Advanced search options

Advanced Search Options 🞨

Browse by author name (“Author name starts with…”).

Find ETDs with:

in
/  
in
/  
in
/  
in

Written in Published in Earliest date Latest date

Sorted by

Results per page:

Sorted by: relevance · author · university · dateNew search

You searched for publisher:"Shizuoka University of Art and Culture". Showing records 1 – 30 of 46 total matches.

[1] [2]

Search Limiters

Last 2 Years | English Only

No search limiters apply to these results.

▼ Search Limiters

1. 漢人, 省三. 擬洋風学校建築。この不思議な存在! : 明治初期の学校建築とその文化的社会的背景についての考察 : Early Western-Influenced school architecture. Mystery, Wonder and Innovation. : A case study on school architecture and its relation to culturally oriented society in the early Meiji Era..

Degree: 2014, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学

本論文は、「明治初期に建てられた見付学校」を事例として取り上げ考察するものである。近代教育制度の発足に合わせて建てられた学校建築は「擬洋風」と呼ばれている。洋風の意匠を持ち、日本人の大工達よって建てられたそれらの建造物のいくつかは日本各地に文化財として残存している。本論文は、「見付学校」が建築されるまでの状況と建設費用、そして明治初期のその時代に見付宿の人々が行った資金調達の様子を調査する。学校の創設は見付宿の名望家と呼ばれる人達の教育に対する熱い想いにより提唱され、一般住民がそれに応える形で実現した。学校建設の根底には明治初期の人々の新しい時代への希望や学校や教育に寄せる期待があった。一方、見付宿とその周辺には江戸期から続く、寺子屋、私塾を始めとする教育的な伝統があった。すなわち、教育の必要性の認識が広く共有されていた。この認識こそ学校の創設に関して、経済的基盤以上に重要な要素となったのである。

静岡文化芸術大学

2008

Advisors/Committee Members: 種田, 明.

Subjects/Keywords: 学校建築擬; 洋風; 見付学校; 経済的基盤; 教育の必要性の認識; school-buildings; "GI-YOFU (=quasi-western-style)"; Mitsuke-SchoolEconomic foundation; Recognition of the necessity for educational

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

漢人, . (2014). 擬洋風学校建築。この不思議な存在! : 明治初期の学校建築とその文化的社会的背景についての考察 : Early Western-Influenced school architecture. Mystery, Wonder and Innovation. : A case study on school architecture and its relation to culturally oriented society in the early Meiji Era.. (Thesis). Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1132/00000906/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

漢人, 省三. “擬洋風学校建築。この不思議な存在! : 明治初期の学校建築とその文化的社会的背景についての考察 : Early Western-Influenced school architecture. Mystery, Wonder and Innovation. : A case study on school architecture and its relation to culturally oriented society in the early Meiji Era..” 2014. Thesis, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Accessed September 26, 2017. http://id.nii.ac.jp/1132/00000906/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

漢人, 省三. “擬洋風学校建築。この不思議な存在! : 明治初期の学校建築とその文化的社会的背景についての考察 : Early Western-Influenced school architecture. Mystery, Wonder and Innovation. : A case study on school architecture and its relation to culturally oriented society in the early Meiji Era..” 2014. Web. 26 Sep 2017.

Vancouver:

漢人 . 擬洋風学校建築。この不思議な存在! : 明治初期の学校建築とその文化的社会的背景についての考察 : Early Western-Influenced school architecture. Mystery, Wonder and Innovation. : A case study on school architecture and its relation to culturally oriented society in the early Meiji Era.. [Internet] [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2014. [cited 2017 Sep 26]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00000906/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

漢人 . 擬洋風学校建築。この不思議な存在! : 明治初期の学校建築とその文化的社会的背景についての考察 : Early Western-Influenced school architecture. Mystery, Wonder and Innovation. : A case study on school architecture and its relation to culturally oriented society in the early Meiji Era.. [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2014. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00000906/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

2. 村田, 亘. 芸術行為における可変的集団性 : ハイレッド・センターの人的交流を中心に : Variable Collectivity of Performance Art : Interpersonal group dynamics of "Hi-Red Center".

Degree: 2014, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学

本論は、1960年代初期の日本における「反芸術」的動向において活動した美術グループ「ハイレッド・センター」の人的交流について考察し、グループを取り巻く人的交流が彼らの芸術上のアイデアを実践する上で、どのように働いていたかを明らかにすること、およびハイレッド・センターの集団性の普遍化への検討を行うことを目的としたものである。本論では、ハイレッド・センターの芸術行為に直接的に関与した第三者を時系列に沿って整理した後、ハワード・S・ベッカーの「アートワールド」の議論を用いて、ハイレッド・センターの人的交流の役割を分析した。その結果、グループを取り巻く人的交流の側面から見たハイレッド・センターは、①批評家、知識人から、グループの方向性に対するバックアップを受けていた時期 ②「草月アートセンター」に関与する、高い芸術のリテラシーをもった鑑賞者を動員することで芸術行為を成立させていた時期 ③「内科画廊」を拠点として、ハイレッド・センターの芸術の「規則」を共有した者たちを動員して芸術行為を実践した時期 という三つの時期に分類できるという結論を得た。また、最後にハイレッド・センターと、現代的なソフトウェア開発手法である『バザール方式』が、プロジェクトへの参加にあたって「共通の理解」が求められること、上意下達ではない行動原理を有しているという点で共通していることを指摘することで、集団としてのハイレッド・センターを普遍化するための道筋を示した。

静岡文化芸術大学

2012

Advisors/Committee Members: 谷川, 真美.

Subjects/Keywords: 反芸術; ハイレッド・センター; 人的交流; アートワールド; バザール方式

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

村田, . (2014). 芸術行為における可変的集団性 : ハイレッド・センターの人的交流を中心に : Variable Collectivity of Performance Art : Interpersonal group dynamics of "Hi-Red Center". (Thesis). Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1132/00000907/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

村田, 亘. “芸術行為における可変的集団性 : ハイレッド・センターの人的交流を中心に : Variable Collectivity of Performance Art : Interpersonal group dynamics of "Hi-Red Center".” 2014. Thesis, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Accessed September 26, 2017. http://id.nii.ac.jp/1132/00000907/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

村田, 亘. “芸術行為における可変的集団性 : ハイレッド・センターの人的交流を中心に : Variable Collectivity of Performance Art : Interpersonal group dynamics of "Hi-Red Center".” 2014. Web. 26 Sep 2017.

Vancouver:

村田 . 芸術行為における可変的集団性 : ハイレッド・センターの人的交流を中心に : Variable Collectivity of Performance Art : Interpersonal group dynamics of "Hi-Red Center". [Internet] [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2014. [cited 2017 Sep 26]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00000907/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

村田 . 芸術行為における可変的集団性 : ハイレッド・センターの人的交流を中心に : Variable Collectivity of Performance Art : Interpersonal group dynamics of "Hi-Red Center". [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2014. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00000907/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

3. 市村, 美晴. 小学校における芸術を通じたコミュニケーション教育の推進方策 : アーティストによる「共感」の視点を持ったプログラムに焦点を当てて : A method for promotion of an art education program in elementary schools : Communication education, "empathy" and cooperation with the artist.

Degree: 2014, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学

本研究は、小学校の芸術教育におけるコミュニケーション能力を育むプログラムの中でも「共感」の視点を盛り込んだものに焦点を当て、それを外部のアーティストと協力したプログラムとして推進する際、どのような点が求められるかを明らかにすることを目的としている。そのため、多分野におけるアーティストの意識調査を行い、このプログラムを行う上での課題を探った。その結果、アーティストの大半が「共感」のプログラムを実施できると答えた一方、それぞれにとっての「共感」の位置づけが異なっていることが分かった。そこで、「共感」の位置づけごとにアーティストを、A タイプ、B タイプ(アーティストの職の形態によりさらにB.1、B.2 に分かれる)、C タイプに分け、それぞれごとの課題を分析し、推進策を検討した。A タイプは、「共感」の空間が自らの活動の目的とほぼ同じであるため、特に問題はないと考えられる。一方、B タイプは、「共感」という言葉から「強制」や「受け手のみ」の印象を受けることから、抵抗感を持っている。B.1 タイプは、「共感」を自らの活動の目的を達成する手段として扱う特徴を持つことから、「共感」の言葉を目的に使わず、方法として「共感」の特徴を提示することが必要と考えられる。B.2 タイプは、ファシリテーターとして「教える」能力の面の不安と、ワークショップのイメージである上から物を言う「教える」ところに良い印象がない点も抵抗感を持つ要因であり、他者の表現に対する柔軟な姿勢が特徴である。よって、子どもたちの言葉や動作を拾うなどの「共感」の特徴を説明することが必要と考えられる。C タイプは、作品を極めることのみに専念してきた点が特徴であり、若い時に教育の活動に触れ合うことや、教育に関わるアーティストとのつながりを持つことが重要であることが分かった。これらを効率よく実行するためには、アーティストを統括する人材などが必要性として考えられる。

静岡文化芸術大学

2012

Advisors/Committee Members: 片山, 泰輔.

Subjects/Keywords: 小学校; 芸術; コミュニケーション教育; アーティスト; 「共感」; elementary schools; art; communication education; artist; "empathy"

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

市村, . (2014). 小学校における芸術を通じたコミュニケーション教育の推進方策 : アーティストによる「共感」の視点を持ったプログラムに焦点を当てて : A method for promotion of an art education program in elementary schools : Communication education, "empathy" and cooperation with the artist. (Thesis). Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1132/00000908/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

市村, 美晴. “小学校における芸術を通じたコミュニケーション教育の推進方策 : アーティストによる「共感」の視点を持ったプログラムに焦点を当てて : A method for promotion of an art education program in elementary schools : Communication education, "empathy" and cooperation with the artist.” 2014. Thesis, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Accessed September 26, 2017. http://id.nii.ac.jp/1132/00000908/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

市村, 美晴. “小学校における芸術を通じたコミュニケーション教育の推進方策 : アーティストによる「共感」の視点を持ったプログラムに焦点を当てて : A method for promotion of an art education program in elementary schools : Communication education, "empathy" and cooperation with the artist.” 2014. Web. 26 Sep 2017.

Vancouver:

市村 . 小学校における芸術を通じたコミュニケーション教育の推進方策 : アーティストによる「共感」の視点を持ったプログラムに焦点を当てて : A method for promotion of an art education program in elementary schools : Communication education, "empathy" and cooperation with the artist. [Internet] [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2014. [cited 2017 Sep 26]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00000908/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

市村 . 小学校における芸術を通じたコミュニケーション教育の推進方策 : アーティストによる「共感」の視点を持ったプログラムに焦点を当てて : A method for promotion of an art education program in elementary schools : Communication education, "empathy" and cooperation with the artist. [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2014. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00000908/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

4. 高, 綺韓. パブリックアートの設置プロセスにおける市民参加のあり方 : 日本の多様な事例の分析から導かれた台湾への示唆 : The Citizen Participation on the Process of Public Art Project : The Suggestion for Taiwan’s Policy by the Multiple Cases Study in Japan.

Degree: 2014, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学

公共性に対する認識と芸術の表現手法の変化により、パブリックアート政策における市民参加が重視されてきた。市民参加の発展理論によれば、市民の意思と市民参加の意義は参加程度の深さによって異なる。台湾のパブリックアート政策は、アメリカのパーセント‧プログラムの方式を採用し、市民参加を重視しているが、実際には市民との交流が不足していたり、一方的で形式的な行政手続きにとどまっているという問題がある。欧米で始まり発展したパブリックアートを、台湾と同様に、最初は受け入れる立場にあった日本においては、60年代の彫刻設置事業から、国内の政策環境と合わせって、「都市開発型」、「アートプロジェクト型」など多様な形式に発展してきた。多様な市民参加を推進してきた経験を持つ日本の事例から、台湾への示唆を得ることが本研究の目的である。まずは、台湾におけるパブリックアート事業の審議段階に基づいて設けた5つの設置プロセスと、4つのパブリックアート類型、3つの参加程度を分析軸として、比較分析モデルを作成した。このモデルを用いた14件の日本のパブリックアート事例の分析結果により、台湾のパブリックアート設置プロセスに対する提言として以下の3点が導かれた。1.パブリックアート事業の目的がモノ志向やコト志向かを踏まえ、市民の意思を反映するレベルが計画全体か作品創作かを理解した上で、市民参加の方法を策定する。2.設置プロセスの前期における市民参加の実践は、地域組織との連携を活用する。また、計画に継続性を持たせ、経験を蓄積することが市民との共同計画につながる。3.設置プロセス後期における市民参加は、市民の運営能力の養成や愛着を育てることなど多様な手法を通して、地域におけるより参加しやすい環境を築く。

静岡文化芸術大学

2012

Advisors/Committee Members: 片山, 泰輔.

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

高, . (2014). パブリックアートの設置プロセスにおける市民参加のあり方 : 日本の多様な事例の分析から導かれた台湾への示唆 : The Citizen Participation on the Process of Public Art Project : The Suggestion for Taiwan’s Policy by the Multiple Cases Study in Japan. (Thesis). Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1132/00000909/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

高, 綺韓. “パブリックアートの設置プロセスにおける市民参加のあり方 : 日本の多様な事例の分析から導かれた台湾への示唆 : The Citizen Participation on the Process of Public Art Project : The Suggestion for Taiwan’s Policy by the Multiple Cases Study in Japan.” 2014. Thesis, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Accessed September 26, 2017. http://id.nii.ac.jp/1132/00000909/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

高, 綺韓. “パブリックアートの設置プロセスにおける市民参加のあり方 : 日本の多様な事例の分析から導かれた台湾への示唆 : The Citizen Participation on the Process of Public Art Project : The Suggestion for Taiwan’s Policy by the Multiple Cases Study in Japan.” 2014. Web. 26 Sep 2017.

Vancouver:

高 . パブリックアートの設置プロセスにおける市民参加のあり方 : 日本の多様な事例の分析から導かれた台湾への示唆 : The Citizen Participation on the Process of Public Art Project : The Suggestion for Taiwan’s Policy by the Multiple Cases Study in Japan. [Internet] [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2014. [cited 2017 Sep 26]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00000909/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

高 . パブリックアートの設置プロセスにおける市民参加のあり方 : 日本の多様な事例の分析から導かれた台湾への示唆 : The Citizen Participation on the Process of Public Art Project : The Suggestion for Taiwan’s Policy by the Multiple Cases Study in Japan. [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2014. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00000909/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

5. 鈴木, 恵梨香. 浜松における音楽を通じた多文化共生教育のあり方 : 外国人支援教育を越えて : Multicultural education through music : Enriching foreign educational support in Hamamatsu, Japan.

Degree: 2014, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学

本研究は浜松における多文化音楽教育の実践方法を導き出したものである。まず日本全体および浜松における多文化共生施策、特に学校教育における課題を整理した。傾向として主に外国人支援を中心とした施策を展開していることがわかった。浜松市教育委員会でも国際理解教育として外国人児童生徒教育に焦点を当てていることがインタビュー調査により明らかになった。近年、浜松では外国人市民と日本人市民による新たな文化の創造を施策に掲げている。そこで浜松の地域のリソースを生かす方法として、音楽を通じた多文化共生教育の実践方法を考察した。米国と日本における多文化音楽教育の実践の成功要因を考察したところ、地域の国際交流団体、音楽団体と学校との連携が重要であることがわかった。そのため浜松においてブラジル音楽のワークショップを担う団体とその参加者、国際交流協会、児童合唱団、学校関係者に対し、活動の現状や意識について調査した。その結果浜松では「ブラジル」に関連する組織や団体と、浜松の文化芸術を担う団体との「横」のつながりが希薄であることが明らかになった。また学校では外国人児童生徒支援に時間が割かれているため教員が中心になって多文化音楽教育を計画・実践することは難しいことがわかった。そこで日本人市民と外国人市民が文化活動により交流する方法の参考として、米国やドイツ、岐阜県可児市の例、2012 年に制定された「劇場法」にも触れた。浜松においては、音楽ホールを持つ文化施設に多文化共生に関わる専門的人材を配置して地域の外国音楽団体がワークショップを実施し、学校やその他の文化芸術団体に働きかけると実現可能性が高いと考えられる。

静岡文化芸術大学

2012

Advisors/Committee Members: 池上, 重弘.

Subjects/Keywords: 浜松; 多文化音楽教育; ブラジル; 日本人児童生徒; 劇場法; Hamamatsu; multicultural music education; Brazilians; music halls; schools

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

鈴木, . (2014). 浜松における音楽を通じた多文化共生教育のあり方 : 外国人支援教育を越えて : Multicultural education through music : Enriching foreign educational support in Hamamatsu, Japan. (Thesis). Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1132/00000910/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

鈴木, 恵梨香. “浜松における音楽を通じた多文化共生教育のあり方 : 外国人支援教育を越えて : Multicultural education through music : Enriching foreign educational support in Hamamatsu, Japan.” 2014. Thesis, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Accessed September 26, 2017. http://id.nii.ac.jp/1132/00000910/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

鈴木, 恵梨香. “浜松における音楽を通じた多文化共生教育のあり方 : 外国人支援教育を越えて : Multicultural education through music : Enriching foreign educational support in Hamamatsu, Japan.” 2014. Web. 26 Sep 2017.

Vancouver:

鈴木 . 浜松における音楽を通じた多文化共生教育のあり方 : 外国人支援教育を越えて : Multicultural education through music : Enriching foreign educational support in Hamamatsu, Japan. [Internet] [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2014. [cited 2017 Sep 26]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00000910/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

鈴木 . 浜松における音楽を通じた多文化共生教育のあり方 : 外国人支援教育を越えて : Multicultural education through music : Enriching foreign educational support in Hamamatsu, Japan. [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2014. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00000910/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

6. 張, 美華. 在韓外国人労働者支援 : 行政、市民団体、キリスト教会 : Support for immigrant workers in South Korea : Government, Private organization, Christian organization.

Degree: 2014, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学

外国人労働者が韓国に入国してもう25 年が経っている。2012 年現在、約140 万人の外国人が居住している。外国人労働者の急増とともに、外国人労働者に対する差別や賃金の未払い、虐待[白井2007:31]、低賃金、強制労働、賃金遅配、暴力[久永 2011:1]、又不法就労者の増加など様々な問題が生じた[三本松ら 2009:45]。しかし、韓国の政府は外国人労働者を一時的に滞在している人、いずれ帰国する人として認識していると考えられる。韓国政府は雇用許可制という政策で外国人労働者を法律で守ろうとする態度に見えるが、実際には予算配分から外国人労働者支援に全く力を入れてないことが分かる。だとすれば、韓国社会の外国人労働者問題はだれが解決するのか。誰がこういう社会的弱者の外国人労働者に関心を持って支援するのか。韓国では最初に外国人労働者に関心を持って支援した団体もキリスト系団体だったし、その数も90%以上で相当に多い。そこで、韓国の外国人労働者支援において、キリスト系支援団体は大きな役割を果たしていると考えられる。韓国において、劣悪な労働環境下で働いている外国人労働者の問題点を把握し、行政の踏み込めない部分に対して民間団体と教会がどのように支援活動を行っているか、どういう役割を果たしているかを検証し、最後に行政と民間団体の両方が踏み込めない部分に対して、キリスト教会の特徴的な役割を明らかにすることが本研究の目的である。本研究は既存の先行論文と関連資料、インターネット情報に依拠した文献研究である。韓国における外国人労働者支援を三つのグループ、行政、民間団体、キリスト教系支援団体に分けて検討してみた。結果として、民間団体は行政の踏み込めない部分、不法滞在者支援、政策提言を行っている。キリスト教系支援団体は民間団体が行っている支援活動を行っている以外に宗教活動支援も行っている。宗教活動は行政と民間団体が両方踏み込めない部分、不安感を癒す効果があり、キリスト教信者と牧師は外国人労働者にとって、家族のような精神的支えになる存在であるということが明らかになった。また、行政の予算を超える部分に対しても、経済的支援を含めて、その役割を果たしている。以上のように、キリスト教系支援団体は、韓国における外国人労働者支援に対して大切な役割を果たしている。

静岡文化芸術大学

2012

Advisors/Committee Members: 池上, 重弘.

Subjects/Keywords: 外国人労働者; 行政; 民間支援団体; キリスト系支援団体; 支援; Immigrant workers; Koran Government; Private support organization; Christian support organization; support

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

張, . (2014). 在韓外国人労働者支援 : 行政、市民団体、キリスト教会 : Support for immigrant workers in South Korea : Government, Private organization, Christian organization. (Thesis). Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1132/00000911/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

張, 美華. “在韓外国人労働者支援 : 行政、市民団体、キリスト教会 : Support for immigrant workers in South Korea : Government, Private organization, Christian organization.” 2014. Thesis, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Accessed September 26, 2017. http://id.nii.ac.jp/1132/00000911/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

張, 美華. “在韓外国人労働者支援 : 行政、市民団体、キリスト教会 : Support for immigrant workers in South Korea : Government, Private organization, Christian organization.” 2014. Web. 26 Sep 2017.

Vancouver:

張 . 在韓外国人労働者支援 : 行政、市民団体、キリスト教会 : Support for immigrant workers in South Korea : Government, Private organization, Christian organization. [Internet] [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2014. [cited 2017 Sep 26]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00000911/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

張 . 在韓外国人労働者支援 : 行政、市民団体、キリスト教会 : Support for immigrant workers in South Korea : Government, Private organization, Christian organization. [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2014. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00000911/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

7. 冨永, 優花. ブラジル人教育支援者の役割 : 外国人児童生徒への教育支援のあり方 : The role of Brazilian educational supporters : Approaches to an educational support system for Newcomer children; Brazilian educational supporters|Multicultural|Education of foreign children|educational support system.

Degree: 2014, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学

1990 年の改正入管法の施行により、多くのブラジル人が日本で暮らすようになった。教育分野でも言語や文化が全く違うブラジル人の子どもが日本の学校に入ってくるようなり、20 年以上の年月を経て、次第に支援体制が整えられていった。このようなブラジル人の子どもへの支援の中に、ブラジル人教育支援者の存在がある。本論文では、ブラジル人教育支援者を「日本の学校に通う児童生徒の言語、学習、適応などに関して支援活動を行っているブラジルにルーツを持つ者」と定義し、ブラジル人教育支援者の視点から外国人教育のあり方を捉え直していくこととする。ブラジル人集住地である静岡県浜松市を調査地として、浜松市の小中学校で活躍するブラジル人教育支援者13 名へのインタビュー、小中学校2 校へのフィールドワークを行った。これまで外国人教育支援者というと、子どもへの母語での通訳という側面ばかりが目立ち、実際の彼らの支援の役割は明確にされてこなかった。今回の調査では、ブラジル人教育支援者の子ども、保護者、教師との関わりに着目し、外国人教育のあり方を新たな視点から検討する。ブラジル人教育支援者は「学習の支援者」「母文化の共有者」「学校文化の翻訳者」という3 つの役割を担っており、子どもをはじめ、保護者、教師に与えている影響は大きい。今後、ブラジル人教育支援者が外国人の子どもの教育支援において、高いスキルと専門性を身に付けていくには、外国人教育支援者の職務の明確化と研修制度の充実が必要となる。

静岡文化芸術大学

2012

Advisors/Committee Members: 池上, 重弘.

Subjects/Keywords: ブラジル人教育支援者; 多文化共生; 外国人教育; 教育支援

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

冨永, . (2014). ブラジル人教育支援者の役割 : 外国人児童生徒への教育支援のあり方 : The role of Brazilian educational supporters : Approaches to an educational support system for Newcomer children; Brazilian educational supporters|Multicultural|Education of foreign children|educational support system. (Thesis). Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1132/00000912/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

冨永, 優花. “ブラジル人教育支援者の役割 : 外国人児童生徒への教育支援のあり方 : The role of Brazilian educational supporters : Approaches to an educational support system for Newcomer children; Brazilian educational supporters|Multicultural|Education of foreign children|educational support system.” 2014. Thesis, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Accessed September 26, 2017. http://id.nii.ac.jp/1132/00000912/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

冨永, 優花. “ブラジル人教育支援者の役割 : 外国人児童生徒への教育支援のあり方 : The role of Brazilian educational supporters : Approaches to an educational support system for Newcomer children; Brazilian educational supporters|Multicultural|Education of foreign children|educational support system.” 2014. Web. 26 Sep 2017.

Vancouver:

冨永 . ブラジル人教育支援者の役割 : 外国人児童生徒への教育支援のあり方 : The role of Brazilian educational supporters : Approaches to an educational support system for Newcomer children; Brazilian educational supporters|Multicultural|Education of foreign children|educational support system. [Internet] [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2014. [cited 2017 Sep 26]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00000912/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

冨永 . ブラジル人教育支援者の役割 : 外国人児童生徒への教育支援のあり方 : The role of Brazilian educational supporters : Approaches to an educational support system for Newcomer children; Brazilian educational supporters|Multicultural|Education of foreign children|educational support system. [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2014. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00000912/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

8. 巴克, 佐日古麗. ソーシャルビジネスにおける女性起業と中間支援 : 静岡県のケーススタディー : Female Social Business Entrepreneurs And Intermediary Supports : Case study of Shizuoka.

Degree: 2014, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学

近年、日本では、経済の低迷、少子高齢化に伴う労働人口の減少、東日本大震災からの復興といった様々な課題解決のために、女性の力に期待が高まっており、より一層の社会進出が必要とされている。多様な選択肢があるなか、自ら起業し、自分のやりたい仕事を形にしょうとして起業活動を行う女性が大勢おり、彼女たちの起業活動が目立って来ている。そして、身近な課題を解決しようとするコミュニティビジネスやソーシャルビジネスが多様な形で生まれてきていることも女性起業の機会増大に寄与している。ただし一方で、女性起業家は、男性に比べて知識・ノウハウの習得の機会や、人的ネットワークを形成する機会が少なく、また、起業したものの、育児・家事・介護等の事情により、事業継続が難しい状況にあり、男性に比べて廃業につながりやすくなっているといわれている。このため、ソーシャルビジネス領域での女性の起業や新規事業の創出に資する中間支援は、これからの重要な課題だと考えられる。しかし、日本ではソーシャルビジネスにおける女性起業の現状を明らかにする研究やソーシャルビジネスにおける女性起業に焦点を絞った中間支援についての研究調査は多くはない。本研究では、女性の起業活動に、その中でも特にソーシャルビジネスにおける女性の起業活動に焦点を当て、文献調査や実態調査を通し、女性が起業する上での課題と女性が起業することのメリットを明らかにする。そして、中間支援が女性起業における課題を解決するとともに、メリットを活かすなど重要な役割を果たすことを検証し、起業段階別に重要な中間支援の内容を明らかにする。

静岡文化芸術大学

2012

Advisors/Committee Members: 根本, 敏行.

Subjects/Keywords: ソーシャルビジネス; コミュニティビジネス; 中間支援; 女性起業; social business; community business; intermediary; female entrepreneur

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

巴克, . (2014). ソーシャルビジネスにおける女性起業と中間支援 : 静岡県のケーススタディー : Female Social Business Entrepreneurs And Intermediary Supports : Case study of Shizuoka. (Thesis). Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1132/00000913/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

巴克, 佐日古麗. “ソーシャルビジネスにおける女性起業と中間支援 : 静岡県のケーススタディー : Female Social Business Entrepreneurs And Intermediary Supports : Case study of Shizuoka.” 2014. Thesis, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Accessed September 26, 2017. http://id.nii.ac.jp/1132/00000913/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

巴克, 佐日古麗. “ソーシャルビジネスにおける女性起業と中間支援 : 静岡県のケーススタディー : Female Social Business Entrepreneurs And Intermediary Supports : Case study of Shizuoka.” 2014. Web. 26 Sep 2017.

Vancouver:

巴克 . ソーシャルビジネスにおける女性起業と中間支援 : 静岡県のケーススタディー : Female Social Business Entrepreneurs And Intermediary Supports : Case study of Shizuoka. [Internet] [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2014. [cited 2017 Sep 26]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00000913/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

巴克 . ソーシャルビジネスにおける女性起業と中間支援 : 静岡県のケーススタディー : Female Social Business Entrepreneurs And Intermediary Supports : Case study of Shizuoka. [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2014. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00000913/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

9. 福島, 久美. アートNPOにおける組織ミッション広報に対する支援 : 経営基盤確立に向けて.

Degree: 2014, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学

本論文は、アートNPOの組織ミッション広報の現状と望ましい支援の内容を調査し、それらの支援を実現するにあたっての課題と潜在的な可能性を明らかにすることを目的としている。この目的を達成するために、以下の3つのステップによる調査を行った。ステップ①他分野の広報支援策の事例を収集する、ステップ②アートNPOの組織ミッション広報の実態とどのような支援を欲しているのかを明らかにする、ステップ③支援ニーズを実現するうえでの課題を整理する、である。これらの調査から、アートNPOが欲している支援を実現するためには、以下3つの条件が整うことが導かれた。それは、①支援組織同士の連携、②支援者組織の資源の確保、③アートNPOの積極性である。今回調査をした支援組織は、支援者同士の連携がほとんど見られなかった。これらの支援組織は、アートNPO(芸術文化を支える市民団体)を支援する事業を行っているという点において共通しているが、支援やそれに関する情報の共有を行っていない。つまり、支援組織は、単独でアートNPOに支援や情報提供を行っているのである。こうした状況は、支援組織同士の組織ミッション広報に対する認知の差を生み出すだけでなく、資源確保の妨げにもなっている。支援組織同士の連携が育まれれば、情報の共有が進む。また、資源不足によって単独での支援の主催が難しいという支援も、支援組織やアートNPOとの協働事業で実現される。しかし、このようして支援者サイドの条件だけが整うだけでは意味がない。アートNPO自身も支援を待つばかりでなく、自ら活動を実施し団体を継続させるために、積極的に活動を行う必要がある。以上の3つの条件が整うことで、アートNPOが欲している組織ミッション広報の支援は実現に近づき、アートNPOの発展に寄与することになると結論づけることができる。

静岡文化芸術大学

2012

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

福島, . (2014). アートNPOにおける組織ミッション広報に対する支援 : 経営基盤確立に向けて. (Thesis). Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1132/00000914/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

福島, 久美. “アートNPOにおける組織ミッション広報に対する支援 : 経営基盤確立に向けて.” 2014. Thesis, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Accessed September 26, 2017. http://id.nii.ac.jp/1132/00000914/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

福島, 久美. “アートNPOにおける組織ミッション広報に対する支援 : 経営基盤確立に向けて.” 2014. Web. 26 Sep 2017.

Vancouver:

福島 . アートNPOにおける組織ミッション広報に対する支援 : 経営基盤確立に向けて. [Internet] [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2014. [cited 2017 Sep 26]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00000914/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

福島 . アートNPOにおける組織ミッション広報に対する支援 : 経営基盤確立に向けて. [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2014. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00000914/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

10. 牧野, 晶世. ファシズム体制下におけるイタリアの映画政策 : Italian film policy under the Fascist regime.

Degree: 2014, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学

ムッソリーニのファシズム政権は、自らのイデオロギーを大衆に広め、政治体制に対する同意を形成する手段として映画を積極的に利用した。しかし、ファシズム体制が崩壊した直後から映画製作が活発に行われ、ネオレアリズモの映画が誕生し、世界的に注目された。この背景には、ファシズム体制下における映画産業の制度整備や基盤強化があったと考えられる。本研究では、ファシズム体制下の映画政策の成果が、戦後のイタリア映画にどのように継承されたのかを考察する。考察では、特に、ファシズム体制下で創設された映画関連の施設や機関、制度などの役割に注目する。また、イタリアと同じく枢軸国であったナチス・ドイツと日本の映画政策と比較し、イタリアの映画政策の独自性を明らかにする。著者はファシズム体制下における映画政策は、戦後のネオレアリズモの映画を生み出す基盤となったと考える。そして、その主な要因は、ハードウェア、ソフトウェア、ヒューマンウェアの3つの面から見ることができる。ハード面では、映画実験センターやチネチッタなどの施設、設備の整備によって映画産業の基盤を強化した。ソフト面では、LUCE の活動などを通じた映画技術の向上、Cineguf などによる映画に関する情報提供と知識の深化が行われた。人材面では、LUCE や映画実験センターで戦後のイタリア映画を担う監督などが育成された。さらには、この政策の背景にあったファシズム政権の文化に対する姿勢も重要であった。芸術の多元的共存の容認や、その結果として芸術家が比較的自由に活動できたこと。また、ナチス・ドイツと比較して、亡命した芸術家が少なかったという事実も挙げられる。このように、ファシズム体制下の文化政策が一枚岩的でなかったこと、映画政策が統制と併せて映画産業の基盤強化を目的としたことが、技術面、人的面で戦前から戦後にかけてのイタリア映画に連続性をもたらし、ネオレアリズモの誕生に繋がったといえる。

静岡文化芸術大学

2012

Advisors/Committee Members: 高田, 和文.

Subjects/Keywords: 映画政策; ネオレアリズモ; 映画実験センター; チネチッタ; LUCE; film policy; Neorealismo; Centro Sperimentale di Cinematograpfia; Cinecitta; LUCE

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

牧野, . (2014). ファシズム体制下におけるイタリアの映画政策 : Italian film policy under the Fascist regime. (Thesis). Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1132/00000915/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

牧野, 晶世. “ファシズム体制下におけるイタリアの映画政策 : Italian film policy under the Fascist regime.” 2014. Thesis, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Accessed September 26, 2017. http://id.nii.ac.jp/1132/00000915/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

牧野, 晶世. “ファシズム体制下におけるイタリアの映画政策 : Italian film policy under the Fascist regime.” 2014. Web. 26 Sep 2017.

Vancouver:

牧野 . ファシズム体制下におけるイタリアの映画政策 : Italian film policy under the Fascist regime. [Internet] [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2014. [cited 2017 Sep 26]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00000915/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

牧野 . ファシズム体制下におけるイタリアの映画政策 : Italian film policy under the Fascist regime. [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2014. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00000915/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

11. 劉, 小平. 防災機能を取り込んだ共存開発タイプの港湾地区活性化の研究 : 尼崎港、沼津港のケーススタディ : Research of activation of the harbor district of the Complex Development Type which took in the disaster prevention function : The case study of Amagasaki port and Numazu port.

Degree: 2014, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学

近年世界の港湾地区で整備や再整備が進み隣接する都市や地域の発展にとって非常に重要な要件となっている。これらの開発は概ね三つのタイプにまとめることができる。港湾機能を完全に失って荒廃していた港湾地区の再開発を行う「ウォーターフロント開発タイプ」、旧来の港湾施設を全面的に見直し、最新の施設や設備を導入し、世界的な物流ネットワークのハブ機能を担うことを目指す「スーパー港湾開発タイプ」、と本来の物流機能と、レジャー・レクリエーションや観光といったウォーターフロント開発タイプの機能とを同じ空間で共存させる「共存開発タイプ」の三つの開発タイプでまとめることができる私は、このうち、三つ目の共存開発タイプに注目している。非常に多くの地方港湾があり、沿海航路による国内物流と沿岸漁業の盛んな日本においては、まだまだ地方港湾の本来の港湾機能もその重要性を失っておらず、港湾機能と新しいウォーターフロント型の機能との共存が志向されることが多い。港湾開発においてまだまだ現役の物流機能と観光などのサービス業的機能を両立させる必要のある日本、中国では両者共存開発タイプがこれから必要になると考えている。また、3・11 以後、港湾において特に新たな防災機能の充実が求められるようになり、港湾の物流や観光レジャー・レクリエーションなどの各機能に加えて防災機能との一層の連携が重要となってきた。本論文では防災機能を盛り込んだ官民協働で行った共存開発タイプの尼崎港と沼津港の港湾整備についてケーススタディーを行った。両港湾の開発において計画段階、プロジェクト作成段階、実施時における工夫、問題の解決法、共存開発タイプの港湾整理を成功させる要点を考察する。

静岡文化芸術大学

2012

Advisors/Committee Members: 根本, 敏行.

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

劉, . (2014). 防災機能を取り込んだ共存開発タイプの港湾地区活性化の研究 : 尼崎港、沼津港のケーススタディ : Research of activation of the harbor district of the Complex Development Type which took in the disaster prevention function : The case study of Amagasaki port and Numazu port. (Thesis). Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1132/00000916/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

劉, 小平. “防災機能を取り込んだ共存開発タイプの港湾地区活性化の研究 : 尼崎港、沼津港のケーススタディ : Research of activation of the harbor district of the Complex Development Type which took in the disaster prevention function : The case study of Amagasaki port and Numazu port.” 2014. Thesis, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Accessed September 26, 2017. http://id.nii.ac.jp/1132/00000916/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

劉, 小平. “防災機能を取り込んだ共存開発タイプの港湾地区活性化の研究 : 尼崎港、沼津港のケーススタディ : Research of activation of the harbor district of the Complex Development Type which took in the disaster prevention function : The case study of Amagasaki port and Numazu port.” 2014. Web. 26 Sep 2017.

Vancouver:

劉 . 防災機能を取り込んだ共存開発タイプの港湾地区活性化の研究 : 尼崎港、沼津港のケーススタディ : Research of activation of the harbor district of the Complex Development Type which took in the disaster prevention function : The case study of Amagasaki port and Numazu port. [Internet] [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2014. [cited 2017 Sep 26]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00000916/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

劉 . 防災機能を取り込んだ共存開発タイプの港湾地区活性化の研究 : 尼崎港、沼津港のケーススタディ : Research of activation of the harbor district of the Complex Development Type which took in the disaster prevention function : The case study of Amagasaki port and Numazu port. [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2014. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00000916/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

12. 鈴置, 路子. 地方中小自治体における市民文化活動の支援のあり方 : 地域振興のための人材育成の視点から : The concept support system of civil cultural activities in local community : From point of view in cultivating talent for the development of the community.

Degree: 2014, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学

社会教育等の分野における先行研究よれば、市民文化活動は、自己実現を果たすだでなく、集団的活動を通して豊かな人間性育み社会的ネットワーク構築させるなど、地域社会の発展に寄与する効用を持っている。自治体等はこうした市民文化活動への支援を行なってきているが、こうした人材育成への機能を十分に引き出すもとなっ現状である。そこで、本研究では、市民文化活動を人材育成の視点から捉え、どのような活動環境により人材が育成されるか、育成された人材が増えることで今後の地域振興に寄与る市民文化団体支援の課題を明らかにした。 まず、文化・芸術による地域活性化の事例に関する文献調査と市民団体2団体に対するプレ調査によって、市民文化活動を通じ人材育成がなされる55つの要因を抽出した。①団体の性格、②自主公演の有無、③マネジメント体制、④外部と関わり、⑤地域社会つながりである。これらの要因普遍性を確認し、人材育成が活発に行わようなため支援のあり方を考察するために、愛知県内で活動様々な市民文化団体に対する調査を実施した。対象団体の抽出にあたっては、財政が豊かな自治体とそうでない自治体を尾張地区と三河地区から2つずつ選出し、文化団体は、音楽系、演劇系、舞踏系、伝統文化など、幅広いジャンルの15団体を対象とした。 調査の結果、 5つの要因は文化ジャンル特性や地域の財政的事情に左右されるものではなく、自分たちの活動の目的づけ、いかにマネジメント人員を育成さていくかという、地域社会における組織マネジメントの視点が必要であこと明らかなった。これらを踏まえて支援主体は、①自性を促すきっかけづくり、②関係の構築、③ネットワーク広げる広域的地域における活性化事業を展開する、という中長期的な段階の中で、現行支援手段をどのように運用していくかということが求められる。

静岡文化芸術大学

2013

Advisors/Committee Members: 片山, 泰輔.

Subjects/Keywords: 市民文化活動; 社会教育; 地域振興; 人材育成; civil cultural activities; social education; development of community; cultivating talent

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

鈴置, . (2014). 地方中小自治体における市民文化活動の支援のあり方 : 地域振興のための人材育成の視点から : The concept support system of civil cultural activities in local community : From point of view in cultivating talent for the development of the community. (Thesis). Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1132/00000980/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

鈴置, 路子. “地方中小自治体における市民文化活動の支援のあり方 : 地域振興のための人材育成の視点から : The concept support system of civil cultural activities in local community : From point of view in cultivating talent for the development of the community.” 2014. Thesis, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Accessed September 26, 2017. http://id.nii.ac.jp/1132/00000980/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

鈴置, 路子. “地方中小自治体における市民文化活動の支援のあり方 : 地域振興のための人材育成の視点から : The concept support system of civil cultural activities in local community : From point of view in cultivating talent for the development of the community.” 2014. Web. 26 Sep 2017.

Vancouver:

鈴置 . 地方中小自治体における市民文化活動の支援のあり方 : 地域振興のための人材育成の視点から : The concept support system of civil cultural activities in local community : From point of view in cultivating talent for the development of the community. [Internet] [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2014. [cited 2017 Sep 26]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00000980/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

鈴置 . 地方中小自治体における市民文化活動の支援のあり方 : 地域振興のための人材育成の視点から : The concept support system of civil cultural activities in local community : From point of view in cultivating talent for the development of the community. [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2014. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00000980/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

13. 齋藤, 亜紀. サイバー攻撃に対処する国家ネットワークセキュリティの構築 : Construction of a national information security system against cyber-attacks.

Degree: 2014, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学

本論文は近年頻発しているサイバー攻撃の脅威に対し、日本の情報セキュリティの在り方に問題意識を持ち、日本における国家的な情報セキュリティ向上のための方策を考察したものである。サイバー攻撃は新しい脅威である。しかし、標的になっているネットワークやシステムのセキュリティだけでなく、そのネットワークを運用する人間的側面のセキュリティも向上させる必要がある。人間的側面のセキュリティとは法的規制や制度、セキュリティ組織の設立、軍隊のサイバー部門の強化などを指す。 そこで、未だ共通の定義がないサイバー攻撃についてその概念の整理を試み、現段階での人間的セキュリティの現状を検討する。 それらの考察から分かったことは、サイバー攻撃に対して国際社会も日本も法的規制や情報セキュリティが不十分であり、その攻撃の特徴から今後もサイバー攻撃への対処は対象となりうる組織が自発的にセキュリティ向上に努めなければならず、まずセキュリティ構築は民間レベルで行うべきであると考えられる。だた利益を見出しにくいセキュリティ人材は企業において軽視される傾向があるため、政府は企業などに対し情報セキュリティの「抜き打ち検査」を行い、重大な欠陥を発見した場合にペナルティを課すことが有効であると考えられる。その一方で政府は第3者機関に監査を依頼し、自らの情報セキュリティも向上させるべきである。 そのための人材育成として、政府は情報セキュリティ企業に出資することによって人材の増加を狙う。その上で、政府は外交を通じて情報交換を徹底的に行うべきである。だが利害関係が対立する2国間では難しいため、情報交換や議論は国連などの多国間での場が相応しいだろう。また多国間のサイバー攻撃に関する研究機関を運営し、その技術を民間と共有することも政府の役割として重要である。

静岡文化芸術大学

2013

Advisors/Committee Members: 藤田, 憲一.

Subjects/Keywords: サイバー攻撃; サイバー犯罪; サイバー戦争; 情報セキュリティ政策

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

齋藤, . (2014). サイバー攻撃に対処する国家ネットワークセキュリティの構築 : Construction of a national information security system against cyber-attacks. (Thesis). Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1132/00000981/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

齋藤, 亜紀. “サイバー攻撃に対処する国家ネットワークセキュリティの構築 : Construction of a national information security system against cyber-attacks.” 2014. Thesis, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Accessed September 26, 2017. http://id.nii.ac.jp/1132/00000981/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

齋藤, 亜紀. “サイバー攻撃に対処する国家ネットワークセキュリティの構築 : Construction of a national information security system against cyber-attacks.” 2014. Web. 26 Sep 2017.

Vancouver:

齋藤 . サイバー攻撃に対処する国家ネットワークセキュリティの構築 : Construction of a national information security system against cyber-attacks. [Internet] [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2014. [cited 2017 Sep 26]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00000981/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

齋藤 . サイバー攻撃に対処する国家ネットワークセキュリティの構築 : Construction of a national information security system against cyber-attacks. [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2014. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00000981/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

14. 松本, 麻未. 地域文化施設における連携と協働の可能性 : 神戸市立灘区民ホールを事例として : The Possibility of partnership and collaboration at Regional Cultural Institutions : A case study on Kobe Nada Hall.

Degree: 2014, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学

本研究は、指定管理者制度が導入された神戸市灘区民ホールを題材にして地域との連携・協働を目指した公立文化施設の新な取り組みについて現地調査を行い、事例分析ものである。連携・協働が実現すためにはどのような要素が必要となるのか、指定管理者制度はどのような影響を及ぼしたのか、についてNPMの視点から考察を試みる。東日本大震災や「劇場・音楽堂等の活性化に関する法律」をきっかけに、文施設役割は変容をめられている。社会変化が激しく、地域ごとに状況や課題が多様である現代おいては、各文化施設が独自の対応が期待され、指定管理者制度は地域文化施設の運営に一効用あると考えられる。事例調査を行った神戸市立灘区民ホールは2社による共同事業体によって管理運営がなされている。運営を主導する1社は使命を同じくする「同志的集団」であことに注目し、人材が集まった経緯や運営方針について解明を試みた。地域に存在する商店街・周辺文化施設・高等教育機関に対して、同ホール職員が施設を出て、積極的に地域文化活動に人的・物的支援を行っていく様子明らかにした。このような施設を「地域連携協働型」文化と名付け、上記の取り組み可能にしている要素として次の3点を挙げた。1つには「地域連携協働型」文化施設にはNPMを生かした指定管理者制度の導入が効果的であること。2つには管理運営をする指定者には、管理運営方針に具体的なミッションを掲げ、それ賛同する人たちが集まった「同志的集団」であることが望ましいこと。3つには 「同志的集団」を指定管理者に選定する場合、自治体はNPMに基づいて、一定の権限移譲を行うこと、である。同ホールのような地域文化施設は全国各に置されており、連携・協働担い手である商店街・周辺文化施設高等教育機関は地域に存在している。灘区民ホールの取り組みは、大都市の小規模施設や中都文化自治体行政参考になると考えた。

静岡文化芸術大学

2013

Advisors/Committee Members: 松本, 茂章.

Subjects/Keywords: 公立文化施設; 指定管理者制度; NPM; 連携・協働; 地域振興; Regional Cultural Institutions; Designated Administrator System; New Public Management(NPM); partnership and collaboration; regional development

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

松本, . (2014). 地域文化施設における連携と協働の可能性 : 神戸市立灘区民ホールを事例として : The Possibility of partnership and collaboration at Regional Cultural Institutions : A case study on Kobe Nada Hall. (Thesis). Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1132/00000982/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

松本, 麻未. “地域文化施設における連携と協働の可能性 : 神戸市立灘区民ホールを事例として : The Possibility of partnership and collaboration at Regional Cultural Institutions : A case study on Kobe Nada Hall.” 2014. Thesis, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Accessed September 26, 2017. http://id.nii.ac.jp/1132/00000982/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

松本, 麻未. “地域文化施設における連携と協働の可能性 : 神戸市立灘区民ホールを事例として : The Possibility of partnership and collaboration at Regional Cultural Institutions : A case study on Kobe Nada Hall.” 2014. Web. 26 Sep 2017.

Vancouver:

松本 . 地域文化施設における連携と協働の可能性 : 神戸市立灘区民ホールを事例として : The Possibility of partnership and collaboration at Regional Cultural Institutions : A case study on Kobe Nada Hall. [Internet] [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2014. [cited 2017 Sep 26]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00000982/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

松本 . 地域文化施設における連携と協働の可能性 : 神戸市立灘区民ホールを事例として : The Possibility of partnership and collaboration at Regional Cultural Institutions : A case study on Kobe Nada Hall. [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2014. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00000982/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

15. 森, 可南子. 構造転換期の公立博物館に求められる「第三人材」 : "The third human resource" at Public Museum in the era of structural change.

Degree: 2014, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学

これからの博物館あり方一つとして、地域に開かれた存在、市民共活動する施設としての側面が指摘され、利用者と博物館とをなぐ役割が見直されている。しかしそのの現状や実態は未だ明らかでない。本研究では、新しい博物館の方向性を担う職員「第三の人材」と名付け、現状、必要な要因、拡充するための方策を明らかにする。まず「第三の人材」歴史的経緯について解明を試みた。事例として滋賀県立琵琶湖博物館における展示交流員の導入状況を調べた。その結果、①人材派遣会社の存在が大きかったこと、②展示交流員自身の理念への理解とモチベーションの維持、学芸員との連携が、活動理念の継続のために重要なこと、③他館への影響について琵琶湖博物は直接的な関与はないこと、が浮かび上がってきた。さらに「第三の人材」配置状況ついて、全国調査を行った。都道府県・政令指定都市立の博物館85館から「第三の人材」を配置するが12館抽出できた。次に、展示交流員の流れを組む7館に対して活動の状況と課題を調査したころ、活動状況は館によって異なり実際は受付や従来の展示解説にとどまる館もあった。最終的に、積極的な活動を行う館として滋賀県立琵琶湖博物、兵庫県立人と自然の博物館、山梨県立博物館の3館が挙がった。3館への事例調査の結果、「第三の人材」が積極的な活動を行うために必要な要因として次の3点を解明した。第1に館の直接雇用が望ましいこと。第2に自主企画の有無が重要であること。第3に館全体で「第三の人材」の重要性が認識されていること。これらの実現には①組織内での位置付けや役割分担の明確化、②「第三の人材」の自主性の尊重、③学芸員との密な連携、④理念共有のための研修が必要となる。さらに「第三の人材」の概念について確立化、博物館業界全体的な意識改革も欠かせことを指摘した。

静岡文化芸術大学

2013

Advisors/Committee Members: 松本, 茂章.

Subjects/Keywords: 公立博物館; 博物館職員; 交流; 「第三の人材」; Public Museum; museum staffs; exchange; "The third human resource"

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

森, . (2014). 構造転換期の公立博物館に求められる「第三人材」 : "The third human resource" at Public Museum in the era of structural change. (Thesis). Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1132/00000983/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

森, 可南子. “構造転換期の公立博物館に求められる「第三人材」 : "The third human resource" at Public Museum in the era of structural change.” 2014. Thesis, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Accessed September 26, 2017. http://id.nii.ac.jp/1132/00000983/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

森, 可南子. “構造転換期の公立博物館に求められる「第三人材」 : "The third human resource" at Public Museum in the era of structural change.” 2014. Web. 26 Sep 2017.

Vancouver:

森 . 構造転換期の公立博物館に求められる「第三人材」 : "The third human resource" at Public Museum in the era of structural change. [Internet] [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2014. [cited 2017 Sep 26]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00000983/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

森 . 構造転換期の公立博物館に求められる「第三人材」 : "The third human resource" at Public Museum in the era of structural change. [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2014. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00000983/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

16. 山口, 典子. 現代舞家の経済的基盤に関する研究 : 劇場・音楽堂等による舞踊家の活動促進の可能性 : Research on establishing economic foundations for dancers : Possibility of promoting activities contemporary dancers by cooperating with domestic theaters and music halls.

Degree: 2014, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学

舞踊を活用した社会的動が近年、国内で多く見られるようになった。しかし、それらの活動に舞踊家の経済的基盤は、海外と比べて不安定である。中でも、フリーランスの舞踊家の場合、副業で生計を立てており、病気や怪我した際の保障も保たれていない厳しい活動環境にある。このような現状から、活動の担い手と人材が海外に流出してしまい、我が国の文化力の低下につながること危惧されている。特にバレエや日本舞踊などに比べて実績が浅い現代舞踊の分野の状況は深刻である。本論文の目的は、劇場法の制定により実演芸術家との連携への期待が高まる国内の劇場・音楽堂等による支援を通じて現代舞踊家の経済的基盤の確立に寄与するための方策を明らかにすことである。本研究では、対象を現代舞踊に定め調査行った。まず、芸団協が行った調査研究の結果等から、舞踊家の経済的・社会状況に関して、これまでに明らかになっていることを整理した。そして、事前調査として、舞踊プログラムを積極的に実施している国内の劇場・音楽堂等の事例調査及び諸外国の舞踊家支援に関す文献調査を行い、そこから導き出された仮説をもとに、劇場・音楽堂、舞踊家、支援組織をはじめとした関係者に対し、計25件のインタビュー調査によって検証を行った。これらの調査結果から、以下の方策が導かれた。1つ目に、専門性を持つ支援組織と施設の連携の有効性について、ある程度の妥当性が確認された。ただし、専門の支援組織をおかずとも、施設間のネットワーク強化を図り情報を共有することで、舞踊プログラムが実現する可能性も認められた。2つ目に、劇場・音楽堂等が舞踊家を活用したアウトリーチや公演等のセールスプロモーションにおける情報機関としての機能を果たすことで、舞踊家の活動機会を拡大し、もっては経済的基盤の確立に貢献することの可能性が示唆された。ただし、この実現のためには、自治体や教育機関といった第三者を介した信頼性のある情報を蓄積することが重要である。一方、現段階においては劇場・音楽堂に舞踊家のプロファイルの機能よりも、各地域における練習・創造活動の場に関する情報機能の優先度が高いこと明らかなった。これらの対応を充実させることで、劇場・音楽堂等による舞踊家の支援が可能となり、ひいては舞踏家の活動を促し、彼らの経済的基盤の確立に結びつくと考えられる。

静岡文化芸術大学

2013

Advisors/Committee Members: 片山, 泰輔.

Subjects/Keywords: 現代舞踊; ダンス; 舞踏家; 経済基盤; 文化施設

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

山口, . (2014). 現代舞家の経済的基盤に関する研究 : 劇場・音楽堂等による舞踊家の活動促進の可能性 : Research on establishing economic foundations for dancers : Possibility of promoting activities contemporary dancers by cooperating with domestic theaters and music halls. (Thesis). Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1132/00000984/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

山口, 典子. “現代舞家の経済的基盤に関する研究 : 劇場・音楽堂等による舞踊家の活動促進の可能性 : Research on establishing economic foundations for dancers : Possibility of promoting activities contemporary dancers by cooperating with domestic theaters and music halls.” 2014. Thesis, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Accessed September 26, 2017. http://id.nii.ac.jp/1132/00000984/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

山口, 典子. “現代舞家の経済的基盤に関する研究 : 劇場・音楽堂等による舞踊家の活動促進の可能性 : Research on establishing economic foundations for dancers : Possibility of promoting activities contemporary dancers by cooperating with domestic theaters and music halls.” 2014. Web. 26 Sep 2017.

Vancouver:

山口 . 現代舞家の経済的基盤に関する研究 : 劇場・音楽堂等による舞踊家の活動促進の可能性 : Research on establishing economic foundations for dancers : Possibility of promoting activities contemporary dancers by cooperating with domestic theaters and music halls. [Internet] [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2014. [cited 2017 Sep 26]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00000984/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

山口 . 現代舞家の経済的基盤に関する研究 : 劇場・音楽堂等による舞踊家の活動促進の可能性 : Research on establishing economic foundations for dancers : Possibility of promoting activities contemporary dancers by cooperating with domestic theaters and music halls. [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2014. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00000984/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

17. 林, 双. 歴史的な街並みの保全・整備における住民参加の役割 : 日本と中国のケース・スタディ : Roles of public participation in conservation and reconstruction of the Historic Quarters : Comparing Study of Japanese and Chinese Cases.

Degree: 2014, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学

中国では、1978年の改革開放政策が実施されて以来、大規模な開発が急激に進められ、歴史都市も含め、伝統的な町並みや景観が次々と破壊されていった。このような状況に対して、1982年には、国務院により国家歴史文化名城制度が発足し、文化遺産や歴史的景観の保存へ取り組みが始まった。当時、歴史的町並みの保全・整備を行う際に、行政主導の方式で事業を行うため、多くの課題が出てきいる。しかし近年、中国各地で町並み保存に市民団体やまちづくりのNPOが参加する例も少しずつ増えてきおり、町並みの持つ価値が以前より広く認識されるうになった。一方、日本では1970年代頃から、歴史的な町並みの保全には住民参加が進んでおり、1980年代後半になると、行政と一体になって協働し、住民主体となる町並み保存運動が全国各地で盛んに行われるようになった。その結果、歴史的な町並みの保護や活用が積極的に推進され、従来のまちづくりの課題もうまく解決するようになってきている。そこで、本論文はまず日本と中国の歴史的な町並みの保全・整備の政策の流れを比較研究し、その共通点と相違を明らかにした。また、日本と中国の具体的な事例を取り上げ、住民が町並みの保全・整備に参加することよって、いくつかまちづくりの課題の解決に役立っているかを事例の比較よって、検証を試みた。今後、中国の町並み活動を推進するためには、日本の経験を参考にして、まずは制度面での改善が必要とし、そして行政・住民事業者などの関係意識を変えることも重要である。さらに、住民参加について、元の住民が町並みに住み続け、行政と協働してまちづくり活動に取組むことよって、現在中国の主流である行政導型まちづくり課題を解決できることが期待できる。

静岡文化芸術大学

2013

Advisors/Committee Members: 根本, 敏行.

Subjects/Keywords: 歴史的な町並み; 歴史文化名城; 行政主導; 住民参加; historic quarters; historical cultural cities; government oriented; citizen's participation

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

林, . (2014). 歴史的な街並みの保全・整備における住民参加の役割 : 日本と中国のケース・スタディ : Roles of public participation in conservation and reconstruction of the Historic Quarters : Comparing Study of Japanese and Chinese Cases. (Thesis). Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1132/00000985/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

林, 双. “歴史的な街並みの保全・整備における住民参加の役割 : 日本と中国のケース・スタディ : Roles of public participation in conservation and reconstruction of the Historic Quarters : Comparing Study of Japanese and Chinese Cases.” 2014. Thesis, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Accessed September 26, 2017. http://id.nii.ac.jp/1132/00000985/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

林, 双. “歴史的な街並みの保全・整備における住民参加の役割 : 日本と中国のケース・スタディ : Roles of public participation in conservation and reconstruction of the Historic Quarters : Comparing Study of Japanese and Chinese Cases.” 2014. Web. 26 Sep 2017.

Vancouver:

林 . 歴史的な街並みの保全・整備における住民参加の役割 : 日本と中国のケース・スタディ : Roles of public participation in conservation and reconstruction of the Historic Quarters : Comparing Study of Japanese and Chinese Cases. [Internet] [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2014. [cited 2017 Sep 26]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00000985/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

林 . 歴史的な街並みの保全・整備における住民参加の役割 : 日本と中国のケース・スタディ : Roles of public participation in conservation and reconstruction of the Historic Quarters : Comparing Study of Japanese and Chinese Cases. [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2014. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00000985/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

18. 斉, 全. 中国における歴史的建造物の外観保全 : 違反改造に対する現場公務員の執行活動 : The Appearance Conservation of Historical Bulidings in China : the low enforcement of the grass-roots cvil servants against the illegal reconstruction.

Degree: 2015, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学

伝統民家や近代建築等の歴史的建造物は、まちなみや都市の歴史的景観を構成する主要な要素として、ますます重要性が高まっている。中国においても、2008年に歴史的建造物の外観保全に関する国レベルの制度ができた。しかし、規制活動が十分に行われない問題があるため、歴史的建造物に対する違反改造を止めることができていないのが実情である。 本論文では、福建省厦門市コロンス島における歴史的建造物の外観保全を題材にして、違反改造に対する現場公務員の執行活動に関する事例研究を行った。現場公務員はどのような執行体制の下で活動を行っているのか、その活動にはどのような問題があるのかを解明し、第一線公務員理論から執行活動の阻害要因を分析した。 事例研究では、厦門市コロンス島における歴史的建造物の外観保全は、主に取り締まりによって行われていること、取り締まりは法執行大隊の裁量行為によって恣意的に行われていることを明らかにした。 さらに、第一線公務員理論が指摘した目標の曖昧さ、資源の不足、市民の非自発性の3つの視点から、実際に取り締まりを担当する法執行大隊の裁量行為に影響を与えた要因を分析し、4つの課題を指摘した。 第1に、同市政府が違反改造の取り締まりについて明確な目標を設置していないこと、第2に、法執行大隊の職員が十分な訓練を受けていないこと、第3に、法執行大隊の予算収入に自主財源が存在していること、第4に、法執行大隊は違反改造を監視する責任を市民に転嫁していること、である。 以上の結果を踏まえて、本論文では、法執行大隊の管理の問題と執行体制の限界を論じ、改善に向けた提言を試みた。法執行大隊の管理については、業績評価、職員訓練、予算収入の管理、行政監察の4つの制度に関する改善策を提言した。執行体制に関しては、利害関係者との調整機能を導入すること、専門職員や財源などの資源を十分に確保すること、諮問機関を活用することの3点について提言した。

静岡文化芸術大学

2014

Advisors/Committee Members: 松本, 茂章.

Subjects/Keywords: 中国; 歴史的建造物; 規制; 第一線公務員; 執行活動; China; historical building; regulation; street-level bureaucracy; Law enforcement

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

斉, . (2015). 中国における歴史的建造物の外観保全 : 違反改造に対する現場公務員の執行活動 : The Appearance Conservation of Historical Bulidings in China : the low enforcement of the grass-roots cvil servants against the illegal reconstruction. (Thesis). Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1132/00001036/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

斉, 全. “中国における歴史的建造物の外観保全 : 違反改造に対する現場公務員の執行活動 : The Appearance Conservation of Historical Bulidings in China : the low enforcement of the grass-roots cvil servants against the illegal reconstruction.” 2015. Thesis, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Accessed September 26, 2017. http://id.nii.ac.jp/1132/00001036/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

斉, 全. “中国における歴史的建造物の外観保全 : 違反改造に対する現場公務員の執行活動 : The Appearance Conservation of Historical Bulidings in China : the low enforcement of the grass-roots cvil servants against the illegal reconstruction.” 2015. Web. 26 Sep 2017.

Vancouver:

斉 . 中国における歴史的建造物の外観保全 : 違反改造に対する現場公務員の執行活動 : The Appearance Conservation of Historical Bulidings in China : the low enforcement of the grass-roots cvil servants against the illegal reconstruction. [Internet] [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2015. [cited 2017 Sep 26]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00001036/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

斉 . 中国における歴史的建造物の外観保全 : 違反改造に対する現場公務員の執行活動 : The Appearance Conservation of Historical Bulidings in China : the low enforcement of the grass-roots cvil servants against the illegal reconstruction. [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2015. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00001036/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

19. 曳地, 真澄. 市民と共に取り組む文化財保存に関する研究 : 博物館における市民協働型IPMを事例に : Research on cultural heritage preservation with citizens : The case of civil collaborative IPM in museums.

Degree: 2015, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学

日本では、近代以降、文化財の保存機能が博物館に集約されるようになり、文化財保存は専門性の非常に高いものとなっていた。博物館での教育普及活動や文化ボランティアの活動が行われるようになったが、文化財保存や収蔵庫での保管業務に関わるようなボランティア活動や教育普及などは、その専門性故に難しいとされてきた。また、近代化以降の文化財保存は、社会情勢によって方策を変更しながら現在に至っている。地球温暖化を背景に文化財用の燻蒸薬剤として利用されていた臭化メチルが全廃となり、1990年代半ばから、文化財保存の方針がIPM(総合的有害生物管理:Integrated Pest Management)に切り替わった。約20年の間にIPMの認知度は上がったが、十分な体制を整えて実行できない館は依然として多数ある。 IPM導入館のうち多くは、館職員と専門業者によるIPMを行っているが、九州国立博物館・愛知県美術館・岐阜県美術館の3館では、市民も一緒にIPMに取り組む市民共同型IPMの体制を築いている。 そこで、市民協働型IPMを行っている施設のIPM体制を比較し、市民協働型IPMに必要な要素を明らかにし、今後市民協働のIPMを行う施設を行う施設を増やすための示唆を得ることを目的とした研究を行う。 プレ調査の結果、市民IPMには(1)支援者増員による館全体のIPMの促進、(2)文化財保存の教育普及効果、(3)IPM支援者は増えるがボランティアマネジメントの負担も大きい、といった特徴が分かった。 本調査では、調査対象を既に市民協働型IPMを行っている3館4団体と、導入を計画している熊本市現代美術館とし、インタビュー調査と可能な限りでの参与観察・非参与観察を行った。その結果を非営利組織のマネジメント体系に沿って、「ミッション・目標の方策」「戦略的な方策」「戦術的な方策」の3レベルに分類してまとめた。

静岡文化芸術大学

2014

Advisors/Committee Members: 片山, 泰輔.

Subjects/Keywords: 文化財保存; IPM; 博物館ボランティア; ボランティアマネジメント; Conservation of cultural property; IPM; Museum volunteer; Volunteer management

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

曳地, . (2015). 市民と共に取り組む文化財保存に関する研究 : 博物館における市民協働型IPMを事例に : Research on cultural heritage preservation with citizens : The case of civil collaborative IPM in museums. (Thesis). Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1132/00001037/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

曳地, 真澄. “市民と共に取り組む文化財保存に関する研究 : 博物館における市民協働型IPMを事例に : Research on cultural heritage preservation with citizens : The case of civil collaborative IPM in museums.” 2015. Thesis, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Accessed September 26, 2017. http://id.nii.ac.jp/1132/00001037/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

曳地, 真澄. “市民と共に取り組む文化財保存に関する研究 : 博物館における市民協働型IPMを事例に : Research on cultural heritage preservation with citizens : The case of civil collaborative IPM in museums.” 2015. Web. 26 Sep 2017.

Vancouver:

曳地 . 市民と共に取り組む文化財保存に関する研究 : 博物館における市民協働型IPMを事例に : Research on cultural heritage preservation with citizens : The case of civil collaborative IPM in museums. [Internet] [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2015. [cited 2017 Sep 26]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00001037/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

曳地 . 市民と共に取り組む文化財保存に関する研究 : 博物館における市民協働型IPMを事例に : Research on cultural heritage preservation with citizens : The case of civil collaborative IPM in museums. [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2015. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00001037/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

20. 劉, 継東. 中国における現代芸術創造の場としての創意園区 : 北京798芸術地区を中心に : Creative Industries Clusters as a Creative Place of Contemporary Art in China : Focus on Beijing 798 Art District.

Degree: 2015, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学

現代中国は、改革開放政策が取られて約35年、経済発展に驀進してきた。経済発展に伴い、人々の精神及び文化生活が豊かになり、文化的な需要が新たな市場となっている。中国はこれを意識し、創造都市論を取り上げ、成長モデルの転換と産業構造の調整を図る「文化体制改革」を開始した結果、常に当局の取り締まり対象である現代芸術(コンテンポラリーアート)は、文化体制改革政策の一環である「創意園区」制度と認定された北京798芸術地区、上海M50芸術地区などを拠点にして、芸術活動を推進している。 中国の現代芸術に関する政策はまだ未完成であり、「芸術区」という概念も非常に曖昧である。「芸術区」のほかに、「芸術地区」、「画家村」、「芸術村」などの名称も存在している。英語で「Art Zone」「Art District」という翻訳がある。これらの芸術地区は、主に二種類があり、「創意園区」として承認された芸術地区と、承認されていない、アーチストたちのアンダーグランウドの集積地である。本研究は前者、すなわち「創意園区」として認定されている北京798芸術区に焦点を当てた。まず該当芸術区を6段階に分けて、各時期の歴史を明らかにしながら、その同時代の中国社会における現代芸術の位置付けと動向を系統的に整理した。さらに、中国における創造都市論の展開との結びつきを検証し、創意園区制度は現代芸術創造の場としての役割を担っていることを検証した。さらに、現在区内にある商業化問題に対して、比較調査を行った結果、創意園区であるがきり、程度の差はあるが、芸術振興より経済振興が優先されている実態が明らかになった。すなわち創意園区制度は現代芸術創造の場として、一定の有効性は認められるが、適切ではないと判明した。 現代芸術をさらに発展させるために、国家からの認可はもちろん、それなりの支援策も必要とされる。承認され、支援されこそは創造の場である。確かに、創意園区制度を通じて初めて現代芸術を認可したが、これからの芸術型創意園区では経済振興優先ではなく、芸術振興を優先することが望ましい。

静岡文化芸術大学

2014

Advisors/Committee Members: 根本, 敏行.

Subjects/Keywords: 創造都市; 創意園区; 中国現代芸術; 798芸術地区; Creative Industries Clusters; Beijing 798 Art District; Contemporary Art

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

劉, . (2015). 中国における現代芸術創造の場としての創意園区 : 北京798芸術地区を中心に : Creative Industries Clusters as a Creative Place of Contemporary Art in China : Focus on Beijing 798 Art District. (Thesis). Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1132/00001038/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

劉, 継東. “中国における現代芸術創造の場としての創意園区 : 北京798芸術地区を中心に : Creative Industries Clusters as a Creative Place of Contemporary Art in China : Focus on Beijing 798 Art District.” 2015. Thesis, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Accessed September 26, 2017. http://id.nii.ac.jp/1132/00001038/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

劉, 継東. “中国における現代芸術創造の場としての創意園区 : 北京798芸術地区を中心に : Creative Industries Clusters as a Creative Place of Contemporary Art in China : Focus on Beijing 798 Art District.” 2015. Web. 26 Sep 2017.

Vancouver:

劉 . 中国における現代芸術創造の場としての創意園区 : 北京798芸術地区を中心に : Creative Industries Clusters as a Creative Place of Contemporary Art in China : Focus on Beijing 798 Art District. [Internet] [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2015. [cited 2017 Sep 26]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00001038/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

劉 . 中国における現代芸術創造の場としての創意園区 : 北京798芸術地区を中心に : Creative Industries Clusters as a Creative Place of Contemporary Art in China : Focus on Beijing 798 Art District. [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2015. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00001038/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

21. 林, 上安. 芸術祭を活用した産業振興の新たな可能性 : 地方圏芸術祭に焦点を当てて : Exploring the Possibility for the Industrial Development : Focus on Local Art Festivals.

Degree: 2015, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学

地方圏において、少子高齢化の進展と大都市への人口流出が、地域間格差を拡大し、地域経済の衰退と社会的共同生活機能の崩壊を招き地方共通の問題になっている。持続的発展のためには、地方圏における現状の悪化に歯止めをかける地域活性化策が必要であるが、2000年に「大地の芸術祭」が開催され、地域活性化として成功したことが高く評価され、多くの地方自治体は芸術祭を地域活性化の手段として考えるようになり、地方圏で芸術祭が盛んに開催されるようになって来た。地域活性化のためには、経済振興が不可欠である。芸術祭開催期間内で発生する経済波及効果は一時期的に地域経済を高めるが、長期的に地域経済を支える産業の振興は更に重視すべき施策であり、芸術祭を活用して地域経済循環を活性化させることが地方にとって新しい機会となると考える。 本論文の目的は、芸術祭が産業振興の触媒として果たす効果と、それを発揮するための方策を明らかにすることである。 本研究は、地方圏における(1)人口減少地域のインバウンド効果、(2)地方都市のアウトバウンド効果、の2つのフレームを分析軸として、5つの地方圏芸術祭を対象として、行政、芸術祭運営団体や地元業者に対し、計18件のインタビュー調査を行った。これらの調査から、芸術祭による地域産業振興効果として、インバウンド効果は(1)資源の充実(人材の移入と育成、アイディアの移入と技術の向上)、(2)マーケティングの充実(新規創業、客層の転換・拡大、生産誘発)(3)産業のグレードアップ(産業転換、創造性を喚起させる)、以上3つの効果があると考えられる。また、アウトバウンド効果は、(1)地域ブランドの認識度を高める、(2)産業集積を呼ぶための情報発信、以上2つの効果があると明らかに出来た。更に、芸術祭を活用して産業振興を実現するには、(1)継続の必要性、(2)行政の支援、(3)民間の自主性、が必要と考えられる。

静岡文化芸術大学

2014

Advisors/Committee Members: 片山, 泰輔.

Subjects/Keywords: 産業振興; 地域活性化; 芸術祭; アートプロジェクト; Industrial Development; Regional Vitalization; Art Festival; Art Project

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

林, . (2015). 芸術祭を活用した産業振興の新たな可能性 : 地方圏芸術祭に焦点を当てて : Exploring the Possibility for the Industrial Development : Focus on Local Art Festivals. (Thesis). Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1132/00001039/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

林, 上安. “芸術祭を活用した産業振興の新たな可能性 : 地方圏芸術祭に焦点を当てて : Exploring the Possibility for the Industrial Development : Focus on Local Art Festivals.” 2015. Thesis, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Accessed September 26, 2017. http://id.nii.ac.jp/1132/00001039/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

林, 上安. “芸術祭を活用した産業振興の新たな可能性 : 地方圏芸術祭に焦点を当てて : Exploring the Possibility for the Industrial Development : Focus on Local Art Festivals.” 2015. Web. 26 Sep 2017.

Vancouver:

林 . 芸術祭を活用した産業振興の新たな可能性 : 地方圏芸術祭に焦点を当てて : Exploring the Possibility for the Industrial Development : Focus on Local Art Festivals. [Internet] [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2015. [cited 2017 Sep 26]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00001039/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

林 . 芸術祭を活用した産業振興の新たな可能性 : 地方圏芸術祭に焦点を当てて : Exploring the Possibility for the Industrial Development : Focus on Local Art Festivals. [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2015. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00001039/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

22. 細萱, 亜矢. 地方の劇場・音楽堂と芸術創造団体提携が地域にもたらす公益の推進向けて : プロオーケストラを事例として : Promotion of Public goods for Regions through Cooperation between Local regional theaters, concert halls and Arts organizations : A case of Professional orchestras.

Degree: 2016, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学

劇場・音楽堂と芸術創造団体の連携の必要性が求められているが、実際に劇場・音楽堂と芸術創造団体が何等かの提携状態にある件数は全体の2割と少数である。本研究では、地方圏の基礎自治体設置の劇場・音楽堂に焦点をあて、独立した芸術創造団とレジデント・カンパニーを持たない地方の劇場音楽堂が、地域に広く益するための連携を行う要件を明らかにすること目的し、プロオーケストラと連携する劇場・音楽堂3割と、その提携オーケストラおよび、未劇場・音楽堂5館の事業担当者に対してインタビュー調査を行った。提携を行っている劇場・音楽堂と、未連携の劇場・音楽堂の調査結果を比較したところ、多様な鑑賞機会や芸術資源が少ない地方自治体の施設では、様々な芸術の鑑賞機会の提供と、地域の市民芸術団体の施設利用や育成が大きな役割と目的になっている。言換えれば、地域内の今・現在顕化す需要に応え、現状に即したサービスを視野に置いた運営してるということがわかった。 一方、提携を行っている3館に共通しているのは、「現状は地域内で不足しているが、描きたい将来の地域像や目標がある」ということだった。提携を行える要件とは、地域の現状を把握し、それに対応する事業行うだけではなく、「現状を変え、よりより将来像を地域に望む」意思を持っていることであった。従って、連携は地域に顕在化しているニーズに応えるための取組みとしては過大であり、地域社会に革新をもたらそうとする意識があってはじめて効果を発揮してくることが明らかになった。

静岡文化芸術大学

2015

Advisors/Committee Members: 片山, 泰輔.

Subjects/Keywords: 劇場・音楽堂; 提携; プロオーケストラ

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

細萱, . (2016). 地方の劇場・音楽堂と芸術創造団体提携が地域にもたらす公益の推進向けて : プロオーケストラを事例として : Promotion of Public goods for Regions through Cooperation between Local regional theaters, concert halls and Arts organizations : A case of Professional orchestras. (Thesis). Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1132/00001176/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

細萱, 亜矢. “地方の劇場・音楽堂と芸術創造団体提携が地域にもたらす公益の推進向けて : プロオーケストラを事例として : Promotion of Public goods for Regions through Cooperation between Local regional theaters, concert halls and Arts organizations : A case of Professional orchestras.” 2016. Thesis, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Accessed September 26, 2017. http://id.nii.ac.jp/1132/00001176/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

細萱, 亜矢. “地方の劇場・音楽堂と芸術創造団体提携が地域にもたらす公益の推進向けて : プロオーケストラを事例として : Promotion of Public goods for Regions through Cooperation between Local regional theaters, concert halls and Arts organizations : A case of Professional orchestras.” 2016. Web. 26 Sep 2017.

Vancouver:

細萱 . 地方の劇場・音楽堂と芸術創造団体提携が地域にもたらす公益の推進向けて : プロオーケストラを事例として : Promotion of Public goods for Regions through Cooperation between Local regional theaters, concert halls and Arts organizations : A case of Professional orchestras. [Internet] [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2016. [cited 2017 Sep 26]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00001176/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

細萱 . 地方の劇場・音楽堂と芸術創造団体提携が地域にもたらす公益の推進向けて : プロオーケストラを事例として : Promotion of Public goods for Regions through Cooperation between Local regional theaters, concert halls and Arts organizations : A case of Professional orchestras. [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2016. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00001176/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

23. 村松, 厚. ヤマハのアーティスト・リレションと知識変換 : 創造都市浜松における音楽文化の一考察 : Artist Relations of Yamaha and SECI : A Study of the Music Culture in Creative City Hamamatsu.

Degree: 2016, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学

本論文は、浜松に本社を置くヤマハ株式会社(以下ヤマハ)を事例に取上げ、世界の演奏家認められる楽器を作るためにアーティストと協働する活動「アーティスト・リレション(AR)」に焦点を当て、音楽家が求めるの表現(暗黙知)を如何にして楽器として表出(形式知化)していくのか、そのナレッジ・マネメント(SECIモデル)と楽器作りの関係を中心にヤマハのAR活動の実際を明らかにすること目指した。更に、世界中の音楽家との関係性を築くことで「情報交流人口」を拡大させ、楽器産業中心とした音楽文化創造都市浜松をアピールする楽器企業の存在が、Global Talent Magnet として機能おり、浜松における音楽文化の特色のひとつであるという仮説検証を試みた。 研究は、まず音楽文化創造都市を目指す浜松の現状をアンケート調査によって明らかし、さらに浜松おける創造的専門職に該当すると考えられヤマハ関係者への多面的インタビューを実施した。インタビュー内容の構造分析結果から、AR活動を通じた楽器作りのプロセスはSECIモデルそのもであり、 浜松楽器産業競争優位源泉となっているこが分かったが、AR活動が「情報交流人口」拡大に資する Global Talent Magnet としての機能を果たしているかの確認は不十分であったと考える。 加えて、質的調査(インタビュー)を進める中で浜松の音楽文化の特徴として浮かび上がった、アマチュア音楽家の存在がARと共に楽器作りに貢献し、更に浜松においては楽器企業の存在と合わせて創造的人材を吸引する Talent Magnet 機能を果たしていると考えられことが判明した。

静岡文化芸術大学

2015

Advisors/Committee Members: 片山, 泰輔.

Subjects/Keywords: 創造都市浜松の音楽文化; ヤマハの楽器作り; アーティスト・リレーション; SECIモデル; アマチュア音楽家; Music Culture in Creative City Hamamatsu; Making Musical Instruments by Yamaha; Artist Relations; SECI model; Amateur Musician

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

村松, . (2016). ヤマハのアーティスト・リレションと知識変換 : 創造都市浜松における音楽文化の一考察 : Artist Relations of Yamaha and SECI : A Study of the Music Culture in Creative City Hamamatsu. (Thesis). Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1132/00001177/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

村松, 厚. “ヤマハのアーティスト・リレションと知識変換 : 創造都市浜松における音楽文化の一考察 : Artist Relations of Yamaha and SECI : A Study of the Music Culture in Creative City Hamamatsu.” 2016. Thesis, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Accessed September 26, 2017. http://id.nii.ac.jp/1132/00001177/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

村松, 厚. “ヤマハのアーティスト・リレションと知識変換 : 創造都市浜松における音楽文化の一考察 : Artist Relations of Yamaha and SECI : A Study of the Music Culture in Creative City Hamamatsu.” 2016. Web. 26 Sep 2017.

Vancouver:

村松 . ヤマハのアーティスト・リレションと知識変換 : 創造都市浜松における音楽文化の一考察 : Artist Relations of Yamaha and SECI : A Study of the Music Culture in Creative City Hamamatsu. [Internet] [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2016. [cited 2017 Sep 26]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00001177/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

村松 . ヤマハのアーティスト・リレションと知識変換 : 創造都市浜松における音楽文化の一考察 : Artist Relations of Yamaha and SECI : A Study of the Music Culture in Creative City Hamamatsu. [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2016. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00001177/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

24. 大橋, 加奈. 公立文化施設における「平成の合併」の影響 : 旧町村部に立地する文化施設の全国調査を通じて : The impact of the municipal mergers of Heisei Japan on cultural facilities : From a survey of cultural facilities located in old villages and towns.

Degree: 2016, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学

地方分権一括法の施行とともに推進された「平成の合併」は、合併した自治体に様々な影響を及ぼした。そして、この合併による影響は文化の領域においても例外ではない。例えば、合併した市町村の中には、地域の気質を失ってしまったり、文化事業の予算が削減されるといった事態が生じている。そして、地域の文化振興において重要な役割を果たしてきた公立文化施設においても合併を機に、その運営や事業に変化が生じてきている。 そこで、本研究は、地域の公立文化施設に焦点を当て、「平成の合併」後の実態を明らかにすることを目的とした。合併自治体は全国に多数存在する。本論は、それらの合併自治体の中で「非中心地域」を研究の対象とした。この「非中心地域」とは、編入合併の場合の「市に編入されられる側の旧町村部」、新設合併の場合の「市役所が存在し、新市の中心となる自治体以外の旧町村部」を指す。これは、合併によって他の市の周辺地域となってしまった自治体においてこそ、市町村合併による地域アイデンティティの喪失が懸念されるためである。研究の方法としては、「非中心地域」に加え、「中心地域」と「非合併町村」における劇場・音楽堂と博物館を選出し、それらに対して調査票を用いたアンケート調査を実施した。これらの調査結果を比較分析することによって、「非中心地域」の文化施設の実態の特徴を分析することが狙いである。 その結果、合併の影響は、博物館に比べて劇場・音楽堂により顕著に現れていることが明らかとなった。特に、合併に伴う経費節減は、地域のアイデンティティに関わる事業の実施に影響する可能性がある。さらに、文化施設の地元地域に対する姿勢、利用者・来場者の状況、他地域施設への関心、近年の予算といった実態を明らかにすることができた。

静岡文化芸術大学

2015

Advisors/Committee Members: 片山, 泰輔.

Subjects/Keywords: 平成の合併; 非中心地域; 劇場・音楽堂; 博物館; The municipal mergers of Heisei in Japan; Surrounding areas of merged municipalities; Theaters and concert halls; Museums

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

大橋, . (2016). 公立文化施設における「平成の合併」の影響 : 旧町村部に立地する文化施設の全国調査を通じて : The impact of the municipal mergers of Heisei Japan on cultural facilities : From a survey of cultural facilities located in old villages and towns. (Thesis). Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1132/00001178/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

大橋, 加奈. “公立文化施設における「平成の合併」の影響 : 旧町村部に立地する文化施設の全国調査を通じて : The impact of the municipal mergers of Heisei Japan on cultural facilities : From a survey of cultural facilities located in old villages and towns.” 2016. Thesis, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Accessed September 26, 2017. http://id.nii.ac.jp/1132/00001178/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

大橋, 加奈. “公立文化施設における「平成の合併」の影響 : 旧町村部に立地する文化施設の全国調査を通じて : The impact of the municipal mergers of Heisei Japan on cultural facilities : From a survey of cultural facilities located in old villages and towns.” 2016. Web. 26 Sep 2017.

Vancouver:

大橋 . 公立文化施設における「平成の合併」の影響 : 旧町村部に立地する文化施設の全国調査を通じて : The impact of the municipal mergers of Heisei Japan on cultural facilities : From a survey of cultural facilities located in old villages and towns. [Internet] [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2016. [cited 2017 Sep 26]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00001178/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

大橋 . 公立文化施設における「平成の合併」の影響 : 旧町村部に立地する文化施設の全国調査を通じて : The impact of the municipal mergers of Heisei Japan on cultural facilities : From a survey of cultural facilities located in old villages and towns. [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2016. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00001178/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

25. 梶谷, 智. 地域社会におけるシニア演劇の可能性 : 箕面市の劇団「すずしろ」を事例に : Possibilities of the Senior Theatre in Community : A Study on Theatre Company "Suzushiro" Based in Minoh City.

Degree: 2016, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学

少子高齢化の進むわが国では、高齢者が地域社会の担い手になることが期待される。高齢者の社会参加を促すものとして芸術文化活動の重要性は高まっているが、いまだ個人の問題として扱われがちである。本研究では近年注目されつつあるシニア演劇を題材に、高齢者の芸術文化活動を地域社会との関わりの中で捉え直し、その社会的な意義を明らかにすることを目的とする。調査対象は大阪府箕面市の劇団「すずしろ」とする。同劇団は、設立に行政が関与した点と、プロ俳優が指導する点に特徴があり、ニューヨーク公演や全国シニア演劇大会の実施などの特筆すべき実績を持つ。調査方法は劇団および行政へのインタビュー調査である。 事例分析では中川幾郎の「自治体文化政策基本モデル」を参考に、「蓄積」「表現」「交流」の3つの視点から、劇団および行政の成果と課題を整理した。その結果、「蓄積」「表現」の側面では一定の成果を上げていることが分かった。具体的には、団員の意識が地域社会に向けられるようになったこと、公演を通じて他の高齢者に影響を与えていること、市の知名度向上に寄与していることなどが挙げられる。一方、「交流」の側面では課題もあった。劇団が地域に開かれた存在になるために、他世代や他団体との交流を促進する必要性が浮かび上がった。事例調査・分析から、地域社会においてシニア演劇が担う役割として5つの可能性を指摘した。(1)社会参加のきっかけをつくること (2)他の高齢者のロールモデルになること (3)高齢社会の問題を地域で共有する場になること (4)シティ・プロモーションの役割を果たすこと (5)演劇文化の振興に寄与することである。最後にシニア演劇の発展条件として、高齢者、演劇人、行政の果たすべき役割をそれぞれ指摘した。

静岡文化芸術大学

2015

Advisors/Committee Members: 松本, 茂章.

Subjects/Keywords: シニア演劇; 高齢者の社会参加; ロールモデル; 地域文化振興; 多世代交流; the senior theatre; social participation of the elderly people; role model; promotion of the local culture; interaction between generations

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

梶谷, . (2016). 地域社会におけるシニア演劇の可能性 : 箕面市の劇団「すずしろ」を事例に : Possibilities of the Senior Theatre in Community : A Study on Theatre Company "Suzushiro" Based in Minoh City. (Thesis). Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1132/00001179/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

梶谷, 智. “地域社会におけるシニア演劇の可能性 : 箕面市の劇団「すずしろ」を事例に : Possibilities of the Senior Theatre in Community : A Study on Theatre Company "Suzushiro" Based in Minoh City.” 2016. Thesis, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Accessed September 26, 2017. http://id.nii.ac.jp/1132/00001179/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

梶谷, 智. “地域社会におけるシニア演劇の可能性 : 箕面市の劇団「すずしろ」を事例に : Possibilities of the Senior Theatre in Community : A Study on Theatre Company "Suzushiro" Based in Minoh City.” 2016. Web. 26 Sep 2017.

Vancouver:

梶谷 . 地域社会におけるシニア演劇の可能性 : 箕面市の劇団「すずしろ」を事例に : Possibilities of the Senior Theatre in Community : A Study on Theatre Company "Suzushiro" Based in Minoh City. [Internet] [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2016. [cited 2017 Sep 26]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00001179/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

梶谷 . 地域社会におけるシニア演劇の可能性 : 箕面市の劇団「すずしろ」を事例に : Possibilities of the Senior Theatre in Community : A Study on Theatre Company "Suzushiro" Based in Minoh City. [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2016. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00001179/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

26. 近藤, 大祐. 浜松におけるブラジル人移住第2世代の発信活動 : ライフストーリー分析を中心に : Messages for Younger Cohorts : A Life Story Analysis of Second Generation Migrants from Brazil in Hamamatsu.

Degree: 2016, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学

本論文は後続の子どもたちのために自らの声をホスト社会に発信するブラジル人移住第2世代の若者に焦点を当てる。そして、第2世代の若者の活躍が今日の浜松市で何故実現しているのか明らかにすることを目的とする。そのために、浜松市におけるブラジル人移住第2世代の「発信活動」の過程および変化をライフストーリーの手法で分析した。本研究における「発信」とは、日本語を用い、ホスト社会の住民および、外国にルーツのある後続の世代の子どもとその保護者に届く形で教育に関する情報提供と意思表明を行うことを指す。第2世代は発信に至るまでに、将来の見通しに関する「情報」を獲得し、「時間」の捉え方に質的な転換が見られた。加えて、「アイデンティティ」は他者との関係を契機に葛藤、肯定、深化の過程を経ていることが分かった。第2世代は日本社会において、外国人の子ども一般を取り巻く環境を知り、問題意識を抱き、当事者性を意識する。そして、事業担当者(エージェント)と出会い、自分の思いを発信するに至った。さらに、発信の規定要因を明らかにするために、当事者の資源獲得に加え、発信を支えるエージェントの機能を分析した。エージェントは「仕組みづくり」、「人への働きかけ」、「舞台の設え」の機能を果たし、移住第2世代の声を社会につなぐ媒介者となっていることが明らかになった。浜松におけるブラジル人移住第2世代による発信活動の規定要因は以下の通りに結論づけることができる。すなわち、(1)ある立場を人が担い、上記3つの機能を持っていること、(2)所属する機関・団体間でエージェントを中心に、ゆるやかなネットワークを形成していること、(3)多文化共生の地域づくりで資金や場の工面ができる環境にあること、(4)資源を獲得したブラジル人移住第2世代がホスト社会へ台頭していること、である。

静岡文化芸術大学

2015

Advisors/Committee Members: 池上, 重弘.

Subjects/Keywords: ブラジル人移住第2世代; ライフストーリー; 編成的資源; エージェント; 浜松市; second generation migrants from Brazil; life story; organizing resources; agents; Hamamatsu

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

近藤, . (2016). 浜松におけるブラジル人移住第2世代の発信活動 : ライフストーリー分析を中心に : Messages for Younger Cohorts : A Life Story Analysis of Second Generation Migrants from Brazil in Hamamatsu. (Thesis). Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1132/00001180/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

近藤, 大祐. “浜松におけるブラジル人移住第2世代の発信活動 : ライフストーリー分析を中心に : Messages for Younger Cohorts : A Life Story Analysis of Second Generation Migrants from Brazil in Hamamatsu.” 2016. Thesis, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Accessed September 26, 2017. http://id.nii.ac.jp/1132/00001180/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

近藤, 大祐. “浜松におけるブラジル人移住第2世代の発信活動 : ライフストーリー分析を中心に : Messages for Younger Cohorts : A Life Story Analysis of Second Generation Migrants from Brazil in Hamamatsu.” 2016. Web. 26 Sep 2017.

Vancouver:

近藤 . 浜松におけるブラジル人移住第2世代の発信活動 : ライフストーリー分析を中心に : Messages for Younger Cohorts : A Life Story Analysis of Second Generation Migrants from Brazil in Hamamatsu. [Internet] [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2016. [cited 2017 Sep 26]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00001180/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

近藤 . 浜松におけるブラジル人移住第2世代の発信活動 : ライフストーリー分析を中心に : Messages for Younger Cohorts : A Life Story Analysis of Second Generation Migrants from Brazil in Hamamatsu. [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2016. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00001180/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

27. 刘, 斯佳. 現代中国における校外音楽教育の研究 : 長春市少年宮と顕順琵琶学校を中心として : A Study on the Off Campus Music Education in Modern China : Focusing on the Children's Palace in Changchun City and Xian Shun Pipa School.

Degree: 2016, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学

21世紀、中国は経済発展に伴い、生活における衣食住などの物質的な満足から、音楽など精神的世界の豊かさを享受しようと努力している。中国の音楽教育は学校音楽教育と校外音楽教育に分けられ、さらに、校外音楽教育は社会音楽教育と民間音楽教育に分けられている。近年、学校音楽教育と比べ、校外音楽教育の方が盛んになっている。これまで学校音楽教育については研究が進められてきたが、校外の音楽教育、特に民間音楽教育については、あまり研究されてこなかった。 本研究では、まず第一章で学校音楽教育の歴史を新中国建立前、新中国建立後、改革開放以第から現代の順で説明した。また、、学校音楽教育状を分析し、現在の学校音楽教育の問題点を明らかにした。第二章では、社会音楽教育として少年宮を取り上げ、少年宮の歴史・背景などを調査した上で、特に「長春市少年宮」を取りげた。近年長春市少年宮の問題に関する記事が多くなり、現在学生が減り、衰退してきた事実を述べた。第三章では民間音楽教育のマンツーマン音楽教育と一種類の楽器の専門学校―顕順琵琶学校を取り上げて、現状と問題点を分析した。また、第四章で現在の中国音楽教育において、重要な制度として認識されている社会音楽考級試験について分析した。音楽考級試験はどのようなものなのかを本論文で明らかにした。 校外音楽教育の目的はミュージシャンを養成することではなく、音楽を普及させ、子供の精神的糧を増し、心身健康な子供を養成することである。音楽上達の成果の追求ではなく、校外音楽教育を普及させ、子供は心から、生活を愛し、さらに一生音楽を伴い、生活の質を向上させることが目的である。学校音楽教育、社会音楽教育、民間音楽教育の間には、競争ではなく、お互いに支え、長所を持って短所を補足する考えが必要である。

静岡文化芸術大学

2015

Advisors/Committee Members: 奥中, 康人.

Subjects/Keywords: 校外音楽教育; 少年宮; 顕順琵琶学校; 考級; Off-Campus Music Education; Children's Palace; Xian Shun Pipa School; Grade Examination

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

刘, . (2016). 現代中国における校外音楽教育の研究 : 長春市少年宮と顕順琵琶学校を中心として : A Study on the Off Campus Music Education in Modern China : Focusing on the Children's Palace in Changchun City and Xian Shun Pipa School. (Thesis). Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1132/00001181/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

刘, 斯佳. “現代中国における校外音楽教育の研究 : 長春市少年宮と顕順琵琶学校を中心として : A Study on the Off Campus Music Education in Modern China : Focusing on the Children's Palace in Changchun City and Xian Shun Pipa School.” 2016. Thesis, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Accessed September 26, 2017. http://id.nii.ac.jp/1132/00001181/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

刘, 斯佳. “現代中国における校外音楽教育の研究 : 長春市少年宮と顕順琵琶学校を中心として : A Study on the Off Campus Music Education in Modern China : Focusing on the Children's Palace in Changchun City and Xian Shun Pipa School.” 2016. Web. 26 Sep 2017.

Vancouver:

刘 . 現代中国における校外音楽教育の研究 : 長春市少年宮と顕順琵琶学校を中心として : A Study on the Off Campus Music Education in Modern China : Focusing on the Children's Palace in Changchun City and Xian Shun Pipa School. [Internet] [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2016. [cited 2017 Sep 26]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00001181/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

刘 . 現代中国における校外音楽教育の研究 : 長春市少年宮と顕順琵琶学校を中心として : A Study on the Off Campus Music Education in Modern China : Focusing on the Children's Palace in Changchun City and Xian Shun Pipa School. [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2016. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00001181/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

28. 廖, 珮荏. 伝統工芸産業を活かした地域性化 : 台湾・鶯歌区の事例を中心に : Regional Revitalization by Utilizing the Traditional Craft Industry : A Case Study of the Yingge District in Taiwan.

Degree: 2016, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学

台湾鶯歌区の陶磁器産業は安価な陶磁器製品の流入、また海外市場で競争力低下による輸出不振などの課題を抱え、1980 年代後半以降衰退の一途を辿っている。こうした地域再生する努力が続くなか、1990年代頃から文化芸術を核に地域活性化を志向する「創造都市政策」が、とられようになった。鶯歌区は地域振興のため、政策を「観光化」→「産業観光振興」→「文化創造振興」といった順に展開してきた。 本研究では、台湾鶯歌区における近年の地域活性化政策の方向性の整理と今後の政策展開に向けた考察をすることを目的とした。研究方法としては、鶯歌区に関する先行研究の調査、直近鶯歌区の状況に関する現地調査を行い、さらに陶磁器産地である金沢、有田、常滑、多治見を取り上げ、台湾鶯歌区の事例と比較する。アートの力を通じて発展したそれらの地域の観光面、産業面、市民生活面を文献及び現地ヒアリング調査で分析する。台湾鶯歌区は創造的都市に向けての可能性と陶磁器産業を支える事業や方策の有効性を検証することによって、支援策の有り方を導き出すことが狙いである。 検証の結果、アートの力を通じた観光、産業、市民生活を含めた地域活性化方策による影響は顕著に現れていることが明らかとなった。鶯歌区の課題と日本の事例に見る施策効果、施策の限界と課題を提示することができた。特に、台湾鶯歌区での地域活性化には、陶磁器産業を支える創造の「場の整備」、「人材育成」、「産学官の連携」が極めて重要なことを明らかにできた。

静岡文化芸術大学

2015

Advisors/Committee Members: 根本, 敏行.

Subjects/Keywords: 鶯歌; 伝統工芸産業; 地域活性化; アートの力; 創造都市; Yingge; traditional crafts industries; regional revitalization; the power of art; creative city

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

廖, . (2016). 伝統工芸産業を活かした地域性化 : 台湾・鶯歌区の事例を中心に : Regional Revitalization by Utilizing the Traditional Craft Industry : A Case Study of the Yingge District in Taiwan. (Thesis). Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1132/00001182/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

廖, 珮荏. “伝統工芸産業を活かした地域性化 : 台湾・鶯歌区の事例を中心に : Regional Revitalization by Utilizing the Traditional Craft Industry : A Case Study of the Yingge District in Taiwan.” 2016. Thesis, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Accessed September 26, 2017. http://id.nii.ac.jp/1132/00001182/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

廖, 珮荏. “伝統工芸産業を活かした地域性化 : 台湾・鶯歌区の事例を中心に : Regional Revitalization by Utilizing the Traditional Craft Industry : A Case Study of the Yingge District in Taiwan.” 2016. Web. 26 Sep 2017.

Vancouver:

廖 . 伝統工芸産業を活かした地域性化 : 台湾・鶯歌区の事例を中心に : Regional Revitalization by Utilizing the Traditional Craft Industry : A Case Study of the Yingge District in Taiwan. [Internet] [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2016. [cited 2017 Sep 26]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00001182/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

廖 . 伝統工芸産業を活かした地域性化 : 台湾・鶯歌区の事例を中心に : Regional Revitalization by Utilizing the Traditional Craft Industry : A Case Study of the Yingge District in Taiwan. [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2016. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00001182/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

29. 本田, 俊太郎. 新形状眼鏡フレームの研究と提案:支持部位の追加によるずれ軽減への試み.

Degree: 2016, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学

静岡文化芸術大学 Advisors/Committee Members: 黒田, 宏治.

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

本田, . (2016). 新形状眼鏡フレームの研究と提案:支持部位の追加によるずれ軽減への試み. (Thesis). Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1132/00001276/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

本田, 俊太郎. “新形状眼鏡フレームの研究と提案:支持部位の追加によるずれ軽減への試み.” 2016. Thesis, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Accessed September 26, 2017. http://id.nii.ac.jp/1132/00001276/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

本田, 俊太郎. “新形状眼鏡フレームの研究と提案:支持部位の追加によるずれ軽減への試み.” 2016. Web. 26 Sep 2017.

Vancouver:

本田 . 新形状眼鏡フレームの研究と提案:支持部位の追加によるずれ軽減への試み. [Internet] [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2016. [cited 2017 Sep 26]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00001276/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

本田 . 新形状眼鏡フレームの研究と提案:支持部位の追加によるずれ軽減への試み. [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2016. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00001276/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

30. 近藤, 洋輔. 浜松市舞阪地区における津波対策と景観計画の研究.

Degree: 2016, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学

静岡文化芸術大学 Advisors/Committee Members: 寒竹, 伸一.

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

近藤, . (2016). 浜松市舞阪地区における津波対策と景観計画の研究. (Thesis). Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1132/00001277/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

近藤, 洋輔. “浜松市舞阪地区における津波対策と景観計画の研究.” 2016. Thesis, Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学. Accessed September 26, 2017. http://id.nii.ac.jp/1132/00001277/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

近藤, 洋輔. “浜松市舞阪地区における津波対策と景観計画の研究.” 2016. Web. 26 Sep 2017.

Vancouver:

近藤 . 浜松市舞阪地区における津波対策と景観計画の研究. [Internet] [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2016. [cited 2017 Sep 26]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00001277/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

近藤 . 浜松市舞阪地区における津波対策と景観計画の研究. [Thesis]. Shizuoka University of Art and Culture / 静岡文化芸術大学; 2016. Available from: http://id.nii.ac.jp/1132/00001277/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

[1] [2]

.