Advanced search options

Advanced Search Options 🞨

Browse by author name (“Author name starts with…”).

Find ETDs with:

in
/  
in
/  
in
/  
in

Written in Published in Earliest date Latest date

Sorted by

Results per page:

Sorted by: relevance · author · university · dateNew search

You searched for publisher:"Kyoto Institute of Technology". Showing records 1 – 30 of 204 total matches.

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

Search Limiters

Last 2 Years | English Only

Languages

▼ Search Limiters

1. Sahashi, Ritsuko. Cell biological and genetical studies on DNA replication enzyme and protein modification enzyme in Drosophila : ショウジョウバエ DNA 複製酵素及びタンパク質修飾酵素の細胞生物学・遺伝学的解析.

Degree: 博士(学術), 2014, Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学

DNAポリメラーゼα,δ,そしてε(polα, polδ,polε)はゲノムのDNA合成を行う酵素である。polαがRNAプライマーとそれに引き続く20〜30塩基のDNAを合成し、その後、polαと置き換わったpolδ,polεが、それぞれ、ラギング鎖、リーディング鎖の合成を行うことがわかっている。先行研究によりpolαと相互作用する因子の1つとして、ヒストンH4の20番目のリジン残基(H4-K20)をモノメチル化する酵素であるPr-Set7が同定された。第1章において、私はDNA複製とヒストンH4-K20メチル化との関係及び、polαとPr-Set7の相互作用について注目をした。翅原基特異的にショウジョウバエpolαの触媒サブユニットであるpolα180kDaサブユニット(dpolαp180)をノックダウンすると成虫翅の萎縮(atrophied wing表現型)が見られdpolαp180とdPr-Set7のダブルノックダウン系統では、atrophied wing表現型の増強が見られた。また、dpolαp180ノックダウン系統の翅原基でのDNA合成をモニターするためBrdU incorporation assayを行なった結果、BrdU ポジティブな細胞数に減少がみられ、dpolαp180とdPr-Set7のダブルノックダウン系統では、BrdU ポジティブな細胞数は、さらに減少した。これらのことより、個体レベルでも両者の機能的関連が示唆され、dPr-Set7がdpolαとの相互作用を介してDNA複製の制御に関与することが示唆された。また、dpolαp180をノックダウンした翅原基における抗H4-K20モノメチル化抗体を用いた免疫染色法の結果、H4-K20モノメチル化のシグナルが減少するこを明らかにした。このことより、Pr-Set7のメチル化活性制御にdpolαが重要な働きを担っている可能性が示された。 2章では、ショウジョウバエpolεの58 kDサブユニット(dpolεp58)の機能解析を行った。polεはヘテロ4量体タンパク質であることが報告されているが、ショウジョウバエでは、現在のところ、触媒サブユニットである255 kD (dpolεp255)サブユニットと、2番目サブユニットのdpolεp58サブユニットが同定されている。dpolεp58変異系統は、蛹で致死となり、3齢幼虫の成虫原基や唾腺が野生型と比較して小型化していた。これらのことからdpolεp58が組織の成長、細胞増殖および生存に必須であると示唆された。dpolεp58変異系統3齢幼虫の複眼原基では、形態形成溝の後極側におけるBrdUの取り込みが減少し、通常は増殖が停止し、分化している後極側の細胞でM期のシグナルが増加していた。S期の遅延が引き起こされたため、後極側の細胞におけるM期のシグナルが増加したと考えられる。これらの結果より、dpolεp58がS期の進行に関与している事が明らかとなった。また、唾腺の核が野生型と比較して小型化している事が観察され、dpolεp58のendoreplicationへの関与も示唆された。さらに、変異系統を用いて他の複製関連因子の抗体でウエスタン免疫ブロットを行った結果、複製開始因子であるdOrc2レベルの顕著な減少が見られた。このことからdpolεp58とdOrc2が細胞内で相互作用する可能性が示めされ、これらのことよりpolεが複製開始に関与することが示唆された。 第3章では、ショウジョウバエの発生において、私は、ショウジョウバエトランスグルタミナーゼ B(dTG-B)の働きを理解することを目的にdTG-B過剰発現系統を用いてその表現型の解析を行った。トランスグルタミナーゼ(TG)は、タンパク質間の架橋反応を触媒するタンパク質間翻訳後酵素で、様々な生物学的プロセスに関わっている。ショウジョウバエトランスグルタミナーゼの遺伝子は1種類で、A型とB型の2種類の転写産物が作られる。dTG-B過剰発現系統では、rough eye表現型と翅脈の過形成が観察された。これらの表現型は、先行研究により報告されているトランスグルタミナーゼA(dTG-A)の過剰発現系統において観察された表現型と同様であり、これらの結果からdTG-Aだけでなく、dTG-Bも複眼の形成と翅脈の形成において、その制御に関わっていることが示唆された。

Subjects/Keywords: DNA replication; DNA polymerase; Transglutaminase

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Sahashi, R. (2014). Cell biological and genetical studies on DNA replication enzyme and protein modification enzyme in Drosophila : ショウジョウバエ DNA 複製酵素及びタンパク質修飾酵素の細胞生物学・遺伝学的解析. (Thesis). Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10212/2155

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Sahashi, Ritsuko. “Cell biological and genetical studies on DNA replication enzyme and protein modification enzyme in Drosophila : ショウジョウバエ DNA 複製酵素及びタンパク質修飾酵素の細胞生物学・遺伝学的解析.” 2014. Thesis, Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学. Accessed December 16, 2017. http://hdl.handle.net/10212/2155.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Sahashi, Ritsuko. “Cell biological and genetical studies on DNA replication enzyme and protein modification enzyme in Drosophila : ショウジョウバエ DNA 複製酵素及びタンパク質修飾酵素の細胞生物学・遺伝学的解析.” 2014. Web. 16 Dec 2017.

Vancouver:

Sahashi R. Cell biological and genetical studies on DNA replication enzyme and protein modification enzyme in Drosophila : ショウジョウバエ DNA 複製酵素及びタンパク質修飾酵素の細胞生物学・遺伝学的解析. [Internet] [Thesis]. Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学; 2014. [cited 2017 Dec 16]. Available from: http://hdl.handle.net/10212/2155.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Sahashi R. Cell biological and genetical studies on DNA replication enzyme and protein modification enzyme in Drosophila : ショウジョウバエ DNA 複製酵素及びタンパク質修飾酵素の細胞生物学・遺伝学的解析. [Thesis]. Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学; 2014. Available from: http://hdl.handle.net/10212/2155

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

2. Matsubara, Takanori. Studies on Highly-Efficient Production of Catechinone as Hair Dyestuff : カテキノン染毛料の高効率合成の研究.

Degree: 博士(工学), 2014, Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学

髪を染める人口が世界的に増加し、染毛の市場は現在も拡大の一途を辿っていている。最も多く用いられている酸化染毛剤においては、染毛の際に頭皮上で化学反応をさせて染色が進行する。その使用に伴う染毛剤の急性毒性(皮膚のかぶれ・毛髪の傷みなど)や慢性毒性(アレルギー・薄毛症・脱毛症・白髪化・再生不良貧血・リンパ腫・白血病・悪性腫瘍など)が問題視されている。また、染毛にともなう廃液が下水道に大量に流されている。以上の問題から、人体と環境への負荷を低減させた染毛法が強く望まれている。そのような状況のもとで、安全性のより高い染毛用染料カテキノンが開発された。本論文は、染毛用染料カテキノンの実用化へ向けた化学合成による染料生成の高効率化と染料の染色特性について述べている。

Subjects/Keywords: Catechinone; Hair dyestuff; Hair Colouring; (+)-Catechin; Biobased material; water alcohol mixed solution

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Matsubara, T. (2014). Studies on Highly-Efficient Production of Catechinone as Hair Dyestuff : カテキノン染毛料の高効率合成の研究. (Thesis). Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10212/2156

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Matsubara, Takanori. “Studies on Highly-Efficient Production of Catechinone as Hair Dyestuff : カテキノン染毛料の高効率合成の研究.” 2014. Thesis, Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学. Accessed December 16, 2017. http://hdl.handle.net/10212/2156.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Matsubara, Takanori. “Studies on Highly-Efficient Production of Catechinone as Hair Dyestuff : カテキノン染毛料の高効率合成の研究.” 2014. Web. 16 Dec 2017.

Vancouver:

Matsubara T. Studies on Highly-Efficient Production of Catechinone as Hair Dyestuff : カテキノン染毛料の高効率合成の研究. [Internet] [Thesis]. Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学; 2014. [cited 2017 Dec 16]. Available from: http://hdl.handle.net/10212/2156.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Matsubara T. Studies on Highly-Efficient Production of Catechinone as Hair Dyestuff : カテキノン染毛料の高効率合成の研究. [Thesis]. Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学; 2014. Available from: http://hdl.handle.net/10212/2156

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

3. Matsuyama, Yohei. Photoreactive oligonucleotides for the regulation of RISC function and their application to the analysis of epigenetic variations in DNA. : 光応答性核酵素子を用いたRISCの機能制御及びエピジェネティック変異の検出.

Degree: 博士(工学), 2014, Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学

発生や代謝などあらゆる生命活動は、遺伝子発現が細胞内のある特定の位置・時間において適切に行われることで、初めて正常な状態を維持することができる。しかし、様々な要因によって遺伝子発現に異常が生じると、ガンなどの重篤な疾患の発症につながることが明らかとなっている。本論文ではこの様な知見から、遺伝子発現の外部刺激による時空間的制御を可能とする技術を開発することで、疾患治療や遺伝子発現の解析ツールへと展開することを目的とした。外部刺激としては即時性と位置特異性に優れ、生体への応用が可能である「光」に着目した。本研究では、①:microRNAを始めとしたタンパク質をコードしないnon-coding RNA (ncRNA)による遺伝子発現調節機構、②:エピジェネティックな遺伝子発現制御機構において重要な役割を担う、DNA中の「シトシン塩基に施されるメチル化修飾」に焦点を絞り、これらの現象が引き起こす遺伝子発現調節機構を光照射により制御する手法の開発を目指した。

Subjects/Keywords: RNAi; microRNA; RISC; 5-methylcytosine; photo-crosslink

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Matsuyama, Y. (2014). Photoreactive oligonucleotides for the regulation of RISC function and their application to the analysis of epigenetic variations in DNA. : 光応答性核酵素子を用いたRISCの機能制御及びエピジェネティック変異の検出. (Thesis). Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10212/2157

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Matsuyama, Yohei. “Photoreactive oligonucleotides for the regulation of RISC function and their application to the analysis of epigenetic variations in DNA. : 光応答性核酵素子を用いたRISCの機能制御及びエピジェネティック変異の検出.” 2014. Thesis, Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学. Accessed December 16, 2017. http://hdl.handle.net/10212/2157.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Matsuyama, Yohei. “Photoreactive oligonucleotides for the regulation of RISC function and their application to the analysis of epigenetic variations in DNA. : 光応答性核酵素子を用いたRISCの機能制御及びエピジェネティック変異の検出.” 2014. Web. 16 Dec 2017.

Vancouver:

Matsuyama Y. Photoreactive oligonucleotides for the regulation of RISC function and their application to the analysis of epigenetic variations in DNA. : 光応答性核酵素子を用いたRISCの機能制御及びエピジェネティック変異の検出. [Internet] [Thesis]. Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学; 2014. [cited 2017 Dec 16]. Available from: http://hdl.handle.net/10212/2157.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Matsuyama Y. Photoreactive oligonucleotides for the regulation of RISC function and their application to the analysis of epigenetic variations in DNA. : 光応答性核酵素子を用いたRISCの機能制御及びエピジェネティック変異の検出. [Thesis]. Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学; 2014. Available from: http://hdl.handle.net/10212/2157

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

4. Kawaguchi, Kazuhiro. Plasmonic nanoparticle arrays fabricated and modified by energetic ions for chemical sensors : エネルギーイオンによる化学センサーのためのプラズモニックナノ粒子集合体の製作と改質.

Degree: 博士(工学), 2014, Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学

 Plasmonic nanoparticles made of silver and gold exhibit unique optical properties due to localized surface plasmon resonance in the visible wavelength range. A plasmonic sensor… (more)

Subjects/Keywords: Plasmon; Ion implantation; Sputtering; Plasma cleaning; Plasmonic sensor

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Kawaguchi, K. (2014). Plasmonic nanoparticle arrays fabricated and modified by energetic ions for chemical sensors : エネルギーイオンによる化学センサーのためのプラズモニックナノ粒子集合体の製作と改質. (Thesis). Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10212/2158

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Kawaguchi, Kazuhiro. “Plasmonic nanoparticle arrays fabricated and modified by energetic ions for chemical sensors : エネルギーイオンによる化学センサーのためのプラズモニックナノ粒子集合体の製作と改質.” 2014. Thesis, Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学. Accessed December 16, 2017. http://hdl.handle.net/10212/2158.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Kawaguchi, Kazuhiro. “Plasmonic nanoparticle arrays fabricated and modified by energetic ions for chemical sensors : エネルギーイオンによる化学センサーのためのプラズモニックナノ粒子集合体の製作と改質.” 2014. Web. 16 Dec 2017.

Vancouver:

Kawaguchi K. Plasmonic nanoparticle arrays fabricated and modified by energetic ions for chemical sensors : エネルギーイオンによる化学センサーのためのプラズモニックナノ粒子集合体の製作と改質. [Internet] [Thesis]. Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学; 2014. [cited 2017 Dec 16]. Available from: http://hdl.handle.net/10212/2158.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Kawaguchi K. Plasmonic nanoparticle arrays fabricated and modified by energetic ions for chemical sensors : エネルギーイオンによる化学センサーのためのプラズモニックナノ粒子集合体の製作と改質. [Thesis]. Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学; 2014. Available from: http://hdl.handle.net/10212/2158

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

5. 井上, 純一. 共振器集積による導波モード共鳴素子の開口微小化に関する研究.

Degree: 博士(工学), 2014, Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学

導波モード共鳴(guided-mode resonance:GMR)素子は,基板上に薄膜導波路とサブ波長周期構造(グレーティング)を集積して構成され,空間光入射に対して狭帯域反射スペクトルを示す。主に表面加工で作製できるため作製プロセスが少ない利点があるが,数百mサイズの大きな素子開口面積が必要という特徴がある。本研究では,数~数十mサイズの微小開口GMR素子を目指し,分布ブラッグ反射器(DBR)ペアから成る導波路共振器を集積した共振器集積導波モード共鳴フィルタ(cavity-resonator-integrated guided-mode resonance filter:CRIGF)を提案した。またCRIGFを設計するために特性解析モデルを構築した。素子を設計,作製し光学実験により狭帯域反射特性を実証した。レーザ共振器ミラー応用の観点から反射位相の波長依存性についても検討した。垂直共振器型面発光レーザ(VCSEL)の発振波長制御のためにCRIGFに基づく新規レーザ共振器ミラーを提案し,実証の第一段階として反射位相について検討した。GMR素子の特性解析にはRigorous Coupled Wave Analysis法やFinite-difference time-domain法が一般的であるが,前者はCRIGFへ適用困難であり,後者は適用できても計算時間が非常に長く素子設計には無用であった。そこでCRIGFの解析手法としてモード結合理論の適用を検討し,従来手法との比較により有用性を実証した。開口50 mのCRIGFを設計した。石英ガラス基板にプラズマCVDによって導波コア層を堆積し,その上に塗布した電子ビーム(EB)描画用レジストをEB直接描画してグレーティングパターンを形成した。作製した素子について光学実験により狭帯域反射特性を実証した。一方,さらなる開口微小化に伴い,発散導波光の波面湾曲によりDBR反射率が低下し,結果的にCRIGFの反射率が低下する問題が浮上した。そこでチャネル導波路へのCRIGF集積を検討した。しかしチャネル導波路は一般的にスラブ導波路よりも作製プロセスが多く複雑である。薄膜の導波コア層とストリップ形状のクラッド層から成るリッジ型チャネル導波路とし,クラッド層にグレーティングを集積する構造を検討した。ストリップ形状とグレーティングパターンを表面加工によって同時に作製できるため,スラブ導波路の場合と同じ工程数で作製可能である。まずチャネル導波路を試作し,導波光励振を確認した。次に10 m開口のCRIGFを作製し,光学実験によって反射特性を確認した。波長フィルタ応用において光導波路や光ファイバの入出力光をレンズレスで結合することは,光学システムの省スペース,低コスト,安定性の点から非常に魅力的である。しかしCRIGFとファイバとの位置合わせにはmオーダーの精度が必要であると予測され,位置ずれによるフィルタ特性の低下,不全が懸念される。そのため実験的に直接結合を試み,フィルタ特性を確認することは応用可能性を検討する上で意義がある。そこで単一モード光ファイバのモードフィールドに合わせて11 m開口のCRIGFを設計・作製し,ファイバとの直接結合において狭帯域高反射率特性を実証した。レーザ共振器ミラーへの応用の観点から,反射位相の波長依存性を知ることは非常に重要である。GMR素子については,高反射率波長近傍で反射位相が急峻に2 変化することが知られている。CRIGFにおいても同様の反射位相変化を示すことを実験的に明らかにした。VCSELの発振波長制御のために,外部共振器ミラーを用いて共振器長を変化させる手法が複数提案されているが,nmオーダーの発振波長制御のためには外部ミラーのアライメントトレランスがサブnm程度となり現実的でない。波長無依存の高反射率と特定波長近傍での急峻な反射位相変化を示すミラーを実現できれば,レーザ共振器を構成するミラー間距離に依存せずに任意の波長でのレーザ発振が期待できる。このようなミラーとして,金属ミラー上にバッファ層を介してCRIGFを集積した共振器集積導波モード共鳴ミラー(cavity-resonator-integrated guided-mode resonance mirror:CRIGF)を提案した。CRIGMの反射は,CRIGFと金属ミラーからの反射の重ね合わせの結果として生じるため,互いの位相関係がCRIGMの反射特性に影響を与えると予測される。この位相関係はバッファ層厚に依存する。そこでバッファ層厚の異なるCRIGM を設計・作製し,それぞれ反射位相の波長依存性を測定した。バッファ層厚に依存せず2 の反射位相変化を確認した。一方,バッファ層厚に依存して反射位相の変化率が異なることを明らかにした。

Subjects/Keywords: 波長フィルタ; 導波モード共鳴; 光導波路; レーザ共振器ミラー; グレーティングカップラ; 導波路グレーティング; 導波路共振器; 分布ブラッグ反射器

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

井上, . (2014). 共振器集積による導波モード共鳴素子の開口微小化に関する研究. (Thesis). Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10212/2160

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

井上, 純一. “共振器集積による導波モード共鳴素子の開口微小化に関する研究.” 2014. Thesis, Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学. Accessed December 16, 2017. http://hdl.handle.net/10212/2160.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

井上, 純一. “共振器集積による導波モード共鳴素子の開口微小化に関する研究.” 2014. Web. 16 Dec 2017.

Vancouver:

井上 . 共振器集積による導波モード共鳴素子の開口微小化に関する研究. [Internet] [Thesis]. Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学; 2014. [cited 2017 Dec 16]. Available from: http://hdl.handle.net/10212/2160.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

井上 . 共振器集積による導波モード共鳴素子の開口微小化に関する研究. [Thesis]. Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学; 2014. Available from: http://hdl.handle.net/10212/2160

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

6. 鴨井, 督. グラフェンナノ構造に関する分光学的研究.

Degree: 博士(工学), 2014, Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学

グラフェンは炭素原子のみで構成される2次元物質であり,その理想的な2次元性に由来して優れた電気的・物理的特性を示す。このため,電子デバイス分野への応用が強く期待されている。しかしながら,グラフェンの研究・開発は未だ基礎的な段階にあり,商業的利用に向け作製方法を含め,数多くの課題が存在している。グラフェンにおいては,その層数や形状などに応じて電気的特性が鋭く変化する。このことから分かるように試料状態に伴う物性の解明が特に重要であり,本論文ではこの点を考慮して,グラフェンの作製手法の確立と,分光学的手法による物性解明を目的とした。試料作製法には大面積作製に適した手法として,炭化ケイ素 (SiC) 熱分解法,およびアルコールを原料とする化学気相堆積 (CVD) 法に着目した。また,結晶性や伝導性などを中心とする試料の物性評価は主に分光学的手法により行った。 (1) SiC上エピタキシャルグラフェンに関する研究 SiC基板を1000 °C 以上の高温に加熱すると,Si原子が選択的に脱離し,表面に残った炭素原子がエピタキシャルグラフェンを形成する。本論文では特に,基板表面に周期的なナノファセット構造を有する微傾斜SiC上エピタキシャルグラフェンを用いて,電子的・構造的特性,および層数分布について分光学的研究を行った。ラマン分光測定では励起光源の短波長化,さらに共焦点光学系を用いることにより,グラフェンの効果的な観測に成功した。孤立グラフェンと比較してそのGピーク周波数が大きく高周波数側にシフトしていることから,エピタキシャルグラフェンはSiC基板により圧縮応力を受けていること,またこの応力はエピタキシャルグラフェンの層数増加に伴い緩和していくことを明らかにした。更に,ラマンイメージング測定により,成長初期段階で単層グラフェンが成長を始め,成長時間と共に数層グラフェンがSiC基板のステップ・テラスの方向を反映して,[11-20] 方向に対して垂直に成長していく様子を観測した。 (2) グラフェンへの不純物ドーピング グラフェンデバイス実現のためには,グラフェンの電子的・構造的制御が必要不可欠である。グラフェンへの不純物ドーピングは,現行のシリコンテクノロジーとも調和することから,有効な制御手法として注目される。グラフェンではホウ素 (B),および窒素 (N) 原子をアクセプター,ドナーとして,それぞれp型,n型グラフェンに変調することが期待される。これらの試料作製法の確立とドーピング効果の解明が応用上,重要な課題であると考え,本論文ではCVD法によるグラフェンへのB,N置換手法の確立とドーピング効果の解明を目的とした。X線光電子分光 (XPS) 測定より,作製された試料において,これらの不純物原子が炭素原子に置換していることを確認した。また,ラマン測定より,ドーピング濃度増大による欠陥誘起,ピーク周波数の変化を観測した。加えて,電気測定により,グラフェン中へのキャリア注入を示唆する結果を得た。これらの結果から,不純物濃度制御による系統的なドーピングに成功し,その効果に対する理解が深まった。 (3) 絶縁基板上へのナノグラフェン直接成長 グラフェンについては様々な作製手法がある中で,特にCVD法が大面積試料作製手法として期待される。しかしながら,従来のCVD法は基板として触媒金属基板を必要とするために,デバイス応用に向けては絶縁基板上への転写工程が必要となる。このことから,金属基板を必要としない新たなグラフェン作製技術が切望されてきた。本研究では絶縁基板である酸化マグネシウム (MgO) 上へのグラフェン直接成長を目的とし,MgO上へ高いsp2結合存在比率を持つグラフェン成長に成功した。本論文ではその成長割合がMgO基板の面方位により異なることを明らかにし,新たな成長モデルを提案した。この成長モデルは,グラフェンと基板との格子マッチングによって理解することができ,格子整合性が高い場合,そのグラフェン成長は基板に沿う形で広がっていき,炭素流量の増大で加速される。一方,格子整合しない場合,グラフェンは自己形成的に成長し,そのsp2存在比やドメインサイズ等は,炭素流量に依存することを明らかにした。 以上をまとめると, 本研究ではグラフェンの物性に関する多くの新事実を明らかにするとともに,グラフェンの物性制御や新たな作製手法の提起を行うなど,将来のデバイス作製に向けていくつかの新しい重要な知見を示した。 今後これらの知見を踏まえて, デバイス応用可能なレベルの電子物性制御まで発展させていくことにより, エレクトロニクス技術への貢献が期待される。

Subjects/Keywords: Raman spectroscopy; graphene; sublimation of SiC; Raman imaging; doping; chemical vapor deposition; direct growth

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

鴨井, . (2014). グラフェンナノ構造に関する分光学的研究. (Thesis). Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10212/2161

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

鴨井, 督. “グラフェンナノ構造に関する分光学的研究.” 2014. Thesis, Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学. Accessed December 16, 2017. http://hdl.handle.net/10212/2161.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

鴨井, 督. “グラフェンナノ構造に関する分光学的研究.” 2014. Web. 16 Dec 2017.

Vancouver:

鴨井 . グラフェンナノ構造に関する分光学的研究. [Internet] [Thesis]. Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学; 2014. [cited 2017 Dec 16]. Available from: http://hdl.handle.net/10212/2161.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

鴨井 . グラフェンナノ構造に関する分光学的研究. [Thesis]. Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学; 2014. Available from: http://hdl.handle.net/10212/2161

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

7. Yagi. Masaharu. Studies on Development of Controllers and State Estimation Filters for Teleoperation Systems with Communication Networks : ネットワークを介する遠隔制御システムのためのコントローラと状態推定フィルタの開発に関する研究.

Degree: 博士(工学), 2014, Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学

本論文では,ネットワークを介する柔軟マスタースレーブアームのバイラテラル制御について議論する.本研究で考える柔軟マスタースレーブアームを用いたバイラテラル制御システムは1リンクの剛体マスターアームと並行構造の1リンク柔軟スレーブアームから構成される.柔軟アームはEuler-Bernoulli梁であると仮定し,非線形システムとして扱う場合と線形システムとして近似して扱う場合の2種類がある.更に,柔軟アームはサーボモータによって駆動されるものとする.したがって,バイラテラル制御システムに組み込むためにサーボモータの数学モデルが必要となり,この数学モデルを明確に記述することで柔軟アームとサーボモータは一体のシステムとして記述されることになる.また,本研究で扱うバイラテラル制御システムは遅延時間が発生するネットワークによって接続されている.各アームの状態量や参照入力などはネットワークを介して相互に通信されるため,観測されるデータは遅延時間の影響を受けることになる.すなわち,ネットワークが発生する遅延時間によって送信したデータが時間軸に沿って平行移動する,もしくは乱雑さの影響を受けて観測されることになる.本研究では,遅延時間として「一定の遅延時間」,「時変の遅延時間」を設定し,各々の遅延時間に対して提案するバイラテラル制御システムのネットワーク化制御を議論する.このようなシステムに対してコントローラを設計するために,提案するバイラテラル制御システムの総エネルギ,すなわち剛体マスターアームのエネルギ,柔軟スレーブアームのエネルギ,更に両アームの根元の角度を一致させるための仮想エネルギの和に基づくリヤプノフ関数の候補を定義する.リヤプノフ関数の候補を時間微分することで,剛体アームに作用する反トルクを生成するPDコントローラ,柔軟アームのコントロールトルクまたはサーボモータの参照入力を生成するPDSコントローラを導出する.また,リヤプノフの安定定理より提案するバイラテラル制御システムの安定性及び受動性を解析的に証明し,システムが安定に動作するための各コントローラのゲインの条件を導出する.そして,提案するバイラテラル制御システムの性能を評価するために,数値シミュレーションと実機実験を行う.更に,本研究ではランダムな遅延時間を伴う線形確率システムに対して状態推定器を設計することを考える.ランダムな遅延時間は「平均遅延時間と乱雑さの和」及び「確率的ロジスティック方程式」によってモデル化する.システムの状態量がネットワークを介して観測される際にランダムな遅延時間の影響を受けるため,ランダムな遅延時間は観測システムに現れる.本論文では,ランダムな遅延時間を陽に取り扱うために観測システムにテイラー展開を施す.これにより観測システムは状態量とランダムな遅延時間の積を観測ノイズとして持つ確率システムとして表現される.ここで現れる観測ノイズは乗算ノイズと呼ばれ,これによりランダムな遅延時間を含むシステムは乗算ノイズを含む双線形システムとなる.このシステムに対してランダムな遅延時間の影響を低減するフィルターを設計し,更に,設計したフィルターの有効性を評価するために数値シミュレーションを行う.

Subjects/Keywords: Master-slave; Bilateral control system; Communication Network; Flexible arm; Time-varying delay; Constant time delay; Lyapunov function; Random delay; Kalman filter; State estimator; Multiplicative noise; Extended Kalman filter; State estimation; Stochastic logistic equation; PDS controller; High-geared servomotor

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Masaharu, Y. (2014). Studies on Development of Controllers and State Estimation Filters for Teleoperation Systems with Communication Networks : ネットワークを介する遠隔制御システムのためのコントローラと状態推定フィルタの開発に関する研究. (Thesis). Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10212/2162

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Masaharu, Yagi.. “Studies on Development of Controllers and State Estimation Filters for Teleoperation Systems with Communication Networks : ネットワークを介する遠隔制御システムのためのコントローラと状態推定フィルタの開発に関する研究.” 2014. Thesis, Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学. Accessed December 16, 2017. http://hdl.handle.net/10212/2162.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Masaharu, Yagi.. “Studies on Development of Controllers and State Estimation Filters for Teleoperation Systems with Communication Networks : ネットワークを介する遠隔制御システムのためのコントローラと状態推定フィルタの開発に関する研究.” 2014. Web. 16 Dec 2017.

Vancouver:

Masaharu Y. Studies on Development of Controllers and State Estimation Filters for Teleoperation Systems with Communication Networks : ネットワークを介する遠隔制御システムのためのコントローラと状態推定フィルタの開発に関する研究. [Internet] [Thesis]. Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学; 2014. [cited 2017 Dec 16]. Available from: http://hdl.handle.net/10212/2162.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Masaharu Y. Studies on Development of Controllers and State Estimation Filters for Teleoperation Systems with Communication Networks : ネットワークを介する遠隔制御システムのためのコントローラと状態推定フィルタの開発に関する研究. [Thesis]. Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学; 2014. Available from: http://hdl.handle.net/10212/2162

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

8. 門野, 浩二. 劣化JPEG画像の鮮明化及び劣化パラメータの推定に関する研究.

Degree: 博士(工学), 2014, Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学

本研究では、焦点ずれ劣化や運動劣化などの空間的な画質劣化と、JPEG符号化・復号化による画質劣化を複合的に受けた劣化JPEG画像に対して、ブロックノイズやモスキートノイズを増強させることなく鮮明化を行う画像処理手法を提案した。また、鮮明化に用いる劣化パラメータを変化させて鮮明化処理を行い、得られた複数の鮮明化画像の中から最良の鮮明化画像を選択する評価規準を提案した。

Subjects/Keywords: 焦点ずれ劣化; PEG符号化・復号化; 鮮明化; 運動劣化

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

門野, . (2014). 劣化JPEG画像の鮮明化及び劣化パラメータの推定に関する研究. (Thesis). Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10212/2163

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

門野, 浩二. “劣化JPEG画像の鮮明化及び劣化パラメータの推定に関する研究.” 2014. Thesis, Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学. Accessed December 16, 2017. http://hdl.handle.net/10212/2163.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

門野, 浩二. “劣化JPEG画像の鮮明化及び劣化パラメータの推定に関する研究.” 2014. Web. 16 Dec 2017.

Vancouver:

門野 . 劣化JPEG画像の鮮明化及び劣化パラメータの推定に関する研究. [Internet] [Thesis]. Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学; 2014. [cited 2017 Dec 16]. Available from: http://hdl.handle.net/10212/2163.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

門野 . 劣化JPEG画像の鮮明化及び劣化パラメータの推定に関する研究. [Thesis]. Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学; 2014. Available from: http://hdl.handle.net/10212/2163

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

9. 澤井, 浩子. 日中作業時の精神生理状態マネジメントに関する研究.

Degree: 博士(学術), 2014, Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学

日中作業時のパフォーマンス向上や、作業に適した精神生理状態の達成をきっかけとし、心身の健康促進、生活の質向上を導くという精神生理状態マネジメント手法について検討した。異なる作業形態である技能系作業時と知的作業時の精神生理状態に着目をし、技能系作業時のパフォーマンス向上手法と、知的作業時に適した光環境要件の一端を明らかにすることで、二つの観点から、精神生理状態マネジメント手法を提案した。

Subjects/Keywords: 技能; 精神生理状態; パフォーマンス; 光環境

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

澤井, . (2014). 日中作業時の精神生理状態マネジメントに関する研究. (Thesis). Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10212/2164

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

澤井, 浩子. “日中作業時の精神生理状態マネジメントに関する研究.” 2014. Thesis, Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学. Accessed December 16, 2017. http://hdl.handle.net/10212/2164.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

澤井, 浩子. “日中作業時の精神生理状態マネジメントに関する研究.” 2014. Web. 16 Dec 2017.

Vancouver:

澤井 . 日中作業時の精神生理状態マネジメントに関する研究. [Internet] [Thesis]. Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学; 2014. [cited 2017 Dec 16]. Available from: http://hdl.handle.net/10212/2164.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

澤井 . 日中作業時の精神生理状態マネジメントに関する研究. [Thesis]. Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学; 2014. Available from: http://hdl.handle.net/10212/2164

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

10. 吉田, 修一. オートバランサにおけるバランス残差低減方法とその動作解析 : Reduction Method of Residual Balancing Error in Auto-Balancer and its Motion Analysis.

Degree: 博士(工学), 2014, Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学

本論文の目的は、オートバランサのバランスボールのバランス残差を低減して振動抑制性能を向上するために、より最適な回転速度プロファイルの条件を求めることにある。そのために危険速度通過時のボール動作を詳しく解析する。これまでの多くの報告では、オートバランサの定常的な特性を論ずることに主眼を置いており、非定常特性が論じられることはなかったのに対して、本稿ではオートバランサの運動方程式を非定常振動モードでモデリングし、オートバランサ加速時の時間軸シミュレーションを行う。即ち、回転速度プロファイルの変速期間における開始時刻と終了時刻とプロファイル形状をパラメータとして網羅的にシミュレーションにより解析することにより、バランス残差を低減するための最適な条件を探る。その際にボールの移動力を考慮することで、残差が解消できる根拠を示す。また、オートバランサの危険速度通過時におけるバランスボールの動作をシミュレーションにより解析することで、非同期回転の発生を低減する為の条件を定量的に探索する。さらに、非同期回転を低減する為に、回転速度プロファイル制御がどういう効果を及ぼすかを明らかにする。さらに、上記のバランス残差低減のためのボール動作の解析、並びに非同期回転低減のためのボール動作の解析に関して、オートバランサを搭載した光ディスク 装置を用いた実験によって検証する。なお、バランスボールのバランス残差を実験で精度良く把握することは、機械的なばらつきの影響の為、困難である。従ってバランス残差はシミュレーションで確認する。実験ではバランス残差が解消された結果として振動が抑制されることを示す。

Subjects/Keywords: 回転体の振動; オートバランサ; 危険速度; バランス; 摩擦; 自励振動; シミュレーション; モデリング; Vibration of Rotating Body; Auto-Balancer; Critical Speed; Balancing; Friction; Self Excited Vibration; Modeling; Simulation

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

吉田, . (2014). オートバランサにおけるバランス残差低減方法とその動作解析 : Reduction Method of Residual Balancing Error in Auto-Balancer and its Motion Analysis. (Thesis). Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10212/2165

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

吉田, 修一. “オートバランサにおけるバランス残差低減方法とその動作解析 : Reduction Method of Residual Balancing Error in Auto-Balancer and its Motion Analysis.” 2014. Thesis, Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学. Accessed December 16, 2017. http://hdl.handle.net/10212/2165.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

吉田, 修一. “オートバランサにおけるバランス残差低減方法とその動作解析 : Reduction Method of Residual Balancing Error in Auto-Balancer and its Motion Analysis.” 2014. Web. 16 Dec 2017.

Vancouver:

吉田 . オートバランサにおけるバランス残差低減方法とその動作解析 : Reduction Method of Residual Balancing Error in Auto-Balancer and its Motion Analysis. [Internet] [Thesis]. Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学; 2014. [cited 2017 Dec 16]. Available from: http://hdl.handle.net/10212/2165.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

吉田 . オートバランサにおけるバランス残差低減方法とその動作解析 : Reduction Method of Residual Balancing Error in Auto-Balancer and its Motion Analysis. [Thesis]. Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学; 2014. Available from: http://hdl.handle.net/10212/2165

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

11. 于, 征. 繰返し載荷を受けるH形鋼梁の塑性変形能力を確保するための補剛方法に関する研究.

Degree: 博士(工学), 2014, Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学

建物の耐震性向上につながるより簡便で,効果的な補剛方法を提案することができた.

梁の横座屈は骨組耐力や変形能力を低下させる主要因であり,多くの実験的・解析的研究が行われてきた.米国では,19世紀後半から,H形鋼梁の横座屈に関する多くの実験が行われてきた.様々な理論研究,実験および数値解析を経て,それらの研究成果は世界中の諸設計基・規準に反映されている.日本では,1970年代から実験的,解析的研究が精力的に行われた.横座屈耐力の評価や横座屈を拘束するための横補剛の配置・剛性・補剛力に関する研究が進められ,崩壊に至るまでの耐力を評価する塑性設計の体系が整えられた.一方,1981年の新耐震設計法施行以前の適合不適格建物においては横座屈後の挙動について検討されていないこと,梁横座屈後の骨組の耐力をどのように評価すべきかという視点から,現在は,横座屈後の梁の挙動について着目して横座屈および座屈補剛に関する多くの研究が行なわれている.これらの多くの研究成果を基に,効果的に横座屈を拘束する目的で,横補剛に関する規定が各国ごとに定められている.しかし,その横補剛の配置方法は,均等間隔で補剛する方法や,存在応力に対して補剛位置を決定する方法と様々である.米国では塑性ヒンジ部近傍を拘束した後,残る部分に許容応力度設計で横補剛を配置するという補剛法が導入されたのち,均等間隔に横補剛を配置する横補剛規定を採用している.中国においても,横補剛を均等間隔に配置する規定を採用している.一方,日本では,地震時の大変形時にも耐力が低下しないよう,現行の耐震設計基・規準において,保有耐力横補剛が規定されており,均等間隔補剛規定と端部補剛規定が示されている.しかし,均等間隔補剛規定は,設計は簡便であるが,材長が長くなるにつれて補剛数が極めて多くなるという特徴を持つ.また,端部補剛規定は設計手順が面倒であるという問題を持つ.以上のように,各国によって補剛設計方法が異なるが,それぞれの基本が保証する変形性能を明らかにした上で,設計式は統一されることが望ましいと考えられる.本論では,横補剛に着目し,日中米三国の補剛規定とその補剛効果の違いを明確にし,それぞれの横補剛を有する梁の数値解析を行い,終局耐力や変形能力について明確にする.その中で最も効果的な補剛方法に着目し,より簡便な補剛方法を提案することを試みる.より簡便で効果の高い補剛方法を提案することで,建物の耐震性と設計の自由度を上げることを目指す.1章では,本研究の目的と背景,論文構成について述べている.2章では,本論に行う数値解析の適切な載荷履歴を決定する目的で,梁部材の変形がどの程度の骨組の変形に相当するのを明確にしている.汎用有限要素法プログラムMarc2010を使用し,水平力を受ける門形ラーメン骨組を対象とした有限要素法数値解析を行い,層間変形角と梁の材端回転角の関係をまとめ,数値解析の載荷履歴を決定した.対象とする骨組の階高hは4mであり.梁の長さは,λy=110~570 で変化させる.これらの数値解析結果より,梁に要求される変形性能をまとめ,層間変形角と梁部材の材端回転角との関係を示した.その結果,梁の材端回転角0.045radに相当する層間変形角は,1/18~1/12radとなっており,本論文で使用する載荷履歴を決定した.3章では,日中米3国の補剛規定をまとめ,比較している.研究対象とする基・規準は日本の鋼構造設計規準,建築物の構造関係技術基準解説書,中国のGB50017-2003基準および米国のANSI/AISC 341-10基準である.異なる性能を要求するこれらの補剛規定に従って,いくつかの梁について必要補剛数を求め,それぞれの補剛形式下の終局的な梁の耐力や変形能力を明確にしている.本章では,H-500×200×10×16,H-600×200×11×17,H-800×300×14×26,材長はλy=110,250,570である梁を対象とした.米国,中国の規定は,ほぼ同じであることを示し,日本の保有耐力横補剛は,材長によって補剛数が大きく異なることを示した.4章では,汎用有限要素法プログラムMarc2010を用いて,数値解析を行い,第3章で示したそれぞれの基準に従った横補剛の補剛効果を明確にしている.梁の材端変形角にして0.1radまでの単調載荷および0.015rad,0.03rad,0.045radの振幅を2回ずつ繰返す繰返し載荷とした.数値解析結果より,中国と米国の規定は,ほぼ同等の効果を示すことを明らかにした.また,3国の規定の中で,日本の保有耐力横補剛が最も効果的であることを示した.5章では,4章で最も効果的であることを示した日本の保有耐力横補剛の利点を取り入れ,端部補剛で挟まれた中間部を均等間隔で補剛する方法を提案している.汎用有限要素法プログラムMarc2010を用いて,端部補剛間の均等補剛間隔をパラメータとした繰返し載荷を受けるH形鋼梁の数値解析を行い,細長比λy=570の梁について,必要補剛間隔は100iyでよいことを示した.また,他の材長に対する効果を確認するため,細長比λy=170~570の梁の解析を行い,全ての材長に対して,最大耐力および最終耐力がおおむね全塑性モーメントを満足できることを示した.6章では,以上の内容をまとめた結論を記した.

Subjects/Keywords: H形鋼梁; 繰返し載荷; 保有耐力横補剛; 横座屈; hydrothermal aging performance; 端部補剛; wood particle; weight change mechanism; green degree; injection molding; distribution; high wood content; manufacturing condition; interfacial adhesion; hybrid

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

于, . (2014). 繰返し載荷を受けるH形鋼梁の塑性変形能力を確保するための補剛方法に関する研究. (Thesis). Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10212/2166

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

于, 征. “繰返し載荷を受けるH形鋼梁の塑性変形能力を確保するための補剛方法に関する研究.” 2014. Thesis, Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学. Accessed December 16, 2017. http://hdl.handle.net/10212/2166.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

于, 征. “繰返し載荷を受けるH形鋼梁の塑性変形能力を確保するための補剛方法に関する研究.” 2014. Web. 16 Dec 2017.

Vancouver:

于 . 繰返し載荷を受けるH形鋼梁の塑性変形能力を確保するための補剛方法に関する研究. [Internet] [Thesis]. Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学; 2014. [cited 2017 Dec 16]. Available from: http://hdl.handle.net/10212/2166.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

于 . 繰返し載荷を受けるH形鋼梁の塑性変形能力を確保するための補剛方法に関する研究. [Thesis]. Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学; 2014. Available from: http://hdl.handle.net/10212/2166

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

12. KUANDACHAKUPT, CHITCHAI. A STUDY OF CHARACTERISTICS AND EXPRESSIONS FOR THAI CONTEMPORARY SOCIAL POSTER DESIGN : タイの社会ポスターにおけるデザインの表現と独自性に関する研究.

Degree: 博士(学術), 2014, Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学

The main purpose of this study is to give an example of a poster design process that can be shared or applied by different cultures… (more)

Subjects/Keywords: Thai; Poster design; Local characteristics; Japanese; Japanese poster design; Expression techniques; Graphic design process; Graphic culture

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

KUANDACHAKUPT, C. (2014). A STUDY OF CHARACTERISTICS AND EXPRESSIONS FOR THAI CONTEMPORARY SOCIAL POSTER DESIGN : タイの社会ポスターにおけるデザインの表現と独自性に関する研究. (Thesis). Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10212/2167

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

KUANDACHAKUPT, CHITCHAI. “A STUDY OF CHARACTERISTICS AND EXPRESSIONS FOR THAI CONTEMPORARY SOCIAL POSTER DESIGN : タイの社会ポスターにおけるデザインの表現と独自性に関する研究.” 2014. Thesis, Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学. Accessed December 16, 2017. http://hdl.handle.net/10212/2167.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

KUANDACHAKUPT, CHITCHAI. “A STUDY OF CHARACTERISTICS AND EXPRESSIONS FOR THAI CONTEMPORARY SOCIAL POSTER DESIGN : タイの社会ポスターにおけるデザインの表現と独自性に関する研究.” 2014. Web. 16 Dec 2017.

Vancouver:

KUANDACHAKUPT C. A STUDY OF CHARACTERISTICS AND EXPRESSIONS FOR THAI CONTEMPORARY SOCIAL POSTER DESIGN : タイの社会ポスターにおけるデザインの表現と独自性に関する研究. [Internet] [Thesis]. Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学; 2014. [cited 2017 Dec 16]. Available from: http://hdl.handle.net/10212/2167.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

KUANDACHAKUPT C. A STUDY OF CHARACTERISTICS AND EXPRESSIONS FOR THAI CONTEMPORARY SOCIAL POSTER DESIGN : タイの社会ポスターにおけるデザインの表現と独自性に関する研究. [Thesis]. Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学; 2014. Available from: http://hdl.handle.net/10212/2167

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

13. 西川, 博美. 台湾における軒下歩道(亭仔脚)を基盤とする町並みの成立過程と保存事業に関する研究.

Degree: 博士(学術), 2014, Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学

本論文は、台湾において特徴的に見られる軒下歩道(亭仔脚)を基盤とする、店屋が連続した歴史的な町並みについて、その成立過程と保存事業の特徴を明らかにした。第1章では、形成過程について、地方の街・庄の小都市に成立した町並みに注目し明らかにした。亭仔脚をもつ店屋建築による町並みの普及は、日本統治時代の建築制度である「台湾家屋建築規則」で亭仔脚を設置する義務づけが契機である。都市部では、この町並みが次々と建設された。地方の街・庄にこの町並みが普及したのは、1910年に台湾総督府に市区計画委員会が組織されて以降、街・庄でも市区改正が実施されてからである。その普及の過程には変化があった。初期の市区改正計画は特定の街路を新設・拡張する局所的な事業に限られていたが、1931年ごろを境に、市区改正計画に都市計画として一貫した計画性が求められる。そして店屋を集合させた統一的な建築が、その構造を煉瓦造から鉄筋コンクリート造に改めて建設される。いくつかの代表的な町並みの形成過程を検証すると、行政と住民による自発的なまちづくりの活動がある。最初は、市区改正計画で主要街路の建設と街路沿いの店屋の改築が進み、その後時間をかけて、地域全体にわたる事業が展開する。その際に、改築費用の支援が必要になり、相互扶助的な組織が作られ、まちづくりの性格が強くなった。第2章では、台湾の町並みを特徴づける亭仔脚の、管理の課題と行政の対応について明らかにした。亭仔脚は店屋の街路沿いの私有地を歩道にしたもので、私有地でありながら公共空間であるという二面性を持つ。そのため、管理や規制はさまざまな困難があった。亭仔脚の所有者が荷物や空き箱を置いて占有したり、自転車を乗り回したりなど、亭仔脚の歩道としての機能を失う行為が頻発した。台湾の市区改正事業は、町並みを建設する都市計画上の法整備が不十分であった。しかし1918年に公布された「街路取締規則」で、亭仔脚を公道と規定し取り締まりの対象に規定された。また1936年に公布された「台湾都市計画令」で、亭仔脚部分を店屋の私有地と認めながらも、その敷地面積を店屋の建築面積に含まないと規定した。また、亭仔脚を公道とみなし規制が強化されると、その根拠に美観が強調される。亭仔脚内の整然とした姿は街の美観を維持し、また亭仔脚の連続する姿そのものが美観であるという見方もあった。これは、亭仔脚を美しいものとして積極的に捉える見方で、日本の都市美運動が波及する中での意見でもうかがえる。第3章では、台湾の町並みを保存する事業が進む実態と、その事業の特徴を明らかにした。近年、亭仔脚を基盤とする町並みは「老街」と評価され、保存事業が盛んである。それは、文化財保護制度ではなく、住民参加の理念で1994年から始まった社区総体営造政策の事業プログラムで展開された。その結果、計画主体の社区が自主的に事業内容を立案・実施し、事業プログラムも多様であるため、保存事業は、規模・内容ともに、老街ごとに多様な取り組みがある。代表的な「老街」の保存事業の具体的な内容を検証した結果、町並み景観の核となる建物や亭仔脚の修復だけではなく、むしろ、それ以外の物や設備を対象とした整備が多いことが明らかになった。台湾老街の保存事業は、社区を事業主体にした住民参加型のまちづくりとして成果を挙げる一方、町並みを保存することよりも地域振興事業の性格が強い。これを最も象徴するのが、亭仔脚の扱いである。事業では、亭仔脚の私物化に対し、厳しい規制は少なく、外側に歩道が設置されるなどの対処がある。その結果、景観要素として亭仔脚は、本来の歩行空間の機能を失う事態が生じている。以上の3つの章による研究成果から、以下の3つを結論として指摘する。一つは、町並みの成立においても、保存においても、まちづくりの性格が強いことである。「老街」と評価される歴史的町並みのほとんどは、日本統治時代の市区改正事業で形成した。しかし、その町並みの形成過程には、住民の内発的なまちづくりの活動が大きく関わっていた。また、社区営造政策による支援で進んだ町並みの保存・整備事業でも、まちづくり事業の性格が強い。次に、自律的・内発的なまちづくりの性格と矛盾する、制度による誘導という側面も強かった。亭仔脚の設置は台湾家屋建築規則に従い、街路の成立は市区改正事業による道の拡築が契機であった。また、亭仔脚空間の管理は、公的歩道として規制された。これは市区改正事業が、日本統治時代に実施されたことを踏まえる必要がある。事業は総督府を中心に植民地統治の一貫で、制度によるトップダウンの方法になった。しかし、中華民国の時代に進んだ町並みの保存・整備でも、制度的な枠組みで事業が展開した。多くの事業は、中央政府(内政部)の支援制度に則って展開された。最後に、「公」と「私」の二面性を持つ亭仔脚の特徴が、さまざまな事象に現れていたことである。それは、亭仔脚部分が店屋に占有されることで歩道機能が失われる事態に集約的に示される。亭仔脚は、店屋の個の利益としての占有化と、公的利益としての歩道機能の維持が、時代や地域によってさまざまな形で葛藤する場であった。亭仔脚は、台湾の歴史的な町並みの物理的構成を支える基盤であると同時に、町並みをつくり維持するための活動を象徴的に示す場でもあったと考えられる。

Subjects/Keywords: 市区改正; 台湾; ショップハウス; 店屋; 騎楼; 亭仔脚; 老街; 軒下歩道; 街路取締規則; 町並み保存; 社区営造; 日本統治期; 大溪; 台北; 斗六; 善化; 鹿港; 西螺; 新化; 旗山

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

西川, . (2014). 台湾における軒下歩道(亭仔脚)を基盤とする町並みの成立過程と保存事業に関する研究. (Thesis). Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10212/2168

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

西川, 博美. “台湾における軒下歩道(亭仔脚)を基盤とする町並みの成立過程と保存事業に関する研究.” 2014. Thesis, Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学. Accessed December 16, 2017. http://hdl.handle.net/10212/2168.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

西川, 博美. “台湾における軒下歩道(亭仔脚)を基盤とする町並みの成立過程と保存事業に関する研究.” 2014. Web. 16 Dec 2017.

Vancouver:

西川 . 台湾における軒下歩道(亭仔脚)を基盤とする町並みの成立過程と保存事業に関する研究. [Internet] [Thesis]. Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学; 2014. [cited 2017 Dec 16]. Available from: http://hdl.handle.net/10212/2168.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

西川 . 台湾における軒下歩道(亭仔脚)を基盤とする町並みの成立過程と保存事業に関する研究. [Thesis]. Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学; 2014. Available from: http://hdl.handle.net/10212/2168

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

14. 岡, 達也. 近代京都の伝統産業における図案教育の波及に関する研究—京都高等工芸学校卒業生を中心として.

Degree: 博士(学術), 2014, Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学

本論の目的は、京都高等工芸学校図案科で図案教育を受けた人物が卒業後担っていた図案制作における職能について、卒業生の出版物や関係した企業における活動などを事例から検討することであり、それにより、京都高等工芸学校図案科で教育として導入された図案をどのように発展させ、社会へと波及したかを明らかにすることである。これまで、近代日本デザイン史において、京都高等工芸学校図案科の図案教育の重要性が指摘されてきたが、先行研究に見ることができる史学的な側面からの要素をベースにして、具体的な事例の検討にデザイン分析の要素を取り入れることで、実際の成果物としての図案における特徴から事例の検討をおこなった。第1章では、まず、近代京都の図案を取り巻く背景を概観した。それとともに、本論における図案と図案教育について定義し、同時に論文の構成を「導入」「展開」「実践」の3点から示した。第2章では、「図案の導入:教育現場からのアプローチ」とし、図案教育に海外の様式を取り入れておこなったことを図案の「導入」として位置づけた。具体的には、京都高等工芸学校図案科の初期生徒作品の分析をおこなうことで、この「導入」について検討し、これらの生徒作品をモチーフ、色彩、レイアウトなど、グラフィックデザインの側面から分析しすることでその傾向と特徴について明らかにした。それとともに、当時の図案科のカリキュラムと同時期の京都美術工芸学校図案科のカリキュラムと比較することで、京都高等工芸学校初期図案科で指向されていた図案の方向性について考察を加えた。第3章では、「図案の展開:出版活動からのアプローチ」とし、図案科卒業生が出版した図案集を手がかりにして、教育現場だけでなく広く一般に向けて、啓蒙、普及が試みられた図案について考察を加えた。具体的には、以下の2点である。 ・水木兵太郎(1908(明治41)年卒業)『アブストラクトパターン』(1930(昭和5)年に芸艸堂より発行) ・向井寛三郎(1911年(明治44)年卒業)『図案への通路』(1930(昭和5)年に創生社より発行) 京都高等工芸学校図案科での教員という経歴をもつ両名の出版物は、ともに図案制作の方法論を言語化、もしくは、視覚化することで提示しており、この内容が学理の追求という京都高等工芸学校創立の理念と合致することから、これらの分析をおこなうことが適当であると考えた。これらの事例のように、図案教育を受けた人物が卒業後、出版という活動を通して、同時代の海外のデザインを紹介するとともに自らの図案へ取り込みながら、思考を理論化していたような、社会へ伝搬する仲介者としての役割を「展開」として位置づけた。第4章では、「図案の実践:制作現場からのアプローチ」とし、京都高等工芸学校の卒業生が関係した一般企業における活動事例をもとに、生産体系での役割について検討した。具体的な事例として、水木兵太郎が卒業後進んだ、丸紅商店意匠部で1927(昭和2)年から開始された染織美術展覧会と1924(大正13)年に設立され、本野精吾をはじめとして、向井寛三郎、赤澤鉞太郎などが関わった真美会について取り上げた。京都高等工芸学校の創立が実業学校の側面を持つことから、実業側から社会へ向けて発信されていたような、図案教育の実践として位置づけられる事例は、学理の追求としておこなわれていた図案教育の産業界への影響を明らかにするという点で有効であると考えた。第5章では、京都の伝統工芸産業における図案教育の波及について、「導入」「展開」「実践」の側面からの事例に基づいて考察した。工芸品の新たな装飾のシステムとして導入された図案は、生産体系から独立した職能とすべくして教育されていた。教育として図案を取り込んだ図案科の卒業生たちは、同時代のあらゆる要素を取り込みながら、独自のものへと展開させながら、図案集という媒体を通して社会へ伝搬する役目を担っていた。さらに、実際の工芸品の生産現場において、卒業生は図案が独立した職能として機能するために必要となった、指導者でもなく図案制作者でもない、生産体系に関わるあらゆる役割を統括する職能が生じた、現代におけるディレクターといえる職能として、図案を実践していた。このように、図案は装飾としての機能から発展し、考案者の意図を正確に伝えるための手段として教育されたものであったが、実際の生産現場においては、生産体系の連携を果たす役割として、図案制作の技術はもとより、図案を構築するための体系的な思考そのものをもって実践されていたとして結論とした。

Subjects/Keywords: 図案; 京都高等工芸学校; 水木兵太郎; 図案教育; 真美会; 丸紅商店

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

岡, . (2014). 近代京都の伝統産業における図案教育の波及に関する研究—京都高等工芸学校卒業生を中心として. (Thesis). Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10212/2169

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

岡, 達也. “近代京都の伝統産業における図案教育の波及に関する研究—京都高等工芸学校卒業生を中心として.” 2014. Thesis, Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学. Accessed December 16, 2017. http://hdl.handle.net/10212/2169.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

岡, 達也. “近代京都の伝統産業における図案教育の波及に関する研究—京都高等工芸学校卒業生を中心として.” 2014. Web. 16 Dec 2017.

Vancouver:

岡 . 近代京都の伝統産業における図案教育の波及に関する研究—京都高等工芸学校卒業生を中心として. [Internet] [Thesis]. Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学; 2014. [cited 2017 Dec 16]. Available from: http://hdl.handle.net/10212/2169.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

岡 . 近代京都の伝統産業における図案教育の波及に関する研究—京都高等工芸学校卒業生を中心として. [Thesis]. Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学; 2014. Available from: http://hdl.handle.net/10212/2169

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

15. 安, 箱敏. 韓国ソウルにおける近代都市計画公園形成過程に関する研究−1930年京城都市計画から韓国解放後大韓民国都市計画法制定(1962年)までを中心に−.

Degree: 博士(学術), 2014, Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学

本研究は、日帝期ソウルの都市計画による公園誕生背景から公園活用による変遷過程の検討から始まっている。1920年初頭から注目を集めていた都市公園への関心は、休養や観光、娯楽を主な用途にする憩いの外部空間役割に重点をおきながら、これを基本公園意味にする都市計画公園を模索していた。中でも児童公園への関心というのは特に児童保健を含む教育施設としての機能が強調され、公園計画において規模による公園種類に機能の分化までを総合的に計っていたことが伺える。このような都市公園アイディアが公園計画地の選定など具体案として提案されるのは、1930年の京城都市計画書を通して発表される38個所の公園地によるもので、この計画案は、1927年に朝鮮総督府によって報告された京城府内の南山公園など7個所の既存公園調査結果を土台に作成されていた。本書では、都市計画面積と人口を勘案して空地面積を計算・算出、その結果を基に公園用地の配置が具体的に計られるなど、向後の都市計画公園基準を立てる礎石を用意した公園案であり、後には公園地区と風致地区の分離、そして、市街地計画公園地区及び風致地区の決定へまで結びつくのである。公園内容をみると、公園規模による分類を基本にしながら、自然公園を除いて都市公園/運動公園/近隣公園/児童公園の4種類に構成され、このうち、運動公園と児童公園が明確な公園用途と使用対象が提案されていた。この点に着目し本研究の第1章では、「運動公園」と「児童公園」の公園意味と使用状況を中心に新聞史料を通して検討・考察をしている。「運動公園」の場合、立地選定の第一条件であった「交通便の便利なところに位置すること」で一般認知度の高い場所が選ばれていた。景福宮(朝鮮総督府庁舎)に隣接した社稷壇公園と、南山公園(南山神宮)と隣り合う奨忠壇公園と、京城駅と陸軍指揮本部を三角構図でつないでいる孝昌公園という立地条件は、集合しやすい「広場公園」としての運動公園役割が考慮されていたと伺える。この点は、新しく予定されていた運動公園の立地からも予想でき、郊外の新市街地計画地に関係している模様より、運動公園は、一定単位地区の集合スポット的な存在として考案されていたことが考えられる。実際、奨忠壇公園は1920年開園以後、運動会などの行事が頻繁に行われていたことより、「運動公園」意味である「青少年の体育を主とするもの」を模範的に見せていた一つの実践事例とも言えよう。京城の公園計画は、1930年中盤以降戦争の本格化により、既存公園意味に防空都市化を目指した目的性が加われる。1940年3月に発表されて市街地計画によりそう公園案の特徴として、大・中・小の3段階に分かれる徹底した規模による分類と、土地区画整理事業により産まれる多数の小公園が挙げられる。公園分類は、市街地計画公園案が整っていく中で公園地区と風致地区は分離されたとみられ、風致地区と区別される一般公園機能として「鑑賞という役割よりも「運動」などに使用する機能を重視すべきであること(第2章の3)」が提起されていた。「運動公園」用途は一般公園意味に吸収されるようになり、公園分類は規模に従って単純化した。土地区画整理事業で産まれた小公園は、独立した児童公園用地の確保を可能とし、公園個所は、1930年発表当初の38個所から140個所に3倍以上増加、このうち86個所という6割以上の児童公園数を増やすことができた。児童公園(小公園)は、正に京城市街地計画産物そのものであったといっても過言ではない。都市衛生と緊急用に予め空けておく「計画空地」としての公園意味は、韓国解放、そして、韓国戦争後には「公共」の場へと変遷を続く。計画空地としての公園意味は、戦後最優先課題であった住宅及び教育施設建設という緊急事態に添えることによって新たに公共の意味が加われた。本研究の第3章では、韓国解放後の公園変遷様相、特に京城市街地計画で決定された児童公園用地を中心に調査・検討の結果が述べられている。ソウルの市街地計画公園は、韓国戦争後に住宅及び学校施設、官公署に敷地が与えられていたケースが多く、児童公園敷地も例外ではなかった。洞事務所等に運営を一任していた児童公園敷地は、住民福祉施設へと変貌、場合によっては再度公園に戻るケースもみられるが、今後の公園活用や計画を模索するにはこれからも色々な課題が残っている。

Subjects/Keywords: 京城; 韓国; 日本統治期; ソウル; 空地; 公園; 児童公園; 運動公園; 都市計画; 小公園; 土地区画整理事業; 市街地計画; 敦岩; 永登浦; 孔徳; 用途解除; 大峴; 新堂; 用途転用

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

安, . (2014). 韓国ソウルにおける近代都市計画公園形成過程に関する研究−1930年京城都市計画から韓国解放後大韓民国都市計画法制定(1962年)までを中心に−. (Thesis). Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10212/2170

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

安, 箱敏. “韓国ソウルにおける近代都市計画公園形成過程に関する研究−1930年京城都市計画から韓国解放後大韓民国都市計画法制定(1962年)までを中心に−.” 2014. Thesis, Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学. Accessed December 16, 2017. http://hdl.handle.net/10212/2170.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

安, 箱敏. “韓国ソウルにおける近代都市計画公園形成過程に関する研究−1930年京城都市計画から韓国解放後大韓民国都市計画法制定(1962年)までを中心に−.” 2014. Web. 16 Dec 2017.

Vancouver:

安 . 韓国ソウルにおける近代都市計画公園形成過程に関する研究−1930年京城都市計画から韓国解放後大韓民国都市計画法制定(1962年)までを中心に−. [Internet] [Thesis]. Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学; 2014. [cited 2017 Dec 16]. Available from: http://hdl.handle.net/10212/2170.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

安 . 韓国ソウルにおける近代都市計画公園形成過程に関する研究−1930年京城都市計画から韓国解放後大韓民国都市計画法制定(1962年)までを中心に−. [Thesis]. Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学; 2014. Available from: http://hdl.handle.net/10212/2170

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

16. 小澤, 由規. ガスメーター部品の耐久性評価に関する研究.

Degree: 博士(工学), 2014, Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学

日本の家庭用都市ガスメーターの設置台数は約2900万台に及んでおり、その計量に基づいてガス料金が支払われている。近年では、ガスメーターは保安機能を具備しており、ガス供給における保安の要ともされている。また、家庭用を主とする16号以下のガスメーターの場合、ガスメーターは設置後10年以内に全数回収され、地球環境保全と資源有効利用の観点から、一部部品の交換・修理された後にリユースされるが、個々の部品の使用期限の判断は各ガス事業者およびメーター製造業者に任せられてきた。しかし、ガスメーターの耐久性に関する論文や文献は少なく、個々部品の使用期限の判断根拠となる十分な実験事実により証明されたものはほとんど見当たらないのが現状であり、ガスメーターの部品リユースによる資源有効利用促進の大きな課題となっていた。ガスメーターはガス料金と保安に密接に関わるものであり、リユース品でも新品と同等の品質が要求されるため、ガスメーター部品の製品寿命を適切に見極め可能な評価手法が必要とされてきた。最適な評価手法の検討は、学術的にも工業的にも重要だと考えられる。本研究の目的は、ガスメーターの部品リユースによる資源有効利用促進や、ガスメーターの検定有効期限の延長といった将来的なニーズも見据え、計量機能や保安機能を担う主要部品に対して、実環境での劣化機構を解明し、市場での経年劣化を短期間で再現可能な評価手法やリユース後10年間の性能担保が可能なリユース時の検査手法を確立することである。第1章では緒論として、本件の背景、目的と意義、そして研究に至った経緯を述べた。第2章では、第3章以降に議論を展開するために、本研究の焦点としてのガスメーターの耐久性に関する従来知見を述べた。ガスメーターの関連法規、計量原理、構造などの既知の知見を調査、整理するとともに、主要部品の耐久性評価に必須となるガスメーターの要求性能を明確化した。第3章では、ガスメーターの計量機能を担う主要部品として、ダイヤフラムの耐久性評価を行った。ガスメーターの市場回収品(10年使用品、20年使用品)の分解調査から、ガスメーターのプラス側の器差変化の主要因はダイヤフラムの熱劣化であることを見出した。また、ダイヤフラムの20年相当の熱加速試験条件は、70 ℃で2000時間もしくは60 ℃で6000時間であることを明らかにした。第4章では、ガスメーターの計量機能を担う主要部品として、バルブシート用シール剤の耐久性評価を行った。ガスメーターの市場回収品(10年使用品、20年使用品、30年使用品)の分解調査から、バルブシート用シール剤の経年劣化の主要因は、シール剤材料の組成変化(分解や酸化劣化)でなく、その形状変化であることを見出した。また、熱加速試験の結果から、実環境でのバルブシート用シール剤の形状変化は、市場設置後数年で収束することを明らかにした。第5章では、保安機能の1つを担う圧力スイッチに対して、リユース後10年間の性能担保のため、リユース時に実施する選別検査の合格基準を策定した。統計的手法による検証の結果、選別検査時の部品の要求性能値として、圧力スイッチの作動オン圧を新品より0.03 kPa高く設定することで、リユース後10年間の性能担保が可能であることを定量的に明らかにした。第6章では、保安機能の1つを担う遮断弁に対して、リユース後10年間の性能担保のため、リユース時に実施する選別検査の合格基準を策定した。統計的手法による検証の結果、選別検査時の部品の要求性能値として、遮断弁の作動電圧を新品より0.1 V低く設定することで、リユース後10 年間の性能担保が可能であることを定量的に明らかにした。これらの一連の研究により、ガスメーターの計量機能や保安機能を担う主要部品に対して、夫々の部品の製品寿命を適切に見極め可能な評価手法を確立できた。本研究成果の応用により、ガスメーターの高信頼性維持と部品リユースによる資源有効利用促進の両立が可能になるものと考えられる。

Subjects/Keywords: ダイヤフラム; ガスメーター; 圧力スイッチ; シール剤; リユース; 遮断弁; 耐久性; 信頼性; 寿命分布; 寿命; 促進劣化試験; 確率プロット; 器差; アレニウス; 可塑剤; 正規分布; ゴム; 基布; 対数正規分布; ワイブル分布

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

小澤, . (2014). ガスメーター部品の耐久性評価に関する研究. (Thesis). Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10212/2171

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

小澤, 由規. “ガスメーター部品の耐久性評価に関する研究.” 2014. Thesis, Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学. Accessed December 16, 2017. http://hdl.handle.net/10212/2171.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

小澤, 由規. “ガスメーター部品の耐久性評価に関する研究.” 2014. Web. 16 Dec 2017.

Vancouver:

小澤 . ガスメーター部品の耐久性評価に関する研究. [Internet] [Thesis]. Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学; 2014. [cited 2017 Dec 16]. Available from: http://hdl.handle.net/10212/2171.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

小澤 . ガスメーター部品の耐久性評価に関する研究. [Thesis]. Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学; 2014. Available from: http://hdl.handle.net/10212/2171

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

17. 井口, 昭則. 太陽光発電パネル用バックシートフィルムの耐久性評価および部分放電による劣化評価方法の検討.

Degree: 博士(工学), 2014, Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学

太陽光発電システムは実用化されてから既に20年以上の歴史があり、地球温暖化対策のひとつとしてドイツやスペインを中心とした欧州連合(EU)では再生エネルギー買い取り制度の導入によって、太陽光発電システムの設置が急激に増加し、世界的にかつてないほどの急激な普及を遂げてきている。日本においても、家庭用はもとより学校はじめ図書館などの公共施設に太陽光発電システムが次々に導入されてきた。更に、2011年に発生した東日本大震災による「脱原子力発電政策」等による再生エネルギーの20年間の固定価格買い取り制度(2012年)の導入によって家庭用、公共施設は元より、工場などの産業用まで幅広く太陽光発電システムが検討されており、産業用では企業内にメガソーラ事業を興すなど大規模な太陽光発電システムが次々と導入され、2050年には設備容量が2億kWに達すると予想されている。一方、太陽光発電システムは一般に20年以上の寿命が要求されているが、壁面や屋根の上に設置される場合が多く、日常点検や管理は容易でない上に、使用中に発電量の低下したものが発生している。しかし、この低下が日照時間等の天候によるものなのか、太陽光発電パネル(以下PVパネルと略す)の性能低下によるものなのか判断することは困難である。太陽光発電の計測データを解析すること以外で、その性能低下を判断する方法がほとんどないのが現状である。そこで、本研究では、発電量の低下の原因の第一要因であるPVパネルを構成するバックシートの損傷、劣化の原因究明と健全性を確認するための非破壊による診断方法を確立し、設置現場でパネルの健全性評価に資することを目的とした。本論文は、全5章で構成され、各章の構成は以下の通りである。第1章では緒論として、本研究の背景、目的と意義、そして本研究に至った経緯を述べた。第2章では、まず実際に実用化されて3~6年間現場に設置されていたPVパネルの発電性能を調査した。約3年間の現場設置ですでに発電性能が初期性能の82~87 %に低下していることがわかっているPVパネルを入手した。更にそれらのPVパネルから採取したバックシートから試験片を切り出し、バックシートの材料強度の低下を引張試験等にて確認した。SEMにて引張試験後の破断面の観察を行い、さらにFT-IR測定装置、DSC測定装置およびレーザーラマン分光測定装置を用いて、バックシートの加水分解の程度や結晶化の進展からその劣化度合いを評価した。その結果、3年間設置されたバックシートは、外表面側から内表面側へ加水分解が進行していることがわかった。また、外表面側より内表面側から結晶化が進行していたことも明らかとなった。現場設置された稼動中のPVパネルのバックシートは、実使用環境での劣化度を評価することが可能であることを示した。第3章では、実際に現場に8年間設置されたPVパネルのバックシートと市販されているPVパネル用のバックシートを用いて、温水浸漬試験および高温高湿試験による促進劣化を行い、それらの機械的特性および部分放電開始電圧と部分放電回数について検討した。その結果、現場に8年間設置されたPVパネルのバックシートの劣化度合いに対して市販のPVパネルバックシート材料であるPETフィルムの促進劣化評価試験法が有用であることを示した。第4章では温水浸漬試験および高温高湿度試験の促進劣化試験評価法の妥当性について検討した。その結果、PVパネルのバックシートの材料であるPETフィルムの加水分解劣化が進行すると、フィルム内部に微細な空洞やき裂が生じて絶縁抵抗および部分放電開始電圧が低下し、部分放電容量が最大となるピーク電圧も低下することを明らかにした。また、PETフィルムの引張試験による破断強度や破断伸び等の機械的評価、部分放電による電気的評価、および熱分析・分光分析による物性と構造との関係を明らかにした。第5章では、本論文の結論を述べた。

Subjects/Keywords: バックシート; 太陽光発電パネル; 促進劣化; 劣化; PETフィルム; 加水分解; 部分放電試験; 非破壊検査; 引張試験; 部分放電容量; FT-IR測定; 加工硬化係数

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

井口, . (2014). 太陽光発電パネル用バックシートフィルムの耐久性評価および部分放電による劣化評価方法の検討. (Thesis). Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10212/2172

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

井口, 昭則. “太陽光発電パネル用バックシートフィルムの耐久性評価および部分放電による劣化評価方法の検討.” 2014. Thesis, Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学. Accessed December 16, 2017. http://hdl.handle.net/10212/2172.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

井口, 昭則. “太陽光発電パネル用バックシートフィルムの耐久性評価および部分放電による劣化評価方法の検討.” 2014. Web. 16 Dec 2017.

Vancouver:

井口 . 太陽光発電パネル用バックシートフィルムの耐久性評価および部分放電による劣化評価方法の検討. [Internet] [Thesis]. Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学; 2014. [cited 2017 Dec 16]. Available from: http://hdl.handle.net/10212/2172.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

井口 . 太陽光発電パネル用バックシートフィルムの耐久性評価および部分放電による劣化評価方法の検討. [Thesis]. Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学; 2014. Available from: http://hdl.handle.net/10212/2172

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

18. 兼田, 諭. 超臨界二酸化炭素による工芸品の保存修復に関するモデル的研究.

Degree: 博士(工学), 2014, Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学

綿、および絹布帛は紀元前から人と共にあり、様々な生活品、工芸品、美術品に用いられてきた。それらは、当時の仕様や趣味、文化や生活風土など社会的状況を反映している。また、私たちの周りで出版、流通する書物は、書かれた時代の世相から生活背景まで、様々な情報を保持、伝達する。しかし、これらの文化財は、原材料や製作過程、使用用途、保存条件などで大きく劣化、破損する危険があり、このまま放置し喪失してしまえば、上記のような情報を知るすべがなくなり社会にとって大きな損失となる。従来、これらの保存修復には水溶液中で行われるが、親水性繊維は水中で膨潤を引き起こすため非破壊の処理とは言えないのが現状である。また、水による処理は布帛を乾燥させる工程が必要で処理に時間がかかる。更に、処理や水洗などで出る廃液は環境負荷を高める。本論文では、硫酸による酸劣化がすすむ酸性紙に対し、超臨界二酸化炭素を用いた脱酸処理(第2章)及び、酸化鉄によるさび染みが付着した綿、絹布帛に対し、極性の低い有機溶媒を用いたさび染み除去(第3章)、繊維強度劣化の抑制のため超臨界二酸化炭素を用いたさび染み除去(第4章)、それらの結果を踏まえ、天然染料で染色された布帛に及ぼす還元処理の影響の検討(第5章)するなど、超臨界二酸化炭素を用いた非破壊の保存修復処理法の確立を試みた。以下に、各章で得られた知見を要約する。酸性紙の劣化はインク滲み防止のための硫酸アルミが空気中の水と反応して生成される硫酸が原因である。そこで、第2章では、超臨界二酸化炭素中で有機アルカリを用いて酸性紙中の硫酸を中和する方法を検討した。脱酸処理による紙の色の変化や引っ張り強度など紙の物理的性質について、従来の脱酸処理法として用いられている気相法や液相法と比較した結果、有機アミンの中で、炭素鎖が長く超臨界二酸化炭素への溶解性が高いトリエチルアミンは脱酸処理速度に優れ、ヒドロキシル基を多く持ち酸性紙との親和性の高いトリエタノールアミンは脱酸処理の持続性に優れていた。また、この2つのアミンの混合液を用いることで、両方の特徴をあわせ持つ脱酸処理剤として用いることができた。さらに、有機アミンの超臨界二酸化炭素への溶解性を向上させるため添加した共溶媒中でも、酢酸エチルを用いると印字されたインク染みを抑制することができた。第3章では、繊維劣化のない処理を目的とする超臨界二酸化炭素処理の準備実験として、性質の似た常圧ヘキサンを用いた液相法による天然繊維布帛からのさび染み除去を検討した。その結果、カルボキシル基を有し繊維との親和性が高く、チオール類の中でも、ジスルフィド架橋を作りe-を生成する還元剤チオグリコール酸(TGA)を用いると、有機アルカリの添加なしに、繊維の表面だけでなく内部のさび染みまで除去されることが分かった。しかし、従来の水系での還元処理よりは繊維劣化は抑えられるものの、TGA処理により繊維強度が低下することが分かった。第4章では、および第3章の結果を受け、超臨界二酸化炭素と還元剤及び共溶媒を利用することで、繊維を劣化させないで付着したさび染みの除去法の確立を試みた。その上で、還元剤の種類、処理法、共溶媒の種類、超臨界二酸化炭素の条件が、布帛上に人工的に調製したさび染みの除去へおよぼす影響について検討した。結果、第3章と同じく繊維との親和性が高いTGAを用いると、共溶媒に酢酸エチルを使用することで超臨界二酸化炭素中でもおおむねさび染みは除去された。また、バッチ処理後にCO2と共溶媒を流す連続処理を組み合わせるバッチ/洗浄法ではさび染みの再付着を抑えることができた。 更に、鉄さび付着綿布および絹布を、TGAとラウリン酸を含む超臨界二酸化炭素中で処理することで、繊維内部にまで染みこんだ鉄さびを完全に除去することが出来た。この超臨界二酸化炭素を用いる処理法では、従来の浸漬法に比べて少量の還元剤でさび染み除去が可能なため、繊維の強度を低下させることがなかった。第5章では、ここまでの検討を踏まえ、実際に天然染料で染色された布帛に対して、これまで行った還元処理を行うことで、さび染み除去処理が布帛上の染料にどのような影響を及ぼすかを確認し、本研究の目的である工芸染織品の洗浄が可能であるかを確かめた。結果、従来法であるシュウ酸水溶液、亜ジチオン酸ナトリウム水溶液、同じチオール類を用いたTGA/ヘキサン、チオグリコール酸エチル/ヘキサンへの浸漬法と比べ、TGAによるバッチ/洗浄法を行った色差は、すべての染織品でも色の退色は抑えられた。しかし、溶媒を用いる浸漬法よりは程度が小さかったものの、色素も媒染剤として用いられた金属も脱落し、藍染色、鉄および銅媒染による桜樹皮染色以外の染料で染色した布帛では顕著に退色した。強度に置いても処理することで2割足らずほど低下した。この結果から、更なる還元剤の選定が求められる。本研究で得られた、超臨界二酸化炭素中でのアルカリバッファの注入法、水性の汚染であるさび染みの抽出除去法は、新たな非破壊による工芸品の保存修復法の確立の技術基盤と考えられる。また、様々な物質の注入、抽出法の確立においても適用性があり、超臨界二酸化炭素を用いた染色などの様々な分野での応用が期待される。

Subjects/Keywords: アミン類; scCO2; 酢酸エチル; トリエタノールアミン; チオール類; 酸性紙; ラウリン酸; チオグリコール酸; ; 綿; さび染み

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

兼田, . (2014). 超臨界二酸化炭素による工芸品の保存修復に関するモデル的研究. (Thesis). Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10212/2173

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

兼田, 諭. “超臨界二酸化炭素による工芸品の保存修復に関するモデル的研究.” 2014. Thesis, Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学. Accessed December 16, 2017. http://hdl.handle.net/10212/2173.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

兼田, 諭. “超臨界二酸化炭素による工芸品の保存修復に関するモデル的研究.” 2014. Web. 16 Dec 2017.

Vancouver:

兼田 . 超臨界二酸化炭素による工芸品の保存修復に関するモデル的研究. [Internet] [Thesis]. Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学; 2014. [cited 2017 Dec 16]. Available from: http://hdl.handle.net/10212/2173.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

兼田 . 超臨界二酸化炭素による工芸品の保存修復に関するモデル的研究. [Thesis]. Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学; 2014. Available from: http://hdl.handle.net/10212/2173

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

19. 迫田, 健太郎. ハイブリッドテキスタイル複合材料の微視的損傷を考慮した力学的挙動解析.

Degree: 博士(学術), 2014, Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学

繊維強化複合材料は、強化材料、樹脂、およびこれらから形成される界面の3つの構成要素より構成されているが、単一の繊維および樹脂からなる複合材料では発現できない物性を材料に付与するため、2種類以上の繊維または樹脂を組み合わせた材料であるハイブリッド複合材料に関して数多くの研究がなされている。ハイブリッド化により、相互に短所を補い、それぞれの長所を生かすことによる高機能化が期待される。ハイブリッド化技術に関しては、“繊維ハイブリッド”、“樹脂ハイブリッド”、“界面ハイブリッド”に関する視点から研究例が報告されている。それぞれ、1つの複合材料中に、“複数の強化繊維を使用した材料”、“複数のマトリックス樹脂を使用した材料”、“異なる表面処理を有する複数の繊維を組み合わせた材料”と定義されている。本論文では、“繊維ハイブリッド”の定義を、さらに、“繊維物性/繊維配置/繊維構造”ハイブリッドの3つの概念に拡張することを提案する。“繊維物性ハイブリッド”、“繊維配置ハイブリッド”、“繊維構造ハイブリッド”をそれぞれ、1つの複合材料中に、“特性の異なる繊維材料を併用した材料”、“材料の組み合わせおよび比率を変更せずに、異なる繊維材料同士の相対位置を変更した材料”、“同じ繊維材料を使用しているが、繊度や撚糸状態等、構造が異なる繊維材料を併用した材料”と定義する。さらに、複合材料においては強化形態を積層して使用することから、新たな概念として“層間ハイブリッド”を提案した。“層間ハイブリッド”とは、1つの複合材料中において、“各層に同じ材料を使用しているが、構造や物性が異なる層間を併用した材料”と定義する。繊維加工品(織物、編物、組物)を強化形態としたハイブリッド複合材料(以下、ハイブリッドテキスタイル複合材料と表記する)は、異なる種類の繊維、樹脂、表面処理、テキスタイル構造を使用することにより、上記に定義した様々な概念のハイブリッド化が実現可能であり、要求性能に応じた複合材料が自由に設計できる。しかしながら、異なる特性や構造を有する繊維や樹脂などを用いることによって、組み合わせが数多く存在し、微視的損傷の進展挙動や力学的特性が異なり、設計が困難である。そこで、ハイブリッドテキスタイル複合材料の設計手法を確立することが必要とされており、数値解析手法を用いて設計を支援することは有効であると考えられる。本論文では、ハイブリッドテキスタイル複合材料の破壊進展挙動および力学的特性を解明すること、および、設計指針を構築することを目的とし、テキスタイルの幾何学的形状、および、繊維束内界面でのトランスバースクラックや繊維破壊、繊維束間界面でのはく離等の微視的損傷を考慮した解析モデルおよび手法を確立する。以下に、各章の構成を示す。第2章では、テキスタイル複合材料の力学的挙動解析に関する研究開発動向について述べた。第3章では、“繊維物性ハイブリッド複合材料” の力学的挙動を予測する解析手法を確立した。本章では、使用済みのジュート繊維織物を強化基材とした繊維物性ハイブリッド織物複合材料を解析対象とした。ロッド状一方向繊維強化複合材料の引張試験から、材料定数が不明なジュート繊維束の材料定数を同定することにより、力学的挙動を解明する新たな解析手法を提案した。その結果、天然繊維強化複合材料の応力-ひずみ曲線および破壊進展挙動の予測を可能とした。第4章では、 “繊維配置ハイブリッド複合材料” の力学的挙動を予測する解析手法を確立した。本章では、ガラス繊維およびジュート繊維を強化基材とした繊維配置ハイブリッド織物複合材料を解析対象とした。複数種類の繊維束の配置およびそれら繊維束の破壊を考慮した解析手法を提案することにより、繊維配置ハイブリッド織物複合材料の応力-ひずみ曲線および破壊進展挙動の予測を可能とし、その設計指針を構築した。第5章では、“繊維構造ハイブリッド複合材料” の力学的挙動を予測する解析手法を確立した。本章では、撚り数および撚り構造の異なる繊維束を有する繊維構造ハイブリッド織物複合材料を解析対象とした。2本の繊維束を撚り合わせた双糸を表現した解析モデルを提案し、よこ繊維束内における繊維-樹脂間界面の初期破壊発生応力および発生箇所は、異なる撚り数および撚り構造を有する繊維構造ハイブリッド複合材料によって、制御可能であることを明らかにした。さらに、繊維構造ハイブリッド平打組物複合材料を解析対象とし、応力-ひずみ曲線および破壊進展挙動の予測を可能とした。第6章では、“樹脂ハイブリッド複合材料”の力学的挙動を予測する解析手法を確立した。本章では、汎用樹脂が含浸された繊維および柔軟性樹脂が含浸された繊維の2種類の繊維を用いて作製した、樹脂ハイブリッド平打組物複合材料を解析対象とした。柔軟性樹脂を含浸させた繊維束の材料定数を考慮した解析手法を提案することにより、応力-ひずみ曲線および破壊進展挙動の予測を可能とし、設計指針を構築した。柔軟性樹脂が含浸された繊維の挿入量および挿入位置が強度に及ぼす影響を検討した結果、力学的特性の要求性能に応じた複合材料の設計の自由度が大きくなった。第7章では、“界面ハイブリッド複合材料” の力学的挙動を予測する解析手法を確立した。繊維-樹脂間に形成される界面相において、汎用性樹脂を付与した界面相と柔軟性樹脂を付与した界面相を提案し、これら2つの界面相を併用する界面ハイブリッド織物複合材料を解析対象とした。本章では、静的条件下に加えて、新たに、落錘衝撃条件下における微視的損傷を考慮した解析手法を提案し、荷重-たわみ曲線を算出し、破壊進展挙動を解明することにより、設計指針を構築した。柔軟性樹脂を付与した界面相を積層型複合材料の最外層に配置し、ハイブリッド化することにより、静的条件下における強度、落錘衝撃条件下における最大荷重値および吸収エネルギー量が増加することが明らかとなった。第8章では、“層間ハイブリッド複合材料” の力学的挙動を予測する解析手法を確立した。本章では、強化基材となる炭素繊維織物の表面部分の繊維を裁断することにより織物表面(層間)に繊維の毛羽を設けた、層間ハイブリッド織物複合材料を解析対象とした。層間の微視的損傷を考慮した解析モデルを提案し、静的3点曲げ条件下および落錘衝撃条件下において力学的挙動解析をおこなった。静的条件下における層間のせん断強度を設計することにより、落錘衝撃条件下において要求性能に応じた吸収エネルギーが得られることが明らかとなった。第9章では、本研究で得られた知見をまとめ、結論とした。本論文で確立した解析手法および設計手法は、ハイブリッドテキスタイル複合材料の力学的挙動を解明することを可能とし、破壊の制御および材料設計の最適化に役立つといえ、工業的にも応用分野の広い概念となることが示唆された。

Subjects/Keywords: Textile; Composite; Hybrid textile composites; Hybrid; Finite element analysis; Mechanical behavior

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

迫田, . (2014). ハイブリッドテキスタイル複合材料の微視的損傷を考慮した力学的挙動解析. (Thesis). Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10212/2174

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

迫田, 健太郎. “ハイブリッドテキスタイル複合材料の微視的損傷を考慮した力学的挙動解析.” 2014. Thesis, Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学. Accessed December 16, 2017. http://hdl.handle.net/10212/2174.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

迫田, 健太郎. “ハイブリッドテキスタイル複合材料の微視的損傷を考慮した力学的挙動解析.” 2014. Web. 16 Dec 2017.

Vancouver:

迫田 . ハイブリッドテキスタイル複合材料の微視的損傷を考慮した力学的挙動解析. [Internet] [Thesis]. Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学; 2014. [cited 2017 Dec 16]. Available from: http://hdl.handle.net/10212/2174.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

迫田 . ハイブリッドテキスタイル複合材料の微視的損傷を考慮した力学的挙動解析. [Thesis]. Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学; 2014. Available from: http://hdl.handle.net/10212/2174

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

20. 平林, 秀雄. 温水配管用樹脂管の熱劣化による評価と耐久性向上のための配合設計.

Degree: 博士(工学), 2014, Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学

住宅内の衛生系配管の給水管には亜鉛メッキ鋼管や樹脂ライニング鋼管などの炭素鋼鋼管などが多く使用され,給湯配管には銅管などが多く使用されてきた。1965年代から、銅管の本格的な採用が始まり、セントラル給湯用の配管、暖房システム用の配管の普及に加え、超高層建築物に対応した施工性、耐震性、軽量性等から使用量が急激に増加した。ところが、銅管を採用した給湯配管や暖房配管で、孔食による漏水事故が発生するようになり、その原因及び対策が確立していないことから、現在でも問題を残している。そこで、新築の集合住宅を中心に住戸内の配管には,金属配管材料より可撓性,耐食性及び軽量性に優れた非金属配管材料の樹脂管、特に、ポリオレフィン管を用いる工法が、1990年代から採用されるようになってきた。現在では、新築のほとんどの住宅に暖房給湯器が設置されるようになり、その配管材料として、ポリオレフィン管でも耐熱性に優れる架橋ポリエチレン管が主に使用され、給水給湯用配管だけでなく、暖房温水用配管としても使用されている。そして現在では、架橋ポリエチレン管だけでなく、暖房用として使用可能な非架橋ポリエチレン管も使用されている。しかし、これらの暖房・給水・給湯用配管用の架橋・非架橋ポリエチレン管は、使用温度や使用圧力による負荷により寿命に影響を及ぼす事が分かっている。架橋ポリエチレン管の経時的な破壊は、延性的破壊を示すステージⅠ、脆性的破壊を示すステージⅡ及び局所的に化学劣化を伴うステージⅢに分けられる。ステージⅠとステージⅡでは破壊時間の応力依存性が大きく、ステージⅢの破壊は化学劣化により発生し、高温下での長期間の使用により、架橋ポリエチレン管が劣化して低い応力状態でも破壊することが確認されている。また、水道道水の殺菌のために添加されている塩素も、暖房・給水・給湯用配管の架橋ポリエチレン管の寿命に大きく影響していることが確認されている。このように、経時的な劣化や不具合の事例の調査や実際に使用された管を回収して分析された事例は多くある。しかし、これらの複合的な要因で発生する破壊について評価する方法や破壊モードを考慮した酸化防止剤の配合設計も明らかにされていない。本研究の目的は、これから問題となると思われる既設の暖房・給水・給湯用配管として使用されている管の寿命評価やこれから開発される管の長寿命化の要望に応えるために、各種の酸化防止剤を配合したパイプを試作評価し、酸化防止剤の配合による寿命へ影響の評価を行い、酸化防止剤の配合のガイドラインと適切な評価方法を確立することである。第1章では、緒言として本論文の背景と必要性、意義を述べる。第2章では、架橋・非架橋ポリエチレン管の促進劣化後の劣化状態の評価を行う。その結果、非架橋ポリエチレン管では、劣化により発生したクラック部分で銅イオンの存在が明らかになり、管の内面と肉厚中央部分で結晶ラメラの成長の差が見られることを明らかにした。第3章では、暖房用途に使用される非架橋のポリエチレン管に酸化防止剤を追加配合したものを試作し、長期熱間内圧クリープ試験と長期温水循環水試験で促進劣化を行い、長期性能の評価を行う。その結果、暖房用に使用される非架橋ポリエチレン管では、長期温水循環試験での促進試験が実用的な評価であり、酸化防止剤は光安定剤が長期性能に有効であることを明らかにした。第4章では、給湯用途に使用される架橋ポリエチレン管に酸化防止剤を追加配合したものを試作し、長期熱間内圧クリープ試験と長期塩素水循環試験で促進劣化を行い、長期性能の評価を行う。その結果、酸化防止剤には、架橋反応に阻害を及ぼすものがあることが分かり、塩素水に対する性能を確保するには、フェノール系酸化防止剤だけでは限界があり、分子量の異なる光安定剤を加えることで、長期的な耐久性が発揮される事を明らかにした。第5章では、第4章で試作した給湯用途に使用される架橋ポリエチレン管に配合された酸化防止剤が、架橋構造へ及ぼす影響の評価を行う。その結果、核磁気分光や動的粘弾性の測定から、架橋点間の分子量や架橋密度の違いが分かり、架橋構造が長期的な寿命に影響を及ぼしていることを明らかにした。第6章では、暖房用の非架橋ポリエチレン管及び給湯用の架橋ポリエチレン管の配合設計のガイドラインと実用的に有効な長期寿命の評価方法を検討した。第7章では、本研究であられた主要な結果をまとめた。本研究において、長期耐久性の向上には、酸化防止剤の配合だけでなく、樹脂の構造が関与していることが分かり、架橋ポリエチレン管では酸化防止剤が架橋構造へ影響を及ぼすことが分かり、塩素水による劣化に対しては光安定剤の組み合わせが有効であることを明らかにした。

Subjects/Keywords: 架橋; ポリエチレン管; 寿命; 非架橋; 架橋度; 破壊挙動; 酸化誘導時間; 過酸化物; 静水圧; 架橋密度; 内圧; 循環水; 酸化防止剤; クリープ; 光安定剤; 塩素水

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

平林, . (2014). 温水配管用樹脂管の熱劣化による評価と耐久性向上のための配合設計. (Thesis). Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10212/2175

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

平林, 秀雄. “温水配管用樹脂管の熱劣化による評価と耐久性向上のための配合設計.” 2014. Thesis, Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学. Accessed December 16, 2017. http://hdl.handle.net/10212/2175.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

平林, 秀雄. “温水配管用樹脂管の熱劣化による評価と耐久性向上のための配合設計.” 2014. Web. 16 Dec 2017.

Vancouver:

平林 . 温水配管用樹脂管の熱劣化による評価と耐久性向上のための配合設計. [Internet] [Thesis]. Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学; 2014. [cited 2017 Dec 16]. Available from: http://hdl.handle.net/10212/2175.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

平林 . 温水配管用樹脂管の熱劣化による評価と耐久性向上のための配合設計. [Thesis]. Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学; 2014. Available from: http://hdl.handle.net/10212/2175

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

21. ZHANG, Zhiyuan. Mechanical Characterization and Fracture Behavior of Mat Reinforced Composite Materials : マット強化複合材料の機械的特性評価と破壊挙動に関する研究.

Degree: 博士(学術), 2014, Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学

 Nowadays, fiber reinforced composites draw more and more attention due to its excellent mechanical property with lighter weight. Many researches indicated that with the right… (more)

Subjects/Keywords: thermosets; FRP; glass mat; glass fiber; volume fraction; notched strength; acoustic emission; needle punch; delamination; fracture behavior; strength prediction; characteristic distance; fracture toughness; fracture mechanics; recycled paperboard; paperboard composite; GMT; fiber length; impregnation

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

ZHANG, Z. (2014). Mechanical Characterization and Fracture Behavior of Mat Reinforced Composite Materials : マット強化複合材料の機械的特性評価と破壊挙動に関する研究. (Thesis). Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10212/2176

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

ZHANG, Zhiyuan. “Mechanical Characterization and Fracture Behavior of Mat Reinforced Composite Materials : マット強化複合材料の機械的特性評価と破壊挙動に関する研究.” 2014. Thesis, Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学. Accessed December 16, 2017. http://hdl.handle.net/10212/2176.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

ZHANG, Zhiyuan. “Mechanical Characterization and Fracture Behavior of Mat Reinforced Composite Materials : マット強化複合材料の機械的特性評価と破壊挙動に関する研究.” 2014. Web. 16 Dec 2017.

Vancouver:

ZHANG Z. Mechanical Characterization and Fracture Behavior of Mat Reinforced Composite Materials : マット強化複合材料の機械的特性評価と破壊挙動に関する研究. [Internet] [Thesis]. Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学; 2014. [cited 2017 Dec 16]. Available from: http://hdl.handle.net/10212/2176.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

ZHANG Z. Mechanical Characterization and Fracture Behavior of Mat Reinforced Composite Materials : マット強化複合材料の機械的特性評価と破壊挙動に関する研究. [Thesis]. Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学; 2014. Available from: http://hdl.handle.net/10212/2176

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

22. MEMON, ANIN. Pultrusion moldings for continuous natural fiber reinforced thermoplastic composites : 連続天然繊維強化熱可塑性複合材料の引抜成形に関する研究.

Degree: 博士(学術), 2014, Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学

 The use of natural fibers from which derived annually renewable resource as reinforcement in composite is provides the positive benefit with respect to environment, ecological… (more)

Subjects/Keywords: Braiding; Pultrusion; Thermoplastic pultrusion molding; Braided composite; Tubular braided composite; Unidirectional composite; Continuous natural fiber reinforced thermoplastic composite; Bicomposite

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

MEMON, A. (2014). Pultrusion moldings for continuous natural fiber reinforced thermoplastic composites : 連続天然繊維強化熱可塑性複合材料の引抜成形に関する研究. (Thesis). Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10212/2177

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

MEMON, ANIN. “Pultrusion moldings for continuous natural fiber reinforced thermoplastic composites : 連続天然繊維強化熱可塑性複合材料の引抜成形に関する研究.” 2014. Thesis, Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学. Accessed December 16, 2017. http://hdl.handle.net/10212/2177.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

MEMON, ANIN. “Pultrusion moldings for continuous natural fiber reinforced thermoplastic composites : 連続天然繊維強化熱可塑性複合材料の引抜成形に関する研究.” 2014. Web. 16 Dec 2017.

Vancouver:

MEMON A. Pultrusion moldings for continuous natural fiber reinforced thermoplastic composites : 連続天然繊維強化熱可塑性複合材料の引抜成形に関する研究. [Internet] [Thesis]. Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学; 2014. [cited 2017 Dec 16]. Available from: http://hdl.handle.net/10212/2177.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

MEMON A. Pultrusion moldings for continuous natural fiber reinforced thermoplastic composites : 連続天然繊維強化熱可塑性複合材料の引抜成形に関する研究. [Thesis]. Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学; 2014. Available from: http://hdl.handle.net/10212/2177

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

23. 仁科, 雅晴. 旗金具の彫金および組立工程における職人の技と評価に関する研究.

Degree: 博士(学術), 2014, Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学

旗金具は日本において金属工芸と呼ばれる伝統的な金属加工技術を用いた製作物の1つである.校旗,社旗などの会旗を構成する金属部材として旗と旗竿を紐で繋ぐための用具として用いる旗棒金具,旗に印された様々なシンボルマークが彫刻され,またそれを象った物などが竿先に取り付けられた旗頭など,それぞれの部位に金属加工技術が多用されている.これらの技術を駆使し旗金具を製作できる熟練者と呼ばれる職人は現在,日本では数名である.特に,旗頭はその製品の性質上,形状や寸法がすべて異なるために単品製作が基本となっている.したがって機械化による対費用効果は望めず,職人による手作業が工程の大多数を占めている.しかし,旗金具の加工工程での作業内容は各職人によって異なり,かつその詳細については明らかにされていない.これらは,“師匠の背中を見てワザを盗んで,覚えろ”という伝統産業に多く見られる技能伝承の形態によるものである.これらは通常,暗黙知と呼ばれる言葉にできない知識データである.暗黙知のままでは,技能の伝承に多くの時間を要し,またその優れた技能を他の分野に応用するという試みには困難を伴う.そのためには,暗黙知を,誰が見ても理解できる知識ベースである形式知に変換する必要がある.そこで本論文では,旗金具の製作過程の中で最も重要かつ製作に時間を要する2つの作業に焦点を絞り,暗黙知である熟練者の技の特徴と製品の評価基準を明らかにし,形式知化することを目的とした.本論文は第1章の緒論から第6章の結論までの6章構成である.以下に2章以降の目的と内容について簡潔に記述する.第2章では,打刻作業時における熟練者と非熟練者の動作および眼球運動の比較を行い,熟練者の特徴を明らかにすることを目的とした.この結果,動作の特徴として熟練者は手関節の尺屈・橈屈で打刻していた.一方,非熟練者は肩を支点に上肢全体で打刻を行っていた.また熟練者は,1打目が位置を決めるように打刻し,2打目は強く打刻をする傾向があり,3打目から連続的に打刻していた.一方,非熟練者は打刻前に一度,鏨の上部と金鎚に合わせ位置決めをしてから打刻を行っていた.熟練者と非熟練者とで,運動エネルギーを比較すると熟練者の運動エネルギーは,非熟練者より大きく,熟練者は単位時間あたりに,より多くのエネルギーを素材に与えていることが示唆された.眼球運動においては,熟練者は打刻作業を通じて鏨の下部および板の周辺を集中的に注視していた.一方,非熟練者は打刻前後に板の打刻点と鏨の上部を交互に確認していたことから,鏨の上部および下部を広範囲に見ており,視線が大きく動く傾向があった.第3章では,熟練者による三方剣のはんだ付作業における,組み立て工程の分割を行い,その時の熟練者の動作と眼球運動の協応性を測定した.この結果,三方剣のはんだ付作業における工程は,4段階,11フェーズに分けられていることが明らかになった.製品は仮組段階において仕上がり形状の正確さが決められており,組立段階では熟練者がはんだのヌレを視認し,はんだごての温度管理を行っていたことが示唆された.全製作時間に対する所要時間が最大であったフェーズ9(三角錐先端より底部に向かってはんだ付を行う動作)の刃面1辺目の動作を詳細に分析すると,熟練者は知覚痕跡の学習により,身体が反射的な予測であるフィードフォワード制御の後,フィードバック制御による誤差解消を交互に行っていることが明らかになった.これらのことにより熟練者の効率のよい動きと確実な確認作業の繰り返しが品質の高いものづくりに結びつくことが示唆された.第4章では,職人が目分量で作業をしているはんだ付試験片の接合部物性をEPMA(電子線プローブマイクロアナライザ)や引張試験により評価した.これらを行うことで旗金具職人による加工の特性を明確にでき,そして目分量で行われているはんだ付の技術の特徴を明らかにした.また母材においてははんだ付時に発生する熱ひずみについて検討を行った.この結果,熟練者が行うはんだ付は,対象物の状態によって一度に使用するはんだ量を変え,冷却方法を変えることによって接合強度の確保とひずみ発生の低減を図っていることが明らかになった.また,母材の圧延方向とひずみ発生の大きさの違いが明らかになった.また本章においては,現在,金属工芸に多く使用されているにもかかわらず,薄板と呼ばれる1mm以下の厚さの大判サイズが入手困難になりつつある黄銅1種材(C2600P)を使用せず,黄銅1種板に比べ加工性の劣る黄銅3種材を使用した.そのため,このひずみ発生と圧延方向の関係を考慮し,黄銅1種材に比べ加工性の劣る黄銅3種材の薄板を加工すると,より仕上がり度合いの良い製品を作ることができると考えられる.第5章では,テクスチャ打刻に対する職人の評価基準を明らかにするために,経験年数の異なる5人の旗金具職人に,打刻による彫金テクスチャの仕上がり度合いの主観評価を行わせ,それぞれの評価基準について比較検討を行った.その結果,旗金具職人は決められた面積,枠内への打刻,枠線に沿った打刻,打刻痕の偏り,打刻陰影の強弱や打刻痕の重なり具合のない均等な打刻痕など,共通の評価基準を持っていた.また,経験年数の長い職人ほど、修理できる製品の幅が広いということが示唆された.さらに旗金具職人は打刻間の距離を,より重視して製品の判断を行っていることなどが明らかとなった.第6章では,本研究で得られた知見をまとめた.

Subjects/Keywords: ; 旗金具; 金槌; 金属工芸; 彫金; ; 打刻; はんだ付; 伝統工芸; 手仕事; 技能; 伝統産業; 継承; 伝承; EPMA; 引張試験; 動作解析; 眼球運動; 見極め; 仕上り度合

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

仁科, . (2014). 旗金具の彫金および組立工程における職人の技と評価に関する研究. (Thesis). Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10212/2178

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

仁科, 雅晴. “旗金具の彫金および組立工程における職人の技と評価に関する研究.” 2014. Thesis, Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学. Accessed December 16, 2017. http://hdl.handle.net/10212/2178.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

仁科, 雅晴. “旗金具の彫金および組立工程における職人の技と評価に関する研究.” 2014. Web. 16 Dec 2017.

Vancouver:

仁科 . 旗金具の彫金および組立工程における職人の技と評価に関する研究. [Internet] [Thesis]. Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学; 2014. [cited 2017 Dec 16]. Available from: http://hdl.handle.net/10212/2178.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

仁科 . 旗金具の彫金および組立工程における職人の技と評価に関する研究. [Thesis]. Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学; 2014. Available from: http://hdl.handle.net/10212/2178

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

24. 哈, 斯. 植物繊維およびその複合材料の熱劣化時の色特性と機械的特性に関する研究.

Degree: 博士(工学), 2014, Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学

社会の化石資源依存率が高くなったことにより資源枯渇や地球温暖化といった環境問題が生じている.ものづくりの分野においては,その解決法の一つとしてバイオベース材料の成形素材としての活用が推進されており,中でも植物繊維であるセルロースの利用が注目されている.しかし,セルロースは加熱にともないその結晶領域や非結晶領域の変性、高分子の分解による脱水、ガス放出、タール状物生成、炭化といった現象が生じ強度が低下する.また,このような熱による変化が生じる際,分子内の水酸基脱離反応などにともない高分子骨格中に共役二重結合が生成され可視光領域のエネルギーを吸収するようになり,変色が発生する.このようなセルロースの熱劣化による強度低下や変色の抑制技術の開発が大きな問題となっている.ここで両者の熱劣化現象は同じ原因に由来することから両者には高い相関があると考えられる.両者の相関関係を明らかにし,熱劣化による色変化の度合いから,材料の強度低下を判断することができれば,セルロース製品の寿命推測の一環として利用できる.また,強度に対する耐熱性の向上が得られれば変色の抑制にも繋がることが期待できる.そこで本研究では,熱負荷を受けるセルロース繊維の変色と強度変化を明らかにするとともに,それらの関係を明確にした.また,セルロース繊維のプラスチック複合材料の強化材としての応用を念頭に置き、汎用樹脂の融点付近である200℃程度の温度範囲におけるセルロースの化学処理による耐熱性向上を目指した.本論文は6章で構成されており,第1章の緒論では,前述のような研究の背景と既往の研究を取りまとめた.第2章では,セルロース繊維としてコットン,ラミーおよびケナフを試料として用い,これに熱負荷を与えて劣化試料を作製し,繊維の変色および単繊維の引張強度に与える影響や変色と引張強度の相関関係を考察した.その結果,3種の繊維とも加熱温度が高く,また加熱時間が長くなるほど強度が低下し,強度保持率で比較すると繊維素材の違いに関わらず,同じ熱負荷条件ではほぼ同じ強度保持率を示すことを明らかにした.また,3種の繊維について同じ条件で熱負荷を与えた際の色特性を検討した結果,いずれの繊維も加熱温度が高く,また加熱時間が長くなるほど熱負荷を与える前との色差が大きくなることを示した.さらに,3種の繊維について熱負荷を与えた際の強度変化と色変化の相関を検討したところ,実用的な熱負荷の範囲においては加熱による色差が大きくなるほど強度が直線的に低下することが示された.このことから,セルロース繊維に熱負荷が与えられた場合,色差を測定することによって強度変化の評価指標となりうることを明らかにした.第3章では,代表的な天然繊維であるコットンの耐熱性を向上させる目的でTEOSによる化学処理を行った.処理した繊維は180~220℃の範囲の熱負荷を与えた場合において,単繊維引張強度と引張弾性率の低下を抑制できることが明らかになった.また,そのメカニズムとして,分子内および分子鎖間のシロキサン結合の形成による加熱時の分子内脱水反応抑制の影響が示唆された.さらに,200℃前後の温度範囲における繊維の耐熱性は難燃性の研究でしばしばよく議論されているTGAにおける300℃以上の重量変化挙動とは必ずしも一致しないことが示された。第4章では,第3章の手法により得られた耐熱性コットン繊維を用いて繊維強化複合材料を圧縮成形し,その機械的特性を検討した.成形品の引張試験より,成形温度170~220℃,成形時間5~60分の条件において未処理コットン繊維を用いた成形品と比べて耐熱性コットン繊維を用いた成形品の成形時の熱負荷による強度低下が抑えられることを示した.また,耐熱性コットン繊維を用いることで繊維の熱劣化が抑制され,加熱成形により長い時間をかけることが可能になり,その結果,樹脂の含浸性を高めた機械的特性に優れた複合材料が成形できることを明らかにした.第5章では,耐熱性コットン繊維に熱負荷を与えた場合,および耐熱性コットン繊維を用いて複合材料を加熱圧縮成形した場合の変色特性を分析することにより,変色と引張強度との関連性を検討した.その結果,加熱温度160~240℃,加熱時間15分の熱負荷を与えた場合において,耐熱性コットン繊維の変色が未処理セルロース繊維より少ないことを明らかにした.また,耐熱性コットン繊維を用いて複合材料を成形した場合,成形温度170~220℃,成形時間15分の条件において耐熱性コットン繊維を用いることにより成形品の変色を低減できることが示された.さらに,繊維および成形品の強度と色差の関係より変色の程度が強度低下の評価指標となることが示唆された.第6章では,第2章から第5章までの総括と今後の課題および将来の展望をまとめた.本研究によりセルロース繊維の熱劣化による変色と強度低下の相関関係が明らかになり,さらなる,詳細な検討を加える必要はあるが,色差をセルロース繊維強化複合材料の成形加工プロセス中の製品の強度管理へ適用できる可能性もみいだせた.

Subjects/Keywords: 機械的特性; 植物繊維; 耐熱性; 変色; TEOS; 化学処理

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

哈, . (2014). 植物繊維およびその複合材料の熱劣化時の色特性と機械的特性に関する研究. (Thesis). Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10212/2179

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

哈, 斯. “植物繊維およびその複合材料の熱劣化時の色特性と機械的特性に関する研究.” 2014. Thesis, Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学. Accessed December 16, 2017. http://hdl.handle.net/10212/2179.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

哈, 斯. “植物繊維およびその複合材料の熱劣化時の色特性と機械的特性に関する研究.” 2014. Web. 16 Dec 2017.

Vancouver:

哈 . 植物繊維およびその複合材料の熱劣化時の色特性と機械的特性に関する研究. [Internet] [Thesis]. Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学; 2014. [cited 2017 Dec 16]. Available from: http://hdl.handle.net/10212/2179.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

哈 . 植物繊維およびその複合材料の熱劣化時の色特性と機械的特性に関する研究. [Thesis]. Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学; 2014. Available from: http://hdl.handle.net/10212/2179

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

25. 小田, 涼太. バガスピスを用いた抗菌性機能紙の開発に関する研究.

Degree: 博士(工学), 2014, Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学

機能紙は,様々な産業分野で開発がなされているが,機能発現のために,合成繊維や化学薬品,樹脂など石油資源に依存した原料で構成されている場合が多い.しかしながら,石油資源は有限であり,今後長期間に亘って,安定的に供給されるものではない.一方で,天然繊維を含むセルロースは,地球上でもっとも豊富な資源とされており,これを用いて機能紙を作製できることは,生活の質を維持しながら,脱石油資源を目指すために必要であると考えられる.また,抗菌加工製品は,特に日本において,清潔志向の高まりから一般生活にも浸透しており,台所用品や風呂用品ならびに肌着,下着等で使用されている.さらには,病院での免疫低下患者におけるメチシリン耐性黄色ぶどう球菌(MRSA)などによる院内感染が問題となっている.本研究は,そのほとんどが天然材料であり,未利用資源であるバガスやホタテ貝殻焼成粒子から構成され,人体のみならず地球環境にも配慮した抗菌紙の開発ならびに評価が目的である.サトウキビの搾りかすであるバガスの内径部にあたるピスは多孔質構造を有しており,機能性粒子を付着させる基材として活用することができる.機能性粒子の1つとして笹の葉粒子を粉砕,その後45m以下,45-106および106-147mの3つの範囲に分級し,濃度(10,20,50g / l)およびピス長さ(0.5, 1.0, 1.5cm)の条件において,付着方法について種々の条件にて,バガスピスに付着させ,バガスピスの孔内により多くかつバガスピスから離脱しにくい条件を見出した.その結果,バガスピスへの笹の葉粒子付着率は,脱気処理を行い,粒子径を小さく,粒子流動に必要な水量は少なく,かつ粒子濃度は高いほど,ピスのより内部に存在する笹粒子が増加し,付着率が高を向上できた.角型手すき用抄紙機を用いて,バガスピスにホタテ粒子を付着させたホタテ粒子複合ピスおよびバガスパルプを水で満たされた抄紙機のタンク中に投入後,撹拌直後にタンク下方から水抜きを行い,タンク下部に設置したワイヤーメッシュ上に原料混合物を積層させ、乾燥して抗菌紙を得た.ホタテ粒子複合ピスは,孔内にホタテ粒子だけでなく空気も含んでいるため,抄紙時に抄紙機タンク内の水面に浮紙させることで,最終的に紙表面のホタテ粒子複合ピス濃度を高くすることが可能であった.また,紙中にホタテ粒子複合ピスを比較的均一に分布させるためには、ホタテ粒子複合ピスを水中で脱気処理し,孔内の空気と水を置換することで作製可能である.ピスを用いない場合やピスとホタテ粒子を個別に単純にパルプと混抄した場合と比較し,ホタテ粒子複合ピスを用いた機能紙は3倍以上のホタテ粒子を歩留めることができた.作製した抗菌紙は,紙の表面により多くのホタテ粒子複合ピスが配置されるため,紙層内部での水素結合の阻害をしにくくなり,引張強度の低下を引き起こしにくく,またバガスパルプの坪量が小さいほど,緩やかであった.抗菌紙の作製条件によりホタテ粒子複合ピスの分布やホタテ粒子濃度を変化させたホタテ粒子複合ピスを用いた抗菌紙の抗菌性を評価した.対象の細菌は,グラム陰性の大腸菌およびグラム陽性のメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)であり,抗菌性試験は各サンプルをバイアル瓶に入れ,オートクレーブに入れ高圧蒸気殺菌後,0.7~3×105個/mlの菌液を接種し,37℃にて所定時間培養した.菌数は,菌液接種直後および培養後に生理食塩水 20 mL を加え,手振り(振幅 30 cm,30 回振とう)で各検体から菌を洗い出し,ニュートリエント培地あるいはトリプチケースソイ寒天培地を用い,37℃にて48時間,混釈平板培養を行い測定した.ホタテ粒子複合ピスを用いた抗菌紙の抗菌性は,両細菌に対しての抗菌性が確認でき,脱気処理をしていないホタテ粒子複合ピスを用いることによって,脱気をしたホタテ粒子複合ピスやピスを用いない場合ならびにピスとホタテ粒子を個別に単純にパルプと混抄した場合と比較し,MRSAに対しての即効性が確認できた.本研究によって,バガスピスとホタテ粒子の組み合わせだけでなく,多孔質構造を有する植物と機能性粒子の複合物を用いることで,化学薬品の使用を最小限に留めながら,より多くの機能性粒子を機能紙中に歩留めることができるとともに,紙中の機能性粒子の分散状態を変えることが可能になり,様々な機能紙を作製するための基礎になると考えられる.例えば同量の機能性粒子用いる場合においても表面の粒子濃度を高めることや機能性効果の持続時間をコントロールすることが可能となるものと期待できる.

Subjects/Keywords: ピス; バガス; 未利用資源; 機能紙; 抗菌性; ホタテ貝殻焼成粒子; 機能性粒子; 多孔質

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

小田, . (2014). バガスピスを用いた抗菌性機能紙の開発に関する研究. (Thesis). Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10212/2180

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

小田, 涼太. “バガスピスを用いた抗菌性機能紙の開発に関する研究.” 2014. Thesis, Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学. Accessed December 16, 2017. http://hdl.handle.net/10212/2180.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

小田, 涼太. “バガスピスを用いた抗菌性機能紙の開発に関する研究.” 2014. Web. 16 Dec 2017.

Vancouver:

小田 . バガスピスを用いた抗菌性機能紙の開発に関する研究. [Internet] [Thesis]. Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学; 2014. [cited 2017 Dec 16]. Available from: http://hdl.handle.net/10212/2180.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

小田 . バガスピスを用いた抗菌性機能紙の開発に関する研究. [Thesis]. Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学; 2014. Available from: http://hdl.handle.net/10212/2180

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

26. 辻, 賢一. 京金網における亀甲形状作製の技に関する研究.

Degree: 博士(学術), 2014, Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学

金網細工職人は,一般的に一人前になるまでに40年かかるといわれている.現在,日本は少子高齢化が進み,金網細工職人を目指す若者が急増することは考えにくい.このような状況において,金網細工の技術の伝承や後継者育成を行うために,金網細工に関わる技術を工学的に「数値化」する必要があると考えられる.金網細工の中でも京都市で作製された金網は京金網と呼ばれる.京都市には古くは平安京があり,全国の名工,名品が集まっていた.京金網はその技術を受け継ぎ,日本国内でも最も優れた技術を持った職人がいる.そこで本研究では,京金網における亀甲金網作製工程の動作および眼球運動を人間工学的な観点から解析し特徴を明らかにすることに加え,熟練者の技術が製品に与える影響について検討を行い,金網細工の発展および伝承の一助となる知恵の数値化を目的とした.本論文は第1章の緒論から第7章の結論までの7章構成である.以下に2章以降の目的と内容について簡潔に記述する.第2章では,亀甲金網作製における上肢の動作の特徴や差異を明らかにすることを目的とし,熟練者および未経験者の肩、肘,示指の3次元動作解析を行った.その結果,両肩の前後方向の動作において,未経験者の右肩は熟練者の3倍程度前方に,左肩は熟練者と逆の後方に動作する傾向が見られた.また,左肘の左右方向の動作において,熟練者は右方向に動いているのに対し,未経験者は左方向に大きく動作していた.これらより,熟練者は肩を支点に動作することにより巧緻な手指運動を可能にしていたことが示唆された.さらに,最大加速度値から算出した “間”は,熟練者と比較し未経験者は短い時間の“間”が不規則に高い頻度で存在しているという特徴が見られた.第3章では,亀甲金網作製における熟練者の眼球運動を明らかにすることを目的とし,眼球運動測定を行った.その結果,熟練者は連続して亀甲模様を作製している間は瞬きをしていなかった.また,亀甲金網は針金を2回ねじることで形作られるが,1回目のねじり動作においては,交差部を注視しており,2回目のねじり動作においては,網目の交差部周辺を規則的に注視していることが明らかとなった.第4章では,熟練者がどのように完成した製品の評価を行っているかを明らかにすることを目的とした.まず熟練者および未経験者が作製した亀甲金網のそれぞれ亀甲の内角を測定し,亀甲の特徴を数値化した.次に,未経験者が作製した亀甲金網の評価を熟練者に行わせた.その結果,熟練者が作製した亀甲は,頂点1と頂点4,頂点2と頂点5,および頂点3と頂点5の角度がそれぞれ似た角度となっていた.さらに,熟練者は特定の角度を注視して金網を評価するのではなく,自らが作製した亀甲をイメージしながら評価を行っている可能性が示唆された.第5章では,金網細工を連続で製作した場合の熟練度の違いが作製動作および仕上がった製品へおよぼす影響を明らかにすることを目的とし,3次元動作解析,疲労調査,亀甲の形状評価を行った.その結果,試行回数が増えるにしたがって非熟練者および未経験者は右肘の角度が小さくなったが,熟練者は一定であり,熟練者は試行回数に関わらず一定の姿勢を保ったまま作業をしていることが示唆された.また疲労調査から,熟練者は連続作業を行っても疲労しにくいことが明らかとなった.さらに形状評価から,熟練者および非熟練者は連続作業を行っても一定の亀甲形状を維持した製品を作製していた.第6章では,熟練度の違いが針金の物性におよぼす影響を明らかにすることを目的とした.まず,亀甲金網作製による針金の劣化を明らかにするため,塩水噴霧による腐食試験を行った.さらに,亀甲金網の「ねじれ部」の加工硬化を明らかにするため,針金断面の硬さ試験を行った.その結果,腐食試験から熟練者の亀甲金網は腐食の進行している面積が非熟練者や未経験者に比べて少ないことが明らかとなった.さらに硬さ試験から,熟練者よりも未経験者の作製した亀甲金網の針金の加工硬化が進んでいることが明らかとなった.これらのことより,熟練者は針金を劣化させにくい作製技術を身に着けていることが示唆された.第7章では,本研究で得られた知見をまとめ,今後の展望について述べた.

Subjects/Keywords: 京金網; 金網細工; 3次元動作解析; 数値化; 眼球運動測定; ; 網目; ねじり動作; 亀甲; 交差部; 疲労調査; 亀甲角度; 熟練度; 亀甲形状評価; ねじれ部; 硬さ試験; 塩水噴霧; 腐食試験; 劣化; 作製技術

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

辻, . (2014). 京金網における亀甲形状作製の技に関する研究. (Thesis). Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10212/2181

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

辻, 賢一. “京金網における亀甲形状作製の技に関する研究.” 2014. Thesis, Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学. Accessed December 16, 2017. http://hdl.handle.net/10212/2181.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

辻, 賢一. “京金網における亀甲形状作製の技に関する研究.” 2014. Web. 16 Dec 2017.

Vancouver:

辻 . 京金網における亀甲形状作製の技に関する研究. [Internet] [Thesis]. Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学; 2014. [cited 2017 Dec 16]. Available from: http://hdl.handle.net/10212/2181.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

辻 . 京金網における亀甲形状作製の技に関する研究. [Thesis]. Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学; 2014. Available from: http://hdl.handle.net/10212/2181

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

27. 冬木, 琢真. 高Bi組成GaAsBiの成長とレーザダイオードへの応用.

Degree: 博士(工学), 2014, Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学

本研究は、発振波長が温度に依存しない光通信用半導体レーザの実現を目的としている。高品質なBi系III-V族半導体半金属混晶GaAs1-xBixの分子線エピタキシャル(MBE)成長、GaAs1-xBixを発光層とした利得導波路型GaAs1-xBixレーザダイオード(LDs)の製作に取り組み、世界で初めて、高い特性温度および低い発振波長の温度依存性を併せ持つGaAs1−xBix LDsを実現した。 現代の情報化社会を支える光通信分野において、一本の光ファイバーに複数の光信号を伝達する波長分割多重(WDM)通信方式が重要となっている。現行のInGaAsPレーザでは、特性温度が低いことや発振波長の温度依存性の問題から、しきい値や波長を安定させるための冷却システムが必須であり、消費電力やコストの面が問題視されている。冷却システムを必要としないWDM通信方式の普及には、高い特性温度(To)を有し、かつ、発振波長が温度に依存しない(d/dT=0)光通信用半導体レーザが必要となる 当該レーザ用材料として注目したのが、Bi系III-V族半導体半金属混晶である。本混晶は、その禁制帯幅が小さい温度依存性を有することが明らかにされており、本混晶をレーザの発光層に適用することで、発振波長が温度に依存しない半導体レーザを実現できると考えられる。 Bi系III-V族半導体半金属混晶は非常に大きな非混和性を有しており、400℃以下という低温でしか成長出来ない。本研究では、非平衡な結晶成長を得意とするMBE法を用いた。AlyGa1-yAsなどの高い禁制帯幅を有する結晶が容易に成長可能なGaAs基板を用いて、高品質な高Bi組成GaAs1-xBixの成長、およびAlyGa1-yAsクラッド層からなるGaAs1-xBix LDsからのレーザ発振の実現を試みた。 本論文では第1章の序論、第2章の実験方法に続き、以下のような内容を述べる。第3章では、成長速度およびMBE成長時のAs/Gaフラックス比を制御することで、GaAs基板にコヒーレント成長する高品質な高Bi組成GaAs1-xBix薄膜を得た。GaBiモル比9.5%のGaAs0.905Bi0.095薄膜から室温において通信波長帯である1.3mでのホトルミネセンス(PL)が得られ、かつ、発光強度の劣化は見られなかった。発光強度は低下したものの、GaBiモル比11.8%のGaAs0.882Bi0.118薄膜から1.45mでのPLが得られた。Bi起因の局在準位は価電子帯上端付近より約90meV程度エネルギーの高い所まで連続的に分布しており、その密度は~1017 cm-3程度であった。その局在準位が正孔移動度に及ぼす影響は少なく、室温においてGaAs1-xBix(x3.6%)の正孔移動度はGaAs結晶と同程度であった。400℃以下という低温成長にもかかわらず、GaAs1-xBix(x3.4%)中の欠陥密度は560℃で成長したGaAsと同程度であることをDLTS法から明らかにした。Bi原子のSurfactant-like効果によって吸着原子の表面マイグレーションが促進され、高品質なGaAs1-xBix薄膜を得られたと考えられる。第4章では、高い伝導帯オフセットを有すると予測されるGaAs1-xBix/AlyGa1-yAsヘテロ接合の製作を実現した。アドミタンス法によって検出した密度8×1011 cm-2eV-1程度のGaAs1-xBix/GaAs界面準位が、GaAs1-xBix/GaAsバンドアライメントの決定に影響を及ぼしていた。GaAsとGaAs1−xBixの成長表面電子構造の違いを考慮し、Bi組成傾斜層をヘテロ界面間に導入することで界面準位密度の半減に成功し、バンドアライメント決定への足掛かりを掴んだ。また、GaAs0.941Bi0.059/Al0.3Ga0.7Asから1204nmでの光励起によるレーザ発振を実現した。20℃から80℃において、To=100 K, d/dT0.2 nm/Kであり、励起方法が異なるものの、InGaAsPレーザで報告されている値(To=66 K, d/dT=0.45 nm/K)よりも優れた値であった。GaAs1-xBixを用いることで、高い特性温度を有し、発振波長が温度に依存しない光通信用半導体レーザが実現できる可能性を示した。 第5章では、電流注入によるレーザ発振を目的として、GaAs1−xBix LDsを製作した。MBE法によってn-GaAs基板上にAlyGa1-yAsクラッド層およびGaAs1−xBix発光層を有するダブルヘテロ構造を成長した。スパッタ法により製膜したSiO2絶縁膜を幅10~80mのストライプ型にエッチングし、試料表面にはAuZnを、試料裏面にはAuGeNiをオーミック電極として蒸着し、ストライプ電極利得導波路型GaAs1−xBix (x4%)LDsを製作した。パルス駆動(パルス幅:100nsec、Duty比:0.1~0.2%)において、GaAs0.96Bi0.04 LDから波長1045.4nmでの室温レーザ発振を実現した。室温付近におけるGaAs0.97Bi0.03 LDの温度特性はTo=125 K, d/dT0.16 nm/Kであり、発振波長の温度依存性は、同様のプロセスで製作したGaAs LDに比べて、約40%に低減していた。GaAs1−xBix LDsは高い特性温度および低い発振波長の温度依存性を併せ持つことを世界で初めて実証した。以上の結果をふまえた上で、GaAs1−xBix LD特性の更なる向上への方法を第6章の今後の展望で述べた。第7章は以上全てを総括し、本論文の結論とした。

Subjects/Keywords: MBE; 分子線エピタキシー; III-V族半導体半金属混晶; GaAsBi; LD; レーザ; 発振波長; 光通信; 界面準位; 温度無依存; 特性温度; WDM

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

冬木, . (2014). 高Bi組成GaAsBiの成長とレーザダイオードへの応用. (Thesis). Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10212/2182

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

冬木, 琢真. “高Bi組成GaAsBiの成長とレーザダイオードへの応用.” 2014. Thesis, Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学. Accessed December 16, 2017. http://hdl.handle.net/10212/2182.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

冬木, 琢真. “高Bi組成GaAsBiの成長とレーザダイオードへの応用.” 2014. Web. 16 Dec 2017.

Vancouver:

冬木 . 高Bi組成GaAsBiの成長とレーザダイオードへの応用. [Internet] [Thesis]. Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学; 2014. [cited 2017 Dec 16]. Available from: http://hdl.handle.net/10212/2182.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

冬木 . 高Bi組成GaAsBiの成長とレーザダイオードへの応用. [Thesis]. Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学; 2014. Available from: http://hdl.handle.net/10212/2182

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

28. POROKHNYUK, ANDREY. Design of Phase-Nonreciprocal CRLH Metamaterials for Antenna Applications : アンテナ応用のための非相反CRLHメタマテリアルの設計.

Degree: 博士(工学), 2014, Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学

This work includes results of simplified electromagnetic field analysis, numerical simulation and experimental results. Important conclusions are given on the basis of analytic approach and… (more)

Subjects/Keywords: nonreciprocity; Metamaterials; pseudo-traveling wave resonator; phase nonreciprocity; leaky-wave antennas; zeroth-order resonator; transmission line matrix methods; electromagnetic analysis; ferrite devices; beam steering; polarization control; beam-squinting; coplanar waveguide antenna; microstrip antenna

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

POROKHNYUK, A. (2014). Design of Phase-Nonreciprocal CRLH Metamaterials for Antenna Applications : アンテナ応用のための非相反CRLHメタマテリアルの設計. (Thesis). Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10212/2183

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

POROKHNYUK, ANDREY. “Design of Phase-Nonreciprocal CRLH Metamaterials for Antenna Applications : アンテナ応用のための非相反CRLHメタマテリアルの設計.” 2014. Thesis, Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学. Accessed December 16, 2017. http://hdl.handle.net/10212/2183.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

POROKHNYUK, ANDREY. “Design of Phase-Nonreciprocal CRLH Metamaterials for Antenna Applications : アンテナ応用のための非相反CRLHメタマテリアルの設計.” 2014. Web. 16 Dec 2017.

Vancouver:

POROKHNYUK A. Design of Phase-Nonreciprocal CRLH Metamaterials for Antenna Applications : アンテナ応用のための非相反CRLHメタマテリアルの設計. [Internet] [Thesis]. Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学; 2014. [cited 2017 Dec 16]. Available from: http://hdl.handle.net/10212/2183.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

POROKHNYUK A. Design of Phase-Nonreciprocal CRLH Metamaterials for Antenna Applications : アンテナ応用のための非相反CRLHメタマテリアルの設計. [Thesis]. Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学; 2014. Available from: http://hdl.handle.net/10212/2183

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

29. 亀野, 晶子. 蔵田周忠の思想とその実践としての「型而工房」.

Degree: 博士(学術), 2014, Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学

大正・昭和に活動した建築家蔵田周忠の思想をその著述作品『近代建築思潮』『現代建築』「建築論」から探り、その独自性を生活に対する視点と「統一的空間」に見ることができる、またその実践として「型而工房」の活動を探り「標準家具」に見られる畳摺、婦人雑誌での販売などから、生活の変革への力を持った家具の提供から、当時の住生活への変革を椅子にのみ求めた実情を明らかにした。

Subjects/Keywords: 型而工房; 蔵田周忠; 標準家具; 畳摺; 統一的空間; 大正・昭和前期

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

亀野, . (2014). 蔵田周忠の思想とその実践としての「型而工房」. (Thesis). Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10212/2184

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

亀野, 晶子. “蔵田周忠の思想とその実践としての「型而工房」.” 2014. Thesis, Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学. Accessed December 16, 2017. http://hdl.handle.net/10212/2184.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

亀野, 晶子. “蔵田周忠の思想とその実践としての「型而工房」.” 2014. Web. 16 Dec 2017.

Vancouver:

亀野 . 蔵田周忠の思想とその実践としての「型而工房」. [Internet] [Thesis]. Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学; 2014. [cited 2017 Dec 16]. Available from: http://hdl.handle.net/10212/2184.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

亀野 . 蔵田周忠の思想とその実践としての「型而工房」. [Thesis]. Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学; 2014. Available from: http://hdl.handle.net/10212/2184

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

30. YOON, JONGCHUL. An Analytical Model for Saturation Drain Current Including the Higher Order Effect of Source and Drain Series Resistance in Sub-20 nm MOSFETs : 20 nm MOSFETs におけるソース・ドレイン抵抗の高次効果を含む解析飽和ドレイン電流モデル.

Degree: 博士(学術), 2014, Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学

 In device design of sub-20 nm metal-oxide-semiconductor field-effect transistors (MOSFETs), an accurate analytical current model including an effect of source and drain series resistance becomes… (more)

Subjects/Keywords: ソース・ドレイン抵抗; 20nm MOSFET; チャネル長変調係数; MOSFET解析モデル

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

YOON, J. (2014). An Analytical Model for Saturation Drain Current Including the Higher Order Effect of Source and Drain Series Resistance in Sub-20 nm MOSFETs : 20 nm MOSFETs におけるソース・ドレイン抵抗の高次効果を含む解析飽和ドレイン電流モデル. (Thesis). Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10212/2199

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

YOON, JONGCHUL. “An Analytical Model for Saturation Drain Current Including the Higher Order Effect of Source and Drain Series Resistance in Sub-20 nm MOSFETs : 20 nm MOSFETs におけるソース・ドレイン抵抗の高次効果を含む解析飽和ドレイン電流モデル.” 2014. Thesis, Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学. Accessed December 16, 2017. http://hdl.handle.net/10212/2199.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

YOON, JONGCHUL. “An Analytical Model for Saturation Drain Current Including the Higher Order Effect of Source and Drain Series Resistance in Sub-20 nm MOSFETs : 20 nm MOSFETs におけるソース・ドレイン抵抗の高次効果を含む解析飽和ドレイン電流モデル.” 2014. Web. 16 Dec 2017.

Vancouver:

YOON J. An Analytical Model for Saturation Drain Current Including the Higher Order Effect of Source and Drain Series Resistance in Sub-20 nm MOSFETs : 20 nm MOSFETs におけるソース・ドレイン抵抗の高次効果を含む解析飽和ドレイン電流モデル. [Internet] [Thesis]. Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学; 2014. [cited 2017 Dec 16]. Available from: http://hdl.handle.net/10212/2199.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

YOON J. An Analytical Model for Saturation Drain Current Including the Higher Order Effect of Source and Drain Series Resistance in Sub-20 nm MOSFETs : 20 nm MOSFETs におけるソース・ドレイン抵抗の高次効果を含む解析飽和ドレイン電流モデル. [Thesis]. Kyoto Institute of Technology / 京都工芸繊維大学; 2014. Available from: http://hdl.handle.net/10212/2199

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

.