Advanced search options

Advanced Search Options 🞨

Browse by author name (“Author name starts with…”).

Find ETDs with:

in
/  
in
/  
in
/  
in

Written in Published in Earliest date Latest date

Sorted by

Results per page:

Sorted by: relevance · author · university · dateNew search

You searched for publisher:"Kumamoto University". Showing records 1 – 30 of 1838 total matches.

[1] [2] [3] [4] [5] … [62]

Search Limiters

Last 2 Years | English Only

Languages

▼ Search Limiters

1. Mahamad, Abd Kadir. Diagnosis, classification and prognosis of rotating machine using artificial intelligence.

Degree: PhD, School of Science and Technology, 2010, Kumamoto University

 The demand for cost efficient, reliable and safe rotating machinery requires accurate fault diagnosis, classification and prognosis systems. Therefore these issues have become of paramount… (more)

Subjects/Keywords: T Technology (General)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Mahamad, A. K. (2010). Diagnosis, classification and prognosis of rotating machine using artificial intelligence. (Doctoral Dissertation). Kumamoto University. Retrieved from http://eprints.uthm.edu.my/2686/

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Mahamad, Abd Kadir. “Diagnosis, classification and prognosis of rotating machine using artificial intelligence.” 2010. Doctoral Dissertation, Kumamoto University. Accessed November 18, 2017. http://eprints.uthm.edu.my/2686/.

MLA Handbook (7th Edition):

Mahamad, Abd Kadir. “Diagnosis, classification and prognosis of rotating machine using artificial intelligence.” 2010. Web. 18 Nov 2017.

Vancouver:

Mahamad AK. Diagnosis, classification and prognosis of rotating machine using artificial intelligence. [Internet] [Doctoral dissertation]. Kumamoto University; 2010. [cited 2017 Nov 18]. Available from: http://eprints.uthm.edu.my/2686/.

Council of Science Editors:

Mahamad AK. Diagnosis, classification and prognosis of rotating machine using artificial intelligence. [Doctoral Dissertation]. Kumamoto University; 2010. Available from: http://eprints.uthm.edu.my/2686/

2. 竹永, 智美; タケナガ, トモミ. CT検査における被ばく線量最適化のための低線量CT画像シミュレーション技術の開発 : CT ケンサ ニ オケル ヒバク センリョウ サイテキカ ノ タメ ノ テイ センリョウ CT ガゾウ シミュレーション ギジュツ ノ カイハツ; Development of computerized scheme simulating low-dose CT image aimed for patient dose optimization in CT examination.

Degree: 博士(保健学), 2016, Kumamoto University / 熊本大学

診断可能な最低線量や最適線量を評価するためには、検討対象とした疾患や症例についてさまざまな難易度の画像を、複数の線量で撮影する必要がある。しかしながら、実際にファントム実験により線量と画像における診断能を評価するための検討を行なうには、人体と同等といえる特殊なファントムをさまざまな患者や症例に合わせて用意する必要があり、現実的ではない。また、実際にボランティアや患者に対して、症例や体格ごとにさまざまな撮影条件で複数回撮影して検討を行うことは倫理的に認められていない。このような倫理的問題がなく、現実的に実用可能なcomputed tomography(CT)検査における最適線量を決定するための有用な手法として低線量CT画像シミュレーションがある。いくつかの先行研究により報告されているシミュレーション手法の多くは、一般ユーザーにはアクセスが困難である生サイノグラムデータに依存しているため、特定のCT装置に適用が限定されている。また、生サイノグラムデータを必要としない先行研究では、シミュレーションに用いるパラメータの決定に特定のファントムを必要とするため再現が容易ではない。われわれは生サイノグラムデータや特定のファントムを使用せず、診療のために通常線量で撮影されたCT画像(以下、高線量CT画像)から低線量CT画像をシミュレーションする実用的な手法を開発した。また、本手法よりシミュレーションした低線量CT画像の画質が実際に低線量で撮影されたCT画像と同等か評価するための手法を新たに開発し、その有用性について検討した。

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

竹永, 智美; タケナガ, . (2016). CT検査における被ばく線量最適化のための低線量CT画像シミュレーション技術の開発 : CT ケンサ ニ オケル ヒバク センリョウ サイテキカ ノ タメ ノ テイ センリョウ CT ガゾウ シミュレーション ギジュツ ノ カイハツ; Development of computerized scheme simulating low-dose CT image aimed for patient dose optimization in CT examination. (Thesis). Kumamoto University / 熊本大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2298/34662

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

竹永, 智美; タケナガ, トモミ. “CT検査における被ばく線量最適化のための低線量CT画像シミュレーション技術の開発 : CT ケンサ ニ オケル ヒバク センリョウ サイテキカ ノ タメ ノ テイ センリョウ CT ガゾウ シミュレーション ギジュツ ノ カイハツ; Development of computerized scheme simulating low-dose CT image aimed for patient dose optimization in CT examination.” 2016. Thesis, Kumamoto University / 熊本大学. Accessed November 18, 2017. http://hdl.handle.net/2298/34662.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

竹永, 智美; タケナガ, トモミ. “CT検査における被ばく線量最適化のための低線量CT画像シミュレーション技術の開発 : CT ケンサ ニ オケル ヒバク センリョウ サイテキカ ノ タメ ノ テイ センリョウ CT ガゾウ シミュレーション ギジュツ ノ カイハツ; Development of computerized scheme simulating low-dose CT image aimed for patient dose optimization in CT examination.” 2016. Web. 18 Nov 2017.

Vancouver:

竹永, 智美; タケナガ . CT検査における被ばく線量最適化のための低線量CT画像シミュレーション技術の開発 : CT ケンサ ニ オケル ヒバク センリョウ サイテキカ ノ タメ ノ テイ センリョウ CT ガゾウ シミュレーション ギジュツ ノ カイハツ; Development of computerized scheme simulating low-dose CT image aimed for patient dose optimization in CT examination. [Internet] [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2016. [cited 2017 Nov 18]. Available from: http://hdl.handle.net/2298/34662.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

竹永, 智美; タケナガ . CT検査における被ばく線量最適化のための低線量CT画像シミュレーション技術の開発 : CT ケンサ ニ オケル ヒバク センリョウ サイテキカ ノ タメ ノ テイ センリョウ CT ガゾウ シミュレーション ギジュツ ノ カイハツ; Development of computerized scheme simulating low-dose CT image aimed for patient dose optimization in CT examination. [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/2298/34662

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

3. 稲田, 宏規; イナタ, ヒロキ. 頭蓋内画像誘導放射線治療におけるIntra-Fractional Motion低減に関する研究 : ズガイ ナイ ガゾウ ユウドウ ホウシャセン チリョウ ニ オケル Intra-Fractional Motion テイゲン ニ カンスル ケンキュウ; Reduction of Intra-Fractional Motion in Image-Guided Cranial Radiotherapy.

Degree: 博士(保健学), 2016, Kumamoto University / 熊本大学

頭蓋内定位放射線治療では1-2mmの固定精度が要求される。近年、画像誘導放射線治療によって日々の患者位置決め精度とその再現性が飛躍的に向上したため、照射中の固定精度管理が重要となっている。本研究では、照射中の頭部固定精度を担保するために、固定精度を定量的に検証するファントムとReal-Time Intra-Fractional Motion検知装置を開発し、頭部固定マスクと枕の固定精度と頭部圧迫の関係について解析した。

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

稲田, 宏規; イナタ, . (2016). 頭蓋内画像誘導放射線治療におけるIntra-Fractional Motion低減に関する研究 : ズガイ ナイ ガゾウ ユウドウ ホウシャセン チリョウ ニ オケル Intra-Fractional Motion テイゲン ニ カンスル ケンキュウ; Reduction of Intra-Fractional Motion in Image-Guided Cranial Radiotherapy. (Thesis). Kumamoto University / 熊本大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2298/34663

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

稲田, 宏規; イナタ, ヒロキ. “頭蓋内画像誘導放射線治療におけるIntra-Fractional Motion低減に関する研究 : ズガイ ナイ ガゾウ ユウドウ ホウシャセン チリョウ ニ オケル Intra-Fractional Motion テイゲン ニ カンスル ケンキュウ; Reduction of Intra-Fractional Motion in Image-Guided Cranial Radiotherapy.” 2016. Thesis, Kumamoto University / 熊本大学. Accessed November 18, 2017. http://hdl.handle.net/2298/34663.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

稲田, 宏規; イナタ, ヒロキ. “頭蓋内画像誘導放射線治療におけるIntra-Fractional Motion低減に関する研究 : ズガイ ナイ ガゾウ ユウドウ ホウシャセン チリョウ ニ オケル Intra-Fractional Motion テイゲン ニ カンスル ケンキュウ; Reduction of Intra-Fractional Motion in Image-Guided Cranial Radiotherapy.” 2016. Web. 18 Nov 2017.

Vancouver:

稲田, 宏規; イナタ . 頭蓋内画像誘導放射線治療におけるIntra-Fractional Motion低減に関する研究 : ズガイ ナイ ガゾウ ユウドウ ホウシャセン チリョウ ニ オケル Intra-Fractional Motion テイゲン ニ カンスル ケンキュウ; Reduction of Intra-Fractional Motion in Image-Guided Cranial Radiotherapy. [Internet] [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2016. [cited 2017 Nov 18]. Available from: http://hdl.handle.net/2298/34663.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

稲田, 宏規; イナタ . 頭蓋内画像誘導放射線治療におけるIntra-Fractional Motion低減に関する研究 : ズガイ ナイ ガゾウ ユウドウ ホウシャセン チリョウ ニ オケル Intra-Fractional Motion テイゲン ニ カンスル ケンキュウ; Reduction of Intra-Fractional Motion in Image-Guided Cranial Radiotherapy. [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/2298/34663

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

4. 小田, 政子; オダ, マサコ. 気流閉塞と脈波伝播速度を用いた動脈硬化との関連 : キリュウ ヘイソク ト ミャクハ デンパ ソクド オ モチイタ ドウミャク コウカ ト ノ カンレン; Association between Airflow Limitation and Atherosclerosis by the Brachial-ankle Pulse Wave Velocity.

Degree: 博士(医学), 2016, Kumamoto University / 熊本大学

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

小田, 政子; オダ, . (2016). 気流閉塞と脈波伝播速度を用いた動脈硬化との関連 : キリュウ ヘイソク ト ミャクハ デンパ ソクド オ モチイタ ドウミャク コウカ ト ノ カンレン; Association between Airflow Limitation and Atherosclerosis by the Brachial-ankle Pulse Wave Velocity. (Thesis). Kumamoto University / 熊本大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2298/34603

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

小田, 政子; オダ, マサコ. “気流閉塞と脈波伝播速度を用いた動脈硬化との関連 : キリュウ ヘイソク ト ミャクハ デンパ ソクド オ モチイタ ドウミャク コウカ ト ノ カンレン; Association between Airflow Limitation and Atherosclerosis by the Brachial-ankle Pulse Wave Velocity.” 2016. Thesis, Kumamoto University / 熊本大学. Accessed November 18, 2017. http://hdl.handle.net/2298/34603.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

小田, 政子; オダ, マサコ. “気流閉塞と脈波伝播速度を用いた動脈硬化との関連 : キリュウ ヘイソク ト ミャクハ デンパ ソクド オ モチイタ ドウミャク コウカ ト ノ カンレン; Association between Airflow Limitation and Atherosclerosis by the Brachial-ankle Pulse Wave Velocity.” 2016. Web. 18 Nov 2017.

Vancouver:

小田, 政子; オダ . 気流閉塞と脈波伝播速度を用いた動脈硬化との関連 : キリュウ ヘイソク ト ミャクハ デンパ ソクド オ モチイタ ドウミャク コウカ ト ノ カンレン; Association between Airflow Limitation and Atherosclerosis by the Brachial-ankle Pulse Wave Velocity. [Internet] [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2016. [cited 2017 Nov 18]. Available from: http://hdl.handle.net/2298/34603.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

小田, 政子; オダ . 気流閉塞と脈波伝播速度を用いた動脈硬化との関連 : キリュウ ヘイソク ト ミャクハ デンパ ソクド オ モチイタ ドウミャク コウカ ト ノ カンレン; Association between Airflow Limitation and Atherosclerosis by the Brachial-ankle Pulse Wave Velocity. [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/2298/34603

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

5. 値賀, 正彦; チガ, マサヒコ. ウォルフ管に依存したミュラー管の伸長制御機構の検討 : ウィルフカン ニ イゾン シタ ミュラーカン ノ シンチョウ セイギョ キコウ ノ ケントウ; Regulation of Mullerian duct elongation by preformed Wolffian duct.

Degree: 博士(医学), 2016, Kumamoto University / 熊本大学

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

値賀, 正彦; チガ, . (2016). ウォルフ管に依存したミュラー管の伸長制御機構の検討 : ウィルフカン ニ イゾン シタ ミュラーカン ノ シンチョウ セイギョ キコウ ノ ケントウ; Regulation of Mullerian duct elongation by preformed Wolffian duct. (Thesis). Kumamoto University / 熊本大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2298/34623

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

値賀, 正彦; チガ, マサヒコ. “ウォルフ管に依存したミュラー管の伸長制御機構の検討 : ウィルフカン ニ イゾン シタ ミュラーカン ノ シンチョウ セイギョ キコウ ノ ケントウ; Regulation of Mullerian duct elongation by preformed Wolffian duct.” 2016. Thesis, Kumamoto University / 熊本大学. Accessed November 18, 2017. http://hdl.handle.net/2298/34623.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

値賀, 正彦; チガ, マサヒコ. “ウォルフ管に依存したミュラー管の伸長制御機構の検討 : ウィルフカン ニ イゾン シタ ミュラーカン ノ シンチョウ セイギョ キコウ ノ ケントウ; Regulation of Mullerian duct elongation by preformed Wolffian duct.” 2016. Web. 18 Nov 2017.

Vancouver:

値賀, 正彦; チガ . ウォルフ管に依存したミュラー管の伸長制御機構の検討 : ウィルフカン ニ イゾン シタ ミュラーカン ノ シンチョウ セイギョ キコウ ノ ケントウ; Regulation of Mullerian duct elongation by preformed Wolffian duct. [Internet] [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2016. [cited 2017 Nov 18]. Available from: http://hdl.handle.net/2298/34623.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

値賀, 正彦; チガ . ウォルフ管に依存したミュラー管の伸長制御機構の検討 : ウィルフカン ニ イゾン シタ ミュラーカン ノ シンチョウ セイギョ キコウ ノ ケントウ; Regulation of Mullerian duct elongation by preformed Wolffian duct. [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/2298/34623

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

6. 松森, はるか; マツモリ, ハルカ. コンピューター形態解析で明らかになった核小体の構造機能の維持機構 : コンピューター ケイタイ カイセキ デ アキラカ ニ ナッタ カクショウタイ ノ コウゾウ キノウ ノ イジ キコウ; Computational image analysis revealed the maintenance mechanism of the nucleolar structure and function.

Degree: 博士(医学), 2016, Kumamoto University / 熊本大学

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

松森, はるか; マツモリ, . (2016). コンピューター形態解析で明らかになった核小体の構造機能の維持機構 : コンピューター ケイタイ カイセキ デ アキラカ ニ ナッタ カクショウタイ ノ コウゾウ キノウ ノ イジ キコウ; Computational image analysis revealed the maintenance mechanism of the nucleolar structure and function. (Thesis). Kumamoto University / 熊本大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2298/34631

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

松森, はるか; マツモリ, ハルカ. “コンピューター形態解析で明らかになった核小体の構造機能の維持機構 : コンピューター ケイタイ カイセキ デ アキラカ ニ ナッタ カクショウタイ ノ コウゾウ キノウ ノ イジ キコウ; Computational image analysis revealed the maintenance mechanism of the nucleolar structure and function.” 2016. Thesis, Kumamoto University / 熊本大学. Accessed November 18, 2017. http://hdl.handle.net/2298/34631.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

松森, はるか; マツモリ, ハルカ. “コンピューター形態解析で明らかになった核小体の構造機能の維持機構 : コンピューター ケイタイ カイセキ デ アキラカ ニ ナッタ カクショウタイ ノ コウゾウ キノウ ノ イジ キコウ; Computational image analysis revealed the maintenance mechanism of the nucleolar structure and function.” 2016. Web. 18 Nov 2017.

Vancouver:

松森, はるか; マツモリ . コンピューター形態解析で明らかになった核小体の構造機能の維持機構 : コンピューター ケイタイ カイセキ デ アキラカ ニ ナッタ カクショウタイ ノ コウゾウ キノウ ノ イジ キコウ; Computational image analysis revealed the maintenance mechanism of the nucleolar structure and function. [Internet] [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2016. [cited 2017 Nov 18]. Available from: http://hdl.handle.net/2298/34631.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

松森, はるか; マツモリ . コンピューター形態解析で明らかになった核小体の構造機能の維持機構 : コンピューター ケイタイ カイセキ デ アキラカ ニ ナッタ カクショウタイ ノ コウゾウ キノウ ノ イジ キコウ; Computational image analysis revealed the maintenance mechanism of the nucleolar structure and function. [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/2298/34631

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

7. 林田, 英里; ハヤシダ, エリ. Clinical and fundamental studies of 320-row detector CT scanner for the preoperative evaluation of intracranial lesions : ズガイナイ ビョウヘン ノ ジュツマエ ヒョウカ ニ オケル 320レツ CT ソウチ ノ ユウヨウセイ ノ リンショウテキ オヨビ キソテキ ケンキュウ; 頭蓋内病変の術前評価における320列CT装置の有用性の臨床的および基礎的研究.

Degree: 博士(医学), 2016, Kumamoto University / 熊本大学

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

林田, 英里; ハヤシダ, . (2016). Clinical and fundamental studies of 320-row detector CT scanner for the preoperative evaluation of intracranial lesions : ズガイナイ ビョウヘン ノ ジュツマエ ヒョウカ ニ オケル 320レツ CT ソウチ ノ ユウヨウセイ ノ リンショウテキ オヨビ キソテキ ケンキュウ; 頭蓋内病変の術前評価における320列CT装置の有用性の臨床的および基礎的研究. (Thesis). Kumamoto University / 熊本大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2298/34632

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

林田, 英里; ハヤシダ, エリ. “Clinical and fundamental studies of 320-row detector CT scanner for the preoperative evaluation of intracranial lesions : ズガイナイ ビョウヘン ノ ジュツマエ ヒョウカ ニ オケル 320レツ CT ソウチ ノ ユウヨウセイ ノ リンショウテキ オヨビ キソテキ ケンキュウ; 頭蓋内病変の術前評価における320列CT装置の有用性の臨床的および基礎的研究.” 2016. Thesis, Kumamoto University / 熊本大学. Accessed November 18, 2017. http://hdl.handle.net/2298/34632.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

林田, 英里; ハヤシダ, エリ. “Clinical and fundamental studies of 320-row detector CT scanner for the preoperative evaluation of intracranial lesions : ズガイナイ ビョウヘン ノ ジュツマエ ヒョウカ ニ オケル 320レツ CT ソウチ ノ ユウヨウセイ ノ リンショウテキ オヨビ キソテキ ケンキュウ; 頭蓋内病変の術前評価における320列CT装置の有用性の臨床的および基礎的研究.” 2016. Web. 18 Nov 2017.

Vancouver:

林田, 英里; ハヤシダ . Clinical and fundamental studies of 320-row detector CT scanner for the preoperative evaluation of intracranial lesions : ズガイナイ ビョウヘン ノ ジュツマエ ヒョウカ ニ オケル 320レツ CT ソウチ ノ ユウヨウセイ ノ リンショウテキ オヨビ キソテキ ケンキュウ; 頭蓋内病変の術前評価における320列CT装置の有用性の臨床的および基礎的研究. [Internet] [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2016. [cited 2017 Nov 18]. Available from: http://hdl.handle.net/2298/34632.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

林田, 英里; ハヤシダ . Clinical and fundamental studies of 320-row detector CT scanner for the preoperative evaluation of intracranial lesions : ズガイナイ ビョウヘン ノ ジュツマエ ヒョウカ ニ オケル 320レツ CT ソウチ ノ ユウヨウセイ ノ リンショウテキ オヨビ キソテキ ケンキュウ; 頭蓋内病変の術前評価における320列CT装置の有用性の臨床的および基礎的研究. [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/2298/34632

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

8. 柏木, 宏子; カシワギ, ヒロコ. 重大な暴力の既往がある統合失調症罹患者の心理社会的背景ならびに認知機能の特徴について : ジュウダイ ナ ボウリョク ノ キオウ ガ アル トウゴウ シッチョウショウ リカンジャ ノ シンリ シャカイテキ ハイケイ ナラビ ニ ニンチ キノウ ノ トクチョウ ニ ツイテ; Psychosocial backgrounds and Neurocognitive Features in Schizophrenic Patients with Serious Violence.

Degree: 博士(医学), 2016, Kumamoto University / 熊本大学

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

柏木, 宏子; カシワギ, . (2016). 重大な暴力の既往がある統合失調症罹患者の心理社会的背景ならびに認知機能の特徴について : ジュウダイ ナ ボウリョク ノ キオウ ガ アル トウゴウ シッチョウショウ リカンジャ ノ シンリ シャカイテキ ハイケイ ナラビ ニ ニンチ キノウ ノ トクチョウ ニ ツイテ; Psychosocial backgrounds and Neurocognitive Features in Schizophrenic Patients with Serious Violence. (Thesis). Kumamoto University / 熊本大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2298/34646

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

柏木, 宏子; カシワギ, ヒロコ. “重大な暴力の既往がある統合失調症罹患者の心理社会的背景ならびに認知機能の特徴について : ジュウダイ ナ ボウリョク ノ キオウ ガ アル トウゴウ シッチョウショウ リカンジャ ノ シンリ シャカイテキ ハイケイ ナラビ ニ ニンチ キノウ ノ トクチョウ ニ ツイテ; Psychosocial backgrounds and Neurocognitive Features in Schizophrenic Patients with Serious Violence.” 2016. Thesis, Kumamoto University / 熊本大学. Accessed November 18, 2017. http://hdl.handle.net/2298/34646.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

柏木, 宏子; カシワギ, ヒロコ. “重大な暴力の既往がある統合失調症罹患者の心理社会的背景ならびに認知機能の特徴について : ジュウダイ ナ ボウリョク ノ キオウ ガ アル トウゴウ シッチョウショウ リカンジャ ノ シンリ シャカイテキ ハイケイ ナラビ ニ ニンチ キノウ ノ トクチョウ ニ ツイテ; Psychosocial backgrounds and Neurocognitive Features in Schizophrenic Patients with Serious Violence.” 2016. Web. 18 Nov 2017.

Vancouver:

柏木, 宏子; カシワギ . 重大な暴力の既往がある統合失調症罹患者の心理社会的背景ならびに認知機能の特徴について : ジュウダイ ナ ボウリョク ノ キオウ ガ アル トウゴウ シッチョウショウ リカンジャ ノ シンリ シャカイテキ ハイケイ ナラビ ニ ニンチ キノウ ノ トクチョウ ニ ツイテ; Psychosocial backgrounds and Neurocognitive Features in Schizophrenic Patients with Serious Violence. [Internet] [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2016. [cited 2017 Nov 18]. Available from: http://hdl.handle.net/2298/34646.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

柏木, 宏子; カシワギ . 重大な暴力の既往がある統合失調症罹患者の心理社会的背景ならびに認知機能の特徴について : ジュウダイ ナ ボウリョク ノ キオウ ガ アル トウゴウ シッチョウショウ リカンジャ ノ シンリ シャカイテキ ハイケイ ナラビ ニ ニンチ キノウ ノ トクチョウ ニ ツイテ; Psychosocial backgrounds and Neurocognitive Features in Schizophrenic Patients with Serious Violence. [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/2298/34646

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

9. Achaejee Uzzal Kumar; アシャルジョ ウッジャル クマール. The expression analysis of Tsukushi during the chick somitogenisis : ニワトリ ハイ タイセツ ケイセイ ジ ニ オケル Tsukushi ノ ハツゲン カイセキ; ニワトリ胚体節形成時におけるTsukushiの発現解析.

Degree: 博士(生命科学), 2016, Kumamoto University / 熊本大学

Page 1 Page 2 Page 3

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

クマール, A. U. K. . . (2016). The expression analysis of Tsukushi during the chick somitogenisis : ニワトリ ハイ タイセツ ケイセイ ジ ニ オケル Tsukushi ノ ハツゲン カイセキ; ニワトリ胚体節形成時におけるTsukushiの発現解析. (Thesis). Kumamoto University / 熊本大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2298/34661

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

クマール, Achaejee Uzzal Kumar; アシャルジョ ウッジャル. “The expression analysis of Tsukushi during the chick somitogenisis : ニワトリ ハイ タイセツ ケイセイ ジ ニ オケル Tsukushi ノ ハツゲン カイセキ; ニワトリ胚体節形成時におけるTsukushiの発現解析.” 2016. Thesis, Kumamoto University / 熊本大学. Accessed November 18, 2017. http://hdl.handle.net/2298/34661.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

クマール, Achaejee Uzzal Kumar; アシャルジョ ウッジャル. “The expression analysis of Tsukushi during the chick somitogenisis : ニワトリ ハイ タイセツ ケイセイ ジ ニ オケル Tsukushi ノ ハツゲン カイセキ; ニワトリ胚体節形成時におけるTsukushiの発現解析.” 2016. Web. 18 Nov 2017.

Vancouver:

クマール AUK. The expression analysis of Tsukushi during the chick somitogenisis : ニワトリ ハイ タイセツ ケイセイ ジ ニ オケル Tsukushi ノ ハツゲン カイセキ; ニワトリ胚体節形成時におけるTsukushiの発現解析. [Internet] [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2016. [cited 2017 Nov 18]. Available from: http://hdl.handle.net/2298/34661.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

クマール AUK. The expression analysis of Tsukushi during the chick somitogenisis : ニワトリ ハイ タイセツ ケイセイ ジ ニ オケル Tsukushi ノ ハツゲン カイセキ; ニワトリ胚体節形成時におけるTsukushiの発現解析. [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/2298/34661

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

10. Amoussou, Retyce Ivan Herve Dodji Togbe. A Study on the Application of Pulsed Power Technology and Subcritical Water and Benzyl Alcohol to the Recycling of Asphalt Concrete : スイチュウ パルス ホウデン ノ ショウゲキ オヨビ アリンカイ リュウタイ ミズ オヨビ ベンジン アルコール ニ ヨル アスファルト コンゴウブツ ノ サイセイ リヨウ ニ カンスル ケンキュウ; 水中パルス放電の衝撃及び亜臨界流体(水及びベンジルアルコール)によるアスファルト混合物の再生利用に関する研究.

Degree: 博士(学術), 2016, Kumamoto University / 熊本大学

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Amoussou, R. I. H. D. T. (2016). A Study on the Application of Pulsed Power Technology and Subcritical Water and Benzyl Alcohol to the Recycling of Asphalt Concrete : スイチュウ パルス ホウデン ノ ショウゲキ オヨビ アリンカイ リュウタイ ミズ オヨビ ベンジン アルコール ニ ヨル アスファルト コンゴウブツ ノ サイセイ リヨウ ニ カンスル ケンキュウ; 水中パルス放電の衝撃及び亜臨界流体(水及びベンジルアルコール)によるアスファルト混合物の再生利用に関する研究. (Thesis). Kumamoto University / 熊本大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2298/35562

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Amoussou, Retyce Ivan Herve Dodji Togbe. “A Study on the Application of Pulsed Power Technology and Subcritical Water and Benzyl Alcohol to the Recycling of Asphalt Concrete : スイチュウ パルス ホウデン ノ ショウゲキ オヨビ アリンカイ リュウタイ ミズ オヨビ ベンジン アルコール ニ ヨル アスファルト コンゴウブツ ノ サイセイ リヨウ ニ カンスル ケンキュウ; 水中パルス放電の衝撃及び亜臨界流体(水及びベンジルアルコール)によるアスファルト混合物の再生利用に関する研究.” 2016. Thesis, Kumamoto University / 熊本大学. Accessed November 18, 2017. http://hdl.handle.net/2298/35562.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Amoussou, Retyce Ivan Herve Dodji Togbe. “A Study on the Application of Pulsed Power Technology and Subcritical Water and Benzyl Alcohol to the Recycling of Asphalt Concrete : スイチュウ パルス ホウデン ノ ショウゲキ オヨビ アリンカイ リュウタイ ミズ オヨビ ベンジン アルコール ニ ヨル アスファルト コンゴウブツ ノ サイセイ リヨウ ニ カンスル ケンキュウ; 水中パルス放電の衝撃及び亜臨界流体(水及びベンジルアルコール)によるアスファルト混合物の再生利用に関する研究.” 2016. Web. 18 Nov 2017.

Vancouver:

Amoussou RIHDT. A Study on the Application of Pulsed Power Technology and Subcritical Water and Benzyl Alcohol to the Recycling of Asphalt Concrete : スイチュウ パルス ホウデン ノ ショウゲキ オヨビ アリンカイ リュウタイ ミズ オヨビ ベンジン アルコール ニ ヨル アスファルト コンゴウブツ ノ サイセイ リヨウ ニ カンスル ケンキュウ; 水中パルス放電の衝撃及び亜臨界流体(水及びベンジルアルコール)によるアスファルト混合物の再生利用に関する研究. [Internet] [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2016. [cited 2017 Nov 18]. Available from: http://hdl.handle.net/2298/35562.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Amoussou RIHDT. A Study on the Application of Pulsed Power Technology and Subcritical Water and Benzyl Alcohol to the Recycling of Asphalt Concrete : スイチュウ パルス ホウデン ノ ショウゲキ オヨビ アリンカイ リュウタイ ミズ オヨビ ベンジン アルコール ニ ヨル アスファルト コンゴウブツ ノ サイセイ リヨウ ニ カンスル ケンキュウ; 水中パルス放電の衝撃及び亜臨界流体(水及びベンジルアルコール)によるアスファルト混合物の再生利用に関する研究. [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/2298/35562

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

11. 井上, 聖二郎; イノウエ, セイジロウ. Clinical evaluation of percutaneous transhepatic portal embolization using foam ethanolamine oleate and carbon dioxide (Co2) : オレインサン モノエタノールアミン オヨビ ニサンカタンソ ノ フォーム オ モチイタ カン セツジョジュツ マエ ケイヒ ケイカン モンミャク ソクセンジュツ ノ リンショウ テキ ケントウ; オレイン酸モノエタノールアミンおよび二酸化炭素のフォームを用いた肝切除術前経皮経肝門脈塞栓術の臨床的検討.

Degree: 博士(医学), 2015, Kumamoto University / 熊本大学

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

井上, 聖二郎; イノウエ, . (2015). Clinical evaluation of percutaneous transhepatic portal embolization using foam ethanolamine oleate and carbon dioxide (Co2) : オレインサン モノエタノールアミン オヨビ ニサンカタンソ ノ フォーム オ モチイタ カン セツジョジュツ マエ ケイヒ ケイカン モンミャク ソクセンジュツ ノ リンショウ テキ ケントウ; オレイン酸モノエタノールアミンおよび二酸化炭素のフォームを用いた肝切除術前経皮経肝門脈塞栓術の臨床的検討. (Thesis). Kumamoto University / 熊本大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2298/34543

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

井上, 聖二郎; イノウエ, セイジロウ. “Clinical evaluation of percutaneous transhepatic portal embolization using foam ethanolamine oleate and carbon dioxide (Co2) : オレインサン モノエタノールアミン オヨビ ニサンカタンソ ノ フォーム オ モチイタ カン セツジョジュツ マエ ケイヒ ケイカン モンミャク ソクセンジュツ ノ リンショウ テキ ケントウ; オレイン酸モノエタノールアミンおよび二酸化炭素のフォームを用いた肝切除術前経皮経肝門脈塞栓術の臨床的検討.” 2015. Thesis, Kumamoto University / 熊本大学. Accessed November 18, 2017. http://hdl.handle.net/2298/34543.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

井上, 聖二郎; イノウエ, セイジロウ. “Clinical evaluation of percutaneous transhepatic portal embolization using foam ethanolamine oleate and carbon dioxide (Co2) : オレインサン モノエタノールアミン オヨビ ニサンカタンソ ノ フォーム オ モチイタ カン セツジョジュツ マエ ケイヒ ケイカン モンミャク ソクセンジュツ ノ リンショウ テキ ケントウ; オレイン酸モノエタノールアミンおよび二酸化炭素のフォームを用いた肝切除術前経皮経肝門脈塞栓術の臨床的検討.” 2015. Web. 18 Nov 2017.

Vancouver:

井上, 聖二郎; イノウエ . Clinical evaluation of percutaneous transhepatic portal embolization using foam ethanolamine oleate and carbon dioxide (Co2) : オレインサン モノエタノールアミン オヨビ ニサンカタンソ ノ フォーム オ モチイタ カン セツジョジュツ マエ ケイヒ ケイカン モンミャク ソクセンジュツ ノ リンショウ テキ ケントウ; オレイン酸モノエタノールアミンおよび二酸化炭素のフォームを用いた肝切除術前経皮経肝門脈塞栓術の臨床的検討. [Internet] [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2015. [cited 2017 Nov 18]. Available from: http://hdl.handle.net/2298/34543.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

井上, 聖二郎; イノウエ . Clinical evaluation of percutaneous transhepatic portal embolization using foam ethanolamine oleate and carbon dioxide (Co2) : オレインサン モノエタノールアミン オヨビ ニサンカタンソ ノ フォーム オ モチイタ カン セツジョジュツ マエ ケイヒ ケイカン モンミャク ソクセンジュツ ノ リンショウ テキ ケントウ; オレイン酸モノエタノールアミンおよび二酸化炭素のフォームを用いた肝切除術前経皮経肝門脈塞栓術の臨床的検討. [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2015. Available from: http://hdl.handle.net/2298/34543

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

12. 山村, 定弘; ヤマムラ, サダヒロ. Clinical application of low tube voltage technique and iterative reconstruction for radiation dose reduction at abdominal CT : キョウブ CT ケンサ ニ オケル テイカン デンアツ サツゾウホウ ト チクジ キンジ ガゾウ サイコウセイホウ ノ リンショウ オウヨウ; 胸部CT検査における低管電圧撮像法と逐次近似画像再構成法の臨床応用.

Degree: 博士(医学), 2016, Kumamoto University / 熊本大学

Page 1 Page 2 Page 3

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

山村, 定弘; ヤマムラ, . (2016). Clinical application of low tube voltage technique and iterative reconstruction for radiation dose reduction at abdominal CT : キョウブ CT ケンサ ニ オケル テイカン デンアツ サツゾウホウ ト チクジ キンジ ガゾウ サイコウセイホウ ノ リンショウ オウヨウ; 胸部CT検査における低管電圧撮像法と逐次近似画像再構成法の臨床応用. (Thesis). Kumamoto University / 熊本大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2298/34549

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

山村, 定弘; ヤマムラ, サダヒロ. “Clinical application of low tube voltage technique and iterative reconstruction for radiation dose reduction at abdominal CT : キョウブ CT ケンサ ニ オケル テイカン デンアツ サツゾウホウ ト チクジ キンジ ガゾウ サイコウセイホウ ノ リンショウ オウヨウ; 胸部CT検査における低管電圧撮像法と逐次近似画像再構成法の臨床応用.” 2016. Thesis, Kumamoto University / 熊本大学. Accessed November 18, 2017. http://hdl.handle.net/2298/34549.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

山村, 定弘; ヤマムラ, サダヒロ. “Clinical application of low tube voltage technique and iterative reconstruction for radiation dose reduction at abdominal CT : キョウブ CT ケンサ ニ オケル テイカン デンアツ サツゾウホウ ト チクジ キンジ ガゾウ サイコウセイホウ ノ リンショウ オウヨウ; 胸部CT検査における低管電圧撮像法と逐次近似画像再構成法の臨床応用.” 2016. Web. 18 Nov 2017.

Vancouver:

山村, 定弘; ヤマムラ . Clinical application of low tube voltage technique and iterative reconstruction for radiation dose reduction at abdominal CT : キョウブ CT ケンサ ニ オケル テイカン デンアツ サツゾウホウ ト チクジ キンジ ガゾウ サイコウセイホウ ノ リンショウ オウヨウ; 胸部CT検査における低管電圧撮像法と逐次近似画像再構成法の臨床応用. [Internet] [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2016. [cited 2017 Nov 18]. Available from: http://hdl.handle.net/2298/34549.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

山村, 定弘; ヤマムラ . Clinical application of low tube voltage technique and iterative reconstruction for radiation dose reduction at abdominal CT : キョウブ CT ケンサ ニ オケル テイカン デンアツ サツゾウホウ ト チクジ キンジ ガゾウ サイコウセイホウ ノ リンショウ オウヨウ; 胸部CT検査における低管電圧撮像法と逐次近似画像再構成法の臨床応用. [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/2298/34549

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

13. 日下, 裕章; クサカ, ヒロアキ. LCZ696(アンギオテンシンⅡ受容体-ネプリライシン阻害剤)は高食塩誘発性の高血圧と心血管傷害に対しバルサルタンより大きな改善作用がある : LCZ696 アンギオテンシン Ⅱ ジュヨウタイ ネプリライシン ソガイザイ ワ コウ ショクエン ユウハツセイ ノ コウケツアツ ト シンケッカン ショウガイ ニ タイシ バルサルタン ヨリ オオキナ カイゼン サヨウ ガ アル; LCZ696, angiotensin Ⅱ receptor-neprilysin inhibitor, ameliorated high-salt intake-induced hypertension and cardiovascular injury more than valsartan.

Degree: 博士(医学), 2016, Kumamoto University / 熊本大学

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

日下, 裕章; クサカ, . (2016). LCZ696(アンギオテンシンⅡ受容体-ネプリライシン阻害剤)は高食塩誘発性の高血圧と心血管傷害に対しバルサルタンより大きな改善作用がある : LCZ696 アンギオテンシン Ⅱ ジュヨウタイ ネプリライシン ソガイザイ ワ コウ ショクエン ユウハツセイ ノ コウケツアツ ト シンケッカン ショウガイ ニ タイシ バルサルタン ヨリ オオキナ カイゼン サヨウ ガ アル; LCZ696, angiotensin Ⅱ receptor-neprilysin inhibitor, ameliorated high-salt intake-induced hypertension and cardiovascular injury more than valsartan. (Thesis). Kumamoto University / 熊本大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2298/34563

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

日下, 裕章; クサカ, ヒロアキ. “LCZ696(アンギオテンシンⅡ受容体-ネプリライシン阻害剤)は高食塩誘発性の高血圧と心血管傷害に対しバルサルタンより大きな改善作用がある : LCZ696 アンギオテンシン Ⅱ ジュヨウタイ ネプリライシン ソガイザイ ワ コウ ショクエン ユウハツセイ ノ コウケツアツ ト シンケッカン ショウガイ ニ タイシ バルサルタン ヨリ オオキナ カイゼン サヨウ ガ アル; LCZ696, angiotensin Ⅱ receptor-neprilysin inhibitor, ameliorated high-salt intake-induced hypertension and cardiovascular injury more than valsartan.” 2016. Thesis, Kumamoto University / 熊本大学. Accessed November 18, 2017. http://hdl.handle.net/2298/34563.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

日下, 裕章; クサカ, ヒロアキ. “LCZ696(アンギオテンシンⅡ受容体-ネプリライシン阻害剤)は高食塩誘発性の高血圧と心血管傷害に対しバルサルタンより大きな改善作用がある : LCZ696 アンギオテンシン Ⅱ ジュヨウタイ ネプリライシン ソガイザイ ワ コウ ショクエン ユウハツセイ ノ コウケツアツ ト シンケッカン ショウガイ ニ タイシ バルサルタン ヨリ オオキナ カイゼン サヨウ ガ アル; LCZ696, angiotensin Ⅱ receptor-neprilysin inhibitor, ameliorated high-salt intake-induced hypertension and cardiovascular injury more than valsartan.” 2016. Web. 18 Nov 2017.

Vancouver:

日下, 裕章; クサカ . LCZ696(アンギオテンシンⅡ受容体-ネプリライシン阻害剤)は高食塩誘発性の高血圧と心血管傷害に対しバルサルタンより大きな改善作用がある : LCZ696 アンギオテンシン Ⅱ ジュヨウタイ ネプリライシン ソガイザイ ワ コウ ショクエン ユウハツセイ ノ コウケツアツ ト シンケッカン ショウガイ ニ タイシ バルサルタン ヨリ オオキナ カイゼン サヨウ ガ アル; LCZ696, angiotensin Ⅱ receptor-neprilysin inhibitor, ameliorated high-salt intake-induced hypertension and cardiovascular injury more than valsartan. [Internet] [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2016. [cited 2017 Nov 18]. Available from: http://hdl.handle.net/2298/34563.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

日下, 裕章; クサカ . LCZ696(アンギオテンシンⅡ受容体-ネプリライシン阻害剤)は高食塩誘発性の高血圧と心血管傷害に対しバルサルタンより大きな改善作用がある : LCZ696 アンギオテンシン Ⅱ ジュヨウタイ ネプリライシン ソガイザイ ワ コウ ショクエン ユウハツセイ ノ コウケツアツ ト シンケッカン ショウガイ ニ タイシ バルサルタン ヨリ オオキナ カイゼン サヨウ ガ アル; LCZ696, angiotensin Ⅱ receptor-neprilysin inhibitor, ameliorated high-salt intake-induced hypertension and cardiovascular injury more than valsartan. [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/2298/34563

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

14. 東, 美菜子; アズマ, ミナコ. 定量的磁化率強調像を用いた脳内鉄沈着の評価 : テイリョウテキ ジカリツ キョウチョウゾウ オ モチイタ ノウナイ テツ チンチャク ノ ヒョウカ; The evaluation of iron deposition in brain with quantitative susceptibility mapping (QSM).

Degree: 博士(医学), 2016, Kumamoto University / 熊本大学

Page 1 Page 2 Page 3

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

東, 美菜子; アズマ, . (2016). 定量的磁化率強調像を用いた脳内鉄沈着の評価 : テイリョウテキ ジカリツ キョウチョウゾウ オ モチイタ ノウナイ テツ チンチャク ノ ヒョウカ; The evaluation of iron deposition in brain with quantitative susceptibility mapping (QSM). (Thesis). Kumamoto University / 熊本大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2298/34566

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

東, 美菜子; アズマ, ミナコ. “定量的磁化率強調像を用いた脳内鉄沈着の評価 : テイリョウテキ ジカリツ キョウチョウゾウ オ モチイタ ノウナイ テツ チンチャク ノ ヒョウカ; The evaluation of iron deposition in brain with quantitative susceptibility mapping (QSM).” 2016. Thesis, Kumamoto University / 熊本大学. Accessed November 18, 2017. http://hdl.handle.net/2298/34566.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

東, 美菜子; アズマ, ミナコ. “定量的磁化率強調像を用いた脳内鉄沈着の評価 : テイリョウテキ ジカリツ キョウチョウゾウ オ モチイタ ノウナイ テツ チンチャク ノ ヒョウカ; The evaluation of iron deposition in brain with quantitative susceptibility mapping (QSM).” 2016. Web. 18 Nov 2017.

Vancouver:

東, 美菜子; アズマ . 定量的磁化率強調像を用いた脳内鉄沈着の評価 : テイリョウテキ ジカリツ キョウチョウゾウ オ モチイタ ノウナイ テツ チンチャク ノ ヒョウカ; The evaluation of iron deposition in brain with quantitative susceptibility mapping (QSM). [Internet] [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2016. [cited 2017 Nov 18]. Available from: http://hdl.handle.net/2298/34566.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

東, 美菜子; アズマ . 定量的磁化率強調像を用いた脳内鉄沈着の評価 : テイリョウテキ ジカリツ キョウチョウゾウ オ モチイタ ノウナイ テツ チンチャク ノ ヒョウカ; The evaluation of iron deposition in brain with quantitative susceptibility mapping (QSM). [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/2298/34566

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

15. 宮﨑, 貴志; ミヤザキ, タカシ. 心血管疾患患者における夜間頻尿と睡眠呼吸障害の関係、および、持続陽圧換気療法の治療効果 : シンケッカン シッカン カンジャ ニ オケル ヤカン ヒンニョウ ト スイミン コキュウ ショウガイ ノ カンケイ オヨビ ジゾク ヨウアツ カンキ リョウホウ ノ チリョウ コウカ; Nocturia in patients with sleep-disordered breathing and cardiovascular disease, and the efficacy of continuous positive airway pressure.

Degree: 博士(医学), 2016, Kumamoto University / 熊本大学

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

宮﨑, 貴志; ミヤザキ, . (2016). 心血管疾患患者における夜間頻尿と睡眠呼吸障害の関係、および、持続陽圧換気療法の治療効果 : シンケッカン シッカン カンジャ ニ オケル ヤカン ヒンニョウ ト スイミン コキュウ ショウガイ ノ カンケイ オヨビ ジゾク ヨウアツ カンキ リョウホウ ノ チリョウ コウカ; Nocturia in patients with sleep-disordered breathing and cardiovascular disease, and the efficacy of continuous positive airway pressure. (Thesis). Kumamoto University / 熊本大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2298/34583

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

宮﨑, 貴志; ミヤザキ, タカシ. “心血管疾患患者における夜間頻尿と睡眠呼吸障害の関係、および、持続陽圧換気療法の治療効果 : シンケッカン シッカン カンジャ ニ オケル ヤカン ヒンニョウ ト スイミン コキュウ ショウガイ ノ カンケイ オヨビ ジゾク ヨウアツ カンキ リョウホウ ノ チリョウ コウカ; Nocturia in patients with sleep-disordered breathing and cardiovascular disease, and the efficacy of continuous positive airway pressure.” 2016. Thesis, Kumamoto University / 熊本大学. Accessed November 18, 2017. http://hdl.handle.net/2298/34583.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

宮﨑, 貴志; ミヤザキ, タカシ. “心血管疾患患者における夜間頻尿と睡眠呼吸障害の関係、および、持続陽圧換気療法の治療効果 : シンケッカン シッカン カンジャ ニ オケル ヤカン ヒンニョウ ト スイミン コキュウ ショウガイ ノ カンケイ オヨビ ジゾク ヨウアツ カンキ リョウホウ ノ チリョウ コウカ; Nocturia in patients with sleep-disordered breathing and cardiovascular disease, and the efficacy of continuous positive airway pressure.” 2016. Web. 18 Nov 2017.

Vancouver:

宮﨑, 貴志; ミヤザキ . 心血管疾患患者における夜間頻尿と睡眠呼吸障害の関係、および、持続陽圧換気療法の治療効果 : シンケッカン シッカン カンジャ ニ オケル ヤカン ヒンニョウ ト スイミン コキュウ ショウガイ ノ カンケイ オヨビ ジゾク ヨウアツ カンキ リョウホウ ノ チリョウ コウカ; Nocturia in patients with sleep-disordered breathing and cardiovascular disease, and the efficacy of continuous positive airway pressure. [Internet] [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2016. [cited 2017 Nov 18]. Available from: http://hdl.handle.net/2298/34583.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

宮﨑, 貴志; ミヤザキ . 心血管疾患患者における夜間頻尿と睡眠呼吸障害の関係、および、持続陽圧換気療法の治療効果 : シンケッカン シッカン カンジャ ニ オケル ヤカン ヒンニョウ ト スイミン コキュウ ショウガイ ノ カンケイ オヨビ ジゾク ヨウアツ カンキ リョウホウ ノ チリョウ コウカ; Nocturia in patients with sleep-disordered breathing and cardiovascular disease, and the efficacy of continuous positive airway pressure. [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/2298/34583

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

16. 泉, 大輔; イズミ, ダイスケ. 癌関連線維芽細胞によるCXCL12/CXCR4シグナルを介した胃癌浸潤機構の解明 : ガン カンレン センイガ サイボウ ニ ヨル CXCL12/CXCR4 シグナル オ カイシタ イガン シンジュン キコウ ノ カイメイ; The mechanisms of invasiveness in gastric cancer promoted by cancer-associated fibroblasts through CXCL12/CXCR4 signaling.

Degree: 博士(医学), 2016, Kumamoto University / 熊本大学

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

泉, 大輔; イズミ, . (2016). 癌関連線維芽細胞によるCXCL12/CXCR4シグナルを介した胃癌浸潤機構の解明 : ガン カンレン センイガ サイボウ ニ ヨル CXCL12/CXCR4 シグナル オ カイシタ イガン シンジュン キコウ ノ カイメイ; The mechanisms of invasiveness in gastric cancer promoted by cancer-associated fibroblasts through CXCL12/CXCR4 signaling. (Thesis). Kumamoto University / 熊本大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2298/34585

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

泉, 大輔; イズミ, ダイスケ. “癌関連線維芽細胞によるCXCL12/CXCR4シグナルを介した胃癌浸潤機構の解明 : ガン カンレン センイガ サイボウ ニ ヨル CXCL12/CXCR4 シグナル オ カイシタ イガン シンジュン キコウ ノ カイメイ; The mechanisms of invasiveness in gastric cancer promoted by cancer-associated fibroblasts through CXCL12/CXCR4 signaling.” 2016. Thesis, Kumamoto University / 熊本大学. Accessed November 18, 2017. http://hdl.handle.net/2298/34585.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

泉, 大輔; イズミ, ダイスケ. “癌関連線維芽細胞によるCXCL12/CXCR4シグナルを介した胃癌浸潤機構の解明 : ガン カンレン センイガ サイボウ ニ ヨル CXCL12/CXCR4 シグナル オ カイシタ イガン シンジュン キコウ ノ カイメイ; The mechanisms of invasiveness in gastric cancer promoted by cancer-associated fibroblasts through CXCL12/CXCR4 signaling.” 2016. Web. 18 Nov 2017.

Vancouver:

泉, 大輔; イズミ . 癌関連線維芽細胞によるCXCL12/CXCR4シグナルを介した胃癌浸潤機構の解明 : ガン カンレン センイガ サイボウ ニ ヨル CXCL12/CXCR4 シグナル オ カイシタ イガン シンジュン キコウ ノ カイメイ; The mechanisms of invasiveness in gastric cancer promoted by cancer-associated fibroblasts through CXCL12/CXCR4 signaling. [Internet] [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2016. [cited 2017 Nov 18]. Available from: http://hdl.handle.net/2298/34585.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

泉, 大輔; イズミ . 癌関連線維芽細胞によるCXCL12/CXCR4シグナルを介した胃癌浸潤機構の解明 : ガン カンレン センイガ サイボウ ニ ヨル CXCL12/CXCR4 シグナル オ カイシタ イガン シンジュン キコウ ノ カイメイ; The mechanisms of invasiveness in gastric cancer promoted by cancer-associated fibroblasts through CXCL12/CXCR4 signaling. [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/2298/34585

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

17. 幸, 秀明; ユキ, ヒデアキ. Clinical and Fundamental Studies of Iterative Reconstruction Algorisms for the Evaluation of Thoracic CT : キョウブ リョウイキ CT ニ オケル チクジ キンジ サイコウセイホウ ノ ユウヨウセイ ノ リンショウテキ オヨビ キソテキ ケンキュウ; 胸部領域CTにおける逐次近似再構成法の有用性の臨床的および基礎的研究.

Degree: 博士(医学), 2016, Kumamoto University / 熊本大学

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

幸, 秀明; ユキ, . (2016). Clinical and Fundamental Studies of Iterative Reconstruction Algorisms for the Evaluation of Thoracic CT : キョウブ リョウイキ CT ニ オケル チクジ キンジ サイコウセイホウ ノ ユウヨウセイ ノ リンショウテキ オヨビ キソテキ ケンキュウ; 胸部領域CTにおける逐次近似再構成法の有用性の臨床的および基礎的研究. (Thesis). Kumamoto University / 熊本大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2298/34589

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

幸, 秀明; ユキ, ヒデアキ. “Clinical and Fundamental Studies of Iterative Reconstruction Algorisms for the Evaluation of Thoracic CT : キョウブ リョウイキ CT ニ オケル チクジ キンジ サイコウセイホウ ノ ユウヨウセイ ノ リンショウテキ オヨビ キソテキ ケンキュウ; 胸部領域CTにおける逐次近似再構成法の有用性の臨床的および基礎的研究.” 2016. Thesis, Kumamoto University / 熊本大学. Accessed November 18, 2017. http://hdl.handle.net/2298/34589.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

幸, 秀明; ユキ, ヒデアキ. “Clinical and Fundamental Studies of Iterative Reconstruction Algorisms for the Evaluation of Thoracic CT : キョウブ リョウイキ CT ニ オケル チクジ キンジ サイコウセイホウ ノ ユウヨウセイ ノ リンショウテキ オヨビ キソテキ ケンキュウ; 胸部領域CTにおける逐次近似再構成法の有用性の臨床的および基礎的研究.” 2016. Web. 18 Nov 2017.

Vancouver:

幸, 秀明; ユキ . Clinical and Fundamental Studies of Iterative Reconstruction Algorisms for the Evaluation of Thoracic CT : キョウブ リョウイキ CT ニ オケル チクジ キンジ サイコウセイホウ ノ ユウヨウセイ ノ リンショウテキ オヨビ キソテキ ケンキュウ; 胸部領域CTにおける逐次近似再構成法の有用性の臨床的および基礎的研究. [Internet] [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2016. [cited 2017 Nov 18]. Available from: http://hdl.handle.net/2298/34589.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

幸, 秀明; ユキ . Clinical and Fundamental Studies of Iterative Reconstruction Algorisms for the Evaluation of Thoracic CT : キョウブ リョウイキ CT ニ オケル チクジ キンジ サイコウセイホウ ノ ユウヨウセイ ノ リンショウテキ オヨビ キソテキ ケンキュウ; 胸部領域CTにおける逐次近似再構成法の有用性の臨床的および基礎的研究. [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/2298/34589

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

18. 丸田, 泰広; マルタ, ヤスヒロ. HIV-1エンベロープ糖タンパク質V3を標的とした一本鎖可変抗体によるCD4-gp120吸着後中和 : HIV-1 エンベロープ トウ タンパクシツ V3 オ ヒョウテキ ト シタ イッポンサ カヘン コウタイ ニ ヨル CD4-gp120 キュウチャク ゴ チュウワ; Post-attachment neutralization by single-chain variable fragments targeting the V3 loop of HIV-1 envelope glycoprotein.

Degree: 博士(医学), 2016, Kumamoto University / 熊本大学

Page 1 Page 2 Page 3

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

丸田, 泰広; マルタ, . (2016). HIV-1エンベロープ糖タンパク質V3を標的とした一本鎖可変抗体によるCD4-gp120吸着後中和 : HIV-1 エンベロープ トウ タンパクシツ V3 オ ヒョウテキ ト シタ イッポンサ カヘン コウタイ ニ ヨル CD4-gp120 キュウチャク ゴ チュウワ; Post-attachment neutralization by single-chain variable fragments targeting the V3 loop of HIV-1 envelope glycoprotein. (Thesis). Kumamoto University / 熊本大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2298/34629

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

丸田, 泰広; マルタ, ヤスヒロ. “HIV-1エンベロープ糖タンパク質V3を標的とした一本鎖可変抗体によるCD4-gp120吸着後中和 : HIV-1 エンベロープ トウ タンパクシツ V3 オ ヒョウテキ ト シタ イッポンサ カヘン コウタイ ニ ヨル CD4-gp120 キュウチャク ゴ チュウワ; Post-attachment neutralization by single-chain variable fragments targeting the V3 loop of HIV-1 envelope glycoprotein.” 2016. Thesis, Kumamoto University / 熊本大学. Accessed November 18, 2017. http://hdl.handle.net/2298/34629.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

丸田, 泰広; マルタ, ヤスヒロ. “HIV-1エンベロープ糖タンパク質V3を標的とした一本鎖可変抗体によるCD4-gp120吸着後中和 : HIV-1 エンベロープ トウ タンパクシツ V3 オ ヒョウテキ ト シタ イッポンサ カヘン コウタイ ニ ヨル CD4-gp120 キュウチャク ゴ チュウワ; Post-attachment neutralization by single-chain variable fragments targeting the V3 loop of HIV-1 envelope glycoprotein.” 2016. Web. 18 Nov 2017.

Vancouver:

丸田, 泰広; マルタ . HIV-1エンベロープ糖タンパク質V3を標的とした一本鎖可変抗体によるCD4-gp120吸着後中和 : HIV-1 エンベロープ トウ タンパクシツ V3 オ ヒョウテキ ト シタ イッポンサ カヘン コウタイ ニ ヨル CD4-gp120 キュウチャク ゴ チュウワ; Post-attachment neutralization by single-chain variable fragments targeting the V3 loop of HIV-1 envelope glycoprotein. [Internet] [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2016. [cited 2017 Nov 18]. Available from: http://hdl.handle.net/2298/34629.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

丸田, 泰広; マルタ . HIV-1エンベロープ糖タンパク質V3を標的とした一本鎖可変抗体によるCD4-gp120吸着後中和 : HIV-1 エンベロープ トウ タンパクシツ V3 オ ヒョウテキ ト シタ イッポンサ カヘン コウタイ ニ ヨル CD4-gp120 キュウチャク ゴ チュウワ; Post-attachment neutralization by single-chain variable fragments targeting the V3 loop of HIV-1 envelope glycoprotein. [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/2298/34629

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

19. 嶋本, 雅子; シマモト, マサコ. In vivo分子イメージングにおけるチェレンコフ光と液体シンチレーションによるハイブリッド光イメージング技術の開発 : In vivo ブンシ イメージング ニ オケル チェレンコフコウ ト エキタイ シンチレーション ニ ヨル ハイブリッドコウ イメージング ギジュツ ノ カイハツ; Development of hybrid light imaging using Cerenkov luminescence and liquid scintillation in preclinical optical molecular imaging.

Degree: 博士(医学), 2016, Kumamoto University / 熊本大学

Page 1 Page 2 Page 3

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

嶋本, 雅子; シマモト, . (2016). In vivo分子イメージングにおけるチェレンコフ光と液体シンチレーションによるハイブリッド光イメージング技術の開発 : In vivo ブンシ イメージング ニ オケル チェレンコフコウ ト エキタイ シンチレーション ニ ヨル ハイブリッドコウ イメージング ギジュツ ノ カイハツ; Development of hybrid light imaging using Cerenkov luminescence and liquid scintillation in preclinical optical molecular imaging. (Thesis). Kumamoto University / 熊本大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2298/34630

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

嶋本, 雅子; シマモト, マサコ. “In vivo分子イメージングにおけるチェレンコフ光と液体シンチレーションによるハイブリッド光イメージング技術の開発 : In vivo ブンシ イメージング ニ オケル チェレンコフコウ ト エキタイ シンチレーション ニ ヨル ハイブリッドコウ イメージング ギジュツ ノ カイハツ; Development of hybrid light imaging using Cerenkov luminescence and liquid scintillation in preclinical optical molecular imaging.” 2016. Thesis, Kumamoto University / 熊本大学. Accessed November 18, 2017. http://hdl.handle.net/2298/34630.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

嶋本, 雅子; シマモト, マサコ. “In vivo分子イメージングにおけるチェレンコフ光と液体シンチレーションによるハイブリッド光イメージング技術の開発 : In vivo ブンシ イメージング ニ オケル チェレンコフコウ ト エキタイ シンチレーション ニ ヨル ハイブリッドコウ イメージング ギジュツ ノ カイハツ; Development of hybrid light imaging using Cerenkov luminescence and liquid scintillation in preclinical optical molecular imaging.” 2016. Web. 18 Nov 2017.

Vancouver:

嶋本, 雅子; シマモト . In vivo分子イメージングにおけるチェレンコフ光と液体シンチレーションによるハイブリッド光イメージング技術の開発 : In vivo ブンシ イメージング ニ オケル チェレンコフコウ ト エキタイ シンチレーション ニ ヨル ハイブリッドコウ イメージング ギジュツ ノ カイハツ; Development of hybrid light imaging using Cerenkov luminescence and liquid scintillation in preclinical optical molecular imaging. [Internet] [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2016. [cited 2017 Nov 18]. Available from: http://hdl.handle.net/2298/34630.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

嶋本, 雅子; シマモト . In vivo分子イメージングにおけるチェレンコフ光と液体シンチレーションによるハイブリッド光イメージング技術の開発 : In vivo ブンシ イメージング ニ オケル チェレンコフコウ ト エキタイ シンチレーション ニ ヨル ハイブリッドコウ イメージング ギジュツ ノ カイハツ; Development of hybrid light imaging using Cerenkov luminescence and liquid scintillation in preclinical optical molecular imaging. [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/2298/34630

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

20. 井上, 聖也; イノウエ, セイヤ. SPF環境はトランスサイレチンアミロイドーシスの発症を防止する : SPF カンキョウ ワ トランスサイレチン アミロイドーシス ノ ハッショウ オ ボウシスル; Specific pathogen free conditions prevent transthyretin amyloidosis in mouse models.

Degree: Kumamoto University / 熊本大学

 Previously, we demonstrated that amyloid deposition was observed in various tissues of transgenic mouse lines carrying a human mutant TTR (Met30) gene. To analyze the… (more)

Subjects/Keywords: トランスサイレチン(TTR)遺伝子; アミロイドーシス; トランスジェニック(Tg)マウス; ウエスタンブロット法; アミロイド沈着; 清浄な(SPF)環境; コンベンショナル(CV)な環境

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

井上, 聖也; イノウエ, . (n.d.). SPF環境はトランスサイレチンアミロイドーシスの発症を防止する : SPF カンキョウ ワ トランスサイレチン アミロイドーシス ノ ハッショウ オ ボウシスル; Specific pathogen free conditions prevent transthyretin amyloidosis in mouse models. (Thesis). Kumamoto University / 熊本大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2298/14949

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

井上, 聖也; イノウエ, セイヤ. “SPF環境はトランスサイレチンアミロイドーシスの発症を防止する : SPF カンキョウ ワ トランスサイレチン アミロイドーシス ノ ハッショウ オ ボウシスル; Specific pathogen free conditions prevent transthyretin amyloidosis in mouse models.” Thesis, Kumamoto University / 熊本大学. Accessed November 18, 2017. http://hdl.handle.net/2298/14949.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

井上, 聖也; イノウエ, セイヤ. “SPF環境はトランスサイレチンアミロイドーシスの発症を防止する : SPF カンキョウ ワ トランスサイレチン アミロイドーシス ノ ハッショウ オ ボウシスル; Specific pathogen free conditions prevent transthyretin amyloidosis in mouse models.” Web. 18 Nov 2017.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.

Vancouver:

井上, 聖也; イノウエ . SPF環境はトランスサイレチンアミロイドーシスの発症を防止する : SPF カンキョウ ワ トランスサイレチン アミロイドーシス ノ ハッショウ オ ボウシスル; Specific pathogen free conditions prevent transthyretin amyloidosis in mouse models. [Internet] [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; [cited 2017 Nov 18]. Available from: http://hdl.handle.net/2298/14949.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

Council of Science Editors:

井上, 聖也; イノウエ . SPF環境はトランスサイレチンアミロイドーシスの発症を防止する : SPF カンキョウ ワ トランスサイレチン アミロイドーシス ノ ハッショウ オ ボウシスル; Specific pathogen free conditions prevent transthyretin amyloidosis in mouse models. [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; Available from: http://hdl.handle.net/2298/14949

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

21. Ipulan, Lerrie Ann DeGvia. Sexually dimorphic regulation of embryonic bulbocavernosus (BC) muscle development through non-myocytic Androgen Recepter (AR) : マウス タイシ キュウカイメンタイキン ケイセイ カテイ ニ オケル アンドロゲン レセプター オ カイシタ アラタナ セイサ ケイセイ メカニズム; マウス胎仔球海綿体筋形成過程におけるアンドロゲンレセプターを介した新たな性差形成メカニズム.

Degree: 博士(生命科学), 2014, Kumamoto University / 熊本大学

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Ipulan, L. A. D. (2014). Sexually dimorphic regulation of embryonic bulbocavernosus (BC) muscle development through non-myocytic Androgen Recepter (AR) : マウス タイシ キュウカイメンタイキン ケイセイ カテイ ニ オケル アンドロゲン レセプター オ カイシタ アラタナ セイサ ケイセイ メカニズム; マウス胎仔球海綿体筋形成過程におけるアンドロゲンレセプターを介した新たな性差形成メカニズム. (Thesis). Kumamoto University / 熊本大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2298/33272

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Ipulan, Lerrie Ann DeGvia. “Sexually dimorphic regulation of embryonic bulbocavernosus (BC) muscle development through non-myocytic Androgen Recepter (AR) : マウス タイシ キュウカイメンタイキン ケイセイ カテイ ニ オケル アンドロゲン レセプター オ カイシタ アラタナ セイサ ケイセイ メカニズム; マウス胎仔球海綿体筋形成過程におけるアンドロゲンレセプターを介した新たな性差形成メカニズム.” 2014. Thesis, Kumamoto University / 熊本大学. Accessed November 18, 2017. http://hdl.handle.net/2298/33272.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Ipulan, Lerrie Ann DeGvia. “Sexually dimorphic regulation of embryonic bulbocavernosus (BC) muscle development through non-myocytic Androgen Recepter (AR) : マウス タイシ キュウカイメンタイキン ケイセイ カテイ ニ オケル アンドロゲン レセプター オ カイシタ アラタナ セイサ ケイセイ メカニズム; マウス胎仔球海綿体筋形成過程におけるアンドロゲンレセプターを介した新たな性差形成メカニズム.” 2014. Web. 18 Nov 2017.

Vancouver:

Ipulan LAD. Sexually dimorphic regulation of embryonic bulbocavernosus (BC) muscle development through non-myocytic Androgen Recepter (AR) : マウス タイシ キュウカイメンタイキン ケイセイ カテイ ニ オケル アンドロゲン レセプター オ カイシタ アラタナ セイサ ケイセイ メカニズム; マウス胎仔球海綿体筋形成過程におけるアンドロゲンレセプターを介した新たな性差形成メカニズム. [Internet] [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2014. [cited 2017 Nov 18]. Available from: http://hdl.handle.net/2298/33272.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Ipulan LAD. Sexually dimorphic regulation of embryonic bulbocavernosus (BC) muscle development through non-myocytic Androgen Recepter (AR) : マウス タイシ キュウカイメンタイキン ケイセイ カテイ ニ オケル アンドロゲン レセプター オ カイシタ アラタナ セイサ ケイセイ メカニズム; マウス胎仔球海綿体筋形成過程におけるアンドロゲンレセプターを介した新たな性差形成メカニズム. [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2014. Available from: http://hdl.handle.net/2298/33272

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

22. 徳永, 琢也; トクナガ, タクヤ. Fibroblast growth factor-2による腱板修復促進に関する研究 : Fibroblast growth factor-2 ニ ヨル ケンバン シュウフク ソクシン ニ カンスル ケンキュウ; The enhancement of rotator cuff tendon‐to‐bone healing by treatment with fibroblast growth factor-2.

Degree: 博士(医学), 2015, Kumamoto University / 熊本大学

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

徳永, 琢也; トクナガ, . (2015). Fibroblast growth factor-2による腱板修復促進に関する研究 : Fibroblast growth factor-2 ニ ヨル ケンバン シュウフク ソクシン ニ カンスル ケンキュウ; The enhancement of rotator cuff tendon‐to‐bone healing by treatment with fibroblast growth factor-2. (Thesis). Kumamoto University / 熊本大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2298/34541

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

徳永, 琢也; トクナガ, タクヤ. “Fibroblast growth factor-2による腱板修復促進に関する研究 : Fibroblast growth factor-2 ニ ヨル ケンバン シュウフク ソクシン ニ カンスル ケンキュウ; The enhancement of rotator cuff tendon‐to‐bone healing by treatment with fibroblast growth factor-2.” 2015. Thesis, Kumamoto University / 熊本大学. Accessed November 18, 2017. http://hdl.handle.net/2298/34541.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

徳永, 琢也; トクナガ, タクヤ. “Fibroblast growth factor-2による腱板修復促進に関する研究 : Fibroblast growth factor-2 ニ ヨル ケンバン シュウフク ソクシン ニ カンスル ケンキュウ; The enhancement of rotator cuff tendon‐to‐bone healing by treatment with fibroblast growth factor-2.” 2015. Web. 18 Nov 2017.

Vancouver:

徳永, 琢也; トクナガ . Fibroblast growth factor-2による腱板修復促進に関する研究 : Fibroblast growth factor-2 ニ ヨル ケンバン シュウフク ソクシン ニ カンスル ケンキュウ; The enhancement of rotator cuff tendon‐to‐bone healing by treatment with fibroblast growth factor-2. [Internet] [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2015. [cited 2017 Nov 18]. Available from: http://hdl.handle.net/2298/34541.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

徳永, 琢也; トクナガ . Fibroblast growth factor-2による腱板修復促進に関する研究 : Fibroblast growth factor-2 ニ ヨル ケンバン シュウフク ソクシン ニ カンスル ケンキュウ; The enhancement of rotator cuff tendon‐to‐bone healing by treatment with fibroblast growth factor-2. [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2015. Available from: http://hdl.handle.net/2298/34541

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

23. 甲斐, 恭子; カイ, キョウコ. アルツハイマー病における食行動障害の特徴および認知症重症度との関係 : アルツハイマービョウ ニ オケル ショク コウドウ ショウガイ ノ トクチョウ オヨビ ニンチショウ ジュウショウド ト ノ カンケイ; Characteristics of eating problems in patients with Alzheimer's disease and relationship between symptoms and dementia severity.

Degree: 博士(医学), 2015, Kumamoto University / 熊本大学

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

甲斐, 恭子; カイ, . (2015). アルツハイマー病における食行動障害の特徴および認知症重症度との関係 : アルツハイマービョウ ニ オケル ショク コウドウ ショウガイ ノ トクチョウ オヨビ ニンチショウ ジュウショウド ト ノ カンケイ; Characteristics of eating problems in patients with Alzheimer's disease and relationship between symptoms and dementia severity. (Thesis). Kumamoto University / 熊本大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2298/34544

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

甲斐, 恭子; カイ, キョウコ. “アルツハイマー病における食行動障害の特徴および認知症重症度との関係 : アルツハイマービョウ ニ オケル ショク コウドウ ショウガイ ノ トクチョウ オヨビ ニンチショウ ジュウショウド ト ノ カンケイ; Characteristics of eating problems in patients with Alzheimer's disease and relationship between symptoms and dementia severity.” 2015. Thesis, Kumamoto University / 熊本大学. Accessed November 18, 2017. http://hdl.handle.net/2298/34544.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

甲斐, 恭子; カイ, キョウコ. “アルツハイマー病における食行動障害の特徴および認知症重症度との関係 : アルツハイマービョウ ニ オケル ショク コウドウ ショウガイ ノ トクチョウ オヨビ ニンチショウ ジュウショウド ト ノ カンケイ; Characteristics of eating problems in patients with Alzheimer's disease and relationship between symptoms and dementia severity.” 2015. Web. 18 Nov 2017.

Vancouver:

甲斐, 恭子; カイ . アルツハイマー病における食行動障害の特徴および認知症重症度との関係 : アルツハイマービョウ ニ オケル ショク コウドウ ショウガイ ノ トクチョウ オヨビ ニンチショウ ジュウショウド ト ノ カンケイ; Characteristics of eating problems in patients with Alzheimer's disease and relationship between symptoms and dementia severity. [Internet] [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2015. [cited 2017 Nov 18]. Available from: http://hdl.handle.net/2298/34544.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

甲斐, 恭子; カイ . アルツハイマー病における食行動障害の特徴および認知症重症度との関係 : アルツハイマービョウ ニ オケル ショク コウドウ ショウガイ ノ トクチョウ オヨビ ニンチショウ ジュウショウド ト ノ カンケイ; Characteristics of eating problems in patients with Alzheimer's disease and relationship between symptoms and dementia severity. [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2015. Available from: http://hdl.handle.net/2298/34544

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

24. 藤澤, 大輔; フジサワ, ダイスケ. 日本における有機酸代謝異常症と尿素サイクル異常症の管理に関する研究 : ニホン ニ オケル ユウキサン タイシャ イジョウショウ ト ニョウソ サイクル イジョウショウ ノ カンリ ニ カンスル ケンキュウ; Investigation of the management of organic acidemias and urea cycle disorders in Japan.

Degree: 博士(医学), 2016, Kumamoto University / 熊本大学

Page 1 Page 2 Page 3

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

藤澤, 大輔; フジサワ, . (2016). 日本における有機酸代謝異常症と尿素サイクル異常症の管理に関する研究 : ニホン ニ オケル ユウキサン タイシャ イジョウショウ ト ニョウソ サイクル イジョウショウ ノ カンリ ニ カンスル ケンキュウ; Investigation of the management of organic acidemias and urea cycle disorders in Japan. (Thesis). Kumamoto University / 熊本大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2298/34545

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

藤澤, 大輔; フジサワ, ダイスケ. “日本における有機酸代謝異常症と尿素サイクル異常症の管理に関する研究 : ニホン ニ オケル ユウキサン タイシャ イジョウショウ ト ニョウソ サイクル イジョウショウ ノ カンリ ニ カンスル ケンキュウ; Investigation of the management of organic acidemias and urea cycle disorders in Japan.” 2016. Thesis, Kumamoto University / 熊本大学. Accessed November 18, 2017. http://hdl.handle.net/2298/34545.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

藤澤, 大輔; フジサワ, ダイスケ. “日本における有機酸代謝異常症と尿素サイクル異常症の管理に関する研究 : ニホン ニ オケル ユウキサン タイシャ イジョウショウ ト ニョウソ サイクル イジョウショウ ノ カンリ ニ カンスル ケンキュウ; Investigation of the management of organic acidemias and urea cycle disorders in Japan.” 2016. Web. 18 Nov 2017.

Vancouver:

藤澤, 大輔; フジサワ . 日本における有機酸代謝異常症と尿素サイクル異常症の管理に関する研究 : ニホン ニ オケル ユウキサン タイシャ イジョウショウ ト ニョウソ サイクル イジョウショウ ノ カンリ ニ カンスル ケンキュウ; Investigation of the management of organic acidemias and urea cycle disorders in Japan. [Internet] [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2016. [cited 2017 Nov 18]. Available from: http://hdl.handle.net/2298/34545.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

藤澤, 大輔; フジサワ . 日本における有機酸代謝異常症と尿素サイクル異常症の管理に関する研究 : ニホン ニ オケル ユウキサン タイシャ イジョウショウ ト ニョウソ サイクル イジョウショウ ノ カンリ ニ カンスル ケンキュウ; Investigation of the management of organic acidemias and urea cycle disorders in Japan. [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/2298/34545

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

25. 児玉, 晴香; コダマ, ハルカ. ラット反回神経再建にともなう甲状披裂筋内筋衛星細胞活性動態ならびにMyoD発現動態に関する研究 : ラット ハンカイ シンケイ サイケン ニ トモナウ コウジョウヒレツキン ナイキン エイセイ サイボウ カッセイ ドウタイ ナラビニ MyoD ハツゲン ドウタイ ニ カンスル ケンキュウ; Modulation of Satelite Cells Activity and MyoD in Rat Thyroarytenoid Muscle after Reccurent Laryngeal Nerve Reinnervation.

Degree: 博士(医学), 2016, Kumamoto University / 熊本大学

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

児玉, 晴香; コダマ, . (2016). ラット反回神経再建にともなう甲状披裂筋内筋衛星細胞活性動態ならびにMyoD発現動態に関する研究 : ラット ハンカイ シンケイ サイケン ニ トモナウ コウジョウヒレツキン ナイキン エイセイ サイボウ カッセイ ドウタイ ナラビニ MyoD ハツゲン ドウタイ ニ カンスル ケンキュウ; Modulation of Satelite Cells Activity and MyoD in Rat Thyroarytenoid Muscle after Reccurent Laryngeal Nerve Reinnervation. (Thesis). Kumamoto University / 熊本大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2298/34546

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

児玉, 晴香; コダマ, ハルカ. “ラット反回神経再建にともなう甲状披裂筋内筋衛星細胞活性動態ならびにMyoD発現動態に関する研究 : ラット ハンカイ シンケイ サイケン ニ トモナウ コウジョウヒレツキン ナイキン エイセイ サイボウ カッセイ ドウタイ ナラビニ MyoD ハツゲン ドウタイ ニ カンスル ケンキュウ; Modulation of Satelite Cells Activity and MyoD in Rat Thyroarytenoid Muscle after Reccurent Laryngeal Nerve Reinnervation.” 2016. Thesis, Kumamoto University / 熊本大学. Accessed November 18, 2017. http://hdl.handle.net/2298/34546.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

児玉, 晴香; コダマ, ハルカ. “ラット反回神経再建にともなう甲状披裂筋内筋衛星細胞活性動態ならびにMyoD発現動態に関する研究 : ラット ハンカイ シンケイ サイケン ニ トモナウ コウジョウヒレツキン ナイキン エイセイ サイボウ カッセイ ドウタイ ナラビニ MyoD ハツゲン ドウタイ ニ カンスル ケンキュウ; Modulation of Satelite Cells Activity and MyoD in Rat Thyroarytenoid Muscle after Reccurent Laryngeal Nerve Reinnervation.” 2016. Web. 18 Nov 2017.

Vancouver:

児玉, 晴香; コダマ . ラット反回神経再建にともなう甲状披裂筋内筋衛星細胞活性動態ならびにMyoD発現動態に関する研究 : ラット ハンカイ シンケイ サイケン ニ トモナウ コウジョウヒレツキン ナイキン エイセイ サイボウ カッセイ ドウタイ ナラビニ MyoD ハツゲン ドウタイ ニ カンスル ケンキュウ; Modulation of Satelite Cells Activity and MyoD in Rat Thyroarytenoid Muscle after Reccurent Laryngeal Nerve Reinnervation. [Internet] [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2016. [cited 2017 Nov 18]. Available from: http://hdl.handle.net/2298/34546.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

児玉, 晴香; コダマ . ラット反回神経再建にともなう甲状披裂筋内筋衛星細胞活性動態ならびにMyoD発現動態に関する研究 : ラット ハンカイ シンケイ サイケン ニ トモナウ コウジョウヒレツキン ナイキン エイセイ サイボウ カッセイ ドウタイ ナラビニ MyoD ハツゲン ドウタイ ニ カンスル ケンキュウ; Modulation of Satelite Cells Activity and MyoD in Rat Thyroarytenoid Muscle after Reccurent Laryngeal Nerve Reinnervation. [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/2298/34546

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

26. 日浦, 瑞枝; ヒウラ, ミズエ. 地域高齢者の転倒と予防のための介入研究 : チイキ コウレイシャ ノ テントウ ト ヨボウ ノ タメ ノ カイニュウ ケンキュウ; Falls in the community dwelling elderly, an association study and intervention.

Degree: 博士(医学), 2016, Kumamoto University / 熊本大学

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

日浦, 瑞枝; ヒウラ, . (2016). 地域高齢者の転倒と予防のための介入研究 : チイキ コウレイシャ ノ テントウ ト ヨボウ ノ タメ ノ カイニュウ ケンキュウ; Falls in the community dwelling elderly, an association study and intervention. (Thesis). Kumamoto University / 熊本大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2298/34547

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

日浦, 瑞枝; ヒウラ, ミズエ. “地域高齢者の転倒と予防のための介入研究 : チイキ コウレイシャ ノ テントウ ト ヨボウ ノ タメ ノ カイニュウ ケンキュウ; Falls in the community dwelling elderly, an association study and intervention.” 2016. Thesis, Kumamoto University / 熊本大学. Accessed November 18, 2017. http://hdl.handle.net/2298/34547.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

日浦, 瑞枝; ヒウラ, ミズエ. “地域高齢者の転倒と予防のための介入研究 : チイキ コウレイシャ ノ テントウ ト ヨボウ ノ タメ ノ カイニュウ ケンキュウ; Falls in the community dwelling elderly, an association study and intervention.” 2016. Web. 18 Nov 2017.

Vancouver:

日浦, 瑞枝; ヒウラ . 地域高齢者の転倒と予防のための介入研究 : チイキ コウレイシャ ノ テントウ ト ヨボウ ノ タメ ノ カイニュウ ケンキュウ; Falls in the community dwelling elderly, an association study and intervention. [Internet] [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2016. [cited 2017 Nov 18]. Available from: http://hdl.handle.net/2298/34547.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

日浦, 瑞枝; ヒウラ . 地域高齢者の転倒と予防のための介入研究 : チイキ コウレイシャ ノ テントウ ト ヨボウ ノ タメ ノ カイニュウ ケンキュウ; Falls in the community dwelling elderly, an association study and intervention. [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/2298/34547

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

27. 右山, 洋平; ミギヤマ, ヨウヘイ. Quorum sensing阻害物質による緑膿菌の病原性制御 : Quorum sensing ソガイ ブッシツ ニ ヨル リョクノウキン ノ ビョウゲンセイ セイギョ; Suppression of Pseudomonas aeruginosa Virulence by Quorum-Sensing Inhibitor.

Degree: 博士(医学), 2016, Kumamoto University / 熊本大学

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

右山, 洋平; ミギヤマ, . (2016). Quorum sensing阻害物質による緑膿菌の病原性制御 : Quorum sensing ソガイ ブッシツ ニ ヨル リョクノウキン ノ ビョウゲンセイ セイギョ; Suppression of Pseudomonas aeruginosa Virulence by Quorum-Sensing Inhibitor. (Thesis). Kumamoto University / 熊本大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2298/34548

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

右山, 洋平; ミギヤマ, ヨウヘイ. “Quorum sensing阻害物質による緑膿菌の病原性制御 : Quorum sensing ソガイ ブッシツ ニ ヨル リョクノウキン ノ ビョウゲンセイ セイギョ; Suppression of Pseudomonas aeruginosa Virulence by Quorum-Sensing Inhibitor.” 2016. Thesis, Kumamoto University / 熊本大学. Accessed November 18, 2017. http://hdl.handle.net/2298/34548.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

右山, 洋平; ミギヤマ, ヨウヘイ. “Quorum sensing阻害物質による緑膿菌の病原性制御 : Quorum sensing ソガイ ブッシツ ニ ヨル リョクノウキン ノ ビョウゲンセイ セイギョ; Suppression of Pseudomonas aeruginosa Virulence by Quorum-Sensing Inhibitor.” 2016. Web. 18 Nov 2017.

Vancouver:

右山, 洋平; ミギヤマ . Quorum sensing阻害物質による緑膿菌の病原性制御 : Quorum sensing ソガイ ブッシツ ニ ヨル リョクノウキン ノ ビョウゲンセイ セイギョ; Suppression of Pseudomonas aeruginosa Virulence by Quorum-Sensing Inhibitor. [Internet] [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2016. [cited 2017 Nov 18]. Available from: http://hdl.handle.net/2298/34548.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

右山, 洋平; ミギヤマ . Quorum sensing阻害物質による緑膿菌の病原性制御 : Quorum sensing ソガイ ブッシツ ニ ヨル リョクノウキン ノ ビョウゲンセイ セイギョ; Suppression of Pseudomonas aeruginosa Virulence by Quorum-Sensing Inhibitor. [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/2298/34548

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

28. 東, 孝暁; ヒガシ, タカアキ. 肝細胞癌におけるTAZ(WWTR1)を制御するmicroRNAの同定 : カン サイボウ ガン ニ オケル TAZ(WWTR1) オ セイギョ スル microRNA ノ ドウテイ; Identification of microRNA-9-3p which regulates TAZ(WWTR1) in hepatocellular carcinoma.

Degree: 博士(医学), 2016, Kumamoto University / 熊本大学

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

東, 孝暁; ヒガシ, . (2016). 肝細胞癌におけるTAZ(WWTR1)を制御するmicroRNAの同定 : カン サイボウ ガン ニ オケル TAZ(WWTR1) オ セイギョ スル microRNA ノ ドウテイ; Identification of microRNA-9-3p which regulates TAZ(WWTR1) in hepatocellular carcinoma. (Thesis). Kumamoto University / 熊本大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2298/34561

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

東, 孝暁; ヒガシ, タカアキ. “肝細胞癌におけるTAZ(WWTR1)を制御するmicroRNAの同定 : カン サイボウ ガン ニ オケル TAZ(WWTR1) オ セイギョ スル microRNA ノ ドウテイ; Identification of microRNA-9-3p which regulates TAZ(WWTR1) in hepatocellular carcinoma.” 2016. Thesis, Kumamoto University / 熊本大学. Accessed November 18, 2017. http://hdl.handle.net/2298/34561.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

東, 孝暁; ヒガシ, タカアキ. “肝細胞癌におけるTAZ(WWTR1)を制御するmicroRNAの同定 : カン サイボウ ガン ニ オケル TAZ(WWTR1) オ セイギョ スル microRNA ノ ドウテイ; Identification of microRNA-9-3p which regulates TAZ(WWTR1) in hepatocellular carcinoma.” 2016. Web. 18 Nov 2017.

Vancouver:

東, 孝暁; ヒガシ . 肝細胞癌におけるTAZ(WWTR1)を制御するmicroRNAの同定 : カン サイボウ ガン ニ オケル TAZ(WWTR1) オ セイギョ スル microRNA ノ ドウテイ; Identification of microRNA-9-3p which regulates TAZ(WWTR1) in hepatocellular carcinoma. [Internet] [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2016. [cited 2017 Nov 18]. Available from: http://hdl.handle.net/2298/34561.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

東, 孝暁; ヒガシ . 肝細胞癌におけるTAZ(WWTR1)を制御するmicroRNAの同定 : カン サイボウ ガン ニ オケル TAZ(WWTR1) オ セイギョ スル microRNA ノ ドウテイ; Identification of microRNA-9-3p which regulates TAZ(WWTR1) in hepatocellular carcinoma. [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/2298/34561

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

29. 平田, 快紘; ヒラタ, ヨシヒロ. 酸化ストレスと冠動脈疾患の診断及び予後との関連について : サンカ ストレス ト カンドウミャク シッカン ノ シンダン オヨビ ヨゴ ト ノ カンレン ニ ツイテ; Association of Reactive Oxygen Species with the Diagnosis and Prognosis of Coronary Artery Disease.

Degree: 博士(医学), 2016, Kumamoto University / 熊本大学

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

平田, 快紘; ヒラタ, . (2016). 酸化ストレスと冠動脈疾患の診断及び予後との関連について : サンカ ストレス ト カンドウミャク シッカン ノ シンダン オヨビ ヨゴ ト ノ カンレン ニ ツイテ; Association of Reactive Oxygen Species with the Diagnosis and Prognosis of Coronary Artery Disease. (Thesis). Kumamoto University / 熊本大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2298/34562

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

平田, 快紘; ヒラタ, ヨシヒロ. “酸化ストレスと冠動脈疾患の診断及び予後との関連について : サンカ ストレス ト カンドウミャク シッカン ノ シンダン オヨビ ヨゴ ト ノ カンレン ニ ツイテ; Association of Reactive Oxygen Species with the Diagnosis and Prognosis of Coronary Artery Disease.” 2016. Thesis, Kumamoto University / 熊本大学. Accessed November 18, 2017. http://hdl.handle.net/2298/34562.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

平田, 快紘; ヒラタ, ヨシヒロ. “酸化ストレスと冠動脈疾患の診断及び予後との関連について : サンカ ストレス ト カンドウミャク シッカン ノ シンダン オヨビ ヨゴ ト ノ カンレン ニ ツイテ; Association of Reactive Oxygen Species with the Diagnosis and Prognosis of Coronary Artery Disease.” 2016. Web. 18 Nov 2017.

Vancouver:

平田, 快紘; ヒラタ . 酸化ストレスと冠動脈疾患の診断及び予後との関連について : サンカ ストレス ト カンドウミャク シッカン ノ シンダン オヨビ ヨゴ ト ノ カンレン ニ ツイテ; Association of Reactive Oxygen Species with the Diagnosis and Prognosis of Coronary Artery Disease. [Internet] [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2016. [cited 2017 Nov 18]. Available from: http://hdl.handle.net/2298/34562.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

平田, 快紘; ヒラタ . 酸化ストレスと冠動脈疾患の診断及び予後との関連について : サンカ ストレス ト カンドウミャク シッカン ノ シンダン オヨビ ヨゴ ト ノ カンレン ニ ツイテ; Association of Reactive Oxygen Species with the Diagnosis and Prognosis of Coronary Artery Disease. [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/2298/34562

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

30. 前田, 喜寛; マエダ, ヨシヒロ. 腎細胞癌および尿路上皮癌におけるC5a受容体発現の生物学的意義 : ジン サイボウ ガン オヨビ ニョウロ ジョウヒ ガン ニ オケル C5a ジュヨウタイ ハツゲン ノ セイブツガク テキ イギ; The biological role of C5aR expression in renal cell carcinoma and urothelial carcinoma.

Degree: 博士(医学), 2016, Kumamoto University / 熊本大学

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

前田, 喜寛; マエダ, . (2016). 腎細胞癌および尿路上皮癌におけるC5a受容体発現の生物学的意義 : ジン サイボウ ガン オヨビ ニョウロ ジョウヒ ガン ニ オケル C5a ジュヨウタイ ハツゲン ノ セイブツガク テキ イギ; The biological role of C5aR expression in renal cell carcinoma and urothelial carcinoma. (Thesis). Kumamoto University / 熊本大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2298/34641

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

前田, 喜寛; マエダ, ヨシヒロ. “腎細胞癌および尿路上皮癌におけるC5a受容体発現の生物学的意義 : ジン サイボウ ガン オヨビ ニョウロ ジョウヒ ガン ニ オケル C5a ジュヨウタイ ハツゲン ノ セイブツガク テキ イギ; The biological role of C5aR expression in renal cell carcinoma and urothelial carcinoma.” 2016. Thesis, Kumamoto University / 熊本大学. Accessed November 18, 2017. http://hdl.handle.net/2298/34641.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

前田, 喜寛; マエダ, ヨシヒロ. “腎細胞癌および尿路上皮癌におけるC5a受容体発現の生物学的意義 : ジン サイボウ ガン オヨビ ニョウロ ジョウヒ ガン ニ オケル C5a ジュヨウタイ ハツゲン ノ セイブツガク テキ イギ; The biological role of C5aR expression in renal cell carcinoma and urothelial carcinoma.” 2016. Web. 18 Nov 2017.

Vancouver:

前田, 喜寛; マエダ . 腎細胞癌および尿路上皮癌におけるC5a受容体発現の生物学的意義 : ジン サイボウ ガン オヨビ ニョウロ ジョウヒ ガン ニ オケル C5a ジュヨウタイ ハツゲン ノ セイブツガク テキ イギ; The biological role of C5aR expression in renal cell carcinoma and urothelial carcinoma. [Internet] [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2016. [cited 2017 Nov 18]. Available from: http://hdl.handle.net/2298/34641.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

前田, 喜寛; マエダ . 腎細胞癌および尿路上皮癌におけるC5a受容体発現の生物学的意義 : ジン サイボウ ガン オヨビ ニョウロ ジョウヒ ガン ニ オケル C5a ジュヨウタイ ハツゲン ノ セイブツガク テキ イギ; The biological role of C5aR expression in renal cell carcinoma and urothelial carcinoma. [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/2298/34641

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

[1] [2] [3] [4] [5] … [62]

.