Advanced search options

Advanced Search Options 🞨

Browse by author name (“Author name starts with…”).

Find ETDs with:

in
/  
in
/  
in
/  
in

Written in Published in Earliest date Latest date

Sorted by

Results per page:

Sorted by: relevance · author · university · dateNew search

You searched for publisher:"Hyogo University of Teacher Education". Showing records 1 – 30 of 3795 total matches.

[1] [2] [3] [4] [5] … [127]

Search Limiters

Last 2 Years | English Only

Languages

▼ Search Limiters

1. 桑原, 晴子. 身体とイメージの関連性に関する心理臨床学的研究 : 共時性の視点から.

Degree: 博士(学校教育学), 2017, Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学

兵庫教育大学学位規則第22条2項の規定に基づき,博士の学位の授与に係る論文の全文に代えてその内容を要約したものを公開。http://hdl.handle.net/10132/17122。本論文は著者の申し出があるまで、非公開の扱いとする。

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

桑原, . (2017). 身体とイメージの関連性に関する心理臨床学的研究 : 共時性の視点から. (Thesis). Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10132/17124

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

桑原, 晴子. “身体とイメージの関連性に関する心理臨床学的研究 : 共時性の視点から.” 2017. Thesis, Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学. Accessed November 22, 2017. http://hdl.handle.net/10132/17124.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

桑原, 晴子. “身体とイメージの関連性に関する心理臨床学的研究 : 共時性の視点から.” 2017. Web. 22 Nov 2017.

Vancouver:

桑原 . 身体とイメージの関連性に関する心理臨床学的研究 : 共時性の視点から. [Internet] [Thesis]. Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学; 2017. [cited 2017 Nov 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10132/17124.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

桑原 . 身体とイメージの関連性に関する心理臨床学的研究 : 共時性の視点から. [Thesis]. Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/10132/17124

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

2. 三盃, 美千郎. 子どもの造形行為における意味生成過程の根拠としての生命的な〈場〉に関する実践的研究.

Degree: 博士(学校教育学), 2016, Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学

本研究は,小学校図画工作科授業の造形行為における子どもの意味生成過程について検証した。そこでは造形行為と相互行為が,授業のできごとの共有世界を成り立たせるとともに,共に生きる他者との社会的関係を通して作品の意味世界を共感的に現象させ,造形行為,相互行為,意味世界,自他の社会的関係を相互に形成し成り立たせていることが明らかになった。さらにその実践的関係とその根拠について,これを「生命的な〈場〉」として位置づけ,その成り立ちを明らかにした。研究方法として,子どもの造形活動の実践的関係に着目した研究開発実践を試み,この実践を通して収集した事例の現象学やエスノメソドロジーの視点にたつ記述と考察を行った。この成果に基づき,子どもの造形行為における意味生成過程の根拠としての生命的な〈場〉のモデルを構成し,モデルに基づく事例の再記述を通して意味生成過程の根拠を明らかにした。

Subjects/Keywords: 造形行為; 〈場〉; 生命; 図画工作科

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

三盃, . (2016). 子どもの造形行為における意味生成過程の根拠としての生命的な〈場〉に関する実践的研究. (Thesis). Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10132/17123

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

三盃, 美千郎. “子どもの造形行為における意味生成過程の根拠としての生命的な〈場〉に関する実践的研究.” 2016. Thesis, Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学. Accessed November 22, 2017. http://hdl.handle.net/10132/17123.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

三盃, 美千郎. “子どもの造形行為における意味生成過程の根拠としての生命的な〈場〉に関する実践的研究.” 2016. Web. 22 Nov 2017.

Vancouver:

三盃 . 子どもの造形行為における意味生成過程の根拠としての生命的な〈場〉に関する実践的研究. [Internet] [Thesis]. Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学; 2016. [cited 2017 Nov 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10132/17123.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

三盃 . 子どもの造形行為における意味生成過程の根拠としての生命的な〈場〉に関する実践的研究. [Thesis]. Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10132/17123

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

3. 池田, 浩之. 高機能自閉症スペクトラム障害者の心理的特性を 踏まえた就労支援プログラムに関する研究.

Degree: 博士(学校教育学), 2016, Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学

 本研究は、高機能自閉症スペクトラム障害者(以下、HF-ASD者)の心理的特性を踏まえた 就労支援プログラムに関する研究を行った。 第1章では、本研究の問題と目的について述べた。近年、HF-ASD者に関する就労上の課題は 明らかになりつつある。特に採用された後の職場環境内での課題が明らかになっており、対 人関係や業務を遂行する際に障害特性や障害特性の影響を受けた社会的スキルやストレス対 処が原因で離職してしまうといったことが言われている。一方、そのような現状であると同 時にHF-ASD者への就労支援については、専門性が高まらない現状もあり、支援が確立されて いない。本研究は、HF-ASD者の社会的スキルやストレス対処(以下、心理的特性とする)を明 らかにし、その結果を踏まえ、就労支援プログラムを開発することとした。また開発後、支 援現場に普及することを目的とした講座を開発することとした。 第2章のHF-ASDの心理的特性の検討(1)では、HF-ASD者の心理的特性を明らかにすることを目 的に、健常者(先行研究の数値)や精神障害のある者(統合失調症31名、気分障害26名)との比 較を行った(研究Ⅰ-1、研究Ⅰ-2)。AQ、Kiss-18、TAC-24、GHQ30の尺度を用い、HF-ASD者110 名(男性80名、女性30名)に対して研究を行った。その結果、健常者や精神障害者との間に 有意な差が見られた。特にKiss-18やGHQ30においては差が見受けられ、HF-ASD者の心理的特 性が明らかにされた。 第3章のHF-ASD者の心理的特性の検討(2)では、HF-ASD者の心理的特性の構造を明らかにする ために、心理的特性モデルを作成した(研究Ⅱ-1)。その後就労を観点とし、HF-ASD者が安定 して働けるための心理的特性の水準を明らかにすることを目的に行った(研究Ⅱ-2)。心理的 特性モデルについては、仮説モデルを生成し、共分散構造分析を用い検討を行った。その結 果、仮説モデルに若干の修正をしたモデルを採択することとなった(GFI:0.886、AGFI:0.812)。 また研究Ⅰで対象となったHF-ASD者の2年後の就労状態を追跡調査し、その結果をもとに対象 者をグループ化しなおし、分散分析を行った。その結果、Kiss-18とGHQ30において有意な差 が見られた。障害特性は心理的特性に大きな影響を及ぼすものの、長く安定して働けるかど うかには、心理的特性の部分が影響することが明らかになった。… (more)

Subjects/Keywords: 就労支援; 認知行動療法

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

池田, . (2016). 高機能自閉症スペクトラム障害者の心理的特性を 踏まえた就労支援プログラムに関する研究. (Thesis). Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10132/17131

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

池田, 浩之. “高機能自閉症スペクトラム障害者の心理的特性を 踏まえた就労支援プログラムに関する研究.” 2016. Thesis, Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学. Accessed November 22, 2017. http://hdl.handle.net/10132/17131.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

池田, 浩之. “高機能自閉症スペクトラム障害者の心理的特性を 踏まえた就労支援プログラムに関する研究.” 2016. Web. 22 Nov 2017.

Vancouver:

池田 . 高機能自閉症スペクトラム障害者の心理的特性を 踏まえた就労支援プログラムに関する研究. [Internet] [Thesis]. Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学; 2016. [cited 2017 Nov 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10132/17131.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

池田 . 高機能自閉症スペクトラム障害者の心理的特性を 踏まえた就労支援プログラムに関する研究. [Thesis]. Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10132/17131

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

4. 金, 奎道. 音楽科教育において異文化芸術を経験することの意義と指導方法に関する実践的研究.

Degree: 博士(学校教育学), 2014, Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学

本研究の目的は、異文化芸術を扱う音楽科学習において、その経験の意義と指導方法について教育実践学の立場から研究することによって、これからの学校音楽教育の改善につながる授業構成理論を提案することにある。異文化芸術を学ぶことの意義は、歌うことができる、楽器を演奏することができる、といった技能習得ではなく、音楽とは何かを考えさせる機会をもたらすことにある。すなわち、異文化芸術を学習することによって、音楽文化の普遍性を知ること、異なる芸術の特殊性を認めることで、音楽観の拡大につながるのである。そして、異文化芸術の学習では、直観的・共感的な方法であるパフォーマンスを取り入れ、文化的側面を関連づけることが効果的に働く。ずれの気付きからずれの解消までのプロセスが意味をもつ。自文化の音楽の特質が意識化され、かつそれが判断の基準になることによって学習の可能性が広がると考える。

Subjects/Keywords: 音楽教育; 異文化理解

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

金, . (2014). 音楽科教育において異文化芸術を経験することの意義と指導方法に関する実践的研究. (Thesis). Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10132/15396

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

金, 奎道. “音楽科教育において異文化芸術を経験することの意義と指導方法に関する実践的研究.” 2014. Thesis, Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学. Accessed November 22, 2017. http://hdl.handle.net/10132/15396.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

金, 奎道. “音楽科教育において異文化芸術を経験することの意義と指導方法に関する実践的研究.” 2014. Web. 22 Nov 2017.

Vancouver:

金 . 音楽科教育において異文化芸術を経験することの意義と指導方法に関する実践的研究. [Internet] [Thesis]. Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学; 2014. [cited 2017 Nov 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10132/15396.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

金 . 音楽科教育において異文化芸術を経験することの意義と指導方法に関する実践的研究. [Thesis]. Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学; 2014. Available from: http://hdl.handle.net/10132/15396

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

5. 藤原, 忠雄. 教師ストレスへの支援の在り方に関する基礎的研究 : 性、年代、校種による差異、及び包括的なストレス構造の検討.

Degree: 博士(学校教育学), 2014, Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学

Appendixを除く全文を公開。Appendixが公開可能になった時点で、あらためて全文を公開予定である。Appendix付全文のURIは、http://hdl.handle.net/10132/15403。

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

藤原, . (2014). 教師ストレスへの支援の在り方に関する基礎的研究 : 性、年代、校種による差異、及び包括的なストレス構造の検討. (Thesis). Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10132/15402

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

藤原, 忠雄. “教師ストレスへの支援の在り方に関する基礎的研究 : 性、年代、校種による差異、及び包括的なストレス構造の検討.” 2014. Thesis, Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学. Accessed November 22, 2017. http://hdl.handle.net/10132/15402.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

藤原, 忠雄. “教師ストレスへの支援の在り方に関する基礎的研究 : 性、年代、校種による差異、及び包括的なストレス構造の検討.” 2014. Web. 22 Nov 2017.

Vancouver:

藤原 . 教師ストレスへの支援の在り方に関する基礎的研究 : 性、年代、校種による差異、及び包括的なストレス構造の検討. [Internet] [Thesis]. Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学; 2014. [cited 2017 Nov 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10132/15402.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

藤原 . 教師ストレスへの支援の在り方に関する基礎的研究 : 性、年代、校種による差異、及び包括的なストレス構造の検討. [Thesis]. Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学; 2014. Available from: http://hdl.handle.net/10132/15402

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

6. 藤田, 正紀. 高校化学教材の再検討による新規化学教材の開発.

Degree: 博士(学校教育学), 2015, Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学

本研究は,現役の高等学校教師として高等学校における化学教材の再検討を行ったものである。再検討内容は (A) 教科書の記述の妥当性について (B) 高校化学の実験教材 B-1 安全面で問題の多いアルコールの判別方法の改善 B-2 よい生徒実験がなかった、光学活性についての新しい教材 である。  教科書記述の妥当性については, タンパク質の性質としてすべての「化学」教科書に記述されているビウレット反応を取り上げた。1847年に発見され,これまでタンパク質の検出や定量法として重要な反応であるが,様々な実験条件で様々な判定基準が提唱されており,決定版と言える判定条件や基準がない。今回1847年から2005年までの15のビウレット反応に関する論文を精読,整理し,その論点をまとめ,ビウレット反応の呈色に対応するビウレット錯体の構造との関連から適当と考えられる判定条件や判定基準を提案した。すなわち,ビウレット反応はジペプチドではおこらず,トリペプチド以上のペプチドでおこるという従来の定説をくつがえし,ジペプチドもビウレット反応陽性であることを文献調査と実験によって示した。それと同時に,今までビウレット反応陽性の定義が曖昧であったものを,吸収スペクトルのピーク位置を元にしたビウレット反応陽性の新しい基準[ペプチド結合のN-Hプロトンが強アルカリ下(従来の125倍から400倍に変更)で脱プロトン化し,このような脱プロトン化したアミドの窒素が2つ銅(II)イオンに結合し,赤紫色に呈色し,そのピーク波長が590 nmよりも短波長に吸収極大を示す場合をビウレット反応陽性とすること]を提案した。  学校でおこる実験事故でもっとも多いアルコール燃焼の危険性を減らす安全な実験教材の提案として,まず,「加熱した鉄線が還元される反応を利用してアルコールを第一級,第二級と第三級アルコールに分類する」従来から知られている実験に関して,検討を行った。教科書の実験対象となる種々のアルコールの引火点と燃焼点を,水を混合した場合にどれくらい上昇するかすなわち引火しにくくなるかをしらべ,引火や燃焼が起こりにくい10%アルコール溶液で,従来のアルコールとの反応と比べて金属酸化物の還元反応の観察の容易さが遜色ないことや安全性をみいだした。  また,有機化学で重要な不斉炭素を含む化合物についての光学活性については高校化学では,実験特に生徒実験としては扱われてこなかった。そこで,光学活性(旋光性)を安価で簡便な装置によって生徒実験として扱える教材を新しく開発した。  L-乳酸を加熱すると,脱水縮合(エステル化)し,オリゴマー化さらにポリマー化する。このときらせん構造ができ,非常に大きな旋光性を示す。ノートパソコンの液晶画面に大きな分度器を映し出し,その上に加熱処理して旋光性を示すオリゴ乳酸の試料をおき,さらにその上に偏光板を載せ,もっとも暗くなる角度を旋光角として測る教材を開発した。この教材を用いて勤務校で授業実践を行い,生徒実験として良好な結果が得られた。この教材の特徴は,(1)ほとんど旋光性が見られないL-乳酸を加熱することにより大きな旋光性が得られること,(2)エステル重合によって得られた加熱生成物が生分解性プラスチックやカーボンフリーの観点からも脚光をあびているポリ乳酸であること,(3)できた重合物が一価の酸としてはたらくため,通常の中和滴定で数平均分子量を測定できること などがあげられる。すなわち,高校化学で学習する内容を組み合わせ,教科書で必ず取り上げられる乳酸を原料として,これまで生徒実験としては扱われてこなかった旋光性に関する実際の測定を生徒実験で扱える有効性の高い教材である。  以上の高校化学の内容面ならびに生徒実験についての再検討や新しい提案を行い,学位論文とした。

Subjects/Keywords: 高校化学; 新規教材

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

藤田, . (2015). 高校化学教材の再検討による新規化学教材の開発. (Thesis). Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10132/15476

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

藤田, 正紀. “高校化学教材の再検討による新規化学教材の開発.” 2015. Thesis, Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学. Accessed November 22, 2017. http://hdl.handle.net/10132/15476.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

藤田, 正紀. “高校化学教材の再検討による新規化学教材の開発.” 2015. Web. 22 Nov 2017.

Vancouver:

藤田 . 高校化学教材の再検討による新規化学教材の開発. [Internet] [Thesis]. Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学; 2015. [cited 2017 Nov 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10132/15476.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

藤田 . 高校化学教材の再検討による新規化学教材の開発. [Thesis]. Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学; 2015. Available from: http://hdl.handle.net/10132/15476

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

7. 二井, 正浩; ニイ, マサヒロ. グローバルヒストリー教育論研究 : 世界史教育の再構築.

Degree: 博士(学校教育学), 2016, Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学

グローバリゼーションが加速度的にエスカレートする現実に対して,世界史教育はどのように対応すべきであろうか。これについて,本研究では現行の世界史教育の問題を,(1)国家史および国家関係史を基本とした内容になっており,国家の枠組みを大前提とした認識を形成するものとなっていること,(2)その結果として,本来多層であるべきアイデンティティの中から,生徒は受動的にナショナルアイデンティティを所与のものとして強制されていること,として整理した。そして,これらの問題に対応すべく,近年の歴史研究でクローズアップされているグローバルヒストリー研究に着目し,世界史教育をグローバルヒストリー教育として再構築する論理について究明した。

Subjects/Keywords: 世界史; グローバルヒストリー

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

二井, 正浩; ニイ, . (2016). グローバルヒストリー教育論研究 : 世界史教育の再構築. (Thesis). Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10132/16174

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

二井, 正浩; ニイ, マサヒロ. “グローバルヒストリー教育論研究 : 世界史教育の再構築.” 2016. Thesis, Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学. Accessed November 22, 2017. http://hdl.handle.net/10132/16174.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

二井, 正浩; ニイ, マサヒロ. “グローバルヒストリー教育論研究 : 世界史教育の再構築.” 2016. Web. 22 Nov 2017.

Vancouver:

二井, 正浩; ニイ . グローバルヒストリー教育論研究 : 世界史教育の再構築. [Internet] [Thesis]. Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学; 2016. [cited 2017 Nov 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10132/16174.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

二井, 正浩; ニイ . グローバルヒストリー教育論研究 : 世界史教育の再構築. [Thesis]. Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10132/16174

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

8. 栢木, 紀哉. ものづくり工程における計測・制御学習の展開と学習支援システムに関する研究.

Degree: 博士(学校教育学), 2016, Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学

現代の自動化の進んだものづくり工程における計測・制御技術について,体験的に学習できる学習教材の開発,および学習方法の提案を行う。そして,ものづくり工程について学ぶための学習支援システムとして利用する学習の方法論について提案し,学習者に対する実践を通して,その有効性について明らかにする。

Subjects/Keywords: 自動化工場モデル; ものづくり工程; 計測・制御学習; 学習支援システム

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

栢木, . (2016). ものづくり工程における計測・制御学習の展開と学習支援システムに関する研究. (Thesis). Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10132/16172

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

栢木, 紀哉. “ものづくり工程における計測・制御学習の展開と学習支援システムに関する研究.” 2016. Thesis, Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学. Accessed November 22, 2017. http://hdl.handle.net/10132/16172.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

栢木, 紀哉. “ものづくり工程における計測・制御学習の展開と学習支援システムに関する研究.” 2016. Web. 22 Nov 2017.

Vancouver:

栢木 . ものづくり工程における計測・制御学習の展開と学習支援システムに関する研究. [Internet] [Thesis]. Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学; 2016. [cited 2017 Nov 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10132/16172.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

栢木 . ものづくり工程における計測・制御学習の展開と学習支援システムに関する研究. [Thesis]. Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10132/16172

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

9. 多田, 孝志. グローバル時代の対話型授業の研究.

Degree: 博士(学校教育学), 2016, Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学

本研究論文は、グローバル時代の人間形成における対話型授業の有効性に着目し、対話の概念や対話型授業の特質を明らかにするとともに、学校全体で対話型授業の実践に取り組む学校の実践研究を調査・分析・考察し、その成果を検証することを通して、理論研究と実践研究の融合による対話型授業の授業理論を提示した論文である。本研究の結果、次の5点が明らかになった。 (1)グローバル時代の人間形成には、多様性・関係性・自己変革性・主体性・感性などの資質・能力とともに対話力が重要であること。 (2)「対話」に関する多様な言説、対話型授業に関わるさまざまな学習論の考察などの理論研究から、対話型授業の定義がなされ、要件が抽出できること。 (3)長期にわたり、学校全体で対話型授業に取り組んだ実践研究について、調査・分析・考察することにより、対話型授業の多様な実践知が紡ぎ出され、要件が析出されること。 (4)理論研究と実践研究から導き出された要件を統合・整理することにより、対話型授業の要件が 確立できること。その要件の有効性・妥当性が検証授業により確認されたこと。 (5)理論研究と実践研究の融合によってこそ、グローバル時代の人間形成を希求する対話型授業の授業理論が構想できること。 序章および5章、終章からなる構成とする。各章の概要は次の通りである。序章では、問題の所在、研究の目的と意義、研究方法及び構成について記した。問題の所在、研究目的を記述、さらに対話型授業に関する先行研究を検討し、そこから本研究の意義を導き出し、研究の位置づけをした。なお、第1章~第3章は、理論研究、第4章は、実践研究、第5章は、理論研究と実践研究とを融合させた本論文の成果の集約の章と区分している。 第1章では、第二次世界大戦後のグローバル時代の人間形成に関わる論考を考察・分析し、そこから導き出された基本的な考え方を活用し、グローバル時代の人間形成を定義した。さらに新たな教育の潮流としての持続可能な開発のための教育、21世紀型能力に関する答申や報告書を分析し、整理し、先行研究の考察結果と融合させ、そこからグローバル時代の人間形成の要件を析出した。 第2章では、ブーバー(Martin Buber1878-1965)、ピカード(Max Picard)、ボルノー(Otto Friedrich Bollnow)、バフチン(Mikhail Mikhailovich Bakhtin)、フレイレ(Paulo Regulus Neves Freire)などの人間形成と対話との関わりについての先行研究を分析し、整理した。次に、グローバル時代の対話に関する先行研究を考察し、これまでの研究の経緯を把握した。 これらの作業の上に、本論考における対話の概念を検討し、対話の形態・機能・類型・基礎力を示した。次いで、グローバル時代の対話の特色について検討した。 第3章では、本論の基底をなす「グローバル時代の対話型授業」に関わる学習理論について分析・整理した。まず、多様な学習方法を協同、構成主義、持続可能、21世紀型能力の四原理から分析した。これらの分析をもとに、対話型授業の理論上・実践上の特質について考察を加えた。また多重知能理論、システム論、複雑性の科学、統合の思想、批判的思考を考察し、対話を拡大・深化させていくための理論的背景を探究した。これらの作業の上に、対話型授業の定義をし、構成要件を抽出した。 第4章では、実践研究として、調査対象とした4校の対話型授業への取り組みを調査・分析・検討した。信頼性を確保するため、研究紀要・授業記録・研究協議会記録などの文献研究とともに、複数の調査者による観察・面談等をなし、調査・分析した。これらのことにより、理論研究と実践研究の融合・往還の有用性、研究推進の組織体制の進捗性や開放性などが、実践研究の推進に重要であることが把握できた。また、第3章までの理論研究から析出した要件を視点として、調査対象校の実践研究を分析し「グローバル時代の対話型授業」の現状と課題を明らかにした。また、理論研究から析出した要件に加える、実践研究から導き出される「グローバル時代の対話型授業」の要件を整理した。 第5章では、グローバル時代の人間形成を希求する対話型授業を提唱した。まず、理論研究及び実践研究から導き出された「グローバル時代の対話型授業」の要件を統合し整理し12要件に集約した。この12の要件の妥当性・有効性を検証するため、新たな研究協力校で検証授業を行った。結果の分析・考察による、妥当性・有効性が確認できた。これらの作業の上に、グローバル時代の人間形成を希求する対話型授業の学習理論を提示した。 終章では、グローバル時代の人間形成を希求する対話型授業の意義を再考察し、研究のまとめとした。最後に、今後の研究の課題を整理した。

梅野 正信、越 良子、安藤 知子、林 泰成、西村 公孝

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

多田, . (2016). グローバル時代の対話型授業の研究. (Thesis). Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10132/16219

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

多田, 孝志. “グローバル時代の対話型授業の研究.” 2016. Thesis, Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学. Accessed November 22, 2017. http://hdl.handle.net/10132/16219.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

多田, 孝志. “グローバル時代の対話型授業の研究.” 2016. Web. 22 Nov 2017.

Vancouver:

多田 . グローバル時代の対話型授業の研究. [Internet] [Thesis]. Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学; 2016. [cited 2017 Nov 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10132/16219.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

多田 . グローバル時代の対話型授業の研究. [Thesis]. Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10132/16219

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

10. 岡本, 邦広; オカモト, クニヒロ. 行動問題を示す発達障害児をもつ保護者と教師との効果的な連携方法の検討.

Degree: 博士(学校教育学), 2015, Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学

本論文は、第1章から第7章までで構成された。第1章では、発達障害児における行動問題への行動論的アプローチの現状と課題を示した。第2章では、行動問題を示す発達障害児をもつ保護者と教師の連携方法を概観した。学校場面で行動問題を示す発達障害児に対する指導・支援研究では、教師が外部専門家や保護者と連携をとって実態把握から評価まで行うものが多く見られた。しかし、保護者と教師の効果的な連携方法の過程は明らかにされなかった。本論文における連携を、「異なる立場のもの同士が、行動問題を示す発達障害児に対する共通の目標(行動問題の低減や適応行動の増加)をもって、問題解決(目標達成)を目指すために必要な相互作用を行うこと」と定義する。教師と保護者の考え方による相違が指摘されており、効果的な連携が行われない場合、結果として発達障害児の行動問題の重篤化が予想される。教師と保護者の連携方法が明らかにされれば、発達障害児の行動問題を最小限に止め、発達障害児のQOL向上にも貢献することが考えられる。さらに連携の際には、個別の指導計画など視覚的なツールの活用が有効と示唆された。第3章では、本研究の目的を示した。本研究の主要な目的の1つは、行動問題を示す発達障害児をもつ保護者と教師の効果的な連携方法を検討することであった。また、主要な目的の2つ目は、それらの連携の効果を挙げるための視覚的なツールを作成し、その効果を検討することであった。  第4章は、研究1-1と研究1-2から構成された。研究1-1では、対象児は学校場面と家庭場面で同様な行動問題を示し、教師と保護者の対象児に対するニーズはほぼ同様と考えられる事例が検討された。学校で日常的に行っている連携方法、すなわち、保護者に対しては連絡帳、電話、定期的な懇談会、対象児に対しては実態把握に基づいた指導・支援の展開により、保護者と教師の効果的な連携が可能か否かを検討した。その結果、対象児の行動問題は学校場面だけではなく家庭場面においても低減した。さらに、両場面で適応行動が見られ、保護者からは指導・支援に対する高い評価が得られた。この結果から、教師と保護者の対象児へのニーズがほぼ同様の事例では、対象児の実態把握に基づいた指導・支援を行い、教師と保護者による定期的な連携が重要であると示唆された。研究1-2では、教師と保護者の対象児に対するニーズが異なる事例として検討された。対象児の実態把握をした上で、保護者のニーズを反映させた指導・支援を行った。さらに、個別の指導計画をもとにした協議を定期的に行った。その結果、対象児の学校場面における行動問題は低減し、学校場面だけではなく家庭場面でも適応行動が見られた。この結果から、教師と保護者の対象児へのニーズが異なる事例では、対象児の実態把握に基づいた指導・支援に保護者のニーズを反映させることと、教師と保護者が個別の指導計画を活用して定期的に協議を行うことが重要であると示唆された。これらの研究から、教師と保護者が効果的な連携を行うために、(1)対象児の実態把握を行った上で保護者のニーズを指導・支援に反映させ、(2)定期的に個別の指導計画をもとにした協議が重要であると示唆された。しかしながら検討課題として、支援者と保護者のニーズが一致した事例で、指導場面では標的活動が自発しても家庭場面には般化しない場合が挙げられた。この事例から、連携の際には保護者の負担やストレスなどの観点から検討し、学校場面だけではなく家庭場面における対応を考慮する必要性が考えられた。また、教師と保護者の協議が重要なポイントと考えられた。 そのため、第5章(研究2)では、家庭場面で実施された研究論文をもとにメタ分析を行い、協議を効果的に進めたり、客観性を高めたりするための観点を検討した。その結果、標的行動と支援手続きを決定する際の協議が、家庭文脈に適合した支援を提供するためのポイントになることが示唆された。標的行動を選定する際には、「緊急性」「保護者のストレス」「本人への危険性」「他者への危険性」「頻度」「従 事時間」の6観点から判断することが重要とされた。また、支援手続きを決定する際には、支援者が支援手続きの「メリット」「デメリット」「予想される結果」を保護者に提示し、保護者は支援手続きの「取り組みやすさ」「効果」「ライフスタイル」「価値観」「継続性」の5観点から判断することが重要とされた。  第6章は、研究3、研究4及び研究5で構成された。研究3では、研究2で得られた知見をもとに、連携の際に必要と思われる「協議ツール」を作成した。大学の相談機関に来所して、小学校特別支援学級に在籍し行動問題を示す自閉症児の保護者と「協議ツール」を適用して、その効果を検討した。その結果、対象児の行動問題は低減して、家庭文脈に適合した支援が提供された。また、「協議ツール」の効果が示唆された。研究4では、特別支援学校小学部に在籍し、行動問題を示す自閉症児をもつ保護者と教師が、日常的に教師と保護者間で活用している連絡帳に「協議ツール」を挟んで連携を行うことにより、対象児の行動問題が低減し家庭文脈に適合した支援が提供できるか否かを検討した。さらに、家庭文脈に適合した支援を提供できた後、「協議ツール」を使用せずに、定期的な記録のみ、あるいは、記録なしでも保護者による支援行動が維持するか否かを検討した。その結果、対象児の家庭場面における行動問題は低減し、家庭場面に適合した支援が提供され、家庭文脈に適合した支援後は記録の有無に関わらず、保護者による支援行動は維持した。研究5では、研究2~研究4で得られた知見をもとに、マニュアルブックとして、「協議ツール」を解説した連携方法の手続きを冊子にまとめた。特別支援学校に在籍する発達障害児3名のそれぞれの保護者3名と担任教師の3名がマニュアルブックに沿った連携を行い、その効果を検討した。その結果、対象児の3名中2名の行動問題は低減し、家庭文脈に適合した支援が提供された。対象児の3名中1名では、支援計画立案時に行動問題はすでに低減しており、それ以降の支援は提供されなかった。この結果から、担任教師の2名は機能的アセスメントに基づいた支援を提供できたこと、家庭文脈に適合した支援が可能か否かは教師と保護者の強化随伴性に依存することが示唆された。今後の課題として、負担のない記録方法やマニュアルブックに加筆する内容検討の必要性が示唆された。  第7章では総合考察を行い、本研究の成果として、保護者と教師の効果的な連携方法、「協議ツール」が開発されたことを挙げた。また、保護者と教師の「協議ツール」を活用した連携方法の過程について言及を行った。さらに、「協議ツール」を活用した連携時の留意点を述べ、今後の課題と展望として、対象児と保護者の実態の相違による効果的な連携方法、他機関間における「協議ツール」の活用、適応行動の増加を目指した連携方法の視点から検討を行った。

Subjects/Keywords: 発達障害; 行動問題; 保護者; 連携

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

岡本, 邦広; オカモト, . (2015). 行動問題を示す発達障害児をもつ保護者と教師との効果的な連携方法の検討. (Thesis). Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10132/16853

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

岡本, 邦広; オカモト, クニヒロ. “行動問題を示す発達障害児をもつ保護者と教師との効果的な連携方法の検討.” 2015. Thesis, Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学. Accessed November 22, 2017. http://hdl.handle.net/10132/16853.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

岡本, 邦広; オカモト, クニヒロ. “行動問題を示す発達障害児をもつ保護者と教師との効果的な連携方法の検討.” 2015. Web. 22 Nov 2017.

Vancouver:

岡本, 邦広; オカモト . 行動問題を示す発達障害児をもつ保護者と教師との効果的な連携方法の検討. [Internet] [Thesis]. Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学; 2015. [cited 2017 Nov 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10132/16853.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

岡本, 邦広; オカモト . 行動問題を示す発達障害児をもつ保護者と教師との効果的な連携方法の検討. [Thesis]. Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学; 2015. Available from: http://hdl.handle.net/10132/16853

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

11. YUNOKI, Tomoya. アブダクションによる理科教材開発についての研究.

Degree: 博士(学校教育学), 2016, Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学

本研究は,理科教育における仮説の発想(アブダクション)にかかわる考察とそれに基づく教材開発について考察したものである.パースによれば,すべての推論はアブダクション,インダクション,ディダクションの3種類に分けることができるという.パースの3種類の推論は,科学的探究の過程と結び付けて考えることで,それぞれの推論の意味を明確にすることができる.しかし,アブダクションとインダクションの論理形式の違いが不明確であった.そこで,推論を順次性を考慮して4形式に分類した.この分類の考察の結果,アブダクションとインダクションの区別を明確にすることができた.さらに,アブダクションの過程,驚くべき事実の観察と知覚,アブダクションと関係するいくつかの推論形式について考察した結果,アブダクションを明確にすることができた.次に,アブダクションと理科教育,理科教材とかかわりについて考察した.特に,仮説の発想を促し,探究の過程に誘う教材を「アブダクション教材」と名付け,その特徴や重要性について考察した.さらに,数種の教材(水撃ポンプ,燃料電池,静電気教材,寒剤,霧箱)の開発について,その開発過程における思考の流れを詳述することを試みた.この方法を活用することで,すぐれた教材をいくつか開発することができた.本研究は今後の教材開発における一つの指針を示すものと考える.

Subjects/Keywords: アブダクション; 推論; 教材開発; 理科教材

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

YUNOKI, T. (2016). アブダクションによる理科教材開発についての研究. (Thesis). Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10132/17033

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

YUNOKI, Tomoya. “アブダクションによる理科教材開発についての研究.” 2016. Thesis, Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学. Accessed November 22, 2017. http://hdl.handle.net/10132/17033.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

YUNOKI, Tomoya. “アブダクションによる理科教材開発についての研究.” 2016. Web. 22 Nov 2017.

Vancouver:

YUNOKI T. アブダクションによる理科教材開発についての研究. [Internet] [Thesis]. Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学; 2016. [cited 2017 Nov 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10132/17033.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

YUNOKI T. アブダクションによる理科教材開発についての研究. [Thesis]. Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10132/17033

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

12. 加藤, 由美. 若手保育者の困難感と対処に着目した心理教育的介入に関する研究.

Degree: 博士(学校教育学), 2016, Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学

子どもの健全な成長のため,保育者(幼稚園教諭や保育士)のメンタルヘルスは重要である。しかし,保育者の勤務環境は,年々厳しくなっている。特に若手保育者は,多くの困難を感じ易いため,他の年代よりも心の疲労度が高く,バーンアウトに陥る危険性が高いことが報告されている。先行研究において,若手保育者も含めた保育者のストレスや困難感が多数指摘されている一方で,そうした困難感への具体的な対処や支援に関する実践報告は少ない。本研究の目的は,様々な困難を感じ易い若手保育者を対象とし,その職務上の困難感の要因を抽出し,それに基づき,若手保育者のメンタルヘルス対策に貢献するための心理教育プログラムを作成し,実施し,及び評価することである。そこで,以下のような観点から研究を進めた。第1章では,若手保育者を含む保育者の困難感やストレス,メンタルヘルスに関して国内外の先行研究を概観し,その動向を把握すると共に,困難感やストレスへの対処法,メンタルヘルスを保持・増進させるための方法を探った。第2章では,第1章で示された若手保育者の状況に関して,実際に若手保育者はどのような困難感を抱えているのか,その具体的な内容を明らかにするためにインタビュー調査等による質的検討を行った。第3章では,第1章及び第2章で明らかになった若手保育者の困難感やストレス,メンタルヘルスの現状に関して,保育者を対象とした質問紙調査の実施による量的検証を行った。第4章では,第1~3章の結果を踏まえて,若手保育者の心理社会的ストレスを予防するための心理教育プログラムを新たに作成し,実施し,評価を行った。第5章では,一連の研究結果について総合的考察を行うと共に,本研究の課題と今後の研究の展望について明らかにした。

Subjects/Keywords: 若手保育者; 困難感; 対処; 心理教育

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

加藤, . (2016). 若手保育者の困難感と対処に着目した心理教育的介入に関する研究. (Thesis). Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10132/17090

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

加藤, 由美. “若手保育者の困難感と対処に着目した心理教育的介入に関する研究.” 2016. Thesis, Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学. Accessed November 22, 2017. http://hdl.handle.net/10132/17090.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

加藤, 由美. “若手保育者の困難感と対処に着目した心理教育的介入に関する研究.” 2016. Web. 22 Nov 2017.

Vancouver:

加藤 . 若手保育者の困難感と対処に着目した心理教育的介入に関する研究. [Internet] [Thesis]. Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学; 2016. [cited 2017 Nov 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10132/17090.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

加藤 . 若手保育者の困難感と対処に着目した心理教育的介入に関する研究. [Thesis]. Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10132/17090

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

13. SET, SENG. Cambodian Students’ Competency and Teaching Material Development on Chemistry at Secondary Level : Developments of Chemistry Teaching Materials.

Degree: 博士(学校教育学), 2016, Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学

 The main purpose of the research is to study students‟ competency on chemistry at lower secondary school in Cambodia and to develop teaching and learning… (more)

Subjects/Keywords: Chemistry; Science; Cambodia; Secondary school

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

SET, S. (2016). Cambodian Students’ Competency and Teaching Material Development on Chemistry at Secondary Level : Developments of Chemistry Teaching Materials. (Thesis). Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10132/17091

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

SET, SENG. “Cambodian Students’ Competency and Teaching Material Development on Chemistry at Secondary Level : Developments of Chemistry Teaching Materials.” 2016. Thesis, Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学. Accessed November 22, 2017. http://hdl.handle.net/10132/17091.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

SET, SENG. “Cambodian Students’ Competency and Teaching Material Development on Chemistry at Secondary Level : Developments of Chemistry Teaching Materials.” 2016. Web. 22 Nov 2017.

Vancouver:

SET S. Cambodian Students’ Competency and Teaching Material Development on Chemistry at Secondary Level : Developments of Chemistry Teaching Materials. [Internet] [Thesis]. Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学; 2016. [cited 2017 Nov 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10132/17091.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

SET S. Cambodian Students’ Competency and Teaching Material Development on Chemistry at Secondary Level : Developments of Chemistry Teaching Materials. [Thesis]. Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10132/17091

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

14. 伊藤, 信寿. ペアレント・トレーニングにおける母親の養育行動と経験学習プロセス.

Degree: 博士(学校教育学), 2016, Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

伊藤, . (2016). ペアレント・トレーニングにおける母親の養育行動と経験学習プロセス. (Thesis). Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10132/17125

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

伊藤, 信寿. “ペアレント・トレーニングにおける母親の養育行動と経験学習プロセス.” 2016. Thesis, Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学. Accessed November 22, 2017. http://hdl.handle.net/10132/17125.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

伊藤, 信寿. “ペアレント・トレーニングにおける母親の養育行動と経験学習プロセス.” 2016. Web. 22 Nov 2017.

Vancouver:

伊藤 . ペアレント・トレーニングにおける母親の養育行動と経験学習プロセス. [Internet] [Thesis]. Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学; 2016. [cited 2017 Nov 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10132/17125.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

伊藤 . ペアレント・トレーニングにおける母親の養育行動と経験学習プロセス. [Thesis]. Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10132/17125

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

15. 佐藤, 昌彦. 次世代ものづくり教育研究 : 日本人は責任の問題をどう解決するのか.

Degree: 博士(学校教育学), 2016, Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学

Subjects/Keywords: ものづくり教育; 責任

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

佐藤, . (2016). 次世代ものづくり教育研究 : 日本人は責任の問題をどう解決するのか. (Thesis). Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10132/17130

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

佐藤, 昌彦. “次世代ものづくり教育研究 : 日本人は責任の問題をどう解決するのか.” 2016. Thesis, Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学. Accessed November 22, 2017. http://hdl.handle.net/10132/17130.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

佐藤, 昌彦. “次世代ものづくり教育研究 : 日本人は責任の問題をどう解決するのか.” 2016. Web. 22 Nov 2017.

Vancouver:

佐藤 . 次世代ものづくり教育研究 : 日本人は責任の問題をどう解決するのか. [Internet] [Thesis]. Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学; 2016. [cited 2017 Nov 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10132/17130.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

佐藤 . 次世代ものづくり教育研究 : 日本人は責任の問題をどう解決するのか. [Thesis]. Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10132/17130

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

16. 米崎, 啓和. A Study on How to Enhance Spoken Word Recognition by Japanese EFL Learners with Lower Levels of Proficiency.

Degree: 博士(学校教育学), 2017, Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

米崎, . (2017). A Study on How to Enhance Spoken Word Recognition by Japanese EFL Learners with Lower Levels of Proficiency. (Thesis). Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10132/17127

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

米崎, 啓和. “A Study on How to Enhance Spoken Word Recognition by Japanese EFL Learners with Lower Levels of Proficiency.” 2017. Thesis, Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学. Accessed November 22, 2017. http://hdl.handle.net/10132/17127.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

米崎, 啓和. “A Study on How to Enhance Spoken Word Recognition by Japanese EFL Learners with Lower Levels of Proficiency.” 2017. Web. 22 Nov 2017.

Vancouver:

米崎 . A Study on How to Enhance Spoken Word Recognition by Japanese EFL Learners with Lower Levels of Proficiency. [Internet] [Thesis]. Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学; 2017. [cited 2017 Nov 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10132/17127.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

米崎 . A Study on How to Enhance Spoken Word Recognition by Japanese EFL Learners with Lower Levels of Proficiency. [Thesis]. Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/10132/17127

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

17. 佐野 , 和規; サノ, カズノリ. 学校教育における自傷行為への心理的対応方法に関する研究.

Degree: 博士(学校教育学), 2016, Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

佐野 , 和規; サノ, . (2016). 学校教育における自傷行為への心理的対応方法に関する研究. (Thesis). Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10132/17126

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

佐野 , 和規; サノ, カズノリ. “学校教育における自傷行為への心理的対応方法に関する研究.” 2016. Thesis, Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学. Accessed November 22, 2017. http://hdl.handle.net/10132/17126.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

佐野 , 和規; サノ, カズノリ. “学校教育における自傷行為への心理的対応方法に関する研究.” 2016. Web. 22 Nov 2017.

Vancouver:

佐野 , 和規; サノ . 学校教育における自傷行為への心理的対応方法に関する研究. [Internet] [Thesis]. Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学; 2016. [cited 2017 Nov 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10132/17126.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

佐野 , 和規; サノ . 学校教育における自傷行為への心理的対応方法に関する研究. [Thesis]. Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10132/17126

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

18. 松井, 幸太. 高等学校の運動部活動における指導者の関わりと生徒の心理的成長.

Degree: 博士(学校教育学), 2016, Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

松井, . (2016). 高等学校の運動部活動における指導者の関わりと生徒の心理的成長. (Thesis). Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10132/17128

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

松井, 幸太. “高等学校の運動部活動における指導者の関わりと生徒の心理的成長.” 2016. Thesis, Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学. Accessed November 22, 2017. http://hdl.handle.net/10132/17128.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

松井, 幸太. “高等学校の運動部活動における指導者の関わりと生徒の心理的成長.” 2016. Web. 22 Nov 2017.

Vancouver:

松井 . 高等学校の運動部活動における指導者の関わりと生徒の心理的成長. [Internet] [Thesis]. Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学; 2016. [cited 2017 Nov 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10132/17128.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

松井 . 高等学校の運動部活動における指導者の関わりと生徒の心理的成長. [Thesis]. Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10132/17128

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

19. 別惣, 淳二. 教育実習カリキュラムによる資質能力形成の評価に関する研究 : 兵庫教育大学の実地教育科目を事例にして.

Degree: 博士(学校教育学), 2016, Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

別惣, . (2016). 教育実習カリキュラムによる資質能力形成の評価に関する研究 : 兵庫教育大学の実地教育科目を事例にして. (Thesis). Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10132/17129

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

別惣, 淳二. “教育実習カリキュラムによる資質能力形成の評価に関する研究 : 兵庫教育大学の実地教育科目を事例にして.” 2016. Thesis, Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学. Accessed November 22, 2017. http://hdl.handle.net/10132/17129.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

別惣, 淳二. “教育実習カリキュラムによる資質能力形成の評価に関する研究 : 兵庫教育大学の実地教育科目を事例にして.” 2016. Web. 22 Nov 2017.

Vancouver:

別惣 . 教育実習カリキュラムによる資質能力形成の評価に関する研究 : 兵庫教育大学の実地教育科目を事例にして. [Internet] [Thesis]. Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学; 2016. [cited 2017 Nov 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10132/17129.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

別惣 . 教育実習カリキュラムによる資質能力形成の評価に関する研究 : 兵庫教育大学の実地教育科目を事例にして. [Thesis]. Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10132/17129

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

20. 山内, 愛. オーストラリア連邦におけるSchool Based Youth Health Nurseとわが国の養護教諭との比較研究 : これからの養護教諭の学校保健活動推進のための中核的役割のあり方.

Degree: 博士(学校教育学), 2017, Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

山内, . (2017). オーストラリア連邦におけるSchool Based Youth Health Nurseとわが国の養護教諭との比較研究 : これからの養護教諭の学校保健活動推進のための中核的役割のあり方. (Thesis). Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10132/17132

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

山内, 愛. “オーストラリア連邦におけるSchool Based Youth Health Nurseとわが国の養護教諭との比較研究 : これからの養護教諭の学校保健活動推進のための中核的役割のあり方.” 2017. Thesis, Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学. Accessed November 22, 2017. http://hdl.handle.net/10132/17132.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

山内, 愛. “オーストラリア連邦におけるSchool Based Youth Health Nurseとわが国の養護教諭との比較研究 : これからの養護教諭の学校保健活動推進のための中核的役割のあり方.” 2017. Web. 22 Nov 2017.

Vancouver:

山内 . オーストラリア連邦におけるSchool Based Youth Health Nurseとわが国の養護教諭との比較研究 : これからの養護教諭の学校保健活動推進のための中核的役割のあり方. [Internet] [Thesis]. Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学; 2017. [cited 2017 Nov 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10132/17132.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

山内 . オーストラリア連邦におけるSchool Based Youth Health Nurseとわが国の養護教諭との比較研究 : これからの養護教諭の学校保健活動推進のための中核的役割のあり方. [Thesis]. Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/10132/17132

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

21. 羽田野, 修一. 電動船外機の開発と教材化.

Degree: 博士(学校教育学), 2016, Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

羽田野, . (2016). 電動船外機の開発と教材化. (Thesis). Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10132/17135

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

羽田野, 修一. “電動船外機の開発と教材化.” 2016. Thesis, Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学. Accessed November 22, 2017. http://hdl.handle.net/10132/17135.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

羽田野, 修一. “電動船外機の開発と教材化.” 2016. Web. 22 Nov 2017.

Vancouver:

羽田野 . 電動船外機の開発と教材化. [Internet] [Thesis]. Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学; 2016. [cited 2017 Nov 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10132/17135.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

羽田野 . 電動船外機の開発と教材化. [Thesis]. Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10132/17135

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

22. 阪東, 哲也. 情報モラル意識の形成に及ぼす個人内特性の影響 : ジョウホウモラルイシキノケイセイニオヨボスコジンナイトクセイノエイキョウ.

Degree: 博士(学校教育学), 2017, Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

阪東, . (2017). 情報モラル意識の形成に及ぼす個人内特性の影響 : ジョウホウモラルイシキノケイセイニオヨボスコジンナイトクセイノエイキョウ. (Thesis). Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10132/17179

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

阪東, 哲也. “情報モラル意識の形成に及ぼす個人内特性の影響 : ジョウホウモラルイシキノケイセイニオヨボスコジンナイトクセイノエイキョウ.” 2017. Thesis, Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学. Accessed November 22, 2017. http://hdl.handle.net/10132/17179.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

阪東, 哲也. “情報モラル意識の形成に及ぼす個人内特性の影響 : ジョウホウモラルイシキノケイセイニオヨボスコジンナイトクセイノエイキョウ.” 2017. Web. 22 Nov 2017.

Vancouver:

阪東 . 情報モラル意識の形成に及ぼす個人内特性の影響 : ジョウホウモラルイシキノケイセイニオヨボスコジンナイトクセイノエイキョウ. [Internet] [Thesis]. Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学; 2017. [cited 2017 Nov 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10132/17179.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

阪東 . 情報モラル意識の形成に及ぼす個人内特性の影響 : ジョウホウモラルイシキノケイセイニオヨボスコジンナイトクセイノエイキョウ. [Thesis]. Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/10132/17179

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

23. 吉川, 久史. 眼球運動が自伝的記憶の想起に与える影響.

Degree: 博士(学校教育学), 2016, Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

吉川, . (2016). 眼球運動が自伝的記憶の想起に与える影響. (Thesis). Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10132/17194

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

吉川, 久史. “眼球運動が自伝的記憶の想起に与える影響.” 2016. Thesis, Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学. Accessed November 22, 2017. http://hdl.handle.net/10132/17194.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

吉川, 久史. “眼球運動が自伝的記憶の想起に与える影響.” 2016. Web. 22 Nov 2017.

Vancouver:

吉川 . 眼球運動が自伝的記憶の想起に与える影響. [Internet] [Thesis]. Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学; 2016. [cited 2017 Nov 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10132/17194.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

吉川 . 眼球運動が自伝的記憶の想起に与える影響. [Thesis]. Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10132/17194

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

24. 小川内, 哲生. 学業的延引行動に関する発達心理学的研究.

Degree: 博士(学校教育学), 2016, Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

小川内, . (2016). 学業的延引行動に関する発達心理学的研究. (Thesis). Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10132/17193

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

小川内, 哲生. “学業的延引行動に関する発達心理学的研究.” 2016. Thesis, Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学. Accessed November 22, 2017. http://hdl.handle.net/10132/17193.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

小川内, 哲生. “学業的延引行動に関する発達心理学的研究.” 2016. Web. 22 Nov 2017.

Vancouver:

小川内 . 学業的延引行動に関する発達心理学的研究. [Internet] [Thesis]. Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学; 2016. [cited 2017 Nov 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10132/17193.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

小川内 . 学業的延引行動に関する発達心理学的研究. [Thesis]. Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/10132/17193

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

25. 西馬 希美. J.Brahmsの創作活動における変奏曲の意義 : J.Brahmsノソウサクカツドウニオケルヘンソウキョクノイギ.

Degree: 修士, 2010, Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学

学位論文内容の要旨 Advisors/Committee Members: ニシウマ ノゾミ.

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

希美, . (2010). J.Brahmsの創作活動における変奏曲の意義 : J.Brahmsノソウサクカツドウニオケルヘンソウキョクノイギ. (Thesis). Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10132/6720

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

希美, 西馬. “J.Brahmsの創作活動における変奏曲の意義 : J.Brahmsノソウサクカツドウニオケルヘンソウキョクノイギ.” 2010. Thesis, Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学. Accessed November 22, 2017. http://hdl.handle.net/10132/6720.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

希美, 西馬. “J.Brahmsの創作活動における変奏曲の意義 : J.Brahmsノソウサクカツドウニオケルヘンソウキョクノイギ.” 2010. Web. 22 Nov 2017.

Vancouver:

希美 . J.Brahmsの創作活動における変奏曲の意義 : J.Brahmsノソウサクカツドウニオケルヘンソウキョクノイギ. [Internet] [Thesis]. Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学; 2010. [cited 2017 Nov 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10132/6720.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

希美 . J.Brahmsの創作活動における変奏曲の意義 : J.Brahmsノソウサクカツドウニオケルヘンソウキョクノイギ. [Thesis]. Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学; 2010. Available from: http://hdl.handle.net/10132/6720

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

26. 門野 真司. 学校周辺の自然観察学習をサポートする教材・教具の開発とその活用 : ガッコウシュウヘンノシゼンカンサツガクシュウヲサポートスルキョウザイ・キョウグノカイハツトソノカツヨウ.

Degree: 教職修士(専門職), 2011, Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学

特定の課題についての学修の成果内容要旨 Advisors/Committee Members: カドノ シンジ.

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

真司, . (2011). 学校周辺の自然観察学習をサポートする教材・教具の開発とその活用 : ガッコウシュウヘンノシゼンカンサツガクシュウヲサポートスルキョウザイ・キョウグノカイハツトソノカツヨウ. (Thesis). Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10132/6721

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

真司, 門野. “学校周辺の自然観察学習をサポートする教材・教具の開発とその活用 : ガッコウシュウヘンノシゼンカンサツガクシュウヲサポートスルキョウザイ・キョウグノカイハツトソノカツヨウ.” 2011. Thesis, Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学. Accessed November 22, 2017. http://hdl.handle.net/10132/6721.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

真司, 門野. “学校周辺の自然観察学習をサポートする教材・教具の開発とその活用 : ガッコウシュウヘンノシゼンカンサツガクシュウヲサポートスルキョウザイ・キョウグノカイハツトソノカツヨウ.” 2011. Web. 22 Nov 2017.

Vancouver:

真司 . 学校周辺の自然観察学習をサポートする教材・教具の開発とその活用 : ガッコウシュウヘンノシゼンカンサツガクシュウヲサポートスルキョウザイ・キョウグノカイハツトソノカツヨウ. [Internet] [Thesis]. Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学; 2011. [cited 2017 Nov 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10132/6721.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

真司 . 学校周辺の自然観察学習をサポートする教材・教具の開発とその活用 : ガッコウシュウヘンノシゼンカンサツガクシュウヲサポートスルキョウザイ・キョウグノカイハツトソノカツヨウ. [Thesis]. Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学; 2011. Available from: http://hdl.handle.net/10132/6721

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

27. 高橋智子. 罪悪感が援助行動に及ぼす影響に関する発達心理学的研究 : ザイアクカンガエンジョコウドウニオヨボスエイキョウニカンスルハッタツシンリガクテキケンキュウ.

Degree: 修士, 2008, Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学

学位論文内容の要旨 Advisors/Committee Members: タカハシトモコ.

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

高橋智子. (2008). 罪悪感が援助行動に及ぼす影響に関する発達心理学的研究 : ザイアクカンガエンジョコウドウニオヨボスエイキョウニカンスルハッタツシンリガクテキケンキュウ. (Thesis). Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10132/6722

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Author name may be incomplete
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

高橋智子. “罪悪感が援助行動に及ぼす影響に関する発達心理学的研究 : ザイアクカンガエンジョコウドウニオヨボスエイキョウニカンスルハッタツシンリガクテキケンキュウ.” 2008. Thesis, Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学. Accessed November 22, 2017. http://hdl.handle.net/10132/6722.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Author name may be incomplete
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

高橋智子. “罪悪感が援助行動に及ぼす影響に関する発達心理学的研究 : ザイアクカンガエンジョコウドウニオヨボスエイキョウニカンスルハッタツシンリガクテキケンキュウ.” 2008. Web. 22 Nov 2017.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Author name may be incomplete

Vancouver:

高橋智子. 罪悪感が援助行動に及ぼす影響に関する発達心理学的研究 : ザイアクカンガエンジョコウドウニオヨボスエイキョウニカンスルハッタツシンリガクテキケンキュウ. [Internet] [Thesis]. Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学; 2008. [cited 2017 Nov 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10132/6722.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Author name may be incomplete
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

高橋智子. 罪悪感が援助行動に及ぼす影響に関する発達心理学的研究 : ザイアクカンガエンジョコウドウニオヨボスエイキョウニカンスルハッタツシンリガクテキケンキュウ. [Thesis]. Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学; 2008. Available from: http://hdl.handle.net/10132/6722

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Author name may be incomplete
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

28. 勝本 敦洋. 児童・生徒の発達段階におけるものづくりに対する意識と構想・設計能力の変容 : ジドウ・セイトノハッタツダンカイニオケルモノヅクリニタイスルイシキトコウソウ・セッケイノウリョクノヘンヨウ.

Degree: 修士, 2011, Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学

学位論文内容の要旨 Advisors/Committee Members: カツモト アツヒロ.

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

敦洋, . (2011). 児童・生徒の発達段階におけるものづくりに対する意識と構想・設計能力の変容 : ジドウ・セイトノハッタツダンカイニオケルモノヅクリニタイスルイシキトコウソウ・セッケイノウリョクノヘンヨウ. (Thesis). Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10132/6723

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

敦洋, 勝本. “児童・生徒の発達段階におけるものづくりに対する意識と構想・設計能力の変容 : ジドウ・セイトノハッタツダンカイニオケルモノヅクリニタイスルイシキトコウソウ・セッケイノウリョクノヘンヨウ.” 2011. Thesis, Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学. Accessed November 22, 2017. http://hdl.handle.net/10132/6723.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

敦洋, 勝本. “児童・生徒の発達段階におけるものづくりに対する意識と構想・設計能力の変容 : ジドウ・セイトノハッタツダンカイニオケルモノヅクリニタイスルイシキトコウソウ・セッケイノウリョクノヘンヨウ.” 2011. Web. 22 Nov 2017.

Vancouver:

敦洋 . 児童・生徒の発達段階におけるものづくりに対する意識と構想・設計能力の変容 : ジドウ・セイトノハッタツダンカイニオケルモノヅクリニタイスルイシキトコウソウ・セッケイノウリョクノヘンヨウ. [Internet] [Thesis]. Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学; 2011. [cited 2017 Nov 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10132/6723.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

敦洋 . 児童・生徒の発達段階におけるものづくりに対する意識と構想・設計能力の変容 : ジドウ・セイトノハッタツダンカイニオケルモノヅクリニタイスルイシキトコウソウ・セッケイノウリョクノヘンヨウ. [Thesis]. Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学; 2011. Available from: http://hdl.handle.net/10132/6723

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

29. 梶原 由貴. 担任教師の発達障害観と児童の学級適応感の関係に関する学校心理学的研究 : タンニンキョウシノハッタツショウガイカントジドウノガッキュウテキオウカンノカンケイニカンスルガッコウシンリガクテキケンキュウ.

Degree: 修士, 2011, Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学

学位論文内容の要旨 Advisors/Committee Members: カジワラ ユキ.

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

由貴, . (2011). 担任教師の発達障害観と児童の学級適応感の関係に関する学校心理学的研究 : タンニンキョウシノハッタツショウガイカントジドウノガッキュウテキオウカンノカンケイニカンスルガッコウシンリガクテキケンキュウ. (Thesis). Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10132/6724

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

由貴, 梶原. “担任教師の発達障害観と児童の学級適応感の関係に関する学校心理学的研究 : タンニンキョウシノハッタツショウガイカントジドウノガッキュウテキオウカンノカンケイニカンスルガッコウシンリガクテキケンキュウ.” 2011. Thesis, Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学. Accessed November 22, 2017. http://hdl.handle.net/10132/6724.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

由貴, 梶原. “担任教師の発達障害観と児童の学級適応感の関係に関する学校心理学的研究 : タンニンキョウシノハッタツショウガイカントジドウノガッキュウテキオウカンノカンケイニカンスルガッコウシンリガクテキケンキュウ.” 2011. Web. 22 Nov 2017.

Vancouver:

由貴 . 担任教師の発達障害観と児童の学級適応感の関係に関する学校心理学的研究 : タンニンキョウシノハッタツショウガイカントジドウノガッキュウテキオウカンノカンケイニカンスルガッコウシンリガクテキケンキュウ. [Internet] [Thesis]. Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学; 2011. [cited 2017 Nov 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10132/6724.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

由貴 . 担任教師の発達障害観と児童の学級適応感の関係に関する学校心理学的研究 : タンニンキョウシノハッタツショウガイカントジドウノガッキュウテキオウカンノカンケイニカンスルガッコウシンリガクテキケンキュウ. [Thesis]. Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学; 2011. Available from: http://hdl.handle.net/10132/6724

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

30. 森川文恵. 成人愛着と青年期における他者のとらえ方との関連 : セイジンアイチャクトセイネンキニオケルタシャノトラエカタトノカンレン.

Degree: 修士, 2009, Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学

学位論文内容の要旨 Advisors/Committee Members: モリカワフミエ.

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

森川文恵. (2009). 成人愛着と青年期における他者のとらえ方との関連 : セイジンアイチャクトセイネンキニオケルタシャノトラエカタトノカンレン. (Thesis). Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10132/6725

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Author name may be incomplete
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

森川文恵. “成人愛着と青年期における他者のとらえ方との関連 : セイジンアイチャクトセイネンキニオケルタシャノトラエカタトノカンレン.” 2009. Thesis, Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学. Accessed November 22, 2017. http://hdl.handle.net/10132/6725.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Author name may be incomplete
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

森川文恵. “成人愛着と青年期における他者のとらえ方との関連 : セイジンアイチャクトセイネンキニオケルタシャノトラエカタトノカンレン.” 2009. Web. 22 Nov 2017.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Author name may be incomplete

Vancouver:

森川文恵. 成人愛着と青年期における他者のとらえ方との関連 : セイジンアイチャクトセイネンキニオケルタシャノトラエカタトノカンレン. [Internet] [Thesis]. Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学; 2009. [cited 2017 Nov 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10132/6725.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Author name may be incomplete
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

森川文恵. 成人愛着と青年期における他者のとらえ方との関連 : セイジンアイチャクトセイネンキニオケルタシャノトラエカタトノカンレン. [Thesis]. Hyogo University of Teacher Education / 兵庫教育大学; 2009. Available from: http://hdl.handle.net/10132/6725

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Author name may be incomplete
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

[1] [2] [3] [4] [5] … [127]

.