Advanced search options

Advanced Search Options 🞨

Browse by author name (“Author name starts with…”).

Find ETDs with:

in
/  
in
/  
in
/  
in

Written in Published in Earliest date Latest date

Sorted by

Results per page:

Sorted by: relevance · author · university · dateNew search

You searched for publisher:"Kumamoto University". Showing records 1 – 30 of 1858 total matches.

[1] [2] [3] [4] [5] … [62]

Search Limiters

Last 2 Years | English Only

Languages

▼ Search Limiters

1. Mahamad, Abd Kadir. Diagnosis, classification and prognosis of rotating machine using artificial intelligence.

Degree: PhD, School of Science and Technology, 2010, Kumamoto University

 The demand for cost efficient, reliable and safe rotating machinery requires accurate fault diagnosis, classification and prognosis systems. Therefore these issues have become of paramount… (more)

Subjects/Keywords: T Technology (General)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Mahamad, A. K. (2010). Diagnosis, classification and prognosis of rotating machine using artificial intelligence. (Doctoral Dissertation). Kumamoto University. Retrieved from http://eprints.uthm.edu.my/2686/

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Mahamad, Abd Kadir. “Diagnosis, classification and prognosis of rotating machine using artificial intelligence.” 2010. Doctoral Dissertation, Kumamoto University. Accessed January 23, 2018. http://eprints.uthm.edu.my/2686/.

MLA Handbook (7th Edition):

Mahamad, Abd Kadir. “Diagnosis, classification and prognosis of rotating machine using artificial intelligence.” 2010. Web. 23 Jan 2018.

Vancouver:

Mahamad AK. Diagnosis, classification and prognosis of rotating machine using artificial intelligence. [Internet] [Doctoral dissertation]. Kumamoto University; 2010. [cited 2018 Jan 23]. Available from: http://eprints.uthm.edu.my/2686/.

Council of Science Editors:

Mahamad AK. Diagnosis, classification and prognosis of rotating machine using artificial intelligence. [Doctoral Dissertation]. Kumamoto University; 2010. Available from: http://eprints.uthm.edu.my/2686/

2. 竹永, 智美; タケナガ, トモミ. CT検査における被ばく線量最適化のための低線量CT画像シミュレーション技術の開発 : CT ケンサ ニ オケル ヒバク センリョウ サイテキカ ノ タメ ノ テイ センリョウ CT ガゾウ シミュレーション ギジュツ ノ カイハツ; Development of computerized scheme simulating low-dose CT image aimed for patient dose optimization in CT examination.

Degree: 博士(保健学), 2016, Kumamoto University / 熊本大学

診断可能な最低線量や最適線量を評価するためには、検討対象とした疾患や症例についてさまざまな難易度の画像を、複数の線量で撮影する必要がある。しかしながら、実際にファントム実験により線量と画像における診断能を評価するための検討を行なうには、人体と同等といえる特殊なファントムをさまざまな患者や症例に合わせて用意する必要があり、現実的ではない。また、実際にボランティアや患者に対して、症例や体格ごとにさまざまな撮影条件で複数回撮影して検討を行うことは倫理的に認められていない。このような倫理的問題がなく、現実的に実用可能なcomputed tomography(CT)検査における最適線量を決定するための有用な手法として低線量CT画像シミュレーションがある。いくつかの先行研究により報告されているシミュレーション手法の多くは、一般ユーザーにはアクセスが困難である生サイノグラムデータに依存しているため、特定のCT装置に適用が限定されている。また、生サイノグラムデータを必要としない先行研究では、シミュレーションに用いるパラメータの決定に特定のファントムを必要とするため再現が容易ではない。われわれは生サイノグラムデータや特定のファントムを使用せず、診療のために通常線量で撮影されたCT画像(以下、高線量CT画像)から低線量CT画像をシミュレーションする実用的な手法を開発した。また、本手法よりシミュレーションした低線量CT画像の画質が実際に低線量で撮影されたCT画像と同等か評価するための手法を新たに開発し、その有用性について検討した。

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

竹永, 智美; タケナガ, . (2016). CT検査における被ばく線量最適化のための低線量CT画像シミュレーション技術の開発 : CT ケンサ ニ オケル ヒバク センリョウ サイテキカ ノ タメ ノ テイ センリョウ CT ガゾウ シミュレーション ギジュツ ノ カイハツ; Development of computerized scheme simulating low-dose CT image aimed for patient dose optimization in CT examination. (Thesis). Kumamoto University / 熊本大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2298/34662

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

竹永, 智美; タケナガ, トモミ. “CT検査における被ばく線量最適化のための低線量CT画像シミュレーション技術の開発 : CT ケンサ ニ オケル ヒバク センリョウ サイテキカ ノ タメ ノ テイ センリョウ CT ガゾウ シミュレーション ギジュツ ノ カイハツ; Development of computerized scheme simulating low-dose CT image aimed for patient dose optimization in CT examination.” 2016. Thesis, Kumamoto University / 熊本大学. Accessed January 23, 2018. http://hdl.handle.net/2298/34662.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

竹永, 智美; タケナガ, トモミ. “CT検査における被ばく線量最適化のための低線量CT画像シミュレーション技術の開発 : CT ケンサ ニ オケル ヒバク センリョウ サイテキカ ノ タメ ノ テイ センリョウ CT ガゾウ シミュレーション ギジュツ ノ カイハツ; Development of computerized scheme simulating low-dose CT image aimed for patient dose optimization in CT examination.” 2016. Web. 23 Jan 2018.

Vancouver:

竹永, 智美; タケナガ . CT検査における被ばく線量最適化のための低線量CT画像シミュレーション技術の開発 : CT ケンサ ニ オケル ヒバク センリョウ サイテキカ ノ タメ ノ テイ センリョウ CT ガゾウ シミュレーション ギジュツ ノ カイハツ; Development of computerized scheme simulating low-dose CT image aimed for patient dose optimization in CT examination. [Internet] [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2016. [cited 2018 Jan 23]. Available from: http://hdl.handle.net/2298/34662.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

竹永, 智美; タケナガ . CT検査における被ばく線量最適化のための低線量CT画像シミュレーション技術の開発 : CT ケンサ ニ オケル ヒバク センリョウ サイテキカ ノ タメ ノ テイ センリョウ CT ガゾウ シミュレーション ギジュツ ノ カイハツ; Development of computerized scheme simulating low-dose CT image aimed for patient dose optimization in CT examination. [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/2298/34662

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

3. 稲田, 宏規; イナタ, ヒロキ. 頭蓋内画像誘導放射線治療におけるIntra-Fractional Motion低減に関する研究 : ズガイ ナイ ガゾウ ユウドウ ホウシャセン チリョウ ニ オケル Intra-Fractional Motion テイゲン ニ カンスル ケンキュウ; Reduction of Intra-Fractional Motion in Image-Guided Cranial Radiotherapy.

Degree: 博士(保健学), 2016, Kumamoto University / 熊本大学

頭蓋内定位放射線治療では1-2mmの固定精度が要求される。近年、画像誘導放射線治療によって日々の患者位置決め精度とその再現性が飛躍的に向上したため、照射中の固定精度管理が重要となっている。本研究では、照射中の頭部固定精度を担保するために、固定精度を定量的に検証するファントムとReal-Time Intra-Fractional Motion検知装置を開発し、頭部固定マスクと枕の固定精度と頭部圧迫の関係について解析した。

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

稲田, 宏規; イナタ, . (2016). 頭蓋内画像誘導放射線治療におけるIntra-Fractional Motion低減に関する研究 : ズガイ ナイ ガゾウ ユウドウ ホウシャセン チリョウ ニ オケル Intra-Fractional Motion テイゲン ニ カンスル ケンキュウ; Reduction of Intra-Fractional Motion in Image-Guided Cranial Radiotherapy. (Thesis). Kumamoto University / 熊本大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2298/34663

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

稲田, 宏規; イナタ, ヒロキ. “頭蓋内画像誘導放射線治療におけるIntra-Fractional Motion低減に関する研究 : ズガイ ナイ ガゾウ ユウドウ ホウシャセン チリョウ ニ オケル Intra-Fractional Motion テイゲン ニ カンスル ケンキュウ; Reduction of Intra-Fractional Motion in Image-Guided Cranial Radiotherapy.” 2016. Thesis, Kumamoto University / 熊本大学. Accessed January 23, 2018. http://hdl.handle.net/2298/34663.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

稲田, 宏規; イナタ, ヒロキ. “頭蓋内画像誘導放射線治療におけるIntra-Fractional Motion低減に関する研究 : ズガイ ナイ ガゾウ ユウドウ ホウシャセン チリョウ ニ オケル Intra-Fractional Motion テイゲン ニ カンスル ケンキュウ; Reduction of Intra-Fractional Motion in Image-Guided Cranial Radiotherapy.” 2016. Web. 23 Jan 2018.

Vancouver:

稲田, 宏規; イナタ . 頭蓋内画像誘導放射線治療におけるIntra-Fractional Motion低減に関する研究 : ズガイ ナイ ガゾウ ユウドウ ホウシャセン チリョウ ニ オケル Intra-Fractional Motion テイゲン ニ カンスル ケンキュウ; Reduction of Intra-Fractional Motion in Image-Guided Cranial Radiotherapy. [Internet] [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2016. [cited 2018 Jan 23]. Available from: http://hdl.handle.net/2298/34663.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

稲田, 宏規; イナタ . 頭蓋内画像誘導放射線治療におけるIntra-Fractional Motion低減に関する研究 : ズガイ ナイ ガゾウ ユウドウ ホウシャセン チリョウ ニ オケル Intra-Fractional Motion テイゲン ニ カンスル ケンキュウ; Reduction of Intra-Fractional Motion in Image-Guided Cranial Radiotherapy. [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/2298/34663

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

4. Sharmin Sazia; シャーミン シャツィア. Structure and gene expression of glomerular podocytes generated from human iPS cells : ヒト iPS サイボウ ユライ シキュウタイ ポドサイト ノ コウゾウ ト イデンシ ハツゲン; ヒトiPS細胞由来糸球体ポドサイトの構造と遺伝子発現.

Degree: 博士(医学), 2015, Kumamoto University / 熊本大学

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

シャツィア, S. S. . (2015). Structure and gene expression of glomerular podocytes generated from human iPS cells : ヒト iPS サイボウ ユライ シキュウタイ ポドサイト ノ コウゾウ ト イデンシ ハツゲン; ヒトiPS細胞由来糸球体ポドサイトの構造と遺伝子発現. (Thesis). Kumamoto University / 熊本大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2298/34061

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

シャツィア, Sharmin Sazia; シャーミン. “Structure and gene expression of glomerular podocytes generated from human iPS cells : ヒト iPS サイボウ ユライ シキュウタイ ポドサイト ノ コウゾウ ト イデンシ ハツゲン; ヒトiPS細胞由来糸球体ポドサイトの構造と遺伝子発現.” 2015. Thesis, Kumamoto University / 熊本大学. Accessed January 23, 2018. http://hdl.handle.net/2298/34061.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

シャツィア, Sharmin Sazia; シャーミン. “Structure and gene expression of glomerular podocytes generated from human iPS cells : ヒト iPS サイボウ ユライ シキュウタイ ポドサイト ノ コウゾウ ト イデンシ ハツゲン; ヒトiPS細胞由来糸球体ポドサイトの構造と遺伝子発現.” 2015. Web. 23 Jan 2018.

Vancouver:

シャツィア SS. Structure and gene expression of glomerular podocytes generated from human iPS cells : ヒト iPS サイボウ ユライ シキュウタイ ポドサイト ノ コウゾウ ト イデンシ ハツゲン; ヒトiPS細胞由来糸球体ポドサイトの構造と遺伝子発現. [Internet] [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2015. [cited 2018 Jan 23]. Available from: http://hdl.handle.net/2298/34061.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

シャツィア SS. Structure and gene expression of glomerular podocytes generated from human iPS cells : ヒト iPS サイボウ ユライ シキュウタイ ポドサイト ノ コウゾウ ト イデンシ ハツゲン; ヒトiPS細胞由来糸球体ポドサイトの構造と遺伝子発現. [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2015. Available from: http://hdl.handle.net/2298/34061

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

5. 尾上, 喜郎; オノウエ, ヨシロウ. A simple sarcopenia screening test predicts future adverse events in patients with heart failure : カンイ サルコペニア スクリーニング テスト ワ シンフゼン カンジャ ノ ヨゴ オ ヨソク スル; 簡易サルコペニアスクリーニングテストは心不全患者の予後を予測する.

Degree: 博士(医学), 2017, Kumamoto University / 熊本大学

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

尾上, 喜郎; オノウエ, . (2017). A simple sarcopenia screening test predicts future adverse events in patients with heart failure : カンイ サルコペニア スクリーニング テスト ワ シンフゼン カンジャ ノ ヨゴ オ ヨソク スル; 簡易サルコペニアスクリーニングテストは心不全患者の予後を予測する. (Thesis). Kumamoto University / 熊本大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2298/37647

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

尾上, 喜郎; オノウエ, ヨシロウ. “A simple sarcopenia screening test predicts future adverse events in patients with heart failure : カンイ サルコペニア スクリーニング テスト ワ シンフゼン カンジャ ノ ヨゴ オ ヨソク スル; 簡易サルコペニアスクリーニングテストは心不全患者の予後を予測する.” 2017. Thesis, Kumamoto University / 熊本大学. Accessed January 23, 2018. http://hdl.handle.net/2298/37647.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

尾上, 喜郎; オノウエ, ヨシロウ. “A simple sarcopenia screening test predicts future adverse events in patients with heart failure : カンイ サルコペニア スクリーニング テスト ワ シンフゼン カンジャ ノ ヨゴ オ ヨソク スル; 簡易サルコペニアスクリーニングテストは心不全患者の予後を予測する.” 2017. Web. 23 Jan 2018.

Vancouver:

尾上, 喜郎; オノウエ . A simple sarcopenia screening test predicts future adverse events in patients with heart failure : カンイ サルコペニア スクリーニング テスト ワ シンフゼン カンジャ ノ ヨゴ オ ヨソク スル; 簡易サルコペニアスクリーニングテストは心不全患者の予後を予測する. [Internet] [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2017. [cited 2018 Jan 23]. Available from: http://hdl.handle.net/2298/37647.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

尾上, 喜郎; オノウエ . A simple sarcopenia screening test predicts future adverse events in patients with heart failure : カンイ サルコペニア スクリーニング テスト ワ シンフゼン カンジャ ノ ヨゴ オ ヨソク スル; 簡易サルコペニアスクリーニングテストは心不全患者の予後を予測する. [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/2298/37647

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

6. 末永, 元輝; スエナガ, ゲンキ. Involvement of Macrophages in the Pathogenesis of Familial Amyloid Polyneuropathy and Efficacy of Human iPS Cell-Derived Macrophages in Its Treatment : FAP ノ ビョウタイ ニ オケル マクロファージ ノ カンヨ ト iPS-MLs オ モチイタ FAP ノ シンキ チリョウ ホウ カイハツ ニ ムケタ ケントウ; FAPの病態におけるマクロファージの関与とiPS-MLsを用いたFAPの新規治療法開発に向けた検討.

Degree: 博士(医学), 2017, Kumamoto University / 熊本大学

Page 1 Page 2 Page 3 Page 4

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

末永, 元輝; スエナガ, . (2017). Involvement of Macrophages in the Pathogenesis of Familial Amyloid Polyneuropathy and Efficacy of Human iPS Cell-Derived Macrophages in Its Treatment : FAP ノ ビョウタイ ニ オケル マクロファージ ノ カンヨ ト iPS-MLs オ モチイタ FAP ノ シンキ チリョウ ホウ カイハツ ニ ムケタ ケントウ; FAPの病態におけるマクロファージの関与とiPS-MLsを用いたFAPの新規治療法開発に向けた検討. (Thesis). Kumamoto University / 熊本大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2298/37661

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

末永, 元輝; スエナガ, ゲンキ. “Involvement of Macrophages in the Pathogenesis of Familial Amyloid Polyneuropathy and Efficacy of Human iPS Cell-Derived Macrophages in Its Treatment : FAP ノ ビョウタイ ニ オケル マクロファージ ノ カンヨ ト iPS-MLs オ モチイタ FAP ノ シンキ チリョウ ホウ カイハツ ニ ムケタ ケントウ; FAPの病態におけるマクロファージの関与とiPS-MLsを用いたFAPの新規治療法開発に向けた検討.” 2017. Thesis, Kumamoto University / 熊本大学. Accessed January 23, 2018. http://hdl.handle.net/2298/37661.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

末永, 元輝; スエナガ, ゲンキ. “Involvement of Macrophages in the Pathogenesis of Familial Amyloid Polyneuropathy and Efficacy of Human iPS Cell-Derived Macrophages in Its Treatment : FAP ノ ビョウタイ ニ オケル マクロファージ ノ カンヨ ト iPS-MLs オ モチイタ FAP ノ シンキ チリョウ ホウ カイハツ ニ ムケタ ケントウ; FAPの病態におけるマクロファージの関与とiPS-MLsを用いたFAPの新規治療法開発に向けた検討.” 2017. Web. 23 Jan 2018.

Vancouver:

末永, 元輝; スエナガ . Involvement of Macrophages in the Pathogenesis of Familial Amyloid Polyneuropathy and Efficacy of Human iPS Cell-Derived Macrophages in Its Treatment : FAP ノ ビョウタイ ニ オケル マクロファージ ノ カンヨ ト iPS-MLs オ モチイタ FAP ノ シンキ チリョウ ホウ カイハツ ニ ムケタ ケントウ; FAPの病態におけるマクロファージの関与とiPS-MLsを用いたFAPの新規治療法開発に向けた検討. [Internet] [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2017. [cited 2018 Jan 23]. Available from: http://hdl.handle.net/2298/37661.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

末永, 元輝; スエナガ . Involvement of Macrophages in the Pathogenesis of Familial Amyloid Polyneuropathy and Efficacy of Human iPS Cell-Derived Macrophages in Its Treatment : FAP ノ ビョウタイ ニ オケル マクロファージ ノ カンヨ ト iPS-MLs オ モチイタ FAP ノ シンキ チリョウ ホウ カイハツ ニ ムケタ ケントウ; FAPの病態におけるマクロファージの関与とiPS-MLsを用いたFAPの新規治療法開発に向けた検討. [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/2298/37661

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

7. ALAM, MD. MASUD. Chloroquine inhibits autophagy and induces apoptosis in primary effusion lymphoma through induction of endoplasmic reticulum stress : クロロキン ワ ゲンパツセイ シンシュツセイ アクセイ リンパシュ ノ オートファージ オ ソガイ シ ER ストレス オ カイシタ アポトーシス オ ユウドウ スル; クロロキンは原発性滲出性悪性リンパ腫のオートファージを阻害し、ERストレスを介したアポトーシスを誘導する.

Degree: 博士(医学), 2017, Kumamoto University / 熊本大学

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

ALAM, M. M. (2017). Chloroquine inhibits autophagy and induces apoptosis in primary effusion lymphoma through induction of endoplasmic reticulum stress : クロロキン ワ ゲンパツセイ シンシュツセイ アクセイ リンパシュ ノ オートファージ オ ソガイ シ ER ストレス オ カイシタ アポトーシス オ ユウドウ スル; クロロキンは原発性滲出性悪性リンパ腫のオートファージを阻害し、ERストレスを介したアポトーシスを誘導する. (Thesis). Kumamoto University / 熊本大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2298/37821

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

ALAM, MD MASUD. “Chloroquine inhibits autophagy and induces apoptosis in primary effusion lymphoma through induction of endoplasmic reticulum stress : クロロキン ワ ゲンパツセイ シンシュツセイ アクセイ リンパシュ ノ オートファージ オ ソガイ シ ER ストレス オ カイシタ アポトーシス オ ユウドウ スル; クロロキンは原発性滲出性悪性リンパ腫のオートファージを阻害し、ERストレスを介したアポトーシスを誘導する.” 2017. Thesis, Kumamoto University / 熊本大学. Accessed January 23, 2018. http://hdl.handle.net/2298/37821.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

ALAM, MD MASUD. “Chloroquine inhibits autophagy and induces apoptosis in primary effusion lymphoma through induction of endoplasmic reticulum stress : クロロキン ワ ゲンパツセイ シンシュツセイ アクセイ リンパシュ ノ オートファージ オ ソガイ シ ER ストレス オ カイシタ アポトーシス オ ユウドウ スル; クロロキンは原発性滲出性悪性リンパ腫のオートファージを阻害し、ERストレスを介したアポトーシスを誘導する.” 2017. Web. 23 Jan 2018.

Vancouver:

ALAM MM. Chloroquine inhibits autophagy and induces apoptosis in primary effusion lymphoma through induction of endoplasmic reticulum stress : クロロキン ワ ゲンパツセイ シンシュツセイ アクセイ リンパシュ ノ オートファージ オ ソガイ シ ER ストレス オ カイシタ アポトーシス オ ユウドウ スル; クロロキンは原発性滲出性悪性リンパ腫のオートファージを阻害し、ERストレスを介したアポトーシスを誘導する. [Internet] [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2017. [cited 2018 Jan 23]. Available from: http://hdl.handle.net/2298/37821.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

ALAM MM. Chloroquine inhibits autophagy and induces apoptosis in primary effusion lymphoma through induction of endoplasmic reticulum stress : クロロキン ワ ゲンパツセイ シンシュツセイ アクセイ リンパシュ ノ オートファージ オ ソガイ シ ER ストレス オ カイシタ アポトーシス オ ユウドウ スル; クロロキンは原発性滲出性悪性リンパ腫のオートファージを阻害し、ERストレスを介したアポトーシスを誘導する. [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/2298/37821

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

8. 本岡, 大和; モトオカ, ヤマト. Pathobiology of Notch2 in lung cancer : ハイガン ニ オケル Notch2 ノ ビョウタイ セイブツ ガク; 肺癌におけるNotch2の病態生物学.

Degree: 博士(医学), 2017, Kumamoto University / 熊本大学

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

本岡, 大和; モトオカ, . (2017). Pathobiology of Notch2 in lung cancer : ハイガン ニ オケル Notch2 ノ ビョウタイ セイブツ ガク; 肺癌におけるNotch2の病態生物学. (Thesis). Kumamoto University / 熊本大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2298/38501

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

本岡, 大和; モトオカ, ヤマト. “Pathobiology of Notch2 in lung cancer : ハイガン ニ オケル Notch2 ノ ビョウタイ セイブツ ガク; 肺癌におけるNotch2の病態生物学.” 2017. Thesis, Kumamoto University / 熊本大学. Accessed January 23, 2018. http://hdl.handle.net/2298/38501.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

本岡, 大和; モトオカ, ヤマト. “Pathobiology of Notch2 in lung cancer : ハイガン ニ オケル Notch2 ノ ビョウタイ セイブツ ガク; 肺癌におけるNotch2の病態生物学.” 2017. Web. 23 Jan 2018.

Vancouver:

本岡, 大和; モトオカ . Pathobiology of Notch2 in lung cancer : ハイガン ニ オケル Notch2 ノ ビョウタイ セイブツ ガク; 肺癌におけるNotch2の病態生物学. [Internet] [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2017. [cited 2018 Jan 23]. Available from: http://hdl.handle.net/2298/38501.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

本岡, 大和; モトオカ . Pathobiology of Notch2 in lung cancer : ハイガン ニ オケル Notch2 ノ ビョウタイ セイブツ ガク; 肺癌におけるNotch2の病態生物学. [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/2298/38501

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

9. 有村, 仁志; アリムラ, ヒトシ. TGF-β1 Improves Biomechanical Strength by Extracellular Matrix Accumulation Without Increasing the Number of Tenogenic Lineage Cells in a Rat Rotator Cuff Repair Model : TGF-β1 ワ ケン サイボウ ケイフ ノ ゾウフク オ トモナワズ ニ サイボウ ガイ キシツ ノ チクセキ オ カイシテ ラット ケンバン シュウフク モデル ノ リキガク キョウド オ ジョウショウ サセル; TGF-β1は腱細胞系譜の増幅を伴わずに細胞外基質の蓄積を介してラット腱板修復モデルの力学強度を上昇させる.

Degree: 博士(医学), 2017, Kumamoto University / 熊本大学

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

有村, 仁志; アリムラ, . (2017). TGF-β1 Improves Biomechanical Strength by Extracellular Matrix Accumulation Without Increasing the Number of Tenogenic Lineage Cells in a Rat Rotator Cuff Repair Model : TGF-β1 ワ ケン サイボウ ケイフ ノ ゾウフク オ トモナワズ ニ サイボウ ガイ キシツ ノ チクセキ オ カイシテ ラット ケンバン シュウフク モデル ノ リキガク キョウド オ ジョウショウ サセル; TGF-β1は腱細胞系譜の増幅を伴わずに細胞外基質の蓄積を介してラット腱板修復モデルの力学強度を上昇させる. (Thesis). Kumamoto University / 熊本大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2298/38502

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

有村, 仁志; アリムラ, ヒトシ. “TGF-β1 Improves Biomechanical Strength by Extracellular Matrix Accumulation Without Increasing the Number of Tenogenic Lineage Cells in a Rat Rotator Cuff Repair Model : TGF-β1 ワ ケン サイボウ ケイフ ノ ゾウフク オ トモナワズ ニ サイボウ ガイ キシツ ノ チクセキ オ カイシテ ラット ケンバン シュウフク モデル ノ リキガク キョウド オ ジョウショウ サセル; TGF-β1は腱細胞系譜の増幅を伴わずに細胞外基質の蓄積を介してラット腱板修復モデルの力学強度を上昇させる.” 2017. Thesis, Kumamoto University / 熊本大学. Accessed January 23, 2018. http://hdl.handle.net/2298/38502.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

有村, 仁志; アリムラ, ヒトシ. “TGF-β1 Improves Biomechanical Strength by Extracellular Matrix Accumulation Without Increasing the Number of Tenogenic Lineage Cells in a Rat Rotator Cuff Repair Model : TGF-β1 ワ ケン サイボウ ケイフ ノ ゾウフク オ トモナワズ ニ サイボウ ガイ キシツ ノ チクセキ オ カイシテ ラット ケンバン シュウフク モデル ノ リキガク キョウド オ ジョウショウ サセル; TGF-β1は腱細胞系譜の増幅を伴わずに細胞外基質の蓄積を介してラット腱板修復モデルの力学強度を上昇させる.” 2017. Web. 23 Jan 2018.

Vancouver:

有村, 仁志; アリムラ . TGF-β1 Improves Biomechanical Strength by Extracellular Matrix Accumulation Without Increasing the Number of Tenogenic Lineage Cells in a Rat Rotator Cuff Repair Model : TGF-β1 ワ ケン サイボウ ケイフ ノ ゾウフク オ トモナワズ ニ サイボウ ガイ キシツ ノ チクセキ オ カイシテ ラット ケンバン シュウフク モデル ノ リキガク キョウド オ ジョウショウ サセル; TGF-β1は腱細胞系譜の増幅を伴わずに細胞外基質の蓄積を介してラット腱板修復モデルの力学強度を上昇させる. [Internet] [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2017. [cited 2018 Jan 23]. Available from: http://hdl.handle.net/2298/38502.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

有村, 仁志; アリムラ . TGF-β1 Improves Biomechanical Strength by Extracellular Matrix Accumulation Without Increasing the Number of Tenogenic Lineage Cells in a Rat Rotator Cuff Repair Model : TGF-β1 ワ ケン サイボウ ケイフ ノ ゾウフク オ トモナワズ ニ サイボウ ガイ キシツ ノ チクセキ オ カイシテ ラット ケンバン シュウフク モデル ノ リキガク キョウド オ ジョウショウ サセル; TGF-β1は腱細胞系譜の増幅を伴わずに細胞外基質の蓄積を介してラット腱板修復モデルの力学強度を上昇させる. [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/2298/38502

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

10. Wu, Meikui. Regulation of membrane KCNQ1/KCNE1 channel density by sphingomyelin synthase 1 : スフィンゴミエリン ゴウセイ コウソ 1 に よる KCNQ1/KCNE1 チャネル ノ チョウセツ サヨウ; スフィンゴミエリン合成酵素1によるKCNQ1/KCNE1チャネルの調節作用.

Degree: 博士(医学), 2017, Kumamoto University / 熊本大学

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Wu, M. (2017). Regulation of membrane KCNQ1/KCNE1 channel density by sphingomyelin synthase 1 : スフィンゴミエリン ゴウセイ コウソ 1 に よる KCNQ1/KCNE1 チャネル ノ チョウセツ サヨウ; スフィンゴミエリン合成酵素1によるKCNQ1/KCNE1チャネルの調節作用. (Thesis). Kumamoto University / 熊本大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2298/38522

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Wu, Meikui. “Regulation of membrane KCNQ1/KCNE1 channel density by sphingomyelin synthase 1 : スフィンゴミエリン ゴウセイ コウソ 1 に よる KCNQ1/KCNE1 チャネル ノ チョウセツ サヨウ; スフィンゴミエリン合成酵素1によるKCNQ1/KCNE1チャネルの調節作用.” 2017. Thesis, Kumamoto University / 熊本大学. Accessed January 23, 2018. http://hdl.handle.net/2298/38522.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Wu, Meikui. “Regulation of membrane KCNQ1/KCNE1 channel density by sphingomyelin synthase 1 : スフィンゴミエリン ゴウセイ コウソ 1 に よる KCNQ1/KCNE1 チャネル ノ チョウセツ サヨウ; スフィンゴミエリン合成酵素1によるKCNQ1/KCNE1チャネルの調節作用.” 2017. Web. 23 Jan 2018.

Vancouver:

Wu M. Regulation of membrane KCNQ1/KCNE1 channel density by sphingomyelin synthase 1 : スフィンゴミエリン ゴウセイ コウソ 1 に よる KCNQ1/KCNE1 チャネル ノ チョウセツ サヨウ; スフィンゴミエリン合成酵素1によるKCNQ1/KCNE1チャネルの調節作用. [Internet] [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2017. [cited 2018 Jan 23]. Available from: http://hdl.handle.net/2298/38522.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Wu M. Regulation of membrane KCNQ1/KCNE1 channel density by sphingomyelin synthase 1 : スフィンゴミエリン ゴウセイ コウソ 1 に よる KCNQ1/KCNE1 チャネル ノ チョウセツ サヨウ; スフィンゴミエリン合成酵素1によるKCNQ1/KCNE1チャネルの調節作用. [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/2298/38522

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

11. 田中, 宏; タナカ, ヒロシ. The SETD8/PR-Set7 Methyltransferase Functions as a Barrier to Prevent Senescence-Associated Metabolic Remodeling : SETD8/PR-Set7 メチル キ テンイ コウソ ワ サイボウ ロウカ ニ オケル タイシャ リモデリング オ ヨクセイ スル; SETD8/PR-Set7メチル基転移酵素は細胞老化における代謝リモデリングを抑制する.

Degree: 博士(医学), 2017, Kumamoto University / 熊本大学

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

田中, 宏; タナカ, . (2017). The SETD8/PR-Set7 Methyltransferase Functions as a Barrier to Prevent Senescence-Associated Metabolic Remodeling : SETD8/PR-Set7 メチル キ テンイ コウソ ワ サイボウ ロウカ ニ オケル タイシャ リモデリング オ ヨクセイ スル; SETD8/PR-Set7メチル基転移酵素は細胞老化における代謝リモデリングを抑制する. (Thesis). Kumamoto University / 熊本大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2298/38528

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

田中, 宏; タナカ, ヒロシ. “The SETD8/PR-Set7 Methyltransferase Functions as a Barrier to Prevent Senescence-Associated Metabolic Remodeling : SETD8/PR-Set7 メチル キ テンイ コウソ ワ サイボウ ロウカ ニ オケル タイシャ リモデリング オ ヨクセイ スル; SETD8/PR-Set7メチル基転移酵素は細胞老化における代謝リモデリングを抑制する.” 2017. Thesis, Kumamoto University / 熊本大学. Accessed January 23, 2018. http://hdl.handle.net/2298/38528.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

田中, 宏; タナカ, ヒロシ. “The SETD8/PR-Set7 Methyltransferase Functions as a Barrier to Prevent Senescence-Associated Metabolic Remodeling : SETD8/PR-Set7 メチル キ テンイ コウソ ワ サイボウ ロウカ ニ オケル タイシャ リモデリング オ ヨクセイ スル; SETD8/PR-Set7メチル基転移酵素は細胞老化における代謝リモデリングを抑制する.” 2017. Web. 23 Jan 2018.

Vancouver:

田中, 宏; タナカ . The SETD8/PR-Set7 Methyltransferase Functions as a Barrier to Prevent Senescence-Associated Metabolic Remodeling : SETD8/PR-Set7 メチル キ テンイ コウソ ワ サイボウ ロウカ ニ オケル タイシャ リモデリング オ ヨクセイ スル; SETD8/PR-Set7メチル基転移酵素は細胞老化における代謝リモデリングを抑制する. [Internet] [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2017. [cited 2018 Jan 23]. Available from: http://hdl.handle.net/2298/38528.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

田中, 宏; タナカ . The SETD8/PR-Set7 Methyltransferase Functions as a Barrier to Prevent Senescence-Associated Metabolic Remodeling : SETD8/PR-Set7 メチル キ テンイ コウソ ワ サイボウ ロウカ ニ オケル タイシャ リモデリング オ ヨクセイ スル; SETD8/PR-Set7メチル基転移酵素は細胞老化における代謝リモデリングを抑制する. [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/2298/38528

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

12. 近本, 亮; チカモト, アキラ. Preoperative High Maximum Standardized Uptake Value in Association with Glucose Transporter 1 Predicts Poor Prognosis in Pancreatic Cancer : スイガン ニ オイテ ジュツマエ PET コウ SUVmax ワ Glucose transporter 1 ノ ハツゲン ニ カンレン シ ヨゴ オ ヨソク デキル; 膵癌において術前PET高SUVmaxは、Glucose transporter 1の発現に関連し予後を予測できる.

Degree: 博士(医学), 2017, Kumamoto University / 熊本大学

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

近本, 亮; チカモト, . (2017). Preoperative High Maximum Standardized Uptake Value in Association with Glucose Transporter 1 Predicts Poor Prognosis in Pancreatic Cancer : スイガン ニ オイテ ジュツマエ PET コウ SUVmax ワ Glucose transporter 1 ノ ハツゲン ニ カンレン シ ヨゴ オ ヨソク デキル; 膵癌において術前PET高SUVmaxは、Glucose transporter 1の発現に関連し予後を予測できる. (Thesis). Kumamoto University / 熊本大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2298/38529

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

近本, 亮; チカモト, アキラ. “Preoperative High Maximum Standardized Uptake Value in Association with Glucose Transporter 1 Predicts Poor Prognosis in Pancreatic Cancer : スイガン ニ オイテ ジュツマエ PET コウ SUVmax ワ Glucose transporter 1 ノ ハツゲン ニ カンレン シ ヨゴ オ ヨソク デキル; 膵癌において術前PET高SUVmaxは、Glucose transporter 1の発現に関連し予後を予測できる.” 2017. Thesis, Kumamoto University / 熊本大学. Accessed January 23, 2018. http://hdl.handle.net/2298/38529.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

近本, 亮; チカモト, アキラ. “Preoperative High Maximum Standardized Uptake Value in Association with Glucose Transporter 1 Predicts Poor Prognosis in Pancreatic Cancer : スイガン ニ オイテ ジュツマエ PET コウ SUVmax ワ Glucose transporter 1 ノ ハツゲン ニ カンレン シ ヨゴ オ ヨソク デキル; 膵癌において術前PET高SUVmaxは、Glucose transporter 1の発現に関連し予後を予測できる.” 2017. Web. 23 Jan 2018.

Vancouver:

近本, 亮; チカモト . Preoperative High Maximum Standardized Uptake Value in Association with Glucose Transporter 1 Predicts Poor Prognosis in Pancreatic Cancer : スイガン ニ オイテ ジュツマエ PET コウ SUVmax ワ Glucose transporter 1 ノ ハツゲン ニ カンレン シ ヨゴ オ ヨソク デキル; 膵癌において術前PET高SUVmaxは、Glucose transporter 1の発現に関連し予後を予測できる. [Internet] [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2017. [cited 2018 Jan 23]. Available from: http://hdl.handle.net/2298/38529.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

近本, 亮; チカモト . Preoperative High Maximum Standardized Uptake Value in Association with Glucose Transporter 1 Predicts Poor Prognosis in Pancreatic Cancer : スイガン ニ オイテ ジュツマエ PET コウ SUVmax ワ Glucose transporter 1 ノ ハツゲン ニ カンレン シ ヨゴ オ ヨソク デキル; 膵癌において術前PET高SUVmaxは、Glucose transporter 1の発現に関連し予後を予測できる. [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/2298/38529

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

13. 牟田園, 正敏; ムタゾノ, マサトシ. Non-coding RNAイントロンを介した分裂酵母セントロメアサイレンシング機構の研究 : Non-coding RNA イントロン オ カイシタ ブンレツ コウボ セントロメアサイレンシング キコウ ノ ケンキュウ.

Degree: 博士(理学), 2017, Kumamoto University / 熊本大学

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

牟田園, 正敏; ムタゾノ, . (2017). Non-coding RNAイントロンを介した分裂酵母セントロメアサイレンシング機構の研究 : Non-coding RNA イントロン オ カイシタ ブンレツ コウボ セントロメアサイレンシング キコウ ノ ケンキュウ. (Thesis). Kumamoto University / 熊本大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2298/38527

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

牟田園, 正敏; ムタゾノ, マサトシ. “Non-coding RNAイントロンを介した分裂酵母セントロメアサイレンシング機構の研究 : Non-coding RNA イントロン オ カイシタ ブンレツ コウボ セントロメアサイレンシング キコウ ノ ケンキュウ.” 2017. Thesis, Kumamoto University / 熊本大学. Accessed January 23, 2018. http://hdl.handle.net/2298/38527.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

牟田園, 正敏; ムタゾノ, マサトシ. “Non-coding RNAイントロンを介した分裂酵母セントロメアサイレンシング機構の研究 : Non-coding RNA イントロン オ カイシタ ブンレツ コウボ セントロメアサイレンシング キコウ ノ ケンキュウ.” 2017. Web. 23 Jan 2018.

Vancouver:

牟田園, 正敏; ムタゾノ . Non-coding RNAイントロンを介した分裂酵母セントロメアサイレンシング機構の研究 : Non-coding RNA イントロン オ カイシタ ブンレツ コウボ セントロメアサイレンシング キコウ ノ ケンキュウ. [Internet] [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2017. [cited 2018 Jan 23]. Available from: http://hdl.handle.net/2298/38527.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

牟田園, 正敏; ムタゾノ . Non-coding RNAイントロンを介した分裂酵母セントロメアサイレンシング機構の研究 : Non-coding RNA イントロン オ カイシタ ブンレツ コウボ セントロメアサイレンシング キコウ ノ ケンキュウ. [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/2298/38527

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

14. 岸本, 直樹; キシモト, ナオキ. HIV-1粒子内宿主性タンパク質によるウイルス複製制御に関する研究 : HIV-1 リュウシ ナイ シュクシュセイ タンパクシツ ニ ヨル ウイルス フクセイ セイギョ ニ カンスル ケンキュウ.

Degree: 博士(薬科学), 2017, Kumamoto University / 熊本大学

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

岸本, 直樹; キシモト, . (2017). HIV-1粒子内宿主性タンパク質によるウイルス複製制御に関する研究 : HIV-1 リュウシ ナイ シュクシュセイ タンパクシツ ニ ヨル ウイルス フクセイ セイギョ ニ カンスル ケンキュウ. (Thesis). Kumamoto University / 熊本大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2298/38541

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

岸本, 直樹; キシモト, ナオキ. “HIV-1粒子内宿主性タンパク質によるウイルス複製制御に関する研究 : HIV-1 リュウシ ナイ シュクシュセイ タンパクシツ ニ ヨル ウイルス フクセイ セイギョ ニ カンスル ケンキュウ.” 2017. Thesis, Kumamoto University / 熊本大学. Accessed January 23, 2018. http://hdl.handle.net/2298/38541.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

岸本, 直樹; キシモト, ナオキ. “HIV-1粒子内宿主性タンパク質によるウイルス複製制御に関する研究 : HIV-1 リュウシ ナイ シュクシュセイ タンパクシツ ニ ヨル ウイルス フクセイ セイギョ ニ カンスル ケンキュウ.” 2017. Web. 23 Jan 2018.

Vancouver:

岸本, 直樹; キシモト . HIV-1粒子内宿主性タンパク質によるウイルス複製制御に関する研究 : HIV-1 リュウシ ナイ シュクシュセイ タンパクシツ ニ ヨル ウイルス フクセイ セイギョ ニ カンスル ケンキュウ. [Internet] [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2017. [cited 2018 Jan 23]. Available from: http://hdl.handle.net/2298/38541.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

岸本, 直樹; キシモト . HIV-1粒子内宿主性タンパク質によるウイルス複製制御に関する研究 : HIV-1 リュウシ ナイ シュクシュセイ タンパクシツ ニ ヨル ウイルス フクセイ セイギョ ニ カンスル ケンキュウ. [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/2298/38541

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

15. 曾, 祥勇; ゾン, シィァンヨン. Microbial community analysis of groundwater in Kumamoto and Miyakonojo areas : クマモト オヨビ ミヤコノジョウ チイキ ノ チカスイ ニ オケル ビセイブツ グンシュウ コウゾウ カイセキ; 熊本および都城地域の地下水における微生物群集構造解析.

Degree: 博士(学術), 2016, Kumamoto University / 熊本大学

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

曾, 祥勇; ゾン, . (2016). Microbial community analysis of groundwater in Kumamoto and Miyakonojo areas : クマモト オヨビ ミヤコノジョウ チイキ ノ チカスイ ニ オケル ビセイブツ グンシュウ コウゾウ カイセキ; 熊本および都城地域の地下水における微生物群集構造解析. (Thesis). Kumamoto University / 熊本大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2298/38582

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

曾, 祥勇; ゾン, シィァンヨン. “Microbial community analysis of groundwater in Kumamoto and Miyakonojo areas : クマモト オヨビ ミヤコノジョウ チイキ ノ チカスイ ニ オケル ビセイブツ グンシュウ コウゾウ カイセキ; 熊本および都城地域の地下水における微生物群集構造解析.” 2016. Thesis, Kumamoto University / 熊本大学. Accessed January 23, 2018. http://hdl.handle.net/2298/38582.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

曾, 祥勇; ゾン, シィァンヨン. “Microbial community analysis of groundwater in Kumamoto and Miyakonojo areas : クマモト オヨビ ミヤコノジョウ チイキ ノ チカスイ ニ オケル ビセイブツ グンシュウ コウゾウ カイセキ; 熊本および都城地域の地下水における微生物群集構造解析.” 2016. Web. 23 Jan 2018.

Vancouver:

曾, 祥勇; ゾン . Microbial community analysis of groundwater in Kumamoto and Miyakonojo areas : クマモト オヨビ ミヤコノジョウ チイキ ノ チカスイ ニ オケル ビセイブツ グンシュウ コウゾウ カイセキ; 熊本および都城地域の地下水における微生物群集構造解析. [Internet] [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2016. [cited 2018 Jan 23]. Available from: http://hdl.handle.net/2298/38582.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

曾, 祥勇; ゾン . Microbial community analysis of groundwater in Kumamoto and Miyakonojo areas : クマモト オヨビ ミヤコノジョウ チイキ ノ チカスイ ニ オケル ビセイブツ グンシュウ コウゾウ カイセキ; 熊本および都城地域の地下水における微生物群集構造解析. [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/2298/38582

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

16. JACHIN, Narangerel. Improvement of the quality in higher education using blended learning : A case study in Mongolia : ブレンディッド ラーニング ニ ヨル コウトウ キョウイク ニ オケル シツ コウジョウ ニ カンスル ケンキュウ : モンゴル ニ オケル ジレイ ケンキュウ; ブレンディッド・ラーニングによる高等教育における質向上に関する研究 : モンゴルにおける事例研究.

Degree: 博士(学術), 2016, Kumamoto University / 熊本大学

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

JACHIN, N. (2016). Improvement of the quality in higher education using blended learning : A case study in Mongolia : ブレンディッド ラーニング ニ ヨル コウトウ キョウイク ニ オケル シツ コウジョウ ニ カンスル ケンキュウ : モンゴル ニ オケル ジレイ ケンキュウ; ブレンディッド・ラーニングによる高等教育における質向上に関する研究 : モンゴルにおける事例研究. (Thesis). Kumamoto University / 熊本大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2298/38583

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

JACHIN, Narangerel. “Improvement of the quality in higher education using blended learning : A case study in Mongolia : ブレンディッド ラーニング ニ ヨル コウトウ キョウイク ニ オケル シツ コウジョウ ニ カンスル ケンキュウ : モンゴル ニ オケル ジレイ ケンキュウ; ブレンディッド・ラーニングによる高等教育における質向上に関する研究 : モンゴルにおける事例研究.” 2016. Thesis, Kumamoto University / 熊本大学. Accessed January 23, 2018. http://hdl.handle.net/2298/38583.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

JACHIN, Narangerel. “Improvement of the quality in higher education using blended learning : A case study in Mongolia : ブレンディッド ラーニング ニ ヨル コウトウ キョウイク ニ オケル シツ コウジョウ ニ カンスル ケンキュウ : モンゴル ニ オケル ジレイ ケンキュウ; ブレンディッド・ラーニングによる高等教育における質向上に関する研究 : モンゴルにおける事例研究.” 2016. Web. 23 Jan 2018.

Vancouver:

JACHIN N. Improvement of the quality in higher education using blended learning : A case study in Mongolia : ブレンディッド ラーニング ニ ヨル コウトウ キョウイク ニ オケル シツ コウジョウ ニ カンスル ケンキュウ : モンゴル ニ オケル ジレイ ケンキュウ; ブレンディッド・ラーニングによる高等教育における質向上に関する研究 : モンゴルにおける事例研究. [Internet] [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2016. [cited 2018 Jan 23]. Available from: http://hdl.handle.net/2298/38583.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

JACHIN N. Improvement of the quality in higher education using blended learning : A case study in Mongolia : ブレンディッド ラーニング ニ ヨル コウトウ キョウイク ニ オケル シツ コウジョウ ニ カンスル ケンキュウ : モンゴル ニ オケル ジレイ ケンキュウ; ブレンディッド・ラーニングによる高等教育における質向上に関する研究 : モンゴルにおける事例研究. [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/2298/38583

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

17. 髙本, 尚彦; タカモト, ナオヒコ. 難透水性堆積物コアの間隙水を用いた霞ヶ浦およびその周辺地域の完新世における古水文状況の復元 : ナン トウスイ セイ タイセキブツ コア ノ カンゲキ スイ オ モチイタ カスミガウラ オヨビ ソノ シュウヘン チイキ ノ カンシンセイ ニ オケル コ スイモン ジョウキョウ ノ フクゲン.

Degree: 博士(理学), 2017, Kumamoto University / 熊本大学

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

髙本, 尚彦; タカモト, . (2017). 難透水性堆積物コアの間隙水を用いた霞ヶ浦およびその周辺地域の完新世における古水文状況の復元 : ナン トウスイ セイ タイセキブツ コア ノ カンゲキ スイ オ モチイタ カスミガウラ オヨビ ソノ シュウヘン チイキ ノ カンシンセイ ニ オケル コ スイモン ジョウキョウ ノ フクゲン. (Thesis). Kumamoto University / 熊本大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2298/38601

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

髙本, 尚彦; タカモト, ナオヒコ. “難透水性堆積物コアの間隙水を用いた霞ヶ浦およびその周辺地域の完新世における古水文状況の復元 : ナン トウスイ セイ タイセキブツ コア ノ カンゲキ スイ オ モチイタ カスミガウラ オヨビ ソノ シュウヘン チイキ ノ カンシンセイ ニ オケル コ スイモン ジョウキョウ ノ フクゲン.” 2017. Thesis, Kumamoto University / 熊本大学. Accessed January 23, 2018. http://hdl.handle.net/2298/38601.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

髙本, 尚彦; タカモト, ナオヒコ. “難透水性堆積物コアの間隙水を用いた霞ヶ浦およびその周辺地域の完新世における古水文状況の復元 : ナン トウスイ セイ タイセキブツ コア ノ カンゲキ スイ オ モチイタ カスミガウラ オヨビ ソノ シュウヘン チイキ ノ カンシンセイ ニ オケル コ スイモン ジョウキョウ ノ フクゲン.” 2017. Web. 23 Jan 2018.

Vancouver:

髙本, 尚彦; タカモト . 難透水性堆積物コアの間隙水を用いた霞ヶ浦およびその周辺地域の完新世における古水文状況の復元 : ナン トウスイ セイ タイセキブツ コア ノ カンゲキ スイ オ モチイタ カスミガウラ オヨビ ソノ シュウヘン チイキ ノ カンシンセイ ニ オケル コ スイモン ジョウキョウ ノ フクゲン. [Internet] [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2017. [cited 2018 Jan 23]. Available from: http://hdl.handle.net/2298/38601.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

髙本, 尚彦; タカモト . 難透水性堆積物コアの間隙水を用いた霞ヶ浦およびその周辺地域の完新世における古水文状況の復元 : ナン トウスイ セイ タイセキブツ コア ノ カンゲキ スイ オ モチイタ カスミガウラ オヨビ ソノ シュウヘン チイキ ノ カンシンセイ ニ オケル コ スイモン ジョウキョウ ノ フクゲン. [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/2298/38601

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

18. ISLAM, Md. Saidul. Study of Oxygenated Carbon Derivative for Energy Application : エネルギー デバイス ノ オウヨウ オ シコウ シタ サンカ タンソ ザイリョウ ニ カンスル ケンキュウ; エネルギーデバイスの応用を指向した酸化炭素材料に関する研究.

Degree: 博士(学術), 2017, Kumamoto University / 熊本大学

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

ISLAM, M. S. (2017). Study of Oxygenated Carbon Derivative for Energy Application : エネルギー デバイス ノ オウヨウ オ シコウ シタ サンカ タンソ ザイリョウ ニ カンスル ケンキュウ; エネルギーデバイスの応用を指向した酸化炭素材料に関する研究. (Thesis). Kumamoto University / 熊本大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2298/38602

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

ISLAM, Md Saidul. “Study of Oxygenated Carbon Derivative for Energy Application : エネルギー デバイス ノ オウヨウ オ シコウ シタ サンカ タンソ ザイリョウ ニ カンスル ケンキュウ; エネルギーデバイスの応用を指向した酸化炭素材料に関する研究.” 2017. Thesis, Kumamoto University / 熊本大学. Accessed January 23, 2018. http://hdl.handle.net/2298/38602.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

ISLAM, Md Saidul. “Study of Oxygenated Carbon Derivative for Energy Application : エネルギー デバイス ノ オウヨウ オ シコウ シタ サンカ タンソ ザイリョウ ニ カンスル ケンキュウ; エネルギーデバイスの応用を指向した酸化炭素材料に関する研究.” 2017. Web. 23 Jan 2018.

Vancouver:

ISLAM MS. Study of Oxygenated Carbon Derivative for Energy Application : エネルギー デバイス ノ オウヨウ オ シコウ シタ サンカ タンソ ザイリョウ ニ カンスル ケンキュウ; エネルギーデバイスの応用を指向した酸化炭素材料に関する研究. [Internet] [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2017. [cited 2018 Jan 23]. Available from: http://hdl.handle.net/2298/38602.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

ISLAM MS. Study of Oxygenated Carbon Derivative for Energy Application : エネルギー デバイス ノ オウヨウ オ シコウ シタ サンカ タンソ ザイリョウ ニ カンスル ケンキュウ; エネルギーデバイスの応用を指向した酸化炭素材料に関する研究. [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/2298/38602

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

19. 尾道, 建二; オノミチ, ケンジ. 江戸時代における浄土真宗の庵室に関する研究 : 肥後藩における浄土真宗の庵室を中心として : エド ジダイ ニ オケル ジョウド シンシュウ ノ アンシツ ニ カンスル ケンキュウ : ヒゴ ハン ニ オケル ジョウド シンシュウ ノ アンシツ オ チュウシン ト シテ.

Degree: Kumamoto University / 熊本大学

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

尾道, 建二; オノミチ, . (n.d.). 江戸時代における浄土真宗の庵室に関する研究 : 肥後藩における浄土真宗の庵室を中心として : エド ジダイ ニ オケル ジョウド シンシュウ ノ アンシツ ニ カンスル ケンキュウ : ヒゴ ハン ニ オケル ジョウド シンシュウ ノ アンシツ オ チュウシン ト シテ. (Thesis). Kumamoto University / 熊本大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2298/38581

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

尾道, 建二; オノミチ, ケンジ. “江戸時代における浄土真宗の庵室に関する研究 : 肥後藩における浄土真宗の庵室を中心として : エド ジダイ ニ オケル ジョウド シンシュウ ノ アンシツ ニ カンスル ケンキュウ : ヒゴ ハン ニ オケル ジョウド シンシュウ ノ アンシツ オ チュウシン ト シテ.” Thesis, Kumamoto University / 熊本大学. Accessed January 23, 2018. http://hdl.handle.net/2298/38581.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

尾道, 建二; オノミチ, ケンジ. “江戸時代における浄土真宗の庵室に関する研究 : 肥後藩における浄土真宗の庵室を中心として : エド ジダイ ニ オケル ジョウド シンシュウ ノ アンシツ ニ カンスル ケンキュウ : ヒゴ ハン ニ オケル ジョウド シンシュウ ノ アンシツ オ チュウシン ト シテ.” Web. 23 Jan 2018.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.

Vancouver:

尾道, 建二; オノミチ . 江戸時代における浄土真宗の庵室に関する研究 : 肥後藩における浄土真宗の庵室を中心として : エド ジダイ ニ オケル ジョウド シンシュウ ノ アンシツ ニ カンスル ケンキュウ : ヒゴ ハン ニ オケル ジョウド シンシュウ ノ アンシツ オ チュウシン ト シテ. [Internet] [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; [cited 2018 Jan 23]. Available from: http://hdl.handle.net/2298/38581.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

Council of Science Editors:

尾道, 建二; オノミチ . 江戸時代における浄土真宗の庵室に関する研究 : 肥後藩における浄土真宗の庵室を中心として : エド ジダイ ニ オケル ジョウド シンシュウ ノ アンシツ ニ カンスル ケンキュウ : ヒゴ ハン ニ オケル ジョウド シンシュウ ノ アンシツ オ チュウシン ト シテ. [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; Available from: http://hdl.handle.net/2298/38581

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

20. 安田, 淳; ヤスダ, アツシ. 水中衝撃波を用いた食品加工装置の開発に関する研究 : スイチュウ ショウゲキハ オ モチイタ ショクヒン カコウ ソウチ ノ カイハツ ニ カンスル ケンキュウ.

Degree: 博士(工学), 2017, Kumamoto University / 熊本大学

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

安田, 淳; ヤスダ, . (2017). 水中衝撃波を用いた食品加工装置の開発に関する研究 : スイチュウ ショウゲキハ オ モチイタ ショクヒン カコウ ソウチ ノ カイハツ ニ カンスル ケンキュウ. (Thesis). Kumamoto University / 熊本大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2298/38621

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

安田, 淳; ヤスダ, アツシ. “水中衝撃波を用いた食品加工装置の開発に関する研究 : スイチュウ ショウゲキハ オ モチイタ ショクヒン カコウ ソウチ ノ カイハツ ニ カンスル ケンキュウ.” 2017. Thesis, Kumamoto University / 熊本大学. Accessed January 23, 2018. http://hdl.handle.net/2298/38621.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

安田, 淳; ヤスダ, アツシ. “水中衝撃波を用いた食品加工装置の開発に関する研究 : スイチュウ ショウゲキハ オ モチイタ ショクヒン カコウ ソウチ ノ カイハツ ニ カンスル ケンキュウ.” 2017. Web. 23 Jan 2018.

Vancouver:

安田, 淳; ヤスダ . 水中衝撃波を用いた食品加工装置の開発に関する研究 : スイチュウ ショウゲキハ オ モチイタ ショクヒン カコウ ソウチ ノ カイハツ ニ カンスル ケンキュウ. [Internet] [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2017. [cited 2018 Jan 23]. Available from: http://hdl.handle.net/2298/38621.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

安田, 淳; ヤスダ . 水中衝撃波を用いた食品加工装置の開発に関する研究 : スイチュウ ショウゲキハ オ モチイタ ショクヒン カコウ ソウチ ノ カイハツ ニ カンスル ケンキュウ. [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/2298/38621

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

21. BUWONO, Haris Puspito. A Study on Catalytic NOx Reduction over Rh Supported on Metal Phosphates : キンゾク リンサンエン ニ タンジ シタ Rh ノ セッショク NOx カンゲン ニ カンスル ケンキュウ; 金属リン酸塩に担持したRhの接触NOx 還元に関する研究.

Degree: 博士(工学), 2017, Kumamoto University / 熊本大学

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

BUWONO, H. P. (2017). A Study on Catalytic NOx Reduction over Rh Supported on Metal Phosphates : キンゾク リンサンエン ニ タンジ シタ Rh ノ セッショク NOx カンゲン ニ カンスル ケンキュウ; 金属リン酸塩に担持したRhの接触NOx 還元に関する研究. (Thesis). Kumamoto University / 熊本大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2298/38622

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

BUWONO, Haris Puspito. “A Study on Catalytic NOx Reduction over Rh Supported on Metal Phosphates : キンゾク リンサンエン ニ タンジ シタ Rh ノ セッショク NOx カンゲン ニ カンスル ケンキュウ; 金属リン酸塩に担持したRhの接触NOx 還元に関する研究.” 2017. Thesis, Kumamoto University / 熊本大学. Accessed January 23, 2018. http://hdl.handle.net/2298/38622.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

BUWONO, Haris Puspito. “A Study on Catalytic NOx Reduction over Rh Supported on Metal Phosphates : キンゾク リンサンエン ニ タンジ シタ Rh ノ セッショク NOx カンゲン ニ カンスル ケンキュウ; 金属リン酸塩に担持したRhの接触NOx 還元に関する研究.” 2017. Web. 23 Jan 2018.

Vancouver:

BUWONO HP. A Study on Catalytic NOx Reduction over Rh Supported on Metal Phosphates : キンゾク リンサンエン ニ タンジ シタ Rh ノ セッショク NOx カンゲン ニ カンスル ケンキュウ; 金属リン酸塩に担持したRhの接触NOx 還元に関する研究. [Internet] [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2017. [cited 2018 Jan 23]. Available from: http://hdl.handle.net/2298/38622.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

BUWONO HP. A Study on Catalytic NOx Reduction over Rh Supported on Metal Phosphates : キンゾク リンサンエン ニ タンジ シタ Rh ノ セッショク NOx カンゲン ニ カンスル ケンキュウ; 金属リン酸塩に担持したRhの接触NOx 還元に関する研究. [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/2298/38622

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

22. ROBEL, Fataha Nur. Study on supramolecular hydrogel functionalized with nano-crosslinker : ナノ カキョウ タイ ニ ヨリ キノウ カ サレタ チョウ ブンシ ハイドロゲル ニ カンスル ケンキュウ; ナノ架橋体により機能化された超分子ハイドロゲルに関する研究.

Degree: 博士(学術), 2017, Kumamoto University / 熊本大学

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

ROBEL, F. N. (2017). Study on supramolecular hydrogel functionalized with nano-crosslinker : ナノ カキョウ タイ ニ ヨリ キノウ カ サレタ チョウ ブンシ ハイドロゲル ニ カンスル ケンキュウ; ナノ架橋体により機能化された超分子ハイドロゲルに関する研究. (Thesis). Kumamoto University / 熊本大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2298/38623

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

ROBEL, Fataha Nur. “Study on supramolecular hydrogel functionalized with nano-crosslinker : ナノ カキョウ タイ ニ ヨリ キノウ カ サレタ チョウ ブンシ ハイドロゲル ニ カンスル ケンキュウ; ナノ架橋体により機能化された超分子ハイドロゲルに関する研究.” 2017. Thesis, Kumamoto University / 熊本大学. Accessed January 23, 2018. http://hdl.handle.net/2298/38623.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

ROBEL, Fataha Nur. “Study on supramolecular hydrogel functionalized with nano-crosslinker : ナノ カキョウ タイ ニ ヨリ キノウ カ サレタ チョウ ブンシ ハイドロゲル ニ カンスル ケンキュウ; ナノ架橋体により機能化された超分子ハイドロゲルに関する研究.” 2017. Web. 23 Jan 2018.

Vancouver:

ROBEL FN. Study on supramolecular hydrogel functionalized with nano-crosslinker : ナノ カキョウ タイ ニ ヨリ キノウ カ サレタ チョウ ブンシ ハイドロゲル ニ カンスル ケンキュウ; ナノ架橋体により機能化された超分子ハイドロゲルに関する研究. [Internet] [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2017. [cited 2018 Jan 23]. Available from: http://hdl.handle.net/2298/38623.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

ROBEL FN. Study on supramolecular hydrogel functionalized with nano-crosslinker : ナノ カキョウ タイ ニ ヨリ キノウ カ サレタ チョウ ブンシ ハイドロゲル ニ カンスル ケンキュウ; ナノ架橋体により機能化された超分子ハイドロゲルに関する研究. [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/2298/38623

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

23. 杷野, 菜奈美; ハノ, ナナミ. ナノ粒子の自己集積化を利用したポリマー微粒子界面のμ構造の精密制御 : ナノ リュウシ ノ ジコ シュウセキ カ オ リヨウ シタ ポリマー ビリュウシ カイメン ノ μ コウゾウ ノ セイミツ セイギョ.

Degree: 博士(学術), 2017, Kumamoto University / 熊本大学

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

杷野, 菜奈美; ハノ, . (2017). ナノ粒子の自己集積化を利用したポリマー微粒子界面のμ構造の精密制御 : ナノ リュウシ ノ ジコ シュウセキ カ オ リヨウ シタ ポリマー ビリュウシ カイメン ノ μ コウゾウ ノ セイミツ セイギョ. (Thesis). Kumamoto University / 熊本大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2298/38641

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

杷野, 菜奈美; ハノ, ナナミ. “ナノ粒子の自己集積化を利用したポリマー微粒子界面のμ構造の精密制御 : ナノ リュウシ ノ ジコ シュウセキ カ オ リヨウ シタ ポリマー ビリュウシ カイメン ノ μ コウゾウ ノ セイミツ セイギョ.” 2017. Thesis, Kumamoto University / 熊本大学. Accessed January 23, 2018. http://hdl.handle.net/2298/38641.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

杷野, 菜奈美; ハノ, ナナミ. “ナノ粒子の自己集積化を利用したポリマー微粒子界面のμ構造の精密制御 : ナノ リュウシ ノ ジコ シュウセキ カ オ リヨウ シタ ポリマー ビリュウシ カイメン ノ μ コウゾウ ノ セイミツ セイギョ.” 2017. Web. 23 Jan 2018.

Vancouver:

杷野, 菜奈美; ハノ . ナノ粒子の自己集積化を利用したポリマー微粒子界面のμ構造の精密制御 : ナノ リュウシ ノ ジコ シュウセキ カ オ リヨウ シタ ポリマー ビリュウシ カイメン ノ μ コウゾウ ノ セイミツ セイギョ. [Internet] [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2017. [cited 2018 Jan 23]. Available from: http://hdl.handle.net/2298/38641.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

杷野, 菜奈美; ハノ . ナノ粒子の自己集積化を利用したポリマー微粒子界面のμ構造の精密制御 : ナノ リュウシ ノ ジコ シュウセキ カ オ リヨウ シタ ポリマー ビリュウシ カイメン ノ μ コウゾウ ノ セイミツ セイギョ. [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/2298/38641

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

24. 川村, 浩二; カワムラ, コウジ. エンドミルの微小切込み切削によるステンレス鋼の表面改質に関する研究 : エンドミル ノ ビショウ キリコミ セッサク ニ ヨル ステンレス コウ ノ ヒョウメン カイシツ ニ カンスル ケンキュウ.

Degree: 博士(工学), 2017, Kumamoto University / 熊本大学

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

川村, 浩二; カワムラ, . (2017). エンドミルの微小切込み切削によるステンレス鋼の表面改質に関する研究 : エンドミル ノ ビショウ キリコミ セッサク ニ ヨル ステンレス コウ ノ ヒョウメン カイシツ ニ カンスル ケンキュウ. (Thesis). Kumamoto University / 熊本大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2298/38642

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

川村, 浩二; カワムラ, コウジ. “エンドミルの微小切込み切削によるステンレス鋼の表面改質に関する研究 : エンドミル ノ ビショウ キリコミ セッサク ニ ヨル ステンレス コウ ノ ヒョウメン カイシツ ニ カンスル ケンキュウ.” 2017. Thesis, Kumamoto University / 熊本大学. Accessed January 23, 2018. http://hdl.handle.net/2298/38642.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

川村, 浩二; カワムラ, コウジ. “エンドミルの微小切込み切削によるステンレス鋼の表面改質に関する研究 : エンドミル ノ ビショウ キリコミ セッサク ニ ヨル ステンレス コウ ノ ヒョウメン カイシツ ニ カンスル ケンキュウ.” 2017. Web. 23 Jan 2018.

Vancouver:

川村, 浩二; カワムラ . エンドミルの微小切込み切削によるステンレス鋼の表面改質に関する研究 : エンドミル ノ ビショウ キリコミ セッサク ニ ヨル ステンレス コウ ノ ヒョウメン カイシツ ニ カンスル ケンキュウ. [Internet] [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2017. [cited 2018 Jan 23]. Available from: http://hdl.handle.net/2298/38642.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

川村, 浩二; カワムラ . エンドミルの微小切込み切削によるステンレス鋼の表面改質に関する研究 : エンドミル ノ ビショウ キリコミ セッサク ニ ヨル ステンレス コウ ノ ヒョウメン カイシツ ニ カンスル ケンキュウ. [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/2298/38642

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

25. 小田, 政子; オダ, マサコ. 気流閉塞と脈波伝播速度を用いた動脈硬化との関連 : キリュウ ヘイソク ト ミャクハ デンパ ソクド オ モチイタ ドウミャク コウカ ト ノ カンレン; Association between Airflow Limitation and Atherosclerosis by the Brachial-ankle Pulse Wave Velocity.

Degree: 博士(医学), 2016, Kumamoto University / 熊本大学

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

小田, 政子; オダ, . (2016). 気流閉塞と脈波伝播速度を用いた動脈硬化との関連 : キリュウ ヘイソク ト ミャクハ デンパ ソクド オ モチイタ ドウミャク コウカ ト ノ カンレン; Association between Airflow Limitation and Atherosclerosis by the Brachial-ankle Pulse Wave Velocity. (Thesis). Kumamoto University / 熊本大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2298/34603

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

小田, 政子; オダ, マサコ. “気流閉塞と脈波伝播速度を用いた動脈硬化との関連 : キリュウ ヘイソク ト ミャクハ デンパ ソクド オ モチイタ ドウミャク コウカ ト ノ カンレン; Association between Airflow Limitation and Atherosclerosis by the Brachial-ankle Pulse Wave Velocity.” 2016. Thesis, Kumamoto University / 熊本大学. Accessed January 23, 2018. http://hdl.handle.net/2298/34603.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

小田, 政子; オダ, マサコ. “気流閉塞と脈波伝播速度を用いた動脈硬化との関連 : キリュウ ヘイソク ト ミャクハ デンパ ソクド オ モチイタ ドウミャク コウカ ト ノ カンレン; Association between Airflow Limitation and Atherosclerosis by the Brachial-ankle Pulse Wave Velocity.” 2016. Web. 23 Jan 2018.

Vancouver:

小田, 政子; オダ . 気流閉塞と脈波伝播速度を用いた動脈硬化との関連 : キリュウ ヘイソク ト ミャクハ デンパ ソクド オ モチイタ ドウミャク コウカ ト ノ カンレン; Association between Airflow Limitation and Atherosclerosis by the Brachial-ankle Pulse Wave Velocity. [Internet] [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2016. [cited 2018 Jan 23]. Available from: http://hdl.handle.net/2298/34603.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

小田, 政子; オダ . 気流閉塞と脈波伝播速度を用いた動脈硬化との関連 : キリュウ ヘイソク ト ミャクハ デンパ ソクド オ モチイタ ドウミャク コウカ ト ノ カンレン; Association between Airflow Limitation and Atherosclerosis by the Brachial-ankle Pulse Wave Velocity. [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/2298/34603

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

26. 値賀, 正彦; チガ, マサヒコ. ウォルフ管に依存したミュラー管の伸長制御機構の検討 : ウィルフカン ニ イゾン シタ ミュラーカン ノ シンチョウ セイギョ キコウ ノ ケントウ; Regulation of Mullerian duct elongation by preformed Wolffian duct.

Degree: 博士(医学), 2016, Kumamoto University / 熊本大学

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

値賀, 正彦; チガ, . (2016). ウォルフ管に依存したミュラー管の伸長制御機構の検討 : ウィルフカン ニ イゾン シタ ミュラーカン ノ シンチョウ セイギョ キコウ ノ ケントウ; Regulation of Mullerian duct elongation by preformed Wolffian duct. (Thesis). Kumamoto University / 熊本大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2298/34623

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

値賀, 正彦; チガ, マサヒコ. “ウォルフ管に依存したミュラー管の伸長制御機構の検討 : ウィルフカン ニ イゾン シタ ミュラーカン ノ シンチョウ セイギョ キコウ ノ ケントウ; Regulation of Mullerian duct elongation by preformed Wolffian duct.” 2016. Thesis, Kumamoto University / 熊本大学. Accessed January 23, 2018. http://hdl.handle.net/2298/34623.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

値賀, 正彦; チガ, マサヒコ. “ウォルフ管に依存したミュラー管の伸長制御機構の検討 : ウィルフカン ニ イゾン シタ ミュラーカン ノ シンチョウ セイギョ キコウ ノ ケントウ; Regulation of Mullerian duct elongation by preformed Wolffian duct.” 2016. Web. 23 Jan 2018.

Vancouver:

値賀, 正彦; チガ . ウォルフ管に依存したミュラー管の伸長制御機構の検討 : ウィルフカン ニ イゾン シタ ミュラーカン ノ シンチョウ セイギョ キコウ ノ ケントウ; Regulation of Mullerian duct elongation by preformed Wolffian duct. [Internet] [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2016. [cited 2018 Jan 23]. Available from: http://hdl.handle.net/2298/34623.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

値賀, 正彦; チガ . ウォルフ管に依存したミュラー管の伸長制御機構の検討 : ウィルフカン ニ イゾン シタ ミュラーカン ノ シンチョウ セイギョ キコウ ノ ケントウ; Regulation of Mullerian duct elongation by preformed Wolffian duct. [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/2298/34623

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

27. 松森, はるか; マツモリ, ハルカ. コンピューター形態解析で明らかになった核小体の構造機能の維持機構 : コンピューター ケイタイ カイセキ デ アキラカ ニ ナッタ カクショウタイ ノ コウゾウ キノウ ノ イジ キコウ; Computational image analysis revealed the maintenance mechanism of the nucleolar structure and function.

Degree: 博士(医学), 2016, Kumamoto University / 熊本大学

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

松森, はるか; マツモリ, . (2016). コンピューター形態解析で明らかになった核小体の構造機能の維持機構 : コンピューター ケイタイ カイセキ デ アキラカ ニ ナッタ カクショウタイ ノ コウゾウ キノウ ノ イジ キコウ; Computational image analysis revealed the maintenance mechanism of the nucleolar structure and function. (Thesis). Kumamoto University / 熊本大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2298/34631

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

松森, はるか; マツモリ, ハルカ. “コンピューター形態解析で明らかになった核小体の構造機能の維持機構 : コンピューター ケイタイ カイセキ デ アキラカ ニ ナッタ カクショウタイ ノ コウゾウ キノウ ノ イジ キコウ; Computational image analysis revealed the maintenance mechanism of the nucleolar structure and function.” 2016. Thesis, Kumamoto University / 熊本大学. Accessed January 23, 2018. http://hdl.handle.net/2298/34631.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

松森, はるか; マツモリ, ハルカ. “コンピューター形態解析で明らかになった核小体の構造機能の維持機構 : コンピューター ケイタイ カイセキ デ アキラカ ニ ナッタ カクショウタイ ノ コウゾウ キノウ ノ イジ キコウ; Computational image analysis revealed the maintenance mechanism of the nucleolar structure and function.” 2016. Web. 23 Jan 2018.

Vancouver:

松森, はるか; マツモリ . コンピューター形態解析で明らかになった核小体の構造機能の維持機構 : コンピューター ケイタイ カイセキ デ アキラカ ニ ナッタ カクショウタイ ノ コウゾウ キノウ ノ イジ キコウ; Computational image analysis revealed the maintenance mechanism of the nucleolar structure and function. [Internet] [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2016. [cited 2018 Jan 23]. Available from: http://hdl.handle.net/2298/34631.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

松森, はるか; マツモリ . コンピューター形態解析で明らかになった核小体の構造機能の維持機構 : コンピューター ケイタイ カイセキ デ アキラカ ニ ナッタ カクショウタイ ノ コウゾウ キノウ ノ イジ キコウ; Computational image analysis revealed the maintenance mechanism of the nucleolar structure and function. [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/2298/34631

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

28. 林田, 英里; ハヤシダ, エリ. Clinical and fundamental studies of 320-row detector CT scanner for the preoperative evaluation of intracranial lesions : ズガイナイ ビョウヘン ノ ジュツマエ ヒョウカ ニ オケル 320レツ CT ソウチ ノ ユウヨウセイ ノ リンショウテキ オヨビ キソテキ ケンキュウ; 頭蓋内病変の術前評価における320列CT装置の有用性の臨床的および基礎的研究.

Degree: 博士(医学), 2016, Kumamoto University / 熊本大学

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

林田, 英里; ハヤシダ, . (2016). Clinical and fundamental studies of 320-row detector CT scanner for the preoperative evaluation of intracranial lesions : ズガイナイ ビョウヘン ノ ジュツマエ ヒョウカ ニ オケル 320レツ CT ソウチ ノ ユウヨウセイ ノ リンショウテキ オヨビ キソテキ ケンキュウ; 頭蓋内病変の術前評価における320列CT装置の有用性の臨床的および基礎的研究. (Thesis). Kumamoto University / 熊本大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2298/34632

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

林田, 英里; ハヤシダ, エリ. “Clinical and fundamental studies of 320-row detector CT scanner for the preoperative evaluation of intracranial lesions : ズガイナイ ビョウヘン ノ ジュツマエ ヒョウカ ニ オケル 320レツ CT ソウチ ノ ユウヨウセイ ノ リンショウテキ オヨビ キソテキ ケンキュウ; 頭蓋内病変の術前評価における320列CT装置の有用性の臨床的および基礎的研究.” 2016. Thesis, Kumamoto University / 熊本大学. Accessed January 23, 2018. http://hdl.handle.net/2298/34632.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

林田, 英里; ハヤシダ, エリ. “Clinical and fundamental studies of 320-row detector CT scanner for the preoperative evaluation of intracranial lesions : ズガイナイ ビョウヘン ノ ジュツマエ ヒョウカ ニ オケル 320レツ CT ソウチ ノ ユウヨウセイ ノ リンショウテキ オヨビ キソテキ ケンキュウ; 頭蓋内病変の術前評価における320列CT装置の有用性の臨床的および基礎的研究.” 2016. Web. 23 Jan 2018.

Vancouver:

林田, 英里; ハヤシダ . Clinical and fundamental studies of 320-row detector CT scanner for the preoperative evaluation of intracranial lesions : ズガイナイ ビョウヘン ノ ジュツマエ ヒョウカ ニ オケル 320レツ CT ソウチ ノ ユウヨウセイ ノ リンショウテキ オヨビ キソテキ ケンキュウ; 頭蓋内病変の術前評価における320列CT装置の有用性の臨床的および基礎的研究. [Internet] [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2016. [cited 2018 Jan 23]. Available from: http://hdl.handle.net/2298/34632.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

林田, 英里; ハヤシダ . Clinical and fundamental studies of 320-row detector CT scanner for the preoperative evaluation of intracranial lesions : ズガイナイ ビョウヘン ノ ジュツマエ ヒョウカ ニ オケル 320レツ CT ソウチ ノ ユウヨウセイ ノ リンショウテキ オヨビ キソテキ ケンキュウ; 頭蓋内病変の術前評価における320列CT装置の有用性の臨床的および基礎的研究. [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/2298/34632

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

29. 柏木, 宏子; カシワギ, ヒロコ. 重大な暴力の既往がある統合失調症罹患者の心理社会的背景ならびに認知機能の特徴について : ジュウダイ ナ ボウリョク ノ キオウ ガ アル トウゴウ シッチョウショウ リカンジャ ノ シンリ シャカイテキ ハイケイ ナラビ ニ ニンチ キノウ ノ トクチョウ ニ ツイテ; Psychosocial backgrounds and Neurocognitive Features in Schizophrenic Patients with Serious Violence.

Degree: 博士(医学), 2016, Kumamoto University / 熊本大学

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

柏木, 宏子; カシワギ, . (2016). 重大な暴力の既往がある統合失調症罹患者の心理社会的背景ならびに認知機能の特徴について : ジュウダイ ナ ボウリョク ノ キオウ ガ アル トウゴウ シッチョウショウ リカンジャ ノ シンリ シャカイテキ ハイケイ ナラビ ニ ニンチ キノウ ノ トクチョウ ニ ツイテ; Psychosocial backgrounds and Neurocognitive Features in Schizophrenic Patients with Serious Violence. (Thesis). Kumamoto University / 熊本大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2298/34646

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

柏木, 宏子; カシワギ, ヒロコ. “重大な暴力の既往がある統合失調症罹患者の心理社会的背景ならびに認知機能の特徴について : ジュウダイ ナ ボウリョク ノ キオウ ガ アル トウゴウ シッチョウショウ リカンジャ ノ シンリ シャカイテキ ハイケイ ナラビ ニ ニンチ キノウ ノ トクチョウ ニ ツイテ; Psychosocial backgrounds and Neurocognitive Features in Schizophrenic Patients with Serious Violence.” 2016. Thesis, Kumamoto University / 熊本大学. Accessed January 23, 2018. http://hdl.handle.net/2298/34646.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

柏木, 宏子; カシワギ, ヒロコ. “重大な暴力の既往がある統合失調症罹患者の心理社会的背景ならびに認知機能の特徴について : ジュウダイ ナ ボウリョク ノ キオウ ガ アル トウゴウ シッチョウショウ リカンジャ ノ シンリ シャカイテキ ハイケイ ナラビ ニ ニンチ キノウ ノ トクチョウ ニ ツイテ; Psychosocial backgrounds and Neurocognitive Features in Schizophrenic Patients with Serious Violence.” 2016. Web. 23 Jan 2018.

Vancouver:

柏木, 宏子; カシワギ . 重大な暴力の既往がある統合失調症罹患者の心理社会的背景ならびに認知機能の特徴について : ジュウダイ ナ ボウリョク ノ キオウ ガ アル トウゴウ シッチョウショウ リカンジャ ノ シンリ シャカイテキ ハイケイ ナラビ ニ ニンチ キノウ ノ トクチョウ ニ ツイテ; Psychosocial backgrounds and Neurocognitive Features in Schizophrenic Patients with Serious Violence. [Internet] [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2016. [cited 2018 Jan 23]. Available from: http://hdl.handle.net/2298/34646.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

柏木, 宏子; カシワギ . 重大な暴力の既往がある統合失調症罹患者の心理社会的背景ならびに認知機能の特徴について : ジュウダイ ナ ボウリョク ノ キオウ ガ アル トウゴウ シッチョウショウ リカンジャ ノ シンリ シャカイテキ ハイケイ ナラビ ニ ニンチ キノウ ノ トクチョウ ニ ツイテ; Psychosocial backgrounds and Neurocognitive Features in Schizophrenic Patients with Serious Violence. [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/2298/34646

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

30. Achaejee Uzzal Kumar; アシャルジョ ウッジャル クマール. The expression analysis of Tsukushi during the chick somitogenisis : ニワトリ ハイ タイセツ ケイセイ ジ ニ オケル Tsukushi ノ ハツゲン カイセキ; ニワトリ胚体節形成時におけるTsukushiの発現解析.

Degree: 博士(生命科学), 2016, Kumamoto University / 熊本大学

Page 1 Page 2 Page 3

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

クマール, A. U. K. . . (2016). The expression analysis of Tsukushi during the chick somitogenisis : ニワトリ ハイ タイセツ ケイセイ ジ ニ オケル Tsukushi ノ ハツゲン カイセキ; ニワトリ胚体節形成時におけるTsukushiの発現解析. (Thesis). Kumamoto University / 熊本大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/2298/34661

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

クマール, Achaejee Uzzal Kumar; アシャルジョ ウッジャル. “The expression analysis of Tsukushi during the chick somitogenisis : ニワトリ ハイ タイセツ ケイセイ ジ ニ オケル Tsukushi ノ ハツゲン カイセキ; ニワトリ胚体節形成時におけるTsukushiの発現解析.” 2016. Thesis, Kumamoto University / 熊本大学. Accessed January 23, 2018. http://hdl.handle.net/2298/34661.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

クマール, Achaejee Uzzal Kumar; アシャルジョ ウッジャル. “The expression analysis of Tsukushi during the chick somitogenisis : ニワトリ ハイ タイセツ ケイセイ ジ ニ オケル Tsukushi ノ ハツゲン カイセキ; ニワトリ胚体節形成時におけるTsukushiの発現解析.” 2016. Web. 23 Jan 2018.

Vancouver:

クマール AUK. The expression analysis of Tsukushi during the chick somitogenisis : ニワトリ ハイ タイセツ ケイセイ ジ ニ オケル Tsukushi ノ ハツゲン カイセキ; ニワトリ胚体節形成時におけるTsukushiの発現解析. [Internet] [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2016. [cited 2018 Jan 23]. Available from: http://hdl.handle.net/2298/34661.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

クマール AUK. The expression analysis of Tsukushi during the chick somitogenisis : ニワトリ ハイ タイセツ ケイセイ ジ ニ オケル Tsukushi ノ ハツゲン カイセキ; ニワトリ胚体節形成時におけるTsukushiの発現解析. [Thesis]. Kumamoto University / 熊本大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/2298/34661

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

[1] [2] [3] [4] [5] … [62]

.