Advanced search options

Advanced Search Options 🞨

Browse by author name (“Author name starts with…”).

Find ETDs with:

in
/  
in
/  
in
/  
in

Written in Published in Earliest date Latest date

Sorted by

Results per page:

Sorted by: relevance · author · university · dateNew search

You searched for publisher:"Nara University of Education". Showing records 1 – 30 of 94 total matches.

[1] [2] [3] [4]

Search Limiters

Last 2 Years | English Only

No search limiters apply to these results.

▼ Search Limiters

1. 黒沼, 保子. 編組製品における木本割裂き材の利用について.

Degree: 2017, Nara University of Education / 奈良教育大学

奈良教育大学修士学位論文, 学位の種類: 修士(教育学), 学位授与年月日: 平成21年3月25日

Subjects/Keywords: 編組製品; 木本割裂き材; 素材利用

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

黒沼, . (2017). 編組製品における木本割裂き材の利用について. (Thesis). Nara University of Education / 奈良教育大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10105/914

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

黒沼, 保子. “編組製品における木本割裂き材の利用について.” 2017. Thesis, Nara University of Education / 奈良教育大学. Accessed September 26, 2017. http://hdl.handle.net/10105/914.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

黒沼, 保子. “編組製品における木本割裂き材の利用について.” 2017. Web. 26 Sep 2017.

Vancouver:

黒沼 . 編組製品における木本割裂き材の利用について. [Internet] [Thesis]. Nara University of Education / 奈良教育大学; 2017. [cited 2017 Sep 26]. Available from: http://hdl.handle.net/10105/914.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

黒沼 . 編組製品における木本割裂き材の利用について. [Thesis]. Nara University of Education / 奈良教育大学; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/10105/914

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

2. 松野, 友樹. S=1/2ハイゼンベルグ1次元反強磁性結合交替系F5PNNのギャップ相における19Fの磁気緩和.

Degree: 2017, Nara University of Education / 奈良教育大学

1次元量子スピン系は、スピンの量子揺らぎが顕著に現れる系として大変興味が持たれている。特に、非磁性の基底状態の上に有限のエネルギーギャップを持つ系は、外部磁場をかけると、第1臨界磁場(Hc1)以上で、臨界状態(朝永-Luttinger液体状態)となり、量子揺らぎが最も顕著になる。 S=1/2の1次元反強磁性結合交替系は、このようなスピン系の1つで、その代表的な塩が、本研究で取り上げた、 Pentafluorophenyl NitronylNitroxide(略称F5PNN)である。ギャップ温度は、~3.4K、第1臨界磁場はHc1=2.5Tである。本研究の目的は、 F5PNNのNMRによる実験的研究の一環として、ギャップ相(H<Hc1)において、 19Fの緩和率の温度、ならびに磁場依存性についての実験を行い、磁気的励起が関わる核スピンの緩和機構について解明することにある。なお、量子臨界状態については、 NMRの緩和率の温度低下に伴う指数関数的発散の存在が泉等(京都大学大学院人間環境学研究科)により調べられている。本研究は、臨界状態との比較という観点からも興味がある問題である。実験には多結晶を用い、 19FのT1を測定した。60Kから0.4Kの広い温度域では、磁場1.9T近傍で、また、4.2K以下の温度域では、磁場0.25T~1.9Tの範囲で測定した。1/T1の温度依存性は常磁性揺らぎによる1/T1の近似式1/T1~Tx (xは局所磁化率の実験値)と6K付近まではよい一致を示すが、低温では明らかなずれが現れる。低温での変化を詳細に考察するため1/T1を温度の逆数1/Tでプロットした結果、6K~1Kでは、1K以下の低温側に比べて温度依存性が顕著で、また、ほとんど磁場依存性がない。しかし、1K以下の低温域で明らかな磁場依存性が現れ、温度依存性は磁場が弱いほど顕著になる。SagiとAffleckの理論によると、1次元ギャップ系は低温で磁場中の磁気励起がよく定義でき、磁気励起の熱的活性化による緩和機構として、次の3つがある。(1) Sz=-1の低エネルギーブランチ内のRaman過程(2) Staggered過程(3) Sz=0とSz=-1間のInter-branch過程である。それぞれ、定性的には、1/T1~exp(-Δ/kBT)、 1/T1~exp(-2Δ/kBT)、 1/T~exp(-Δo/kBT)で記述される。ここで、 Δ=Δo-gμBH/kBである。結果、~1Kを境とした高温側では、磁場依存性のないギャップを有する励起状態(Sz=O)が、また、低温側では磁場に依存するギャップを有する状態(Sz=-1)が関わるとして解釈できる。さらに、1K近傍で、 Inter-branch過程とRaman過程のクロスオーバーが起こると考えられる。

奈良教育大学修士学位論文, 学位の種類: 修士(教育学), 学位授与年月日: 平成21年3月25日

Subjects/Keywords: ハイゼンベルグ; 結合交替; F5PNN; 磁気緩和

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

松野, . (2017). S=1/2ハイゼンベルグ1次元反強磁性結合交替系F5PNNのギャップ相における19Fの磁気緩和. (Thesis). Nara University of Education / 奈良教育大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10105/915

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

松野, 友樹. “S=1/2ハイゼンベルグ1次元反強磁性結合交替系F5PNNのギャップ相における19Fの磁気緩和.” 2017. Thesis, Nara University of Education / 奈良教育大学. Accessed September 26, 2017. http://hdl.handle.net/10105/915.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

松野, 友樹. “S=1/2ハイゼンベルグ1次元反強磁性結合交替系F5PNNのギャップ相における19Fの磁気緩和.” 2017. Web. 26 Sep 2017.

Vancouver:

松野 . S=1/2ハイゼンベルグ1次元反強磁性結合交替系F5PNNのギャップ相における19Fの磁気緩和. [Internet] [Thesis]. Nara University of Education / 奈良教育大学; 2017. [cited 2017 Sep 26]. Available from: http://hdl.handle.net/10105/915.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

松野 . S=1/2ハイゼンベルグ1次元反強磁性結合交替系F5PNNのギャップ相における19Fの磁気緩和. [Thesis]. Nara University of Education / 奈良教育大学; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/10105/915

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

3. 郝, 晋杰. 荘子言語観の解析.

Degree: 2017, Nara University of Education / 奈良教育大学

本論文のねらいは荘子及び荘子学派の言語観の独自性を、他の諸子百家との比較を通じて明らかにすることにある。本論では言語観とはその人為としての言語に対する哲学的な認識と見解だと考えることにする。本論は四つの部分に分けて論ずる。第一章では先秦時代における諸子百家の言語観を検討し、『荘子』の言語観を生み出した時代的思想的背景を明らかにした。第一節では「名」について述べた。古代中国において「名」とは「文字」や「音声」のことだとされた。名実とは名称のあるところには必ずそれに対応する実がなければならないとする考えである。古代中国の「名実論」とは「名」と「実」との関係、両者の一致や不一致を論ずることであった。つづいて孔子や荀子や墨子の言語観を順に検討した。孔子は言語の重要性を認め、「名を正す」ことを主張し支持した。『荀子』もまた言語に対して積極的に評価する態度をとった。彼は言語を肯定し、その言語をうまく機能させるために「正名」が必要なことを説いた。「正名」は治国の根本だと考えた。『墨子』は人間の認識能力は対象を明瞭に知覚できるとする立場を示していた。さらにそれをうけて、言語の伝達機能に対する信頼を表明し、積極的に弁論を行った。第二章では、『荘子』の「道」と「言」との関係、「名」と「実」との関係、「言」と「意」の関係、「言語」と「体悟」との関係及び言語の役割や機能を相対的に検討し、『荘子』の言語観を明らかにした。『荘子』の言語観をまとめて言えば、こうであろう。もともと言語は鳥などの鳴き声と異なり、人間特有の機能として、「道」(真理)を伝えるために造られた人為的な手段である。しかし、言語によっては真理を他人に伝えることができないという限界に達し、言語を超える伝達手段が模索された。その結果、『荘子』は言語を通じない「心斉」や「坐忘」と呼ばれる直接の体験的直感による伝達であった。つまり、『荘子』は言語に対しては根本的に否定する態度を表明していた。第三章では諸子百家の言語観との比較、とくに老子言語観の継承、荀子言語観の分岐という観点から『荘子』言語観の独自性を明らかにした。『荘子』言語観は老荘思想の一環として、「名実論」という領域において儒家や墨家との分岐が鮮明に見て取ることができ、同じく「言語」に関係あるものではあっても、認識が全く異なり、しかも、その時代において唯一、言語に対して否定する態度をとったのはその独自性と言える。しかし、最大の独自性はそれが体験的直感的認識を究極としたように、他の思想家とは異なり、政治への応用という観点をもたなかったことである。第四章では荘子言語観における言語応用の方法論について論じた。『荘子』の説く言語観は現実的に対応するのが難しい。そこで言語的応用として、『荘子』は「予嘗みに女の為に之を妄言す。女以って之を妄聴せよ」(斉物論篇)という態度を見出す。以上、本論文は『荘子』の言語観とその独自性を同時代の思想家の言語観との比較から明らかにした。

奈良教育大学修士学位論文, 学位の種類: 修士(教育学), 学位授与年月日: 平成21年3月25日

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

郝, . (2017). 荘子言語観の解析. (Thesis). Nara University of Education / 奈良教育大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10105/916

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

郝, 晋杰. “荘子言語観の解析.” 2017. Thesis, Nara University of Education / 奈良教育大学. Accessed September 26, 2017. http://hdl.handle.net/10105/916.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

郝, 晋杰. “荘子言語観の解析.” 2017. Web. 26 Sep 2017.

Vancouver:

郝 . 荘子言語観の解析. [Internet] [Thesis]. Nara University of Education / 奈良教育大学; 2017. [cited 2017 Sep 26]. Available from: http://hdl.handle.net/10105/916.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

郝 . 荘子言語観の解析. [Thesis]. Nara University of Education / 奈良教育大学; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/10105/916

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

4. 田中, 一生. 王羲之以前の文字造形 ~簡牘にみられる文字より~.

Degree: 2017, Nara University of Education / 奈良教育大学

奈良教育大学修士学位論文, 学位の種類: 修士(教育学), 学位授与年月日: 平成21年3月25日

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

田中, . (2017). 王羲之以前の文字造形 ~簡牘にみられる文字より~. (Thesis). Nara University of Education / 奈良教育大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10105/918

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

田中, 一生. “王羲之以前の文字造形 ~簡牘にみられる文字より~.” 2017. Thesis, Nara University of Education / 奈良教育大学. Accessed September 26, 2017. http://hdl.handle.net/10105/918.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

田中, 一生. “王羲之以前の文字造形 ~簡牘にみられる文字より~.” 2017. Web. 26 Sep 2017.

Vancouver:

田中 . 王羲之以前の文字造形 ~簡牘にみられる文字より~. [Internet] [Thesis]. Nara University of Education / 奈良教育大学; 2017. [cited 2017 Sep 26]. Available from: http://hdl.handle.net/10105/918.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

田中 . 王羲之以前の文字造形 ~簡牘にみられる文字より~. [Thesis]. Nara University of Education / 奈良教育大学; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/10105/918

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

5. 艾尼莎, 尼牙孜. 日本語教育文法における「~んです」の指導法 -中国語母語話者を対象として-.

Degree: 2017, Nara University of Education / 奈良教育大学

日本語の文末表現の形式のひとつである「~んです」は、多様な場面で頻繁に使われており、避けて通ることのできない重要な学習項目のひとつである。しかし、日本語学習者の使用率は、日本語のレベルを問わず非常に低く、 「~んです」の使用を回避しているのではないかと思われる状況が現実となっている。使用される場合においても、誤用や不適切な使い方が多い。もちろん、 「~んです」を用いた表現自体の文法的な複雑さと、未だ十分説明できないという点が学習者の習得に影響を与えているのだが、日本語教育の現場における教師の指導方法や、日本語教科書の提示内容なども学習者の習得効果に大きく影響しているのではないかと考える。また、現在まで「~んです」の文法解明に関する研究は数多く行われてきたにもかかわらず、残念ながら、それらの研究成果が日本語教育現場に十分生かされているとは言いがたい。本稿は、このような考えに基づいて、まず、日本語文法としての「~んです」表現についての先行研究を整理する。次に、日本語教育の視点から先行研究の再整理を行う。さらに、現在広く使われている日本語教科書における「~んです」表現の提示実態を分析することによって、 「~んです」がどのように導入され、説明されているのかを明らかにするとともに、教科書における学習者の習得を妨げる問題点を探り出す。以上の結果をもとに、日本言吾教育文法としての「~んです」表現の指導方法や教科書の改善などについて考える。そして最後に、学習者の運用能力を高めるための具体的な指導案を提言する。

奈良教育大学修士学位論文, 学位の種類: 修士(教育学), 学位授与年月日: 平成21年3月25日

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

艾尼莎, . (2017). 日本語教育文法における「~んです」の指導法 -中国語母語話者を対象として-. (Thesis). Nara University of Education / 奈良教育大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10105/917

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

艾尼莎, 尼牙孜. “日本語教育文法における「~んです」の指導法 -中国語母語話者を対象として-.” 2017. Thesis, Nara University of Education / 奈良教育大学. Accessed September 26, 2017. http://hdl.handle.net/10105/917.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

艾尼莎, 尼牙孜. “日本語教育文法における「~んです」の指導法 -中国語母語話者を対象として-.” 2017. Web. 26 Sep 2017.

Vancouver:

艾尼莎 . 日本語教育文法における「~んです」の指導法 -中国語母語話者を対象として-. [Internet] [Thesis]. Nara University of Education / 奈良教育大学; 2017. [cited 2017 Sep 26]. Available from: http://hdl.handle.net/10105/917.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

艾尼莎 . 日本語教育文法における「~んです」の指導法 -中国語母語話者を対象として-. [Thesis]. Nara University of Education / 奈良教育大学; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/10105/917

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

6. 指尾, 優臣. 環境教育へと学びが広がる技術科教育における教材の開発と研究.

Degree: 2017, Nara University of Education / 奈良教育大学

奈良教育大学修士学位論文, 学位の種類: 修士(教育学), 学位授与年月日: 平成21年3月25日

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

指尾, . (2017). 環境教育へと学びが広がる技術科教育における教材の開発と研究. (Thesis). Nara University of Education / 奈良教育大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10105/956

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

指尾, 優臣. “環境教育へと学びが広がる技術科教育における教材の開発と研究.” 2017. Thesis, Nara University of Education / 奈良教育大学. Accessed September 26, 2017. http://hdl.handle.net/10105/956.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

指尾, 優臣. “環境教育へと学びが広がる技術科教育における教材の開発と研究.” 2017. Web. 26 Sep 2017.

Vancouver:

指尾 . 環境教育へと学びが広がる技術科教育における教材の開発と研究. [Internet] [Thesis]. Nara University of Education / 奈良教育大学; 2017. [cited 2017 Sep 26]. Available from: http://hdl.handle.net/10105/956.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

指尾 . 環境教育へと学びが広がる技術科教育における教材の開発と研究. [Thesis]. Nara University of Education / 奈良教育大学; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/10105/956

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

7. 松井, 真希子. 中国古代における天人関係について -「気」と「陰陽」の観点から-.

Degree: 2017, Nara University of Education / 奈良教育大学

中国古代における「天」と「人」との関係は、漢代に「陰陽の二気」が媒介となって、為政者の徳・不徳に応じて人格神的「天」が祥瑞・災異を降すという「天人相関説」として理論化されるのであった。本修士論文は、「天人相関説」の原理的役割を担う「陰陽の二気」について、その原義から概念としての成長・展開をたどることにより、理論化される以前の天人関係の実相の究明を目的とする。第一章では、『詩経』、『尚書』、『周易』、『論語』、『孟子』、『墨子』、『左伝』を対象とし、「陰」、「陽」の語義の展開をたどり、「気」との関わりを検討した。結果、「陰陽」が明確に「気」として捉えられるものはなく、ただ『左伝』においてその関係性の初期段階を見出せるのみであった。第二章では、従来「気」を媒介とする「天人相関説」とされた、『国語』周語上・幽王二年の記述について、『国語』に見える「天」、「気」、「陰陽」の記述全般の検討を行った。結果、この一節は人格神的な「天」の性質は見て取れるものの、「陰陽」は天人の媒介となるほどに成熟していないことが明らかとなった。第三章では、「天」の認識を、至上神、理法、自然の三種に分類したうえで、古文献の天人関係について考察した。結果、至上神・理法としての「天」と「人」との間には相関関係がうかがえたが、天人の媒介としては、「徳」・「命」・「愛」・「利」といったもので、「気」によるものは見られなかった。第四章では、「陰陽」の用例の多い『荘子』および『管子』において、両概念の関係性を検討した。戦国中期の『荘子』では、はじめて「陰陽」と「気」の両語が結び付き、戦国末期の『管子』諸篇に至って、「陰陽」は「陰気」、「陽気」として成熟を見るのであった。第五章では、「陰陽思想」の概念自体は殷代から存在したとする先行研究を検討した。それは、古くにあった「循環」概念を、後世の概念をもった「陰陽」の語で呼んでいるに過ぎず、語としての「陰陽」はやはり本論の考察の通りに考えるべきであった。以上を承け、本論では、中国古代における天人関係は、「陰陽の二気」を媒介するものではないと結論した。

奈良教育大学修士学位論文, 学位の種類: 修士(教育学), 学位授与年月日: 平成21年3月25日

Subjects/Keywords: ; ; 陰陽; 天人関係

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

松井, . (2017). 中国古代における天人関係について -「気」と「陰陽」の観点から-. (Thesis). Nara University of Education / 奈良教育大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10105/955

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

松井, 真希子. “中国古代における天人関係について -「気」と「陰陽」の観点から-.” 2017. Thesis, Nara University of Education / 奈良教育大学. Accessed September 26, 2017. http://hdl.handle.net/10105/955.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

松井, 真希子. “中国古代における天人関係について -「気」と「陰陽」の観点から-.” 2017. Web. 26 Sep 2017.

Vancouver:

松井 . 中国古代における天人関係について -「気」と「陰陽」の観点から-. [Internet] [Thesis]. Nara University of Education / 奈良教育大学; 2017. [cited 2017 Sep 26]. Available from: http://hdl.handle.net/10105/955.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

松井 . 中国古代における天人関係について -「気」と「陰陽」の観点から-. [Thesis]. Nara University of Education / 奈良教育大学; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/10105/955

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

8. 古海, 忍. 興味・関心・学習意欲につながる不思議感と探究心の類型化.

Degree: 2017, Nara University of Education / 奈良教育大学

奈良教育大学修士学位論文, 学位の種類: 修士(教育学), 学位授与年月日: 平成21年3月25日

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

古海, . (2017). 興味・関心・学習意欲につながる不思議感と探究心の類型化. (Thesis). Nara University of Education / 奈良教育大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10105/958

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

古海, 忍. “興味・関心・学習意欲につながる不思議感と探究心の類型化.” 2017. Thesis, Nara University of Education / 奈良教育大学. Accessed September 26, 2017. http://hdl.handle.net/10105/958.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

古海, 忍. “興味・関心・学習意欲につながる不思議感と探究心の類型化.” 2017. Web. 26 Sep 2017.

Vancouver:

古海 . 興味・関心・学習意欲につながる不思議感と探究心の類型化. [Internet] [Thesis]. Nara University of Education / 奈良教育大学; 2017. [cited 2017 Sep 26]. Available from: http://hdl.handle.net/10105/958.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

古海 . 興味・関心・学習意欲につながる不思議感と探究心の類型化. [Thesis]. Nara University of Education / 奈良教育大学; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/10105/958

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

9. 劉, 驫. 日中英語の現場指示における認知的対照研究 : A Cognitive Study on the Deictic Usage of Japanese, Chinese and English Demonstratives - Focus on Ko/So/A, Zhe/Na and This/That.

Degree: 2017, Nara University of Education / 奈良教育大学

奈良教育大学修士学位論文, 学位の種類: 修士(教育学), 学位授与年月日: 平成21年3月25日

Subjects/Keywords: Deictic Usage; Demonstratives; Marked-Unmarked; Subjectivity; Profile-Base; Territory

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

劉, . (2017). 日中英語の現場指示における認知的対照研究 : A Cognitive Study on the Deictic Usage of Japanese, Chinese and English Demonstratives - Focus on Ko/So/A, Zhe/Na and This/That. (Thesis). Nara University of Education / 奈良教育大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10105/974

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

劉, 驫. “日中英語の現場指示における認知的対照研究 : A Cognitive Study on the Deictic Usage of Japanese, Chinese and English Demonstratives - Focus on Ko/So/A, Zhe/Na and This/That.” 2017. Thesis, Nara University of Education / 奈良教育大学. Accessed September 26, 2017. http://hdl.handle.net/10105/974.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

劉, 驫. “日中英語の現場指示における認知的対照研究 : A Cognitive Study on the Deictic Usage of Japanese, Chinese and English Demonstratives - Focus on Ko/So/A, Zhe/Na and This/That.” 2017. Web. 26 Sep 2017.

Vancouver:

劉 . 日中英語の現場指示における認知的対照研究 : A Cognitive Study on the Deictic Usage of Japanese, Chinese and English Demonstratives - Focus on Ko/So/A, Zhe/Na and This/That. [Internet] [Thesis]. Nara University of Education / 奈良教育大学; 2017. [cited 2017 Sep 26]. Available from: http://hdl.handle.net/10105/974.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

劉 . 日中英語の現場指示における認知的対照研究 : A Cognitive Study on the Deictic Usage of Japanese, Chinese and English Demonstratives - Focus on Ko/So/A, Zhe/Na and This/That. [Thesis]. Nara University of Education / 奈良教育大学; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/10105/974

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

10. 岡本, 大典. 吉備真備と陰陽道.

Degree: 2017, Nara University of Education / 奈良教育大学

奈良教育大学修士学位論文, 学位の種類: 修士(教育学), 学位授与年月日: 平成21年3月25日

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

岡本, . (2017). 吉備真備と陰陽道. (Thesis). Nara University of Education / 奈良教育大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10105/957

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

岡本, 大典. “吉備真備と陰陽道.” 2017. Thesis, Nara University of Education / 奈良教育大学. Accessed September 26, 2017. http://hdl.handle.net/10105/957.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

岡本, 大典. “吉備真備と陰陽道.” 2017. Web. 26 Sep 2017.

Vancouver:

岡本 . 吉備真備と陰陽道. [Internet] [Thesis]. Nara University of Education / 奈良教育大学; 2017. [cited 2017 Sep 26]. Available from: http://hdl.handle.net/10105/957.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

岡本 . 吉備真備と陰陽道. [Thesis]. Nara University of Education / 奈良教育大学; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/10105/957

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

11. 棧敷, 真梨子. ヤマトシジミの底質選択性と流速耐性.

Degree: 2017, Nara University of Education / 奈良教育大学

奈良教育大学修士学位論文, 学位の種類: 修士(教育学), 学位授与年月日: 平成21年3月25日

Subjects/Keywords: ヤマトシジミ; 底質選択性; 流速耐性; 中海・宍道湖; 水理実験

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

棧敷, . (2017). ヤマトシジミの底質選択性と流速耐性. (Thesis). Nara University of Education / 奈良教育大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10105/1094

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

棧敷, 真梨子. “ヤマトシジミの底質選択性と流速耐性.” 2017. Thesis, Nara University of Education / 奈良教育大学. Accessed September 26, 2017. http://hdl.handle.net/10105/1094.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

棧敷, 真梨子. “ヤマトシジミの底質選択性と流速耐性.” 2017. Web. 26 Sep 2017.

Vancouver:

棧敷 . ヤマトシジミの底質選択性と流速耐性. [Internet] [Thesis]. Nara University of Education / 奈良教育大学; 2017. [cited 2017 Sep 26]. Available from: http://hdl.handle.net/10105/1094.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

棧敷 . ヤマトシジミの底質選択性と流速耐性. [Thesis]. Nara University of Education / 奈良教育大学; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/10105/1094

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

12. 高島, 紫野. 複合岩脈から推定されるマグマ混合 -紀伊半島中央部,宮ノ谷複合岩脈と大台カルデラの成因的関係-.

Degree: 2017, Nara University of Education / 奈良教育大学

奈良教育大学修士学位論文, 学位の種類: 修士(教育学), 学位授与年月日: 平成21年3月25日

Subjects/Keywords: 複合岩脈; マグマ混合; 紀伊半島; カルデラ

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

高島, . (2017). 複合岩脈から推定されるマグマ混合 -紀伊半島中央部,宮ノ谷複合岩脈と大台カルデラの成因的関係-. (Thesis). Nara University of Education / 奈良教育大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10105/1114

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

高島, 紫野. “複合岩脈から推定されるマグマ混合 -紀伊半島中央部,宮ノ谷複合岩脈と大台カルデラの成因的関係-.” 2017. Thesis, Nara University of Education / 奈良教育大学. Accessed September 26, 2017. http://hdl.handle.net/10105/1114.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

高島, 紫野. “複合岩脈から推定されるマグマ混合 -紀伊半島中央部,宮ノ谷複合岩脈と大台カルデラの成因的関係-.” 2017. Web. 26 Sep 2017.

Vancouver:

高島 . 複合岩脈から推定されるマグマ混合 -紀伊半島中央部,宮ノ谷複合岩脈と大台カルデラの成因的関係-. [Internet] [Thesis]. Nara University of Education / 奈良教育大学; 2017. [cited 2017 Sep 26]. Available from: http://hdl.handle.net/10105/1114.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

高島 . 複合岩脈から推定されるマグマ混合 -紀伊半島中央部,宮ノ谷複合岩脈と大台カルデラの成因的関係-. [Thesis]. Nara University of Education / 奈良教育大学; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/10105/1114

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

13. 趙, 建民. 都市周辺の農村における学校分布調整に関する研究 -烏海市A区団結小学校の実例から-.

Degree: 2017, Nara University of Education / 奈良教育大学

奈良教育大学修士学位論文, 学位の種類: 修士(教育学), 学位授与年月日: 平成22年3月25日

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

趙, . (2017). 都市周辺の農村における学校分布調整に関する研究 -烏海市A区団結小学校の実例から-. (Thesis). Nara University of Education / 奈良教育大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10105/2838

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

趙, 建民. “都市周辺の農村における学校分布調整に関する研究 -烏海市A区団結小学校の実例から-.” 2017. Thesis, Nara University of Education / 奈良教育大学. Accessed September 26, 2017. http://hdl.handle.net/10105/2838.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

趙, 建民. “都市周辺の農村における学校分布調整に関する研究 -烏海市A区団結小学校の実例から-.” 2017. Web. 26 Sep 2017.

Vancouver:

趙 . 都市周辺の農村における学校分布調整に関する研究 -烏海市A区団結小学校の実例から-. [Internet] [Thesis]. Nara University of Education / 奈良教育大学; 2017. [cited 2017 Sep 26]. Available from: http://hdl.handle.net/10105/2838.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

趙 . 都市周辺の農村における学校分布調整に関する研究 -烏海市A区団結小学校の実例から-. [Thesis]. Nara University of Education / 奈良教育大学; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/10105/2838

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

14. 馮, 玲. 日本と中国の技術教育の比較研究 -日本の技術教材による中国の授業改善の試み-.

Degree: 2017, Nara University of Education / 奈良教育大学

21世紀において、産業技術はさらに高度化し、そして情報化社会も同時に進んでいる。著者出身の中国では、ここ数年教育が大きく変化してきている。政府は、今後10~20年間に教育を受けるチャンスをより多く提供し、国民の教育レベルを大幅に高めることにしている。そこで、これらの目標を実現するために、発展途中国である中国の産業技術教育の充実を目指して、課題を把握し、そして協力して課題解決を行うことを本研究の目的としている。研究方法として、日本の教材会社が製作したカタログに注目し、これに記載されてきた題材を分析して、日本の技術教育において使用されてきた教材・教具の変遷について検討した。現在日本の学校で使われている教材を中国の中学生と教師に提示して、これを中国の中学生と教師に提示してアンケート調査を行い、中国の中学校の生徒と教師から、評価を得た。結論として、アンケート調査分析を通して、中国の生徒と教師はものづくりを中心として技術の授業に興味・関心を示したことから、学校教育に「技術」を導入すべきである。日本をはじめ、諸外国との国際協力や、ネットワークを使った情報の共有化などを図り、技術教育の改革を積極的に推進していくべきだと考える。

奈良教育大学修士学位論文, 学位の種類: 修士(教育学), 学位授与年月日: 平成22年3月25日

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

馮, . (2017). 日本と中国の技術教育の比較研究 -日本の技術教材による中国の授業改善の試み-. (Thesis). Nara University of Education / 奈良教育大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10105/2837

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

馮, 玲. “日本と中国の技術教育の比較研究 -日本の技術教材による中国の授業改善の試み-.” 2017. Thesis, Nara University of Education / 奈良教育大学. Accessed September 26, 2017. http://hdl.handle.net/10105/2837.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

馮, 玲. “日本と中国の技術教育の比較研究 -日本の技術教材による中国の授業改善の試み-.” 2017. Web. 26 Sep 2017.

Vancouver:

馮 . 日本と中国の技術教育の比較研究 -日本の技術教材による中国の授業改善の試み-. [Internet] [Thesis]. Nara University of Education / 奈良教育大学; 2017. [cited 2017 Sep 26]. Available from: http://hdl.handle.net/10105/2837.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

馮 . 日本と中国の技術教育の比較研究 -日本の技術教材による中国の授業改善の試み-. [Thesis]. Nara University of Education / 奈良教育大学; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/10105/2837

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

15. 紀和, 由記子. 黄道周の書論から見る書法研究.

Degree: 2017, Nara University of Education / 奈良教育大学

奈良教育大学修士学位論文, 学位の種類: 修士(教育学), 学位授与年月日: 平成22年3月25日

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

紀和, . (2017). 黄道周の書論から見る書法研究. (Thesis). Nara University of Education / 奈良教育大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10105/2836

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

紀和, 由記子. “黄道周の書論から見る書法研究.” 2017. Thesis, Nara University of Education / 奈良教育大学. Accessed September 26, 2017. http://hdl.handle.net/10105/2836.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

紀和, 由記子. “黄道周の書論から見る書法研究.” 2017. Web. 26 Sep 2017.

Vancouver:

紀和 . 黄道周の書論から見る書法研究. [Internet] [Thesis]. Nara University of Education / 奈良教育大学; 2017. [cited 2017 Sep 26]. Available from: http://hdl.handle.net/10105/2836.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

紀和 . 黄道周の書論から見る書法研究. [Thesis]. Nara University of Education / 奈良教育大学; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/10105/2836

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

16. 酒井, 雅子. 英語コミュニケーション能力を規定する態度要因の心理学的検討.

Degree: 2017, Nara University of Education / 奈良教育大学

奈良教育大学修士学位論文, 学位の種類: 修士(教育学), 学位授与年月日: 平成22年3月25日

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

酒井, . (2017). 英語コミュニケーション能力を規定する態度要因の心理学的検討. (Thesis). Nara University of Education / 奈良教育大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10105/2835

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

酒井, 雅子. “英語コミュニケーション能力を規定する態度要因の心理学的検討.” 2017. Thesis, Nara University of Education / 奈良教育大学. Accessed September 26, 2017. http://hdl.handle.net/10105/2835.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

酒井, 雅子. “英語コミュニケーション能力を規定する態度要因の心理学的検討.” 2017. Web. 26 Sep 2017.

Vancouver:

酒井 . 英語コミュニケーション能力を規定する態度要因の心理学的検討. [Internet] [Thesis]. Nara University of Education / 奈良教育大学; 2017. [cited 2017 Sep 26]. Available from: http://hdl.handle.net/10105/2835.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

酒井 . 英語コミュニケーション能力を規定する態度要因の心理学的検討. [Thesis]. Nara University of Education / 奈良教育大学; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/10105/2835

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

17. 中島, 綾子. 米芾の書法に関する研究における教育法.

Degree: 2017, Nara University of Education / 奈良教育大学

奈良教育大学修士学位論文, 学位の種類: 修士(教育学), 学位授与年月日: 平成22年3月25日

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

中島, . (2017). 米芾の書法に関する研究における教育法. (Thesis). Nara University of Education / 奈良教育大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10105/2834

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

中島, 綾子. “米芾の書法に関する研究における教育法.” 2017. Thesis, Nara University of Education / 奈良教育大学. Accessed September 26, 2017. http://hdl.handle.net/10105/2834.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

中島, 綾子. “米芾の書法に関する研究における教育法.” 2017. Web. 26 Sep 2017.

Vancouver:

中島 . 米芾の書法に関する研究における教育法. [Internet] [Thesis]. Nara University of Education / 奈良教育大学; 2017. [cited 2017 Sep 26]. Available from: http://hdl.handle.net/10105/2834.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

中島 . 米芾の書法に関する研究における教育法. [Thesis]. Nara University of Education / 奈良教育大学; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/10105/2834

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

18. 真鍋, 典子. 傳山の書法における教育法.

Degree: 2017, Nara University of Education / 奈良教育大学

奈良教育大学修士学位論文, 学位の種類: 修士(教育学), 学位授与年月日: 平成22年3月25日

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

真鍋, . (2017). 傳山の書法における教育法. (Thesis). Nara University of Education / 奈良教育大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10105/2894

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

真鍋, 典子. “傳山の書法における教育法.” 2017. Thesis, Nara University of Education / 奈良教育大学. Accessed September 26, 2017. http://hdl.handle.net/10105/2894.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

真鍋, 典子. “傳山の書法における教育法.” 2017. Web. 26 Sep 2017.

Vancouver:

真鍋 . 傳山の書法における教育法. [Internet] [Thesis]. Nara University of Education / 奈良教育大学; 2017. [cited 2017 Sep 26]. Available from: http://hdl.handle.net/10105/2894.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

真鍋 . 傳山の書法における教育法. [Thesis]. Nara University of Education / 奈良教育大学; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/10105/2894

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

19. 北川, 晴香. 「針切」の書法研究.

Degree: 2017, Nara University of Education / 奈良教育大学

奈良教育大学修士学位論文, 学位の種類: 修士(教育学), 学位授与年月日: 平成22年3月25日

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

北川, . (2017). 「針切」の書法研究. (Thesis). Nara University of Education / 奈良教育大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10105/2895

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

北川, 晴香. “「針切」の書法研究.” 2017. Thesis, Nara University of Education / 奈良教育大学. Accessed September 26, 2017. http://hdl.handle.net/10105/2895.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

北川, 晴香. “「針切」の書法研究.” 2017. Web. 26 Sep 2017.

Vancouver:

北川 . 「針切」の書法研究. [Internet] [Thesis]. Nara University of Education / 奈良教育大学; 2017. [cited 2017 Sep 26]. Available from: http://hdl.handle.net/10105/2895.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

北川 . 「針切」の書法研究. [Thesis]. Nara University of Education / 奈良教育大学; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/10105/2895

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

20. 石井, 里可子. 王鐸の書法研究における教育法.

Degree: 2017, Nara University of Education / 奈良教育大学

奈良教育大学修士学位論文, 学位の種類: 修士(教育学), 学位授与年月日: 平成22年3月25日

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

石井, . (2017). 王鐸の書法研究における教育法. (Thesis). Nara University of Education / 奈良教育大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10105/2896

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

石井, 里可子. “王鐸の書法研究における教育法.” 2017. Thesis, Nara University of Education / 奈良教育大学. Accessed September 26, 2017. http://hdl.handle.net/10105/2896.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

石井, 里可子. “王鐸の書法研究における教育法.” 2017. Web. 26 Sep 2017.

Vancouver:

石井 . 王鐸の書法研究における教育法. [Internet] [Thesis]. Nara University of Education / 奈良教育大学; 2017. [cited 2017 Sep 26]. Available from: http://hdl.handle.net/10105/2896.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

石井 . 王鐸の書法研究における教育法. [Thesis]. Nara University of Education / 奈良教育大学; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/10105/2896

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

21. 中口, 緑. 青年期女性の骨密度に及ぼす食生活を含む生活習慣の影響.

Degree: 2017, Nara University of Education / 奈良教育大学

奈良教育大学修士学位論文, 学位の種類: 修士(教育学), 学位授与年月日: 平成22年3月25日

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

中口, . (2017). 青年期女性の骨密度に及ぼす食生活を含む生活習慣の影響. (Thesis). Nara University of Education / 奈良教育大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10105/2897

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

中口, 緑. “青年期女性の骨密度に及ぼす食生活を含む生活習慣の影響.” 2017. Thesis, Nara University of Education / 奈良教育大学. Accessed September 26, 2017. http://hdl.handle.net/10105/2897.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

中口, 緑. “青年期女性の骨密度に及ぼす食生活を含む生活習慣の影響.” 2017. Web. 26 Sep 2017.

Vancouver:

中口 . 青年期女性の骨密度に及ぼす食生活を含む生活習慣の影響. [Internet] [Thesis]. Nara University of Education / 奈良教育大学; 2017. [cited 2017 Sep 26]. Available from: http://hdl.handle.net/10105/2897.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

中口 . 青年期女性の骨密度に及ぼす食生活を含む生活習慣の影響. [Thesis]. Nara University of Education / 奈良教育大学; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/10105/2897

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

22. 垣見, 弘明. 新しい学習指導要領におけるものづくりを通した科学技術教育.

Degree: 2017, Nara University of Education / 奈良教育大学

現職教員として、理科が基礎、技術が応用という視点でとらえてきたがここ数年の学習内容の変遷から、共通部分がさらに明確に表れてきているのではないかと感じている。理科で学習する科学的理論や原理が、身近な科学や生活に生かされていることを学習するには、教科を超えた横断的学習が必要であると考える。科学的理論や原理は、科学技術として日常的に利用しているものの、生徒にとっては、「理科」と「技術」として分けてしまい、それぞれの内容に対して、関連付けて考えにくいのではないかと考える。そこで本研究では、「技術・家庭科」の学習内容や教材と、r理科」で学習する内容を「ものづくり」という視点で共通した学習として「科学技術教育」を取り扱いたいと考える。また、往還的学習内容として生徒たちにどのように学習内容が意識されているのかも、調査したいと考える。研究内容として、「ものづくり」を通して、理科、技術のそれぞれの学習内容を取り扱い、それを科学技術教育として取り扱うことができるか。そして、現在の学習環境の中で、相互に有効な内容としていきたい。手法として、事前調査と生徒の意識調査、カリキュラムの提案と実践をおこない、その実態から、科学技術としての教育ができる環境にあるか、また、実施するにはどのような方法があるかなど導きだすことをめざした。結論として、実験や観察を通して、科学的なものの見方を育てるとともに、どのように生活に生かしていくかを考える力も必要で、ものづくりを通してプロセスを学習することが重要である。また、科学的な知識は、先人たちの知恵として引き継がれ、現代に伝わりさらに発展していくものであり、それを学ぶことは、知識や技能の伝承として基本的な教育の在り方と考える。科学技術教育は、単に教科の統合ではなく、ひとつの教材からいかに多くのことを学ぶかという手段であり、知識と技能が統合された、より日常的な教育方法であると考える。

奈良教育大学修士学位論文, 学位の種類: 修士(教育学), 学位授与年月日: 平成22年3月25日

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

垣見, . (2017). 新しい学習指導要領におけるものづくりを通した科学技術教育. (Thesis). Nara University of Education / 奈良教育大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10105/2914

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

垣見, 弘明. “新しい学習指導要領におけるものづくりを通した科学技術教育.” 2017. Thesis, Nara University of Education / 奈良教育大学. Accessed September 26, 2017. http://hdl.handle.net/10105/2914.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

垣見, 弘明. “新しい学習指導要領におけるものづくりを通した科学技術教育.” 2017. Web. 26 Sep 2017.

Vancouver:

垣見 . 新しい学習指導要領におけるものづくりを通した科学技術教育. [Internet] [Thesis]. Nara University of Education / 奈良教育大学; 2017. [cited 2017 Sep 26]. Available from: http://hdl.handle.net/10105/2914.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

垣見 . 新しい学習指導要領におけるものづくりを通した科学技術教育. [Thesis]. Nara University of Education / 奈良教育大学; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/10105/2914

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

23. 乘本, 貴世. 「寸松庵色紙」の書法分析.

Degree: 2017, Nara University of Education / 奈良教育大学

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

乘本, . (2017). 「寸松庵色紙」の書法分析. (Thesis). Nara University of Education / 奈良教育大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10105/2915

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

乘本, 貴世. “「寸松庵色紙」の書法分析.” 2017. Thesis, Nara University of Education / 奈良教育大学. Accessed September 26, 2017. http://hdl.handle.net/10105/2915.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

乘本, 貴世. “「寸松庵色紙」の書法分析.” 2017. Web. 26 Sep 2017.

Vancouver:

乘本 . 「寸松庵色紙」の書法分析. [Internet] [Thesis]. Nara University of Education / 奈良教育大学; 2017. [cited 2017 Sep 26]. Available from: http://hdl.handle.net/10105/2915.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

乘本 . 「寸松庵色紙」の書法分析. [Thesis]. Nara University of Education / 奈良教育大学; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/10105/2915

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

24. 続, 旺. コーパスを用いたコロケーション情報の抽出 類義的な漢語の用例検索結果に基づく考察.

Degree: 2017, Nara University of Education / 奈良教育大学

奈良教育大学修士学位論文, 学位の種類: 修士(教育学), 学位授与年月日: 平成22年3月25日

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

続, . (2017). コーパスを用いたコロケーション情報の抽出 類義的な漢語の用例検索結果に基づく考察. (Thesis). Nara University of Education / 奈良教育大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10105/2934

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

続, 旺. “コーパスを用いたコロケーション情報の抽出 類義的な漢語の用例検索結果に基づく考察.” 2017. Thesis, Nara University of Education / 奈良教育大学. Accessed September 26, 2017. http://hdl.handle.net/10105/2934.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

続, 旺. “コーパスを用いたコロケーション情報の抽出 類義的な漢語の用例検索結果に基づく考察.” 2017. Web. 26 Sep 2017.

Vancouver:

続 . コーパスを用いたコロケーション情報の抽出 類義的な漢語の用例検索結果に基づく考察. [Internet] [Thesis]. Nara University of Education / 奈良教育大学; 2017. [cited 2017 Sep 26]. Available from: http://hdl.handle.net/10105/2934.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

続 . コーパスを用いたコロケーション情報の抽出 類義的な漢語の用例検索結果に基づく考察. [Thesis]. Nara University of Education / 奈良教育大学; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/10105/2934

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

25. 安保, 明子. ものづくり(のこぎりびき)に必要な基本的な知識・技能を指導するための補助教材の開発研究.

Degree: 2017, Nara University of Education / 奈良教育大学

奈良教育大学修士学位論文, 学位の種類: 修士(教育学), 学位授与年月日: 平成21年3月25日

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

安保, . (2017). ものづくり(のこぎりびき)に必要な基本的な知識・技能を指導するための補助教材の開発研究. (Thesis). Nara University of Education / 奈良教育大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10105/5734

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

安保, 明子. “ものづくり(のこぎりびき)に必要な基本的な知識・技能を指導するための補助教材の開発研究.” 2017. Thesis, Nara University of Education / 奈良教育大学. Accessed September 26, 2017. http://hdl.handle.net/10105/5734.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

安保, 明子. “ものづくり(のこぎりびき)に必要な基本的な知識・技能を指導するための補助教材の開発研究.” 2017. Web. 26 Sep 2017.

Vancouver:

安保 . ものづくり(のこぎりびき)に必要な基本的な知識・技能を指導するための補助教材の開発研究. [Internet] [Thesis]. Nara University of Education / 奈良教育大学; 2017. [cited 2017 Sep 26]. Available from: http://hdl.handle.net/10105/5734.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

安保 . ものづくり(のこぎりびき)に必要な基本的な知識・技能を指導するための補助教材の開発研究. [Thesis]. Nara University of Education / 奈良教育大学; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/10105/5734

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

26. 土井, 祥久. 世界遺産教育を学校教育に取り入れるために -ESDを視野に入れた授業モデルづくり-.

Degree: 2017, Nara University of Education / 奈良教育大学

奈良教育大学修士学位論文, 学位の種類: 修士(教育学), 学位授与年月日: 平成23年3月25日

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

土井, . (2017). 世界遺産教育を学校教育に取り入れるために -ESDを視野に入れた授業モデルづくり-. (Thesis). Nara University of Education / 奈良教育大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10105/5774

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

土井, 祥久. “世界遺産教育を学校教育に取り入れるために -ESDを視野に入れた授業モデルづくり-.” 2017. Thesis, Nara University of Education / 奈良教育大学. Accessed September 26, 2017. http://hdl.handle.net/10105/5774.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

土井, 祥久. “世界遺産教育を学校教育に取り入れるために -ESDを視野に入れた授業モデルづくり-.” 2017. Web. 26 Sep 2017.

Vancouver:

土井 . 世界遺産教育を学校教育に取り入れるために -ESDを視野に入れた授業モデルづくり-. [Internet] [Thesis]. Nara University of Education / 奈良教育大学; 2017. [cited 2017 Sep 26]. Available from: http://hdl.handle.net/10105/5774.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

土井 . 世界遺産教育を学校教育に取り入れるために -ESDを視野に入れた授業モデルづくり-. [Thesis]. Nara University of Education / 奈良教育大学; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/10105/5774

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

27. 福島, 悠吾. 新規環状化合物の合成反応の開発.

Degree: 2017, Nara University of Education / 奈良教育大学

近年、有機合成は医薬品の分野だけでなく、有機EL材料などの材料物質の開発にも大きく貢献している。これらの医薬品や材料物質は、基本骨格に環を含んでいるものが多い。これまで本研究室において、3つのエステルをもつ反応性に富んだアルケンを用いて塩化スズなどのルイス酸触媒下で反応させ、環化物を得る新規合成反応を開発することに成功してきた。その中でも、本研究室で開発されたγ-CF3-αアリールプロパルギルアルコールにおけるトリエステルとの反応にて、反応中間体としてアレンを経由してシクロブタン環を形成する報告がなされた。アレンは累積二重結合をもち、構造的な特徴からも合成的に興味深く、近年様々な反応で用いられている。しかし、ルイス酸触媒下における反応は限られた例しか報告されていない。そこで本研究では、ルイス酸触媒下における単純なアリール又はアルキルアレン誘導体とエテントリカルボン酸誘導体における付加環化反応を調べた。エテントリカルボン酸誘導体1a、1bにおいてアリールアレン誘導体2a-dと種々のルイス酸を用い室温および80℃にて実験を行った所、アリールアレンの共役付加およびFriedel-Crafts反応による環化によりインデン誘導体3を16-81%の収率で合成することを見出した。また、アルキルアレン誘導体2eを用いエテントリカルボン酸誘導体1a、1cにて塩化スズ存在下で室温および-78℃で実験を行った所、不安定なエキソメチレン-γ-ラクトン誘導体4を生成し、Et3Nで処理すると異性化しγ-ラクトン誘導体5を14-49%の収率で得ることを見出した(eq1)これらの反応は、双方ともアリルカチオン中間体Aを経て生成するものと考えている。更に、求電子試薬としてケトマロン酸ジエチルを用い、ルイス酸触媒下におけるアリールアレン誘導体との付加環化反応を調べた。ケトマロン酸ジエチルに6、アリールアレン誘導体2a、2f、2gと塩化スズ存在下において、-40℃、室温、80℃と実験を行った所、低温では2a、2fにおいてはヒドロキシマロン酸インデン誘導体7a、7fを26-56%の収率で、高温ではインデン誘導体8a、8fを28-44%の収率で得た。2gにおいては低温ではラクトン誘導体9とインデン誘導体7gの混合物を、高温ではインデン誘導体8gが得られるが、現在7g、8g、9の単離精製は検討中である。(eq2)また、ヒドロキシマロン酸インデン誘導体7aを塩化スズ存在下80℃に加熱すると、インデン誘導体8aが52%の収率で得られることがわかった。

奈良教育大学修士学位論文, 学位の種類: 修士(教育学), 学位授与年月日: 平成23年3月25日

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

福島, . (2017). 新規環状化合物の合成反応の開発. (Thesis). Nara University of Education / 奈良教育大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10105/5775

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

福島, 悠吾. “新規環状化合物の合成反応の開発.” 2017. Thesis, Nara University of Education / 奈良教育大学. Accessed September 26, 2017. http://hdl.handle.net/10105/5775.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

福島, 悠吾. “新規環状化合物の合成反応の開発.” 2017. Web. 26 Sep 2017.

Vancouver:

福島 . 新規環状化合物の合成反応の開発. [Internet] [Thesis]. Nara University of Education / 奈良教育大学; 2017. [cited 2017 Sep 26]. Available from: http://hdl.handle.net/10105/5775.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

福島 . 新規環状化合物の合成反応の開発. [Thesis]. Nara University of Education / 奈良教育大学; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/10105/5775

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

28. 古橋, 裕悟. 日本の伝統や文化を子どもたちに伝える方法の提案 -その手段として理科教育による木育と出前授業の検討-.

Degree: 2017, Nara University of Education / 奈良教育大学

奈良教育大学修士学位論文, 学位の種類: 修士(教育学), 学位授与年月日: 平成23年3月25日

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

古橋, . (2017). 日本の伝統や文化を子どもたちに伝える方法の提案 -その手段として理科教育による木育と出前授業の検討-. (Thesis). Nara University of Education / 奈良教育大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10105/5776

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

古橋, 裕悟. “日本の伝統や文化を子どもたちに伝える方法の提案 -その手段として理科教育による木育と出前授業の検討-.” 2017. Thesis, Nara University of Education / 奈良教育大学. Accessed September 26, 2017. http://hdl.handle.net/10105/5776.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

古橋, 裕悟. “日本の伝統や文化を子どもたちに伝える方法の提案 -その手段として理科教育による木育と出前授業の検討-.” 2017. Web. 26 Sep 2017.

Vancouver:

古橋 . 日本の伝統や文化を子どもたちに伝える方法の提案 -その手段として理科教育による木育と出前授業の検討-. [Internet] [Thesis]. Nara University of Education / 奈良教育大学; 2017. [cited 2017 Sep 26]. Available from: http://hdl.handle.net/10105/5776.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

古橋 . 日本の伝統や文化を子どもたちに伝える方法の提案 -その手段として理科教育による木育と出前授業の検討-. [Thesis]. Nara University of Education / 奈良教育大学; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/10105/5776

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

29. 古河, 健太郎. 距離感・親密さについての言語的マーキングに関する談話論的研究.

Degree: 2017, Nara University of Education / 奈良教育大学

奈良教育大学修士学位論文, 学位の種類: 修士(教育学), 学位授与年月日: 平成23年3月25日

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

古河, . (2017). 距離感・親密さについての言語的マーキングに関する談話論的研究. (Thesis). Nara University of Education / 奈良教育大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10105/5777

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

古河, 健太郎. “距離感・親密さについての言語的マーキングに関する談話論的研究.” 2017. Thesis, Nara University of Education / 奈良教育大学. Accessed September 26, 2017. http://hdl.handle.net/10105/5777.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

古河, 健太郎. “距離感・親密さについての言語的マーキングに関する談話論的研究.” 2017. Web. 26 Sep 2017.

Vancouver:

古河 . 距離感・親密さについての言語的マーキングに関する談話論的研究. [Internet] [Thesis]. Nara University of Education / 奈良教育大学; 2017. [cited 2017 Sep 26]. Available from: http://hdl.handle.net/10105/5777.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

古河 . 距離感・親密さについての言語的マーキングに関する談話論的研究. [Thesis]. Nara University of Education / 奈良教育大学; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/10105/5777

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

30. 五味, 功至. 効率的有機合成法の開発.

Degree: 2017, Nara University of Education / 奈良教育大学

天然物や医薬品あるいは生物活性を示す多くの物質に含まれている含窒素及び酸素ヘテロ環状化合物は重要な基本骨格であり、その新規合成反応の開発は重要である。本研究では3つのカルボン酸を持つエテントリカルボン酸もしくはその誘導体と様々な基質をルイス酸触媒下で反応させ、環化物を得る新規合成反応の開発を行った。エテントリカルボン酸誘導体(1)とアセタール(2a-2c)をWSC、HBTを用いた縮合反応で前駆体(3a-3c)を形成し、それを室温、ルイス酸触媒下で反応させることによって、ヘテロ環を持つモルホリン誘導体(4a-4c)を43.4-72.0%(精製が不十分な物を含む)で得ることに成功した。また、工テントリカルボン酸もしくはその誘導体(1a-1b)と2-Aminonicotinaldehyde(5)を様々なルイス酸触媒で反応をさせ、ヘテロ環化合物(6a-6b) 、架橋構造を持つヘテロ環化合物(7)を得ることを検討した。

奈良教育大学修士学位論文, 学位の種類: 修士(教育学), 学位授与年月日: 平成23年3月25日

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

五味, . (2017). 効率的有機合成法の開発. (Thesis). Nara University of Education / 奈良教育大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10105/5778

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

五味, 功至. “効率的有機合成法の開発.” 2017. Thesis, Nara University of Education / 奈良教育大学. Accessed September 26, 2017. http://hdl.handle.net/10105/5778.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

五味, 功至. “効率的有機合成法の開発.” 2017. Web. 26 Sep 2017.

Vancouver:

五味 . 効率的有機合成法の開発. [Internet] [Thesis]. Nara University of Education / 奈良教育大学; 2017. [cited 2017 Sep 26]. Available from: http://hdl.handle.net/10105/5778.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

五味 . 効率的有機合成法の開発. [Thesis]. Nara University of Education / 奈良教育大学; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/10105/5778

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

[1] [2] [3] [4]

.