Advanced search options

Advanced Search Options 🞨

Browse by author name (“Author name starts with…”).

Find ETDs with:

in
/  
in
/  
in
/  
in

Written in Published in Earliest date Latest date

Sorted by

Results per page:

Sorted by: relevance · author · university · dateNew search

You searched for publisher:"Ochanomizu University". Showing records 1 – 30 of 470 total matches.

[1] [2] [3] [4] [5] … [16]

Search Limiters

Last 2 Years | English Only

Languages

▼ Search Limiters

1. 西田, 恵里奈. Development of advanced technology on optical system of gravitational wave detector KAGRA.

Degree: 博士(理学), 2018, Ochanomizu University / お茶の水女子大学

 Gravitational wave is the space-time distortion, which propagates\\r\\\with a speed of light and its existence is predicted by the theory of\\r\\ ≥ neral relativity. It generates from… (more)

Subjects/Keywords: 429

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

西田, . (2018). Development of advanced technology on optical system of gravitational wave detector KAGRA. (Thesis). Ochanomizu University / お茶の水女子大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10083/51915

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

西田, 恵里奈. “Development of advanced technology on optical system of gravitational wave detector KAGRA.” 2018. Thesis, Ochanomizu University / お茶の水女子大学. Accessed January 15, 2019. http://hdl.handle.net/10083/51915.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

西田, 恵里奈. “Development of advanced technology on optical system of gravitational wave detector KAGRA.” 2018. Web. 15 Jan 2019.

Vancouver:

西田 . Development of advanced technology on optical system of gravitational wave detector KAGRA. [Internet] [Thesis]. Ochanomizu University / お茶の水女子大学; 2018. [cited 2019 Jan 15]. Available from: http://hdl.handle.net/10083/51915.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

西田 . Development of advanced technology on optical system of gravitational wave detector KAGRA. [Thesis]. Ochanomizu University / お茶の水女子大学; 2018. Available from: http://hdl.handle.net/10083/51915

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

2. YAO, Xin. 英語ライティングにおける中国大学生の盗用問題に関する研究 : An Investigation of Chinese University Students' Attitudes toward Plagiarism [学位論文内容の要旨/学位論文審査の要旨/日本語要旨/外国語要旨].

Degree: 博士(人文科学), 2018, Ochanomizu University / お茶の水女子大学

The main purpose of this study is to convey the status of the plagiarism issue in Chinese universities. Three perspectives are examined for accomplishing this… (more)

Subjects/Keywords: 370

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

YAO, X. (2018). 英語ライティングにおける中国大学生の盗用問題に関する研究 : An Investigation of Chinese University Students' Attitudes toward Plagiarism [学位論文内容の要旨/学位論文審査の要旨/日本語要旨/外国語要旨]. (Thesis). Ochanomizu University / お茶の水女子大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10083/54626

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

YAO, Xin. “英語ライティングにおける中国大学生の盗用問題に関する研究 : An Investigation of Chinese University Students' Attitudes toward Plagiarism [学位論文内容の要旨/学位論文審査の要旨/日本語要旨/外国語要旨].” 2018. Thesis, Ochanomizu University / お茶の水女子大学. Accessed January 15, 2019. http://hdl.handle.net/10083/54626.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

YAO, Xin. “英語ライティングにおける中国大学生の盗用問題に関する研究 : An Investigation of Chinese University Students' Attitudes toward Plagiarism [学位論文内容の要旨/学位論文審査の要旨/日本語要旨/外国語要旨].” 2018. Web. 15 Jan 2019.

Vancouver:

YAO X. 英語ライティングにおける中国大学生の盗用問題に関する研究 : An Investigation of Chinese University Students' Attitudes toward Plagiarism [学位論文内容の要旨/学位論文審査の要旨/日本語要旨/外国語要旨]. [Internet] [Thesis]. Ochanomizu University / お茶の水女子大学; 2018. [cited 2019 Jan 15]. Available from: http://hdl.handle.net/10083/54626.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

YAO X. 英語ライティングにおける中国大学生の盗用問題に関する研究 : An Investigation of Chinese University Students' Attitudes toward Plagiarism [学位論文内容の要旨/学位論文審査の要旨/日本語要旨/外国語要旨]. [Thesis]. Ochanomizu University / お茶の水女子大学; 2018. Available from: http://hdl.handle.net/10083/54626

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

3. 天神, 裕子. “半山”作家林海音の主婦像 : 台湾と北京・日本を漂泊した家庭 : Housewives discourse of "Banshan" anshanvLin-Haiyin : A drift home in Taiwan, Beijing and Japan.

Degree: 博士(人文科学), 2018, Ochanomizu University / お茶の水女子大学

お茶の水女子大学人間文化創成科学研究科博士(人文科学)学位論文・平成28年3月23日授与(甲第175号)

Subjects/Keywords: 半山; 林海音; 台湾; 1950年代; 主婦

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

天神, . (2018). “半山”作家林海音の主婦像 : 台湾と北京・日本を漂泊した家庭 : Housewives discourse of "Banshan" anshanvLin-Haiyin : A drift home in Taiwan, Beijing and Japan. (Thesis). Ochanomizu University / お茶の水女子大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10083/59608

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

天神, 裕子. ““半山”作家林海音の主婦像 : 台湾と北京・日本を漂泊した家庭 : Housewives discourse of "Banshan" anshanvLin-Haiyin : A drift home in Taiwan, Beijing and Japan.” 2018. Thesis, Ochanomizu University / お茶の水女子大学. Accessed January 15, 2019. http://hdl.handle.net/10083/59608.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

天神, 裕子. ““半山”作家林海音の主婦像 : 台湾と北京・日本を漂泊した家庭 : Housewives discourse of "Banshan" anshanvLin-Haiyin : A drift home in Taiwan, Beijing and Japan.” 2018. Web. 15 Jan 2019.

Vancouver:

天神 . “半山”作家林海音の主婦像 : 台湾と北京・日本を漂泊した家庭 : Housewives discourse of "Banshan" anshanvLin-Haiyin : A drift home in Taiwan, Beijing and Japan. [Internet] [Thesis]. Ochanomizu University / お茶の水女子大学; 2018. [cited 2019 Jan 15]. Available from: http://hdl.handle.net/10083/59608.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

天神 . “半山”作家林海音の主婦像 : 台湾と北京・日本を漂泊した家庭 : Housewives discourse of "Banshan" anshanvLin-Haiyin : A drift home in Taiwan, Beijing and Japan. [Thesis]. Ochanomizu University / お茶の水女子大学; 2018. Available from: http://hdl.handle.net/10083/59608

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

4. 谷, 茉莉. 微細加工表面への浸透現象 : Imbibition of Micro-Patterned Surfaces.

Degree: 博士(理学), 2018, Ochanomizu University / お茶の水女子大学

お茶の水女子大学人間文化創成科学研究科博士(理学)学位論文・平成28年3月23日授与(甲第202号)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

谷, . (2018). 微細加工表面への浸透現象 : Imbibition of Micro-Patterned Surfaces. (Thesis). Ochanomizu University / お茶の水女子大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10083/60686

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

谷, 茉莉. “微細加工表面への浸透現象 : Imbibition of Micro-Patterned Surfaces.” 2018. Thesis, Ochanomizu University / お茶の水女子大学. Accessed January 15, 2019. http://hdl.handle.net/10083/60686.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

谷, 茉莉. “微細加工表面への浸透現象 : Imbibition of Micro-Patterned Surfaces.” 2018. Web. 15 Jan 2019.

Vancouver:

谷 . 微細加工表面への浸透現象 : Imbibition of Micro-Patterned Surfaces. [Internet] [Thesis]. Ochanomizu University / お茶の水女子大学; 2018. [cited 2019 Jan 15]. Available from: http://hdl.handle.net/10083/60686.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

谷 . 微細加工表面への浸透現象 : Imbibition of Micro-Patterned Surfaces. [Thesis]. Ochanomizu University / お茶の水女子大学; 2018. Available from: http://hdl.handle.net/10083/60686

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

5. 高橋, 節子; TAKAHASHI, Setsuko. 子どものための物理的環境 : モンテッソーリ教育における建築・設備・家具・道具 : What is the essential nature of the physical environment for nursery school?: Lessons from the Children’s Houses of Maria Montessori.

Degree: 博士(学術), 2014, Ochanomizu University / お茶の水女子大学

お茶の水女子大学人間文化創成科学研究科博士(学術)学位論文・平成26年3月24日授与(甲第117号)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

高橋, 節子; TAKAHASHI, S. (2014). 子どものための物理的環境 : モンテッソーリ教育における建築・設備・家具・道具 : What is the essential nature of the physical environment for nursery school?: Lessons from the Children’s Houses of Maria Montessori. (Thesis). Ochanomizu University / お茶の水女子大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10083/55230

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

高橋, 節子; TAKAHASHI, Setsuko. “子どものための物理的環境 : モンテッソーリ教育における建築・設備・家具・道具 : What is the essential nature of the physical environment for nursery school?: Lessons from the Children’s Houses of Maria Montessori.” 2014. Thesis, Ochanomizu University / お茶の水女子大学. Accessed January 15, 2019. http://hdl.handle.net/10083/55230.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

高橋, 節子; TAKAHASHI, Setsuko. “子どものための物理的環境 : モンテッソーリ教育における建築・設備・家具・道具 : What is the essential nature of the physical environment for nursery school?: Lessons from the Children’s Houses of Maria Montessori.” 2014. Web. 15 Jan 2019.

Vancouver:

高橋, 節子; TAKAHASHI S. 子どものための物理的環境 : モンテッソーリ教育における建築・設備・家具・道具 : What is the essential nature of the physical environment for nursery school?: Lessons from the Children’s Houses of Maria Montessori. [Internet] [Thesis]. Ochanomizu University / お茶の水女子大学; 2014. [cited 2019 Jan 15]. Available from: http://hdl.handle.net/10083/55230.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

高橋, 節子; TAKAHASHI S. 子どものための物理的環境 : モンテッソーリ教育における建築・設備・家具・道具 : What is the essential nature of the physical environment for nursery school?: Lessons from the Children’s Houses of Maria Montessori. [Thesis]. Ochanomizu University / お茶の水女子大学; 2014. Available from: http://hdl.handle.net/10083/55230

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

6. 吉田, 好美; YOSHIDA, Yoshimi. 勧誘に対する断りの研究 : 日本語母語話者とマナド語母語話者の比較 : A Research on Refusal to Invitation : Comparison between native speakers of Japanese and Manado Malay.

Degree: 博士(人文科学), 2015, Ochanomizu University / お茶の水女子大学

お茶の水女子大学人間文化創成科学研究科博士(人文科学)学位論文・平成27年3月23日授与(乙第353号)

Subjects/Keywords: 断り; 意味公式; 間接的断り; 付随表現

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

吉田, 好美; YOSHIDA, Y. (2015). 勧誘に対する断りの研究 : 日本語母語話者とマナド語母語話者の比較 : A Research on Refusal to Invitation : Comparison between native speakers of Japanese and Manado Malay. (Thesis). Ochanomizu University / お茶の水女子大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10083/57786

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

吉田, 好美; YOSHIDA, Yoshimi. “勧誘に対する断りの研究 : 日本語母語話者とマナド語母語話者の比較 : A Research on Refusal to Invitation : Comparison between native speakers of Japanese and Manado Malay.” 2015. Thesis, Ochanomizu University / お茶の水女子大学. Accessed January 15, 2019. http://hdl.handle.net/10083/57786.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

吉田, 好美; YOSHIDA, Yoshimi. “勧誘に対する断りの研究 : 日本語母語話者とマナド語母語話者の比較 : A Research on Refusal to Invitation : Comparison between native speakers of Japanese and Manado Malay.” 2015. Web. 15 Jan 2019.

Vancouver:

吉田, 好美; YOSHIDA Y. 勧誘に対する断りの研究 : 日本語母語話者とマナド語母語話者の比較 : A Research on Refusal to Invitation : Comparison between native speakers of Japanese and Manado Malay. [Internet] [Thesis]. Ochanomizu University / お茶の水女子大学; 2015. [cited 2019 Jan 15]. Available from: http://hdl.handle.net/10083/57786.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

吉田, 好美; YOSHIDA Y. 勧誘に対する断りの研究 : 日本語母語話者とマナド語母語話者の比較 : A Research on Refusal to Invitation : Comparison between native speakers of Japanese and Manado Malay. [Thesis]. Ochanomizu University / お茶の水女子大学; 2015. Available from: http://hdl.handle.net/10083/57786

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

7. 船戸, はるな. 継続的な文字チャットによる日本語学習者の情報の伝達に関わる言語表現の変化 : Change in JFL Learners' Language Expressions Concerning Conveying Information by Continual Use of Online Chat.

Degree: 博士(人文科学), 2018, Ochanomizu University / お茶の水女子大学

お茶の水女子大学人間文化創成科学研究科博士(人文科学)学位論文・平成27年3月23日授与(甲第143号)

Subjects/Keywords: チャット; 終助詞「ね」; 相づち; モダリティ; 間接形; 情報の縄張り理論

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

船戸, . (2018). 継続的な文字チャットによる日本語学習者の情報の伝達に関わる言語表現の変化 : Change in JFL Learners' Language Expressions Concerning Conveying Information by Continual Use of Online Chat. (Thesis). Ochanomizu University / お茶の水女子大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10083/57668

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

船戸, はるな. “継続的な文字チャットによる日本語学習者の情報の伝達に関わる言語表現の変化 : Change in JFL Learners' Language Expressions Concerning Conveying Information by Continual Use of Online Chat.” 2018. Thesis, Ochanomizu University / お茶の水女子大学. Accessed January 15, 2019. http://hdl.handle.net/10083/57668.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

船戸, はるな. “継続的な文字チャットによる日本語学習者の情報の伝達に関わる言語表現の変化 : Change in JFL Learners' Language Expressions Concerning Conveying Information by Continual Use of Online Chat.” 2018. Web. 15 Jan 2019.

Vancouver:

船戸 . 継続的な文字チャットによる日本語学習者の情報の伝達に関わる言語表現の変化 : Change in JFL Learners' Language Expressions Concerning Conveying Information by Continual Use of Online Chat. [Internet] [Thesis]. Ochanomizu University / お茶の水女子大学; 2018. [cited 2019 Jan 15]. Available from: http://hdl.handle.net/10083/57668.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

船戸 . 継続的な文字チャットによる日本語学習者の情報の伝達に関わる言語表現の変化 : Change in JFL Learners' Language Expressions Concerning Conveying Information by Continual Use of Online Chat. [Thesis]. Ochanomizu University / お茶の水女子大学; 2018. Available from: http://hdl.handle.net/10083/57668

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

8. 小竹, 佐知子. 食品の調味機構の解析 : 食品内部への調味料の拡散 : Studies on the Mechanism of Seasoning : Diffusion of Seasoning Substances into Food Materials.

Degree: 学術博士, 2018, Ochanomizu University / お茶の水女子大学

 Seasoning plays an indispensable part in cooking and food-processing. Various phenomena, such as diffusion, osmosis, adhesion, and adsorption, occur during the seasoning process between the… (more)

Subjects/Keywords: 498

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

小竹, . (2018). 食品の調味機構の解析 : 食品内部への調味料の拡散 : Studies on the Mechanism of Seasoning : Diffusion of Seasoning Substances into Food Materials. (Thesis). Ochanomizu University / お茶の水女子大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10083/51311

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

小竹, 佐知子. “食品の調味機構の解析 : 食品内部への調味料の拡散 : Studies on the Mechanism of Seasoning : Diffusion of Seasoning Substances into Food Materials.” 2018. Thesis, Ochanomizu University / お茶の水女子大学. Accessed January 15, 2019. http://hdl.handle.net/10083/51311.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

小竹, 佐知子. “食品の調味機構の解析 : 食品内部への調味料の拡散 : Studies on the Mechanism of Seasoning : Diffusion of Seasoning Substances into Food Materials.” 2018. Web. 15 Jan 2019.

Vancouver:

小竹 . 食品の調味機構の解析 : 食品内部への調味料の拡散 : Studies on the Mechanism of Seasoning : Diffusion of Seasoning Substances into Food Materials. [Internet] [Thesis]. Ochanomizu University / お茶の水女子大学; 2018. [cited 2019 Jan 15]. Available from: http://hdl.handle.net/10083/51311.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

小竹 . 食品の調味機構の解析 : 食品内部への調味料の拡散 : Studies on the Mechanism of Seasoning : Diffusion of Seasoning Substances into Food Materials. [Thesis]. Ochanomizu University / お茶の水女子大学; 2018. Available from: http://hdl.handle.net/10083/51311

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

9. 長野, 美香. 近代日本における超越と自己.

Degree: 博士(人文科学), 2018, Ochanomizu University / お茶の水女子大学

お茶の水女子大学人間文化研究科博士(人文科学)学位論文・平成13年3月27日授与(乙第136号)

Subjects/Keywords: 121

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

長野, . (2018). 近代日本における超越と自己. (Thesis). Ochanomizu University / お茶の水女子大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10083/51312

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

長野, 美香. “近代日本における超越と自己.” 2018. Thesis, Ochanomizu University / お茶の水女子大学. Accessed January 15, 2019. http://hdl.handle.net/10083/51312.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

長野, 美香. “近代日本における超越と自己.” 2018. Web. 15 Jan 2019.

Vancouver:

長野 . 近代日本における超越と自己. [Internet] [Thesis]. Ochanomizu University / お茶の水女子大学; 2018. [cited 2019 Jan 15]. Available from: http://hdl.handle.net/10083/51312.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

長野 . 近代日本における超越と自己. [Thesis]. Ochanomizu University / お茶の水女子大学; 2018. Available from: http://hdl.handle.net/10083/51312

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

10. 宮崎, 歴. 細胞接着性タンパク質ビトロネクチンの構造と機能に関する研究.

Degree: 博士(理学), 2018, Ochanomizu University / お茶の水女子大学

ピトロネクチンは血漿、血小板、細胞外マトリックスなどに存在する糖タンパク質で、動物細胞を基質に接着・伸展させる活性の他、血液凝固・線溶系や免疫補体系での調節機能を合わせ持っている。今まで、ヒトのピトロネクチンについてはその構造と機能の研究が盛んに行われてきたが、その他の生物のピトロネクチンについてほとんど研究されていなかった。そこで、様々な生物のピトロネクチンの構造と機能を研究し、生物界全体に普遍的なピトロネクチンの統一的な構造と機能を明らかにすることにした。\\r\\\ まず、様々な生物にピトロネクチンが存在しているかどうかを調べた。その1つの方法として、私の研究室で開発されたピトロネクチンの簡便精製法に従がい、14種の哺乳類、鳥類などの高等動物血漿よりピトロネクチンを精製した。精製されたピトロネクチンは、分子量が58-78 kDaで、バンドの数も1-3本と多様性がみられた。また、もう1つの方法として、ヒト、ウシ、ブタ、ニワトリのピトロネクチンに対する抗体を調製し、その他の生物におけるピトロネクチン様タンパク質の存在を抗体反応性で検討した。すると、両生類、ハ虫類、魚類などの脊椎動物、ショウジョウバエや線虫などの無脊椎動物、真性粘菌といった粘菌類にまでピトロネクチン様タンパク質が見いだされた。ピトロネクチン様タンパク質の分子量は、51-96 kDaで、バンドの数も1-3本と精製動物ピトロネクチンと同様に多様であった。\\r\\\ ピトロネクチンの統一分子像を考えるためには、精製動物ピトロネクチンおよびピトロネクチン様タンパク質の分子量やバンドの数が、種により多様であることが1つの問題である。また、ヒトピトロネクチンの分子量の問題点としては、SDS電気泳動で75 kDaである分子量が、一次構造より推定される分子量52 kDaよりもかなり大きいことがあった。これらの分子量の問題を解決することが、ピトロネクチンの統一分子像を見つけるカギになると思われた。分子量の問題は、①糖がポリペプチド鎖に結合しており、その含量が種により多様であること②ピトロネクチンの見かけの分子量がSDS電気泳動のゲル濃度によって変化するため、通常の分子量推定がピトロネクチンには当てはめることができないことの2つに起因する可能性が高かった。そこで、精製したピトロネクチンの糖鎖を切断し、ゲル濃度によらない分子量算定法のファーガソンプロットを行ってピトロネクチンの分子量を求めた。その結果、ピトロネクチンのポリペプチド鎖部分の分子量は40-57 kDaで、cDNAより推定される分子量とよく似た値となった。また、カルボキシ末端から5-13 kDaの位置にヒトピトロネクチンと同様のポリペプチド切断点があるとすると、動物ピトロネクチンはもともと50-57 kDaで合成されることになる。そして分子によって切断を受けるものと受けないものがあるため、分子量やバンドの数に多様性が生ずるのではないか。つまり、ピトロネクチンの動物種多様性は糖鎖部分とペプチド鎖切断の有無によるもので、基本的なポリペプチド鎖部分の構造は統一性をもつと推測された。

では、ピトロネクチン様分子として検出されたものも動物ピトロネクチンと同様の分子像を持つのだろうか。そこで、ピトロネクチン様タンパク質を検出できた最も原始的生物、粘菌のピトロネクチン様タンパク質について調べることにした。70 kDaの粘菌ピトロネクチン様タンパク質を粘菌のホモジネートの不溶性画分から、0.8 % TritonX-100で抽出し、抗体セファロースカラムクロマトグラフィー、へパリンセファロースカラムクロマトグラフィー、SDS電気泳動ゲルからの電気的抽出を経て精製した。精製された粘菌ピトロネクチン様タンパク質のアミノ末端アミノ酸配列は、高等動物のものとは相同性がみられなかった。しかし、この分子にはへパリン結合性やRGD配列依存性の細胞伸展活性があった。これらの結果より、粘菌ピトロネクチン様タンパク質は、動物ピトロネクチンと全く同じ分子像を持っているわけではないが、ピトロネクチン分子に非常に似た分子であると考えられた。\\r\\\ このようにピトロネクチンの大量精製法が確立し、分子像が明らかになってくると、他方ではピトロネクチンを細胞機能制御材料や医薬用血漿製剤に利用しようと考えるようになった。そのようなピトロネクチンの利用時に想定される処理条件として、煮沸やオートクレープによる滅菌がある。そこで、熱やオートクレープ処理によりピトロネクチンの細胞伸展活性がどの様に変化するかを調べた。その結果、ピトロネクチンは、100℃、10分の熱処理や121℃、1.2 kg / cm2、20分のオートクレープ処理によってもその細胞伸展活性を失うことはなく、その活性は未処理のものと同じ比活性を示し、RGD配列依存性であった。またオートクレープ処理によって、ピトロネクチンの分解と高分子量化が生じたが、この変化は還元剤の添加により部分的に抑制できた。以上のことから、ピトロネクチンを煮沸、オートクレープで滅菌し、医薬や細胞培養へと応用していくことが可能となった。

Vitronectin is a multifunctional glycoprotein in animal blood plasma. It… (more)

Subjects/Keywords: 463

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

宮崎, . (2018). 細胞接着性タンパク質ビトロネクチンの構造と機能に関する研究. (Thesis). Ochanomizu University / お茶の水女子大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10083/51316

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

宮崎, 歴. “細胞接着性タンパク質ビトロネクチンの構造と機能に関する研究.” 2018. Thesis, Ochanomizu University / お茶の水女子大学. Accessed January 15, 2019. http://hdl.handle.net/10083/51316.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

宮崎, 歴. “細胞接着性タンパク質ビトロネクチンの構造と機能に関する研究.” 2018. Web. 15 Jan 2019.

Vancouver:

宮崎 . 細胞接着性タンパク質ビトロネクチンの構造と機能に関する研究. [Internet] [Thesis]. Ochanomizu University / お茶の水女子大学; 2018. [cited 2019 Jan 15]. Available from: http://hdl.handle.net/10083/51316.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

宮崎 . 細胞接着性タンパク質ビトロネクチンの構造と機能に関する研究. [Thesis]. Ochanomizu University / お茶の水女子大学; 2018. Available from: http://hdl.handle.net/10083/51316

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

11. 村尾, 美緒. A Relaxation Theory of Strongly Coupled Quantum Dissipative Systems : 強結合量子散逸系の緩和理論.

Degree: 博士(理学), 2018, Ochanomizu University / お茶の水女子大学

お茶の水女子大学人間文化研究科博士(理学)学位論文・平成8年3月22日授与(甲第56号)

Subjects/Keywords: 420

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

村尾, . (2018). A Relaxation Theory of Strongly Coupled Quantum Dissipative Systems : 強結合量子散逸系の緩和理論. (Thesis). Ochanomizu University / お茶の水女子大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10083/51317

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

村尾, 美緒. “A Relaxation Theory of Strongly Coupled Quantum Dissipative Systems : 強結合量子散逸系の緩和理論.” 2018. Thesis, Ochanomizu University / お茶の水女子大学. Accessed January 15, 2019. http://hdl.handle.net/10083/51317.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

村尾, 美緒. “A Relaxation Theory of Strongly Coupled Quantum Dissipative Systems : 強結合量子散逸系の緩和理論.” 2018. Web. 15 Jan 2019.

Vancouver:

村尾 . A Relaxation Theory of Strongly Coupled Quantum Dissipative Systems : 強結合量子散逸系の緩和理論. [Internet] [Thesis]. Ochanomizu University / お茶の水女子大学; 2018. [cited 2019 Jan 15]. Available from: http://hdl.handle.net/10083/51317.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

村尾 . A Relaxation Theory of Strongly Coupled Quantum Dissipative Systems : 強結合量子散逸系の緩和理論. [Thesis]. Ochanomizu University / お茶の水女子大学; 2018. Available from: http://hdl.handle.net/10083/51317

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

12. 和田, 祐子. Control of ciliary beating by neurotransmitters in sea urchin larvae : ウニ幼生繊毛打の神経伝達物質による調節.

Degree: 博士(理学), 2018, Ochanomizu University / お茶の水女子大学

プルテウス期のウニ幼生において、神経伝達物質のもつ繊毛運動の調節作用を、単一繊毛(レベル)の運動記録をもとに、繊毛打の方向、運動周期のゆらぎの二つの側面から解析した。\\r\\\ ドーパミンをアカウニの幼生に作用させると、繊毛はその特徴である平面的な波形の屈曲パターンを維持したままで、繊毛打方向を180度回転させ、完全に逆方向に打つようになることを発見した。この新しい繊毛反応を「反転反応」、また結果として逆方向に打つようになったものを「反転打」と名付けた。ウニの幼生では、電気刺激などに応じて瞬時に繊毛打の方向が逆転する「逆転反応」という繊毛反応がこれまでに知られているが、この反転反応は繊毛打方向が徐々に回転する過程を含んでいるという点と、その過程で波形の屈曲パターンを維持するという点でこれとは明確に区別できる。この反転反応がアカウニ幼生のドーパミンによる後方遊泳の誘導の原因であるとしたら、ウニ幼生がドーパミンによるまったく新しい運動制御機構を有しているという可能性が示唆される。\\r\\\ 反転反応中の繊毛においても正常打中と同様に電気刺激によって逆転反応を引き起こすことができた。従って、反転反応と逆転反応とは全く独立した機構によって起こる、両立しうる反応であると考えられる。繊毛打の面の回転を引き起こす機構に関しては現在のところ二つの仮説(基底小体の回転により繊毛軸系そのものが回転するという仮説と、軸糸全体は回転せずに、例えば中心対微小管のような繊毛打の平面性を支配すると考えられている構造が回転することなどにより、軸糸内でタブレット微小管同士の滑り活性のスイッチング・ポイントが回転するという仮説)を提唱している。\\r\\\ 神経伝達物質、特にドーパミンとセロトニンはアカウニとバフンウニにおいて、繊毛打周期を調節する機能も合わせもつことを繊毛打周波数の測定によって示した。個々の繊毛はそれぞれ独自に変動する繊毛打周波数で運動しているが、それらの間での平均は比較的に安定している。ドーパミンは繊毛打のこの空間的平均周波数を下げ、セロトニンは上昇させた。このとき、同時にドーパミンは繊毛打周波数の変動を増加し、セロトニンは減少させた。さらに、単一繊毛の周期の連続測定を行うことによってドーパミンが各繊毛打毎の運動周期の時間的不安定性を増し(運動のゆらぎの拡大)、セロトニンは逆に周期を安定化する(ゆらぎの縮小)ことを見いだした。これは、一打毎の繊毛周期の時間的不安定性が神経伝達物質による修飾を受ける可能性を初めて示したものである。繊毛軸糸内での微小管の滑り運動を直接反映している角速度と、繊毛打周期との間には相関が低いので、繊毛打周期の安定性が軸糸内微小管の滑り活性の調節機能とは独立した機構によって制御されている可能性は高い。\\r\\\ ウニ幼生の繊毛上皮細胞は、個々の細胞が単一の繊毛をもつことから、単離した細胞を用いることによって、より詳しい運動の解析が可能である。

単離細胞の顕微操作(マイクロマニピュレーション)により、神経伝達物質の作用をより定量的に調べる実験を行った。その結果、単離繊毛細胞においても、ドーパミンを作用させたときに「反転反応」を観察することが出来た。これは細胞レベルにおいても繊毛がドーパミンに反応し、繊毛打の面を回転させる機構と能力とをもつことを示している。加えて、外液にCa2+ が存在していない条件でも反転反応が観察されたことから、反転反応には膜のチャンネルを介したCa2+ の流入は必要のないことがわかった。また、単離操作によって有効打がなくなり両方向に回復打のみを持つ波形変化も引き起こされることがわかった。これらの事実は、繊毛打に特有な非対称的波形形成の機構が内部構造によって強固に固定されているわけではなく、神経伝達物質などに応答して、屈曲形成が可逆的に起こり得る可能性を示すものである。\\r\\\ 繊毛打周期の安定性は繊毛細胞の単離によって目立って増減するということはなく、神経伝達物質によって上皮繊毛の場合と同様の修飾を受けた。ドーパミン存在下では繊毛が主に有効打の終わりの位置において一時停止することで周期がのびることが観察された。このことは先に述べた角速度変化と周期の安定性とが異なる系で制御される可能性と強く一致している。さらに、繊毛打周期は個々の細胞レベルで、滑り速度の調節と、有効打と回復打の切り換え位置の変化や一時停止の挿入という二つのメカニズムによって制御されており、後者のみが神経伝達物質の支配を受けているということを示している。\\r\\\ 以上のことから、ウニ幼生の繊毛は繊毛打波形の空間的形成パターンの決定と運動周期の安定性との制御に関して、神経伝達物質に応答し、その運動機構を変化させるシステムをもつことが明らかになった。

Cilia of sea urchin larvae have systems that react to neurotransmitters and change their movement, by controlling bending configuration and stability… (more)

Subjects/Keywords: 468

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

和田, . (2018). Control of ciliary beating by neurotransmitters in sea urchin larvae : ウニ幼生繊毛打の神経伝達物質による調節. (Thesis). Ochanomizu University / お茶の水女子大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10083/51318

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

和田, 祐子. “Control of ciliary beating by neurotransmitters in sea urchin larvae : ウニ幼生繊毛打の神経伝達物質による調節.” 2018. Thesis, Ochanomizu University / お茶の水女子大学. Accessed January 15, 2019. http://hdl.handle.net/10083/51318.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

和田, 祐子. “Control of ciliary beating by neurotransmitters in sea urchin larvae : ウニ幼生繊毛打の神経伝達物質による調節.” 2018. Web. 15 Jan 2019.

Vancouver:

和田 . Control of ciliary beating by neurotransmitters in sea urchin larvae : ウニ幼生繊毛打の神経伝達物質による調節. [Internet] [Thesis]. Ochanomizu University / お茶の水女子大学; 2018. [cited 2019 Jan 15]. Available from: http://hdl.handle.net/10083/51318.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

和田 . Control of ciliary beating by neurotransmitters in sea urchin larvae : ウニ幼生繊毛打の神経伝達物質による調節. [Thesis]. Ochanomizu University / お茶の水女子大学; 2018. Available from: http://hdl.handle.net/10083/51318

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

13. 宮崎, 敦子. 卵母細胞予定動物極への卵核胞の移動・付着の機構.

Degree: 博士(理学), 2018, Ochanomizu University / お茶の水女子大学

動物極突起付近を電子顕微鏡で観察したところ、動物極突起付近に中心対が2つ存在することが示された。この中心対から形成された微小管構造がGVの移動に関与していると考えられる。\\r\\\\\r\\\ (2)卵表への移動が完了したGVの位置の保持機構は、成熟分裂の再開前からすでにGVが予定動物極へと寄っているイトマキヒトデの卵母細胞を用いて調べた。GVは細胞質よりも比重が小さいので遠心力をかけるとGVには求心方向への力が働く。GVを卵表から引き離す方向に力がかかるように卵母細胞の向きを固定し、遠心顕微鏡を用いて遠心したときのGVの位置を連続的に観察した。未処理卵やcytochalasin B処理卵ではGVは移動しなかったが、nocodazole処理卵ではGVが卵表から離れて、求心方向へと移動した。\\r\\\ 蛍光抗体染色により微小管構造を観察すると、予定動物極によく染色される点状構造とそこから放射状に広がる構造、細胞質の網目状の構造と、GVの周囲を取り囲む構造が観察された。nocodazole処理卵ではこれらの構造はいずれも観察されなかった。\\r\\\ 共焦点レーザー顕微鏡によって、三次元的に微小管構造を観察した。放射状微小管は動物極域の中心に近いところではGVの膜に沿って存在し、途中からGVの膜を離れて表層に沿って伸び、その先端はいくつかに分岐して、細胞表面に存在する網目状構造に入り込んでいることがわかった。この微小管構造がGVを卵表に保持していることが示唆された。\\r\\\\\r\\\ 以上のことから、卵母細胞の予定動物極へのGVの移動と付着のどちらにも、細胞骨格のひとつ、微小管が重要な役割を担っていることが明らかになった。

動物の第一次卵母細胞は第一減数分裂前期で停止している。この時期の卵母細胞の巨大な核、卵核胞(germinal vesicle; GV)は、ホルモンなどの刺激によって成熟分裂が再開すると崩壊し、その内容物が細胞質中に拡散する。成熟分裂を再開する準備が整っている第一次卵母細胞内でのGVの位置は動物の種によって決まっており、卵母細胞の中央にある場合と卵表の特定の部域に近接している場合とがある。成熟分裂が再開すると、前者ではGVが卵表へと移動し、卵表直下に到達した後に崩壊する。後者ではその場でGVの崩壊が起こる。いずれの場合も、崩壊が起るときには、GVは卵表の特定の部域に近接していることになる。このGVの卵表への接近は、成熟分裂のための小さな分裂装置を卵表直下に形成するために必須な出来事である。また、胚の発生の基本軸となる動植物軸の決定にも必要なことである。本研究では、(1)GVの卵表への移動と、(2)移動した後、卵表直下に保持される機構について調べた。\\r\\\ \\r\\ (1)GVが中央にあるテツイロナマコの卵母細胞は、予定動物極に顕著な細胞質の突起(動物極突起)がある。成熟分裂が再開するとGVは動物極突起の直下まで移動し、崩壊する。微分干渉顕微鏡を用いて成熟過程初期の卵母細胞を詳細に観察すると、GVが移動するとき、動物極突起とGVとの間に繊維状の構造が形成されることがわかった。微小管の脱重合を促進するnocodazoleで処理した卵母細胞では、GVの移動は起こらず、GVは卵母細胞の中央で崩壊した。また、固いゼリー層を除去した卵母細胞では、GVが移動するときには予定動物極の卵表にくぼみができたが、nocodazole処理によりGVが移動しなかったときには、そのようなくぼみは観察されなかった。以上の結果から、GVの移動には微小管が関与し、その構造は動物極突起付近に結合していることが示唆された。\\r\\ GVの移動に関与する構造は、成熟分裂再開前からあるのか、成熟分裂の再開後に新たに形成されるのかを調べた。GVの比重は細胞質の比重よりも小さいので、卵母細胞を遠心するとGVには求心方向への力が働く。このことを利用して、GVが中央にある未成熟卵を遠心顕微鏡を用いて遠心し、GVを動物極方向、あるいは植物極方向へ移動させた。このとき、GVの移動のしやすさには方向による差がなかった。またGVを遠心によってあらかじめ予定植物極まで移動させた卵母細胞では、成熟分裂が再開するとGVが動物極突起の方向へと移動した。GVを卵母細胞の中央に保持する特別な構造はなく、GVの移動に関与する構造は、成熟分裂が再開したのちに、形成されることが示唆された。 以上の結果をふまえて、間接蛍光抗体法により微小管構構造を染色し、観察した。未成熟卵では動物極突起を中心として広がる放射状の微小管、GVを取り囲む構造、細胞質全体に広がる細かい網目状の構造が観察された。成熟分裂再開後の卵では、動物極突起とGVの間をつなぐ新たな微小管構造が観察された。

お茶の水女子大学人間文化研究科博士(理学)学位論文・平成9年9月30日授与(甲第80号)

Subjects/Keywords: 481

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

宮崎, . (2018). 卵母細胞予定動物極への卵核胞の移動・付着の機構. (Thesis). Ochanomizu University / お茶の水女子大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10083/51405

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

宮崎, 敦子. “卵母細胞予定動物極への卵核胞の移動・付着の機構.” 2018. Thesis, Ochanomizu University / お茶の水女子大学. Accessed January 15, 2019. http://hdl.handle.net/10083/51405.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

宮崎, 敦子. “卵母細胞予定動物極への卵核胞の移動・付着の機構.” 2018. Web. 15 Jan 2019.

Vancouver:

宮崎 . 卵母細胞予定動物極への卵核胞の移動・付着の機構. [Internet] [Thesis]. Ochanomizu University / お茶の水女子大学; 2018. [cited 2019 Jan 15]. Available from: http://hdl.handle.net/10083/51405.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

宮崎 . 卵母細胞予定動物極への卵核胞の移動・付着の機構. [Thesis]. Ochanomizu University / お茶の水女子大学; 2018. Available from: http://hdl.handle.net/10083/51405

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

14. 加藤, 美登里. 全反射を利用した非線形光学定数測定法による有機材料の研究.

Degree: 博士(理学), 2018, Ochanomizu University / お茶の水女子大学

現在、複数の分子を混合することにより混合物の結晶構造を変える研究がなされているが、このような材料は、X線構造解析で分子配向を調べることができるほど良質の単結晶を得ることは難しい。その代わりに結晶構造に敏感であるSHG効率を結晶構造変化のモニターに利用することができる。しかし、粉末状態で測定されるSHG効率は、従来の方法では定量性に欠けるため、反転対称の有無までしか言えず、細かい議論に進むことはできなかった。本論文では、この系にSHEW法を適用して粉末状態のdを決定し、理論計算との比較から、微結晶内で分子が平行に並んでいることを見いだした。\\r\\\ この手法は、非線形光学材料として開発された材料でなくても、単体の結晶に反転対称性がなければ、原理的にはどんなものにも適用することができる。粉末状態しか得られないような試料に対しても、結晶構造の知見を与えることができるため結晶工学への貢献が期待できる。\\r\\\ この論文は5つの章からなる。まず非線形光学の一般的な背景から入る。その中で特に取り上げている有機非線形光学材料についても述べる。第2章では、測定法として用いたSHEW法の原理を説明する。それを基礎として、粉末のSHEW法の結果を厳密に議論するために、まず単結晶に適用して理論と実験結果の一致を確認した。続いて、粉末試料に適用するために、非線形光学テンソルの空間平均の取り方を示す。第3章では、2章で述べた空間平均を用いた解析を行うことで、新規有機非線形光学材料のdテンソルの成分を求めた。これは、適当な自然成長面が育たなかったためメーカーフリンジだけでは求められなかったものをSHEW法の力を借りて求めたものである。第4章では、同様に空間平均を用いた解析により、2種類の有機物を混合して作製した混晶に適用し、混晶の中では分子がともに平行に並んでいることを示唆した。最後の章ですべてのまとめを行う。

 我々の開発してきた全反射を用いた非線形光学定数測定法が、粉末試料でも定量的な結果が得られることを活用し、粉末状態では従来得られなかった情報が引き出せることを示した。すなわち、新規非線形光学材料の結晶の非線形光学定数dのテンソル成分の導出であり、またdの評価にとどまらず、結晶中の分子の配向状態に関する知見が得られることを示したことである。\\r\\\ ここで用いている非線形光学定数測定法(second-harmonic generation with the evanescent wave法:SHEW法)は、エバネセント波を励起光とすることを特徴とする2次非線形光学定数dの測定法である。高屈折率プリズムと試料を密着させその界面で光を全反射させ、試料表面にわずかにしみこむエバネセント波による2次高調波発生(SHG)を観測する。他の測定法のように基本波・2次高調波のどちらも試料中を透過していくことがないので、基本波・2次高調波の位相速度が一致しないために起こる位相不整合の問題を、この方法では回避することができる。このため、粉末試料を用いても、従来の粉末法に比べより定量的な測定が可能となる。\\r\\\ これまでにSHEW法は、いくつかの既知の粉末有機材料について適用され、実効的なdの値が求まることが示されている。本論文ではまず、SHEW法でdのテンソル成分が求まることを示すために、dテンソル成分と結晶軸方向が明らかな単結晶試料を用いて厳密な解析を行った。その結果、理論値と実験値が一致することを示し、後に述べる粉末結晶へ適用したときの解析の基礎とした。\\r\\\ 粉末試料に適用した場合は、微結晶がランダムに試料中に分布しているので、SHEW信号に現れる非線形光学定数テンソルもそれに伴い、単結晶の場合に用いた式を空間的に平均化したものにしなければならない。ここではこのことを考慮して解析した。これにより、より厳密な議論が可能となり、以下の二つの知見を新たに得ることができた。\\r\\\ 一つは、単結晶を用いる従来の測定法、メーカーフリンジ法では不十分な情報しか得られなかった試料について、粉末試料に対するSHEW法を併用してdのテンソル成分まで求めることができたことである。我々は、この新規有機試料をSHEW法によるスクリーニングによって見いだし、単結晶を作製した。しかし、出ている自然成長面が不適当であったために、メーカーフリンジ法によるdテンソルの各成分を求めることはできなかった。このようなことは、切削・研磨が難しい有機物結晶にしばしば付随する問題である。こうした場合にも、粉末試料で行ったSHEW法の結果でメーカーフリンジ法の結果を補い、分子の非線形性が一次元的と見なしてよいことを明確にし、dテンソルの各成分を求めることができた。\\r\\\ もう一つは、二種の分子を混ぜてつくる混合物に対して、SHEW法を用いてその微結晶中の分子の配向に関する知見を与えたことである。

This technique provides information about the crystal structure of compounds which are difficult to crystallize in single phase,… (more)

Subjects/Keywords: 425

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

加藤, . (2018). 全反射を利用した非線形光学定数測定法による有機材料の研究. (Thesis). Ochanomizu University / お茶の水女子大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10083/51474

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

加藤, 美登里. “全反射を利用した非線形光学定数測定法による有機材料の研究.” 2018. Thesis, Ochanomizu University / お茶の水女子大学. Accessed January 15, 2019. http://hdl.handle.net/10083/51474.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

加藤, 美登里. “全反射を利用した非線形光学定数測定法による有機材料の研究.” 2018. Web. 15 Jan 2019.

Vancouver:

加藤 . 全反射を利用した非線形光学定数測定法による有機材料の研究. [Internet] [Thesis]. Ochanomizu University / お茶の水女子大学; 2018. [cited 2019 Jan 15]. Available from: http://hdl.handle.net/10083/51474.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

加藤 . 全反射を利用した非線形光学定数測定法による有機材料の研究. [Thesis]. Ochanomizu University / お茶の水女子大学; 2018. Available from: http://hdl.handle.net/10083/51474

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

15. 時友, 裕紀子. タマネギのフレーバー成分の変化に関する食品化学的研究.

Degree: 博士(学術), 2018, Ochanomizu University / お茶の水女子大学

お茶の水女子大学人間文化研究科博士(学術)学位論文・平成10年3月24日授与(乙第74号)

Subjects/Keywords: 498.53

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

時友, . (2018). タマネギのフレーバー成分の変化に関する食品化学的研究. (Thesis). Ochanomizu University / お茶の水女子大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10083/51477

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

時友, 裕紀子. “タマネギのフレーバー成分の変化に関する食品化学的研究.” 2018. Thesis, Ochanomizu University / お茶の水女子大学. Accessed January 15, 2019. http://hdl.handle.net/10083/51477.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

時友, 裕紀子. “タマネギのフレーバー成分の変化に関する食品化学的研究.” 2018. Web. 15 Jan 2019.

Vancouver:

時友 . タマネギのフレーバー成分の変化に関する食品化学的研究. [Internet] [Thesis]. Ochanomizu University / お茶の水女子大学; 2018. [cited 2019 Jan 15]. Available from: http://hdl.handle.net/10083/51477.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

時友 . タマネギのフレーバー成分の変化に関する食品化学的研究. [Thesis]. Ochanomizu University / お茶の水女子大学; 2018. Available from: http://hdl.handle.net/10083/51477

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

16. 松戸, 美江. The limit of cellular automata.

Degree: 博士(理学), 2018, Ochanomizu University / お茶の水女子大学

お茶の水女子大学人間文化研究科博士(理学)学位論文・平成12年3月23日授与(甲第141号)

Subjects/Keywords: 410

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

松戸, . (2018). The limit of cellular automata. (Thesis). Ochanomizu University / お茶の水女子大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10083/51478

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

松戸, 美江. “The limit of cellular automata.” 2018. Thesis, Ochanomizu University / お茶の水女子大学. Accessed January 15, 2019. http://hdl.handle.net/10083/51478.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

松戸, 美江. “The limit of cellular automata.” 2018. Web. 15 Jan 2019.

Vancouver:

松戸 . The limit of cellular automata. [Internet] [Thesis]. Ochanomizu University / お茶の水女子大学; 2018. [cited 2019 Jan 15]. Available from: http://hdl.handle.net/10083/51478.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

松戸 . The limit of cellular automata. [Thesis]. Ochanomizu University / お茶の水女子大学; 2018. Available from: http://hdl.handle.net/10083/51478

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

17. 田中, 美枝子. 人工衛星搭載マイクロ波放射計計測による湿った地域の湛水面積率の推定に関する研究 : Study of the Estimation of Water Surface Ratio by Using the Microwave Radiometer on Satellite.

Degree: 博士(理学), 2018, Ochanomizu University / お茶の水女子大学

地球環境を守ろうという意識がここ10年くらい、世界中で非常に高まっている。今や「地球環境」という言葉は科学分野のみならず、政治・経済分野においてもキーワードとなり、私たちの生活にも随分馴染んでいる。地球環境を守るには、まず地球の様子を知る必要がある。人工衛星や航空機に搭載された観測センサで得られたリモートセンシングデータは、地球の様々な状態を大局的に捉える手段として、大変貢献してきたものの一つである。\\r\\\ 従来、洪水観測としては、可視域・赤外域・熱赤外域の観測センサを用いるのが一般的であった。しかし、これらでは雲があると地表の様子が遮られて見えないという難点があった。洪水発生時は当然雲のかかっていることが多いため、概ね雲を透過するマイクロ波帯(約300 GHZ 以下の周波数帯域)のセンサが望まれ、合成開口レーダの利用が研究されるようになった。だが、合成開口レーダは高分解能であるが故にデータ量が非常に多く、運用上・経済上、全世界の常時観測は現実的ではない。\\r\\\ 一方、データ量が少なく、現時点でも全世界の常時観測がほぼ可能なマイクロ波放射計データを洪水観測に応用した研究としては、洪水域を検出するものが報告されているが、低分解能なために、実際的な応用例はほとんど無い。\\r\\\ 本論文は、昼夜及びほぼ全天候に亘って観測可能な人工衛星搭載マイクロ波放射計データを用い、洪水による災害の多い地域における水に覆われる面積(湛水面積)を定量的に推定する方法を新しく考案し、低分解能のマイクロ波放射計でも洪水面積のモニタリングに充分実利用できることを示したものである。\\r\\\ 湛水面積の推定方法としては、次の3種類を考えた。\\r\\(1) 単一チャンネルデータで地表面タイプによる放射率の違いを利用する方法。\\r\\(2) 2周波数帯の放射率の差を利用する方法。\\r\\(3) 水平・垂直偏波における放射率の違いを利用する方法。\\r\\\ 推定制度の検証は、空間分解能の小さいセンサデータや、現地の水位データ等を用いて行った。\\r\\\ 最初に洪水観測に応用したのは、1987年に打ち上げられた我が国初の国産海洋観測衛星(MOS) 搭載マイクロ波放射計 (MSR) データを使ったもので、1988年から1990年のバングラデシュでの洪水変動を扱った。ここでは23.8 GHZ と31.4 GHZ の2周波数帯データを用いて、上記 (2) の推定方法により湛水面積を推定し、良好な結果が得られた。\\r\\\ 次に、1998年夏に発生した中国の大洪水について米国防省気象衛星搭載の DMSP-SSM/I を用いた解析を行った。ここでは、主に37 GHZ 水平偏波データを用いて、上記 (1) の推定方法により湛水面積を推定し、良好な結果が得られた。\\r\\\ そして、熱帯地方の陸域内にあり、毎年洪水と干ばつを繰り返す、トンレサップおよびメコンデルタ領域における湛水面積の算出方法を、DMSP-SSM/I データを使って研究した。

ここでは、37 GHZ 水平偏波データを単独に用いる上記(1)の推定方法と、37 GHZ の水平・垂直偏波データの差分を用いた上記 (3) の推定方法により湛水面積を推定し、実用化の見込める良好な結果が得られた。\\r\\\ さらに、世界最大の人工湖であるガーナ・ボルタ湖の、季節毎に変動する湖水面積をトンレサップとメコンデルタでの場合と同様に2種類の推定方法を用いてモニタリングした事例も示した。\\r\\\ これらの研究事例より、現時点で運用されているDMSP-SSM/I に関しては、単一チャンネルデータのみでも良好な推定結果が得られることが分かった。\\r\\\ 今や、マイクロ波センサを用いて洪水状況の監視をするという方法は、マイクロ波センサ陸域利用の主要な方法の1つになったといえる。マイクロ波放射計は一般に空間分解能が数十km… (more)

Subjects/Keywords: 517

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

田中, . (2018). 人工衛星搭載マイクロ波放射計計測による湿った地域の湛水面積率の推定に関する研究 : Study of the Estimation of Water Surface Ratio by Using the Microwave Radiometer on Satellite. (Thesis). Ochanomizu University / お茶の水女子大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10083/51479

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

田中, 美枝子. “人工衛星搭載マイクロ波放射計計測による湿った地域の湛水面積率の推定に関する研究 : Study of the Estimation of Water Surface Ratio by Using the Microwave Radiometer on Satellite.” 2018. Thesis, Ochanomizu University / お茶の水女子大学. Accessed January 15, 2019. http://hdl.handle.net/10083/51479.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

田中, 美枝子. “人工衛星搭載マイクロ波放射計計測による湿った地域の湛水面積率の推定に関する研究 : Study of the Estimation of Water Surface Ratio by Using the Microwave Radiometer on Satellite.” 2018. Web. 15 Jan 2019.

Vancouver:

田中 . 人工衛星搭載マイクロ波放射計計測による湿った地域の湛水面積率の推定に関する研究 : Study of the Estimation of Water Surface Ratio by Using the Microwave Radiometer on Satellite. [Internet] [Thesis]. Ochanomizu University / お茶の水女子大学; 2018. [cited 2019 Jan 15]. Available from: http://hdl.handle.net/10083/51479.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

田中 . 人工衛星搭載マイクロ波放射計計測による湿った地域の湛水面積率の推定に関する研究 : Study of the Estimation of Water Surface Ratio by Using the Microwave Radiometer on Satellite. [Thesis]. Ochanomizu University / お茶の水女子大学; 2018. Available from: http://hdl.handle.net/10083/51479

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

18. 横山, 幹子. 概念相対主義の可能性.

Degree: 博士(人文科学), 2018, Ochanomizu University / お茶の水女子大学

お茶の水女子大学人間文化研究科博士(人文科学)学位論文・平成12年3月24日授与(乙第116号)

Subjects/Keywords: 115

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

横山, . (2018). 概念相対主義の可能性. (Thesis). Ochanomizu University / お茶の水女子大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10083/51480

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

横山, 幹子. “概念相対主義の可能性.” 2018. Thesis, Ochanomizu University / お茶の水女子大学. Accessed January 15, 2019. http://hdl.handle.net/10083/51480.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

横山, 幹子. “概念相対主義の可能性.” 2018. Web. 15 Jan 2019.

Vancouver:

横山 . 概念相対主義の可能性. [Internet] [Thesis]. Ochanomizu University / お茶の水女子大学; 2018. [cited 2019 Jan 15]. Available from: http://hdl.handle.net/10083/51480.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

横山 . 概念相対主義の可能性. [Thesis]. Ochanomizu University / お茶の水女子大学; 2018. Available from: http://hdl.handle.net/10083/51480

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

19. 善里, 彩子. 宇宙の構造形成における準非線形領域の解析.

Degree: 博士(理学), 2018, Ochanomizu University / お茶の水女子大学

現在宇宙では、銀河や銀河団、またそれらによって構成されている大規模構造などの、物質密度の揺らぎがつくる構造が観測されている。それらの構造は、初期宇宙になんらかの原因で生じた非常に小さい物質密度揺らぎが、その重力的不安定性によって、現在までに非線型成長してできたものと考えられるが、この揺らぎの成長を解析的に厳密に解くことは、一般的に不可能である。\\r\\\ よってこれまでに多くの研究者によって、N体数値計算など数値計算手法が用いられてきた。しかし、数値計算では、結果が得られたとしてもなぜそのような結果になったのかという物理的起源は見えてこない。宇宙の構造形成の背景にある普遍性を本質的に非線形な自己重力系から引き出すためにはできるだけ解析的に取り扱うことが必要である。そのため宇宙の構造形成のまさに過渡期であると思われる銀河や銀河団同士の重力的振る舞いを調べるために、宇宙構造の準非線形領域に注目し、宇宙の物質密度場や速度場の重力による時間発展を解析的近似法を用いて解析的に議論していく。\\r\\\ 膨張宇宙の中の密度揺らぎの成長を分析するためにはZel' dovich-type 近似をするのが効果的であることが知られている。この論文ではまず、なぜZel' dovich-type近似法がよい近似になっているのかを二つの視点:(1) 「Zel' dovich-type近似のよさはそれのもつ一次元厳密性に基づいている」、(2) 「Zel' dovich-type近似のよさはそれのもつLagrange的描像に基づいている」ということに着目して議論した。そのため回転楕円体モデルを導入して、いくつもの非線形近似法を比較した。その結果、まずZel' dovich-type近似とPade近似はprolate(葉巻型:二次元的な重力崩壊)とoblate(ハンバーガー型:一次元的重力崩壊)な初期条件のもとの両方で、球対称モデルでの近似解よりよい近似になっている。そして、その精度はprolateよりoblateのほうがよいことが分かった。つまりZel' dovich-type近似は(そしてPade近似も)低次元collapseであるほどより精度がよくなるということである。一方その他のすべてのEuler的近似法は正反対の傾向を示し、近似の精度は、prolateな初期条件のときもoblateな初期条件のときも球対称のときに比べて悪くなり、しかもoblateな初期条件のときはprolateな初期条件のときよりもさらに悪くなっている。これらの事実は、(1)の、Zel' dovich-type近似のよさはそれのもつ一次元厳密性に基づいているのではないかという視点と一貫して矛盾しない。一方これらの事実は(2)のZel' dovich-type 近似のよさはそれのもつLagrange的という特異な描像によっているのではないかという視点とは対立する。ただし視点(1)について最終的に確認するためにはさらに一般的なモデルでの分析が必要である。\\r\\\ そして、Zel' dovich-type近似法にPade近似法を適用してさらに質のよい新しい近似法をつくり出した。

この新しく作り出したPade-Zel' dovich近似が実際の宇宙での構造形成に対して、これまで議論されてきたさまざまな近似法と比べて、定量的にも定性的にも非常に優れた近似法になっていることを示した。今後このPade-Zel' dovich近似を宇宙の構造形成にともなうさまざまな量の時間発展に適用することで、重力不安定性に対するより解析的な議論ができ、重力の性質の本質を考察することができるであろう。\\r\\\ 次にZAを使って、縦速度、横速度の結合確率分布関数の時間発展を解析的に求め、ZAでの縦速度、横速度の確率分布関数や、さらには二点相関関数の、様々な振る舞いを調べる事が出来るようになった。そしてZAの適用範囲を議論し、D = 1 (現在)、H0 = 50 のときには、20 Mpc 程度以上がZAの適用範囲であると結論した。\\r\\\ さらに縦速度確率分布関数の負の歪み度が発生する定性的なメカニズムを議論した。構造形成過渡期のinfallの効果であると思われる負の歪み度が発生する核となるメカニズムをZAで単純な解析的説明をすることができた。定性的に負の歪み度発生に最も大きく寄与するメカニズムは、初期の速度分散のr依存性およびZAで充分再現できる極めて単純な銀河の運動で説明できる事が結論づけられた。\\r\\\ これらの事をふまえて、Fisher et al. (1994) [36] のN体数値計算の結果と同じ条件下で今回ZAで計算した結果とを比較した。そして、ZAの適用範囲内の時間、スケールにおいては、負の歪み度がZAで定性的に正しく再現できることを示す事ができた。

お茶の水女子大学人間文化研究科博士(理学)学位論文・平成12年12月25日授与(乙第130号)

Subjects/Keywords: 440

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

善里, . (2018). 宇宙の構造形成における準非線形領域の解析. (Thesis). Ochanomizu University / お茶の水女子大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10083/51481

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

善里, 彩子. “宇宙の構造形成における準非線形領域の解析.” 2018. Thesis, Ochanomizu University / お茶の水女子大学. Accessed January 15, 2019. http://hdl.handle.net/10083/51481.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

善里, 彩子. “宇宙の構造形成における準非線形領域の解析.” 2018. Web. 15 Jan 2019.

Vancouver:

善里 . 宇宙の構造形成における準非線形領域の解析. [Internet] [Thesis]. Ochanomizu University / お茶の水女子大学; 2018. [cited 2019 Jan 15]. Available from: http://hdl.handle.net/10083/51481.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

善里 . 宇宙の構造形成における準非線形領域の解析. [Thesis]. Ochanomizu University / お茶の水女子大学; 2018. Available from: http://hdl.handle.net/10083/51481

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

20. 早川, 文代. 油脂の関与する感覚用語の体系化と実験的検証 : "あぶらっこい"を中心的として : Systematical Characterization and Experimental Investigation of Sensory Terms Regarding Oils and Fats : Focusing on "Oiliness".

Degree: 博士(学術), 2018, Ochanomizu University / お茶の水女子大学

 Oils and fats play an important role both in our food preference and in our healthful dietary life. Recently, more and more high-preference foods have… (more)

Subjects/Keywords: 810

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

早川, . (2018). 油脂の関与する感覚用語の体系化と実験的検証 : "あぶらっこい"を中心的として : Systematical Characterization and Experimental Investigation of Sensory Terms Regarding Oils and Fats : Focusing on "Oiliness". (Thesis). Ochanomizu University / お茶の水女子大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10083/51928

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

早川, 文代. “油脂の関与する感覚用語の体系化と実験的検証 : "あぶらっこい"を中心的として : Systematical Characterization and Experimental Investigation of Sensory Terms Regarding Oils and Fats : Focusing on "Oiliness".” 2018. Thesis, Ochanomizu University / お茶の水女子大学. Accessed January 15, 2019. http://hdl.handle.net/10083/51928.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

早川, 文代. “油脂の関与する感覚用語の体系化と実験的検証 : "あぶらっこい"を中心的として : Systematical Characterization and Experimental Investigation of Sensory Terms Regarding Oils and Fats : Focusing on "Oiliness".” 2018. Web. 15 Jan 2019.

Vancouver:

早川 . 油脂の関与する感覚用語の体系化と実験的検証 : "あぶらっこい"を中心的として : Systematical Characterization and Experimental Investigation of Sensory Terms Regarding Oils and Fats : Focusing on "Oiliness". [Internet] [Thesis]. Ochanomizu University / お茶の水女子大学; 2018. [cited 2019 Jan 15]. Available from: http://hdl.handle.net/10083/51928.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

早川 . 油脂の関与する感覚用語の体系化と実験的検証 : "あぶらっこい"を中心的として : Systematical Characterization and Experimental Investigation of Sensory Terms Regarding Oils and Fats : Focusing on "Oiliness". [Thesis]. Ochanomizu University / お茶の水女子大学; 2018. Available from: http://hdl.handle.net/10083/51928

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

21. 武石, みどり. ヨハン・バプティスト・シェンクのジングシュピール : 資料および音楽様式の研究.

Degree: 博士(学術), 2018, Ochanomizu University / お茶の水女子大学

お茶の水女子大学人間文化研究科博士(学術)学位論文・平成3年12月10日授与(乙第23号)

Subjects/Keywords: 761

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

武石, . (2018). ヨハン・バプティスト・シェンクのジングシュピール : 資料および音楽様式の研究. (Thesis). Ochanomizu University / お茶の水女子大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10083/51929

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

武石, みどり. “ヨハン・バプティスト・シェンクのジングシュピール : 資料および音楽様式の研究.” 2018. Thesis, Ochanomizu University / お茶の水女子大学. Accessed January 15, 2019. http://hdl.handle.net/10083/51929.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

武石, みどり. “ヨハン・バプティスト・シェンクのジングシュピール : 資料および音楽様式の研究.” 2018. Web. 15 Jan 2019.

Vancouver:

武石 . ヨハン・バプティスト・シェンクのジングシュピール : 資料および音楽様式の研究. [Internet] [Thesis]. Ochanomizu University / お茶の水女子大学; 2018. [cited 2019 Jan 15]. Available from: http://hdl.handle.net/10083/51929.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

武石 . ヨハン・バプティスト・シェンクのジングシュピール : 資料および音楽様式の研究. [Thesis]. Ochanomizu University / お茶の水女子大学; 2018. Available from: http://hdl.handle.net/10083/51929

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

22. 野原, ゆかり. 日本語非母語話者の話し言葉に対する母語話者評価の研究(表紙・目次).

Degree: 博士(人文科学), 2018, Ochanomizu University / お茶の水女子大学

お茶の水女子大学人間文化創成科学研究科博士(人文科学)学位論文・平成24年9月28日授与(乙第318号)

2013.10.24:公開範囲を表紙と目次に変更

Subjects/Keywords: 母語話者評価; 印象形成; 評価環境; 第三者; 当事者; 810.7

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

野原, . (2018). 日本語非母語話者の話し言葉に対する母語話者評価の研究(表紙・目次). (Thesis). Ochanomizu University / お茶の水女子大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10083/52339

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

野原, ゆかり. “日本語非母語話者の話し言葉に対する母語話者評価の研究(表紙・目次).” 2018. Thesis, Ochanomizu University / お茶の水女子大学. Accessed January 15, 2019. http://hdl.handle.net/10083/52339.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

野原, ゆかり. “日本語非母語話者の話し言葉に対する母語話者評価の研究(表紙・目次).” 2018. Web. 15 Jan 2019.

Vancouver:

野原 . 日本語非母語話者の話し言葉に対する母語話者評価の研究(表紙・目次). [Internet] [Thesis]. Ochanomizu University / お茶の水女子大学; 2018. [cited 2019 Jan 15]. Available from: http://hdl.handle.net/10083/52339.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

野原 . 日本語非母語話者の話し言葉に対する母語話者評価の研究(表紙・目次). [Thesis]. Ochanomizu University / お茶の水女子大学; 2018. Available from: http://hdl.handle.net/10083/52339

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

23. MARERO, LYDIA M. Technology and Characteristics of Weaning Foods Prepared from Germinated Cereals and Legumes.

Degree: 学術博士, 2018, Ochanomizu University / お茶の水女子大学

お茶の水女子大学人間文化研究科学術博士学位論文・平成3年3月15日授与(乙第22号)

Subjects/Keywords: 599.3

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

MARERO, L. M. (2018). Technology and Characteristics of Weaning Foods Prepared from Germinated Cereals and Legumes. (Thesis). Ochanomizu University / お茶の水女子大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10083/52466

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

MARERO, LYDIA M. “Technology and Characteristics of Weaning Foods Prepared from Germinated Cereals and Legumes.” 2018. Thesis, Ochanomizu University / お茶の水女子大学. Accessed January 15, 2019. http://hdl.handle.net/10083/52466.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

MARERO, LYDIA M. “Technology and Characteristics of Weaning Foods Prepared from Germinated Cereals and Legumes.” 2018. Web. 15 Jan 2019.

Vancouver:

MARERO LM. Technology and Characteristics of Weaning Foods Prepared from Germinated Cereals and Legumes. [Internet] [Thesis]. Ochanomizu University / お茶の水女子大学; 2018. [cited 2019 Jan 15]. Available from: http://hdl.handle.net/10083/52466.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

MARERO LM. Technology and Characteristics of Weaning Foods Prepared from Germinated Cereals and Legumes. [Thesis]. Ochanomizu University / お茶の水女子大学; 2018. Available from: http://hdl.handle.net/10083/52466

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

24. 丸井, 美保. 重いマヨラナニュ-トリノの検証 : Wボゾン対生成過程の輻射補正を介して.

Degree: 博士(理学), 2018, Ochanomizu University / お茶の水女子大学

お茶の水女子大学人間文化研究科博士(理学)学位論文・平成6年3月23日授与(甲第33号)

Subjects/Keywords: 420

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

丸井, . (2018). 重いマヨラナニュ-トリノの検証 : Wボゾン対生成過程の輻射補正を介して. (Thesis). Ochanomizu University / お茶の水女子大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10083/52486

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

丸井, 美保. “重いマヨラナニュ-トリノの検証 : Wボゾン対生成過程の輻射補正を介して.” 2018. Thesis, Ochanomizu University / お茶の水女子大学. Accessed January 15, 2019. http://hdl.handle.net/10083/52486.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

丸井, 美保. “重いマヨラナニュ-トリノの検証 : Wボゾン対生成過程の輻射補正を介して.” 2018. Web. 15 Jan 2019.

Vancouver:

丸井 . 重いマヨラナニュ-トリノの検証 : Wボゾン対生成過程の輻射補正を介して. [Internet] [Thesis]. Ochanomizu University / お茶の水女子大学; 2018. [cited 2019 Jan 15]. Available from: http://hdl.handle.net/10083/52486.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

丸井 . 重いマヨラナニュ-トリノの検証 : Wボゾン対生成過程の輻射補正を介して. [Thesis]. Ochanomizu University / お茶の水女子大学; 2018. Available from: http://hdl.handle.net/10083/52486

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

25. 菅原, 悦子. 大豆加工中の香気形成に関する食品化学的研究.

Degree: 博士(学術), 2018, Ochanomizu University / お茶の水女子大学

お茶の水女子大学人間文化研究科博士(学術)学位論文・平成6年9月30日授与(乙第34号)

Subjects/Keywords: 498.53

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

菅原, . (2018). 大豆加工中の香気形成に関する食品化学的研究. (Thesis). Ochanomizu University / お茶の水女子大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10083/52506

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

菅原, 悦子. “大豆加工中の香気形成に関する食品化学的研究.” 2018. Thesis, Ochanomizu University / お茶の水女子大学. Accessed January 15, 2019. http://hdl.handle.net/10083/52506.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

菅原, 悦子. “大豆加工中の香気形成に関する食品化学的研究.” 2018. Web. 15 Jan 2019.

Vancouver:

菅原 . 大豆加工中の香気形成に関する食品化学的研究. [Internet] [Thesis]. Ochanomizu University / お茶の水女子大学; 2018. [cited 2019 Jan 15]. Available from: http://hdl.handle.net/10083/52506.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

菅原 . 大豆加工中の香気形成に関する食品化学的研究. [Thesis]. Ochanomizu University / お茶の水女子大学; 2018. Available from: http://hdl.handle.net/10083/52506

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

26. 生野, 晴美. スチルベン骨格を有する蛍光増白剤の光退色に関する研究 : 反応場の違いによる光化学反応変化の一例として.

Degree: 博士(学術), 2018, Ochanomizu University / お茶の水女子大学

お茶の水女子大学人間文化研究科博士(学術)学位論文・平成8年3月26日授与(乙第54号)

Subjects/Keywords: 433

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

生野, . (2018). スチルベン骨格を有する蛍光増白剤の光退色に関する研究 : 反応場の違いによる光化学反応変化の一例として. (Thesis). Ochanomizu University / お茶の水女子大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10083/52507

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

生野, 晴美. “スチルベン骨格を有する蛍光増白剤の光退色に関する研究 : 反応場の違いによる光化学反応変化の一例として.” 2018. Thesis, Ochanomizu University / お茶の水女子大学. Accessed January 15, 2019. http://hdl.handle.net/10083/52507.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

生野, 晴美. “スチルベン骨格を有する蛍光増白剤の光退色に関する研究 : 反応場の違いによる光化学反応変化の一例として.” 2018. Web. 15 Jan 2019.

Vancouver:

生野 . スチルベン骨格を有する蛍光増白剤の光退色に関する研究 : 反応場の違いによる光化学反応変化の一例として. [Internet] [Thesis]. Ochanomizu University / お茶の水女子大学; 2018. [cited 2019 Jan 15]. Available from: http://hdl.handle.net/10083/52507.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

生野 . スチルベン骨格を有する蛍光増白剤の光退色に関する研究 : 反応場の違いによる光化学反応変化の一例として. [Thesis]. Ochanomizu University / お茶の水女子大学; 2018. Available from: http://hdl.handle.net/10083/52507

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

27. 三上, か-りん. サブドミナントの時間的性質 : 過去のトポスとしてのサブドミナント : ÜBER DIE ZEITQUALITÄT DER SUBDOMINANTE : Die Subdominante als Vergangenheitstopos.

Degree: 博士(人文科学), 2018, Ochanomizu University / お茶の水女子大学

お茶の水女子大学人間文化研究科博士(人文科学)学位論文・平成8年3月26日授与(乙第55号)

Subjects/Keywords: 761

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

三上, . (2018). サブドミナントの時間的性質 : 過去のトポスとしてのサブドミナント : ÜBER DIE ZEITQUALITÄT DER SUBDOMINANTE : Die Subdominante als Vergangenheitstopos. (Thesis). Ochanomizu University / お茶の水女子大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10083/52508

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

三上, か-りん. “サブドミナントの時間的性質 : 過去のトポスとしてのサブドミナント : ÜBER DIE ZEITQUALITÄT DER SUBDOMINANTE : Die Subdominante als Vergangenheitstopos.” 2018. Thesis, Ochanomizu University / お茶の水女子大学. Accessed January 15, 2019. http://hdl.handle.net/10083/52508.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

三上, か-りん. “サブドミナントの時間的性質 : 過去のトポスとしてのサブドミナント : ÜBER DIE ZEITQUALITÄT DER SUBDOMINANTE : Die Subdominante als Vergangenheitstopos.” 2018. Web. 15 Jan 2019.

Vancouver:

三上 . サブドミナントの時間的性質 : 過去のトポスとしてのサブドミナント : ÜBER DIE ZEITQUALITÄT DER SUBDOMINANTE : Die Subdominante als Vergangenheitstopos. [Internet] [Thesis]. Ochanomizu University / お茶の水女子大学; 2018. [cited 2019 Jan 15]. Available from: http://hdl.handle.net/10083/52508.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

三上 . サブドミナントの時間的性質 : 過去のトポスとしてのサブドミナント : ÜBER DIE ZEITQUALITÄT DER SUBDOMINANTE : Die Subdominante als Vergangenheitstopos. [Thesis]. Ochanomizu University / お茶の水女子大学; 2018. Available from: http://hdl.handle.net/10083/52508

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

28. 三宅, 紀子. アスコルビン酸の自動酸化機構.

Degree: 博士(学術), 2018, Ochanomizu University / お茶の水女子大学

お茶の水女子大学人間文化研究科博士(学術)学位論文・平成9年3月24日授与(甲第69号)

Subjects/Keywords: 464.57

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

三宅, . (2018). アスコルビン酸の自動酸化機構. (Thesis). Ochanomizu University / お茶の水女子大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10083/52509

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

三宅, 紀子. “アスコルビン酸の自動酸化機構.” 2018. Thesis, Ochanomizu University / お茶の水女子大学. Accessed January 15, 2019. http://hdl.handle.net/10083/52509.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

三宅, 紀子. “アスコルビン酸の自動酸化機構.” 2018. Web. 15 Jan 2019.

Vancouver:

三宅 . アスコルビン酸の自動酸化機構. [Internet] [Thesis]. Ochanomizu University / お茶の水女子大学; 2018. [cited 2019 Jan 15]. Available from: http://hdl.handle.net/10083/52509.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

三宅 . アスコルビン酸の自動酸化機構. [Thesis]. Ochanomizu University / お茶の水女子大学; 2018. Available from: http://hdl.handle.net/10083/52509

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

29. 小松, 千明. A dynamic approach to phrasal compounds.

Degree: 博士(人文科学), 2018, Ochanomizu University / お茶の水女子大学

お茶の水女子大学人間文化研究科博士(人文科学)学位論文・平成12年3月23日授与(甲第140号)

Subjects/Keywords: 836

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

小松, . (2018). A dynamic approach to phrasal compounds. (Thesis). Ochanomizu University / お茶の水女子大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10083/52510

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

小松, 千明. “A dynamic approach to phrasal compounds.” 2018. Thesis, Ochanomizu University / お茶の水女子大学. Accessed January 15, 2019. http://hdl.handle.net/10083/52510.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

小松, 千明. “A dynamic approach to phrasal compounds.” 2018. Web. 15 Jan 2019.

Vancouver:

小松 . A dynamic approach to phrasal compounds. [Internet] [Thesis]. Ochanomizu University / お茶の水女子大学; 2018. [cited 2019 Jan 15]. Available from: http://hdl.handle.net/10083/52510.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

小松 . A dynamic approach to phrasal compounds. [Thesis]. Ochanomizu University / お茶の水女子大学; 2018. Available from: http://hdl.handle.net/10083/52510

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

30. 只野(松藤), 薫子. 数量表現の獲得に関する研究.

Degree: 博士(人文科学), 2018, Ochanomizu University / お茶の水女子大学

お茶の水女子大学人間文化研究科博士(人文科学)学位論文・平成13年3月23日授与(甲第171号)

Subjects/Keywords: 815.2

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

只野(松藤), . (2018). 数量表現の獲得に関する研究. (Thesis). Ochanomizu University / お茶の水女子大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10083/52511

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

只野(松藤), 薫子. “数量表現の獲得に関する研究.” 2018. Thesis, Ochanomizu University / お茶の水女子大学. Accessed January 15, 2019. http://hdl.handle.net/10083/52511.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

只野(松藤), 薫子. “数量表現の獲得に関する研究.” 2018. Web. 15 Jan 2019.

Vancouver:

只野(松藤) . 数量表現の獲得に関する研究. [Internet] [Thesis]. Ochanomizu University / お茶の水女子大学; 2018. [cited 2019 Jan 15]. Available from: http://hdl.handle.net/10083/52511.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

只野(松藤) . 数量表現の獲得に関する研究. [Thesis]. Ochanomizu University / お茶の水女子大学; 2018. Available from: http://hdl.handle.net/10083/52511

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

[1] [2] [3] [4] [5] … [16]

.