Advanced search options

Advanced Search Options 🞨

Browse by author name (“Author name starts with…”).

Find ETDs with:

in
/  
in
/  
in
/  
in

Written in Published in Earliest date Latest date

Sorted by

Results per page:

Sorted by: relevance · author · university · dateNew search

You searched for publisher:"Matsumoto Dental University". Showing records 1 – 30 of 66 total matches.

[1] [2] [3]

Search Limiters

Last 2 Years | English Only

Languages

▼ Search Limiters

1. MURAOKA, RINA; NAKANO, KEISUKE; KURIHARA, SABURO; YAMADA, KAZUHIRO. Immunohistochemical expression of heat shock proteins in the mouse periodontal tissues due to orthodontic mechanical stress : 歯科矯正学的メカニカルストレスによるマウス歯根膜組織におけるHSPsの免疫組織化学的発現.

Degree: 博士(歯学), 2013, Matsumoto Dental University / 松本歯科大学

The histopathology of periodontal ligament of the mouse subjected to mechanical stress was studied. Immunohistochemical expressions of HSP27 and pHSP27 were examined. Experimental animals using… (more)

Subjects/Keywords: Heat shock protein; HSP27; periodontal ligament cells; mechanical stress; orthodontic tooth movement

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

MURAOKA, RINA; NAKANO, KEISUKE; KURIHARA, SABURO; YAMADA, K. (2013). Immunohistochemical expression of heat shock proteins in the mouse periodontal tissues due to orthodontic mechanical stress : 歯科矯正学的メカニカルストレスによるマウス歯根膜組織におけるHSPsの免疫組織化学的発現. (Thesis). Matsumoto Dental University / 松本歯科大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1070/00001676/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

MURAOKA, RINA; NAKANO, KEISUKE; KURIHARA, SABURO; YAMADA, KAZUHIRO. “Immunohistochemical expression of heat shock proteins in the mouse periodontal tissues due to orthodontic mechanical stress : 歯科矯正学的メカニカルストレスによるマウス歯根膜組織におけるHSPsの免疫組織化学的発現.” 2013. Thesis, Matsumoto Dental University / 松本歯科大学. Accessed September 25, 2017. http://id.nii.ac.jp/1070/00001676/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

MURAOKA, RINA; NAKANO, KEISUKE; KURIHARA, SABURO; YAMADA, KAZUHIRO. “Immunohistochemical expression of heat shock proteins in the mouse periodontal tissues due to orthodontic mechanical stress : 歯科矯正学的メカニカルストレスによるマウス歯根膜組織におけるHSPsの免疫組織化学的発現.” 2013. Web. 25 Sep 2017.

Vancouver:

MURAOKA, RINA; NAKANO, KEISUKE; KURIHARA, SABURO; YAMADA K. Immunohistochemical expression of heat shock proteins in the mouse periodontal tissues due to orthodontic mechanical stress : 歯科矯正学的メカニカルストレスによるマウス歯根膜組織におけるHSPsの免疫組織化学的発現. [Internet] [Thesis]. Matsumoto Dental University / 松本歯科大学; 2013. [cited 2017 Sep 25]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1070/00001676/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

MURAOKA, RINA; NAKANO, KEISUKE; KURIHARA, SABURO; YAMADA K. Immunohistochemical expression of heat shock proteins in the mouse periodontal tissues due to orthodontic mechanical stress : 歯科矯正学的メカニカルストレスによるマウス歯根膜組織におけるHSPsの免疫組織化学的発現. [Thesis]. Matsumoto Dental University / 松本歯科大学; 2013. Available from: http://id.nii.ac.jp/1070/00001676/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

2. Kawase, Yuka; Ogasawara, Tadashi; Kawase, Soichiro; Wakimoto, Nina; Matsuo, Koichiro; Shen, Fa-Chih; Hasegawa, Hiromasa. Factors affecting the formation of membranous substances in the palates of elderly persons requiring nursing care : 要介護高齢者における口蓋の膜状物質の形成要因.

Degree: 博士(歯学), 2014, Matsumoto Dental University / 松本歯科大学

Objective: To determine the causative factor behind the formation of membranous substances in the mouths of elderly patients requiring nursing care. Background: Membranous substances are… (more)

Subjects/Keywords: peeling epithelial membrane; elderly patient; oral hygiene; dry mouth

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Kawase, Yuka; Ogasawara, Tadashi; Kawase, Soichiro; Wakimoto, Nina; Matsuo, Koichiro; Shen, Fa-Chih; Hasegawa, H. (2014). Factors affecting the formation of membranous substances in the palates of elderly persons requiring nursing care : 要介護高齢者における口蓋の膜状物質の形成要因. (Thesis). Matsumoto Dental University / 松本歯科大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1070/00002222/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Kawase, Yuka; Ogasawara, Tadashi; Kawase, Soichiro; Wakimoto, Nina; Matsuo, Koichiro; Shen, Fa-Chih; Hasegawa, Hiromasa. “Factors affecting the formation of membranous substances in the palates of elderly persons requiring nursing care : 要介護高齢者における口蓋の膜状物質の形成要因.” 2014. Thesis, Matsumoto Dental University / 松本歯科大学. Accessed September 25, 2017. http://id.nii.ac.jp/1070/00002222/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Kawase, Yuka; Ogasawara, Tadashi; Kawase, Soichiro; Wakimoto, Nina; Matsuo, Koichiro; Shen, Fa-Chih; Hasegawa, Hiromasa. “Factors affecting the formation of membranous substances in the palates of elderly persons requiring nursing care : 要介護高齢者における口蓋の膜状物質の形成要因.” 2014. Web. 25 Sep 2017.

Vancouver:

Kawase, Yuka; Ogasawara, Tadashi; Kawase, Soichiro; Wakimoto, Nina; Matsuo, Koichiro; Shen, Fa-Chih; Hasegawa H. Factors affecting the formation of membranous substances in the palates of elderly persons requiring nursing care : 要介護高齢者における口蓋の膜状物質の形成要因. [Internet] [Thesis]. Matsumoto Dental University / 松本歯科大学; 2014. [cited 2017 Sep 25]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1070/00002222/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Kawase, Yuka; Ogasawara, Tadashi; Kawase, Soichiro; Wakimoto, Nina; Matsuo, Koichiro; Shen, Fa-Chih; Hasegawa H. Factors affecting the formation of membranous substances in the palates of elderly persons requiring nursing care : 要介護高齢者における口蓋の膜状物質の形成要因. [Thesis]. Matsumoto Dental University / 松本歯科大学; 2014. Available from: http://id.nii.ac.jp/1070/00002222/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

3. Aoyama, Yuki; Ochiai, Takanaga; Shen, FA-Chin. Subcutaneous basic FGF-Injection accelerates the development of mandibular condyle of newborn mice during lactation period : bFGFの皮下注射は授乳期における新生児マウスの下顎頭の発育を促進する.

Degree: 博士(歯学), 2014, Matsumoto Dental University / 松本歯科大学

To elucidate the effect of local bFGF administration, we administered a total of 0.3μg rhbFGF was to the left mandibular condyle by three injections of… (more)

Subjects/Keywords: Basic FGF; Condyle development; Local administration; Newborn mice

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Aoyama, Yuki; Ochiai, Takanaga; Shen, F. (2014). Subcutaneous basic FGF-Injection accelerates the development of mandibular condyle of newborn mice during lactation period : bFGFの皮下注射は授乳期における新生児マウスの下顎頭の発育を促進する. (Thesis). Matsumoto Dental University / 松本歯科大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1070/00002223/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Aoyama, Yuki; Ochiai, Takanaga; Shen, FA-Chin. “Subcutaneous basic FGF-Injection accelerates the development of mandibular condyle of newborn mice during lactation period : bFGFの皮下注射は授乳期における新生児マウスの下顎頭の発育を促進する.” 2014. Thesis, Matsumoto Dental University / 松本歯科大学. Accessed September 25, 2017. http://id.nii.ac.jp/1070/00002223/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Aoyama, Yuki; Ochiai, Takanaga; Shen, FA-Chin. “Subcutaneous basic FGF-Injection accelerates the development of mandibular condyle of newborn mice during lactation period : bFGFの皮下注射は授乳期における新生児マウスの下顎頭の発育を促進する.” 2014. Web. 25 Sep 2017.

Vancouver:

Aoyama, Yuki; Ochiai, Takanaga; Shen F. Subcutaneous basic FGF-Injection accelerates the development of mandibular condyle of newborn mice during lactation period : bFGFの皮下注射は授乳期における新生児マウスの下顎頭の発育を促進する. [Internet] [Thesis]. Matsumoto Dental University / 松本歯科大学; 2014. [cited 2017 Sep 25]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1070/00002223/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Aoyama, Yuki; Ochiai, Takanaga; Shen F. Subcutaneous basic FGF-Injection accelerates the development of mandibular condyle of newborn mice during lactation period : bFGFの皮下注射は授乳期における新生児マウスの下顎頭の発育を促進する. [Thesis]. Matsumoto Dental University / 松本歯科大学; 2014. Available from: http://id.nii.ac.jp/1070/00002223/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

4. 大木, 絵美. 三叉神経におけるカプサイシン刺激時の非コード領域における遺伝子発現動態.

Degree: 博士(歯学), 2014, Matsumoto Dental University / 松本歯科大学

本研究では、カプサイシン刺激による三叉神経節内の遺伝子発現変動について、特にイントロン領域から転写されるnoncoding RNAに注目し、検討を行った。マイクロアレイによる解析では、カプサイシン刺激により24種の配列に発現上昇が認められた。また、これら全てのRNA発現がRT-PCRにより確認された。さらに、real-time PCRによる定量的解析から、このうち8種(Chd2、Ankh、Gnas、Tra2α-1、Tra2α-2、Pik3ip1、Tcf4)の発現上昇が有意であることが明らかにされた。これらの結果から、カプサイシン刺激が三叉神経節細胞のイントロン領域に及ぶ遺伝子発現変動に影響を与えることが示された。

2013

Subjects/Keywords: カプサイシン刺激; 三叉神経節細胞; イントロン領域; noncoding RNA; 遺伝子発現動態; 選択的スプライシング

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

大木, . (2014). 三叉神経におけるカプサイシン刺激時の非コード領域における遺伝子発現動態. (Thesis). Matsumoto Dental University / 松本歯科大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1070/00002224/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

大木, 絵美. “三叉神経におけるカプサイシン刺激時の非コード領域における遺伝子発現動態.” 2014. Thesis, Matsumoto Dental University / 松本歯科大学. Accessed September 25, 2017. http://id.nii.ac.jp/1070/00002224/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

大木, 絵美. “三叉神経におけるカプサイシン刺激時の非コード領域における遺伝子発現動態.” 2014. Web. 25 Sep 2017.

Vancouver:

大木 . 三叉神経におけるカプサイシン刺激時の非コード領域における遺伝子発現動態. [Internet] [Thesis]. Matsumoto Dental University / 松本歯科大学; 2014. [cited 2017 Sep 25]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1070/00002224/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

大木 . 三叉神経におけるカプサイシン刺激時の非コード領域における遺伝子発現動態. [Thesis]. Matsumoto Dental University / 松本歯科大学; 2014. Available from: http://id.nii.ac.jp/1070/00002224/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

5. 米田, 紘一. ヒト破骨細胞の分化に対するW9ペプチドの抑制作用.

Degree: 博士(歯学), 2014, Matsumoto Dental University / 松本歯科大学

【背景と目的】破骨細胞は高度に石灰化した骨組織を破壊・吸収する唯一の細胞である。その起源は、生体に広く分布するマクロファージ系の細胞である。そして、骨組織は骨吸収と骨形成のバランスにより調節されている。それらのバランス調節は、互いにあたかも連絡を取り合っているかのようにみえるため、この現象は、骨代謝共役と呼ばれている。アミノ酸9つから構成されるW9ペプチドは、TNFレセプター(TNFR1)と相同性を有し、TNFの作用(アポトーシスの誘導や炎症の惹起など)を抑制することが報告されている。また、W9ペプチドは破骨細胞分化因子であるRANKLと結合することにより、破骨細胞の分化を阻害し、卵巣摘出骨粗鬆症モデルにおける骨量減少を防止することがマウスを用いた実験で明らかにされた。さらに、最近になり、W9ペプチドは、培養骨芽細胞における石灰化を強力に促進し、W9ペプチドの投与は正常マウスにおける骨形成を促進し、骨量を増加させることが報告された。今回、ヒトの細胞培養系におけるW9ペプチドの作用を検討することを目的に、ヒト破骨細胞分化誘導系とヒト樹状細胞分化誘導系におけるW9ペプチドの効果を解析した。【方法及び結果】健常人ボランティアから採取した末梢血から調製した単球を含む細胞画分を、破骨細胞分化因子であるRANKLとマクロファージ刺激因子であるM-CSFの存在下で14日間培養することによりTRAP陽性ヒト多核細胞が形成された。この培養系にW9ペプチドを添加することにより、RANKLとM-CSFにより誘導されるTRAP陽性ヒト多核破骨細胞形成は濃度依存的に阻害された。一方、GM-CSFとIL-4の存在下で10日間培養することにより誘導されるTRAP陰性のヒト多核樹状細胞の分化に対しては、W9ペプチドは影響を与えなかった。【考察】ヒト破骨細胞の分化に対して、W9ペプチドは阻害作用が認められ、同じ単球を起源とする免疫担当細胞として重要な役割を果たす樹状細胞の分化にはW9ペプチドは効果を示さなかったことから、W9の効果は骨吸収を担当する破骨細胞の分化に特異的であることが示された。

2013

Subjects/Keywords: ヒト破骨細胞; ヒト樹状細胞; W9ペプチド; ヒト由来細胞

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

米田, . (2014). ヒト破骨細胞の分化に対するW9ペプチドの抑制作用. (Thesis). Matsumoto Dental University / 松本歯科大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1070/00002225/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

米田, 紘一. “ヒト破骨細胞の分化に対するW9ペプチドの抑制作用.” 2014. Thesis, Matsumoto Dental University / 松本歯科大学. Accessed September 25, 2017. http://id.nii.ac.jp/1070/00002225/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

米田, 紘一. “ヒト破骨細胞の分化に対するW9ペプチドの抑制作用.” 2014. Web. 25 Sep 2017.

Vancouver:

米田 . ヒト破骨細胞の分化に対するW9ペプチドの抑制作用. [Internet] [Thesis]. Matsumoto Dental University / 松本歯科大学; 2014. [cited 2017 Sep 25]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1070/00002225/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

米田 . ヒト破骨細胞の分化に対するW9ペプチドの抑制作用. [Thesis]. Matsumoto Dental University / 松本歯科大学; 2014. Available from: http://id.nii.ac.jp/1070/00002225/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

6. 大野, 忠男; 谷山, 貴一; 石田, 麻依子; 澁谷, 徹; Ohno, Tadao; Taniyama, Kiichi; Ishida, Maiko. 局所麻酔薬の組織血流量への影響−家兎背部への皮下注射による皮膚血流量の変化− : Influence of local anesthetics on tissue blood flow−The change of skin blood flow by subcutaneous injection into the back skin of rabbits−.

Degree: 博士(歯学), 2014, Matsumoto Dental University / 松本歯科大学

We examined the influence of lidocaine, mepivacaine, ropivacaine , bupivacaine , and levobupivacaine on skin blood flow in rabbits using a laser Doppler blood flowmeter.… (more)

Subjects/Keywords: 局所麻酔薬; 皮膚組織血流量; レーザードップラー血流計

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

大野, 忠男; 谷山, 貴一; 石田, 麻依子; 澁谷, 徹; Ohno, Tadao; Taniyama, Kiichi; Ishida, M. (2014). 局所麻酔薬の組織血流量への影響−家兎背部への皮下注射による皮膚血流量の変化− : Influence of local anesthetics on tissue blood flow−The change of skin blood flow by subcutaneous injection into the back skin of rabbits−. (Thesis). Matsumoto Dental University / 松本歯科大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1070/00002227/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

大野, 忠男; 谷山, 貴一; 石田, 麻依子; 澁谷, 徹; Ohno, Tadao; Taniyama, Kiichi; Ishida, Maiko. “局所麻酔薬の組織血流量への影響−家兎背部への皮下注射による皮膚血流量の変化− : Influence of local anesthetics on tissue blood flow−The change of skin blood flow by subcutaneous injection into the back skin of rabbits−.” 2014. Thesis, Matsumoto Dental University / 松本歯科大学. Accessed September 25, 2017. http://id.nii.ac.jp/1070/00002227/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

大野, 忠男; 谷山, 貴一; 石田, 麻依子; 澁谷, 徹; Ohno, Tadao; Taniyama, Kiichi; Ishida, Maiko. “局所麻酔薬の組織血流量への影響−家兎背部への皮下注射による皮膚血流量の変化− : Influence of local anesthetics on tissue blood flow−The change of skin blood flow by subcutaneous injection into the back skin of rabbits−.” 2014. Web. 25 Sep 2017.

Vancouver:

大野, 忠男; 谷山, 貴一; 石田, 麻依子; 澁谷, 徹; Ohno, Tadao; Taniyama, Kiichi; Ishida M. 局所麻酔薬の組織血流量への影響−家兎背部への皮下注射による皮膚血流量の変化− : Influence of local anesthetics on tissue blood flow−The change of skin blood flow by subcutaneous injection into the back skin of rabbits−. [Internet] [Thesis]. Matsumoto Dental University / 松本歯科大学; 2014. [cited 2017 Sep 25]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1070/00002227/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

大野, 忠男; 谷山, 貴一; 石田, 麻依子; 澁谷, 徹; Ohno, Tadao; Taniyama, Kiichi; Ishida M. 局所麻酔薬の組織血流量への影響−家兎背部への皮下注射による皮膚血流量の変化− : Influence of local anesthetics on tissue blood flow−The change of skin blood flow by subcutaneous injection into the back skin of rabbits−. [Thesis]. Matsumoto Dental University / 松本歯科大学; 2014. Available from: http://id.nii.ac.jp/1070/00002227/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

7. 長内, 秀. 健常若年日本人成人の頸部リンパ節の超音波像:年齢,性別および体格との関係.

Degree: 博士(歯学), 2014, Matsumoto Dental University / 松本歯科大学

口腔がんの頸部リンパ節転移の精査に有用である超音波検査では、リンパ節の形態を示す短長径や短長径比の計測、リンパ節内部の血流パターンや血流量から異常リンパ節の有無や評価を行う。その場合、頸部リンパ節の形態や血流は年齢,性別および体格の影響を受ける可能性があるが、これらの関与について検討した報告は殆どない。本研究では健常若年日本人成人を対象に,年齢,性別および体格指数(BMI)と頸部リンパ節の形態、内部血流パターンの関係について検討を行うという目的は明確である。研究は規定されたリンパ節の測定法を根拠に目的、測定バイアスまで考慮した方法、高度な統計解析法を十分に考えて計画がなされており、かつ、周到な準備の下に論理的に施行され、実証性も良いと考えられる。 結果では、リンパ節の短径は上頸部で年齢とBMI,顎下部で性別(女性)とBMI,オトガイ下部でBMIと有意な関連があり、いずれの領域でもBMIの増加により短長径比は有意に増加し、かつ女性は男性より有意に増加することを明確に示した。また、リンパ節の血流型では上頸部はBMIが増加すると無血流型になる傾向があり,オトガイ下部では有意に放散型になること、顎下部では女性の場合に有意に無血流型になることを明らかにし、明確である。 考察・結論では本研究結果について適切に論文を引用して年齢,性別、BMIと頸部リンパ節の形態や血流との関連を考察しており、超音波検査時の異常リンパ節の評価の際には,性別およびBMIを考慮して検査を行うべきであるとの結論かつ新知見を明確に導いている。 さらに、本研究結果は頸部リンパ節の超音波検査時の重要な基本情報であり、今後、口腔がんの好発年齢である高齢者での検討を行うことで、さらに有用な成果が得られることが期待されるという研究の発展性を示している。以上から学位に相応しい内容であると判断する。

2013

Subjects/Keywords: 超音波検査; 頸部リンパ節形態; 健常若年日本人; 成人; 内部血流パターン

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

長内, . (2014). 健常若年日本人成人の頸部リンパ節の超音波像:年齢,性別および体格との関係. (Thesis). Matsumoto Dental University / 松本歯科大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1070/00002228/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

長内, 秀. “健常若年日本人成人の頸部リンパ節の超音波像:年齢,性別および体格との関係.” 2014. Thesis, Matsumoto Dental University / 松本歯科大学. Accessed September 25, 2017. http://id.nii.ac.jp/1070/00002228/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

長内, 秀. “健常若年日本人成人の頸部リンパ節の超音波像:年齢,性別および体格との関係.” 2014. Web. 25 Sep 2017.

Vancouver:

長内 . 健常若年日本人成人の頸部リンパ節の超音波像:年齢,性別および体格との関係. [Internet] [Thesis]. Matsumoto Dental University / 松本歯科大学; 2014. [cited 2017 Sep 25]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1070/00002228/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

長内 . 健常若年日本人成人の頸部リンパ節の超音波像:年齢,性別および体格との関係. [Thesis]. Matsumoto Dental University / 松本歯科大学; 2014. Available from: http://id.nii.ac.jp/1070/00002228/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

8. 小野沢, 諭. Role of ECF sigma factors in biofilm formation ofPorphyromonas gingivalis : 歯周病原細菌Porphyromonas gingivalisのバイオフィルム形成におけるECFシグマ因子の役割.

Degree: 博士(歯学), 2014, Matsumoto Dental University / 松本歯科大学

【背景と目的】歯周病原細菌であるPorphyromonas gingivalis (以下P. gingivalis)は偏性嫌気性グラム陰性桿菌であり,歯周ポケット底部の嫌気度の高い部位にバイオフィルムを形成,感染し,病原性を発現する.しかし,口腔内は外界に開かれた環境で,温度,酸素,pH,栄養状態,他の細菌や宿主細胞など周囲環境からの影響を受けやすい.よって,P. gingivalisは,周囲環境ストレス対して何らかの回避機構を備えていることが予測される. そこで本研究では,周囲環境ストレスを回避するうえで重要なECF(extra cytoplasmic function)シグマ因子に注目し,P. gingivalisのECFシグマ因子と周囲環境ストレス回避機構としてのバイオフィルム形成との関連性について検討した.【材料と方法】用いた細菌株はP. gingivalis ATCC33277と,それを親株としたECFシグマ因子変異株,および相補株であった.まず5種類のECFシグマ因子遺伝子のクローニングを行い,その後ベクターに組み込み,親株に導入し,ECFシグマ因子変異株を得た.また,PGN_0274とPGN_1740については,両遺伝子とその周辺部をベクターに組み込み,各々の変異株に導入して相補株を得た.次に,デジタル比色計にて増殖速度を測定した.バイオフィルムの形成については,濁度を揃え,クリスタルバイオレット染色後,その吸光度を測定した.【結果】(1)親株と比較し,PGN_1740変異株が著明に増殖速度の低い値を示した.(2)野生株と比較し,PGN_0274変異株, PGN_0319変異株, PGN_1740変異株はバイオフィルム形成能の有意な増加を認めた.中でも,PGN_0274とPGN_1740変異株にて著明な増加を認めた.(3)PGN_0274とPGN_1740変異株におけるバイオフィルム形成量の増加は,それぞれの相補株にて野生株と同程度に回復した.【考察と結論】PGN_0274とPGN_1740は,P. gingivalisのバイオフィルム形成に関わるタンパク質の遺伝子発現を調節している可能性が示唆された.よって,これらのECFシグマ因子を標的とした抗菌薬を創薬することが実現すれば,選択毒性の高い優れた薬剤となることが示唆された.

2013

Subjects/Keywords: 歯周病原細菌; Porphyromonas gingivalis; バイオフィルム形成; ECFシグマ因子; ECF sigma factors; biofilm formation; Porphyromonas gingivalis

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

小野沢, . (2014). Role of ECF sigma factors in biofilm formation ofPorphyromonas gingivalis : 歯周病原細菌Porphyromonas gingivalisのバイオフィルム形成におけるECFシグマ因子の役割. (Thesis). Matsumoto Dental University / 松本歯科大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1070/00002229/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

小野沢, 諭. “Role of ECF sigma factors in biofilm formation ofPorphyromonas gingivalis : 歯周病原細菌Porphyromonas gingivalisのバイオフィルム形成におけるECFシグマ因子の役割.” 2014. Thesis, Matsumoto Dental University / 松本歯科大学. Accessed September 25, 2017. http://id.nii.ac.jp/1070/00002229/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

小野沢, 諭. “Role of ECF sigma factors in biofilm formation ofPorphyromonas gingivalis : 歯周病原細菌Porphyromonas gingivalisのバイオフィルム形成におけるECFシグマ因子の役割.” 2014. Web. 25 Sep 2017.

Vancouver:

小野沢 . Role of ECF sigma factors in biofilm formation ofPorphyromonas gingivalis : 歯周病原細菌Porphyromonas gingivalisのバイオフィルム形成におけるECFシグマ因子の役割. [Internet] [Thesis]. Matsumoto Dental University / 松本歯科大学; 2014. [cited 2017 Sep 25]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1070/00002229/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

小野沢 . Role of ECF sigma factors in biofilm formation ofPorphyromonas gingivalis : 歯周病原細菌Porphyromonas gingivalisのバイオフィルム形成におけるECFシグマ因子の役割. [Thesis]. Matsumoto Dental University / 松本歯科大学; 2014. Available from: http://id.nii.ac.jp/1070/00002229/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

9. Kamei, Sayako; Sato, Noriko; Harayama, Yuta; Nunotani, Miyako; Takatsu, Kanae; Shiozaki, Tetsuya; Hayashi, Tokutaro. Molecular analysis of potassium ion channel genes in sudden death cases among patients administered psychotropic drug therapy: Are polymorphisms in LQT genes a potential risk factor? : 向精神薬服用患者の突然死症例におけるカリウムイオンチャネルに関する分子生物学的解析:QT延長症候群関連遺伝子の多型が危険因子となり得るか?.

Degree: 博士(歯学), 2014, Matsumoto Dental University / 松本歯科大学

Psychotropic drugs can pose the risk of acquired long QT syndrome (LQTS). Unexpected autopsy-negative sudden death in patients taking psychotropic drugs may be associated with… (more)

Subjects/Keywords: KCNH2; KCNQ1; long QT syndrome; psychotropic drugs; sudden death

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Kamei, Sayako; Sato, Noriko; Harayama, Yuta; Nunotani, Miyako; Takatsu, Kanae; Shiozaki, Tetsuya; Hayashi, T. (2014). Molecular analysis of potassium ion channel genes in sudden death cases among patients administered psychotropic drug therapy: Are polymorphisms in LQT genes a potential risk factor? : 向精神薬服用患者の突然死症例におけるカリウムイオンチャネルに関する分子生物学的解析:QT延長症候群関連遺伝子の多型が危険因子となり得るか?. (Thesis). Matsumoto Dental University / 松本歯科大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1070/00002231/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Kamei, Sayako; Sato, Noriko; Harayama, Yuta; Nunotani, Miyako; Takatsu, Kanae; Shiozaki, Tetsuya; Hayashi, Tokutaro. “Molecular analysis of potassium ion channel genes in sudden death cases among patients administered psychotropic drug therapy: Are polymorphisms in LQT genes a potential risk factor? : 向精神薬服用患者の突然死症例におけるカリウムイオンチャネルに関する分子生物学的解析:QT延長症候群関連遺伝子の多型が危険因子となり得るか?.” 2014. Thesis, Matsumoto Dental University / 松本歯科大学. Accessed September 25, 2017. http://id.nii.ac.jp/1070/00002231/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Kamei, Sayako; Sato, Noriko; Harayama, Yuta; Nunotani, Miyako; Takatsu, Kanae; Shiozaki, Tetsuya; Hayashi, Tokutaro. “Molecular analysis of potassium ion channel genes in sudden death cases among patients administered psychotropic drug therapy: Are polymorphisms in LQT genes a potential risk factor? : 向精神薬服用患者の突然死症例におけるカリウムイオンチャネルに関する分子生物学的解析:QT延長症候群関連遺伝子の多型が危険因子となり得るか?.” 2014. Web. 25 Sep 2017.

Vancouver:

Kamei, Sayako; Sato, Noriko; Harayama, Yuta; Nunotani, Miyako; Takatsu, Kanae; Shiozaki, Tetsuya; Hayashi T. Molecular analysis of potassium ion channel genes in sudden death cases among patients administered psychotropic drug therapy: Are polymorphisms in LQT genes a potential risk factor? : 向精神薬服用患者の突然死症例におけるカリウムイオンチャネルに関する分子生物学的解析:QT延長症候群関連遺伝子の多型が危険因子となり得るか?. [Internet] [Thesis]. Matsumoto Dental University / 松本歯科大学; 2014. [cited 2017 Sep 25]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1070/00002231/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Kamei, Sayako; Sato, Noriko; Harayama, Yuta; Nunotani, Miyako; Takatsu, Kanae; Shiozaki, Tetsuya; Hayashi T. Molecular analysis of potassium ion channel genes in sudden death cases among patients administered psychotropic drug therapy: Are polymorphisms in LQT genes a potential risk factor? : 向精神薬服用患者の突然死症例におけるカリウムイオンチャネルに関する分子生物学的解析:QT延長症候群関連遺伝子の多型が危険因子となり得るか?. [Thesis]. Matsumoto Dental University / 松本歯科大学; 2014. Available from: http://id.nii.ac.jp/1070/00002231/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

10. 武井, 賢郎. 音楽が疼痛閾値に与える影響.

Degree: 博士(歯学), 2014, Matsumoto Dental University / 松本歯科大学

【目的】音楽を聞いている時は痛みの認知程度が低下する事が知られているが、客観的な手法をもとに明らかにはされていない。そこで本研究では、音楽を聞くことにより疼痛閾値はどの程度変化するか、また侵害刺激に反応していた帯状回の神経活動は音楽を聞くことにより変化するかを検討した。 【方法】 被験者45名を対象に前腕内側と足首内側に電極を貼り知覚・痛覚定量分析装置(Pain Vision®PS-2100N:ニプロ株式会社)を用いて、無条件時と3種類の音楽(ポップス・バラード・クラシック)を聞かせたときの知覚閾値(最小感知電流値)と疼痛閾値(痛み対応電流値)を測定し比較検討した。さらに、口腔内測定用の電極を舌・頬粘膜・上顎歯肉・下顎歯肉に置き、上記と同様に無条件時と3種類の音楽を聞かせたときの疼痛閾値を測定し比較検討した。また、被験者8名を対象にPain Visionから流れる電流80μAを侵害刺激として足首内側に与えた時の帯状回の神経活動を機能的磁気共鳴装置(fMRI)で調べ、無条件時と3種類の音楽を流している時の活動状態を比較した。 【結果と考察】 前腕の知覚閾値では無条件と3種類の音楽による4条件下での有意差は認められなかったが、前腕の痛覚閾値、足首の知覚閾値、足首の痛覚閾値では4条件下での有意差が認められた(Friedman test:順にp <0.001、p <0.05、p <0.01)。また口腔内4箇所においても4条件下での有意差が認められた(Friedman test:p <0.01)。各部位のそれぞれの2条件をWilcoxon signed-ranks testを用いて比較した場合、前腕知覚閾値ではポップスとバラード、ポップスとクラシックの間に有意差が認められ、痛覚閾値ではクラシックと他3条件の間に有意差が認められた(2条件間のうち後者が前者に比較して閾値が上昇)。足首知覚閾値では無条件とポップス、無条件とクラシック、バラードとクラシックの間に有意差が認められ、痛覚閾値では無条件とバラード、無条件とクラシック、ポップスとバラード、ポップスとクラシックとの間に有意差が認められた。舌の疼痛閾値は無条件とバラード、無条件とクラシック、ポップスとクラシックの間に有意差が認められ、頬粘膜の疼痛閾値は無条件とバラード、無条件とクラシック、ポップスとバラード、ポップスとクラシックの間に有意差が認められ、上顎歯肉では無条件とバラード、無条件とクラシック、ポップスとバラードの間に有意差が認められ、下顎歯肉では、無条件とバラード、無条件とクラシック、ポップスとクラシックの間に有意差が認められた。fMRIの実験では、侵害刺激に反応を示した帯状回での神経活動がポップスを聞くことにより2名、バラードを聞くことに1名、クラシックを聞くことにより2名の被験者において減弱した。これらの結果より、バラードやクラシックのようなスローテンポの曲を聞くことは疼痛緩和に非常に有効であることが示唆された。これは音楽の気分や感情に与える心理的作用と痛覚伝導系への抑制作用によるものだと考えられた。

2013

Subjects/Keywords: 音楽; 痛みの認知; 機能的磁気共鳴装置(fMRI); 知覚閾値(最小感知電流値); 疼痛閾値(痛み対応電流値)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

武井, . (2014). 音楽が疼痛閾値に与える影響. (Thesis). Matsumoto Dental University / 松本歯科大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1070/00002232/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

武井, 賢郎. “音楽が疼痛閾値に与える影響.” 2014. Thesis, Matsumoto Dental University / 松本歯科大学. Accessed September 25, 2017. http://id.nii.ac.jp/1070/00002232/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

武井, 賢郎. “音楽が疼痛閾値に与える影響.” 2014. Web. 25 Sep 2017.

Vancouver:

武井 . 音楽が疼痛閾値に与える影響. [Internet] [Thesis]. Matsumoto Dental University / 松本歯科大学; 2014. [cited 2017 Sep 25]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1070/00002232/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

武井 . 音楽が疼痛閾値に与える影響. [Thesis]. Matsumoto Dental University / 松本歯科大学; 2014. Available from: http://id.nii.ac.jp/1070/00002232/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

11. 土井, 和弘. インプラント材としてのTi-6Al-4V合金の変態温度と機械的性質の関係.

Degree: 博士(歯学), 2014, Matsumoto Dental University / 松本歯科大学

[目的] インプラント治療の普及に伴い,インプラント体の破折が数多く報告されるようになった。破折原因の一つとしてインプラント材料自体の強度不足が考えられている. 現在インプラント材料としてはJIS第4種純チタンが主に使用されているが,耐力は500MPa,疲労強度は250MPa程度であるのに対し,チタン,アルミニウム,バナジウムの合金であるTi-6Al-4V合金の耐力は800MPa,疲労強度は650MPa程度と格段に大きく,破折しないインプラント材料として注目されている.工業界ではTi-6Al-4V合金の材質の向上を得るためには968℃で60分加熱し,溶体化処理を行った後、538℃で4時間加熱処理を、酸化防止のためにガス雰囲気中で行うことが指示されている.しかし,ガス雰囲気での熱処理には高額な装置を必要とする.したがって、大気雰囲気中で行うには、酸化を軽減するために加熱温度をできるだけ低くして,短時間での処理を検討する必要がある. 一方、Ti-6Al-4V合金は,500℃付近において変態が生じる.この温度を利用し,インプラント材料に,より適した材質に改良できる可能性がある.そこで,本研究は、Ti-6Al-4V合金を450℃,500℃,550℃,600℃,650℃で加熱処理を行い,引張強さ,耐力,伸び,硬さ,金属組織について検討し,さらにX線回折により析出物についての検討を行った. [材料ならびに方法] 実験には,Ti-6Al-4V合金(大同特殊鋼)直径5mm,長さ100mmを用い,以下の項目について検討した. 1)変態温度の測定:加熱速度0.3℃/minの条件で1000℃までの熱膨張. 2)熱処理:450℃,500℃,550℃,650℃,1時間 500℃,0.5,1.0,1.5,2時間. 3)引張強試験:引張り速度0.5mm/min,引張強さ,耐力,伸びの測定. 4)硬試験:試験片横断面の端から0.1mm,中間部の1.25mmと中心部のビッカース硬さ測定. 5)金属成分の面分析:試験片横断面の中間部位,XMA(JEOL)使用. 6)組織観察:試験片横断面の端,中間部,中心部,レーザー顕微鏡(オリンパス) 23 使用. 7)破断面の観察:引張試験後の破断面の観察,電子顕微鏡(JEOL)使用. 8)X線回折:直径8mmの棒材を厚さ1mmの板に流水下で削り出し,X回折装置(JEOL)使用. [結果および考察] 1.熱膨張試験より450℃から650℃の間に変態温度が存在することが判明した. 2.工業界の熱処理条件で処理したTi-6Al-4V合金の引張強さは,処理前と比較して12.7%増加,耐力は22%増加,硬さは46%増加したが,伸びは74%減少した. 3.低温で熱処理した試験片の引張り強さは500℃で処理した場合,処理前と比較して9.4%の増加で最大であった.耐力は500℃と550℃はほとんど差がなく24%の増加であった.硬さも500℃と550℃が8.4%の増加であった.500℃の伸びの減少は,わずか11.3%であった. 4.最も効果のあった500℃における加熱時間の影響は,60分加熱した試験片が引張り強さ,耐力,伸びにおいて,総合的に優れており、本法の有効性が確認された。 5.X線回折の結果から,熱処理の効果はTi3Al規則格子の析出と,軟質なβ相の増大との兼ね合いによるものと考えられた.

2013

Subjects/Keywords: インプラント材; Ti-6Al-4V合金; 変態温度; 機械的性質

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

土井, . (2014). インプラント材としてのTi-6Al-4V合金の変態温度と機械的性質の関係. (Thesis). Matsumoto Dental University / 松本歯科大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1070/00002233/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

土井, 和弘. “インプラント材としてのTi-6Al-4V合金の変態温度と機械的性質の関係.” 2014. Thesis, Matsumoto Dental University / 松本歯科大学. Accessed September 25, 2017. http://id.nii.ac.jp/1070/00002233/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

土井, 和弘. “インプラント材としてのTi-6Al-4V合金の変態温度と機械的性質の関係.” 2014. Web. 25 Sep 2017.

Vancouver:

土井 . インプラント材としてのTi-6Al-4V合金の変態温度と機械的性質の関係. [Internet] [Thesis]. Matsumoto Dental University / 松本歯科大学; 2014. [cited 2017 Sep 25]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1070/00002233/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

土井 . インプラント材としてのTi-6Al-4V合金の変態温度と機械的性質の関係. [Thesis]. Matsumoto Dental University / 松本歯科大学; 2014. Available from: http://id.nii.ac.jp/1070/00002233/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

12. 石田, 麻依子. ラット三叉神経節における支配領域による神経細胞局在の三次元構築.

Degree: 博士(歯学), 2014, Matsumoto Dental University / 松本歯科大学

目的:三叉神経節は,眼神経,上顎神経,下顎神経の3枝に分枝し,その末梢枝は頭頚部で広範囲に分布している.三叉神経節内には,これらの神経細胞体が集まっており,それぞれの領域の細胞体の局在には神経節内で偏りがあることが知られている。しかしながら,これまでの報告における表現は統一性に欠け,詳細も不明である.そこで神経損傷マーカーのActivating transcription factor 3(ATF3)抗体を用いて三叉神経節内の神経細胞体の局在を3次元構築し,各神経切断群間で比較検討を行った。 方法:ラットの三叉神経において眼窩上神経,眼窩下神経,下歯槽神経,舌神経それぞれの切断群(各n=3)と,各神経に至るまでの組織の切開や剥離を加えて,目的の神経を切断しない対照モデル(各n=1)を作製し,ATF3の発現がピークとなる7日後に三叉神経節を摘出し,切片を作製した。これらの切片をATF3抗体と,神経細胞のみを染色するNewN抗体,すべての細胞の核を染色するDAPI抗体を用いた免疫組織化学に供し,光学顕微鏡下で画像データとしてコンピューターに取り込み,スライスごとに重ねて三叉神経節を復元するように三次元構築を行った。 結果と考察:ラット三叉神経節は二つに分岐しており,第1枝,第2枝から外側へ向かう枝が3枝となる。三叉神経節内における神経細胞体集団は,大きく二つの領域に分かれており,1つは第1枝,第2枝へ向かう枝の中(第1・2枝領域)に,もう一つは外側に向かう3枝への分岐部周辺(第3枝領域)に局在している。これら2つの領域は三叉神経節の上面側では融合しており(第2・3枝領域連続部),下面側では分離していた。眼窩上神経切断後のATF3陽性細胞の局在は,第1・2枝領域において内側に,眼窩下神経切断後のATF3陽性細胞は,第1・2枝領域ほぼ全域にあり,眼窩上神経細胞領域を含んでいた。下歯槽神経切断後のATF3陽性細胞は主に第3枝分岐部周辺に局在し,第2・3枝領域連続部では点在していた。また,第1・2枝領域においてATF3陽性細胞は広範囲に散在していた。舌神経切断後は下歯槽神経切断後とほぼ同じ領域でATF3陽性細胞局在が確認された.眼窩下神経と下歯槽神経,舌神経の各切断後のATF陽性細胞の局在は第2・3枝領域連続部で混在しており,各神経領域の境界は不明瞭であった.以上より,眼窩上神経と眼窩下神経の細胞局在は混在しており,さらに下歯槽神経と舌神経の細胞局在も混在していることが分かった.また,眼窩下神経細胞局在領 25 域と下歯槽神経や舌神経細胞局在領域との境界は不明瞭であった。今回の結果は,同じ神経節内における損傷した神経細胞が近接する非損傷の神経細胞に何らかの物質を伝達することが異所性感覚異常の発症のメカニズム解明の基礎データと考えられる。

2013

Subjects/Keywords: ラット三叉神経節; 神経損傷マーカー; Activating transcription factor 3(ATF3)抗体; 神経細胞体; 3次元構築

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

石田, . (2014). ラット三叉神経節における支配領域による神経細胞局在の三次元構築. (Thesis). Matsumoto Dental University / 松本歯科大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1070/00002234/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

石田, 麻依子. “ラット三叉神経節における支配領域による神経細胞局在の三次元構築.” 2014. Thesis, Matsumoto Dental University / 松本歯科大学. Accessed September 25, 2017. http://id.nii.ac.jp/1070/00002234/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

石田, 麻依子. “ラット三叉神経節における支配領域による神経細胞局在の三次元構築.” 2014. Web. 25 Sep 2017.

Vancouver:

石田 . ラット三叉神経節における支配領域による神経細胞局在の三次元構築. [Internet] [Thesis]. Matsumoto Dental University / 松本歯科大学; 2014. [cited 2017 Sep 25]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1070/00002234/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

石田 . ラット三叉神経節における支配領域による神経細胞局在の三次元構築. [Thesis]. Matsumoto Dental University / 松本歯科大学; 2014. Available from: http://id.nii.ac.jp/1070/00002234/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

13. Fujita, Muneteru; Nakano, Keisuke; Funato, Akiyoshi; Sugita, Yoshihiko; Kubo, Katsutoshi; Maeda, Hatsuhiko; Okafuji, Norimasa; Hasegawa, Hiromasa. Heat Shock Protein27 Expression and Cell Differentiation in Ameloblastomas : エナメル上皮腫におけるHeat Shock Protein27の発現と細胞分化.

Degree: 博士(歯学), 2014, Matsumoto Dental University / 松本歯科大学

The expression of HSP27 and some CKs were examined the 40 cases of typical solid/multicystic ameloblastoma using immunohistochemical techniques. In order to examine the relevance… (more)

Subjects/Keywords: ameloblatoma; immunohistochemistry; HSP; CK; cell differentiation; immunohistochemistry

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Fujita, Muneteru; Nakano, Keisuke; Funato, Akiyoshi; Sugita, Yoshihiko; Kubo, Katsutoshi; Maeda, Hatsuhiko; Okafuji, Norimasa; Hasegawa, H. (2014). Heat Shock Protein27 Expression and Cell Differentiation in Ameloblastomas : エナメル上皮腫におけるHeat Shock Protein27の発現と細胞分化. (Thesis). Matsumoto Dental University / 松本歯科大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1070/00002235/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Fujita, Muneteru; Nakano, Keisuke; Funato, Akiyoshi; Sugita, Yoshihiko; Kubo, Katsutoshi; Maeda, Hatsuhiko; Okafuji, Norimasa; Hasegawa, Hiromasa. “Heat Shock Protein27 Expression and Cell Differentiation in Ameloblastomas : エナメル上皮腫におけるHeat Shock Protein27の発現と細胞分化.” 2014. Thesis, Matsumoto Dental University / 松本歯科大学. Accessed September 25, 2017. http://id.nii.ac.jp/1070/00002235/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Fujita, Muneteru; Nakano, Keisuke; Funato, Akiyoshi; Sugita, Yoshihiko; Kubo, Katsutoshi; Maeda, Hatsuhiko; Okafuji, Norimasa; Hasegawa, Hiromasa. “Heat Shock Protein27 Expression and Cell Differentiation in Ameloblastomas : エナメル上皮腫におけるHeat Shock Protein27の発現と細胞分化.” 2014. Web. 25 Sep 2017.

Vancouver:

Fujita, Muneteru; Nakano, Keisuke; Funato, Akiyoshi; Sugita, Yoshihiko; Kubo, Katsutoshi; Maeda, Hatsuhiko; Okafuji, Norimasa; Hasegawa H. Heat Shock Protein27 Expression and Cell Differentiation in Ameloblastomas : エナメル上皮腫におけるHeat Shock Protein27の発現と細胞分化. [Internet] [Thesis]. Matsumoto Dental University / 松本歯科大学; 2014. [cited 2017 Sep 25]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1070/00002235/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Fujita, Muneteru; Nakano, Keisuke; Funato, Akiyoshi; Sugita, Yoshihiko; Kubo, Katsutoshi; Maeda, Hatsuhiko; Okafuji, Norimasa; Hasegawa H. Heat Shock Protein27 Expression and Cell Differentiation in Ameloblastomas : エナメル上皮腫におけるHeat Shock Protein27の発現と細胞分化. [Thesis]. Matsumoto Dental University / 松本歯科大学; 2014. Available from: http://id.nii.ac.jp/1070/00002235/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

14. Mochizuki, Noriyasu; Sugino, Noriyuki; Ninomiya, Tadashi; Yoshinari, Nobuo; Udagawa, Nobuyuki. Association of cortical shape of the mandible on panoramic radiographs with mandibular trabecular bone structure in Japanese adults: a cone-beam CT-image analysis : 日本人成人におけるパノラマX線写真上の下顎皮質骨と海綿骨構造との関係:コーンビームCTによる分析.

Degree: 博士(歯学), 2014, Matsumoto Dental University / 松本歯科大学

Objectives The purpose of this study was to assess the association between the cortical shape of the mandible, as detected on panoramic radiographs, and trabecular… (more)

Subjects/Keywords: Mandible; Cortex; Trabecular bone; \nCone-beam computed tomography

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Mochizuki, Noriyasu; Sugino, Noriyuki; Ninomiya, Tadashi; Yoshinari, Nobuo; Udagawa, N. (2014). Association of cortical shape of the mandible on panoramic radiographs with mandibular trabecular bone structure in Japanese adults: a cone-beam CT-image analysis : 日本人成人におけるパノラマX線写真上の下顎皮質骨と海綿骨構造との関係:コーンビームCTによる分析. (Thesis). Matsumoto Dental University / 松本歯科大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1070/00002237/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Mochizuki, Noriyasu; Sugino, Noriyuki; Ninomiya, Tadashi; Yoshinari, Nobuo; Udagawa, Nobuyuki. “Association of cortical shape of the mandible on panoramic radiographs with mandibular trabecular bone structure in Japanese adults: a cone-beam CT-image analysis : 日本人成人におけるパノラマX線写真上の下顎皮質骨と海綿骨構造との関係:コーンビームCTによる分析.” 2014. Thesis, Matsumoto Dental University / 松本歯科大学. Accessed September 25, 2017. http://id.nii.ac.jp/1070/00002237/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Mochizuki, Noriyasu; Sugino, Noriyuki; Ninomiya, Tadashi; Yoshinari, Nobuo; Udagawa, Nobuyuki. “Association of cortical shape of the mandible on panoramic radiographs with mandibular trabecular bone structure in Japanese adults: a cone-beam CT-image analysis : 日本人成人におけるパノラマX線写真上の下顎皮質骨と海綿骨構造との関係:コーンビームCTによる分析.” 2014. Web. 25 Sep 2017.

Vancouver:

Mochizuki, Noriyasu; Sugino, Noriyuki; Ninomiya, Tadashi; Yoshinari, Nobuo; Udagawa N. Association of cortical shape of the mandible on panoramic radiographs with mandibular trabecular bone structure in Japanese adults: a cone-beam CT-image analysis : 日本人成人におけるパノラマX線写真上の下顎皮質骨と海綿骨構造との関係:コーンビームCTによる分析. [Internet] [Thesis]. Matsumoto Dental University / 松本歯科大学; 2014. [cited 2017 Sep 25]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1070/00002237/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Mochizuki, Noriyasu; Sugino, Noriyuki; Ninomiya, Tadashi; Yoshinari, Nobuo; Udagawa N. Association of cortical shape of the mandible on panoramic radiographs with mandibular trabecular bone structure in Japanese adults: a cone-beam CT-image analysis : 日本人成人におけるパノラマX線写真上の下顎皮質骨と海綿骨構造との関係:コーンビームCTによる分析. [Thesis]. Matsumoto Dental University / 松本歯科大学; 2014. Available from: http://id.nii.ac.jp/1070/00002237/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

15. 横田, 誠. 高機能広汎性発達障害者における歯科診療場面の特性.

Degree: 博士(歯学), 2014, Matsumoto Dental University / 松本歯科大学

目的:120万人の自閉症者のうちアスペルガー症候群を含めた高機能自閉症の歯科場面における行動特性は明らかにされていない。そこで高機能広汎性発達障害者の歯科治療に対して配慮すべき事項などを検討する目的で、浸潤麻酔下の歯科治療場面での行動を観察し、各診療場面での特性について検討を行った。 対象および方法:調査対象者は平成25年3月から9月までに一般開業医に来院した患者のうち、浸潤麻酔下で歯科治療を行った高機能広汎性発達障害者(高機能自閉症、アスペルガー症候群)の16名である。比較対照は、同様な歯科治療を行った定型発達児40名である。本研究は、松本歯科大学倫理審査等検討委員会の承認(許可番号第0417号)を得たうえで代諾者を選定し、口頭と書面にて説明を行い、承諾を得た者を対象とし実施した。 調査方法は歴年齢、性別、受診回数、浸潤麻酔経験の有無、定期健診経験の有無、抜歯経験の有無を調査した。また、発達年齢は遠城寺式幼児分析的発達検査を用いて算出した。 対象者は、入室から歯科治療を受け退出までの行動をVTRにて撮影した。評価対象は、「①診療台に座る」から「⑫診療台から降りる」の12場面に区分した。各診療場面での判定は「適応」、「やや不適応」、「不適応」に分類して評価した。治療はすべて同一の歯科医師が行い、行動評価は治療に関与しない歯科医師および勤務する歯科衛生士の2名で行った。 分析方法は受診回数の比較は、Studentのt検定を用いた。各診療場面における適応性の比較検討は、Fisherの直接確率計算を用いた。またすべての診療場面において1回以上の「不適応」と評価された者を不適応、「不適応」と評価されずに1回以上「やや不適応」と評価された者をやや不適応、すべて「適応」と評価された者を適応として、高機能広汎性発達障害児群と定型発達児群との比較はχ2検定にて検討した。また、各診療場面の関係性を適応性を従属変数として患者背景、発達年齢、局所麻酔経験、定期検診の有無、受診回数、治療内容の13項目を独立変数として決定木分析を行った。 結果:高機能広汎性発達障害児群は、男児が13名、女児が3名、定型発達児群は、男児が16名、女児が24名であった。歯科診療における適応性は全ての診療場面において高機能広汎性発達障害児群と定型発達児群とは有意差を認めた。 37 決定木分析における適応要因は「診療台に座る」、「開口指示」、「口腔内診査」の適応性に関与する要因は移動運動の発達年齢で、4歳6ヵ月以上であれば適応性を示す可能性が示唆された。また適応性に最優先される診療場面は、「リクライニング位に倒す」、「説明」、「表面麻酔の塗布」、「表面麻酔奏効時間」、「浸潤麻酔」、「効果発現までの待ち時間」、「歯科処置」、「座位への変化」の8場面であった。また、高機能広汎性発達障害児が浸潤麻酔下での歯科治療において87.5%の者が歯科治療を妨げる体動がなく、歯科治療が実施できた。 考察:それぞれの診療場面で診療の妨げにならないが、体動などの行動がみられることが高機能広汎性発達障害の特性である。その行動には、原因があり、見通しが持てない、不安が原因の時は、診療場面ごとに絵カードで説明することや手鏡で口腔内を見せながら診療を進めるなどの対応を個々に行うことが歯科資料を円滑に進めることにつながると思われる。障害が疑われるか確定するに至っていない早期からの関わりは長期にわたって行動や発達を観察することで歯科医院に慣れさせることが可能となることが示された。 今回の調査において、患者の持つ能力を十分に評価し、十分な環境体制作りと関係者の理解を得ることによって地域の開業医での歯科治療は可能と考えられる。

2013

Subjects/Keywords: 高機能自閉症; 高機能広汎性発達障害者; 歯科治療場面; 行動特性

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

横田, . (2014). 高機能広汎性発達障害者における歯科診療場面の特性. (Thesis). Matsumoto Dental University / 松本歯科大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1070/00002238/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

横田, 誠. “高機能広汎性発達障害者における歯科診療場面の特性.” 2014. Thesis, Matsumoto Dental University / 松本歯科大学. Accessed September 25, 2017. http://id.nii.ac.jp/1070/00002238/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

横田, 誠. “高機能広汎性発達障害者における歯科診療場面の特性.” 2014. Web. 25 Sep 2017.

Vancouver:

横田 . 高機能広汎性発達障害者における歯科診療場面の特性. [Internet] [Thesis]. Matsumoto Dental University / 松本歯科大学; 2014. [cited 2017 Sep 25]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1070/00002238/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

横田 . 高機能広汎性発達障害者における歯科診療場面の特性. [Thesis]. Matsumoto Dental University / 松本歯科大学; 2014. Available from: http://id.nii.ac.jp/1070/00002238/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

16. Kitamura, Hiroyuki; Urano, Hiroko; Ara, Toshiaki. Preventive effects of a Kampo Medicine, Kakkonto, on inflammatory responses via the suppression of extracellular Signal-Regulated Kinase Phosphorylation in Lipopolysaccharide-Treated human gingival fibroblasts : LPS 刺激ヒト歯肉線維芽細胞におけるExtracellular Signal-Regulated Kinase のリン酸化抑制を介した葛根湯の炎症反応抑制効果.

Degree: 博士(歯学), 2015, Matsumoto Dental University / 松本歯科大学

Periodontal disease is accompanied by inflammation of the gingiva and destruction of periodontal tissues, leading to alveolar bone loss in severe clinical cases. The chemical… (more)

Subjects/Keywords: Anti-Inflammatory Agents; Medicine Kampo; Gingiva cytology; gingiva drug effects; Lipopolysaccharide; Kakkonto

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Kitamura, Hiroyuki; Urano, Hiroko; Ara, . T. (2015). Preventive effects of a Kampo Medicine, Kakkonto, on inflammatory responses via the suppression of extracellular Signal-Regulated Kinase Phosphorylation in Lipopolysaccharide-Treated human gingival fibroblasts : LPS 刺激ヒト歯肉線維芽細胞におけるExtracellular Signal-Regulated Kinase のリン酸化抑制を介した葛根湯の炎症反応抑制効果. (Thesis). Matsumoto Dental University / 松本歯科大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1070/00002396/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Kitamura, Hiroyuki; Urano, Hiroko; Ara, Toshiaki. “Preventive effects of a Kampo Medicine, Kakkonto, on inflammatory responses via the suppression of extracellular Signal-Regulated Kinase Phosphorylation in Lipopolysaccharide-Treated human gingival fibroblasts : LPS 刺激ヒト歯肉線維芽細胞におけるExtracellular Signal-Regulated Kinase のリン酸化抑制を介した葛根湯の炎症反応抑制効果.” 2015. Thesis, Matsumoto Dental University / 松本歯科大学. Accessed September 25, 2017. http://id.nii.ac.jp/1070/00002396/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Kitamura, Hiroyuki; Urano, Hiroko; Ara, Toshiaki. “Preventive effects of a Kampo Medicine, Kakkonto, on inflammatory responses via the suppression of extracellular Signal-Regulated Kinase Phosphorylation in Lipopolysaccharide-Treated human gingival fibroblasts : LPS 刺激ヒト歯肉線維芽細胞におけるExtracellular Signal-Regulated Kinase のリン酸化抑制を介した葛根湯の炎症反応抑制効果.” 2015. Web. 25 Sep 2017.

Vancouver:

Kitamura, Hiroyuki; Urano, Hiroko; Ara T. Preventive effects of a Kampo Medicine, Kakkonto, on inflammatory responses via the suppression of extracellular Signal-Regulated Kinase Phosphorylation in Lipopolysaccharide-Treated human gingival fibroblasts : LPS 刺激ヒト歯肉線維芽細胞におけるExtracellular Signal-Regulated Kinase のリン酸化抑制を介した葛根湯の炎症反応抑制効果. [Internet] [Thesis]. Matsumoto Dental University / 松本歯科大学; 2015. [cited 2017 Sep 25]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1070/00002396/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Kitamura, Hiroyuki; Urano, Hiroko; Ara T. Preventive effects of a Kampo Medicine, Kakkonto, on inflammatory responses via the suppression of extracellular Signal-Regulated Kinase Phosphorylation in Lipopolysaccharide-Treated human gingival fibroblasts : LPS 刺激ヒト歯肉線維芽細胞におけるExtracellular Signal-Regulated Kinase のリン酸化抑制を介した葛根湯の炎症反応抑制効果. [Thesis]. Matsumoto Dental University / 松本歯科大学; 2015. Available from: http://id.nii.ac.jp/1070/00002396/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

17. Okuda, Yukiko; Keisuke, Nakano; Koji, Suzuki; Yoshihiko, Sugita; Katsutoshi, Kubo; Hatsuhiko, Maeda; Norimasa, Okafuji; Hiromasa, Hasegawa. Wnt signaling as a possible promoting factor of cell differentiation in pleomorphic adenomas : 多形腺腫における細胞分化の促進因子としての Wnt シグナルの可能性.

Degree: 博士(歯学), 2015, Matsumoto Dental University / 松本歯科大学

There are well known that Wnt signaling was some roles of cell differentiation at the development tissues, especially the oral and maxillofacial regions of some… (more)

Subjects/Keywords: pleomorphic adenoma; Wnt signaling; β-catenin; cytokeratin; immunohistochemistry; cell differentiation

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Okuda, Yukiko; Keisuke, Nakano; Koji, Suzuki; Yoshihiko, Sugita; Katsutoshi, Kubo; Hatsuhiko, Maeda; Norimasa, Okafuji; Hiromasa, . H. (2015). Wnt signaling as a possible promoting factor of cell differentiation in pleomorphic adenomas : 多形腺腫における細胞分化の促進因子としての Wnt シグナルの可能性. (Thesis). Matsumoto Dental University / 松本歯科大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1070/00002398/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Okuda, Yukiko; Keisuke, Nakano; Koji, Suzuki; Yoshihiko, Sugita; Katsutoshi, Kubo; Hatsuhiko, Maeda; Norimasa, Okafuji; Hiromasa, Hasegawa. “Wnt signaling as a possible promoting factor of cell differentiation in pleomorphic adenomas : 多形腺腫における細胞分化の促進因子としての Wnt シグナルの可能性.” 2015. Thesis, Matsumoto Dental University / 松本歯科大学. Accessed September 25, 2017. http://id.nii.ac.jp/1070/00002398/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Okuda, Yukiko; Keisuke, Nakano; Koji, Suzuki; Yoshihiko, Sugita; Katsutoshi, Kubo; Hatsuhiko, Maeda; Norimasa, Okafuji; Hiromasa, Hasegawa. “Wnt signaling as a possible promoting factor of cell differentiation in pleomorphic adenomas : 多形腺腫における細胞分化の促進因子としての Wnt シグナルの可能性.” 2015. Web. 25 Sep 2017.

Vancouver:

Okuda, Yukiko; Keisuke, Nakano; Koji, Suzuki; Yoshihiko, Sugita; Katsutoshi, Kubo; Hatsuhiko, Maeda; Norimasa, Okafuji; Hiromasa H. Wnt signaling as a possible promoting factor of cell differentiation in pleomorphic adenomas : 多形腺腫における細胞分化の促進因子としての Wnt シグナルの可能性. [Internet] [Thesis]. Matsumoto Dental University / 松本歯科大学; 2015. [cited 2017 Sep 25]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1070/00002398/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Okuda, Yukiko; Keisuke, Nakano; Koji, Suzuki; Yoshihiko, Sugita; Katsutoshi, Kubo; Hatsuhiko, Maeda; Norimasa, Okafuji; Hiromasa H. Wnt signaling as a possible promoting factor of cell differentiation in pleomorphic adenomas : 多形腺腫における細胞分化の促進因子としての Wnt シグナルの可能性. [Thesis]. Matsumoto Dental University / 松本歯科大学; 2015. Available from: http://id.nii.ac.jp/1070/00002398/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

18. 小出, 大吾. skeletal Class Ⅱ 不正咬合者における矯正治療前後の顎関節形態の変化について : Morphological change of the temporomandibular joint before and after orthodontic treatment in skeletal Class Ⅱ malocclusion.

Degree: 博士(歯学), 2015, Matsumoto Dental University / 松本歯科大学

【目的】不正咬合患者の矯正治療による咬合の改善に伴い、下顎運動が変化することが報告されている。下顎運動の変化に伴い、顎関節部では負荷の変化に伴い、形態の変化が生じる可能性がある。しかしながら、不正咬合患者における矯正治療前後の顎関節形態変化の詳細には不明な点が多い。そこで、本研究では、成長要因のないskeletal ClassⅡすなわち成人骨格性上顎前突症患者における矯正治療前後の顎関節形態変化について顎関節断層規格X 線写真を用いて検討を行った。【資料および方法】松本歯科大学病院矯正歯科で、骨格性上顎前突症と診断され、小臼歯抜歯後、外科的矯正治療法を用いずマルチブラケット装置単独で治療した不正咬合患者19 名(女性19名)を対象とした。なお、下顎骨偏位、顎関節症状、下顎頭や下顎骨変形を示す症例は含まれていない。動的治療開始時の平均年齢は24.3 歳で、平均動的治療期間は2 年7か月であった。初診時、動的治療終了時および保定開始から2 年後に撮影した顎関節断層規格X 線写真と、同時期の頭部X 線規格写真で顎顔面形態変化を解析し、顎関節形態変化と顎顔面形態変化との関連性を検討した。【結果および考察】顎顔面形態の変化は、動的治療終了時にU1-FH とoverjet は有意に減少し、interincisal angle は有意な増加が認められたことから、骨格性上顎前突症の動的矯正治療は目的通りに行われた。また、保定開始から2 年後にU1-FH、overbite がわずかに有意に増加し、interincisal angle はわずかに有意に減少したものの、良好な咬合が維持されていた。顎関節形態の治療後の変化は、関節結節後方斜面傾斜角および下顎窩の深さは初診時から動的治療終了時および保定開始から2 年後に有意な増加が認められ、下顎窩の前後的長さは初診時から動的治療終了時および保定開始から2 年後に有意な減少が認められた。一方、下顎頭および顎関節腔の形態は、初診時から動的治療終了時および保定開始から2 年後に有意な変化は認められなかった。正常な顎機能を有する者では、上顎前突者に対して矢状顆路角より矢状切歯路角が急勾配であることが報告され、さらに、上顎前突者には下顎切歯点の咀嚼運動経路において前方型シフト開口が報告されていることから、本研究でみられた関節結節後方斜面角、下顎頭滑走斜面角の増加は、成人骨格性上顎前突症患者では前歯部被蓋の改善によるアンテリアガイダンスの付与により、咀嚼運動時の下顎骨の前方運動が減少し、そして、下顎窩への負荷が減少することで、顎関節の形態的適応変化が生じる可能性が推察された。【結論】成人骨格性上顎前突症患者では小臼歯抜去による矯正治療で、上顎前歯舌側傾斜による正常な前歯部被蓋の改善に伴い、関節結節後方斜面傾斜角が急勾配になり、結果として下顎窩の深さが増加した。すなわち、矯正治療による咬合の改善に伴い、下顎頭が機能運動する下顎窩の適応現象が生じることが示唆された。

2014

Subjects/Keywords: skeletal ClassⅡ; 骨格性上顎前突症; 矯正治療; 顎関節形態; 顎関節断層規格X線写真

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

小出, . . (2015). skeletal Class Ⅱ 不正咬合者における矯正治療前後の顎関節形態の変化について : Morphological change of the temporomandibular joint before and after orthodontic treatment in skeletal Class Ⅱ malocclusion. (Thesis). Matsumoto Dental University / 松本歯科大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1070/00002399/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

小出, 大吾. “skeletal Class Ⅱ 不正咬合者における矯正治療前後の顎関節形態の変化について : Morphological change of the temporomandibular joint before and after orthodontic treatment in skeletal Class Ⅱ malocclusion.” 2015. Thesis, Matsumoto Dental University / 松本歯科大学. Accessed September 25, 2017. http://id.nii.ac.jp/1070/00002399/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

小出, 大吾. “skeletal Class Ⅱ 不正咬合者における矯正治療前後の顎関節形態の変化について : Morphological change of the temporomandibular joint before and after orthodontic treatment in skeletal Class Ⅱ malocclusion.” 2015. Web. 25 Sep 2017.

Vancouver:

小出 . skeletal Class Ⅱ 不正咬合者における矯正治療前後の顎関節形態の変化について : Morphological change of the temporomandibular joint before and after orthodontic treatment in skeletal Class Ⅱ malocclusion. [Internet] [Thesis]. Matsumoto Dental University / 松本歯科大学; 2015. [cited 2017 Sep 25]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1070/00002399/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

小出 . skeletal Class Ⅱ 不正咬合者における矯正治療前後の顎関節形態の変化について : Morphological change of the temporomandibular joint before and after orthodontic treatment in skeletal Class Ⅱ malocclusion. [Thesis]. Matsumoto Dental University / 松本歯科大学; 2015. Available from: http://id.nii.ac.jp/1070/00002399/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

19. 髙橋, 弘太郎. 実験的歯周炎の動脈硬化症への影響 : The effect of experimental periodontitis for atherosclerosis.

Degree: 博士(歯学), 2015, Matsumoto Dental University / 松本歯科大学

【背景と目的】動脈硬化症は、西欧諸国および日本での死亡原因の主要なものである。この病因は、血管内皮細胞への慢性刺激に対する炎症、免疫応答であり、血管内壁での脂質沈着(血管内皮細胞内へのコレステロールおよびリン脂質侵入)、炎症性細胞浸潤(マクロファージ、T 細胞)、平滑筋細胞の内膜への遊走と増殖、結合組織の増殖(コラーゲン、グリコサミノグリカン、弾性線維)、カルシウム沈着、および血栓化を特徴とする病変である。一方、歯周病は、一部の特定の細菌を含む口腔内細菌感染に対する免疫応答の結果として、歯周組織において様々なサイトカインや、酵素類が産生され、動脈硬化性病変を悪化させることが報告されている。また、歯周病は、動脈硬化症のリスク因子としても注目されており、システマティックレビューでは、歯周病と動脈硬化症は弱いながらも関連性が認められている。しかし、歯周病からアテローム性動脈硬化症へ至る経路については数多く報告されているものの、詳細は依然不明のままである。そこで、局所の低レベル慢性炎症性疾患としての歯周病の病態を想定して、マウスの歯周組織へのサイトカイン (Interleukin-6: IL-6)注入が、肝蔵で血清アミロイドA (Serum Amyloid A: SAA) を産生上昇させ、血管内皮細胞を刺激し、動脈硬化症の増悪因子として関与する可能性、機序を検討した。【材料と方法】実験には、動脈硬化症易形成性マウスであるアポリポプロテインE 欠損マウス(ApoE-/-)の生後8 週齢の雄24 匹を使用した。動物は、Recombinant Mouse IL-6 投与群 (IL-6 群) と、Phosphate Buffered Saline (PBS) 投与群 (PBS 群) の2… (more)

Subjects/Keywords: 実験的歯周炎; 動脈硬化症; サイトカイン; Interleukin-6; 肝蔵; 血清アミロイドA; Serum Amyloid A

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

髙橋, . . (2015). 実験的歯周炎の動脈硬化症への影響 : The effect of experimental periodontitis for atherosclerosis. (Thesis). Matsumoto Dental University / 松本歯科大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1070/00002400/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

髙橋, 弘太郎. “実験的歯周炎の動脈硬化症への影響 : The effect of experimental periodontitis for atherosclerosis.” 2015. Thesis, Matsumoto Dental University / 松本歯科大学. Accessed September 25, 2017. http://id.nii.ac.jp/1070/00002400/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

髙橋, 弘太郎. “実験的歯周炎の動脈硬化症への影響 : The effect of experimental periodontitis for atherosclerosis.” 2015. Web. 25 Sep 2017.

Vancouver:

髙橋 . 実験的歯周炎の動脈硬化症への影響 : The effect of experimental periodontitis for atherosclerosis. [Internet] [Thesis]. Matsumoto Dental University / 松本歯科大学; 2015. [cited 2017 Sep 25]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1070/00002400/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

髙橋 . 実験的歯周炎の動脈硬化症への影響 : The effect of experimental periodontitis for atherosclerosis. [Thesis]. Matsumoto Dental University / 松本歯科大学; 2015. Available from: http://id.nii.ac.jp/1070/00002400/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

20. 本藤, 景子. 骨格性下顎前突者のスマイル時の口唇運動の三次元解析 : Three dimensional analysis of lip movement during smiling in patients with mandibular protrusion.

Degree: 博士(歯学), 2015, Matsumoto Dental University / 松本歯科大学

【要旨目的】ヒトの正面の顔において,ヒトは目と口唇に視線が集まることが報告されている。そして,不正咬合者の口唇では正常咬合者に比べ上下口唇の形態のバランスが崩れ,矯正治療により改善することから口唇の形態変化が注目されてきた。一方,顎偏位症例の正貌軟組織については静的な口唇の非対称が示されているが,スマイルの対称性および正面顔面形態との関連について明らかにされていない。そこで,本研究では,偏位を伴う骨格性下顎前突患者のスマイル時の口唇の動きの変化を三次元的に調べ,正面顔面形態のバランスとの関連について検討することを目的とした。方法被験者として,松本歯科大学病院矯正歯科を受診した骨格性下顎前突患者11名(平均年齢 21.0±4.7歳,ANB -4.9±2.0°,Me偏位量 3.7±2.6mm,overjet -3.1±2.4mm,overbite +2.5±3.0mm)を対象とした。被験者の顔面の上唇中央,下唇中央,左右口角,左右頬,左右額,鼻尖の9カ所にレトロターゲットを貼付し,頭部固定は行わず安静時とスマイル時の写真をステレオカメラで撮影し,三次元解析ソフトウェアを用いて立体構築した。左右額,鼻尖の3点を基準点とし,これら3点で構成される三角形の平面を基準に用いて頭部の動きを補正した。上唇中央部,下唇中央部,左右口角,左右頬における安静時とスマイル時の動きについて,ステレオ画像計測法を用いて三次元的に解析した。また,正面顔面形態は,正面頭部エックス線規格写真を用いて評価した。統計解析は,スマイル時の軟組織移動量と正面顔面形態の関連をPearsonの相関係数を用いて検討した。【結果と考察】1.被験者の平均的スマイル運動安静時からスマイル時の口唇頬部軟組織の移動方向は,上唇中央部は上後方,偏位方向に,下唇中央部は下後方,偏位方向に移動し,下唇中央部は上唇中央部より有意に後方へ移動した。下顎前突では下唇の方が上唇よりも前方へ突出しているため,スマイル時に口唇をラバーバンド状に被う口輪筋が下唇を後方へ牽引した可能性が推察された。偏位側と非偏位側の頬部は上外側および前方に,偏位側と非偏位側の口角は上外側および後方に移動したが,偏位側と非偏位側で差はみられなかった。これは,本研究の被験者の平均Me偏位量が3.6mmと,あまり大きな偏位を示さなかったため,偏位側と非偏位側の口角部と頬部の動きは,スマイル時に差を示さなかったと推察された。2.スマイル時の軟組織の動きと正面顔面形態の関連1) 上下唇の中央部では,下唇中央部の安静時からスマイル時の垂直的な移動距離は,偏位側と非偏位側の上顎骨および下顎骨の幅の差,下顎骨偏位量と有意な正の相関を示したが,上唇中央部では関連は示さなかった。2) 口角部では,非偏位側口角の安静時からスマイル時の垂直的な移動距離は,下顎骨偏位量と有意な正の相関を示したが,偏位側口角では関連は示さなかった。3) 頬部では,非偏位側頬部の安静時からスマイル時の水平的な移動距離は,偏位側と非偏位側の下顎骨高差と有意な正の相関を示した。非偏位側頬部の安静時からスマイル時の垂直的な移動距離は,下顎骨偏位量と有意な正の相関を示した。一方,偏位側頬部では関連は示さなかった。以上の結果から,非偏位側の口角では上方に移動し,非偏位側頬部では上方と非偏位側に移動することで,スマイル時に口唇の偏位側への移動を補償し,バランスを保とうとしているものと推察された。口角の上方への移動には大頬骨筋が,頬部の水平方向および垂直方向の移動には小頬骨筋と大頬骨筋が関連していることから,これらの筋肉が偏位症例においてスマイル運動時の補償に関連している可能性が推察された。また,非偏位側口角部さらには非偏位側頬部の上方移動量が偏位の増加とともに増加した結果,口唇を囲むラバーバンド全体が非偏位側上方に引っ張られ,下唇中央部の下方への移動量が減少している可能性が推察された。以上の結果より,骨格性下顎前突症では,顎顔面形態の非対称性と安静時からスマイル時の軟組織の変化が関連することが示された。【結論】骨格性下顎前突症では,スマイル時に軟組織の移動と正面顔面形態が関連し,スマイルの非対称を補償する運動が示された。

2014

Subjects/Keywords: 下顎骨; 顎前突症; 口唇; 骨格; 不正咬合; 三次元イメージング; 下顎変位

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

本藤, . . (2015). 骨格性下顎前突者のスマイル時の口唇運動の三次元解析 : Three dimensional analysis of lip movement during smiling in patients with mandibular protrusion. (Thesis). Matsumoto Dental University / 松本歯科大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1070/00002402/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

本藤, 景子. “骨格性下顎前突者のスマイル時の口唇運動の三次元解析 : Three dimensional analysis of lip movement during smiling in patients with mandibular protrusion.” 2015. Thesis, Matsumoto Dental University / 松本歯科大学. Accessed September 25, 2017. http://id.nii.ac.jp/1070/00002402/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

本藤, 景子. “骨格性下顎前突者のスマイル時の口唇運動の三次元解析 : Three dimensional analysis of lip movement during smiling in patients with mandibular protrusion.” 2015. Web. 25 Sep 2017.

Vancouver:

本藤 . 骨格性下顎前突者のスマイル時の口唇運動の三次元解析 : Three dimensional analysis of lip movement during smiling in patients with mandibular protrusion. [Internet] [Thesis]. Matsumoto Dental University / 松本歯科大学; 2015. [cited 2017 Sep 25]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1070/00002402/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

本藤 . 骨格性下顎前突者のスマイル時の口唇運動の三次元解析 : Three dimensional analysis of lip movement during smiling in patients with mandibular protrusion. [Thesis]. Matsumoto Dental University / 松本歯科大学; 2015. Available from: http://id.nii.ac.jp/1070/00002402/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

21. Matsuo, Kazuko; Kiso, Akiko; Shibata, Yukinaga; Hasegawa, Hiromasa; Fujimura, Setsuo; 松尾, 和子; 木曽, 有紀子; 柴田, 幸永; 長谷川, 博雅. Formation, isolation and characterization of a prolyl tripeptidyl peptidase of Porphyromonas gingivalis : Porphyromonas gingivalisのプロリルトリペプチジルペプチダーゼの産生,単離および性状.

Degree: 博士(歯学), 2015, Matsumoto Dental University / 松本歯科大学

Formation, cellular locations, isolation and enzymatic propertiesof PTP of Porphyromonas gingivalis, an anaerobic periodontalpathogen were investigated.Almost all activities of this enzyme were detected in the… (more)

Subjects/Keywords: enzyme; prolyl tripeptidase; Porphyromonas gingivalis

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Matsuo, Kazuko; Kiso, Akiko; Shibata, Yukinaga; Hasegawa, Hiromasa; Fujimura, Setsuo; 松尾, 和子; 木曽, 有紀子; 柴田, 幸永; 長谷川, . . (2015). Formation, isolation and characterization of a prolyl tripeptidyl peptidase of Porphyromonas gingivalis : Porphyromonas gingivalisのプロリルトリペプチジルペプチダーゼの産生,単離および性状. (Thesis). Matsumoto Dental University / 松本歯科大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1070/00002403/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Matsuo, Kazuko; Kiso, Akiko; Shibata, Yukinaga; Hasegawa, Hiromasa; Fujimura, Setsuo; 松尾, 和子; 木曽, 有紀子; 柴田, 幸永; 長谷川, 博雅. “Formation, isolation and characterization of a prolyl tripeptidyl peptidase of Porphyromonas gingivalis : Porphyromonas gingivalisのプロリルトリペプチジルペプチダーゼの産生,単離および性状.” 2015. Thesis, Matsumoto Dental University / 松本歯科大学. Accessed September 25, 2017. http://id.nii.ac.jp/1070/00002403/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Matsuo, Kazuko; Kiso, Akiko; Shibata, Yukinaga; Hasegawa, Hiromasa; Fujimura, Setsuo; 松尾, 和子; 木曽, 有紀子; 柴田, 幸永; 長谷川, 博雅. “Formation, isolation and characterization of a prolyl tripeptidyl peptidase of Porphyromonas gingivalis : Porphyromonas gingivalisのプロリルトリペプチジルペプチダーゼの産生,単離および性状.” 2015. Web. 25 Sep 2017.

Vancouver:

Matsuo, Kazuko; Kiso, Akiko; Shibata, Yukinaga; Hasegawa, Hiromasa; Fujimura, Setsuo; 松尾, 和子; 木曽, 有紀子; 柴田, 幸永; 長谷川 . Formation, isolation and characterization of a prolyl tripeptidyl peptidase of Porphyromonas gingivalis : Porphyromonas gingivalisのプロリルトリペプチジルペプチダーゼの産生,単離および性状. [Internet] [Thesis]. Matsumoto Dental University / 松本歯科大学; 2015. [cited 2017 Sep 25]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1070/00002403/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Matsuo, Kazuko; Kiso, Akiko; Shibata, Yukinaga; Hasegawa, Hiromasa; Fujimura, Setsuo; 松尾, 和子; 木曽, 有紀子; 柴田, 幸永; 長谷川 . Formation, isolation and characterization of a prolyl tripeptidyl peptidase of Porphyromonas gingivalis : Porphyromonas gingivalisのプロリルトリペプチジルペプチダーゼの産生,単離および性状. [Thesis]. Matsumoto Dental University / 松本歯科大学; 2015. Available from: http://id.nii.ac.jp/1070/00002403/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

22. Yamada, Shinichiro; Uchida, K; Iwamoto, Y; Sugino, N; Yoshinari, N; Kagami, H; Taguchi, A. Panoramic radiography measurements, osteoporosis diagnoses and fractures in Japanese men and women : 日本人男女におけるパノラマX 線写真上の指標と骨粗鬆症診断および骨粗鬆症性骨折との関係.

Degree: 博士(歯学), 2015, Matsumoto Dental University / 松本歯科大学

【目的】パノラマX 線写真による骨粗鬆症スクリーニング指標は腰椎や大腿骨頚部などの骨密度、あるいは骨代謝マーカーと密接に関係することが世界中で多数報告されている。一方、骨粗鬆症のアウトカムである骨折との関係については、海外の2 つの報告では「関係あり」、国外の1 例および国内の1 例では「なし」とされており、未だ真偽が明確になってはいない。本研究では、病院を受診してパノラマX 線写真を撮影した患者をベースとした病院ベース多目的コホートを作成し、パノラマX 線写真による骨粗鬆症スクリーニング指標と骨粗鬆症診断歴(未骨折者)および骨粗鬆症性骨折歴との関係について検討を行った。【対象および方法】松本歯科大学病院を2007~2013 年に受診し、歯科治療のためパノラマX線写真を撮影した40 歳以上の患者2186 名に対して、骨粗鬆症を初めとする種々の全身疾患や栄養摂取状況、生活習慣に関する質問表と質問に関する同意書を送付し、回答が得られた1021 名(男性371 名、女性650 名) を分析した。本研究は松本歯科大学倫理委員会の承認(0152 号) を受けて行われた。書類を送付した全ての患者のパノラマX 線写真について、経験年数24年の歯科放射線専門医が骨粗鬆症スクリーニングの皮質骨形態指標をこれまでの報告に従い、3 型( 1 型:正常、2 型:軽度~中等度粗鬆、3 型:高度粗鬆) に分類した。骨粗鬆症診断歴( 未骨折) および骨粗鬆症性骨折歴を各々独立変数として、近年WHO… (more)

Subjects/Keywords: mandible; cortex; panoramic radiography; osteoporosis; fracture

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Yamada, Shinichiro; Uchida, K; Iwamoto, Y; Sugino, N; Yoshinari, N; Kagami, H; Taguchi, . A. (2015). Panoramic radiography measurements, osteoporosis diagnoses and fractures in Japanese men and women : 日本人男女におけるパノラマX 線写真上の指標と骨粗鬆症診断および骨粗鬆症性骨折との関係. (Thesis). Matsumoto Dental University / 松本歯科大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1070/00002404/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Yamada, Shinichiro; Uchida, K; Iwamoto, Y; Sugino, N; Yoshinari, N; Kagami, H; Taguchi, A. “Panoramic radiography measurements, osteoporosis diagnoses and fractures in Japanese men and women : 日本人男女におけるパノラマX 線写真上の指標と骨粗鬆症診断および骨粗鬆症性骨折との関係.” 2015. Thesis, Matsumoto Dental University / 松本歯科大学. Accessed September 25, 2017. http://id.nii.ac.jp/1070/00002404/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Yamada, Shinichiro; Uchida, K; Iwamoto, Y; Sugino, N; Yoshinari, N; Kagami, H; Taguchi, A. “Panoramic radiography measurements, osteoporosis diagnoses and fractures in Japanese men and women : 日本人男女におけるパノラマX 線写真上の指標と骨粗鬆症診断および骨粗鬆症性骨折との関係.” 2015. Web. 25 Sep 2017.

Vancouver:

Yamada, Shinichiro; Uchida, K; Iwamoto, Y; Sugino, N; Yoshinari, N; Kagami, H; Taguchi A. Panoramic radiography measurements, osteoporosis diagnoses and fractures in Japanese men and women : 日本人男女におけるパノラマX 線写真上の指標と骨粗鬆症診断および骨粗鬆症性骨折との関係. [Internet] [Thesis]. Matsumoto Dental University / 松本歯科大学; 2015. [cited 2017 Sep 25]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1070/00002404/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Yamada, Shinichiro; Uchida, K; Iwamoto, Y; Sugino, N; Yoshinari, N; Kagami, H; Taguchi A. Panoramic radiography measurements, osteoporosis diagnoses and fractures in Japanese men and women : 日本人男女におけるパノラマX 線写真上の指標と骨粗鬆症診断および骨粗鬆症性骨折との関係. [Thesis]. Matsumoto Dental University / 松本歯科大学; 2015. Available from: http://id.nii.ac.jp/1070/00002404/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

23. 三溝, 恒幸. レーザー溶接したチタン材に対する加熱処理の有効性に関する研究 : The influence of heat treatment on the fatigue strength of laser-welded titanium.

Degree: 博士(歯学), 2015, Matsumoto Dental University / 松本歯科大学

補綴装置製作に,生体への親和性からチタンが多用されておりその修復および加工にはレーザ溶接が用いられてる.しかし溶接された領域付近からの再破折 を経験することがある.そうした中,チタン圧延材に一定の条件で熱処理を行うと疲労強度が有意に大きくなるという報告がなされた.本研究は,鋳造,機械加工,MIM(Metal injection molding)の各製作法によるチタン材,およびレーザ溶接後のチタン材に対しても熱処理が有効であるかについて疲労破壊に着目して 検討を行った.試験片は,鋳造 法,機械加工,MIM 法 により,巾2mm,厚さ1mm,長さ30mm の試料を製作して用いた.レーザ溶接は,試験片を低速切断し,切断面を密着させた状態でレーザ溶接した.熱処理は試験片それぞれを450℃の電気炉内にて 40分間大気中で加熱を行った後,炉外にて放冷した.疲労試験は金属曲げ器を用い,ひずみ量0.30mm の反復応力を加え,疲労破折まで回数を測定した.測定は熱 処理を行ったものと未処理のものをそれぞれ5個とした.また,溶接した領域付近の金属組織を観察するため,溶接しした試験片を包埋し,研磨,エッチング後金属顕微鏡にて観察した.またMIM 法 による試験片は,熱処理の有無による気孔率の比較を行った.硬さ試験は組織の観察後の試験片を用い,微少硬度計を用いて荷重100gf,負荷時間10 秒として溶接部周辺のビッカース硬さを測定し,熱処理の有無による違いを分析した.これらの解析により以下示す結果が得れた.1.鋳造によるチタンは,レーザ溶接の有無に かかわらず,熱処理による疲労破壊繰返し数に有意な差は認められかった.3種のチタン材の中で,チタン鋳造体は,疲労破壊に対して最も 弱かった.2.機械加工によるチタンは,レーザ溶接の有無にかかわらず,疲労破壊繰返し数は熱処理により増大した.金属結晶が微細であり,3種のチタン材の中で,疲労破壊に対して最も強かった.3. MIM法によるチタンは,レーザ溶接の有無にかかわらず,疲労破壊繰返し数は熱処理により増大した.また,金属組織中に気孔が観察され,気孔に沿った破折が認められた.

2014

Subjects/Keywords: チタン材; レーザー溶接; 加熱処理; 疲労強度

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

三溝, . . (2015). レーザー溶接したチタン材に対する加熱処理の有効性に関する研究 : The influence of heat treatment on the fatigue strength of laser-welded titanium. (Thesis). Matsumoto Dental University / 松本歯科大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1070/00002405/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

三溝, 恒幸. “レーザー溶接したチタン材に対する加熱処理の有効性に関する研究 : The influence of heat treatment on the fatigue strength of laser-welded titanium.” 2015. Thesis, Matsumoto Dental University / 松本歯科大学. Accessed September 25, 2017. http://id.nii.ac.jp/1070/00002405/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

三溝, 恒幸. “レーザー溶接したチタン材に対する加熱処理の有効性に関する研究 : The influence of heat treatment on the fatigue strength of laser-welded titanium.” 2015. Web. 25 Sep 2017.

Vancouver:

三溝 . レーザー溶接したチタン材に対する加熱処理の有効性に関する研究 : The influence of heat treatment on the fatigue strength of laser-welded titanium. [Internet] [Thesis]. Matsumoto Dental University / 松本歯科大学; 2015. [cited 2017 Sep 25]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1070/00002405/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

三溝 . レーザー溶接したチタン材に対する加熱処理の有効性に関する研究 : The influence of heat treatment on the fatigue strength of laser-welded titanium. [Thesis]. Matsumoto Dental University / 松本歯科大学; 2015. Available from: http://id.nii.ac.jp/1070/00002405/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

24. 海瀬, 聖仁. 松本歯科大学における歯周病学模型実習に対する学生評価の解析と今後への展望 : The analysis of the student evaluation and the prospects for the future of the model practice of periodontology in Matsumoto Dental University.

Degree: 博士(歯学), 2015, Matsumoto Dental University / 松本歯科大学

本学では, 質の高い教育を行うために, 2 0 0 7 年度から毎年, 講義, 実習内容に関する学生の意識調査を行い, 学生教育へのフィードバックを図っている. 今回は, 松本歯科大学第4 学年の学生に実施している歯周病学模型実習における, 実習状況の把握, 実習内容の再考と改善のため, 学生に対して行った7 年間のアンケート調査の内容, および分析結果を模型実習の概要とともに報告する.アンケート項目は, 歯科保存学講座で独自に作成した13 項目であった. 各項目は回答を5 段階方式で評価し, 上位2 段階が占める割合を満足割合, 下位2 段階を不満足割合とした. また, 不満足度得点を算出し, これを指標として全項目間の相関関係を検討, さらに, 学生数との相関関係を検討した. 統計学的分析は,Pe a r s o n の相関係数の順位差検定を用いた.実習環境である班分け, 座席, デモ机に関しては, 学生数が多い年度ほど不満足割合が多く, デモが見づらい, インストラクターの指導が行き届かないなどの不満足な感想が多かったが, 学生数が減少した2 0 1 3 年度では減少した. 実習器材項目である模型の使いやすさにおいては,2 0 0 7 年~ 2 0 1 3 年度のすべてにおいて,満足割合が良好であったが,2 0 1 0 年度より,さらに不満足割合が減少した. これは, 同年度より模型を改善したことによるものと考えられる. インストラクターに関しては2 0 0 7 年~ 2013 年度,全項目( デモ,指導,指導レベル) において,満足割合が5 0 . 0%を超えていたため, 指導レベルは適切であったと思われる. 実習内容に関するビデオデモの項目においては, 2 0 0 7 年~ 2 0 11 年度において,不満足割合が高かったが,2 0 1 2 年度で満足割合の増加が見られた. これは, 実習中に新たなビデオを追加して流す改善をした結果と思われる.全項目間の相関では,「自分の座席の位置」と「実習帳」の相関係数が0 . 8 7 8 ,「ビデオデモ」の相関係数が0 . 8 1 8 で有意な相関が2認められた. 学生数が減少することにより, 自分の座席の周囲にゆとりができ, インストラクターの指導がより学生に行き届き,学生も実習に集中して参加できるようになり, 学生自身が, 実習帳やビデオデモの内容を理解するよう努めたためだと考えられる.また,「模型」と「実習帳」の相関係数が0 . 8 3 6 ,「ビデオデモ」の相関係数が0 . 8 4 2 で有意な相関が認められた. この理由として,模型構造を改善することにより,学生の扱い方への理解が深まり,実習帳, ビデオデモの内容をより理解でき, 有効活用できたためと考えられた.インストラクター間では,「インストラクターのデモ」と「インストラクターの指導」の相関係数が0 . 8 7 4 , また,「インストラクターのレベル」の相関係数は0 . 9 4 9 で強い相関が認められた.「インストラクターの指導」と「インストラクターのレベル」でも相関係数が0 . 8 9 8 で有意な相関が認められた. さらに,「インストラクターのレベル」と「実習帳」の相関係数が0 . 7 7 0で有意な相関が認められた. インストラクターの教育レベルが上がると同時に, 学生に対するデモ, 指導の教育レベルも上げることができ, 学生の理解度が上がることにより, 実習帳を有効活用できたと考えられた.さらに, 研究期間中, 学生数が大きく変動したため, 学生数と各アンケート項目の不満足度得点の相関を検討したところ,「自分の座席の位置」の項目が相関係数0 . 9 1 5 で, 最も学生数と有意な相関が認められた. さらに,「実習帳」,「ビデオデモ」においても有意な相関が認められた.また,「デモ机の位置」,「模型」,「OSCE実習」においては統計学的に有意ではなかったが, 学生数が増えると不満足度得点が高くなる傾向がみられた.これらのことから,学生数が実習環境,実習内容に大きく影響していると考えられる.どのような形態の講義, 実習においても, 常に教育方法の妥当性の評価, 問題点の抽出を行うことは必須であり, その一つの手法として, 学生を対象としたアンケート調査は有用な方略であると考えられた.

2014

Subjects/Keywords: 模型実習; アンケート調査

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

海瀬, . . (2015). 松本歯科大学における歯周病学模型実習に対する学生評価の解析と今後への展望 : The analysis of the student evaluation and the prospects for the future of the model practice of periodontology in Matsumoto Dental University. (Thesis). Matsumoto Dental University / 松本歯科大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1070/00002406/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

海瀬, 聖仁. “松本歯科大学における歯周病学模型実習に対する学生評価の解析と今後への展望 : The analysis of the student evaluation and the prospects for the future of the model practice of periodontology in Matsumoto Dental University.” 2015. Thesis, Matsumoto Dental University / 松本歯科大学. Accessed September 25, 2017. http://id.nii.ac.jp/1070/00002406/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

海瀬, 聖仁. “松本歯科大学における歯周病学模型実習に対する学生評価の解析と今後への展望 : The analysis of the student evaluation and the prospects for the future of the model practice of periodontology in Matsumoto Dental University.” 2015. Web. 25 Sep 2017.

Vancouver:

海瀬 . 松本歯科大学における歯周病学模型実習に対する学生評価の解析と今後への展望 : The analysis of the student evaluation and the prospects for the future of the model practice of periodontology in Matsumoto Dental University. [Internet] [Thesis]. Matsumoto Dental University / 松本歯科大学; 2015. [cited 2017 Sep 25]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1070/00002406/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

海瀬 . 松本歯科大学における歯周病学模型実習に対する学生評価の解析と今後への展望 : The analysis of the student evaluation and the prospects for the future of the model practice of periodontology in Matsumoto Dental University. [Thesis]. Matsumoto Dental University / 松本歯科大学; 2015. Available from: http://id.nii.ac.jp/1070/00002406/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

25. 千原, 隆弘. 培養骨の骨形成過程におけるステロイド系抗炎症薬の影響 : Effects of anti-inflammatory steroid on the osteogenic process of tissue-engineered bone.

Degree: 博士(歯学), 2015, Matsumoto Dental University / 松本歯科大学

【目的】歯科領域においては, 自家骨移植や人工骨による骨再生が行われてきたが, 近年細胞を用いた骨再生治療の実用化が期待されている. これまでの臨床研究から, 骨再生治療の安全性や有効性が示されてきたが, その一方で骨再生のメカニズムには不明な点も多い. 近年, 移植部位における炎症が骨再生を阻害する可能性が報告されている. 実際の細胞による骨再生治療の効果を最大化するためには, 局所の炎症が骨再生に与える影響の詳細を理解する必要がある. そこで, 本研究では免疫正常マウスを用いた骨形成モデルを確立した. さらに, 同マウスモデルに対して抗炎症作用を持つステロイド系抗炎症薬を投与し, その影響についても検討を行った.【材料と方法】マウスの骨髄由来間葉系幹細胞は安定した培養が困難であることから, われわれは皮質骨由来の細胞に着目した. BALB/cAJc1 の大腿骨および脛骨の皮質骨より細胞を採取し, 接着性細胞の培養を行った. この細胞をデキサメタゾン, β グリセロリン酸,アスコルビン酸およびBMP-2 を含む分化誘導培地で培養後, アルカリフォスファターゼ(ALP)活性を測定し, 骨分化を確認した.… (more)

Subjects/Keywords: 培養骨; 骨形成; ステロイド系抗炎症薬

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

千原, . . (2015). 培養骨の骨形成過程におけるステロイド系抗炎症薬の影響 : Effects of anti-inflammatory steroid on the osteogenic process of tissue-engineered bone. (Thesis). Matsumoto Dental University / 松本歯科大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1070/00002407/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

千原, 隆弘. “培養骨の骨形成過程におけるステロイド系抗炎症薬の影響 : Effects of anti-inflammatory steroid on the osteogenic process of tissue-engineered bone.” 2015. Thesis, Matsumoto Dental University / 松本歯科大学. Accessed September 25, 2017. http://id.nii.ac.jp/1070/00002407/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

千原, 隆弘. “培養骨の骨形成過程におけるステロイド系抗炎症薬の影響 : Effects of anti-inflammatory steroid on the osteogenic process of tissue-engineered bone.” 2015. Web. 25 Sep 2017.

Vancouver:

千原 . 培養骨の骨形成過程におけるステロイド系抗炎症薬の影響 : Effects of anti-inflammatory steroid on the osteogenic process of tissue-engineered bone. [Internet] [Thesis]. Matsumoto Dental University / 松本歯科大学; 2015. [cited 2017 Sep 25]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1070/00002407/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

千原 . 培養骨の骨形成過程におけるステロイド系抗炎症薬の影響 : Effects of anti-inflammatory steroid on the osteogenic process of tissue-engineered bone. [Thesis]. Matsumoto Dental University / 松本歯科大学; 2015. Available from: http://id.nii.ac.jp/1070/00002407/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

26. 徳田, 吉彦. ヒト歯髄細胞の分子生物学的解析 : Molecular biological analysis of Human Dental Pulp Cells.

Degree: 博士(歯学), 2015, Matsumoto Dental University / 松本歯科大学

歯髄組織は主として神経堤由来の外胚葉性間葉からなっている。また、歯髄組織は中胚葉性間葉細胞も存在する為、骨芽細胞、軟骨細胞及び筋細胞、筋芽細胞などへの多分化能も有している。このように、歯髄細胞は様々な細胞へ分化誘導を制御できる可能性を有し、かつ脱落乳歯や抜去智歯、歯科矯正治療における便宜抜去歯などから容易に採取可能であるため、再生医療の材料として有望な細胞である。マウスを用いた研究で、歯髄細胞は、骨芽細胞に較べ石灰化の指標であるアルカリホスファターゼ (ALP) 活性が著しく強く、また培養歯髄細胞をマウス筋膜下に移植し3 週後に摘出したin vivo 実験において、マウス歯髄細胞移植部位に硬組織様構造物が形成された報告がある。そこで今回、ヒト歯髄細胞を用いた自家移植による再生医療の実現を最終目標とし、(1) ヒト歯髄細胞の特異形質を決定する遺伝子の同定、(2)ヒト歯髄細胞の石灰化能の検討、(3)ヒト歯髄細胞移植による硬組織再生能の検討を行った。歯髄細胞が有する特異形質の同定を目的として、まず矯正治療中の便宜抜去歯からヒト歯髄細胞を抽出した。その後、ヒト歯髄細胞及びヒト骨髄由来間葉細胞からmRNA を抽出し、マイクロアレイ解析を行った。総括的遺伝子発現パターンの比較では、ヒト歯髄細胞とヒト骨髄由来間葉細胞は高い相関を示し、遺伝子発現の多くは相似していることが示された。マイクロアレイ解析において、ヒト歯髄細胞とヒト骨髄間葉細胞間で、石灰化調節因子群の中で特に顕著な差が認められたものとして、石灰化促進因子としてALP と骨誘導因子 (Bone Morphogenetic Protein 2, BMP2) 、石灰化抑制因子としてピロリン酸合成酵素 (ENPP-1) とマトリックスグラタンパク (MGP) を認めた。ヒト歯髄細胞はヒト骨髄間葉細胞に較べALP ではSample1 は1.95 倍でSample5 は3.92 倍、BMP2ではSample1 は2.63… (more)

Subjects/Keywords: ヒト歯髄細胞; マイクロアレイ解析

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

徳田, . . (2015). ヒト歯髄細胞の分子生物学的解析 : Molecular biological analysis of Human Dental Pulp Cells. (Thesis). Matsumoto Dental University / 松本歯科大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1070/00002408/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

徳田, 吉彦. “ヒト歯髄細胞の分子生物学的解析 : Molecular biological analysis of Human Dental Pulp Cells.” 2015. Thesis, Matsumoto Dental University / 松本歯科大学. Accessed September 25, 2017. http://id.nii.ac.jp/1070/00002408/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

徳田, 吉彦. “ヒト歯髄細胞の分子生物学的解析 : Molecular biological analysis of Human Dental Pulp Cells.” 2015. Web. 25 Sep 2017.

Vancouver:

徳田 . ヒト歯髄細胞の分子生物学的解析 : Molecular biological analysis of Human Dental Pulp Cells. [Internet] [Thesis]. Matsumoto Dental University / 松本歯科大学; 2015. [cited 2017 Sep 25]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1070/00002408/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

徳田 . ヒト歯髄細胞の分子生物学的解析 : Molecular biological analysis of Human Dental Pulp Cells. [Thesis]. Matsumoto Dental University / 松本歯科大学; 2015. Available from: http://id.nii.ac.jp/1070/00002408/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

27. 村上, 剛一. 歯科矯正用アンカー スクリュー即時荷重に対する骨基質の組織化学的反応 : Histochemical reactions of bone matrix to immediately loaded orthodontic anchor screw.

Degree: 博士(歯学), 2015, Matsumoto Dental University / 松本歯科大学

【目的】歯科矯正用アンカースクリュー(以下アンカースクリュ)の使用中の脱落原因の1つとして,アンカースクリュー周囲骨基質のマイクロラックによるアンカースクリュの緩みが疑われる.しかながら, 骨基質のマイクロラック発生から修復に至る過程の病理組織学的な報告は少ない.さらにアンカースクリューへの力学的荷重が,骨基質へ与える影響についても不明である.本研究は,アンカースクリューの即時荷重が,マイクロラックを含む骨質に与える影響を,ラット脛骨を用いた実験モデルで組織化学的に観察しに観察し,アンカースクリュー脱落原因について検討した.【試料および方法】Wistar系雄性ラットの脛骨内側平面部に直径1.0mm ,長さ3.0mmのチタン合金ミニスクリューをPre-drilling法にて約10 mm 間隔で2埋入し,同時に矯正用エラスティックゴムを用いて100gfの荷重でそれぞれのミニスクリュー同士を牽引した.ラットの右側後肢を荷重実験群,左側後肢を非荷重対照群とした.非荷重対照群はミニスクリューを1本のみ埋入し,エラスティックゴムでの牽引は行わなかった.術後1,3,7日目にそれぞれ屠殺固定 し,脱灰パラフィン包埋薄切標本および樹脂包埋研磨標本を作製した.パラフ パラフィン包埋薄切標本は,H-E染色と塩基性アルデヒドフクシン染色行い病理組織学的に検討した.塩基性アルデヒドフクシン染色画像をミニスクリュー周囲骨の荷重領域と非荷重領域に分けて,それぞの染色面積を定量化した.樹脂包埋研磨標本は光顕観察した .【結果および考察】H-E染色では対照群のミニスクリュー埋入骨組織に軽度の構造破綻や変形を認めた.実験群のミニスクリュー埋入部骨組織では,経時的に構造の破綻や変形が著明になっていたが,骨基質自体には対照群,実験群共に,明らかな性状の差異を認めなかった.一方,塩基性アルデヒドフクシン染色では対照群に比べ実験群の1,3,7日目いずれの標本においても,荷重領域骨基質を中心に広範で強い染色部位認めた.また,研磨標本では対照群の窩洞壁面からごく狭い範囲の皮質骨に挫滅像やマイクロラックが認めれた.以上の結果から荷重を受けたアンカースクリュー周囲の骨組織は化学的な変化をきたし, その結果,マイクロラックの修復不良が,アンカースクリューの脱落原因となる可能性が示唆された.【結論】ア ンカースクリュ埋入後の即時荷重は,アンカースクリュ埋入によって生じたアンカースクリュー周囲骨基質のマイロラックや挫滅損傷部に対して局所的な組織化学変をもたらし,アンカースクリューの脱落原因となる可能性が示唆された.

2014

Subjects/Keywords: 歯科矯正用アンカー; 即時荷重; 骨基質; 組織化学的反応

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

村上, . . (2015). 歯科矯正用アンカー スクリュー即時荷重に対する骨基質の組織化学的反応 : Histochemical reactions of bone matrix to immediately loaded orthodontic anchor screw. (Thesis). Matsumoto Dental University / 松本歯科大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1070/00002409/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

村上, 剛一. “歯科矯正用アンカー スクリュー即時荷重に対する骨基質の組織化学的反応 : Histochemical reactions of bone matrix to immediately loaded orthodontic anchor screw.” 2015. Thesis, Matsumoto Dental University / 松本歯科大学. Accessed September 25, 2017. http://id.nii.ac.jp/1070/00002409/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

村上, 剛一. “歯科矯正用アンカー スクリュー即時荷重に対する骨基質の組織化学的反応 : Histochemical reactions of bone matrix to immediately loaded orthodontic anchor screw.” 2015. Web. 25 Sep 2017.

Vancouver:

村上 . 歯科矯正用アンカー スクリュー即時荷重に対する骨基質の組織化学的反応 : Histochemical reactions of bone matrix to immediately loaded orthodontic anchor screw. [Internet] [Thesis]. Matsumoto Dental University / 松本歯科大学; 2015. [cited 2017 Sep 25]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1070/00002409/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

村上 . 歯科矯正用アンカー スクリュー即時荷重に対する骨基質の組織化学的反応 : Histochemical reactions of bone matrix to immediately loaded orthodontic anchor screw. [Thesis]. Matsumoto Dental University / 松本歯科大学; 2015. Available from: http://id.nii.ac.jp/1070/00002409/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

28. Zhang, Yiming. Comparing immunocompetent and immunodeficient mice as animal models for bone tissue engineering : 骨再生研究モデルとしての免疫正常および免疫不全動物の比較について.

Degree: 博士(歯学), 2015, Matsumoto Dental University / 松本歯科大学

Objectives To understand the differences and similarities between immunocompetent and immunodeficient mice as ectopic transplantation animal models for bone tissue engineering. Materials and Methods Osteogenic… (more)

Subjects/Keywords: bone tissue engineering; animal models; ectopic transplantation; immunological reaction; nude mouse

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Zhang, . Y. (2015). Comparing immunocompetent and immunodeficient mice as animal models for bone tissue engineering : 骨再生研究モデルとしての免疫正常および免疫不全動物の比較について. (Thesis). Matsumoto Dental University / 松本歯科大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1070/00002430/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Zhang, Yiming. “Comparing immunocompetent and immunodeficient mice as animal models for bone tissue engineering : 骨再生研究モデルとしての免疫正常および免疫不全動物の比較について.” 2015. Thesis, Matsumoto Dental University / 松本歯科大学. Accessed September 25, 2017. http://id.nii.ac.jp/1070/00002430/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Zhang, Yiming. “Comparing immunocompetent and immunodeficient mice as animal models for bone tissue engineering : 骨再生研究モデルとしての免疫正常および免疫不全動物の比較について.” 2015. Web. 25 Sep 2017.

Vancouver:

Zhang Y. Comparing immunocompetent and immunodeficient mice as animal models for bone tissue engineering : 骨再生研究モデルとしての免疫正常および免疫不全動物の比較について. [Internet] [Thesis]. Matsumoto Dental University / 松本歯科大学; 2015. [cited 2017 Sep 25]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1070/00002430/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Zhang Y. Comparing immunocompetent and immunodeficient mice as animal models for bone tissue engineering : 骨再生研究モデルとしての免疫正常および免疫不全動物の比較について. [Thesis]. Matsumoto Dental University / 松本歯科大学; 2015. Available from: http://id.nii.ac.jp/1070/00002430/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

29. Thirukonda, Gnanasagar Janardhanan. The dynamin inhibitor dynasore inhibits bone resorption by rapidly disrupting actin rings of osteoclasts : ダイナミン阻害剤ダイナソアは破骨細胞のアクチンリングを速やかに破壊することで骨吸収を抑制する.

Degree: 博士(歯学), 2015, Matsumoto Dental University / 松本歯科大学

The cytoskeletal organization of osteoclasts is required for bone resorption. Binding of dynamin with guanosine triphosphate (GTP) was previously suggested to be required for the… (more)

Subjects/Keywords: Osteoclast; Actin ring; Bone resorption; Dynamin; Dynasore

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Thirukonda, . G. J. (2015). The dynamin inhibitor dynasore inhibits bone resorption by rapidly disrupting actin rings of osteoclasts : ダイナミン阻害剤ダイナソアは破骨細胞のアクチンリングを速やかに破壊することで骨吸収を抑制する. (Thesis). Matsumoto Dental University / 松本歯科大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1070/00002431/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Thirukonda, Gnanasagar Janardhanan. “The dynamin inhibitor dynasore inhibits bone resorption by rapidly disrupting actin rings of osteoclasts : ダイナミン阻害剤ダイナソアは破骨細胞のアクチンリングを速やかに破壊することで骨吸収を抑制する.” 2015. Thesis, Matsumoto Dental University / 松本歯科大学. Accessed September 25, 2017. http://id.nii.ac.jp/1070/00002431/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Thirukonda, Gnanasagar Janardhanan. “The dynamin inhibitor dynasore inhibits bone resorption by rapidly disrupting actin rings of osteoclasts : ダイナミン阻害剤ダイナソアは破骨細胞のアクチンリングを速やかに破壊することで骨吸収を抑制する.” 2015. Web. 25 Sep 2017.

Vancouver:

Thirukonda GJ. The dynamin inhibitor dynasore inhibits bone resorption by rapidly disrupting actin rings of osteoclasts : ダイナミン阻害剤ダイナソアは破骨細胞のアクチンリングを速やかに破壊することで骨吸収を抑制する. [Internet] [Thesis]. Matsumoto Dental University / 松本歯科大学; 2015. [cited 2017 Sep 25]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1070/00002431/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Thirukonda GJ. The dynamin inhibitor dynasore inhibits bone resorption by rapidly disrupting actin rings of osteoclasts : ダイナミン阻害剤ダイナソアは破骨細胞のアクチンリングを速やかに破壊することで骨吸収を抑制する. [Thesis]. Matsumoto Dental University / 松本歯科大学; 2015. Available from: http://id.nii.ac.jp/1070/00002431/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

30. Takaya, Tatsuo; Hiroaki, Mimura; Matsuda, Saeka; Nakano, Keisuke; Tsujigiwa, Hidetsugu; Tomida, Mihoko; Okafuji, Norimasa; Fujii, Takeo; Kawakami, Toshiyuki. Cytological Kinetics of Periodontal Ligament in an Experimental Occlusal Trauma Model : 実験的咬合性外傷による歯根膜の細胞動態.

Degree: 博士(歯学), 2016, Matsumoto Dental University / 松本歯科大学

Using a model of experimental occlusal trauma in mice, we investigated cytological kinetics of periodontal ligament by means of histopathological, immunohistochemical, and photographical analysis methods.… (more)

Subjects/Keywords: Occlusal trauma; Periodontal tissue; Green fluorescent protein(GFP); Ki67; Mouse

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Takaya, Tatsuo; Hiroaki, Mimura; Matsuda, Saeka; Nakano, Keisuke; Tsujigiwa, Hidetsugu; Tomida, Mihoko; Okafuji, Norimasa; Fujii, Takeo; Kawakami, T. (2016). Cytological Kinetics of Periodontal Ligament in an Experimental Occlusal Trauma Model : 実験的咬合性外傷による歯根膜の細胞動態. (Thesis). Matsumoto Dental University / 松本歯科大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1070/00002495/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Takaya, Tatsuo; Hiroaki, Mimura; Matsuda, Saeka; Nakano, Keisuke; Tsujigiwa, Hidetsugu; Tomida, Mihoko; Okafuji, Norimasa; Fujii, Takeo; Kawakami, Toshiyuki. “Cytological Kinetics of Periodontal Ligament in an Experimental Occlusal Trauma Model : 実験的咬合性外傷による歯根膜の細胞動態.” 2016. Thesis, Matsumoto Dental University / 松本歯科大学. Accessed September 25, 2017. http://id.nii.ac.jp/1070/00002495/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Takaya, Tatsuo; Hiroaki, Mimura; Matsuda, Saeka; Nakano, Keisuke; Tsujigiwa, Hidetsugu; Tomida, Mihoko; Okafuji, Norimasa; Fujii, Takeo; Kawakami, Toshiyuki. “Cytological Kinetics of Periodontal Ligament in an Experimental Occlusal Trauma Model : 実験的咬合性外傷による歯根膜の細胞動態.” 2016. Web. 25 Sep 2017.

Vancouver:

Takaya, Tatsuo; Hiroaki, Mimura; Matsuda, Saeka; Nakano, Keisuke; Tsujigiwa, Hidetsugu; Tomida, Mihoko; Okafuji, Norimasa; Fujii, Takeo; Kawakami T. Cytological Kinetics of Periodontal Ligament in an Experimental Occlusal Trauma Model : 実験的咬合性外傷による歯根膜の細胞動態. [Internet] [Thesis]. Matsumoto Dental University / 松本歯科大学; 2016. [cited 2017 Sep 25]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1070/00002495/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Takaya, Tatsuo; Hiroaki, Mimura; Matsuda, Saeka; Nakano, Keisuke; Tsujigiwa, Hidetsugu; Tomida, Mihoko; Okafuji, Norimasa; Fujii, Takeo; Kawakami T. Cytological Kinetics of Periodontal Ligament in an Experimental Occlusal Trauma Model : 実験的咬合性外傷による歯根膜の細胞動態. [Thesis]. Matsumoto Dental University / 松本歯科大学; 2016. Available from: http://id.nii.ac.jp/1070/00002495/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

[1] [2] [3]

.