概念としては、先進国における相対的な貧困も含んだ包括的な貧困概念である。先進国の貧困は社会的排除の側面から語られる比較的新しい問題であるのに対し、途上国における貧困は戦争や紛争が主な原因であり、しばしば新たな暴力や貧困の引き金ともなる。こうした今日の貧困は、ワシントン・コンセンサスの下に展開されてきたグローバルな市場経済主義が原因である。デザインもまたそうした市場経済と無関係ではいられず、歴史的にもその関係性が問われてきた。レイモンド・ローウィに始まる機能主義デザインは20世紀後半における新技術開発と市場経済主義の拡大と共にピークを迎えた。それに対して戦後、新しいデザインの在り様が模索されてきた。戦後の経済的発展と爆発的な人口増加、それに伴う大量の資源消費や気象の不安定化、そうした地球規模の問題と共に、議論される中で結果、工学技術に対して中道的な、持続可能なデザインが登場する。それから30年以上が経ち、現代の持続可能なデザインを示すのがD90展である。D90展の目的は「デザイナーが持続的な成果を探るにはどうしたらいいかをめぐって議論の口火を切ること」だ。そのデザインコンセプトを理解する上で重要なのは、「経済的自立」「オープンソース」「社会起業家」という三つのキーワードである。「経済的自立」はD90展で大きく取り上げられているIDE (Intemational Design Enterprises) のポール・ポラックのデザインコンセプトの核となる。彼は元は精神科医であり、デザイナーではなかった。貧困層に手の届く範囲の低価格で、収入を増やす手段、例えばロバの荷台や小規模灌漑のための足踏みポンプ等を提供する。こうした手法はムハマド・ユヌスのソーシャルビジネスの手法とも共通している。また多国籍企業の取組みであるBOPビジネス、特にスチュアート・L・ハートの言うBOPバージョン2.0もソーシャルビジネス概念と被る。両者の違いは、ユヌスはポラックと同様経済的自立のための手段を貧困層に提供することを目的としているが、BOPビジネスはあくまで企業側が貧困層に商品を売る為の理論であるという点だ。いずれにせよ、ポラックの「現場主義」や「低価格化」の手法自体はさして新しいものではない。しかしながらこうした方法論の提唱者はいずれも従来の職能デザイナーとは異なる人々であり、パパネックの理論における限界を示している。つまり貧困を抱える人々自身の声がデザインの現場に反映された結果が、D90展なのだ。さてD90展におけるデザイナーは、社会起業家として捉えられている。これはデザインの手法や効果に着目したデザイン概念の拡張が進み、従来のようなスタイリングや設計能力に重きを置かれたデザイナーの専門性が薄れつつある証拠である。ここで登場した新しいデザイン概念とはイノベーションを引き起こすためのものであり、対象の三つの制約、つまり「技術的実現性」「経済的実現性」「有用性」のバランスを取る行為だ。社会起業家、もしくはイノベーターとしてのデザイナーというと聞こえはいいが、従来の高度な専門家集団としての側面は薄れる。「Design for the Other 90%」展の今日的意義とは、グローバルな市場経済で発生している貧困を解決するための、新しい方法論をデザインによって提示した、ということではない。それよりは国際協力や多国籍企業の取組みの中で先行して議論されていた方法論に基づくデザインを提示することで、社会的な要求によって引き起こされた新しいデザインの在り様やデザイン概念の転換と拡張を示し、貧困の当事者たちが起業家となりうるシステムやプラットホーム自体をデザインすることの重要性を示したことにある。これは同時にデザイナー概念の転換をも示すわけだが、イノベーション効果のみを抽出し従来のような提案や設計のための修得の難しいデザイン言語 (デッサンや製図の技術、プログラミング言語等) を持たずともデザイナーである、と錯覚されやすいD90展はパパネック以後の、市場経済主義に対するデザインの挑戦と可能性を示している。しかしながらそれは、デザイナーと非デザイナーとの境界が増々曖昧になっているのと表裏一体の現象であり、単なる職能デザイナーではない、高度なクリエイターが今日、求められている。

Smithonian Cooperhewitt National Design Museum in New York exhibited "Design… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

平澤, . (2016). 「Design for the Other 90%」に示されるデザイン概念 : 現在の貧困とデザイン概念の転換 : Research: the Concept of “Design for the Other 90%” : Today Poverty and the Shift of Design. (Thesis). Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Retrieved from http://hdl.handle.net/10748/6746

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

平澤, 祐子. “「Design for the Other 90%」に示されるデザイン概念 : 現在の貧困とデザイン概念の転換 : Research: the Concept of “Design for the Other 90%” : Today Poverty and the Shift of Design.” 2016. Thesis, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Accessed October 24, 2017. http://hdl.handle.net/10748/6746.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

平澤, 祐子. “「Design for the Other 90%」に示されるデザイン概念 : 現在の貧困とデザイン概念の転換 : Research: the Concept of “Design for the Other 90%” : Today Poverty and the Shift of Design.” 2016. Web. 24 Oct 2017.

Vancouver:

平澤 . 「Design for the Other 90%」に示されるデザイン概念 : 現在の貧困とデザイン概念の転換 : Research: the Concept of “Design for the Other 90%” : Today Poverty and the Shift of Design. [Internet] [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. [cited 2017 Oct 24]. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6746.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

平澤 . 「Design for the Other 90%」に示されるデザイン概念 : 現在の貧困とデザイン概念の転換 : Research: the Concept of “Design for the Other 90%” : Today Poverty and the Shift of Design. [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6746

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

30. 赤羽, 俊平. デジタルアプリケーションを活用した製品開発プロセスの研究 : 製品開発に関わる人の共通理解のためのデザインプロセスを中心として : Research of product development process utilizing degital application : with a central focus on design process for common understanding among people to be concerned with product development.

Degree: 修士(芸術工学), 2016, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京

今日におけるプロダクト製品は、チームとしての開発が一般的であると言える。そのため、チーム内でのデザインビジョンの共有化は必須であり、この共通理解を徹底しないことは製品理解の不徹底を招くこととなり、製品の質を低下させる事態まで生じかねない。そこで本研究では、そういった開発過程における課題点を克服するためにデジタルアプリケーションがどのような役割を果たすのか考察し、「製品に関わる多くの人がデザインイメージに対する共通理解を深めるためのデザインプロセス」の在り方を模索することを目的とする。プロダクトデザイナーにとってのデジタルアプリケーションとは、CADやレンダラー等のような、仮想空間上に想定される実体をコンピュータ上で表現するためのアプリケーションを指す。こうしたデジタルアプリケーションを活用した製品開発は、初期ではデザイン決定以後のタイミングでしか用いられなかったが、2000年代以降のコンピュータの技術発展に伴う検討領域の拡大によって、実際にモデルを行わずに多角的見地からデザイン検討を行うことを可能とした。そのため現在のデジタルアプリケーションは、製品開発に関わる多くの人が同じ土俵の上で協同し、お互いの分野についての理解を深め合う場としての可能性を持っていると言える。コンピュータの技術革新と共に発達を遂げてきたデジタルアプリケーションは、製品開発におけるデザインプロセスに対して時間効率化などの様々な恩恵をもたらした。しかし一方で、ある一つの危険性を表面化させた。多くのデジタルアプリケーションは一つの単純な動作を行う場合でも様々なパラメータが関係しており、その上、そういったパラメータの一つ一つが広い調整幅を持っている。そのためデジタルアプリケーションは、使用者がデザインイメージに対する明確な意思を共有した上で操作しないと、根拠の無い造形検討を延々と繰り返してしまうのである。最悪の場合、不要なデザイン案が増加することにより、デザイン決定の場において正確な判断ができなくなってしまう事態すら生じかねない。この問題こそ本研究の背景的意識である。スケッチなどのようなアナログ的手法を表現の主体とするデザイナーは、「シルエット-平面構造-立体感-素材感」などというように、造形を構成する要素に対する判断を一つ一つ順番に検討しながら検討・発想している。しかし、こうしたアナログ的手法は、順序に逆らって発想を行う事は出来ないのが現状である。こうした問題に対し、デジタルアプリケーションを併用しながら造形発想を行うことが出来れば、デザイナーは従来の造形発想の順序の枠にはまらないような、より多角的な造形発想が可能になると考えられる。また、スケッチテクニックの習熟度に関わらずデザインの詳細化を行うことができ、チーム全体でデザインイメージに対する共通理解を深めることも出来るだろう。デジタルアプリケーションは、デザイン作業の更なる効率化と発展を期待してプロダクトデザインの現場に導入されたアプリケーションである。プロダクトデザイナーはこうしたメリットを最大限享受し、より質の高い製品開発を目指すべきである。そのためには前述のようなデメリットを解消するために、デジタルアプリケーション活用に際して、デザインイメージを明確に意識しながら造形を検討するためのデザインプロセスを構築することが重要である。そこで、本研究ではデジタルアプリケーション上でアナログ型発想を統合し、より多角的な造形発想を行うための概念プロセスモデルを提示した。さらに、内部設計デザイン領域、スタイリングデザイン領域、カラーデザイン領域の3領域に対して、それぞれ具体的なデザインプロセスを提案した。また、プロジェクト実践を通して、本プロセスがデザイン意思決定に関する判断材料としてどのように貢献しているかを考察した。結論として、早期からデザインイメージに対する共通理解を多角的見地から深めるための本デザインプロセスは、どのような応用が可能なのかといった今後の展望について述べる。

Many people participate with Product development. If they share design vision of product, product quality falls. The purpose of this study was clarifying the… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

赤羽, . (2016). デジタルアプリケーションを活用した製品開発プロセスの研究 : 製品開発に関わる人の共通理解のためのデザインプロセスを中心として : Research of product development process utilizing degital application : with a central focus on design process for common understanding among people to be concerned with product development. (Thesis). Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Retrieved from http://hdl.handle.net/10748/6747

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

赤羽, 俊平. “デジタルアプリケーションを活用した製品開発プロセスの研究 : 製品開発に関わる人の共通理解のためのデザインプロセスを中心として : Research of product development process utilizing degital application : with a central focus on design process for common understanding among people to be concerned with product development.” 2016. Thesis, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Accessed October 24, 2017. http://hdl.handle.net/10748/6747.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

赤羽, 俊平. “デジタルアプリケーションを活用した製品開発プロセスの研究 : 製品開発に関わる人の共通理解のためのデザインプロセスを中心として : Research of product development process utilizing degital application : with a central focus on design process for common understanding among people to be concerned with product development.” 2016. Web. 24 Oct 2017.

Vancouver:

赤羽 . デジタルアプリケーションを活用した製品開発プロセスの研究 : 製品開発に関わる人の共通理解のためのデザインプロセスを中心として : Research of product development process utilizing degital application : with a central focus on design process for common understanding among people to be concerned with product development. [Internet] [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. [cited 2017 Oct 24]. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6747.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

赤羽 . デジタルアプリケーションを活用した製品開発プロセスの研究 : 製品開発に関わる人の共通理解のためのデザインプロセスを中心として : Research of product development process utilizing degital application : with a central focus on design process for common understanding among people to be concerned with product development. [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6747

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

[1] [2] [3] [4] [5] … [48]

.