Advanced search options

Advanced Search Options 🞨

Browse by author name (“Author name starts with…”).

Find ETDs with:

in
/  
in
/  
in
/  
in

Written in Published in Earliest date Latest date

Sorted by

Results per page:

Sorted by: relevance · author · university · dateNew search

You searched for publisher:"Mukogawa Women’s University". Showing records 1 – 30 of 52 total matches.

[1] [2]

Search Limiters

Last 2 Years | English Only

No search limiters apply to these results.

▼ Search Limiters

1. 山田, 佳奈. 太宰作品の先鋒 ―〈女性語り〉に焦点をあてて―.

Degree: 博士(文学), 2017, Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学

本博士論文は、「太宰作品の先鋒―女性語りに焦点をあてて―」と題して、太宰の〈女性語り〉を分析し、その本質を解明したものである。 〈女性語り〉とは、女性が一人称で語る形式を持つ諸作品で、全部で十六作確認できる(注1)。その意味について従来研究が重ねられてきた。しかしそこで前提とされたのは、感情的で感覚的な女性像であった。それは、当時の社会通念を適応させた理解であり、〈太宰が女性語りで描いた女性〉の本質は明らかにされないままである。本論は、太宰が描いた〈女性語り〉から立ち上がる女性像そのものに着目し、作家太宰が意識を超えたところで形成した女性像を明らかにすることを試みた。 構成は、次の通りである。まず「序論」で、先行研究の様相と問題点と本論の見通しを述べる。次に、「本論」「[一]〈女性語り〉以前」、「[二]〈女性語り〉へのアプローチ」で、詳細な作品読解を行う。そのうえで、「結論 〈女性語り〉とは ―二十一世紀視点で太宰を読む―」を述べた。以下、「本論」と「結論」の要旨である。 まず「本論」、「[一]〈女性語り〉以前」では「魚服記」を扱った。「魚服記」は前期の太宰を代表する作品であり、スワという少女をめぐって話が展開する。「魚服記」について太宰は、「魚になつて日頃私を辱しめ虐げてゐる人たちを笑つてやらう」という「作者の意図」を、「言ひ張」れなかったことに「深く後悔してゐ」る(注2)。これを、少女を困難から救えなかった「後悔」だと捉えた論者は、本作品を〈女性語り〉の原点だと考えた。以上の理由から、〈女性語り〉以前として「魚服記」を扱う。 次に[二]では、「〈女性語り〉へのアプローチ」と題して、〈女性語り〉を代表する七作品について論を重ねた。各論は作品論として独立しているが、モチーフごとに「Ⅰ 家族と恋愛」「Ⅱ 夫婦」「Ⅲ 子育て」に分類した。その要点を作品ごとに示す。 Ⅰ 家族と恋愛 1、「燈籠」 「燈籠」は、「ことし二十四」歳、「まずしい下駄屋」の一人娘のさき子が語る話である。 先行研究では、家族愛を主題とする説が多くみられるが、そこでは両親に対するさき子の不満が無視されていた。本論ではこの点を問題視し、作品を読み解いた。 その結果、さき子の語りは〈世間〉〈恋人〉〈両親〉に分類でき、いずれの分類においても、両親に対する不満が確認できた。しかし、語りの中でこの思いが変化し、最終的にさき子は両親と自身の半生を受け入れることができた。本論では、語ることで自身の困難を受け入れたさき子の姿勢に、「燈籠」の価値を見出した。 2、「葉桜と魔笛」 「葉桜と魔笛」は、「老夫人」が「二十」歳の頃の「私」を回想して語る話である。 従来、ロマンチシズムに基づいて語られてきたこの作品を、本論では次のように読み替えた。 語りの最大の謎は、揺れる「老夫人」にある。この謎を解明すべく語りを分析すると、「私」は、家族のために生きる一方で、自身の恋愛がおろそかになることに不満を抱き、動揺していたことがわかった。この混乱の中で「私」は妹の死を受け入れたが、「老夫人」になって疑問を抱くようになり、その疑問が〈宿痾〉つまり持病のようになった。しかし、「老夫人」は逃げることなく妹や父の死に向き合い、現実を乗り越えようとした。その結果、家族の死を受け入れる鍵を手にした一方で、過去の自分を許せるかという問いが生れ、「老夫人」は揺れ続けていることを論じた。また、「葉桜と魔笛」の主題は、死を前にしても〈宿痾〉に向き合いつづける「老夫人」の〈強さ〉にあると指摘した。 Ⅱ 夫婦 3、「皮膚と心」 「皮膚と心」は、「二十八」歳で新婚の「私」が語る話である。 先行研究では、「私」が自身の問題を掘り下げている点が無視されており、本論ではこの点を重視して論じた。 「私」は、「吹出物」の根本的な原因を結婚生活に求め、その原因追究は、他者を意味する「皮膚」レベルから、自身の「心」へと向かう。この過程を通して、「私」は自らの自信のなさが根本原因だったことに気付き、語りの最後でこうした自分を恥じた。つまり、〈自己変革〉を果たしたのである。 また、語りの面についても解明、「私」の語りに共通の区切りが確認できることを指摘した。ここから、「私」がそのつど感情を吐露したことが明らかになった。 4、「きりぎりす」 「きりぎりす」は、「二十四」歳の妻である「私」が、画家である夫との結婚生活を語る話である。 先行研究では、夫を通して妻の語りが解釈されてきたが、本論では語りが〈妻自身の語り〉であったことを論証した。 妻の語りの内容は、①〈夫とのなれそめから結婚〉、②〈幸せな結婚生活〉、③〈夫の成功で生じた夫婦の亀裂〉、④〈別れの決意〉の四つに分類することができる。そこで語られたことは、夫への冷めゆく愛情だった。では、何のために妻は〈夫との別れの物語〉を編んだのか。本論ではそれを、〈成長〉を刻むためだとした。末尾の「こおろぎ」と「きりぎりす」の転位も、この文脈のもとで読まれねばならない。 また、語りの面についても触れ、妻の語りの内容が先に示した四つに区切れることから、この区切りごとに妻が気持ちを吐露したことを明らかにした。 Ⅲ 子育て 5、「ヴィヨンの妻」 「ヴィヨンの妻」は、「二十六」歳の「私」が語る話である。 先行研究では、作品は常に夫と妻の関係から論じられてきた。本論ではこの点を問題視し、「坊や」を中心に据えて読解した。また、太宰の「桜桃」を補助線とした点にも、本論の特徴がある。 その結果明らかになったことは、生活が困窮する中、障害を持つ子を必死に育て上げようとする「私」の姿だった。夫である大谷はこの困難から逃避するが、妻は夫を立てることで家庭を維持し、子供を守ろうとした。この方法が変化するのは、「私」が椿屋で働くようになってからだ。「私」は社会参画を果たし、「私たちは」〈坊やのために〉「生きていさえすれば」良いと、夫に意見するまでに〈成長〉する。以上のように、「私」は社会参画することによって夫からの〈自立〉を果たし、子供を育て上げる自信を得たと述べた。 6、「斜陽」 「斜陽」は、「二十九」歳のかず子が語る話である。 先行研究では〈かず子の弱さ〉が軽視されており、本論ではこの点を問題視して読解を進めた。 その結果、かず子は多くの困難を抱え、苦しみを言葉にしていたことが明らかになった。こうした状況での希望こそ、上原への恋心だった。しかし、理想と現実では違いも多く、最終的にかず子は、上原への怒りを侮蔑の思いに変えて、不倫の末に生れた私生児を育て上げようと決意する。以上のように、かず子が「斜陽」の環境を自ら「太陽」にしようと努め、〈自立〉を果たそうとしたことを述べた。 また、語りの面からも分析を行った。その結果、困難な現状を認知し、「道徳革命」の道を決意するまでのかず子の心境が、そのつど語られていることを明らかにした。 7、「おさん」 「おさん」は、近松門左衛門の『心中天の網島』を種本としており、夫の浮気に悩む妻の話である。 先行研究では、妻と夫を両極端な人物として捉えていたが、本論では『心中天の網島』との比較を通して、妻も夫も自己完結型の人間であると述べた。さらに、主題は〈自己完結で本音を隠す馬鹿々々しさ〉にあるとした。…

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

山田, . (2017). 太宰作品の先鋒 ―〈女性語り〉に焦点をあてて―. (Thesis). Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1479/00000860/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000860

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

山田, 佳奈. “太宰作品の先鋒 ―〈女性語り〉に焦点をあてて―.” 2017. Thesis, Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学. Accessed November 24, 2017. http://id.nii.ac.jp/1479/00000860/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000860.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

山田, 佳奈. “太宰作品の先鋒 ―〈女性語り〉に焦点をあてて―.” 2017. Web. 24 Nov 2017.

Vancouver:

山田 . 太宰作品の先鋒 ―〈女性語り〉に焦点をあてて―. [Internet] [Thesis]. Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学; 2017. [cited 2017 Nov 24]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1479/00000860/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000860.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

山田 . 太宰作品の先鋒 ―〈女性語り〉に焦点をあてて―. [Thesis]. Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学; 2017. Available from: http://id.nii.ac.jp/1479/00000860/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000860

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

2. 早川, りか. 訪問看護師の臨床判断のプロセスに関する研究 ―訪問看護師の実践と語りから―.

Degree: 博士(臨床教育学), 2017, Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学

本論文は、訪問看護師が療養者の自宅でおこなう臨床判断についての考察を試みたものであり、看護師の判断のプロセスを明らかにするために、訪問看護に関連する文献の検討および、訪問看護の参与観察、そして訪問看護師への聴き取り調査を行った。 研究の結果、訪問看護師の臨床判断には、次の6つのことが関与していることが明らかになった。1)訪問看護師としての役割意識、2)医療従事者としての倫理観、3)患者への共感、4)所属する組織への責任感、5)国や地域の保健医療福祉施策への役割意識、6)自己の成長への期待、である。訪問看護師は、この6つのことを考慮しながら、判断を行っていた。 また、特にこの研究で明らかになったことは、看護師の感情の問題である。訪問看護師は、療養者の状況に巻き込まれ、まさに当事者であるともいえるような状況の中で、悩み、傷つきながら判断を行っていた。訪問看護師は、解決の難しい問題を抱えた療養者に対して、悩みながらもその療養者の幸福と権利を尊重し、自らの責任性や倫理性を意識しながら、道徳的に判断を行っていた。 そして、看護師の道徳的判断を支えているのが、看護師と療養者との関係性である。訪問看護師の臨床判断のプロセスには、療養者との関係性の深まりと、その看護師自身の経験や成長が強く関与しており、このことが、臨床の現場での瞬時のすぐれた判断を生み出していると考えられる。

2013

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

早川, . (2017). 訪問看護師の臨床判断のプロセスに関する研究 ―訪問看護師の実践と語りから―. (Thesis). Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1479/00000861/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000861

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

早川, りか. “訪問看護師の臨床判断のプロセスに関する研究 ―訪問看護師の実践と語りから―.” 2017. Thesis, Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学. Accessed November 24, 2017. http://id.nii.ac.jp/1479/00000861/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000861.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

早川, りか. “訪問看護師の臨床判断のプロセスに関する研究 ―訪問看護師の実践と語りから―.” 2017. Web. 24 Nov 2017.

Vancouver:

早川 . 訪問看護師の臨床判断のプロセスに関する研究 ―訪問看護師の実践と語りから―. [Internet] [Thesis]. Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学; 2017. [cited 2017 Nov 24]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1479/00000861/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000861.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

早川 . 訪問看護師の臨床判断のプロセスに関する研究 ―訪問看護師の実践と語りから―. [Thesis]. Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学; 2017. Available from: http://id.nii.ac.jp/1479/00000861/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000861

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

3. 鎌田, 佳奈美. 小児看護における不適切な養育状況の家族に対応する実践知構築に向けた研究.

Degree: 博士(臨床教育学), 2017, Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学

本研究の目的は、不適切な養育状況の家族に対応する看護実践知の構築に向け、ケア提供者である小児看護師の実践行動を促す要素を抽出し、その評価を行うことである。不適切な養育状況の家族への支援の実態や、支援を行う上での困難な状況を探るため、小児看護師を対象に質問紙調査を行った。その結果から、小児看護師の学習ニーズを明らかにし、それらをもとにした協働学習会を計画・実施した。協働学習会の評価としては、学習会中の小児看護師の反応や言動を観察した。さらに、6か月後に、学習会に参加した看護師を対象に面接調査を行った。 分析の結果、小児看護師の語りは、【看護師の認識・行動の変化】【病棟全体の変化】の2カテゴリーに分類できた。【看護師の認識・行動の変化】のカテゴリーは<養育支援への意識の高まり><親を理解しようとする姿勢><観察の視点の広がり><養育支援に向けた行動>の4サブカテゴリーから成った。【病棟全体の変化】のカテゴリーでは、<養育支援・他機関連携の意識><支援的な雰囲気><継続支援に向けた動き>の3サブカテゴリーが含まれた。これらより、協働学習会の効果の要素として、以下の重要性が示唆された。 ①質問紙調査により示された小児看護師の強みと課題を明確にし、学習会の内容を構成したこと。 ②管理的立場にある人を巻き込み、経験豊富な小児看護師と理論的知識をもつ研究者がともに協働する形式の学習会を実施したこと。 ③家族に対して「ハイリスク家族」との否定的な見方から、「支援を必要とする家族」と肯定的な認識に変化を促したこと。 ④不適切な養育状況の家族の対応においては、組織的に取り組むこと。 小児看護師の実践知構築に向け、個々の子どもと親への実践を一つ一つ丁寧に検証し、効果のあったケアを積み重ね、それらを言語化していくことが今後の課題である。

2015

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

鎌田, . (2017). 小児看護における不適切な養育状況の家族に対応する実践知構築に向けた研究. (Thesis). Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1479/00000862/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000862

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

鎌田, 佳奈美. “小児看護における不適切な養育状況の家族に対応する実践知構築に向けた研究.” 2017. Thesis, Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学. Accessed November 24, 2017. http://id.nii.ac.jp/1479/00000862/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000862.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

鎌田, 佳奈美. “小児看護における不適切な養育状況の家族に対応する実践知構築に向けた研究.” 2017. Web. 24 Nov 2017.

Vancouver:

鎌田 . 小児看護における不適切な養育状況の家族に対応する実践知構築に向けた研究. [Internet] [Thesis]. Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学; 2017. [cited 2017 Nov 24]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1479/00000862/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000862.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

鎌田 . 小児看護における不適切な養育状況の家族に対応する実践知構築に向けた研究. [Thesis]. Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学; 2017. Available from: http://id.nii.ac.jp/1479/00000862/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000862

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

4. 山田, 千春. 介護老人保健施設における看護職の役割に関する質的研究.

Degree: 博士(臨床教育学), 2017, Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学

本研究は、介護老人保健施設(以下、老健施設)に着目し、他分野の職種と連携・協働しながら働く看護師の役割を明らかにした。看護職10名と介護職13名から聞き取りを行い,役割理論とナラティヴ・アプローチに基づく質的研究を行った。看護職は、高齢者や家族の希望に沿った生き方の支援や、生活の中での健康管理、他機関・他職種との連携調整、介護職との相互理解と協力などを自らの役割と捉えていた。役割定義に至るプロセスを見ると、看護職が施設に就職した当初、看護職が病院経験で築いてきた自己の価値観や、協働する介護職の生活援助の捉え方との違いに日々葛藤し、アイデンティティ喪失の危機にも直面していたことが明らかとなった。しかし、そこで改めて現場の状況に目を向け自らの役割を模索する。その中で、高齢者の望む生活の実現を支援していくには、健康管理はもちろんのこと、介護職との相互理解や介護労働の手助け、医学的な根拠に基づくケアのための介護職への教育的支援が看護職の重要な役割であること理解していく。看護職は、制度によるマクロな側面だけではなく、日々の介護職との相互作用により定義されるミクロな側面からも役割を捉えることで、自らの役割の再定義とアイデンティティの再構築を実現していた。

2015

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

山田, . (2017). 介護老人保健施設における看護職の役割に関する質的研究. (Thesis). Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1479/00000863/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000863

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

山田, 千春. “介護老人保健施設における看護職の役割に関する質的研究.” 2017. Thesis, Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学. Accessed November 24, 2017. http://id.nii.ac.jp/1479/00000863/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000863.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

山田, 千春. “介護老人保健施設における看護職の役割に関する質的研究.” 2017. Web. 24 Nov 2017.

Vancouver:

山田 . 介護老人保健施設における看護職の役割に関する質的研究. [Internet] [Thesis]. Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学; 2017. [cited 2017 Nov 24]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1479/00000863/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000863.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

山田 . 介護老人保健施設における看護職の役割に関する質的研究. [Thesis]. Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学; 2017. Available from: http://id.nii.ac.jp/1479/00000863/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000863

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

5. 大道, えりつ. Significance of Amae as a Transitional Mechanism : Function and Role of the “Zone of Practicable Adaptability”.

Degree: 博士(臨床教育学), 2017, Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学

本研究は、文献研究と事例のメタ分析を通して、適応的変化はどのように作り出されているのか、その変化プロセスを「移行期」や環境の役割という視点から、その機能と重要性を検討し、新たな理論的提案を行った。 第一章では、ZCD (Bridging), ZPD (Scaffold)などの発達の移行メカニズムに関する発達心理学の主要理論を概観し、移行期において発達を促進するメカニズムが存在することが明らかとなった。ZCD (Bridging), ZPD (Scaffold)などのメカニズムは共通的に、変化はいきなり0から1へと変わると捉えるのではなく、新たな状態が定着するまで、発達の移行期に機能する中間的な段階、「可能期間」、として、二つの状態とその機能が同時に存在し、どちらの型式での行動も可能である状態を自分に許し、環境もそれを許している状態として捉え直した。 第二章では、「可能領域」が日本文化において特異的に存在しているとされてきた、「甘え」の機能的側面であると考え、家から学校生活への移行などの移行場面において観察される行動について議論し、発達的場面におけるモデルの適合を検討するため、幼稚園や保育園での先生との関わりにおける、子どもの社会的ルールの獲得過程を公刊された論文のメタ分析を行った。 第三章では、甘えの概念と近接概念の愛着と依存に関する文献の展望を行い、現時点の甘えの捉え方を整理し、甘えを社会適応的な複合機能として、「愛着」、「依存」、「自立」などを繋ぐ役割について検討した。甘えという機能は、愛着行動と依存行動の共通部分として、人は自立と依存を両方うまく使って、共に可能な状況を自分に許し、環境もそれを許しているという共存の状況 と位置付けし、実証的研究のメタ分析を通じて、内的作業モデルとの関連性や愛着機能の移行を甘えという「可能領域」はどのように機能しているのかについて考察を行った。 第四章では、臨床場面を例にとりながら、「可能領域」がどのように記述され、移行のメカニズムとしてどのような機能・役割をはたしているのかを治療セッションの事例分析を通して検討した。 第五章では、新たな捉え方として、甘えを社会適応的な複合機能として、発達の移行期に機能する中間的な段階、「可能領域・期間」として捉え直した。「可能領域」は、2つの段階の移行期とみなされる部分において両段階の行動が共存し、試しの存在があることを示唆し、どちらの型式での行動も可能である状態を自分に許し、環境もそれを許している状態として捉えた。ここでの機能は、新しく創発された行動を定着させ、それらを要素とする新しい段階を作り出すものであると考え、新しい行動や他者との新しい接し方が定着するまで、両方の方法を試すことが許される期間として、どの発達の移行期においても同一のメカニズムとして機能すると仮定する。「可能領域」という移行前と移行後の二つの状態や機能の共存を環境も個体もそれを許している状態は日本文化において特異的に存在しているとされてきた、「甘え」の機能的側面であると考え、社会適応過程のみならず、学校生活から社会人への移行や、インターンシップなど様々な移行場面においても観察される普遍的現象であると考えられる。

2015

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

大道, . (2017). Significance of Amae as a Transitional Mechanism : Function and Role of the “Zone of Practicable Adaptability”. (Thesis). Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1479/00000864/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000864

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

大道, えりつ. “Significance of Amae as a Transitional Mechanism : Function and Role of the “Zone of Practicable Adaptability”.” 2017. Thesis, Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学. Accessed November 24, 2017. http://id.nii.ac.jp/1479/00000864/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000864.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

大道, えりつ. “Significance of Amae as a Transitional Mechanism : Function and Role of the “Zone of Practicable Adaptability”.” 2017. Web. 24 Nov 2017.

Vancouver:

大道 . Significance of Amae as a Transitional Mechanism : Function and Role of the “Zone of Practicable Adaptability”. [Internet] [Thesis]. Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学; 2017. [cited 2017 Nov 24]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1479/00000864/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000864.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

大道 . Significance of Amae as a Transitional Mechanism : Function and Role of the “Zone of Practicable Adaptability”. [Thesis]. Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学; 2017. Available from: http://id.nii.ac.jp/1479/00000864/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000864

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

6. 長井, 直子. 医療領域における臨床心理士の役割に関する研究.

Degree: 博士(臨床心理学), 2017, Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学

本研究は、医師への調査研究と事例研究に関する実証データをもとに、医療領域における臨床心理士と他の医療職との協力関係、職務の専門性、臨床心理士への役割期待の3つの問題を明らかにし、今後期待される新たな臨床心理士像を提示することを目的として検討を行ったものである。 医師への調査研究では、臨床心理士の重要性、必要性については全診療科ともに高い評定値が得られ、今日の医療現場の中で、医師は、臨床心理士の職務に高い期待を持っているという結果が得られた。医療領域における臨床心理士の職務には、各診療科に特有なものと全診療科に共通するものとが明確に分かれており、臨床心理士は、この特有性と共通性をふまえて、医師と連携していく必要があるということがわかった。事例研究では、医療領域において、臨床心理士が活動するにあたり、患者、家族に対し、気持ちに寄り添った個別面接を提供することはもちろんのこと、自らの役割を認識し、医療チームといかに密に連携をとり、ケアにあたるかが重要であるということが分かった。 医療領域における臨床心理士は、第一に医療チームの中で専門職として臨床心理士が自らの資質と技能を高め、その能力と実績を示し、具体的業務を含め何が出来るかを限界も含めて明確にすること、そして医療チームに広く認識してもらった上で、その専門性をどのように活用するかを職種間で検討していくことが必要である。 第二に、臨床心理士の専門性を活用するうえで特に大切なのは、精神科との関係である。すなわち、精神科のある病院での臨床心理士の役割もあるが、精神科のない病院にいる臨床心理士がどのような役割を果たすべきであるかということである。 これまでとは異なり、臨床心理士が、医師とは独立した形で心理面接の依頼を受ける体制を整え活動することは、広義のチーム医療の実現につながると考えられ、また地域の精神医療にも貢献できうるものと考える。さらに、医療領域において勤務する臨床心理士数の確保や勤務体制の整備、その職務に対する評価の方法あるいは費用負担などの制度設計も併せて考えていくことが重要であるということがわかった。 第三に、現在の既存の活動にとどまらず、新たな課題として医療職への心理ケアや医師が関わる前の予診的な関わり、臨床心理的知見について医師をはじめとした医療職へ伝えていくこと、さらに臨床心理士自身が医療知識を習得することも課題となる。 上記のような取り組みを進めるとともに、臨床心理士の役割として最も大切なことである患者を全人的にとらえ、受け止め、心理的に支える関わりを行い、患者本人の生きる力や前向きに変化しようという意欲を引き出すことが大切である。臨床心理士にとってもっとも必要なことは、心を患う人の人間性の尊重と思いやりであり、そして、それに基づく専門家としての適正な援助である。臨床心理士の役割に根本的に期待されるのは、心を患う人、その家族や関わりのある周囲の人など、対象となるすべての人々の人間性の尊重であり、さらに、それに基づく心の問題を取り扱うにふさわしい専門家としての総合的能力であるといえる。

2013

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

長井, . (2017). 医療領域における臨床心理士の役割に関する研究. (Thesis). Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1479/00000865/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000865

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

長井, 直子. “医療領域における臨床心理士の役割に関する研究.” 2017. Thesis, Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学. Accessed November 24, 2017. http://id.nii.ac.jp/1479/00000865/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000865.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

長井, 直子. “医療領域における臨床心理士の役割に関する研究.” 2017. Web. 24 Nov 2017.

Vancouver:

長井 . 医療領域における臨床心理士の役割に関する研究. [Internet] [Thesis]. Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学; 2017. [cited 2017 Nov 24]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1479/00000865/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000865.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

長井 . 医療領域における臨床心理士の役割に関する研究. [Thesis]. Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学; 2017. Available from: http://id.nii.ac.jp/1479/00000865/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000865

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

7. 中村, 博之. 心理教育相談の母親面接における相互交流に関する研究.

Degree: 博士(臨床心理学), 2017, Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学

心理教育相談では,母親面接を通して,母親や母子関係の問題を取り扱わなければならない事例があるが,子どもへの影響が大きいため,安全性に留意しながら母親面接を行う必要がある。この課題を解決するために,本研究では,母親面接に<相互交流>という視点を導入し,その活用を図った。<相互交流>とは,セラピストとクライエントの相互の体験過程と関係性を同時に見ていく視点であり,本研究では,理論的研究と事例研究を通して,母親面接における見立ての視点と<相互交流>の活用方法について検討し,臨床実践上の意義について考察した。なお,<相互交流>を活用した母親面接の特徴は,次の三つである。(1)<相互交流>には,見立てに応じた次の三つの様式がある。①母子間の対人的相互作用のワーク,②抱え込まれる転移体験,③重層的転移体験。(2)セラピストとクライエントの体験過程における体験感覚と関係性を見立ての視点として導入し,母親面接の安全性を保つために,面接過程で適切な相互交流の様式を選択している。(3)体験過程の推進が困難な母親面接では,転移という概念を導入して面接状況を読み解き,セラピスト側の体験過程を見立ての中に組み込む必要がある。

2014

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

中村, . (2017). 心理教育相談の母親面接における相互交流に関する研究. (Thesis). Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1479/00000866/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000866

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

中村, 博之. “心理教育相談の母親面接における相互交流に関する研究.” 2017. Thesis, Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学. Accessed November 24, 2017. http://id.nii.ac.jp/1479/00000866/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000866.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

中村, 博之. “心理教育相談の母親面接における相互交流に関する研究.” 2017. Web. 24 Nov 2017.

Vancouver:

中村 . 心理教育相談の母親面接における相互交流に関する研究. [Internet] [Thesis]. Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学; 2017. [cited 2017 Nov 24]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1479/00000866/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000866.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

中村 . 心理教育相談の母親面接における相互交流に関する研究. [Thesis]. Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学; 2017. Available from: http://id.nii.ac.jp/1479/00000866/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000866

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

8. 濵, 宏仁. 抗がん剤バイアル製剤の有効利用と安全使用に関する臨床薬学的研究 : The clinical pharmacy study on appropriate usage and safe handling of vial product containing anti-cancer drugs.

Degree: 博士(薬学), 2017, Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学

抗がん剤バイアル製剤の薬剤費の削減等を含めた有効利用と安全使用に関する適正使用を目的とした臨床薬学的研究の以下の知見をまとめた. 日本薬局方に基づく保存効力試験を用いて微生物学的見地より抗がん剤バイアルの残液をMultidoseバイアルとして分割使用する際の安全性の確認を行った.その結果,イリノテカン,ビノレルビンでは,一部の真菌が抗がん剤の薬液中で増殖することを確認し,Multidoseバイアルとするのが好ましくないことを示した.また,エトポシド,パクリタキセル,シスプラチンおよびカルボプラチンについては,それらが抗菌的効果を有しており,Multidoseバイアルとして取り扱うことが可能であることを証明した.

2013

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

濵, . (2017). 抗がん剤バイアル製剤の有効利用と安全使用に関する臨床薬学的研究 : The clinical pharmacy study on appropriate usage and safe handling of vial product containing anti-cancer drugs. (Thesis). Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1479/00000878/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000878

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

濵, 宏仁. “抗がん剤バイアル製剤の有効利用と安全使用に関する臨床薬学的研究 : The clinical pharmacy study on appropriate usage and safe handling of vial product containing anti-cancer drugs.” 2017. Thesis, Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学. Accessed November 24, 2017. http://id.nii.ac.jp/1479/00000878/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000878.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

濵, 宏仁. “抗がん剤バイアル製剤の有効利用と安全使用に関する臨床薬学的研究 : The clinical pharmacy study on appropriate usage and safe handling of vial product containing anti-cancer drugs.” 2017. Web. 24 Nov 2017.

Vancouver:

濵 . 抗がん剤バイアル製剤の有効利用と安全使用に関する臨床薬学的研究 : The clinical pharmacy study on appropriate usage and safe handling of vial product containing anti-cancer drugs. [Internet] [Thesis]. Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学; 2017. [cited 2017 Nov 24]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1479/00000878/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000878.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

濵 . 抗がん剤バイアル製剤の有効利用と安全使用に関する臨床薬学的研究 : The clinical pharmacy study on appropriate usage and safe handling of vial product containing anti-cancer drugs. [Thesis]. Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学; 2017. Available from: http://id.nii.ac.jp/1479/00000878/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000878

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

9. 志野, 訓之. 高齢者のためのカルバペネム系抗菌薬の最適投与計画の構築と評価 : Development and evaluation of an optimized dosage regimen of carbapenems for elderly patients.

Degree: 博士(薬学), 2017, Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学

カルバペネム系抗菌薬の効果と相関するPK-PDパラメータは, %TAMである. %TAMが20~30%で細菌増殖を抑制する静菌作用を, %TAMが40~50%で細菌を死滅させる殺菌作用を示す. しかし高齢者において目標%TAMを到達するための具体的な投与レジメンの決定方法が明示されていない点が実臨床での問題点であった.そこで高齢者の呼吸器感染症患者を対象として, PK-PD理論に基づき, モンテカルロシミュレーション法を用いてMeropenemおよびDoripenemの最適投与方法を推奨するノモグラムを作成し, 臨床における有効性を示した. また, 身体情報の少ない高齢者の重症市中肺炎に対する初期治療において血清クレアチニン値と年齢からMeropenemの投与方法を設定できるノモグラムを作成し評価した. さらに, L-システインや亜硫酸塩を含む輸液製剤とMeropenemの混合投与による力価低下が, 血中濃度および%TAMにおよぼす影響をシミュレーションし, 混合投与時の有効な投与レジメンを示した. これらの得られた知見は, 現在の日本におけるカルバペネム系抗菌薬において不足している情報を提供するものであり, 抗菌薬適正使用の確立に繋がる一歩を示すものである.

2015

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

志野, . (2017). 高齢者のためのカルバペネム系抗菌薬の最適投与計画の構築と評価 : Development and evaluation of an optimized dosage regimen of carbapenems for elderly patients. (Thesis). Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1479/00000884/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000884

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

志野, 訓之. “高齢者のためのカルバペネム系抗菌薬の最適投与計画の構築と評価 : Development and evaluation of an optimized dosage regimen of carbapenems for elderly patients.” 2017. Thesis, Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学. Accessed November 24, 2017. http://id.nii.ac.jp/1479/00000884/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000884.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

志野, 訓之. “高齢者のためのカルバペネム系抗菌薬の最適投与計画の構築と評価 : Development and evaluation of an optimized dosage regimen of carbapenems for elderly patients.” 2017. Web. 24 Nov 2017.

Vancouver:

志野 . 高齢者のためのカルバペネム系抗菌薬の最適投与計画の構築と評価 : Development and evaluation of an optimized dosage regimen of carbapenems for elderly patients. [Internet] [Thesis]. Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学; 2017. [cited 2017 Nov 24]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1479/00000884/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000884.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

志野 . 高齢者のためのカルバペネム系抗菌薬の最適投与計画の構築と評価 : Development and evaluation of an optimized dosage regimen of carbapenems for elderly patients. [Thesis]. Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学; 2017. Available from: http://id.nii.ac.jp/1479/00000884/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000884

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

10. 藤本, 有未. 多孔性ケイ酸カルシウムの固形製剤への利用のための基礎的研究 : The application of porous calcium silicate for preparation of solid formulation.

Degree: 博士(薬学), 2017, Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学

本論文の目的は、難溶性薬物の溶解性改善に有効な固体分散体の固形製剤(顆粒剤・錠剤)の新規製造方法の確立である。本研究では、製剤添加剤として多孔性ケイ酸カルシウムを、難水溶性モデル薬物としてニフェジピンとインドメタシンを用いて行い、固体分散体製造に影響する要因の解明ならびに薬物の安定性・光安定性に対する影響について検討した。多孔性ケイ酸カルシウムは、嵩密度が小さいために製剤工程中に飛散しやすく、非常に扱い難い製剤添加剤である。しかし、本研究により、多糖類との高速攪拌造粒機を用いた湿式造粒法により、難溶性薬物を非晶質の状態のまま含有する顆粒の製造が可能であることを明らかにした。また、多孔性ケイ酸カルシウムは難水溶性薬物の溶出性改善効果だけでなく、多孔性が持つ光遮蔽効果により、光安定性を向上することも明らかにした。以上の結果より、多孔性ケイ酸カルシウムは難溶性薬物の溶出を有する固体分散製剤の開発に有用性を示すだけでなく、光に不安定な薬物の製剤開発にも貢献することが期待される。

2015

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

藤本, . (2017). 多孔性ケイ酸カルシウムの固形製剤への利用のための基礎的研究 : The application of porous calcium silicate for preparation of solid formulation. (Thesis). Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1479/00000885/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000885

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

藤本, 有未. “多孔性ケイ酸カルシウムの固形製剤への利用のための基礎的研究 : The application of porous calcium silicate for preparation of solid formulation.” 2017. Thesis, Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学. Accessed November 24, 2017. http://id.nii.ac.jp/1479/00000885/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000885.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

藤本, 有未. “多孔性ケイ酸カルシウムの固形製剤への利用のための基礎的研究 : The application of porous calcium silicate for preparation of solid formulation.” 2017. Web. 24 Nov 2017.

Vancouver:

藤本 . 多孔性ケイ酸カルシウムの固形製剤への利用のための基礎的研究 : The application of porous calcium silicate for preparation of solid formulation. [Internet] [Thesis]. Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学; 2017. [cited 2017 Nov 24]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1479/00000885/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000885.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

藤本 . 多孔性ケイ酸カルシウムの固形製剤への利用のための基礎的研究 : The application of porous calcium silicate for preparation of solid formulation. [Thesis]. Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学; 2017. Available from: http://id.nii.ac.jp/1479/00000885/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000885

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

11. 岸本, 亜野. 高血圧自然発症ラットの内臓脂肪および腎臓とマウス 3T3-L1 細胞に対するベルベリンの影響に関する基礎研究 : Effects of Berberine on Adipose Tissues and Kidney Function in Spontaneously Hypertensive Rats and 3T3-L1 Cells.

Degree: 博士(薬科学), 2017, Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学

ベルベリンは、キハダやオウレンなどの植物に含まれている成分である。抗菌、抗炎症、止寫作用があり、主に止寫薬として用いられている。また、血糖、血圧および血中脂質低下作用が報告されており、生活習慣病予防に有用であることが示唆されている。本研究では、腎障害を発症する高血圧自然発症ラット(SHR)を用いて、ベルベリンによる血圧および腎障害への影響を検討した。その結果、ベルベリン投与により、血圧の低下の影響なしに腎障害の軽減作用が認められたことを新規に示し、血圧低下以外の因子がベルベリンによる腎障害軽減に関与している可能性を示した。また、体重増加が抑制され、後腹膜脂肪および腸間膜脂肪のより大きい減少が関与していることが新たに示唆された。さらに詳細なメカニズムを検討するため、in vitroで解析を行った。in vitro の解析では、マウス前駆脂肪細胞の培養株である 3T3-L1 細胞を用いてベルベリンの影響を検討した。その結果、ベルベリン添加により3T3-L1 脂肪細胞の脂肪滴およびトリグリセリドが減少した。また、脂肪細胞特異的遺伝子の発現を抑制し、前駆脂肪細胞から脂肪細胞への分化を抑制することが示唆された。さらに、ベルベリンが 3T3-L1 脂肪細胞における活性酸素種を減少させることが新規に認められ、酸化ストレスの改善作用は抗酸化酵素である GPx の上昇が起因していると考えられた。本研究で得られた結果より、ベルベリンは、血圧に影響せずに腎障害の軽減作用があること、および肥満を基盤とした生活習慣病に有用であることが示唆された。

2015

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

岸本, . (2017). 高血圧自然発症ラットの内臓脂肪および腎臓とマウス 3T3-L1 細胞に対するベルベリンの影響に関する基礎研究 : Effects of Berberine on Adipose Tissues and Kidney Function in Spontaneously Hypertensive Rats and 3T3-L1 Cells. (Thesis). Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1479/00000886/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000886

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

岸本, 亜野. “高血圧自然発症ラットの内臓脂肪および腎臓とマウス 3T3-L1 細胞に対するベルベリンの影響に関する基礎研究 : Effects of Berberine on Adipose Tissues and Kidney Function in Spontaneously Hypertensive Rats and 3T3-L1 Cells.” 2017. Thesis, Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学. Accessed November 24, 2017. http://id.nii.ac.jp/1479/00000886/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000886.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

岸本, 亜野. “高血圧自然発症ラットの内臓脂肪および腎臓とマウス 3T3-L1 細胞に対するベルベリンの影響に関する基礎研究 : Effects of Berberine on Adipose Tissues and Kidney Function in Spontaneously Hypertensive Rats and 3T3-L1 Cells.” 2017. Web. 24 Nov 2017.

Vancouver:

岸本 . 高血圧自然発症ラットの内臓脂肪および腎臓とマウス 3T3-L1 細胞に対するベルベリンの影響に関する基礎研究 : Effects of Berberine on Adipose Tissues and Kidney Function in Spontaneously Hypertensive Rats and 3T3-L1 Cells. [Internet] [Thesis]. Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学; 2017. [cited 2017 Nov 24]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1479/00000886/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000886.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

岸本 . 高血圧自然発症ラットの内臓脂肪および腎臓とマウス 3T3-L1 細胞に対するベルベリンの影響に関する基礎研究 : Effects of Berberine on Adipose Tissues and Kidney Function in Spontaneously Hypertensive Rats and 3T3-L1 Cells. [Thesis]. Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学; 2017. Available from: http://id.nii.ac.jp/1479/00000886/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000886

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

12. 多羅尾, あさみ. 1,2-ビスセレニド類および1,2-ビススルフィド類の酸化と脱離反応に関する研究 : Studies on the oxidation and the elimination of 1,2-bisselenides and 1,2-bissulfides.

Degree: 博士(薬科学), 2017, Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学

本研究では,ジフェニルジセレニドに代わる無臭代替反 応剤である bis[4-(trimethylsilyl)phenyl]diselenide(1)とジフェニルジスルフィドに代わる無臭代替反応剤 bis[4-(trimethylsilyl)phenyl]disulfide(2)に着目した.この無臭セレン反応剤および硫黄反応剤を用いたアルキンおよびアルケンへの付加反応によって得られる 1,2-ビスセレニド類や 1,2-ビススルフィド類を合成し,その酸化と脱離反応を計画した.また,1,2-ビスセレニド類を利用して合成できると考えられるアルケニルセレノキシド,およびそれを酸化したアルケニルセレノンは,どちらも Micheal 付加反応のアクセプターとして利用でき,さらに,続くセレノニル基を脱離基とした環化反応によりシクロプロパンなどの環状化合物または複素環の構築が可能であることが近年報告されてい る.13-17)シクロプロパン環や複素環は重要な反応中間 体としても重宝されるが,それ自体が天然化合物や医薬品等にも含有される重要な部分構造であることは言うまでもない.従って,温和な条件で進行する高選択的な セレノキシド脱離を利用して,化合物を合成することにより,今後の医薬品や天然化合物の合成への貢献が期待できる.

2015

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

多羅尾, . (2017). 1,2-ビスセレニド類および1,2-ビススルフィド類の酸化と脱離反応に関する研究 : Studies on the oxidation and the elimination of 1,2-bisselenides and 1,2-bissulfides. (Thesis). Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1479/00000887/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000887

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

多羅尾, あさみ. “1,2-ビスセレニド類および1,2-ビススルフィド類の酸化と脱離反応に関する研究 : Studies on the oxidation and the elimination of 1,2-bisselenides and 1,2-bissulfides.” 2017. Thesis, Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学. Accessed November 24, 2017. http://id.nii.ac.jp/1479/00000887/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000887.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

多羅尾, あさみ. “1,2-ビスセレニド類および1,2-ビススルフィド類の酸化と脱離反応に関する研究 : Studies on the oxidation and the elimination of 1,2-bisselenides and 1,2-bissulfides.” 2017. Web. 24 Nov 2017.

Vancouver:

多羅尾 . 1,2-ビスセレニド類および1,2-ビススルフィド類の酸化と脱離反応に関する研究 : Studies on the oxidation and the elimination of 1,2-bisselenides and 1,2-bissulfides. [Internet] [Thesis]. Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学; 2017. [cited 2017 Nov 24]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1479/00000887/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000887.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

多羅尾 . 1,2-ビスセレニド類および1,2-ビススルフィド類の酸化と脱離反応に関する研究 : Studies on the oxidation and the elimination of 1,2-bisselenides and 1,2-bissulfides. [Thesis]. Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学; 2017. Available from: http://id.nii.ac.jp/1479/00000887/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000887

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

13. 丹下, 美緒. 注射剤混合時の配合性および粉末注射剤の溶解速度に関する研究 ―オザグレルナトリウムおよびセフトリアキソンナトリウムの先発医薬品と後発医薬品の比較を中心に― : The study on compatibility on mixed injection preparation and dissolution rate of powder formulation for injection – Comparison between original and generic versions of ozagrel sodium or ceftriaxone sodium for injection –.

Degree: 博士(薬科学), 2017, Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学

本論文は, 臨床現場における注射剤の使用上の問題として配合性および粉末注射剤の溶解速度に関して先発医薬品および後発医薬品の比較評価を目的として, 注射用オザグレルナトリウム製剤および注射用セフトリアキソンナトリウム製剤とカルシウム注射液との混合による不溶性微粒子の生成の予測を飽和指数を用いて行い, 微粒子測定装置を用いた定量的な不溶性微粒子測定により先発医薬品と後発医薬品を比較評価した. また, 粉末の注射用製剤である注射用セフトリアキソンナトリウム製剤の先発医薬品および後発医薬品の生理食塩液への溶解時間の比較を行い, 溶解速度に差を与える因子について粉末X線回折測定, 比表面積測定などの各種方法を用いて評価を行った. 配合変化の指標とされる飽和指数を用いることで実際の臨床使用濃度での配合変化の予測が可能であることを明らかにした. また, 粉末注射用製剤において粉末の特性を各種分析法により評価することで速やかに溶解する製剤の選別が可能であることを示した.

2015

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

丹下, . (2017). 注射剤混合時の配合性および粉末注射剤の溶解速度に関する研究 ―オザグレルナトリウムおよびセフトリアキソンナトリウムの先発医薬品と後発医薬品の比較を中心に― : The study on compatibility on mixed injection preparation and dissolution rate of powder formulation for injection – Comparison between original and generic versions of ozagrel sodium or ceftriaxone sodium for injection –. (Thesis). Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1479/00000888/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000888

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

丹下, 美緒. “注射剤混合時の配合性および粉末注射剤の溶解速度に関する研究 ―オザグレルナトリウムおよびセフトリアキソンナトリウムの先発医薬品と後発医薬品の比較を中心に― : The study on compatibility on mixed injection preparation and dissolution rate of powder formulation for injection – Comparison between original and generic versions of ozagrel sodium or ceftriaxone sodium for injection –.” 2017. Thesis, Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学. Accessed November 24, 2017. http://id.nii.ac.jp/1479/00000888/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000888.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

丹下, 美緒. “注射剤混合時の配合性および粉末注射剤の溶解速度に関する研究 ―オザグレルナトリウムおよびセフトリアキソンナトリウムの先発医薬品と後発医薬品の比較を中心に― : The study on compatibility on mixed injection preparation and dissolution rate of powder formulation for injection – Comparison between original and generic versions of ozagrel sodium or ceftriaxone sodium for injection –.” 2017. Web. 24 Nov 2017.

Vancouver:

丹下 . 注射剤混合時の配合性および粉末注射剤の溶解速度に関する研究 ―オザグレルナトリウムおよびセフトリアキソンナトリウムの先発医薬品と後発医薬品の比較を中心に― : The study on compatibility on mixed injection preparation and dissolution rate of powder formulation for injection – Comparison between original and generic versions of ozagrel sodium or ceftriaxone sodium for injection –. [Internet] [Thesis]. Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学; 2017. [cited 2017 Nov 24]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1479/00000888/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000888.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

丹下 . 注射剤混合時の配合性および粉末注射剤の溶解速度に関する研究 ―オザグレルナトリウムおよびセフトリアキソンナトリウムの先発医薬品と後発医薬品の比較を中心に― : The study on compatibility on mixed injection preparation and dissolution rate of powder formulation for injection – Comparison between original and generic versions of ozagrel sodium or ceftriaxone sodium for injection –. [Thesis]. Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学; 2017. Available from: http://id.nii.ac.jp/1479/00000888/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000888

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

14. 林, 麻利亜. 古細菌Pyrobaculum calidifontis のチアミン生合成経路の酵素学的研究 : Enzymatic study of thiamin biosynthetic pathway in the archaeon Pyrobaculum calidifontis.

Degree: 博士(薬学), 2017, Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学

チアミン(ビタミンB1)の生合成経路の研究は、これまで真正細菌, 酵母, 植物などで成されてきたが、古細菌においては全く報告がなかった。そこで本論文では、古細菌を用いてチアミンのチアゾール部前駆体の特定を試み、さらに、チアミンピロリン酸生合成経路の決定と関連酵素の酵素学的および構造学的な解析を試みた。 第1章では、好塩性古細菌Halobacterium salinarum のチアゾール部のC-2 と窒素原子にグリシンのC-2 と窒 素原子が取り込まれることをトレーサー実験で明らかにした。この結果とゲノム情報から、H. salinarum のチアゾール部は酵母型チアゾール合成酵素(Thi4)により合成されることが示唆された。第2章では、超好熱性古細菌Pyrobaculum calidifontis の粗酵素抽出液にチアミンリン酸合成酵素活性を検出し、組換えタンパク質を用いた実験から、本菌のthiDN 遺伝子はN 末側にヒ ドロキシメチルピリミジンキナーゼ/ヒドロキシメチルピリミジンリン酸キナーゼ活性を、C 末側にチアミンリン酸合成酵素活性を持つ多機能酵素をコードすることを証明した。また、真正細菌や真核生物のチアミンリン酸合成酵素であるThiE と古細菌のThiN は、アミノ酸配列に相同性の認められない起源を異にするタンパク 質でありながら、同じ反応を触媒するアナログ酵素であることを示した。さらに、超好熱性古細菌Pyrococcus furiosus のThiN タンパク質の結晶構造をひな型に用いて、P. calidifontis のThiN タンパク質結晶構造を予測した。酵素生成物複合体のシミュレーションにおいて、チアミンリン酸やピロリン酸と水素結合しているArg320 とHis341 の変異酵素を作成し、両者がチアミンリン酸合成酵素活性発現に必須であることを示した。 第3 章では、P. calidifontis では、補酵素のチアミンピロリン酸はチアミンリン酸キナーゼ(ThiL タンパク質)によって生成することを明らかにした。また、組換えThiL タンパク質の酵素学的解析から、アデニル酸が基質のチアミンリン酸、ATP いずれに対しても不競合的に本酵素活性を阻害することを示した。一方、好熱性真正細菌Aquifex aeolicus の ThiL タンパク質 の結晶構造から反応への関与が予測される Arg136 と Ser196の変異酵素を解析して、Ser196 がチアミンリン酸キナーゼ活性の触媒過程に中心的な役割を持つことを示唆した。

2015

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

林, . (2017). 古細菌Pyrobaculum calidifontis のチアミン生合成経路の酵素学的研究 : Enzymatic study of thiamin biosynthetic pathway in the archaeon Pyrobaculum calidifontis. (Thesis). Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1479/00000889/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000889

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

林, 麻利亜. “古細菌Pyrobaculum calidifontis のチアミン生合成経路の酵素学的研究 : Enzymatic study of thiamin biosynthetic pathway in the archaeon Pyrobaculum calidifontis.” 2017. Thesis, Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学. Accessed November 24, 2017. http://id.nii.ac.jp/1479/00000889/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000889.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

林, 麻利亜. “古細菌Pyrobaculum calidifontis のチアミン生合成経路の酵素学的研究 : Enzymatic study of thiamin biosynthetic pathway in the archaeon Pyrobaculum calidifontis.” 2017. Web. 24 Nov 2017.

Vancouver:

林 . 古細菌Pyrobaculum calidifontis のチアミン生合成経路の酵素学的研究 : Enzymatic study of thiamin biosynthetic pathway in the archaeon Pyrobaculum calidifontis. [Internet] [Thesis]. Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学; 2017. [cited 2017 Nov 24]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1479/00000889/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000889.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

林 . 古細菌Pyrobaculum calidifontis のチアミン生合成経路の酵素学的研究 : Enzymatic study of thiamin biosynthetic pathway in the archaeon Pyrobaculum calidifontis. [Thesis]. Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学; 2017. Available from: http://id.nii.ac.jp/1479/00000889/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000889

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

15. 林田, 真梨子. アルコール代謝酵素ALDH2およびADH1B遺伝子型の迅速かつ正確なSNPタイピング実験法の研究および遺伝子検査を用いた教育への応用 : High performance and straightforward SNP typing methods for alcohol metabolic enzyme genes, ALDH2 and ADH1B, and appreciation for education.

Degree: 博士(薬科学), 2017, Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学

本研究では, 濾紙や水溶紙を利用してDNA未精製の生体サンプルを用いたSNPタイピング法を開発した。迅速かつ正確な検査法を確立出来たことから、本検査法を利用しアルコールリテラシー教育を実施した.さらに遺伝子型から想定される体質とエタノールパッチテストとの一致率を明らかにした。本検査法はさまざまな研究に利用可能であり、今後遺伝子情報を用いた研究を活性化する方法論として重要な成果である。将来薬剤師が本検査法を遺伝子解析のツールとして利用し、個別化医療の発展の一助となることを望む。

2015

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

林田, . (2017). アルコール代謝酵素ALDH2およびADH1B遺伝子型の迅速かつ正確なSNPタイピング実験法の研究および遺伝子検査を用いた教育への応用 : High performance and straightforward SNP typing methods for alcohol metabolic enzyme genes, ALDH2 and ADH1B, and appreciation for education. (Thesis). Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1479/00000890/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000890

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

林田, 真梨子. “アルコール代謝酵素ALDH2およびADH1B遺伝子型の迅速かつ正確なSNPタイピング実験法の研究および遺伝子検査を用いた教育への応用 : High performance and straightforward SNP typing methods for alcohol metabolic enzyme genes, ALDH2 and ADH1B, and appreciation for education.” 2017. Thesis, Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学. Accessed November 24, 2017. http://id.nii.ac.jp/1479/00000890/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000890.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

林田, 真梨子. “アルコール代謝酵素ALDH2およびADH1B遺伝子型の迅速かつ正確なSNPタイピング実験法の研究および遺伝子検査を用いた教育への応用 : High performance and straightforward SNP typing methods for alcohol metabolic enzyme genes, ALDH2 and ADH1B, and appreciation for education.” 2017. Web. 24 Nov 2017.

Vancouver:

林田 . アルコール代謝酵素ALDH2およびADH1B遺伝子型の迅速かつ正確なSNPタイピング実験法の研究および遺伝子検査を用いた教育への応用 : High performance and straightforward SNP typing methods for alcohol metabolic enzyme genes, ALDH2 and ADH1B, and appreciation for education. [Internet] [Thesis]. Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学; 2017. [cited 2017 Nov 24]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1479/00000890/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000890.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

林田 . アルコール代謝酵素ALDH2およびADH1B遺伝子型の迅速かつ正確なSNPタイピング実験法の研究および遺伝子検査を用いた教育への応用 : High performance and straightforward SNP typing methods for alcohol metabolic enzyme genes, ALDH2 and ADH1B, and appreciation for education. [Thesis]. Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学; 2017. Available from: http://id.nii.ac.jp/1479/00000890/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000890

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

16. 藤井, 敦子. 涙液分泌、神経軸索伸長および角膜上皮修復に及ぼす生体内タンパク質の薬理学的研究 ―ドライアイ治療薬の選択肢拡充を目指した基礎研究― : Pharmacological study of the effects of biological proteins on lacrimation, neurite outgrowth and corneal wound healing - Basic research for the purpose of increasing the treatment option of dry eye drugs -.

Degree: 博士(薬科学), 2017, Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学

かつて涙液減少症と言われていたドライアイは、近年急速に病態理解が深まり、現在では、より複雑な眼表面の複合的な異常として認識されるようになってきた。つまり、涙液量の減少だけでなく、涙液の質や安定性の低下、涙液の土台となる角膜上皮の異常、神経刺激に伴う反射分泌の低下等、その要因は多岐に渡ると考えられている。しかし、現状では、ドライアイ治療薬の選択肢はまだまだ限られており、眼表面の多様な異常に対応できるよう、治療薬の選択肢拡充が望まれている。そこで、本研究では、既存薬とは異なる3つの薬理作用をターゲットにして基礎研究に取り組んだ。 第1章では、涙液成分を含む涙液の増加を狙って、自身も涙液タンパク質の一つであるlacritinが、サル主涙腺腺房細胞からの涙液タンパク質分泌を増加させたことを示した。また、ドライアイを模して炎症性サイトカインで処理した細胞では、神経伝達物質による涙液タンパク質分泌が低下するのに対して、lactritinは炎症の影響を受けることなく分泌を促進することを明らかにした。 第2章では、涙液の反射分泌機構の回復を狙って、pituitary adenylate cyclase-activating peptide(PACAP)による三叉神経節細胞からの軸索伸長作用を調べた。ヒトに近いサルの三叉神経節細胞の培養系を新規に確立し、PACAPが軸索伸長を促進したこと、またそのメカニズムは、PAC1受容体からadenylate cyclase/protein kinase Aおよびphospholipase C/protein kinase Cの両経路を介している可能性が高いことを示した。さらに、PACAPはサル主涙腺腺房細胞からの涙液タンパク質分泌も促進したことから、神経および涙液の2つの面からの治療効果が期待できる。 第3章では、涙液の安定性および眼不快感や視機能の改善を狙って、galectin-3による角膜上皮の創傷治癒促進作用を調べた。ラットおよびサルの角膜器官培養系において、galectin-3は角膜上皮の修復を促進し、そのメカニズムとして、galectin-3が角膜上皮細胞と細胞外マトリックスとの接着およびインテグリンクラスターの形成を促進することにより、上皮修復過程に必要な細胞の伸展移動と上皮欠損部位への接着を促したと考えられた。Galectin-3による上皮修復促進効果は、障害深度の異なる複数のモデルで同様に認められたことから、galectin-3は軽度から重症化した例まで幅広い上皮障害に対して有効であると考えられる。 本研究では、lacritin、PACAPおよびgalectin-3が、それぞれ涙液タンパク質分泌、神経軸索伸長および角膜上皮修復といった既存薬とは異なる作用により、ドライアイの眼表面に生じた異常を改善する可能性を示した。未だ基礎研究の段階にあるが、いずれもサルの材料を用いて効果が確認されたことから、ヒトへの高い外挿性が期待できる。今後、これらの基礎研究が一つでも多くまた早く臨床研究へと進み、治療薬となって選択肢の拡充に貢献することが期待される。

2016

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

藤井, . (2017). 涙液分泌、神経軸索伸長および角膜上皮修復に及ぼす生体内タンパク質の薬理学的研究 ―ドライアイ治療薬の選択肢拡充を目指した基礎研究― : Pharmacological study of the effects of biological proteins on lacrimation, neurite outgrowth and corneal wound healing - Basic research for the purpose of increasing the treatment option of dry eye drugs -. (Thesis). Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1479/00000892/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000892

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

藤井, 敦子. “涙液分泌、神経軸索伸長および角膜上皮修復に及ぼす生体内タンパク質の薬理学的研究 ―ドライアイ治療薬の選択肢拡充を目指した基礎研究― : Pharmacological study of the effects of biological proteins on lacrimation, neurite outgrowth and corneal wound healing - Basic research for the purpose of increasing the treatment option of dry eye drugs -.” 2017. Thesis, Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学. Accessed November 24, 2017. http://id.nii.ac.jp/1479/00000892/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000892.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

藤井, 敦子. “涙液分泌、神経軸索伸長および角膜上皮修復に及ぼす生体内タンパク質の薬理学的研究 ―ドライアイ治療薬の選択肢拡充を目指した基礎研究― : Pharmacological study of the effects of biological proteins on lacrimation, neurite outgrowth and corneal wound healing - Basic research for the purpose of increasing the treatment option of dry eye drugs -.” 2017. Web. 24 Nov 2017.

Vancouver:

藤井 . 涙液分泌、神経軸索伸長および角膜上皮修復に及ぼす生体内タンパク質の薬理学的研究 ―ドライアイ治療薬の選択肢拡充を目指した基礎研究― : Pharmacological study of the effects of biological proteins on lacrimation, neurite outgrowth and corneal wound healing - Basic research for the purpose of increasing the treatment option of dry eye drugs -. [Internet] [Thesis]. Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学; 2017. [cited 2017 Nov 24]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1479/00000892/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000892.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

藤井 . 涙液分泌、神経軸索伸長および角膜上皮修復に及ぼす生体内タンパク質の薬理学的研究 ―ドライアイ治療薬の選択肢拡充を目指した基礎研究― : Pharmacological study of the effects of biological proteins on lacrimation, neurite outgrowth and corneal wound healing - Basic research for the purpose of increasing the treatment option of dry eye drugs -. [Thesis]. Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学; 2017. Available from: http://id.nii.ac.jp/1479/00000892/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000892

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

17. 二若, 久美. 転写活性を指標とした内因性・外因性リガンドの作用予測に関する検討 : Prediction for pharmacological actions of ligands based on transcriptional activities.

Degree: 博士(薬学), 2017, Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学

内分泌・代謝系は, 生体における恒常性維持に欠かせないシステムとして, 神経系や免疫系と協調して機能を発揮する. 内分泌・代謝系の作用は, 受容体に対するリガンドの結合によって制御されることが多い. リガンドは作用する状況下によって, ホルモン, 神経伝達物質, サイトカイン, 増殖因子などの名称で分類される. 内因性リガンドの一つであるホルモンは, 今日までに数多く同定され, その生理作用が明らかになってきた. しかしながら, 古典的とされるホルモンにおいても新たなシグナル伝達経路や生理作用が発見されることは少なくなく, 未だに数多くのホルモンについて未解明の点が多い. また, 医薬品として利用されている外因性リガンドにおいても, 新たな生理機能が明らかになり, 多面的作用として効果が追加されることも珍しくない. 同様に, 主にアジア圏で古くからハーブや漢方の構成成分として利用される植物には, 脂質, 糖質代謝改善効果を持つことが経験的に知られているものが存在する. しかし,… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

二若, . (2017). 転写活性を指標とした内因性・外因性リガンドの作用予測に関する検討 : Prediction for pharmacological actions of ligands based on transcriptional activities. (Thesis). Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1479/00001001/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00001001

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

二若, 久美. “転写活性を指標とした内因性・外因性リガンドの作用予測に関する検討 : Prediction for pharmacological actions of ligands based on transcriptional activities.” 2017. Thesis, Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学. Accessed November 24, 2017. http://id.nii.ac.jp/1479/00001001/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00001001.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

二若, 久美. “転写活性を指標とした内因性・外因性リガンドの作用予測に関する検討 : Prediction for pharmacological actions of ligands based on transcriptional activities.” 2017. Web. 24 Nov 2017.

Vancouver:

二若 . 転写活性を指標とした内因性・外因性リガンドの作用予測に関する検討 : Prediction for pharmacological actions of ligands based on transcriptional activities. [Internet] [Thesis]. Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学; 2017. [cited 2017 Nov 24]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1479/00001001/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00001001.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

二若 . 転写活性を指標とした内因性・外因性リガンドの作用予測に関する検討 : Prediction for pharmacological actions of ligands based on transcriptional activities. [Thesis]. Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学; 2017. Available from: http://id.nii.ac.jp/1479/00001001/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00001001

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

18. 小林, 麻貴. Effects of Lactic Acid-Fermented Soymilk on Lipid Metabolism in Rat Liver : ラット肝臓脂質代謝に及ぼす乳酸発酵豆乳の効果.

Degree: 博士(食物栄養学), 2017, Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学

 Excessive eating and underexercising has been caused hyperlipidemia in recent years. Soy food especially soymilk, has been expected to prevent hyperlipidemia. In the thesis, The author… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

小林, . (2017). Effects of Lactic Acid-Fermented Soymilk on Lipid Metabolism in Rat Liver : ラット肝臓脂質代謝に及ぼす乳酸発酵豆乳の効果. (Thesis). Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1479/00001009/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00001009

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

小林, 麻貴. “Effects of Lactic Acid-Fermented Soymilk on Lipid Metabolism in Rat Liver : ラット肝臓脂質代謝に及ぼす乳酸発酵豆乳の効果.” 2017. Thesis, Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学. Accessed November 24, 2017. http://id.nii.ac.jp/1479/00001009/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00001009.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

小林, 麻貴. “Effects of Lactic Acid-Fermented Soymilk on Lipid Metabolism in Rat Liver : ラット肝臓脂質代謝に及ぼす乳酸発酵豆乳の効果.” 2017. Web. 24 Nov 2017.

Vancouver:

小林 . Effects of Lactic Acid-Fermented Soymilk on Lipid Metabolism in Rat Liver : ラット肝臓脂質代謝に及ぼす乳酸発酵豆乳の効果. [Internet] [Thesis]. Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学; 2017. [cited 2017 Nov 24]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1479/00001009/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00001009.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

小林 . Effects of Lactic Acid-Fermented Soymilk on Lipid Metabolism in Rat Liver : ラット肝臓脂質代謝に及ぼす乳酸発酵豆乳の効果. [Thesis]. Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学; 2017. Available from: http://id.nii.ac.jp/1479/00001009/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00001009

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

19. 福井, 淳子. 明治後期ことばと文章の研究.

Degree: 博士(文学), 2017, Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学

Ⅰ 明治後期のことば 第一部では、雑誌『文章世界』と『文章世界』所載「新語彙」を扱う。 第一章では、『文章世界』の編集方針を確認する。 明治39年3月から大正9年12月まで、全15巻12号に渡って博文館より発行された雑誌『文章世界』は文芸雑誌に変貌してしまったのだが、創刊当初は作文練習のための投書雑誌であった。 主筆田山花袋による「発刊の辞」には、「外面だけが華やかで実質がない」表現(=浮華)、「文章の型」を重視すること(=形式)、「意味がはっきりしない」文章(=朦朧)が切り捨てられ、美辞麗句で飾り立てた文章ではなく、実質の伴った分かりやすい文章を書くための手助けをしようという決意が明らかにされている。彼のこの意識は、毎号の紙面構成に顕著である。例えば、<文範>欄には、清少納言、紫式部、鴨長明、吉田兼好などの作品をはじめ、新井白石、式亭三馬、松尾芭蕉、橘南谿といった近世のものから樋口一葉、尾崎紅葉、幸田露伴、夏目漱石といった同時代のものまで様々な文章が掲載されている。これは、古人の文を読むことによって、観察したことを書き表わす術を、現代作家の作品を読むことによって文体、字句を学んで欲しいという、彼自身の体験を踏まえた上での助言が表れているのである。また、「新語彙」の含まれる〈資料〉欄は「熟語、術語、新熟語、名句名文章、助字解、日用文字弁語等、凡て作文資料となるものを網羅す」と説明されている。 第二章では『文章世界』の読者層が、地方にとどまらざるをえなかった数多くの青年たちであることを、先行研究を元に確認する。 第三章では、「新語彙」について述べる。 1では「新語彙」の語義と田山花袋の著述をいくつか照合する。その結果、彼が実際に歩きまわって著述した場所や、従軍記者として体験した出来事が語義に付け加えられていること、山﨑直方らと『大日本地誌』の編纂に携わっていた経験もあるので、「新語彙」に取られている地理学関連項目の選択、語義作成に大きく関与していた可能性が高いことを示す。 2では前節で花袋が携わっていることを示した戦争関連の項目について考察する。戦争関連項目は全15項目。「決戦」以外の項目はすべて辞書(『和英語林集成 第二版』『附音挿図英和字彙』『和英語林集成 第三版』『言海』『日本大辞書』の5冊)に収録されていない。この事実は、これら戦争関連語彙が、日露戦争を契機として一般に広まった新語彙であることを示している。 3では全416項目の「新語彙」に『分類語彙表』による分類を施す。その結果、[1・5自然物および自然現象] に属すると思われる項目が213項目、全体の約50%にのぼり、語の選定に大きな偏りが見られることを示す。 4では、項目数が突出して多かった自然科学関係の項目と教科書との関わりを中心に述べる。 当時出版された自然科学分野の教科書は、『文章世界』読者の一般的な知的レベルを知るのに適した資料であるので、まずどのような教科書なのかを明らかにする。 次に、教科書から見いだせた「新語彙」75項目について、教科書の記述と「新語彙」の語義とを対照する。その結果から、「新語彙」が中等から高等教育適齢期を迎えた読者を強く意識して採用されていることを示す。 教科書の他に、自然科学関連の項目を考察する資料として、紀行文を採用する。明治後期の紀行文は科学的知識の応用が利いてきたことにより、最も発達しているといわれているからである。そこで5では、小島烏水が紀行文の中でどのようなことばを用いて自然描写をしているのか考察する。 まず、彼の自然描写が科学的知識をも取り入れてなされていることを確認する。次に、実際の記述にどのようなことばが用いられているのか、「新語彙」の項目と対照する。その結果から、紀行文が新語を一般化する役割を担っていることを示す。 6では『文章世界』投稿作品に見える自然描写と「新語彙」とを対照する。その結果、新語をうまく用いて新しい表現を手に入れようとする様子が見受けられることを示す。 第二部では、翻訳語としての側面を持つ新語を取り上げる。 第一章では、雑誌『ホトトギス』『太陽』を、「新語彙」を考察する際の資料とすることの意義について述べる。 『ホトトギス』は、『文章世界』と同様、読者の投稿を募っており、その投稿をもとに写生文を推進していった。選者たち(正岡子規、高浜虚子、坂本四方太)の「写生(文)」に対する意識は「目に見え、耳にきこえる、即ち感覚的に直接なものをありのままに、誇張を加えずに書いて行く所にある。」というものである。この「写生」を総ての基本だとする彼等に採用された課題投稿作品を資料とすることは、『文章世界』創刊当初、写生を大いに奨励し写生文を数多く入選させたという、田山花袋の考え方とも重なる部分があり、意義がある。 『太陽』は、幅広い読者層を想定し、読者に社会的文化的知識を提供することを趣旨としている雑誌であり、『文章世界』とは全く違う性格を有している。しかし、「新語彙」にとられている項目が、読者にどの程度定着しているのかを見るにはよい資料である。 第二章では、「新語彙」にも収録されている「家庭」について述べる。 まず、「新語彙」の語義に「家庭」の機能をはっきり性格づけようとする意識が見えることを確認する。次に、『文章世界』投稿作品に「家庭」は一例も見えないことから、『ホトトギス』投稿写生文を資料とし、用例を挙げ、考察する。その結果、「家庭」が「家族」そのものを指すのではないという定義が未定着であることによる用法の揺れが見えること、機能面について良い評価が与えられる状態しか「家庭」と呼ばれないことを示す。 また、『太陽』論説欄に見える「家庭」についても考察し、読者を啓蒙する立場にある有識者たちがどのような意識で「家庭」を用いているのか述べる。 第三章では、「新語彙」にも収録されている「握手」について述べる。 まず、「握手」以外の「手を握る」行為を表す表現をいくつが挙げる。その後「握手」の用例を明治初期のものと後期のものに分け、それぞれ「礼法、挨拶としての握手」とそれ以外のものについて考察する。その結果から、明治初期には「握手」といえば礼法をさし、それ以外のものは「手を握る」と表現されていたが、徐々に「手を握る」行為が持っていた意味(「手を結ぶ」という意味や恋愛感情が直接表されたもの)が「握手」によって総括されてゆく過程を示す。 第四章では、「新語彙」から離れて、当時の新しい思想に関わりが深い“life”の訳語「生命」「人生」「生活」について考察する。 まず「生命」は「寿命」「唯一の拠り所」「神髄」などの意味で用いられ、状態性の強い語であることを示す。 「人生」には「人の一生」「人間の生活」の意で用いられ、動作性と状態性の両方が備わっている語であることを示す。 また、「生活」は既に「生計」の意味を包括しており、明治時代の新語といわれている複合型の用例が見えることを示す。また動作性の強い語でありながらも、状態性の強い「生命」「生涯」に置き換えられる用例も見えることを示す。 Ⅱ 明治後期の文章…

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

福井, . (2017). 明治後期ことばと文章の研究. (Thesis). Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1479/00001047/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00001047

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

福井, 淳子. “明治後期ことばと文章の研究.” 2017. Thesis, Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学. Accessed November 24, 2017. http://id.nii.ac.jp/1479/00001047/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00001047.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

福井, 淳子. “明治後期ことばと文章の研究.” 2017. Web. 24 Nov 2017.

Vancouver:

福井 . 明治後期ことばと文章の研究. [Internet] [Thesis]. Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学; 2017. [cited 2017 Nov 24]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1479/00001047/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00001047.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

福井 . 明治後期ことばと文章の研究. [Thesis]. Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学; 2017. Available from: http://id.nii.ac.jp/1479/00001047/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00001047

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

20. 北川, 健次. 芦田恵之助における随意選題思想形成過程に関する研究―明治期の芦田の綴方実践と思索に着目して―.

Degree: 博士(臨床教育学), 2017, Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学

芦田恵之助は、大正2年に『綴り方教授』を発表して以来、随意選題を提唱していった。その思想的基盤は、明治期に形成されていたといえる。芦田が随意選題の提唱に至る過程を、彼の綴方教育実践と思索に着目して検討した結果、次のようにたどることができる。①子ども期に経験した課題主義綴方への違和感-②『丙申水害実況』の実作体験による綴ることの自発性の重視(以上第1章)-③樋口の活動主義と自由発表主義の影響(第2章)-④「勝手にせい」と思い自由に書かせた突発的な出来事で得た作品への感動と随意選題の意識-⑤綴方の発達段階論による綴方教授のカリキュラム化の提起-⑥「吉野さん」の実践による「真情流露の文」の提唱(以上第3章)である。そして、明治期の随意選題思想の到達点として位置づけられるのが、発達段階論を展開する途上で、芦田が提唱した⑥の「真情流露の文」である。ここに至る上記①から⑥の過程は、随意選題思想を形成する土台として挙げることができる。これらが絡み合い、その総体として随意選題思想が形成されていったと考えられる。その到達点としての「真情流露の文」という言葉に凝縮されているのは、芦田の分厚い実践と思索の蓄積である。表面的には形式的ともいえる綴方方法やそれらを駆使した発達段階論を展開していた明治期にこそ、芦田の綴方教育思想形成に関する重要な基盤が形成されていたのである。

2016

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

北川, . (2017). 芦田恵之助における随意選題思想形成過程に関する研究―明治期の芦田の綴方実践と思索に着目して―. (Thesis). Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1479/00001049/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00001049

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

北川, 健次. “芦田恵之助における随意選題思想形成過程に関する研究―明治期の芦田の綴方実践と思索に着目して―.” 2017. Thesis, Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学. Accessed November 24, 2017. http://id.nii.ac.jp/1479/00001049/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00001049.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

北川, 健次. “芦田恵之助における随意選題思想形成過程に関する研究―明治期の芦田の綴方実践と思索に着目して―.” 2017. Web. 24 Nov 2017.

Vancouver:

北川 . 芦田恵之助における随意選題思想形成過程に関する研究―明治期の芦田の綴方実践と思索に着目して―. [Internet] [Thesis]. Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学; 2017. [cited 2017 Nov 24]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1479/00001049/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00001049.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

北川 . 芦田恵之助における随意選題思想形成過程に関する研究―明治期の芦田の綴方実践と思索に着目して―. [Thesis]. Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学; 2017. Available from: http://id.nii.ac.jp/1479/00001049/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00001049

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

21. 八木, 俊介. 震災孤児・遺児の長期的心理変化と支援についての研究―神戸レインボーハウスの記録分析から―.

Degree: 博士(臨床教育学), 2017, Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学

本研究は、あしなが育英会・神戸レインボーハウスに通所した、阪神・淡路大震災の孤児・遺児 53 名の心理状態の変化とその支援内容を考察した。神戸レインボーハウスのボランティアが残した1599件の記録を数量的、質的に分析した。震災発生からの経年変化に加えて、遺児たちのレインボーハウス来所時の年齢にも焦点を当てて考察した。結果、震災発生から数年後に遺児たちの心理的ストレスが高まることと、彼らの中学1年生前後での心理状態の不安定さが見られた。

2016

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

八木, . (2017). 震災孤児・遺児の長期的心理変化と支援についての研究―神戸レインボーハウスの記録分析から―. (Thesis). Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1479/00001050/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00001050

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

八木, 俊介. “震災孤児・遺児の長期的心理変化と支援についての研究―神戸レインボーハウスの記録分析から―.” 2017. Thesis, Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学. Accessed November 24, 2017. http://id.nii.ac.jp/1479/00001050/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00001050.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

八木, 俊介. “震災孤児・遺児の長期的心理変化と支援についての研究―神戸レインボーハウスの記録分析から―.” 2017. Web. 24 Nov 2017.

Vancouver:

八木 . 震災孤児・遺児の長期的心理変化と支援についての研究―神戸レインボーハウスの記録分析から―. [Internet] [Thesis]. Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学; 2017. [cited 2017 Nov 24]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1479/00001050/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00001050.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

八木 . 震災孤児・遺児の長期的心理変化と支援についての研究―神戸レインボーハウスの記録分析から―. [Thesis]. Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学; 2017. Available from: http://id.nii.ac.jp/1479/00001050/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00001050

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

22. 西田, 千夏. 要発達支援児を育てる親の内省が親子関係構築に関与する過程.

Degree: 博士(臨床教育学), 2017, Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学

発達障害の特性のある子ども・家族には、発達支援として医療、福祉及び教育的援助が必要とされる。発達支援は、発達障害の確定診断がなくとも、親が育てにくさを感じる子どもも対象となるため、本稿では、発達障害の特性をもった子どもを「要発達支援児」と表記する。要発達支援児を育てる親には、子どもとの関係構築に困難さが存在する。先行研究においては、安定した愛着を形成する傾向の子どもの親は内省的である、と検証されている。しかしながら、内省によって親子関係が良くなるという結果のみを示されても、親の困難さを解決する手段にはなりえない。したがって本研究は、親の内省が親子関係構築に関与する過程を詳細に示すことで、安定した親子関係への示唆を得ることを目的とする。研究方法は4人の親と、夫婦2組を対象とした質的研究である。結果は以下の4点であった。①親は、子どもとの関係から起こる自身の行為や感情を、自己の信念と対照させて認識していた。その自己受容によって<子どもの行動の意味の捉え直し>が起こり、子どもの内的状態への読み取りに至っていた。②親は、自分や子どもの将来に、何らかの希望や期待を持っている。そのような将来像を抱く理由や自分と子どもにとっての意味を内省することで、親自身が受け入れ可能で、現実に即している将来への想定に修正される過程があった。③父親の信念に基づいた母親との協同への志向は、母親に安心感と育児への自信を与えていた。父親は、自身の信念と行為を母親から承認されることが、自信になっていた。夫婦の協同は、それぞれの親の内省を促していた。以上のように本研究は、親の内省が親子関係構築に関与する過程を具体的事象から示した。本研究結果は、要発達支援児を育てる親が自己の信念に注目する意義を提示できたと言える。

2016

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

西田, . (2017). 要発達支援児を育てる親の内省が親子関係構築に関与する過程. (Thesis). Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1479/00001051/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00001051

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

西田, 千夏. “要発達支援児を育てる親の内省が親子関係構築に関与する過程.” 2017. Thesis, Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学. Accessed November 24, 2017. http://id.nii.ac.jp/1479/00001051/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00001051.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

西田, 千夏. “要発達支援児を育てる親の内省が親子関係構築に関与する過程.” 2017. Web. 24 Nov 2017.

Vancouver:

西田 . 要発達支援児を育てる親の内省が親子関係構築に関与する過程. [Internet] [Thesis]. Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学; 2017. [cited 2017 Nov 24]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1479/00001051/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00001051.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

西田 . 要発達支援児を育てる親の内省が親子関係構築に関与する過程. [Thesis]. Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学; 2017. Available from: http://id.nii.ac.jp/1479/00001051/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00001051

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

23. 須貝, 香月. 発達障害児とその親が安定した関係を構築するための親支援の研究.

Degree: 博士(臨床教育学), 2017, Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学

発達障害は、早期発見されないこともあり、本研究では発達障害児の親だけでなく、発達障害の可能性のある子どもを持つ親への支援を検討した。親が感じる育てにくさについて、その要因が発達障害であるとわからない場合、親の子育て不安や養育力の問題として一般的な子育て支援の対象者となる。しかし、そこで支援者に発達障害の特性についての知識がなければ、適切な助言をすることは難しく、十分なサポートとはならない。本研究の調査から、支援を求める時期について、男子の親は幼児期に求め始めるものが多いが、女子の親は子どもの年齢が幅広く、親は抑うつ的であり、子どもに対してネガティブな感情を持つ傾向が強かった。女子は男子に比べて障害特性が顕著でないことから、発達障害であるかどうか分からない期間が長いことが親子関係に影響していると推測される。子育て支援の現場にいる支援者には親や子どもの状態に合わせて支援機関の移行をしていく支援が求められ、体制としてそれを可能とする研修やネットワークづくりが望まれる。現在日本では、発達障害児の親に対してペアレントトレーニングが普及してきているが、そこでは、子どもの問題行動にターゲットをあて、行動形成や問題行動の消去など子どもとの関わり方を学習できて、子育て支援として有効である。しかしながら、本調査の結果から、子どもとの関わり方が分かってもなお、親は日々の暮らしのなかで子どもとの関わりにやりにくさを感じたり将来に向けて様々な不安を持ったりしており、それらの不安が高い親ほど継続的な支援を求めていることが明らかとなった。また、異年齢の子どもを持つ親の交流は、年少児の親に将来的な展望を持たせ、年長児の親は自身の子育てを振り返り自身の子育てへの頑張りを認める機会となり自己肯定感につながることも明らかとなった。これらの知見から、育てにくさを感じる親に対する支援には、子どもを育てるための子育て支援と親が平穏に過ごすための親支援の両側面が必要であり、さらに、親支援については、診断の有無や子どもの年齢、社会参加の程度に制限されない継続的な支援の必要性が示唆された。本研究で調査の結果、親の視点が変わると、親子の円滑な関係を構築し、安定した生活を過ごすことが可能になり、子どもの日常生活も安定してきていた。親の子どもへの対応について、プログラムで使用された学習シートの分析から、親子で対立する場面で「タイムアウト」が、円滑な親子関係に関与していた。「タイムアウト」は親子の対立場面において感情的に膠着状態に陥ったり陥りそうになったときに、互いに干渉しあわず距離を置くことが新たな転換をもたらすためのステップとなる役割を持つことが示唆された。

2016

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

須貝, . (2017). 発達障害児とその親が安定した関係を構築するための親支援の研究. (Thesis). Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1479/00001052/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00001052

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

須貝, 香月. “発達障害児とその親が安定した関係を構築するための親支援の研究.” 2017. Thesis, Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学. Accessed November 24, 2017. http://id.nii.ac.jp/1479/00001052/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00001052.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

須貝, 香月. “発達障害児とその親が安定した関係を構築するための親支援の研究.” 2017. Web. 24 Nov 2017.

Vancouver:

須貝 . 発達障害児とその親が安定した関係を構築するための親支援の研究. [Internet] [Thesis]. Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学; 2017. [cited 2017 Nov 24]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1479/00001052/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00001052.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

須貝 . 発達障害児とその親が安定した関係を構築するための親支援の研究. [Thesis]. Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学; 2017. Available from: http://id.nii.ac.jp/1479/00001052/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00001052

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

24. 丸山, 加菜. メタボリックシンドロームラットの血管緊張性調節に対するプロテアーゼ活性化型受容体2 (PAR2) の役割に関する研究 : Role of protease-activated receptor 2 (PAR2) on vascular function in metabolic syndrome rats.

Degree: 博士(薬学), 2017, Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学

プロテアーゼ活性化型受容体2 (PAR2) は, Gタンパク質共役型受容体であり, トリプシン, トリプターゼ, 血液凝固第VIIaおよびXa因子などにより活性化されることから, 炎症疾患における存在意義が注目されている. 一方, メタボリックシンドロームは, 内臓脂肪型肥満を基盤とし, 高血圧, 脂質異常, 高血糖など心血管疾患のリスクファクターが一個人に集積した状態であり, 軽度の全身性慢性炎症状態であると考えられている. 近年, 肥満のヒトおよびラットの脂肪細胞において, PAR2発現量が増加していること, 肥満ラットの脂肪組織の炎症がPAR2アンタゴニストにより抑制されることから, PAR2活性化は炎症およびメタボリックシンドロームに対し促進的に関与していると考えられている. 循環器系においてPAR2は, 血管内皮細胞に発現し, 内皮依存性弛緩反応を引き起こすことが報告されているが, メタボリックシンドロームにおけるPAR2を介した弛緩反応について検討した報告は見当たらない. そこで本研究では,… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

丸山, . (2017). メタボリックシンドロームラットの血管緊張性調節に対するプロテアーゼ活性化型受容体2 (PAR2) の役割に関する研究 : Role of protease-activated receptor 2 (PAR2) on vascular function in metabolic syndrome rats. (Thesis). Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1479/00001084/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00001084

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

丸山, 加菜. “メタボリックシンドロームラットの血管緊張性調節に対するプロテアーゼ活性化型受容体2 (PAR2) の役割に関する研究 : Role of protease-activated receptor 2 (PAR2) on vascular function in metabolic syndrome rats.” 2017. Thesis, Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学. Accessed November 24, 2017. http://id.nii.ac.jp/1479/00001084/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00001084.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

丸山, 加菜. “メタボリックシンドロームラットの血管緊張性調節に対するプロテアーゼ活性化型受容体2 (PAR2) の役割に関する研究 : Role of protease-activated receptor 2 (PAR2) on vascular function in metabolic syndrome rats.” 2017. Web. 24 Nov 2017.

Vancouver:

丸山 . メタボリックシンドロームラットの血管緊張性調節に対するプロテアーゼ活性化型受容体2 (PAR2) の役割に関する研究 : Role of protease-activated receptor 2 (PAR2) on vascular function in metabolic syndrome rats. [Internet] [Thesis]. Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学; 2017. [cited 2017 Nov 24]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1479/00001084/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00001084.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

丸山 . メタボリックシンドロームラットの血管緊張性調節に対するプロテアーゼ活性化型受容体2 (PAR2) の役割に関する研究 : Role of protease-activated receptor 2 (PAR2) on vascular function in metabolic syndrome rats. [Thesis]. Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学; 2017. Available from: http://id.nii.ac.jp/1479/00001084/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00001084

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

25. 武田, 誠一. 中分子ヘパリニルアミノ酸誘導体のラジカルスカベンジング作用及び機序の検討 : Studies on the free radical-scavenging action of medium heparinyl amino acid derivatives and the elucidation of their mechanism.

Degree: 博士(薬学), 2017, Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学

ヘパリン(HE) は血管内皮細胞に結合し, Extracellular superoxide dismutase (EC-SOD)の放出を促すことによって間接的なラジカルスカベンジング作用を示すことが報告されている.しかしながら副作用である出血傾向のため,投与量が制限される.申請者は HE の副作用である出血傾向を軽減するために,HE から中分子ヘパリン (MHE) を合成した.さらに, MHEにアミノ酸を付加した中分子ヘパリニルアミノ酸誘導体 (MHADs) を12 種類合成し,ラジカルスカベンジング作用を検討した.最初に in vitroの検討を行った.キサンチン (0.01 μM/mL) 及びキサンチンオキシダーゼ (0.2 U/mL)を用いてフリーラジカルを発生させ,ヒトさい帯静脈内皮細胞(HUV-EC) を傷害し,その傷害に対するMHADsの作用を検討した. HUV-EC の傷害の程度はcell… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

武田, . (2017). 中分子ヘパリニルアミノ酸誘導体のラジカルスカベンジング作用及び機序の検討 : Studies on the free radical-scavenging action of medium heparinyl amino acid derivatives and the elucidation of their mechanism. (Thesis). Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1479/00001101/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00001101

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

武田, 誠一. “中分子ヘパリニルアミノ酸誘導体のラジカルスカベンジング作用及び機序の検討 : Studies on the free radical-scavenging action of medium heparinyl amino acid derivatives and the elucidation of their mechanism.” 2017. Thesis, Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学. Accessed November 24, 2017. http://id.nii.ac.jp/1479/00001101/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00001101.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

武田, 誠一. “中分子ヘパリニルアミノ酸誘導体のラジカルスカベンジング作用及び機序の検討 : Studies on the free radical-scavenging action of medium heparinyl amino acid derivatives and the elucidation of their mechanism.” 2017. Web. 24 Nov 2017.

Vancouver:

武田 . 中分子ヘパリニルアミノ酸誘導体のラジカルスカベンジング作用及び機序の検討 : Studies on the free radical-scavenging action of medium heparinyl amino acid derivatives and the elucidation of their mechanism. [Internet] [Thesis]. Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学; 2017. [cited 2017 Nov 24]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1479/00001101/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00001101.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

武田 . 中分子ヘパリニルアミノ酸誘導体のラジカルスカベンジング作用及び機序の検討 : Studies on the free radical-scavenging action of medium heparinyl amino acid derivatives and the elucidation of their mechanism. [Thesis]. Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学; 2017. Available from: http://id.nii.ac.jp/1479/00001101/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00001101

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

26. 福井, 淳子. 明治後期ことばと文章の研究.

Degree: 博士(文学), 2017, Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学

Ⅰ 明治後期のことば 第一部では、雑誌『文章世界』と『文章世界』所載「新語彙」を扱う。 第一章では、『文章世界』の編集方針を確認する。 明治39年3月から大正9年12月まで、全15巻12号に渡って博文館より発行された雑誌『文章世界』は文芸雑誌に変貌してしまったのだが、創刊当初は作文練習のための投書雑誌であった。 主筆田山花袋による「発刊の辞」には、「外面だけが華やかで実質がない」表現(=浮華)、「文章の型」を重視すること(=形式)、「意味がはっきりしない」文章(=朦朧)が切り捨てられ、美辞麗句で飾り立てた文章ではなく、実質の伴った分かりやすい文章を書くための手助けをしようという決意が明らかにされている。彼のこの意識は、毎号の紙面構成に顕著である。例えば、<文範>欄には、清少納言、紫式部、鴨長明、吉田兼好などの作品をはじめ、新井白石、式亭三馬、松尾芭蕉、橘南谿といった近世のものから樋口一葉、尾崎紅葉、幸田露伴、夏目漱石といった同時代のものまで様々な文章が掲載されている。これは、古人の文を読むことによって、観察したことを書き表わす術を、現代作家の作品を読むことによって文体、字句を学んで欲しいという、彼自身の体験を踏まえた上での助言が表れているのである。また、「新語彙」の含まれる〈資料〉欄は「熟語、術語、新熟語、名句名文章、助字解、日用文字弁語等、凡て作文資料となるものを網羅す」と説明されている。 第二章では『文章世界』の読者層が、地方にとどまらざるをえなかった数多くの青年たちであることを、先行研究を元に確認する。 第三章では、「新語彙」について述べる。 1では「新語彙」の語義と田山花袋の著述をいくつか照合する。その結果、彼が実際に歩きまわって著述した場所や、従軍記者として体験した出来事が語義に付け加えられていること、山﨑直方らと『大日本地誌』の編纂に携わっていた経験もあるので、「新語彙」に取られている地理学関連項目の選択、語義作成に大きく関与していた可能性が高いことを示す。 2では前節で花袋が携わっていることを示した戦争関連の項目について考察する。戦争関連項目は全15項目。「決戦」以外の項目はすべて辞書(『和英語林集成 第二版』『附音挿図英和字彙』『和英語林集成 第三版』『言海』『日本大辞書』の5冊)に収録されていない。この事実は、これら戦争関連語彙が、日露戦争を契機として一般に広まった新語彙であることを示している。 3では全416項目の「新語彙」に『分類語彙表』による分類を施す。その結果、[1・5自然物および自然現象] に属すると思われる項目が213項目、全体の約50%にのぼり、語の選定に大きな偏りが見られることを示す。 4では、項目数が突出して多かった自然科学関係の項目と教科書との関わりを中心に述べる。 当時出版された自然科学分野の教科書は、『文章世界』読者の一般的な知的レベルを知るのに適した資料であるので、まずどのような教科書なのかを明らかにする。 次に、教科書から見いだせた「新語彙」75項目について、教科書の記述と「新語彙」の語義とを対照する。その結果から、「新語彙」が中等から高等教育適齢期を迎えた読者を強く意識して採用されていることを示す。 教科書の他に、自然科学関連の項目を考察する資料として、紀行文を採用する。明治後期の紀行文は科学的知識の応用が利いてきたことにより、最も発達しているといわれているからである。そこで5では、小島烏水が紀行文の中でどのようなことばを用いて自然描写をしているのか考察する。 まず、彼の自然描写が科学的知識をも取り入れてなされていることを確認する。次に、実際の記述にどのようなことばが用いられているのか、「新語彙」の項目と対照する。その結果から、紀行文が新語を一般化する役割を担っていることを示す。 6では『文章世界』投稿作品に見える自然描写と「新語彙」とを対照する。その結果、新語をうまく用いて新しい表現を手に入れようとする様子が見受けられることを示す。 第二部では、翻訳語としての側面を持つ新語を取り上げる。 第一章では、雑誌『ホトトギス』『太陽』を、「新語彙」を考察する際の資料とすることの意義について述べる。 『ホトトギス』は、『文章世界』と同様、読者の投稿を募っており、その投稿をもとに写生文を推進していった。選者たち(正岡子規、高浜虚子、坂本四方太)の「写生(文)」に対する意識は「目に見え、耳にきこえる、即ち感覚的に直接なものをありのままに、誇張を加えずに書いて行く所にある。」というものである。この「写生」を総ての基本だとする彼等に採用された課題投稿作品を資料とすることは、『文章世界』創刊当初、写生を大いに奨励し写生文を数多く入選させたという、田山花袋の考え方とも重なる部分があり、意義がある。 『太陽』は、幅広い読者層を想定し、読者に社会的文化的知識を提供することを趣旨としている雑誌であり、『文章世界』とは全く違う性格を有している。しかし、「新語彙」にとられている項目が、読者にどの程度定着しているのかを見るにはよい資料である。 第二章では、「新語彙」にも収録されている「家庭」について述べる。 まず、「新語彙」の語義に「家庭」の機能をはっきり性格づけようとする意識が見えることを確認する。次に、『文章世界』投稿作品に「家庭」は一例も見えないことから、『ホトトギス』投稿写生文を資料とし、用例を挙げ、考察する。その結果、「家庭」が「家族」そのものを指すのではないという定義が未定着であることによる用法の揺れが見えること、機能面について良い評価が与えられる状態しか「家庭」と呼ばれないことを示す。 また、『太陽』論説欄に見える「家庭」についても考察し、読者を啓蒙する立場にある有識者たちがどのような意識で「家庭」を用いているのか述べる。 第三章では、「新語彙」にも収録されている「握手」について述べる。 まず、「握手」以外の「手を握る」行為を表す表現をいくつが挙げる。その後「握手」の用例を明治初期のものと後期のものに分け、それぞれ「礼法、挨拶としての握手」とそれ以外のものについて考察する。その結果から、明治初期には「握手」といえば礼法をさし、それ以外のものは「手を握る」と表現されていたが、徐々に「手を握る」行為が持っていた意味(「手を結ぶ」という意味や恋愛感情が直接表されたもの)が「握手」によって総括されてゆく過程を示す。 第四章では、「新語彙」から離れて、当時の新しい思想に関わりが深い“life”の訳語「生命」「人生」「生活」について考察する。 まず「生命」は「寿命」「唯一の拠り所」「神髄」などの意味で用いられ、状態性の強い語であることを示す。 「人生」には「人の一生」「人間の生活」の意で用いられ、動作性と状態性の両方が備わっている語であることを示す。 また、「生活」は既に「生計」の意味を包括しており、明治時代の新語といわれている複合型の用例が見えることを示す。また動作性の強い語でありながらも、状態性の強い「生命」「生涯」に置き換えられる用例も見えることを示す。 Ⅱ 明治後期の文章…

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

福井, . (2017). 明治後期ことばと文章の研究. (Thesis). Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1479/00000858/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000858

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

福井, 淳子. “明治後期ことばと文章の研究.” 2017. Thesis, Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学. Accessed November 24, 2017. http://id.nii.ac.jp/1479/00000858/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000858.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

福井, 淳子. “明治後期ことばと文章の研究.” 2017. Web. 24 Nov 2017.

Vancouver:

福井 . 明治後期ことばと文章の研究. [Internet] [Thesis]. Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学; 2017. [cited 2017 Nov 24]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1479/00000858/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000858.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

福井 . 明治後期ことばと文章の研究. [Thesis]. Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学; 2017. Available from: http://id.nii.ac.jp/1479/00000858/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000858

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

27. 清水, 緑. Visual Techniques in Thomas Hardy’s Five Major Novels.

Degree: 博士(文学), 2017, Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学

2015

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

清水, . (2017). Visual Techniques in Thomas Hardy’s Five Major Novels. (Thesis). Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1479/00000859/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000859

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

清水, 緑. “Visual Techniques in Thomas Hardy’s Five Major Novels.” 2017. Thesis, Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学. Accessed November 24, 2017. http://id.nii.ac.jp/1479/00000859/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000859.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

清水, 緑. “Visual Techniques in Thomas Hardy’s Five Major Novels.” 2017. Web. 24 Nov 2017.

Vancouver:

清水 . Visual Techniques in Thomas Hardy’s Five Major Novels. [Internet] [Thesis]. Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学; 2017. [cited 2017 Nov 24]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1479/00000859/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000859.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

清水 . Visual Techniques in Thomas Hardy’s Five Major Novels. [Thesis]. Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学; 2017. Available from: http://id.nii.ac.jp/1479/00000859/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000859

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

28. 木下, 明美. 血液凝固・繊維素溶解・キニン系に及ぼすカテキン類の影響.

Degree: 博士(家政学), 2017, Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学

1993

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

木下, . (2017). 血液凝固・繊維素溶解・キニン系に及ぼすカテキン類の影響. (Thesis). Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1479/00000867/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000867

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

木下, 明美. “血液凝固・繊維素溶解・キニン系に及ぼすカテキン類の影響.” 2017. Thesis, Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学. Accessed November 24, 2017. http://id.nii.ac.jp/1479/00000867/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000867.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

木下, 明美. “血液凝固・繊維素溶解・キニン系に及ぼすカテキン類の影響.” 2017. Web. 24 Nov 2017.

Vancouver:

木下 . 血液凝固・繊維素溶解・キニン系に及ぼすカテキン類の影響. [Internet] [Thesis]. Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学; 2017. [cited 2017 Nov 24]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1479/00000867/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000867.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

木下 . 血液凝固・繊維素溶解・キニン系に及ぼすカテキン類の影響. [Thesis]. Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学; 2017. Available from: http://id.nii.ac.jp/1479/00000867/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000867

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

29. 水谷, 千代美. 木綿繊維の親水化処理とその効果に関する物理化学的研究.

Degree: 博士(家政学), 2017, Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学

1993

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

水谷, . (2017). 木綿繊維の親水化処理とその効果に関する物理化学的研究. (Thesis). Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1479/00000868/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000868

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

水谷, 千代美. “木綿繊維の親水化処理とその効果に関する物理化学的研究.” 2017. Thesis, Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学. Accessed November 24, 2017. http://id.nii.ac.jp/1479/00000868/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000868.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

水谷, 千代美. “木綿繊維の親水化処理とその効果に関する物理化学的研究.” 2017. Web. 24 Nov 2017.

Vancouver:

水谷 . 木綿繊維の親水化処理とその効果に関する物理化学的研究. [Internet] [Thesis]. Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学; 2017. [cited 2017 Nov 24]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1479/00000868/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000868.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

水谷 . 木綿繊維の親水化処理とその効果に関する物理化学的研究. [Thesis]. Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学; 2017. Available from: http://id.nii.ac.jp/1479/00000868/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000868

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

30. 永井(川井), ゆう. 等身大人形ディスプレイの文化史的研究 ―近世の宗教行事・民衆娯楽から近代ファッション産業まで―.

Degree: 博士(家政学), 2017, Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学

1997

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

永井(川井), . (2017). 等身大人形ディスプレイの文化史的研究 ―近世の宗教行事・民衆娯楽から近代ファッション産業まで―. (Thesis). Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1479/00000869/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000869

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

永井(川井), ゆう. “等身大人形ディスプレイの文化史的研究 ―近世の宗教行事・民衆娯楽から近代ファッション産業まで―.” 2017. Thesis, Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学. Accessed November 24, 2017. http://id.nii.ac.jp/1479/00000869/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000869.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

永井(川井), ゆう. “等身大人形ディスプレイの文化史的研究 ―近世の宗教行事・民衆娯楽から近代ファッション産業まで―.” 2017. Web. 24 Nov 2017.

Vancouver:

永井(川井) . 等身大人形ディスプレイの文化史的研究 ―近世の宗教行事・民衆娯楽から近代ファッション産業まで―. [Internet] [Thesis]. Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学; 2017. [cited 2017 Nov 24]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1479/00000869/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000869.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

永井(川井) . 等身大人形ディスプレイの文化史的研究 ―近世の宗教行事・民衆娯楽から近代ファッション産業まで―. [Thesis]. Mukogawa Women’s University / 武庫川女子大学; 2017. Available from: http://id.nii.ac.jp/1479/00000869/ ; http://dx.doi.org/10.14993/00000869

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

[1] [2]

.