Advanced search options

Advanced Search Options 🞨

Browse by author name (“Author name starts with…”).

Find ETDs with:

in
/  
in
/  
in
/  
in

Written in Published in Earliest date Latest date

Sorted by

Results per page:

Sorted by: relevance · author · university · dateNew search

You searched for publisher:"Kyushu University". Showing records 1 – 30 of 3698 total matches.

[1] [2] [3] [4] [5] … [124]

Search Limiters

Last 2 Years | English Only

Languages

▼ Search Limiters

1. Adnan, Mohd Shalahuddin. Development and evaluation of indices to assess the ecological health of the Pahang River, Malaysia.

Degree: PhD, Graduate School of Engineering, 2011, Kyushu University

 Water is the essential need for life and all living things need water for living. Recently, the demand for clean and portable water has increased… (more)

Subjects/Keywords: TD785-812 Municipal refuse. Solid wastes

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Adnan, M. S. (2011). Development and evaluation of indices to assess the ecological health of the Pahang River, Malaysia. (Doctoral Dissertation). Kyushu University. Retrieved from http://eprints.uthm.edu.my/3963/

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Adnan, Mohd Shalahuddin. “Development and evaluation of indices to assess the ecological health of the Pahang River, Malaysia.” 2011. Doctoral Dissertation, Kyushu University. Accessed November 20, 2017. http://eprints.uthm.edu.my/3963/.

MLA Handbook (7th Edition):

Adnan, Mohd Shalahuddin. “Development and evaluation of indices to assess the ecological health of the Pahang River, Malaysia.” 2011. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

Adnan MS. Development and evaluation of indices to assess the ecological health of the Pahang River, Malaysia. [Internet] [Doctoral dissertation]. Kyushu University; 2011. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://eprints.uthm.edu.my/3963/.

Council of Science Editors:

Adnan MS. Development and evaluation of indices to assess the ecological health of the Pahang River, Malaysia. [Doctoral Dissertation]. Kyushu University; 2011. Available from: http://eprints.uthm.edu.my/3963/

2. Md Noor, Nurazuwa. Physical performance and durability evaluation of rubberized concrete .

Degree: PhD, Department of Civil and Structural Engineering Graduate School of Engineering, 2014, Kyushu University

 The main objective of this research is to develop rubberized concrete with achievable structural strength using simple mix design. Simple mix design is a description… (more)

Subjects/Keywords: TA630-695 Structural engineering (General)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Md Noor, N. (2014). Physical performance and durability evaluation of rubberized concrete . (Doctoral Dissertation). Kyushu University. Retrieved from http://eprints.uthm.edu.my/7821/

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Md Noor, Nurazuwa. “Physical performance and durability evaluation of rubberized concrete .” 2014. Doctoral Dissertation, Kyushu University. Accessed November 20, 2017. http://eprints.uthm.edu.my/7821/.

MLA Handbook (7th Edition):

Md Noor, Nurazuwa. “Physical performance and durability evaluation of rubberized concrete .” 2014. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

Md Noor N. Physical performance and durability evaluation of rubberized concrete . [Internet] [Doctoral dissertation]. Kyushu University; 2014. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://eprints.uthm.edu.my/7821/.

Council of Science Editors:

Md Noor N. Physical performance and durability evaluation of rubberized concrete . [Doctoral Dissertation]. Kyushu University; 2014. Available from: http://eprints.uthm.edu.my/7821/

3. Mazlan, Muhammad Hazli. Biomechanical analysis of osteoporotic spines with diseases using CT-based finite element method.

Degree: PhD, School of Medicine, 2016, Kyushu University, Japan

 The eventuality of recurrent fractures on the adjacent level of fractured vertebra is becoming prevalent in this era. To date, the underlying cause of this… (more)

Subjects/Keywords: RC Internal medicine

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Mazlan, M. H. (2016). Biomechanical analysis of osteoporotic spines with diseases using CT-based finite element method. (Doctoral Dissertation). Kyushu University, Japan. Retrieved from http://eprints.uthm.edu.my/9120/

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Mazlan, Muhammad Hazli. “Biomechanical analysis of osteoporotic spines with diseases using CT-based finite element method.” 2016. Doctoral Dissertation, Kyushu University, Japan. Accessed November 20, 2017. http://eprints.uthm.edu.my/9120/.

MLA Handbook (7th Edition):

Mazlan, Muhammad Hazli. “Biomechanical analysis of osteoporotic spines with diseases using CT-based finite element method.” 2016. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

Mazlan MH. Biomechanical analysis of osteoporotic spines with diseases using CT-based finite element method. [Internet] [Doctoral dissertation]. Kyushu University, Japan; 2016. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://eprints.uthm.edu.my/9120/.

Council of Science Editors:

Mazlan MH. Biomechanical analysis of osteoporotic spines with diseases using CT-based finite element method. [Doctoral Dissertation]. Kyushu University, Japan; 2016. Available from: http://eprints.uthm.edu.my/9120/

4. Othman, Nurmiza. Magnetic nanoparticle imaging for biomedical applications .

Degree: PhD, Department of Electrical and Electronic Engineering, 2014, Kyushu University

Subjects/Keywords: QC Physics

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Othman, N. (2014). Magnetic nanoparticle imaging for biomedical applications . (Doctoral Dissertation). Kyushu University. Retrieved from http://eprints.uthm.edu.my/7900/

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Othman, Nurmiza. “Magnetic nanoparticle imaging for biomedical applications .” 2014. Doctoral Dissertation, Kyushu University. Accessed November 20, 2017. http://eprints.uthm.edu.my/7900/.

MLA Handbook (7th Edition):

Othman, Nurmiza. “Magnetic nanoparticle imaging for biomedical applications .” 2014. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

Othman N. Magnetic nanoparticle imaging for biomedical applications . [Internet] [Doctoral dissertation]. Kyushu University; 2014. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://eprints.uthm.edu.my/7900/.

Council of Science Editors:

Othman N. Magnetic nanoparticle imaging for biomedical applications . [Doctoral Dissertation]. Kyushu University; 2014. Available from: http://eprints.uthm.edu.my/7900/

5. 森本, 有紀. 布染色系ノンフォトリアリスティックレンダリングに関する研究 : A Study on Non-Photorealistic Rendering Technique for Visualization of Dyeing Cloth; ヌノセンショクケイ ノンフォトリアリスティック レンダリング ニ カンスル ケンキュウ.

Degree: 博士(芸術工学), 2013, Kyushu University / 九州大学

コンピュータグラフィックス(Computer Graphics: CG)の研究分野ではこれまでに写実的な表現ばかりでなく、非写実的な表現(Non-Photorealistic Rendering: NPR)も様々な目的に応じて研究されている。このNPRでは水墨画や水彩画、油絵などの絵画調表現が行われている。染め物を題材とした研究としては2004年にろうけつ染めの表現手法が提案されているのみである。本研究は、NPRにおいて画材としての布染色モデルを確立することを目的としている。 布への染料拡散の視覚的特長としては糸毎に現れるすじや場所は隣り合っていても色の濃淡がまだらに現れているものなどがあげられる。これらは糸内での拡散が糸の材質や縒り方、繊維の方向などによって影響を受けるために起こると考えられる。このように様々な物理的要因によって染色の視覚的特長が引き起こされている。本研究では実際の染色過程、染色技法、布の織構造などの機能を、appearanceベース、physicsベース、そして染色理論ベースの三つの異なるモデルとして提案する。appearanceベースのモデルでは、布繊維内での染料量をセルオートマトンによって時間軸に沿って平均化していくことによって拡散のシミュレーションをしている。このモデルはシンプルであるため、比較的処理が高速にできるという特徴がある。physicsベースのモデルでは織布中での染料の拡散をFickの法則に基づき表現している。更にphysicsベースによるモデルを染色理論に基づきパラメータ化したモデルでは、織構造や染料の種類などが染料の拡散に影響を与えるモデルへと発展している。このモデルでは布内のパラメータとして繊維の空隙率を表した多孔度や繊維のねじれを表す屈曲度などを用いており、このようなパラメータを操作することによって染色の視覚的特徴を表現することができる。他に、染色表現に重要な因子として、布の織り構造、布の一部に糊や蝋を置いたり糸で縛ったりすることによって染料の拡散を防ぐことで模様を表現する防染技法、染料の布への吸着などの要素をモデル化する方法を提案している。実験結果によると本研究で提案する染料拡散手法が模様を生成するための染色技法を柔軟に考慮できることができることがわかる。 Advisors/Committee Members: 源田, 悦夫, 藤村, 直美, 富松, 潔, 鶴野, 玲治.

Subjects/Keywords: 染色; Dyeing Cloth; ノンフォトリアリスティックレンダリング; Non-Photorealistic Rendering

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

森本, . (2013). 布染色系ノンフォトリアリスティックレンダリングに関する研究 : A Study on Non-Photorealistic Rendering Technique for Visualization of Dyeing Cloth; ヌノセンショクケイ ノンフォトリアリスティック レンダリング ニ カンスル ケンキュウ. (Thesis). Kyushu University / 九州大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2324/10322 ; http://dx.doi.org/10.15017/10322

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

森本, 有紀. “布染色系ノンフォトリアリスティックレンダリングに関する研究 : A Study on Non-Photorealistic Rendering Technique for Visualization of Dyeing Cloth; ヌノセンショクケイ ノンフォトリアリスティック レンダリング ニ カンスル ケンキュウ.” 2013. Thesis, Kyushu University / 九州大学. Accessed November 20, 2017. http://hdl.handle.net/2324/10322 ; http://dx.doi.org/10.15017/10322.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

森本, 有紀. “布染色系ノンフォトリアリスティックレンダリングに関する研究 : A Study on Non-Photorealistic Rendering Technique for Visualization of Dyeing Cloth; ヌノセンショクケイ ノンフォトリアリスティック レンダリング ニ カンスル ケンキュウ.” 2013. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

森本 . 布染色系ノンフォトリアリスティックレンダリングに関する研究 : A Study on Non-Photorealistic Rendering Technique for Visualization of Dyeing Cloth; ヌノセンショクケイ ノンフォトリアリスティック レンダリング ニ カンスル ケンキュウ. [Internet] [Thesis]. Kyushu University / 九州大学; 2013. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2324/10322 ; http://dx.doi.org/10.15017/10322.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

森本 . 布染色系ノンフォトリアリスティックレンダリングに関する研究 : A Study on Non-Photorealistic Rendering Technique for Visualization of Dyeing Cloth; ヌノセンショクケイ ノンフォトリアリスティック レンダリング ニ カンスル ケンキュウ. [Thesis]. Kyushu University / 九州大学; 2013. Available from: http://hdl.handle.net/2324/10322 ; http://dx.doi.org/10.15017/10322

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

6. Abe, Daijiro. Ergonomics of human land locomotion with load carriage : 重量負荷を用いたヒトの陸上移動運動に関する人間工学的研究; ジュウリョウ フカ オ モチイタ ヒト ノ リクジョウ イドウ ウンドウ ニ カンスル ニンゲン コウガクテキ ケンキュウ.

Degree: 博士(芸術工学), 2013, Kyushu University / 九州大学

重量物を運搬歩行するときのエネルギーコスト(Cw; ml/kg/meter)を単位距離当たりで評価した場合、エネルギーコストは必ずしも運搬物の重量に比例して増大するわけではなく、体重の約10-20%程度の重量が代謝に反映されない場合があり、これまでそのような現象はfree-rideと呼ばれてきた。本研究の前半部では、free-rideの発生メカニズム解明のために、負荷重量、付加部位、歩行速度、傾斜の影響について検討した。また、ランニングでもfree-rideが観察できるかどうかについては諸説ある。ランニングでは重量物を身体に付加することによって、下肢筋群の筋・腱複合体が適度に引き伸ばされ、「弾性エネルギー」と呼ばれるバネ作用の恩恵を受けることが出来る。つまり重量物を身体に付けてランニングすると、弾性エネルギーをより多く利用できるため、無負荷の場合に比べて走行中のエネルギーコストが低下し、結果的にfree-rideが発生するという説と、重量物による下肢筋群への過剰負担のために、free-rideは発生しないとする説が対立していた。そこで本研究の後半部では、筋電図法を用いてランニング中の弾性エネルギー利用度を測定する方法を確立すると共に、ランニングにおけるfree-rideの有無とメカニズムについて検討した。本研究で得られた主な結果は、1) free-rideは背中に重量物を配置し、低速度で歩行した場合に観察された。2) 歩行において最もfree-ride効果が高いのは、体重の15%に相当する重量物を背中に配置した場合であった。3) 背中の上部と下部に体重の15%相当の重量物を配置した場合、60-80 m/minで後背上部に配置した方が下部に配置した場合に比べて有意にCw値が低かった。4) ランニングでもfree-rideを観察することができた。5)弾性エネルギーの再利用がエネルギーコストと有意な負相関を示した。これらの結果から、歩行におけるfree-rideは、身体重心と付加重量物の相対的位置関係に起因する「身体重心周りの回転トルク」によって発生するが、同時に重量負荷による下肢への過剰負担によってその効果は漸減し、およそ80m/min付近で消滅すると結論した。また、本研究では平地および下り坂ランニングにおいてfree-rideが観察できることを確認した。このメカニズムは重心周りの回転トルクではなく、弾性エネルギーの再利用に起因することが示唆された。

Subjects/Keywords: 人間工学; ergonomics

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Abe, D. (2013). Ergonomics of human land locomotion with load carriage : 重量負荷を用いたヒトの陸上移動運動に関する人間工学的研究; ジュウリョウ フカ オ モチイタ ヒト ノ リクジョウ イドウ ウンドウ ニ カンスル ニンゲン コウガクテキ ケンキュウ. (Thesis). Kyushu University / 九州大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2324/10323 ; http://dx.doi.org/10.15017/10323

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Abe, Daijiro. “Ergonomics of human land locomotion with load carriage : 重量負荷を用いたヒトの陸上移動運動に関する人間工学的研究; ジュウリョウ フカ オ モチイタ ヒト ノ リクジョウ イドウ ウンドウ ニ カンスル ニンゲン コウガクテキ ケンキュウ.” 2013. Thesis, Kyushu University / 九州大学. Accessed November 20, 2017. http://hdl.handle.net/2324/10323 ; http://dx.doi.org/10.15017/10323.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Abe, Daijiro. “Ergonomics of human land locomotion with load carriage : 重量負荷を用いたヒトの陸上移動運動に関する人間工学的研究; ジュウリョウ フカ オ モチイタ ヒト ノ リクジョウ イドウ ウンドウ ニ カンスル ニンゲン コウガクテキ ケンキュウ.” 2013. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

Abe D. Ergonomics of human land locomotion with load carriage : 重量負荷を用いたヒトの陸上移動運動に関する人間工学的研究; ジュウリョウ フカ オ モチイタ ヒト ノ リクジョウ イドウ ウンドウ ニ カンスル ニンゲン コウガクテキ ケンキュウ. [Internet] [Thesis]. Kyushu University / 九州大学; 2013. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2324/10323 ; http://dx.doi.org/10.15017/10323.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Abe D. Ergonomics of human land locomotion with load carriage : 重量負荷を用いたヒトの陸上移動運動に関する人間工学的研究; ジュウリョウ フカ オ モチイタ ヒト ノ リクジョウ イドウ ウンドウ ニ カンスル ニンゲン コウガクテキ ケンキュウ. [Thesis]. Kyushu University / 九州大学; 2013. Available from: http://hdl.handle.net/2324/10323 ; http://dx.doi.org/10.15017/10323

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

7. 井上, 貢一. 映像編集におけるショット間の継時的群化の要因 : The Factor of Grouping Shots in Time Series about Movie Editing; エイゾウ ヘンシュウ ニ オケル ショット カン ノ ケイジテキ グンカ ノ ヨウイン.

Degree: 博士(芸術工学), 2013, Kyushu University / 九州大学

本論文は、映像情報のデザインという観点から、ショット(映像断片)の「つながり」、すなわち「継時的群化」について、その要因を整理するとともに、主要な要因に関する実験的な検証を行ったものである。 その結果、解釈のレベルにおけるショット間の継時的群化に関する議論は、大きく以下の3点に集約された。1)情報量を小さくするようなショットの構成が認知的負荷を下げ、ショット間の「つながり」に貢献すること。2)「他動詞」の喚起を伴う「アクションとリアクション」の接続がショット間の関係理解(情報処理)を効率化すること。3)映像上に現れる「人・顔(目)・手」といった素材が、「他動詞」を喚起する契機として重要であること。 先行ショットの文脈効果(プライミング)によって後続ショットの範列を制限し、エントロピーを下げること、そして、後続ショットを予測の範囲内に送りだすことで結果的に情報量を下げること。ショット間の継時的群化には、認知的負荷の少ない、より簡潔な解釈を可能にするショット間の構成が重要であることがわかった。 特に、「古典的ハリウッド」における編集の基本といわれる「アクションとリアクション」の構成は、因果印象という効率的な解釈を生起させる点で、ショット間の継時的群化に貢献する重要な要因のひとつであると考えられる。 「見る」、「撃つ」、「照らす」は 後続ショットを目的語としてつながり、「開ける」、「出す」、「振る」などはその行為を契機として後続の出来事に結びつく。ショット間に強固なつながりの印象を与える「アクションとリアクション」の関係には、そのような「他動詞」の喚起が不可欠である。そして、そのためには、人間の顔(目)や手が生み出す「(意識の)動き」を映像化することが重要な要件となる。 そこに「人」がいて「(意識の)動き」がある。この最も日常的な現象の映像化が、「因果印象」という、やはり最も日常的な時空間の「つながり」に貢献する。 Advisors/Committee Members: 脇山, 真治.

Subjects/Keywords: 映像編集; 古典的ハリウッド; 継時的群化; 文脈効果; 因果知覚; 情報量

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

井上, . (2013). 映像編集におけるショット間の継時的群化の要因 : The Factor of Grouping Shots in Time Series about Movie Editing; エイゾウ ヘンシュウ ニ オケル ショット カン ノ ケイジテキ グンカ ノ ヨウイン. (Thesis). Kyushu University / 九州大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2324/10324 ; http://dx.doi.org/10.15017/10324

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

井上, 貢一. “映像編集におけるショット間の継時的群化の要因 : The Factor of Grouping Shots in Time Series about Movie Editing; エイゾウ ヘンシュウ ニ オケル ショット カン ノ ケイジテキ グンカ ノ ヨウイン.” 2013. Thesis, Kyushu University / 九州大学. Accessed November 20, 2017. http://hdl.handle.net/2324/10324 ; http://dx.doi.org/10.15017/10324.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

井上, 貢一. “映像編集におけるショット間の継時的群化の要因 : The Factor of Grouping Shots in Time Series about Movie Editing; エイゾウ ヘンシュウ ニ オケル ショット カン ノ ケイジテキ グンカ ノ ヨウイン.” 2013. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

井上 . 映像編集におけるショット間の継時的群化の要因 : The Factor of Grouping Shots in Time Series about Movie Editing; エイゾウ ヘンシュウ ニ オケル ショット カン ノ ケイジテキ グンカ ノ ヨウイン. [Internet] [Thesis]. Kyushu University / 九州大学; 2013. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2324/10324 ; http://dx.doi.org/10.15017/10324.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

井上 . 映像編集におけるショット間の継時的群化の要因 : The Factor of Grouping Shots in Time Series about Movie Editing; エイゾウ ヘンシュウ ニ オケル ショット カン ノ ケイジテキ グンカ ノ ヨウイン. [Thesis]. Kyushu University / 九州大学; 2013. Available from: http://hdl.handle.net/2324/10324 ; http://dx.doi.org/10.15017/10324

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

8. 平野, 聖. 我が国における家庭用電気扇風機のデザインの変遷に関する研究 : A Study on the Design Development of Electric Fan for Home Use in Japan; カテイ ヨウ デンキ センプウキ ノ デザイン ノ ヘンセン ニ カンスル ケンキュウ.

Degree: 博士(芸術工学), 2013, Kyushu University / 九州大学

明治時代,先進諸国から一般家庭用の電気扇風機を導入するに当って,我が国メーカーは卓上型を選択した。既に欧米では主流であった天井扇については,気候・風土や家屋の構造上の相違によって,当初より我が国一般家庭に定着する兆しはなかった。まず,輸入された卓上型を手本に開発を進めた大企業の存在があった。それとは別に,江戸時代以来の職人技をもって独自の開発を試みた町工場がかなりあった。手動扇風機を含めたこれらの製品が明らかにしている職人の技術力が,「モノ作り日本」の潜在的な能力を表している。大正時代及び昭和の戦前期には,扇風機が富裕層を中心に普及を遂げる。ただし,普及当初は扇風機の貸付制度を利用する市民が多かった。これが,扇風機をステイタスシンボルとして機能させることとなり,富裕層の所有欲をますます掻き立て,さらには庶民にとっては「文化生活」を代表するあこがれの製品としての地位を占めることとなり,やがて家電ブームの牽引力となる。大正時代半ばには扇風機の基本形,すなわち「黒色,四枚羽根,ガード付き,首振り機能付き」が完成している。それとともに,当時の我が国扇風機のデザイン開発における特徴は,ガードが独立化を果たしたことである。当初は危険防止の機能上必要とされたガードが,やがてモデルチェンジをアピールする役割を担うこととなる。形態上は,エトラ扇(幅広三枚羽根)の採用を例外として,扇風機の大きな変化は見られない。機能的には細かな改良を頻繁に行い,扇風機から自然に近い風を引き出すかに意を砕いている。戦後の1,950年代までは,扇風機が一般市民層にも幅広く普及した時代に相当する。戦前と大きく変化したのは,その色彩についてである。戦前までは,「黒色」以外存在しなかったと言っても過言ではなかった。それが,進駐軍のデペンデントハウス導入を機に,一転してカラフルなものに変わった。一方,この時代機能的には首の伸縮が追加され,応接間では床上にフロア扇として,茶の間では畳の上で卓上扇として使用する,一台二役の「お座敷扇」が登場する。扇風機用ガードを独立させてデザイン開発を行うことは,我が国特有の現象であるように見受けられる。戦後には極めて多数のガードが意匠登録出願され,各社の扇風機のデザインにおけるバリエーション展開の豊富さや,モデルチェンジの頻度についての示唆を与えるものとなっている。

During the Meiji era, the importation of electric fans from advanced nations was the major factor behind the rise in the popularity of fans… (more)

Subjects/Keywords: 製品デザイン史; Design History; 扇風機; Electric Fan; 技術開発; Development process

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

平野, . (2013). 我が国における家庭用電気扇風機のデザインの変遷に関する研究 : A Study on the Design Development of Electric Fan for Home Use in Japan; カテイ ヨウ デンキ センプウキ ノ デザイン ノ ヘンセン ニ カンスル ケンキュウ. (Thesis). Kyushu University / 九州大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2324/10325 ; http://dx.doi.org/10.15017/10325

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

平野, 聖. “我が国における家庭用電気扇風機のデザインの変遷に関する研究 : A Study on the Design Development of Electric Fan for Home Use in Japan; カテイ ヨウ デンキ センプウキ ノ デザイン ノ ヘンセン ニ カンスル ケンキュウ.” 2013. Thesis, Kyushu University / 九州大学. Accessed November 20, 2017. http://hdl.handle.net/2324/10325 ; http://dx.doi.org/10.15017/10325.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

平野, 聖. “我が国における家庭用電気扇風機のデザインの変遷に関する研究 : A Study on the Design Development of Electric Fan for Home Use in Japan; カテイ ヨウ デンキ センプウキ ノ デザイン ノ ヘンセン ニ カンスル ケンキュウ.” 2013. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

平野 . 我が国における家庭用電気扇風機のデザインの変遷に関する研究 : A Study on the Design Development of Electric Fan for Home Use in Japan; カテイ ヨウ デンキ センプウキ ノ デザイン ノ ヘンセン ニ カンスル ケンキュウ. [Internet] [Thesis]. Kyushu University / 九州大学; 2013. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2324/10325 ; http://dx.doi.org/10.15017/10325.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

平野 . 我が国における家庭用電気扇風機のデザインの変遷に関する研究 : A Study on the Design Development of Electric Fan for Home Use in Japan; カテイ ヨウ デンキ センプウキ ノ デザイン ノ ヘンセン ニ カンスル ケンキュウ. [Thesis]. Kyushu University / 九州大学; 2013. Available from: http://hdl.handle.net/2324/10325 ; http://dx.doi.org/10.15017/10325

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

9. 赤井, 仁志. 入浴における安全・衛生の確保と快適性の向上に関する研究 : 特にレジオネラ症について : A Study on the Securing of Safety and Sanitation in Bathing with Improved Comfort : With Particular Regard to Legionnaires' Disease; ニュウヨク ニ オケル アンゼン エイセイ ノ カクホ ト カイテキセイ ノ コウジョウ ニ カンスル ケンキュウ : トク ニ レジオネラ ショウ ニ ツイテ.

Degree: 博士(芸術工学), 2013, Kyushu University / 九州大学

対策を採っても後の絶つことのないレジオネラ症に対して、快適性の向上を目指して、人に対する安全と衛生の確保について多角的に研究した。第1章では、入浴施設での安全・衛生と快適性に関する経緯・動向と課題について述べた。入浴施設でのレジオネラ症集団発生前後の法令、条例と行政の指導を調査した。これらの課題について言及すると共に、今後の衛生行政の在り方を考えた。この他、海外の基準等にも触れた。第2章では、入浴施設の実態調査から見る課題について述べた。2004年度と05年度に実施した社会福祉施設の実態調査を踏まえて、課題と今後の在り方等について触れた。塩素濃度の保持時間の国の基準は、2000年だと「1日2時間」であったが、02年に「通常」と変更になった。この変更の裏付けとなった行政調査と報告も詳述した。第3章では、浴槽での消毒剤の濃度管理による安全性と快適性について述べた。レジオネラ症の防止には、塩素濃度の保持が不可欠である。有効に殺菌するためには、塩素濃度の中でも遊離塩素濃度を正確に測定できることが重要である。しかし飲料水の遊離塩素濃度測定の基準はあっても、有機物を多く含む浴槽水の測定方法は確立されていなかった。そこで浴槽水の遊離残留塩素濃度の測定には、SBT試薬の方が適していることの論証を行った。また温泉水の殺菌に有効な二酸化塩素の濃度測定方法についても検証した。この他、浴槽水での塩素濃度の時系列変化、浴槽内での塩素濃度の分布等の実態調査結果から、快適性をできるだけ損なうことなく安全と衛生を保持するための塩素濃度管理の課題等を述べた。第4章では、入浴等による消毒剤の消失と入浴による汚濁について述べた。消毒剤の消失の中で、ヒトの入浴や気泡浴・超音波浴、ろ過器通過時によるものの実験して、解析して定量化をはかった。また入浴による消毒剤の消失実験に併せて、浴槽水の汚濁も同時に測定した。入浴環境の快適性を向上させるための浴槽水の必要換水量などについても述べた。第5章では、温泉の消毒と快適性について述べた。温泉の泉質の違いによって、適応する消毒剤が異なることが認められた。泉質にあった消毒剤を選定することは、温泉泉質の変化も少ないために、本来、温泉水の持つ「癒し」にとっても大切である。実際に温泉水に消毒剤を添加して、消毒剤の残留率の実験やレジオネラ属菌の不活化の実験を行ったので、結果と考察を述べた。

In the previous research, the principal objective of research on Legionnaires' disease prevention in engineering field was the securing of safety and sanitation. This… (more)

Subjects/Keywords: レジオネラ症; Legionnaires' Disease; 入浴; Bathing; 快適性; Comfort; 法令; Laws; 遊離残留塩素濃度測定; Method to Measure the Concentration Level of Free Chlorine; 二酸化塩素濃度測定; Method to Measure the Concentration Level of Chlorine Dioxide; 浴槽水質; Bathwater Quality; 換水量; Exchange Water; 温泉水; Hot Spring Water

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

赤井, . (2013). 入浴における安全・衛生の確保と快適性の向上に関する研究 : 特にレジオネラ症について : A Study on the Securing of Safety and Sanitation in Bathing with Improved Comfort : With Particular Regard to Legionnaires' Disease; ニュウヨク ニ オケル アンゼン エイセイ ノ カクホ ト カイテキセイ ノ コウジョウ ニ カンスル ケンキュウ : トク ニ レジオネラ ショウ ニ ツイテ. (Thesis). Kyushu University / 九州大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2324/13531 ; http://dx.doi.org/10.15017/13531

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

赤井, 仁志. “入浴における安全・衛生の確保と快適性の向上に関する研究 : 特にレジオネラ症について : A Study on the Securing of Safety and Sanitation in Bathing with Improved Comfort : With Particular Regard to Legionnaires' Disease; ニュウヨク ニ オケル アンゼン エイセイ ノ カクホ ト カイテキセイ ノ コウジョウ ニ カンスル ケンキュウ : トク ニ レジオネラ ショウ ニ ツイテ.” 2013. Thesis, Kyushu University / 九州大学. Accessed November 20, 2017. http://hdl.handle.net/2324/13531 ; http://dx.doi.org/10.15017/13531.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

赤井, 仁志. “入浴における安全・衛生の確保と快適性の向上に関する研究 : 特にレジオネラ症について : A Study on the Securing of Safety and Sanitation in Bathing with Improved Comfort : With Particular Regard to Legionnaires' Disease; ニュウヨク ニ オケル アンゼン エイセイ ノ カクホ ト カイテキセイ ノ コウジョウ ニ カンスル ケンキュウ : トク ニ レジオネラ ショウ ニ ツイテ.” 2013. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

赤井 . 入浴における安全・衛生の確保と快適性の向上に関する研究 : 特にレジオネラ症について : A Study on the Securing of Safety and Sanitation in Bathing with Improved Comfort : With Particular Regard to Legionnaires' Disease; ニュウヨク ニ オケル アンゼン エイセイ ノ カクホ ト カイテキセイ ノ コウジョウ ニ カンスル ケンキュウ : トク ニ レジオネラ ショウ ニ ツイテ. [Internet] [Thesis]. Kyushu University / 九州大学; 2013. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2324/13531 ; http://dx.doi.org/10.15017/13531.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

赤井 . 入浴における安全・衛生の確保と快適性の向上に関する研究 : 特にレジオネラ症について : A Study on the Securing of Safety and Sanitation in Bathing with Improved Comfort : With Particular Regard to Legionnaires' Disease; ニュウヨク ニ オケル アンゼン エイセイ ノ カクホ ト カイテキセイ ノ コウジョウ ニ カンスル ケンキュウ : トク ニ レジオネラ ショウ ニ ツイテ. [Thesis]. Kyushu University / 九州大学; 2013. Available from: http://hdl.handle.net/2324/13531 ; http://dx.doi.org/10.15017/13531

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

10. Chin-Mei, Chou. Thermal strain and its alleviation in workers wearing firefighting protective clothing : 消防用防火服着用時の暑熱ストレスとその軽減法に関する研究; ショウボウ ヨウ ボウカ フク チャクヨウ ジ ノ ショネツ ストレス ト ソノ ケイゲン ホウ ニ カンスル ケンキュウ.

Degree: 博士(芸術工学), 2013, Kyushu University / 九州大学

 The objectives of this study were to investigate the relationship between clothing property factors and physiological effects, and techniques of alleviating physiological strain and enhancement… (more)

Subjects/Keywords: Firefighting protective clothing; Clothing properties; Thermal insulation; Cooling devices; Performance; Physiological effects

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Chin-Mei, C. (2013). Thermal strain and its alleviation in workers wearing firefighting protective clothing : 消防用防火服着用時の暑熱ストレスとその軽減法に関する研究; ショウボウ ヨウ ボウカ フク チャクヨウ ジ ノ ショネツ ストレス ト ソノ ケイゲン ホウ ニ カンスル ケンキュウ. (Thesis). Kyushu University / 九州大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2324/13838 ; http://dx.doi.org/10.15017/13838

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Chin-Mei, Chou. “Thermal strain and its alleviation in workers wearing firefighting protective clothing : 消防用防火服着用時の暑熱ストレスとその軽減法に関する研究; ショウボウ ヨウ ボウカ フク チャクヨウ ジ ノ ショネツ ストレス ト ソノ ケイゲン ホウ ニ カンスル ケンキュウ.” 2013. Thesis, Kyushu University / 九州大学. Accessed November 20, 2017. http://hdl.handle.net/2324/13838 ; http://dx.doi.org/10.15017/13838.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Chin-Mei, Chou. “Thermal strain and its alleviation in workers wearing firefighting protective clothing : 消防用防火服着用時の暑熱ストレスとその軽減法に関する研究; ショウボウ ヨウ ボウカ フク チャクヨウ ジ ノ ショネツ ストレス ト ソノ ケイゲン ホウ ニ カンスル ケンキュウ.” 2013. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

Chin-Mei C. Thermal strain and its alleviation in workers wearing firefighting protective clothing : 消防用防火服着用時の暑熱ストレスとその軽減法に関する研究; ショウボウ ヨウ ボウカ フク チャクヨウ ジ ノ ショネツ ストレス ト ソノ ケイゲン ホウ ニ カンスル ケンキュウ. [Internet] [Thesis]. Kyushu University / 九州大学; 2013. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2324/13838 ; http://dx.doi.org/10.15017/13838.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Chin-Mei C. Thermal strain and its alleviation in workers wearing firefighting protective clothing : 消防用防火服着用時の暑熱ストレスとその軽減法に関する研究; ショウボウ ヨウ ボウカ フク チャクヨウ ジ ノ ショネツ ストレス ト ソノ ケイゲン ホウ ニ カンスル ケンキュウ. [Thesis]. Kyushu University / 九州大学; 2013. Available from: http://hdl.handle.net/2324/13838 ; http://dx.doi.org/10.15017/13838

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

11. 權, 泰錫. 顔表情ロボットにおける駆動ユニットの分類に関する研究 : アニマトロニクスのためのムービングユニットの提案 : A Study on the Classification of Moving Units for Facial Expression Robot : Proposal of Moving-Unit for Animatronics; カオ ヒョウジョウ ロボット ニ オケル クドウ ユニット ノ ブンルイ ニ カンスル ケンキュウ アニマトロニクス ノ タメ ノ ムービング ユニット ノ テイアン.

Degree: 博士(芸術工学), 2013, Kyushu University / 九州大学

本研究はアニマトロニクスという映画やテーマパークなどで用いられるエンターテイメント用のロボット(アニマトロニクス)の顔表情の表現に関する研究である。ここでは、人間のように、顔表情の表現のできるロボットを、数少ない駆動ユニットを効果的に制御することにより、豊かな顔表情を実現するために、MU(Moving Unit;ムービングユニット)とその記述方法を提案し、実際の人間の表情と物理的及び心理的な測定を通して有効性について考察したものである。本研究では既存のエンターテイメント型のロボットの制作•制御等に使われている駆動ユニットやその記述方法等について分析し、その結果、Action Unit(AU;人間表情の記述方法の最小単位)の適用や表情筋を含む筋肉名称、動作部位、動作の描写などが混用して用いられていることがわかった。さらに被験者たちにAUで示される17種の基本的な動作をさせ、白黒濃度差法(Intensity Differences Method)によって顔の可動域分析の実験を行い、筋肉の動きに連動関係があることや一つの筋肉でも、複数のAUの組み合わせによるものがあることがわかった。これらの結果を踏まえ、人間の表情研究に用いられるAUやFACSをロボットの顔表情の制御に関連させてロボットのアクチュエータ制御のために新たにMUを提案した。MUは機械的な筋肉構造を考慮し、アクチュエータの作動を基盤にしたアニマトロニクスの顔表情及び、動作表現のための基本ユニットである。MUは全部で26個のMUグループで構成されるが、主要な19個のMUグループを用いて、62個のAUの表現が可能である。ここで提案するMUの有効性を検証するため、被験者(Aモデル)とこの被験者の顔を用いて制作したアニマトロニクス(Bモデル)の可動域を比較分析し、この提案した19のMUグループが効果的に作動していることがわかった。Aモデル、Bモデル、Cモデル(MUを用いて製作した顔筋肉アニマトロニクス)の代表的な基本表情(無表情、喜び、悲しみ、怒り、嫌悪、驚き、恐れ)に対してSD法による印象評価を行った。印象評価において人間の表情にほぼ近い形で物理的なMU制御の妥当性は見られるが、細部にわたっての制御に対してより繊細なムービングポイントの配置やロボットの表情の持つ記号的な意味解釈について更なる検討が必要であることがわかった。

This paper regards the study on the facial expression of animatronics, the process of making and operating the entertainment robots… (more)

Subjects/Keywords: アニマトロニクス; animatronics; エンターテイメント用のロボット; entertainment robots; 顔表情; facial expression; 駆動ユニット; MU; ムービングユニット; Moving-Unit; 表情筋; 表情研究; 動作表現; 基本ユニット; 顔筋肉アニマトロニクス; Facial Muscle Animatronics; 印象評価; 人間の表情; ムービングポイント; ヒューマノイド; humanoid; real people; animals; films; theme parks; human; robots; AU; actuator; mechanical muscle structure; MU groups; real robot; Action Units; facial expression robot

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

權, . (2013). 顔表情ロボットにおける駆動ユニットの分類に関する研究 : アニマトロニクスのためのムービングユニットの提案 : A Study on the Classification of Moving Units for Facial Expression Robot : Proposal of Moving-Unit for Animatronics; カオ ヒョウジョウ ロボット ニ オケル クドウ ユニット ノ ブンルイ ニ カンスル ケンキュウ アニマトロニクス ノ タメ ノ ムービング ユニット ノ テイアン. (Thesis). Kyushu University / 九州大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2324/13962 ; http://dx.doi.org/10.15017/13962

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

權, 泰錫. “顔表情ロボットにおける駆動ユニットの分類に関する研究 : アニマトロニクスのためのムービングユニットの提案 : A Study on the Classification of Moving Units for Facial Expression Robot : Proposal of Moving-Unit for Animatronics; カオ ヒョウジョウ ロボット ニ オケル クドウ ユニット ノ ブンルイ ニ カンスル ケンキュウ アニマトロニクス ノ タメ ノ ムービング ユニット ノ テイアン.” 2013. Thesis, Kyushu University / 九州大学. Accessed November 20, 2017. http://hdl.handle.net/2324/13962 ; http://dx.doi.org/10.15017/13962.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

權, 泰錫. “顔表情ロボットにおける駆動ユニットの分類に関する研究 : アニマトロニクスのためのムービングユニットの提案 : A Study on the Classification of Moving Units for Facial Expression Robot : Proposal of Moving-Unit for Animatronics; カオ ヒョウジョウ ロボット ニ オケル クドウ ユニット ノ ブンルイ ニ カンスル ケンキュウ アニマトロニクス ノ タメ ノ ムービング ユニット ノ テイアン.” 2013. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

權 . 顔表情ロボットにおける駆動ユニットの分類に関する研究 : アニマトロニクスのためのムービングユニットの提案 : A Study on the Classification of Moving Units for Facial Expression Robot : Proposal of Moving-Unit for Animatronics; カオ ヒョウジョウ ロボット ニ オケル クドウ ユニット ノ ブンルイ ニ カンスル ケンキュウ アニマトロニクス ノ タメ ノ ムービング ユニット ノ テイアン. [Internet] [Thesis]. Kyushu University / 九州大学; 2013. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2324/13962 ; http://dx.doi.org/10.15017/13962.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

權 . 顔表情ロボットにおける駆動ユニットの分類に関する研究 : アニマトロニクスのためのムービングユニットの提案 : A Study on the Classification of Moving Units for Facial Expression Robot : Proposal of Moving-Unit for Animatronics; カオ ヒョウジョウ ロボット ニ オケル クドウ ユニット ノ ブンルイ ニ カンスル ケンキュウ アニマトロニクス ノ タメ ノ ムービング ユニット ノ テイアン. [Thesis]. Kyushu University / 九州大学; 2013. Available from: http://hdl.handle.net/2324/13962 ; http://dx.doi.org/10.15017/13962

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

12. 開田, 一博. 日本における鉄骨構造建築の導入と発展過程に関する研究 : 官営八幡製鐵所の創設期から昭和初期における工場建築の設計と建設 : A Study on the Introduction and Development process of the Steel structure building in Japan : On the Design and Construction of Factory building in The Imperial Steel Works, Japan (The Japanese Government-controlled Yawata Steel Works )from the Period of the Foundation to the early Showa era; ニホン ニ オケル テッコツ コウゾウ ケンチク ノ ドウニュウ ト ハッテン カテイ ニ カンスル ケンキュウ.

Degree: 博士(芸術工学), 2013, Kyushu University / 九州大学

明治34年(1901)に官営八幡製鐵所が福岡県遠賀郡八幡村(現在の北九州市八幡東区)で操業を開始したが、操業に先立って、官営八幡製鐵所では本格的な大規模鉄骨工場が建設された。本研究は①官営八幡製鐵所の操業開始時における鉄骨工場建築の建設の背景、②ドイツから導入した鉄骨構造建設技術、③その後の欧米からの鉄骨構造設計技術の移入、そして④わが国の技術者が国産第一号の鉄骨工場建築を設計し発展させた過程を明らかにするものである。なお、研究対象とした年代は明治34年(1901)から昭和初期までである。明治34年(1901)の官営八幡製鐵所の操業に先立って竣工した工場建築には現存する尾倉修繕工場などがあり、わが国における本格的な大規模鉄骨構造建築としては最初のものであった。しかし明治34年(1901)当時はわが国では鉄骨構造の設計能力および経験が不足していたので、工場建築の設計は、当時ドイツの有数の企業であったGUTEHOFFNUNGSH?TTE(グーテホフヌンクスヒュッテ)社(以下、G・H・Hと言う)に依頼された。そしてわが国では、この工場の建設にはドイツ人技術者に建設現場での現地指導を受けながら、機械技術者が工場建築の建設を担当した。以降、官営八幡製鐵所の鋼材生産も順調に推移するに従って、八幡製鐵所の自家鋼材を使用し、自分たちの設計、すなわち、国産による工場建設の気運が高まり、明治42年(1909)に官営八幡製鐵所職員「景山齊」によって、国産第一号となる「ロール旋削工場」が竣工した。この工場建築設計者の「景山齊」は京都帝国大学理工科大学機械工学科を卒業して間もない日本人機械技術者であったことが注目されるが、国産第一号の工場誕生の背景には、大学における鋼構造設計技術教育の充実があったことがうかがわれる。具体的には、明治42年(1909)頃は京都帝国大学理工科大学土木工学科教授の日比忠彦などが「建築雑誌」へ鉄骨構造に関する論文を掲載し、わが国の鋼構造設計技術を大きく発展させた時期であった。国産第一号の「ロール旋削工場」が製鐵所内外に与えた影響は大きく、国内での設計が可能と認められ、軍の工廠建築の設計などを依頼されるまでに発展していった。その後、国内の鉄鋼需要の高まりに伴って、官営八幡製鐵所では拡張計画が進められ、大正5年(1916)には鋼構造設計技術者の不足を補うため、国内技術力の向上に連動して、民間の横河橋梁製作所から鋼構造設計技術を有した建築技術者の招聘を行った。その結果、製鐵所内の多くの工場建築の設計は機械技術者に代わって、民間から招聘された建築技術者によって行われるようになった。大正10年(1921)には民間から招聘された建築技術者は退社し、以後、官営八幡製鐵所における工場建築設計は、建築技術者から土木技術者に移り、昭和9年(1934)の日本製鐵株式会社の設立まで土木技術者による設計が続いた。以上のことから、わが国の鉄骨構造建築の発展に関して次のことが明らかになった。第一に、官営八幡製鐵所において、明治34年(1901)の操業開始に先立つG・H・H設計の工場建築は、わが国最初の本格的な大規模鉄骨構造建築の始まりであった。そしてこれらの工場から始まって、明治42年(1909)の国産第一号工場の誕生に至るまでの鉄骨構造工場建築に関する主導的役割は機械技術者であった。第二に、明治42年(1909)の国産第一号工場の設計者は機械技術者である「景山齊」であった。彼が設計した時期は京都帝国大学土木工学科教授「日比忠彦」が建築雑誌に、当時最新の鉄骨構造の設計技術を掲載した時期と一致する。さらに国産第一号工場の竣工が軍関係の工場建築設計に至ったという事実があり、製鐵所内の技術が国内技術へと広がったことを示している。第三に、大正5年(1916)になると、鉄骨構造建築の設計が民間建築技術者の招聘によって、建築技術者に委ねられることになった。これは民間技術の普及の場ともなり、以後の土木技術者が担当したことも含めて、わが国の鉄骨構造技術発展に大きく寄与した。以上、本研究によって、官営八幡製鐵所における日本の鉄骨構造建築の設計・建設技術が欧米から移入され日本に定着していった発展過程について詳細な知見が得られた。

This paper clarifies the developmental process of steel structure building in The Imperial Steel Works, Japan. What I wish to demonstrate here is that… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

開田, . (2013). 日本における鉄骨構造建築の導入と発展過程に関する研究 : 官営八幡製鐵所の創設期から昭和初期における工場建築の設計と建設 : A Study on the Introduction and Development process of the Steel structure building in Japan : On the Design and Construction of Factory building in The Imperial Steel Works, Japan (The Japanese Government-controlled Yawata Steel Works )from the Period of the Foundation to the early Showa era; ニホン ニ オケル テッコツ コウゾウ ケンチク ノ ドウニュウ ト ハッテン カテイ ニ カンスル ケンキュウ. (Thesis). Kyushu University / 九州大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2324/14001 ; http://dx.doi.org/10.15017/14001

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

開田, 一博. “日本における鉄骨構造建築の導入と発展過程に関する研究 : 官営八幡製鐵所の創設期から昭和初期における工場建築の設計と建設 : A Study on the Introduction and Development process of the Steel structure building in Japan : On the Design and Construction of Factory building in The Imperial Steel Works, Japan (The Japanese Government-controlled Yawata Steel Works )from the Period of the Foundation to the early Showa era; ニホン ニ オケル テッコツ コウゾウ ケンチク ノ ドウニュウ ト ハッテン カテイ ニ カンスル ケンキュウ.” 2013. Thesis, Kyushu University / 九州大学. Accessed November 20, 2017. http://hdl.handle.net/2324/14001 ; http://dx.doi.org/10.15017/14001.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

開田, 一博. “日本における鉄骨構造建築の導入と発展過程に関する研究 : 官営八幡製鐵所の創設期から昭和初期における工場建築の設計と建設 : A Study on the Introduction and Development process of the Steel structure building in Japan : On the Design and Construction of Factory building in The Imperial Steel Works, Japan (The Japanese Government-controlled Yawata Steel Works )from the Period of the Foundation to the early Showa era; ニホン ニ オケル テッコツ コウゾウ ケンチク ノ ドウニュウ ト ハッテン カテイ ニ カンスル ケンキュウ.” 2013. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

開田 . 日本における鉄骨構造建築の導入と発展過程に関する研究 : 官営八幡製鐵所の創設期から昭和初期における工場建築の設計と建設 : A Study on the Introduction and Development process of the Steel structure building in Japan : On the Design and Construction of Factory building in The Imperial Steel Works, Japan (The Japanese Government-controlled Yawata Steel Works )from the Period of the Foundation to the early Showa era; ニホン ニ オケル テッコツ コウゾウ ケンチク ノ ドウニュウ ト ハッテン カテイ ニ カンスル ケンキュウ. [Internet] [Thesis]. Kyushu University / 九州大学; 2013. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2324/14001 ; http://dx.doi.org/10.15017/14001.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

開田 . 日本における鉄骨構造建築の導入と発展過程に関する研究 : 官営八幡製鐵所の創設期から昭和初期における工場建築の設計と建設 : A Study on the Introduction and Development process of the Steel structure building in Japan : On the Design and Construction of Factory building in The Imperial Steel Works, Japan (The Japanese Government-controlled Yawata Steel Works )from the Period of the Foundation to the early Showa era; ニホン ニ オケル テッコツ コウゾウ ケンチク ノ ドウニュウ ト ハッテン カテイ ニ カンスル ケンキュウ. [Thesis]. Kyushu University / 九州大学; 2013. Available from: http://hdl.handle.net/2324/14001 ; http://dx.doi.org/10.15017/14001

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

13. 松永, 文雄. 我が国における中等建築教育の確立に関する基礎的研究 : 大正末、昭和初期の文部省内と建築学会の検討活動を通じて : A Study on the Establishment of Middle Level Education on Architecture in Japan : Through the Activities by the Ministry of Education and Architectural Institute of Japan, the Later Taisho-era and the Early Showa-era; ワガクニ ニ オケル チュウトウ ケンチク キョウイク ノ カクリツ ニ カンスル キソテキ ケンキュウ.

Degree: 博士(工学), 2013, Kyushu University / 九州大学

本研究は我が国の建築教育、特に中等教育がどのような過程で確立したかを明らかにするもので、その対象を大正末に行われた文部省内の建築教育に係る委員会と昭和初期に建築学会内に設置された「実業学校程度ノ標準教科書」編纂委員会の審議(過程と内容)に求め、ここでの議論(調査を含む)をとおして、個別科目の実態でなく、総体としての建築教育に求められる姿を明らかにするものである。第1章では、研究の目的と方法を示し、研究の独自性を説明するだけでなく、技術の発展と社会の変貌が、必然的に新しい教育システムを要求し、これが技術の普及であるとの見解を示した。第2章では、社会の要請に応えるためには先端技術は一般化する必要がある。本章では明治の初期から末に至るまに刊行された代表的な書籍を取り上げ、その発刊の意図を導き出した。研究目的は、文部省と建築学会内で総括的に取り組まれた建築教育のあり方が検討される前の状況を明らかにすることにある。第3章では、今日と異なる教育体制が、明治期から誕生していたことを踏まえて、義務教育以降の職業教育を中心とする学校制度の実態を明らかにした。そして本章の統計資料の分析によれば、実際のところは実務中心の教育が数の上では絶対的多数を占め、この実務教育の需要からも一定のレベルの教育を教授する方法(標準教授要綱や教科書)の整備が焦眉の急であったといえる。また、生徒数の絶対的な増加により、実業学校の改正が行われ、教員資格が、当初の「学士」レベルに加え「検定試験」合格者を含むことを明らかになった。この結果は、誰が何処でも何時でも一定の教育を教授できる教科書及び標準教授要綱の存在を必然としたことを指摘した。第4章では、建築学会が教科書(案)編纂作業に取り組む前の時点での文部省内で検討された実業教育の具体的内容を明らかにした。実業学校は、本来設置される地域条件と連携して産業・経済条件に貢献することが目的であった(明治32年の実業学校令)。しかしながら、余りにも区々な教育システムは、効率性と新しい知識の教授に不都合を生じ、根本的な見直しが行われた。これが、大正9年の実業学校令の改正であり、建築教育について言及すれば、職業教育から技術者に変貌した時期に一致する。本章では、文部省内の委員会の活動と文献資料を通じて、それまでの工業学校規程類の変遷から、建築学における様々な科目名が集約され、今日の科目につながる過程も明らかにした。第5章では、学理追求機関である建築学会が、実業学校程度の教科書を刊行するために編纂委員会を設置した背景とそのカリキュラムの内容と確立過程を明らかにした。建築学会が中等建築教育の改善に関与した功績は、以下のようにまとめられる。・委員会の作業をとおして多大な分野に及ぶ建築教育のコンセンサスが得られた。・この時期に建築学の基礎(科目の種類とそれぞれの内容)が学会関係者の合意のもとに確立された。・学会での審議は、中等教育における建築教育の対象を技能者(クラフトマン)から技術者(フォアマン)、別の言い方をすれば、木工科から建築科への変化を確実なものにした。第6章では、建築学会が編纂した「標準教科書」の内容に準拠した書籍の発刊状況と内容及び著者について明らかにした。発刊の時期は学会が案を建築雑誌に発表した翌年の昭和5年から始まるが、これらを紹介している「図書紹介」では、昭和13年まで存在していた。また、建築学会の教科書案に準拠したとの説明以外に、実業(工業)学校卒業検定試験、(実業)工業学校教員検定試験問題を例題としたものがあり、教科書の機能だけでなく受験参考書の役割も持たされていた。資格化と教育の関係はこの時代から始まっていた。最後に、本研究の成果を今日の建築教育と関連付ける。・総合的視点からの建築教育建築学会が提案した標準教科書は、実業学校を前提としているために、時間数において普通・専門科目のバランス、枠の決められた中での各専門科目の配置(開設時期と開設時問)を前提としていた。したがって個々の科目の内容のみならず、所謂ソフトからハードに及ぶ多様な建築専門分野を等しい尺度で計り、各科目のあり方を捉えた点・姿勢は参考にされるべきであろう。現在、建築士の受験資格要件で教育の見直しが迫っており、この際、本研究で扱ったように、少なくとも我が国の建築教育は如何にあるべきかという高所からの視点が求められる。・最新技術の普及化技術は一般化することにより社会貢献できる。この命題は建築においても然りといえる。本研究知見は、高等建築学あるいは技術を如何に中等レベルへ移行させるかが関係し、「高度な内容を平易に教授する」に集約できる。今後どのような展開、換言すれば、複雑化した建築学全体を俯瞰し、建築教育のレベルをきちんと体系化する必要がある。その体系の中から、中等・高等教育機関が教授すべき科目とその内容を整備するべきであろうと考える。

This study attempts to clarify the processes that have been established in Japan for architectural education, and clarifies the overall format demanded by architecture… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

松永, . (2013). 我が国における中等建築教育の確立に関する基礎的研究 : 大正末、昭和初期の文部省内と建築学会の検討活動を通じて : A Study on the Establishment of Middle Level Education on Architecture in Japan : Through the Activities by the Ministry of Education and Architectural Institute of Japan, the Later Taisho-era and the Early Showa-era; ワガクニ ニ オケル チュウトウ ケンチク キョウイク ノ カクリツ ニ カンスル キソテキ ケンキュウ. (Thesis). Kyushu University / 九州大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2324/14007 ; http://dx.doi.org/10.15017/14007

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

松永, 文雄. “我が国における中等建築教育の確立に関する基礎的研究 : 大正末、昭和初期の文部省内と建築学会の検討活動を通じて : A Study on the Establishment of Middle Level Education on Architecture in Japan : Through the Activities by the Ministry of Education and Architectural Institute of Japan, the Later Taisho-era and the Early Showa-era; ワガクニ ニ オケル チュウトウ ケンチク キョウイク ノ カクリツ ニ カンスル キソテキ ケンキュウ.” 2013. Thesis, Kyushu University / 九州大学. Accessed November 20, 2017. http://hdl.handle.net/2324/14007 ; http://dx.doi.org/10.15017/14007.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

松永, 文雄. “我が国における中等建築教育の確立に関する基礎的研究 : 大正末、昭和初期の文部省内と建築学会の検討活動を通じて : A Study on the Establishment of Middle Level Education on Architecture in Japan : Through the Activities by the Ministry of Education and Architectural Institute of Japan, the Later Taisho-era and the Early Showa-era; ワガクニ ニ オケル チュウトウ ケンチク キョウイク ノ カクリツ ニ カンスル キソテキ ケンキュウ.” 2013. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

松永 . 我が国における中等建築教育の確立に関する基礎的研究 : 大正末、昭和初期の文部省内と建築学会の検討活動を通じて : A Study on the Establishment of Middle Level Education on Architecture in Japan : Through the Activities by the Ministry of Education and Architectural Institute of Japan, the Later Taisho-era and the Early Showa-era; ワガクニ ニ オケル チュウトウ ケンチク キョウイク ノ カクリツ ニ カンスル キソテキ ケンキュウ. [Internet] [Thesis]. Kyushu University / 九州大学; 2013. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2324/14007 ; http://dx.doi.org/10.15017/14007.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

松永 . 我が国における中等建築教育の確立に関する基礎的研究 : 大正末、昭和初期の文部省内と建築学会の検討活動を通じて : A Study on the Establishment of Middle Level Education on Architecture in Japan : Through the Activities by the Ministry of Education and Architectural Institute of Japan, the Later Taisho-era and the Early Showa-era; ワガクニ ニ オケル チュウトウ ケンチク キョウイク ノ カクリツ ニ カンスル キソテキ ケンキュウ. [Thesis]. Kyushu University / 九州大学; 2013. Available from: http://hdl.handle.net/2324/14007 ; http://dx.doi.org/10.15017/14007

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

14. 小嶋, 允郎. ラット大脳皮質錐体ニューロンの興奮性シナプス後電流に対するアドレナリン受容体の活性化を介する修飾 : The mechanisms of adrenergic modulation of excitatory postsynaptic currents in pyramidal neurons of rat cerebral cortex.

Degree: 博士(歯学), 2013, Kyushu University / 九州大学

 アドレナリン受容体アゴニストは,受容体サブタイプ固有の働きを介して大脳皮質における興奮伝播に対して相反する作用を及ぼすことが,光学計測による研究から明らかとなっている(Kobayashi et al., 2000)。しかし,これらの作用がどのような神経基盤によって実現されているかは,不明な点が多い。そこで本研究では,脳スライス標本を用いた電気生理学的手法によって,このメカニズムの一端を明らかにすることを目的とした。はじめに,興奮性ニューロンである錐体ニューロンから細胞内記録を行い,電気刺激によって誘発される興奮性シナプス後電位(eEPSPs)に対するノルアドレナリンとα1 アドレナリン受容体アゴニストであるphenylephrine,β アドレナリン受容体アゴニストであるisoproterenol の効果を調べた。その結果,ノルアドレナリンは,記録ニューロンがⅡ/ⅢあるいはⅤ層のいずれにあっても,eEPSPs の振幅を減少させ,同様の効果が phenylephrine の灌流投与によって観察された。一方,isoproterenol は,Ⅴ層に存在する錐体ニューロンで観察されるeEPSPs の振幅を有意に増大させたが,Ⅱ/Ⅲ層の錐体ニューロンから記録されるeEPSPs の振幅には影響を与えなかった。次に,大脳皮質Ⅴ層に存在する錐体ニューロンを対象にホールセル・パッチクランプ記録を行い,グルタミン酸作動性シナプスを介した興奮伝達に対して,phenylephrine とisoproterenol がどのように作用し,その作用点がどこに存在するかを調べた。頻回刺激(33 Hz,10 連矩形波)によって誘発されるα-amino-3-hydroxy-5-methyl-4-isoxazole-propionic acid(AMPA)受容体を介した興奮性シナプス後電流(eEPSCs)に対して,phenylephrine はその振幅を抑制した。また,1 発目のeEPSCs における振幅の変動係数(coefficient of variation; 以下,CV)および1 発目の… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

小嶋, . (2013). ラット大脳皮質錐体ニューロンの興奮性シナプス後電流に対するアドレナリン受容体の活性化を介する修飾 : The mechanisms of adrenergic modulation of excitatory postsynaptic currents in pyramidal neurons of rat cerebral cortex. (Thesis). Kyushu University / 九州大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2324/14241 ; http://dx.doi.org/10.15017/14241

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

小嶋, 允郎. “ラット大脳皮質錐体ニューロンの興奮性シナプス後電流に対するアドレナリン受容体の活性化を介する修飾 : The mechanisms of adrenergic modulation of excitatory postsynaptic currents in pyramidal neurons of rat cerebral cortex.” 2013. Thesis, Kyushu University / 九州大学. Accessed November 20, 2017. http://hdl.handle.net/2324/14241 ; http://dx.doi.org/10.15017/14241.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

小嶋, 允郎. “ラット大脳皮質錐体ニューロンの興奮性シナプス後電流に対するアドレナリン受容体の活性化を介する修飾 : The mechanisms of adrenergic modulation of excitatory postsynaptic currents in pyramidal neurons of rat cerebral cortex.” 2013. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

小嶋 . ラット大脳皮質錐体ニューロンの興奮性シナプス後電流に対するアドレナリン受容体の活性化を介する修飾 : The mechanisms of adrenergic modulation of excitatory postsynaptic currents in pyramidal neurons of rat cerebral cortex. [Internet] [Thesis]. Kyushu University / 九州大学; 2013. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2324/14241 ; http://dx.doi.org/10.15017/14241.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

小嶋 . ラット大脳皮質錐体ニューロンの興奮性シナプス後電流に対するアドレナリン受容体の活性化を介する修飾 : The mechanisms of adrenergic modulation of excitatory postsynaptic currents in pyramidal neurons of rat cerebral cortex. [Thesis]. Kyushu University / 九州大学; 2013. Available from: http://hdl.handle.net/2324/14241 ; http://dx.doi.org/10.15017/14241

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

15. 西岡(加美), 由紀子; 西岡, 由紀子. functional MRIによるヒト第一次味覚野の機能局在解析 : 刺激装置の開発 : The development of a novel automated taste stimulus delivery system for fMRI studies on the human cortical segregation of taste.

Degree: 博士(歯学), 2013, Kyushu University / 九州大学

機能的MRI(functional MRI: fMRI)は、脳の血流変化を捕えることによって脳活動部位を画像化する手法であり、刺激によって異なる脳の賦活部位を検出することができる。しかし、味覚に関しては、MRI装置内に横たわる被験者の口腔内で味覚刺激を行うことが難しいこと、溶液の嚥下が頭部の動きを誘発して結果が不正確になること、味覚野は味覚刺激だけではなく様々な口腔の刺激によっても活動することなどの理由で、fMRIの実験は困難であった。そこで本研究では、新たに装置を開発することで上記の問題を解決し、ヒト脳における第一次味覚野を解析した。 味覚刺激装置は口腔内と口腔外の装置から構成し、口腔外装置はコンピュータ制御により一定の条件で液体を流し出せるように作製し、口腔外と口腔内の装置の間はチューブでつないだ。口腔内装置は、まず個々の被験者の下顎歯列に合わせたマウスピースを作製し、その切歯部に舌側面を開口した楕円柱を接着し、楕円柱の前面には口腔外装置からのチューブをつなげて使用した。口腔外装置から液体を流せば、その液体は楕円柱内を通過して、側面に接続したチューブから口腔外に排出されるようにした。これらの装置を用いれば、離れた場所から一定の条件で溶液を流すことができ、被験者が楕円柱内に舌を挿入すれば、そこに流れる溶液の味を感じるという原理である。 まず、装置の再現性を確かめるために、3人の成人被験者を対象にして実験を行った。実験デザインは、味溶液(0.5 mol/l ショ糖溶液)とコントロール(純水)を30サイクル繰り返すブロックデザインとし、同一の被験者に対して同じ実験を6ヶ月間隔で2度行った。その結果、再現性のある結果が得られ、3人の 3 共通脳活動領域は2回とも第一次味覚野内の近接した部位にみられ、第二次味覚野にはみられなかった。 次に、この装置を用いて、5人の成人被験者に同様の甘味刺激を与えて脳活動領域を解析した。それぞれの被験者では、第一次味覚野の複数の部位に脳活動領域がみられ、その部位や数は多様であった。そこで、5人に共通した脳活動領域を解析してみると、第一次味覚野の島・前頭弁蓋における領域が分離検出された。 本研究では、被験者の舌に味覚刺激を一定条件下で与えるシステムを開発し、これによりヒトの第一次味覚野における甘味刺激に対する脳活動領域を同定することができた。 Advisors/Committee Members: 中村, 誠司, 吉浦, 一紀.

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

西岡(加美), 由紀子; 西岡, . (2013). functional MRIによるヒト第一次味覚野の機能局在解析 : 刺激装置の開発 : The development of a novel automated taste stimulus delivery system for fMRI studies on the human cortical segregation of taste. (Thesis). Kyushu University / 九州大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2324/14242 ; http://dx.doi.org/10.15017/14242

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

西岡(加美), 由紀子; 西岡, 由紀子. “functional MRIによるヒト第一次味覚野の機能局在解析 : 刺激装置の開発 : The development of a novel automated taste stimulus delivery system for fMRI studies on the human cortical segregation of taste.” 2013. Thesis, Kyushu University / 九州大学. Accessed November 20, 2017. http://hdl.handle.net/2324/14242 ; http://dx.doi.org/10.15017/14242.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

西岡(加美), 由紀子; 西岡, 由紀子. “functional MRIによるヒト第一次味覚野の機能局在解析 : 刺激装置の開発 : The development of a novel automated taste stimulus delivery system for fMRI studies on the human cortical segregation of taste.” 2013. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

西岡(加美), 由紀子; 西岡 . functional MRIによるヒト第一次味覚野の機能局在解析 : 刺激装置の開発 : The development of a novel automated taste stimulus delivery system for fMRI studies on the human cortical segregation of taste. [Internet] [Thesis]. Kyushu University / 九州大学; 2013. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2324/14242 ; http://dx.doi.org/10.15017/14242.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

西岡(加美), 由紀子; 西岡 . functional MRIによるヒト第一次味覚野の機能局在解析 : 刺激装置の開発 : The development of a novel automated taste stimulus delivery system for fMRI studies on the human cortical segregation of taste. [Thesis]. Kyushu University / 九州大学; 2013. Available from: http://hdl.handle.net/2324/14242 ; http://dx.doi.org/10.15017/14242

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

16. 関, 善弘. 支配筋摘出術による三叉神経運動枝除神経モデルの創出 : Establishment of the rat trigeminal denervation model by removal of the innervated muscles.

Degree: 博士(歯学), 2013, Kyushu University / 九州大学

緒言:近年、血管吻合を用いた再建術を行うことにより口腔外科領域における進行癌の治療が可能になったが、いまだ長期的な機能的再建(咀嚼、嚥下、構音)は困難である。その理由として、移植した筋皮弁に適切な神経支配が再生されないことが挙げられる。これを克服するためには末梢レベルにおける軸索の再生を図るとともに、中枢レベルにおける運動神経細胞死を防ぐことが必要である。そこで本研究では第一に、成体ラット三叉神経運動枝除神経モデルを作製し、免疫組織化学染色法を用いて、除神経後の三叉神経運動核の病理学的変化を解析し、三叉神経運動核の変性過程および保護応答について検討した。また、生体の脳内への遺伝子導入や薬剤送達のためにさまざまな方法が開発されているが、これらの手法には、標的細胞に特異的な送達が困難であることや、侵襲度の高い外科手術を要するという短所があり、新たな手法の開発が望まれている。近年、ミクログリアを血中投与すると血液脳関門を破壊せずに脳特異的に実質内に到達することが報告されており、さまざまな脳疾患の治療につながる可能性が示されている。そのため、本研究では第二に、新しい細胞治療の試みとしてミクログリアの細胞株を樹立し、その細胞生物学的性状について検討した。方法と結果: 雌成体ラット(体重:200 g-400 g)の左咬筋および側頭筋を摘出後、灌流固定し、三叉神経運動核の細胞病理学的変化を経時的に検索した。術後3日目で三叉神経運動核の神経細胞においてオートファジーのマーカーであるRab24 の発現亢進を認め、神経細胞周囲にはミクログリアの集簇を強く認めた。術後4週目をピークにアストロサイトの反応を認め、神経細胞におけるheatshock protein 27(HSP27)の発現が亢進していた。術後8 週目で傷害側三叉神経運動核の萎縮を認めたが、神経細胞にcentral chromatolysis やアポトーシスは観察されず、細胞死は明らかでなかった。同時期にsynaptophysin に対する免疫染色を施行したところ、傷害側三叉神経運動核に発現低下を認めたことから樹状突起およびシナプスに変性が起きていると考えられた。次に、ミクログリア細胞株を樹立するため、生後3 日のラットの脳室下帯から初代混合培養細胞を準備し、SV40 large T 抗原遺伝子を導入して不死化させた。増殖した細胞を剥離・分散し、Aclar film を浸漬してこれに付着した細胞を分離し、培養を継続した。さらに生体内での観察のために、これらの細胞にgreenfluorescent protein (GFP)およびDsRed 遺伝子を導入し、高発現細胞をクローニングすることによって蛍光標識を行った。細胞の純度を検定するために、形態学的および免疫細胞化学的に検討した。分離した細胞はほぼ均一な形態を示し、円形ないし多極性の細胞質内に多数の空胞がみられるとともに、よく発達したラッフリングメンブレンを有し、ミクログリアの形態的な特徴を示した。免疫組織学的にはほぼ全ての細胞がSV40large T 抗原およびミクログリアのマーカーであるionized calcium-binding adaptermolecule-1(Iba-1)、CD11b、MHC class I、CD45 に陽性であったが、CD68 およびアストロサイトのマーカーであるglial fibrillary acidic protein(GFAP)とglutamate aspartate transporter (GLAST)には陰性であった。考察と展望:本研究で得られた結果より、本実験モデルは手術操作による末梢7神経損傷の中枢レベルへの影響の解析に有用であり、これまでほとんど知見のない脳幹脳神経核の潜在的な再生能についての研究の材料として、将来の再生医療の開発に寄与しうると考えられた。また、我々が樹立したラットミクログリア細胞株は、脳病変部位に特定遺伝子を限局して発現させるデリバリーシステムの開発、および多様な脳疾患の治療の開発に寄与し得る可能性がある。今後は、ラット三叉神経運動枝除神経モデルを含む、さまざまな脳疾患モデル動物への適用を検討していく予定である。 Advisors/Committee Members: 白砂, 兼光, 岩城, 徹.

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

関, . (2013). 支配筋摘出術による三叉神経運動枝除神経モデルの創出 : Establishment of the rat trigeminal denervation model by removal of the innervated muscles. (Thesis). Kyushu University / 九州大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2324/14246 ; http://dx.doi.org/10.15017/14246

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

関, 善弘. “支配筋摘出術による三叉神経運動枝除神経モデルの創出 : Establishment of the rat trigeminal denervation model by removal of the innervated muscles.” 2013. Thesis, Kyushu University / 九州大学. Accessed November 20, 2017. http://hdl.handle.net/2324/14246 ; http://dx.doi.org/10.15017/14246.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

関, 善弘. “支配筋摘出術による三叉神経運動枝除神経モデルの創出 : Establishment of the rat trigeminal denervation model by removal of the innervated muscles.” 2013. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

関 . 支配筋摘出術による三叉神経運動枝除神経モデルの創出 : Establishment of the rat trigeminal denervation model by removal of the innervated muscles. [Internet] [Thesis]. Kyushu University / 九州大学; 2013. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2324/14246 ; http://dx.doi.org/10.15017/14246.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

関 . 支配筋摘出術による三叉神経運動枝除神経モデルの創出 : Establishment of the rat trigeminal denervation model by removal of the innervated muscles. [Thesis]. Kyushu University / 九州大学; 2013. Available from: http://hdl.handle.net/2324/14246 ; http://dx.doi.org/10.15017/14246

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

17. 進, 正史. 癌の増殖・浸潤におけるカテプシンEおよびRANKL-RANKシグナル伝達系の役割 : Roles for cathepsin E and RANKL-RANK signaling system in tumor growth and invasion.

Degree: 博士(歯学), 2013, Kyushu University / 九州大学

 本研究は癌の増殖・浸潤機構におけるカテプシンE およびRANKL-RANK シグナルの役割について追究したもので2つの章からなる。第1章では、アスパラギン酸プロテアーゼの一つであるカテプシンE の癌細胞における役割をヒト前立腺癌ALVA101 細胞を用いて解析した。ヒトカテプシンE 遺伝子をALVA101 細胞に導入した際の性状変化を調べた結果、in vitro での細胞系では、導入細胞と導入していない細胞の間に増殖能に差異が認められないものの、それらをヌードマウスの皮下に移植したin vivo の条件下では、カテプシンE 遺伝子を導入した癌細胞の方が有意に増殖が抑制された。抗体アレイ解析から、カテプシンE 遺伝子を導入した癌細胞から成る腫瘍は、mock 導入癌細胞から成る腫瘍に比べて、エンドスタチンを含む各種血管新生抑制分子が増加していることが示された。エンドスタチンはタイプXVIII コラーゲンから産生される強力な内在性血管新生抑制因子で、カテプシンE はタイプXVIII コラーゲンから特異的にエンドスタチンを産生することがin vitro 系で証明された。組織学的には、カテプシンE 遺伝子導入癌細胞から成る腫瘍は分葉状の形態を呈しており、その周囲には肥厚した皮膚および皮下組織と発達した線維性被膜が顕著であり、これらによって腫瘍の増大が抑制されている様子が伺えた。また、腫瘍周辺部にマクロファージの浸潤増加と活性化亢進が認められた。さらにカテプシンE 遺伝子導入癌細胞は、対照細胞に比べてマクロファージの遊走を強く誘導することがわかった。以上の結果から、癌細胞に発現させたカテプシンE は、血管新生抑制と宿主免疫応答増強によって腫瘍増殖を抑制することがわかった。第2章では、口腔扁平上皮癌細胞の顎骨浸潤とRANKL-RANK シグナルシステムとの関連を検討した。口腔扁平上皮癌は舌や歯肉に好発するだけでなく、口腔底、口唇や口蓋にも発生し、進行すると顎骨へ浸潤することが多く、顎骨浸潤はその予後を規定する重要な因子となっている。口腔癌の顎骨浸潤の病理組織像を見ると、顎骨破壊部の最前線には多数の破骨細胞が存在し、活発に骨を吸収している像が見えることから、癌細胞が破骨細胞の活性化を誘導することで顎骨を吸収し、さらに深部へと浸潤することが示唆される。そこで、破骨細胞形成因子であるreceptor activator of… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

進, . (2013). 癌の増殖・浸潤におけるカテプシンEおよびRANKL-RANKシグナル伝達系の役割 : Roles for cathepsin E and RANKL-RANK signaling system in tumor growth and invasion. (Thesis). Kyushu University / 九州大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2324/14247 ; http://dx.doi.org/10.15017/14247

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

進, 正史. “癌の増殖・浸潤におけるカテプシンEおよびRANKL-RANKシグナル伝達系の役割 : Roles for cathepsin E and RANKL-RANK signaling system in tumor growth and invasion.” 2013. Thesis, Kyushu University / 九州大学. Accessed November 20, 2017. http://hdl.handle.net/2324/14247 ; http://dx.doi.org/10.15017/14247.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

進, 正史. “癌の増殖・浸潤におけるカテプシンEおよびRANKL-RANKシグナル伝達系の役割 : Roles for cathepsin E and RANKL-RANK signaling system in tumor growth and invasion.” 2013. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

進 . 癌の増殖・浸潤におけるカテプシンEおよびRANKL-RANKシグナル伝達系の役割 : Roles for cathepsin E and RANKL-RANK signaling system in tumor growth and invasion. [Internet] [Thesis]. Kyushu University / 九州大学; 2013. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2324/14247 ; http://dx.doi.org/10.15017/14247.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

進 . 癌の増殖・浸潤におけるカテプシンEおよびRANKL-RANKシグナル伝達系の役割 : Roles for cathepsin E and RANKL-RANK signaling system in tumor growth and invasion. [Thesis]. Kyushu University / 九州大学; 2013. Available from: http://hdl.handle.net/2324/14247 ; http://dx.doi.org/10.15017/14247

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

18. 城﨑, 慎也. マウスおよびヒトうま味受容体に関する行動学的および分子遺伝学的研究.

Degree: 博士(歯学), 2013, Kyushu University / 九州大学

うま味は、グルタミン酸Na(mono sodium glutamate: MSG)などが受容体を刺激することにより起こる基本味のひとつである。受容体候補として、現在までにG-タンパク質結合型のT1r1/T1r3、mGluRs(taste-mGluR4、brain-mGluR4、 taste-mGluR1、brain-mGluR1)などが提唱されているがその機能はまだ明確ではない。T1r3-KOマウスを用いた研究では、うま味応答は消失するという報告と、低下するが消失はしないという報告に分かれており、前者はうま味受容体がT1r1/T1r3のみであると主張し、後者は複数のうま味受容体の存在を主張している。そこで、本研究では、まず、1)T1r3-KOマウスのうま味応答が残存するか、もし残存すればその応答がmGluRsに由来しているかどうかについて、条件付け味覚嫌悪学習による行動学的実験により調べた。さらに、2)ヒトにおけるT1Rsの関与について、うま味感受性とT1rsの遺伝子多型性との連関と、アミノ酸変異体の機能解析について、ヒト腎性胚細胞を用いたT1rs遺伝子導入味細胞再構築系を用い解析した。 その結果、1)T1r3-KOマウスもうま味物質に対する条件付け味覚嫌悪が獲得すること、また、うま味物質にmGluR1、mGluR4のアンタゴニストを混合させると嫌悪応答(リック数の低下)が減弱することが明らかとなり、T1r1/T1r3以外にmGluR1、mGluR4がうま味受容体として機能している可能性が示唆された。2)ヒトの実験では、T1r1では、39.2%のアレル頻度で起こるアミノ酸変異(T1r1-Thr372Ala)が、T1r3では9.0%の頻度のアミノ酸変異(T1r3-Arg757Cys)がヒトうま味感受性に影響する可能性が示唆された。またその機能解析の結果から、T1r1-372Thr変異体は-372Alaより感受性の高いうま味受容体を形成すること、T1r3-757Cys変異体は-757Argより感受性の低い受容体を形成することが明らかとなり、ヒトT1r1/T1r3はうま味受容体として機能し、そのアミノ酸変異はうま味感受性に影響することが示唆された。 Advisors/Committee Members: 中西, 博, 二ノ宮, 裕三.

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

城﨑, . (2013). マウスおよびヒトうま味受容体に関する行動学的および分子遺伝学的研究. (Thesis). Kyushu University / 九州大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2324/14250 ; http://dx.doi.org/10.15017/14250

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

城﨑, 慎也. “マウスおよびヒトうま味受容体に関する行動学的および分子遺伝学的研究.” 2013. Thesis, Kyushu University / 九州大学. Accessed November 20, 2017. http://hdl.handle.net/2324/14250 ; http://dx.doi.org/10.15017/14250.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

城﨑, 慎也. “マウスおよびヒトうま味受容体に関する行動学的および分子遺伝学的研究.” 2013. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

城﨑 . マウスおよびヒトうま味受容体に関する行動学的および分子遺伝学的研究. [Internet] [Thesis]. Kyushu University / 九州大学; 2013. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2324/14250 ; http://dx.doi.org/10.15017/14250.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

城﨑 . マウスおよびヒトうま味受容体に関する行動学的および分子遺伝学的研究. [Thesis]. Kyushu University / 九州大学; 2013. Available from: http://hdl.handle.net/2324/14250 ; http://dx.doi.org/10.15017/14250

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

19. 堀内, 章司. 組み立て方式遮音壁の性能評価に関する研究 : A Study on the Performance Evaluation of an Assembled Noise Barrier; クミタテ ホウシキ シャオン ヘキ ノ セイノウ ヒョウカ ニ カンスル ケンキュウ.

Degree: 博士(芸術工学), 2013, Kyushu University / 九州大学

遮音壁は、わが国における道路交通騒音の一般的な伝播経路対策であり、一般的に現地組み立てによって設置される。その構成部材として、殆どは面材として分割された遮音パネルであり、遮音壁の減音性能を左右するのは遮音パネルによるところが多い。次に現行の遮音壁における問題点を挙げる。1つ目は音響性能とその評価方法の問題点である。遮音パネルの性能評価基準値として音響透過損失が設定されている。しかし測定時には、パネル間の継ぎ目に粘土等を覆って設置するのが通例となっている。また、ポリカーボネイト板(板厚5mm)など旧型の透光板は低剛性で音響透過損失も小さいため、高い壁に採用される場合では、パネル放射(音響透過)の影響が懸念される。2つ目は遮音壁構造の問題点である。遮音壁の必要性能を満足するためには、遮音パネルが隙間無く設置されていることが前提だが、その継ぎ目には隙間埋めなど特別な処理は施していない。その結果、遮音壁の現地設置構造は隙間からの漏洩音が懸念される。さらには、性能評価時と現地施工時の設置状態は合致しているとは言いがたく、性能評価結果が現地施工時に期待できるか疑問である。3つ目は設置に対する問題点である。一般的に遮音壁の設置は建設工事と変わりなく、施工業者も音響の専門家では無い工事業者が行うことになる。結果として、遮音壁の音響性能を無視した施工をされる可能性は否めない。これら問題解決の第一段階として、問題の根本となる組み立て方式の遮音壁構造による性能劣化要因について着目し、要因に対する影響を検討する必要がある。そこで本論文では、組み立て方式遮音壁の主な性能劣化要因として、性能劣化の影響が大きいと想定される a)隙間からの漏洩、b)パネル放射に着目する。本論文では2つの性能劣化要因について、フィールド調査・数値解析・模型実験といった観点から検討を行い、性能劣化が生じる場合の性能評価について検討を行うことを目的とする。次に本論文の構成を示す。第2章では、既設の遮音壁に設置された遮音パネルを対象としたフィールド調査を行い、既設遮音壁における隙間と音響性能の関連性を考察する。第3章では、数値解析で適用する2次元境界要素法(BEM)と、BEMと有限要素法(FEM)の結合解法について定式化を説明する。第4章では、遮音壁構造を対象とした2次元BEMを用いて、パネル間に発生した隙間による性能劣化を検討する。第5章では、結合解法を用いて、隙間に加えてパネル放射音も考慮した場合の遮音壁の性能劣化を検討する。また模型実験を行い、数値解析手法の妥当性を示す。さらに、道路交通騒音に対して遮音壁の性能劣化について示す。最後に、パネル放射に対する遮音壁の性能改善について、一手法を提案する。第6章では、これまでの内容をまとめ、今後の課題と展望を示す。

Noise barriers are used to suppress road traffic noise. The barriers are assembled on the roadside mostly from divided panels. The noise-shielding performance of… (more)

Subjects/Keywords: 遮音壁; Noise barrier; 道路交通騒音; Road traffic noise; パネル; Panel; 性能劣化; Performance degradation; 隙間; Slit; 漏洩音; Leak sound; 放射音; Radiation sound; 音響透過損失; Sound transmission loss; 数値解析; Numerical analysis; 境界要素法; Boundary element method; 有限要素法; Finite element method; フィールド調査; Field work; 模型実験; Acoustic scale model experiment

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

堀内, . (2013). 組み立て方式遮音壁の性能評価に関する研究 : A Study on the Performance Evaluation of an Assembled Noise Barrier; クミタテ ホウシキ シャオン ヘキ ノ セイノウ ヒョウカ ニ カンスル ケンキュウ. (Thesis). Kyushu University / 九州大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2324/15455

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

堀内, 章司. “組み立て方式遮音壁の性能評価に関する研究 : A Study on the Performance Evaluation of an Assembled Noise Barrier; クミタテ ホウシキ シャオン ヘキ ノ セイノウ ヒョウカ ニ カンスル ケンキュウ.” 2013. Thesis, Kyushu University / 九州大学. Accessed November 20, 2017. http://hdl.handle.net/2324/15455.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

堀内, 章司. “組み立て方式遮音壁の性能評価に関する研究 : A Study on the Performance Evaluation of an Assembled Noise Barrier; クミタテ ホウシキ シャオン ヘキ ノ セイノウ ヒョウカ ニ カンスル ケンキュウ.” 2013. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

堀内 . 組み立て方式遮音壁の性能評価に関する研究 : A Study on the Performance Evaluation of an Assembled Noise Barrier; クミタテ ホウシキ シャオン ヘキ ノ セイノウ ヒョウカ ニ カンスル ケンキュウ. [Internet] [Thesis]. Kyushu University / 九州大学; 2013. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2324/15455.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

堀内 . 組み立て方式遮音壁の性能評価に関する研究 : A Study on the Performance Evaluation of an Assembled Noise Barrier; クミタテ ホウシキ シャオン ヘキ ノ セイノウ ヒョウカ ニ カンスル ケンキュウ. [Thesis]. Kyushu University / 九州大学; 2013. Available from: http://hdl.handle.net/2324/15455

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

20. 平野, 克枝. 大臼歯の萌出と石灰化に関する研究.

Degree: 博士(歯学), 2013, Kyushu University / 九州大学

本研究は,大臼歯の萌出と石灰化に関するものである。第一章では「咬合の鍵」である第一大臼歯に着目し,その石灰化と萌出の左右差について検討を行った。また第二章では,第二大臼歯の石灰化遅延と第一大臼歯との関連について検討を行った。いずれも,1998年~2006年の9年間に九州大学病院小児歯科を受診し,パノラマエックス線写真上で上下顎とも両側の第二乳臼歯が完全萌出している小児476名を対象とした。資料はパノラマX線写真のみとし,今回独自に設定した萌出位置の判定基準と,Gleiser & Huntが設定した石灰化段階を指標に解析を行った。歯胚位置の左右差は,萌出の促進あるいは遅延が片側性に生じたものといえる。また,歯の萌出は歯根の石灰化とともに進行していくことから,一般に萌出の遅れは石灰化の遅れに起因すると考えられている。第一章より,第一大臼歯の歯胚位置の左右差は全体の13.2%で認められ,最も差が認められたのは萌出期である6歳の21.3%であった。しかし第一大臼歯の石灰化の左右差は全体の7.4%に過ぎず,最も差が認められたのは同じく萌出期の6歳で12.4%であった。この結果は,第一大臼歯の萌出遅延は,石灰化遅延以外の要因によっても生じうることを示唆している。本研究ではその要因を明らかにすることはできなかった。しかし今回の結果から,たとえ第一大臼歯歯胚の石灰化に左右差が認められない場合であっても,左右どちらかの萌出が遅延する可能性を念頭に,経過観察を行う必要があるといえる。また,萌出位置に左右差を認めた年齢は上顎では8歳まで,下顎では7歳までであった。小児歯科臨床では 第一大臼歯の萌出が片側性に遅延し,位置に左右差が認められる症例をしばしば経験する。その原因が臨床的に特定できない場合,病的な遅延か,あるいは一過性の遅延かの判断は難しい。明らかな異常所見を認めない症例を対象とした本研究結果から,上顎では9歳まで,下顎では8歳までを経過観察の時期とし,その時点で左右差が解消されない場合は,積極的な萌出誘導も検討するという基準を提示することができた。第二章より,第二大臼歯の石灰化遅延は,上顎で3.9%,下顎で2.0%,全体で4.6%の症例で認められることが明らかとなった。このうち,第一大臼歯にも萌出や石灰化の左右差が認められるものは半数であった。これまで第一大臼歯の石灰化遅延の頻度に関してはいくつか報告がなされてきたが,第二大臼歯に関しては不明であり,本研究で得られた第二大臼歯の石灰化遅延の発生頻度は,第一大臼歯のそれと近似していた。以上のことより,同じ大臼歯群である第一大臼歯と第二大臼歯の石灰化遅延歯ほぼ同じ頻度で発生すると考えられ,両者の間には発生過程で何らかの関連性があることが示唆された。 Advisors/Committee Members: 野中, 和明, 福本, 敏.

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

平野, . (2013). 大臼歯の萌出と石灰化に関する研究. (Thesis). Kyushu University / 九州大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2324/15551 ; http://dx.doi.org/10.15017/15551

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

平野, 克枝. “大臼歯の萌出と石灰化に関する研究.” 2013. Thesis, Kyushu University / 九州大学. Accessed November 20, 2017. http://hdl.handle.net/2324/15551 ; http://dx.doi.org/10.15017/15551.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

平野, 克枝. “大臼歯の萌出と石灰化に関する研究.” 2013. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

平野 . 大臼歯の萌出と石灰化に関する研究. [Internet] [Thesis]. Kyushu University / 九州大学; 2013. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2324/15551 ; http://dx.doi.org/10.15017/15551.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

平野 . 大臼歯の萌出と石灰化に関する研究. [Thesis]. Kyushu University / 九州大学; 2013. Available from: http://hdl.handle.net/2324/15551 ; http://dx.doi.org/10.15017/15551

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

21. 黒田, 剛士. 交差する周波数変化音の連続性の知覚について : The subjective continuity and discontinuity of crossing glide tones; コウサスル シュウハスウ ヘンカオン ノ レンゾクセイ ノ チカク ニツイテ.

Degree: 博士(芸術工学), 2013, Kyushu University / 九州大学

空隙転移錯覚は聴覚における錯覚現象であり,二つの周波数変化音の交差する音刺激パターンにおいて生ずる。長い音に挿入された時間的空隙が,長い音ではなく,それと交差する短い音にあるかのように知覚される。本研究においては,聴覚心理実験を行ない,長い音と短い音との音圧レベルの差が空隙転移錯覚の生起におよぼす影響について検証した。実験では,4000 msの音と400 msの音とが互いの時間的中央において交差するパターンを用いた。これらの音の周波数は1/3 oct/sの率で変化し,交差点における周波数は1000 Hzであった。長い音の時間的中央に100 msの時間的空隙が挿入された。長い音と短い音とのレベル差によって,3種類の知覚の生ずることがわかった。長い音のレベルに対する短い音のレベルの相対的な値が約-9 dBから約+2 dBまでの範囲にあるときに,空隙転移錯覚が生じた。すなわち,長い音はつながって,短い音は途切れて知覚された。長い音のレベルより短い音のレベルがかなり低くなると,長い音が途切れ,短い音がつながって知覚されることが多くなった。長い音のレベルより短い音のレベルが高くなると,長い音と短い音との両方がつながって知覚された。 音の連続-不連続の知覚を説明した従来の仮説によれば,物理的に途切れた音がつながっているように知覚されるためには,その音の空隙部分がそれを補完するのに十分な音エネルギーで満たされている必要がある。しかし,長い音のレベルより短い音のレベルが9 dB低いときでさえ空隙転移錯覚の生じうることが示された。このとき長い音はつながったものとして知覚されるが,空隙部分がそれを補完するのに十分な音エネルギーで満たされているとは考えにくい。音の連続-不連続の知覚を包括的に説明するためには,従来の仮説を修正する必要がある。空隙転移錯覚は,近接した音の始まりと終わりとが知覚のうえで優先的に結びつくために生ずると説明されている。そこで,音の始まりと終わりとの時間的配置,そして音エネルギーの時間的持続性という2つの要因を統合した仮説を提出し,空隙転移錯覚に対する長い音と短い音との音圧レベル差の効果を説明することを試みた。 この音圧レベル差の効果に関する知見から,倍音成分を有する周波数変化音が交差するパターンにおける空隙転移錯覚の生起を予測できる可能性が示された。実験では,倍音関係にある3つの成分からなる周波数変化音の交差するパターンを用いた。上述したパターンと同じ持続時間と周波数変化率を採用した。成分の交差する周波数は500 Hz,1000 Hz,1500 Hzであった。空隙転移錯覚はこのようなパターンにおいても生ずるが,スペクトル成分間の相対的なレベル関係について長い音と短い音との間に違いのあるときに生じにくくなることがわかった。そのときの知覚内容は,聴取者,およびスペクトルの条件によって異なるが,長い音が途切れて,短い音がつながって知覚される場合と,長い音と短い音との両方がつながって知覚される場合との2種類が見られた。このスペクトル構造の違いによる知覚への影響は,刺激パターンに含まれる個々の成分に着目したときに,レベルの異なる長い成分と短い成分とが交差する対のあることに由来するようである。このような交差対を取り出して単独の対として呈示すると,空隙転移錯覚の場合とは必ずしも一致しない知覚が得られる。このときの長い成分と短い成分との連続性に基づいて,刺激パターン全体における長い音と短い音との知覚上の連続性の決定されることが,データから推測される。以下のように考えれば,実験結果を説明することができる。交差対を単独の対として呈示したときに,途切れて知覚される長い成分が一つでもあれば,刺激パターン全体における長い音は途切れて知覚されやすく,つながって知覚される短い成分が一つでもあれば,刺激パターン全体における短い音はつながって知覚されやすい。この考えに従えば,交差対の全てにおいて,それらを単独の対として呈示したときに空隙転移錯覚が生じなければ,刺激パターン全体において空隙転移錯覚は生じにくいことになり,このことは実験結果によく対応している。

The gap transfer illusion is an auditory illusion where a temporal… (more)

Subjects/Keywords: 空隙転移錯覚; gap transfer illusion; 知覚; 錯覚; auditory illusion; 聴覚; ; Sound; 周波数; frequency; 変化音; 連続聴錯覚; sound pressure level; SPL

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

黒田, . (2013). 交差する周波数変化音の連続性の知覚について : The subjective continuity and discontinuity of crossing glide tones; コウサスル シュウハスウ ヘンカオン ノ レンゾクセイ ノ チカク ニツイテ. (Thesis). Kyushu University / 九州大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2324/16819 ; http://dx.doi.org/10.15017/16819

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

黒田, 剛士. “交差する周波数変化音の連続性の知覚について : The subjective continuity and discontinuity of crossing glide tones; コウサスル シュウハスウ ヘンカオン ノ レンゾクセイ ノ チカク ニツイテ.” 2013. Thesis, Kyushu University / 九州大学. Accessed November 20, 2017. http://hdl.handle.net/2324/16819 ; http://dx.doi.org/10.15017/16819.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

黒田, 剛士. “交差する周波数変化音の連続性の知覚について : The subjective continuity and discontinuity of crossing glide tones; コウサスル シュウハスウ ヘンカオン ノ レンゾクセイ ノ チカク ニツイテ.” 2013. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

黒田 . 交差する周波数変化音の連続性の知覚について : The subjective continuity and discontinuity of crossing glide tones; コウサスル シュウハスウ ヘンカオン ノ レンゾクセイ ノ チカク ニツイテ. [Internet] [Thesis]. Kyushu University / 九州大学; 2013. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2324/16819 ; http://dx.doi.org/10.15017/16819.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

黒田 . 交差する周波数変化音の連続性の知覚について : The subjective continuity and discontinuity of crossing glide tones; コウサスル シュウハスウ ヘンカオン ノ レンゾクセイ ノ チカク ニツイテ. [Thesis]. Kyushu University / 九州大学; 2013. Available from: http://hdl.handle.net/2324/16819 ; http://dx.doi.org/10.15017/16819

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

22. 瀬戸崎, 典夫. 多視点型VR教材の開発および効果的な活用に関する研究 : Study of Development and Effective Use of Multi-view VR Teaching Material; タシテンガタ VR キョウザイ ノ カイハツ オヨビ コウカテキナ カツヨウ ニ カンスル ケンキュウ.

Degree: 博士(工学), 2013, Kyushu University / 九州大学

理科離れにおける課題解決の一助として,児童・生徒の理解度に重点を置いたマルチメディア教材が用いられてきた.一方,VR技術を用いた教材は,マルチメディア教材にはない没入感や臨場感を与え,実際に見ることや体験できないことを提示することが可能である.したがって,VR教材は実験や観察を疑似体験することで児童・生徒の興味や関心を高め,理解度を向上させることができ,理科離れの対策として新たな教材となりうる. VR技術は,すでに教育の分野において着目されており,これまでにVR教材の開発や実践的な研究がなされてきた.しかしながら,VR教材の効果的な活用方法,児童・生徒の発達段階に着目した授業実践など,教育現場に導入するための具体的な知見を得る研究はなされておらず,教育現場への導入の段階には至っていない. 本研究の目的は,理科離れの児童・生徒らを主な対象として,教育の現場で有効に活用できる VR教材を開発し,その学習効果を評価することによって,実践的に役立つ教材活用の方法を明らかにすることとした. 以下,図1のように順を追って得られた知見についてまとめる. まず,教育現場で利用可能なVR教材を開発するために,小中高校の教員を対象にニーズ調査を実施した.調査結果において,理科離れの主な要因である空間認知を試し,理解の支援となる教材として「月の満ち欠けのしくみ」を教授する多視点型太陽系VR教材を開発した.仮想空間でインタラクティブに操作可能であり,3D映像によって太陽系を俯瞰するだけではなく,地球からの視点も同時に提示することができ,学習者の視点移動を支援する教材として開発した. 次に,授業実践を通して児童・生徒および,教員の評価によって,「教材の有用性の検討」,「スクリーンサイズの選定」を行った.その結果,VR授業を受けた生徒は授業に対して高い興味を持ち,空間認知力に関わらず理解度が向上し,教育現場において有用であるとの見通しを得た.また,大型スクリーン(横5m×高さ2m)は,没入感や立体感を向上させ,多視点型太陽系VR教材において使用するスクリーンとして適しているとの印象を得た.そこで,教材の効果的な活用法を検討する際には,大型スクリーンを使用することとした. さらに,小学生と高校生を対象とした授業実践により,VR教材の効果的な活用方法を検討した.その結果,VR教材を教育現場に用いる際には学習者の発達段階や習熟度を考慮して,活用方法や使用するシステムを検討することが肝要であることが明らかになった.小学生は多視点型太陽系VR教材を導入として使用することで月の満ち欠けのしくみについての理解度が向上し,高校生はまとめとして使用することによって学習に対する興味や態度が高まることが明らかになった.また,多視点型太陽系VR教材は習熟度が下位層の児童・生徒に特に有用な教材であることが明らかになった.一斉授業だけではなく,空間認知が苦手な児童・生徒に対して補習用の教材として用いることも可 能である.その場合,設置時間や運搬を考慮すると小型スクリーンの使用も視野にいれる必要があることが示唆された. 本研究は,約3年半にわたって教育現場でVR教材を使用した授業の観察とアンケート調査,テストによる評価を行った.ピアジェが提唱する発達段階や学習者の習熟度および,板書授業に組み込む上での効果的な活用方法に着目して評価した結果から幾つかの知見を得た.このような調査と効果について研究した例はこれまでになく,開発したVR教材が非常に優れた理科教育のツールとして有効活用できることを明らかにした.

There is a serious problem today, in countries many young people are moving away from… (more)

Subjects/Keywords: 理科離れ; moving away from the sciences; VR教材; VR teaching materials

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

瀬戸崎, . (2013). 多視点型VR教材の開発および効果的な活用に関する研究 : Study of Development and Effective Use of Multi-view VR Teaching Material; タシテンガタ VR キョウザイ ノ カイハツ オヨビ コウカテキナ カツヨウ ニ カンスル ケンキュウ. (Thesis). Kyushu University / 九州大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2324/16974 ; http://dx.doi.org/10.15017/16974

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

瀬戸崎, 典夫. “多視点型VR教材の開発および効果的な活用に関する研究 : Study of Development and Effective Use of Multi-view VR Teaching Material; タシテンガタ VR キョウザイ ノ カイハツ オヨビ コウカテキナ カツヨウ ニ カンスル ケンキュウ.” 2013. Thesis, Kyushu University / 九州大学. Accessed November 20, 2017. http://hdl.handle.net/2324/16974 ; http://dx.doi.org/10.15017/16974.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

瀬戸崎, 典夫. “多視点型VR教材の開発および効果的な活用に関する研究 : Study of Development and Effective Use of Multi-view VR Teaching Material; タシテンガタ VR キョウザイ ノ カイハツ オヨビ コウカテキナ カツヨウ ニ カンスル ケンキュウ.” 2013. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

瀬戸崎 . 多視点型VR教材の開発および効果的な活用に関する研究 : Study of Development and Effective Use of Multi-view VR Teaching Material; タシテンガタ VR キョウザイ ノ カイハツ オヨビ コウカテキナ カツヨウ ニ カンスル ケンキュウ. [Internet] [Thesis]. Kyushu University / 九州大学; 2013. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2324/16974 ; http://dx.doi.org/10.15017/16974.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

瀬戸崎 . 多視点型VR教材の開発および効果的な活用に関する研究 : Study of Development and Effective Use of Multi-view VR Teaching Material; タシテンガタ VR キョウザイ ノ カイハツ オヨビ コウカテキナ カツヨウ ニ カンスル ケンキュウ. [Thesis]. Kyushu University / 九州大学; 2013. Available from: http://hdl.handle.net/2324/16974 ; http://dx.doi.org/10.15017/16974

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

23. 川瀬, 康彰. 音響的ソフト境界を有する消音器の広帯域化と縮小化及びその応用に関する研究 : Research on broadbanding, miniaturization and its application of a silencer which have acoustically soft boundaries; オンキョウテキ ソフト キョウカイ ヲ ユウスル ショウオンキ ノ コウタイイキカ ト シュクショウカ オヨビ ソノ オウヨウ ニ カンスル ケンキュウ.

Degree: 博士(芸術工学), 2013, Kyushu University / 九州大学

本論文は,ダクト騒音の低周波数域において良好な低減性能を持つ,ダクト断面周囲の音響特性がソフトである消音器について検討するものである。 音響的にソフトな境界とは,表面の吸音率が0複素反射率が-1というもので,境界面での音圧が零となる,音響的に剛な境界の対極をなすものである。理想的なソフト境界を有するダクトでは,入射する平面波は完全反射され,下流側へ騒音が伝搬しないため,騒音制御にソフト境界を導入することで良好な効果を得られることが期待される。「理想的」とするのは,一般的な材質で定義通りの条件を満たすものが存在しないからであるが,対象周波数の1/4波長となる音響管を配列することで近似的に実現される。 1/4波長音響管を騒音制御に用いた検討はこれまでに幾つか行われてきている。ダクトへの適用に関する基礎的な研究としては,音響管の幅や配列寸法と得られる効果の関係について調べられている。しかし,減音効果と密接な関係があるダクトの幅と効果の関係について検討が為されていない。 また,1/4波長音響管は,その機構が故に減音性能が周波数依存することが避けられない。そのため,広帯域化に関する応用的研究が行われており,異なる設計周波数の音響管を組み合わせる場合について検討されており,一定の成果を得ている。しかし,その際に組み合わせるべき設計周波数に関する指標を示すまでに至っておらず,実用的な設計に向けては検討の余地が多く残されている。 なお,ソフトダクトは低周波数域において良好な成果が得られるが,制御対象周波数が低くなるに従って必要となる音響管の寸法も大きくなる。この問題について,ダクトスペースを縮小化させるための検討が行われており,音響管開口端に薄膜を付加したり,音響管にヘルムホルツ共鳴器を組み込むことに関する検討が行われている。しかし,これらの方法は,減音効果が小さくなったり効果の得られる帯域が狭くなったりするなどといった二次的な問題を生じており,縮小化に関しても多くの課題が残る。 防音壁への応用についても検討されているが,基となるべきソフトダクトにおける広帯域化や縮小化の検討に課題が残されていることもあり,開口部へのソフトダクト適用方法について有用なアイデアが出されたものの,実用に向けては多くの課題が残されている。 本論文では,これらの既往の研究に関する課題点を整理した上で,ソフトダクトの減音性能に関して,ソフトダクトを構成する寸法と得られる効果についてダクト幅をパラメータに含めた体系的な整理を行うことや,基本形状及び広帯域化のための配列について設計指針の策定を目的とした。また,ソフトダクトの縮小化に関して,効果の得られる帯域幅が制限されないような新しい形状を提案して縮小化を図ると共に,提案した音響管を用いてソフトダクトの広帯域化についても検討する。また,ソフトダクトの広帯域化と縮小化について得られた知見を基に,ダクト以外の騒音対策への適用について実用的な対策案を提案することを目的とする。 まず,ソフトダクトを構成する各部寸法と効果の関係について整理した結果,ダクトの幅が遮断周波数決定要因となる重要な知見を得て,その遮断周波数と音響管の設計周波数の関係により得られる周波数特性が大きく影響されることを示した。また,設計周波数の波長に対するソフトダクト各部寸法を一定の比率として,異なる設計周波数の音響管を組み合わせた場合,組み合わせる設計周波数が概ね明示的に得られることになるため,設計が容易になることを示した。更に,設計周波数を連続的に変化させた場合に得られる効果について数値計算による検討を行ったところ,設計周波数のシフト幅と設計周波数の波長に対するダクト幅の比の逆数を掛け合わせたパラメータと非常によい相関関係にあることを明らかにし,広帯域化設計の指標となるものを導き出すことができた。 次に,ソフトダクトの縮小化について検討を行った。本論文では,縮小化によって帯域が制限されないような形状として,音響管の側面を傾斜させる新たな形状を提案した。この形状により,体積を一定にした状態で減音効果をより低周波数域へシフトさせることが可能であることや,体積を一定にした状態で減音効果を低域にも高域にもシフトさせることが出来ることを示した。また,音響管寸法変化では説明できない周波数シフトの理由について,円筒進行波の解析から説明した。更に,側面の傾斜タイプが異なる音響管を組み合わせることでソフトダクトユニットの縮小化や広帯域化が可能であることを示した。 最後に,上記で得た知見を基に,防音壁開口部への適用について検討した。広帯域騒音である新幹線騒音を対象にした検討では,それまでに検討してきた広帯域化の音響管ユニットを適用しても有意な効果は得られなかった。しかし,特定の周波数が卓越する変圧器を対象とした検討では,開口部へソフトダクトを配列した場合に得られる効果が,開口部のない同じ高さの単純障壁と同じとなり,防音壁に開口が設けられた場合であってもソフトダクトを用いた騒音制御が非常に有効であることを示した。

This paper studies a silencer with a soft acoustic feature of the circumference of a… (more)

Subjects/Keywords: 音響; sound; 騒音; noise; ダクト; duct; 消音器; silencer; ソフトダクト; soft duct

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

川瀬, . (2013). 音響的ソフト境界を有する消音器の広帯域化と縮小化及びその応用に関する研究 : Research on broadbanding, miniaturization and its application of a silencer which have acoustically soft boundaries; オンキョウテキ ソフト キョウカイ ヲ ユウスル ショウオンキ ノ コウタイイキカ ト シュクショウカ オヨビ ソノ オウヨウ ニ カンスル ケンキュウ. (Thesis). Kyushu University / 九州大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2324/17122 ; http://dx.doi.org/10.15017/17122

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

川瀬, 康彰. “音響的ソフト境界を有する消音器の広帯域化と縮小化及びその応用に関する研究 : Research on broadbanding, miniaturization and its application of a silencer which have acoustically soft boundaries; オンキョウテキ ソフト キョウカイ ヲ ユウスル ショウオンキ ノ コウタイイキカ ト シュクショウカ オヨビ ソノ オウヨウ ニ カンスル ケンキュウ.” 2013. Thesis, Kyushu University / 九州大学. Accessed November 20, 2017. http://hdl.handle.net/2324/17122 ; http://dx.doi.org/10.15017/17122.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

川瀬, 康彰. “音響的ソフト境界を有する消音器の広帯域化と縮小化及びその応用に関する研究 : Research on broadbanding, miniaturization and its application of a silencer which have acoustically soft boundaries; オンキョウテキ ソフト キョウカイ ヲ ユウスル ショウオンキ ノ コウタイイキカ ト シュクショウカ オヨビ ソノ オウヨウ ニ カンスル ケンキュウ.” 2013. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

川瀬 . 音響的ソフト境界を有する消音器の広帯域化と縮小化及びその応用に関する研究 : Research on broadbanding, miniaturization and its application of a silencer which have acoustically soft boundaries; オンキョウテキ ソフト キョウカイ ヲ ユウスル ショウオンキ ノ コウタイイキカ ト シュクショウカ オヨビ ソノ オウヨウ ニ カンスル ケンキュウ. [Internet] [Thesis]. Kyushu University / 九州大学; 2013. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2324/17122 ; http://dx.doi.org/10.15017/17122.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

川瀬 . 音響的ソフト境界を有する消音器の広帯域化と縮小化及びその応用に関する研究 : Research on broadbanding, miniaturization and its application of a silencer which have acoustically soft boundaries; オンキョウテキ ソフト キョウカイ ヲ ユウスル ショウオンキ ノ コウタイイキカ ト シュクショウカ オヨビ ソノ オウヨウ ニ カンスル ケンキュウ. [Thesis]. Kyushu University / 九州大学; 2013. Available from: http://hdl.handle.net/2324/17122 ; http://dx.doi.org/10.15017/17122

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

24. 松永, 孔梨子. 伝承のための歌舞伎化粧のデータ化とその応用に関する研究 : A Study on the Archive Method of the Kabuki Make-up; デンショウ ノ タメ ノ カブキゲショウ ノ データカ ト ソノ オウヨウ ニ カンスル ケンキュウ.

Degree: 博士(芸術工学), 2013, Kyushu University / 九州大学

男子のみの役者により演じられる日本の伝統芸能である歌舞伎において、化粧は重要である。舞台照明や上映形態の変化に伴い、「隈取」のような化粧のパターンが役者たちにより考案されてきた。歌舞伎の伝承には形のない「わざ」を伝えることが重要である。このため、伝承者養成や記録作成などの活動がなされている。立ちふるまいや形状など、形のあるものに込められた実体のない「わざ」が重要であるにも関わらず、現状の記録においては、実体のある表層部分を記録しているに過ぎないという問題がある。また、記録作成にあたっては、その活用の場を広げることも課題である。 本研究では、歌舞伎化粧を伝承していくための記録手法を提案する。その目的は大きく二つある。一つ目は、役者の「わざ」の記録である。捉えることの難しい役者の「わざ」を形のある情報として記録する方法について模索する。二つ目は、記録の再現・再編への応用である。記録したデータを組み合わせ再現するだけでなく、組み合わせを変化させ、シミュレーションに用いるなど情報の応用についても考慮する。本手法は、2つの調査をもとに提案される。1つは役者の化粧における工夫や独自の表現などの「わざ」に関する情報についての調査である。2つめは、既存の記録を対象に「わざ」に関わる情報の提示方法に関する調査である。本手法は歌舞伎化粧を構成する各要素を一元的に捉え、それぞれを物理量として計測するという手法である。また、記録データを目的に応じて組み合わせ、または別の情報と置換することによって意図する状況下の歌舞伎の化粧を再現する。本研究では記録の応用方法として、アニメーション表現や、実際の化粧料を塗布できる、「模型」と「3DCG」という2つの三次元的な手法を選択した。 次に、本手法を用いて実際に歌舞伎化粧の記録をおこなった。本研究では構成要素を形状的要素と、色彩的要素に分けそれぞれ記録し、データの応用をおこなった。形状的要素としては役者の顔形状の3Dデジタイザによる記録や、光造形装置を用い模型を作成した。色彩的要素としては、歌舞伎白粉の反射特性の計測と推定をおこない「模型」と「3DCG」による再現をおこなった。また、ろうそくの照明光計測データと本記録を組み合わせ、3DCGによるろうそく舞台における歌舞伎化粧の再現をおこなった。本研究を通し、「わざ」を保存し、伝承していくためには、調査をもとにさまざまなデータを検討すること、また、記録データの応用を検討する必要があることがわかった。これまで計測や記録ではとらえることの難しい役者の「わざ」の本質に技術の側面から迫ることで、さらに新しい「わざ」の発明にもつながる可能性がある。

Make-up is a crucial factor in traditional Japanese kabuki performances, especially since it is performed only by male actors. Unique patterns of make-up,… (more)

Subjects/Keywords: 歌舞伎化粧; kabuki; わざ; methods; 伝承; 記録; 3DCG; make-up

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

松永, . (2013). 伝承のための歌舞伎化粧のデータ化とその応用に関する研究 : A Study on the Archive Method of the Kabuki Make-up; デンショウ ノ タメ ノ カブキゲショウ ノ データカ ト ソノ オウヨウ ニ カンスル ケンキュウ. (Thesis). Kyushu University / 九州大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2324/17124 ; http://dx.doi.org/10.15017/17124

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

松永, 孔梨子. “伝承のための歌舞伎化粧のデータ化とその応用に関する研究 : A Study on the Archive Method of the Kabuki Make-up; デンショウ ノ タメ ノ カブキゲショウ ノ データカ ト ソノ オウヨウ ニ カンスル ケンキュウ.” 2013. Thesis, Kyushu University / 九州大学. Accessed November 20, 2017. http://hdl.handle.net/2324/17124 ; http://dx.doi.org/10.15017/17124.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

松永, 孔梨子. “伝承のための歌舞伎化粧のデータ化とその応用に関する研究 : A Study on the Archive Method of the Kabuki Make-up; デンショウ ノ タメ ノ カブキゲショウ ノ データカ ト ソノ オウヨウ ニ カンスル ケンキュウ.” 2013. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

松永 . 伝承のための歌舞伎化粧のデータ化とその応用に関する研究 : A Study on the Archive Method of the Kabuki Make-up; デンショウ ノ タメ ノ カブキゲショウ ノ データカ ト ソノ オウヨウ ニ カンスル ケンキュウ. [Internet] [Thesis]. Kyushu University / 九州大学; 2013. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2324/17124 ; http://dx.doi.org/10.15017/17124.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

松永 . 伝承のための歌舞伎化粧のデータ化とその応用に関する研究 : A Study on the Archive Method of the Kabuki Make-up; デンショウ ノ タメ ノ カブキゲショウ ノ データカ ト ソノ オウヨウ ニ カンスル ケンキュウ. [Thesis]. Kyushu University / 九州大学; 2013. Available from: http://hdl.handle.net/2324/17124 ; http://dx.doi.org/10.15017/17124

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

25. 副島, 潔. デジタルツールによる陶磁器デザインプロセスの改革に関する研究 : Research on the Innovation of the Ceramic Design Process Utilizing Digital Tools; デジタルツール ニ ヨル トウジキ デザイン プロセス ノ カイカク ニ カンスル ケンキュウ.

Degree: 博士(芸術工学), 2013, Kyushu University / 九州大学

陶磁器は長年の歴史があり、美術工芸品としての側面を持つ一方で、量産される工業製品でもあり、デザインから試作を経て製品が作られる。陶磁器の量産には石膏で作られた型が使用される。型製作は、これまで熟達した職人の手作業に頼っていた。後継者が育たないまま職人たちは高齢化して退職時期を迎えているが、このままでは産業自体が成り立たなくなる。一方で、新商品開発には、以前にも増してスピードと精度が求められている。 以上のような課題を克服するためには、コンピュータ技術に基づいたデジタル化されたプロセスの導入が非常に有効である。他の製品分野でも以前は同様の問題を抱えていたが、このプロセスの導入により解決が図られた。陶磁器業界は、デザインプロセスでのコンピュータ利用が遅れている。本研究は、コンピュ一タ技術によるデジタルデザインプロセスを陶磁器デザインの現場に導入し改革を図るため、形状デザインから型製作に至る各プロセスでの種々の問題を検証し、解決を図るものである。 効果的に導入するためには、効果的なプロセスを提示する必要がある。現状のプロセスを調査し、ヨーロッパの陶磁器メーカーでの先進事例を調査し、デジタルツールで置換するための新しいプロセスモデルを仮定した。 このプロセスモデルを実現するため、まずモデリングソフトウェアによる効果的な陶磁器の3D形状データ制作法を検討した。次に3Dデータを実体化するラピッドプロトタイピング技術によるサンプルモデル製作法について研究し、有効性を検討した。また現状のプロセスでは原型が必要だったが、3DデータからCNC切削による硬膏型の直接製作法について研究を重ねた。 CNC切削による型の精度、表面品質は、手作業に頼る現状のプロセスを遥かに上回るものである。製品と同品質の試作品が得られるまでの時間が短縮され、コストも安価である。型修正は正確に短時間で終了でき、試作サイクル回数も軽減することができた。 しかしながら、陶磁器には、焼成時に大きく変形を起こすという独特の問題がある。今までは変形を,予測するには経験に頼っていたが、新たなデジタルデザインプロセスをさらに効果的なものにするため、FEM解析技術を応用して、変形を予測する技術について研究した。仮想の弾性体に重力を与えて変形する様子を焼成変形の近似モデルとする研究を行い、非常に簡便で良好な予測手法であることを確認した。一連の研究成果により、試作サイクルを大幅に低減する一方で、今まで陶磁器では商品化が困難だった形状でも商品化できる可能性が生まれた。 新たな一連のデザインプロセスにより、型製作以前のデザイン段階で詳細な検討が行え、データがデジタル化されたことにより曖昧さが排除されて当初の意図が最後まで継承される。 型を精密に作る技術など、今まで重要であった一部の技能は次第に不要になってくることも考えられる。デジタルデザインツールに関する技術があれば、陶磁器の経験が浅い若者でも、熟練した職人の技能を遥かに上回る精度で、自動的に型を作ることが出来るようになった。人員配置も変化するであろう。デザイン検討はデータを確認することで行えるため、開発はグローバル化し、今までに見られなかった製品が生まれる可能性もある。業界でも3社がシステムを導入するなど認知も進みつつあり、今後の一層の普及が期待できる。

Mass-produced ceramics are an industrial product, and are mass-produces after the design and prototyping processes are completed. A gypsum mold is used for mass… (more)

Subjects/Keywords: 陶磁器; Ceramic; デザインプロセス; Design Process; デジタルツール; Digital Tools

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

副島, . (2013). デジタルツールによる陶磁器デザインプロセスの改革に関する研究 : Research on the Innovation of the Ceramic Design Process Utilizing Digital Tools; デジタルツール ニ ヨル トウジキ デザイン プロセス ノ カイカク ニ カンスル ケンキュウ. (Thesis). Kyushu University / 九州大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2324/17125 ; http://dx.doi.org/10.15017/17125

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

副島, 潔. “デジタルツールによる陶磁器デザインプロセスの改革に関する研究 : Research on the Innovation of the Ceramic Design Process Utilizing Digital Tools; デジタルツール ニ ヨル トウジキ デザイン プロセス ノ カイカク ニ カンスル ケンキュウ.” 2013. Thesis, Kyushu University / 九州大学. Accessed November 20, 2017. http://hdl.handle.net/2324/17125 ; http://dx.doi.org/10.15017/17125.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

副島, 潔. “デジタルツールによる陶磁器デザインプロセスの改革に関する研究 : Research on the Innovation of the Ceramic Design Process Utilizing Digital Tools; デジタルツール ニ ヨル トウジキ デザイン プロセス ノ カイカク ニ カンスル ケンキュウ.” 2013. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

副島 . デジタルツールによる陶磁器デザインプロセスの改革に関する研究 : Research on the Innovation of the Ceramic Design Process Utilizing Digital Tools; デジタルツール ニ ヨル トウジキ デザイン プロセス ノ カイカク ニ カンスル ケンキュウ. [Internet] [Thesis]. Kyushu University / 九州大学; 2013. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2324/17125 ; http://dx.doi.org/10.15017/17125.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

副島 . デジタルツールによる陶磁器デザインプロセスの改革に関する研究 : Research on the Innovation of the Ceramic Design Process Utilizing Digital Tools; デジタルツール ニ ヨル トウジキ デザイン プロセス ノ カイカク ニ カンスル ケンキュウ. [Thesis]. Kyushu University / 九州大学; 2013. Available from: http://hdl.handle.net/2324/17125 ; http://dx.doi.org/10.15017/17125

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

26. 増成, 和敏. 日本におけるテレビ受像機のデザイン変遷と家具調テレビの成立に関する研究 : A Study on the Design Development of Television Set and Kagu-cho TV in Japan; ニホン ニ オケル テレビジュゾウキ ノ デザインヘンセン ト カグチョウテレビ ノ セイリツ ニ カンスル ケンキュウ.

Degree: 博士(芸術工学), 2013, Kyushu University / 九州大学

本研究は,日本におけるテレビ受像機のデザイン変遷について,草創期から普及期,成熟期に至る過程を明らかにするとともに,日本独自のデザインとされる家具調テレビの成立について検証したものである。日本におけるテレビ開発は,戦後になって再開したため欧米先進諸国とは大きな差ができていた。そのため,1953(昭和28)年2月1日の本放送開始に向けたテレビ受像機開発においては,欧米からの技術導入とともにデザインも手本として導入された経緯がある。昭和20年代後半は,テレビの普及啓蒙活動として,「街頭テレビ」が設置され多くの生活者にテレビの魅力を知らしめることとなる。当時のテレビ受像機は,大衆にとって高嶺の花と言われる価格であったたが,「貸テレビ」「月賦販売」もあり次第に一般家庭へ普及していった。1950年代初頭の欧米では,オールインワンタイプを最高級機種としてコンソールタイプ,テーブルタイプで,画面サイズによる機種展開が行われている。これらのデザインは,日本のテレビ受像機にも影響を与え,テーブルタイプに着脱可能な4本の丸脚を付けたコンソレットタイプは,昭和30年代の主流となる。しかし,欧米のデザインは,日本の生活様式に合ったものだけが受け入れられたために,扉付のコンソールタイプは普及しなかった。また,オールインワンタイプは,高級機種としてではなくコストパフォーマンスのよい製品として導入された。昭和30年代後半に各社より製品化されたコンソールタイプにも4本の丸脚が付いているが,これも米国にあったテレビ受像機の形態を導入したもので,日本独自の発想からデザインされたものではなかった。この時期,カラーテレビ受像機が市場投入されるが,白黒テレビ受像機との価格差から販売は伸びなかった。一方,白黒テレビ受像機の普及率は95%を超えて2台目と買い替え需要が主となり,生活者の購入を喚起する手段としてデザインが注目されるようになる。このような状況の中で生まれたのが家具調テレビであった。昭和40年代の初めに生まれた家具調テレビの創作背景には,当時,世界的なデザイン潮流としてあったデーニッシュ・モダン・デザインがある。米国でも同様に家具調デザインによるテレビ受像機の機種展開が行われたが,家具調テレビのデザイン創作経緯より,米国の家具調デザインを模倣したものではないことは明らかである。家具調テレビを代表する典型的なデザインのひとつとされるのが,松下電器より発売された「嵯峨」である。当時の新聞広告では,「嵯峨」以前の機種より広告記述として「家具調」が使用されており,各社の広告記述でも確認できる。そして,次第に「家具調」を表現するデザインを各社が製品化したことから,広告記述の「家具調」が「家具調デザイン」を誘発した要因のひとつになったと推測できる。「家具調」の意味は,当初「欧米家具調」といった使用もされていることから和風,日本調と必ずしも一致するものではなかったが,「嵯峨」のデザインが和風ネーミングとともに大量広告されたために,家具調テレビは,日本調のイメージを持ち,「嵯峨」がその典型となったと推測できる。「嵯峨」の特徴は,張り出した天板,スピーカーグリル桟,本体と一体感のある脚,天然木の木質感表現である。中でも木質感表現は,住空間で生活者に与える意味性からイミテーションの塩ビシートになってからも家具調デザインに広く使用された。また,「嵯峨」は,シリーズ展開されており,初代「嵯峨」とは差別化された多様なデザインが展開されている。すなわち,白黒テレビ受像機の需要を喚起するためにデザインされ,常に新たな価値をデザインで生むことを目的としていた。「嵯峨」のデザインは,同社のステレオ「飛鳥」に影響されているとされるが,「嵯峨」は,同時期のステレオ「宴」の影響を受けており,「宴」は,上位機種であったステレオ「飛鳥」の影響を受けている。「飛鳥」は,現在においても日本調を代表するデザインとされているが,「飛鳥」をデザインした高田によると,日本調を狙ってデザインしたのではなく,松下電器の社内誌『松風』に始まる広報宣伝によって,「校倉づくり」の日本的造形イメージが付けられたことによる。家具調テレビの特徴が創出された経緯を意匠出願順に見ていくと,「嵯峨」の形態特徴3要素を具備した最初の意匠出願は,三洋電機からであったことがわかる。三洋電機は,家具調デザインをコンセプトとして「日本」を発売しており,家具調テレビの誕生の背景には,同時代のデザイン潮流があることがわかる。以上より,デザインは,デザイナー個人の行為によって創出されるものであるが,創作された時代と社会が背景にあることがわかる。テレビ受像機は,欧米先進諸国から導入されたデザインの中で日本の生活に相応しいものだけが残っていった。そして,メーカーの製品開発へのデザイン導入により,次第に日本独自のデザイン開発が重視され,その結実として家具調テレビが生まれたと見ることができるだろう。

This paper summarizes the transition of TV design in Japan and the development of Kagu-cho style TV. When Japan imported the technology for TV… (more)

Subjects/Keywords: テレビ受像機; Television Set; デザイン変遷; Design Development; 家具調テレビ; Kagu-cho TV

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

増成, . (2013). 日本におけるテレビ受像機のデザイン変遷と家具調テレビの成立に関する研究 : A Study on the Design Development of Television Set and Kagu-cho TV in Japan; ニホン ニ オケル テレビジュゾウキ ノ デザインヘンセン ト カグチョウテレビ ノ セイリツ ニ カンスル ケンキュウ. (Thesis). Kyushu University / 九州大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2324/17126 ; http://dx.doi.org/10.15017/17126

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

増成, 和敏. “日本におけるテレビ受像機のデザイン変遷と家具調テレビの成立に関する研究 : A Study on the Design Development of Television Set and Kagu-cho TV in Japan; ニホン ニ オケル テレビジュゾウキ ノ デザインヘンセン ト カグチョウテレビ ノ セイリツ ニ カンスル ケンキュウ.” 2013. Thesis, Kyushu University / 九州大学. Accessed November 20, 2017. http://hdl.handle.net/2324/17126 ; http://dx.doi.org/10.15017/17126.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

増成, 和敏. “日本におけるテレビ受像機のデザイン変遷と家具調テレビの成立に関する研究 : A Study on the Design Development of Television Set and Kagu-cho TV in Japan; ニホン ニ オケル テレビジュゾウキ ノ デザインヘンセン ト カグチョウテレビ ノ セイリツ ニ カンスル ケンキュウ.” 2013. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

増成 . 日本におけるテレビ受像機のデザイン変遷と家具調テレビの成立に関する研究 : A Study on the Design Development of Television Set and Kagu-cho TV in Japan; ニホン ニ オケル テレビジュゾウキ ノ デザインヘンセン ト カグチョウテレビ ノ セイリツ ニ カンスル ケンキュウ. [Internet] [Thesis]. Kyushu University / 九州大学; 2013. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2324/17126 ; http://dx.doi.org/10.15017/17126.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

増成 . 日本におけるテレビ受像機のデザイン変遷と家具調テレビの成立に関する研究 : A Study on the Design Development of Television Set and Kagu-cho TV in Japan; ニホン ニ オケル テレビジュゾウキ ノ デザインヘンセン ト カグチョウテレビ ノ セイリツ ニ カンスル ケンキュウ. [Thesis]. Kyushu University / 九州大学; 2013. Available from: http://hdl.handle.net/2324/17126 ; http://dx.doi.org/10.15017/17126

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

27. 蘇, 勛. 映像の変化パターンと音高の変化パターンの調和 : Subjective Congruence between Transformation Patterns of Moving Pictures and Pitch Shift of a Sound; エイゾウ ノ ヘンカパターン ト オンコウ ノ ヘンカパターン ノ チョウワ.

Degree: 博士(芸術工学), 2013, Kyushu University / 九州大学

映像と音の変化パターンの間に形成される調和感に関して,日本人・韓国人・中国人を対象として種々の条件下で印象評価実験を行い,体系的に検討を行った。映像の変化パターンとしては,上下の変化,左右の変化,拡大・縮小を対象とした。音の変化パターンとしては,音高の直線的な上昇および下降を対象とした。 まず,音高の上昇・下降と,映像の上下,左右,拡大縮小の各変化パターンの調和に関して印象評価実験により検討した。上下方向に切り替わるパターンに関しては,3カ国の被験者群とも,上昇方向への映像の切り替えと音高の上昇が調和し,下降方向への映像の切り替えと音高の下降が調和する傾向が得られた。上下という感覚に関しては,視覚と聴覚で共通した言語表現が使われているように強い結びつきがあり,上下方向の一致が高い調和感をもたらすと考えられる。拡大・縮小を用いた切り替えパターンにおいては,各被験者群とも,拡大する映像と上昇する音高,縮小する映像と下降する音高の組み合わせにより,音と映像が調和する傾向が得られた。調和する音と映像の組み合わせは,移動音源から日常体験されるドップラー・イリュージョン体験と同様の知覚内容であるため,自然な調和感が得られると考えられる。左右方向に切り替わるパターンに関しては,各被験者群とも,右方向への映像の切り替えと音高の上昇,左方向への映像の切り替えと音高の下降が調和する傾向が得られた。左右方向と音高の上下の対応関係による調和感は,視覚と聴覚から連想されるエネルギー・レベルが一致したことによるものと考えられる。次に,映像の3つの変化パターンから2つの変化パターンを組み合わせ,音高の上昇・下降との調和感について検討した。拡大・縮小が組み合わさった複合的な映像の変化パターンの場合には,3カ国の被験者群とも,映像と音高の上下方向の一致が,調和感に関して大きな影響力を持つ。拡大・縮小と音高変化の調和の効果に関しては,日本人では有効であるが,中国人では有効ではなく,韓国人では部分的に有効であった。上下と左右の動きを組み合わせた斜め方向の変化パターンにおいては,各被験者群とも,上下の動きが調和する音高パターンを決定する。左右方向の動きの影響は,ほとんどない。拡大・縮小と左右の動きを組み合わせた変化パターンにおいては,日本人,韓国人の被験者群では,拡大・縮小が調和する音高パターンを決定する。右方向,左方向いずれの動きを組み合わせた場合も,拡大には音高の上昇が,縮小には音高の下降が調和する。中国人被験者もおいても同様の傾向がみられるが,その効果は小さい。空間の上下感覚と音高の上下感覚の結びつきはかなり普遍的なもので,この結びつきは,日・韓・中の被験者群とも,映像の上下方向の変化が左右方向の変化,拡大・縮小と組み合わさった場合にも,他の要因に埋もれることなく機能する。複雑な変化パターンの映像も,上下方向の変化に合わせた音高の変化を組み合わせれば,音と映像の調和感が形成されると考えられる。左右の動きは,単独の場合には調和する音高の変化パターンは明確に定まるが,他の変化と複合した場合,日・韓・中の被験者群とも,調和する音高パターンを決める要因としてはあまり機能しない。最後に,音高の上昇・下降と映像の3条件の変化をすべて複合した視聴覚刺激の調和感について検討した。3カ国の被験者群に共通して,音高の上昇と上方向の移動,音高の下降と下方向の移動が調和する傾向,および,音高の上昇と映像の拡大,音高の下降と映像の縮小が調和する傾向が示された。ただし,音高と左右方向の調和の効果は認められなかった。2つの映像変化を組み合わせた実験においても,音高変化と左右方向の変化の調和に基づく効果は認められなかった。映像の変化が複合化した場合,左右の動きと音高変化との調和の効果は小さい。左右の動きの影響は明確ではなかったが,音高の上下とこれと調和すると考えられる映像の変化条件を3つ複合した視聴覚刺激においては高い調和度,調和しないと考えられる映像変化の3つ複合した視聴覚刺激においては低い調和度が得られた。さらに,日本人・中国人被験者群には,音高と映像の上昇が調和する効果が両者の下降が調和する効果より優勢である傾向が認められた。日本人被験者群では,さらに,音高の下降と映像の縮小が調和する効果が上昇と拡大が調和する効果よりも優勢である傾向,上昇と右方向が調和する効果が下降と左方向よりも調和する効果よりも優勢である傾向が認められた。ただし,このような傾向による調和度の差は小さい。韓国人被験者においては,このような傾向は認められなかった。本研究において,音と映像の間に成立する調和感に関して体系的な知見を示せたことは,視聴覚融合の過程を解明する上で有意義であり,視聴覚コンテンツのデザインにも活かしうるものと期待される。 Advisors/Committee Members: 岩宮, 眞一郎.

Subjects/Keywords: 変化パターン; Transformation Patterns; 音高; Pitch Shift of a Sound; 映像; Moving Pictures; 日本人; Japanese; 中国人; Chinese; 韓国人; Korean

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

蘇, . (2013). 映像の変化パターンと音高の変化パターンの調和 : Subjective Congruence between Transformation Patterns of Moving Pictures and Pitch Shift of a Sound; エイゾウ ノ ヘンカパターン ト オンコウ ノ ヘンカパターン ノ チョウワ. (Thesis). Kyushu University / 九州大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2324/17127 ; http://dx.doi.org/10.15017/17127

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

蘇, 勛. “映像の変化パターンと音高の変化パターンの調和 : Subjective Congruence between Transformation Patterns of Moving Pictures and Pitch Shift of a Sound; エイゾウ ノ ヘンカパターン ト オンコウ ノ ヘンカパターン ノ チョウワ.” 2013. Thesis, Kyushu University / 九州大学. Accessed November 20, 2017. http://hdl.handle.net/2324/17127 ; http://dx.doi.org/10.15017/17127.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

蘇, 勛. “映像の変化パターンと音高の変化パターンの調和 : Subjective Congruence between Transformation Patterns of Moving Pictures and Pitch Shift of a Sound; エイゾウ ノ ヘンカパターン ト オンコウ ノ ヘンカパターン ノ チョウワ.” 2013. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

蘇 . 映像の変化パターンと音高の変化パターンの調和 : Subjective Congruence between Transformation Patterns of Moving Pictures and Pitch Shift of a Sound; エイゾウ ノ ヘンカパターン ト オンコウ ノ ヘンカパターン ノ チョウワ. [Internet] [Thesis]. Kyushu University / 九州大学; 2013. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2324/17127 ; http://dx.doi.org/10.15017/17127.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

蘇 . 映像の変化パターンと音高の変化パターンの調和 : Subjective Congruence between Transformation Patterns of Moving Pictures and Pitch Shift of a Sound; エイゾウ ノ ヘンカパターン ト オンコウ ノ ヘンカパターン ノ チョウワ. [Thesis]. Kyushu University / 九州大学; 2013. Available from: http://hdl.handle.net/2324/17127 ; http://dx.doi.org/10.15017/17127

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

28. 栗田, 融. 竹林を取り巻く地域景観の保全に資する地域住民による竹の利用可能性に関する研究 : Local Use of Bamboo for the Conservation of the Regional Landscape Surrounding Bamboo Forests; チクリン ヲ トリマク チイキケイカン ノ ホゼン ニ シスル チイキジュウミン ニ ヨル タケ ノ リヨウカノウセイ ニ カンスル ケンキュウ.

Degree: 博士(芸術工学), 2013, Kyushu University / 九州大学

多種多様な地域景観は、地域固有の環境条件の下で形成されてきた。その環境条件の1つに、利用可能な自然環境資源を始めとする地域資源を人々が活用し続けてきたことがある。このような地域資源の1つに竹林がある。かつて竹林は、地域資源として人々の生活と密接な関わりを持ち、里山の一部を構成していた。しかし近年、国産竹の需要低下や生活スタイルの変化などにより、竹林と人々との関わりが希薄になるとともに、放置される竹林が増え、里山に代表される竹林を取り巻く地域景観の混乱が生じてきている。その結果、竹林を含む里山林に期待されるいくつかの有益な機能が失われてきたことから、人々の利用を前提とした竹林の管理が求められるようになってきた。その利用のあり方は、竹林を取り巻く地域景観の保全に関わる“林産物生産林”“景観保全林”“環境林”といった異なる管理に対応できるように設定される必要がある。 そこで本研究では、主に“景観保全林”としての管理に対応可能な竹林と人々との新たな関わり方として、地域住民による竹の利用機会を「活用パターン」として設定することを目的とした。 本論文は7章からなり、各章ごとの要旨を以下に述べる。 第1章「研究の視点と意義および目的」では、既往の文献および研究事例の調査を通じ、竹林を取り巻く地域景観の保全に資する地域住民による竹の利用可能性を検討することの意義と研究目的を明らかにした。地域住民による竹の利用機会を増やす可能性を検討するため、以下の5つの主要な研究目的を設定し、大分県を研究対象地とした。 ①竹利用の取り組みの変遷にみる地域住民と竹との関わりを明らかにすること ②立地特性からみた地域住民が関わりやすい竹林の条件を明らかにすること ③地域住民による竹の利用を促す条件を明らかにすること ④地域住民による竹の利用に期待される成果と地域特性および活用母体との関係を明らかにすること ⑤地域住民による竹の利用機会を活用パターンとして設定すること 第2章「研究方法」では、1章で述べた5つの主要な研究目的に対応した研究方法を設定した。研究方法には、研究目的①について歴史関係資料・統計資料による調査および地方自治体の関係部局へのヒアリング調査、研究目的①と②について現存植生図および地形図データによる竹林の立地調査、研究目的③と④について県内の公立小・中学校の教員および市民活動団体の代表者へのアンケート調査という調査手法を用い、研究目的⑤については研究目的②・③・④の結果を用いるものとした。 第3章「竹利用の取り組みの変遷にみる地域住民と竹との関わり」では、竹林の規模と分布状況や竹利用の取り組みの変遷から大分県における竹林を取り巻く状況を把握した。結果、地域資源である竹林および竹に対し、産業資源としての利用だけでは生活環境を維持し竹林を取り巻く地域景観を保全する上で十分ではなく、今後は地域住民を含めた利用者を広く求め、人々と竹林との新たな関わりを支援するまたは創る必要があることを示した。 第4章「立地特性からみた地域住民が関わりやすい竹林の条件」では、大分県における竹林の立地状況の把握を通じて、「竹林で活動しやすい傾斜度」「接近しやすい建物・集落から竹林までの距離」「作業しやすい道路から竹林までの距離」を難易度条件として竹林の関与タイプを類型し、立地特性からみた地域住民が関わりやすい竹林の条件を示した。地域住民が関わりやすい竹林は、竹林の立地特性による関わりやすさへの制約が小さい“関与容易Aタイプ” “関与容易Bタイプ”、関わりやすさへの制約がややある“関与可能Aタイプ”であることを示した。 第5章「地域住民による竹の利用を促す条件」では、大分県における地域住民による竹に関するこれまでの利用事例の把握を通じて、地域住民による最も「利用しやすい方法」は、低度加工・低度技術といった“専門的な技術を要しない竹材の利用”であることを示した。さらに、小・中学生を対象とした取り組みでは、“専門的な技術を要する竹材の利用”も「利用しやすい方法」であり、市民活動団体を母体とした取り組みでは、“竹林での活動”も十分に「利用しやすい方法」であることを示した。また、竹を「利用しやすい方法」に共通して挙げられた「利用時の課題」に対応した活動しやすい環境作りを行っていくことで、地域住民による竹の利用機会が増える可能性を示した。 第6章「地域住民による竹の利用に期待される成果と地域特性および活用母体との関係」では、まず大分県の全市町村について、都市計画区域の内外・近年の人口動態・県全体の人口密度との高低比較を指標に地域特性を分類した。次に、大分県における「地域住民による竹の利用に期待される成果」を地域特性および活用母体別に把握し、竹の利用機会の多様性を検討した。地域住民による竹の利用機会を増やすために有効な取り組み方として、地域特性と活用母体別にみられる特徴から2つの方法を示した。1つは、竹の利用に期待される成果の地域特性による違いに着目し、過疎化傾向にある地域の取り組みに、都市化傾向にある地域の人々が参加し竹を利用する機会を持つ方法である。1つは、竹の利用に期待される成果の活用母体による違いに着目し、小・中学校を核とした場において、地域を超えた市民活動団体によるサポートにより竹を利用する機会を持つ方法である。 第7章「竹林を取り巻く地域景観の保全に資する地域住民による竹の利用可能性」では、4章・5章および6章の結果から、地域住民による竹の利用機会を「活用パターン」として設定した。このような「活用パターン」の設定により、次の点で竹の利用可能性を示すことができた。 ・地域特性に応じた“景観保全林”としての管理に適用することが可能であること ・竹の「利用時の課題」に対応した活動しやすい環境作りを行っていくことで、地域住民による竹の利用機会を計画的に増やせること ・竹林での活動だけでなく、竹材の利用を促進させることも、“景観保全林”に留まらず“林産物生産林”“環境林”といった竹林の管理のあり方に寄与できること 本研究で導かれた竹の「活用パターン」は、“景観保全林”として管理される竹林と地域住民との新たな関わり方として竹の利用機会を増やす可能性を示すものであり、「竹林を取り巻く地域景観」の計画的な保全に寄与するための1つの方法を提供することにつながると考える。

Regional landscape diversity arises from… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

栗田, . (2013). 竹林を取り巻く地域景観の保全に資する地域住民による竹の利用可能性に関する研究 : Local Use of Bamboo for the Conservation of the Regional Landscape Surrounding Bamboo Forests; チクリン ヲ トリマク チイキケイカン ノ ホゼン ニ シスル チイキジュウミン ニ ヨル タケ ノ リヨウカノウセイ ニ カンスル ケンキュウ. (Thesis). Kyushu University / 九州大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2324/17128 ; http://dx.doi.org/10.15017/17128

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

栗田, 融. “竹林を取り巻く地域景観の保全に資する地域住民による竹の利用可能性に関する研究 : Local Use of Bamboo for the Conservation of the Regional Landscape Surrounding Bamboo Forests; チクリン ヲ トリマク チイキケイカン ノ ホゼン ニ シスル チイキジュウミン ニ ヨル タケ ノ リヨウカノウセイ ニ カンスル ケンキュウ.” 2013. Thesis, Kyushu University / 九州大学. Accessed November 20, 2017. http://hdl.handle.net/2324/17128 ; http://dx.doi.org/10.15017/17128.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

栗田, 融. “竹林を取り巻く地域景観の保全に資する地域住民による竹の利用可能性に関する研究 : Local Use of Bamboo for the Conservation of the Regional Landscape Surrounding Bamboo Forests; チクリン ヲ トリマク チイキケイカン ノ ホゼン ニ シスル チイキジュウミン ニ ヨル タケ ノ リヨウカノウセイ ニ カンスル ケンキュウ.” 2013. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

栗田 . 竹林を取り巻く地域景観の保全に資する地域住民による竹の利用可能性に関する研究 : Local Use of Bamboo for the Conservation of the Regional Landscape Surrounding Bamboo Forests; チクリン ヲ トリマク チイキケイカン ノ ホゼン ニ シスル チイキジュウミン ニ ヨル タケ ノ リヨウカノウセイ ニ カンスル ケンキュウ. [Internet] [Thesis]. Kyushu University / 九州大学; 2013. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2324/17128 ; http://dx.doi.org/10.15017/17128.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

栗田 . 竹林を取り巻く地域景観の保全に資する地域住民による竹の利用可能性に関する研究 : Local Use of Bamboo for the Conservation of the Regional Landscape Surrounding Bamboo Forests; チクリン ヲ トリマク チイキケイカン ノ ホゼン ニ シスル チイキジュウミン ニ ヨル タケ ノ リヨウカノウセイ ニ カンスル ケンキュウ. [Thesis]. Kyushu University / 九州大学; 2013. Available from: http://hdl.handle.net/2324/17128 ; http://dx.doi.org/10.15017/17128

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

29. 沈, 瓊. 都心部における路面店ファサードの類型化とデザイン計画の方向性 : 中国の南京市と日本の福岡市の比較を通して : Typology and Direction of Design Methods for Store Facades in City Centers - Comparison between Nanjing City (China) and Fukuoka City (Japan); トシンブ ニ オケル ロメンテンファザード ノ ルイケイカ ト デザインケイカク ノ ホウコウセイ ー チュウゴク ノ ナンキンシ ト ニホン ノ フクオカシ ノ ヒカク ヲ トオシテ.

Degree: 博士(芸術工学), 2013, Kyushu University / 九州大学

都心部における路面店ファサードは、産業化、国際化の急速な進展、および新しいライフスタイルの多様化に伴い、より良い品質や快適性を重視すると同時に、地域性や特徴を創出することが必要である。本研究は、姉妹都市である日本の福岡県と中国の江蘇省についての各県都の福岡市と南京市をケーススタディーとして、両都市の都心部の路面店ファサードの各構成要素と、ファサードが人に与える印象評価との関連性に基づき各類型のファサードの特徴を明らかにし、各類型のファサードデザインの方法、および都心部における路面店ファサードデザインの方向性を導くことを目的とした。本論は、ファサードをデザインする専門分野において各構成要素によりファサードの各特徴を作り出すことを研究するところから着手した。まず、既往研究や路面店ファサードの現状により、各構成要素を路面店ファサードの外形を表す構造要素(形状、縦横比、開放率、シンメトリー、素材)、雰囲気を作り出す装飾要素(装飾、色)、店の宣伝、利用者のニーズや行動と密接な関係を結ぶ補助要素(看板、文字、スタンドサイン、壁面広告など)の3つに類型化した。これらの構成要素の物理量調査の結果を用い、クラスター分析を行い、両都市の服飾用品業態・生活用品業態・飲食業態の101件の路面店ファサードを6類型に分類した。この6類型は伝統建具型(南京市)、伝統建具型(福岡市)、窓口型、多彩・広告型、開放型、閉鎖型である。そして、各類型の構成要素の比較分析の結果から、福岡市のファサードの独自性は、各業態の地域性や歴史性が重視され、伝統的な建築の建具のほかに、布、植物や木など自然の素材が多く使用されていた。それに対して、南京市のファサードは、伝統の歴史や文化を受け継ぐ地域性のあるファサードは尐ないが、多彩・広告型のファサードが多く、多種な色、大きく書かれた店名、多くの壁面広告などにより、目立つ効果が求められている。また、開放型と閉鎖型は南京市と福岡市の共通性であることが示された。更に、両都市の3業態の大分類と8業態の小分類の構成要素についてその特徴を把握することができた。また、路面店ファサードの印象評価による各類型の特徴を把握するために、前章の結果に基づき、両都市の各業態の6類型から、3件ごとに(最小2サンプル)、合わせて65サンプルを調査対象とし、12対の評価用語項目と自由回答を含むアンケート調査を行った。評価用語のSD法調査結果に基づき主因子法の因子分析を行い、質因子や親近因子、特徴因子の3つの共通評価因子が得られた。また、因子得点平均値の比較分析の結果から、両都市の路面店ファサードは、全体的に質因子の差が大きいことが明らかになった。特に、南京市の路面店ファサードは目立っており、特徴があるという傾向があった。そして、各業態の大小分類別のファサードについての印象評価の特徴も明らかになった。更に、自由回答の結果から、ファサードの構成要素とファサードのデザインの質やまとまりは密接な関係があることが示された。一連の路面店ファサードの構成要素の物理量調査と印象評価の調査の分析結果に基づき両者の関連性を考察した。まず各構成要素と「質因子」との関係において、つり合いがとれる各構成要素と、こだわりのある構成要素の設置方法、各構成要素と業種業態との適用の方法、各構成要素の管理、メンテナンスの方法に基づき、ファサードの品質を作り出すことができる。次に各構成要素と「親近因子」との関係において、親近因子は、各類型の形状、開放率、素材、色、トーン、イスやテーブルなどの構成要素、および各構成要素のまとまりや清潔感との密接な関係があると考えられる。そして、装飾要素や各類型の構成要素のまとまり、各構成要素の管理、メンテナンスなどと「特徴因子」との関連性が最も強いと考えられる。第2章の路面店ファサードの構成要素の特徴の調査分析の結果により、都市の都心部における路面店の業態別ファサードデザインには、「伝統建具型が料理飲食業態に適用できる」、「多彩・広告型が日用生活用品業態、軽飲食業態に適用できる」、「開放型が服飾用品業態、喫茶業態に適用できる」、「閉鎖型が料理飲食業態、遊興飲食業態に適用できる」の4種類がある。また各類型の路面店ファサードのより良い品質、快適性、地域性と特徴を創出するために、路面店ファサードの各構成要素と「質因子」や「親近因子」、「特徴因子」との関係、両都市のそれぞれの路面店ファサードの問題点に対するファサードデザインの考察より、各類型の路面店ファサードのデザインの方向を導き出した。この方法より都心部における路面店ファサードデザインの方向性を定めるため、都市の地域性と文化特性の把握や各業態の大小分類の特徴の把握、各構成要素と3評価因子との関連性、および利用者の生活習慣・嗜好の把握などの4つの課題、構成要素のデザインの検討、メンテナンスの計画などの重要な留意点を抽出した。本研究は、地域性、特徴、親近性、まとまりのある、高質な路面店ファサードをデザインすることに有力な手がかりとなる。本論のファサードデザイン計画の方向性は、路面店ファサードの各構成要素の問題を改善・解決することに役立つものと期待する。

The purpose of this research was to guide the direction of the types, characteristics and design planning of different business store facades in city… (more)

Subjects/Keywords: 路面店ファザード; ファザードデザイン

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

沈, . (2013). 都心部における路面店ファサードの類型化とデザイン計画の方向性 : 中国の南京市と日本の福岡市の比較を通して : Typology and Direction of Design Methods for Store Facades in City Centers - Comparison between Nanjing City (China) and Fukuoka City (Japan); トシンブ ニ オケル ロメンテンファザード ノ ルイケイカ ト デザインケイカク ノ ホウコウセイ ー チュウゴク ノ ナンキンシ ト ニホン ノ フクオカシ ノ ヒカク ヲ トオシテ. (Thesis). Kyushu University / 九州大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2324/17129 ; http://dx.doi.org/10.15017/17129

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

沈, 瓊. “都心部における路面店ファサードの類型化とデザイン計画の方向性 : 中国の南京市と日本の福岡市の比較を通して : Typology and Direction of Design Methods for Store Facades in City Centers - Comparison between Nanjing City (China) and Fukuoka City (Japan); トシンブ ニ オケル ロメンテンファザード ノ ルイケイカ ト デザインケイカク ノ ホウコウセイ ー チュウゴク ノ ナンキンシ ト ニホン ノ フクオカシ ノ ヒカク ヲ トオシテ.” 2013. Thesis, Kyushu University / 九州大学. Accessed November 20, 2017. http://hdl.handle.net/2324/17129 ; http://dx.doi.org/10.15017/17129.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

沈, 瓊. “都心部における路面店ファサードの類型化とデザイン計画の方向性 : 中国の南京市と日本の福岡市の比較を通して : Typology and Direction of Design Methods for Store Facades in City Centers - Comparison between Nanjing City (China) and Fukuoka City (Japan); トシンブ ニ オケル ロメンテンファザード ノ ルイケイカ ト デザインケイカク ノ ホウコウセイ ー チュウゴク ノ ナンキンシ ト ニホン ノ フクオカシ ノ ヒカク ヲ トオシテ.” 2013. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

沈 . 都心部における路面店ファサードの類型化とデザイン計画の方向性 : 中国の南京市と日本の福岡市の比較を通して : Typology and Direction of Design Methods for Store Facades in City Centers - Comparison between Nanjing City (China) and Fukuoka City (Japan); トシンブ ニ オケル ロメンテンファザード ノ ルイケイカ ト デザインケイカク ノ ホウコウセイ ー チュウゴク ノ ナンキンシ ト ニホン ノ フクオカシ ノ ヒカク ヲ トオシテ. [Internet] [Thesis]. Kyushu University / 九州大学; 2013. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2324/17129 ; http://dx.doi.org/10.15017/17129.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

沈 . 都心部における路面店ファサードの類型化とデザイン計画の方向性 : 中国の南京市と日本の福岡市の比較を通して : Typology and Direction of Design Methods for Store Facades in City Centers - Comparison between Nanjing City (China) and Fukuoka City (Japan); トシンブ ニ オケル ロメンテンファザード ノ ルイケイカ ト デザインケイカク ノ ホウコウセイ ー チュウゴク ノ ナンキンシ ト ニホン ノ フクオカシ ノ ヒカク ヲ トオシテ. [Thesis]. Kyushu University / 九州大学; 2013. Available from: http://hdl.handle.net/2324/17129 ; http://dx.doi.org/10.15017/17129

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

30. 麻生, 由季. 防長市町の空間・建築・機能に関する研究 : 佐々並市・明木市・鹿野市を題材として : Space, Architecture and Function of Market Towns in the Province of Suo and Nagato. : Case Study of Sasanami-ichi, Akiragi-ichi and Kano-ichi; ボウチョウシチョウ ノ クウカン・ケンチク・キノウ ニ カンスル ケンキュウ ― ササナミイチ・アキラギイチ・カノイチ ヲ ダイザイ ト シテ.

Degree: 博士(芸術工学), 2013, Kyushu University / 九州大学

近世の都市は城下町のほかに門前町・港町・宿場町・市町といった在方の都市より構成される。在方の都市は機能別に分けて捉えられているが、市町以外にも市立てを行う町があり、宿場町以外にも宿がある町があり、その機能は多様で複合的である。近年城下町と対比してこれらを一括して在方町として捉え、総合的に空間と社会を捉える視点が提示されている。在方町のうち特異な存在である門前町と港町はこの観点からの研究が進み、その実態が明らかになりつつあるが、それ以外の宿場町や市町については必ずしも明らかでなく、一般的に市町は商業機能に特化した町、宿場町は宿駅機能に特化した町として捉えられがちである。近年市町に関しては、杉森玲子氏により、路上で交換する「市」における売買、常設店舗たる表店を構える見世売りの集合である「町」における売買、商人を泊める「宿」における売買、という3つの売買の形態が示され、商業機能を考える上で重要な視点が提示された。しかし前述した通り、市町に関する研究は商業機能に着目しており、なかでも市立てが遅くまで残ったとされる東国の題材が多く、市立てが早く衰退したとされる西国の研究は少ない。西国の市町である防長の市町について小林健太郎は、文献史料にみえる「市」が語尾に付く多くの小名(字)の存在から、漫然と定期市が開かれたと解釈され、多くの市町が成立したとされるが、その実態は判然としていない。防長の市町の中には、街道沿いに立地する市町もあることから、宿駅機能に特化した市町や定期市が開かれることから商業機能に特化した市町もあると考えられ、これらの両方が備わった市町もあると考えられる。本研究は、防長の市町における空間と社会の形態について、宿駅機能に特化したと考えられる佐々並市・明木市、商業機能に特化したと考えられる鹿野市を題材として、空間・建築・機能の分析を通して明らかにすることを目的とし、この目的に照らして、空間構成と機能との関係、建築構成と機能との関係、杉森氏が提示した商業機能の3つの形態である「市」「町」「宿」との関係について分析を行った。1章では、市立てのない佐々並市・明木市を取り上げ、宿泊機能・運送機能・商業機能に着目し、その空間構成及び機能配置の分析を行った。その結果、佐々並市では近世を通じて空間構成に変化が見られず、上ノ町が宿泊機能を担い、中ノ町が商業機能を担い、久年が運送機能を担ったと考えられる。商家の増加により段階的拡大を果たしたと考えられる明木市では、往還北側が宿泊機能を主として担い、南側が主として運送機能を担い、商業機能を担った商家は中心部に点在したと考えられ、新設された新町では往還を挟んで宿泊機能と運送機能が逆に配され、やや混在するに至ったことも明らかとなった。2章では、佐々並市における建築構成を通時的に各町ごとに検討し、1章で検討した結果と照らし合わせ、建築構成と機能の分析を行った。その結果、上ノ町・中ノ町の一部は、平入茅葺平屋建で、表側に広間を配した四間取り民家で、中ノ町・久年南半は表側にミセ・奥側に床の間を備えた平面形式を呈し、ミセの存在より商業機能を担ったと考えられ、久年北半は上ノ町と同様の建築構成を呈するが、隣家との間に通路を設けるという大きな特徴に運送機能が現れていると考えられ、前章の考察を照らし合わせると、上ノ町・中ノ町の一部の民家は宿泊機能を担い、中ノ町・久年北半の民家は運送機能を担い、中ノ町・久年南半の民家は商業機能を担ったことが明らかとなった。1・2章併せて計画的に機能を配置した藩主導で上から造られた宿駅機能に特化した市町の事例を考察した。3章では、定期市が開かれる鹿野市の空間構成・建築構成について分析した。市立てを行う市町として住民により造られ、その空間構成は北を上手とし、全ての宅地が住居である平入茅葺本屋と市商人に提供する妻入茅葺長屋との間に1間の空地を挟んだ構成で、上手に本屋・下手に長屋を配する町並み秩序が近世中期まで持続されたが、商業の発展に伴い、家数が倍増したことが明らかなり、商業機能に特化した市町であるといえる。近世後期には、市商人に提供されたと考えられる長屋は独立し、住民の住居である本屋はミセを設け、常設店となり、農家系民家の奥に座敷を増築した妻入商家系民家となり、平入茅葺本屋と妻入茅葺長屋で構成された町並みから、茅葺の中にも瓦葺の民家が並ぶ妻入指向の町並み景観へ変遷したことを明らかにした。以上の成果から、防長の市町には宿駅機能に特化した市町、商業機能に特化した市町があり、宿駅機能に特化した市町は、慶長期に藩主導で上から造られ、宿泊機能・運送機能・商業機能が計画的にまとまって配され、それぞれに適応した建築構成を持つ民家が配されたと考えられる。一方商業機能に特化した市町は、住民により下から造られ、規則性を持つ建築構成は近世中期まで維持されたと考えられるが、商業機能の発展に伴い、当初の規則は崩れた。杉森氏の検討に当てはめると、宿駅機能に特化した市町では「町」における見世売り、「宿」における売買が行われたと推察でき、商業機能に特化した市町は「市」から「町」へ変遷したと言え、「市」は補完的な位置づけとなった。二つの特殊な市町の事例を通して、防長市町の宿駅機能及び商業機能の特徴を把握でき、今後他の防長市町をこの特徴に照らして検討することにより、防長市町の特質を把握することが可能であると考える。 Advisors/Committee Members: 宮本, 雅明.

Subjects/Keywords: 防長市町; 宿駅機能; 商業機能; 佐々並市; 明市; 鹿野市

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

麻生, . (2013). 防長市町の空間・建築・機能に関する研究 : 佐々並市・明木市・鹿野市を題材として : Space, Architecture and Function of Market Towns in the Province of Suo and Nagato. : Case Study of Sasanami-ichi, Akiragi-ichi and Kano-ichi; ボウチョウシチョウ ノ クウカン・ケンチク・キノウ ニ カンスル ケンキュウ ― ササナミイチ・アキラギイチ・カノイチ ヲ ダイザイ ト シテ. (Thesis). Kyushu University / 九州大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2324/17132 ; http://dx.doi.org/10.15017/17132

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

麻生, 由季. “防長市町の空間・建築・機能に関する研究 : 佐々並市・明木市・鹿野市を題材として : Space, Architecture and Function of Market Towns in the Province of Suo and Nagato. : Case Study of Sasanami-ichi, Akiragi-ichi and Kano-ichi; ボウチョウシチョウ ノ クウカン・ケンチク・キノウ ニ カンスル ケンキュウ ― ササナミイチ・アキラギイチ・カノイチ ヲ ダイザイ ト シテ.” 2013. Thesis, Kyushu University / 九州大学. Accessed November 20, 2017. http://hdl.handle.net/2324/17132 ; http://dx.doi.org/10.15017/17132.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

麻生, 由季. “防長市町の空間・建築・機能に関する研究 : 佐々並市・明木市・鹿野市を題材として : Space, Architecture and Function of Market Towns in the Province of Suo and Nagato. : Case Study of Sasanami-ichi, Akiragi-ichi and Kano-ichi; ボウチョウシチョウ ノ クウカン・ケンチク・キノウ ニ カンスル ケンキュウ ― ササナミイチ・アキラギイチ・カノイチ ヲ ダイザイ ト シテ.” 2013. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

麻生 . 防長市町の空間・建築・機能に関する研究 : 佐々並市・明木市・鹿野市を題材として : Space, Architecture and Function of Market Towns in the Province of Suo and Nagato. : Case Study of Sasanami-ichi, Akiragi-ichi and Kano-ichi; ボウチョウシチョウ ノ クウカン・ケンチク・キノウ ニ カンスル ケンキュウ ― ササナミイチ・アキラギイチ・カノイチ ヲ ダイザイ ト シテ. [Internet] [Thesis]. Kyushu University / 九州大学; 2013. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2324/17132 ; http://dx.doi.org/10.15017/17132.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

麻生 . 防長市町の空間・建築・機能に関する研究 : 佐々並市・明木市・鹿野市を題材として : Space, Architecture and Function of Market Towns in the Province of Suo and Nagato. : Case Study of Sasanami-ichi, Akiragi-ichi and Kano-ichi; ボウチョウシチョウ ノ クウカン・ケンチク・キノウ ニ カンスル ケンキュウ ― ササナミイチ・アキラギイチ・カノイチ ヲ ダイザイ ト シテ. [Thesis]. Kyushu University / 九州大学; 2013. Available from: http://hdl.handle.net/2324/17132 ; http://dx.doi.org/10.15017/17132

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

[1] [2] [3] [4] [5] … [124]

.