Advanced search options

Advanced Search Options 🞨

Browse by author name (“Author name starts with…”).

Find ETDs with:

in
/  
in
/  
in
/  
in

Written in Published in Earliest date Latest date

Sorted by

Results per page:

Sorted by: relevance · author · university · dateNew search

You searched for publisher:"Tokyo Metropolitan University". Showing records 1 – 30 of 1823 total matches.

[1] [2] [3] [4] [5] … [61]

Search Limiters

Last 2 Years | English Only

Languages

▼ Search Limiters

1. Chen, Chia-Huang. Study on Situation-oriented Classification of Sightseeing Images Based on Visual and Metadata Features.

Degree: 博士(工学), 2016, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京

 This thesis proposes a method for classifying sightseeing images into different situations based on their visual and metadata features. The widespread use of digital cameras… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Chen, C. (2016). Study on Situation-oriented Classification of Sightseeing Images Based on Visual and Metadata Features. (Thesis). Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Retrieved from http://hdl.handle.net/10748/6677

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Chen, Chia-Huang. “Study on Situation-oriented Classification of Sightseeing Images Based on Visual and Metadata Features.” 2016. Thesis, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Accessed July 19, 2018. http://hdl.handle.net/10748/6677.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Chen, Chia-Huang. “Study on Situation-oriented Classification of Sightseeing Images Based on Visual and Metadata Features.” 2016. Web. 19 Jul 2018.

Vancouver:

Chen C. Study on Situation-oriented Classification of Sightseeing Images Based on Visual and Metadata Features. [Internet] [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. [cited 2018 Jul 19]. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6677.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Chen C. Study on Situation-oriented Classification of Sightseeing Images Based on Visual and Metadata Features. [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6677

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

2. 辻村, 美鶴. 外来種による小笠原在来植物の送粉系撹乱 : Disruption of local plamt-pollinator ecosystems in the Ogasawara Islands by alien species.

Degree: 修士(理学), 2016, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京

 Oceanic islands, which have never been connected to the large continents, generally have poor flora and fauna, but have unique ecosystems composed of limited numbers… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

辻村, . (2016). 外来種による小笠原在来植物の送粉系撹乱 : Disruption of local plamt-pollinator ecosystems in the Ogasawara Islands by alien species. (Thesis). Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Retrieved from http://hdl.handle.net/10748/8001

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

辻村, 美鶴. “外来種による小笠原在来植物の送粉系撹乱 : Disruption of local plamt-pollinator ecosystems in the Ogasawara Islands by alien species.” 2016. Thesis, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Accessed July 19, 2018. http://hdl.handle.net/10748/8001.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

辻村, 美鶴. “外来種による小笠原在来植物の送粉系撹乱 : Disruption of local plamt-pollinator ecosystems in the Ogasawara Islands by alien species.” 2016. Web. 19 Jul 2018.

Vancouver:

辻村 . 外来種による小笠原在来植物の送粉系撹乱 : Disruption of local plamt-pollinator ecosystems in the Ogasawara Islands by alien species. [Internet] [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. [cited 2018 Jul 19]. Available from: http://hdl.handle.net/10748/8001.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

辻村 . 外来種による小笠原在来植物の送粉系撹乱 : Disruption of local plamt-pollinator ecosystems in the Ogasawara Islands by alien species. [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10748/8001

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

3. Miyazaki, Ryoichi. Novel-electron States Realized in Unique Crystal Structure : 特異な結晶構造における新奇f電子状態の探索.

Degree: 博士(理学), 2016, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京

 In intermetallic compounds including rare-earth ions, f-electrons can behave as both localized and itinerant, depending on the crystal structure. In the localized case, f-electrons have… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Miyazaki, R. (2016). Novel-electron States Realized in Unique Crystal Structure : 特異な結晶構造における新奇f電子状態の探索. (Thesis). Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Retrieved from http://hdl.handle.net/10748/6079

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Miyazaki, Ryoichi. “Novel-electron States Realized in Unique Crystal Structure : 特異な結晶構造における新奇f電子状態の探索.” 2016. Thesis, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Accessed July 19, 2018. http://hdl.handle.net/10748/6079.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Miyazaki, Ryoichi. “Novel-electron States Realized in Unique Crystal Structure : 特異な結晶構造における新奇f電子状態の探索.” 2016. Web. 19 Jul 2018.

Vancouver:

Miyazaki R. Novel-electron States Realized in Unique Crystal Structure : 特異な結晶構造における新奇f電子状態の探索. [Internet] [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. [cited 2018 Jul 19]. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6079.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Miyazaki R. Novel-electron States Realized in Unique Crystal Structure : 特異な結晶構造における新奇f電子状態の探索. [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6079

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

4. 神崎, 清志. 商業用不動産の定量的評価手法およびリスク管理手法の研究.

Degree: 博士(経営学), 2016, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京

本論文は、オフィスなどの収益物件である商業用不動産を対象とした、評価方法ならびにリスク管理方法についての研究論文である。第1部は、商業用不動産の評価についての研究である。不動産の評価では、不動産鑑定評価が制度的に定められており、世界的に広く利用されている。しかし、この鑑定評価には評価額が市場価格から乖離するという「不動産鑑定評価バイアス」の問題が指摘されている。このような状況を踏まえ、不動産の市場価格を正確に推定するモデル「キャップレートモデル」が提案されている。このモデルでは、不動産評価法の直接還元法を用い、市場取引のデータから将来のキャッシュフローの還元率であるキャップレートを物件の属性および取引時点で回帰分析し、キャップレートの市場値を推定する。このモデルを日本の不動産投資信託(J-REIT)のデータに適用し、実証分析を行った。その結果、キャップレートは各属性に対し定性的に期待された傾向を示し、モデルが有効に働いていることが示された。さらに、得られた推定キャップレートにより物件の売買価格を推定すると、ヘドニック法といった一般的な手法より、精度が良いことが実証分析により示された。これにより、今まで難しかった市場価格の推定を、キャップレートの推定を通して行う体系が示された。加えて、実際に支払われている賃料、純営業収益(NOI)や純利益(NCF)といった各種キャッシュフローの分析により、属性ごとの感応度特性や時間変動といった特徴を把握することが可能となる体系が示された。これにより、キャップレートモデルとあわせてキャッシュフローの推定モデルも整備され、より精緻な評価モデルの構築が可能となった。第2部は、商業用不動産のリスク管理についての研究である。不動産のリスク管理は、市場特性が特異であるため、他の金融資産では一般的な手法が適用できない。そのため、不動産のリスク管理手法ではスタンダードなモデルというものが存在していない。本論文では、不動産市場の変動特性を分析し、その特徴を捉えたリスク管理モデルの提案が行われている。まず、不動産市場の変動特性として、強いトレンド性と周期性があることが示された。さらに、評価に用いられるキャッシュフローとキャップレートという2つのパラメータのうち、より価格変動に影響を与えるパラメータは、キャップレートであることが定量的に示された。これらの分析により、市場の変動特性と変動を与えるパラメータが明らかとなった。この結果を踏まえ、本論文ではキャップレートに周期的な変動を与えるモデル「ダイナミック・キャップレートモデル」が提案された。従来では、資産価格の変動に拡散過程を適用した例があったが、本来の変動特性を表現していないため、現実的なリスク量が算出できなかった。ダイナミック・キャップレートモデルを用いると、実際の資産価格変動により近い資産価格変動をシミュレーション上で再現することが可能になり、保有するリスク量を正確に計測することが可能になる。

首都大学東京, 2014-03-25, 博士(経営学), 甲第394号

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

神崎, . (2016). 商業用不動産の定量的評価手法およびリスク管理手法の研究. (Thesis). Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Retrieved from http://hdl.handle.net/10748/6646

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

神崎, 清志. “商業用不動産の定量的評価手法およびリスク管理手法の研究.” 2016. Thesis, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Accessed July 19, 2018. http://hdl.handle.net/10748/6646.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

神崎, 清志. “商業用不動産の定量的評価手法およびリスク管理手法の研究.” 2016. Web. 19 Jul 2018.

Vancouver:

神崎 . 商業用不動産の定量的評価手法およびリスク管理手法の研究. [Internet] [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. [cited 2018 Jul 19]. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6646.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

神崎 . 商業用不動産の定量的評価手法およびリスク管理手法の研究. [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6646

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

5. Shimizu, Takafumi. Dynamical Evolution and High-Energy Radiation of Mixed-Morphology Supernova Remnants.

Degree: 博士(理学), 2016, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京

 Evolution of a supernova remnant (SNR) without an active neutron star is basically described by probation of shock waves. The shock waves accelerate charged particles.… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Shimizu, T. (2016). Dynamical Evolution and High-Energy Radiation of Mixed-Morphology Supernova Remnants. (Thesis). Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Retrieved from http://hdl.handle.net/10748/6652

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Shimizu, Takafumi. “Dynamical Evolution and High-Energy Radiation of Mixed-Morphology Supernova Remnants.” 2016. Thesis, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Accessed July 19, 2018. http://hdl.handle.net/10748/6652.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Shimizu, Takafumi. “Dynamical Evolution and High-Energy Radiation of Mixed-Morphology Supernova Remnants.” 2016. Web. 19 Jul 2018.

Vancouver:

Shimizu T. Dynamical Evolution and High-Energy Radiation of Mixed-Morphology Supernova Remnants. [Internet] [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. [cited 2018 Jul 19]. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6652.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Shimizu T. Dynamical Evolution and High-Energy Radiation of Mixed-Morphology Supernova Remnants. [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6652

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

6. 西峯, 洋平. 無線LANの地理学 : 電波状況の実態解明と地域特性の定量的考察 : Wi-Fi Geography : Clarifying current status of wireless LAN radio waves and quantitative consideration of regional characteristics.

Degree: 修士(理学), 2016, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京

近年無線LANの普及が目覚ましいが,それに伴い問題も発生している.繁華街などではAP(アクセスポイント)の設置数が過密状態となっており,通信速度が低下したり,電波干渉により接続が不安定化したりといった電波環境の悪化が発生している.またセキュリティーの問題も起こっている.こうした問題に対処していく上では,無線LANの混雑に大きく関わるAPの密度や分布の実態,その地域特性を明らかにする必要陸がある.また,APからの電波の到達範囲や地域特性によるそれらの差異も明らかする必要性がある.なぜなら,必要以上に広い範囲にまで無線LANの電波が届いてしまうことは,無線LANの帯域をより広範囲で消費することにつながると共に,不正アクセスや通信の盗聴を行える範囲も広くなってしまうことにつながるためである.本研究では,都市域を対象に無線LANに関するデータを現地調査により収集した上で,SSID数やその密度,APからの電波の到達範囲についてその実態や地域特性による差異があるかどうかを明らかにすることを研究目的とした.また,簡便な調査機材や手法を用いて無線LANの現地調査を行った研究事例は少ないため,最適な調査手法の検討や問題点の提起を行うことも研究目的とした.既存の研究で把握しきれていない都市域の無線LANの実態,特に住宅街の実態を現地調査の結果をもとに解明することで,行政・企業・個人が無線LANの問題の改善を図っていく上での指針や参考事例として役立つことが期待される.使用データについては,都市域の地域特性の異なる3地区(新宿地区,堀之内地区,上柚木地区)を対象に,GPSロガーやデータ記録用のタブレットPC,無線LANアダプタを使用し,自転車で移動しながらAPに関するデータの収集を行った.研究手法については,まず計測地点毎の捕捉SSID数という観点から考察を行った.新宿地区・堀之内地区・上柚木地区間での差異の比較を行うと共に,用途地域データを用いて堀之内地区・上柚木地区の用途地域ごとの比較を行い,さらにローカルな空間的自己相関指標(Local Indicator of Spatial Aut㏄orrelation, LISA)を用いた解析を行った.また電波の到達範囲を明らかにするために,APの位置を推定した上でSSIDごとに電波の最大到達距離を求めた.その結果,総務省(2012)で指摘されてきた繁華街における無線LANの過密化だけでなく,住宅地や中小規模の商業地においても無線LANの過密化が進んでいる実態が明らかとなった.その傾向は特に2.4GGHz帯において顕著であり,都市部では200個,住宅街においても80個以上のSSIDが捕捉されるほど過密化が顕著である地点がみられた.そのため,それに伴い通信速度の低下や接続の不安定といった問題が発生している可能性が示唆された.また2.4GHz帯において,住宅街のAPの過密化問題はマンションや集合住宅など,世帯密度の高い住宅地において顕著であるという地域特性がみられた.一方で帯域に余裕があるとされてきた5GHz帯においても,商業地などでは80個以上のSSIDが観測されるなど過密化が進んでいる場所もみられ,問題が生じる可能性が示唆された.電波の到達範囲に関しては,一般的に言われる到達範囲よりもかなり広い範囲まで電波が到達している実態が明らかとなった.高所に設置されたAPの場合,近距離に加え,中距離で電波が届かなくなってもさらに離れた500~1,000mには電波が到達しているケースも多いことも明らかとなった.

The spread of wireless LAN is remarkable in recent years, but the problem also occurs due to it. The… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

西峯, . (2016). 無線LANの地理学 : 電波状況の実態解明と地域特性の定量的考察 : Wi-Fi Geography : Clarifying current status of wireless LAN radio waves and quantitative consideration of regional characteristics. (Thesis). Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Retrieved from http://hdl.handle.net/10748/6789

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

西峯, 洋平. “無線LANの地理学 : 電波状況の実態解明と地域特性の定量的考察 : Wi-Fi Geography : Clarifying current status of wireless LAN radio waves and quantitative consideration of regional characteristics.” 2016. Thesis, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Accessed July 19, 2018. http://hdl.handle.net/10748/6789.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

西峯, 洋平. “無線LANの地理学 : 電波状況の実態解明と地域特性の定量的考察 : Wi-Fi Geography : Clarifying current status of wireless LAN radio waves and quantitative consideration of regional characteristics.” 2016. Web. 19 Jul 2018.

Vancouver:

西峯 . 無線LANの地理学 : 電波状況の実態解明と地域特性の定量的考察 : Wi-Fi Geography : Clarifying current status of wireless LAN radio waves and quantitative consideration of regional characteristics. [Internet] [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. [cited 2018 Jul 19]. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6789.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

西峯 . 無線LANの地理学 : 電波状況の実態解明と地域特性の定量的考察 : Wi-Fi Geography : Clarifying current status of wireless LAN radio waves and quantitative consideration of regional characteristics. [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6789

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

7. 間部, 賢太郎. 建築空間における間接採光手法に関する考察及び設計提案 : Research and Design Proposal based on Indirect Natural Lighting Technique in Architectural Space.

Degree: 修士(建築学), 2016, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京

近年,地球温暖化やオゾン層の破壊などの環境問題が注目視されるようになり,環境に配慮した様々な社会的取り組みが展開されるようになった.建築の分野においても環境配慮型建築への意識が高まるようになり,建築計画において採光を取り入れることの省エネルギー効果などが重要視されつつあるが,それらは建築の性能として語られることが多く,外光を遮光するか,採光するかといった二者択一的な計画が大半を占める.それは光環境が照度といった物理的な光量のみでしか評価されていないことが原因として挙げられる.また意匠の観点からも,人間の知覚の多くは視覚に依存することから,光環境を活かすことが空間の質を大きく左右する.こうした背景から本論文において,建築空間における採光手法や心理的な光量の評価方法を再考することで,新たな建築計画とその設計プロセスを示すことを目的とする.本論文は以下に示す6つの章で構成される.序章では,上述の環境配慮型建築の社会背景やその採光に対する取り組みと採光評価方法の現状について記述し,新しい評価軸の必要性と,変動が大きく視覚への負担が大きい,グレアによる不快感をもたらすといった問題点の多い直接採光に対し,間接採光の有効性を示すことで,本論文の目的について論じる.第1章では,採光計画のあり方とその分析・評価手法の現状を纏める.多くの場合,光環境評価は視作業性に着目して行われ,水平面照度を基準として評価される.この指標では光環境デザインの際に重要視される(1) 視認性の確保,(2) 用途に応じた視覚的効果の創出,(3) グレアのような不快要因の排除,のうち(1) のみしか検証できず実用的ではない.それを受けて近年,空間の輝度値に着目し,明るさの対比効果を考慮することで,空間の明るさを人間の視覚に近い形で表現する「明るさ感」という概念が考案された.その明るさ感は光源を物体色として認識できる上限輝度,色モード境界輝度から測定することで精度良く評価できる.その考え方に基づく「Feu理論」は視野内の輝度分布を利用して空間における明るさ感の数値化を行うもので,明るさ感の有効な評価指標といえる.そこで本論文においては,間接採光の評価手法として「Feu理論」を取り上げ,以降の分析を行うこととした.第2章では,間接採光手法が見られる建築を,実地調査を行ったものを中心に取り上げ,事例から分析を行った.建築図面や写真を基に間接採光手法を抽出し,ダイアグラムを作成,それらを,1. 開口部内の奥行によって,光を和らげる「奥行型」,2. 天井面や壁面等,ある部位を照らすように採光する「照射型」,3. 開口部に配される複数のガラス面で光の屈折・反射・透過を組み合わせて採光する「拡散型」,4. 開口部の素材の透過性や色を変更することで調光する「素材型」の4つに分類した.それらを方角や光の進路を基に考察し,以降の分析や設計提案の為の参考とした.第3章では,間接採光手法によって得られる効果の分析及び定量的な表現を目的に,建築写真分析と3Dシミュレーション分析を行った.写真分析では,実空間の輝度と,カメラがjpgデータとして現像する際の信号値の対応関係を実験によって検証し,実地調査により撮影された建築写真から輝度分布図を作成した.また第1章で有効性が示されたFeu値を算出することで,空間の明るさ感を数値化した.更に3Dシミュレーション分析では,写真分析で得られた考察を詳細に検証する為,一般的なサイズの居室,W3200mm × D4000mm × H2400mmを仮定し,一定の面積を持った開口部を異なる手法で配することにより,どのような明るさ感を得ることができるか,シミュレーションソフトradianceを使用して検証,同様に輝度分布図作成とFeu値の算出によって,各採光手法の性格を比較評価した.第4章では,それまでの章で行った分析の有効性を示す試みとして,第3章によって効果が検証された採光手法を応用し,光をテーマにした戸建住宅の設計を行った.敷地は首都圏近郊の一般的な住宅地とした.従来,平面・断面計画の後に採光に関する検討が成されるが,本提案においては,設計の初期段階から採光方法を検討し,シミュレーションを重ねることで,第1章で示した光環境デザインの三つの側面における(2)(3) を満たす豊かな光環境を創出した.またその建築提案に対しても,輝度分布図の作成,Feu値の算出を行うことで,空間の状態を定量的に表現することを可能にした.結章では,本研究で行った分析・設計提案について総括と展望を示した.環境配慮型住宅は一般的な平面構成に対して環境装置を付加することが多いのに対し,採光計画から建築設計を始めることによって,建築と一体化した採光手法と,豊かな光環境を実現することができた.以上より,間接採光手法を用いることによる空間への影響を定量的に評価し,採用することの可能性を示した.

首都大学東京, 2014-03-25, 修士(建築学)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

間部, . (2016). 建築空間における間接採光手法に関する考察及び設計提案 : Research and Design Proposal based on Indirect Natural Lighting Technique in Architectural Space. (Thesis). Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Retrieved from http://hdl.handle.net/10748/6793

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

間部, 賢太郎. “建築空間における間接採光手法に関する考察及び設計提案 : Research and Design Proposal based on Indirect Natural Lighting Technique in Architectural Space.” 2016. Thesis, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Accessed July 19, 2018. http://hdl.handle.net/10748/6793.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

間部, 賢太郎. “建築空間における間接採光手法に関する考察及び設計提案 : Research and Design Proposal based on Indirect Natural Lighting Technique in Architectural Space.” 2016. Web. 19 Jul 2018.

Vancouver:

間部 . 建築空間における間接採光手法に関する考察及び設計提案 : Research and Design Proposal based on Indirect Natural Lighting Technique in Architectural Space. [Internet] [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. [cited 2018 Jul 19]. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6793.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

間部 . 建築空間における間接採光手法に関する考察及び設計提案 : Research and Design Proposal based on Indirect Natural Lighting Technique in Architectural Space. [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6793

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

8. 忠, 快仁. 分譲集合住宅における「住みながら改修」に関する研究 : 居住者に及ぶ工事影響と設計監理・施工管理業務に着目して.

Degree: 修士(工学), 2016, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京

東日本大震災の発生や耐震改修促進法の改正を受けて、既存建築物への安全性や維持管理への意識が高まり、改修や建替えなど具体的な検討が進められ始めている。しかし、2011年度の一年間で建替えが完了した分譲集合住宅は167件と、住民全体の合意形成を得た上で建替えを選択することへの格調の高さが伺える。そのような状況で特に分譲集合住宅ストックにおいて、耐震基準に満たないものや設備機器等の更新が必要なものについては、性能向上に資する改修などにより、区分所有される建物の維持保全が図られている。耐震補強技術やその他改修工法の技術工学の革新は進む一方で、集合住宅の改修は「住みながら」という施工計画全体に影響する大きな制約の中で、より住民に配慮した改修計画が求められる。特に分譲集合住宅では、区分所有者の移り住みや専有部に立ち入っての改修は難しいため、強度や機能の性能向上を図る改修においても、「住みながら改修」を選択することが必然となる。建物の維持保全・性能向上に資する改修が、住民の合意形成を図ることができず先送りされる現状において、居住者が工事によって被る影響を正確に理解し、工事関係者が適切な対処方法を把握することは、「住みながら改修」を円滑に進める上でも欠かすことのできない要素であろう。さらに、「住みながら改修」の施工計画上のリスクや制約、またそれらに対応するための設計監理・施工管理手法に着目することで、分譲集合住宅の改修の促進に有用な知見が得られると考える。本研究では、「住みながら」という条件によって発生する様々な工事影響を明らかにし、「住みながら改修」の現場で求められる合理的な設計監理・施工管理手法を提示することを目的とする。本論文は6章により構成されている。第1章では、研究の背景と目的を示すとともに、集合住宅の改修に関する既往研究を概観し、本研究の位置付けを明確化している。第2章では、分譲集合住宅ストックの現状把握をした上で、「住みながら改修」における各工事が居住者に及ぼす影響の整理を行う。その整理に基づき、分譲集合住宅の「住みながら改修」を、定期的な大規模修繕工事で行われる「建築工事」、大規模な架構や工事が必要な「耐震補強工事」、ライフラインの停止等を伴う「設備配管工事」、さらにそれらの工事を効率的に包括して行う「総合的改修」に分類した。第3章では、2章で分類した工事種目に関して事例調査を行い、「住みながら改修」の居住者に及ぶ影響と施工者・設計者の対応という観点から考察を加えた。「建築工事」に関しては、10社のマンション工事会社から入手した工事説明書調査を通し、発生し得る工事影響と施工者が行っている対応や対策を分析した。また、「耐震補強工事」においては、生活空間からの距離に応じて耐震補強方法を分類することで、それら補強方法が区分所有者に与える影響を考察した。3章のまとめとして各種工事の調査結果をもとに、「住みながら」という条件によって設計者・施工者・理事(居住者)が付随的に行うべき対応を提示した。第4章では、「住みながら改修」現場で実際に居住者・施工者に及ぶ工事影響と、その影響に対する各工事関連主体の対応を、改修現場の実態調査により明らかにした。この対象事例は専有部に立ち入ることなく、共用廊下側にRC 打増し補強や新設PSを設けるなどの「総合的改修」を行っている事例である。まず、工程表に本工事が居住者に及ぼす影響と事前告知内容を重ねることで、事前告知→工事→影響という流れを居住者にも理解しやすい形で明示する手法を提示した。さらに、改修現場で発生した要望・問題と、それに対する施工者・設計者・理事会(管理会社)の対応手法を調査・分析した。「住みながら改修」で起こり得る問題と対応は、1. 施工管理者が対応に当たるべき、「工事内容に関する要望・問題」2. 設計者が住民に対し、設計の意図や根拠についての対応を行う「設計内容に関する要望・問題」3. 理事会と協力して対応にあたるべき「付随発生業務に関する要望・問題」、の3つに分類できる。このような問題に対して、各工事関連主体がそれぞれの役割を明確化した上で工事対応に当たることが望まれる。第5章では、第2、3、4章で明らかにした工事影響やそれに対する設計監理・施工管理手法を統合し、総合的改修のように工事影響の大きい「住みながら改修」計画を円滑に進めるための要点をフローマップとして提案している。着工前と着工後でどのような目的を持ってどのような検討を進める必要があるか、施工者・設計者・理事会(住民)の担うべき役割と求められる対応を提示した。明快かつ入念な住民説明を行うことに加え、各主体の役割の明確化、要望・問題の情報共有と対応支援関係の構築、などが要点として挙げられる。第6章は本論文のまとめであり、各章の総括を行っている。以上、本論文では分譲集合住宅における「住みながら改修」の工事影響やその対応手法を明らかにし、改修内容が複雑化した際の合理的な設計監理・施工管理業務フローの要点を導いた。

首都大学東京, 2014-03-25, 修士(工学)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

忠, . (2016). 分譲集合住宅における「住みながら改修」に関する研究 : 居住者に及ぶ工事影響と設計監理・施工管理業務に着目して. (Thesis). Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Retrieved from http://hdl.handle.net/10748/6802

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

忠, 快仁. “分譲集合住宅における「住みながら改修」に関する研究 : 居住者に及ぶ工事影響と設計監理・施工管理業務に着目して.” 2016. Thesis, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Accessed July 19, 2018. http://hdl.handle.net/10748/6802.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

忠, 快仁. “分譲集合住宅における「住みながら改修」に関する研究 : 居住者に及ぶ工事影響と設計監理・施工管理業務に着目して.” 2016. Web. 19 Jul 2018.

Vancouver:

忠 . 分譲集合住宅における「住みながら改修」に関する研究 : 居住者に及ぶ工事影響と設計監理・施工管理業務に着目して. [Internet] [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. [cited 2018 Jul 19]. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6802.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

忠 . 分譲集合住宅における「住みながら改修」に関する研究 : 居住者に及ぶ工事影響と設計監理・施工管理業務に着目して. [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6802

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

9. 藤川, 理子. 分譲マンションの耐震改修設計時に発生する付随業務に関する研究 : A Study on Incidental Business at the time of Seismic Retrofit Design of a Condominium.

Degree: 修士(工学), 2016, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京

地震国である日本において、安全のために建築物の耐震性を確保する必要があることは、既に共通の認識事項であると言って良い。そのような中で、平成25年11月には改正耐震改修促進法が施行され、耐震改修計画の認定基準の緩和や、区分所有建築物で耐震改修を実施しようとする場合の決議要件の緩和がなされるなど、既存建築物においても早急に耐震性の向上を進めていくことが喫緊の課題となっている。特に分譲マンションにおいては、約571万戸(平成22年末時点)のストックのうち、およそ106万戸が1981年以前の旧耐震基準に沿って建てられたものであると試算されている1)。そのため、住民の生命及び区分所有者の財産の保護はもとより、地域の安全性の確保のため、早急に耐震化に取り組む必要がある。しかし、耐震改修工事を行なうための資金の不足や、耐震改修の実施には住民の合意を形成していく必要があることなどが障壁となり、耐震診断・耐震改修ともに進んでいないのが現状である。設計者の立場からしても、既存建物の状態だけでなく管理組合や居住者の状況についても考慮しなければならず、耐震改修設計時に必要となる業務が事前に想定しにくいことから、分譲マンションの耐震改修を積極的に手掛ける設計者は少ない。以上のような認識から、本研究では分譲マンションの耐震改修事例において、耐震改修計画の進行に影響を及ぼす事項を把握するとともに、改修設計者により行なわれた業務の内容とそのフローを調査することで、業務による影響事項への対応方法を明らかにする。そして、実務内容や実施手順が想定しにくい改修設計者の付随業務に関して全容を詳細に整理し、分譲マンションにおいて耐震改修計画を進める際に有用な資料を作成することを目的とする。本論文は6章により構成されている。第1章では、研究の背景と目的を示すとともに、用語の定義を行う。また、関連する既往研究を概観し、本研究の位置付けを明確化している。第2章では、文献調査から分譲マンションの現状を把握した上で、耐震改修における関係主体の関わりと、その中で改修設計者に求められる役割についてまとめた。さらに、分譲マンションの耐震改修で改修設計者が行なう業務を、通常業務と付随業務に分類した。第3章では、1981年以前の旧耐震基準で建てられた分譲マンションのうち、助成制度を活用して耐震診断を含む耐震改修を行なった改修設計者へのヒアリング調査から、耐震改修計画の進行に影響する6つの事項を明らかにした。また、改修設計者が実際に行なった実務内容から、業務による影響事項への対応方法を明らかにしている。第4章では、付随業務が最も詳細に把握できた事例に対する改修設計者へのヒアリング調査から、付随業務の実施プロセスを示すとともに、付随業務における合意形成支援業務の重要性を考察している。第5章では、3、4章での分析結果をもとに、共通して行なわれた付随業務を抽出し、分譲マンションの耐震改修設計時に「必ず行われる付随業務」として全容をまとめている。「耐震改修計画への影響事項によって発生し得る付随業務」についても、影響事項別に、その具体的な業務内容と実施手順を明らかにしている。第6章では全体の総括を行ない、本論文で明らかにできた事柄をまとめるとともに、研究の成果と今後の研究課題について述べている。以上、本論文では分譲マンションの耐震改修計画への影響事項を明らかにし、それぞれの影響事項について評価方法を提示している。また、耐震改修設計時に改修設計者が行なった具体的な業務内容を調査することで、分譲マンションの耐震改修設計時に発生する付随業務の全容を明らかにしている。

首都大学東京, 2014-03-25, 修士(工学)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

藤川, . (2016). 分譲マンションの耐震改修設計時に発生する付随業務に関する研究 : A Study on Incidental Business at the time of Seismic Retrofit Design of a Condominium. (Thesis). Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Retrieved from http://hdl.handle.net/10748/6809

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

藤川, 理子. “分譲マンションの耐震改修設計時に発生する付随業務に関する研究 : A Study on Incidental Business at the time of Seismic Retrofit Design of a Condominium.” 2016. Thesis, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Accessed July 19, 2018. http://hdl.handle.net/10748/6809.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

藤川, 理子. “分譲マンションの耐震改修設計時に発生する付随業務に関する研究 : A Study on Incidental Business at the time of Seismic Retrofit Design of a Condominium.” 2016. Web. 19 Jul 2018.

Vancouver:

藤川 . 分譲マンションの耐震改修設計時に発生する付随業務に関する研究 : A Study on Incidental Business at the time of Seismic Retrofit Design of a Condominium. [Internet] [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. [cited 2018 Jul 19]. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6809.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

藤川 . 分譲マンションの耐震改修設計時に発生する付随業務に関する研究 : A Study on Incidental Business at the time of Seismic Retrofit Design of a Condominium. [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6809

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

10. 和佐, 陽子. 留学生およびその親族による国内観光行動の特性分析 : 出身国や留学動機に着目して : Analysis of Foreign Students' and their Relatives' Travel Behaviors in Japan : Focusing on their Countries of Origin and Motivations for Studying in Japan.

Degree: 修士(観光科学), 2016, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京

日本の高等教育機関には、平成24年5月現在、約13万人の留学生が在籍し、今後も増加が期待される。留学生の国内観光は、外国人の観光の一形態であると同時に留学生の日本理解を促す効果、親族友人の訪日観光の促進も考えられ、今後の訪日観光振興を考えるうえで、一つの重要なトピックとなりうる。本研究では、留学生の出身国、留学動機や目的等の属性が、観光行動特性(1.留学期間中の宿泊旅行経験の有無、2.その活動内容、3.宿泊旅行の訪問地)および留学期間中の留学生親族の訪日観光行動に与える影響を分析する。留学生の観光研究は、海外で一定数見られる。オーストラリアにおけるMin-En(2008)、Michael, Iら(2003)の研究は、留学生や親族の観光行動パターンを明らかにし、地域観光への効果を計り、マーケティング施策への示唆を与えている。英国では大学生を訪問する親族の観光研究があり、Bischoff(2007)は学生のアンケート結果から、現地学生と留学生の観光行動、一般の親族友人訪問旅行と大学生のそれとの比較分析をし、大学生への親族友人訪問旅行を調査したHunter-Jones(2008)は、学生が親族や友人の観光内容の決定に深く関わっていることを明らかにしている。一方日本では、この分野の研究は限定的である。師ら(2009)および(2011a)は、北海道大学の留学生177名に道内観光の調査を行い、外国人旅行客の観光行動との比較分析、留学生の日本語能力による観光行動の違いを明らかにしているが、留学生の属性別分析はされていない。これら既往研究は、マーケティングのための研究であるが、本研究は日本留学の機会を得た留学生が日本理解を深める観光体験をしているかという問題意識を持っている点が特徴である。本研究は、首都圏の留学生にアンケートおよびインタビュー調査を実施し、宿泊旅行経験の有無、活動内容および訪問地ならびに留学の内容、目的、交友関係等を尋ねた。観光庁の訪日外国人消費動向調査結果との比較から、留学生の観光行動特性と一般の訪日観光客のそれとの相違を把握すると共に、各属性が観光行動に及ぼす影響を考察した。アンケート調査はオンラインで実施し、134回答を得た。併せて25人にインタビュー調査を行った。使用したサンプルでは、その74.6%が宿泊旅行を経験し、50.7%が近畿地方、46.3%が箱根や日光などの関東地方を訪問しており、一般の訪日観光客に比べ各活動の経験率が高い。始めに、留学生を出身地域別に、1)短期交換留学生の多い欧米留学生、2)日本の留学生の大半の中国・台湾・韓国出身の留学生、3)奨学生が多い東南アジア・その他地域の留学生の3グループに分類した場合の観光行動特性を分析し、差異については統計的に検定を行った。欧米留学生は、留学目的の一つである異文化体験に積極的なことに加え、留学生向けの体験プログラムにアクセスしやすい環境にあり、日本人学部学生の国際交流サークルからも観光体験をサポートされており、短期間の滞在でも観光体験の経験率が高い傾向がある。中国・台湾・韓国の留学生は、人数が多く同胞の友人や情報を入手しやすいが、留学生向けの観光体験が提供されにくい環境にあり、留学生として異文化体験を求める観光行動は活発とは言えない。東南アジア・その他地域の留学生は、人数も少なく文化宗教的背景も相互に異なるが、大学を超えた同胞ネットワークが確立されており、その存在が観光行動を誘引している他、大学入学前の予備教育で提供される留学生用プログラムも観光体験を促進している。また、本調査では熱帯気候出身が大半を占めたこの属性は、沖縄への訪問が少なく寒冷地への訪問が多い。次に留学動機による影響を分析したが、その影響は限定的で「留学先として日本を選択」し、「日本文化に関心」があるグループが、活動の実施率がやや高い傾向が見られた。次に留学生親族の訪日観光行動について分析した。サンプルの60.4%が親族の訪問を受けており、訪問親族数は留学生一人あたり2.32人で、春休みと卒業式がある3月に訪問が集中している。既往研究では親族友人訪問旅行は宿泊施設利用が少ないとされるが、留学生親族の65.4%は宿泊施設を利用し、留学生ら知人親族宅での宿泊は59.3%であった。留学生親族は一般訪日観光客に比べ滞在はやや長期で、観光体験の経験率も高いが、本サンプルでの生活圏の関東への集中が見られ、他地方の訪問は限られている。出身地域別属性では、欧米留学生は短期留学でも親族訪問率が高く、宿泊施設の利用率も88.2%と高い。中国・台湾・韓国の留学生は、近距離にもかかわらず訪問率は低く、東南アジア・その他地域の留学生親族は留学生や親族知人宅への宿泊率が最も高い。留学生の観光行動は親族の観光行動に一定の影響を与えている。留学生は、訪日親族の観光内容決定に強く関わり、32.1%の留学生は100%決定し、91.7%が最も重要な観光情報は自身の経験と回答している。訪問経験のある場所を親族に案内するなど、留学生の観光経験が親族の観光内容に直接反映されている。以上、留学生の観光行動には、出身地域別属性での差異が見られ、留学動機、出身国の気候、交友関係などが影響しているとわかった。留学生のための観光体験プログラムへのアクセスや留学生の人的ネットワークが観光行動に及ぼす影響も明らかとなり、留学生に幅広い観光体験をさせるプログラムの有効性が示唆される。さらに留学生の観光行動の親族への波及効果は、活動内容や地方への訪問では限定的であるが、観光内容の決定は留学生の経験による影響が大きいことが分かり、留学生の観光経験の重要性が示唆される。

There were 137,756 foreign students studying at higher education institutions in Japan as of May 2012. The number of foreign students has been… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

和佐, . (2016). 留学生およびその親族による国内観光行動の特性分析 : 出身国や留学動機に着目して : Analysis of Foreign Students' and their Relatives' Travel Behaviors in Japan : Focusing on their Countries of Origin and Motivations for Studying in Japan. (Thesis). Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Retrieved from http://hdl.handle.net/10748/6812

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

和佐, 陽子. “留学生およびその親族による国内観光行動の特性分析 : 出身国や留学動機に着目して : Analysis of Foreign Students' and their Relatives' Travel Behaviors in Japan : Focusing on their Countries of Origin and Motivations for Studying in Japan.” 2016. Thesis, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Accessed July 19, 2018. http://hdl.handle.net/10748/6812.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

和佐, 陽子. “留学生およびその親族による国内観光行動の特性分析 : 出身国や留学動機に着目して : Analysis of Foreign Students' and their Relatives' Travel Behaviors in Japan : Focusing on their Countries of Origin and Motivations for Studying in Japan.” 2016. Web. 19 Jul 2018.

Vancouver:

和佐 . 留学生およびその親族による国内観光行動の特性分析 : 出身国や留学動機に着目して : Analysis of Foreign Students' and their Relatives' Travel Behaviors in Japan : Focusing on their Countries of Origin and Motivations for Studying in Japan. [Internet] [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. [cited 2018 Jul 19]. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6812.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

和佐 . 留学生およびその親族による国内観光行動の特性分析 : 出身国や留学動機に着目して : Analysis of Foreign Students' and their Relatives' Travel Behaviors in Japan : Focusing on their Countries of Origin and Motivations for Studying in Japan. [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6812

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

11. 片山, 浩一. 既存空間特性に着目した学校建築コンバージョン設計手法に関する研究.

Degree: 修士(工学), 2016, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京

近年、わが国では1960~70年代の急激な人口増加に伴い整備した、膨大な量の公共建築物を保有しており、今後一斉に老朽化していくと言われている。これらの施設を維持していくためには、大きな費用が必要となり、人口減少が想定される中、公共建築物の保全や建替をどのように進めていくべきか、大きな課題となってる。また公共施設マネジメントの観点からは公共施設の最適配置や再整備、それに伴う施設の多機能化が注目されている。公共施設のひとつである学校建築では、老朽化に加え、少子化による児童数の減少により余裕教室の発生等の問題を抱えている。現在、都心部の余裕教室は新たな特別教室や被災用備蓄倉庫として活用されている。しかし、今後は安全な公共施設、地域の公的財産として、学校施設の使われ方は経時的に変化する必要がある。建物用途を変更するコンバージョン設計では、既存建物の特性を考慮した設計が行われる。既存の建物から他の施設に転用される際には発生する新用途の要求機能・要求空間のみならず、既存建物の特性を考慮した設計が行われる。特に学校建築の既存空間が持つ特性に基づいたコンバージョン設計では、設計時に優先すべき空間変化を想定する必要があろう。本研究では余裕教室の部分コンバージョンを対象として、学校建築が持つ既存空間の特性を把握・整理するとともに、アプローチ、床面、天井高、開口部といった各部分の設計計画、および概要を明らかにする。さらに学校建築コンバージョン設計における断面設計による空間変化内容を明らかにすることを目的とする。本論文は5章により構成されている。以下、各章の概要を述べる。第1章では、研究の背景と目的を示すとともに、学校建築の部分コンバージョンの変遷と現状の整理をしている。また、関連する既往研究を概観し、本研究の位置づけを明確化している。第2章では、学校建築の余裕教室活用および学校建築の再生を取り巻く状況の整理をおこなっているとともに、ベースビルである学校建築の部分転用に対する建築的な特徴を把握するために設計図書を収集し既存学校建築の空間特性を整理している。学校建築の余裕教室活用は2000年前後に文部科学省の取り組みによって一時積極的に部分転用が行なわれるようになったが、その後教育方針の見直しなどにより転用事例数は減少している。しかし、現在は国の新たな事業によって余裕教室の有効活用および部分転用が積極的に行なわれる状況が整っている。学校建築は形態や教室配置などに既存建築として共通する設計が表れるのが一般的であるが、これらが部分転用の施設配置に伴い、アクセスおよびアプローチ決定による空間構成に影響をおよぼすことを整理した。既存学校建築では昇降口における利用特性により解決していたGL差が部分転用の際には段差解消という留意点となる。また階高が高く設定されている既存の空間を活かして転用設計を検討することができるよう既存断面の寸法把握をおこなった。部分転用設計の際にはこれらのことの配慮が必要であると考える。第3章では前章で整理した既存の空間特性に対し、新規用途に転用する際に起こる床面・天井面・開口部の各部分の変化の整理を行う。また内部空間と外部空間の関係性を明らかにしている。学校建築の転用の際には必ず新規エントランスの設置が行なわれることから、スロープの形式、新規床とスロープの関係、またスロープの果たす役割を示した。さらに断面の変化は床面・天井面・開口部の変化とともに改修の目的や手法によって寸法変化が異なることを示し、これらの関係を整理した。学校建築の転用の際には必ず新規エントランスの設置が行なわれることからアプローチの形式、GLの解消法の検討、エントランス設計手法分類をおこなう。またエントランスおよび動線計画に着目することによって室配置パターンをあきらかにした。断面の変化は床面の変化・天井面の変化とともに改修の目的や手法によって寸法変化の大きさが異なることを明らかにし、これらの関係性を整理した。断面における物理的な変化は、床面による制約が大きく、床面の断面変化がアプローチにおけるスロープの長さ、また天井高に影響を与えることによって天井面、開口部の変化をもたらすことをあきらかにした。第4章では、第2章と第3章で述べた部分転用時の物理的な既存空間の特性とその関係性をもとに、建築空間内での床面の変化を基準とした断面設計の方法論を導き出している。まず転用用途および必要な室空間を設定し転用後の空間の多様性を示した。また床面における上昇手法と天井面の張り替えに伴う空調機の設置方式によって設計手法を分類し空間に示すことで転用後の確保可能な空間とその条件と明らかにする。第5章は本論文のまとめであり、各章の総括を行うとともに今後の研究課題について述べている。

首都大学東京, 2014-03-25, 修士(工学)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

片山, . (2016). 既存空間特性に着目した学校建築コンバージョン設計手法に関する研究. (Thesis). Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Retrieved from http://hdl.handle.net/10748/6816

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

片山, 浩一. “既存空間特性に着目した学校建築コンバージョン設計手法に関する研究.” 2016. Thesis, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Accessed July 19, 2018. http://hdl.handle.net/10748/6816.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

片山, 浩一. “既存空間特性に着目した学校建築コンバージョン設計手法に関する研究.” 2016. Web. 19 Jul 2018.

Vancouver:

片山 . 既存空間特性に着目した学校建築コンバージョン設計手法に関する研究. [Internet] [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. [cited 2018 Jul 19]. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6816.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

片山 . 既存空間特性に着目した学校建築コンバージョン設計手法に関する研究. [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6816

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

12. 角谷, 学. 宅地の高度利用化における3階建て住宅の動向に関する研究 : Research on the trend of three-story house in the advanced use of residential land.

Degree: 修士(都市科学), 2016, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京

我が国においては人口減少過程へ進むという統計が現実味を帯びてくるようになり、将来的には住宅余りともいえる時代が到来する可能性も考えられ、そのため良質な住宅ストックの形成が望まれる。近年では宅地を高度利用する必要性の高まりと一連の法改正も伴って、特に都心部の戸建住宅は2階建てから3階建てへの更新が多く見られている。こうした状況からも、3階建て住宅を新たな都市型住宅の発展途上であると位置づけ、良質な都市ストックとして活用していくためにも住宅建設を誘導・規制していく必要がある。そのためには、マクロレベルでの3階建て化の動向とその背景を解明する必要がある。そこで、本研究ではマクロな視点から都心部における3階建て住宅の動向を概観して地域性との関係性を示し、住宅の3階建て化を規定する要因と建設特性を明らか、にすることを目的とする。具体的には、東京都23区を対象地域とし、住宅の3階建て化に見られる地域性を把握するために、戸建住宅に占める3階建て住宅のシェア、指定容積率の変化、敷地面積の狭小性に着目して地域の類型化を行う。さらには、3階建て化の建設実態を把握するために、建物規模の傾向と従前の利用実態を明らかにしている。まず、都市計画基礎調査を用いて戸建住宅に占める3階建て住宅のシェアを算出し、3階建て住宅の動向を示した。1986年から2006年にかけての過去5回分を参照し、地域差を明確にするために国勢調査における500mメッシュで集計している。そこから、3階建て化が進行する条件として指定容積率150%以上で、敷地面積が100m2未満の戸建住宅が集積する地域においては3階建て化が進行しやすいという仮説を立て、1986年において指定容積率が100%以下の地域における戸建住宅の100m2未満の敷地率を算出し、3階建てシェアとの関係性を示した。なお、敷地面積は擬似面ボロノイ分割によって近似的に推定している。また、3階建てシェアの増大に見られる地域性を明確にするために、3階建てシェア、指定容積率の緩和状況、100m2未満の敷地率の3指標で類型化を行った。その結果、「3階建て住宅地を前提とした住宅政策を必要とする地域」で2類型、「2階建て住宅と3階建て住宅の相互調整を求められる地域」、「将来的に3階建て化が進行すると予測できる地域」、「ダウンゾーニングもしくは容積率緩和を必要とする地域」、「低層な住宅地が広がる地域」の6類型に分類した。以上3階建て化に見られる背景に関する類型化をもとに、特に3階建て化が進行している「3階建て住宅地を前提とした住宅政策を必要とする地域」の69メッシュを抽出して東京駅を中心とした距離圏別に4つの地域に分類し、建物規模に関する地域傾向を把握するために、敷地面積及び延床面積の構成比を算出した。その結果、全域で2階建てよりも3階建ての方が狭小な敷地面積の比率が高いが、延床面積は3階建ての方が全体的に大きい方にシフトしていることがわかった。さらに、指定容積率の高い中心部に近づくほど敷地面積の規模に余裕がある場合でも3階建て住宅が建設される傾向が見られた。また、3階建て住宅の建設実態を把握するために、土地利用の用途を6分類に集計して構成比を算出し、従前の土地利用に関する類型化を行い、「住宅用途からの建て替え地域」、「空地における開発地域」、「建て替え・開発の複合的な地域」の3類型に分類した。そこから、3地区抽出して従前の建物形態を把握した。その結果、建て替えに関する従前の主要形態は2階建て住宅であり、次いで専用工場、住居併用工場、倉庫運輸関係施設といった工業用途からの建て替え事例が多く見られた。また、工業用途からの建て替えと屋外利用地、未利用地といった空地における建設ではミニ開発のように敷地を細分化して建設される事例が多く見られた。以上のように、戸建住宅の3階建て化の背景としては地域の指定容積率の緩和や敷地面積の狭小性が関係している地域も見られ、その開発形態も地域性を持って進行していることが明らかになった。本研究では、3階建て住宅を新たな都市型住宅と位置づけて、マクロレベルでの住宅動向から3階建て化の背景を明らかにしてきたが、今後の住宅政策に反映していくためには、そこで得た結果をもとに3階建て化が及ぼす影響を把握するためのミクロな分析が必要になってくる。よって、居住者や住環境の視点から定量的に見ていくことは今後の課題である。

首都大学東京, 2014-03-25, 修士(都市科学)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

角谷, . (2016). 宅地の高度利用化における3階建て住宅の動向に関する研究 : Research on the trend of three-story house in the advanced use of residential land. (Thesis). Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Retrieved from http://hdl.handle.net/10748/6818

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

角谷, 学. “宅地の高度利用化における3階建て住宅の動向に関する研究 : Research on the trend of three-story house in the advanced use of residential land.” 2016. Thesis, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Accessed July 19, 2018. http://hdl.handle.net/10748/6818.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

角谷, 学. “宅地の高度利用化における3階建て住宅の動向に関する研究 : Research on the trend of three-story house in the advanced use of residential land.” 2016. Web. 19 Jul 2018.

Vancouver:

角谷 . 宅地の高度利用化における3階建て住宅の動向に関する研究 : Research on the trend of three-story house in the advanced use of residential land. [Internet] [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. [cited 2018 Jul 19]. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6818.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

角谷 . 宅地の高度利用化における3階建て住宅の動向に関する研究 : Research on the trend of three-story house in the advanced use of residential land. [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6818

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

13. 藤井, 悠太. 「イヴェント」生成を目的とする建築についての考察および設計提案 : Study of the architecture for the purpose of "Events" generation and architectural design.

Degree: 修士(建築学), 2016, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京

建築家のバーナード・チュミは、建築の形態と建築の内部での活動は完全に断絶しているものだとし、使いやすい建築のみを目指すような狭義の機能主義を批判した上で活動やプログラム、イメージを包括する概念である「イヴェント」が建築を構成する要素の一つであると主張した。また、「建築の解体」に登場するセドリック・プライスや、磯崎らが主催した「Any会議」のメンバーであるチュミやレム・コールハースなど、イヴェントにより規定される建築の在り方を考えた建築家達は、磯崎を橋渡し役にしながら関係し合っている。しかしそうした流れの中で提案された作品は、技術に対する過剰な信頼や、現実の利用にそぐわない形態などの欠点から実現しづらく、実現したとしてもあまり有効ではなかった。そして現在、チュミらが志向した、イヴェントの生成を目的とした建築の魅力を捉えるための意匠論はあまり多くない。本研究ではイヴェントを喚起し、それらを衝突させ重ね合うための手法を分析し、そこで得られた知見に基づき設計提案を行う。第1章では、「イヴェント」という概念を整理した上で、イヴェントのモニュメント化や建築化の代表例を整理しながら「イヴェント的建築」を定義する。ギー・ドゥボールらが所属するアンテルナシオナル・シュチュアシオニストやチュミは、イヴェントについて、実際の出来事以外に思考における出来事も含まれると主張した。哲学者のミシェル・フーコーはイヴェントについて「ドラマが生じるかもしれないセッティングの持つ仮定事項そのものの浸食、崩壊、疑問化、問題化の瞬間-別の異なるセッティングのチャンスや可能性をもたらす瞬間なのだ。」と説明し、イヴェントを転回点として捉えた。同じく哲学者のジャック・デリダはチュミとのラヴィレット公園に関する議論の中で、イヴェントがinvent(発明)を語源とすることを指摘しながら、「共通点のない複数性の発生」と定義した。以上を踏まえイヴェントを機能やアクションの概念とイメージの概念とを組み合わせたもの、即ち「身体もしくは思考における事件や出来事」と定義する。同時に、お祭り広場やラヴィレット公園のような、人間の身体または思考に対して積極的に働きかけ、アクションを引き起こさせる「事件的な建築」として「イヴェント的建築」を定義する。第2章では、機能主義的建築やイヴェント的建築の歴史を概観しながら、磯崎新、セドリック・プライス、バーナード・チュミ、レム・コールハースの四人の代表的人物を挙げた上で、それらの人物と、それぞれが提唱した概念である「インヴィジブルモニュメント」、「インフラ化する教育施設」、「エロティシズム」、「マンハッタニズム」、「ヴォイドとジェネリック」について考察を行った。また、イヴェント的建築を、人の行動に対し積極的に作用し、行動を喚起する「喚起型」と、人々の活動が発生させる象徴性を意図的に衝突させたり、重ね合わせたりすることで、人々の思考に対し何らかのアクションを起こす「組み合わせ型」の二つに分類し、それぞれの代表作であるお祭り広場、ラヴィレット公園の特徴と反省点を分析し、設計提案の前提とする第3章では、第2章で挙げた建築家達の作品や言説を分析し、「喚起型」、「組み合わせ型」それぞれの手法を抽出した。抽出した手法は、イヴェントを生成するために建築に抽象的な性質を付加する「抽象的手法」と、それを具体的に実現させるための「具体的手法」に分けて整理した。「喚起型」では、i. 不確定性・ii. 誘発性・iii. 刺戟性・iv. 突発性・v. 高機能性・vi. 選択可能性を付加する6個の抽象的手法と、それを実現するための19個の具体的手法を抽出し、「組み合わせ型」では、I. マンハッタニズム・II. エロティシズムの2個の組み合わせの目的となる抽象的手法と、19個の具体的手法を抽出した。第4章では、第2章での代表的作品についての考察、第3章で抽出した手法を基に、現代におけるイヴェント的建築を提案した。敷地は代々木公園とし、園内の既存の機能に、商業施設、オフィスや飲食店を加えた複合施設を計画した。第3章で挙げた、イヴェントの喚起に関わるiからviまでの抽象的性質を付加するため、第2章で明らかにした過去の計画の反省を参考にしつつ、全体を形成する基本単位となる8mスパンのグリッドや、可動の間仕切りとユニット、撮影機器とスクリーンなどを設定した。組み合わせに関してはIIの抽象的性質を付加するため、都市的な複合施設が持つ象徴性と、公園が持つ象徴性、園内の既存施設が持つ象徴性が互いに独立しながらも重なり合うようにゾーニングを行った。ここでも過去の反省点を設計に反映させた。結では、総括と展望を示す。イヴェント的建築についての一般化し得る理論に加え、過去におけるイヴェント的建築の反省を活かした設計提案を通し、現代に適応可能な実践を示した。以上より、機能やイメージに積極的に介入する建築の在り方を明らかにし、現代におけるイヴェント的建築の有効性を示した。

首都大学東京, 2014-03-25, 修士(建築学)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

藤井, . (2016). 「イヴェント」生成を目的とする建築についての考察および設計提案 : Study of the architecture for the purpose of "Events" generation and architectural design. (Thesis). Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Retrieved from http://hdl.handle.net/10748/6821

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

藤井, 悠太. “「イヴェント」生成を目的とする建築についての考察および設計提案 : Study of the architecture for the purpose of "Events" generation and architectural design.” 2016. Thesis, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Accessed July 19, 2018. http://hdl.handle.net/10748/6821.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

藤井, 悠太. “「イヴェント」生成を目的とする建築についての考察および設計提案 : Study of the architecture for the purpose of "Events" generation and architectural design.” 2016. Web. 19 Jul 2018.

Vancouver:

藤井 . 「イヴェント」生成を目的とする建築についての考察および設計提案 : Study of the architecture for the purpose of "Events" generation and architectural design. [Internet] [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. [cited 2018 Jul 19]. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6821.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

藤井 . 「イヴェント」生成を目的とする建築についての考察および設計提案 : Study of the architecture for the purpose of "Events" generation and architectural design. [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6821

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

14. 伊藤, 正太. 地域の観光振興のためのモニターツアーの活用のあり方に関する研究 : Utilization of “Monitor-Tour” for Tourism Promotion as a research method.

Degree: 修士(観光科学), 2016, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京

本研究は,近年多く用いられてきている「モニターツアー」と呼ばれるものの全体像と地域振興に資する活用方法を明らかにすることを目的とする.まず過去に催行されたモニターツアーを調査対象としてウェブアンケートとヒアリング調査を行い目的別に類型化した結果,「地域資源発掘・評価」「旅行商品開発検証」「地域PR」の3タイプが主流となっていること,そしてひとつのツアー内でそれら評価や検証,PRといった複数要素が複合する傾向を明らかにした.さらに観光振興のプロセスに対して幅広い活用がみられた下呂市では,ツアー内容に応じて市の観光計画の関連施策に位置づけ,中長期的な戦略との呼応性をもたせたことで,次第に参加者提案タイプや定量調査との併用といった戦略性ある独創的なモニターツアーの催行に繋がり,受入体制の構築や新たな戦略づくりにモニターツアーが貢献していることが分かった.総括として,モニターツアーを催行するまでの要点を「目的」「影響や成果」「フィードバック,アクションまでのプロセス」の3点の観点でまとめ,地域の観光振興施策に対応したモニターツアーのあり方を示した.

首都大学東京, 2014-03-25, 修士(観光科学)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

伊藤, . (2016). 地域の観光振興のためのモニターツアーの活用のあり方に関する研究 : Utilization of “Monitor-Tour” for Tourism Promotion as a research method. (Thesis). Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Retrieved from http://hdl.handle.net/10748/6824

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

伊藤, 正太. “地域の観光振興のためのモニターツアーの活用のあり方に関する研究 : Utilization of “Monitor-Tour” for Tourism Promotion as a research method.” 2016. Thesis, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Accessed July 19, 2018. http://hdl.handle.net/10748/6824.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

伊藤, 正太. “地域の観光振興のためのモニターツアーの活用のあり方に関する研究 : Utilization of “Monitor-Tour” for Tourism Promotion as a research method.” 2016. Web. 19 Jul 2018.

Vancouver:

伊藤 . 地域の観光振興のためのモニターツアーの活用のあり方に関する研究 : Utilization of “Monitor-Tour” for Tourism Promotion as a research method. [Internet] [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. [cited 2018 Jul 19]. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6824.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

伊藤 . 地域の観光振興のためのモニターツアーの活用のあり方に関する研究 : Utilization of “Monitor-Tour” for Tourism Promotion as a research method. [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6824

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

15. 梅村, 珠恵. 心の健康面から見た食事空間の設計提案.

Degree: 修士(工学), 2016, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京

1982年NHKで放送された『こどもたちの食卓~なぜひとりで食べるの~』をきっかけに我国では「孤食/個食」が社会問題となった。1990年代後半には子どもの問題行動が食生活と結びつけて論じられるようになった。こうした状況を受け、2001年川崎末美氏によって『食事の質、共食頻度、および食卓の雰囲気が中学生の心の健康に及ぼす影響』が発表され、「食事の質」が良く、「共食頻度」が高く、「食卓の雰囲気」が良いことが中学生の「心の健康」に良い影響を与えることが明らかにされた。そこで本研究では家政学の視点で書かれた川崎氏の研究に建築学的視点を加え、「食卓の雰囲気」が良いという状態には食事空間(DK=ダイニング・キッチン)が大きく関連しているとの仮説を立て、「心の健康」に寄与する食事空間を導き出すことを目的とする。本研究は以下に示す6つの章で構成される。序章では、背景と目的について記述するとともに「心の健康」などの本研究における用語の定義を明らかにする。第2章では、近代以降の食事空間の歴史を「食卓の雰囲気」という視点から概観し食事空間の変遷を、食事を載せる家具であるめいめい膳(~大正末期)、ちゃぶ台( 昭和初期~終戦前後)、ダイニングテーブル( 高度経済成長期~) の3つの時期区分に分類した。その結果、めいめい膳時代では「家制度」、ちゃぶ台時代から「孤食/個食」が社会問題化するまでは「家族団らん」と食事空間はその時代の背景や家族観と関連していることがわかった。第3章では、現代の家族観を明らかにするとともに各時代の食事空間の雰囲気や家具、居室の寸法を比較・考察することで、具体的な問題点を洗い出した。その結果、現代の家族観は家族であっても個を尊重する傾向が明らかとなり、同時に家族揃って夕食を囲む「共食」の実現が困難な時代であることが再認識された。そこで共食に替わるものとして、「心の健康」に寄与する食事空間のあり方として小西史子氏、松島悦子氏らの研究をもとに「食事空間が食事時以外も親子のコミュニケーションの場となる」…1、「親子が積極的に調理できるキッチン」…という条件を導き出した。食事空間の雰囲気、寸法の比較・考察では一人当たりの食事を載せる家具の専有面積cm2)が増加していることから、「食事を載せる家具は、それ以外の用途にも使われるようなった」…3 ことがわかった。食事空間やその他居室の床面積の増減については「食事空間の課題と床面積の増減に直接の関連性は認められない」…4 こと、および「食事空間とつながる居室の面積が減少した」…5 ことがわかった。以上より「心の健康」に寄与する食事空間の条件を、1より「夕食後も家族が過ごせる」…1-1、「家族のコミュニケーションが活発」…1-2、2より「親子が積極的に調理できるキッチン」…2-1、3より「仕事や勉強などさまざまなアクティビティが可能」…3-1、そして4と5より、「食事空間とつながる居室との関係性」…5-1とした。第4章では、第3章で導き出された条件を具体的な住宅の平面計画の中で検証した。下川美代子氏の研究によって夕食後家族が集中して過ごす住宅の傾向として、LDKが「続き室を有する割合が高い」、「オープンかつ行為の性質に応じて、居場所を様々に選べる空間特性を有する」ことが明らかにされている。この研究をもとに1-1 と5-1 より「夕食後も家族が過ごせる」LDKと続き室の関係性を検証した。UR都市機構の住宅平面図41例を対象に、キッチン・食卓・テレビ視聴場所の3点を居場所として居住者の視界を検証した。ⅰ)1 つの居場所が他の居場所から視界に入るか否か ⅱ)居場所から視界に入らないLDKと続き室内のスペースのヶ所数について、LDKと続き室の関係性について「L 字型」「凹型」「LD変形型」の3種類、さらにキッチンタイプについて「オープンキッチン」「キッチン独立」の2種類に分け、それぞれの検証結果について分析を行った。その結果、「凹型」はⅰ)ⅱ) の両キッチンタイプにおいて、「LD変形型」はⅱ) の「オープンキッチン」において、キッチンタイプは「オープンキッチン」が、いずれも「心の健康」という面から評価出来る結果となった。第5章では、第4章までに抽出した「心の健康」に寄与する食事空間の条件と分析結果をもとに、食事空間を中心としたLDKおよび続き室を設計した。居住者の視界や居場所から視界に入らないスペースを間仕切り壁や家具、天井高、床レベルなどで操作し、第3章で求めた1-2、2-1、3-1 の条件を満たす空間を提案した。第6章では、本研究で行った分析・設計提案について総括をする。「心の健康」という精神的な問題に対し、食事空間と建築学だけでなく家政学からアプローチすることで問題点や条件をクリアにし、視界の操作と居場所の創出という空間的解決方法による一つの可能性を示した。

首都大学東京, 2014-03-25, 修士(工学)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

梅村, . (2016). 心の健康面から見た食事空間の設計提案. (Thesis). Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Retrieved from http://hdl.handle.net/10748/6825

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

梅村, 珠恵. “心の健康面から見た食事空間の設計提案.” 2016. Thesis, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Accessed July 19, 2018. http://hdl.handle.net/10748/6825.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

梅村, 珠恵. “心の健康面から見た食事空間の設計提案.” 2016. Web. 19 Jul 2018.

Vancouver:

梅村 . 心の健康面から見た食事空間の設計提案. [Internet] [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. [cited 2018 Jul 19]. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6825.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

梅村 . 心の健康面から見た食事空間の設計提案. [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6825

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

16. 松嶋, 貴大. 住空間における空調設備技術から導かれた建築デザイン手法の分析及び設計提案.

Degree: 修士(工学), 2016, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京

近年、地球温暖化・省エネルギーを背景に、建築そのものが環境制御調整機能を担うパッシブデザイン住宅が数多く提案されてきた。しかし、日照や通風阻害要因の多い都市密集地では、機械的手法に大きく依存しているのが現状である。後者の多くは設備機器をカタログから選ぶ付加的なものであり、建築デザインとの乖離が続いている。また、空調設備計画と無関係な空間構成は、不快な対流や室内温度のムラなどを生み出す場合があり、建築的手法で空調設備の弱点を補う必要がある。以上より、「空調設備と建築の一体化」という設備計画の課題と、「空調設備に着目したフィジックスデザイン」という建築計画の課題が見えてくる。本研究ではそれらを踏まえ、空調設備計画と建築計画が調和した住宅の設計手法を導き出すことを目的とする。本論文は以下に示す5つの章で構成される。第1章では、上述の建築と空調設備の課題に対して、建築との一体化とフィジックスデザインによる住空間の可能性を示し、本論文の目的について論じる。第2章では、以下の2つの視点から、本研究の位置づけを行う。まず、20世紀初めに空調設備が登場してから現代に至るまでの、技術と建築デザインの展開を並べ、建築設備分野の系譜を追うことで、設備と建築との一体化という課題が生まれた経緯を述べる。次に、レイナー・バンハムの『環境としての建築』を参照し、ル・コルビュジエとF・L・ライトの設備と建築の関係性について、対照的なスタンスを比較する。そこから読み取ることのできる、空調設備に着目したフィジックスデザインの重要性を論じる。第3章では、事例分析により空調設備計画に適した空間構成と建築デザイン手法を明らかにした。2000~2013年までの住宅建築専門誌『住宅特集』に掲載された作品のうち、空調設備技術から導かれた建築デザイン手法が見られる59の事例を抽出した。これらを、空調設備の配置及び一体化している建築要素と、空調設備の環境調整機能を補助するような平面・断面・建築部位操作、という2つの視点に着目し分析を行った。まず、配置にっいては、輻射式と空気対流式の冷暖房設備、ダクトファンに着目し【床、壁、天井、インテリア】の4つの配置に分類した。そこでは空調設備が床下、壁、天井懐等の建築部位や、構造体、家具、収納と一体化する手法が見られた。次に、室構成と空調方式にっいて、【一室型、分散型、可変型】に分類した。これらを4つの配置パタンと併せて検証した結果、室構成に適した空調方式として7っの「型」を導いた。それぞれの「型」ごとに、平面・断面構成、建築部位操作、形態操作等のフィジックスデザインの傾向を明らかにし、室内環境制御にどのような役割を担っているのか考察した。第4章では、第3章の事例分析で導かれた空間構成に適した空調設備の配置及び一体化の手法と、フィジックスデザイン手法を用いて、室内の空気環境をテーマとした2っの住宅の設計提案を行った。敷地は住居専用地域で、四方を3階建の住宅に囲まれパッシブ手法による空気調和が難しい場所である。第一の設計提案では、夫婦と子供3人が住み、一室型の室構成が要求されていることを想定した。一人ひとりの居場所を作りながらも常に家族の気配を感じられるように、事例分析で得られた7つの「型」のうち【一室-対流式-複合】型の空調設備の配置及び一体化の手法と、フィジックスデザイン手法を用いて設計提案を行った。第二の設計提案では、アトリエ兼二世帯住宅で、分散・可変型の室構成が要求されていることを想定した。アトリエと居室、また家族同士の距離感を調節可能にし、それに適した空調方式とするため、7つの「型」のうち【可変-対流式-床】型と【分散-輻射式-複合】型の手法を併せて用い、設計提案を行った。第5章では、本研究で行った分析・設計提案について総括と展望を示した。空調設備技術が作り出す環境を住空間に翻訳した事例を分析し、「空調設備と建築の一体化」と「空調設備に着目したフィジックスデザイン」の手法を体系化した上で、環境シミュレーションを用いて空調設備を活かした住空間を提案し、住宅における空調設備と建築デザインの関係性を示した。

首都大学東京, 2014-03-25, 修士(工学)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

松嶋, . (2016). 住空間における空調設備技術から導かれた建築デザイン手法の分析及び設計提案. (Thesis). Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Retrieved from http://hdl.handle.net/10748/6828

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

松嶋, 貴大. “住空間における空調設備技術から導かれた建築デザイン手法の分析及び設計提案.” 2016. Thesis, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Accessed July 19, 2018. http://hdl.handle.net/10748/6828.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

松嶋, 貴大. “住空間における空調設備技術から導かれた建築デザイン手法の分析及び設計提案.” 2016. Web. 19 Jul 2018.

Vancouver:

松嶋 . 住空間における空調設備技術から導かれた建築デザイン手法の分析及び設計提案. [Internet] [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. [cited 2018 Jul 19]. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6828.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

松嶋 . 住空間における空調設備技術から導かれた建築デザイン手法の分析及び設計提案. [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6828

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

17. 岡崎, 文香. 震災復興における集落再生に関する研究及び設計提案 : 宮城県石巻市泊浜を事例に : Proposed research and design on Village reproduction in the earthquake disaster revival.

Degree: 修士(工学), 2016, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京

2011年の東日本大震災では、東北地方の沿岸部において津波による物理的な被害が出るとともに、震災を受け他の地域に移り住む住民が増える状況に陥り、いわゆる限界集落の問題が先鋭化した。この現状から、震災復興と共に、過疎地域の再生を考えていくことが重要であると言える。しかし実際には、早急に求められている復旧事業のみが進み、過疎問題に対する集落再生事業は立ち上がってきてない。そこでこのような背景をふまえ、本計画では、震災復興における集落再生を目的とした計画を宮城県石巻市泊浜地区において提案することとする。本論文は以下に示す6つの章で構成される。第1章では、東日本大震災後の復興計画と震災前からの課題である過疎問題について言及し、震災後約3年経った現在求められている計画について述べ、本計画の目的について論じた。第2章では、対象とする宮城県石巻市牡鹿半島全体と泊浜地区が震災以前より抱えていた問題と、震災による被害状況と復興事業について考察した。牡鹿半島は捕鯨地区や金華山を中心に1990年代まで観光地として栄えたが、2005年の人口は1960年の約36%まで減少し、2005年より石巻市は牡鹿総合支所を設け、生活サービスの補強を行ったが、人口減少に対する具体的な事業は行っていない。震災において牡鹿半島のほぼ全集落が浸水被害を受け、泊浜も港周辺と約31%の家屋が被害を受け、その後復興事業によってハードの復旧が進行しているが、住民の意向を十分に反映したものとはなっていない。以上より、牡鹿半島及び泊浜では震災復興とともに過疎問題に対する事業が必要であるとし、本計画の位置付けを行った。第3章では、総務省によって成功事例とされた過疎集落における集落再生事業について考察し、集落再生事業の全体計画の前提として以下の3つを定めた。「人の生活を支える、人を呼び込む、人を定着させるという段階を踏み、対象集落がどの段階にあるか把握する(前提1)」「集落単体ではなく集落の集合体の中でどのような事業ができるか考える(前提2)」「事業内容は集落の資質を見定めて計画する(前提3)」である。次に集落再生事例の中で建築デザインが積極的に行われている先進的な2つの事例を取り上げ、建築デザインの役割を考察し、次に挙げる3つの建築デザインの前提を定めた。「集落を空間的に把握し建築やランドスケープの使い方をベースに人と人を媒介する空間をデザインする(前提4)」「地域にある資質(潜在しているものや場所)から、普遍的な価値を発見し、それを空間を通して可視化する(前提5)」「時間軸に沿った変化を組み込んだデザインをする(前提6)」である。第4章では、第2、3章の結果をもとに、牡鹿半島泊浜における復興事業計画を示した。全体計画は、前提1より、泊浜は住民の要望とともに外部から人を呼び込む段階にきており、観光資源の存在より観光計画事業とした。また前提2より、牡鹿半島にある28の集落が協力し合う計画とし、前提3より、牡鹿半島全体にある観光資源を把握し、28集落に機能を分担させることで観光客が半島内を循環する計画を考えた。そして泊浜は、大人数を収容できる宿泊機能を持つため、宿泊機能を担当することとした。次に現地調査より以下の2つの分析を行った。前提4に基づき集落構成要素を整理した結果、集落を構成する44要素が抽出され(要素Aとする)、小さく高低差のある集落全体に性質の異なる空間が分散しているが、集落の中に不足している入浴の場、交流の場をつくる計画とした。さらに前提5に基づき、要素Aより集落の特徴を把握し、これを可視化する新たなデザインを導き出し、建築デザイン要素Bとした。前提6に基づき泊浜にある建築(住宅、納屋)の特徴を調査し、時間軸という視点から分析した結果、変化せず地域の伝統として受け継がれている要素(建築デザイン要素Cとする)と、時間軸に対応した建築変化が見られることがわかった。そこで、それぞれの変化に対応する新たな建築デザインを3種類に分類し、建築デザイン要素Dとした。第5章では、低平地利用計画、高台移転計画、第4章から導いた入浴の場を設計する温泉計画、宿泊の場を改善する憩いの家改修計画、交流の場を設計する空き商店改修計画の設計提案を行った。建築デザインは、第4章より導き出した建築デザイン要素A~Dの中から、それぞれに適切な要素を選択し組み合わせることで決定した。導き出された建築形態は、泊浜における地域の魅力と時間軸を組み込み、集落再生へとつながることを示した。第6章では、本研究で行った設計提案について総括と展望を示した。過疎問題を持つ被災地における復興再生事業の全体計画と建築デザインの役割を論じ、泊浜において具体的な設計提案を示した。集落再生事業計画の決定プロセスと時間軸に対応した建築デザイン手法は他地域に転用可能であり、震災復興事業計画に応用できることを示した。

首都大学東京, 2014-03-25, 修士(工学)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

岡崎, . (2016). 震災復興における集落再生に関する研究及び設計提案 : 宮城県石巻市泊浜を事例に : Proposed research and design on Village reproduction in the earthquake disaster revival. (Thesis). Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Retrieved from http://hdl.handle.net/10748/6831

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

岡崎, 文香. “震災復興における集落再生に関する研究及び設計提案 : 宮城県石巻市泊浜を事例に : Proposed research and design on Village reproduction in the earthquake disaster revival.” 2016. Thesis, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Accessed July 19, 2018. http://hdl.handle.net/10748/6831.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

岡崎, 文香. “震災復興における集落再生に関する研究及び設計提案 : 宮城県石巻市泊浜を事例に : Proposed research and design on Village reproduction in the earthquake disaster revival.” 2016. Web. 19 Jul 2018.

Vancouver:

岡崎 . 震災復興における集落再生に関する研究及び設計提案 : 宮城県石巻市泊浜を事例に : Proposed research and design on Village reproduction in the earthquake disaster revival. [Internet] [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. [cited 2018 Jul 19]. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6831.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

岡崎 . 震災復興における集落再生に関する研究及び設計提案 : 宮城県石巻市泊浜を事例に : Proposed research and design on Village reproduction in the earthquake disaster revival. [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6831

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

18. 北島, 彩子. 信用金庫による創業支援及び地域活動支援への業務展開に関する研究 : 多摩信用金庫の事例を中心にして : A Study on the Expansion Service to the Civic Enterprise support and local activity support by Shinkin Banks : Focusing on Tama Shinkin Bank.

Degree: 修士(観光科学), 2016, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京

本研究は、信用金庫の取り組みの中でも、創業支援業務や地域活動を生み出すための支援業務(以下、この両者を合わせて地域活動創造支援業務と呼ぶ)に着目し、その特徴及び効果と地域活動創造の面で信用金庫がまちづくりに果たす可能性について論じるものである。近年の信用金庫の取り組みは、単なる法人の経営支援(資金、マッチング)や、CSRとしての地域貢献の範囲を超えた、法人や市民、行政に対する支援業務へと広がっている(関、鈴木2008)。しかし、信用金庫の創業やコミュニティビジネス支援に対する報告や論文(澤山2005)、地域貢献に関するもの(谷地2012)はあるが、ビジネスに直結しない市民の地域活動、まちづくり活動に対する支援業務について論じたものはない。一方、市民の活動を事業化していくコミュニティビジネスや市民事業に関する研究では、その事業化に向けた、都市計画コンサルタント等の専門家による市民組織育成の方法を論じたもの(佐藤、川原2011)はあるが、信用金庫が業務としてこうした取り組みをすることについての動機や方法を論じたものはない。また、こうした支援業務は、行政がこれまで行ってきた分野でもあり、動機は一部(関、鈴木2008)が指摘しているが、その関係は論じられていない。したがって本研究の目的は、以下の3つである。1)全国の信用金庫の「地域活動創造支援業務」の動向を把握する。2)先進事例に見る、地域活動創造支援業務の内容の広がりや特徴、その業務を展開させた動機、経緯を明らかにする。3)地域活動創造支援業務(市民まちづくりの支援や法人の創業支援)を一般的に行ってきた行政や、その対象である市民(市民組織)との違いや関係を明らかにする。本論文は、6章で構成される。第1章には、研究の背景と目的、既往研究の整理と論文の構成、調査方法を記した。第2章にて、全国の信用金庫の地域に対する取り組みの動向を把握するために、全国信用金庫協会「社会貢献賞」を受賞した信用金庫の取り組み、金融庁の地域密着型金融の取り組みに関するホームページ及び記事等のレビューを行った結果、信用金庫は単なる金融面での支援や地域貢献だけではなく地域の課題に対応した業務や、まちづくり及び観光などの取り組みまで幅を広げていることがわかった。さらに、上記2つに取り上げられている174の信用金庫のうち、積極的に地域活動創造支援業務に取り組む74事例を取り上げ、地域活動を生み出す支援プロセスについてより詳細に調べた。その結果、地域活動を生み出す支援プロセスからみた信用金庫の地域活動創造支援業務は、創業に対する資金的な支援だけではない、市民に対して創業や市民活動を始めるきっかけの場を設けていた。またその前段階として、創業や地域活動を生み出すことに直接結びつかないが、市民に対して地域や地域活動に興味・関心を持ってもらうための啓発にあたる、観光やまちづくりにも取り組んでいることがわかった。特に、多摩信用金庫は他の信用金庫と比べて多様な地域活動創造支援業務に取り組んでおり、地域の潜在能力の掘り起こすために支援の幅を広げていることが分かった。第3章から5章にかけては先進事例として多摩信用金庫に着目し、各業務の詳細及び効果をインタビュー調査等から明らかにした。第3章では、多摩信用金庫が地域活動創造支援業務に取り組むようになった動機とその要因を明らかにするために、「価値創造事業部」の業務展開を、地域活動を生み出す支援プロセス及び業務内容に着目して整理をした。「萌芽段階」「初動段階」「実現段階」というような地域活動を生み出す支援プロセスに関しては早い段階へ、業務内容に関してはビジネスだけではないまちづくりや観光の分野までに業務を展開してきた。こうした取り組みの動きには、地域に対する多摩信用金庫の存在の希薄による危機感や合併に伴う組織変革が影響を与えていたことが分かった。また、業務運営の際に連携している外部組織に着目すると、多摩信用金庫は地元企業だけではなく行政や市民または市民組織等との連携を強めてきたことがわかった。そこで、4章では行政との連携、5章では市民・市民組織と連携した各業務の仕組みや特徴及び多摩信用金庫の役割について調査した。第4章では、多摩信用金庫と地方自治体が連携した「創業支援」の方法について、4つの市役所へのインタビュー調査を行った。多摩信用金庫は市役所と連携することによりアイデア段階の創業希望者と会う機会を多く得ること、また市町村毎に抱える課題が異なるので、多摩信用金庫は広域性を生かしてそれに応じた支援内容・方法をとっていることが分かった。第5章では、市民・市民組織が作成のプロセスに関わる地域情報誌「たまら・び」の市民リポーター制度に着目し、編集会議への参画、5名の市民リポーターへのインタビュー調査を行った。その結果、市民リポーター制度はこれまで地域に目を向けていなかった市民には地域に目を向けるきっかけの場を、地域活動に取り組んでいた市民に関しては、参加者同士がつながることでさらに活動を発展させる、あるいは新しい活動を生み出す場を提供していることがわかった。また、多摩信用金庫は行政とは異なるネットワークや広域性を生かして、多摩の各地域に新たな活動を生み出す場をつくる役割を果たしていることが分かった。第6章では、地域活動創造の面で信用金庫がまちづくりに果たす可能性について論じた。まず、3章より多摩信用金庫は地域活動を生み出す業務展開に至るにあたり信用金庫の理念や設立経緯に立ち返り、行政との連携を強めることで地域活動を生み出す支援プロセスに関しては早い段階へ、市民または市民組織を巻き込んだまちづくりの担い手発掘・育成の分野まで業務を展開してきたことを整理した。この先進事例である多摩信用金庫の調査からわかったことを踏まえ、まちづくり活動に意欲を示している信用金庫の業務展開に提言をした。2章で扱った信用金庫の中には、すでに行政と連携した業務や観光・まちづくりに参画する取り組みがみられることから、地域活動を生み出すことを業務とする展開の萌芽がみられた。しかし、信用金庫がアイデア段階での創業支援に取り組むためには、先進事例を参照しつつ、行政が不得意とする部分の補完や広域性を生かした連携をすることで、地域活動を生み出す支援で活躍できる可能性がある。また、これまで事業者と顔の見える関係を作ってきた信用金庫だが、今後、地域活動を生み出す支援に取り組むためには、市民と顔が見える関係を作っていくことが示唆された。例えば、5章で扱った多摩信用金庫の市民リポーター制度など、職員数をかけずに取り組むことができるものを工夫することで、これまで観光やまちづくりに積極的に取り組んできた信用金庫であれば、少人数であっても意欲のある市民をとりこむ場を提供することで、まちづくりの担い手を育成することができると言える。以上のように、まちづくり活動に意欲を示している信用金庫であれば、市民活動やコミュニティ形成の支援など、まちづくりの分野まで幅広く種をまくことで、それぞれが組織化、創業などの流れにのって事業化していく可能性が期待できる。

首都大学東京, 2014-03-25, 修士(観光科学)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

北島, . (2016). 信用金庫による創業支援及び地域活動支援への業務展開に関する研究 : 多摩信用金庫の事例を中心にして : A Study on the Expansion Service to the Civic Enterprise support and local activity support by Shinkin Banks : Focusing on Tama Shinkin Bank. (Thesis). Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Retrieved from http://hdl.handle.net/10748/6834

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

北島, 彩子. “信用金庫による創業支援及び地域活動支援への業務展開に関する研究 : 多摩信用金庫の事例を中心にして : A Study on the Expansion Service to the Civic Enterprise support and local activity support by Shinkin Banks : Focusing on Tama Shinkin Bank.” 2016. Thesis, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Accessed July 19, 2018. http://hdl.handle.net/10748/6834.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

北島, 彩子. “信用金庫による創業支援及び地域活動支援への業務展開に関する研究 : 多摩信用金庫の事例を中心にして : A Study on the Expansion Service to the Civic Enterprise support and local activity support by Shinkin Banks : Focusing on Tama Shinkin Bank.” 2016. Web. 19 Jul 2018.

Vancouver:

北島 . 信用金庫による創業支援及び地域活動支援への業務展開に関する研究 : 多摩信用金庫の事例を中心にして : A Study on the Expansion Service to the Civic Enterprise support and local activity support by Shinkin Banks : Focusing on Tama Shinkin Bank. [Internet] [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. [cited 2018 Jul 19]. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6834.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

北島 . 信用金庫による創業支援及び地域活動支援への業務展開に関する研究 : 多摩信用金庫の事例を中心にして : A Study on the Expansion Service to the Civic Enterprise support and local activity support by Shinkin Banks : Focusing on Tama Shinkin Bank. [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6834

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

19. 山田, 貴仁. 崇高論の分析に基づく建築設計提案 : Architectural Design based on an Analysis of the “SUBLIME”.

Degree: 修士(建築学), 2016, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京

崇高とは、18世紀の哲学者エドムンド・バークとイマニュエル・カントによって定義された、美学概念である。美が端的に快をもたらすのに対して、崇高は恐怖や混乱が転化されることで快をもたらす。崇高が喚起する情念は、一見不快でしかないような対象を主体が能動的に乗り越えることによって得られる快である。対象に主観的な解釈が幾重にも入り組み複雑化するほど、それを理解し共有した時の一体感は強い。例えば建築分野において、工学的解決や数値化された快適性は幅広く共有されやすいが、主観的解釈の入り込む余地はほとんどない。この問題は、美と崇高の関係と一致する。こうした美学論は、それを支える機能論や技術論といった下部構造を抜きにして説得力を持つことが難しい。一方、機能論や技術論の分析的手法のみでは空間や形態を生み出すことはできないことも、機能主義や技術主義の歴史から明らかである。そこで本研究では崇高の概念に着目し、18世紀に端を発する崇高論の系譜を整理し、実作における思想と手法を整理・分析することを目的とする。またそこから得られた知見を基に設計提案を行い、近代機能主義に依らない新たな発想法を獲得することを目的とする。本論文は、序章、崇高論の概要と歴史をまとめた第二章、崇高性に求められる要素を分析した第三章、実際の建築作品における展開例を分析した第四章、以上を踏まえた上で建築設計を行う第五章、総括を行う結章からなる。序章では、研究の背景と目的を示した。第二章では、崇高論の基礎概念と歴史的展開をまとめた。崇高論の祖であるバークの言説より、〈喜悦〉と名付けられた特殊な快の感情を喚起するもの全てを〈崇高〉と定義した。また、紀元前に誕生した言語上の崇高が18世紀にバークの観察主義的分析よって再発見され、カントの理性的な考察によって美学上の概念として体系化されて以降、近代学者らはその定義に依拠しつつ、時代に応じて崇高論を適用してきたことを示した。カントは崇高の情念が喚起される仕組みについて主体の観点から解き明かしたが、一方で、客体に関する分析は未だ希薄であることから、再びバークの観察主義的崇高論に立ち戻って考察する必要があることを明らかにした。第三章では、バークの言説を中心に崇高性に関連するキーワードを列挙し、崇高の質として類型化すると共に、さらに詳細な様態を整理した。まず、崇高をその性質からI 数学的崇高 II 力学的崇高 III 道徳的崇高 の3つに大別し、これを〈崇高の質〉と定義した。また、崇高性に求められる要素を言説より整理し、スケールの逸脱性、不変・不動性、多数性、一塊性、曖昧性、不安定性、空間の秘匿性、閉所性、空虚性、輝度の逸脱性、完全性、自然との拮抗性 の12の〈崇高の様態〉を得た。さらに〈様態〉はそれぞれの〈質〉に分類可能であると同時に、不変・不動性⇔不安定性のように、互いに対立関係を持つことを確認した。第四章では、第三章で示した崇高の質と様態に当てはまる建築作品を分析し、実態としての展開例と時代ごとの差異を考察した。18世紀における崇高建築では、カントと同時代の建築家で、崇高論の影響を大きく受けているブレーの計画案13作品を代表分析対象とした。ここでは6つの〈様態〉を見出し、様態の直接的表出を目指す〈明示的手法〉を確認した。現代建築では『GAContemporary Architecture』シリーズを主な参考文献とし、崇高性が求められる建築用途( 墓・宗教・美術博物館・パヴィリオン)30作品を分析対象とした。ここでは前述した全ての様態を見出すと共に、それを間接的に表出する手法を〈暗示的手法〉と定義し、1. 境界の消去 2. 暗闇の優位 3. 空間の沈下 4. 構成の歪曲 5. 類同の集積 6. ボリュームによる分節 の6つを得た。明示的手法と比較して、暗示的手法は第二章で示した対立関係を含め、複数の様態を強調しながら表出可能な多義的な手法であることから、主に暗示的手法を用いて設計提案を行った。第五章では、第四章で示された手法に基づき、それを応用した建築設計提案を行う。敷地はカントの生まれ育った街、ロシア領カーニヒスベルグとし、第二次世界大戦により破壊された教会、カントの墓地および博物館の再建を仮想のプロジェクトとした。第四章で求めた暗示的手法を敷地に適用した6つのモデルを作成し、それぞれの有用性を確認すると共に、互いの有用性を失わないように組み合わせながら空間化した。結章では、本研究の分析と設計提案の総括と展望を述べた。本論文では、18世紀に端を発する崇高論に着目し、対象を現代まで拡張することで多義的な手法による、18世紀当時に目指された崇高建築とは異なる、現代の崇高建築に対する新たな知見を得ることができた。

首都大学東京, 2014-03-25, 修士(建築学)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

山田, . (2016). 崇高論の分析に基づく建築設計提案 : Architectural Design based on an Analysis of the “SUBLIME”. (Thesis). Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Retrieved from http://hdl.handle.net/10748/6835

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

山田, 貴仁. “崇高論の分析に基づく建築設計提案 : Architectural Design based on an Analysis of the “SUBLIME”.” 2016. Thesis, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Accessed July 19, 2018. http://hdl.handle.net/10748/6835.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

山田, 貴仁. “崇高論の分析に基づく建築設計提案 : Architectural Design based on an Analysis of the “SUBLIME”.” 2016. Web. 19 Jul 2018.

Vancouver:

山田 . 崇高論の分析に基づく建築設計提案 : Architectural Design based on an Analysis of the “SUBLIME”. [Internet] [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. [cited 2018 Jul 19]. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6835.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

山田 . 崇高論の分析に基づく建築設計提案 : Architectural Design based on an Analysis of the “SUBLIME”. [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6835

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

20. 永井, 博之. Willmore曲面と平坦エンドをもつ極小曲面,およびその可視化.

Degree: 修士(理学), 2016, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京

n次元ユークリッド空間En内の曲面に対し,その平均曲率ベクトル場のノルムの2乗の積分を対応させたものをWillmore汎関数といい,その汎関数の停留曲面をWillmore曲面という.Willmore曲面はあるEuler-Lagrange方程式を満たし,特に極小曲面はその方程式を満たす.Willmore汎関数には共形変換を施しても値が等しくなるという共形不変性があるので,極小曲面Mのある反転σによる像のコンパクト化はWillmore曲面となる.実際,KusnerはE3内のある種の連結かつ完備な極小曲面M のある反転σによる像のコンパクト化を考えることにより,Willmore射影平面を発見した([4] [5]).ただし,一般には反転の中心において特異点ができてしまい,滑らかな曲面になるとは限らない.そこで本稿では,コンパクトなWillmore曲面が得られる条件[6]である「σ(M)のコンパクト化が滑らかな曲面である」とき,すなわち, 「Mは全曲率が有限であり,任意のエンドがうめこまれていて,かつ各エンドが平坦である」場合について述べていき,実際に各エンドが平坦である平坦型極小曲面,ならびにそれを反転して得られるWillmore曲面をMathematicaを用いて可視化した.

首都大学東京, 2014-03-25, 修士(理学)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

永井, . (2016). Willmore曲面と平坦エンドをもつ極小曲面,およびその可視化. (Thesis). Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Retrieved from http://hdl.handle.net/10748/6902

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

永井, 博之. “Willmore曲面と平坦エンドをもつ極小曲面,およびその可視化.” 2016. Thesis, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Accessed July 19, 2018. http://hdl.handle.net/10748/6902.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

永井, 博之. “Willmore曲面と平坦エンドをもつ極小曲面,およびその可視化.” 2016. Web. 19 Jul 2018.

Vancouver:

永井 . Willmore曲面と平坦エンドをもつ極小曲面,およびその可視化. [Internet] [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. [cited 2018 Jul 19]. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6902.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

永井 . Willmore曲面と平坦エンドをもつ極小曲面,およびその可視化. [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6902

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

21. 井上, 真奈. 断熱消磁冷凍機による高分解能X線分光システムの構築.

Degree: 修士(理学), 2016, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京

私たちは、銀河団やブラックホール、中性子星といったX 線放射源の重元素量やガスの運動を知ることでX線天体の進化のメカニズムや、さらには宇宙の進化の謎を解明することを目的に輝線の精密な観測を行なうことを目指している。そのために開発を行なっているのがTES型X線マイクロカロリメータと呼ばれる検出器である。これは、X線入射による素子の温度上昇が、超伝導遷移端(約100mK) で急激な抵抗増加をもたらすことを利用して入射エネルギーを精度よく測るものである。このTES型カロリメータを極低温で動作させるためには、宇宙でも動作可能な極低温冷凍機の開発が必要である。無重力でも使用できる冷凍機の中の一つとして、私たちは断熱消磁冷凍機(Adiabatic Demagnetization Refrigerator: ADR) を開発している。ADRは、常磁性体を冷媒とし、磁場を用いて温度とエントロピーのカルノーサイクルを生み出し、TESカロリメータを冷却する。主要コンポーネントは、常磁性体を用いた冷媒、磁性体冷媒に磁場をかけるための超伝導マグネット、そして、冷媒と熱浴間の熱的な接続、切断の切り換えを行なう熱スイッチ(HS) である。先行研究では、主要コンポーネントの中の熱スイッチ、その中でもガスキャップ式HS (Active Gas-gap Heat Switch:AGGHS) の設計·を行った。これは、吸着剤(チャコール) が温度に対してガスの吸着能力の大きな変化を持つ性質を利用して作られたHSである。設計したAGGHS(HS2号機(辺見)) について特筆すべきは以下の点である。1. シェルの厚さを80μmtから60μmtへ変更し、チャコールボックス内の活性炭量を増やすことでOFF時の熱伝導度を下げる。2. チャコールボックスからのびるニードルの長さを3cmから8cmへ変更することでチャコールヒーターに由来する温度上昇を避ける。さらに、ホール素子によって内部磁場の測定を行うことで検出器ステージにどれだけ磁場がかかっているのかを測定し、結果2Gauss もの磁場がTES周辺に存在することが判明した。このことを受けて、先行研究では検出器ステージ周りの磁場に対して何らかの打開策が必要であると結論づけていた。本研究では、検出器やSQUID(超伝導量子干渉計)、ソルトピル、AGGHSの変更、配線周りの改善や修理を行うことで更なるX線分光システムの構築を行った。まず検出器ステージにクライオパームの磁気シールドを取り付けることで200mK程度でのTMU209Hの抵抗-温度曲線を取得した。そして更なる磁場環境の改善のために、小型コイルを製作しTESに逆磁場をかけて残存磁場の精密な測定及び磁場打ち消しをすることを検討した。検討したものはFPC(フレキシブルプリント基板)によるコイルとフォトリソグラフィコイルの二種類である。FPCコイルについては中心磁場で2Gaussの磁場が得られることは想定され、作成まで行ったものの液体Heのジャボ漬け試験において理想的な抵抗値(~0.1Ω) まで下がらず、実用とするためには、コイルの銅線上にはんだなどを用いて超伝導層を用意する必要があることが分かった。フォトリソグラフィコイルにおいては現在開発を進めている段階である。次にSQUID(420SSA) を液体窒素に直接浸すことで低温下においてSQUID素子の回路が断線する問題が原因であることを確認し、新しいSQUID(128SSA) に取り替えφ-V特性を測定し、~200mV程度の出力値を確認した。420SSAと比較して小さい出力値であるが、これはSQUIDのシリーズ数の違いが原因である。またソルトピルやマグネット周辺について問題点があった。磁性体カプセルの過去に破損していた箇所から再びCrKミョウバン結晶が漏れ出ていた(2013年11月時点)ことを受けて、ハンダによる亀裂部分の封止作業を行った。この作業の前後においてエントロピー変化をみると漏出前後で冷却特性に変化はみられないことを確認したものの、磁性体カプセル製作当初の結晶漏出により水和物結晶の脱水がおこっていることを過去のデータと比較することで確認した。今後磁性体カプセルの置き換えが必須である。またマグネットが熱浴温度に達しにくいという点は、銅の熱リンクをマグネット上部に取り付けることが有効であることを確認した。次にAGGHSについて、HS1号機は冷却実験において、温度が126mKまで到達し、おおむね∼150 mKまでは到達することが確認できた。しかし、5年の冷却試験による劣化(ハンダの接合部でのすず病)によるガス漏れをHeリークチェックによって検出された。そこで、先の研究で開発したHS2号機を搭載した。結果、4.2KにおけるOFF時熱伝導度が15μW/Kと設計値(4.0μW/K) と比べて大きいという問題を解決し、2.4μW/Kを実現した。しかし、ON/OFFの切り替えを確認することができなかったことから、ニードルパイプの変更によってガスの吐き出しに、設計で想定したよりも悪いコンダクタンスとなたことが原因であると考えられる。このため、ニードルパイプとチャコールボックスを旧モデルに変更したHS3号機を用意した。チャコールボックスを旧式のものに取り替えてもガスの吸着量として問題はなく、さらに熱伝導度が従来の1/4になることが予想され、極低温への熱負荷を小さくすることで断熱消磁時の最低到達温度と保持時間の改善が期待できる。さらに、HS内部のヘリウムガス量を変更することでAGGHSの首都大dADRへの最適化を図った。また、デュワー内部下側の温度計配線について、配線同士の短絡やテンションがかかった状態で連結されている部分があり、このことが原因で配線の断線が頻発していた。問題を解消するために真空側で使用する酸化アルミソケットにpinをはめこむことで配線の問題を解決した。また、温度計、SQUID, チャコールヒーター用冷凍機外部配線についてもセットアップに問題があったためすべて置き換えた。以上のように劣化のすすむ諸処のコンポーネントの修正を行うことで問題を解決してきたが、いまだ課題は多く見受けられる。今後も、問題のある部分を適宜改良しつつ、新たにコンポーネントを組み込むことでより冷却性能をあげる必要がある。

首都大学東京, 2014-03-25, 修士(理学)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

井上, . (2016). 断熱消磁冷凍機による高分解能X線分光システムの構築. (Thesis). Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Retrieved from http://hdl.handle.net/10748/6903

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

井上, 真奈. “断熱消磁冷凍機による高分解能X線分光システムの構築.” 2016. Thesis, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Accessed July 19, 2018. http://hdl.handle.net/10748/6903.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

井上, 真奈. “断熱消磁冷凍機による高分解能X線分光システムの構築.” 2016. Web. 19 Jul 2018.

Vancouver:

井上 . 断熱消磁冷凍機による高分解能X線分光システムの構築. [Internet] [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. [cited 2018 Jul 19]. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6903.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

井上 . 断熱消磁冷凍機による高分解能X線分光システムの構築. [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6903

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

22. 山野井, 睦. 界面活性剤共連続逆キュービック相の構造に対するずり流動場の効果.

Degree: 修士(理学), 2016, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京

脂質や界面活性剤などの両親媒性分子は,親水基と疎水基を併せ持つために,溶液中で様々な形状の分子集合体を形成する。高濃度になるとこれらの集合体が配列し,リオトロピック相と呼ばれる高次集合体を形成する。リオトロピック相の特徴の1つに,比較的遅いスケールで変動する微弱な外場により構造変化に大きな影響を受けることが挙げられる。本研究で注目しているずり流動場もそのような外場の1つである。これまでに,リオトロピック相のずり流動場効果に関する研究は数多く報告されているが,その多くは二重膜が1次元方向に積層した構造を持つラメラ相(L_α相)を対象とするものである。一方,脂質系で多く見られるリオトロピック相の1つである共連続逆キュービック相(V_2相)は,ラメラ相と同様二分子膜からなるが,膜がネットワーク状に連結した構造を単位格子とする秩序相で,膜タンパク質の結晶化マトリクスとして最近注目されている。これまでに,対称性の異なる3種類のV_2相(Im3m相,Ia3d相,Pn3m相)が報告されているが,ずり流動場効果に関する報告はほとんどなく,数年前にモノオレイン/1,4-butanediol/水系において,スポンジ相(L_3相)に大振幅振動ずりを印加しながら水を添加すると,配向したPn3m相が形成されることが報告されているだけである。V_2相の1つ(Ia3d相)と同じ対称性を持ち,紐状ミセルがネットワーク状に繋がった共連続順キュービック相(V_1相)に対しては,定常ずり流動後に静置することにより部分配向することや,定常ずり流動によりV1相からL_α相に転移することが1例ずつ報告されている。ただしいずれもレオロジー測定はされておらず,ずり流動場効果の要因は不明である。一方,ブロック共重合体系でgyroid相と呼ばれるIa3d相と同じ対称性を持つ相では,Ia3d相に隣接するラメラ(L_α)相やヘキサゴナル相を大振幅振動ずり(Large Amplitude Oscillation Shear:以下 LAOSと略)により配向させ,その後温度変化させてgyroid相に転移させると配向試料が得られることが報告されている。しかしgyroid相に直接ずり流動場を印加して配向させた例はない。このように,V_2相のみならず,共連続構造を持つキュービック相に直接ずり流動場を印加した研究例は極めて少ない。これは,共連続キュービック相の弾性率が極めて高く,実験自体が困難であること,3次元の対称性が高い構造を持つため,ずり流動場による構造変化が期待し難いことが要因と考えられる。そこで本研究では,非イオン界面活性剤C_<12>H_<25>(OC_2H_4)_2OH(C_<12>E_2)/水系で形成される共連続逆キュービック相のIa3d相(30℃,60~63wt%)について,レオロジー測定およびレオロジーと小角X線散乱の同時測定(rheo-SAXS)を行い,Ia3d相の構造に対するずり流動場効果について調べることを目的とした。本研究では大きく分けて,次の2種類の測定方法を用いた。(1)定常ずり測定:一定方向にひずみを印加する測定(2)振動ずり測定:振動的にひずみを印加する測定(1)では,3桁以上のずり速度範囲(0.01s^<-1>~8s^<-1>)において,ずり応力(σ)がずり速度の0.3乗に比例することを初めて見出した。また,rheo-SAXS測定においては,定常ずりをかけることにより,部分的に配向したSAXSパターンから粉末パターンへの変化が観測され,ずり速度の上昇に伴う格子定数の変化や他相への構造転移は見られなかった。この結果により,ずり速度8s^<-1> 以下では,定常ずりは,グレイン(同じ方向を向いた単位格子の集合)を微細化させること,ひずみはグレインとグレインの間に集中することが分かった。(2)のrheo-SAXS測定においては,LAOSを印加するとradial配置およびtangential配置(X線の方向がそれぞれ速度勾配方向および流動方向になる配置)においてSAXSの粉末パターンが得られ,その直後にひずみ振幅0が線形領域にある小振幅振動ずり(Small Amplitude Oscillation Shear:以下SAOSと略),または0がLAOSとSAOSの間となる中振幅振動ずり(Medium Amplitude Oscillation Shear:以下 MAOSと略)を印加すると,tangential配置において試料が特定方向に強く配向することが分かった。これらの結果から,LAOSによりグレインが微細化し,その後のSAOSおよびMAOSでは,配向性の増大つまりグレインの成長が起こっていることがわかった。また,グレインの微細化と成長は何度も繰り返すことができた。LAOSの直後に印加するMAOSのひずみ振幅・角振動数と試料の配向性の関係を調べるために,(a) ひずみ振幅一定下における角振動数依存性と,(b) 角振動数一定下におけるひずみ振幅依存性を調べた。(a)の実験では,ひずみ振幅γ_0 = 0.035において異なる3種類の角振動数(1, 6.28, 15 rad s^<-1>)のMAOSを印加した結果,いずれも印加後約2000s後までは同じ方向に高配向した試料が得られ,回折ピーク強度の増大速度も類似していることがわかった。一方2000s後以降では角振動数による違いがみられた。特に角振動数1 rad s^<-1>では,tangential配置における配向方向が変化し,他の振動数に比べてradial配置における配向が強くなった。(b)では,角振動数6.28rad s^<-1>において異なる3種類のひずみ振幅γ_0 = 0.004, 0.035, 0.4のMAOSを印加した結果,γ_0 = 0.035のときに最も高配向の試料が得られた。さらに,LAOSを印加する前後に同じ条件(γ_0 = 0.035,角振動数6.28rad s^<-1>)のMAOSを印加した実験を行った結果,SAXSパターンおよびレオロジー測定の結果がLAOS印加前後で大きく異なることがわかった。LAOSの後に加えた場合は,先に述べたように高配向性を示し,貯蔵弾性率G’と損失弾性率G”が極小をとった後増大したが,最初からMAOSを印加した場合は,特定方向への配向は見られず,G’・G”は極大をとった後減少した。すなわち試料の配向性とレオロジー的性質の間には一定の関係があることが示唆された。今後,グレインサイズの変化を定量的に調べると共に,他の様々な条件でレオロジー/小角X線散乱を行うことにより,試料の配向性とレオロジー的性質の間の関係を定量化し,最適な配向条件やグレインの成長機構を明らかにすることができると考えられる。

首都大学東京, 2014-03-25, 修士(理学)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

山野井, . (2016). 界面活性剤共連続逆キュービック相の構造に対するずり流動場の効果. (Thesis). Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Retrieved from http://hdl.handle.net/10748/6907

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

山野井, 睦. “界面活性剤共連続逆キュービック相の構造に対するずり流動場の効果.” 2016. Thesis, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Accessed July 19, 2018. http://hdl.handle.net/10748/6907.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

山野井, 睦. “界面活性剤共連続逆キュービック相の構造に対するずり流動場の効果.” 2016. Web. 19 Jul 2018.

Vancouver:

山野井 . 界面活性剤共連続逆キュービック相の構造に対するずり流動場の効果. [Internet] [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. [cited 2018 Jul 19]. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6907.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

山野井 . 界面活性剤共連続逆キュービック相の構造に対するずり流動場の効果. [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6907

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

23. 高岡, 愛. 海洋島における海鳥の営巣の影響 : 土壌の化学特性を通じた植物の成長への効果 : The effect of seabird nesting on plant growth through the chemical properties of soil on the oceanic island.

Degree: 修士(理学), 2016, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京

多くの海洋島において、海鳥の営巣行動は土壌の化学特性を変化させることが知られている。例えば、海鳥は海から餌を運び、糞や吐き戻し、死体などによって主にリン酸や窒素化合物といった栄養塩を土壌に添加する。海鳥の営巣地と非営巣地を比較した先行研究では、営巣地における土壌のリン酸量、窒素量は大きく、pHは低かったという報告がされている。また、海鳥の営巣地における植物のバイオマスは非営巣地と比べて大きかったという報告もある。以上のことから、海鳥の営巣は土壌の化学特性を変化させることで、植物のバイオマスを増加させる可能性が示唆されてきた。しかし、海鳥の営巣による土壌の化学特性の変化と植物のバイオマスの変化は別々の研究で検討されており、海鳥の営巣が土壌を介して植物の成長を促進するかどうかを直接検証した研究は知られていない。本研究では、海鳥の営巣による土壌の化学特性を通じた植物の成長の効果を、海鳥営巣地の土壌を用いた栽培実験により検証することを目的とした。植物の成長に対する海鳥の営巣の影響を示すパラメータとして、(1)営巣の有無、(2)営巣地までの距離、(3)営巣密度の3 点に着目し、植物の成長に対する土壌の化学特性を通じた海鳥の営巣の効果について3 回の実験により検討した。調査地は、小笠原諸島聟島列島媒島である。島の北西部で海鳥の営巣地を含む範囲から土壌を採取した。また、海鳥の営巣に関わる項目として、土壌採取地点における海鳥の営巣の有無(実験1)、土壌採取地点から最も近傍にある海鳥の巣までの距離(実験2)、土壌採取地点を中心に半径5 m 以内の海鳥の営巣密度(実験3)を記録した。父島内の温室において、採取した土壌を用いてギョウギシバを栽培し、刈り取り後に乾燥重量を測定した。また、土壌の全炭素含量、全窒素含量、有効態リン酸含量、pH を測定した。以上から得られたデータにより、一般化線形モデルと尤度比検定を用いて海鳥の営巣とギョウギシバの収量の関係、海鳥の営巣と土壌の化学特性の関係、土壌の化学特性とギョウギシバの収量の関係について解析した。海鳥の営巣があった場所の土壌で栽培したギョウギシバの収量は営巣がなかった場所の土壌で栽培したギョウギシバの収量と比べて大きかった(実験1)。また、海鳥の巣までの距離が近い場所の土壌で栽培したギョウギシバの収量ほど大きかった(実験2)。一方、海鳥の営巣密度はギョウギシバの収量とは有意な関係を示さなかった(実験3)。海鳥の営巣と土壌の有効態リン酸含量、pH との間には有意な関係が見られたが、海鳥の営巣と全窒素含量、全炭素含量との間には有意な関係は見られなかった(実験2、3)。土壌の有効態リン酸含量とギョウギシバの収量との間には、有意な関係が見られた場合(実験3)と見られない場合(実験2)があった。本研究の結果から、海鳥の営巣は土壌の化学特性を変化させ、また、植物の成長を促進させる可能性が示唆された。一方、土壌の栄養塩量の増加による植物の成長の促進やpH の酸性化による植物の成長の抑制の効果は、必ずしも検出されなかった。この結果は、「海鳥の営巣による土壌の化学特性の変化が植物の成長を促進する」というこれまで一般的に想定されていた仮説では説明できない場合があることを示唆する。

Seabird nesting alters the chemical properties of soil in many oceanic islands. For example, seabirds introduce nutrients… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

高岡, . (2016). 海洋島における海鳥の営巣の影響 : 土壌の化学特性を通じた植物の成長への効果 : The effect of seabird nesting on plant growth through the chemical properties of soil on the oceanic island. (Thesis). Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Retrieved from http://hdl.handle.net/10748/6908

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

高岡, 愛. “海洋島における海鳥の営巣の影響 : 土壌の化学特性を通じた植物の成長への効果 : The effect of seabird nesting on plant growth through the chemical properties of soil on the oceanic island.” 2016. Thesis, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Accessed July 19, 2018. http://hdl.handle.net/10748/6908.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

高岡, 愛. “海洋島における海鳥の営巣の影響 : 土壌の化学特性を通じた植物の成長への効果 : The effect of seabird nesting on plant growth through the chemical properties of soil on the oceanic island.” 2016. Web. 19 Jul 2018.

Vancouver:

高岡 . 海洋島における海鳥の営巣の影響 : 土壌の化学特性を通じた植物の成長への効果 : The effect of seabird nesting on plant growth through the chemical properties of soil on the oceanic island. [Internet] [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. [cited 2018 Jul 19]. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6908.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

高岡 . 海洋島における海鳥の営巣の影響 : 土壌の化学特性を通じた植物の成長への効果 : The effect of seabird nesting on plant growth through the chemical properties of soil on the oceanic island. [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6908

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

24. Dan, Jeonghwa. The role of lipoylation-related genes in energy metabolism in Drosophila : ショウジョウバエのエネルギー代謝におけるリポイル化関連遺伝子の役割.

Degree: 修士(理学), 2016, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京

Lipoic acid (LA), also called thioctic acid works as an anti-oxidant like vitamin C , vitamin E and coenzyme Q10 to protect our body from… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Dan, J. (2016). The role of lipoylation-related genes in energy metabolism in Drosophila : ショウジョウバエのエネルギー代謝におけるリポイル化関連遺伝子の役割. (Thesis). Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Retrieved from http://hdl.handle.net/10748/6909

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Dan, Jeonghwa. “The role of lipoylation-related genes in energy metabolism in Drosophila : ショウジョウバエのエネルギー代謝におけるリポイル化関連遺伝子の役割.” 2016. Thesis, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Accessed July 19, 2018. http://hdl.handle.net/10748/6909.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Dan, Jeonghwa. “The role of lipoylation-related genes in energy metabolism in Drosophila : ショウジョウバエのエネルギー代謝におけるリポイル化関連遺伝子の役割.” 2016. Web. 19 Jul 2018.

Vancouver:

Dan J. The role of lipoylation-related genes in energy metabolism in Drosophila : ショウジョウバエのエネルギー代謝におけるリポイル化関連遺伝子の役割. [Internet] [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. [cited 2018 Jul 19]. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6909.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Dan J. The role of lipoylation-related genes in energy metabolism in Drosophila : ショウジョウバエのエネルギー代謝におけるリポイル化関連遺伝子の役割. [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6909

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

25. 鈴木, 由季. ニワトリ胚の前腸形成時の細胞形態.

Degree: 修士(理学), 2016, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京

The alimentary tract consists of the endodermal epithelium and surrounding mesodermal mesenchyme. In the chicken embryo, endoderm arises during gastrulation at stage 4, then spread… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

鈴木, . (2016). ニワトリ胚の前腸形成時の細胞形態. (Thesis). Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Retrieved from http://hdl.handle.net/10748/6910

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

鈴木, 由季. “ニワトリ胚の前腸形成時の細胞形態.” 2016. Thesis, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Accessed July 19, 2018. http://hdl.handle.net/10748/6910.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

鈴木, 由季. “ニワトリ胚の前腸形成時の細胞形態.” 2016. Web. 19 Jul 2018.

Vancouver:

鈴木 . ニワトリ胚の前腸形成時の細胞形態. [Internet] [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. [cited 2018 Jul 19]. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6910.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

鈴木 . ニワトリ胚の前腸形成時の細胞形態. [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6910

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

26. 堀, 清鷹. イタチシダ類(オシダ科)における無配生殖種と有性生殖種の交雑による網状進化.

Degree: 修士(理学), 2016, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京

シダ植物には、二次的に有性生殖をやめて無配生殖と呼ばれる無性生殖を行っているものが尐なくない。無配生殖とは、胞子形成時に染色体の減数を伴わず、その非減数の胞子から生じた配偶体が受精をせずに次世代の胞子体を形成する生殖様式のことである。子孫の遺伝的多様性を生み出す二つの過程を欠失しているので、無配生殖種の子孫は親と遺伝的に同一(クローン)となり、形態変異は尐ないと考えられる。しかし、実際は無配生殖種にも幅広い形態変異や遺伝的多様性がみられることがむしろ一般的である。その理由のひとつとして、近縁な有性生殖種との交雑によって、その遺伝的変異を取り込むという仮説がある (Walker 1962, Suzuki & Iwatsuki 1992)。ただし、この過程だけでは有性生殖種のゲノムが付け加わることにより、無配生殖種は高次倍数化が進むことになる。しかし野外でみられる無配生殖種のほとんどは3倍体である。その理由を説明するための仮説として、3倍体無配生殖種が稀に不等減数分裂を起こして2倍体の精子を生じ(父親)、それが近縁な2倍体有性生殖種(母親)の1倍体の卵細胞と受精・交雑することが考えられている (Lin et al, 1992, 1995, Yamamoto 2012)。しかし、無配生殖種には大きな遺伝的多様性が見られるので、さらに遠縁な2倍体有性生殖種と交雑している可能性も考えられる。そこで本研究では、無配生殖種を多く含み、形態的・遺伝的に非常に多様なイタチシダ類Dryopteris varia complex(オシダ科)を材料に用いることにした。日本では、ナンカイイタチシダDryopteris varia (L.) O.Kuntze.、オオイタチシダDryopteris pacifica (Nakai) Tagawa、ヤマイタチシダD. bissetiana (Baker) C.… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

堀, . (2016). イタチシダ類(オシダ科)における無配生殖種と有性生殖種の交雑による網状進化. (Thesis). Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Retrieved from http://hdl.handle.net/10748/6911

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

堀, 清鷹. “イタチシダ類(オシダ科)における無配生殖種と有性生殖種の交雑による網状進化.” 2016. Thesis, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Accessed July 19, 2018. http://hdl.handle.net/10748/6911.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

堀, 清鷹. “イタチシダ類(オシダ科)における無配生殖種と有性生殖種の交雑による網状進化.” 2016. Web. 19 Jul 2018.

Vancouver:

堀 . イタチシダ類(オシダ科)における無配生殖種と有性生殖種の交雑による網状進化. [Internet] [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. [cited 2018 Jul 19]. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6911.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

堀 . イタチシダ類(オシダ科)における無配生殖種と有性生殖種の交雑による網状進化. [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6911

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

27. 富川, 和紀. 次期X線天文衛星ASTRO-H搭載軟X線望遠鏡の地上性能評価.

Degree: 修士(理学), 2016, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京

X線望遠鏡の持つ高い角分解能と集光力はX 線天文学に飛躍的な発展をもたらした。高い角分解能は観測天体の位置・空間構造を明らかにし、集光力は検出器の小型化とともにS/N比の向上を可能にした。X線はレンズのような直入射光学系の場合、物質の吸収を受けてしまい効率よく集光させることが難しい。一方、X線は様々な物質に対して屈折率が1 よりわずかに小さく、1度以下の非常に浅い入射角で全反射を起こす。この性質を利用してX線を反射・集光する光学系の一つにWolterI型斜入射光学系がある。WolterI型は回転放物面鏡と回転双曲面鏡を組み合わせた構造になっており、従来の日本のX線天文衛星のX 線望遠鏡はこの光学系が採用されてきた。しかし、光軸から見込む反射鏡の面積は非常に小さいため、集光されるX線は極めて少ない。この問題を解決するため、反射鏡を同心円状に多重に積層した多重薄板型X線望遠鏡が考案され、より多くのX線を集光できるようになった。現在運用中のX線天文衛星「すざく」は、この多重薄板型が採用されている。2015年度打ち上げ予定の次期X 線天文衛星ASTRO-Hに搭載される軟X 線望遠鏡(Soft-Xray-Telescope:SXT)は、「すざく」衛星と同じ多重薄板型を採用しており、Quadrantと呼ばれる4分の1円筒のものが4つ組み合わさって1台の望遠鏡を構成している。我々は2013年に宇宙科学研究所にて、SXT FM(Flight Model)の衛星アライメントや応答関数構築に向けた地上性能評価を行った。まず、衛星アライメントに必要な情報として、望遠鏡の光軸がどこを向いているのかを把握しておく必要がある。望遠鏡の入射面に装着したキューブミラーの法線を基準とし、望遠鏡光軸の離角をセオドライトで測定する。これは測定が比較的容易な可視光の平行光を用いて行った。測定は望遠鏡を光軸と重力方向が平行となる配置(縦置き)で行い、望遠鏡の内側、半径150mmに可視光を当てたときの、光量が最大となる傾きを望遠鏡光軸として採用した。X線による測定は宇宙科学研究所の30mビームラインで行った。長いビームラインを使用することで天体からのX線に近い、高い平行度をもつX線ビームを作ることができる。X線望遠鏡を評価する主なパラメータは有効面積と結像性能が挙げられ、これらには要求値(有効面積は1keVで450cm2、6keVで390cm2、結像性能は1.7分角)が個別に設定されている。測定の結果、望遠鏡全体の有効面積はAl-K(1.5keV)で580±1cm2、Ti-K(4.5keV)で445±1cm2となり、望遠鏡全体における結像性能はAl-K~Pt-Lγ(1.5keV~12.94keV)の6つのエネルギーで1.3~1.5分角となった。これらは全て要求値を十分満たしていることがわかった。しかしQuadrant単位で見ると、高エネルギーになるほど結像性能が悪化し、10keV以上では要求値を越えてしまっているものがあることが判明した。このような個性は望遠鏡の小さな領域にX線を当てることでその性質を理解することができる。Quadrant全体を8×8mmの領域に分け、それぞれの領域の結像位置のばらつきや像の広がりから、反射鏡の位置決め誤差や形状誤差を見積もることができる。これらは結像性能劣化の要因であり、このうち、結像性能の悪化は主に位置決め誤差によって引き起こされていることがわかった。また、様々なoff-axis角における有効面積の変化を測定した。軌道上で複数の天体を同時に観測する場合や、広がった天体の場合、天体が放つX線はoff-axis角からの入射になる。この場合、本来の天体のfluxを見積もるためにはoff-axis角に対する有効面積の変化をモデル化しておく必要がある。Al-KやTi-Kの低エネルギーでは、Lorentzianでよく再現できたが、Pt-Lαなどの高エネルギー側では、大きいoff-axis角の有効面積がモデルより小さくなる傾向があり、よりよく再現するためには適当なcut-offのモデルを入れることが必要であると推測される。X線望遠鏡はその構造ゆえに、視野外にある天体からのX線がある角度では正規の2回反射をせずに焦点面検出器に到達する。このようなX線成分は迷光と呼ばれ、特に銀河団や宇宙X線背景放射などの広がった天体の観測精度を大きく低下させてしまう。そのため、バッフルの役割を果たすプリコリメータが望遠鏡の入射面の上に搭載されており、二段目の反射鏡だけで反射される迷光(secondary only成分)を遮断することを主な目的としている。そこで、プリコリメータによってsecondary only成分が遮断されているか、想定外の迷光が洩れ込んでいないかなどの検証を行った。その結果、プリコリメータによってsecondary only成分は大幅に低減されたことが確認できたが、最も内側に配置された一段目の反射鏡だけに反射する成分(~0.20cm2)や、一度も反射せずに通り抜ける成分(~0.05cm2)が相対的に目立つようになった。プリコリメータの構造上これらを遮断することはできず、その対策を施すことは非常に困難であるため、実際の観測では迷光が問題にならず運用できるよう、追測定を行い、迷光が出る場所を調査した。本論文ではこれらの具体的な測定方法、および研究結果について述べる。

首都大学東京, 2014-03-25, 修士(理学)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

富川, . (2016). 次期X線天文衛星ASTRO-H搭載軟X線望遠鏡の地上性能評価. (Thesis). Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Retrieved from http://hdl.handle.net/10748/6916

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

富川, 和紀. “次期X線天文衛星ASTRO-H搭載軟X線望遠鏡の地上性能評価.” 2016. Thesis, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Accessed July 19, 2018. http://hdl.handle.net/10748/6916.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

富川, 和紀. “次期X線天文衛星ASTRO-H搭載軟X線望遠鏡の地上性能評価.” 2016. Web. 19 Jul 2018.

Vancouver:

富川 . 次期X線天文衛星ASTRO-H搭載軟X線望遠鏡の地上性能評価. [Internet] [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. [cited 2018 Jul 19]. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6916.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

富川 . 次期X線天文衛星ASTRO-H搭載軟X線望遠鏡の地上性能評価. [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6916

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

28. Wakimoto, Yuki. Covariant Quantization of Supergravity Theory.

Degree: 修士(理学), 2016, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京

The quantization of gravity is one of the aims of modern physics. Supergravity, the Einstein's gravity with supersymmetry, is born in this context. Recently, modified… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Wakimoto, Y. (2016). Covariant Quantization of Supergravity Theory. (Thesis). Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Retrieved from http://hdl.handle.net/10748/6917

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Wakimoto, Yuki. “Covariant Quantization of Supergravity Theory.” 2016. Thesis, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Accessed July 19, 2018. http://hdl.handle.net/10748/6917.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Wakimoto, Yuki. “Covariant Quantization of Supergravity Theory.” 2016. Web. 19 Jul 2018.

Vancouver:

Wakimoto Y. Covariant Quantization of Supergravity Theory. [Internet] [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. [cited 2018 Jul 19]. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6917.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Wakimoto Y. Covariant Quantization of Supergravity Theory. [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6917

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

29. 飯島, 律子. 積層配線による多素子化を目指したTES型X線マイクロカロリメータの開発.

Degree: 修士(理学), 2016, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京

宇宙はダークエネルギー、ダークマター及びバリオンで構成されているが、正体のわかっている通常の物質であるバリオンの割合はわずか4%にすぎない。さらに、バリオンの中でも大部分を占めるものは、銀河や銀河団間に広がっている温度が数百万度の中高温ガス(WHIM: Warm-Hot Intergalactic Medium)である。このWHIM は宇宙の大規模構造をトレースするための化学進化や力学的進化の情報をもたらすことが理論から示唆されているにも関わらず、観測的にはほとんど検出されていない。数百万度のWHIM中では酸素が電離し、輝線を出している。その輝線を検出し、我々の銀河内の電離酸素の輝線を赤方偏移によるエネルギーの違いから分離することで、WHIM を検出することができる。しかし従来X 線観測において主流のCCDなどの半導体検出器では、エネルギー分解能の限界が約120eVである。WHIMを検出するためには、エネルギー分解能が数eV程度の次世代の検出器の開発が必要となってくる。マイクロカロリメータは、X線が入射した際の素子の温度上昇による電気抵抗値の変化からX 線のエネルギーを求めるという検出器である。エネルギー測定原理が半導体検出器とは全く異なり、エネルギー分解能が温度計の感度・動作温度・素子の熱容量のみ依存するので、数eVという高いエネルギー分解能を実現することが理論上可能である。マイクロカロリメータの中でも、超伝導金属を温度計として用いる超伝導遷移端温度計(TES: Transition Edge Sensor) 型マイクロカロリメータは超伝導状態と常伝導状態間の急峻な電気抵抗の変化から、素子に入射したX 線のエネルギーを2eV程度の精度で測定することが可能となる。我々のグループでは、WHIM を含む未検出のバリオン(ダークバリオン) 探査衛星DIOS(Diffuse Intergalactic Oxygen Surveyor) への搭載を目指し、高エネルギー分解能・大有効面積のTES 型マイクロカロリメータの開発を進めている。DIOS 計画において、空間的に広がった酸素輝線を検出するためにアレイ全体で1cm2の有効面積、具体的には200 μm角のピクセルによる20×20 アレイが必要である。さらに赤方偏移を区別するためにピクセル1つにつき5eV以下の高いエネルギー分解能が要求される。TES部分には超伝導金属のチタンと常伝導金属の金の二層薄膜を採用し、近接効果から転移温度(動作温度) を調節し100mK以下の極低温に設定している。これまでに16ピクセルアレイ中の1ピクセルについて、5.9keVの入射X 線に対して2.8eVのエネルギー分解能を達成している。さらに、1cm2 内に256ピクセルを配置するまで多素子化したアレイ中の1ピクセルについて5.9keVの入射X線に対し4.4eVのエネルギー分解能を得た。しかし、従来のデザインでは配線部分などがデッドスペースとなってしまい、有効面積が小さくなってしまう。この問題を解決するため、積層配線と呼ばれる、ピクセルまでのホットとリターン配線を絶縁膜を挟んで上下に重ねる構造を採用した。この積層配線によりデッドスペースは減少し、デザイン上1cm2内に400ピクセル配置することに成功した。しかし従来の単層配線がTESの上に配線を重ねるデザインであるのに対し、積層配線デザインは上部配線の上にTESを形成する必要があり、TESが配線よりも厚くなくては段切れを起こしてしまう。具体的には上部配線の厚さが50nmに対し、TES下層のチタンがの厚さが100nm程度必要になってくる。このため近接効果が効きにくくなり、転移温度が200mK程度と高くなってしまう。さらに、配線とTESのコンタクトが悪いため、常伝導抵抗と残留抵抗がそれぞれ数Ωと数100mΩ(正常値はそれぞれ数100mΩと数mΩ) と高くなってしまった。配線そのものが薄いことで物理的や化学的な傷耐性が低く、歩留まりが60%と悪くなった。このようにして積層配線を採用することにより、集積化の問題は解決したが、新たな問題が発生してしまった。本研究では積層配線デザインはそのままに、イオンミリング法によって配線側面に傾斜を付けることで上記の問題解決を図った。配線側面に傾斜を付けることにより、配線上にTESを成膜しても段切れを起こさず、TESはより薄く配線はより厚くすることが可能なデザインとなっている。配線の厚み(100、200、300nmの3種類) やTESの厚み(チタンは40nm、金は90、130nm) などの異なる計14枚の傾斜付き配線を用いた、積層配線TES型マイクロカロリメータの製作及び評価を行った。その結果、配線・チタン・金の厚みがそれぞれ200・40・90nmの素子について転移温度が約160mK、常伝導抵抗が500~800mΩ、残留抵抗が1~2 mΩと、問題であった転移温度・常伝導抵抗・残留抵抗を改善することができた。今後は多素子の積層配線TES 型マイクロカロリメータで、X線に対して良いエネルギー分解能を達成することが課題である。

首都大学東京, 2014-03-25, 修士(理学)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

飯島, . (2016). 積層配線による多素子化を目指したTES型X線マイクロカロリメータの開発. (Thesis). Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Retrieved from http://hdl.handle.net/10748/6919

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

飯島, 律子. “積層配線による多素子化を目指したTES型X線マイクロカロリメータの開発.” 2016. Thesis, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Accessed July 19, 2018. http://hdl.handle.net/10748/6919.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

飯島, 律子. “積層配線による多素子化を目指したTES型X線マイクロカロリメータの開発.” 2016. Web. 19 Jul 2018.

Vancouver:

飯島 . 積層配線による多素子化を目指したTES型X線マイクロカロリメータの開発. [Internet] [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. [cited 2018 Jul 19]. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6919.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

飯島 . 積層配線による多素子化を目指したTES型X線マイクロカロリメータの開発. [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6919

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

30. Tam, Chun Ming. Fractional Brownian Motions in Financial Models, Simulation and Pricing : フラクショナルブラウン運動とその金融モデル・シミュレーションと価格理論.

Degree: 博士(経営学), 2016, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京

 Fractional Brownian motion (fBM) was first introduced within a Hilbert space framework by Kolmogorov [Kol40], while studying spiral curves in Hilbert space; the process was… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Tam, C. M. (2016). Fractional Brownian Motions in Financial Models, Simulation and Pricing : フラクショナルブラウン運動とその金融モデル・シミュレーションと価格理論. (Thesis). Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Retrieved from http://hdl.handle.net/10748/6920

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Tam, Chun Ming. “Fractional Brownian Motions in Financial Models, Simulation and Pricing : フラクショナルブラウン運動とその金融モデル・シミュレーションと価格理論.” 2016. Thesis, Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京. Accessed July 19, 2018. http://hdl.handle.net/10748/6920.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Tam, Chun Ming. “Fractional Brownian Motions in Financial Models, Simulation and Pricing : フラクショナルブラウン運動とその金融モデル・シミュレーションと価格理論.” 2016. Web. 19 Jul 2018.

Vancouver:

Tam CM. Fractional Brownian Motions in Financial Models, Simulation and Pricing : フラクショナルブラウン運動とその金融モデル・シミュレーションと価格理論. [Internet] [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. [cited 2018 Jul 19]. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6920.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Tam CM. Fractional Brownian Motions in Financial Models, Simulation and Pricing : フラクショナルブラウン運動とその金融モデル・シミュレーションと価格理論. [Thesis]. Tokyo Metropolitan University / 首都大学東京; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10748/6920

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

[1] [2] [3] [4] [5] … [61]

.