Advanced search options

Advanced Search Options 🞨

Browse by author name (“Author name starts with…”).

Find ETDs with:

in
/  
in
/  
in
/  
in

Written in Published in Earliest date Latest date

Sorted by

Results per page:

Sorted by: relevance · author · university · dateNew search

You searched for publisher:"Kagoshima University". Showing records 1 – 30 of 1526 total matches.

[1] [2] [3] [4] [5] … [51]

Search Limiters

Last 2 Years | English Only

Languages

▼ Search Limiters

1. 大富, あき子. 食品加工企業の展開がフードシステムに与える影響に関する研究 : 節加工産業を中心として : ショクヒン カコウ キギョウ ノ テンカイ ガ フード システム ニ アタエル エイキョウ ニ カンスル ケンキュウ : ブシ カコウ サンギョウ オ チュウシン トシテ.

Degree: PhD, Fisheries Science, 2016, Kagoshima University / 鹿児島大学

近年,簡便化を志向した高次加工食品の消費が拡大している。こうした加工化の進展は,原料化されざるを得ない既存食品の需給構造や産地形成に大きな変化をもたらしているのではないか。現代的な食品の全体的需給を理解しその将来を展望するためには,こうした新しい食品加工産業の展開とその影響を明らかにする必要があろう。本研究では上記の問題意識に接近するために,簡便化食品市場拡大の経緯を明らかにした上で,当該市場における食品加工企業の行動実態並びに原料化される既存食品の需給構造変化さらには原料産地の構造再編状況をフードシステムの観点から明らかにすること,を研究の目的とした。研究対象は,伝統的食品産業でありながら,近年では簡便化食品への原料供給機能を拡大させている節加工産業とする。またフードシステムの観点から変化の様相を捉え,そこにおける具体的な企業行動について焦点を当てた分析を行った。本研究では以下のことを明らかとした。第一に,簡便化トレンドの進展と共に,節加工産業ではめんつゆなどの大衆的簡便化食品が生産されるようになったが,ここに大手食品企業が参入した。これらの企業は新製品を開発し大量販売することによって当該市場をさらに拡大した。その結果めんつゆ市場は大きく成長すると同時に,少数の大企業によって寡占化された市場となった。 第二に,めんつゆ市場が拡大するにつれて原料節の調達規模も大量となった。またその原料節に対しては大量性,安定性,規格性などが強く要求されるようになった。その結果,大規模な節製造企業が選別され,大手食品企業と固定的,継続的な取引関係が構築された。大手食品企業の商品開発や企業間競争上の要請によって,節製造現場が大きく左右される状況となっている。第三に,節製品の加工原料としての需給調整や中間的加工を行う存在として,「だしメーカー」という新しい業態が節加工産業のフードシステム上に出現した。「だしメーカー」は全国の節産地から原料節を集約的に調達し,中間的加工を施して汎用パーツ化し,大手食品企業の注文に応じて供給する役割を担っている。大規模節製造企業は実際にはこうした「だしメーカー」のイニシアチブの下で,そこで必要とされる原料節を大量供給することが求められている。その結果,こうした大規模節製造企業では生産の自立性が低下しつつあるが,伝統的節製造企業が衰退するのと対照的に,新規投資と大量生産によって業容をさらに拡大し成長を続けている。このように,本研究では簡便化食品市場の拡大とそこにおける活発かつ合理的な企業行動が,伝統的な節加工産地の構造再編を大きく進めているメカニズムを明らかにした。拡大する簡便化志向を背景とした食品加工産業の現代的展開は,既存のフードシステムを大きく変化させるインパクトを有するものである。

連合農学研究科博士論文(水産学) ; 学位取得日: 平成24年3月16日

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

大富, . (2016). 食品加工企業の展開がフードシステムに与える影響に関する研究 : 節加工産業を中心として : ショクヒン カコウ キギョウ ノ テンカイ ガ フード システム ニ アタエル エイキョウ ニ カンスル ケンキュウ : ブシ カコウ サンギョウ オ チュウシン トシテ. (Doctoral Dissertation). Kagoshima University / 鹿児島大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10232/12642

Chicago Manual of Style (16th Edition):

大富, あき子. “食品加工企業の展開がフードシステムに与える影響に関する研究 : 節加工産業を中心として : ショクヒン カコウ キギョウ ノ テンカイ ガ フード システム ニ アタエル エイキョウ ニ カンスル ケンキュウ : ブシ カコウ サンギョウ オ チュウシン トシテ.” 2016. Doctoral Dissertation, Kagoshima University / 鹿児島大学. Accessed February 22, 2018. http://hdl.handle.net/10232/12642.

MLA Handbook (7th Edition):

大富, あき子. “食品加工企業の展開がフードシステムに与える影響に関する研究 : 節加工産業を中心として : ショクヒン カコウ キギョウ ノ テンカイ ガ フード システム ニ アタエル エイキョウ ニ カンスル ケンキュウ : ブシ カコウ サンギョウ オ チュウシン トシテ.” 2016. Web. 22 Feb 2018.

Vancouver:

大富 . 食品加工企業の展開がフードシステムに与える影響に関する研究 : 節加工産業を中心として : ショクヒン カコウ キギョウ ノ テンカイ ガ フード システム ニ アタエル エイキョウ ニ カンスル ケンキュウ : ブシ カコウ サンギョウ オ チュウシン トシテ. [Internet] [Doctoral dissertation]. Kagoshima University / 鹿児島大学; 2016. [cited 2018 Feb 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10232/12642.

Council of Science Editors:

大富 . 食品加工企業の展開がフードシステムに与える影響に関する研究 : 節加工産業を中心として : ショクヒン カコウ キギョウ ノ テンカイ ガ フード システム ニ アタエル エイキョウ ニ カンスル ケンキュウ : ブシ カコウ サンギョウ オ チュウシン トシテ. [Doctoral Dissertation]. Kagoshima University / 鹿児島大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10232/12642

2. Lideman. Physiological Study of Carrageenophytes (Betaphycus gelatinus, Eucheuma serra, E. denticulatum, Meristhotheca coacta, M. papulosa and Kappaphycus sp., Rhodophyta) from Japan and Indonesia : 日本およびインドネシア産カラギーナン原藻(紅藻カタメンキリンサイ,トゲキリンサイ,キリンサイ, キクトサカ,トサカノリならびに Kappaphycus sp.)の生理学的研究.

Degree: PhD, Fisheries Science, 2016, Kagoshima University / 鹿児島大学

 Some species of Solieriaceae (Rhodophyta, Red Algae) i.e. Betaphycus gelatinus, Eucheuma serra, E. denticulatum, Meristotheca coacta, M. papulosa and Kappaphycus sp. (Sumba strain) were used… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Lideman. (2016). Physiological Study of Carrageenophytes (Betaphycus gelatinus, Eucheuma serra, E. denticulatum, Meristhotheca coacta, M. papulosa and Kappaphycus sp., Rhodophyta) from Japan and Indonesia : 日本およびインドネシア産カラギーナン原藻(紅藻カタメンキリンサイ,トゲキリンサイ,キリンサイ, キクトサカ,トサカノリならびに Kappaphycus sp.)の生理学的研究. (Doctoral Dissertation). Kagoshima University / 鹿児島大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10232/14877

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Author name may be incomplete

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Lideman. “Physiological Study of Carrageenophytes (Betaphycus gelatinus, Eucheuma serra, E. denticulatum, Meristhotheca coacta, M. papulosa and Kappaphycus sp., Rhodophyta) from Japan and Indonesia : 日本およびインドネシア産カラギーナン原藻(紅藻カタメンキリンサイ,トゲキリンサイ,キリンサイ, キクトサカ,トサカノリならびに Kappaphycus sp.)の生理学的研究.” 2016. Doctoral Dissertation, Kagoshima University / 鹿児島大学. Accessed February 22, 2018. http://hdl.handle.net/10232/14877.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Author name may be incomplete

MLA Handbook (7th Edition):

Lideman. “Physiological Study of Carrageenophytes (Betaphycus gelatinus, Eucheuma serra, E. denticulatum, Meristhotheca coacta, M. papulosa and Kappaphycus sp., Rhodophyta) from Japan and Indonesia : 日本およびインドネシア産カラギーナン原藻(紅藻カタメンキリンサイ,トゲキリンサイ,キリンサイ, キクトサカ,トサカノリならびに Kappaphycus sp.)の生理学的研究.” 2016. Web. 22 Feb 2018.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Author name may be incomplete

Vancouver:

Lideman. Physiological Study of Carrageenophytes (Betaphycus gelatinus, Eucheuma serra, E. denticulatum, Meristhotheca coacta, M. papulosa and Kappaphycus sp., Rhodophyta) from Japan and Indonesia : 日本およびインドネシア産カラギーナン原藻(紅藻カタメンキリンサイ,トゲキリンサイ,キリンサイ, キクトサカ,トサカノリならびに Kappaphycus sp.)の生理学的研究. [Internet] [Doctoral dissertation]. Kagoshima University / 鹿児島大学; 2016. [cited 2018 Feb 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10232/14877.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Author name may be incomplete

Council of Science Editors:

Lideman. Physiological Study of Carrageenophytes (Betaphycus gelatinus, Eucheuma serra, E. denticulatum, Meristhotheca coacta, M. papulosa and Kappaphycus sp., Rhodophyta) from Japan and Indonesia : 日本およびインドネシア産カラギーナン原藻(紅藻カタメンキリンサイ,トゲキリンサイ,キリンサイ, キクトサカ,トサカノリならびに Kappaphycus sp.)の生理学的研究. [Doctoral Dissertation]. Kagoshima University / 鹿児島大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10232/14877

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Author name may be incomplete

3. 曾, 雅. 日本との制度比較による中国における農業普及事業の展開方向 : ニホン トノ セイド ヒカク ニヨル チュウゴク ニオケル ノウギョウ フキュウ ジギョウ ノ テンカイ ホウコウ; A research on direction of agricultural extension system in China by the comparison with Japan.

Degree: PhD, Agricultural Science, 2008, Kagoshima University / 鹿児島大学

中国において、農政などの農業技術普及事業への期待が高まる一方で、農業普及事業は体制上の問題を抱え、時代の要請に応えられなく、改革を迫られている。本研究は、日本の農業普及事業との比較によって、中国における農業技術普及事業の今後の展開方向について検討した。とくに、農業科学技術研究成果の農業生産の現場への応用は低水準にあり、農業技術普及事業の公益的な機能の強化が求められる中、経営サービス機能を農業技術普及事業から分離させるべきかどうかに焦点を当てた。第一章は研究課題を明らかにした上で、既存研究を整理し、制度の分析と聴き取り調査のデータを用いて課題を解明する研究の方法を説明した。  第二章は中国と日本における農業普及制度の成立・発展過程を整理した上で、日本の普及制度のモデルになったアメリカの普及制度をふれながら、日本と中国の普及制度を中心に位置づけ、仕組み、機能、予算と普及員の資質から分析し比較した。日本の普及事業の特徴は、農業改良普及事業と農協の営農指導事業の二重構造になっていることと改良普及事業が国と都道府県との協同事業として行われていることである。中国の普及事業は、日本のような農協がなく、普及事業が公益的機能と経営サービス機能を有することと農業大学が普及事業に関与していることが特徴としてあげられる。 第三章は日本の協同農業改良普及事業と農協の営農指導事業の実態について解明した。まず、鹿児島県の事例を中心に農業改良普及事業の制度改正への対応の実態を明らかにした。それから、農協の営農指導事業の事例を分析し、総合渉外体制に焦点を当て、営農指導事業の強化に向けた取り組みと対策について検討した。総合渉外体制の重要性、またその整備のため、農協内の位置づけの明確化、情報システムの構築、トップ層の支持が重要であることを明らかにした。 第四章は郷鎮レベルの普及機構の事例を利用し、中国における農業技術普及事業の実態を明らかにした。その後、農業技術普及事業を強化する上でのポイントを検討し、技術指導、販売対策や集団育成などの一貫した総合的な指導、大学との連携強化、普及員の企画力・コーディネーション能力の強化が必要であることを明らかにした。 第五章は論文のまとめとして、中国と日本における農業普及制度の共通点と相違点を比較した上で、中国における農業技術普及事業の今後の発展方向と日本における地域農業支援サポートシステムの今後の発展方向について検討した。その結論として、中国においては経営サービス機能を農業技術普及事業から分離させるのではなく、強化すべきである。そのため、今後の発展方向としては、経営サービス機能の強化を図るため、郷鎮レベルの普及機構を民営化させることが考えられる。その一方で国・省・県が協同で負担する予算制度の制定によって県レベルの普及機構の公益的機能を強化させる。また、日本においては、今後普及事業と大学との連携強化が求められる。

連合農学研究科博士論文(農学) ; 学位取得日: 平成20年3月14日

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

曾, . (2008). 日本との制度比較による中国における農業普及事業の展開方向 : ニホン トノ セイド ヒカク ニヨル チュウゴク ニオケル ノウギョウ フキュウ ジギョウ ノ テンカイ ホウコウ; A research on direction of agricultural extension system in China by the comparison with Japan. (Doctoral Dissertation). Kagoshima University / 鹿児島大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10232/4717

Chicago Manual of Style (16th Edition):

曾, 雅. “日本との制度比較による中国における農業普及事業の展開方向 : ニホン トノ セイド ヒカク ニヨル チュウゴク ニオケル ノウギョウ フキュウ ジギョウ ノ テンカイ ホウコウ; A research on direction of agricultural extension system in China by the comparison with Japan.” 2008. Doctoral Dissertation, Kagoshima University / 鹿児島大学. Accessed February 22, 2018. http://hdl.handle.net/10232/4717.

MLA Handbook (7th Edition):

曾, 雅. “日本との制度比較による中国における農業普及事業の展開方向 : ニホン トノ セイド ヒカク ニヨル チュウゴク ニオケル ノウギョウ フキュウ ジギョウ ノ テンカイ ホウコウ; A research on direction of agricultural extension system in China by the comparison with Japan.” 2008. Web. 22 Feb 2018.

Vancouver:

曾 . 日本との制度比較による中国における農業普及事業の展開方向 : ニホン トノ セイド ヒカク ニヨル チュウゴク ニオケル ノウギョウ フキュウ ジギョウ ノ テンカイ ホウコウ; A research on direction of agricultural extension system in China by the comparison with Japan. [Internet] [Doctoral dissertation]. Kagoshima University / 鹿児島大学; 2008. [cited 2018 Feb 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10232/4717.

Council of Science Editors:

曾 . 日本との制度比較による中国における農業普及事業の展開方向 : ニホン トノ セイド ヒカク ニヨル チュウゴク ニオケル ノウギョウ フキュウ ジギョウ ノ テンカイ ホウコウ; A research on direction of agricultural extension system in China by the comparison with Japan. [Doctoral Dissertation]. Kagoshima University / 鹿児島大学; 2008. Available from: http://hdl.handle.net/10232/4717

4. CHUMCHUEN, Watcharapong. Technological Management on Size-selective Catch in Tropical Tuna Purse Seine Fishery : 熱帯マグロ旋網漁業におけるサイズ選択漁獲に関わる技術管理.

Degree: PhD, 2016, Kagoshima University / 鹿児島大学

【指導教員:安樂和彦】[The reason the entire text of the doctoral thesis may not be published] Because of the copyright policy from the journal of its related scientific papers

Subjects/Keywords: Purse seine; Selectivity; Operation type; Tropical tuna; Indian Ocean; Immature

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

CHUMCHUEN, W. (2016). Technological Management on Size-selective Catch in Tropical Tuna Purse Seine Fishery : 熱帯マグロ旋網漁業におけるサイズ選択漁獲に関わる技術管理. (Doctoral Dissertation). Kagoshima University / 鹿児島大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10232/29221

Chicago Manual of Style (16th Edition):

CHUMCHUEN, Watcharapong. “Technological Management on Size-selective Catch in Tropical Tuna Purse Seine Fishery : 熱帯マグロ旋網漁業におけるサイズ選択漁獲に関わる技術管理.” 2016. Doctoral Dissertation, Kagoshima University / 鹿児島大学. Accessed February 22, 2018. http://hdl.handle.net/10232/29221.

MLA Handbook (7th Edition):

CHUMCHUEN, Watcharapong. “Technological Management on Size-selective Catch in Tropical Tuna Purse Seine Fishery : 熱帯マグロ旋網漁業におけるサイズ選択漁獲に関わる技術管理.” 2016. Web. 22 Feb 2018.

Vancouver:

CHUMCHUEN W. Technological Management on Size-selective Catch in Tropical Tuna Purse Seine Fishery : 熱帯マグロ旋網漁業におけるサイズ選択漁獲に関わる技術管理. [Internet] [Doctoral dissertation]. Kagoshima University / 鹿児島大学; 2016. [cited 2018 Feb 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10232/29221.

Council of Science Editors:

CHUMCHUEN W. Technological Management on Size-selective Catch in Tropical Tuna Purse Seine Fishery : 熱帯マグロ旋網漁業におけるサイズ選択漁獲に関わる技術管理. [Doctoral Dissertation]. Kagoshima University / 鹿児島大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10232/29221

5. 敖, 常偉. Studies on antioxidant, antibacterial and anti-inflammatory active compounds from medicinal plants : 薬用植物由来の抗酸化、抗菌及び抗炎症活性物質に関する研究; ヤクヨウ ショクブツ ユライ ノ コウサンカ, コウキン オヨビ コウ エンショウ カッセイ ブッシツ ニ カンスル ケンキュウ.

Degree: PhD, Agricultural Science, 2016, Kagoshima University / 鹿児島大学

 Three Chinese and thirteen Okinawan traditional medicinal plants were selected in this study for their common use on anticancer, anti-arthritis, and anti-inflammatory purposes. However, the… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

敖, . (2016). Studies on antioxidant, antibacterial and anti-inflammatory active compounds from medicinal plants : 薬用植物由来の抗酸化、抗菌及び抗炎症活性物質に関する研究; ヤクヨウ ショクブツ ユライ ノ コウサンカ, コウキン オヨビ コウ エンショウ カッセイ ブッシツ ニ カンスル ケンキュウ. (Doctoral Dissertation). Kagoshima University / 鹿児島大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10232/8177

Chicago Manual of Style (16th Edition):

敖, 常偉. “Studies on antioxidant, antibacterial and anti-inflammatory active compounds from medicinal plants : 薬用植物由来の抗酸化、抗菌及び抗炎症活性物質に関する研究; ヤクヨウ ショクブツ ユライ ノ コウサンカ, コウキン オヨビ コウ エンショウ カッセイ ブッシツ ニ カンスル ケンキュウ.” 2016. Doctoral Dissertation, Kagoshima University / 鹿児島大学. Accessed February 22, 2018. http://hdl.handle.net/10232/8177.

MLA Handbook (7th Edition):

敖, 常偉. “Studies on antioxidant, antibacterial and anti-inflammatory active compounds from medicinal plants : 薬用植物由来の抗酸化、抗菌及び抗炎症活性物質に関する研究; ヤクヨウ ショクブツ ユライ ノ コウサンカ, コウキン オヨビ コウ エンショウ カッセイ ブッシツ ニ カンスル ケンキュウ.” 2016. Web. 22 Feb 2018.

Vancouver:

敖 . Studies on antioxidant, antibacterial and anti-inflammatory active compounds from medicinal plants : 薬用植物由来の抗酸化、抗菌及び抗炎症活性物質に関する研究; ヤクヨウ ショクブツ ユライ ノ コウサンカ, コウキン オヨビ コウ エンショウ カッセイ ブッシツ ニ カンスル ケンキュウ. [Internet] [Doctoral dissertation]. Kagoshima University / 鹿児島大学; 2016. [cited 2018 Feb 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10232/8177.

Council of Science Editors:

敖 . Studies on antioxidant, antibacterial and anti-inflammatory active compounds from medicinal plants : 薬用植物由来の抗酸化、抗菌及び抗炎症活性物質に関する研究; ヤクヨウ ショクブツ ユライ ノ コウサンカ, コウキン オヨビ コウ エンショウ カッセイ ブッシツ ニ カンスル ケンキュウ. [Doctoral Dissertation]. Kagoshima University / 鹿児島大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10232/8177

6. Md. Mizanur Rahim Khan; モハマド ミザヌル ラヒム カーン. Development of male sterile lines of eggplant (Solanum melongena L.) utilizing the cytoplasms of wild Solanum species : ナス属野生種の細胞質を用いたナスの雄性不稔系統の育成; ナスゾク ヤセイシュ ノ サイボウシツ オ モチイタ ナス ノ ユウセイ フネン ケイトウ ノ イクセイ.

Degree: PhD, Agricultural Science, 2016, Kagoshima University / 鹿児島大学

 Eggplant (S. melongena L.) is a widely cultivated and economically importantvegetable crop in many countries all over the world. In hybrid seed production ofeggplant, the… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

カーン, M. M. R. K. . . . (2016). Development of male sterile lines of eggplant (Solanum melongena L.) utilizing the cytoplasms of wild Solanum species : ナス属野生種の細胞質を用いたナスの雄性不稔系統の育成; ナスゾク ヤセイシュ ノ サイボウシツ オ モチイタ ナス ノ ユウセイ フネン ケイトウ ノ イクセイ. (Doctoral Dissertation). Kagoshima University / 鹿児島大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10232/8837

Chicago Manual of Style (16th Edition):

カーン, Md. Mizanur Rahim Khan; モハマド ミザヌル ラヒム. “Development of male sterile lines of eggplant (Solanum melongena L.) utilizing the cytoplasms of wild Solanum species : ナス属野生種の細胞質を用いたナスの雄性不稔系統の育成; ナスゾク ヤセイシュ ノ サイボウシツ オ モチイタ ナス ノ ユウセイ フネン ケイトウ ノ イクセイ.” 2016. Doctoral Dissertation, Kagoshima University / 鹿児島大学. Accessed February 22, 2018. http://hdl.handle.net/10232/8837.

MLA Handbook (7th Edition):

カーン, Md. Mizanur Rahim Khan; モハマド ミザヌル ラヒム. “Development of male sterile lines of eggplant (Solanum melongena L.) utilizing the cytoplasms of wild Solanum species : ナス属野生種の細胞質を用いたナスの雄性不稔系統の育成; ナスゾク ヤセイシュ ノ サイボウシツ オ モチイタ ナス ノ ユウセイ フネン ケイトウ ノ イクセイ.” 2016. Web. 22 Feb 2018.

Vancouver:

カーン MMRK. Development of male sterile lines of eggplant (Solanum melongena L.) utilizing the cytoplasms of wild Solanum species : ナス属野生種の細胞質を用いたナスの雄性不稔系統の育成; ナスゾク ヤセイシュ ノ サイボウシツ オ モチイタ ナス ノ ユウセイ フネン ケイトウ ノ イクセイ. [Internet] [Doctoral dissertation]. Kagoshima University / 鹿児島大学; 2016. [cited 2018 Feb 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10232/8837.

Council of Science Editors:

カーン MMRK. Development of male sterile lines of eggplant (Solanum melongena L.) utilizing the cytoplasms of wild Solanum species : ナス属野生種の細胞質を用いたナスの雄性不稔系統の育成; ナスゾク ヤセイシュ ノ サイボウシツ オ モチイタ ナス ノ ユウセイ フネン ケイトウ ノ イクセイ. [Doctoral Dissertation]. Kagoshima University / 鹿児島大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10232/8837

7. 山頭, 亜紀子. 野生Setaria属植物であるエノコログサおよびアキノエノコログサから分離された日本産いもち病菌の分類学的位置付けおよび生態学的諸性質に関する研究 : Taxonomic and ecological studies on Pyricularia isolates from wild foxtails, green foxtail and giant foxtail, in Japan; ヤセイ Setariaゾク ショクブツ デアル エノコログサ オヨビ アキノエノコログサ カラ ブンリ サレタ ニホンサン イモチビョウキン ノ ブンルイガクテキ イチズケ オヨビ セイタイガクテキ ショセイシツ ニ カンスル ケンキュウ".

Degree: PhD, Agricultural Science, 2016, Kagoshima University / 鹿児島大学

野生Setaria 属植物のいもち病菌である、エノコログサとアキノエノコログサいもち病菌(以下, エノコロおよびアキノ菌)の日本産菌株について、分類学的位置付け、集団構造および種子感染による越冬の成否を検討した。また、得られた結果を既報のイネいもち病菌のものと比較し、生態特性の差異を検討した。日本各地で採集されたエノコロおよびアキノ菌計28 菌株について分類学的位置付けをDNA 解析および病原性検定に基づき検討した。β-tublin 遺伝子のPCR-RFLP 分析により、全供試菌株からMagnaporthe oryzae の同定基準とされる切断断片パターンが検出された。また、種々のイネ科植物に対する病原性検定では、両菌はアワいもち病菌と同じくアワにのみ病原性を示した。さらに、各種シングルコピーDNA 配列をプローブとしたRFLP データから構築されたデンドログラム上で、エノコロおよびアキノ菌とアワいもち病菌は単一のサブクラスターをM. oryzae 特異的クラスター中に形成した。これらより、両菌はイネいもち病菌と同一種M. oryzae のSetaria pathotype に属すると考えられた。日本の広域から採集されたエノコロおよびアキノ菌各15 菌株を散在性反復配列MGR586 およびMAGGY をプローブとしたDNA フィンガープリント分析に供試した。DNA フィンガープリントパターンの類縁度が70%以下となる菌株の組み合わせを異なるリネージとしたところ、少なくともエノコロ菌では13、アキノ菌では8 つのリネージが見出された。先に報告された世界各地のイネいもち病菌集団におけるリネージ数は2~10 であり、両菌集団のリネージ構成はイネいもち病菌と比較して複雑であることが示唆された。また、1 ㎡または50 ㎡区画から採集された16 の菌株集団をMGR586-DNA フィンガープリント分析に供試し、両菌の局所集団のリネージ構造を検討した。上記と同様の基準でリネージを識別したところ、ほぼ全集団に2 つ以上のリネージが認められた。よって、両菌集団のリネージ構成は局所においても複雑であると考えられた。2006 年9 月に、佐賀大学実験圃場で育成したエノコログサおよびアキノエノコログサから種子を採集し、同年10 月に佐賀県内3 地点の露地に播種した。また、2007 年7 月に播種した種子に由来する植物体からいもち罹病葉を各地点で採集した。そして、2006 年の採集種子に含まれていた保菌種子および2007 年の罹病葉からいもち病菌株を分離し、MGR586-DNA フィンガープリント分析に供試した。その結果、保菌種子および罹病葉からの分離菌株のほとんどが同一あるいはDNAフィンガープリントパターンが極めて類似したハプロタイプに属していた。したがって、イネいもち病菌では不可能とされてきた野外における越冬が、エノコロおよびアキノ菌では可能であることが示唆された。

連合農学研究科博士論文(農学) ; 学位取得日: 平成21年3月16日

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

山頭, . (2016). 野生Setaria属植物であるエノコログサおよびアキノエノコログサから分離された日本産いもち病菌の分類学的位置付けおよび生態学的諸性質に関する研究 : Taxonomic and ecological studies on Pyricularia isolates from wild foxtails, green foxtail and giant foxtail, in Japan; ヤセイ Setariaゾク ショクブツ デアル エノコログサ オヨビ アキノエノコログサ カラ ブンリ サレタ ニホンサン イモチビョウキン ノ ブンルイガクテキ イチズケ オヨビ セイタイガクテキ ショセイシツ ニ カンスル ケンキュウ". (Doctoral Dissertation). Kagoshima University / 鹿児島大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10232/8838

Chicago Manual of Style (16th Edition):

山頭, 亜紀子. “野生Setaria属植物であるエノコログサおよびアキノエノコログサから分離された日本産いもち病菌の分類学的位置付けおよび生態学的諸性質に関する研究 : Taxonomic and ecological studies on Pyricularia isolates from wild foxtails, green foxtail and giant foxtail, in Japan; ヤセイ Setariaゾク ショクブツ デアル エノコログサ オヨビ アキノエノコログサ カラ ブンリ サレタ ニホンサン イモチビョウキン ノ ブンルイガクテキ イチズケ オヨビ セイタイガクテキ ショセイシツ ニ カンスル ケンキュウ".” 2016. Doctoral Dissertation, Kagoshima University / 鹿児島大学. Accessed February 22, 2018. http://hdl.handle.net/10232/8838.

MLA Handbook (7th Edition):

山頭, 亜紀子. “野生Setaria属植物であるエノコログサおよびアキノエノコログサから分離された日本産いもち病菌の分類学的位置付けおよび生態学的諸性質に関する研究 : Taxonomic and ecological studies on Pyricularia isolates from wild foxtails, green foxtail and giant foxtail, in Japan; ヤセイ Setariaゾク ショクブツ デアル エノコログサ オヨビ アキノエノコログサ カラ ブンリ サレタ ニホンサン イモチビョウキン ノ ブンルイガクテキ イチズケ オヨビ セイタイガクテキ ショセイシツ ニ カンスル ケンキュウ".” 2016. Web. 22 Feb 2018.

Vancouver:

山頭 . 野生Setaria属植物であるエノコログサおよびアキノエノコログサから分離された日本産いもち病菌の分類学的位置付けおよび生態学的諸性質に関する研究 : Taxonomic and ecological studies on Pyricularia isolates from wild foxtails, green foxtail and giant foxtail, in Japan; ヤセイ Setariaゾク ショクブツ デアル エノコログサ オヨビ アキノエノコログサ カラ ブンリ サレタ ニホンサン イモチビョウキン ノ ブンルイガクテキ イチズケ オヨビ セイタイガクテキ ショセイシツ ニ カンスル ケンキュウ". [Internet] [Doctoral dissertation]. Kagoshima University / 鹿児島大学; 2016. [cited 2018 Feb 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10232/8838.

Council of Science Editors:

山頭 . 野生Setaria属植物であるエノコログサおよびアキノエノコログサから分離された日本産いもち病菌の分類学的位置付けおよび生態学的諸性質に関する研究 : Taxonomic and ecological studies on Pyricularia isolates from wild foxtails, green foxtail and giant foxtail, in Japan; ヤセイ Setariaゾク ショクブツ デアル エノコログサ オヨビ アキノエノコログサ カラ ブンリ サレタ ニホンサン イモチビョウキン ノ ブンルイガクテキ イチズケ オヨビ セイタイガクテキ ショセイシツ ニ カンスル ケンキュウ". [Doctoral Dissertation]. Kagoshima University / 鹿児島大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10232/8838

8. Md. Abdulla-Al-Mamun. Development, Evaluation and Application of Metal Nanoparticles, Nanophotocatalysts and Nanocomposites : 金属ナノ粒子,ナノ光触媒およびナノコンポジットの開発,評価および応用.

Degree: PhD, Science, 2016, Kagoshima University / 鹿児島大学

 This thesis is aimed to newly synthesize the noble metal nanoparticles and metalsemiconductornanophotocatalysts at exploring the application of both nanomaterials incancer cell killing therapy and… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Abdulla-Al-Mamun, M. (2016). Development, Evaluation and Application of Metal Nanoparticles, Nanophotocatalysts and Nanocomposites : 金属ナノ粒子,ナノ光触媒およびナノコンポジットの開発,評価および応用. (Doctoral Dissertation). Kagoshima University / 鹿児島大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10232/9157

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Abdulla-Al-Mamun, Md.. “Development, Evaluation and Application of Metal Nanoparticles, Nanophotocatalysts and Nanocomposites : 金属ナノ粒子,ナノ光触媒およびナノコンポジットの開発,評価および応用.” 2016. Doctoral Dissertation, Kagoshima University / 鹿児島大学. Accessed February 22, 2018. http://hdl.handle.net/10232/9157.

MLA Handbook (7th Edition):

Abdulla-Al-Mamun, Md.. “Development, Evaluation and Application of Metal Nanoparticles, Nanophotocatalysts and Nanocomposites : 金属ナノ粒子,ナノ光触媒およびナノコンポジットの開発,評価および応用.” 2016. Web. 22 Feb 2018.

Vancouver:

Abdulla-Al-Mamun M. Development, Evaluation and Application of Metal Nanoparticles, Nanophotocatalysts and Nanocomposites : 金属ナノ粒子,ナノ光触媒およびナノコンポジットの開発,評価および応用. [Internet] [Doctoral dissertation]. Kagoshima University / 鹿児島大学; 2016. [cited 2018 Feb 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10232/9157.

Council of Science Editors:

Abdulla-Al-Mamun M. Development, Evaluation and Application of Metal Nanoparticles, Nanophotocatalysts and Nanocomposites : 金属ナノ粒子,ナノ光触媒およびナノコンポジットの開発,評価および応用. [Doctoral Dissertation]. Kagoshima University / 鹿児島大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10232/9157

9. UPADHYAY, Atul. Biological activities of three Okinawan plants, alpinia, leucaena, and pineapple : 沖縄産植物ゲットウ、ギンネム及びパイナップルの生理活性物質; "オキナワサン ショクブツ ゲットウ, ギンネム オヨビ パイナップル ノ セイリ カッセイ ブッシツ".

Degree: PhD, Agricultural Science, 2016, Kagoshima University / 鹿児島大学

 The beneficial effects of bioactive compounds from plants have been investigated in relation to a variety of pathological diseases. Some of these identified compounds have… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

UPADHYAY, A. (2016). Biological activities of three Okinawan plants, alpinia, leucaena, and pineapple : 沖縄産植物ゲットウ、ギンネム及びパイナップルの生理活性物質; "オキナワサン ショクブツ ゲットウ, ギンネム オヨビ パイナップル ノ セイリ カッセイ ブッシツ". (Doctoral Dissertation). Kagoshima University / 鹿児島大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10232/12577

Chicago Manual of Style (16th Edition):

UPADHYAY, Atul. “Biological activities of three Okinawan plants, alpinia, leucaena, and pineapple : 沖縄産植物ゲットウ、ギンネム及びパイナップルの生理活性物質; "オキナワサン ショクブツ ゲットウ, ギンネム オヨビ パイナップル ノ セイリ カッセイ ブッシツ".” 2016. Doctoral Dissertation, Kagoshima University / 鹿児島大学. Accessed February 22, 2018. http://hdl.handle.net/10232/12577.

MLA Handbook (7th Edition):

UPADHYAY, Atul. “Biological activities of three Okinawan plants, alpinia, leucaena, and pineapple : 沖縄産植物ゲットウ、ギンネム及びパイナップルの生理活性物質; "オキナワサン ショクブツ ゲットウ, ギンネム オヨビ パイナップル ノ セイリ カッセイ ブッシツ".” 2016. Web. 22 Feb 2018.

Vancouver:

UPADHYAY A. Biological activities of three Okinawan plants, alpinia, leucaena, and pineapple : 沖縄産植物ゲットウ、ギンネム及びパイナップルの生理活性物質; "オキナワサン ショクブツ ゲットウ, ギンネム オヨビ パイナップル ノ セイリ カッセイ ブッシツ". [Internet] [Doctoral dissertation]. Kagoshima University / 鹿児島大学; 2016. [cited 2018 Feb 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10232/12577.

Council of Science Editors:

UPADHYAY A. Biological activities of three Okinawan plants, alpinia, leucaena, and pineapple : 沖縄産植物ゲットウ、ギンネム及びパイナップルの生理活性物質; "オキナワサン ショクブツ ゲットウ, ギンネム オヨビ パイナップル ノ セイリ カッセイ ブッシツ". [Doctoral Dissertation]. Kagoshima University / 鹿児島大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10232/12577

10. 小原, 益己. 内殻電子励起法により生成したZnエキシマー構造体の結晶学的特徴と構造緩和の研究 : A study of the crystallographic characteristics and relaxation processes of the structure generated by Zn excimer due to inner-core electron excitation; ナイカク デンシ レイキホウ ニヨリ セイセイ シタ Zn エキシマー コウゾウタイ ノ ケッショウガクテキ トクチョウ ト コウゾウ カンワ ノ ケンキュウ.

Degree: PhD, Engineering, 2016, Kagoshima University / 鹿児島大学

結晶は半導体集積回路をはじめレーザや発光ダイオードなどの素子として,エレクトロニクスの製品や情報通信機器に広く用いられている。今後,情報化技術の多様化に伴い電子デバイスに要求される性能もまた多様化する傾向にある。その結果従来のエレクトロニクスの限界を超えた高性能,高機能化を可能にする新しい材料,新しい構造の結晶が求められている。新しい材料創製において,電子状態を制御することで結晶構造を変化させることが重要であるが,これまでの化合物材料は外殻電子の電子状態を変化させることにより化合物を形成して物性を変化させるというものであった。原子内において電子状態を変える手段に,電子励起と呼ばれる手法がある。励起状態はエネルギーにより様々な過程を経由して最終状態に到達する。しかし,励起を伴った反応場において電子の運動や電磁場がどのように結晶成長に影響しているのか明らかでない。これを,明らかにすることは,新しい材料の薄膜成長を制御することであり,新材料科学の発展に重要である。 本研究は,亜鉛(Zn)単一元素を用い室温環境下にて電子アシスト物理真空蒸着法により結晶表面近傍で原子や電子との相互作用が強い低エネルギー(240eV以下)の電子を照射して薄膜を作製した。成膜過程における結晶表面の電子状態の変動を電流値の変化として観測できる透過電子分光法を採用した。X線回折(XRD)の解析結果より成膜時の入射電子エネルギー10eV, 90eV, 100eV, 230eVにおいて非常に大きい散漫散乱が観測された。これらのエネルギーはZnの結合エネルギーに相当し,10eV=3d,90eV=3p,140eV=3sであり,100eVに関しては10eV+90eV(3d+3p),230eVに関しては90eV+140eV(3p+3s)の和に一致している。このことから,特定のエネルギーの電子照射により内殻の電子が励起されて電子密度分布に変化が生じたと考えられる。そこで,本研究は内殻の電子励起を伴う入射電子エネルギー依存による量子力学的遷移メカニズムを結晶成長過程に取り入れ,内殻励起した長寿命のZnエキシマー(励起二量体)に関連した結晶構造が時間経過とともにどのような構造緩和をしていくのかを解析する。 XRD解析より,成膜から219日経過後の結晶学的特徴は,2つのローレンツ関数の合成からなる長距離秩序の相互作用が働いていることを示している。次に435日経過後の測定では,幅広い分布の散漫散乱は低波数側にシフトしランダムに分散した状態から秩序化する過程を示し,部分的秩序の一次元格子と完全無秩序の一次元格子構造の混在した形へと変化した。低波数側(k<0.4Å)で観測された3つのピークは一次元合金モデルに位相シフトを取り入れたモデルで近似できた。成膜から3年経過後の散漫散乱ピークは完全に消滅し,基底状態の六方晶系Znの結晶とFCC構造の格子定数a=4.07Åの新しい結晶構造に緩和した。Zn単原子で成膜したサンプルから六方晶最密構造以外の結晶構造は考えにくい。そのためFCC構造を構成している原子はZnエキシマーの存在が深く関与している。格子定数a=4.07ÅのFCC構造より炭素原子との結合がZnエキシマーの励起状態を長寿命化するのに深く関与していることが明らかになった。 本研究は,室温環境下にてZn薄膜の成膜過程において特定の低エネルギー電子照射を行うことで,内殻の電子励起によりZnエキシマーが生成され,その寿命が長寿命化するメカニズムにより、電子という極めてシンプルなものの作用で結晶構造制御を可能とし,将来の新材料の開発に有望である。

理工学研究科博士論文(工学) ; 学位取得日: 平成24年3月15日

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

小原, . (2016). 内殻電子励起法により生成したZnエキシマー構造体の結晶学的特徴と構造緩和の研究 : A study of the crystallographic characteristics and relaxation processes of the structure generated by Zn excimer due to inner-core electron excitation; ナイカク デンシ レイキホウ ニヨリ セイセイ シタ Zn エキシマー コウゾウタイ ノ ケッショウガクテキ トクチョウ ト コウゾウ カンワ ノ ケンキュウ. (Doctoral Dissertation). Kagoshima University / 鹿児島大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10232/12578

Chicago Manual of Style (16th Edition):

小原, 益己. “内殻電子励起法により生成したZnエキシマー構造体の結晶学的特徴と構造緩和の研究 : A study of the crystallographic characteristics and relaxation processes of the structure generated by Zn excimer due to inner-core electron excitation; ナイカク デンシ レイキホウ ニヨリ セイセイ シタ Zn エキシマー コウゾウタイ ノ ケッショウガクテキ トクチョウ ト コウゾウ カンワ ノ ケンキュウ.” 2016. Doctoral Dissertation, Kagoshima University / 鹿児島大学. Accessed February 22, 2018. http://hdl.handle.net/10232/12578.

MLA Handbook (7th Edition):

小原, 益己. “内殻電子励起法により生成したZnエキシマー構造体の結晶学的特徴と構造緩和の研究 : A study of the crystallographic characteristics and relaxation processes of the structure generated by Zn excimer due to inner-core electron excitation; ナイカク デンシ レイキホウ ニヨリ セイセイ シタ Zn エキシマー コウゾウタイ ノ ケッショウガクテキ トクチョウ ト コウゾウ カンワ ノ ケンキュウ.” 2016. Web. 22 Feb 2018.

Vancouver:

小原 . 内殻電子励起法により生成したZnエキシマー構造体の結晶学的特徴と構造緩和の研究 : A study of the crystallographic characteristics and relaxation processes of the structure generated by Zn excimer due to inner-core electron excitation; ナイカク デンシ レイキホウ ニヨリ セイセイ シタ Zn エキシマー コウゾウタイ ノ ケッショウガクテキ トクチョウ ト コウゾウ カンワ ノ ケンキュウ. [Internet] [Doctoral dissertation]. Kagoshima University / 鹿児島大学; 2016. [cited 2018 Feb 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10232/12578.

Council of Science Editors:

小原 . 内殻電子励起法により生成したZnエキシマー構造体の結晶学的特徴と構造緩和の研究 : A study of the crystallographic characteristics and relaxation processes of the structure generated by Zn excimer due to inner-core electron excitation; ナイカク デンシ レイキホウ ニヨリ セイセイ シタ Zn エキシマー コウゾウタイ ノ ケッショウガクテキ トクチョウ ト コウゾウ カンワ ノ ケンキュウ. [Doctoral Dissertation]. Kagoshima University / 鹿児島大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10232/12578

11. 津曲, 紀宏. Probability meets Non-Probability via Complete IL-Semirings.

Degree: PhD, Science, 2016, Kagoshima University / 鹿児島大学

This thesis aims to provide a path to abstraction between probabilistic systems and non-probabilistic systems in order to put the verification methods for probabilistic systems… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

津曲, . (2016). Probability meets Non-Probability via Complete IL-Semirings. (Doctoral Dissertation). Kagoshima University / 鹿児島大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10232/12580

Chicago Manual of Style (16th Edition):

津曲, 紀宏. “Probability meets Non-Probability via Complete IL-Semirings.” 2016. Doctoral Dissertation, Kagoshima University / 鹿児島大学. Accessed February 22, 2018. http://hdl.handle.net/10232/12580.

MLA Handbook (7th Edition):

津曲, 紀宏. “Probability meets Non-Probability via Complete IL-Semirings.” 2016. Web. 22 Feb 2018.

Vancouver:

津曲 . Probability meets Non-Probability via Complete IL-Semirings. [Internet] [Doctoral dissertation]. Kagoshima University / 鹿児島大学; 2016. [cited 2018 Feb 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10232/12580.

Council of Science Editors:

津曲 . Probability meets Non-Probability via Complete IL-Semirings. [Doctoral Dissertation]. Kagoshima University / 鹿児島大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10232/12580

12. Mohamed Ahmed Saber El-Fiky. Study on Discrete Quantum Adiabatic Computation in Combinatorial Search problems.

Degree: PhD, Engineering, 2016, Kagoshima University / 鹿児島大学

The model of adiabatic quantum computation is a new paradigm for designing quantum algorithms. This model is based on the quantum adiabatic theorem, where a… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

El-Fiky, M. A. S. (2016). Study on Discrete Quantum Adiabatic Computation in Combinatorial Search problems. (Doctoral Dissertation). Kagoshima University / 鹿児島大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10232/12581

Chicago Manual of Style (16th Edition):

El-Fiky, Mohamed Ahmed Saber. “Study on Discrete Quantum Adiabatic Computation in Combinatorial Search problems.” 2016. Doctoral Dissertation, Kagoshima University / 鹿児島大学. Accessed February 22, 2018. http://hdl.handle.net/10232/12581.

MLA Handbook (7th Edition):

El-Fiky, Mohamed Ahmed Saber. “Study on Discrete Quantum Adiabatic Computation in Combinatorial Search problems.” 2016. Web. 22 Feb 2018.

Vancouver:

El-Fiky MAS. Study on Discrete Quantum Adiabatic Computation in Combinatorial Search problems. [Internet] [Doctoral dissertation]. Kagoshima University / 鹿児島大学; 2016. [cited 2018 Feb 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10232/12581.

Council of Science Editors:

El-Fiky MAS. Study on Discrete Quantum Adiabatic Computation in Combinatorial Search problems. [Doctoral Dissertation]. Kagoshima University / 鹿児島大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10232/12581

13. 田代, 達一郎. 開口部の熱性能に関するフィールド簡易測定法及び簡易評価法の研究 : Study of field simple measurement and simple evaluation method on the thermal performance of opening; カイコウブ ノ ネツセイノウ ニ カンスル フィールド カンイ ソクテイホウ オヨビ カンイ ヒョウカホウ ノ ケンキュウ.

Degree: PhD, Engineering, 2016, Kagoshima University / 鹿児島大学

 With the aim to enable more precise assessment of thermal load calculation, this thesis summarizes the methods for evaluating, from the perspectives of calculation and… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

田代, . (2016). 開口部の熱性能に関するフィールド簡易測定法及び簡易評価法の研究 : Study of field simple measurement and simple evaluation method on the thermal performance of opening; カイコウブ ノ ネツセイノウ ニ カンスル フィールド カンイ ソクテイホウ オヨビ カンイ ヒョウカホウ ノ ケンキュウ. (Doctoral Dissertation). Kagoshima University / 鹿児島大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10232/12637

Chicago Manual of Style (16th Edition):

田代, 達一郎. “開口部の熱性能に関するフィールド簡易測定法及び簡易評価法の研究 : Study of field simple measurement and simple evaluation method on the thermal performance of opening; カイコウブ ノ ネツセイノウ ニ カンスル フィールド カンイ ソクテイホウ オヨビ カンイ ヒョウカホウ ノ ケンキュウ.” 2016. Doctoral Dissertation, Kagoshima University / 鹿児島大学. Accessed February 22, 2018. http://hdl.handle.net/10232/12637.

MLA Handbook (7th Edition):

田代, 達一郎. “開口部の熱性能に関するフィールド簡易測定法及び簡易評価法の研究 : Study of field simple measurement and simple evaluation method on the thermal performance of opening; カイコウブ ノ ネツセイノウ ニ カンスル フィールド カンイ ソクテイホウ オヨビ カンイ ヒョウカホウ ノ ケンキュウ.” 2016. Web. 22 Feb 2018.

Vancouver:

田代 . 開口部の熱性能に関するフィールド簡易測定法及び簡易評価法の研究 : Study of field simple measurement and simple evaluation method on the thermal performance of opening; カイコウブ ノ ネツセイノウ ニ カンスル フィールド カンイ ソクテイホウ オヨビ カンイ ヒョウカホウ ノ ケンキュウ. [Internet] [Doctoral dissertation]. Kagoshima University / 鹿児島大学; 2016. [cited 2018 Feb 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10232/12637.

Council of Science Editors:

田代 . 開口部の熱性能に関するフィールド簡易測定法及び簡易評価法の研究 : Study of field simple measurement and simple evaluation method on the thermal performance of opening; カイコウブ ノ ネツセイノウ ニ カンスル フィールド カンイ ソクテイホウ オヨビ カンイ ヒョウカホウ ノ ケンキュウ. [Doctoral Dissertation]. Kagoshima University / 鹿児島大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10232/12637

14. Md. Shariful Islam; モハッマド シャリフル イスラム. Development and Evaluation of Magnetic, Photocatalytic and Photothermal Nanoparticles and their Application to Cancer Therapy : 磁性、光触媒および光熱ナノ粒子の開発と評価およびがん治療への応用; "ジセイ, ヒカリ ショクバイ オヨビ コウネツ ナノ リュウシ ノ カイハツ ト ヒョウカ オヨビ ガン チリョウ エノ オウヨウ".

Degree: PhD, Engineering, 2016, Kagoshima University / 鹿児島大学

In this thesis, we present a series of different novel experimental techniques for the synthesis of various magnetic, photocatalytic and photothermal nanoparticles with the aim… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

イスラム, M. S. I. . . (2016). Development and Evaluation of Magnetic, Photocatalytic and Photothermal Nanoparticles and their Application to Cancer Therapy : 磁性、光触媒および光熱ナノ粒子の開発と評価およびがん治療への応用; "ジセイ, ヒカリ ショクバイ オヨビ コウネツ ナノ リュウシ ノ カイハツ ト ヒョウカ オヨビ ガン チリョウ エノ オウヨウ". (Doctoral Dissertation). Kagoshima University / 鹿児島大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10232/12638

Chicago Manual of Style (16th Edition):

イスラム, Md. Shariful Islam; モハッマド シャリフル. “Development and Evaluation of Magnetic, Photocatalytic and Photothermal Nanoparticles and their Application to Cancer Therapy : 磁性、光触媒および光熱ナノ粒子の開発と評価およびがん治療への応用; "ジセイ, ヒカリ ショクバイ オヨビ コウネツ ナノ リュウシ ノ カイハツ ト ヒョウカ オヨビ ガン チリョウ エノ オウヨウ".” 2016. Doctoral Dissertation, Kagoshima University / 鹿児島大学. Accessed February 22, 2018. http://hdl.handle.net/10232/12638.

MLA Handbook (7th Edition):

イスラム, Md. Shariful Islam; モハッマド シャリフル. “Development and Evaluation of Magnetic, Photocatalytic and Photothermal Nanoparticles and their Application to Cancer Therapy : 磁性、光触媒および光熱ナノ粒子の開発と評価およびがん治療への応用; "ジセイ, ヒカリ ショクバイ オヨビ コウネツ ナノ リュウシ ノ カイハツ ト ヒョウカ オヨビ ガン チリョウ エノ オウヨウ".” 2016. Web. 22 Feb 2018.

Vancouver:

イスラム MSI. Development and Evaluation of Magnetic, Photocatalytic and Photothermal Nanoparticles and their Application to Cancer Therapy : 磁性、光触媒および光熱ナノ粒子の開発と評価およびがん治療への応用; "ジセイ, ヒカリ ショクバイ オヨビ コウネツ ナノ リュウシ ノ カイハツ ト ヒョウカ オヨビ ガン チリョウ エノ オウヨウ". [Internet] [Doctoral dissertation]. Kagoshima University / 鹿児島大学; 2016. [cited 2018 Feb 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10232/12638.

Council of Science Editors:

イスラム MSI. Development and Evaluation of Magnetic, Photocatalytic and Photothermal Nanoparticles and their Application to Cancer Therapy : 磁性、光触媒および光熱ナノ粒子の開発と評価およびがん治療への応用; "ジセイ, ヒカリ ショクバイ オヨビ コウネツ ナノ リュウシ ノ カイハツ ト ヒョウカ オヨビ ガン チリョウ エノ オウヨウ". [Doctoral Dissertation]. Kagoshima University / 鹿児島大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10232/12638

15. 古澤, 美由紀. 九州の鉱床を伴う新第三紀および第四紀火成岩の地球化学 : Geochemistry of igneous rocks associated with ore deposits from Neogene to Quaternary periods in Kyushu; キュウシュウ ノ コウショウ オ トモナウ シン ダイサンキ オヨビ ダイヨンキ カセイガン ノ チキュウ カガク.

Degree: PhD, Science, 2016, Kagoshima University / 鹿児島大学

"It is well known that the mineralization in Japan is closely related to magmatism. However, the arguments have remained on the geochemical contribution of magma.… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

古澤, . (2016). 九州の鉱床を伴う新第三紀および第四紀火成岩の地球化学 : Geochemistry of igneous rocks associated with ore deposits from Neogene to Quaternary periods in Kyushu; キュウシュウ ノ コウショウ オ トモナウ シン ダイサンキ オヨビ ダイヨンキ カセイガン ノ チキュウ カガク. (Doctoral Dissertation). Kagoshima University / 鹿児島大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10232/12640

Chicago Manual of Style (16th Edition):

古澤, 美由紀. “九州の鉱床を伴う新第三紀および第四紀火成岩の地球化学 : Geochemistry of igneous rocks associated with ore deposits from Neogene to Quaternary periods in Kyushu; キュウシュウ ノ コウショウ オ トモナウ シン ダイサンキ オヨビ ダイヨンキ カセイガン ノ チキュウ カガク.” 2016. Doctoral Dissertation, Kagoshima University / 鹿児島大学. Accessed February 22, 2018. http://hdl.handle.net/10232/12640.

MLA Handbook (7th Edition):

古澤, 美由紀. “九州の鉱床を伴う新第三紀および第四紀火成岩の地球化学 : Geochemistry of igneous rocks associated with ore deposits from Neogene to Quaternary periods in Kyushu; キュウシュウ ノ コウショウ オ トモナウ シン ダイサンキ オヨビ ダイヨンキ カセイガン ノ チキュウ カガク.” 2016. Web. 22 Feb 2018.

Vancouver:

古澤 . 九州の鉱床を伴う新第三紀および第四紀火成岩の地球化学 : Geochemistry of igneous rocks associated with ore deposits from Neogene to Quaternary periods in Kyushu; キュウシュウ ノ コウショウ オ トモナウ シン ダイサンキ オヨビ ダイヨンキ カセイガン ノ チキュウ カガク. [Internet] [Doctoral dissertation]. Kagoshima University / 鹿児島大学; 2016. [cited 2018 Feb 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10232/12640.

Council of Science Editors:

古澤 . 九州の鉱床を伴う新第三紀および第四紀火成岩の地球化学 : Geochemistry of igneous rocks associated with ore deposits from Neogene to Quaternary periods in Kyushu; キュウシュウ ノ コウショウ オ トモナウ シン ダイサンキ オヨビ ダイヨンキ カセイガン ノ チキュウ カガク. [Doctoral Dissertation]. Kagoshima University / 鹿児島大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10232/12640

16. 小林, 義浩. コニシキソウにおけるアリによる種子散布の意義とアリにとっての種子の価値 : コニシキソウ ニオケル アリ ニヨル シュシ サンプ ノ イギ ト アリ ニトッテノ シュシ ノ カチ.

Degree: PhD, Agricultural Science, 2016, Kagoshima University / 鹿児島大学

連合農学研究科博士論文(農学) ; 学位取得日: 平成21年9月18日

Although efficient dispersal of seeds bearing an elaiosome has been reported in many plant species, ants also carry seeds without an… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

小林, . (2016). コニシキソウにおけるアリによる種子散布の意義とアリにとっての種子の価値 : コニシキソウ ニオケル アリ ニヨル シュシ サンプ ノ イギ ト アリ ニトッテノ シュシ ノ カチ. (Doctoral Dissertation). Kagoshima University / 鹿児島大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10232/15021

Chicago Manual of Style (16th Edition):

小林, 義浩. “コニシキソウにおけるアリによる種子散布の意義とアリにとっての種子の価値 : コニシキソウ ニオケル アリ ニヨル シュシ サンプ ノ イギ ト アリ ニトッテノ シュシ ノ カチ.” 2016. Doctoral Dissertation, Kagoshima University / 鹿児島大学. Accessed February 22, 2018. http://hdl.handle.net/10232/15021.

MLA Handbook (7th Edition):

小林, 義浩. “コニシキソウにおけるアリによる種子散布の意義とアリにとっての種子の価値 : コニシキソウ ニオケル アリ ニヨル シュシ サンプ ノ イギ ト アリ ニトッテノ シュシ ノ カチ.” 2016. Web. 22 Feb 2018.

Vancouver:

小林 . コニシキソウにおけるアリによる種子散布の意義とアリにとっての種子の価値 : コニシキソウ ニオケル アリ ニヨル シュシ サンプ ノ イギ ト アリ ニトッテノ シュシ ノ カチ. [Internet] [Doctoral dissertation]. Kagoshima University / 鹿児島大学; 2016. [cited 2018 Feb 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10232/15021.

Council of Science Editors:

小林 . コニシキソウにおけるアリによる種子散布の意義とアリにとっての種子の価値 : コニシキソウ ニオケル アリ ニヨル シュシ サンプ ノ イギ ト アリ ニトッテノ シュシ ノ カチ. [Doctoral Dissertation]. Kagoshima University / 鹿児島大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10232/15021

17. 嶋澤, 光一. 地域農業副産物を活用した高品質豚の生産に関する研究 : Studies of high-quality pork production using local agricultural by-product; チイキ ノウギョウ フクサンブツ オ カツヨウシタ コウヒンシツブタ ノ セイサン ニ カンスル ケンキュウ.

Degree: PhD, Agricultural Science, 2016, Kagoshima University / 鹿児島大学

 This study was conducted to establish an effective way to use unqualified potatoes as a feed for pigs. After the preparation of silage using the… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

嶋澤, . (2016). 地域農業副産物を活用した高品質豚の生産に関する研究 : Studies of high-quality pork production using local agricultural by-product; チイキ ノウギョウ フクサンブツ オ カツヨウシタ コウヒンシツブタ ノ セイサン ニ カンスル ケンキュウ. (Doctoral Dissertation). Kagoshima University / 鹿児島大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10232/15022

Chicago Manual of Style (16th Edition):

嶋澤, 光一. “地域農業副産物を活用した高品質豚の生産に関する研究 : Studies of high-quality pork production using local agricultural by-product; チイキ ノウギョウ フクサンブツ オ カツヨウシタ コウヒンシツブタ ノ セイサン ニ カンスル ケンキュウ.” 2016. Doctoral Dissertation, Kagoshima University / 鹿児島大学. Accessed February 22, 2018. http://hdl.handle.net/10232/15022.

MLA Handbook (7th Edition):

嶋澤, 光一. “地域農業副産物を活用した高品質豚の生産に関する研究 : Studies of high-quality pork production using local agricultural by-product; チイキ ノウギョウ フクサンブツ オ カツヨウシタ コウヒンシツブタ ノ セイサン ニ カンスル ケンキュウ.” 2016. Web. 22 Feb 2018.

Vancouver:

嶋澤 . 地域農業副産物を活用した高品質豚の生産に関する研究 : Studies of high-quality pork production using local agricultural by-product; チイキ ノウギョウ フクサンブツ オ カツヨウシタ コウヒンシツブタ ノ セイサン ニ カンスル ケンキュウ. [Internet] [Doctoral dissertation]. Kagoshima University / 鹿児島大学; 2016. [cited 2018 Feb 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10232/15022.

Council of Science Editors:

嶋澤 . 地域農業副産物を活用した高品質豚の生産に関する研究 : Studies of high-quality pork production using local agricultural by-product; チイキ ノウギョウ フクサンブツ オ カツヨウシタ コウヒンシツブタ ノ セイサン ニ カンスル ケンキュウ. [Doctoral Dissertation]. Kagoshima University / 鹿児島大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10232/15022

18. LEONG, Cheng Ning Abraham. Studies on the chemical characteristics of flavonoidglycosides isolated from subtropical plants in Okinawa and their biological activities : 沖縄産亜熱帯植物から分離したフラボノイド配糖体の化学特性とそれらの生理活性に関する研究; オキナワサン アネッタイ ショクブツ カラ ブンリシタ フラボノイド ハイトウタイ ノ カガク トクセイ ト ソレラ ノ セイリ カッセイ ニ カンスル ケンキュウ .

Degree: PhD, Agricultural Science, 2016, Kagoshima University / 鹿児島大学

連合農学研究科博士論文(農学) : 学位取得日: 平成22年3月15日

Free radicals and reactive oxygen species do not only cause denaturation in foods but also cause oxidative damage to the human… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

LEONG, C. N. A. (2016). Studies on the chemical characteristics of flavonoidglycosides isolated from subtropical plants in Okinawa and their biological activities : 沖縄産亜熱帯植物から分離したフラボノイド配糖体の化学特性とそれらの生理活性に関する研究; オキナワサン アネッタイ ショクブツ カラ ブンリシタ フラボノイド ハイトウタイ ノ カガク トクセイ ト ソレラ ノ セイリ カッセイ ニ カンスル ケンキュウ . (Doctoral Dissertation). Kagoshima University / 鹿児島大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10232/15157

Chicago Manual of Style (16th Edition):

LEONG, Cheng Ning Abraham. “Studies on the chemical characteristics of flavonoidglycosides isolated from subtropical plants in Okinawa and their biological activities : 沖縄産亜熱帯植物から分離したフラボノイド配糖体の化学特性とそれらの生理活性に関する研究; オキナワサン アネッタイ ショクブツ カラ ブンリシタ フラボノイド ハイトウタイ ノ カガク トクセイ ト ソレラ ノ セイリ カッセイ ニ カンスル ケンキュウ .” 2016. Doctoral Dissertation, Kagoshima University / 鹿児島大学. Accessed February 22, 2018. http://hdl.handle.net/10232/15157.

MLA Handbook (7th Edition):

LEONG, Cheng Ning Abraham. “Studies on the chemical characteristics of flavonoidglycosides isolated from subtropical plants in Okinawa and their biological activities : 沖縄産亜熱帯植物から分離したフラボノイド配糖体の化学特性とそれらの生理活性に関する研究; オキナワサン アネッタイ ショクブツ カラ ブンリシタ フラボノイド ハイトウタイ ノ カガク トクセイ ト ソレラ ノ セイリ カッセイ ニ カンスル ケンキュウ .” 2016. Web. 22 Feb 2018.

Vancouver:

LEONG CNA. Studies on the chemical characteristics of flavonoidglycosides isolated from subtropical plants in Okinawa and their biological activities : 沖縄産亜熱帯植物から分離したフラボノイド配糖体の化学特性とそれらの生理活性に関する研究; オキナワサン アネッタイ ショクブツ カラ ブンリシタ フラボノイド ハイトウタイ ノ カガク トクセイ ト ソレラ ノ セイリ カッセイ ニ カンスル ケンキュウ . [Internet] [Doctoral dissertation]. Kagoshima University / 鹿児島大学; 2016. [cited 2018 Feb 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10232/15157.

Council of Science Editors:

LEONG CNA. Studies on the chemical characteristics of flavonoidglycosides isolated from subtropical plants in Okinawa and their biological activities : 沖縄産亜熱帯植物から分離したフラボノイド配糖体の化学特性とそれらの生理活性に関する研究; オキナワサン アネッタイ ショクブツ カラ ブンリシタ フラボノイド ハイトウタイ ノ カガク トクセイ ト ソレラ ノ セイリ カッセイ ニ カンスル ケンキュウ . [Doctoral Dissertation]. Kagoshima University / 鹿児島大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10232/15157

19. 吉満, 勇也. 植物ホルモン・ブラシノステロイドの内生量調節に関する分子生物学的研究 : Study on the feedback control of brassinosteroid levels in Arabidopsis thaliana; ショクブツ ホルモン ・ ブラシノステロイド ノ ナイセイリョウ チョウセツ ニ カンスル ブンシ セイブツガクテキ ケンキュウ.

Degree: PhD, Agricultural Science, 2016, Kagoshima University / 鹿児島大学

 Brassinosteroids (BRs) are a class of plant hormones with a unique polyhydroxy steroid structure, and are essential for growth and development throughout plant life cycle.… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

吉満, . (2016). 植物ホルモン・ブラシノステロイドの内生量調節に関する分子生物学的研究 : Study on the feedback control of brassinosteroid levels in Arabidopsis thaliana; ショクブツ ホルモン ・ ブラシノステロイド ノ ナイセイリョウ チョウセツ ニ カンスル ブンシ セイブツガクテキ ケンキュウ. (Doctoral Dissertation). Kagoshima University / 鹿児島大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10232/15518

Chicago Manual of Style (16th Edition):

吉満, 勇也. “植物ホルモン・ブラシノステロイドの内生量調節に関する分子生物学的研究 : Study on the feedback control of brassinosteroid levels in Arabidopsis thaliana; ショクブツ ホルモン ・ ブラシノステロイド ノ ナイセイリョウ チョウセツ ニ カンスル ブンシ セイブツガクテキ ケンキュウ.” 2016. Doctoral Dissertation, Kagoshima University / 鹿児島大学. Accessed February 22, 2018. http://hdl.handle.net/10232/15518.

MLA Handbook (7th Edition):

吉満, 勇也. “植物ホルモン・ブラシノステロイドの内生量調節に関する分子生物学的研究 : Study on the feedback control of brassinosteroid levels in Arabidopsis thaliana; ショクブツ ホルモン ・ ブラシノステロイド ノ ナイセイリョウ チョウセツ ニ カンスル ブンシ セイブツガクテキ ケンキュウ.” 2016. Web. 22 Feb 2018.

Vancouver:

吉満 . 植物ホルモン・ブラシノステロイドの内生量調節に関する分子生物学的研究 : Study on the feedback control of brassinosteroid levels in Arabidopsis thaliana; ショクブツ ホルモン ・ ブラシノステロイド ノ ナイセイリョウ チョウセツ ニ カンスル ブンシ セイブツガクテキ ケンキュウ. [Internet] [Doctoral dissertation]. Kagoshima University / 鹿児島大学; 2016. [cited 2018 Feb 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10232/15518.

Council of Science Editors:

吉満 . 植物ホルモン・ブラシノステロイドの内生量調節に関する分子生物学的研究 : Study on the feedback control of brassinosteroid levels in Arabidopsis thaliana; ショクブツ ホルモン ・ ブラシノステロイド ノ ナイセイリョウ チョウセツ ニ カンスル ブンシ セイブツガクテキ ケンキュウ. [Doctoral Dissertation]. Kagoshima University / 鹿児島大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10232/15518

20. 宮澤, 千顕. 窓-躯体間の熱移動に関する研究 : Study of heat flow between window frames and building walls; マド-クタイカン ノ ネツ イドウ ニ カンスル ケンキュウ.

Degree: PhD, Engineering, 2016, Kagoshima University / 鹿児島大学

 This thesis is composed of 7 chapters, examines the heat transfer between window frames and building walls, which has not been evaluated nor taken into… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

宮澤, . (2016). 窓-躯体間の熱移動に関する研究 : Study of heat flow between window frames and building walls; マド-クタイカン ノ ネツ イドウ ニ カンスル ケンキュウ. (Doctoral Dissertation). Kagoshima University / 鹿児島大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10232/17422

Chicago Manual of Style (16th Edition):

宮澤, 千顕. “窓-躯体間の熱移動に関する研究 : Study of heat flow between window frames and building walls; マド-クタイカン ノ ネツ イドウ ニ カンスル ケンキュウ.” 2016. Doctoral Dissertation, Kagoshima University / 鹿児島大学. Accessed February 22, 2018. http://hdl.handle.net/10232/17422.

MLA Handbook (7th Edition):

宮澤, 千顕. “窓-躯体間の熱移動に関する研究 : Study of heat flow between window frames and building walls; マド-クタイカン ノ ネツ イドウ ニ カンスル ケンキュウ.” 2016. Web. 22 Feb 2018.

Vancouver:

宮澤 . 窓-躯体間の熱移動に関する研究 : Study of heat flow between window frames and building walls; マド-クタイカン ノ ネツ イドウ ニ カンスル ケンキュウ. [Internet] [Doctoral dissertation]. Kagoshima University / 鹿児島大学; 2016. [cited 2018 Feb 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10232/17422.

Council of Science Editors:

宮澤 . 窓-躯体間の熱移動に関する研究 : Study of heat flow between window frames and building walls; マド-クタイカン ノ ネツ イドウ ニ カンスル ケンキュウ. [Doctoral Dissertation]. Kagoshima University / 鹿児島大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10232/17422

21. Kathy Thi Aung; ケティ ティ オウン. Study on reinforcement learning using Voronoi diagram in continuous state space : 連続的な状態空間のボロノイ分割を用いた強化学習に関する研究; レンゾクテキナ ジョウタイ クウカン ノ ボロノイ ブンカツ オ モチイタ キョウカ ガクシュウ ニ カンスル ケンキュウ.

Degree: PhD, Engineering, 2016, Kagoshima University / 鹿児島大学

理工学研究科博士論文(工学) ; 学位取得日: 平成25年3月25日

"There are several kinds of learning methods however most of the research tell us that reinforcement learning (RL) [1] is the… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

オウン, K. T. A. . . (2016). Study on reinforcement learning using Voronoi diagram in continuous state space : 連続的な状態空間のボロノイ分割を用いた強化学習に関する研究; レンゾクテキナ ジョウタイ クウカン ノ ボロノイ ブンカツ オ モチイタ キョウカ ガクシュウ ニ カンスル ケンキュウ. (Doctoral Dissertation). Kagoshima University / 鹿児島大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10232/17425

Chicago Manual of Style (16th Edition):

オウン, Kathy Thi Aung; ケティ ティ. “Study on reinforcement learning using Voronoi diagram in continuous state space : 連続的な状態空間のボロノイ分割を用いた強化学習に関する研究; レンゾクテキナ ジョウタイ クウカン ノ ボロノイ ブンカツ オ モチイタ キョウカ ガクシュウ ニ カンスル ケンキュウ.” 2016. Doctoral Dissertation, Kagoshima University / 鹿児島大学. Accessed February 22, 2018. http://hdl.handle.net/10232/17425.

MLA Handbook (7th Edition):

オウン, Kathy Thi Aung; ケティ ティ. “Study on reinforcement learning using Voronoi diagram in continuous state space : 連続的な状態空間のボロノイ分割を用いた強化学習に関する研究; レンゾクテキナ ジョウタイ クウカン ノ ボロノイ ブンカツ オ モチイタ キョウカ ガクシュウ ニ カンスル ケンキュウ.” 2016. Web. 22 Feb 2018.

Vancouver:

オウン KTA. Study on reinforcement learning using Voronoi diagram in continuous state space : 連続的な状態空間のボロノイ分割を用いた強化学習に関する研究; レンゾクテキナ ジョウタイ クウカン ノ ボロノイ ブンカツ オ モチイタ キョウカ ガクシュウ ニ カンスル ケンキュウ. [Internet] [Doctoral dissertation]. Kagoshima University / 鹿児島大学; 2016. [cited 2018 Feb 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10232/17425.

Council of Science Editors:

オウン KTA. Study on reinforcement learning using Voronoi diagram in continuous state space : 連続的な状態空間のボロノイ分割を用いた強化学習に関する研究; レンゾクテキナ ジョウタイ クウカン ノ ボロノイ ブンカツ オ モチイタ キョウカ ガクシュウ ニ カンスル ケンキュウ. [Doctoral Dissertation]. Kagoshima University / 鹿児島大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10232/17425

22. 今井, 裕理子. 南西諸島におけるソルガム属の生産と放牧利用に関する研究 : Studies on production and grazing utilization of Sorghum spp.; ナンセイショトウ ニオケル ソルガムゾク ノ セイサン ト ホウボク リヨウ ニカンスル ケンキュウ.

Degree: PhD, 2016, Kagoshima University / 鹿児島大学

The study was conducted to establish the forage production and utilization system in the limited land by clarifying about productivity and characteristics of Sorghum spp. in South-western Islands. Cultivation system and grazing method on Sorghum pasture were evaluated in consideration of hydrogen cyanide potential (HCNp).

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

今井, . (2016). 南西諸島におけるソルガム属の生産と放牧利用に関する研究 : Studies on production and grazing utilization of Sorghum spp.; ナンセイショトウ ニオケル ソルガムゾク ノ セイサン ト ホウボク リヨウ ニカンスル ケンキュウ. (Doctoral Dissertation). Kagoshima University / 鹿児島大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10232/21291

Chicago Manual of Style (16th Edition):

今井, 裕理子. “南西諸島におけるソルガム属の生産と放牧利用に関する研究 : Studies on production and grazing utilization of Sorghum spp.; ナンセイショトウ ニオケル ソルガムゾク ノ セイサン ト ホウボク リヨウ ニカンスル ケンキュウ.” 2016. Doctoral Dissertation, Kagoshima University / 鹿児島大学. Accessed February 22, 2018. http://hdl.handle.net/10232/21291.

MLA Handbook (7th Edition):

今井, 裕理子. “南西諸島におけるソルガム属の生産と放牧利用に関する研究 : Studies on production and grazing utilization of Sorghum spp.; ナンセイショトウ ニオケル ソルガムゾク ノ セイサン ト ホウボク リヨウ ニカンスル ケンキュウ.” 2016. Web. 22 Feb 2018.

Vancouver:

今井 . 南西諸島におけるソルガム属の生産と放牧利用に関する研究 : Studies on production and grazing utilization of Sorghum spp.; ナンセイショトウ ニオケル ソルガムゾク ノ セイサン ト ホウボク リヨウ ニカンスル ケンキュウ. [Internet] [Doctoral dissertation]. Kagoshima University / 鹿児島大学; 2016. [cited 2018 Feb 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10232/21291.

Council of Science Editors:

今井 . 南西諸島におけるソルガム属の生産と放牧利用に関する研究 : Studies on production and grazing utilization of Sorghum spp.; ナンセイショトウ ニオケル ソルガムゾク ノ セイサン ト ホウボク リヨウ ニカンスル ケンキュウ. [Doctoral Dissertation]. Kagoshima University / 鹿児島大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10232/21291

23. OROSZ, Gabor. Exploring high precision VLBI astrometry of hydroxyl and water masers to study late stellar evolution : Exploring high precision VLBI astrometry of hydroxyl and water masers to study late stellar evolution; 末期恒星進化研究のための水酸基及び水メーザー源に対する超長基線電波干渉法による高精度天体位置計測.

Degree: PhD, Science, 2017, Kagoshima University / 鹿児島大学

 This PhD thesis has two main topics: technical studies of VLBI astrometry at L-band and astrometric measurements of OH and H2O masers to study late… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

OROSZ, G. (2017). Exploring high precision VLBI astrometry of hydroxyl and water masers to study late stellar evolution : Exploring high precision VLBI astrometry of hydroxyl and water masers to study late stellar evolution; 末期恒星進化研究のための水酸基及び水メーザー源に対する超長基線電波干渉法による高精度天体位置計測. (Doctoral Dissertation). Kagoshima University / 鹿児島大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10232/00029521

Chicago Manual of Style (16th Edition):

OROSZ, Gabor. “Exploring high precision VLBI astrometry of hydroxyl and water masers to study late stellar evolution : Exploring high precision VLBI astrometry of hydroxyl and water masers to study late stellar evolution; 末期恒星進化研究のための水酸基及び水メーザー源に対する超長基線電波干渉法による高精度天体位置計測.” 2017. Doctoral Dissertation, Kagoshima University / 鹿児島大学. Accessed February 22, 2018. http://hdl.handle.net/10232/00029521.

MLA Handbook (7th Edition):

OROSZ, Gabor. “Exploring high precision VLBI astrometry of hydroxyl and water masers to study late stellar evolution : Exploring high precision VLBI astrometry of hydroxyl and water masers to study late stellar evolution; 末期恒星進化研究のための水酸基及び水メーザー源に対する超長基線電波干渉法による高精度天体位置計測.” 2017. Web. 22 Feb 2018.

Vancouver:

OROSZ G. Exploring high precision VLBI astrometry of hydroxyl and water masers to study late stellar evolution : Exploring high precision VLBI astrometry of hydroxyl and water masers to study late stellar evolution; 末期恒星進化研究のための水酸基及び水メーザー源に対する超長基線電波干渉法による高精度天体位置計測. [Internet] [Doctoral dissertation]. Kagoshima University / 鹿児島大学; 2017. [cited 2018 Feb 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10232/00029521.

Council of Science Editors:

OROSZ G. Exploring high precision VLBI astrometry of hydroxyl and water masers to study late stellar evolution : Exploring high precision VLBI astrometry of hydroxyl and water masers to study late stellar evolution; 末期恒星進化研究のための水酸基及び水メーザー源に対する超長基線電波干渉法による高精度天体位置計測. [Doctoral Dissertation]. Kagoshima University / 鹿児島大学; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/10232/00029521

24. 小部, 敬純. 分割表における仮説検定統計量の分布の漸近近似とその応用 : Asymptotic approximations of the distribution of the test statistics for contingency tables and its applications; Asymptotic approximations of the distribution of the test statistics for contingency tables and its applications; ブンカツヒョウ ニオケル カセツ ケンテイ トウケイリョウ ノ ブンプ ノ ゼンキン キンジ ト ソノ オウヨウ.

Degree: PhD, Science, 2017, Kagoshima University / 鹿児島大学

この研究は、row カテゴリ(行分類) とcolumn カテゴリ(列分類) が同数のr × r 正方分割表および、row カテゴリ、 column カテゴリおよびlayer カテゴリ(層分類) の3 次元r×s× t 分割表についての研究である。本論文では、r × r 正方分割表において対称なセルの確率が等しいという対称性(symmetry) の帰無仮説のもとでの検定および、r × s× t 分割表における同時独立性(jointly independence) の帰無仮説のもとでの検定によるφ-ダイバージェンス統計量Cφ での帰無分布について考察する。パワーダイバージェンス統計量Ra は、統計量Cφ の特別な場合である。R0 は対数尤度比統計量で、R1 はピアソンのX2 統計量である。また、a = 2/3 はCressie and Read [6] によって提唱された統計量である。これらの統計量は対称性の帰無仮説のもとでカイ二乗分布を極限分布として持っていることが知られている。また、この仮説のもとでCφ の分布に対する漸近展開にもとづく近似式の連続項を導出する。この連続項を使うことによって、Cφ の分布の新しい近似を提案する。さらに、その近似に基づき、Cφ のカイ二乗極限分布への収束速度の改良をした変換統計量を与える。また、Ra の場合の数値比較をすることによって、変換統計量が小標本に対してもよい近似となっていることを示す。

Subjects/Keywords: カイ二乗極限分布; 分割表; 対称性検定; 同時独立性検定; φ-ダイバージェンス; パワーダイバージェンス; バートレット修整; 改良変換

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

小部, . (2017). 分割表における仮説検定統計量の分布の漸近近似とその応用 : Asymptotic approximations of the distribution of the test statistics for contingency tables and its applications; Asymptotic approximations of the distribution of the test statistics for contingency tables and its applications; ブンカツヒョウ ニオケル カセツ ケンテイ トウケイリョウ ノ ブンプ ノ ゼンキン キンジ ト ソノ オウヨウ. (Doctoral Dissertation). Kagoshima University / 鹿児島大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10232/00029526

Chicago Manual of Style (16th Edition):

小部, 敬純. “分割表における仮説検定統計量の分布の漸近近似とその応用 : Asymptotic approximations of the distribution of the test statistics for contingency tables and its applications; Asymptotic approximations of the distribution of the test statistics for contingency tables and its applications; ブンカツヒョウ ニオケル カセツ ケンテイ トウケイリョウ ノ ブンプ ノ ゼンキン キンジ ト ソノ オウヨウ.” 2017. Doctoral Dissertation, Kagoshima University / 鹿児島大学. Accessed February 22, 2018. http://hdl.handle.net/10232/00029526.

MLA Handbook (7th Edition):

小部, 敬純. “分割表における仮説検定統計量の分布の漸近近似とその応用 : Asymptotic approximations of the distribution of the test statistics for contingency tables and its applications; Asymptotic approximations of the distribution of the test statistics for contingency tables and its applications; ブンカツヒョウ ニオケル カセツ ケンテイ トウケイリョウ ノ ブンプ ノ ゼンキン キンジ ト ソノ オウヨウ.” 2017. Web. 22 Feb 2018.

Vancouver:

小部 . 分割表における仮説検定統計量の分布の漸近近似とその応用 : Asymptotic approximations of the distribution of the test statistics for contingency tables and its applications; Asymptotic approximations of the distribution of the test statistics for contingency tables and its applications; ブンカツヒョウ ニオケル カセツ ケンテイ トウケイリョウ ノ ブンプ ノ ゼンキン キンジ ト ソノ オウヨウ. [Internet] [Doctoral dissertation]. Kagoshima University / 鹿児島大学; 2017. [cited 2018 Feb 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10232/00029526.

Council of Science Editors:

小部 . 分割表における仮説検定統計量の分布の漸近近似とその応用 : Asymptotic approximations of the distribution of the test statistics for contingency tables and its applications; Asymptotic approximations of the distribution of the test statistics for contingency tables and its applications; ブンカツヒョウ ニオケル カセツ ケンテイ トウケイリョウ ノ ブンプ ノ ゼンキン キンジ ト ソノ オウヨウ. [Doctoral Dissertation]. Kagoshima University / 鹿児島大学; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/10232/00029526

25. 李, 迎霄. Role of musclin in the pathogenesis of hypertension in rats : Role of musclin in the pathogenesis of hypertension in rats.

Degree: 2017, Kagoshima University / 鹿児島大学

鹿児島大学

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

李, . (2017). Role of musclin in the pathogenesis of hypertension in rats : Role of musclin in the pathogenesis of hypertension in rats. (Thesis). Kagoshima University / 鹿児島大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10232/00029560

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

李, 迎霄. “Role of musclin in the pathogenesis of hypertension in rats : Role of musclin in the pathogenesis of hypertension in rats.” 2017. Thesis, Kagoshima University / 鹿児島大学. Accessed February 22, 2018. http://hdl.handle.net/10232/00029560.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

李, 迎霄. “Role of musclin in the pathogenesis of hypertension in rats : Role of musclin in the pathogenesis of hypertension in rats.” 2017. Web. 22 Feb 2018.

Vancouver:

李 . Role of musclin in the pathogenesis of hypertension in rats : Role of musclin in the pathogenesis of hypertension in rats. [Internet] [Thesis]. Kagoshima University / 鹿児島大学; 2017. [cited 2018 Feb 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10232/00029560.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

李 . Role of musclin in the pathogenesis of hypertension in rats : Role of musclin in the pathogenesis of hypertension in rats. [Thesis]. Kagoshima University / 鹿児島大学; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/10232/00029560

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

26. KOMILUS, Connie Fay. EFFECT OF VEGETABLE OILS ON GROWTH PERFORMANCE AND QUALITY OF RED SEA BREAM Pagrus major : マダイの成長と品質に及ぼす飼料中植物油の影響.

Degree: PhD, Fisheries Science, 2016, Kagoshima University / 鹿児島大学

連合農学研究科博士論文(水産学) ; 学位取得日: 平成20年9月19日

Dietary lipid source is an important factor for growth, physiology and muscle quality of fish. However, efficacy of vegetable oil such… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

KOMILUS, C. F. (2016). EFFECT OF VEGETABLE OILS ON GROWTH PERFORMANCE AND QUALITY OF RED SEA BREAM Pagrus major : マダイの成長と品質に及ぼす飼料中植物油の影響. (Doctoral Dissertation). Kagoshima University / 鹿児島大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10232/7938

Chicago Manual of Style (16th Edition):

KOMILUS, Connie Fay. “EFFECT OF VEGETABLE OILS ON GROWTH PERFORMANCE AND QUALITY OF RED SEA BREAM Pagrus major : マダイの成長と品質に及ぼす飼料中植物油の影響.” 2016. Doctoral Dissertation, Kagoshima University / 鹿児島大学. Accessed February 22, 2018. http://hdl.handle.net/10232/7938.

MLA Handbook (7th Edition):

KOMILUS, Connie Fay. “EFFECT OF VEGETABLE OILS ON GROWTH PERFORMANCE AND QUALITY OF RED SEA BREAM Pagrus major : マダイの成長と品質に及ぼす飼料中植物油の影響.” 2016. Web. 22 Feb 2018.

Vancouver:

KOMILUS CF. EFFECT OF VEGETABLE OILS ON GROWTH PERFORMANCE AND QUALITY OF RED SEA BREAM Pagrus major : マダイの成長と品質に及ぼす飼料中植物油の影響. [Internet] [Doctoral dissertation]. Kagoshima University / 鹿児島大学; 2016. [cited 2018 Feb 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10232/7938.

Council of Science Editors:

KOMILUS CF. EFFECT OF VEGETABLE OILS ON GROWTH PERFORMANCE AND QUALITY OF RED SEA BREAM Pagrus major : マダイの成長と品質に及ぼす飼料中植物油の影響. [Doctoral Dissertation]. Kagoshima University / 鹿児島大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10232/7938

27. 侯, 德興. Genetic and Biochemical Studies on Chymotrypsin of Japanese Quail (Coturnix coturnix japonica) : 日本ウズラのキモトリプシンに関する遺伝生化学的研究; ニホン ウズラ ノ キモトリプシン ニ カンスル イデン セイカガクテキ ケンキュウ.

Degree: PhD, Agricultural Science, 2016, Kagoshima University / 鹿児島大学

連合農学研究科博士論文(農学) ; 学位取得日: 平成3年3月25日

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

侯, . (2016). Genetic and Biochemical Studies on Chymotrypsin of Japanese Quail (Coturnix coturnix japonica) : 日本ウズラのキモトリプシンに関する遺伝生化学的研究; ニホン ウズラ ノ キモトリプシン ニ カンスル イデン セイカガクテキ ケンキュウ. (Doctoral Dissertation). Kagoshima University / 鹿児島大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10232/12143

Chicago Manual of Style (16th Edition):

侯, 德興. “Genetic and Biochemical Studies on Chymotrypsin of Japanese Quail (Coturnix coturnix japonica) : 日本ウズラのキモトリプシンに関する遺伝生化学的研究; ニホン ウズラ ノ キモトリプシン ニ カンスル イデン セイカガクテキ ケンキュウ.” 2016. Doctoral Dissertation, Kagoshima University / 鹿児島大学. Accessed February 22, 2018. http://hdl.handle.net/10232/12143.

MLA Handbook (7th Edition):

侯, 德興. “Genetic and Biochemical Studies on Chymotrypsin of Japanese Quail (Coturnix coturnix japonica) : 日本ウズラのキモトリプシンに関する遺伝生化学的研究; ニホン ウズラ ノ キモトリプシン ニ カンスル イデン セイカガクテキ ケンキュウ.” 2016. Web. 22 Feb 2018.

Vancouver:

侯 . Genetic and Biochemical Studies on Chymotrypsin of Japanese Quail (Coturnix coturnix japonica) : 日本ウズラのキモトリプシンに関する遺伝生化学的研究; ニホン ウズラ ノ キモトリプシン ニ カンスル イデン セイカガクテキ ケンキュウ. [Internet] [Doctoral dissertation]. Kagoshima University / 鹿児島大学; 2016. [cited 2018 Feb 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10232/12143.

Council of Science Editors:

侯 . Genetic and Biochemical Studies on Chymotrypsin of Japanese Quail (Coturnix coturnix japonica) : 日本ウズラのキモトリプシンに関する遺伝生化学的研究; ニホン ウズラ ノ キモトリプシン ニ カンスル イデン セイカガクテキ ケンキュウ. [Doctoral Dissertation]. Kagoshima University / 鹿児島大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10232/12143

28. 長峰, 孝文. 家畜におけるメチオニン-S-オキシドレダクターゼの栄養学的意義 : Nutritional significance of methioninle-S-oxide reductase in livestock animals; カチク ニオケル メチオニン-S-オキシドレダクターゼ ノ エイヨウガクテキ イギ.

Degree: PhD, Agricultural Science, 2016, Kagoshima University / 鹿児島大学

連合農学研究科博士論文(農学) ; 学位取得日: 平成4年3月24日

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

長峰, . (2016). 家畜におけるメチオニン-S-オキシドレダクターゼの栄養学的意義 : Nutritional significance of methioninle-S-oxide reductase in livestock animals; カチク ニオケル メチオニン-S-オキシドレダクターゼ ノ エイヨウガクテキ イギ. (Doctoral Dissertation). Kagoshima University / 鹿児島大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10232/12157

Chicago Manual of Style (16th Edition):

長峰, 孝文. “家畜におけるメチオニン-S-オキシドレダクターゼの栄養学的意義 : Nutritional significance of methioninle-S-oxide reductase in livestock animals; カチク ニオケル メチオニン-S-オキシドレダクターゼ ノ エイヨウガクテキ イギ.” 2016. Doctoral Dissertation, Kagoshima University / 鹿児島大学. Accessed February 22, 2018. http://hdl.handle.net/10232/12157.

MLA Handbook (7th Edition):

長峰, 孝文. “家畜におけるメチオニン-S-オキシドレダクターゼの栄養学的意義 : Nutritional significance of methioninle-S-oxide reductase in livestock animals; カチク ニオケル メチオニン-S-オキシドレダクターゼ ノ エイヨウガクテキ イギ.” 2016. Web. 22 Feb 2018.

Vancouver:

長峰 . 家畜におけるメチオニン-S-オキシドレダクターゼの栄養学的意義 : Nutritional significance of methioninle-S-oxide reductase in livestock animals; カチク ニオケル メチオニン-S-オキシドレダクターゼ ノ エイヨウガクテキ イギ. [Internet] [Doctoral dissertation]. Kagoshima University / 鹿児島大学; 2016. [cited 2018 Feb 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10232/12157.

Council of Science Editors:

長峰 . 家畜におけるメチオニン-S-オキシドレダクターゼの栄養学的意義 : Nutritional significance of methioninle-S-oxide reductase in livestock animals; カチク ニオケル メチオニン-S-オキシドレダクターゼ ノ エイヨウガクテキ イギ. [Doctoral Dissertation]. Kagoshima University / 鹿児島大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10232/12157

29. 関塚, 史朗. ファレノプシス系デンドロビウムのCrassulacean Acid Metabolism型光合成に関する研究 : ファレノプシス ケイ デンドロビウム ノ Crassulacean Acid Metabolismガタ コウゴウセイ ニ カンスル ケンキュウ.

Degree: PhD, Agricultural Science, 2016, Kagoshima University / 鹿児島大学

連合農学研究科博士論文(農学) ; 学位取得日: 平成7年9月12日

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

関塚, . (2016). ファレノプシス系デンドロビウムのCrassulacean Acid Metabolism型光合成に関する研究 : ファレノプシス ケイ デンドロビウム ノ Crassulacean Acid Metabolismガタ コウゴウセイ ニ カンスル ケンキュウ. (Doctoral Dissertation). Kagoshima University / 鹿児島大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10232/12182

Chicago Manual of Style (16th Edition):

関塚, 史朗. “ファレノプシス系デンドロビウムのCrassulacean Acid Metabolism型光合成に関する研究 : ファレノプシス ケイ デンドロビウム ノ Crassulacean Acid Metabolismガタ コウゴウセイ ニ カンスル ケンキュウ.” 2016. Doctoral Dissertation, Kagoshima University / 鹿児島大学. Accessed February 22, 2018. http://hdl.handle.net/10232/12182.

MLA Handbook (7th Edition):

関塚, 史朗. “ファレノプシス系デンドロビウムのCrassulacean Acid Metabolism型光合成に関する研究 : ファレノプシス ケイ デンドロビウム ノ Crassulacean Acid Metabolismガタ コウゴウセイ ニ カンスル ケンキュウ.” 2016. Web. 22 Feb 2018.

Vancouver:

関塚 . ファレノプシス系デンドロビウムのCrassulacean Acid Metabolism型光合成に関する研究 : ファレノプシス ケイ デンドロビウム ノ Crassulacean Acid Metabolismガタ コウゴウセイ ニ カンスル ケンキュウ. [Internet] [Doctoral dissertation]. Kagoshima University / 鹿児島大学; 2016. [cited 2018 Feb 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10232/12182.

Council of Science Editors:

関塚 . ファレノプシス系デンドロビウムのCrassulacean Acid Metabolism型光合成に関する研究 : ファレノプシス ケイ デンドロビウム ノ Crassulacean Acid Metabolismガタ コウゴウセイ ニ カンスル ケンキュウ. [Doctoral Dissertation]. Kagoshima University / 鹿児島大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10232/12182

30. 上原, めぐみ. オキナワモズク(Cladosiphon okamuranus Tokida)に存在する有効成分の機能特性解明に関する研究 : Studies on the Functional Properties of Available Components in Okinawamozuku (Cladosiphon okamuranus Tokida); オキナワモズク (Cladosiphon okamuranus Tokida) ニ ソンザイ スル ユウコウ セイブン ノ キノウ トクセイ カイメイ ニ カンスル ケンキュウ.

Degree: PhD, Agricultural Science, 2016, Kagoshima University / 鹿児島大学

連合農学研究科博士論文(農学) ; 学位取得日: 平成8年3月15日

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

上原, . (2016). オキナワモズク(Cladosiphon okamuranus Tokida)に存在する有効成分の機能特性解明に関する研究 : Studies on the Functional Properties of Available Components in Okinawamozuku (Cladosiphon okamuranus Tokida); オキナワモズク (Cladosiphon okamuranus Tokida) ニ ソンザイ スル ユウコウ セイブン ノ キノウ トクセイ カイメイ ニ カンスル ケンキュウ. (Doctoral Dissertation). Kagoshima University / 鹿児島大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10232/12184

Chicago Manual of Style (16th Edition):

上原, めぐみ. “オキナワモズク(Cladosiphon okamuranus Tokida)に存在する有効成分の機能特性解明に関する研究 : Studies on the Functional Properties of Available Components in Okinawamozuku (Cladosiphon okamuranus Tokida); オキナワモズク (Cladosiphon okamuranus Tokida) ニ ソンザイ スル ユウコウ セイブン ノ キノウ トクセイ カイメイ ニ カンスル ケンキュウ.” 2016. Doctoral Dissertation, Kagoshima University / 鹿児島大学. Accessed February 22, 2018. http://hdl.handle.net/10232/12184.

MLA Handbook (7th Edition):

上原, めぐみ. “オキナワモズク(Cladosiphon okamuranus Tokida)に存在する有効成分の機能特性解明に関する研究 : Studies on the Functional Properties of Available Components in Okinawamozuku (Cladosiphon okamuranus Tokida); オキナワモズク (Cladosiphon okamuranus Tokida) ニ ソンザイ スル ユウコウ セイブン ノ キノウ トクセイ カイメイ ニ カンスル ケンキュウ.” 2016. Web. 22 Feb 2018.

Vancouver:

上原 . オキナワモズク(Cladosiphon okamuranus Tokida)に存在する有効成分の機能特性解明に関する研究 : Studies on the Functional Properties of Available Components in Okinawamozuku (Cladosiphon okamuranus Tokida); オキナワモズク (Cladosiphon okamuranus Tokida) ニ ソンザイ スル ユウコウ セイブン ノ キノウ トクセイ カイメイ ニ カンスル ケンキュウ. [Internet] [Doctoral dissertation]. Kagoshima University / 鹿児島大学; 2016. [cited 2018 Feb 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10232/12184.

Council of Science Editors:

上原 . オキナワモズク(Cladosiphon okamuranus Tokida)に存在する有効成分の機能特性解明に関する研究 : Studies on the Functional Properties of Available Components in Okinawamozuku (Cladosiphon okamuranus Tokida); オキナワモズク (Cladosiphon okamuranus Tokida) ニ ソンザイ スル ユウコウ セイブン ノ キノウ トクセイ カイメイ ニ カンスル ケンキュウ. [Doctoral Dissertation]. Kagoshima University / 鹿児島大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10232/12184

[1] [2] [3] [4] [5] … [51]

.