Advanced search options

Advanced Search Options 🞨

Browse by author name (“Author name starts with…”).

Find ETDs with:

in
/  
in
/  
in
/  
in

Written in Published in Earliest date Latest date

Sorted by

Results per page:

Sorted by: relevance · author · university · dateNew search

You searched for publisher:"Iwate University". Showing records 1 – 30 of 384 total matches.

[1] [2] [3] [4] [5] … [13]

Search Limiters

Last 2 Years | English Only

Languages

▼ Search Limiters

1. SHALAMUJIANG, SIMAYI. Elastic properties of iron-based superconductor Ba(Fe1_xCox)2As2 and related materials : 鉄系超伝導体Ba(Fe1-xCox)2As2と関連物質の弾性的性質に関する研究.

Degree: 博士 (工学), 2016, Iwate University / 岩手大学

 The discovery of superconductivity in LaFeAsO1_xFx with the transition temperature of Tsc = 26 K, puts the iron pnictide superconductors in the first stage of… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

SHALAMUJIANG, S. (2016). Elastic properties of iron-based superconductor Ba(Fe1_xCox)2As2 and related materials : 鉄系超伝導体Ba(Fe1-xCox)2As2と関連物質の弾性的性質に関する研究. (Thesis). Iwate University / 岩手大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10140/5324

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

SHALAMUJIANG, SIMAYI. “Elastic properties of iron-based superconductor Ba(Fe1_xCox)2As2 and related materials : 鉄系超伝導体Ba(Fe1-xCox)2As2と関連物質の弾性的性質に関する研究.” 2016. Thesis, Iwate University / 岩手大学. Accessed November 24, 2017. http://hdl.handle.net/10140/5324.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

SHALAMUJIANG, SIMAYI. “Elastic properties of iron-based superconductor Ba(Fe1_xCox)2As2 and related materials : 鉄系超伝導体Ba(Fe1-xCox)2As2と関連物質の弾性的性質に関する研究.” 2016. Web. 24 Nov 2017.

Vancouver:

SHALAMUJIANG S. Elastic properties of iron-based superconductor Ba(Fe1_xCox)2As2 and related materials : 鉄系超伝導体Ba(Fe1-xCox)2As2と関連物質の弾性的性質に関する研究. [Internet] [Thesis]. Iwate University / 岩手大学; 2016. [cited 2017 Nov 24]. Available from: http://hdl.handle.net/10140/5324.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

SHALAMUJIANG S. Elastic properties of iron-based superconductor Ba(Fe1_xCox)2As2 and related materials : 鉄系超伝導体Ba(Fe1-xCox)2As2と関連物質の弾性的性質に関する研究. [Thesis]. Iwate University / 岩手大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10140/5324

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

2. Wan, Aizon Bin W Ghopa. Studies on Aero-Thermal Performances of Leakage Flows lnjection from the Endwall Slot in Linear Cascade of High-Pressure Turbine : エンドウォールスロットからの漏れ流れを伴う高圧タービン直線翼列の熱流体的特性に関する研究.

Degree: 博士 (工学), 2016, Iwate University / 岩手大学

 Present studies focus on thermal and aerodynamics investigations of leakage flow injection through a slot which is located at upstream of blade leading edge. In… (more)

Subjects/Keywords: Turbomachinery; secondary flow; endwall film cooling; leakage flow; purge flow; heat transfer; high-pressure turbine; liquid crystal; transient method; pressure loss; slot orientation; slot position

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Wan, A. B. W. G. (2016). Studies on Aero-Thermal Performances of Leakage Flows lnjection from the Endwall Slot in Linear Cascade of High-Pressure Turbine : エンドウォールスロットからの漏れ流れを伴う高圧タービン直線翼列の熱流体的特性に関する研究. (Thesis). Iwate University / 岩手大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10140/5325

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Wan, Aizon Bin W Ghopa. “Studies on Aero-Thermal Performances of Leakage Flows lnjection from the Endwall Slot in Linear Cascade of High-Pressure Turbine : エンドウォールスロットからの漏れ流れを伴う高圧タービン直線翼列の熱流体的特性に関する研究.” 2016. Thesis, Iwate University / 岩手大学. Accessed November 24, 2017. http://hdl.handle.net/10140/5325.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Wan, Aizon Bin W Ghopa. “Studies on Aero-Thermal Performances of Leakage Flows lnjection from the Endwall Slot in Linear Cascade of High-Pressure Turbine : エンドウォールスロットからの漏れ流れを伴う高圧タービン直線翼列の熱流体的特性に関する研究.” 2016. Web. 24 Nov 2017.

Vancouver:

Wan ABWG. Studies on Aero-Thermal Performances of Leakage Flows lnjection from the Endwall Slot in Linear Cascade of High-Pressure Turbine : エンドウォールスロットからの漏れ流れを伴う高圧タービン直線翼列の熱流体的特性に関する研究. [Internet] [Thesis]. Iwate University / 岩手大学; 2016. [cited 2017 Nov 24]. Available from: http://hdl.handle.net/10140/5325.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Wan ABWG. Studies on Aero-Thermal Performances of Leakage Flows lnjection from the Endwall Slot in Linear Cascade of High-Pressure Turbine : エンドウォールスロットからの漏れ流れを伴う高圧タービン直線翼列の熱流体的特性に関する研究. [Thesis]. Iwate University / 岩手大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10140/5325

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

3. 佐藤, 佳之. 舗装材料としての下水汚泥焼却灰の複合的利用技術の開発に関する研究.

Degree: 博士 (工学), 2016, Iwate University / 岩手大学

下水道の終末処理場で発生する下水汚泥焼却灰の発生量は増加の一途をたどっており、日本国内の発生量は平成22年度には約221,000トン、うち岩手県内の発生量は約1,000トンに達した。この焼却灰は、セメントの原料として使用される以外、ほとんどが埋立て処分されており、多量に利用が可能な新たな技術の開発が望まれてきた。路盤材およびアスファルト混合物などの舗装材料はその利用用途の一つである。下水汚泥焼却灰以外の溶融スラグ等の廃棄物は、同用途への利用実績が高いが、下水汚泥焼却灰の適用例はほとんどなく、検討の余地がある。本研究の目的は、舗装材料である路盤材およびアスファルト混合物に着目し、両用途に複合的に焼却灰を利用することで、多量に利用が可能な技術を開発することにある。現況の発生量を上回る利用可能量を確保する手法を開発するため、本研究では、両用途へ下水汚泥焼却灰を利用した場合の品質への影響原因を考察し、利用可能量の増加対策を提案することで、総合的な焼却灰の利用可能量を確保しようとした。 本論文の構成を以下に示す。 第1章「序論」では、本研究の目的および概要について述べた。 第2章「下水汚泥焼却灰の利用技術に関する研究の動向」では、既往の下水汚泥焼却灰の利用に関連した研究について整理し、下水汚泥の焼却技術の動向、下水汚泥焼却灰の舗装材料としての利用の有効性と現状の課題について述べ、本研究の位置付けを明確にした。 第3章「下水汚泥焼却灰の特性」では、下水汚泥の燃焼炉の形式として主流である流動床式焼却炉で燃焼された焼却灰を選定して、物性分析、化学分析、粒子分析、環境安全性について検討した。その結果、リンがP2O5換算で合計25wt%を超えて存在し、一部はリン酸マグネシウムとして、多孔質かつ大きな粒子として存在することを明らかとした。さらに、焼却灰は概ね300μm以下の微粒子であり、作業時の飛散が懸念されること、焼却灰からヒ素とセレンの溶出が見られ、その含有量が僅かであることから、そのまま利用するよりも他材料と混合して、溶出しにくい処理を行い、利用することが有利であると結論付けた。第4章「焼却灰の路盤材としての利用」では、第3章で検討した焼却灰を利用した路盤材の開発を行った。焼却灰を生コンクリートと混合してから硬化させ、破砕して、その混合破砕物を路盤材として使用する手法であり、生コンクリートに対する焼却灰の外割混合割合と混合破砕物の品質の関係を検討した。その結果、焼却灰の混合割合が15wt%であれば生コンクリート単体よりも支持力が高い路盤材として利用できることを明らかとした。さらに焼却灰の混合割合が30wt%を超えると、締固めエネルギーの増加によって支持力が低下するオーバーコンパクションが発生することを見出した。これは混合破砕物の締固め時に粒子が細粒化することで、粒子中に収着された水が自由水となることが原因と推定した。そこで混合破砕物の最適含水比の低下、強度の増加を指向して、焼却灰の粉砕処理または脱リン処理を行ってから混合したところ、両対策ともオーバーコンパクションの発生を抑制でき、焼却灰を多量に利用した場合でも混合破砕物の支持力を確保できることを確認した。 第5章「焼却灰のアスファルト混合物用フィラーとしての利用」では、下水汚泥焼却灰をアスファルト混合物用フィラーとして使用する手法を検討した。通常使用される石灰石微粉末(石粉)に対して焼却灰を置換して用いたところ、置換率45wt%まで、アスファルト混合物の目標品質を満足することを明らかとした。しかし、置換量の増加に伴ってマーシャル安定度が低下し、配合すべきバインダー量(最適アスファルト量)が増加する。この点について、150μm以上の粗粒分を除去または粉砕した試料を用いることにより、粗粒分がマーシャル安定度と最適アスファルト量の増加に大きく影響していることを明らかとした。第3章で明らかにしたとおり、この分級した粗粒分にはリン酸マグネシウムの多孔質粒子が多く含まれることから、焼却灰の多孔質な性状がマーシャル安定度の低下と最適アスファルト量の低下原因と断定した。この結果を受け、焼却灰を分級せずに全量粉砕してから用いたところ、石粉と全量置換して用いた場合でもマーシャル安定度、最適アスファルト量は焼却灰を用いない基準配合と遜色ない結果が得られた。これと同時に、粉砕した焼却灰の置換量によっては基準配合よりも最適アスファルト量が低くなることを見出した。この知見は、焼却灰が石粉の単なる代替材料にとどまらず、石粉より優位な材料として利用できる可能性を示している。なお、粉砕した焼却灰を石粉と全量置換して用いると、残留安定度が規格値を下まわる。この点については、粉体の表面電荷量に着目して検討し、粉砕時に粉体の表面電荷量が負に移行したことが剥離を引き起こした一因であることを示した。なお、残留安定度は消石灰などの剥離防止材の添加によって改善でき、この対策を加えることにより、下水汚泥焼却灰の利用可能量を向上できることを述べた。 第6章「焼却灰利用可能量の評価および利用コスト試算」では舗装材料への焼却灰の利用可能量を評価した。前章までの検討結果と標準的な舗装構成の仮定および舗装材料の出荷実績から、下水汚泥焼却灰を舗装材料として複合的に利用した場合の利用可能量を試算した。その結果、製品当たりの利用可能量および舗装面積あたりの利用可能量は、路盤材としての利用が有利となった。過去の製品出荷実績から試算した利用可能量はアスファルト混合物用フィラーとしての利用が有利となり、試算の結果、各々の利用手法の優位性が認められた。なお、本検討で提案した焼却灰の粉砕処理は、利用可能量を倍程度高めることができる。路盤材、アスファルト混合物用フィラーのどちらの用途でも、試算した下水汚泥焼却灰の利用可能量は発生量よりも十分に大きく、今回開発した手法は利用可能量の確保に資する有効な技術であると結論付けた。さらに一定の仮定の下で焼却灰の利用コストを試算したところ、開発した舗装材料としての利用技術が、既存の処理技術であるセメント原料化および埋立て処理よりもコスト上も有利な手法と成り得ることを確認した。 第7章「結論」では、これまでの6章の検討による結論を導いた。

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

佐藤, . (2016). 舗装材料としての下水汚泥焼却灰の複合的利用技術の開発に関する研究. (Thesis). Iwate University / 岩手大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10140/5326

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

佐藤, 佳之. “舗装材料としての下水汚泥焼却灰の複合的利用技術の開発に関する研究.” 2016. Thesis, Iwate University / 岩手大学. Accessed November 24, 2017. http://hdl.handle.net/10140/5326.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

佐藤, 佳之. “舗装材料としての下水汚泥焼却灰の複合的利用技術の開発に関する研究.” 2016. Web. 24 Nov 2017.

Vancouver:

佐藤 . 舗装材料としての下水汚泥焼却灰の複合的利用技術の開発に関する研究. [Internet] [Thesis]. Iwate University / 岩手大学; 2016. [cited 2017 Nov 24]. Available from: http://hdl.handle.net/10140/5326.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

佐藤 . 舗装材料としての下水汚泥焼却灰の複合的利用技術の開発に関する研究. [Thesis]. Iwate University / 岩手大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10140/5326

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

4. 中野, 敦行. 唾液バイオマーカーを用いた嗅覚刺激の定量評価技術に関する研究 : Research on Quantitative Measurement Techniques of Olfactory Response Using Salivary Biomarkers.

Degree: 博士 (工学), 2016, Iwate University / 岩手大学

嗅覚刺激がヒトの生理的・心理的状態に影響を及ぼすことは,広く知られている。評価方法として,質問紙や物理計測の脳波,血圧,心拍数,呼吸数などがあるが,主として交感神経系の変化しか観察できない。そこで,非侵襲で拘束等の制限がなく,分析に必要な検体を数分でミリリットル単位の量を採取可能な唾液に着目した。しかも,唾液には,交感神経素のマーカーだけでなく,内分泌系や免疫系のマーカーも含まれるので,複数の系を同時に評価することができる。 これまで,唾液バイオマーカーを用いた嗅覚刺激の研究では,健常被検者における急性試験を中心に,一過性の合成香料の鎮静効果や香料の睡眠への影響等が研究されており,急性の交感神経活性の亢進や鎮静をもたらすことなどが明らかになっている。しかし,ヒトには国籍や生活習慣によって嗅覚刺激に対して感じ方に個性があり,好き・嫌いという嗜好性があるが,香りの嗜好性によって引き起こされる生理反応に関する検討や被検者の経験を考慮した検討は,十分に行われているとは言えない。 本研究では,嗅覚刺激がヒトの心身に与える生理反応を,香りの嗜好性と生理反応の関連性と被検者の経験を考慮しつつ主観評価と唾液バイオマーカーを用いて非侵襲・無拘束の条件下かつ唾液の同時解析して検証することで,嗅覚刺激に対する生理反応の定量評価技術を開発することを,目的としている。 本研究では,大別して2つのアプローチを試みた。1つ目には,精油の香りの嗜好性における生理反応の評価するため,日常的に使用されている精油を用いて,主観評価と嗅覚刺激前後の唾液アミラーゼ活性とコルチゾール濃度の変化を検証した。対象者を,日常的に精油を使用している被検者22名(40.6±8.4歳,mean±SD)を用い,被検者に好まれるロ―ズマリー,オレンジスイート,フランキンセンス,ラベンダー,ゼラニウムの5種類の精油を嗅覚刺激として,主観評価と急性反応と慢性反応を検証するためα-アミラーゼとコルチゾールの2種類の唾液バイオマーカーの同時分析を行った。その結果,0~10の範囲で主観評価を行ったところ,好みの平均値が最低でも6.8以上の高値を示し,かつ嗅覚刺激の経験の有無が8.6-9.6の範囲,日常生活での使用の有無は,7.1-8.9の範囲を示した。これは,用いた精油全て被検者に好まれ,かつ日常的に使用している被検者を選定できたと判断できた。唾液アミラーゼ活性は,精油の種類によって,オレンジスイートでは活性化,ラベンダーでは鎮静化,ローズマリーでは鎮静化と活性化といった3パターンを示した。コルチゾールでは,嗅覚刺激前後でラベンダーとローズマリーにおいて,P<0.05の有意差が確認された。これらより,唾液バイオマーカーを用いれば,精油の嗜好性によって引き起こされる複雑な生理反応を考察できる可能性が示唆された。 2つ目として,香辛料における記憶と経験による生理反応の評価するため,日本人にとって馴染み深い香りであるカレー粉に使われている香辛料を用い,主観評価と嗅覚刺激前後の唾液アミラーゼ活性,オレキシンA,β―エンドルフィンの変化を検証した。対象者を10人の日本人成人男性(22.1±1.1歳,平均±標準偏差)として行った。コリアンダー,フェヌグリーク,クミンを同量で混合したものを香辛料標準見本とし,市販されているカレー粉を香辛料優良見本として嗅覚刺激を行った。主観評価とα‐アミラーゼ,オレキシン,β‐エンドルフィンの3種類の唾液バイオマーカーを安静時,嗅覚刺激時,後半安静時に測定し,分析をおこなった。その結果,主観評価では,2種類の香辛料間で食欲増進について,p<0.1の統計的有意差が認められた。香辛料優良見本は,市販のカレー粉として誰もが1度は嗅いだ経験がある香りであることから,香辛料標準見本よりも食欲増進の評価が高かったと言える。α-アミラーゼでは,嗅覚刺激後において,2種類の香辛料間でp<0.1の統計的有意差が確認され,香辛料優良見本が高値を示した。これは,香辛料優良見本の方が有意な上昇が認められ,交感神経活性の活性化を示唆した。オレキシンAでは,2種類の香辛料間で統計的な有意差は認められなかったが,香辛料優良見本では,刺激前と刺激直後でp<0.1の統計的有意差が,刺激直後と刺激安静後でp<0.05の統計的有意差が認められ,嗅覚刺激による中枢神経系の変化が,唾液バイオマーカーに現れる可能性を示唆された。β-エンドルフィンでは,2種類の香辛料間,および経時変化の双方に関して,統計的な有意差は認められなかった。以上により,主観評価と唾液バイオマーカーの双方で香りに対する経験の有無が生理反応の変化に反映されることが示唆された。 本研究により,以下の事項が明らかとなった。 1)唾液アミラーゼ活性を用いれば,主観評価だけでは判別が困難な覚醒効果,鎮静効果,鎮静とその後の高揚効果といったより複雑な精油の生理反応を観察できる可能性が示唆された。 2)香りに対する経験の有無が,主観評価と唾液バイオマーカーの生理反応の両方に反映され,摂食促進物質などを唾液バイオマーカーとして用いることで,より詳細な生理反応を観察できる可能性が示唆された。

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

中野, . (2016). 唾液バイオマーカーを用いた嗅覚刺激の定量評価技術に関する研究 : Research on Quantitative Measurement Techniques of Olfactory Response Using Salivary Biomarkers. (Thesis). Iwate University / 岩手大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10140/5327

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

中野, 敦行. “唾液バイオマーカーを用いた嗅覚刺激の定量評価技術に関する研究 : Research on Quantitative Measurement Techniques of Olfactory Response Using Salivary Biomarkers.” 2016. Thesis, Iwate University / 岩手大学. Accessed November 24, 2017. http://hdl.handle.net/10140/5327.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

中野, 敦行. “唾液バイオマーカーを用いた嗅覚刺激の定量評価技術に関する研究 : Research on Quantitative Measurement Techniques of Olfactory Response Using Salivary Biomarkers.” 2016. Web. 24 Nov 2017.

Vancouver:

中野 . 唾液バイオマーカーを用いた嗅覚刺激の定量評価技術に関する研究 : Research on Quantitative Measurement Techniques of Olfactory Response Using Salivary Biomarkers. [Internet] [Thesis]. Iwate University / 岩手大学; 2016. [cited 2017 Nov 24]. Available from: http://hdl.handle.net/10140/5327.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

中野 . 唾液バイオマーカーを用いた嗅覚刺激の定量評価技術に関する研究 : Research on Quantitative Measurement Techniques of Olfactory Response Using Salivary Biomarkers. [Thesis]. Iwate University / 岩手大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10140/5327

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

5. 木下, 勉. 計測点群を用いた土器表面の推定手法に基づく補間形状のモデリング手法に関する研究.

Degree: 博士 (工学), 2016, Iwate University / 岩手大学

遺物である土器は,多くの場合が砕けた状態で遺跡から出土する.よって,土器全体を把握するためには形状の復元作業が必要になる.土器形状の復元には専門的な知識や経験も必要となり,考古学分野では遺物の復元作業は大きな負担となっている.土器を復元する理由の一つに,実測図を作成することがあげられる.実測図の作成者は,計測用の特殊な道具を利用して,土器の大きさや形状の特徴を計測する.しかし,土器のどの部位を計測し記録するかは,作成者の判断に委ねられている.また,土器の分析を行う目的,手法が多岐に渡ってきているため,実測図だけでは,様々な分析要求に対して,十分な情報を提供することが困難であると考えられている.そこで,より多くの情報を提供するために,土器の形状を計測して3次元デジタルデータ化する手法やシステムが開発されている.3次元デジタルデータを生成する場合,形状データの欠落部を修正し,表面形状を完備することが重要である.完全な表面を構築することで,高品質な表面模様の再現や,展開図の作成が可能である. また,博物館でショーケースに入れられて展示されているような,手に触れることができない貴重な土器を,好きな角度から閲覧したり,専用の装置で接触したりすることが可能になる.3次元デジタルデータに対する従来の研究では,土器片の組み立ての補助を目的としているものが多く,欠落部補間を行う手法の研究は少ない.一般的に,欠落部の小さい土器を手作業で復元するには,欠落部の周辺形状を参考にして,滑らかに接続されるように欠落部を補間する.また,欠落部が大きな場合は,出土した土器の年代等による原型の統計情報に基づいて,土器の原型を予想し,欠落部を補間する.欠落補間を支援するため,人手で復元を行う場合の考え方を,3次元デジタルデータを用いた手法に置き換える場合,次の2つが課題となる.(1)欠落部が小さいときに,周辺の形状を用いて欠落部分を補間する形状を生成すること.(2)欠落部が大きいときに,形状の全体を予想して,補間する形状を生成すること.本研究では,これら2つの課題を解決した,新たな手法を提案する.課題(1)を解決するために,欠落部周辺の土器片から推定可能な,補間形状の生成方法を提案する.欠落部は,土器が断裂した断面で囲まれる部分で構成されるため,複雑な形状となる.そこで,本手法では,一般的なトリム曲面で欠落部を表現し,欠落部を覆う自由曲面を当てはめる.まず,トリム曲面の母曲面を推定するために,土器表面の文様と呼ばれる凹凸模様をノイズとみなし,球面形状を保つ凹凸除去手法を適用する.次に,母曲面の境界線を適切に決定するために,初期値に依存しない境界線を複数定義し,複数の境界線から,最適な境界線を選択する.また,口縁部などに欠落部が存在し,欠落領域が閉領域でない場合には,欠落部を閉領域とする仮想曲線を定義し,境界線を決定する.最後に,周辺部との接続性を高めるために,欠落部に隣接する土器片の表面データを利用して,トリム面の母曲面を欠落部の周辺部にフィッティングを行い,欠落部を覆うような曲面を当てはめる.課題(2)を解決するために,本研究では土器全体を回転体に近い周回する形状と仮定し,断面として,円および楕円の表現が可能な,2次曲面を用いた推定手法を提案する.2次曲面推定で用いられる手法の一つに,非線形の最小二乗法がある.非線形の最小二乗法は,局所的な探索手法のため,大きな誤差を含むデータでは,局所解が求まる可能性が高く,土器のように製造精度の低いものに適用することは困難である.そこで本手法では,2次曲面の当てはめに最小二乗法ではなく,代数的な解法を用いて,土器全体を複数の2次曲面で推定する.まず,2次曲面を推定するために,土器表面の文様と呼ばれる凹凸模様をノイズとみなし,課題(1)と同様に球面形状を保つ凹凸除去手法を適用する.また,土器全体を複数の2次曲面として定義するためには,土器のセグメンテーションが必要となる.そこで,セグメンテーションの基準線を決定するために,土器全体を一つの2次曲面と仮定して当てはめ,当てはめられた2次曲面の主軸を仮想主軸とする.次に,仮想主軸を法線とする,複数の平面を定義することで,土器を複数の部位にセグメンテーションする.セグメンテーションは,それぞれの区間が指定許容誤差以内で2次曲面を当てはめられるように設定をする.以上の2つの課題を解決することで,3次元デジタルデータに対し,土器の欠落部の補間形状の生成は可能である.3次元デジタルデータを利用した,欠落部の補間形状生成の有効性を検証するため,本手法を実際の土器から計測した,点群データに適用した.その結果,土器を復元するために,問題のない精度の補間形状の生成を確認し,手法の有効性を示した.

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

木下, . (2016). 計測点群を用いた土器表面の推定手法に基づく補間形状のモデリング手法に関する研究. (Thesis). Iwate University / 岩手大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10140/5328

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

木下, 勉. “計測点群を用いた土器表面の推定手法に基づく補間形状のモデリング手法に関する研究.” 2016. Thesis, Iwate University / 岩手大学. Accessed November 24, 2017. http://hdl.handle.net/10140/5328.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

木下, 勉. “計測点群を用いた土器表面の推定手法に基づく補間形状のモデリング手法に関する研究.” 2016. Web. 24 Nov 2017.

Vancouver:

木下 . 計測点群を用いた土器表面の推定手法に基づく補間形状のモデリング手法に関する研究. [Internet] [Thesis]. Iwate University / 岩手大学; 2016. [cited 2017 Nov 24]. Available from: http://hdl.handle.net/10140/5328.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

木下 . 計測点群を用いた土器表面の推定手法に基づく補間形状のモデリング手法に関する研究. [Thesis]. Iwate University / 岩手大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10140/5328

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

6. 衛, 飛. 小型2ストローク機関におけるメタノール燃料を用いた時のシリンダーおよびリングのトライボロジー.

Degree: 博士 (工学), 2016, Iwate University / 岩手大学

小型2 ストロークエンジンは燃料と潤滑油を混合して,一緒にシリンダー内に供給する混合潤滑方式をとるものが多数である.この潤滑油から,燃焼室堆積物(CCD :Combustion Chamber Deposit)が多量に生成し,その一部が剥離し,摺動面に入り込むことも摩耗促進の一因であるとされている.さらに燃焼室内にCCD が堆積することによって生じる影響として,排気孔やマフラー周辺の汚れ,排気ガス悪化,異常燃焼,出力低下,要求オクタン価の増大など様々な影響がある.シリンダーの摩耗は,シリンダーとリングの機械的な摺動,温度,圧力,トライボケミカル反応など多くの要因が関係する.そのため,実機実験では各要因の影響を個別に判定し難く,そのために,往復摺動試験機を用いた模擬実験が有効となってくる.また,近年の資源枯渇問題や環境問題から代替燃料への取り組みとしてメタノール燃料が注目されている.しかし,メタノール燃料を用いた場合,メタノールが極性を持つため市販の2 ストローク用潤滑油とは混合せず,シリンダー壁面での潤滑油特性はガソリンを燃料とした場合とは異なってくる.そこで本研究では2 ストロークエンジンの燃料の差異が摩耗に与える影響を明らかにするため,以下の三つ実験を行った.1) 実機エンジンにおいて,ガソリンおよびメタノールを燃料としたときの運転経過によるシリンダー摩耗の進行状況について調べ,2)壁面潤滑油特性について,運転中にシリンダー壁面に存在する油を採取し,エンジン内での潤滑油の状態について検討し,3) 往復摺動試験機による摩耗進行試験を行ない,小型2ストロークエンジンの運転状況を模擬し,潤滑油新油とその劣化油および新油と劣化油の混合液を用いて,シリンダー壁面の摩擦と摩耗特性を研究した.本論文の構成は以下のとおりである.第1 章 諸論本論文の背景とその位置付け,研究目的について述べる.第2章 実機運転における摩耗の進行 摩耗試験により得られた結果をまとめることにより,2ストローク機関におけるシリンダーおよびリングの摩耗特性を考察する.燃料には市販レギュラーガソリンおよびメタノールを用い,汎用の空冷単気筒2ストローク火花点火機関を長時間運転し,シリンダーおよびピストンリングの摩耗進行について比較を行う.シリンダーは円筒形状を高精度で測定できる真円度測定器を用いた測定を試みる.これより,任意の摺動方向八方向のみの摩耗量測定であったものが,全体の形状変化として円周方向も詳細に捉えることが可能となる.また,ピストンリングの摩耗形態を調査するため,摺動面にビッカース痕を付け,レーザ顕微鏡を用いて,圧痕の深さを測定することにより摩耗量を調査する.第3 章 シリンダー壁面における潤滑油特性メタノール燃料を用いた場合,市販の2ストローク用潤滑油は混じり合わないため,シリンダー壁面での潤滑状態がガソリン燃料と異なると思われる.そのため,運転中にシリンダー壁面に付着した油膜を採取し,ガソリン燃料およびメタノール燃料を用いたときの粘度測定および熱重量分析,示差熱分析を行い,エンジン内での潤滑油の挙動を推定する.このことより得られた結果と第2 章での摩耗実験の結果を比較し,市販のガソリン用に用いられる2ストローク用潤滑油がメタノール燃料を用いた場合でも使用可能であるかを判断する.粘度測定にはカップアンドコーン型粘度計を用いて,温度-粘度特性を調べ,潤滑状況を検討する.第4 章 往復摺動試験機による摩耗試験 実機エンジンにおいて摩擦摩耗に及ぼす影響因子を明らかにするために,往復摺動試験機で実験を行う.摺動試験片には実機エンジンのシリンダーとピストンリングから切り出したものをもちい,その摺動面に2ストローク用潤滑油と燃料を混合したものを供給する.供給燃料としてはガソリンおよびメタノールを用いる.摺動試験機の負荷を変化させ摺動試験の時間経過による,摩擦係数および摩耗量を測定して,その結果に及ぼす潤滑油混合割合や燃料種類の違いによる影響を調べ,実機機関における摩擦摩耗との関係を検討する.第5 章 実機実験と摺動試験の関係 実機実験と摺動試験の実験結果を比べて,摺動試験の実機実験における有効性を検討する.また,実験条件と同じ場合の得られた結果の関連性を分析する.さらに実機実験と摺動試験の関係を得られた.第6 章では,本論文で得られた結論を述べた.これらの実験的研究により,小型2 ストロークエンジンに代替燃料としてメタノールを用いた場合のシリンダートライボロジーについて実機運転と往復摺動試験機を用いた実験の両面から研究を行い,その成果として,市販2ストローク用潤滑油を分離潤滑方式で供給を行えば,メタノール燃料を用いた場合でも十分運転が可能であると思われ,ガソリンの代替燃料として期待できることが分かった.

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

衛, . (2016). 小型2ストローク機関におけるメタノール燃料を用いた時のシリンダーおよびリングのトライボロジー. (Thesis). Iwate University / 岩手大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10140/5337

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

衛, 飛. “小型2ストローク機関におけるメタノール燃料を用いた時のシリンダーおよびリングのトライボロジー.” 2016. Thesis, Iwate University / 岩手大学. Accessed November 24, 2017. http://hdl.handle.net/10140/5337.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

衛, 飛. “小型2ストローク機関におけるメタノール燃料を用いた時のシリンダーおよびリングのトライボロジー.” 2016. Web. 24 Nov 2017.

Vancouver:

衛 . 小型2ストローク機関におけるメタノール燃料を用いた時のシリンダーおよびリングのトライボロジー. [Internet] [Thesis]. Iwate University / 岩手大学; 2016. [cited 2017 Nov 24]. Available from: http://hdl.handle.net/10140/5337.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

衛 . 小型2ストローク機関におけるメタノール燃料を用いた時のシリンダーおよびリングのトライボロジー. [Thesis]. Iwate University / 岩手大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10140/5337

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

7. 渡辺, 剛. 放射光X線による有機半導体薄膜の構造と物性に関する研究.

Degree: 博士 (工学), 2016, Iwate University / 岩手大学

近年,有機薄膜トランジスタや有機薄膜太陽電池等の有機デバイスの開発に注目が寄せられている。有機デバイスの特性は,有機半導体層の結晶配向や組織,結晶構造などに依存することが知られている。真空蒸着膜の場合,核形成とその後の成長過程において,得られる多結晶薄膜の結晶性が決定される。したがって,核形成過程を含む薄膜形成初期過程を詳細に調べることは,有機デバイスの特性を制御するために重要である。本研究では,有機半導体薄膜の形成過程を明らかにすることを目的とし,真空蒸着をしながらX線回折測定が可能な蒸着装置を開発することにより,2次元検出器を用いたすれすれ入射X線回折法(2D-GIXD)測定により有機半導体薄膜の形成過程のリアルタイム観測を行った。さらに,電気測定とX線回折の同時測定を実現するとともに,蒸発源を2元化することにより有機pn半導体の2源蒸着のリアルタイム観測をおこなった。さらに,観測された2D-GIXD パターンから,格子定数,空間群,単位格子内の原子座標を決定する手法を確立した。このことによって,有機薄膜の新たな結晶構造解析法を開発した。本論文は全9 章で構成されている。第1章と第2 章では,本研究でおこなった実験手法や基本原理について,第3〜5章では成膜条件や分子構造の違いが薄膜成長や結晶構造に及ぼす効果について述べた。この中で,ペンタセン薄膜形成過程の基板温度依存性に関し,基板温度の違いが膜形成過程や結晶構造に及ぼす効果を詳細に明らかにした。第4章と第5章では,有機薄膜の成長機構や結晶構造に及ぼすアルキル基導入の効果を明らかにした。第4章では,これまで構造解析がされていなかったα,ω-Hexyl-distyryl- bithiophen(DH-DS2T)薄膜の結晶構造を多結晶の2D-GIXDパターンから解明することに成功した。第5章では,チオフェン系有機半導体の(distyryl-oligothiophene:DS2T)とDS2T にアルキル基を導入したDH-DS2T の薄膜形成過程の研究が記載されている。第6章では,2種類の有機半導体材料を共蒸着したときの薄膜形成過程や形成される結晶構造の詳細を明らかにした。本研究では有機半導体の混合膜としてペンタセンとフッ素化ペンタセンの共蒸着膜に着目し,組成比や基板温度の違いによって変化する共蒸着膜の形成過程や相挙動の全体像を解明した。さらに,この知見をもとに有機薄膜太陽電池や有機両極性トランジスタを作製し,これらデバイスの特性と相挙動との相関関係を初めて明らかにした。さらに,第7章では,有機薄膜トランジスタの形成過程のリアルタイムX 線回折測定の研究結果が示され,ソースドレイン電極間で有機半導体の膜厚の増加にともなう電気特性変化の計測に成功したことが示されている。第8章では,電圧の印加中に有機と絶縁物の界面で形成されている電子状態を硬X線電子分光法によって明らかにした研究結果が示されている。第9 章は本論文の総括であり,本研究で得られた結果がまとめられている。

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

渡辺, . (2016). 放射光X線による有機半導体薄膜の構造と物性に関する研究. (Thesis). Iwate University / 岩手大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10140/5340

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

渡辺, 剛. “放射光X線による有機半導体薄膜の構造と物性に関する研究.” 2016. Thesis, Iwate University / 岩手大学. Accessed November 24, 2017. http://hdl.handle.net/10140/5340.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

渡辺, 剛. “放射光X線による有機半導体薄膜の構造と物性に関する研究.” 2016. Web. 24 Nov 2017.

Vancouver:

渡辺 . 放射光X線による有機半導体薄膜の構造と物性に関する研究. [Internet] [Thesis]. Iwate University / 岩手大学; 2016. [cited 2017 Nov 24]. Available from: http://hdl.handle.net/10140/5340.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

渡辺 . 放射光X線による有機半導体薄膜の構造と物性に関する研究. [Thesis]. Iwate University / 岩手大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10140/5340

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

8. 睦月, 伸季. 異種材料の複合化におよぼすトリアジンチオール系カップリング剤の影響に関する研究.

Degree: 博士 (工学), 2016, Iwate University / 岩手大学

 接着剤は建築分野をはじめ,建築,包装,製紙,製本,輸送機器,電子機器など様々な分野に用いられており,現代技術を支えるうえで欠かせないものとなっている。しかしながら,現在用いられている接着剤は,接着性,耐水・耐薬品性,耐熱性,接着強度などで問題を有しており,解決策として接着剤へのフィラー配合や,被着体表面への表面処理といった方法がなされている。しかしながら,フィラー配合やシランカップリング剤による材料の表面処理が,各種ポリマーマトリックスの物性に及ぼす影響は十分に検討されていない。一方で,トリアジンチオール化合物の表面処理剤としての応用は,6- ( トリエトキシシリルプロピルアミノ ) – 1,3,5 – トリアジン – 2,4 – ジチオールモノナトリウム塩 ( TES ) すなわちトリアジンチオール系シランカップリング剤により,ABS樹脂,ポリアミド6 ( PA6 )樹脂,銅などの材料へのトリアジンチオール系シランカップリング剤を用いた表面処理が行われてきたが,表面処理によるTES吸着量そのものを定量的に解析,研究した例はこれまでにない。本論文では,水晶発振子マイクロバランス法 ( Quartz Crystal Microbalance, QCM )… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

睦月, . (2016). 異種材料の複合化におよぼすトリアジンチオール系カップリング剤の影響に関する研究. (Thesis). Iwate University / 岩手大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10140/5391

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

睦月, 伸季. “異種材料の複合化におよぼすトリアジンチオール系カップリング剤の影響に関する研究.” 2016. Thesis, Iwate University / 岩手大学. Accessed November 24, 2017. http://hdl.handle.net/10140/5391.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

睦月, 伸季. “異種材料の複合化におよぼすトリアジンチオール系カップリング剤の影響に関する研究.” 2016. Web. 24 Nov 2017.

Vancouver:

睦月 . 異種材料の複合化におよぼすトリアジンチオール系カップリング剤の影響に関する研究. [Internet] [Thesis]. Iwate University / 岩手大学; 2016. [cited 2017 Nov 24]. Available from: http://hdl.handle.net/10140/5391.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

睦月 . 異種材料の複合化におよぼすトリアジンチオール系カップリング剤の影響に関する研究. [Thesis]. Iwate University / 岩手大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10140/5391

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

9. 藤本, 亮輔. 厚肉球状黒鉛鋳鉄の材質に及ぼすMnと溶湯処理の影響.

Degree: 博士 (工学), 2016, Iwate University / 岩手大学

近年,自動車の軽量化を目的とした高張力鋼の使用率が増加しており,鋳鉄の鉄原料となるスクラップ鋼中の高張力鋼の量も増加している.高張力鋼は普通鋼に比べてMnを多く含むため鋳鉄中のパーライト安定化元素であるMn量の増加により,延性を必要とするフェライト系球状黒鉛鋳鉄においては伸びの低下や加工性の低下が懸念される.近年になって硫化物,酸化物の添加,空気バブリングによるMn除去技術や希土類元素添加によるMn無害化の研究が行われているが,その多くはコスト面,環境面で実用に至っていない.多くの場合,低Mn量の銑鉄による希釈でMn量を調整しているが,希釈量が増加すればコストも増加する.そのため,厚肉球状黒鉛鋳鉄の材質に及ぼすMnの影響を明らかにすると共に対策を検討する必要がある.しかし,厚肉球状黒鉛鋳鉄の機械的性質,組織に及ぼすMnの影響と溶湯処理による組織,機械的性質に関する報告は見当たらない.本研究では,厚肉球状黒鉛鋳鉄の材質に及ぼすMn量,冷却速度,接種,RE量の影響について調べることを目的とした.第1章では研究の背景と目的を記述した. 第2章では本研究の基礎となるMn量と肉厚について組織と機械的性質を調査した.Mn量0.3%から1.5%まで増加し,試験片の厚肉は厚肉機械部材の肉厚構成をもとに変化させた.実験に用いた試験片寸法と冷却速度は100×100×500mmが0.22K/s,300×300×500mmが0.12K/s,500×500×500mmが0.08K/sである.冷却速度0.12K/s以下の試料は,Mn量0.9%以上で最終凝固部にMnが濃化し粗大なセメンタイトが形成した.黒鉛形態は冷却速度の影響を受け,引張強さは厚肉化によって冷却速度が0.22K/sになると黒鉛粒の粗大化に伴う黒鉛球状化率の低下と結晶粒の粗大化により低下した.特にMn量が増加するほどその影響が大きくなり,冷却速度が0.12K/s以下では黒鉛粒,結晶粒の粗大化と最終凝固部の粗大なセメンタイトの存在が引張強さ,伸びを低下させた.伸びは黒鉛形態と結晶粒径の影響に加えMn量増加によるパーライト面積率の増加と最終凝固部の粗大なセメンタイトの存在が複合的に影響して低下すると考えられる.硬さへの黒鉛形態の影響は小さく,Mn量,肉厚化で変化するパーライト面積率が影響する.第3章では第2章で得られた結果から組織,機械的性質に大きな影響を与えるMn量0.9%で冷却速度(肉厚)を変化させ,組織,機械的性質に及ぼす後期接種の影響について調査した.マクロ組織観察から肉厚が増加し冷却速度が小さい試料のパーライト組織の塊が大きくなる.後期接種を行うことでパーライト組織は減少し,冷却速度が小さい試料のパーライト組織の塊も小さくなる.後期接種によってMn量0.9%,冷却速度0.12K/s以下の試料において最終凝固部の粗大なセメンタイトはほぼ無くなり,パーライト面積率が低下し黒鉛粒数,結晶粒数が増加した.しかし,後期接種により冷却速度0.12K/s以下の試料にはチャンキー黒鉛が晶出した.そのため引張強さ,伸びは後期接種によって冷却速度0.22K/sでは増加するが,冷却速度0.12K/s以下では大きく増加しなかった.第3章で後期接種を行っても冷却速度が0.12K/s以下になるとチャンキー黒鉛晶出により引張強さ,伸びが大きく増加しなかった.そこで,第4章ではチャンキー黒鉛晶出に大きな影響を及ぼすREに着目し,厚肉球状黒鉛鋳鉄の組織と機械的性質に及ぼすMnとREの影響を調査した.RE量は第2章,第3章の200ppmに対して20ppmに低下させた.パーライト面積率はRE量減少により低下し,黒鉛粒数,黒鉛球状化率は増加してチャンキー黒鉛は晶出しなかった.その結果,RE量低減により引張強さ,伸びが増加し,Mn量増加に対してRE量20ppmにすることで安定した機械的性質が得られた.第5章ではMn量0.3%で後期接種無し(RE量200ppm),Mn量0.6%でRE量を20ppmにした後期接種有りの条件で,実機を模擬した1500×1500×400㎜(6500㎏)鋳造品の組織と機械的性質を評価した.RE量20ppmで後期接種有りの試料はMn量0.6%であってもパーライト面積率が10%以下で,黒鉛球状化率が80%程度まで増加した.その結果,Mn量0.3%で後期接種無しの試料が引張強さ:360MPa,伸び:9%を示したのに対してMn量0.6%でRE量を低減した後期接種有りの試料では引張強さ:380MPa,伸び:12%と高い値を示した.第6章では第2章から第5章までの結論を総括し,本論文の目的に対する結論を述べた.本研究で厚肉球状黒鉛鋳鉄におけるMn量増加による機械的性質低下の組織的要因を特定し,後期接種,RE量低減の組織,機械的性質への影響を検証した.後期接種とRE低減によって黒鉛粒,結晶粒の粗大化,粗大セメンタイト形成は抑制されMn量増加前の機械的性質を維持できることを確認した.

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

藤本, . (2016). 厚肉球状黒鉛鋳鉄の材質に及ぼすMnと溶湯処理の影響. (Thesis). Iwate University / 岩手大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10140/5393

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

藤本, 亮輔. “厚肉球状黒鉛鋳鉄の材質に及ぼすMnと溶湯処理の影響.” 2016. Thesis, Iwate University / 岩手大学. Accessed November 24, 2017. http://hdl.handle.net/10140/5393.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

藤本, 亮輔. “厚肉球状黒鉛鋳鉄の材質に及ぼすMnと溶湯処理の影響.” 2016. Web. 24 Nov 2017.

Vancouver:

藤本 . 厚肉球状黒鉛鋳鉄の材質に及ぼすMnと溶湯処理の影響. [Internet] [Thesis]. Iwate University / 岩手大学; 2016. [cited 2017 Nov 24]. Available from: http://hdl.handle.net/10140/5393.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

藤本 . 厚肉球状黒鉛鋳鉄の材質に及ぼすMnと溶湯処理の影響. [Thesis]. Iwate University / 岩手大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10140/5393

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

10. 松崎, 義孝. 海上流出油の移流及び拡散に関する数値計算法の開発.

Degree: 博士 (工学), 2016, Iwate University / 岩手大学

タンカーの海難事故や油井の事故による油流出は従来と比較して減っているけれども,依然日本及び世界各地において発生しており,今後も日本近海において大規模な油流出が発生する危険性がある。国土交通省では大型油回収船と小型油回収船を所有しており,大量の油流出が発生した際には油回収作業を行う。効率よく油を回収するには,海上流出油がいつ,どこに,どの程度漂流するかという情報が必要となる。そこで,著者の所属する港湾空港技術研究所では油回収船による油回収作業の支援を目的とした,海上流出油の移流及び拡散に関する数値計算法の開発に取り組んできた。 海上に流出した油の移流及び拡散を予測するためには,1;油の重力(油と海水の密度差による浮力)と表面張力の影響によって拡がる油膜自身の特性による拡散,2;乱流拡散,3;風,潮汐流,海流といった海表面の流れによる移流,といった大きく3つの成分を再現する必要がある。しかしながら,従来の数値計算法には2つの問題があったと考えられる。まず油膜自身の特性による油拡散について,既往の研究では有効な数値計算モデルが提案されていなかった。また,平面2次元方向の油の拡がりに関する実験があまり行われていなかったため,経過時間と油膜拡散速度の関係は理論的に推定されていた。そのため,どのように油拡散面積を計算すればよいか不明であった。 2つ目の問題として,油の乱流拡散は従来からランダムウォークモデルを用いて計算されているけれども,計算結果に大きく影響を与える水平乱流拡散係数の設定方法が不明であった。水中の水平乱流拡散係数を求める方法はいくつか提案されているけれども,漂流油のように海水面極近傍に限った拡散係数については,有効な導出方法が存在しない状況にあった。よって乱流拡散を精度よく計算するために,海水面極近傍の水平乱流拡散係数を適切に見積もる手法が求められていた。また,従来の数値計算法は再現性の検証が不十分であったと考えられる。複数の油流出事故の再現計算を行っているモデルは著者の知る限りでは存在せず,1件の油流出事故の再現計算を行っているか,再現計算を行わずモデルの提案のみにとどまっていた。そこで著者はこれらの問題を解決するために,海上流出油の移流及び拡散に関する数値計算法の開発に取り組んできた。まず,油膜自身の特性による油拡散に関して,複数種類の油を用いた室内実験を実施し,実験結果とFay(1969,1971)のモデルによる油拡散速度を比較した。その結果,Fayのモデルにおける表面張力-粘性領域において油拡散速度が説明できることを示し,実験結果から拡がり係数を導出した。また,Fayのモデルに基づいた新しい数値計算モデルを開発した。数値計算モデルは,表面張力での拡がりを表すランダムウォークモデルと,重力での拡がりを表す斥力モデルを開発した。ランダムウォークモデルについては,静水条件及び定常流条件における油拡散実験結果と比較し,計算結果の評価を行った。次に,水平乱流拡散係数の導出方法に関して,実海域実験を行い海水面極近傍の乱れを計測し,数値計算における係数の設定方法について検討した。実験は,神奈川県三浦市及び平塚市周辺海域において行った。約20個の小型GPSロガーを取り付けたゴムマット製の疑似油を漂流させて,疑似油の漂流位置から海水面極近傍の乱れを計算した。実験結果から,疑似油の拡散スケールと油の水平方向乱流拡散係数に相関があることを導いた。また,海水面極近傍のほうが海水中よりも水平方向乱流拡散係数が大きい傾向にあることが分かった。さらに,実験結果から海上流出油の数値計算に用いるための水平方向乱流拡散係数を計算する方法について考察した。これらの成果を基に,既往研究を参考にしつつ油拡散粒子モデル(英語名:simulation model of OIL transport on water surface by PARI,通称OIL-PARI)を開発した。これは海上流出油を粒子の集まりで表現し,移流及び拡散の影響を粒子の移動速度として求めて合成し,その速度で油粒子を移動させて油の動きを表現する数値計算法である。 開発した油拡散粒子モデルを用いて,2007年に韓国泰安沖で発生したタンカー事故及び1997年に東京湾で発生したタンカー事故に伴う油流出事故に関する再現計算を行った。計算結果について,流況,油膜重心及び油膜拡散面積の再現性に関する評価を行った。また,2014年に東京湾で発生した貨物船事故に伴う油流出事故に関する予測計算を行い,即時に予測が行えることを示した。最後に,移流外力である風,潮汐流,海流のデータベースを構築し,開発した数値計算法を用いて,即時に漂流予測が行える体制を整えた。また,これらの漂流予測技術を応用して,油回収船が海上で油回収作業を行う際に,海上の油を検出し,今後の漂流位置を予測して操船を支援する漂流油捕捉システムを開発した。

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

松崎, . (2016). 海上流出油の移流及び拡散に関する数値計算法の開発. (Thesis). Iwate University / 岩手大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10140/5394

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

松崎, 義孝. “海上流出油の移流及び拡散に関する数値計算法の開発.” 2016. Thesis, Iwate University / 岩手大学. Accessed November 24, 2017. http://hdl.handle.net/10140/5394.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

松崎, 義孝. “海上流出油の移流及び拡散に関する数値計算法の開発.” 2016. Web. 24 Nov 2017.

Vancouver:

松崎 . 海上流出油の移流及び拡散に関する数値計算法の開発. [Internet] [Thesis]. Iwate University / 岩手大学; 2016. [cited 2017 Nov 24]. Available from: http://hdl.handle.net/10140/5394.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

松崎 . 海上流出油の移流及び拡散に関する数値計算法の開発. [Thesis]. Iwate University / 岩手大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10140/5394

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

11. Suleeporn, Kamchompoo. Influence of Different Language Labels and Packaging Design Characteristics on Perception of Product Value : 異言語のラベルやパッケージデザインの特徴が商品価値の認識に及ぼす影響.

Degree: 博士(工学), 2016, Iwate University / 岩手大学

 This research aims to find the best design for use on a package label, by incorporating both languages and characteristics, to maximize perception of the… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Suleeporn, K. (2016). Influence of Different Language Labels and Packaging Design Characteristics on Perception of Product Value : 異言語のラベルやパッケージデザインの特徴が商品価値の認識に及ぼす影響. (Thesis). Iwate University / 岩手大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10140/5556

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Suleeporn, Kamchompoo. “Influence of Different Language Labels and Packaging Design Characteristics on Perception of Product Value : 異言語のラベルやパッケージデザインの特徴が商品価値の認識に及ぼす影響.” 2016. Thesis, Iwate University / 岩手大学. Accessed November 24, 2017. http://hdl.handle.net/10140/5556.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Suleeporn, Kamchompoo. “Influence of Different Language Labels and Packaging Design Characteristics on Perception of Product Value : 異言語のラベルやパッケージデザインの特徴が商品価値の認識に及ぼす影響.” 2016. Web. 24 Nov 2017.

Vancouver:

Suleeporn K. Influence of Different Language Labels and Packaging Design Characteristics on Perception of Product Value : 異言語のラベルやパッケージデザインの特徴が商品価値の認識に及ぼす影響. [Internet] [Thesis]. Iwate University / 岩手大学; 2016. [cited 2017 Nov 24]. Available from: http://hdl.handle.net/10140/5556.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Suleeporn K. Influence of Different Language Labels and Packaging Design Characteristics on Perception of Product Value : 異言語のラベルやパッケージデザインの特徴が商品価値の認識に及ぼす影響. [Thesis]. Iwate University / 岩手大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10140/5556

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

12. 廣田, 守. 火力発電プラントにおける水処理技術の高度化.

Degree: 博士(工学), 2016, Iwate University / 岩手大学

2011年の東日本大震災以後の我が国の総発電量に占める火力発電の割合は,原子力発電所の再稼働も難しいこともあり,約90%まで高くなっている.そのため,火力発電プラントの安定した稼働は電力の安定供給において最も重要な課題である.そして,火力発電プラントの安定稼働には,高度な水処理技術の開発が必要不可欠である. 国内の大型火力発電プラントには貫流型のボイラが用いられている.貫流型ボイラの水処理には揮発性物質処理(還元型)(All Volatile Treatment(Reducing),以下AVT(R))が適用されている.AVT(R)は給水にアンモニアを添加してpHを8.5~9.7に,脱酸素剤であるヒドラジンを10 ppb以上添加して溶存酸素濃度を7 ppb以下に管理している.このAVT(R)が適用されるプラントでは運転中にボイラ管の内面に波状スケールが生成され,給水の流動抵抗が大きくなる事象が生じる.そのため,給水ポンプの駆動損失が大きくなるため,定検毎(1回/年)に化学洗浄により除去しているが,1回当たり1億円と高額であるため発電コストを上昇させる問題がある.さらに,AVT(R)が適用されているプラントでは溶存酸素が低いために,オリフィス等の水の流れが変化する部位において著しい減肉が発生する問題がある.近年これらの課題に対する有効な水処理方法として欧州等で実績のある複合水処理(Combined Water Treatment,以下CWT)の導入や,揮発性物質処理(酸化型)(All Volatile Treatment (Oxidizing),以下AVT(O))が計画されている.しかし,CWTやAVT(O)は国内での実績もなく,プラント材料に対する腐食影響や最適な水質環境も不明である.そこで,ボイラ用鋼管である炭素鋼,低合金鋼を対象にCWT環境での腐食挙動を明らかにし,最適なCWTやAVT(O)の水処理環境について検討した.さらに,近年ではCWTが適用された貫流ボイラにおいて伝熱管の破損事例が国内で発生している.伝熱管の破損形態はフィッシュマウス状をしており,典型的な異常過熱によるクリープ破損である.その原因と考えられているのが,破損部で確認されている指で触れると容易に剥離する特徴を持つ,赤褐色のヘマタイト(αFe2O3)スケール(以下パウダー状スケール)の存在であるが,その損傷にいたる原因の詳細が分かっていない.以上のこれら問題に対して,それぞれ検討することによって以下の結論を導き出した. 第1章では本研究では火力発電プラントの水処理技術に関わり,ボイラ材料がプラントの運転及び停止した期間における腐食や,運転中の伝熱管が異常な過熱によって損傷することを防ぐ技術を開発することによって,火力発電プラントが計画外に停止することを低減させ安定で高品質な電力を供給することを研究の目的としていることを示した. 第2章ではAVT(R)における腐食問題について検討するため,流れ加速腐食が発生する環境を評価し,水質環境を制御することで流れ加速腐食が抑制可能かを明らかにした.さらに,還元剤であるヒドラジンを添加することによって,流れ加速腐食が加速されることを明らかにした. 第3章ではAVT(O)による腐食抑制について検討し,海水リークが発生してもAVT(O)とAVT(R)では腐食の影響に対して差はないことを明らかにした.また,AVT(O)の最適溶存酸素濃度は腐食評価及び皮膜の構造解析から5~20 ppb で管理することが妥当であることを明らかにした. 第4章ではCWT による腐食抑制と実機への適用性について検討し,CWT は一定の水質条件下において,従来のAVT(R)よりも腐食を抑制できることを明らかにした.また,CWT においては下層のFe304 で形成された酸化皮膜の欠陥を溶解度が小さなα-Fe2O3 が補うように生成することで防食されると考えられた. 第5章では伝熱管にパウダー状スケールが付着した際の熱的影響について検討し,空隙率0.58 の模擬パウダー状スケール層の熱伝導率は200℃の純水中で2.0W/(m K)であることを明らかにした.さらに,実機環境である超臨界水における空隙率0.7~0.8のパウダー状スケール層の熱伝導率は,0.65~1.1 W/(m K)と通常の硬質酸化スケール層よりも大きく低下すると推定された.これらのことから,実機ボイラで生じている伝熱管の熱損傷は,空隙率の大きなパウダー状スケールが伝熱管の内面に付着し,伝熱管の温度が設計温度から大幅に上昇して損傷すると考えられた. 以上これらの研究成果によって,平成2年に国内初のCWT が実機に適用されるに至った.以後,一部のプラントではパウダー状スケールによる問題が生じているものの,国内の発電用ボイラに54 基にCWT が適用され発電コストを低減しながら良好に稼働されている.さらに,平成23 年に国内初のAVT(O)を適用されるに至った.以後,同プラントにおいては流れ加速腐食によるトラブルもなく良好に稼働がなされている.このように,本研究成果は,火力発電プラントの発電コスト低減やプラントの信頼性向上に大きく寄与してきている.

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

廣田, . (2016). 火力発電プラントにおける水処理技術の高度化. (Thesis). Iwate University / 岩手大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10140/5566

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

廣田, 守. “火力発電プラントにおける水処理技術の高度化.” 2016. Thesis, Iwate University / 岩手大学. Accessed November 24, 2017. http://hdl.handle.net/10140/5566.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

廣田, 守. “火力発電プラントにおける水処理技術の高度化.” 2016. Web. 24 Nov 2017.

Vancouver:

廣田 . 火力発電プラントにおける水処理技術の高度化. [Internet] [Thesis]. Iwate University / 岩手大学; 2016. [cited 2017 Nov 24]. Available from: http://hdl.handle.net/10140/5566.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

廣田 . 火力発電プラントにおける水処理技術の高度化. [Thesis]. Iwate University / 岩手大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10140/5566

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

13. 餝, 雅英. タービン翼の伝熱特性に関する研究.

Degree: 博士(工学), 2016, Iwate University / 岩手大学

ガスタービンの効率向上にはタービン翼入口ガス温度を上昇させる必要があるため,このような高温環境で使用されるタービン翼は材料を耐熱温度に変更するだけでは対応できず,内部から空気で冷却する内部冷却構造を持った冷却翼となっているが、現状タービン翼のメタル温度は,タービン材料のクリープ強度や酸化特性を考慮した耐熱温度にほぼ近づきつつある.そのため,今後のガスタービン効率の更なる向上には,燃焼ガスからタービン翼への正確な入熱量の予測とタービン翼内部の複雑な冷却構造の伝熱特性の把握が必要である. タービン翼外面の複雑な伝熱現象を把握するために,これまで翼列試験による熱伝達率の計測やRANSによるCFD解析研究が実施されているが,翼外面の加・減速のある流れ場における境界層の層流から乱流への遷移を精度良く予測するのが困難なため,熱伝達率の予測精度は必ずしも高いとはいえない. 近年,計算機環境の向上により,境界層を含む壁面近傍の流れ場を精度良く解析することが出来るLES解析の翼外面流れへの適用が試みられているが,内部に冷却構造を持つ翼厚の大きなタービン動翼に対し,翼断面形状の違いによる,翼周りの速度分布の差異が翼面熱伝達率の変化へ与える影響については十分検討はされていない状況である. そのため本研究では,流入角度と流出角度が等しい2種類の2次元翼列モデルにより翼面熱伝達率と翼面静圧の計測を実施すると供に,この翼モデルを対象にLES解析を実施することにより翼面境界層の挙動が熱伝達率に与える影響について検討した. さらに,タービン翼開発で高頻度に実施される翼外面熱伝達率のCFD予測という観点から,より解析時間を短縮する事が可能な定常RANS解析における3種類の乱流モデルについて,その予測精度の違いについて検討した. また,タービン翼内部の冷却流路は熱伝達率の向上を目的にリブなどの乱流促進体を備えた複雑な構造となっており、この流路を流れる空気は乱流促進体による乱れの増加や流路の折り返し部分で発生する偏流の影響を受けた複雑な流れとなり、流路内部の熱伝達率も複雑な分布となる。 この複雑な冷却流路内部の伝熱特性を明らかにするために、これまでに種々の研究が実施されているが実機タービン翼の内部冷却流路として頻繁に使用されるリブ付き冷却流路の折り返し部での流れの挙動とそれによる冷却流路壁面での熱伝達率分布の関係は必ずしも明らかになっていない. そのため本研究ではリブ付き冷却流路の折り返し部での伝熱特性を明らかにするため、この部分の形状を単純化した試験モデルを対象に感温液晶を用いた過渡応答法による熱伝達率分布の計測を実施するとともにRANS解析による流路内部の流れ挙動の把握および2種類のRANSモデルによる熱伝達率予測精度の違いにつき検討した. その結果,翼外面の伝熱特性の研究では以下の知見を得た.(1) 流入角度と流出角度が等しい翼モデルでも,翼面の速度分布が異なる場合は境界層の状態の差異により熱伝達率の分布が異なり,今回実施した検討では前縁半径が大きく翼面の曲率半径が小さいType1翼モデルの方が負圧面の乱流遷移の下流領域や,圧力面での剥離泡の下流領域での熱伝達率が高くなる事が確認出来た.(2) LES解析による翼面熱伝達率の予測では,負圧面の乱流遷移および圧力面の剥離泡の発生を再現することは可能であるが,前縁半径が大きく翼面の曲率半径が小さいType1翼モデルでは,境界層の乱れが大きくなる領域での熱伝達率の増加を過小評価してしまった.(3) LES解析により負圧面側では,遷移点付近から発生する小さな渦構造が翼面の高さ方向に成長し乱れが大きくなるのに対し,圧力面側では発生した渦がひも状に引き延ばされてGortler状渦が発生するといった乱れの生成,成長の様子が異なる事が明らかになった.(4) 今回検討した3種類のRANS解析では遷移モデルが組み込まれているTransition k-kl-ωとTransition SST乱流モデルは翼面の定性的な熱伝達率の変化を予測できたが,定量的な予測精度は必ずしも十分とは言えない. また、内部冷却流路における伝熱特性の研究では以下の知見を得た.(1) 各供試体形状の熱伝達率実験結果から,流路全体の熱伝達率の平均値はどの形状でも大きな差はないが,第2 流路の熱伝達率分布についてはPattern3 の形状が最も均一であることが確認できた.(2) 各供試体形状の圧力損失の実験結果から基本形状に対して,Rを挿入したPattern1で約17%,RとTVを挿入したPattern2,3では約29%の圧力損失低減効果を確認した.(3) 乱流モデルを変更したRANS解析結果から本供試体形状ではRNGk-εモデルによる熱伝達分布の結果が定性には実験値と一致する事が確認できた.また第1流路での対渦,曲がりでのディーン渦との混合,第2流路での渦消失について解析結果から確認し,実験で得られた熱伝達率分布との相関が得られる事を確認した.

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

餝, . (2016). タービン翼の伝熱特性に関する研究. (Thesis). Iwate University / 岩手大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10140/5581

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

餝, 雅英. “タービン翼の伝熱特性に関する研究.” 2016. Thesis, Iwate University / 岩手大学. Accessed November 24, 2017. http://hdl.handle.net/10140/5581.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

餝, 雅英. “タービン翼の伝熱特性に関する研究.” 2016. Web. 24 Nov 2017.

Vancouver:

餝 . タービン翼の伝熱特性に関する研究. [Internet] [Thesis]. Iwate University / 岩手大学; 2016. [cited 2017 Nov 24]. Available from: http://hdl.handle.net/10140/5581.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

餝 . タービン翼の伝熱特性に関する研究. [Thesis]. Iwate University / 岩手大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10140/5581

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

14. 川端, 浩和. 高温タービン翼フィルム冷却の熱流体特性及び流れ制御技術に関する研究.

Degree: 博士(工学), 2016, Iwate University / 岩手大学

近年ガスタービンの高圧タービン部では,熱効率を増加させることを目的とし,タービン入口温度の高温化が試みられている.タービン入口温度の増加は,タービン効率の増加を招く一方で,タービン翼への熱負荷も増加させてしまう.そこで,高温タービン翼にはフィルム冷却機構が用いられている.このフィルム冷却機構には,少ない冷却空気で効率よくタービン翼を冷却することが求められており,様々な効率化手法が開発されてきた.従来の効率化手法では,冷却孔の形状を単純円筒型の冷却孔から,拡大型の冷却孔に変化させることで,冷却面性を拡大させる手法が代表的であった.本研究では,従来の高効率化手法とは異なり,冷却孔周辺に流れ制御デバイスを設置し,冷却孔周辺の形状を変化させることで,流れの制御を行い,フィルム冷却の高効率化を行うことを目的としている.本論文では,複数種類のフィルム冷却モデルを用いることで,流れ制御デバイスの有効性について検証を行っており,全6章で構成される. 第一章は序論であり,フィルム冷却の高性能化手法の種類について述べ,本研究の主題となっているフィルム冷却用流れ制御デバイスについての概要を述べる.また,過去に研究の行われてきたフィルム冷却の高性能化手法との違いや,本研究で取り上げる流れ制御デバイスの利点を過去の研究と比較する.第二章では,平板モデルに単純型の流れ制御デバイスを取り付けたときの効果を,実験と数値解析によって明らかにする.本章で取り上げる流れ制御デバイスの形状は二次元的なものや,冷却孔1ピッチに対して,1つの流れ制御デバイスを取り付けるなど,比較的単純形状のものについて論じており,流れ制御デバイスを設置した場合の基礎的な知見を得ることを目的としている. 第二章ではこのような単純形状の流れ制御デバイスの効果を観察し,伝熱性能と空力性能を調査することで,流れ制御デバイスを取り付けなかった場合よりも,デバイス設置後の方が優れた伝熱性能を示すことを証明している.また,流れ制御デバイス下流側に発生する剥離領域が,特に流れ制御のメカニズムとして重要であることを明らかにした. 第三章では,平板モデルにDouble Flow Control Device(DFCD)と呼ばれる複雑形状の流れ制御デバイスを取り付けた時の効果を,実験と数値解析によって明らかにしている.このDFCDは冷却孔に対して2つの流れ制御デバイスを取り付けたものであり,本論文の中でも,高い性能を示す流れ制御デバイスの1つである.本章では,DFCDを取り付けることにより,従来の冷却機構よりも数倍の冷却性能を示すことを明らかにしており,DFCDより下流の流れ場を調査した結果,DFCDからは,冷却孔から発生するフィルム効率低下の原因となっている渦(CRVP)とは逆回転の渦が発生していることを明らかにした.さらに,単純円筒型の冷却孔にDFCDを取り付けるだけでなく,Shaped holeにDFCDを取り付けることにより,更なるフィルム効率向上が実現できることを示した.本章の最後には,主流の流入角がDFCDに対して与える影響を調査している.これにより,より実用的な流れ場でのDFCDの効果について論じている. 第四章では,流れ制御デバイスの最適化に関して取り上げる.本研究では流れ制御デバイスの形状を最適化し,単に性能を調査するだけではなく,最適化手法そのものの信頼性評価を試みた.最適化手法にはタグチメソッドを用いている.本章では,実験的手法と数値解析的手法で最適化を同時に行うことで,最適解の信頼性を観察しており,数値解析で得られた最適解が実験と一致することを示している.また,流入角に対してロバストなデザインを得るために,タグチメソッドの動特性を用いることで最適化を実施した.これにより,流入角や,吹き出す二次空気の流量条件の双方に対してロバストなDFCD形状を探索できることを示している.本章の最後には,空力性能を考慮した多目的の最適化を実施しており,多目的最適化の場合には,最適解の信頼性や再現性が低下することも同時に示した. 第五章では,第四章までは平板モデルに流れ制御デバイスを取り付けてきたが,より実機に近い条件を再現するために,直線翼列の翼面上に流れ制御デバイスを取り付けた時の効果を実験と数値解析によって明らかにしている.本章では,翼の正圧面,負圧面の各冷却孔列にベースモデルのDFCDを取り付けることでフィルム冷却性能や,空力損失に与える影響がどの程度なのかを調査した.本章では,DFCDを取り付けることで,翼の各部分でのフィルム効率が流量条件によっては向上することを示しているが,翼の正圧面では,主流と二次空気のミキシングの影響を受け,DFCDの効果が発揮されない条件も存在することを示している. 第六章では本研究の成果をまとめ,今後の課題について述べている.

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

川端, . (2016). 高温タービン翼フィルム冷却の熱流体特性及び流れ制御技術に関する研究. (Thesis). Iwate University / 岩手大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10140/5593

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

川端, 浩和. “高温タービン翼フィルム冷却の熱流体特性及び流れ制御技術に関する研究.” 2016. Thesis, Iwate University / 岩手大学. Accessed November 24, 2017. http://hdl.handle.net/10140/5593.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

川端, 浩和. “高温タービン翼フィルム冷却の熱流体特性及び流れ制御技術に関する研究.” 2016. Web. 24 Nov 2017.

Vancouver:

川端 . 高温タービン翼フィルム冷却の熱流体特性及び流れ制御技術に関する研究. [Internet] [Thesis]. Iwate University / 岩手大学; 2016. [cited 2017 Nov 24]. Available from: http://hdl.handle.net/10140/5593.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

川端 . 高温タービン翼フィルム冷却の熱流体特性及び流れ制御技術に関する研究. [Thesis]. Iwate University / 岩手大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10140/5593

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

15. 尾崎, 拓. ミトコンドリアカルパインの同定と機能解析 : Identification and characterization of mitochondrial calpains.

Degree: 博士(農学), 2016, Iwate University / 岩手大学

本論文最後に掲載されております学術雑誌掲載論文は、出版社の規定によりリポジトリでの公開が認められておりませんので、下記URIをご覧下さい。1)Characteristics of Mitochondrial Calpains[Characteristics of Mitochondrial Calpains,Vol.142, No.3(2007), pp.365-376]http://dx.doi.org/10.1093/jb/mvm1432)ERp57-associated mitochondrial μ-calpain truncates apoptosis-inducing factor[Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Molecular Cell Research, Vol.1753,Issue10(2008), pp.1955-1963]http://dx.doi.org/10.1016/j.bbamcr.2008.05.011

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

尾崎, . (2016). ミトコンドリアカルパインの同定と機能解析 : Identification and characterization of mitochondrial calpains. (Thesis). Iwate University / 岩手大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10140/3533

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

尾崎, 拓. “ミトコンドリアカルパインの同定と機能解析 : Identification and characterization of mitochondrial calpains.” 2016. Thesis, Iwate University / 岩手大学. Accessed November 24, 2017. http://hdl.handle.net/10140/3533.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

尾崎, 拓. “ミトコンドリアカルパインの同定と機能解析 : Identification and characterization of mitochondrial calpains.” 2016. Web. 24 Nov 2017.

Vancouver:

尾崎 . ミトコンドリアカルパインの同定と機能解析 : Identification and characterization of mitochondrial calpains. [Internet] [Thesis]. Iwate University / 岩手大学; 2016. [cited 2017 Nov 24]. Available from: http://hdl.handle.net/10140/3533.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

尾崎 . ミトコンドリアカルパインの同定と機能解析 : Identification and characterization of mitochondrial calpains. [Thesis]. Iwate University / 岩手大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10140/3533

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

16. 佐々木, 正輝. 損害回避気質と脳波による反社会性パーソナリティ傾向の検討 : A study of Tendency of the Antisocial Personality:differences in EEG and the relationship with Temperament of the Harm Avoidance.

Degree: 修士(教育学), 2016, Iwate University / 岩手大学

現代社会はストレス社会ともいわれ,私たちには様々なストレスがのしかかっている。フラストレーション事態や葛藤に陥った時,理性的に対処して合理的解決ができず,非生産的で不適切な行動に走ってしまう人を社会不適応という。この不適応の反応様式は多岐にわたるが,二つに大別され,自己内に逃避する消極的なものを非社会性,外部に向かって攻撃的,破壊的反応をとるものを反社会性という。高度経済成長をとげ,国民生活が向上し,便利生活が享受できるようになった昨今,そういった時代に生まれた私たちは,不健全な欲望に対する自己抑制力や逆境に対する耐性が弱くなってきていることは否めない。同様に,高度情報化はそれらの問題に拍車をかけ,前述の非社会性を有した人々の逃げ場になっていると同時に,押しつぶされた反社会性の集積した場所になっている。一昨年6月の秋葉原連続殺傷事件といった凶悪犯罪が,近年たびたび日本のマスメディアを騒がせている。こういった猟奇的な殺人事件を起こす人間とは,いったいどんな人間なのだろうか。一説によると,この秋葉原連続殺傷事件の犯人は,神戸連続児童殺傷事件 (1997年) の犯人 (酒鬼薔薇聖斗・逮捕時14歳) や2000年の西鉄バスジャック事件の犯人 (ネオむぎ茶・逮捕時17歳) と,世間から注目を集めた少年犯罪と同世代 (同学年・1982年4月2日 - 1983年4月1日生まれ) であることから,「理由なき犯罪世代」として世代論について語られたこともある (産経新聞2008年6月11日) 。犯罪とパーソナリティの関係を考えると,凶悪犯罪者,重大犯罪者に多いとされるのが,サイコパスや,反社会性パーソナリティ障害 (ASPD) である。彼らは,社会規範に沿うことができない,自身の利益のために嘘をついたり人を操作したりする,衝動的で暴力行為に及ぶ傾向がある,無責任で自身の行為に自責の念をもたないといった性質をもち,集団生活において様々な不利益をもたらす場合がある。その性質上,犯罪を繰り返す人,快楽犯罪者などの意味で使われることが多い。また,サイコパスやASPDは,一般人口よりもこの障害を持つ人の生物学的第一度近親に多く,遺伝的要因を含んでいることがわかっている。一方でふつうの人々は罪を犯してしまう前に,自身の理性がブレーキをかけ,その行為を抑制する。犯罪者はそうした衝動性を止めることができずに実行に移してしまう点が一般の人々とちがうということができ,前述の遺伝のことを考えると,そこに何らかの先天的要因が存在すると予想できる。先天的なパーソナリティにおけるブレーキと考えられるのが,下記のCloninger理論における損害回避という概念である。Cloniger理論とは,気質と性格の7次元で構成され,パーソナリティと遺伝子多型との関連性の研究で,近年注目されている理論である。気質は先天的で,そのうち新奇性追求 (HA) ,損害回避 (HA) ,報酬依存 (RD) は,それぞれ,中枢神経内のdopamine,serotonin,norepinephrineの神経伝達物質の分泌と代謝に依存していると想定される (Cloninger,1987) 。中枢神経系内のserotonin分泌と関連があるとされる損害回避は,車でいえばブレーキに当たる存在であり,この傾向が強いと,不安を感じやすく,悲観傾向が強いとされる。一方で,この傾向が弱いとのん気で,危険行動を起こしやすいとされる (木島ら,1996) 。また,犯罪の生理学的研究として,犯罪者の脳波研究も古くから盛んに行われている。著者は学部時代から脳波について学ぶ機会に恵まれ,これまでも何度か測定を行ってきた。犯罪と脳波に関する研究は,従来,犯罪者に対するものがほとんどであり,犯罪行為に走る要因や,パーソナリティと脳波に関する研究は活発には行われてこなかったようである。そこで,本研究では,犯罪と深くかかわっている反社会性と損害回避の関連を明らかにすること,また,反社会性と脳波の関連を検証していくことを目的とする。

修士

Subjects/Keywords: Phycopath; Antisocial Personality Disorder; Harm Avoidance; EEG

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

佐々木, . (2016). 損害回避気質と脳波による反社会性パーソナリティ傾向の検討 : A study of Tendency of the Antisocial Personality:differences in EEG and the relationship with Temperament of the Harm Avoidance. (Thesis). Iwate University / 岩手大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10140/3736

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

佐々木, 正輝. “損害回避気質と脳波による反社会性パーソナリティ傾向の検討 : A study of Tendency of the Antisocial Personality:differences in EEG and the relationship with Temperament of the Harm Avoidance.” 2016. Thesis, Iwate University / 岩手大学. Accessed November 24, 2017. http://hdl.handle.net/10140/3736.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

佐々木, 正輝. “損害回避気質と脳波による反社会性パーソナリティ傾向の検討 : A study of Tendency of the Antisocial Personality:differences in EEG and the relationship with Temperament of the Harm Avoidance.” 2016. Web. 24 Nov 2017.

Vancouver:

佐々木 . 損害回避気質と脳波による反社会性パーソナリティ傾向の検討 : A study of Tendency of the Antisocial Personality:differences in EEG and the relationship with Temperament of the Harm Avoidance. [Internet] [Thesis]. Iwate University / 岩手大学; 2016. [cited 2017 Nov 24]. Available from: http://hdl.handle.net/10140/3736.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

佐々木 . 損害回避気質と脳波による反社会性パーソナリティ傾向の検討 : A study of Tendency of the Antisocial Personality:differences in EEG and the relationship with Temperament of the Harm Avoidance. [Thesis]. Iwate University / 岩手大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10140/3736

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

17. 高城, 大. 小学校におけるエネルギー環境教育に関する研究.

Degree: 修士(教育学), 2016, Iwate University / 岩手大学

18世紀に産業革命が起こって以来、私たちの生活は劇的な変化を遂げ、非常に豊かなものとなった。その中でも、とりわけ私たちの生活の中で中心的な役割を果たしているものが、石油、石炭をはじめとする化石燃料である。この化石燃料については、世界で使われるエネルギー総量のおよそ5割が先進国を中心とした、世界人口のおよそ2割程度が使用するというアンバランスな状態になっている。さらに、今後は中国やインドなどのアジア諸国を中心とした発展途上国のエネルギー需要の増加や、不安定な中東情勢などの影響により、有限資源の獲得をめぐる国際間競争が激化していくことが予想される。このような世界情勢の中で、私たちが住む日本では、石油などの資源の中東依存度がおよそ90%と極めて脆弱な構造をしており、新しい技術の開発とともに、今後も継続してエネルギーを安定供給していくことが重要な課題となっている。一方で、産業革命以降の社会では、化石燃料大量消費により、二酸化炭素濃度が上昇し、温室効果による地球温暖化が起こり、現在では、世界各地で異常気象や海面上昇、砂漠化など、生態系にも重大な変化をもたらしている。このような中で、現在では「持続可能な開発」という概念に基づいて、様々な政策が行われるようになった。この概念は、1987年の国連総会に提出された「環境と開発に関する世界委員会(ブルトラント委員会)」の報告書「Our Common Future(我ら共有の未来)」の中で基本概念とされたものである。そして、2002年のヨハネスブルク・サミットの中で、「持続可能な開発のための教育の10年(ESD)」を国連に勧告し、「国連持続可能な開発のための教育の10年(DESD)」が採択された。これ以後、「持続可能な開発」のためには、教育が重要な役割を果たすという理念の下で、教育においても様々な、エネルギー環境教育が実施されていくが、他先進国のエネルギー環境教育と日本国のそれを比較した場合、内容、量ともに不十分であり、より一層の充実を図っていくことが望まれており、先進国諸国のエネルギー環境教育と日本国の場合を比較し、現状と課題を明らかにした上で、そのあり方について研究することは非常に意義深いことだと考える。

Subjects/Keywords: 小学校; エネルギー環境教育; エネルギー問題; 環境問題

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

高城, . (2016). 小学校におけるエネルギー環境教育に関する研究. (Thesis). Iwate University / 岩手大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10140/3737

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

高城, 大. “小学校におけるエネルギー環境教育に関する研究.” 2016. Thesis, Iwate University / 岩手大学. Accessed November 24, 2017. http://hdl.handle.net/10140/3737.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

高城, 大. “小学校におけるエネルギー環境教育に関する研究.” 2016. Web. 24 Nov 2017.

Vancouver:

高城 . 小学校におけるエネルギー環境教育に関する研究. [Internet] [Thesis]. Iwate University / 岩手大学; 2016. [cited 2017 Nov 24]. Available from: http://hdl.handle.net/10140/3737.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

高城 . 小学校におけるエネルギー環境教育に関する研究. [Thesis]. Iwate University / 岩手大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10140/3737

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

18. 馬, 芳芳. 中国における「教育格差」に関する実証的研究-浙江省の初等中等教育を事例として- : A Positive Study on Chinese Educational Inequality -The Elementary and Secondary Education of Zhejiang Province-.

Degree: 修士(教育学), 2016, Iwate University / 岩手大学

本研究は、教育社会学の観点から、改革開放期以降急速な経済成長を遂げつつある中国において、「沸騰」1)する教育、特に初等中等教育段階における「教育格差」問題に焦点をあてて、その実態と社会的要因を実証的に解明することを目的とするものである。

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

馬, . (2016). 中国における「教育格差」に関する実証的研究-浙江省の初等中等教育を事例として- : A Positive Study on Chinese Educational Inequality -The Elementary and Secondary Education of Zhejiang Province-. (Thesis). Iwate University / 岩手大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10140/3738

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

馬, 芳芳. “中国における「教育格差」に関する実証的研究-浙江省の初等中等教育を事例として- : A Positive Study on Chinese Educational Inequality -The Elementary and Secondary Education of Zhejiang Province-.” 2016. Thesis, Iwate University / 岩手大学. Accessed November 24, 2017. http://hdl.handle.net/10140/3738.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

馬, 芳芳. “中国における「教育格差」に関する実証的研究-浙江省の初等中等教育を事例として- : A Positive Study on Chinese Educational Inequality -The Elementary and Secondary Education of Zhejiang Province-.” 2016. Web. 24 Nov 2017.

Vancouver:

馬 . 中国における「教育格差」に関する実証的研究-浙江省の初等中等教育を事例として- : A Positive Study on Chinese Educational Inequality -The Elementary and Secondary Education of Zhejiang Province-. [Internet] [Thesis]. Iwate University / 岩手大学; 2016. [cited 2017 Nov 24]. Available from: http://hdl.handle.net/10140/3738.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

馬 . 中国における「教育格差」に関する実証的研究-浙江省の初等中等教育を事例として- : A Positive Study on Chinese Educational Inequality -The Elementary and Secondary Education of Zhejiang Province-. [Thesis]. Iwate University / 岩手大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10140/3738

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

19. 三上, 拓郎. 戦後生活指導を支える理論と実践に関する研究.

Degree: 修士(教育学), 2016, Iwate University / 岩手大学

21世紀を迎えて約10年が経過し、ますます進む新自由主義のグローバルな経済社会の中で、日本は変化の激しい時代を向かえている。国際化・情報化の進行、科学技術の発展、地球環境問題・エネルギー問題、高齢化・少子化の進行等、私たちが取り組んでいかなければならない課題は多くある。しかし、その一方で、ここ数年来の新自由主義による様々な改革は、人々の生活を解体し、脅かすようになった。現代社会における「格差」や「貧困」と称される問題は、日々、深刻さを増し、人々を生きることから追いやっている。このような社会の変化は、学校教育の分野にまで及び、今や、子どもたちの生活までも脅かすようになった。「生きる力」をスローガンとした、グローバル経済社会に対応する学校教育は、子どもたちに「自主性」「主体性」「創造性」を期待し、ありとあらゆる能力を身につけることを強要する。しかし、その一方で、子どもたちの現実は、「暴力行為」「いじめ」「不登校」「自殺」「学級崩壊」などの問題行動が相次ぎ、子どもたちの発達が疎外されているような状況が、今もなお、続いているのである。以上のような状況は、我が県である岩手県においても、同様のことが言える。現在の岩手県において、最大の関心事とされているのは、医療、福祉、雇用、教育の4つであり、これらはどれも、人々の生活に直接的に関わる重要な問題である。これは、いわば、日本社会全体の歪から生じるものであり、岩手の人々の生活が危機に瀕しているものを示すものでもある。これらの課題の対策が早急にとられることを願ってやまない。

Subjects/Keywords: 生活指導; 集団づくり

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

三上, . (2016). 戦後生活指導を支える理論と実践に関する研究. (Thesis). Iwate University / 岩手大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10140/3739

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

三上, 拓郎. “戦後生活指導を支える理論と実践に関する研究.” 2016. Thesis, Iwate University / 岩手大学. Accessed November 24, 2017. http://hdl.handle.net/10140/3739.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

三上, 拓郎. “戦後生活指導を支える理論と実践に関する研究.” 2016. Web. 24 Nov 2017.

Vancouver:

三上 . 戦後生活指導を支える理論と実践に関する研究. [Internet] [Thesis]. Iwate University / 岩手大学; 2016. [cited 2017 Nov 24]. Available from: http://hdl.handle.net/10140/3739.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

三上 . 戦後生活指導を支える理論と実践に関する研究. [Thesis]. Iwate University / 岩手大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10140/3739

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

20. 和賀, 千裕. 大学生における友人関係の理想と現実の差異に関する研究.

Degree: 修士(教育学), 2016, Iwate University / 岩手大学

日常生活の大半を友人と過ごし,学校生活を楽しく送るための要因として友人関係が非常に重要視されやすい(古市・玉木,1994)青年期は,理想の友人との付き合い方や現実の友人との付き合い方を意識しやすい時期である。学校生活において教室に居づらく保健室登校をしている生徒の理由としては友人関係の問題が73.5%と非常に大きな位置を占めている(神保・須々木・中島・吉川,1996)。また,高井(2008)が,青年期の人間関係の悩みを自由回答で調査しているが,恋愛関係と同じくらい友人関係で悩んでいるものが多く,特に女子では友人関係の悩みを抱えているものが一番割合的に多くなっていた。このように,友人との良好な関係を築くことは青年期の重要なテーマといえる。友人関係において多くの者は出来ることならば,相手と何でも分かり合いたい,相手に自分の思ったことを言いたい,と望むだろう。落合・佐藤(1996)は,特に女子の場合同性の友人と理解しあい,共感し共鳴し合うといった関係を望んでいると推察している。しかし,実際は自分の思い描く友人との付き合い方が出来ず,実際に自分が認識している付き合い方との差異を感じることが多い。友人関係においてのみならず,理想と現実の差異の大きさや,またその差異をどの程度重くとらえるのかというのには個人差がある。そこで,本研究では友人関係における理想と現実の差異を中心に研究を進めていく。友人関係における理想と現実の差異の大きさについて,研究1ではInternal Working Model(以下IWM)と関連させて検討する。さらに,友人関係における理想と現実の差異の感じ方を研究2では,信頼感,自己意識特性,と関連させて検討する。そのために,研究1・2のそれぞれにおいて,IWM,基本的信頼感,自己意識特性が理想と現実の友人関係に与える影響を検討し,その後それぞれの特性が友人関係の理想と現実の差異にどれほど影響を与えているのかを検証していく。

Subjects/Keywords: 友人関係; IWM; 信頼感; 自己意識特性

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

和賀, . (2016). 大学生における友人関係の理想と現実の差異に関する研究. (Thesis). Iwate University / 岩手大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10140/3740

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

和賀, 千裕. “大学生における友人関係の理想と現実の差異に関する研究.” 2016. Thesis, Iwate University / 岩手大学. Accessed November 24, 2017. http://hdl.handle.net/10140/3740.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

和賀, 千裕. “大学生における友人関係の理想と現実の差異に関する研究.” 2016. Web. 24 Nov 2017.

Vancouver:

和賀 . 大学生における友人関係の理想と現実の差異に関する研究. [Internet] [Thesis]. Iwate University / 岩手大学; 2016. [cited 2017 Nov 24]. Available from: http://hdl.handle.net/10140/3740.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

和賀 . 大学生における友人関係の理想と現実の差異に関する研究. [Thesis]. Iwate University / 岩手大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10140/3740

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

21. 下平, 弥生. 自閉症児のコミュニケーション指導法に関する研究 ―スクリプト,スクリプト・フェイディング法による自発的会話スキルの促進― : A pilot study of procedures to prmote communication behaviors in a child with autism.

Degree: 修士(教育学), 2016, Iwate University / 岩手大学

21 世紀に入り10 年が過ぎ, 特別支援教育をめぐる現状が大きく変わりつつある。福祉の分野では, 2001 年にWHO( 世界保健機関)は, 人間の生活機能と障がいを記述する共通言語とするために国際生活機能分類( ICF , International Classification of Functioning , Disability Health) を発表した。これは, 人間と環境との相互作用モデル, または医学モデルと社会モデルの統合モデルともいわれ, 障がいを個人と環境との関係でとらえたものである。また,我が国においては,2002 年に障がい者基本計画が策定され,2004年に発達障がい者支援法,2005 年に障がい者自立支援法が成立した。教育界においては, 2007 年(平成19 年) 4 月から,「特別支援教育」が学校教育法に位置づけられ,これまでの特殊教育の対象の障害だけでなく,その対象でなかったLD,ADHD,高機能自閉症も含め, すべての学校において, 障がいのある幼児児童生徒の支援をさらに充実していくこととなった。「特別支援教育」とは,障がいのある幼児児童生徒の自立や社会参加に向けた主体的な取り組みを支援するという視点に立ち, 幼児児童生徒一人一人の教育的ニーズを把握し, そのもてる力を高め, 生活や学習上の困難を改善又は克服するため,適切な指導及び必要な支援を行うものである( 文部科学省,2008)。さらに,2008 年の学習指導要領の改訂に伴い,特別支援学校における自立活動の領域と内容の見直しが図られた。指導の根拠( エビデンス) を明確にし, 的確な実態把握や目標設定, 小中学校での活動をこれまで以上に想定し, モデルとなるような指導方法や内容の発信に対する期待といった自立活動指導の改善・充実が求められている( 下山, 2009)。そのような状況の中, 筆者の勤務する知的障がい領域の特別支援学校においても, 時間割に自立活動が位置づけられている重複学級はもとより, 学校生活全体で配慮をしながら自立活動に取り組む通常学級においても児童生徒全員が個別の指導計画のもと自立活動の学習を行っている。自立活動の指導目標で「コミュニケーションにかかわる内容」を設定している割合が高く, 特に自閉症の児童生徒で多くみられる。

Subjects/Keywords: Autism; Communication; Script and Script Fading

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

下平, . (2016). 自閉症児のコミュニケーション指導法に関する研究 ―スクリプト,スクリプト・フェイディング法による自発的会話スキルの促進― : A pilot study of procedures to prmote communication behaviors in a child with autism. (Thesis). Iwate University / 岩手大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10140/3741

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

下平, 弥生. “自閉症児のコミュニケーション指導法に関する研究 ―スクリプト,スクリプト・フェイディング法による自発的会話スキルの促進― : A pilot study of procedures to prmote communication behaviors in a child with autism.” 2016. Thesis, Iwate University / 岩手大学. Accessed November 24, 2017. http://hdl.handle.net/10140/3741.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

下平, 弥生. “自閉症児のコミュニケーション指導法に関する研究 ―スクリプト,スクリプト・フェイディング法による自発的会話スキルの促進― : A pilot study of procedures to prmote communication behaviors in a child with autism.” 2016. Web. 24 Nov 2017.

Vancouver:

下平 . 自閉症児のコミュニケーション指導法に関する研究 ―スクリプト,スクリプト・フェイディング法による自発的会話スキルの促進― : A pilot study of procedures to prmote communication behaviors in a child with autism. [Internet] [Thesis]. Iwate University / 岩手大学; 2016. [cited 2017 Nov 24]. Available from: http://hdl.handle.net/10140/3741.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

下平 . 自閉症児のコミュニケーション指導法に関する研究 ―スクリプト,スクリプト・フェイディング法による自発的会話スキルの促進― : A pilot study of procedures to prmote communication behaviors in a child with autism. [Thesis]. Iwate University / 岩手大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10140/3741

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

22. 太田, 和人. 自閉症者における社会性の指導法に関する研究-集団随伴性とスクリプト及びスクリプト・フェイディング法を使用した介入-.

Degree: 修士(教育学), 2016, Iwate University / 岩手大学

近年,時代の進展とともに特別支援学校を取り巻く諸状況は大きく変化してきている。例えば,国内外における障害者施策の進展,幼児児童生徒の障害の重度・重複化,発達障害を含む障害の多様化,教育,医療,福祉,労働等の関係機関が連携した支援の必要性などが挙げられる。このような状況の変化に適切に対応し,障害のある幼児児童生徒が自己のもつ能力や可能性を最大限に伸ばし,自立し社会参加するために必要な力を培うためには,一人一人の障害の状態等に応じたきめ細かな指導を一層充実することが重要である。

Subjects/Keywords: 自閉症; 高機能自閉症; 社会的スキル; 集団随伴性; スクリプト及びスクリプト・フェイディング法

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

太田, . (2016). 自閉症者における社会性の指導法に関する研究-集団随伴性とスクリプト及びスクリプト・フェイディング法を使用した介入-. (Thesis). Iwate University / 岩手大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10140/3742

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

太田, 和人. “自閉症者における社会性の指導法に関する研究-集団随伴性とスクリプト及びスクリプト・フェイディング法を使用した介入-.” 2016. Thesis, Iwate University / 岩手大学. Accessed November 24, 2017. http://hdl.handle.net/10140/3742.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

太田, 和人. “自閉症者における社会性の指導法に関する研究-集団随伴性とスクリプト及びスクリプト・フェイディング法を使用した介入-.” 2016. Web. 24 Nov 2017.

Vancouver:

太田 . 自閉症者における社会性の指導法に関する研究-集団随伴性とスクリプト及びスクリプト・フェイディング法を使用した介入-. [Internet] [Thesis]. Iwate University / 岩手大学; 2016. [cited 2017 Nov 24]. Available from: http://hdl.handle.net/10140/3742.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

太田 . 自閉症者における社会性の指導法に関する研究-集団随伴性とスクリプト及びスクリプト・フェイディング法を使用した介入-. [Thesis]. Iwate University / 岩手大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10140/3742

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

23. 玉澤, 里朱. 自閉症児における地域生活スキルに関する指導法の研究-支払いスキル『One More Than』法の検討-.

Degree: 修士(教育学), 2016, Iwate University / 岩手大学

自閉症は20世紀中ごろまでその存在を明確化されることはなかった。近代になりアヴェロンの野生児といわれたヴィクトールに対するイタールの実践などが行われ、自閉症という障がい名が人々の知るところとなっていった。

Subjects/Keywords: 自閉症; 地域生活スキル; 支払いスキル

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

玉澤, . (2016). 自閉症児における地域生活スキルに関する指導法の研究-支払いスキル『One More Than』法の検討-. (Thesis). Iwate University / 岩手大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10140/3743

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

玉澤, 里朱. “自閉症児における地域生活スキルに関する指導法の研究-支払いスキル『One More Than』法の検討-.” 2016. Thesis, Iwate University / 岩手大学. Accessed November 24, 2017. http://hdl.handle.net/10140/3743.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

玉澤, 里朱. “自閉症児における地域生活スキルに関する指導法の研究-支払いスキル『One More Than』法の検討-.” 2016. Web. 24 Nov 2017.

Vancouver:

玉澤 . 自閉症児における地域生活スキルに関する指導法の研究-支払いスキル『One More Than』法の検討-. [Internet] [Thesis]. Iwate University / 岩手大学; 2016. [cited 2017 Nov 24]. Available from: http://hdl.handle.net/10140/3743.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

玉澤 . 自閉症児における地域生活スキルに関する指導法の研究-支払いスキル『One More Than』法の検討-. [Thesis]. Iwate University / 岩手大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10140/3743

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

24. 豊川, 隼可. 中学サッカー部員におけるゲーム中の判断力とそのトレーニング効果 ~ JFAアカデミー福島の攻撃トレーニングの取り組みをモデルとして ~.

Degree: 修士(教育学), 2016, Iwate University / 岩手大学

現代のサッカーは刻々と発展し続けていると言われている。2002年FIFAワールドカップは「15秒以内の勝負」としてカウンターアタックが、2006年FIFAワールドカップドイツ大会では「モビリティーのサッカー」として人もボールも動くサッカーが、そしてFIFAワールドカップ大会と匹敵するといわれ世界最高峰の大会と位置づけられているUEFA EURO2008では「よりテクニカルに、よりスピーディーに、タフに」が特徴として挙げられている。1)2)3)11)15)19)このように、世界のサッカーが成熟し、状況に応じた関わりやプレーが求められ、そのためにも、よりテクニカルで素早く正確な判断が要求されることは言うまでもない。

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

豊川, . (2016). 中学サッカー部員におけるゲーム中の判断力とそのトレーニング効果 ~ JFAアカデミー福島の攻撃トレーニングの取り組みをモデルとして ~. (Thesis). Iwate University / 岩手大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10140/3745

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

豊川, 隼可. “中学サッカー部員におけるゲーム中の判断力とそのトレーニング効果 ~ JFAアカデミー福島の攻撃トレーニングの取り組みをモデルとして ~.” 2016. Thesis, Iwate University / 岩手大学. Accessed November 24, 2017. http://hdl.handle.net/10140/3745.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

豊川, 隼可. “中学サッカー部員におけるゲーム中の判断力とそのトレーニング効果 ~ JFAアカデミー福島の攻撃トレーニングの取り組みをモデルとして ~.” 2016. Web. 24 Nov 2017.

Vancouver:

豊川 . 中学サッカー部員におけるゲーム中の判断力とそのトレーニング効果 ~ JFAアカデミー福島の攻撃トレーニングの取り組みをモデルとして ~. [Internet] [Thesis]. Iwate University / 岩手大学; 2016. [cited 2017 Nov 24]. Available from: http://hdl.handle.net/10140/3745.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

豊川 . 中学サッカー部員におけるゲーム中の判断力とそのトレーニング効果 ~ JFAアカデミー福島の攻撃トレーニングの取り組みをモデルとして ~. [Thesis]. Iwate University / 岩手大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10140/3745

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

25. 熊谷, 奈穂. Focus on Form: An Investigation of the Effect of Teaching “EnglishⅠ” based on the Focus on Form Approach at a Japanese High School : Focus on Form による「英語Ⅰ」の指導効果についての探求.

Degree: 修士(教育学), 2016, Iwate University / 岩手大学

 Focus on Form is a new approach which was suggested by Long in 1988. This approach encourages learners to acquire both communicative and grammatical competence.In… (more)

Subjects/Keywords: Focus on Form; English I; Japanese High School grammar

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

熊谷, . (2016). Focus on Form: An Investigation of the Effect of Teaching “EnglishⅠ” based on the Focus on Form Approach at a Japanese High School : Focus on Form による「英語Ⅰ」の指導効果についての探求. (Thesis). Iwate University / 岩手大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10140/3747

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

熊谷, 奈穂. “Focus on Form: An Investigation of the Effect of Teaching “EnglishⅠ” based on the Focus on Form Approach at a Japanese High School : Focus on Form による「英語Ⅰ」の指導効果についての探求.” 2016. Thesis, Iwate University / 岩手大学. Accessed November 24, 2017. http://hdl.handle.net/10140/3747.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

熊谷, 奈穂. “Focus on Form: An Investigation of the Effect of Teaching “EnglishⅠ” based on the Focus on Form Approach at a Japanese High School : Focus on Form による「英語Ⅰ」の指導効果についての探求.” 2016. Web. 24 Nov 2017.

Vancouver:

熊谷 . Focus on Form: An Investigation of the Effect of Teaching “EnglishⅠ” based on the Focus on Form Approach at a Japanese High School : Focus on Form による「英語Ⅰ」の指導効果についての探求. [Internet] [Thesis]. Iwate University / 岩手大学; 2016. [cited 2017 Nov 24]. Available from: http://hdl.handle.net/10140/3747.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

熊谷 . Focus on Form: An Investigation of the Effect of Teaching “EnglishⅠ” based on the Focus on Form Approach at a Japanese High School : Focus on Form による「英語Ⅰ」の指導効果についての探求. [Thesis]. Iwate University / 岩手大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10140/3747

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

26. 肖, 靖. Allium schoenoprasum L.における鱗茎形成因子の遺伝的解明に関する研究 : A study on inheritance of bulb formation in Allium schoenoprasum L.

Degree: 博士(農学), 2016, Iwate University / 岩手大学

鱗茎形成に関与するRAPDマーカーの探索を目的として,変種関係であり,明確な鱗茎肥大を示さないチャイブと明瞭な鱗茎肥大を示すアサツキの交配がこれまで行ってきたが,この交配では,F1世代ではすべての個体がチャイブのように鱗茎を肥大しないため,鱗茎形成の遺伝様式について明らかになっていないことから,鱗茎形成に関与するRAPDマーカーの探索が困難である.鱗茎形成の分離できる世代が得られば,遺伝子レベルでの分析ができると考えられる. そこで,本研究ではネギ属の鱗茎形成に関与する遺伝的解明を目的に,鱗茎を形成しないチャイブ(A .schoenoprasum L.)とその変種で鱗茎を形成するアサツキ(A .schoenoprasum var. foliosum Regel)を用いて,F1およびBC1を獲得し,結球の分離様式の解明,RAPDマーカーによる鱗茎形成遺伝子の探索および in vitroにおける鱗茎形成条件の確立について,以下の実験でを検討した.

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

肖, . (2016). Allium schoenoprasum L.における鱗茎形成因子の遺伝的解明に関する研究 : A study on inheritance of bulb formation in Allium schoenoprasum L. (Thesis). Iwate University / 岩手大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10140/3998

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

肖, 靖. “Allium schoenoprasum L.における鱗茎形成因子の遺伝的解明に関する研究 : A study on inheritance of bulb formation in Allium schoenoprasum L.” 2016. Thesis, Iwate University / 岩手大学. Accessed November 24, 2017. http://hdl.handle.net/10140/3998.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

肖, 靖. “Allium schoenoprasum L.における鱗茎形成因子の遺伝的解明に関する研究 : A study on inheritance of bulb formation in Allium schoenoprasum L.” 2016. Web. 24 Nov 2017.

Vancouver:

肖 . Allium schoenoprasum L.における鱗茎形成因子の遺伝的解明に関する研究 : A study on inheritance of bulb formation in Allium schoenoprasum L. [Internet] [Thesis]. Iwate University / 岩手大学; 2016. [cited 2017 Nov 24]. Available from: http://hdl.handle.net/10140/3998.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

肖 . Allium schoenoprasum L.における鱗茎形成因子の遺伝的解明に関する研究 : A study on inheritance of bulb formation in Allium schoenoprasum L. [Thesis]. Iwate University / 岩手大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10140/3998

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

27. 髙橋, 秀子. コマツナおよび根菜類等のカドミウム吸収の特性 : Characteristics of cadmium uptake by komatsuna ( Brassica rapa L. var. perviridis ) and root crops.

Degree: 博士 (農学), 2016, Iwate University / 岩手大学

 Soil contaminated with cadmium (Cd) is a heavy problem all over the world and especially in Japan, where many crop fields are contaminated. Applicative techniques… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

髙橋, . (2016). コマツナおよび根菜類等のカドミウム吸収の特性 : Characteristics of cadmium uptake by komatsuna ( Brassica rapa L. var. perviridis ) and root crops. (Thesis). Iwate University / 岩手大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10140/4120

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

髙橋, 秀子. “コマツナおよび根菜類等のカドミウム吸収の特性 : Characteristics of cadmium uptake by komatsuna ( Brassica rapa L. var. perviridis ) and root crops.” 2016. Thesis, Iwate University / 岩手大学. Accessed November 24, 2017. http://hdl.handle.net/10140/4120.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

髙橋, 秀子. “コマツナおよび根菜類等のカドミウム吸収の特性 : Characteristics of cadmium uptake by komatsuna ( Brassica rapa L. var. perviridis ) and root crops.” 2016. Web. 24 Nov 2017.

Vancouver:

髙橋 . コマツナおよび根菜類等のカドミウム吸収の特性 : Characteristics of cadmium uptake by komatsuna ( Brassica rapa L. var. perviridis ) and root crops. [Internet] [Thesis]. Iwate University / 岩手大学; 2016. [cited 2017 Nov 24]. Available from: http://hdl.handle.net/10140/4120.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

髙橋 . コマツナおよび根菜類等のカドミウム吸収の特性 : Characteristics of cadmium uptake by komatsuna ( Brassica rapa L. var. perviridis ) and root crops. [Thesis]. Iwate University / 岩手大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10140/4120

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

28. 澤内, 大樹. 新規材料によるバイオエタノール合成および教材化への応用.

Degree: 修士(教育学), 2016, Iwate University / 岩手大学

本研究では環境教育の一環としてバイオエタノールに注目し、バイオエタノールが抱える問題点として挙げられる「食糧との競合」をできるだけ回避した新規教材の開発の検討を行った。 第二章では地球温暖化について現状とその課題及びバイオエタノールについて現在の製造法とその問題点について論じた。 第三章では新規の材料として岩手県特産のリンゴ、特に廃棄されるリンゴに着目してバイオエタノールの合成の検討をリンゴの品種及び酵母の種類で行い、サンフジと日本酒酵母7号との組み合わせが有効にバイオエタノールを合成できるという結果になった。 第四章では現在の環境教育の位置づけについて論じ、バイオエタノールの教材化によって期待される教育効果について論じた。 第五章では地球温暖化及びリンゴを材料にしたバイオエタノールの合成について中学校で生徒にリンゴからバイオエタノールを合成し、それを分離する実験を行う実践授業を通して、選択及び記述式のアンケートの結果から本研究で開発した教材は有効であることが示された。 以上、本研究では廃棄されるリンゴを用いたバイオエタノールの合成検討を行い、さらにそれらを用いて授業実践を行い、環境教育の教材として有効な手段であることを示した。

Subjects/Keywords: バイオエタノール; リンゴ; 教材化; 教育実践

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

澤内, . (2016). 新規材料によるバイオエタノール合成および教材化への応用. (Thesis). Iwate University / 岩手大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10140/4232

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

澤内, 大樹. “新規材料によるバイオエタノール合成および教材化への応用.” 2016. Thesis, Iwate University / 岩手大学. Accessed November 24, 2017. http://hdl.handle.net/10140/4232.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

澤内, 大樹. “新規材料によるバイオエタノール合成および教材化への応用.” 2016. Web. 24 Nov 2017.

Vancouver:

澤内 . 新規材料によるバイオエタノール合成および教材化への応用. [Internet] [Thesis]. Iwate University / 岩手大学; 2016. [cited 2017 Nov 24]. Available from: http://hdl.handle.net/10140/4232.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

澤内 . 新規材料によるバイオエタノール合成および教材化への応用. [Thesis]. Iwate University / 岩手大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10140/4232

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

29. パウル, シャマル クマル. Influence of percolation patterns on growth and yield of rice plants and uptake of cadmium from polluted paddy fields using soil dressing models : 客土を持つカドミウム汚染水田における浸透型の稲の生育収量及びカドミウム吸収に及ぼす影響.

Degree: 博士(農学), 2016, Iwate University / 岩手大学

 We investigated that influence of percolation patterns on growth and yield ofrice plants and uptake of cadmium from polluted paddy flelds using soil dressing models.… (more)

Subjects/Keywords: Percolation pattern; Soil dressing; Cadmium soil; Cadmium accumulation in rice; Growth and yield of plants

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

パウル, . (2016). Influence of percolation patterns on growth and yield of rice plants and uptake of cadmium from polluted paddy fields using soil dressing models : 客土を持つカドミウム汚染水田における浸透型の稲の生育収量及びカドミウム吸収に及ぼす影響. (Thesis). Iwate University / 岩手大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10140/4391

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

パウル, シャマル クマル. “Influence of percolation patterns on growth and yield of rice plants and uptake of cadmium from polluted paddy fields using soil dressing models : 客土を持つカドミウム汚染水田における浸透型の稲の生育収量及びカドミウム吸収に及ぼす影響.” 2016. Thesis, Iwate University / 岩手大学. Accessed November 24, 2017. http://hdl.handle.net/10140/4391.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

パウル, シャマル クマル. “Influence of percolation patterns on growth and yield of rice plants and uptake of cadmium from polluted paddy fields using soil dressing models : 客土を持つカドミウム汚染水田における浸透型の稲の生育収量及びカドミウム吸収に及ぼす影響.” 2016. Web. 24 Nov 2017.

Vancouver:

パウル . Influence of percolation patterns on growth and yield of rice plants and uptake of cadmium from polluted paddy fields using soil dressing models : 客土を持つカドミウム汚染水田における浸透型の稲の生育収量及びカドミウム吸収に及ぼす影響. [Internet] [Thesis]. Iwate University / 岩手大学; 2016. [cited 2017 Nov 24]. Available from: http://hdl.handle.net/10140/4391.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

パウル . Influence of percolation patterns on growth and yield of rice plants and uptake of cadmium from polluted paddy fields using soil dressing models : 客土を持つカドミウム汚染水田における浸透型の稲の生育収量及びカドミウム吸収に及ぼす影響. [Thesis]. Iwate University / 岩手大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10140/4391

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

30. 森, 真貴子. アジア地域の伝統的発酵調味料中のD-AlaとD-Glu含有量とそれらのラット小腸管吸収に関する研究 : Studies of content of free D-Ala and D-Glu in traditional Asian fermented seasonings and their absorption by rat intesitine.

Degree: 博士(農学), 2016, Iwate University / 岩手大学

 近年哺乳動物にもD型アミノ酸の存在や利用が明らかになり、 それらの生理的機能などに対して大きな関心をもたれている。 動物体内に存在するD型アミノ酸の由来の1つとして、L型アミノ酸の酵素的または非酵素的ラセミ化があるが、 哺乳動物ではD-セリンラセマーゼのみがラットとヒトの脳で発見されているにすぎず、 体内に存在するD型アミノ酸は生体内におけるラセミ化よりも、体外に由来するところが大きいと考えられる。 体外からの遊離アミノ酸の由来は、腸内細菌や食品が考えられるが、 D型アミノ酸は腸内細菌により影響されないと報告されていることから、食品由来のD型アミノ酸がきわめて重要である。 食品では、天然食品 (豆類、果実類、甲殻類、貝類) や発酵食品 (チーズ、乳酸飲料、ワイン、ビール) にD型アミノ酸が存在する。 特に微生物を用いる発酵食品は他の食品に比べ、D型アミノ酸含有量の多いことが報告されている。 しかし、醤油などの日本やアジア地域で食される発酵食品中のD型アミノ酸含有量の報告はほとんどない。 また、D型アミノ酸の生理機能が見出されているが、その腸管吸収についての報告も少ない。 そこで本研究では、日本およびアジア地域の伝統的な発酵調味料のD型アミノ酸含有量を調べ、その腸管吸収量について検討した。 本研究で使用した試料は、アジア地域で日常的に利用されている伝統的な発酵調味料の醤油4種 (こいくち醤油、うすくち醤油、たまり醤油、さいしこみ醤油)、味噌3種 (米味噌、麦味噌、豆味噌)、 魚醤4種 (いかいしる、いわしいしる、ナンプラ-、ヌックマム)の、11種である。 醤油、味噌、魚醤における遊離アミノ酸 (D型+L型) の平均含有量は、醤油と魚醤はほぼ等しく、味噌はそれらの4割以下であった。 11種の発酵調味料の遊離アミノ酸では、GluとAlaが他のアミノ酸に比べて有意に多く、 それぞれ遊離アミノ酸全量の13%と11%であった。そこで、本研究ではGluとAlaに注目して以下の研究を行った。 11試料の遊離L型およびD型のGluとAla平均値は、L-Glu は54 μmol/(試料g)… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

森, . (2016). アジア地域の伝統的発酵調味料中のD-AlaとD-Glu含有量とそれらのラット小腸管吸収に関する研究 : Studies of content of free D-Ala and D-Glu in traditional Asian fermented seasonings and their absorption by rat intesitine. (Thesis). Iwate University / 岩手大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10140/4395

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

森, 真貴子. “アジア地域の伝統的発酵調味料中のD-AlaとD-Glu含有量とそれらのラット小腸管吸収に関する研究 : Studies of content of free D-Ala and D-Glu in traditional Asian fermented seasonings and their absorption by rat intesitine.” 2016. Thesis, Iwate University / 岩手大学. Accessed November 24, 2017. http://hdl.handle.net/10140/4395.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

森, 真貴子. “アジア地域の伝統的発酵調味料中のD-AlaとD-Glu含有量とそれらのラット小腸管吸収に関する研究 : Studies of content of free D-Ala and D-Glu in traditional Asian fermented seasonings and their absorption by rat intesitine.” 2016. Web. 24 Nov 2017.

Vancouver:

森 . アジア地域の伝統的発酵調味料中のD-AlaとD-Glu含有量とそれらのラット小腸管吸収に関する研究 : Studies of content of free D-Ala and D-Glu in traditional Asian fermented seasonings and their absorption by rat intesitine. [Internet] [Thesis]. Iwate University / 岩手大学; 2016. [cited 2017 Nov 24]. Available from: http://hdl.handle.net/10140/4395.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

森 . アジア地域の伝統的発酵調味料中のD-AlaとD-Glu含有量とそれらのラット小腸管吸収に関する研究 : Studies of content of free D-Ala and D-Glu in traditional Asian fermented seasonings and their absorption by rat intesitine. [Thesis]. Iwate University / 岩手大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10140/4395

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

[1] [2] [3] [4] [5] … [13]

.