Advanced search options

Advanced Search Options 🞨

Browse by author name (“Author name starts with…”).

Find ETDs with:

in
/  
in
/  
in
/  
in

Written in Published in Earliest date Latest date

Sorted by

Results per page:

Sorted by: relevance · author · university · dateNew search

You searched for publisher:"Konan University". Showing records 1 – 30 of 32 total matches.

[1] [2]

Search Limiters

Last 2 Years | English Only

No search limiters apply to these results.

▼ Search Limiters

1. 石井, 宏和. Studies on the intracellular transport system for maternal factors in the ascidian egg : Studies on the intracellular transport system for maternal factors in the ascidian egg; ホヤ卵における母性因子細胞内輸送システムに関する研究.

Degree: 博士(理工学), 2014, Konan University / 甲南大学

ホヤ卵は典型的なモザイク卵として知られ、受精直後から第一卵割直前までの間に、卵細胞質ドメインが、大きくその局在パターンを変える細胞質再配置が起こる。これは、ひとつの細胞内物質輸送システムであり、種々の母性因子が発生運命地図に対応した卵領域へと輸送される。このホヤ母性因子の細胞内物質輸送システムでは、これまでにない新規で特徴的な輸送メカニズムが働いている可能性があるが、その分子メカニズムはほとんど明らかにされていない。そこで本研究では、ホヤ卵細胞質再配置のメカニズムを解明し、細胞内物質輸送の新たなメカニズムと概念を明らかにすることを目的とした。 まず私は、細胞質再配置メカニズムへの関与が期待されるホヤ母性タンパク質p58の分子的実体がF0F1-ATPaseのαサブユニット(ATPα)と同一あることを明らかにした。一般的に、F0F1-ATPaseはミトコンドリア内膜に局在してATPを産生するタンパク質複合体として知られている。しかし、ホヤ卵ではF0F1-ATPaseのαおよびβサブユニットだけが、ミトコンドリア外のマイオプラズム表層領域に局在し、ミトコンドリア内とは異なる構成の複合体を形成して細胞骨格と結合していた。この新規な複合体をexo-ATPα/βと名付けた。 さらに、ミトコンドリア呼吸鎖阻害剤として知られるsodium azide (NaN3)が、微小管依存的な第二細胞質再配置を阻害することを明らかにした。別の呼吸鎖阻害剤であるoligomycinには同様の阻害効果が見受けられず、NaN3が呼吸鎖以外の分子を阻害したことがわかった。また、NaN3が卵割期胚におけるspindle midzoneの形成やspindle orientationといったspindle dynamicsに関わる微小管依存的メカニズムも阻害することがわかった。Spindle dynamicsに対する同様な阻害効果は、ウニ胚やヒト培養細胞においても見受けられ、NaN3が異なる動物種間で保存されている分子をターゲットにして、微小管依存的な共通メカニズムを阻害していることが示唆された。 本研究で明らかにしたexo-ATPα/βの存在は、常識的なミトコンドリア内膜のF0F1-ATPaseに対する理解を根底から覆し、細胞生物学をはじめとした様々な分野に多大なインパクトを与えるものである。さらに、今後のexo-ATPα/βの構成分子および機能解析とNaN3のターゲット分子の同定は、細胞内物質輸送の新たなメカニズムを明らかにするだけでなく、細胞分裂におけるspindle dynamicsの解明という新たなテーマにも発展する可能性を持っている。

平成25年度(2013年度)

Subjects/Keywords: ascidian; ATP synthase; maternal factor; microtubule; myoplasm; intracellular transport; sodium azide

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

石井, . (2014). Studies on the intracellular transport system for maternal factors in the ascidian egg : Studies on the intracellular transport system for maternal factors in the ascidian egg; ホヤ卵における母性因子細胞内輸送システムに関する研究. (Thesis). Konan University / 甲南大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1260/00000005/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00000005

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

石井, 宏和. “Studies on the intracellular transport system for maternal factors in the ascidian egg : Studies on the intracellular transport system for maternal factors in the ascidian egg; ホヤ卵における母性因子細胞内輸送システムに関する研究.” 2014. Thesis, Konan University / 甲南大学. Accessed November 20, 2017. http://id.nii.ac.jp/1260/00000005/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00000005.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

石井, 宏和. “Studies on the intracellular transport system for maternal factors in the ascidian egg : Studies on the intracellular transport system for maternal factors in the ascidian egg; ホヤ卵における母性因子細胞内輸送システムに関する研究.” 2014. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

石井 . Studies on the intracellular transport system for maternal factors in the ascidian egg : Studies on the intracellular transport system for maternal factors in the ascidian egg; ホヤ卵における母性因子細胞内輸送システムに関する研究. [Internet] [Thesis]. Konan University / 甲南大学; 2014. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1260/00000005/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00000005.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

石井 . Studies on the intracellular transport system for maternal factors in the ascidian egg : Studies on the intracellular transport system for maternal factors in the ascidian egg; ホヤ卵における母性因子細胞内輸送システムに関する研究. [Thesis]. Konan University / 甲南大学; 2014. Available from: http://id.nii.ac.jp/1260/00000005/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00000005

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

2. 夜久, 英信. Development of Cancer Therapeutics and Diagnostics Targeting Telomere and Telomerase : Development of Cancer Therapeutics and Diagnostics Targeting Telomere and Telomerase; テロメア及びテロメラーゼを標的としたがん治療法及びがん診断法の開発.

Degree: 博士(理工学), 2015, Konan University / 甲南大学

テロメラーゼによるテロメアDNA伸長反応(テロメラーゼ反応)は細胞のがん化を導く。そこで本研究では、テロメラーゼ反応の阻害によるがん治療法及び、 テロメラーゼ活性測定を介したがん診断法の開発を行った。1.がん治療法の開発:テロメアDNAにより形成されるG-quadruplex構造に結合するリガンドは、テロメラーゼ反応を阻害することが知られている。しかし従来のG-quadruplexリガンドの多くは、細胞内では染色体二本鎖DNAとも非特異的に結合するため、競合的にG-quadruplexへの結合が阻害される。さらに最近、細胞内の分子クラウディング(Molecular Crowding:MC)環境による水の活量低下も、G-quadruplexリガンドの結合を阻害することが報告された。そこでこれら阻害要因に対するG-quadruplexリガンドの官能基、中心金属、π平面の大きさの影響について系統的に解析した。その結果、アニオン性官能基を有するフタロシアニンは、 二本鎖DNAとは静電的に反発するため、G-quadruplexへの特異性が高いことが見出された。さらにアニオン性フタロシアニンはG-quadruplexに結合する際に水分子を取り込まないため、水の活量低下によるG-quadruplexへの結合阻害が生じないことが示された。そのためアニオン性フタロシアニンは、大量の二本鎖DNA存在下 及びMC条件下においてもテロメラーゼ反応を効率よく阻害することが示された。以上の結果は、アニオン性フタロシアニンが細胞核内においても効率よくテロメアDNAのG-quadruplexに結合し、テロメラーゼ反応を阻害することを示唆している。2.がん診断法の開発:従来のテロメラーゼ活性測定技術は、テロメラーゼ反応とPolymerase Chain Reaction(PCR)を組み合わせた手法である。そのため生体試料中のPCR阻害分子によって擬陰性結果が生じることがあった。そこで本研究では、テロメラーゼ反応後の反応産物を磁性ビーズ上に固定化、洗浄することで、PCR阻害分子を取り除く手法を開発した。さらにその後に行うPCRの産物をサイクリングプローブ法によって高感度に検出する方法を開発した。その結果、これらの手法を組み合わせることによってPCR阻害分子である胆汁酸、ビリルビン、ヘモグロビン存在下においても、阻害の影響を受けることなくがん細胞中のテロメラーゼ活性を測定できることが示された。また、検出感度50細胞という非常に高い感度でがん細胞を検出できることが示された。

平成25年度(2013年度)

Subjects/Keywords: Telomere; Telomerase; Cancer therapeutics; Cancer diagnostics; Anionic phthalocyanine; Cell-nuclei mimicking condition; Molecuar crowding; PCR inhibitor; Cycling probe technology; Telomere; Telomerase; Cancer therapeutics; Cancer diagnostics; Anionic phthalocyanine; Cell-nuclei mimicking condition; Molecuar crowding; PCR inhibitor; Cycling probe technology

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

夜久, . (2015). Development of Cancer Therapeutics and Diagnostics Targeting Telomere and Telomerase : Development of Cancer Therapeutics and Diagnostics Targeting Telomere and Telomerase; テロメア及びテロメラーゼを標的としたがん治療法及びがん診断法の開発. (Thesis). Konan University / 甲南大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1260/00000020/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00000020

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

夜久, 英信. “Development of Cancer Therapeutics and Diagnostics Targeting Telomere and Telomerase : Development of Cancer Therapeutics and Diagnostics Targeting Telomere and Telomerase; テロメア及びテロメラーゼを標的としたがん治療法及びがん診断法の開発.” 2015. Thesis, Konan University / 甲南大学. Accessed November 20, 2017. http://id.nii.ac.jp/1260/00000020/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00000020.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

夜久, 英信. “Development of Cancer Therapeutics and Diagnostics Targeting Telomere and Telomerase : Development of Cancer Therapeutics and Diagnostics Targeting Telomere and Telomerase; テロメア及びテロメラーゼを標的としたがん治療法及びがん診断法の開発.” 2015. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

夜久 . Development of Cancer Therapeutics and Diagnostics Targeting Telomere and Telomerase : Development of Cancer Therapeutics and Diagnostics Targeting Telomere and Telomerase; テロメア及びテロメラーゼを標的としたがん治療法及びがん診断法の開発. [Internet] [Thesis]. Konan University / 甲南大学; 2015. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1260/00000020/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00000020.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

夜久 . Development of Cancer Therapeutics and Diagnostics Targeting Telomere and Telomerase : Development of Cancer Therapeutics and Diagnostics Targeting Telomere and Telomerase; テロメア及びテロメラーゼを標的としたがん治療法及びがん診断法の開発. [Thesis]. Konan University / 甲南大学; 2015. Available from: http://id.nii.ac.jp/1260/00000020/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00000020

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

3. 平山, 賢二. 経営管理におけるKPIプールを活用した業務プロセス改革に関する研究.

Degree: 博士(経営学), 2015, Konan University / 甲南大学

本論文は、経営管理に役立つ業務プロセス改革を効率的かつ効果的に進めるために、①業務レベルの課題として、効率的かつ効果的な現状業務の可視化、②管理レベルの課題として、業務プロセス改革に最適なKPI(Key Performance Indicator:重要業績指標)の設定、③戦略レベルの課題として、戦略・戦術にひもづいた業務プロセス改革対象業務の抽出の3つに分けて探究し、それぞれに新手法を考案した上で、実務での適用効果を確認したものである。第1章では、本研究の目的とフレームワークを明確にしている。すなわち、業務レベル、管理レベル、および、戦略レベルにおける業務プロセス改革の課題を整理し、課題解決の考え方と新手法について考察し、実務での適用と結論に至る筋道を示している。第2章では、業務機能の可視化について考察している。すなわち、加工組立型製造業の業務機能調査表を基にして、自己チェックで現状業務を可視化する新手法「業務機能プール」を考案し、その詳細について検討している。さらに、「業務機能プール」で可視化された現状業務を、業務フローで表現する新手法「Stream+」を考案し、その詳細についても検討している。新手法を実際に製造業の国内業務、および、海外生産拠点における業務プロセス改革プロジェクトに適用し、いずれも効率的かつ効果的に活用できることを確認している。第3章では、最適なKPIの設定について考察している。まず、多くの業務プロセス改革事例から1,187のKPIを収集整理している。つぎに、KPIの設定を支援する新手法「KPIプール」を考案し、その詳細について検討している。さらに、「KPIプール」を実際に業務プロセス改革プロジェクトで適用し、経営管理の改善に役立つKPIを抽出できることを提示している。第4章では、戦略・戦術に役立つ業務プロセス改革について考察している。まず、「KPIプール」の改修を行っている。つぎに、「業務機能プール」と「KPIプール」を使って、戦略・戦術と業務プロセス改革対象の業務機能候補およびKPI候補を同時に抽出できる新手法「戦略展開フロー」を考案し、その詳細について検討している。さらに、「戦略展開フロー」を業務プロセス改革研修に適用しその効果を検証した上で、中堅機械製造企業の経営計画策定に実際に適用し、その効果を確認している。第5章では、本論文の結びとして、本論文の発見事実と貢献、今後の研究の展望について取りまとめられている。

平成26年(2014年度)

Subjects/Keywords: 経営管理; KPI; 業務プロセス改革

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

平山, . (2015). 経営管理におけるKPIプールを活用した業務プロセス改革に関する研究. (Thesis). Konan University / 甲南大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1260/00001543/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00001543

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

平山, 賢二. “経営管理におけるKPIプールを活用した業務プロセス改革に関する研究.” 2015. Thesis, Konan University / 甲南大学. Accessed November 20, 2017. http://id.nii.ac.jp/1260/00001543/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00001543.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

平山, 賢二. “経営管理におけるKPIプールを活用した業務プロセス改革に関する研究.” 2015. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

平山 . 経営管理におけるKPIプールを活用した業務プロセス改革に関する研究. [Internet] [Thesis]. Konan University / 甲南大学; 2015. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1260/00001543/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00001543.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

平山 . 経営管理におけるKPIプールを活用した業務プロセス改革に関する研究. [Thesis]. Konan University / 甲南大学; 2015. Available from: http://id.nii.ac.jp/1260/00001543/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00001543

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

4. 柴田, 三四郎. Random Walks in Relativistic Flow and Its Application to Gamma-Ray Bursts : Random Walks in Relativistic Flow and Its Application to Gamma-Ray Bursts; 相対論的流体中でのランダムウォークとそのガンマ線バーストへの応用.

Degree: 博士(理学), 2015, Konan University / 甲南大学

ガンマ線バーストは約1051ergもの膨大なエネルギーがわずか10秒程度の間に主にガンマ線として放射されるという、宇宙でも最も活発な天体の一つである。数々の観測結果からこの現象はローレンツ因子が100を超えるような超相対論的なジェットと呼ばれるガスの流れに起因しているという事が分かっている。しかしながら、具体的な放射メカニズムについては未だ解明されていない。これまで相対論的ジェット中の内部衝撃波からのシンクロトロン放射が有力とされてきたものの、近年シンクロトロン放射では説明が困難な観測データが提出され、ガンマ線バーストの放射メカニズムの候補として超相対論的なジェットからの熱的な放射が注目されている。それを定量的に調べるには、複雑なジェットの内部構造とジェット中での熱的光子の輸送の両方を考慮に入れた計算が必要不可欠であるが、そのような計算は未だなされていなかった。特に熱的光子の輸送を計算する際には、それらがジェット中のどこで生成されたかを見積もる必要があり、その為に必要となる相対論的流体中での有効光学的深さに対する表式はこれまで得られていなかった。本博士論文では、相対論的ビーミング効果や光学的深さの角度依存性等の相対論的効果を考慮に入れ相対論的流体中での光子のランダムウォーク過程を調べ、相対論的流体中での光子の散乱回数に対する解析的な式や、有効光学的深さに対する相対論的な解析的表式を導出した。その結果、有効光学的深さは、物質が静止しておりかつ散乱が支配的な場合には散乱に対する光学的深さと吸収に対する光学的深さの幾何平均となるが、相対論的流体中では吸収に対する光学的深さに比例するという事が分かった。また、求められた散乱回数に対する解析的な式とモンテカルロ法に基づいた光子の輸送計算との比較によって、解析的な式が正しく散乱回数を導くことを確認した。更に、得られた解析的表式を流体力学計算により得られた相対論的ジェット中での光子輸送計算に実際に適用し、ガンマ線バーストを引き起こす相対論的ジェット中で熱的光子が生成される場所を見積もった。この結果を用いて、ガンマ線バーストジェット中での熱的光子の輸送に対する数値シミュレーションを行い、最終的に観測されるエネルギースペクトルを導出した。その結果、観測されるスペクトルは従来議論されているようなプランク分布ではなく、より幅の広いスペクトルとなり、経験的にガンマ線バーストのスペクトルを上手くフィット出来る事が知られているバンド関数として観測される可能性がある事が分かった。

平成26年度(2014年度)

Subjects/Keywords: ガンマ線バースト; 輻射輸送

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

柴田, . (2015). Random Walks in Relativistic Flow and Its Application to Gamma-Ray Bursts : Random Walks in Relativistic Flow and Its Application to Gamma-Ray Bursts; 相対論的流体中でのランダムウォークとそのガンマ線バーストへの応用. (Thesis). Konan University / 甲南大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1260/00001544/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00001544

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

柴田, 三四郎. “Random Walks in Relativistic Flow and Its Application to Gamma-Ray Bursts : Random Walks in Relativistic Flow and Its Application to Gamma-Ray Bursts; 相対論的流体中でのランダムウォークとそのガンマ線バーストへの応用.” 2015. Thesis, Konan University / 甲南大学. Accessed November 20, 2017. http://id.nii.ac.jp/1260/00001544/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00001544.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

柴田, 三四郎. “Random Walks in Relativistic Flow and Its Application to Gamma-Ray Bursts : Random Walks in Relativistic Flow and Its Application to Gamma-Ray Bursts; 相対論的流体中でのランダムウォークとそのガンマ線バーストへの応用.” 2015. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

柴田 . Random Walks in Relativistic Flow and Its Application to Gamma-Ray Bursts : Random Walks in Relativistic Flow and Its Application to Gamma-Ray Bursts; 相対論的流体中でのランダムウォークとそのガンマ線バーストへの応用. [Internet] [Thesis]. Konan University / 甲南大学; 2015. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1260/00001544/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00001544.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

柴田 . Random Walks in Relativistic Flow and Its Application to Gamma-Ray Bursts : Random Walks in Relativistic Flow and Its Application to Gamma-Ray Bursts; 相対論的流体中でのランダムウォークとそのガンマ線バーストへの応用. [Thesis]. Konan University / 甲南大学; 2015. Available from: http://id.nii.ac.jp/1260/00001544/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00001544

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

5. 大道, 裕. メダカをモデルとした細胞型特異的遺伝子制御機構に関する研究 : Studies on the mechanisms of cell type-specific gene regulation using medaka as a simple vertebrate.

Degree: 博士(理学), 2015, Konan University / 甲南大学

一つの個体を構成する同じゲノム情報をもつ細胞が,異なる個性を獲得する過程で中心的な役割を果たすのは,細胞によって特異的な遺伝子群を発現するメカニズムである。多くの生物のゲノムDNA配列が解明された現在においても,細胞によって異なる遺伝情報が読み出されるメカニズムは,依然として大きな謎である。近年,遺伝子制御研究のモデル生物として注目され,研究が盛んになってきた生物として,脊椎動物と同じ脊索動物門に属する海産動物のホヤがある。ホヤのオタマジャクシ幼生は,約3000と少数の細胞からなるにも関わらず,脊椎動物と共通のボディープランをもっている。胚発生が体外で進行し,胚が透明ですべての細胞を顕微鏡下で観察することが可能で,個体レベルの遺伝子機能操作も容易である。さらにゲノムサイズが小さく,シス調節配列の発見や解析が容易であるという利点もある。ホヤはモデル脊索動物としてさまざまな利点があるが,その一方で,特殊化する方向へ進化してきた生物であり,脊椎動物とのさまざまな相違点も存在する。ホヤと同様な研究モデルとしての利点をもちながら,脊椎動物に特有の性質も備えたシンプルなモデルとして注目されているのが,ゼブラフィッシュやメダカなどの小型魚類である。とくにメダカは,ゲノムサイズがゼブラフィッシュの半分であり,シス調節領域のゲノムレベルおよび個体レベルの解析に優れた特徴を備えている。 本研究では,メダカを個体レベルで細胞特異的な遺伝子発現制御機構を解析するためのモデル脊椎動物ととらえ,メダカを用いて新奇現象あるいはあらたに発見された分子の普遍性を明らかにすることを目指した。まず,ホヤを用いて発見された,細胞特異的な転写制御が関わる2つの現象について,その普遍性をメダカを用いて調べた。一つは,生殖腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)の非生殖現象における新奇役割の可能性である。もう一つの現象は,ホヤ胚を用いて見いだされた背腹軸に沿った遺伝子発現制御と遺伝子配置およびクロマチンレベルの遺伝子発現制御機構である。メダカを用いて,細胞特異的なシス調節領域を同定し,個体レベルでその活性を解析することにより,ホヤでみいだされたこれらの新奇現象が,脊椎動物にもあてはまる普遍的なものであることを示した。さらに,脊椎動物に特異的な細胞の個性化を伴う現象として,網膜における視細胞の多様性形成機構に注目し,メダカを用いた解析を行った。網膜視細胞の個性化に関わる分子機構として,錐体オプシン遺伝子とシス制御領域を共有する2つのmicroRNAを発見し,転写後調節と転写制御が共役することによる,視細胞の個性化に関わる新しい調節メカニズムを提唱した。

平成26年(2014年度)

Subjects/Keywords: gene regulation; development; medaka; photoreceptor; miRNA

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

大道, . (2015). メダカをモデルとした細胞型特異的遺伝子制御機構に関する研究 : Studies on the mechanisms of cell type-specific gene regulation using medaka as a simple vertebrate. (Thesis). Konan University / 甲南大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1260/00001546/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00001546

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

大道, 裕. “メダカをモデルとした細胞型特異的遺伝子制御機構に関する研究 : Studies on the mechanisms of cell type-specific gene regulation using medaka as a simple vertebrate.” 2015. Thesis, Konan University / 甲南大学. Accessed November 20, 2017. http://id.nii.ac.jp/1260/00001546/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00001546.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

大道, 裕. “メダカをモデルとした細胞型特異的遺伝子制御機構に関する研究 : Studies on the mechanisms of cell type-specific gene regulation using medaka as a simple vertebrate.” 2015. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

大道 . メダカをモデルとした細胞型特異的遺伝子制御機構に関する研究 : Studies on the mechanisms of cell type-specific gene regulation using medaka as a simple vertebrate. [Internet] [Thesis]. Konan University / 甲南大学; 2015. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1260/00001546/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00001546.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

大道 . メダカをモデルとした細胞型特異的遺伝子制御機構に関する研究 : Studies on the mechanisms of cell type-specific gene regulation using medaka as a simple vertebrate. [Thesis]. Konan University / 甲南大学; 2015. Available from: http://id.nii.ac.jp/1260/00001546/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00001546

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

6. 平, 誠司. ショウジョウバエの生殖細胞中における遺伝子発現の活性化機構の解析.

Degree: 博士(理学), 2015, Konan University / 甲南大学

多細胞動物の体は体細胞系列と生殖細胞系列の細胞に大別される。生殖細胞は種の連続性を担う重要な細胞である。これまでに,様々な動物を材料として,生殖細胞の形成機構の研究が進められてきた。しかし,生殖細胞中で生殖細胞の発生,分化に必要な遺伝子が活性化される分子機構には不明な点が多く残されている。ショウジョウバエにおいて,初期胚の生殖質に含まれる母性因子が始原生殖細胞 (極細胞) に取り込まれ,極細胞の形成や分化に必要であることが示されている。母性因子MamoはBTB/POZドメインとC2H2型Znフィンガードメインをもつクロマチン制御因子で,極細胞に供給され,極細胞の分化に関与する母性因子として同定された。先行研究から,Mamoが生殖細胞特異的に発現する遺伝子であるvasa遺伝子の発現制御に関与することが予想されたが,その制御機構は不明であった。 申請者は,生殖細胞中における遺伝子発現の活性化機構を明らかにすることを目的として,まずMamoタンパク質の生化学的な性質を解析した。その結果,Mamoタンパク質がクロマチンに結合すること,Mamoタンパク質のC2H2型Znフィンガードメイン (MZD) が特定の塩基配列に直接結合すること,さらにMZDの結合に必要なコンセンサス配列を明らかにした。次に,vasa遺伝子の発現に対するMamoの影響を調べた。その結果,Mamoを欠いた極細胞中では,vasa遺伝子の発現が低下すること,Mamo及びMZDの強制発現により,vasa遺伝子の発現量が増加することを明らかにした。さらに,クロマチン免疫沈降法を用いてMZDがvasa遺伝子座のイントロン中の塩基配列と結合することを示した。また,MZD強制発現により,MZD結合部位において,転写の活性化に関わるヒストンH3の27番目のリシン残基のアセチル化修飾レベルが増加することを明らかにした。このヒストン修飾にはヒストンアセチル化酵素CBPが関与することが知られている。そこで,申請者はMZDとCBPの遺伝学的相互作用を解析し,MZDとCBPが共同して,vasa遺伝子の発現を活性化することを示した。これらの解析結果から,MZDがCBPをvasa遺伝子座に運び込み,ヒストン修飾を介して転写に適したクロマチン構造を形成し,遺伝子発現を活性化する機構を提唱した。さらに,申請者は,クロマチン構造の制御機構が生殖細胞の分化制御にも関わるのかを検証するために,成虫卵巣中の生殖細胞分化過程におけるヒストン修飾の状態と,その機能を解析した。その結果,生殖細胞の分化過程において,転写の伸長反応の促進に関わるヒストンH3の36番目のリシン残基のトリメチル化修飾レベルが高くなること,この修飾にヒストンメチル化酵素Set2が関与すること,さらに,この修飾が分化促進遺伝子orbの発現を活性化し,生殖細胞の分化を促進することを明らかにした。これらの研究結果から,生殖細胞中の遺伝子発現の活性化機構にヒストン修飾を介したクロマチン構造の制御が関与すること示した。

平成26年(2014年度)

Subjects/Keywords: ショウジョウバエ; 生殖細胞; 遺伝子発現

Page 1

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

平, . (2015). ショウジョウバエの生殖細胞中における遺伝子発現の活性化機構の解析. (Thesis). Konan University / 甲南大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1260/00001547/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00001547

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

平, 誠司. “ショウジョウバエの生殖細胞中における遺伝子発現の活性化機構の解析.” 2015. Thesis, Konan University / 甲南大学. Accessed November 20, 2017. http://id.nii.ac.jp/1260/00001547/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00001547.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

平, 誠司. “ショウジョウバエの生殖細胞中における遺伝子発現の活性化機構の解析.” 2015. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

平 . ショウジョウバエの生殖細胞中における遺伝子発現の活性化機構の解析. [Internet] [Thesis]. Konan University / 甲南大学; 2015. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1260/00001547/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00001547.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

平 . ショウジョウバエの生殖細胞中における遺伝子発現の活性化機構の解析. [Thesis]. Konan University / 甲南大学; 2015. Available from: http://id.nii.ac.jp/1260/00001547/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00001547

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

7. 高松, 一彦. 摂餌制限を施した動物における骨髄細胞反応の解析 : Comprehensive analyses of bone marrow cells derived from feed restricted animals.

Degree: 博士(理工学), 2015, Konan University / 甲南大学

薬剤候補化合物の非臨床毒性試験においては、化合物が直接的に影響を及ぼす毒性以外に、しばしば二次的な反応が生じる。その一つが、摂餌量低下による骨髄細胞領域の減少(骨髄抑制)とそれに伴う血液学的パラメーターの変化である。しかし、その抑制メカニズムは不明であり、化合物の毒性試験の際に生じる骨髄抑制が、化合物の細胞毒性作用か、あるいは摂餌量低下に起因するかを見極めるのは困難である。そこで本研究では、摂餌制限を施した動物における骨髄細胞反応のプロファイリングを行い、摂餌量低下による骨髄抑制の分子メカニズムを明らかにすることを目的とした。まずラットにおいて、既存の報告通り2週間の摂餌制限で骨髄抑制が誘発されることを確認し、網赤血球数が減少することを新たに見出した。これまで摂餌制限下における報告が不十分であったイヌについても、4週間の摂餌制限で骨髄抑制が生じることを見出した。続いて、軽度な骨髄抑制を起こす条件で摂餌制限を施したラットあるいはイヌの骨髄由来造血前駆細胞の細胞診断(ミエログラム)、及び新たに確立したColony-Forming Units assay(CFU assay)による分化・増殖能の検査を実施した。その結果、ラット、イヌともに赤血球系の前駆細胞が摂餌制限の影響を受けて減少しやすいことがわかった。さらに、制限期間早期にはすべての分化段階の細胞が、後期には発生段階の進んだ細胞が、それぞれ影響を受けることも示唆された。次に、摂餌制限を施したラット及びイヌの両種において、骨髄細胞内の遺伝子発現プロファイルの解析を行った(in vivo解析)。また、骨髄由来細胞株であるHL60において低栄養処置によって細胞増殖抑制を誘発し、その際の遺伝子発現プロファイルを解析した(in vitro解析)。in vivo及びin vitro両解析結果を総合的に評価したところ、摂餌制限により、細胞死実行経路に関わる遺伝子群の発現変動ならびにBcl11bの発現増加が認められた。本研究の結果は、骨髄における赤血球系前駆細胞の減少、ならびに骨髄細胞におけるBcl11bの発現増加が、摂餌量減少による骨髄抑制を見分けるための有用な指標になる可能性を示している。今後の毒性試験において動物に摂餌量低下が認められた場合には、骨髄ミエログラムの実施と併せてCFU assayを実施し、赤血球系造血前駆細胞の障害を精査すること、ならびに骨髄細胞における遺伝子発現解析をおこなうことが求められる。

平成26年(2014年度)

Subjects/Keywords: 摂餌制限; ラット; イヌ; 骨髄細胞; CFU assay; HL60; 遺伝子発現解析

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

高松, . (2015). 摂餌制限を施した動物における骨髄細胞反応の解析 : Comprehensive analyses of bone marrow cells derived from feed restricted animals. (Thesis). Konan University / 甲南大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1260/00001548/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00001548

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

高松, 一彦. “摂餌制限を施した動物における骨髄細胞反応の解析 : Comprehensive analyses of bone marrow cells derived from feed restricted animals.” 2015. Thesis, Konan University / 甲南大学. Accessed November 20, 2017. http://id.nii.ac.jp/1260/00001548/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00001548.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

高松, 一彦. “摂餌制限を施した動物における骨髄細胞反応の解析 : Comprehensive analyses of bone marrow cells derived from feed restricted animals.” 2015. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

高松 . 摂餌制限を施した動物における骨髄細胞反応の解析 : Comprehensive analyses of bone marrow cells derived from feed restricted animals. [Internet] [Thesis]. Konan University / 甲南大学; 2015. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1260/00001548/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00001548.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

高松 . 摂餌制限を施した動物における骨髄細胞反応の解析 : Comprehensive analyses of bone marrow cells derived from feed restricted animals. [Thesis]. Konan University / 甲南大学; 2015. Available from: http://id.nii.ac.jp/1260/00001548/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00001548

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

8. 木下, 俊二. 硫化物系無機固体電解質を用いた高エネルギー密度型全固体リチウム-硫黄電池の構築.

Degree: 博士(理学), 2015, Konan University / 甲南大学

リチウム-硫黄電池は、活物質として用いる硫黄が1675 mAhg-1の非常に大きな理論電気化学容量を有することから、次世代型の高エネルギー密度蓄電デバイスとなり得る可能性があるため、注目を集めている。しかしながら、従来の電解質溶液を用いた電池系では、電気化学的な反応が生じた際に生成するリチウムポリサルファイドが電解質溶液に溶解してしまうため、硫黄をリチウム二次電池の正極活物質として用いることが困難とされてきた。そこで、従来の電池系で用いられてきた電解質溶液を硫化物系固体電解質に置き換えた全固体電池とすることで、放電時に生成するリチウムポリサルファイドが溶解することなく、硫黄が可逆な電極材料として機能し得るとの観点から、硫黄を正極活物質とした全固体型リチウム-硫黄電池の検討を行った。正極活物質としての硫黄の利用効率を向上させる試みとして、1)電子伝導性と触媒機能の付与、2)機械的加工力を利用した均一な電極複合体の作製、3)液体成分の添加による電極複合体の均一性の向上について検討した。これらの検討により、全固体電池における硫黄の利用効率が、理論電気化学容量の約80%にあたる1270 mAhg-1まで向上することを見出した。さらに、100回程度の充放電を繰り返した場合においても、電気化学容量がほとんど劣化することなく、高容量、かつ安定した二次電池として動作することを見出している。また、このような全固体型リチウム-硫黄電池を構築するための材料として、硫化物系固体電解質のイオン伝導特性の向上についても取り組み、1)75Li2S・5P2S3・20P2S5(mol%)ガラスにホットプレスを用いることで、稠密であり、かつ10-3 Scm-1以上の高いイオン導電率を有する固体電解質を構築できること、2)75Li2S・5P2S3・20P2S5(mol%)組成のガラスを523 Kで熱処理したガラスセラミックスにおいて、新しい結晶相が析出していること、また、この新しい結晶相が10-3Scm-1以上の高いイオン導電率を示すことを見出した。さらに、全固体電池用の負極材料についても検討を進め、従来の電解質溶液を用いたリチウムイオン二次電池で用いられている人造黒鉛材料であるMCMB(メソカーボンマイクロビーズ)が、硫化物系固体電解質を用いた電池系においても優れた負極材料特性を示すことを明らかにした。

平成26年(2014年度)

Subjects/Keywords: 硫化物; 無機固体電解質; 全固体; リチウム-硫黄電池

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

木下, . (2015). 硫化物系無機固体電解質を用いた高エネルギー密度型全固体リチウム-硫黄電池の構築. (Thesis). Konan University / 甲南大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1260/00001549/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00001549

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

木下, 俊二. “硫化物系無機固体電解質を用いた高エネルギー密度型全固体リチウム-硫黄電池の構築.” 2015. Thesis, Konan University / 甲南大学. Accessed November 20, 2017. http://id.nii.ac.jp/1260/00001549/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00001549.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

木下, 俊二. “硫化物系無機固体電解質を用いた高エネルギー密度型全固体リチウム-硫黄電池の構築.” 2015. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

木下 . 硫化物系無機固体電解質を用いた高エネルギー密度型全固体リチウム-硫黄電池の構築. [Internet] [Thesis]. Konan University / 甲南大学; 2015. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1260/00001549/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00001549.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

木下 . 硫化物系無機固体電解質を用いた高エネルギー密度型全固体リチウム-硫黄電池の構築. [Thesis]. Konan University / 甲南大学; 2015. Available from: http://id.nii.ac.jp/1260/00001549/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00001549

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

9. 内田, 衛. 自己触媒型無電解パラジウムおよびビスマスめっきの開発ならびに亜鉛微粒子接触型無電解スズめっきに関する研究 : Development for the autocatalytic deposition of palladium and bismuth, and study on the autocatalytic deposition of tin using contact with zinc powder in the bath.

Degree: 博士(理工学), 2015, Konan University / 甲南大学

電子部品の表面処理には、耐食性、電気伝導性、接触抵抗、およびはんだ付け性などの機能を付加するために主に電気めっきが使用されている。特に、はんだ接続部等における要求機能を満たすため、化学的に安定な金めっきが使用されているが、コスト軽減や機能向上を目的として金の代替めっきの要求が増加している。金の代替として対象となるのは白金族元素である。本研究では、電子部品の製造分野において必要不可欠な技術と考えられる「自己触媒型無電解パラジウムおよびビスマスめっき」について、従来法である無電解金めっきおよび置換型スズめっきの問題点の抽出、および問題点を克服するための新規無電解めっき浴の開発に取り組んだ。特に次亜リン酸塩および亜リン酸塩を還元剤に用いためっき浴を検討し、めっき浴中における化学種の化学平衡および電気化学平衡を明らかにするとともに、基本めっき浴組成およびめっき条件の確立、めっき皮膜組成、めっき皮膜の特性、および析出機構について検討し、電子部品への用途展開の可能性を検討した。パラジウム-リン合金の析出に対する還元剤の利用効率は、次亜リン酸イオンの酸化速度(亜リン酸イオンの生成速度)に関係し、次亜リン酸イオンの酸化速度の増大に伴い急激に低下した。次亜リン酸ナトリウム濃度およびpHを制御することにより、還元剤の利用効率50%以上を達成した。また、亜リン酸塩を還元剤に用いた系においても、利用効率は60~80%の高い値を示し、Meerakkerらの理論に基づき反応機構を明らかにした。さらに、無電解パラジウム-リン合金めっき部材とゴムとの接合を目的とした直接加硫接着について検討した。接着後の試料は、耐水試験においてもはく離強度の低下は認められなかった。無電解パラジウム-リン合金めっきは、複雑な形状の素材に均一な成膜が可能であり、優れた耐食性を有していることから、ゴムとの直接加硫接着の中間皮膜としての用途展開が期待される。また、将来的に増加すると考えられる新しい電子部品であるSiCパワーデバイスにおける接合材料としての適用が期待される自己触媒型無電解ビスマスめっきの開発および用途展開、フレキシブルプリント配線板や液晶駆動用ICチップの接合を目的とした、亜鉛微粒子の接触を利用するクエン酸錯体浴からの無電解スズめっきについて、めっき条件を確立するとともに、皮膜物性および析出機構を検討した。Snイオンを還元剤とするクエン酸錯体浴からの無電解ビスマスめっきが可能であり、パラジウム置換処理を施した銅板上にビスマス皮膜が自己触媒的に析出することがわかった。得られた皮膜の融点は273℃であり、SiCデバイスの表面処理における条件を満たしていた。まためっき浴は非常に安定であり、早急な実用化が期待される。

平成26年(2014年度)

Subjects/Keywords: 自己触媒; 無電解パラジウム; 無電解ビスマス; 無電解スズ

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

内田, . (2015). 自己触媒型無電解パラジウムおよびビスマスめっきの開発ならびに亜鉛微粒子接触型無電解スズめっきに関する研究 : Development for the autocatalytic deposition of palladium and bismuth, and study on the autocatalytic deposition of tin using contact with zinc powder in the bath. (Thesis). Konan University / 甲南大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1260/00001550/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00001550

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

内田, 衛. “自己触媒型無電解パラジウムおよびビスマスめっきの開発ならびに亜鉛微粒子接触型無電解スズめっきに関する研究 : Development for the autocatalytic deposition of palladium and bismuth, and study on the autocatalytic deposition of tin using contact with zinc powder in the bath.” 2015. Thesis, Konan University / 甲南大学. Accessed November 20, 2017. http://id.nii.ac.jp/1260/00001550/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00001550.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

内田, 衛. “自己触媒型無電解パラジウムおよびビスマスめっきの開発ならびに亜鉛微粒子接触型無電解スズめっきに関する研究 : Development for the autocatalytic deposition of palladium and bismuth, and study on the autocatalytic deposition of tin using contact with zinc powder in the bath.” 2015. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

内田 . 自己触媒型無電解パラジウムおよびビスマスめっきの開発ならびに亜鉛微粒子接触型無電解スズめっきに関する研究 : Development for the autocatalytic deposition of palladium and bismuth, and study on the autocatalytic deposition of tin using contact with zinc powder in the bath. [Internet] [Thesis]. Konan University / 甲南大学; 2015. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1260/00001550/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00001550.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

内田 . 自己触媒型無電解パラジウムおよびビスマスめっきの開発ならびに亜鉛微粒子接触型無電解スズめっきに関する研究 : Development for the autocatalytic deposition of palladium and bismuth, and study on the autocatalytic deposition of tin using contact with zinc powder in the bath. [Thesis]. Konan University / 甲南大学; 2015. Available from: http://id.nii.ac.jp/1260/00001550/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00001550

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

10. 上田, 真由美. 海洋におけるヤブレツボカビ類の季節変動に関する生態学的研究 : Ecological Study on Seasonal Dynamics of Thraustochytrids in Marine Environment (Labyrinthulomycetes, Stramenopiles).

Degree: 博士(理学), 2015, Konan University / 甲南大学

ヤブレツボカビ類は無色の単細胞生物であり、ストラメノパイル生物群のラビリンチュラ菌綱に属している。海の有機物分解は、原核生物の細菌類によって行われる微生物ループが、一般的に知られているが、真核生物の分解者はあまり大きく取り上げられてこなかった。ところが近年、真核従属栄養生物であるヤブレツボカビ類がその生息域の広さと現存量の大きさから、海洋生態系の中で重要な役割を果たしている可能性が示唆されてきている。しかしながら、ヤブレツボカビ類が年間を通してどのような細胞密度の変動をしているのか、どの属や種が生態的に重要なのか、といった情報はほとんどなかった。そこで本研究は、河口域と沿岸域の4定点で、約6年間、1ヶ月ごとに継続的な調査を行った。まず、ヤブレツボカビ類の細胞密度を測定したところ、春から夏にかけて数回の急激な増減が観測され、この現象を「ヤブレツボカビ・スパイク」と名付けた。スパイクの発生に対しては、降雨による塩分低下と水温上昇との関係が示唆された。スパイク発生時を除いた河口域のヤブレツボカビ類の炭素量バイオマスは、浮遊性細菌類の1.59%に相当していた。そのサイズの違いによって栄養段階に1つ差があるため、エネルギー転送効率を10%と仮定した場合、ヤブレツボカビ類から動物プランクトンに達するエネルギーは、浮遊性細菌類の15.9%にもなることが予想され、物質循環の中で無視できない影響力をもっていることが推察された。また、分離株の分子系統解析から、10の未同定系統群を含む、多様な系統群の存在が明らかになった。そして、河口域と沿岸域では主要系統群が異なっており、それぞれで違う有機物を栄養源としている可能性が考えられた。さらに、それぞれの定点では季節によって出現する系統群が移り変わっていたことから、ヤブレツボカビ類は系統群ごとに、水温、塩分、栄養源などの環境要因によって、棲み分けをしている可能性が示唆された。

平成26年度(2014年度)

Subjects/Keywords: ヤブレツボカビ類; ラビリンチュラ類; 系統群; 棲み分け; 微生物グループ; 河口; 沿岸; Thraustochytrids; Labyrinthulomycetes; Microbial loop

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

上田, . (2015). 海洋におけるヤブレツボカビ類の季節変動に関する生態学的研究 : Ecological Study on Seasonal Dynamics of Thraustochytrids in Marine Environment (Labyrinthulomycetes, Stramenopiles). (Thesis). Konan University / 甲南大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1260/00001553/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00001553

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

上田, 真由美. “海洋におけるヤブレツボカビ類の季節変動に関する生態学的研究 : Ecological Study on Seasonal Dynamics of Thraustochytrids in Marine Environment (Labyrinthulomycetes, Stramenopiles).” 2015. Thesis, Konan University / 甲南大学. Accessed November 20, 2017. http://id.nii.ac.jp/1260/00001553/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00001553.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

上田, 真由美. “海洋におけるヤブレツボカビ類の季節変動に関する生態学的研究 : Ecological Study on Seasonal Dynamics of Thraustochytrids in Marine Environment (Labyrinthulomycetes, Stramenopiles).” 2015. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

上田 . 海洋におけるヤブレツボカビ類の季節変動に関する生態学的研究 : Ecological Study on Seasonal Dynamics of Thraustochytrids in Marine Environment (Labyrinthulomycetes, Stramenopiles). [Internet] [Thesis]. Konan University / 甲南大学; 2015. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1260/00001553/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00001553.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

上田 . 海洋におけるヤブレツボカビ類の季節変動に関する生態学的研究 : Ecological Study on Seasonal Dynamics of Thraustochytrids in Marine Environment (Labyrinthulomycetes, Stramenopiles). [Thesis]. Konan University / 甲南大学; 2015. Available from: http://id.nii.ac.jp/1260/00001553/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00001553

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

11. 中﨑, 洋介. 分子シャペロンClpBの基質糸通し活性の解析 : Analysis of substrate translocation activity of a molecular chaperone ClpB.

Degree: 博士(理学), 2015, Konan University / 甲南大学

分子シャペロンClpBは,一度凝集したタンパク質を可溶化し再生する「脱凝集」という他に類のない活性を持つ。ClpBは,AAA+とよばれるタンパク質ファミリーに属するが,その中には,物質輸送,膜融合,DNA複製,タンパク質分解など様々な細胞機能に関わるタンパク質が含まれている。これらのタンパク質は,AAA+モジュールとよばれる特徴的な構造を持ち,そこでATPを結合・加水分解する。またClpBを含め,その多くはリング状の6量体を形成して機能する。ClpBは,AAA+タンパク質に共通する普遍的な構造を持ちながら,脱凝集という特殊な機能を発揮することから,その分子メカニズムが注目されている。ClpBによる脱凝集には,別の分子シャペロンであるDnaKとその補助因子の協力が必要であり,脱凝集反応全体は,複数の反応の組み合わせからなると考えられる。その中で,ClpBが凝集体からポリペプチド鎖を引きずり出し,6量体リングの中央の孔を通す「糸通し」が脱凝集の主要な過程であると考えられている。本研究は,ClpBの糸通し過程に注目し,その仕組みを明らかにすることで,脱凝集の分子メカニズムに迫ることを目的としている。先行研究において作製された,大腸菌由来のClpBの変異タンパク質であるBAPは,ClpBの機能を持ったまま,筒型のプロテアーゼであるClpPに結合できる。BAPが糸通ししたタンパク質は,ClpP内部へと送り込まれて分解されるため,糸通し反応を基質タンパク質の分解として検出することができる。またさらに,基質タンパク質としてモデル変性タンパク質であるカゼインを用いれば,DnaKとその補助因子非存在下でも,糸通し反応を検出することができる。申請者は,解析の利便性を考慮し,結晶構造解析や様々な変異タンパク質の解析が進んでいる,好熱菌 Thermus thermophilus 由来のClpBをもとにBAP(TBAP)を作製し,精度の高い糸通し測定系を構築した。ClpBのサブユニットは,N末端ドメイン,ミドルドメインと,2つのAAA+モジュール(AAA1,AAA2)の4つのドメインからなる。N末端ドメインは,可動性の高い球状ドメインで,ミドルドメインは,ロイシンジッパー様の構造で安定化された長いコイルドコイル構造からなる。また,2つのAAA+モジュールは,機能上重要ないくつかの保存配列を共通して持つ。その中で,Walker A配列はATPの結合に,Walker B配列は結合したATPの加水分解に,また,アルギニンフィンガーとよばれる保存アルギニン残基はATPの加水分解とサブユニット間の情報伝達に関与する。さらに,立体構造上リング中央の孔の位置には,中央孔残基とよばれる芳香族アミノ酸が保存されている。これらのドメインや保存配列に変異を導入したTBAPを作製し,糸通し活性にどのような影響を与えるかを詳細に調べた。その結果,ミドルドメインは脱凝集反応には必須だが,糸通し過程には必要ないことが示された。またN末端ドメインは,基質の結合に直接関与し,それが動くことが糸通し速度の促進につながっていた。基質の結合には,2つのAAA+モジュールへのATPの結合や,中央孔の芳香族アミノ酸も重要であった。さらに2つのAAA+モジュールのヌクレオチド状態が糸通し速度に影響することや,ATPの加水分解なしでも糸通しが進行することなどを見いだした。

平成26年(2014年度)

Subjects/Keywords: ClpB; BAP; 糸通し; AAA

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

中﨑, . (2015). 分子シャペロンClpBの基質糸通し活性の解析 : Analysis of substrate translocation activity of a molecular chaperone ClpB. (Thesis). Konan University / 甲南大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1260/00001554/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00001554

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

中﨑, 洋介. “分子シャペロンClpBの基質糸通し活性の解析 : Analysis of substrate translocation activity of a molecular chaperone ClpB.” 2015. Thesis, Konan University / 甲南大学. Accessed November 20, 2017. http://id.nii.ac.jp/1260/00001554/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00001554.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

中﨑, 洋介. “分子シャペロンClpBの基質糸通し活性の解析 : Analysis of substrate translocation activity of a molecular chaperone ClpB.” 2015. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

中﨑 . 分子シャペロンClpBの基質糸通し活性の解析 : Analysis of substrate translocation activity of a molecular chaperone ClpB. [Internet] [Thesis]. Konan University / 甲南大学; 2015. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1260/00001554/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00001554.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

中﨑 . 分子シャペロンClpBの基質糸通し活性の解析 : Analysis of substrate translocation activity of a molecular chaperone ClpB. [Thesis]. Konan University / 甲南大学; 2015. Available from: http://id.nii.ac.jp/1260/00001554/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00001554

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

12. 坂井, 武司. 算数教育における割合についての数理構造に関する研究.

Degree: 博士(情報学), 2015, Konan University / 甲南大学

算数教育において割合は,児童にとって理解することが難しく,教師にとって指導することが難しい単元である。本研究の目的は,割合に関する概念的知識と手続き的知識における「割合に関する状況」,「比較量に関する状況」,「基準量に関する状況」という3つの状況について,児童の知識を測定する調査問題の開発を行い,割合に関する知識獲得過程における,知識の変化のメカニズムを明らかにし,割合に関する数理構造の理解を促進する教授法を構築することである。本論文は,1章において上記研究目的の詳細を示し,2章において論文提出者がこれまでに行ってきた割合の概念形成についての研究を,先行研究との比較を基に,その位置付けを行っている。3章においては,確率比較課題を用いて割合に関する概念的知識と手続き的知識の調査問題を開発している。調査問題に対し,スケログラム分析を行い,調査問題の妥当性と信頼性が保証されることを示した。そして,数理論理学の観点から命題論理と述語論理を用いて各調査問題において結論が導かれる過程を,児童の思考過程としてその数理構造を解明した。児童の推論過程を示すことにより,児童の考え方の構造的変化と質的変化という観点から,調査問題に対して水準及び段階の区分設定を行い各水準及び段階に属する児童固有の考えを抽出した。さらに,2つの知識間および3つの状況間において比較を行い,加法的な考え方の下で3つの状況のそれぞれにおいて割合に関する概念的知識と手続き的知識が関連付けられた後,「割合に関する状況」を中心に,3つの状況が加法的な考え方として統合され児童の考え方の構造的変化が生じ,乗法的な考え方の下で統合されることを明らかにした。4章においては,これらの分析を基に割合に関する数理構造の理解を促進する教授法として「割合」単元の指導計画に一般化の過程と反復過程を位置づけ問題の表出を通して概念的知識と手続き的知識が反復的に向上する詳細な過程を設定した。そしてこの指導計画に基づいた授業実践の事前・事後調査結果に対し重回帰分析とパス解析を行い,3つの知識である「基礎・基本としての教科書で学習した知識」,「活用としての概念的知識」,「活用としての手続き的知識」が相互に影響し合いながら向上していることを明らかにし,5章において,本研究としての考察を行い,割合に関する数理構造の理解を促進する新たな教授法を明らかにした。

平成27年(2015年度)

Subjects/Keywords: 割合

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

坂井, . (2015). 算数教育における割合についての数理構造に関する研究. (Thesis). Konan University / 甲南大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1260/00001621/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00001621

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

坂井, 武司. “算数教育における割合についての数理構造に関する研究.” 2015. Thesis, Konan University / 甲南大学. Accessed November 20, 2017. http://id.nii.ac.jp/1260/00001621/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00001621.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

坂井, 武司. “算数教育における割合についての数理構造に関する研究.” 2015. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

坂井 . 算数教育における割合についての数理構造に関する研究. [Internet] [Thesis]. Konan University / 甲南大学; 2015. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1260/00001621/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00001621.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

坂井 . 算数教育における割合についての数理構造に関する研究. [Thesis]. Konan University / 甲南大学; 2015. Available from: http://id.nii.ac.jp/1260/00001621/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00001621

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

13. 南野, 美穂. 発達障害をもつ思春期の子どもと保護者への支援 -主体の生成と関係の形成に注目して- : Support for Adolescents with Developmental Disorders and their Parents - By placing emphasis on generating of Subject and the formation of Relationships -.

Degree: 博士(文学), 2016, Konan University / 甲南大学

本研究は、発達障害を持つ思春期の子どもとその保護者への心理的支援のモデルを構築することを目的として、実践研究による支援の方法論の検討と、効果の検証の試みを行ったものである。発達障害を持つ子どもおよび保護者への支援は、幼児期における早期発見と支援を目指す子育て支援、特別支援教育という小学校を中心とする学校教育における支援の必要性が認識され、保健、医療、福祉、教育の連携によって発展している。しかし、思春期の子どもとその保護者に対しては、特別支援教育のなかで教員あるいは教員補助者による支援が行われているものの、保護者も含めた発達支援は、学童期までに比べて乏しいのが現状である。実践研究においても、思春期を対象としたものは、学童期までに比べて少なく、方法論の構築に至っていない。本研究は、その残された実践課題に、個人心理療法とグループ支援の二本の柱からなる実践を通して取り組んだものである。論文は、問題の整理と研究デザインの提出からなる第Ⅰ部、個人心理療法の実践報告からなる第Ⅱ部、グループ支援事業の実践報告からなる第Ⅲ部、結果を踏まえて総合的に議論する第Ⅳ部の4部で構成されている。第Ⅰ部では、まず、障害の概念、定義に関する先行研究を検討し、発達障害を、疾病概念としてではなく、発達マイノリティととらえる視点を採用する。すなわち、発達マジョリティと同様の発達課題を持ちながら、課題に直面する時期およびその発現様式の相違がもたらすマジョリティとのずれから、発達障害をもつ人が抱えるさまざまな困難が発生すると考える。続いて、その視点にたって医療と支援の現状を概観し、特に、思春期において顕著になる困難要因を、子どもの特性がもたらす、子どもの主体形成の遅れ、保護者との愛着形成の遅れによる同年齢の子どもとのずれの拡大、親あるいは教師などの他者から見た分かりにくさの増大としてとらえる。逆に言えば、困難の陰に隠れて見逃されやすい、主体形成と愛着形成の課題に対して適切な支援が為されれば、社会適応の可能性が高くなることが予想される。以上のように思春期における心理的支援の重要性を確認した上で、第一に個人心理療法による子どもの主体の形成過程の支持、第二にグループ実践による保護者との愛着関係および他者との関係修正という二つの実践からなる本研究の方法を提示している。第Ⅱ部は、個人心理療法事例の分析である。主体の形成という観点から実践の有効性を分析するため、ここでは、思考thoughtsの発達理論として知られるBionの理論を援用している。Bionの図式によれば、心の素材以前の仮想的要素であるβ要素からα機能によってα要素が生み出され、それを素材として物語からより抽象的な概念へ思考が発展する過程を経ることが、能動的に考える働きの展開を表す。心身未分化な体験があり、それが包容され、消化され、意味が生まれることで、個人にとって意味のある体験となり、他者に伝達可能なものとなる。ここで取り上げられる3事例の子どもたち(男子)は、「からだと心の不連続」、「体験同士をつないで自分の物語を作ることの困難」、「有機的存在として他者との間で心の要素を伝えあうことの困難」といった、さまざまのレベルにおいて「つながることの困難」を抱えていた。意味づけられないままの体験が優越することで、ある程度統合された体験の主体という感覚を持つことができないことにつながっていると理解できた。その理解に基づき、著者はセラピストとして、クライエント一人では抱えられない未分化な心的要素を包容しつつ、消化や意味づけが生まれる過程を支える機能を、まずは彼らに代わって担い、次第に彼ら自身が自身の体験を包容できるようになるよう関わった。過程における変化のアセスメント手法としては、風景構成法を用い、高石の発達段階モデルと、自己像の形成に注目することで、思春期にある彼らが、知的には年齢相応の発達を遂げている一方で、体験のまとまり、自己を捉える視点という意味では、およそ小学校低学年段階にとどまっていたこと、著者のかかわりの過程で彼らなりの発達を遂げていった過程が観察された。3事例の分析に基づき、体験をつなぎ合わせて一貫した自己像を形成することが思春期の発達障害の支援の一つの核になること、それを支える個人心理療法の枠組みを維持することの意義が確認されるとともに、その枠組みを継続的に提供できる場は数少ないことが課題として指摘された。第Ⅲ部では、発達障害をもつ思春期の子どもとその保護者を対象としたグループ支援の実践報告に基づいて、発達障害に対してグループ支援を用いた先行実践研究を参照しつつ、支援において集団が持つ機能が考察された。小学校高学年になった発達障害のある子どもの愛着と仲間関係への欲求満足は、幼児が子ども社会へ足を踏み出す時期の養育者役割に相当するサポートによって促進されるという仮説、および保護者が適度な距離を保ちつつ子どもの欲求を理解する機会の必要性から次の形態が採用された。すなわち、子どもと保護者それぞれのグループワークを別室で同時間に並行して行いながら、子どもグループには、子ども一人について一人のサポーターが配置され、保護者グループにはファシリテーターとして1~2名のスタッフを配置した。グループ活動のプログラム内容は、先行研究を参照して設定したうえで、活動を実行しながらの検討、修正が重ねられた。プロセスの分析と効果検証は、三つの方法で行われた。第一に、グループにおける一人の子どもに焦点を当てた、子どもの変化とグループおよびサポーターの機能の分析。第二に、保護者グループ内における母親の語りの分析、第三に、保護者に対する半構造化インタビューによる検証である。第一の分析では、プロセス記録に基づき、サポーターの機能を「フィードバック機能」と「スキル指導機能」の二つに分け、前者が子どもの二者関係への欲求を受け止めること、後者が仲間関係への欲求を満たせる方向にサポートする役割を果たすと理解された。その両者を合わせることで、幼児期の養育者役割の代理をサポーターが果たしていると考えられた。第二の分析では、思春期の子どもが示す愛着欲求に対する戸惑いという共通のテーマが見られるとともに、直接の関わりでは受け入れにくいその欲求を、間にサポータ―という養育者代理を置くことで理解する過程が見られた。この過程を、幼児期に、砂場において一定の距離のもとで子どもが子ども集団に入るのを見守るのと同等の体験が、本グループ支援が提供する構造によって可能になると考え、「砂場体験」と名付けた。第三の分析では、ある期のグループ活動の開始前と開始後の参加者への半構造化インタビューの内容を、KJ法を用いて整理した結果、「安心できる場」「自己肯定感」「ほどよい親子関係」「将来への展望」「課題の明確化」の五つの効果を参加者が感じていることが分かった。また、この結果を、第一の分析による子どもの内的体験および第二の分析から抽出された「砂場体験」モデルに統合して、本支援グループの全体像を示すモデル図が描かれた。第Ⅳ部では、「主体の生成」、「関係の形成」という本研究の視点から、実践報告をもう一度振り返っている。主体の生成が主題となる個人心理療法では、まだ原初的な体験世界にとどまっている子どもに対し、その体験世界を共有しようとしながら包容することと、原初的な世界にとどまっている仮の主体を心

Subjects/Keywords: 発達障害; ADHD; ASD; 主体; 内発的欲求; 愛着形成; 思春期; 仲間関係

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

南野, . (2016). 発達障害をもつ思春期の子どもと保護者への支援 -主体の生成と関係の形成に注目して- : Support for Adolescents with Developmental Disorders and their Parents - By placing emphasis on generating of Subject and the formation of Relationships -. (Thesis). Konan University / 甲南大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1260/00001756/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00001756

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

南野, 美穂. “発達障害をもつ思春期の子どもと保護者への支援 -主体の生成と関係の形成に注目して- : Support for Adolescents with Developmental Disorders and their Parents - By placing emphasis on generating of Subject and the formation of Relationships -.” 2016. Thesis, Konan University / 甲南大学. Accessed November 20, 2017. http://id.nii.ac.jp/1260/00001756/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00001756.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

南野, 美穂. “発達障害をもつ思春期の子どもと保護者への支援 -主体の生成と関係の形成に注目して- : Support for Adolescents with Developmental Disorders and their Parents - By placing emphasis on generating of Subject and the formation of Relationships -.” 2016. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

南野 . 発達障害をもつ思春期の子どもと保護者への支援 -主体の生成と関係の形成に注目して- : Support for Adolescents with Developmental Disorders and their Parents - By placing emphasis on generating of Subject and the formation of Relationships -. [Internet] [Thesis]. Konan University / 甲南大学; 2016. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1260/00001756/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00001756.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

南野 . 発達障害をもつ思春期の子どもと保護者への支援 -主体の生成と関係の形成に注目して- : Support for Adolescents with Developmental Disorders and their Parents - By placing emphasis on generating of Subject and the formation of Relationships -. [Thesis]. Konan University / 甲南大学; 2016. Available from: http://id.nii.ac.jp/1260/00001756/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00001756

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

14. 山﨑, 孝史. 分子シャペロンClpBのサブユニット間の協同性の解析 : Analysis of the cooperative ATPase cycle of the molecular chaperone ClpB.

Degree: 博士(理学), 2016, Konan University / 甲南大学

分子シャペロンClpBは,他の分子シャペロンDnaKとその補助因子と協力して,一度変性・凝集したタンパク質をときほぐし,再生することができる。このうち,凝集体をときほぐす過程を脱凝集と呼ぶ。ClpBは,リング状のホモ6量体を形成して働くが,このリング構造の中央には,ポリペプチド鎖1本分の大きさの孔があり,凝集したタンパク質は,この孔に引き込まれることによって脱凝集されると考えられている。ClpBのサブユニット1つは,AAA+モジュールと呼ばれるATP加水分解ドメインを2つ(AAA-1およびAAA-2)持つ。6量体中では,AAA-1,AAA-2それぞれがリングを形成し,それらが重なっている。ClpBは,6量体に含まれる合計12個のAAA+モジュールで,ATPの結合・加水分解を繰り返し,それによって生じる構造変化で凝集タンパク質の引き込みを行うと考えられる。その際,統合された機能的な構造変化を生み出すために,各AAA+モジュールは相互に連携すると考えられるが,その詳細は明らかでない。本研究は,ClpBのサブユニット間の連携に注目し,その仕組みを明らかにすることで,脱凝集のメカニズムに迫ることを目的としている。AAA+モジュールを持つタンパク質は他にも多数あり,AAA+タンパク質ファミリーを構成している。またそのメンバーの機能は,分子シャペロンだけでなく,タンパク質分解,DNAの複製,膜融合など多岐にわたる。AAA+タンパク質の多くは,ClpBと同様にリング状の多量体を形成するが,そのサブユニット界面には,1つあるいは2つのアルギニン残基が高度に保存されている。これらのアルギニン残基は,立体構造上,隣接するサブユニットのATP結合ポケットの近くに位置している。他のAAA+タンパク質を用いた先行研究では,これらの残基が,隣のサブユニットでのATP加水分解に関わることが示されている。申請者はまず,ClpBが持つこれらのアルギニン残基をアラニンに置換した変異体を作成し,その役割を検証した。その結果,他のAAA+タンパク質同様,これらの残基は,それぞれのAAA+モジュールへのATPの結合には関与しないが,その加水分解には必須であることが示された。また,これらの残基が脱凝集に重要な役割を果たすことも明らかとなった。次に申請者は,サブユニット間の協同性を調べるため,ClpBのサブユニット界面にシステイン残基を導入し,ジスルフィド結合によって,隣接するサブユニットを連結させた。連結した2つのサブユニットの左右の位置関係は,導入するシステイン残基の位置によって決まる。そのため,この連結2量体が集まって生じる6量体では,2種類のシステイン変異サブユニットが交互に並ぶことになる。ここにさらに,一方のサブユニットにのみ任意の変異を導入すると,その変異を持つサブユニットが1つおきに並んだ,規則的なヘテロ6量体が形成される。ある過程がサブユニット間で協同的に進行するかは,その過程を阻害した変異サブユニットを野生型6量体に組み込み,6量体全体への影響を見ることで評価することができる。協同性の高い過程ほど,変異サブユニットを組み込んだ際に,6量体全体での阻害の程度が大きくなる。AAA-1, AAA-2それぞれの,ATP結合を阻害する変異,加水分解を阻害する変異,さらに保存アルギニン残基をアラニンに置換した変異を,様々に組み合わせたヘテロ6量体を作製し,それらのATP結合能,ATP加水分解活性,および脱凝集活性を測定した。その結果,ATPの結合はランダムに起こるが,その加水分解は, AAA-1,AAA-2各リング内で協同的に進行することが分かった。また,これら2つのリングは,相互に活性を調節しており,一方のリングに4つ以上のATPが結合することで,もう一方のリングでの協同的なATP加水分解が可能になることが示された。その際,ATP結合の情報は,サブユニット界面の保存アルギニン残基によって検知・伝達される可能性が示された。さらに,少なくとも一方のAAA+リングで協同的なATP加水分解が行われることが,効率的な脱凝集に必須であることも示された。

平成27年(2015年度)

Subjects/Keywords: 分子シャペロン; ClpB; 脱凝集; ATP加水分解; 保存Arg残基; 協同性

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

山﨑, . (2016). 分子シャペロンClpBのサブユニット間の協同性の解析 : Analysis of the cooperative ATPase cycle of the molecular chaperone ClpB. (Thesis). Konan University / 甲南大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1260/00001757/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00001757

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

山﨑, 孝史. “分子シャペロンClpBのサブユニット間の協同性の解析 : Analysis of the cooperative ATPase cycle of the molecular chaperone ClpB.” 2016. Thesis, Konan University / 甲南大学. Accessed November 20, 2017. http://id.nii.ac.jp/1260/00001757/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00001757.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

山﨑, 孝史. “分子シャペロンClpBのサブユニット間の協同性の解析 : Analysis of the cooperative ATPase cycle of the molecular chaperone ClpB.” 2016. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

山﨑 . 分子シャペロンClpBのサブユニット間の協同性の解析 : Analysis of the cooperative ATPase cycle of the molecular chaperone ClpB. [Internet] [Thesis]. Konan University / 甲南大学; 2016. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1260/00001757/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00001757.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

山﨑 . 分子シャペロンClpBのサブユニット間の協同性の解析 : Analysis of the cooperative ATPase cycle of the molecular chaperone ClpB. [Thesis]. Konan University / 甲南大学; 2016. Available from: http://id.nii.ac.jp/1260/00001757/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00001757

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

15. 河村, 浩司. 生体分子の簡易検出を目指した凝集誘起発光色素ラベル化プローブの開発と検出メカニズムの解明 : Developments of aggregation-induced emission dye labeled probes aiming to facile biomolecular detection and elucidations of detection mechanism.

Degree: 博士(理工学), 2016, Konan University / 甲南大学

バイオイメージングやバイオマーカーの検出による診断には蛍光色素が汎用されるが、そうした手法にはいくつかの問題点がある。その中でも、濃度消光の問題は一般の蛍光色素においては本質的なデメリットであり、このことが検出感度の壁となっている場合が多い。そこで、本研究では、濃度消光とは逆に凝集によって蛍光強度が劇的に増大する凝集誘起発光(AIE)色素を用いて疾患の診断を行う手法の開発を行い、その検出メカニズムを明らかにすることを目的とした。ターゲットとする疾患として、罹患者数が多く社会的影響が大きいガンとアルツハイマー病(AD)を選び、それぞれのバイオマーカーと考えられるテロメア鎖およびアミロイドβ(A)の検出を行った。テロメア鎖に対するプローブとして、AIE色素で修飾した相補鎖DNAまたはPNAを用いたところ、どちらのプローブでも高い感度でテロメア鎖の定量が可能であることが示された。しかし、プローブがDNA の場合にはテロメア量に比例して蛍光強度が増加するのに対しPNAをプローブとした場合には、逆に濃度依存的に蛍光強度が弱くなった。これは、PNAの疎水性によりプローブ自身が凝集することで生じた強い蛍光が、二重鎖形成とともに分散して消光されたためであることを明らかにした。また、DNAプローブを用いた結果の考察から、AIE色素の周辺に分子運動を阻害するダングリングエンドまたは二重鎖が存在することが、蛍光増大の要件であることが示唆された。次に、ADのマーカーであるAの検出を行った。プローブとして、アミロイド繊維化促進ペプチド(AFPP)にAIE色素を結合させた化合物(AIE-AFPP)を用いた。AIE-AFPPはAFPP自身と同様にAの繊維化を促進するとともに、Aと共凝集することで濃度依存的にAIEの蛍光増大が観測され、短時間で容易にAの定量が可能であることが示された。この手法によるAの検出限界は4.2 nMであり、この値はELISAには及ばないが、プローブ合成およびassayの簡便性や、測定者に高いスキルを要求しない点において優れた手法である。本研究の結果は、AIE色素をシグナル発信部位としてもつプローブを用いることで、生体分子を高感度かつ簡便に定量可能であることを示している。また、本研究で明らかにされた蛍光増大のメカニズムは、ターゲットにあわせたプローブの分子設計と、安価・簡便・高感度・ハイスループットな検出システムの構築のための指針を与えると考えられる。

平成27年(2015年度)

Subjects/Keywords: 凝集誘起発光; テロメアDNA; アミロイドβペプチド

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

河村, . (2016). 生体分子の簡易検出を目指した凝集誘起発光色素ラベル化プローブの開発と検出メカニズムの解明 : Developments of aggregation-induced emission dye labeled probes aiming to facile biomolecular detection and elucidations of detection mechanism. (Thesis). Konan University / 甲南大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1260/00001758/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00001758

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

河村, 浩司. “生体分子の簡易検出を目指した凝集誘起発光色素ラベル化プローブの開発と検出メカニズムの解明 : Developments of aggregation-induced emission dye labeled probes aiming to facile biomolecular detection and elucidations of detection mechanism.” 2016. Thesis, Konan University / 甲南大学. Accessed November 20, 2017. http://id.nii.ac.jp/1260/00001758/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00001758.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

河村, 浩司. “生体分子の簡易検出を目指した凝集誘起発光色素ラベル化プローブの開発と検出メカニズムの解明 : Developments of aggregation-induced emission dye labeled probes aiming to facile biomolecular detection and elucidations of detection mechanism.” 2016. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

河村 . 生体分子の簡易検出を目指した凝集誘起発光色素ラベル化プローブの開発と検出メカニズムの解明 : Developments of aggregation-induced emission dye labeled probes aiming to facile biomolecular detection and elucidations of detection mechanism. [Internet] [Thesis]. Konan University / 甲南大学; 2016. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1260/00001758/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00001758.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

河村 . 生体分子の簡易検出を目指した凝集誘起発光色素ラベル化プローブの開発と検出メカニズムの解明 : Developments of aggregation-induced emission dye labeled probes aiming to facile biomolecular detection and elucidations of detection mechanism. [Thesis]. Konan University / 甲南大学; 2016. Available from: http://id.nii.ac.jp/1260/00001758/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00001758

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

16. 新田, 恭平. Diverse Biomaterials Formation by Graft Polymer Approach : Diverse Biomaterials Formation by Graft Polymer Approach; グラフトポリマーアプローチによる多様なバイオマテリアルの創製.

Degree: 博士(理学), 2016, Konan University / 甲南大学

高分子物質は鎖状構造のみならず、分岐を有するグラフトや樹状高分子など、多様な構造を形成できる。このうちグラフト高分子は、高分子主鎖を構成するビニルモノマーの選択肢が多く、またグラフト鎖の鎖長を変化させることも可能である。このため、高分子のモノマーの組成と構造を同時に変えることができ、構造と機能の相関を検討するのに適している。本論文では、親水性および疎水性の成分を分子内に有する両親媒性グラフト高分子に焦点をあて、得られた高分子の溶液特性および表面特性、バルクの特性について解析し、バイオマテリアルへの応用に向けた多様な材料特性について検討した。特に疎水性のグラフト鎖として、環状モノマーであるトリメチレンカーボネートの開環重合により得られる非晶性のポリトリメチレンカーボネートを基盤材料に用いて検討した。得られた主な結果は次の事項である。1)アクリルアミド誘導体の末端水酸基から環状モノマーを開環重合させる反応条件を検討した。有機触媒の量を調整することにより、副反応を回避して重合性官能基を有する新規マクロモノマーの合成法を確立した。この疎水性マクロモノマーは、多様なグラフト高分子創製のための基盤材料となった。2)疎水性マクロモノマーを親水性モノマーと共重合させたグラフト高分子を創製した。水中において疎水性相互作用による凝集力が働き、自発的にポリマーコロイドを形成した。グラフト鎖の鎖長およびマクロモノマー組成の増大により、粒子径の増大と臨界会合濃度の低下が認められた。さらに温度応答性モノマーを導入すると、溶液温度の上昇に伴ってコロイド間の凝集力が強くなり粒子径の増大が認められたが、疎水鎖が非晶性であるため、水中での分散安定性が高いことを明らかにした。3)疎水鎖と親水鎖をグラフト鎖に有する両親媒性グラフト高分子を基板に塗布し、薄膜を創製した。この薄膜表面に水を滴下すると、直ちに疎水性から親水性に表面特性が変化し、この親水化した薄膜を乾燥させると、再び疎水性となることを見出した。このような水に対する表面濡れ性の変化は、1 分間以内に完了することが明らかとなった。4)疎水性マクロモノマーを架橋剤存在下、イオン性モノマーとともに反応させてヒドロゲルを創製した。得られたゲルはイオン性モノマーに規定されたpH 応答性を示すとともに、塩基性の疎水性色素分子が内包されることが明らかとなった。さらにこの分子の内包挙動は、分子の極性の違いが識別可能であり、混合物から選択的に一方の分子のみを内包可能であることを見出した。

平成27年(2015年度)

Subjects/Keywords: バイオマテリアル; 両親媒性グラフトポリマー; ポリトリメチレンカーボネート; マクロモノマー法

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

新田, . (2016). Diverse Biomaterials Formation by Graft Polymer Approach : Diverse Biomaterials Formation by Graft Polymer Approach; グラフトポリマーアプローチによる多様なバイオマテリアルの創製. (Thesis). Konan University / 甲南大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1260/00001759/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00001759

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

新田, 恭平. “Diverse Biomaterials Formation by Graft Polymer Approach : Diverse Biomaterials Formation by Graft Polymer Approach; グラフトポリマーアプローチによる多様なバイオマテリアルの創製.” 2016. Thesis, Konan University / 甲南大学. Accessed November 20, 2017. http://id.nii.ac.jp/1260/00001759/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00001759.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

新田, 恭平. “Diverse Biomaterials Formation by Graft Polymer Approach : Diverse Biomaterials Formation by Graft Polymer Approach; グラフトポリマーアプローチによる多様なバイオマテリアルの創製.” 2016. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

新田 . Diverse Biomaterials Formation by Graft Polymer Approach : Diverse Biomaterials Formation by Graft Polymer Approach; グラフトポリマーアプローチによる多様なバイオマテリアルの創製. [Internet] [Thesis]. Konan University / 甲南大学; 2016. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1260/00001759/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00001759.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

新田 . Diverse Biomaterials Formation by Graft Polymer Approach : Diverse Biomaterials Formation by Graft Polymer Approach; グラフトポリマーアプローチによる多様なバイオマテリアルの創製. [Thesis]. Konan University / 甲南大学; 2016. Available from: http://id.nii.ac.jp/1260/00001759/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00001759

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

17. 児島, 隆. 銀行の不良債権処理と会計・監査の対応に関する研究 : A Research on the Accounting and Audit for Workout of Bad Debts.

Degree: 博士(経営学), 2016, Konan University / 甲南大学

本論文は、わが国の銀行の不良債権処理の会計と監査制度を考察することによって、その問題点を明らかにし、あるべき制度を探ることを目的としている。本論文は次の2部構成である。銀行は、規制業種として健全性が求められる一方で、上場会社の場合には株主の保護が図られなければならないため、銀行の会計・監査には2つの側面が認識される。そこで、第Ⅰ部では、わが国の銀行の不良債権の会計・監査を考察し、銀行監査が導入された1976年から2004年までの銀行の不良債権処理を取り上げている。また、第Ⅱ部では、わが国の制度のあるべき姿を考察するため、米国銀行の貸倒引当金会計規制、国際会計基準審議会(IASB)と米国財務会計基準審議会(FASB)による貸出金の減損基準の審議過程を分析対象としている。また、監査に関して、近年の英国金融危機における監査人の判断に加え、バーゼル銀行監督委員会(BCBS)の公表物等を分析対象としている。本論文で得られた主な知見は次の通りである。わが国における不良債権処理に関する監査基準と会計基準の混同は改めるべきであり、かつ職業会計士団体の公表物は政治および金融行政から中立でなければならないと主張される。銀行側では金融検査マニュアルは会計基準として遵守すべきものとされているが、運用に過度の裁量が働く危険性を伴うため、「公正妥当な会計基準(慣行)」とはならない場合があり得ると結論づけている。銀行の財務諸表の信頼性を高めるためには、銀行監督当局から独立した会計・監査監督当局が存在し、両監督当局の定期的かつ実効的な対話が必要であることが指摘される。この結果、銀行の監査人は、その財務諸表が「金融行政の影響を受けない一般に公正妥当と認められる企業会計の基準」に準拠して適正に表示されているか否かを「金融行政の影響を受けない一般に公正妥当と認められる監査の基準」に準拠して監査を実施すべきであるとしている。世界的な共通点として、不良債権処理の会計基準を変更すれば金融危機の増幅を抑止できるとの考え方は再検討が必要であり、また、銀行監督当局は、不良債権処理に関して「公正妥当な会計基準」に従った銀行の会計処理に納得できない場合であっても、会計基準の変更の要請や会計処理の修正以外の措置を講ずるべきであると主張している。

※本論文は以下のとおり刊行されているため、差し支えない範囲で論文内容を公表する。著書名:銀行の不良債権処理と会計・監査出版社:中央経済社出版年:平成27 年7 月10 日ISBN978-4-502-15031-9

平成27年(2015年度)

Subjects/Keywords: 銀行; 不良債権処理; 貸倒引当金; 償却; 減損; 銀行会計; 銀行監査

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

児島, . (2016). 銀行の不良債権処理と会計・監査の対応に関する研究 : A Research on the Accounting and Audit for Workout of Bad Debts. (Thesis). Konan University / 甲南大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1260/00001760/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00001760

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

児島, 隆. “銀行の不良債権処理と会計・監査の対応に関する研究 : A Research on the Accounting and Audit for Workout of Bad Debts.” 2016. Thesis, Konan University / 甲南大学. Accessed November 20, 2017. http://id.nii.ac.jp/1260/00001760/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00001760.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

児島, 隆. “銀行の不良債権処理と会計・監査の対応に関する研究 : A Research on the Accounting and Audit for Workout of Bad Debts.” 2016. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

児島 . 銀行の不良債権処理と会計・監査の対応に関する研究 : A Research on the Accounting and Audit for Workout of Bad Debts. [Internet] [Thesis]. Konan University / 甲南大学; 2016. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1260/00001760/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00001760.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

児島 . 銀行の不良債権処理と会計・監査の対応に関する研究 : A Research on the Accounting and Audit for Workout of Bad Debts. [Thesis]. Konan University / 甲南大学; 2016. Available from: http://id.nii.ac.jp/1260/00001760/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00001760

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

18. 厳, 向紅. The studies of skin aging and anti-aging -New mechanism and efficacious biofunctional ingredients- : The studies of skin aging and anti-aging -New mechanism and efficacious biofunctional ingredients-; 皮膚の老化および抗老化に関する研究-新規メカニズムと生体機能性有効成分-.

Degree: 博士(理工学), 2016, Konan University / 甲南大学

皮膚は人体最大の臓器であり、外部刺激や環境因子から生体内部を防御する上で重要な役割を担う。その皮膚老化は、外見に影響を与えるだけでなく、生体防御機構の乱れとして一連の病患を引き起こし、個人の生活の質(QOL; Quality of Life)の低下をもたらすことから、皮膚老化の進行を制御することがますます重要となっている。そこで、皮膚老化に大きく影響する要素を解明し、それぞれの要素の皮膚老化メカニズムを分子生物学的に解析することで、皮膚に対するアンチエイジング効果を持つ生体機能性成分の作用機序について理解することを目的として研究を行った。はじめに、皮膚老化過程を経年的に調査することが被験者の個人差などを排除できる有効な調査方法であることを示し、その経年的な疫学調査から、肌理、シワ、シミの三点が皮膚の見た目の老化にとって最も重要な要素だと認めるとともに、皮膚老化の有効な指標となることを示した。そこでまず、肌理に関わる角化細胞に対してバリア機能を高める効果があるとして知られるOpuntia ficus-indica抽出物(OFIE)の作用について検討を行った。その結果、OFIEはAhR-Nrf2-NQO1(アリール炭化水素受容体—NF-E2関連因子—NAD(P)H酸化還元酵素、キノン1)経路を活性化することで抗酸化作用を持つことが示された。さらに、OFIEがフィラグリンやロリクリンの発現をAhR依存的に増強することで皮膚バリアを保護することを示した。さらに、ヒトの老化した真皮および若い真皮におけるマイクロRNAの発現を網羅的に比較するとともに、生体機能性成分によるマイクロRNA発現様式への影響を調べた。その結果、miRNA 34および29が、線維芽細胞の老化および細胞外マトリックスの再構築を制御する上で中心的な役割を果たし、シワの形成に関与することが明らかとなった。最後に、角化細胞におけるメラニンの生物学的作用を明らかにするため、単純化細胞モデルを構築し、生体機能性成分を評価したところ、ナイアシンアミドおよびトリプシン阻害剤が角化細胞におけるメラニン取り込みを抑制することが示された。さらに、取り込まれたメラニンは角化細胞の細胞周期を停止させ、色素細胞の機能を抑制することが知られるDickkopf 1遺伝子の発現低下を引き起こすことが明らかとなった。これらの結果は、皮膚老化要素に影響を与える角化細胞および線維芽細胞の働きについて新たな知見を提供するものであり、ヒトにおける皮膚老化の抑制に向けた新たな戦略を立てるうえで大きな示唆を与えている。さらに、生体機能性成分が持つ皮膚老化要素に対する有効性をより強固にサポートしている。これらの成果は、今後の新たな皮膚アンチエイジング技術の開発を通して、肌理の乱れ、シワやシミといった多くの人の皮膚老化への懸念を解消し、高齢化社会における人々のQOLの向上に資するものと期待される。

平成27年(2015年度)

Subjects/Keywords: Skin; aging; anti-aging; AhR-Nrf2 signaling; microRNA; melanin uptake

Page 1

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

厳, . (2016). The studies of skin aging and anti-aging -New mechanism and efficacious biofunctional ingredients- : The studies of skin aging and anti-aging -New mechanism and efficacious biofunctional ingredients-; 皮膚の老化および抗老化に関する研究-新規メカニズムと生体機能性有効成分-. (Thesis). Konan University / 甲南大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1260/00001761/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00001761

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

厳, 向紅. “The studies of skin aging and anti-aging -New mechanism and efficacious biofunctional ingredients- : The studies of skin aging and anti-aging -New mechanism and efficacious biofunctional ingredients-; 皮膚の老化および抗老化に関する研究-新規メカニズムと生体機能性有効成分-.” 2016. Thesis, Konan University / 甲南大学. Accessed November 20, 2017. http://id.nii.ac.jp/1260/00001761/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00001761.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

厳, 向紅. “The studies of skin aging and anti-aging -New mechanism and efficacious biofunctional ingredients- : The studies of skin aging and anti-aging -New mechanism and efficacious biofunctional ingredients-; 皮膚の老化および抗老化に関する研究-新規メカニズムと生体機能性有効成分-.” 2016. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

厳 . The studies of skin aging and anti-aging -New mechanism and efficacious biofunctional ingredients- : The studies of skin aging and anti-aging -New mechanism and efficacious biofunctional ingredients-; 皮膚の老化および抗老化に関する研究-新規メカニズムと生体機能性有効成分-. [Internet] [Thesis]. Konan University / 甲南大学; 2016. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1260/00001761/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00001761.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

厳 . The studies of skin aging and anti-aging -New mechanism and efficacious biofunctional ingredients- : The studies of skin aging and anti-aging -New mechanism and efficacious biofunctional ingredients-; 皮膚の老化および抗老化に関する研究-新規メカニズムと生体機能性有効成分-. [Thesis]. Konan University / 甲南大学; 2016. Available from: http://id.nii.ac.jp/1260/00001761/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00001761

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

19. 岩田, いづみ. ラビリンチュラ類を特徴づけるボスロソームと外質ネットに関する細胞学的研究 : Cell Biological Study on Bothrosome and Ectoplasmic Net System Characterizing Labyrinthulomycetes.

Degree: 博士(理学), 2017, Konan University / 甲南大学

無色単細胞真核生物であるラビリンチュラ類は,基質に付着する外質ネットとこれを展開するボスロソームによって特徴づけられている。しかし,これらの詳細な構造や機能など基本的な情報は乏しい状況であった。そこで,ボスロソームと外質ネットを理解することを目的に,Schizochytrium aggregatumを材料として,まずは遊走細胞が栄養細胞になる着生過程におけるボスロソームの形成過程の観察から,ボスロソームに関与するオルガネラを探索し,アクチンとの関係性についても観察を行った。遊走細胞の着生過程において,鞭毛を取り込んだ直後の球形化した段階で,前鞭毛基底小体の前方の位置に,ボスロソームが初めて観察された。その配置は,2つのゴルジ体に近い位置であったことから,ゴルジ体とボスロソームとの間には密接な関係があることが推察された。次に,抗アクチン抗体を用いた間接蛍光抗体法および,免疫電子顕微鏡法による観察から,ボスロソームの隔壁様の電子密度の高い構造は,アクチン重合核ではなく,別の機能をもつことが示唆された。さらに,外質ネットの形態と機能の関係性について明らかにするため,外質ネットからの分解酵素の分泌に着目し,様々な培養条件下で異なるセルラーゼ活性状態と外質ネットの形態を観察した。その結果,栄養源の種類によってセルラーゼの活性には差があり,基質に付着した太い外質ネットでは,強いアクチンの局在とこれまでに観察されていない微細構造の出現を確認した。また,微細藻類を栄養源とする条件で,外質ネットからのグルコースの取り込み速度の上昇が見られたことから,外質ネットは分解酵素の分泌だけでなく,状況に応じて外質ネットの形態変化を伴って,基質の感知や栄養の吸収といった,様々な機能を持つことが示唆された。

平成28年度(2016年度)

Subjects/Keywords: ラビリンチュラ類; 微細構造; 鞭毛装置; 免疫電子顕微鏡法; アクチン; セルラーゼ活性測定

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

岩田, . (2017). ラビリンチュラ類を特徴づけるボスロソームと外質ネットに関する細胞学的研究 : Cell Biological Study on Bothrosome and Ectoplasmic Net System Characterizing Labyrinthulomycetes. (Thesis). Konan University / 甲南大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1260/00002419/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00002419

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

岩田, いづみ. “ラビリンチュラ類を特徴づけるボスロソームと外質ネットに関する細胞学的研究 : Cell Biological Study on Bothrosome and Ectoplasmic Net System Characterizing Labyrinthulomycetes.” 2017. Thesis, Konan University / 甲南大学. Accessed November 20, 2017. http://id.nii.ac.jp/1260/00002419/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00002419.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

岩田, いづみ. “ラビリンチュラ類を特徴づけるボスロソームと外質ネットに関する細胞学的研究 : Cell Biological Study on Bothrosome and Ectoplasmic Net System Characterizing Labyrinthulomycetes.” 2017. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

岩田 . ラビリンチュラ類を特徴づけるボスロソームと外質ネットに関する細胞学的研究 : Cell Biological Study on Bothrosome and Ectoplasmic Net System Characterizing Labyrinthulomycetes. [Internet] [Thesis]. Konan University / 甲南大学; 2017. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1260/00002419/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00002419.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

岩田 . ラビリンチュラ類を特徴づけるボスロソームと外質ネットに関する細胞学的研究 : Cell Biological Study on Bothrosome and Ectoplasmic Net System Characterizing Labyrinthulomycetes. [Thesis]. Konan University / 甲南大学; 2017. Available from: http://id.nii.ac.jp/1260/00002419/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00002419

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

20. 宇治澤, 知代. C. elegansの低温耐性における温度情報伝達の分子制御機構 : Molecular mechanism for temperature signaling in cold tolerance of C. elegans.

Degree: 博士(理学), 2017, Konan University / 甲南大学

温度は生物の生存にとって欠かせない環境情報である。生物は、めまぐるしく変化する環境温度下において生存するために、複雑な体内メカニズムを巧みに働かせている。しかし、この分子制御メカニズムには未知の点が残されている。本研究では、シンプルなモデル生物である線虫Caenorhabditis elegansを用いて動物の温度応答メカニズムの解明を目指し解析を行った。動物の低温に対する応答メカニズムを解析するための実験系として、C. elegansの低温耐性現象を見つけた。低温耐性とは、15℃で飼育された個体は2℃の低温刺激後も生存できるが、20℃や25℃で飼育された個体は2℃の低温刺激後に死滅する現象である。また、25℃飼育個体は、わずか3時間15℃に置くことで2℃の低温刺激後も生存できるようになる。本研究では、この現象を指標にして低温耐性を制御する分子生理機構と組織ネットワークの解析をおこなった。低温耐性を制御する細胞を同定するために、神経系や腸などの組織に異常をもつ変異体の低温耐性を解析したところ、感覚ニューロンで機能するcGMP依存性チャネルTAX-4の変異体において低温耐性の異常が観察された。さらに、tax-4変異体の頭部のASJ感覚ニューロンでtax-4遺伝子を発現させたところ、低温耐性の異常が回復した。これまでに、ASJ感覚ニューロンは光を感じる感覚ニューロンとして知られていた。そこで、ASJ感覚ニューロンが光だけでなく温度をも感知しているのかを、カルシウムイメージング解析を用いて調べたところ、ASJの温度に対する応答性が確認された。ASJ感覚ニューロンの光情報伝達に関わる3量体Gタンパク質経路の変異体を調べたところ、低温耐性の異常がみられた。つまり、光と温度は同じ細胞において共通の分子経路を介して情報を下流へ伝達することが示唆された。低温耐性の表現型とカルシウムイメージングによる解析から、ASJ感覚ニューロンにおいて、複数のGタンパク、グアニル酸シクラーゼ、ホスホジエステラーゼが各々共同的に機能していることが示唆された。ASJはシナプス部位からインスリンを分泌し、腸や神経系がインスリンを受容することが示唆された、さらに、インスリン情報伝達経路の下流で機能するFOXO型転写因子DAF-16による遺伝子の発現制御などを受けて全身の低温耐性が制御されることが見つかった。

平成28年(2016年度)

Subjects/Keywords: C. elegans; 低温耐性; ニューロン; 温度情報伝達

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

宇治澤, . (2017). C. elegansの低温耐性における温度情報伝達の分子制御機構 : Molecular mechanism for temperature signaling in cold tolerance of C. elegans. (Thesis). Konan University / 甲南大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1260/00002420/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00002420

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

宇治澤, 知代. “C. elegansの低温耐性における温度情報伝達の分子制御機構 : Molecular mechanism for temperature signaling in cold tolerance of C. elegans.” 2017. Thesis, Konan University / 甲南大学. Accessed November 20, 2017. http://id.nii.ac.jp/1260/00002420/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00002420.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

宇治澤, 知代. “C. elegansの低温耐性における温度情報伝達の分子制御機構 : Molecular mechanism for temperature signaling in cold tolerance of C. elegans.” 2017. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

宇治澤 . C. elegansの低温耐性における温度情報伝達の分子制御機構 : Molecular mechanism for temperature signaling in cold tolerance of C. elegans. [Internet] [Thesis]. Konan University / 甲南大学; 2017. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1260/00002420/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00002420.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

宇治澤 . C. elegansの低温耐性における温度情報伝達の分子制御機構 : Molecular mechanism for temperature signaling in cold tolerance of C. elegans. [Thesis]. Konan University / 甲南大学; 2017. Available from: http://id.nii.ac.jp/1260/00002420/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00002420

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

21. 園田, 悟. 線虫Caenorhabditis elegansの低温耐性における精子から神経へのフィードバック制御 : Sperm controls thermo-sensory neuron in cold tolerance of Caenorhabditis elegans.

Degree: 博士(理学), 2017, Konan University / 甲南大学

全ての生物にとって、環境温度は生存と繁殖に非常に重要な環境情報である。そのため、全ての生物には環境温度に適応するための生体メカニズムが存在する。動物の温度耐性メカニズムには多くの組織が関与するが、それらの組織間の相互作用による統合的な制御メカニズムは詳細がまだ明らかとなっていない。そこで、シンプルなモデル動物である線虫Caenorhabditis elegansの低温耐性現象をモデルとして、動物の温度耐性メカニズムの解明を目指した。線虫の低温耐性とは、20℃で飼育した個体は2℃に置かれると死滅するのに対し、15℃で飼育した個体は2℃に置かれても生存することができる現象である。これまでの研究から、頭部の温度受容ニューロンASJが温度を受容することでインスリンを分泌し、インスリンを受容した腸や神経系が遺伝子の発現を変化させることで低温耐性を制御することが明らかとなっている。本研究では、新たに低温耐性に関与することが明らかとなった精子から温度受容ニューロンASJへのフィードバックが存在し、その神経活動に影響を与えることを示した。まず、腸のインスリン経路の下流で機能する遺伝子の解析から、精子が低温耐性に影響を与えることが示唆された。さらに、精子の遺伝子と他の組織の遺伝子との関係を遺伝学的解析で調べたところ、精子の遺伝子変異が温度受容ニューロンASJの遺伝子変異より遺伝学的に優位であるという予想外の結果が得られた。また、カルシウムイメージング解析で温度受容ニューロンASJの神経活動を光学的に計測した結果、精子特異的プロテインホスファターゼPP1/GSP-4の変異体で、温度に対する応答性が低下していた。さらに、gsp-4変異体の精子特異的にgsp-4遺伝子を発現させた遺伝子導入系統において、ASJの温度応答性が回復したことから、精子が温度受容ニューロンASJに影響を与えることが示唆された。低温耐性において、精子、神経、そして腸という組織間の情報伝達を行う分子を同定するために、DNAマイクロアレイ解析で同定された飼育温度で発現変動する核内受容体 (Nuclear Hormone Receptor、NHR) の変異体の低温耐性を解析したところ、nhr-88とnhr-114変異体で強い異常が見られた。遺伝学的解析から、既知のインスリン経路とは独立に、神経からNHRを介して腸に温度情報を送っていることが示唆された。以上の結果から、動物の温度耐性において、精子が関与すること、そして、精子が頭部温度受容ニューロンをフィードバック制御することが示唆された。

平成28年(2016年度)

Subjects/Keywords: 線虫C.elegans; 低温耐性; 精子; フィードバックシステム

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

園田, . (2017). 線虫Caenorhabditis elegansの低温耐性における精子から神経へのフィードバック制御 : Sperm controls thermo-sensory neuron in cold tolerance of Caenorhabditis elegans. (Thesis). Konan University / 甲南大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1260/00002421/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00002421

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

園田, 悟. “線虫Caenorhabditis elegansの低温耐性における精子から神経へのフィードバック制御 : Sperm controls thermo-sensory neuron in cold tolerance of Caenorhabditis elegans.” 2017. Thesis, Konan University / 甲南大学. Accessed November 20, 2017. http://id.nii.ac.jp/1260/00002421/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00002421.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

園田, 悟. “線虫Caenorhabditis elegansの低温耐性における精子から神経へのフィードバック制御 : Sperm controls thermo-sensory neuron in cold tolerance of Caenorhabditis elegans.” 2017. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

園田 . 線虫Caenorhabditis elegansの低温耐性における精子から神経へのフィードバック制御 : Sperm controls thermo-sensory neuron in cold tolerance of Caenorhabditis elegans. [Internet] [Thesis]. Konan University / 甲南大学; 2017. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1260/00002421/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00002421.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

園田 . 線虫Caenorhabditis elegansの低温耐性における精子から神経へのフィードバック制御 : Sperm controls thermo-sensory neuron in cold tolerance of Caenorhabditis elegans. [Thesis]. Konan University / 甲南大学; 2017. Available from: http://id.nii.ac.jp/1260/00002421/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00002421

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

22. 土井, 耕作. ラビリンチュラ綱ヤブレツボカビ科の属と種に関する分類学的研究 : Taxonomic study on the genera and species of the family Thraustochytriaceae(Labyrinthulomycetes).

Degree: 博士(理学), 2017, Konan University / 甲南大学

ヤブレツボカビ科は,ストラメノパイル生物群ラビリンチュラ綱に位置する単細胞真核微生物である。この科の属や種は,生活史に見られる形態に基づいて分類体系が構築されてきたが,分子系統樹上で多系統群となり,系統関係を反映していないことが指摘されていた。そのため,形態と系統関係を反映した分類学的な整理が進められてきている。しかしながら,最も種数が多い基準属のThraustochytrium 属は,分類学的な整理が行われないまま,現在も多系統群として認識されている。また,他の種のレベルでも,属は特定されながら種が同定されていない生物株が多数存在しており,やはり整理も十分とはいえない状況である。そこで本研究では,ヤブレツボカビ科の属と種を対象に,形質と系統関係を総合的に考慮した分類学的な整理を行うことを目的とし,多系統群を形成しているThraustochytrium 属の属レベルの分類,およびAurantiochytrium 属内の種レベルの分類学的な検討を行った。Thraustochytrium 属の分類については,まず,基準種であるT. proliferumについて,より詳細な形態形質の把握と分子系統学的位置の把握をするため,タイプ産地などから分離株の確立を目指したが,基準種と同定できる株は分離できなかった。そこで2番目に記載されたT. globosumを対象に,基準種の記載された形質に基づいて,分類学的な考察を行った。その結果,原基体の有無や,遊走細胞の形成様式などの形質が,基準種とは明確に異なり,他の属と同程度の形質の違いによって区別されることから,新属Monorhizochytriumを設立した。また,Aurantiochytrium 属の分類については,タイプ産地から分離した株からAurantio¬chytrium mangroveiを発見し,詳細な形態観察から,この属が既に記載された2種と,本研究で記載した1新種の,3系統群から構成されることを示した。

平成28年度(2016年度)

Subjects/Keywords: ラビリンチュラ綱; ヤブレツボカビ科; Thraustochytrium; Aurantiochytrium; 分子系統樹; 生活史; メタゲノム解析

Page 1

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

土井, . (2017). ラビリンチュラ綱ヤブレツボカビ科の属と種に関する分類学的研究 : Taxonomic study on the genera and species of the family Thraustochytriaceae(Labyrinthulomycetes). (Thesis). Konan University / 甲南大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1260/00002422/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00002422

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

土井, 耕作. “ラビリンチュラ綱ヤブレツボカビ科の属と種に関する分類学的研究 : Taxonomic study on the genera and species of the family Thraustochytriaceae(Labyrinthulomycetes).” 2017. Thesis, Konan University / 甲南大学. Accessed November 20, 2017. http://id.nii.ac.jp/1260/00002422/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00002422.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

土井, 耕作. “ラビリンチュラ綱ヤブレツボカビ科の属と種に関する分類学的研究 : Taxonomic study on the genera and species of the family Thraustochytriaceae(Labyrinthulomycetes).” 2017. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

土井 . ラビリンチュラ綱ヤブレツボカビ科の属と種に関する分類学的研究 : Taxonomic study on the genera and species of the family Thraustochytriaceae(Labyrinthulomycetes). [Internet] [Thesis]. Konan University / 甲南大学; 2017. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1260/00002422/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00002422.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

土井 . ラビリンチュラ綱ヤブレツボカビ科の属と種に関する分類学的研究 : Taxonomic study on the genera and species of the family Thraustochytriaceae(Labyrinthulomycetes). [Thesis]. Konan University / 甲南大学; 2017. Available from: http://id.nii.ac.jp/1260/00002422/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00002422

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

23. 柳川, 大樹. シロイヌナズナのLCBキナーゼ1(LCBK1)におけるスフィンゴ脂質の代謝動態の解析 : Detailed analysis of long-chain base phosphate metabolism in Arabidopsis LCB kinase(LCBK1).

Degree: 博士(理学), 2017, Konan University / 甲南大学

マイコトキシンの一つフモニシンB1(FB1)を植物組織に処理すると、細胞死が観察される。また、FB1処理によって、スフィンゴ脂質代謝産物である遊離の長鎖塩基(LCB)が大量に蓄積することも知られている。一方植物は、LCBの蓄積を回避するために、LCBをリン酸化する巧みな代謝調節を働かせている。しかし、この代謝調節のメカニズムには未知の点が残されている。遊離のLCBは、LCBキナーゼ(LCBK)によってLCB-1-リン酸(LCBP)に変換される。一方、LCBP はLCBPホスファターゼ(SPP)により脱リン酸化されてLCBにリサイクルされるか、もしくはLCBPリアーゼ(DPL)によりC16アルデヒドとホスホエタノールアミンに分解される。本研究では、モデル植物であるシロイヌナズナ(Arabidopsis thaliana)を用いて、FB1で誘導される細胞死のレベルと、LCBおよびLCBPの量的関係性を、LCBのリン酸化代謝経路の制御メカニズムの観点から明らかにすることを目指し解析を行った。本研究では、シロイヌナズナLCBK1遺伝子に関する過剰発現株(LCBK1-OX1、LCBK1-OX2)とノックダウン株(LCBK1-KD1、LCBK1-KD2)を作製し、また、LCBPの分解系に関わるノックアウト株(dpl1 、spp1)を用いて、FB1処理した際の細胞死の判定に基づく表現型解析と、LC-MS/MSによるLCBおよびLCBPの定量分析を行った。まず、シロイヌナズナ実生において、LCBK1-OX1は、野生株に比べてFB1に耐性を示し、LCBK1-KD1では感受性を示すことを確認した。さらに、FB1で処理したロゼット葉において、LCBK1-KD1および dpl1は、野生株に比べて死細胞が多く観察された。一方、LCBK1-OX1および spp1ではほとんど死細胞が観察されなかった。LC-MS/MS解析において、LCBK1-KD1および dpl1では野生株と比較して、主にジヒドロスフィンゴシン(d18:0)が増加することが分かった。また、本研究では、植物に存在する微量LCBP分子種をLC-MS/MSによって検出する方法を開発した。この方法によって、LCBPはspp1およびdpl1において、野生株と比較して増加し、LCBK1-KD1では減少することを明らかにした。これらの結果から、FB1によって誘導される細胞死は、d18:0の蓄積と相関し、LCBPの代謝経路は、FB1処理におけるLCBの蓄積を調節し、細胞死を制御するのに不可欠であることが示唆された。さらに、LCBK1によるLCBのリン酸化は、FB1処理におけるLCBPの代謝動態に影響を与えることが示唆された。

平成28年度(2016年度)

Subjects/Keywords: フモニシンB1; スフィンゴイドキナーゼ; スフィンゴイド1-リン酸; LC-MS/MS

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

柳川, . (2017). シロイヌナズナのLCBキナーゼ1(LCBK1)におけるスフィンゴ脂質の代謝動態の解析 : Detailed analysis of long-chain base phosphate metabolism in Arabidopsis LCB kinase(LCBK1). (Thesis). Konan University / 甲南大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1260/00002423/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00002423

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

柳川, 大樹. “シロイヌナズナのLCBキナーゼ1(LCBK1)におけるスフィンゴ脂質の代謝動態の解析 : Detailed analysis of long-chain base phosphate metabolism in Arabidopsis LCB kinase(LCBK1).” 2017. Thesis, Konan University / 甲南大学. Accessed November 20, 2017. http://id.nii.ac.jp/1260/00002423/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00002423.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

柳川, 大樹. “シロイヌナズナのLCBキナーゼ1(LCBK1)におけるスフィンゴ脂質の代謝動態の解析 : Detailed analysis of long-chain base phosphate metabolism in Arabidopsis LCB kinase(LCBK1).” 2017. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

柳川 . シロイヌナズナのLCBキナーゼ1(LCBK1)におけるスフィンゴ脂質の代謝動態の解析 : Detailed analysis of long-chain base phosphate metabolism in Arabidopsis LCB kinase(LCBK1). [Internet] [Thesis]. Konan University / 甲南大学; 2017. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1260/00002423/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00002423.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

柳川 . シロイヌナズナのLCBキナーゼ1(LCBK1)におけるスフィンゴ脂質の代謝動態の解析 : Detailed analysis of long-chain base phosphate metabolism in Arabidopsis LCB kinase(LCBK1). [Thesis]. Konan University / 甲南大学; 2017. Available from: http://id.nii.ac.jp/1260/00002423/ ; http://dx.doi.org/10.14990/00002423

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

24. 勘場, 麻里. カイコの卵エクジステロイドの精製と構造解析 : Isolation and structure characterization of oo-ecdysteroids in the silkworm, Bombyx mori.

Degree: 博士(理学), 2015, Konan University / 甲南大学

昆虫の脱皮ホルモン(エクジステロイド)は、前胸腺や卵巣・卵系で合成されるステロイドホルモンである。前胸腺で合成されたエクジステロイドが幼虫や蛹の脱皮や変態を支配することは古くから知られている。しかし、卵巣・卵系に含まれるエクジステロイド(卵エクジステロイドと呼ばれている)については、種々の昆虫で卵巣の成熟や胚の発生の調節に関与しているという仮説が提案されているが、まだ十分に解析は進んでいない。 本研究では、カイコBombyx moriを用いて、卵エクジステロイドの代謝系や生理作用の解析の手がかりを得るために、卵エクジステロイドを精査し、今迄に報告されていないエクジステロイドの構造解析を行った。従来、カイコの卵エクジステロイドの分析は、主に逆相高速液体クロマトグラフィー(RP-HPLC)にてエクジステロイドを分離した後に、UV吸収とラジオイムノアッセイ(RIA)にて検出するという方法であった。そして、これらの方法により、6種類の遊離型エクジステロイド(ecdysone, 20-hydroxy-ecdysone, 2-deoxy-20-hydroxyecdysone, 2-deoxyecdysone, 2,22-dideoxy-20-hydroxyecdysone, bombycosterol)と、それらのリン酸エステル(抱合型)6種類が明らかにされ、それらのエクジステロイドの代謝系の順序も仮説として提案されていた。しかし、従来カイコの卵エクジステロイドのRIAによる検出に用いられていた抗体は、その抗体の特性から考えて、すべての卵エクジステロイドを検出しているとは限らないことが明らかとなった。そこで本論文では、カイコの卵エクジステロイドを、HPLCで分離後、UV吸収と認識部位の異なる2種類の抗体を用いたRIAにて解析を行った。その結果、これまで報告されていたエクジステロイドに加えて、さらに12種類のエクジステロイドを検出することが出来た。そこで、これらの新たに検出されたエクジステロイドを、薄層クロマトグラフィー、RP-HPLCなどによって単離精製したのち、それぞれを高速原子衝突質量分析(FAB-MS)および核磁気共鳴スペクトル(NMR)にて解析し、化学構造を明らかにした。その結果、8種類は、これまで報告されていない新たなエクジステロイドであり、そして残りの4種類は、これまで他の昆虫などで報告されているが、カイコで初めて検出されたエクジステロイドであることが明らかとなった。前者は3-epi-22-deoxy-20,26-dihydroxyecdysone,3-epi-22-deoxy-16(β), 20-dihydroxy-ecdysone, 2,22-dideoxy-23(S)-hydroxyecdysone, 22-deoxy-20-hydroxyecdysone 3-phosphate, 3-epi-2-deoxyecdysone 22-phosphate, 3-epi-22-deoxy-16(β),20-dihydro-xyecdysone 2-phosphate, 3-epi-22-deoxy-20,26-dihydroxyecdysone 2-phosphate, 2,22-dideoxy-23(S)-hydroxyecdysone 3-phosphateであり、後者は22-deoxy-20-hydroxyecdysone, 3-epi-ecdysone, 3-epi-2-deoxyecdysone, 3-epi-ecdysone 22-phosphateである。検出されたエクジステロイドの構造的な特徴として22-デオキシ型と3α-エピマーが多いこと、さらにそれらがリン酸エステルを形成していることが挙げられる。そこで、これまで報告されている卵エクジステロイドと、今回明らかにされた卵エクジステロイドから、卵エクジステロイドの代謝系について、次の点を中心に考察を行った。(1)エクジステロイドの水酸化反応という観点から、今回検出されたエクジステロイドの代謝系における位置づけを考察した。(2)抱合型の生成は、C-22, C-3, C-2の順序で水酸基がリン酸化され易いこと、またエクジステロイドが3-デヒドロ体を経由して、3α-エピマーとなる反応系では、エクジステロイドの酸化反応が律速段階となっていることなどについて考察した。(3)卵エクジステロイドの生理的意義について考察を行った。

平成6年度(1994年度)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

勘場, . (2015). カイコの卵エクジステロイドの精製と構造解析 : Isolation and structure characterization of oo-ecdysteroids in the silkworm, Bombyx mori. (Thesis). Konan University / 甲南大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1260/00000011/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

勘場, 麻里. “カイコの卵エクジステロイドの精製と構造解析 : Isolation and structure characterization of oo-ecdysteroids in the silkworm, Bombyx mori.” 2015. Thesis, Konan University / 甲南大学. Accessed November 20, 2017. http://id.nii.ac.jp/1260/00000011/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

勘場, 麻里. “カイコの卵エクジステロイドの精製と構造解析 : Isolation and structure characterization of oo-ecdysteroids in the silkworm, Bombyx mori.” 2015. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

勘場 . カイコの卵エクジステロイドの精製と構造解析 : Isolation and structure characterization of oo-ecdysteroids in the silkworm, Bombyx mori. [Internet] [Thesis]. Konan University / 甲南大学; 2015. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1260/00000011/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

勘場 . カイコの卵エクジステロイドの精製と構造解析 : Isolation and structure characterization of oo-ecdysteroids in the silkworm, Bombyx mori. [Thesis]. Konan University / 甲南大学; 2015. Available from: http://id.nii.ac.jp/1260/00000011/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

25. 千葉, 章太. ホヤ胚初期発生過程における細胞分化メカニズムの解析.

Degree: 博士(理学), 2015, Konan University / 甲南大学

本研究では、細胞分化メカニズムを(1)卵内における決定因子の局在化と予定割球への分配、(2)組織予定割球における決定因子の核への移行、(3)分化のための遺伝子カスケードの進行、の3つの局面に区別して解析することで、統括的に細胞分化メカニズムを理解することを目指した。同時に、カタユウレイボヤとユウレイボヤの各組織分化マーカーを多数調製し、その分化メカニズムの研究基盤を整えることを目指した。 第3章前半では、遺伝子カスケードに注目し、モノクローナル抗体法を用いて細胞の違いを生み出す分子の検索を行った。その結果、一部の脊索細胞を特異的に認識するモノクローナル抗体CiNot-1を調製でき、形態的には均一な脊索細胞において発現している分子種に差異があることを示した。そして、CiNot-1を脊索における細胞系譜の分子マーカーとして確立した。 第3章後半では、決定因子の核への移行に注目し、卵割期の核タンパク質を認識するモノクローナル抗体を調製し、その中から分化の引き金を引く転写調節因子を見つけだそうとした。そのために免疫寛容法などを利用したが、期待されたほどの効果が得られず、転写調節因子は見つからなかった。そのかわり、卵割期の核を認識する5種類の抗体が得られた。そのエピトープは核と細胞質の両方に存在し、発生過程において独特の挙動を示す。この挙動は、特定の時期に核へ移行する転写調節因子の特性を知る上で興味深い。また、Nup-4エピトープをコードするcDNAを単離したところ、ポリユビキチン遺伝子であった。 第4章では、カスケードの終盤で働く組織特異的遺伝子に注目した。尾芽胚期で発現する遺伝子を高頻度に持つライブラリーを作製し、そこから組織特異的に発現し、分化マーカーとして有用な遺伝子を一度に多数単離した。それらのうち、表皮細胞特異的に発現する2クローンと筋肉細胞特異的に発現する2クローンについて詳細に解析を行った。そのなかでCsEpi-2は、ホヤzygotic遺伝子の中で最も早い8細胞期から発現が見られ、表皮細胞の分化が8細胞期ですでに始まっていることを明らかにした。CsMA-1はユウレイボヤではじめて単離された筋肉アクチンであった。また、CsEpi-2以外は、カタユウレイボヤ胚でもマーカーとして利用できることがわかった。 第5章では、卵細胞質再配置により決定因子が正確に局在することに注目し、筋肉細胞分化に関わることの知られているマイオプラズミンC1とp58の局在するメカニズムを細胞骨格繊維との関係を中心に解析した。その結果、局在に関与すると思われる新たな微小管の特異構造を発見した。また、2つの分子の局在はほぼ完全に一致し、その移動には細胞骨格繊維が関与していた。さらにin vitroでこの2つの分子が互いに結合できることも明らかにした。これらの結果は、決定因子の局在化と分配メカニズムを理解するうえで、重要な知見となった。以上の結果をもとに、決定因子が複合体として機能するという仮説をたて、ホヤ細胞分化メカニズムの全体像を考察し論議した。

平成10年度(1998年度)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

千葉, . (2015). ホヤ胚初期発生過程における細胞分化メカニズムの解析. (Thesis). Konan University / 甲南大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1260/00000012/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

千葉, 章太. “ホヤ胚初期発生過程における細胞分化メカニズムの解析.” 2015. Thesis, Konan University / 甲南大学. Accessed November 20, 2017. http://id.nii.ac.jp/1260/00000012/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

千葉, 章太. “ホヤ胚初期発生過程における細胞分化メカニズムの解析.” 2015. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

千葉 . ホヤ胚初期発生過程における細胞分化メカニズムの解析. [Internet] [Thesis]. Konan University / 甲南大学; 2015. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1260/00000012/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

千葉 . ホヤ胚初期発生過程における細胞分化メカニズムの解析. [Thesis]. Konan University / 甲南大学; 2015. Available from: http://id.nii.ac.jp/1260/00000012/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

26. 日夏, 嘉壽雄. 関西系製糸企業の戦後戦略展開を比較分析することから導かれる成熟産業の脱成熟化戦略とそのための経営資源に関する研究.

Degree: 博士(経営学), 2015, Konan University / 甲南大学

平成10年度(1998年度)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

日夏, . (2015). 関西系製糸企業の戦後戦略展開を比較分析することから導かれる成熟産業の脱成熟化戦略とそのための経営資源に関する研究. (Thesis). Konan University / 甲南大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1260/00000013/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

日夏, 嘉壽雄. “関西系製糸企業の戦後戦略展開を比較分析することから導かれる成熟産業の脱成熟化戦略とそのための経営資源に関する研究.” 2015. Thesis, Konan University / 甲南大学. Accessed November 20, 2017. http://id.nii.ac.jp/1260/00000013/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

日夏, 嘉壽雄. “関西系製糸企業の戦後戦略展開を比較分析することから導かれる成熟産業の脱成熟化戦略とそのための経営資源に関する研究.” 2015. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

日夏 . 関西系製糸企業の戦後戦略展開を比較分析することから導かれる成熟産業の脱成熟化戦略とそのための経営資源に関する研究. [Internet] [Thesis]. Konan University / 甲南大学; 2015. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1260/00000013/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

日夏 . 関西系製糸企業の戦後戦略展開を比較分析することから導かれる成熟産業の脱成熟化戦略とそのための経営資源に関する研究. [Thesis]. Konan University / 甲南大学; 2015. Available from: http://id.nii.ac.jp/1260/00000013/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

27. 田中, 仁夫. ホヤ初期発生におけるRNA結合タンパク質の役割に関する研究.

Degree: 博士(理学), 2015, Konan University / 甲南大学

ホヤ卵では、細胞分化や形態形成に関わる細胞質因子の存在が明確に示されており、それらの卵内における局在場所も同定されている。近年の分子生物学の発達により、細胞質決定因子には母性mRNAが中心的な役割を果たしていることが明らかにされてきた。しかし、その母性mRNAが決定因子として働くには、その保護、局在化、翻訳調節などを司るRNA結合タンパク質の役割が必要不可欠である。そこで本研究では、カタユウレイボヤ卵より、様々なmRNA結合タンパク質を単離し、その発見解析と機能解析を行い、決定因子となる母性mRNAの解明と、それらが決定因子として働く分子メカニズムを明らかにすることを目的とした。今回、解析を行ったおもなRNA結合タンパク質は、以下4つである。(1)CiYB1;コールドショックドメインを持つY-boxタンパク質であり、in vitroでのRNA結合能が示された。CiYB1タンパク質は、受精卵ではマイオプラズムに、卵割期では胚後極のCABに局在していた。CABには、胚の前部の形成に重要な母性Ci-pem mRNAも局在しており、in vitroでのCiYB1タンパク質とCi-pem mRNAの結合も確かめられたことから、CiYB1によるCi-pem mRNAの翻訳抑制と胚の前側形成との関与が強く示唆された。(2)CiGRP1; glycine-rich RNA-binding proteinと高い相同性があり、そのmRNAとタンパク質は尾芽胚期の脳胞および間充織細胞で強く発現していた。既知の多くのglycine-rich RNA-binding proteinと異なり、CiGRP1は温度ショックによって誘導されないことを示し、神経系と間充織細胞の分化への関与を強く示唆した。RNAの強制発現による機能解析では、不十分ながら細胞分裂、細胞増殖との関連も示唆された。(3)CiRGG1;3つのRRMと2つのRGG-boxを持つnucleorin様の構造をしたRNA結合タンパク質であった。このmRNAは、2細胞期に一過的に胚の前方へ偏ることがわかり、2細胞期に胚前期側への細胞質の流れが存在することを示した。(4)CiMsi; Musashiタンパク質のホモログであり、mRNAは、尾芽胚期で神経系細胞と間充織細胞で発現していた。RNAの強制発現による機能解析では、頭部から尾部へかけての形態異常が起こり、尾基部付近の細胞分化に関する機能が示唆された。以上のように、カタユウレイボヤ卵から、様々なタイプのRNA結合タンパク質を単離し、その詳細な発現を解析するとともに、その機能に関する知見を得た。決定因子と直接関わる可能性が明確に示されたものはCiYB1のみであったが、多くのRNA結合タンパク質が卵内にあらかじめ蓄えられていることが明らかになった。今回の結果は、ホヤ卵におけるRNA結合タンパク質と母性mRNAが関与する様々な発生メカニズムを研究する上で重要な知見を与えるものとなった。また、本研究はホヤにおけるRNA結合タンパク質を多角的に解析した初めての研究である。

平成11年度(1999年度)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

田中, . (2015). ホヤ初期発生におけるRNA結合タンパク質の役割に関する研究. (Thesis). Konan University / 甲南大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1260/00000014/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

田中, 仁夫. “ホヤ初期発生におけるRNA結合タンパク質の役割に関する研究.” 2015. Thesis, Konan University / 甲南大学. Accessed November 20, 2017. http://id.nii.ac.jp/1260/00000014/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

田中, 仁夫. “ホヤ初期発生におけるRNA結合タンパク質の役割に関する研究.” 2015. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

田中 . ホヤ初期発生におけるRNA結合タンパク質の役割に関する研究. [Internet] [Thesis]. Konan University / 甲南大学; 2015. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1260/00000014/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

田中 . ホヤ初期発生におけるRNA結合タンパク質の役割に関する研究. [Thesis]. Konan University / 甲南大学; 2015. Available from: http://id.nii.ac.jp/1260/00000014/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

28. 日比野, 欣也. Search for Ultra-high Energy Gamma Rays from Celestial Point Sources in the Southern Hemisohere : Search for Ultra-high Energy Gamma Rays from Celestial Point Sources in the Southern Hemisohere; 南天における超高エネルギーガンマ線点源の探索.

Degree: 博士(理学), 2015, Konan University / 甲南大学

The JANZOS (Japan, Australia, and New Zealand Observation of Supernova 1987A) experiment was started to search for ultra-high energy gamma-rays with energies around 100 TeV… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

日比野, . (2015). Search for Ultra-high Energy Gamma Rays from Celestial Point Sources in the Southern Hemisohere : Search for Ultra-high Energy Gamma Rays from Celestial Point Sources in the Southern Hemisohere; 南天における超高エネルギーガンマ線点源の探索. (Thesis). Konan University / 甲南大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1260/00000015/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

日比野, 欣也. “Search for Ultra-high Energy Gamma Rays from Celestial Point Sources in the Southern Hemisohere : Search for Ultra-high Energy Gamma Rays from Celestial Point Sources in the Southern Hemisohere; 南天における超高エネルギーガンマ線点源の探索.” 2015. Thesis, Konan University / 甲南大学. Accessed November 20, 2017. http://id.nii.ac.jp/1260/00000015/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

日比野, 欣也. “Search for Ultra-high Energy Gamma Rays from Celestial Point Sources in the Southern Hemisohere : Search for Ultra-high Energy Gamma Rays from Celestial Point Sources in the Southern Hemisohere; 南天における超高エネルギーガンマ線点源の探索.” 2015. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

日比野 . Search for Ultra-high Energy Gamma Rays from Celestial Point Sources in the Southern Hemisohere : Search for Ultra-high Energy Gamma Rays from Celestial Point Sources in the Southern Hemisohere; 南天における超高エネルギーガンマ線点源の探索. [Internet] [Thesis]. Konan University / 甲南大学; 2015. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1260/00000015/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

日比野 . Search for Ultra-high Energy Gamma Rays from Celestial Point Sources in the Southern Hemisohere : Search for Ultra-high Energy Gamma Rays from Celestial Point Sources in the Southern Hemisohere; 南天における超高エネルギーガンマ線点源の探索. [Thesis]. Konan University / 甲南大学; 2015. Available from: http://id.nii.ac.jp/1260/00000015/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

29. 齋藤, 敏治. 宇宙線陽子のKneeエネルギー領域における到来強度.

Degree: 博士(理学), 2015, Konan University / 甲南大学

宇宙線のエネルギースペクトルは広いエネルギー領域に渡ってベキ乗則に従い、1015~1016eVにkneeと呼ばれるベキの値が変化している領域が存在している。空気シャワー観測では1015.3eVでベキが-2.7から-3.0へ急激に変化している結果が得られているが、どのような原因でベキの変化が生じているかは明らかにされていない。1015~1016eVの領域でベキが変化している原因として種々のモデルが提案されている。1980年代にLinsly達はKnee領域で宇宙線源が変わり、新しい宇宙線源の寄与が始まるためにベキが変化するというモデルを提案した。また、1992年になり活動銀河が放出しているγ線が人口衛星による観測で確認されたが、これに基づきProtheroe達は活動銀河から飛来した宇宙線陽子の寄与がKnee領域に現れるモデルを提案している。他方、新たな宇宙線源を想定しなくても宇宙線の加速機構の変化でKneeの形成を可能にするAxford達のモデルがある。われわれはこれらのモデルについて優劣を調べるためにKnee領域の宇宙線組成に着目した。特に宇宙線陽子成分は100TeV迄のエネルギー・スペクトルが直接観測で得られており、また、現在提案されているKnee形成モデルの優劣を決める上において宇宙線中の陽子成分強度は決定的な情報である。本研究では高エネルギー電磁成分を伴った空気シャワーの観測から一次宇宙線陽子成分の絶対強度を求める新しい解析方法をシミュレーション計算をもとに考案し、乗鞍観測所で行われた観測データに適用した。シミュレーションによると観測される高エネルギー電磁成分を伴った空気シャワーの総粒子数と高エネルギー電磁成分のエネルギー比、Ne/ΣE、と高エネルギー電磁成分の広がりを考慮すると観測例の中から陽子成分が優勢な領域を設定することができ、またシミュレーションで観測される陽子起源の観測例の生成率から一次宇宙線陽子成分の絶対強度を求めることができることが明らかになった。この方法を乗鞍で行なわれた連動実験に適応しE≧3×1015eVで(2.1±1.1)×10-8m-2・sec-1・sr-1の絶対強度を初めて得ることができた。得られた陽子の絶対強度に対するシミュレーションで用いたモデルによる系統誤差は±20%である。Knee領域においては、空気シャワー観測によって求められている全宇宙線強度に対して、陽子成分は15%以下という低い強度をあたえることになり、100TeV領域では陽子成分が宇宙線の主要成分であるのに対し、Knee領域ではもはや陽子は主要成分ではなくなっていることが明らかになった。100TeV以下のエネルギー領域で宇宙線の鉄成分のエネルギー・スペクトルはベキが-2.5と緩やかなスペクトルとなって高エネルギー側へ伸びている。Knee領域では鉄成分がこのまま伸びて陽子のかわりに主要成分となって、ベキの変化を起こしている可能性が強くなった。本研究で得られた陽子成分の絶対強度はKnee領域に活動銀河からの陽子成分の寄与でKneeが形成されるとしたProtheroeのモデルに対し、陽子成分の強度が全宇宙線強度の15%以下であることから成立は困難となった。Knee形成モデルについては銀河系内での宇宙線の加速効率の変化と宇宙線の銀河系からの漏れだしにより生じていると考えることができることを示した。

平成5年度(1993年度)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

齋藤, . (2015). 宇宙線陽子のKneeエネルギー領域における到来強度. (Thesis). Konan University / 甲南大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1260/00000016/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

齋藤, 敏治. “宇宙線陽子のKneeエネルギー領域における到来強度.” 2015. Thesis, Konan University / 甲南大学. Accessed November 20, 2017. http://id.nii.ac.jp/1260/00000016/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

齋藤, 敏治. “宇宙線陽子のKneeエネルギー領域における到来強度.” 2015. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

齋藤 . 宇宙線陽子のKneeエネルギー領域における到来強度. [Internet] [Thesis]. Konan University / 甲南大学; 2015. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1260/00000016/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

齋藤 . 宇宙線陽子のKneeエネルギー領域における到来強度. [Thesis]. Konan University / 甲南大学; 2015. Available from: http://id.nii.ac.jp/1260/00000016/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

30. 吉田, 秀司. KrF-laser-pumped metal vapor lasers : KrF-laser-pumped metal vapor lasers; KrFレーザ励起金属蒸気レーザ.

Degree: 博士(理学), 2015, Konan University / 甲南大学

New laser oscillations of iron and tantalum atoms have been observed for the first time by author with the aid of optically pumped Fe and… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

吉田, . (2015). KrF-laser-pumped metal vapor lasers : KrF-laser-pumped metal vapor lasers; KrFレーザ励起金属蒸気レーザ. (Thesis). Konan University / 甲南大学. Retrieved from http://id.nii.ac.jp/1260/00000017/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

吉田, 秀司. “KrF-laser-pumped metal vapor lasers : KrF-laser-pumped metal vapor lasers; KrFレーザ励起金属蒸気レーザ.” 2015. Thesis, Konan University / 甲南大学. Accessed November 20, 2017. http://id.nii.ac.jp/1260/00000017/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

吉田, 秀司. “KrF-laser-pumped metal vapor lasers : KrF-laser-pumped metal vapor lasers; KrFレーザ励起金属蒸気レーザ.” 2015. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

吉田 . KrF-laser-pumped metal vapor lasers : KrF-laser-pumped metal vapor lasers; KrFレーザ励起金属蒸気レーザ. [Internet] [Thesis]. Konan University / 甲南大学; 2015. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://id.nii.ac.jp/1260/00000017/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

吉田 . KrF-laser-pumped metal vapor lasers : KrF-laser-pumped metal vapor lasers; KrFレーザ励起金属蒸気レーザ. [Thesis]. Konan University / 甲南大学; 2015. Available from: http://id.nii.ac.jp/1260/00000017/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

[1] [2]

.