Advanced search options

Advanced Search Options 🞨

Browse by author name (“Author name starts with…”).

Find ETDs with:

in
/  
in
/  
in
/  
in

Written in Published in Earliest date Latest date

Sorted by

Results per page:

Sorted by: relevance · author · university · dateNew search

You searched for publisher:"Tokai University Repository". Showing records 1 – 30 of 194 total matches.

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

Search Limiters

Last 2 Years | English Only

Degrees

Languages

▼ Search Limiters

1. Phoummavong, Phonepadith. The Energy Efficient Location-Aided Routing Protocols over Ad Hoc Network : アドホックネットワークにおけるエネルギー効率型位置情報ルーティングプロトコルに関する研究; アドホックネットワーク ニオケル エネルギー コウリツガタ イチ ジョウホウ ルーティング プロトコル ニ カンスル ケンキュウ.

Degree: 博士(工学), 2016, Tokai University Repository / 東海大学

Subjects/Keywords: ad hoc network, location-aided routing, void zone, MANET; アドホックネットワーク, 位置情報に基づく経路選択法, ヴォイドゾーン, MANET

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Phoummavong, P. (2016). The Energy Efficient Location-Aided Routing Protocols over Ad Hoc Network : アドホックネットワークにおけるエネルギー効率型位置情報ルーティングプロトコルに関する研究; アドホックネットワーク ニオケル エネルギー コウリツガタ イチ ジョウホウ ルーティング プロトコル ニ カンスル ケンキュウ. (Thesis). Tokai University Repository / 東海大学. Retrieved from https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000215

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Phoummavong, Phonepadith. “The Energy Efficient Location-Aided Routing Protocols over Ad Hoc Network : アドホックネットワークにおけるエネルギー効率型位置情報ルーティングプロトコルに関する研究; アドホックネットワーク ニオケル エネルギー コウリツガタ イチ ジョウホウ ルーティング プロトコル ニ カンスル ケンキュウ.” 2016. Thesis, Tokai University Repository / 東海大学. Accessed November 20, 2017. https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000215.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Phoummavong, Phonepadith. “The Energy Efficient Location-Aided Routing Protocols over Ad Hoc Network : アドホックネットワークにおけるエネルギー効率型位置情報ルーティングプロトコルに関する研究; アドホックネットワーク ニオケル エネルギー コウリツガタ イチ ジョウホウ ルーティング プロトコル ニ カンスル ケンキュウ.” 2016. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

Phoummavong P. The Energy Efficient Location-Aided Routing Protocols over Ad Hoc Network : アドホックネットワークにおけるエネルギー効率型位置情報ルーティングプロトコルに関する研究; アドホックネットワーク ニオケル エネルギー コウリツガタ イチ ジョウホウ ルーティング プロトコル ニ カンスル ケンキュウ. [Internet] [Thesis]. Tokai University Repository / 東海大学; 2016. [cited 2017 Nov 20]. Available from: https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000215.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Phoummavong P. The Energy Efficient Location-Aided Routing Protocols over Ad Hoc Network : アドホックネットワークにおけるエネルギー効率型位置情報ルーティングプロトコルに関する研究; アドホックネットワーク ニオケル エネルギー コウリツガタ イチ ジョウホウ ルーティング プロトコル ニ カンスル ケンキュウ. [Thesis]. Tokai University Repository / 東海大学; 2016. Available from: https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000215

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

2. Bin Ishak, Muhammad Izhar. Improvement of Mobility and Stability For Small Electric Vehicle : Integration of Oversteering Characteristic, Four Wheel Drive and Independent Steering : オーバーステアリング特性、四輪駆動と独立操舵の統合による小型電気自動車の運動性と安定性の向上; オーバーステアリング トクセイ ヨンリン クドウ ト ドクリツ ソウダ ノ トウゴウ ニヨル コガタ デンキ ジドウシャ ノ ウンドウセイ ト アンテイセイ ノ コウジョウ.

Degree: 博士(工学), 2016, Tokai University Repository / 東海大学

Subjects/Keywords: Four wheel drive; Four wheel independent steering; small electric vehicles; in-wheel motor; Oversteer characteristic

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Bin Ishak, M. I. (2016). Improvement of Mobility and Stability For Small Electric Vehicle : Integration of Oversteering Characteristic, Four Wheel Drive and Independent Steering : オーバーステアリング特性、四輪駆動と独立操舵の統合による小型電気自動車の運動性と安定性の向上; オーバーステアリング トクセイ ヨンリン クドウ ト ドクリツ ソウダ ノ トウゴウ ニヨル コガタ デンキ ジドウシャ ノ ウンドウセイ ト アンテイセイ ノ コウジョウ. (Thesis). Tokai University Repository / 東海大学. Retrieved from https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000216

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Bin Ishak, Muhammad Izhar. “Improvement of Mobility and Stability For Small Electric Vehicle : Integration of Oversteering Characteristic, Four Wheel Drive and Independent Steering : オーバーステアリング特性、四輪駆動と独立操舵の統合による小型電気自動車の運動性と安定性の向上; オーバーステアリング トクセイ ヨンリン クドウ ト ドクリツ ソウダ ノ トウゴウ ニヨル コガタ デンキ ジドウシャ ノ ウンドウセイ ト アンテイセイ ノ コウジョウ.” 2016. Thesis, Tokai University Repository / 東海大学. Accessed November 20, 2017. https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000216.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Bin Ishak, Muhammad Izhar. “Improvement of Mobility and Stability For Small Electric Vehicle : Integration of Oversteering Characteristic, Four Wheel Drive and Independent Steering : オーバーステアリング特性、四輪駆動と独立操舵の統合による小型電気自動車の運動性と安定性の向上; オーバーステアリング トクセイ ヨンリン クドウ ト ドクリツ ソウダ ノ トウゴウ ニヨル コガタ デンキ ジドウシャ ノ ウンドウセイ ト アンテイセイ ノ コウジョウ.” 2016. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

Bin Ishak MI. Improvement of Mobility and Stability For Small Electric Vehicle : Integration of Oversteering Characteristic, Four Wheel Drive and Independent Steering : オーバーステアリング特性、四輪駆動と独立操舵の統合による小型電気自動車の運動性と安定性の向上; オーバーステアリング トクセイ ヨンリン クドウ ト ドクリツ ソウダ ノ トウゴウ ニヨル コガタ デンキ ジドウシャ ノ ウンドウセイ ト アンテイセイ ノ コウジョウ. [Internet] [Thesis]. Tokai University Repository / 東海大学; 2016. [cited 2017 Nov 20]. Available from: https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000216.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Bin Ishak MI. Improvement of Mobility and Stability For Small Electric Vehicle : Integration of Oversteering Characteristic, Four Wheel Drive and Independent Steering : オーバーステアリング特性、四輪駆動と独立操舵の統合による小型電気自動車の運動性と安定性の向上; オーバーステアリング トクセイ ヨンリン クドウ ト ドクリツ ソウダ ノ トウゴウ ニヨル コガタ デンキ ジドウシャ ノ ウンドウセイ ト アンテイセイ ノ コウジョウ. [Thesis]. Tokai University Repository / 東海大学; 2016. Available from: https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000216

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

3. Mian, Md. Suruz. Growth of Vanadium Dioxide Films on Conductive Layers by Inductively Coupled Plasma-Assisted Sputtering Method and Their Out-of-Plane Resistance Switching Characteristics : 誘導結合プラズマ支援スパッタ法による導電層上への二酸化バナジウム薄膜の成長と面直方向抵抗スイッチングに関する研究; ユウドウ ケツゴウ プラズマ シエン スパッタホウ ニヨル ドウデンソウジョウ エノ ニサンカ バナジウム ハクマク ノ セイチョウ ト メンチョク ホウコウ テイコウ スイッチング ニ カンスル ケンキュウ.

Degree: 博士(工学), 2016, Tokai University Repository / 東海大学

Subjects/Keywords: Vanadium dioxide, Inductively coupled plasma-assisted sputtering method, Insulator-metal transition, Layered structure, Self-sustainig oscillation phenomenon; 二酸化バナジウム, 誘導結合プラズマ支援スパッタ法, 絶縁体-金属相転移, 積層型デバイス, 自励発振現象

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Mian, M. S. (2016). Growth of Vanadium Dioxide Films on Conductive Layers by Inductively Coupled Plasma-Assisted Sputtering Method and Their Out-of-Plane Resistance Switching Characteristics : 誘導結合プラズマ支援スパッタ法による導電層上への二酸化バナジウム薄膜の成長と面直方向抵抗スイッチングに関する研究; ユウドウ ケツゴウ プラズマ シエン スパッタホウ ニヨル ドウデンソウジョウ エノ ニサンカ バナジウム ハクマク ノ セイチョウ ト メンチョク ホウコウ テイコウ スイッチング ニ カンスル ケンキュウ. (Thesis). Tokai University Repository / 東海大学. Retrieved from https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000217

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Mian, Md Suruz. “Growth of Vanadium Dioxide Films on Conductive Layers by Inductively Coupled Plasma-Assisted Sputtering Method and Their Out-of-Plane Resistance Switching Characteristics : 誘導結合プラズマ支援スパッタ法による導電層上への二酸化バナジウム薄膜の成長と面直方向抵抗スイッチングに関する研究; ユウドウ ケツゴウ プラズマ シエン スパッタホウ ニヨル ドウデンソウジョウ エノ ニサンカ バナジウム ハクマク ノ セイチョウ ト メンチョク ホウコウ テイコウ スイッチング ニ カンスル ケンキュウ.” 2016. Thesis, Tokai University Repository / 東海大学. Accessed November 20, 2017. https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000217.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Mian, Md Suruz. “Growth of Vanadium Dioxide Films on Conductive Layers by Inductively Coupled Plasma-Assisted Sputtering Method and Their Out-of-Plane Resistance Switching Characteristics : 誘導結合プラズマ支援スパッタ法による導電層上への二酸化バナジウム薄膜の成長と面直方向抵抗スイッチングに関する研究; ユウドウ ケツゴウ プラズマ シエン スパッタホウ ニヨル ドウデンソウジョウ エノ ニサンカ バナジウム ハクマク ノ セイチョウ ト メンチョク ホウコウ テイコウ スイッチング ニ カンスル ケンキュウ.” 2016. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

Mian MS. Growth of Vanadium Dioxide Films on Conductive Layers by Inductively Coupled Plasma-Assisted Sputtering Method and Their Out-of-Plane Resistance Switching Characteristics : 誘導結合プラズマ支援スパッタ法による導電層上への二酸化バナジウム薄膜の成長と面直方向抵抗スイッチングに関する研究; ユウドウ ケツゴウ プラズマ シエン スパッタホウ ニヨル ドウデンソウジョウ エノ ニサンカ バナジウム ハクマク ノ セイチョウ ト メンチョク ホウコウ テイコウ スイッチング ニ カンスル ケンキュウ. [Internet] [Thesis]. Tokai University Repository / 東海大学; 2016. [cited 2017 Nov 20]. Available from: https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000217.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Mian MS. Growth of Vanadium Dioxide Films on Conductive Layers by Inductively Coupled Plasma-Assisted Sputtering Method and Their Out-of-Plane Resistance Switching Characteristics : 誘導結合プラズマ支援スパッタ法による導電層上への二酸化バナジウム薄膜の成長と面直方向抵抗スイッチングに関する研究; ユウドウ ケツゴウ プラズマ シエン スパッタホウ ニヨル ドウデンソウジョウ エノ ニサンカ バナジウム ハクマク ノ セイチョウ ト メンチョク ホウコウ テイコウ スイッチング ニ カンスル ケンキュウ. [Thesis]. Tokai University Repository / 東海大学; 2016. Available from: https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000217

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

4. 金子, 誠. クロウミウマの稚魚の育成に関する研究 : クロウミウマ ノ チギョ ノ イクセイ ニ カンスル ケンキュウ.

Degree: 博士(理学), 2016, Tokai University Repository / 東海大学

Subjects/Keywords: クロウミウマ, 餌料密度, 脂肪酸組成, 摂餌生態, 種苗生産; Hippcampus kuda, Feed density, Fatty acids composition, Feeding habitat, Seed production

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

金子, . (2016). クロウミウマの稚魚の育成に関する研究 : クロウミウマ ノ チギョ ノ イクセイ ニ カンスル ケンキュウ. (Thesis). Tokai University Repository / 東海大学. Retrieved from https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000218

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

金子, 誠. “クロウミウマの稚魚の育成に関する研究 : クロウミウマ ノ チギョ ノ イクセイ ニ カンスル ケンキュウ.” 2016. Thesis, Tokai University Repository / 東海大学. Accessed November 20, 2017. https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000218.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

金子, 誠. “クロウミウマの稚魚の育成に関する研究 : クロウミウマ ノ チギョ ノ イクセイ ニ カンスル ケンキュウ.” 2016. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

金子 . クロウミウマの稚魚の育成に関する研究 : クロウミウマ ノ チギョ ノ イクセイ ニ カンスル ケンキュウ. [Internet] [Thesis]. Tokai University Repository / 東海大学; 2016. [cited 2017 Nov 20]. Available from: https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000218.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

金子 . クロウミウマの稚魚の育成に関する研究 : クロウミウマ ノ チギョ ノ イクセイ ニ カンスル ケンキュウ. [Thesis]. Tokai University Repository / 東海大学; 2016. Available from: https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000218

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

5. Santhita, Tungkajiwangkoon. A study of genome size changing in higher plants : 高等植物におけるゲノムサイズ変化に関する研究; コウトウ ショクブツ ニオケル ゲノム サイズ ヘンカ ニ カンスル ケンキュウ.

Degree: 博士(農学), 2016, Tokai University Repository / 東海大学

Subjects/Keywords: Drosera, genome, chromosome, polyploidization; ドロセラ, ゲノム, 染色体, 倍加

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Santhita, T. (2016). A study of genome size changing in higher plants : 高等植物におけるゲノムサイズ変化に関する研究; コウトウ ショクブツ ニオケル ゲノム サイズ ヘンカ ニ カンスル ケンキュウ. (Thesis). Tokai University Repository / 東海大学. Retrieved from https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000219

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Santhita, Tungkajiwangkoon. “A study of genome size changing in higher plants : 高等植物におけるゲノムサイズ変化に関する研究; コウトウ ショクブツ ニオケル ゲノム サイズ ヘンカ ニ カンスル ケンキュウ.” 2016. Thesis, Tokai University Repository / 東海大学. Accessed November 20, 2017. https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000219.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Santhita, Tungkajiwangkoon. “A study of genome size changing in higher plants : 高等植物におけるゲノムサイズ変化に関する研究; コウトウ ショクブツ ニオケル ゲノム サイズ ヘンカ ニ カンスル ケンキュウ.” 2016. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

Santhita T. A study of genome size changing in higher plants : 高等植物におけるゲノムサイズ変化に関する研究; コウトウ ショクブツ ニオケル ゲノム サイズ ヘンカ ニ カンスル ケンキュウ. [Internet] [Thesis]. Tokai University Repository / 東海大学; 2016. [cited 2017 Nov 20]. Available from: https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000219.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Santhita T. A study of genome size changing in higher plants : 高等植物におけるゲノムサイズ変化に関する研究; コウトウ ショクブツ ニオケル ゲノム サイズ ヘンカ ニ カンスル ケンキュウ. [Thesis]. Tokai University Repository / 東海大学; 2016. Available from: https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000219

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

6. Jinjakam, Chompoonuch. Study on Simulator Sickness in Immersive Virtual Environment and Proposal for Safety Guidelines : 没入型バーチャル環境におけるシミュレータ酔いと安全ガイドラインの提案に関する研究; ボツニュウガタ バーチャル カンキョウ ニ オケル シミュレータ ヨイ ト アンゼン ガイドライン ノ テイアン ニ カンスル ケンキュウ.

Degree: 博士(工学), 2013, Tokai University Repository / 東海大学

Subjects/Keywords: Virtual Reality, Simulator Sickness, Immersive Virtual Environment, Guidelines; バーチャルリアリティ, シミュレータ酔い, 没入型バーチャル環境, ガイドライン

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Jinjakam, C. (2013). Study on Simulator Sickness in Immersive Virtual Environment and Proposal for Safety Guidelines : 没入型バーチャル環境におけるシミュレータ酔いと安全ガイドラインの提案に関する研究; ボツニュウガタ バーチャル カンキョウ ニ オケル シミュレータ ヨイ ト アンゼン ガイドライン ノ テイアン ニ カンスル ケンキュウ. (Thesis). Tokai University Repository / 東海大学. Retrieved from https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000044

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Jinjakam, Chompoonuch. “Study on Simulator Sickness in Immersive Virtual Environment and Proposal for Safety Guidelines : 没入型バーチャル環境におけるシミュレータ酔いと安全ガイドラインの提案に関する研究; ボツニュウガタ バーチャル カンキョウ ニ オケル シミュレータ ヨイ ト アンゼン ガイドライン ノ テイアン ニ カンスル ケンキュウ.” 2013. Thesis, Tokai University Repository / 東海大学. Accessed November 20, 2017. https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000044.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Jinjakam, Chompoonuch. “Study on Simulator Sickness in Immersive Virtual Environment and Proposal for Safety Guidelines : 没入型バーチャル環境におけるシミュレータ酔いと安全ガイドラインの提案に関する研究; ボツニュウガタ バーチャル カンキョウ ニ オケル シミュレータ ヨイ ト アンゼン ガイドライン ノ テイアン ニ カンスル ケンキュウ.” 2013. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

Jinjakam C. Study on Simulator Sickness in Immersive Virtual Environment and Proposal for Safety Guidelines : 没入型バーチャル環境におけるシミュレータ酔いと安全ガイドラインの提案に関する研究; ボツニュウガタ バーチャル カンキョウ ニ オケル シミュレータ ヨイ ト アンゼン ガイドライン ノ テイアン ニ カンスル ケンキュウ. [Internet] [Thesis]. Tokai University Repository / 東海大学; 2013. [cited 2017 Nov 20]. Available from: https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000044.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Jinjakam C. Study on Simulator Sickness in Immersive Virtual Environment and Proposal for Safety Guidelines : 没入型バーチャル環境におけるシミュレータ酔いと安全ガイドラインの提案に関する研究; ボツニュウガタ バーチャル カンキョウ ニ オケル シミュレータ ヨイ ト アンゼン ガイドライン ノ テイアン ニ カンスル ケンキュウ. [Thesis]. Tokai University Repository / 東海大学; 2013. Available from: https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000044

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

7. 野村, 圭介. 等分布荷重を受ける非矩形スラブの変形と設計式 : トウブンフカジュウ オ ウケル ヒ クケイ スラブ ノ ヘンケイ ト セッケイシキ.

Degree: 博士(工学), 2013, Tokai University Repository / 東海大学

Subjects/Keywords: 等分布荷重, 非矩形形状スラブ, 最大曲げモーメント, 最大たわみ, 設計式; Uniform load, Non-rectangular slab, Maximum bending moment, Maximum deflection, Design formula

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

野村, . (2013). 等分布荷重を受ける非矩形スラブの変形と設計式 : トウブンフカジュウ オ ウケル ヒ クケイ スラブ ノ ヘンケイ ト セッケイシキ. (Thesis). Tokai University Repository / 東海大学. Retrieved from https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000046

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

野村, 圭介. “等分布荷重を受ける非矩形スラブの変形と設計式 : トウブンフカジュウ オ ウケル ヒ クケイ スラブ ノ ヘンケイ ト セッケイシキ.” 2013. Thesis, Tokai University Repository / 東海大学. Accessed November 20, 2017. https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000046.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

野村, 圭介. “等分布荷重を受ける非矩形スラブの変形と設計式 : トウブンフカジュウ オ ウケル ヒ クケイ スラブ ノ ヘンケイ ト セッケイシキ.” 2013. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

野村 . 等分布荷重を受ける非矩形スラブの変形と設計式 : トウブンフカジュウ オ ウケル ヒ クケイ スラブ ノ ヘンケイ ト セッケイシキ. [Internet] [Thesis]. Tokai University Repository / 東海大学; 2013. [cited 2017 Nov 20]. Available from: https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000046.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

野村 . 等分布荷重を受ける非矩形スラブの変形と設計式 : トウブンフカジュウ オ ウケル ヒ クケイ スラブ ノ ヘンケイ ト セッケイシキ. [Thesis]. Tokai University Repository / 東海大学; 2013. Available from: https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000046

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

8. 森川, 亮. 高機能プラスチックフィルムの巻取装置の開発に関する研究 : コウキノウ プラスチック フィルム ノ マキトリ ソウチ ノ カイハツ ニ カンスル ケンキュウ.

Degree: 博士(工学), 2014, Tokai University Repository / 東海大学

Subjects/Keywords: ウェブハンドリング, 巻取, しわ, スリップ, 最適設計; Web handling, Winder, Wrinkle, Slippage, Optimum design

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

森川, . (2014). 高機能プラスチックフィルムの巻取装置の開発に関する研究 : コウキノウ プラスチック フィルム ノ マキトリ ソウチ ノ カイハツ ニ カンスル ケンキュウ. (Thesis). Tokai University Repository / 東海大学. Retrieved from https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000064

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

森川, 亮. “高機能プラスチックフィルムの巻取装置の開発に関する研究 : コウキノウ プラスチック フィルム ノ マキトリ ソウチ ノ カイハツ ニ カンスル ケンキュウ.” 2014. Thesis, Tokai University Repository / 東海大学. Accessed November 20, 2017. https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000064.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

森川, 亮. “高機能プラスチックフィルムの巻取装置の開発に関する研究 : コウキノウ プラスチック フィルム ノ マキトリ ソウチ ノ カイハツ ニ カンスル ケンキュウ.” 2014. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

森川 . 高機能プラスチックフィルムの巻取装置の開発に関する研究 : コウキノウ プラスチック フィルム ノ マキトリ ソウチ ノ カイハツ ニ カンスル ケンキュウ. [Internet] [Thesis]. Tokai University Repository / 東海大学; 2014. [cited 2017 Nov 20]. Available from: https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000064.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

森川 . 高機能プラスチックフィルムの巻取装置の開発に関する研究 : コウキノウ プラスチック フィルム ノ マキトリ ソウチ ノ カイハツ ニ カンスル ケンキュウ. [Thesis]. Tokai University Repository / 東海大学; 2014. Available from: https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000064

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

9. 常盤, 公徳. コンピュータ筆跡鑑定に関する研究 : コンピュータ ヒッセキ カンテイ ニ カンスル ケンキュウ.

Degree: 博士(工学), 2014, Tokai University Repository / 東海大学

Subjects/Keywords: 筆跡, 筆者照合, 日本語文字, 科学捜査, バイオメトリックス; handwriting, writer verification, Japanese character, scientific criminal investigation, biometrics

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

常盤, . (2014). コンピュータ筆跡鑑定に関する研究 : コンピュータ ヒッセキ カンテイ ニ カンスル ケンキュウ. (Thesis). Tokai University Repository / 東海大学. Retrieved from https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000068

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

常盤, 公徳. “コンピュータ筆跡鑑定に関する研究 : コンピュータ ヒッセキ カンテイ ニ カンスル ケンキュウ.” 2014. Thesis, Tokai University Repository / 東海大学. Accessed November 20, 2017. https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000068.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

常盤, 公徳. “コンピュータ筆跡鑑定に関する研究 : コンピュータ ヒッセキ カンテイ ニ カンスル ケンキュウ.” 2014. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

常盤 . コンピュータ筆跡鑑定に関する研究 : コンピュータ ヒッセキ カンテイ ニ カンスル ケンキュウ. [Internet] [Thesis]. Tokai University Repository / 東海大学; 2014. [cited 2017 Nov 20]. Available from: https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000068.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

常盤 . コンピュータ筆跡鑑定に関する研究 : コンピュータ ヒッセキ カンテイ ニ カンスル ケンキュウ. [Thesis]. Tokai University Repository / 東海大学; 2014. Available from: https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000068

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

10. Faudree, Michael Christopher. Development of a New Strengthening Method in Short Glass Fiber Reinforced Polymer Composites : 短ガラス繊維強化高分子複合体の強靭化に関する研究; タン ガラス センイ キョウカ コウブンシ フクゴウタイ ノ キョウジンカ ニ カンスル ケンキュウ.

Degree: 博士(工学), 2014, Tokai University Repository / 東海大学

Subjects/Keywords: 複合材, ガラス繊維, 高分子, 炭酸カルシウム粉末, 強靭化; Composite, Short Glass Fiber, Polymer, New Strengthening Method, Calcium carbonate powder

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Faudree, M. C. (2014). Development of a New Strengthening Method in Short Glass Fiber Reinforced Polymer Composites : 短ガラス繊維強化高分子複合体の強靭化に関する研究; タン ガラス センイ キョウカ コウブンシ フクゴウタイ ノ キョウジンカ ニ カンスル ケンキュウ. (Thesis). Tokai University Repository / 東海大学. Retrieved from https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000076

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Faudree, Michael Christopher. “Development of a New Strengthening Method in Short Glass Fiber Reinforced Polymer Composites : 短ガラス繊維強化高分子複合体の強靭化に関する研究; タン ガラス センイ キョウカ コウブンシ フクゴウタイ ノ キョウジンカ ニ カンスル ケンキュウ.” 2014. Thesis, Tokai University Repository / 東海大学. Accessed November 20, 2017. https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000076.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Faudree, Michael Christopher. “Development of a New Strengthening Method in Short Glass Fiber Reinforced Polymer Composites : 短ガラス繊維強化高分子複合体の強靭化に関する研究; タン ガラス センイ キョウカ コウブンシ フクゴウタイ ノ キョウジンカ ニ カンスル ケンキュウ.” 2014. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

Faudree MC. Development of a New Strengthening Method in Short Glass Fiber Reinforced Polymer Composites : 短ガラス繊維強化高分子複合体の強靭化に関する研究; タン ガラス センイ キョウカ コウブンシ フクゴウタイ ノ キョウジンカ ニ カンスル ケンキュウ. [Internet] [Thesis]. Tokai University Repository / 東海大学; 2014. [cited 2017 Nov 20]. Available from: https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000076.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Faudree MC. Development of a New Strengthening Method in Short Glass Fiber Reinforced Polymer Composites : 短ガラス繊維強化高分子複合体の強靭化に関する研究; タン ガラス センイ キョウカ コウブンシ フクゴウタイ ノ キョウジンカ ニ カンスル ケンキュウ. [Thesis]. Tokai University Repository / 東海大学; 2014. Available from: https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000076

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

11. 成瀬, 則幸. 液相合成法による希土類ドープ型酸化物およびフッ化物蛍光体の形態制御と発光特性 : エキソウ ゴウセイホウ ニヨル キドルイ ドープガタ サンカブツ オヨビ フッカブツ ケイコウタイ ノ ケイタイ セイギョ ト ハッコウ トクセイ.

Degree: 博士(理学), 2014, Tokai University Repository / 東海大学

Subjects/Keywords: 無機材料, 無機蛍光体, アップコンバージョン蛍光体, 液相プロセス, 形態制御; Inorganic materials, Inorganic Chemistry, Phosphor, Up-conversion phosphor, Solution process, Morphology control

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

成瀬, . (2014). 液相合成法による希土類ドープ型酸化物およびフッ化物蛍光体の形態制御と発光特性 : エキソウ ゴウセイホウ ニヨル キドルイ ドープガタ サンカブツ オヨビ フッカブツ ケイコウタイ ノ ケイタイ セイギョ ト ハッコウ トクセイ. (Thesis). Tokai University Repository / 東海大学. Retrieved from https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000061

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

成瀬, 則幸. “液相合成法による希土類ドープ型酸化物およびフッ化物蛍光体の形態制御と発光特性 : エキソウ ゴウセイホウ ニヨル キドルイ ドープガタ サンカブツ オヨビ フッカブツ ケイコウタイ ノ ケイタイ セイギョ ト ハッコウ トクセイ.” 2014. Thesis, Tokai University Repository / 東海大学. Accessed November 20, 2017. https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000061.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

成瀬, 則幸. “液相合成法による希土類ドープ型酸化物およびフッ化物蛍光体の形態制御と発光特性 : エキソウ ゴウセイホウ ニヨル キドルイ ドープガタ サンカブツ オヨビ フッカブツ ケイコウタイ ノ ケイタイ セイギョ ト ハッコウ トクセイ.” 2014. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

成瀬 . 液相合成法による希土類ドープ型酸化物およびフッ化物蛍光体の形態制御と発光特性 : エキソウ ゴウセイホウ ニヨル キドルイ ドープガタ サンカブツ オヨビ フッカブツ ケイコウタイ ノ ケイタイ セイギョ ト ハッコウ トクセイ. [Internet] [Thesis]. Tokai University Repository / 東海大学; 2014. [cited 2017 Nov 20]. Available from: https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000061.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

成瀬 . 液相合成法による希土類ドープ型酸化物およびフッ化物蛍光体の形態制御と発光特性 : エキソウ ゴウセイホウ ニヨル キドルイ ドープガタ サンカブツ オヨビ フッカブツ ケイコウタイ ノ ケイタイ セイギョ ト ハッコウ トクセイ. [Thesis]. Tokai University Repository / 東海大学; 2014. Available from: https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000061

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

12. Zamri, Normaiza Binti. Anti-Tn-antigen MLS128 monoclonal antibody : Its effects on colon cancer cells and characterization and identification of its receptor : 抗Tn抗原MLS128抗体 : 大腸がんに対するその効果とその受容体に関する研究; コウTnコウゲン MLS128コウタイ : ダイチョウガン ニ タイスル ソノ コウカ ト ソノ ジュヨウタイ ニ カンスル ケンキュウ.

Degree: 博士(工学), 2014, Tokai University Repository / 東海大学

Subjects/Keywords: 抗Tn抗原モノクローナル抗体, 大腸がん細胞, がん関連糖鎖抗原, 細胞増殖抑制, 抗体医薬; Anti-Tn antigen monoclonal antibody, colon cancer cells, tumor-associated carbohydrate antigens, cell growth inhibition, antibody therapeutics

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Zamri, N. B. (2014). Anti-Tn-antigen MLS128 monoclonal antibody : Its effects on colon cancer cells and characterization and identification of its receptor : 抗Tn抗原MLS128抗体 : 大腸がんに対するその効果とその受容体に関する研究; コウTnコウゲン MLS128コウタイ : ダイチョウガン ニ タイスル ソノ コウカ ト ソノ ジュヨウタイ ニ カンスル ケンキュウ. (Thesis). Tokai University Repository / 東海大学. Retrieved from https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000060

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Zamri, Normaiza Binti. “Anti-Tn-antigen MLS128 monoclonal antibody : Its effects on colon cancer cells and characterization and identification of its receptor : 抗Tn抗原MLS128抗体 : 大腸がんに対するその効果とその受容体に関する研究; コウTnコウゲン MLS128コウタイ : ダイチョウガン ニ タイスル ソノ コウカ ト ソノ ジュヨウタイ ニ カンスル ケンキュウ.” 2014. Thesis, Tokai University Repository / 東海大学. Accessed November 20, 2017. https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000060.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Zamri, Normaiza Binti. “Anti-Tn-antigen MLS128 monoclonal antibody : Its effects on colon cancer cells and characterization and identification of its receptor : 抗Tn抗原MLS128抗体 : 大腸がんに対するその効果とその受容体に関する研究; コウTnコウゲン MLS128コウタイ : ダイチョウガン ニ タイスル ソノ コウカ ト ソノ ジュヨウタイ ニ カンスル ケンキュウ.” 2014. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

Zamri NB. Anti-Tn-antigen MLS128 monoclonal antibody : Its effects on colon cancer cells and characterization and identification of its receptor : 抗Tn抗原MLS128抗体 : 大腸がんに対するその効果とその受容体に関する研究; コウTnコウゲン MLS128コウタイ : ダイチョウガン ニ タイスル ソノ コウカ ト ソノ ジュヨウタイ ニ カンスル ケンキュウ. [Internet] [Thesis]. Tokai University Repository / 東海大学; 2014. [cited 2017 Nov 20]. Available from: https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000060.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Zamri NB. Anti-Tn-antigen MLS128 monoclonal antibody : Its effects on colon cancer cells and characterization and identification of its receptor : 抗Tn抗原MLS128抗体 : 大腸がんに対するその効果とその受容体に関する研究; コウTnコウゲン MLS128コウタイ : ダイチョウガン ニ タイスル ソノ コウカ ト ソノ ジュヨウタイ ニ カンスル ケンキュウ. [Thesis]. Tokai University Repository / 東海大学; 2014. Available from: https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000060

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

13. 金, 哲鎬. 宅地地盤の液状化判定のための地下水位測定法と土質判別に関する研究 : タクチ ジバン ノ エキジョウカ ハンテイ ノ タメ ノ チカスイイ ソクテイホウ ト ドシツ ハンベツ ニ カンスル ケンキュウ.

Degree: 博士(工学), 2014, Tokai University Repository / 東海大学

Subjects/Keywords: スウェーデン式サウンディング試験, 戸建住宅, 地下水位, 収束時間, 地盤調査; Swedish Weight Sounding test, Detached Houses, Groundwater level, Elapsed time, Investigation

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

金, . (2014). 宅地地盤の液状化判定のための地下水位測定法と土質判別に関する研究 : タクチ ジバン ノ エキジョウカ ハンテイ ノ タメ ノ チカスイイ ソクテイホウ ト ドシツ ハンベツ ニ カンスル ケンキュウ. (Thesis). Tokai University Repository / 東海大学. Retrieved from https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000065

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

金, 哲鎬. “宅地地盤の液状化判定のための地下水位測定法と土質判別に関する研究 : タクチ ジバン ノ エキジョウカ ハンテイ ノ タメ ノ チカスイイ ソクテイホウ ト ドシツ ハンベツ ニ カンスル ケンキュウ.” 2014. Thesis, Tokai University Repository / 東海大学. Accessed November 20, 2017. https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000065.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

金, 哲鎬. “宅地地盤の液状化判定のための地下水位測定法と土質判別に関する研究 : タクチ ジバン ノ エキジョウカ ハンテイ ノ タメ ノ チカスイイ ソクテイホウ ト ドシツ ハンベツ ニ カンスル ケンキュウ.” 2014. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

金 . 宅地地盤の液状化判定のための地下水位測定法と土質判別に関する研究 : タクチ ジバン ノ エキジョウカ ハンテイ ノ タメ ノ チカスイイ ソクテイホウ ト ドシツ ハンベツ ニ カンスル ケンキュウ. [Internet] [Thesis]. Tokai University Repository / 東海大学; 2014. [cited 2017 Nov 20]. Available from: https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000065.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

金 . 宅地地盤の液状化判定のための地下水位測定法と土質判別に関する研究 : タクチ ジバン ノ エキジョウカ ハンテイ ノ タメ ノ チカスイイ ソクテイホウ ト ドシツ ハンベツ ニ カンスル ケンキュウ. [Thesis]. Tokai University Repository / 東海大学; 2014. Available from: https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000065

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

14. 佐藤, 政俊. 北太平洋西部亜寒帯域における傾圧変動と親潮域への影響 : キタ タイヘイヨウ セイブ アカンタイイキ ニオケル ケイアツ ヘンドウ ト オヤシオイキ エノ エイキョウ.

Degree: 博士(理学), 2014, Tokai University Repository / 東海大学

Subjects/Keywords: 親潮変動, 傾圧ロスビー波, 中規模渦, オホーツク海水, 短期変化; Variation of the Oyashio Current, Baroclinic Rossby wave, Mesoscale eddy, Okhotsk Sea water, Short term change

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

佐藤, . (2014). 北太平洋西部亜寒帯域における傾圧変動と親潮域への影響 : キタ タイヘイヨウ セイブ アカンタイイキ ニオケル ケイアツ ヘンドウ ト オヤシオイキ エノ エイキョウ. (Thesis). Tokai University Repository / 東海大学. Retrieved from https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000066

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

佐藤, 政俊. “北太平洋西部亜寒帯域における傾圧変動と親潮域への影響 : キタ タイヘイヨウ セイブ アカンタイイキ ニオケル ケイアツ ヘンドウ ト オヤシオイキ エノ エイキョウ.” 2014. Thesis, Tokai University Repository / 東海大学. Accessed November 20, 2017. https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000066.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

佐藤, 政俊. “北太平洋西部亜寒帯域における傾圧変動と親潮域への影響 : キタ タイヘイヨウ セイブ アカンタイイキ ニオケル ケイアツ ヘンドウ ト オヤシオイキ エノ エイキョウ.” 2014. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

佐藤 . 北太平洋西部亜寒帯域における傾圧変動と親潮域への影響 : キタ タイヘイヨウ セイブ アカンタイイキ ニオケル ケイアツ ヘンドウ ト オヤシオイキ エノ エイキョウ. [Internet] [Thesis]. Tokai University Repository / 東海大学; 2014. [cited 2017 Nov 20]. Available from: https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000066.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

佐藤 . 北太平洋西部亜寒帯域における傾圧変動と親潮域への影響 : キタ タイヘイヨウ セイブ アカンタイイキ ニオケル ケイアツ ヘンドウ ト オヤシオイキ エノ エイキョウ. [Thesis]. Tokai University Repository / 東海大学; 2014. Available from: https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000066

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

15. 中島, 匠. 分布縁辺域におけるマガキガイのサンゴ群落消失に伴う砂礫域への浸入と個体群維持に関する生態学的研究 : ブンプ エンペンイキ ニオケル マガキガイ ノ サンゴ グンラク ショウシツ ニ トモナウ サレキイキ エノ シンニュウ ト コタイグン イジ ニ カンスル セイタイガクテキ ケンキュウ; Ecological studies on introducing the coastal margin species Strombus luhuanus into a coral gravel region during depletion of coral communities and maintenance of the population therein.

Degree: 博士(水産学), 2014, Tokai University Repository / 東海大学

Subjects/Keywords: マガキガイ, 個体数密度, 繁殖, 年齢, サンゴ群落; Strombus luhuanus, Population density, Reproduction, Age, Coral community

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

中島, . (2014). 分布縁辺域におけるマガキガイのサンゴ群落消失に伴う砂礫域への浸入と個体群維持に関する生態学的研究 : ブンプ エンペンイキ ニオケル マガキガイ ノ サンゴ グンラク ショウシツ ニ トモナウ サレキイキ エノ シンニュウ ト コタイグン イジ ニ カンスル セイタイガクテキ ケンキュウ; Ecological studies on introducing the coastal margin species Strombus luhuanus into a coral gravel region during depletion of coral communities and maintenance of the population therein. (Thesis). Tokai University Repository / 東海大学. Retrieved from https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000069

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

中島, 匠. “分布縁辺域におけるマガキガイのサンゴ群落消失に伴う砂礫域への浸入と個体群維持に関する生態学的研究 : ブンプ エンペンイキ ニオケル マガキガイ ノ サンゴ グンラク ショウシツ ニ トモナウ サレキイキ エノ シンニュウ ト コタイグン イジ ニ カンスル セイタイガクテキ ケンキュウ; Ecological studies on introducing the coastal margin species Strombus luhuanus into a coral gravel region during depletion of coral communities and maintenance of the population therein.” 2014. Thesis, Tokai University Repository / 東海大学. Accessed November 20, 2017. https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000069.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

中島, 匠. “分布縁辺域におけるマガキガイのサンゴ群落消失に伴う砂礫域への浸入と個体群維持に関する生態学的研究 : ブンプ エンペンイキ ニオケル マガキガイ ノ サンゴ グンラク ショウシツ ニ トモナウ サレキイキ エノ シンニュウ ト コタイグン イジ ニ カンスル セイタイガクテキ ケンキュウ; Ecological studies on introducing the coastal margin species Strombus luhuanus into a coral gravel region during depletion of coral communities and maintenance of the population therein.” 2014. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

中島 . 分布縁辺域におけるマガキガイのサンゴ群落消失に伴う砂礫域への浸入と個体群維持に関する生態学的研究 : ブンプ エンペンイキ ニオケル マガキガイ ノ サンゴ グンラク ショウシツ ニ トモナウ サレキイキ エノ シンニュウ ト コタイグン イジ ニ カンスル セイタイガクテキ ケンキュウ; Ecological studies on introducing the coastal margin species Strombus luhuanus into a coral gravel region during depletion of coral communities and maintenance of the population therein. [Internet] [Thesis]. Tokai University Repository / 東海大学; 2014. [cited 2017 Nov 20]. Available from: https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000069.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

中島 . 分布縁辺域におけるマガキガイのサンゴ群落消失に伴う砂礫域への浸入と個体群維持に関する生態学的研究 : ブンプ エンペンイキ ニオケル マガキガイ ノ サンゴ グンラク ショウシツ ニ トモナウ サレキイキ エノ シンニュウ ト コタイグン イジ ニ カンスル セイタイガクテキ ケンキュウ; Ecological studies on introducing the coastal margin species Strombus luhuanus into a coral gravel region during depletion of coral communities and maintenance of the population therein. [Thesis]. Tokai University Repository / 東海大学; 2014. Available from: https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000069

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

16. 品川, 恭一. 戸建住宅の不同沈下事例の実態解明とスウェーデン式サウンディング試験孔を用いた粘性土の強度評価に関する基礎的研究 : コダテ ジュウタク ノ フドウ チンカ ジレイ ノ ジッタイ カイメイ ト スウェーデンシキ サウンディング シケンコウ オ モチイタ ネンセイド ノ キョウド ヒョウカ ニ カンスル キソテキ ケンキュウ.

Degree: 博士(工学), 2014, Tokai University Repository / 東海大学

Subjects/Keywords: 戸建住宅, 不同沈下, 液状化, スウェーデン式サウンディング試験, 非排水せん断強さ; Detached houses, Differential settlement, Liquefaction, Swedish weight sounding test, Undrained shear strength

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

品川, . (2014). 戸建住宅の不同沈下事例の実態解明とスウェーデン式サウンディング試験孔を用いた粘性土の強度評価に関する基礎的研究 : コダテ ジュウタク ノ フドウ チンカ ジレイ ノ ジッタイ カイメイ ト スウェーデンシキ サウンディング シケンコウ オ モチイタ ネンセイド ノ キョウド ヒョウカ ニ カンスル キソテキ ケンキュウ. (Thesis). Tokai University Repository / 東海大学. Retrieved from https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000114

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

品川, 恭一. “戸建住宅の不同沈下事例の実態解明とスウェーデン式サウンディング試験孔を用いた粘性土の強度評価に関する基礎的研究 : コダテ ジュウタク ノ フドウ チンカ ジレイ ノ ジッタイ カイメイ ト スウェーデンシキ サウンディング シケンコウ オ モチイタ ネンセイド ノ キョウド ヒョウカ ニ カンスル キソテキ ケンキュウ.” 2014. Thesis, Tokai University Repository / 東海大学. Accessed November 20, 2017. https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000114.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

品川, 恭一. “戸建住宅の不同沈下事例の実態解明とスウェーデン式サウンディング試験孔を用いた粘性土の強度評価に関する基礎的研究 : コダテ ジュウタク ノ フドウ チンカ ジレイ ノ ジッタイ カイメイ ト スウェーデンシキ サウンディング シケンコウ オ モチイタ ネンセイド ノ キョウド ヒョウカ ニ カンスル キソテキ ケンキュウ.” 2014. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

品川 . 戸建住宅の不同沈下事例の実態解明とスウェーデン式サウンディング試験孔を用いた粘性土の強度評価に関する基礎的研究 : コダテ ジュウタク ノ フドウ チンカ ジレイ ノ ジッタイ カイメイ ト スウェーデンシキ サウンディング シケンコウ オ モチイタ ネンセイド ノ キョウド ヒョウカ ニ カンスル キソテキ ケンキュウ. [Internet] [Thesis]. Tokai University Repository / 東海大学; 2014. [cited 2017 Nov 20]. Available from: https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000114.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

品川 . 戸建住宅の不同沈下事例の実態解明とスウェーデン式サウンディング試験孔を用いた粘性土の強度評価に関する基礎的研究 : コダテ ジュウタク ノ フドウ チンカ ジレイ ノ ジッタイ カイメイ ト スウェーデンシキ サウンディング シケンコウ オ モチイタ ネンセイド ノ キョウド ヒョウカ ニ カンスル キソテキ ケンキュウ. [Thesis]. Tokai University Repository / 東海大学; 2014. Available from: https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000114

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

17. 灰田, 祐子. 日本人の円形脱毛症患者における主要組織適合複合体領域内の関連解析 : ニホンジン ノ エンケイ ダツモウショウ カンジャ ニオケル シュヨウ ソシキ テキゴウ フクゴウタイ リョウイキナイ ノ カンレン カイセキ.

Degree: 博士(医学), 2014, Tokai University Repository / 東海大学

Subjects/Keywords: 円形脱毛症, 関連解析, MHC, HLA領域, HLA-C遺伝子; Alopecia areata, Association study, MHC, HLA region, HLA-C gene

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

灰田, . (2014). 日本人の円形脱毛症患者における主要組織適合複合体領域内の関連解析 : ニホンジン ノ エンケイ ダツモウショウ カンジャ ニオケル シュヨウ ソシキ テキゴウ フクゴウタイ リョウイキナイ ノ カンレン カイセキ. (Thesis). Tokai University Repository / 東海大学. Retrieved from https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000120

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

灰田, 祐子. “日本人の円形脱毛症患者における主要組織適合複合体領域内の関連解析 : ニホンジン ノ エンケイ ダツモウショウ カンジャ ニオケル シュヨウ ソシキ テキゴウ フクゴウタイ リョウイキナイ ノ カンレン カイセキ.” 2014. Thesis, Tokai University Repository / 東海大学. Accessed November 20, 2017. https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000120.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

灰田, 祐子. “日本人の円形脱毛症患者における主要組織適合複合体領域内の関連解析 : ニホンジン ノ エンケイ ダツモウショウ カンジャ ニオケル シュヨウ ソシキ テキゴウ フクゴウタイ リョウイキナイ ノ カンレン カイセキ.” 2014. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

灰田 . 日本人の円形脱毛症患者における主要組織適合複合体領域内の関連解析 : ニホンジン ノ エンケイ ダツモウショウ カンジャ ニオケル シュヨウ ソシキ テキゴウ フクゴウタイ リョウイキナイ ノ カンレン カイセキ. [Internet] [Thesis]. Tokai University Repository / 東海大学; 2014. [cited 2017 Nov 20]. Available from: https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000120.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

灰田 . 日本人の円形脱毛症患者における主要組織適合複合体領域内の関連解析 : ニホンジン ノ エンケイ ダツモウショウ カンジャ ニオケル シュヨウ ソシキ テキゴウ フクゴウタイ リョウイキナイ ノ カンレン カイセキ. [Thesis]. Tokai University Repository / 東海大学; 2014. Available from: https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000120

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

18. 村田, 智彦. Potentiation of [Met5]enkephalin-induced antinociception by mixture of three peptidase inhibitors in rat : ラット髄腔内投与したペプチダーゼ阻害剤によるメチオニンエンケファリンの鎮痛効果の増強作用; ラット ズイコウナイ トウヨ シタ ペプチダーゼ ソガイザイ ニヨル メチオニンエンケファリン ノ チンツウ コウカ ノ ゾウキョウ サヨウ.

Degree: 博士(医学), 2014, Tokai University Repository / 東海大学

Subjects/Keywords: メチオニンエンケファリン, アンチノンセプション, ペプチダーゼ阻害剤, テイルフリックレスポンス, 髄腔内投与; [Met5]enkephalin, antinociception, peptidase-inhibitors, tail-flick response, Intrathecal-administration

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

村田, . (2014). Potentiation of [Met5]enkephalin-induced antinociception by mixture of three peptidase inhibitors in rat : ラット髄腔内投与したペプチダーゼ阻害剤によるメチオニンエンケファリンの鎮痛効果の増強作用; ラット ズイコウナイ トウヨ シタ ペプチダーゼ ソガイザイ ニヨル メチオニンエンケファリン ノ チンツウ コウカ ノ ゾウキョウ サヨウ. (Thesis). Tokai University Repository / 東海大学. Retrieved from https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000126

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

村田, 智彦. “Potentiation of [Met5]enkephalin-induced antinociception by mixture of three peptidase inhibitors in rat : ラット髄腔内投与したペプチダーゼ阻害剤によるメチオニンエンケファリンの鎮痛効果の増強作用; ラット ズイコウナイ トウヨ シタ ペプチダーゼ ソガイザイ ニヨル メチオニンエンケファリン ノ チンツウ コウカ ノ ゾウキョウ サヨウ.” 2014. Thesis, Tokai University Repository / 東海大学. Accessed November 20, 2017. https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000126.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

村田, 智彦. “Potentiation of [Met5]enkephalin-induced antinociception by mixture of three peptidase inhibitors in rat : ラット髄腔内投与したペプチダーゼ阻害剤によるメチオニンエンケファリンの鎮痛効果の増強作用; ラット ズイコウナイ トウヨ シタ ペプチダーゼ ソガイザイ ニヨル メチオニンエンケファリン ノ チンツウ コウカ ノ ゾウキョウ サヨウ.” 2014. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

村田 . Potentiation of [Met5]enkephalin-induced antinociception by mixture of three peptidase inhibitors in rat : ラット髄腔内投与したペプチダーゼ阻害剤によるメチオニンエンケファリンの鎮痛効果の増強作用; ラット ズイコウナイ トウヨ シタ ペプチダーゼ ソガイザイ ニヨル メチオニンエンケファリン ノ チンツウ コウカ ノ ゾウキョウ サヨウ. [Internet] [Thesis]. Tokai University Repository / 東海大学; 2014. [cited 2017 Nov 20]. Available from: https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000126.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

村田 . Potentiation of [Met5]enkephalin-induced antinociception by mixture of three peptidase inhibitors in rat : ラット髄腔内投与したペプチダーゼ阻害剤によるメチオニンエンケファリンの鎮痛効果の増強作用; ラット ズイコウナイ トウヨ シタ ペプチダーゼ ソガイザイ ニヨル メチオニンエンケファリン ノ チンツウ コウカ ノ ゾウキョウ サヨウ. [Thesis]. Tokai University Repository / 東海大学; 2014. Available from: https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000126

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

19. 杉山, 太朗. 高分化型類内膜腺癌ではSulfatideの発現が亢進している : コウブンカガタ ルイナイマクセンガン デワ Sulfatide ノ ハツゲン ガ コウシン シテイル.

Degree: 博士(医学), 2014, Tokai University Repository / 東海大学

Subjects/Keywords: 類内膜腺癌, スルファチド, 腺腔形成, 硫酸化糖脂質硫酸基転移酵素, 硫酸コレステロール; Endometrioid adenocarcinoma, Sulfatide, Glandular differentiation, Cerebroside sulfotransferase, Cholesterolsufate

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

杉山, . (2014). 高分化型類内膜腺癌ではSulfatideの発現が亢進している : コウブンカガタ ルイナイマクセンガン デワ Sulfatide ノ ハツゲン ガ コウシン シテイル. (Thesis). Tokai University Repository / 東海大学. Retrieved from https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000125

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

杉山, 太朗. “高分化型類内膜腺癌ではSulfatideの発現が亢進している : コウブンカガタ ルイナイマクセンガン デワ Sulfatide ノ ハツゲン ガ コウシン シテイル.” 2014. Thesis, Tokai University Repository / 東海大学. Accessed November 20, 2017. https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000125.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

杉山, 太朗. “高分化型類内膜腺癌ではSulfatideの発現が亢進している : コウブンカガタ ルイナイマクセンガン デワ Sulfatide ノ ハツゲン ガ コウシン シテイル.” 2014. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

杉山 . 高分化型類内膜腺癌ではSulfatideの発現が亢進している : コウブンカガタ ルイナイマクセンガン デワ Sulfatide ノ ハツゲン ガ コウシン シテイル. [Internet] [Thesis]. Tokai University Repository / 東海大学; 2014. [cited 2017 Nov 20]. Available from: https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000125.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

杉山 . 高分化型類内膜腺癌ではSulfatideの発現が亢進している : コウブンカガタ ルイナイマクセンガン デワ Sulfatide ノ ハツゲン ガ コウシン シテイル. [Thesis]. Tokai University Repository / 東海大学; 2014. Available from: https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000125

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

20. 佐貫, 直子. Threshold Doses for Focal Liver Reaction Following Stereotactic Ablative Body Radiotherapy for Small Hepatocellular Carcinoma Depend on Liver Function : Evaluation on Magnetic Resonance Imaging with Gd-EOB-DTPA : 肝細胞癌に対する体幹部定位放射線治療後の肝臓の局所反応は肝機能に依存する:Gd-EOB-DTPA造影MRIによる評価; カンサイボウガン ニ タイスル タイカンブ テイイ ホウシャセン チリョウゴ ノ カンゾウ ノ キョクショ ハンノウ ワ カンキノウ ニ イゾン スル : Gd-EOB-DTPA ゾウエイ MRI ニヨル ヒョウカ.

Degree: 博士(医学), 2014, Tokai University Repository / 東海大学

Subjects/Keywords: Gd-EOB-DTPA, Hepatocellular carcinoma, MRI, Radiation-induced liver damage, Stereotactic body radiation therapy; Gd-EOB-DTPA, 肝細胞癌, MRI, 放射線誘発性肝障害, 体幹部定位放射線治療

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

佐貫, . (2014). Threshold Doses for Focal Liver Reaction Following Stereotactic Ablative Body Radiotherapy for Small Hepatocellular Carcinoma Depend on Liver Function : Evaluation on Magnetic Resonance Imaging with Gd-EOB-DTPA : 肝細胞癌に対する体幹部定位放射線治療後の肝臓の局所反応は肝機能に依存する:Gd-EOB-DTPA造影MRIによる評価; カンサイボウガン ニ タイスル タイカンブ テイイ ホウシャセン チリョウゴ ノ カンゾウ ノ キョクショ ハンノウ ワ カンキノウ ニ イゾン スル : Gd-EOB-DTPA ゾウエイ MRI ニヨル ヒョウカ. (Thesis). Tokai University Repository / 東海大学. Retrieved from https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000124

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

佐貫, 直子. “Threshold Doses for Focal Liver Reaction Following Stereotactic Ablative Body Radiotherapy for Small Hepatocellular Carcinoma Depend on Liver Function : Evaluation on Magnetic Resonance Imaging with Gd-EOB-DTPA : 肝細胞癌に対する体幹部定位放射線治療後の肝臓の局所反応は肝機能に依存する:Gd-EOB-DTPA造影MRIによる評価; カンサイボウガン ニ タイスル タイカンブ テイイ ホウシャセン チリョウゴ ノ カンゾウ ノ キョクショ ハンノウ ワ カンキノウ ニ イゾン スル : Gd-EOB-DTPA ゾウエイ MRI ニヨル ヒョウカ.” 2014. Thesis, Tokai University Repository / 東海大学. Accessed November 20, 2017. https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000124.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

佐貫, 直子. “Threshold Doses for Focal Liver Reaction Following Stereotactic Ablative Body Radiotherapy for Small Hepatocellular Carcinoma Depend on Liver Function : Evaluation on Magnetic Resonance Imaging with Gd-EOB-DTPA : 肝細胞癌に対する体幹部定位放射線治療後の肝臓の局所反応は肝機能に依存する:Gd-EOB-DTPA造影MRIによる評価; カンサイボウガン ニ タイスル タイカンブ テイイ ホウシャセン チリョウゴ ノ カンゾウ ノ キョクショ ハンノウ ワ カンキノウ ニ イゾン スル : Gd-EOB-DTPA ゾウエイ MRI ニヨル ヒョウカ.” 2014. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

佐貫 . Threshold Doses for Focal Liver Reaction Following Stereotactic Ablative Body Radiotherapy for Small Hepatocellular Carcinoma Depend on Liver Function : Evaluation on Magnetic Resonance Imaging with Gd-EOB-DTPA : 肝細胞癌に対する体幹部定位放射線治療後の肝臓の局所反応は肝機能に依存する:Gd-EOB-DTPA造影MRIによる評価; カンサイボウガン ニ タイスル タイカンブ テイイ ホウシャセン チリョウゴ ノ カンゾウ ノ キョクショ ハンノウ ワ カンキノウ ニ イゾン スル : Gd-EOB-DTPA ゾウエイ MRI ニヨル ヒョウカ. [Internet] [Thesis]. Tokai University Repository / 東海大学; 2014. [cited 2017 Nov 20]. Available from: https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000124.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

佐貫 . Threshold Doses for Focal Liver Reaction Following Stereotactic Ablative Body Radiotherapy for Small Hepatocellular Carcinoma Depend on Liver Function : Evaluation on Magnetic Resonance Imaging with Gd-EOB-DTPA : 肝細胞癌に対する体幹部定位放射線治療後の肝臓の局所反応は肝機能に依存する:Gd-EOB-DTPA造影MRIによる評価; カンサイボウガン ニ タイスル タイカンブ テイイ ホウシャセン チリョウゴ ノ カンゾウ ノ キョクショ ハンノウ ワ カンキノウ ニ イゾン スル : Gd-EOB-DTPA ゾウエイ MRI ニヨル ヒョウカ. [Thesis]. Tokai University Repository / 東海大学; 2014. Available from: https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000124

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

21. 青野, 宏治. Relationship between event related desynchronization and motor cortex excitability in healthy subjects and patients with stroke : 健常者と脳卒中患者における事象関連脱同期と運動皮質興奮性の関係性; ケンジョウシャ ト ノウソッチュウ カンジャ ニオケル ジショウ カンレン ダツドウキ ト ウンドウ ヒシツ コウフンセイ ノ カンケイセイ.

Degree: 博士(医学), 2014, Tokai University Repository / 東海大学

Subjects/Keywords: transcranial magnetic stimulation, event-related desynchronization, corticospinal excitability, motor imagery, rehabilitation; 経頭蓋磁気刺激法, 事象関連脱同期, 皮質脊髄路興奮性, 運動イメージ, リハビリテーション

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

青野, . (2014). Relationship between event related desynchronization and motor cortex excitability in healthy subjects and patients with stroke : 健常者と脳卒中患者における事象関連脱同期と運動皮質興奮性の関係性; ケンジョウシャ ト ノウソッチュウ カンジャ ニオケル ジショウ カンレン ダツドウキ ト ウンドウ ヒシツ コウフンセイ ノ カンケイセイ. (Thesis). Tokai University Repository / 東海大学. Retrieved from https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000115

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

青野, 宏治. “Relationship between event related desynchronization and motor cortex excitability in healthy subjects and patients with stroke : 健常者と脳卒中患者における事象関連脱同期と運動皮質興奮性の関係性; ケンジョウシャ ト ノウソッチュウ カンジャ ニオケル ジショウ カンレン ダツドウキ ト ウンドウ ヒシツ コウフンセイ ノ カンケイセイ.” 2014. Thesis, Tokai University Repository / 東海大学. Accessed November 20, 2017. https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000115.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

青野, 宏治. “Relationship between event related desynchronization and motor cortex excitability in healthy subjects and patients with stroke : 健常者と脳卒中患者における事象関連脱同期と運動皮質興奮性の関係性; ケンジョウシャ ト ノウソッチュウ カンジャ ニオケル ジショウ カンレン ダツドウキ ト ウンドウ ヒシツ コウフンセイ ノ カンケイセイ.” 2014. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

青野 . Relationship between event related desynchronization and motor cortex excitability in healthy subjects and patients with stroke : 健常者と脳卒中患者における事象関連脱同期と運動皮質興奮性の関係性; ケンジョウシャ ト ノウソッチュウ カンジャ ニオケル ジショウ カンレン ダツドウキ ト ウンドウ ヒシツ コウフンセイ ノ カンケイセイ. [Internet] [Thesis]. Tokai University Repository / 東海大学; 2014. [cited 2017 Nov 20]. Available from: https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000115.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

青野 . Relationship between event related desynchronization and motor cortex excitability in healthy subjects and patients with stroke : 健常者と脳卒中患者における事象関連脱同期と運動皮質興奮性の関係性; ケンジョウシャ ト ノウソッチュウ カンジャ ニオケル ジショウ カンレン ダツドウキ ト ウンドウ ヒシツ コウフンセイ ノ カンケイセイ. [Thesis]. Tokai University Repository / 東海大学; 2014. Available from: https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000115

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

22. 田中, 真弘. Fundamental investigation on cryopreservation of canine and human activated nucleus pulposus cells : 軟骨異栄養犬種およびヒト活性化髄核細胞凍結保存に関する基礎的研究; ナンコツ イエイヨウ ケンシュ オヨビ ヒト カッセイカ ズイカク サイボウ トウケツ ホゾン ニ カンスル キソテキ ケンキュウ.

Degree: 博士(医学), 2014, Tokai University Repository / 東海大学

Subjects/Keywords: cryopreservation, intervertebral disc, nucleus pulposus, stem cells, coculture; 凍結保存, 椎間板, 髄核, 幹細胞, 共培養

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

田中, . (2014). Fundamental investigation on cryopreservation of canine and human activated nucleus pulposus cells : 軟骨異栄養犬種およびヒト活性化髄核細胞凍結保存に関する基礎的研究; ナンコツ イエイヨウ ケンシュ オヨビ ヒト カッセイカ ズイカク サイボウ トウケツ ホゾン ニ カンスル キソテキ ケンキュウ. (Thesis). Tokai University Repository / 東海大学. Retrieved from https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000119

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

田中, 真弘. “Fundamental investigation on cryopreservation of canine and human activated nucleus pulposus cells : 軟骨異栄養犬種およびヒト活性化髄核細胞凍結保存に関する基礎的研究; ナンコツ イエイヨウ ケンシュ オヨビ ヒト カッセイカ ズイカク サイボウ トウケツ ホゾン ニ カンスル キソテキ ケンキュウ.” 2014. Thesis, Tokai University Repository / 東海大学. Accessed November 20, 2017. https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000119.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

田中, 真弘. “Fundamental investigation on cryopreservation of canine and human activated nucleus pulposus cells : 軟骨異栄養犬種およびヒト活性化髄核細胞凍結保存に関する基礎的研究; ナンコツ イエイヨウ ケンシュ オヨビ ヒト カッセイカ ズイカク サイボウ トウケツ ホゾン ニ カンスル キソテキ ケンキュウ.” 2014. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

田中 . Fundamental investigation on cryopreservation of canine and human activated nucleus pulposus cells : 軟骨異栄養犬種およびヒト活性化髄核細胞凍結保存に関する基礎的研究; ナンコツ イエイヨウ ケンシュ オヨビ ヒト カッセイカ ズイカク サイボウ トウケツ ホゾン ニ カンスル キソテキ ケンキュウ. [Internet] [Thesis]. Tokai University Repository / 東海大学; 2014. [cited 2017 Nov 20]. Available from: https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000119.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

田中 . Fundamental investigation on cryopreservation of canine and human activated nucleus pulposus cells : 軟骨異栄養犬種およびヒト活性化髄核細胞凍結保存に関する基礎的研究; ナンコツ イエイヨウ ケンシュ オヨビ ヒト カッセイカ ズイカク サイボウ トウケツ ホゾン ニ カンスル キソテキ ケンキュウ. [Thesis]. Tokai University Repository / 東海大学; 2014. Available from: https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000119

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

23. 大貫, 知英. 大動脈、冠動脈、頭蓋内外動脈における無症候性動脈硬化病変とメタボリックシンドロームとの関係について : ダイドウミャク カンドウミャク トウガイ ナイガイ ドウミャク ニオケル ムショウコウセイ ドウミャク コウカ ビョウヘン ト メタボリック シンドローム トノ カンケイ ニツイテ.

Degree: 博士(医学), 2013, Tokai University Repository / 東海大学

Subjects/Keywords: メタボリックシンドローム, 動脈硬化, 健常人, 一次予防; Metabolic syndrome, Arteriosclerosis, Healthy person, Primary prevention

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

大貫, . (2013). 大動脈、冠動脈、頭蓋内外動脈における無症候性動脈硬化病変とメタボリックシンドロームとの関係について : ダイドウミャク カンドウミャク トウガイ ナイガイ ドウミャク ニオケル ムショウコウセイ ドウミャク コウカ ビョウヘン ト メタボリック シンドローム トノ カンケイ ニツイテ. (Thesis). Tokai University Repository / 東海大学. Retrieved from https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000047

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

大貫, 知英. “大動脈、冠動脈、頭蓋内外動脈における無症候性動脈硬化病変とメタボリックシンドロームとの関係について : ダイドウミャク カンドウミャク トウガイ ナイガイ ドウミャク ニオケル ムショウコウセイ ドウミャク コウカ ビョウヘン ト メタボリック シンドローム トノ カンケイ ニツイテ.” 2013. Thesis, Tokai University Repository / 東海大学. Accessed November 20, 2017. https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000047.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

大貫, 知英. “大動脈、冠動脈、頭蓋内外動脈における無症候性動脈硬化病変とメタボリックシンドロームとの関係について : ダイドウミャク カンドウミャク トウガイ ナイガイ ドウミャク ニオケル ムショウコウセイ ドウミャク コウカ ビョウヘン ト メタボリック シンドローム トノ カンケイ ニツイテ.” 2013. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

大貫 . 大動脈、冠動脈、頭蓋内外動脈における無症候性動脈硬化病変とメタボリックシンドロームとの関係について : ダイドウミャク カンドウミャク トウガイ ナイガイ ドウミャク ニオケル ムショウコウセイ ドウミャク コウカ ビョウヘン ト メタボリック シンドローム トノ カンケイ ニツイテ. [Internet] [Thesis]. Tokai University Repository / 東海大学; 2013. [cited 2017 Nov 20]. Available from: https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000047.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

大貫 . 大動脈、冠動脈、頭蓋内外動脈における無症候性動脈硬化病変とメタボリックシンドロームとの関係について : ダイドウミャク カンドウミャク トウガイ ナイガイ ドウミャク ニオケル ムショウコウセイ ドウミャク コウカ ビョウヘン ト メタボリック シンドローム トノ カンケイ ニツイテ. [Thesis]. Tokai University Repository / 東海大学; 2013. Available from: https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000047

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

24. 西野, 良. 脳腸相関を通じた腸内常在細菌の宿主の行動変容への影響 : ノウ チョウ ソウカン オ ツウジタ チョウナイ ジョウザイ サイキン ノ シュクシュ ノ コウドウ ヘンヨウ エノ エイキョウ.

Degree: 博士(医学), 2013, Tokai University Repository / 東海大学

Subjects/Keywords: 脳腸相関, 無菌, ノトバイオティックマウス, 行動, レジリエンス; gut-brain axis, germ free, gnotobiotic mice, behavior, resilience

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

西野, . (2013). 脳腸相関を通じた腸内常在細菌の宿主の行動変容への影響 : ノウ チョウ ソウカン オ ツウジタ チョウナイ ジョウザイ サイキン ノ シュクシュ ノ コウドウ ヘンヨウ エノ エイキョウ. (Thesis). Tokai University Repository / 東海大学. Retrieved from https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000049

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

西野, 良. “脳腸相関を通じた腸内常在細菌の宿主の行動変容への影響 : ノウ チョウ ソウカン オ ツウジタ チョウナイ ジョウザイ サイキン ノ シュクシュ ノ コウドウ ヘンヨウ エノ エイキョウ.” 2013. Thesis, Tokai University Repository / 東海大学. Accessed November 20, 2017. https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000049.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

西野, 良. “脳腸相関を通じた腸内常在細菌の宿主の行動変容への影響 : ノウ チョウ ソウカン オ ツウジタ チョウナイ ジョウザイ サイキン ノ シュクシュ ノ コウドウ ヘンヨウ エノ エイキョウ.” 2013. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

西野 . 脳腸相関を通じた腸内常在細菌の宿主の行動変容への影響 : ノウ チョウ ソウカン オ ツウジタ チョウナイ ジョウザイ サイキン ノ シュクシュ ノ コウドウ ヘンヨウ エノ エイキョウ. [Internet] [Thesis]. Tokai University Repository / 東海大学; 2013. [cited 2017 Nov 20]. Available from: https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000049.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

西野 . 脳腸相関を通じた腸内常在細菌の宿主の行動変容への影響 : ノウ チョウ ソウカン オ ツウジタ チョウナイ ジョウザイ サイキン ノ シュクシュ ノ コウドウ ヘンヨウ エノ エイキョウ. [Thesis]. Tokai University Repository / 東海大学; 2013. Available from: https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000049

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

25. 酒井, 昭博. 喉頭癌、下咽頭癌に対する根治術後Quality of Life(QOL)改善のための研究 : コウトウガン カイントウガン ニ タイスル コンチ ジュツゴ Quality of Life (QOL) カイゼン ノ タメ ノ ケンキュウ.

Degree: 博士(医学), 2014, Tokai University Repository / 東海大学

Subjects/Keywords: 喉頭癌, 下咽頭癌, 術後合併症, QOL, 早期診断; Laryngeal cancer, Hypopharyngeal cancer, Postperative complication, QOL, Early detection

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

酒井, . (2014). 喉頭癌、下咽頭癌に対する根治術後Quality of Life(QOL)改善のための研究 : コウトウガン カイントウガン ニ タイスル コンチ ジュツゴ Quality of Life (QOL) カイゼン ノ タメ ノ ケンキュウ. (Thesis). Tokai University Repository / 東海大学. Retrieved from https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000123

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

酒井, 昭博. “喉頭癌、下咽頭癌に対する根治術後Quality of Life(QOL)改善のための研究 : コウトウガン カイントウガン ニ タイスル コンチ ジュツゴ Quality of Life (QOL) カイゼン ノ タメ ノ ケンキュウ.” 2014. Thesis, Tokai University Repository / 東海大学. Accessed November 20, 2017. https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000123.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

酒井, 昭博. “喉頭癌、下咽頭癌に対する根治術後Quality of Life(QOL)改善のための研究 : コウトウガン カイントウガン ニ タイスル コンチ ジュツゴ Quality of Life (QOL) カイゼン ノ タメ ノ ケンキュウ.” 2014. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

酒井 . 喉頭癌、下咽頭癌に対する根治術後Quality of Life(QOL)改善のための研究 : コウトウガン カイントウガン ニ タイスル コンチ ジュツゴ Quality of Life (QOL) カイゼン ノ タメ ノ ケンキュウ. [Internet] [Thesis]. Tokai University Repository / 東海大学; 2014. [cited 2017 Nov 20]. Available from: https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000123.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

酒井 . 喉頭癌、下咽頭癌に対する根治術後Quality of Life(QOL)改善のための研究 : コウトウガン カイントウガン ニ タイスル コンチ ジュツゴ Quality of Life (QOL) カイゼン ノ タメ ノ ケンキュウ. [Thesis]. Tokai University Repository / 東海大学; 2014. Available from: https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000123

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

26. 李, 禎翼. Study of articular cartilage regeneration using scaffold-free spheroids composed of synovium-derived cells and chondrocytes as the minimal therapeutic unit for transplants : 滑膜細胞と軟骨細胞で構成された担体非使用の球状移植用最小移植単位体による関節軟骨再生に関する研究; カツマク サイボウ ト ナンコツ サイボウ デ コウセイ サレタ タンタイ ヒシヨウ ノ キュウジョウ イショクヨウ サイショウ イショク タンイタイ ニヨル カンセツ ナンコツ サイセイ ニ カンスル ケンキュウ.

Degree: 博士(医学), 2013, Tokai University Repository / 東海大学

Subjects/Keywords: 関節軟骨再生, 滑膜由来細胞, 軟骨細胞, 高密度浮遊振盪培養法, 注射可能な担体非使用スフェロイド; Articular cartilage regeneration, synovium-derived cells, chondrocytes, high-density suspension-shaking culture method, injectable scaffold-free spheroids

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

李, . (2013). Study of articular cartilage regeneration using scaffold-free spheroids composed of synovium-derived cells and chondrocytes as the minimal therapeutic unit for transplants : 滑膜細胞と軟骨細胞で構成された担体非使用の球状移植用最小移植単位体による関節軟骨再生に関する研究; カツマク サイボウ ト ナンコツ サイボウ デ コウセイ サレタ タンタイ ヒシヨウ ノ キュウジョウ イショクヨウ サイショウ イショク タンイタイ ニヨル カンセツ ナンコツ サイセイ ニ カンスル ケンキュウ. (Thesis). Tokai University Repository / 東海大学. Retrieved from https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000050

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

李, 禎翼. “Study of articular cartilage regeneration using scaffold-free spheroids composed of synovium-derived cells and chondrocytes as the minimal therapeutic unit for transplants : 滑膜細胞と軟骨細胞で構成された担体非使用の球状移植用最小移植単位体による関節軟骨再生に関する研究; カツマク サイボウ ト ナンコツ サイボウ デ コウセイ サレタ タンタイ ヒシヨウ ノ キュウジョウ イショクヨウ サイショウ イショク タンイタイ ニヨル カンセツ ナンコツ サイセイ ニ カンスル ケンキュウ.” 2013. Thesis, Tokai University Repository / 東海大学. Accessed November 20, 2017. https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000050.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

李, 禎翼. “Study of articular cartilage regeneration using scaffold-free spheroids composed of synovium-derived cells and chondrocytes as the minimal therapeutic unit for transplants : 滑膜細胞と軟骨細胞で構成された担体非使用の球状移植用最小移植単位体による関節軟骨再生に関する研究; カツマク サイボウ ト ナンコツ サイボウ デ コウセイ サレタ タンタイ ヒシヨウ ノ キュウジョウ イショクヨウ サイショウ イショク タンイタイ ニヨル カンセツ ナンコツ サイセイ ニ カンスル ケンキュウ.” 2013. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

李 . Study of articular cartilage regeneration using scaffold-free spheroids composed of synovium-derived cells and chondrocytes as the minimal therapeutic unit for transplants : 滑膜細胞と軟骨細胞で構成された担体非使用の球状移植用最小移植単位体による関節軟骨再生に関する研究; カツマク サイボウ ト ナンコツ サイボウ デ コウセイ サレタ タンタイ ヒシヨウ ノ キュウジョウ イショクヨウ サイショウ イショク タンイタイ ニヨル カンセツ ナンコツ サイセイ ニ カンスル ケンキュウ. [Internet] [Thesis]. Tokai University Repository / 東海大学; 2013. [cited 2017 Nov 20]. Available from: https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000050.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

李 . Study of articular cartilage regeneration using scaffold-free spheroids composed of synovium-derived cells and chondrocytes as the minimal therapeutic unit for transplants : 滑膜細胞と軟骨細胞で構成された担体非使用の球状移植用最小移植単位体による関節軟骨再生に関する研究; カツマク サイボウ ト ナンコツ サイボウ デ コウセイ サレタ タンタイ ヒシヨウ ノ キュウジョウ イショクヨウ サイショウ イショク タンイタイ ニヨル カンセツ ナンコツ サイセイ ニ カンスル ケンキュウ. [Thesis]. Tokai University Repository / 東海大学; 2013. Available from: https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000050

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

27. 笹尾, 玄. Reproducibility of arterial blood gases under hypobaric hypoxia in Japanese Himalayan climbers over several years : 日本人ヒマラヤ登山隊員における低圧低酸素室での血液ガスの再現性; ニホンジン ヒマラヤ トザン タイイン ニオケル テイアツ テイサンソシツ デノ ケツエキ ガス ノ サイゲンセイ.

Degree: 博士(医学), 2013, Tokai University Repository / 東海大学

Subjects/Keywords: 低圧低酸素, 高所, 登山家, 動脈無液ガス, ヒマラヤ; hypobaric hypoxiam, high altitude, mountain climber, arterial blood gas, Himalaya

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

笹尾, . (2013). Reproducibility of arterial blood gases under hypobaric hypoxia in Japanese Himalayan climbers over several years : 日本人ヒマラヤ登山隊員における低圧低酸素室での血液ガスの再現性; ニホンジン ヒマラヤ トザン タイイン ニオケル テイアツ テイサンソシツ デノ ケツエキ ガス ノ サイゲンセイ. (Thesis). Tokai University Repository / 東海大学. Retrieved from https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000051

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

笹尾, 玄. “Reproducibility of arterial blood gases under hypobaric hypoxia in Japanese Himalayan climbers over several years : 日本人ヒマラヤ登山隊員における低圧低酸素室での血液ガスの再現性; ニホンジン ヒマラヤ トザン タイイン ニオケル テイアツ テイサンソシツ デノ ケツエキ ガス ノ サイゲンセイ.” 2013. Thesis, Tokai University Repository / 東海大学. Accessed November 20, 2017. https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000051.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

笹尾, 玄. “Reproducibility of arterial blood gases under hypobaric hypoxia in Japanese Himalayan climbers over several years : 日本人ヒマラヤ登山隊員における低圧低酸素室での血液ガスの再現性; ニホンジン ヒマラヤ トザン タイイン ニオケル テイアツ テイサンソシツ デノ ケツエキ ガス ノ サイゲンセイ.” 2013. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

笹尾 . Reproducibility of arterial blood gases under hypobaric hypoxia in Japanese Himalayan climbers over several years : 日本人ヒマラヤ登山隊員における低圧低酸素室での血液ガスの再現性; ニホンジン ヒマラヤ トザン タイイン ニオケル テイアツ テイサンソシツ デノ ケツエキ ガス ノ サイゲンセイ. [Internet] [Thesis]. Tokai University Repository / 東海大学; 2013. [cited 2017 Nov 20]. Available from: https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000051.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

笹尾 . Reproducibility of arterial blood gases under hypobaric hypoxia in Japanese Himalayan climbers over several years : 日本人ヒマラヤ登山隊員における低圧低酸素室での血液ガスの再現性; ニホンジン ヒマラヤ トザン タイイン ニオケル テイアツ テイサンソシツ デノ ケツエキ ガス ノ サイゲンセイ. [Thesis]. Tokai University Repository / 東海大学; 2013. Available from: https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000051

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

28. 横山, 勝也. The regulation of c-fos in intervertebral disc cells : 椎間板細胞におけるc-fosの発現調節; ツイカンバン サイボウ ニオケル c-fos ノ ハツゲン チョウセツ.

Degree: 博士(医学), 2014, Tokai University Repository / 東海大学

Subjects/Keywords: intervertebral disc(IVD), MAPK pathway, PKC pathway, c-fos, PMA; 椎間板, MAPK経路, PKC経路, c-fos, PMA

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

横山, . (2014). The regulation of c-fos in intervertebral disc cells : 椎間板細胞におけるc-fosの発現調節; ツイカンバン サイボウ ニオケル c-fos ノ ハツゲン チョウセツ. (Thesis). Tokai University Repository / 東海大学. Retrieved from https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000074

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

横山, 勝也. “The regulation of c-fos in intervertebral disc cells : 椎間板細胞におけるc-fosの発現調節; ツイカンバン サイボウ ニオケル c-fos ノ ハツゲン チョウセツ.” 2014. Thesis, Tokai University Repository / 東海大学. Accessed November 20, 2017. https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000074.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

横山, 勝也. “The regulation of c-fos in intervertebral disc cells : 椎間板細胞におけるc-fosの発現調節; ツイカンバン サイボウ ニオケル c-fos ノ ハツゲン チョウセツ.” 2014. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

横山 . The regulation of c-fos in intervertebral disc cells : 椎間板細胞におけるc-fosの発現調節; ツイカンバン サイボウ ニオケル c-fos ノ ハツゲン チョウセツ. [Internet] [Thesis]. Tokai University Repository / 東海大学; 2014. [cited 2017 Nov 20]. Available from: https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000074.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

横山 . The regulation of c-fos in intervertebral disc cells : 椎間板細胞におけるc-fosの発現調節; ツイカンバン サイボウ ニオケル c-fos ノ ハツゲン チョウセツ. [Thesis]. Tokai University Repository / 東海大学; 2014. Available from: https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000074

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

29. 加藤, 英晃. アクティブシートサスペンションを用いた超小型電気自動車の乗り心地改善に関する研究 : アクティブ シート サスペンション オ モチイタ チョウコガタ デンキ ジドウシャ ノ ノリゴコチ ニ カンスル ケンキュウ.

Degree: 博士(工学), 2014, Tokai University Repository / 東海大学

Subjects/Keywords: 超小型電気自動車; 乗り心地; アクティブシートサスペンション; 心拍変動; 節電位

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

加藤, . (2014). アクティブシートサスペンションを用いた超小型電気自動車の乗り心地改善に関する研究 : アクティブ シート サスペンション オ モチイタ チョウコガタ デンキ ジドウシャ ノ ノリゴコチ ニ カンスル ケンキュウ. (Thesis). Tokai University Repository / 東海大学. Retrieved from https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000062

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

加藤, 英晃. “アクティブシートサスペンションを用いた超小型電気自動車の乗り心地改善に関する研究 : アクティブ シート サスペンション オ モチイタ チョウコガタ デンキ ジドウシャ ノ ノリゴコチ ニ カンスル ケンキュウ.” 2014. Thesis, Tokai University Repository / 東海大学. Accessed November 20, 2017. https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000062.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

加藤, 英晃. “アクティブシートサスペンションを用いた超小型電気自動車の乗り心地改善に関する研究 : アクティブ シート サスペンション オ モチイタ チョウコガタ デンキ ジドウシャ ノ ノリゴコチ ニ カンスル ケンキュウ.” 2014. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

加藤 . アクティブシートサスペンションを用いた超小型電気自動車の乗り心地改善に関する研究 : アクティブ シート サスペンション オ モチイタ チョウコガタ デンキ ジドウシャ ノ ノリゴコチ ニ カンスル ケンキュウ. [Internet] [Thesis]. Tokai University Repository / 東海大学; 2014. [cited 2017 Nov 20]. Available from: https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000062.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

加藤 . アクティブシートサスペンションを用いた超小型電気自動車の乗り心地改善に関する研究 : アクティブ シート サスペンション オ モチイタ チョウコガタ デンキ ジドウシャ ノ ノリゴコチ ニ カンスル ケンキュウ. [Thesis]. Tokai University Repository / 東海大学; 2014. Available from: https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000062

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

30. 沼田, 誠. 1型高ウイルス量C型慢性肝炎治療に対するペグインターフェロン及びリバビリン投与量による治療効果の相違 : 1ガタ コウウイルスリョウ Cガタ マンセイ カンエン チリョウ ニ タイスル ペグインターフェロン オヨビ リバビリン トウヨリョウ ニヨル チリョウ コウカ ノ ソウイ.

Degree: 博士(医学), 2013, Tokai University Repository / 東海大学

Subjects/Keywords: C型慢性肝炎, ペグインターフェロン, リバビリン; Chronic hepatitis C, PEG-IFN, Rivavirin

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

沼田, . (2013). 1型高ウイルス量C型慢性肝炎治療に対するペグインターフェロン及びリバビリン投与量による治療効果の相違 : 1ガタ コウウイルスリョウ Cガタ マンセイ カンエン チリョウ ニ タイスル ペグインターフェロン オヨビ リバビリン トウヨリョウ ニヨル チリョウ コウカ ノ ソウイ. (Thesis). Tokai University Repository / 東海大学. Retrieved from https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000052

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

沼田, 誠. “1型高ウイルス量C型慢性肝炎治療に対するペグインターフェロン及びリバビリン投与量による治療効果の相違 : 1ガタ コウウイルスリョウ Cガタ マンセイ カンエン チリョウ ニ タイスル ペグインターフェロン オヨビ リバビリン トウヨリョウ ニヨル チリョウ コウカ ノ ソウイ.” 2013. Thesis, Tokai University Repository / 東海大学. Accessed November 20, 2017. https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000052.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

沼田, 誠. “1型高ウイルス量C型慢性肝炎治療に対するペグインターフェロン及びリバビリン投与量による治療効果の相違 : 1ガタ コウウイルスリョウ Cガタ マンセイ カンエン チリョウ ニ タイスル ペグインターフェロン オヨビ リバビリン トウヨリョウ ニヨル チリョウ コウカ ノ ソウイ.” 2013. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

沼田 . 1型高ウイルス量C型慢性肝炎治療に対するペグインターフェロン及びリバビリン投与量による治療効果の相違 : 1ガタ コウウイルスリョウ Cガタ マンセイ カンエン チリョウ ニ タイスル ペグインターフェロン オヨビ リバビリン トウヨリョウ ニヨル チリョウ コウカ ノ ソウイ. [Internet] [Thesis]. Tokai University Repository / 東海大学; 2013. [cited 2017 Nov 20]. Available from: https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000052.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

沼田 . 1型高ウイルス量C型慢性肝炎治療に対するペグインターフェロン及びリバビリン投与量による治療効果の相違 : 1ガタ コウウイルスリョウ Cガタ マンセイ カンエン チリョウ ニ タイスル ペグインターフェロン オヨビ リバビリン トウヨリョウ ニヨル チリョウ コウカ ノ ソウイ. [Thesis]. Tokai University Repository / 東海大学; 2013. Available from: https://opac.time.u-tokai.ac.jp/webopac/TD00000052

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

.