Advanced search options

Advanced Search Options 🞨

Browse by author name (“Author name starts with…”).

Find ETDs with:

in
/  
in
/  
in
/  
in

Written in Published in Earliest date Latest date

Sorted by

Results per page:

Sorted by: relevance · author · university · dateNew search

You searched for publisher:"Hokkaido University". Showing records 1 – 30 of 7500 total matches.

[1] [2] [3] [4] [5] … [250]

Search Limiters

Last 2 Years | English Only

Department

Levels

Languages

▼ Search Limiters

1. Zainal, Shamian. A study on ultra-low power and large-scale design of digital circuit for wireless communications.

Degree: PhD, Hokkaido University, 2010, Hokkaido University

 The continuous growth of recent mobile and portable devices has caused a push greater towards low-power circuit designs. Various methods and techniques have been found,… (more)

Subjects/Keywords: TK7800-8360 Electronics

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Zainal, S. (2010). A study on ultra-low power and large-scale design of digital circuit for wireless communications. (Doctoral Dissertation). Hokkaido University. Retrieved from http://eprints.uthm.edu.my/2853/

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Zainal, Shamian. “A study on ultra-low power and large-scale design of digital circuit for wireless communications.” 2010. Doctoral Dissertation, Hokkaido University. Accessed May 24, 2018. http://eprints.uthm.edu.my/2853/.

MLA Handbook (7th Edition):

Zainal, Shamian. “A study on ultra-low power and large-scale design of digital circuit for wireless communications.” 2010. Web. 24 May 2018.

Vancouver:

Zainal S. A study on ultra-low power and large-scale design of digital circuit for wireless communications. [Internet] [Doctoral dissertation]. Hokkaido University; 2010. [cited 2018 May 24]. Available from: http://eprints.uthm.edu.my/2853/.

Council of Science Editors:

Zainal S. A study on ultra-low power and large-scale design of digital circuit for wireless communications. [Doctoral Dissertation]. Hokkaido University; 2010. Available from: http://eprints.uthm.edu.my/2853/

2. 佐々木, 裕子. 北西太平洋亜寒帯域およびベーリング海・チャクチ海における鯨類の空間分布様式 [全文の要約].

Degree: 博士(水産科学), 水産科学, 2013, Hokkaido University

鯨類は世界中の海に生息し、海洋の食物網における高次捕食者の一種である。鯨類は、種によって動物プランクトンや魚類およびイカ類などの生物を幅広く利用している。鯨類の餌消費量は1日当たり1,600 kg/個体(シロナガスクジラ)ともいわれ、その種数および生息数を考慮すると、餌となる生物種のバイオマスに大きな影響を与えていると考えられる。しかし、海洋生態系において鯨類を含む哺乳類の役割は非常に複雑なうえ、未解明な部分も多い。そのため、鯨類が海洋生態系の構造と機能に与える影響を把握するうえで、鯨類がいつ、どこに、どれだけ生息しているかを明らかにし、その分布様式の定量化が不可欠である。鯨類の分布様式と海洋環境の経年・季節変化との関係の解明には、大規模な洋上調査が必要である。しかし、大規模な調査には莫大なコストと時間を要するため、調査捕鯨終了後は、取得可能なデータを用いて鯨類生息域を推定することが重要である。そこで本研究では、鯨類目視データ、および衛星リモートセンシングデータを用いて、北西太平洋亜寒帯域に生息する鯨類の空間分布、北西太平洋亜寒帯域におけるイワシクジラとニタリクジラの棲み分け要因、およびベーリング海およびチャクチ海における鯨類生息域を明らかにすることを目的とした。

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

佐々木, . (2013). 北西太平洋亜寒帯域およびベーリング海・チャクチ海における鯨類の空間分布様式 [全文の要約]. (Thesis). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/53215

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

佐々木, 裕子. “北西太平洋亜寒帯域およびベーリング海・チャクチ海における鯨類の空間分布様式 [全文の要約].” 2013. Thesis, Hokkaido University. Accessed May 24, 2018. http://hdl.handle.net/2115/53215.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

佐々木, 裕子. “北西太平洋亜寒帯域およびベーリング海・チャクチ海における鯨類の空間分布様式 [全文の要約].” 2013. Web. 24 May 2018.

Vancouver:

佐々木 . 北西太平洋亜寒帯域およびベーリング海・チャクチ海における鯨類の空間分布様式 [全文の要約]. [Internet] [Thesis]. Hokkaido University; 2013. [cited 2018 May 24]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/53215.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

佐々木 . 北西太平洋亜寒帯域およびベーリング海・チャクチ海における鯨類の空間分布様式 [全文の要約]. [Thesis]. Hokkaido University; 2013. Available from: http://hdl.handle.net/2115/53215

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

3. 目黒, 悠一朗. The reproductive isolation mechanisms between the closely related nine-spined stickleback species,the freshwater type and the brackish water type of Pungitius pungitius,and its evolutionary interpretation for each of their speciation processes [an abstract of entire text].

Degree: 博士(水産科学), 水産科学, 2013, Hokkaido University

生物多様性は地球からの人類共有の財産であり、その価値は計り知れない。しかしながら、生物多様性の消失が日々進行している危機的状況において、生物多様性の創出・維持機構についての知見は未だ限られている。特に、種レベルにおける多様性は生物多様性保全において最も一般的かつ重要な保全指標であることからも、種の創出・維持機構について明らかにすることは生物学における重要な研究課題のひとつである。近年、種分化の初期状態にあると考えられるイトヨ種群を研究対象として、いかにして新たな種が創出されるのかについて多くの研究がなされ、種分化の初期段階におけるメカニズムについて重要な知見が蓄積されつつある。しかし、種分化の初期状態以降において強固な生殖的隔離が成立する要因をより深く理解するためには、種レベルの多様性に乏しいイトヨ属魚類に代わる新たなモデルシステムが待望されている。イトヨ属に近縁なトミヨ属魚類(トゲウオ科)は類似した生物学的特性や分布を有し、属内に8種以上という高い種多様性を有することから、新たなモデルシステムとして期待を集めている。近年、高橋洋博士らによって北半球広範をカバーするトミヨ属魚類の分子系統地理学的解析が行われ、極東アジア産トミヨ属魚類の進化史が推定されている(私信)。それによると、最終氷期における異所的隔離により、トミヨ属淡水型(以下、淡水型と略称)の祖先種とトミヨ属汽水型(以下、汽水型と略称)の祖先種が分岐した。その後、淡水型を含む多くの種が祖先種から派生し、次いで1万年頃までに近縁ではあるが直接の姉妹種関係にはない淡水型と汽水型が二次的接触をし、北海道の一部地域で現在見られるような同所的分布域を形成したと推定されている。そこで本研究では、近縁な淡水型と汽水型において2種の繁殖生態を明らかにするとともに、生殖的隔離の機構とその進化を解明することによって、2種それぞれの種分化プロセスについて考察することを目的とした。

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

目黒, . (2013). The reproductive isolation mechanisms between the closely related nine-spined stickleback species,the freshwater type and the brackish water type of Pungitius pungitius,and its evolutionary interpretation for each of their speciation processes [an abstract of entire text]. (Thesis). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/53224

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

目黒, 悠一朗. “The reproductive isolation mechanisms between the closely related nine-spined stickleback species,the freshwater type and the brackish water type of Pungitius pungitius,and its evolutionary interpretation for each of their speciation processes [an abstract of entire text].” 2013. Thesis, Hokkaido University. Accessed May 24, 2018. http://hdl.handle.net/2115/53224.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

目黒, 悠一朗. “The reproductive isolation mechanisms between the closely related nine-spined stickleback species,the freshwater type and the brackish water type of Pungitius pungitius,and its evolutionary interpretation for each of their speciation processes [an abstract of entire text].” 2013. Web. 24 May 2018.

Vancouver:

目黒 . The reproductive isolation mechanisms between the closely related nine-spined stickleback species,the freshwater type and the brackish water type of Pungitius pungitius,and its evolutionary interpretation for each of their speciation processes [an abstract of entire text]. [Internet] [Thesis]. Hokkaido University; 2013. [cited 2018 May 24]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/53224.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

目黒 . The reproductive isolation mechanisms between the closely related nine-spined stickleback species,the freshwater type and the brackish water type of Pungitius pungitius,and its evolutionary interpretation for each of their speciation processes [an abstract of entire text]. [Thesis]. Hokkaido University; 2013. Available from: http://hdl.handle.net/2115/53224

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

4. 柳, 鋳晟. Immunolocalization of osteocyte-derived molecules during bone fracture healing of mouse ribs [an abstract of entire text].

Degree: 博士(歯学), 歯学, 2014, Hokkaido University

 In this work, we employed a well-standardized mouse rib fracture model to assess the distribution of three important osteocyte-derived molecules-dentine matrix protein 1 (DMP1), sclerostin… (more)

Subjects/Keywords: bone fracture; osteocyte; sclerostin; FGF23; DMP-1

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

柳, . (2014). Immunolocalization of osteocyte-derived molecules during bone fracture healing of mouse ribs [an abstract of entire text]. (Thesis). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/56249

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

柳, 鋳晟. “Immunolocalization of osteocyte-derived molecules during bone fracture healing of mouse ribs [an abstract of entire text].” 2014. Thesis, Hokkaido University. Accessed May 24, 2018. http://hdl.handle.net/2115/56249.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

柳, 鋳晟. “Immunolocalization of osteocyte-derived molecules during bone fracture healing of mouse ribs [an abstract of entire text].” 2014. Web. 24 May 2018.

Vancouver:

柳 . Immunolocalization of osteocyte-derived molecules during bone fracture healing of mouse ribs [an abstract of entire text]. [Internet] [Thesis]. Hokkaido University; 2014. [cited 2018 May 24]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/56249.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

柳 . Immunolocalization of osteocyte-derived molecules during bone fracture healing of mouse ribs [an abstract of entire text]. [Thesis]. Hokkaido University; 2014. Available from: http://hdl.handle.net/2115/56249

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

5. 小川, 浩太. Histological, cytological and molecular biological analyses of the polyphenic development in the pea aphid Acyrthosiphon pisum [an abstract of entire text].

Degree: 博士(環境科学), 環境科学, 2014, Hokkaido University

生物は様々な環境に適応した多様な形質(表現型)を獲得しているが、これらの表現型は遺伝情報のみで決定されるのではなく、環境要因に応じて可塑的に変化する。これは「表現型可塑性」と呼ばれ、迅速な環境適応や表現型の多様化と深く関わっていると考えられている。近年、生態発生学あるいは進化発生学分野では生物の可塑的な発生制御機構を解明することで、表現型や適応戦略に多様化をもたらした進化メカニズムを理解しようとする機運が高まってきている。本博士論文では、半翅目昆虫のエンドウヒゲナガアブラムシAcyrthosiphon pisumの「翅多型」と「繁殖多型(周期性単為生殖)」をモデルに生物の環境依存的な発生調節機構について研究を行った。エンドウヒゲナガアブラムシは季節の変化を感知して胎生単為生殖と有卵生性生殖を切替える「周期性単為生殖」を行う。気候が好適な春から夏にかけては単為生殖により爆発的に増殖し、秋には低温・短日刺激に応答して有性生殖を行い卵で越冬する。また、本種はユニークな翅多型を持っている。胎生メス(単為生殖世代)は環境依存的に翅型が決定される翅多型(wing polyphenism)を、オスは遺伝情報により翅型が決定される翅多型(genetic wing polymorphism)を示す。さらに、幹母と有性生殖を行う卵生メスは無翅単型(monomorphic wingless)である。本種の劇的な形態変化を伴う表現型多型は非常に魅力的な研究対象であるが、その多型について研究するためには各生活型を自由に誘導できることが肝要である。そこで、第1章では、各生活型の飼育誘導系を確立し、研究の基礎を築いた。これによってこれまで解析できなかった生活型についても解析可能となった。クローン繁殖し、同じゲノムセットを持つにもかかわらず生活型間で制御様式が異なる本種の翅多型は、多型の進化・維持機構の研究に適した材料である。そこで、第2章と第3章では翅多型に着目し、各生活型における飛翔器官の発達・退縮様式と生活史形質を精査した。その結果、オスは有翅型・無翅型共に飛翔筋を持っており、飛翔筋量(≒移動分散能力)と成長速度がトレードオフになっていることが分った(第2章)。一方、胎生メスの無翅型は飛翔筋を持たず、有翅型では産仔前に飛翔筋を分解しそのエネルギーを繁殖へと投資していることが示唆された。また、環境依存的な翅多型を示す胎生メスでは将来の表現型に関わらず翅原基が形成され、無翅型へと発生することが決定されると翅原基が退縮することが明らかとなった。一方で、無翅単型の卵生メスと幹母では翅原基は全く形成されなかった(第3章)。原基が発生過程で形成された後に退縮する例は数多くの先行研究で報告されているが、それらは発生上の制約などに起因する非適応的な発生プロセスだと理解されてきた。しかし、同一の遺伝情報を共有する卵生メスと幹母は翅原基が形成されない事から、無翅型胎生メスで見られる翅原基の形成・退縮プロセスが発生拘束等により非適応的に生じているとは考え難い。むしろ、胎生メスでは、たとえ将来的に退縮させるとしても翅原基を形成しておき、環境に応じて迅速に表現型を変化させる発生経路が進化・維持されていると考えられる(第3章)。第2章と第3章では、クローン繁殖というアブラムシの特性に着目することで、形成した原基を分解するという一見無駄な発生過程が発生プログラムの可塑的な改変を支えている、という新たなパラダイムを提唱するに至った。第4章と第5章では繁殖多型に着目し解析を行った。有性生殖と単為生殖の両者の利点を享受できる周期性単為生殖は、アブラムシの進化的成功を支えるイノベーションであり、環境によって自分の子供の表現型を「産み分ける機構」が獲得されたことで、周期性単為生殖が進化したと言える。特にオス産出時には、他に類を見ないユニークな機構が存在する。アブラムシの性決定様式はオスヘテロXO型であり、2本のX染色体を持つ母虫(胎生メス)がX染色体を1本しか持たないオスを単為生殖で産出する。つまり、オスになる単為発生卵では、発生過程でX染色体が1本だけ排除されることになる。アブラムシがこのような複雑かつ洗練された生活史を獲得できた進化的背景を考察するために、本博士論文では本種の繁殖多型の発生制御機構、特にオス産出機構を細胞生物学的手法(第4章)と分子生物学的手法(第5章)を組み合わせて解析した。まずは、オスの初期発生過程を詳細に観察し、オスになる単為発生卵では成熟分裂時(減数分裂に相当)に染色体の不等分配が生じ、非常に大きな極体(極核)を放出することを明らかにした(第4章)。つまり、オスは極体と一緒にX染色体を過剰に放出し、X染色体を半減させていると考察できた。このオス産出時の染色体放出は、母虫の胚腺から単為発生卵が排出された直後に生じていたため、母虫の胚腺内で単為発生卵が形成されている間に仔虫の発生運命が決定されると考えられる。そこで、仔虫の産み分け、特にオス産出を制御している分子発生基盤を明らかにするために、胚腺で発現している遺伝子の網羅的な解析(トランスクリプトーム解析)を行った(第5章)。本種の胚腺 は直径約30~40μmの微小器官であるため、レーザーキャプチャーマイクロダイセクション(LCM) で正確にかつ効率的に単離した。解析の結果、重複したヒストン遺伝子の使い分けと、系統特異的に獲得・重複した新規遺伝子が環境依存的な染色体放出に寄与していることが示唆された。ヒストンやこの新規遺伝子はエピジェネティックな発生制御に深く関わっている可能性が高く、不等分配によるX染色体放出もエピジェネティックな機構によって制御されていると考察された。また、アブラムシは他の生物に比べ遺伝子数や重複遺伝子が多いことが以前から指摘されていたが、本研究によって重複遺伝子や新規遺伝子の獲得がアブラムシの複雑な生活史を支える基盤となっていることが強く示唆された。形態・組織・細胞・分子レベルで多角的に解析を行い、アブラムシの表現型多型に関する新知見を提供できたことで、本論文は表現型可塑性の理解に貢献できたと考えている。本論分で得られた知見がさらなる可塑性研究の端緒となること期待している。

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

小川, . (2014). Histological, cytological and molecular biological analyses of the polyphenic development in the pea aphid Acyrthosiphon pisum [an abstract of entire text]. (Thesis). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/55448

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

小川, 浩太. “Histological, cytological and molecular biological analyses of the polyphenic development in the pea aphid Acyrthosiphon pisum [an abstract of entire text].” 2014. Thesis, Hokkaido University. Accessed May 24, 2018. http://hdl.handle.net/2115/55448.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

小川, 浩太. “Histological, cytological and molecular biological analyses of the polyphenic development in the pea aphid Acyrthosiphon pisum [an abstract of entire text].” 2014. Web. 24 May 2018.

Vancouver:

小川 . Histological, cytological and molecular biological analyses of the polyphenic development in the pea aphid Acyrthosiphon pisum [an abstract of entire text]. [Internet] [Thesis]. Hokkaido University; 2014. [cited 2018 May 24]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/55448.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

小川 . Histological, cytological and molecular biological analyses of the polyphenic development in the pea aphid Acyrthosiphon pisum [an abstract of entire text]. [Thesis]. Hokkaido University; 2014. Available from: http://hdl.handle.net/2115/55448

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

6. 上田, 奈々. The minimization of diameter and length of dental implants according to bone quality using finite element analysis and optimized calculation. [an abstract of entire text].

Degree: 博士(歯学), 歯学, 2014, Hokkaido University

 The purpose of this study was to investigate the influence of bone quality and implant size on the maximum equivalent elastic strain in the peri-implant… (more)

Subjects/Keywords: implant; bone quality; finite element analysis; response surface; optimization

Page 1 Page 2 Page 3 Page 4

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

上田, . (2014). The minimization of diameter and length of dental implants according to bone quality using finite element analysis and optimized calculation. [an abstract of entire text]. (Thesis). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/56124

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

上田, 奈々. “The minimization of diameter and length of dental implants according to bone quality using finite element analysis and optimized calculation. [an abstract of entire text].” 2014. Thesis, Hokkaido University. Accessed May 24, 2018. http://hdl.handle.net/2115/56124.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

上田, 奈々. “The minimization of diameter and length of dental implants according to bone quality using finite element analysis and optimized calculation. [an abstract of entire text].” 2014. Web. 24 May 2018.

Vancouver:

上田 . The minimization of diameter and length of dental implants according to bone quality using finite element analysis and optimized calculation. [an abstract of entire text]. [Internet] [Thesis]. Hokkaido University; 2014. [cited 2018 May 24]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/56124.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

上田 . The minimization of diameter and length of dental implants according to bone quality using finite element analysis and optimized calculation. [an abstract of entire text]. [Thesis]. Hokkaido University; 2014. Available from: http://hdl.handle.net/2115/56124

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

7. 原, 博志. In vivoにおける口腔レンサ球菌の抗腫瘍活性 [全文の要約].

Degree: 博士(歯学), 歯学, 2014, Hokkaido University

我々は,これまでにToll-like receptor 2 (TLR2)のリガンドであるリポペプチドFSL-1がin vivoにおいてTLR2依存的な抗腫瘍活性を示すこと,また,口腔レンサ球菌の全菌体の認識にTLR2が重要な役割を果たしていることを明らかにした.そこで,本研究では口腔レンサ球菌の全菌体のin vivoにおける抗腫瘍活性を検証した.8-9週齢のC57BL/6マウスの背部皮下にメラノーマB16F0を接種後,4日後及び9日後に,Streptococcus gordoniiの生菌あるいは死菌で免疫した.その結果,生菌ならびに死菌は共に腫瘍の増殖を有意に抑制した.さらに,2回目の免疫を行った翌日の脾臓ならびに所属リンパ節からリンパ球を採取し,ナチュラルキラー(NK)細胞と細胞傷害性T細胞(CTL)の傷害活性を調べた.生菌で免疫したマウスの脾臓ならびに所属リンパ節では有意に高いNK活性を示した.また,脾臓では有意に高いCTL活性を示したが,所属リンパ節では有意ではないが,活性化傾向を示した.さらに,2回目の免疫から6日後の所属リンパ節において,免疫抑制状態を惹起することが知られている制御性T細胞(Treg)ならびに骨髄由来抑制細胞(MDSC)の割合を調べた.その結果,生菌で免疫していた場合にTregならびにMDSCの割合が共に有意に減少していることがわかった.また,腫瘍周囲におけるTregの存在状況を調べたところコントロール群では移植腫瘍間や間質にTregが認められたが,生菌で免疫した群は認められなかった.以上の結果から,口腔レンサ球菌の一つであるStreptococcus gordoniiの全菌体はin vivoにおいて抗腫瘍活性を有しており,その活性発現にはNK細胞ならび4にCTLによる細胞傷害活性と, TregならびにMDSC数の減少による免疫力の亢進が関与していることが示唆された.

We have found that the microbial lipopeptide FSL-1, a Toll-like receptor 2(TLR2) ligand, has the… (more)

Subjects/Keywords: Stretococcus gordonii; ナチュラルキラー細胞; 細胞傷害性T細胞; 制御性T細胞; 骨髄由来抑制細胞

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

原, . (2014). In vivoにおける口腔レンサ球菌の抗腫瘍活性 [全文の要約]. (Thesis). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/56232

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

原, 博志. “In vivoにおける口腔レンサ球菌の抗腫瘍活性 [全文の要約].” 2014. Thesis, Hokkaido University. Accessed May 24, 2018. http://hdl.handle.net/2115/56232.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

原, 博志. “In vivoにおける口腔レンサ球菌の抗腫瘍活性 [全文の要約].” 2014. Web. 24 May 2018.

Vancouver:

原 . In vivoにおける口腔レンサ球菌の抗腫瘍活性 [全文の要約]. [Internet] [Thesis]. Hokkaido University; 2014. [cited 2018 May 24]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/56232.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

原 . In vivoにおける口腔レンサ球菌の抗腫瘍活性 [全文の要約]. [Thesis]. Hokkaido University; 2014. Available from: http://hdl.handle.net/2115/56232

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

8. 菅田, 真吾. シナプス前コレシストキニン受容体を介した最後野ニューロンの興奮性調節 [全文の要約].

Degree: 博士(歯学), 歯学, 2014, Hokkaido University

最後野は血液脳関門を欠いた脳室周囲器官の一つであり,化学受容性嘔吐誘発域として知られている。最後野ニューロン活動が摂食抑制ペプチドホルモンであるコレシストキニン(CCK)により促進することは以前の研究により明らかであるが,その受容機構については不明であった。そこで本研究では,最後野ニューロンのCCKに対する受容機構を明らかにするために実験を行った。麻酔下にて摘出したラット脳を薄切した後に,ホールセルパッチクランプ法により最後野における単一ニューロン活動を記録し,CCK-8硫酸塩(CCK受容体作動薬,CCK-8)に対する膜電位およびシナプス電流の変化を解析した。記録した133個のニューロンのうち,42個がCCK-8投与に対して興奮性応答を示した。抑制性の応答は観察されなかった。CCK-8応答性ニューロンの大部分において,過分極作動性カチオンチャネル(Hチャネル)の発現を認めなかった(n =38/42)。微小興奮性シナプス後電流(mEPSC)の発生間隔の解析から,CCK-8投与によるmEPSC発生頻度の有意な増加とその濃度依存性が示された。低濃度のCCK-8(10 nM)投与では,mEPSCの振幅分布と平均値に変化は認められず,高濃度のCCK-8(100nM,1000 nM)投与では振幅分布が右方へシフトし,平均値の有意な増大が観察された。CCK-8応答性ニューロンにおいて,CCK-A受容体拮抗薬存在下ではCCK-8に対する応答が消失し,CCK-B受容体作動薬投与に対する2応答を認めなかった。また,AMPA型受容体遮断薬の投与によってCCK-8に誘発される応答が消失した。電流固定法により記録したニューロンにおいて,CCK-8投与によって活動電位が誘発された。これらの結果から,最後野ニューロンのCCK-8に対する応答は,シナプス前膜のCCK-A受容体を介してグルタミン酸の放出を増加させることにより生じ,活動電位の発火に至ることが明らかとなった。また,H電流を示さない最後野ニューロンが主としてCCK-8受容性を有することから,膜特性が異なる最後野ニューロン群の機能分化の可能性が示唆された。

Subjects/Keywords: CCK; 最後野; 摂食調節

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

菅田, . (2014). シナプス前コレシストキニン受容体を介した最後野ニューロンの興奮性調節 [全文の要約]. (Thesis). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/56185

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

菅田, 真吾. “シナプス前コレシストキニン受容体を介した最後野ニューロンの興奮性調節 [全文の要約].” 2014. Thesis, Hokkaido University. Accessed May 24, 2018. http://hdl.handle.net/2115/56185.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

菅田, 真吾. “シナプス前コレシストキニン受容体を介した最後野ニューロンの興奮性調節 [全文の要約].” 2014. Web. 24 May 2018.

Vancouver:

菅田 . シナプス前コレシストキニン受容体を介した最後野ニューロンの興奮性調節 [全文の要約]. [Internet] [Thesis]. Hokkaido University; 2014. [cited 2018 May 24]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/56185.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

菅田 . シナプス前コレシストキニン受容体を介した最後野ニューロンの興奮性調節 [全文の要約]. [Thesis]. Hokkaido University; 2014. Available from: http://hdl.handle.net/2115/56185

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

9. 木村, 慎吾. クエン酸応用が3種の水酸化カルシウム製剤の除去と歯根象牙質の接着性に及ぼす影響 [全文の要約].

Degree: 博士(歯学), 歯学, 2014, Hokkaido University

水酸化カルシウムは根管貼薬に広く用いられているが,根管内に残存すると封鎖性を低下させ,とくに接着性レジンシーラーを用いた場合には接着を大きく阻害する.本研究の目的は,3種の水酸化カルシウム製剤に対する10%クエン酸3%塩化第二鉄溶液を用いた除去法の効果,及び除去後の接着への影響を明らかにすることである.実験1ではヒト抜去単根歯を根管拡大して歯軸方向に分割,機械的清掃が不可能な約300μmの間隙を作製して歯根を復位,固定した.根管内にビタペックス,カルシペックスプレーンII,あるいは水酸化カルシウム試薬と蒸留水を1:1で練和したものを貼薬し,1,4週間後,超音波洗浄を注水下で60秒,10%クエン酸3%塩化第二鉄溶液で60秒,10%次亜塩素酸ナトリウム水溶液で30秒行った.洗浄後,水酸化カルシウム製剤の残存率を計測しSEM観察を行った.実験2では実験1と同様にカルシペックスプレーンII,あるいは水酸化カルシウム試薬と蒸留水を1:1で練和したものを貼薬し,1,4週間後に同様の方法で除去した.さらに無貼薬のコントロールを加え,スーパーボンド根充シーラーを間隙部に接着して,微小引張試験及び色素侵入試験を行った.水酸化カルシウム残存率は,1,4週後とも水酸カルシウム試薬が最も低く,ビタペックスが最も高かった.1,4週後を比較すると,カルシペックス,水酸化カルシウム試薬のいずれも4週後の方がわずかに残存率は高かった.カルシペックスは1,4週後ともコントロールおよび水酸化カルシウム試薬に比べて有意に微小引張強さが低下し,色素侵入距離も大きかったが,水酸化カルシウム試薬とコントロールとの間には有意差がなかった.これらの差は,各製剤に含まれる基材が原因と考えられた.以上の結果から,水酸化カルシウム試薬が最も除去されやすく,除去後の接着にも影響しにくいことが示唆された.

Calcium hydroxide(Ca(OH)2) has been generally used for root canal dressing. However, remnants of calcium hydroxide reduces the sealing ability of resin-based-sealer. The purpose of… (more)

Subjects/Keywords: 水酸化カルシウム; 超音波洗浄; 接着性レジン系シーラー; 根尖封鎖

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

木村, . (2014). クエン酸応用が3種の水酸化カルシウム製剤の除去と歯根象牙質の接着性に及ぼす影響 [全文の要約]. (Thesis). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/56155

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

木村, 慎吾. “クエン酸応用が3種の水酸化カルシウム製剤の除去と歯根象牙質の接着性に及ぼす影響 [全文の要約].” 2014. Thesis, Hokkaido University. Accessed May 24, 2018. http://hdl.handle.net/2115/56155.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

木村, 慎吾. “クエン酸応用が3種の水酸化カルシウム製剤の除去と歯根象牙質の接着性に及ぼす影響 [全文の要約].” 2014. Web. 24 May 2018.

Vancouver:

木村 . クエン酸応用が3種の水酸化カルシウム製剤の除去と歯根象牙質の接着性に及ぼす影響 [全文の要約]. [Internet] [Thesis]. Hokkaido University; 2014. [cited 2018 May 24]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/56155.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

木村 . クエン酸応用が3種の水酸化カルシウム製剤の除去と歯根象牙質の接着性に及ぼす影響 [全文の要約]. [Thesis]. Hokkaido University; 2014. Available from: http://hdl.handle.net/2115/56155

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

10. 伊藤, 達郎. Effects on bone regeneration of thin apatite coating on titanium by chemical coating process using calcium phosphate slurry [an abstract of entire text].

Degree: 博士(歯学), 歯学, 2014, Hokkaido University

 The aim of this study was to evaluate the effects of the surface treatment of titanium(Ti) with thin apatite (Ap) coating by the chemical coating… (more)

Subjects/Keywords: C hemical coating process; C alcium phosphate slurry; Bone regeneration; Thin a patite coating; Titanium

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

伊藤, . (2014). Effects on bone regeneration of thin apatite coating on titanium by chemical coating process using calcium phosphate slurry [an abstract of entire text]. (Thesis). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/56117

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

伊藤, 達郎. “Effects on bone regeneration of thin apatite coating on titanium by chemical coating process using calcium phosphate slurry [an abstract of entire text].” 2014. Thesis, Hokkaido University. Accessed May 24, 2018. http://hdl.handle.net/2115/56117.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

伊藤, 達郎. “Effects on bone regeneration of thin apatite coating on titanium by chemical coating process using calcium phosphate slurry [an abstract of entire text].” 2014. Web. 24 May 2018.

Vancouver:

伊藤 . Effects on bone regeneration of thin apatite coating on titanium by chemical coating process using calcium phosphate slurry [an abstract of entire text]. [Internet] [Thesis]. Hokkaido University; 2014. [cited 2018 May 24]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/56117.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

伊藤 . Effects on bone regeneration of thin apatite coating on titanium by chemical coating process using calcium phosphate slurry [an abstract of entire text]. [Thesis]. Hokkaido University; 2014. Available from: http://hdl.handle.net/2115/56117

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

11. 竹内, 康人. Detailed assessment of gene activation levels by multiple hypoxia responsive elements under various hypoxic conditions [an abstract of entire text].

Degree: 博士(歯学), 歯学, 2014, Hokkaido University

Introduction: HIF-1/HRE pathway, which regulates various hypoxia-targeted genes, is a promising target for the imaging and the treatment of intractable malignancy (HIF-1; hypoxia inducible factor… (more)

Subjects/Keywords: hypoxia responsive element (HRE); reporter genes; tumor hypoxia; molecular imaging; gene therapy

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

竹内, . (2014). Detailed assessment of gene activation levels by multiple hypoxia responsive elements under various hypoxic conditions [an abstract of entire text]. (Thesis). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/56305

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

竹内, 康人. “Detailed assessment of gene activation levels by multiple hypoxia responsive elements under various hypoxic conditions [an abstract of entire text].” 2014. Thesis, Hokkaido University. Accessed May 24, 2018. http://hdl.handle.net/2115/56305.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

竹内, 康人. “Detailed assessment of gene activation levels by multiple hypoxia responsive elements under various hypoxic conditions [an abstract of entire text].” 2014. Web. 24 May 2018.

Vancouver:

竹内 . Detailed assessment of gene activation levels by multiple hypoxia responsive elements under various hypoxic conditions [an abstract of entire text]. [Internet] [Thesis]. Hokkaido University; 2014. [cited 2018 May 24]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/56305.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

竹内 . Detailed assessment of gene activation levels by multiple hypoxia responsive elements under various hypoxic conditions [an abstract of entire text]. [Thesis]. Hokkaido University; 2014. Available from: http://hdl.handle.net/2115/56305

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

12. 加藤, 剛士. 成長期におけるソフトフード摂取がラット顎関節に与える影響 [全文の要約].

Degree: 博士(歯学), 歯学, 2014, Hokkaido University

Modern people tends to have soft food . Therefore experimental studies have been performed to examine unfavorable influences to growth of masticatory muscles and craniofacial… (more)

Subjects/Keywords: 液状食; 顎関節; 成長期; 組織計量; BrdU

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

加藤, . (2014). 成長期におけるソフトフード摂取がラット顎関節に与える影響 [全文の要約]. (Thesis). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/56137

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

加藤, 剛士. “成長期におけるソフトフード摂取がラット顎関節に与える影響 [全文の要約].” 2014. Thesis, Hokkaido University. Accessed May 24, 2018. http://hdl.handle.net/2115/56137.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

加藤, 剛士. “成長期におけるソフトフード摂取がラット顎関節に与える影響 [全文の要約].” 2014. Web. 24 May 2018.

Vancouver:

加藤 . 成長期におけるソフトフード摂取がラット顎関節に与える影響 [全文の要約]. [Internet] [Thesis]. Hokkaido University; 2014. [cited 2018 May 24]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/56137.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

加藤 . 成長期におけるソフトフード摂取がラット顎関節に与える影響 [全文の要約]. [Thesis]. Hokkaido University; 2014. Available from: http://hdl.handle.net/2115/56137

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

13. 中澤, 誠多朗. 優性阻害性p53変異体R248Qは口腔扁平上皮癌の運動浸潤能を増大させる [全文の要約].

Degree: 博士(歯学), 歯学, 2014, Hokkaido University

癌抑制遺伝子TP53は転写因子p53をコードしている. TP53はヒト癌の約半数で変異が認められており,その変異の多くがホットスポットと呼ばれるDNA結合領域に集中していることが知られている.これらホットスポットに変異をもったp53は通常,野生型p53結合DNA配列への結合能力を失う.さらに,このタイプの変異型p53は野生型p53の機能を喪失させる.これは優性阻害性(DN)変異とよばれ,口腔扁平上皮癌を含む様々な癌の予後リスク因子のひとつになっている.近年, DN変異型p53は単に野生型p53の機能を阻害するだけでなく,新しい機能を獲得(gain-of-function, GOF)していることがわかってきた.本研究では,まず, p53のホットスポットのひとつコドン248に生じた優性阻害性変異R248QおよびR248Wが舌癌由来細胞株SASに対して如何なるGOFを付与するのかを調べた.いずれかの変異型p53をSAS細胞に導入し,増殖能,浸潤能,運動能および接着能を観察したところ, R248Qを発現させたSAS細胞でのみ浸潤能,運動能および接着能の増強を認めた.一方,いずれの変異型p53を発現させても, SAS細胞の増殖能には変化がみられなかった.次に内在性にR248Qを発現している舌癌由来細胞株HSC4および内在性にR248Wを発現している下顎歯肉癌由来細胞株Ca9-22の変異型p53の発現をRNA干渉法によって抑制し,同様の実験を行った.その結果, p53の発現抑制によってHSC4細胞の浸潤能,運動能および接着能は低下するが, Ca9-22細胞のそれらは変化しないことがわかった.以上の結果より, R248Q変異型p53はヒト口腔癌細胞において高い運動・浸潤能の獲得に働くことが示された.

The tumor suppressor gene TP53(gene) codes for a transcription factor which transactivates its target genes… (more)

Subjects/Keywords: gain-of-function; dominant negative mutation : DN; 変異型 p53; 浸潤能; 運動能

Page 1 Page 2 Page 3 Page 4 Page 5 Page 6 Page 7

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

中澤, . (2014). 優性阻害性p53変異体R248Qは口腔扁平上皮癌の運動浸潤能を増大させる [全文の要約]. (Thesis). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/56195

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

中澤, 誠多朗. “優性阻害性p53変異体R248Qは口腔扁平上皮癌の運動浸潤能を増大させる [全文の要約].” 2014. Thesis, Hokkaido University. Accessed May 24, 2018. http://hdl.handle.net/2115/56195.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

中澤, 誠多朗. “優性阻害性p53変異体R248Qは口腔扁平上皮癌の運動浸潤能を増大させる [全文の要約].” 2014. Web. 24 May 2018.

Vancouver:

中澤 . 優性阻害性p53変異体R248Qは口腔扁平上皮癌の運動浸潤能を増大させる [全文の要約]. [Internet] [Thesis]. Hokkaido University; 2014. [cited 2018 May 24]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/56195.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

中澤 . 優性阻害性p53変異体R248Qは口腔扁平上皮癌の運動浸潤能を増大させる [全文の要約]. [Thesis]. Hokkaido University; 2014. Available from: http://hdl.handle.net/2115/56195

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

14. 比良, 友佳理. デジタル時代における著作権と表現の自由の衝突に関する制度論的研究 [全文の要約].

Degree: 博士(法学), 法学, 2014, Hokkaido University

著作権は創作的表現を保護する権利であるにもかかわらず、日本で日本国憲法21条が定めている表現の自由との関係性について議論されるようになったのはここ数年のことである。本論文はデジタル技術、インターネット技術が普及した今日の社会において、著作権と表現の自由の衝突が以前にも増して深刻な問題となっているという立場から、両者の調整に関する従来のアプローチを批判的に検討するとともに、著作権法が表現の自由との関係で厳格な審査基準に服するべき立法であることを多角的に明らかにしようと試みるものである。

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

比良, . (2014). デジタル時代における著作権と表現の自由の衝突に関する制度論的研究 [全文の要約]. (Thesis). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/55631

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

比良, 友佳理. “デジタル時代における著作権と表現の自由の衝突に関する制度論的研究 [全文の要約].” 2014. Thesis, Hokkaido University. Accessed May 24, 2018. http://hdl.handle.net/2115/55631.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

比良, 友佳理. “デジタル時代における著作権と表現の自由の衝突に関する制度論的研究 [全文の要約].” 2014. Web. 24 May 2018.

Vancouver:

比良 . デジタル時代における著作権と表現の自由の衝突に関する制度論的研究 [全文の要約]. [Internet] [Thesis]. Hokkaido University; 2014. [cited 2018 May 24]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/55631.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

比良 . デジタル時代における著作権と表現の自由の衝突に関する制度論的研究 [全文の要約]. [Thesis]. Hokkaido University; 2014. Available from: http://hdl.handle.net/2115/55631

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

15. 李, 慈英. Cholic acid administration modulates intestinal microbiota composition and parameters for metabolic diseases in rats [an abstract of entire text].

Degree: 博士(農学), 農学, 2014, Hokkaido University

近年の研究により,高脂肪食摂取に伴う代謝性疾患の発症には,多くの場合腸内細菌叢の変動を伴うことが示されている.そこで両者の因果関係を解明しようとする様々な研究が行われているが,未だに十分な理解が得られていない.このような状況で,胆汁酸が注目を集めている.胆汁酸は高脂肪食摂取によりその分泌量が増大し,加えて胆汁酸には強い抗菌活性があるからである.学位申請者の研究室ではラットを用いた短期間(10 日間)の胆汁酸摂取試験により盲腸内細菌叢が変化すること,その変化は高脂肪食摂取時に見られる変化とよく似ていることを明らかにしてきた.しかし胆汁酸の代謝性疾患発症への関与の有無については不明である.本研究では胆汁酸が菌叢の制御のみならず,代謝性疾患を引き起こす宿主因子であるかを明らかにするために,ラットを用いて長期間の食餌介入試験を行った.すなわち,22 週に亘る高脂肪食摂取試験,13 週に亘るコール酸(CA)添加食摂取試験である.飼育終了時の盲腸内細菌叢をパイロシークエンス法により16S rRNA 遺伝子のV3-V4 領域の塩基配列を決定することにより解析した.また、糞中の胆汁酸濃度の経時的変化を独自に開発したUPLC/ESI-MS 法により分析した.宿主の病態については粘膜透過性,血清中の肝障害のマーカー等によりモニターした.

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

李, . (2014). Cholic acid administration modulates intestinal microbiota composition and parameters for metabolic diseases in rats [an abstract of entire text]. (Thesis). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/57279

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

李, 慈英. “Cholic acid administration modulates intestinal microbiota composition and parameters for metabolic diseases in rats [an abstract of entire text].” 2014. Thesis, Hokkaido University. Accessed May 24, 2018. http://hdl.handle.net/2115/57279.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

李, 慈英. “Cholic acid administration modulates intestinal microbiota composition and parameters for metabolic diseases in rats [an abstract of entire text].” 2014. Web. 24 May 2018.

Vancouver:

李 . Cholic acid administration modulates intestinal microbiota composition and parameters for metabolic diseases in rats [an abstract of entire text]. [Internet] [Thesis]. Hokkaido University; 2014. [cited 2018 May 24]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/57279.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

李 . Cholic acid administration modulates intestinal microbiota composition and parameters for metabolic diseases in rats [an abstract of entire text]. [Thesis]. Hokkaido University; 2014. Available from: http://hdl.handle.net/2115/57279

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

16. AHMED, Jamil. Study on frictional properties of zwitterionic hydrogels [an abstract of entire text].

Degree: 博士(生命科学), 生命科学, 2014, Hokkaido University

 Scientists in polymer science are attempting to provide synthetic tissues that serve as alternative biomechanical role in the body, such as articular cartilage, semilunar cartilage,… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

AHMED, J. (2014). Study on frictional properties of zwitterionic hydrogels [an abstract of entire text]. (Thesis). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/57276

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

AHMED, Jamil. “Study on frictional properties of zwitterionic hydrogels [an abstract of entire text].” 2014. Thesis, Hokkaido University. Accessed May 24, 2018. http://hdl.handle.net/2115/57276.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

AHMED, Jamil. “Study on frictional properties of zwitterionic hydrogels [an abstract of entire text].” 2014. Web. 24 May 2018.

Vancouver:

AHMED J. Study on frictional properties of zwitterionic hydrogels [an abstract of entire text]. [Internet] [Thesis]. Hokkaido University; 2014. [cited 2018 May 24]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/57276.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

AHMED J. Study on frictional properties of zwitterionic hydrogels [an abstract of entire text]. [Thesis]. Hokkaido University; 2014. Available from: http://hdl.handle.net/2115/57276

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

17. 佐々木, 隼人. Study of genetic background-dependent diversity of renal failure caused by the tensin2 gene deficiency in the mouse [an abstract of entire text].

Degree: 博士(獣医学), 獣医学, 2015, Hokkaido University

 Tns2 is thought to be a component of the cytoskeletal structures linking actin filaments with focal adhesions and plays a role as an intracellular signal… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

佐々木, . (2015). Study of genetic background-dependent diversity of renal failure caused by the tensin2 gene deficiency in the mouse [an abstract of entire text]. (Thesis). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/59316

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

佐々木, 隼人. “Study of genetic background-dependent diversity of renal failure caused by the tensin2 gene deficiency in the mouse [an abstract of entire text].” 2015. Thesis, Hokkaido University. Accessed May 24, 2018. http://hdl.handle.net/2115/59316.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

佐々木, 隼人. “Study of genetic background-dependent diversity of renal failure caused by the tensin2 gene deficiency in the mouse [an abstract of entire text].” 2015. Web. 24 May 2018.

Vancouver:

佐々木 . Study of genetic background-dependent diversity of renal failure caused by the tensin2 gene deficiency in the mouse [an abstract of entire text]. [Internet] [Thesis]. Hokkaido University; 2015. [cited 2018 May 24]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/59316.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

佐々木 . Study of genetic background-dependent diversity of renal failure caused by the tensin2 gene deficiency in the mouse [an abstract of entire text]. [Thesis]. Hokkaido University; 2015. Available from: http://hdl.handle.net/2115/59316

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

18. NOH, ABDUL LATIF BIN. Analytical study on the peptide sequence-dependent regulatory upstream open reading frame of a tomato homologue of the Arabidopsis ANAC096 gene [an abstract of entire text].

Degree: 博士(農学), 農学, 2015, Hokkaido University

 Many eukaryotic mRNAs contain one or more upstream open reading frames (uORFs)in their 5′ untranslated regions (5′-UTRs). Some uORFs encode regulatory peptides thatrepress translation of… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

NOH, A. L. B. (2015). Analytical study on the peptide sequence-dependent regulatory upstream open reading frame of a tomato homologue of the Arabidopsis ANAC096 gene [an abstract of entire text]. (Thesis). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/60188

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

NOH, ABDUL LATIF BIN. “Analytical study on the peptide sequence-dependent regulatory upstream open reading frame of a tomato homologue of the Arabidopsis ANAC096 gene [an abstract of entire text].” 2015. Thesis, Hokkaido University. Accessed May 24, 2018. http://hdl.handle.net/2115/60188.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

NOH, ABDUL LATIF BIN. “Analytical study on the peptide sequence-dependent regulatory upstream open reading frame of a tomato homologue of the Arabidopsis ANAC096 gene [an abstract of entire text].” 2015. Web. 24 May 2018.

Vancouver:

NOH ALB. Analytical study on the peptide sequence-dependent regulatory upstream open reading frame of a tomato homologue of the Arabidopsis ANAC096 gene [an abstract of entire text]. [Internet] [Thesis]. Hokkaido University; 2015. [cited 2018 May 24]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/60188.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

NOH ALB. Analytical study on the peptide sequence-dependent regulatory upstream open reading frame of a tomato homologue of the Arabidopsis ANAC096 gene [an abstract of entire text]. [Thesis]. Hokkaido University; 2015. Available from: http://hdl.handle.net/2115/60188

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

19. 兒玉, 健作. Electrochemical interface in fuel cell reactions [an abstract of entire text].

Degree: 博士(環境科学), 環境科学, 2015, Hokkaido University

固体高分子型燃料電池(PEFC)では電極触媒として貴金属である白金(Pt)が使用されており、その使用量低減がPEFC実用化の鍵となっている。触媒を最大限活用するためには、反応を阻害する酸化物やアニオンなどの白金上吸着物質の被覆率を可能な限り小さくする必要がある。そのためには、種々の吸着物質の電気化学環境下での振舞いならびに燃料電池反応(水素酸化反応(HOR)、酸素遯元反応(ORR)、メタノール酸化反応など)の速度に対する影響を定量的に評価する必要がある。本論文では、PEFCの燃料極あるいは空気極を模擬したモデル電極による実験から、燃料電池反応逭行中の種々の吸着物質の役割を解明することを目的とする。第一章で序論を述べ、第二章で実験・解析手法の説明を行う。それ以降は以下の構成からなる。第三章では、PEFC空気極において最も基本的な反応阻害因子である白金酸化物に注目した。これまで、白金酸化物については正確な構造、および酸化物生成メカニズムについて、統一した説明がなされてこなかった。この課題の解決に向けた第一歩として、最も単純なモデル表面であるPt(111)上の酸化物生成速度の電位依存性を調べた。その結果、この反応速度が、非常に大きな電位依存性(小さなTafel勾郤;~20mV・decade-1)を持つことを見出した。この実験結果は、これまで最も受け入れられてきた酸化物生成モデルである内邪酸化(subsurface-oxidationまたはplace-exchange)モデルでは説明できないことが分かり、それに代わるモデルとして、酸化物生成反応が、速い電子移動素遃程と、それに続く逼い遃程との組み合わせから成るというメカニズムを提案した。つづいて、ORRにおける反応中間体としての白金酸化物の特性を調べるため、PEFC空気極電位領域、0.8-1.0Vにおいて、Pt(111)上ORR反応次数を実験的に求めた。その際、従来の解析法より精度よく体系的に反応次数を見積もる方法を提案した。実験の結果、ORR反応次数は酸においては1、アルカリにおいては0.5-0.9であることが分かった。これは、酸中では反応速度が増加しても反応中間体が電極表面に溜まらないこと、アルカリ中では反応速度の増加とともにそれが溜まることを示している。現時点で酸とアルカリとでのORRメカニズムの遊いを解明するには至っていないが、少なくとも酸環境のプロトン交換型のPEFCにおいては、ORR逭行中に反応中間体の被覆率は変化しないため、ORR速度を議論する際、反応中間体以外の吸着物質(spectator-species:水が酸化することにより生成する酸化物や、アイオノマ高分子中のアニオンなど)の被覆率のみに注目すればよいことが分かった。第四章では、電気化学反応におけるspectator-speciesの役割をより深く理解できる系として、アルカリ中Pt電極上メタノール酸化およびバルクCO酸化へのカチオン種の影響を調べた。従来、水系の電解液における電位窓、0-1.5V(水素電極基準)では、アルカリ(土類)金属カチオンはPt電極表面に共有結合的に吸着しないため、電極反応の阻害因子にはなり得ないと考えられてきた。しかし、本論文の研究により、この概念が誤りであり、アルカリ(土類)金属カチオンは、Pt電極上の水酸化物(OH(ads))を介した非共有結合性相互作用により電極近傍に水和クラスタを形成し、spectator-spciesとして上記反応に影響を与えることが見出された。バルクCO酸化反応の解析においては、OH(ads)被覆率が大きい場合のみ非共有結合性相互作用の影響が現われることが明確に示され、上記クラスタモデルが正しいことが裏付けられた。第五章では、PEFC開発に向けた実践的な系として、Pt/アイオノマ界面を扱った。近年、アイオノマ物性がPEFCの性能に大きく影響することが分かっている。そこでまず、新規アイオノマ開発に向けたベンチマークとして、現在アイオノマとして主に用いられているパーフルオロスルホン酸ポリマ(PFSA、例えばNafion®)について、スルホン酸アニオンのPtへの吸着量およびそのORRへの影響を、Pt単結晶(111)電極を用いて定量的に評価した。この定量評価は、電極表面をアイオノマで均一に被覆する方法を確立したことで可能となっている。実験の結果、NafionでPt電極を被覆した場合、高分子中のスルホン酸アニオンは被覆率0.07モノレイヤでPtに吸着し、PtのORR活性は70%低下することが明らかになった。これは、Pt表面の30%しか触媒として活用できていないことを意味する。つづいて、Pt/アイオノマ界面を乾燥条件下で解析するため、Pt単結晶用固体電気化学セルを開発した。これにより、Pt(111)単結晶の明確なサイクリックボルタモグラムを固体セルで測定することに初めて成功し、スルホン酸アニオンのPtへの吸着性が、アイオノマの乾燥とともに増加することを見出した。この事実は、PEFCを低加湿で遀転する際に重要な知見となる。さらに、アイオノマによる触媒被毒の抑制に向け、PFSAとアニオン構造の異なる、2官能型パーフルオロスルホンイミド酸アイオノマ(NBC4)の触媒被毒性を評価した。その結果、NBC4で被覆したPt(111)電極は、Nafionで被覆したそれよりアニオン被毒が少なく、ORR活性が50%高いことが分かった。これは、スルホンイミドのように嵩高い酸基構造にすることで、アイオノマの触媒被毒を低減できる可能性を示しており、新規アイオノマの分子構造の設計に役立つ知見である。論文の最後では、現在取り組んでいる、表面増強赤外吸収分光法(SEIRAS)を用いたPt/アイオノマ界面の解析について、手法の詳細やこれまで得られている結果を紹介した。電位スイープ中のSEIRAスペクトルにおいて、Ptに吸着したスルホン酸アニオンに由来すると思われるバンドが1400cm-1付近に見つかり、また、Nafionのパーフルオロ骨格邪分(主鎖・側鎖)や水分子の動きに由来すると思われるスペクトルの電位依存性を確認することができた。したがって、本手法の活用により、Pt/アイオノマ界面の全容が解明されることが期待される。以上のように、白金電極上の種々の吸着物質の生成反応速度、被覆率、燃料電池反応に対する影響などを定量的に評価することで、今後のPEFC開発に役立つ知見が具体的に示された。
Page 1 Page 2 Page 3

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

兒玉, . (2015). Electrochemical interface in fuel cell reactions [an abstract of entire text]. (Thesis). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/60114

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

兒玉, 健作. “Electrochemical interface in fuel cell reactions [an abstract of entire text].” 2015. Thesis, Hokkaido University. Accessed May 24, 2018. http://hdl.handle.net/2115/60114.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

兒玉, 健作. “Electrochemical interface in fuel cell reactions [an abstract of entire text].” 2015. Web. 24 May 2018.

Vancouver:

兒玉 . Electrochemical interface in fuel cell reactions [an abstract of entire text]. [Internet] [Thesis]. Hokkaido University; 2015. [cited 2018 May 24]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/60114.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

兒玉 . Electrochemical interface in fuel cell reactions [an abstract of entire text]. [Thesis]. Hokkaido University; 2015. Available from: http://hdl.handle.net/2115/60114

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

20. 山口, 浩志. 北海道日本海海域におけるホッコクアカエビの資源評価と資源管理方策に関する研究 [全文の要約].

Degree: 博士(環境科学), 環境科学, 2015, Hokkaido University

北海道日本海海域のホッコクアカエビについて,科学的根拠に基づいた精度の高い資源状態の評価を行う必要が ある。そのため,年齢構成モデルによる資源量推定を行うことを試みた。年齢形質のない甲殻類資源の年齢別漁獲 尾数を推定するため,甲長組成解析を行い,成長の年変動を考慮した年齢別漁獲尾数の推定方法を確立した。推定 された年齢別漁獲尾数から年齢構成を用いた資源量推定モデルであるVirtual Papulation Analysis(VPA)により 資源量を推定した。当該資源の資源状態は,漁獲努力量の削減や網目の拡大により,1990年代から2000年代初めに かけて資源が回復したが,その後,再生産関係の悪化により減少傾向にあると考えられた。VPAの推定値である年 齢別漁獲係数を用いて,加入量あたり漁獲量・漁獲金額・産卵量解析を行った結果,漁業収益を確保しつつ,産卵 親魚量の生き残りを増やすためには漁獲選択性の変化が重要であることを明らかにした。産卵親魚量の生き残りを増やすための漁獲選択性を変化させる方法として,漁具から一定のサイズ以下を逃がす 方法(網目の拡大),および小型サイズや産卵期に集群する個体が集まる時期や場所で漁業を行わない(禁漁区, 禁漁期)方法が挙げられた。えびかごの網目拡大について検討するため,複数の目合のえびかごを用いた比較操業実験を行った。網の素材や 結節の有無の影響を考慮し,ホッコクアカエビに対するえびかごの網目選択性のマスターカーブを推定した。網目 選択性のモデルはlogisticモデルが最適であり,網目選択性は目合だけでなく網地の素材(ナイロンおよびポリエス テル)も影響していることを明らかにした。また,抱卵個体に対しては,脚長19.13mm(9節)未満のかごに入っ た個体はすべて網目を抜けないことが明らかになった。また,マスターカーブから比較操業実験では用いなかった9. 5節,現行目合の10節および9節の銘柄別漁獲量について検討した。9節では単価の高い大銘柄の個体の漁獲量も大幅 に減少することが明らかになり,9.5節がえびかごの網目を拡大する場合の目合の候補であると考えられた。禁漁区の効果を検討するため,えびかご漁業の詳細な操業日誌を解析した。武蔵堆周辺海域の緯度経度5分升目に よって区切られた海区ごとの銘柄別漁獲量と投かご数のデータから,海区別CPUEを求め,当該資源の発育段階別 の分布を明らかにした。翌年幼生をふ化させる親エビは,抱卵後6月には水深400m以深に多く分布する傾向があり, その後,冬季にかけて水深200-300mの大陸棚縁辺部に移動した。12~1月のふ化時期直前には,年間で最も海区別 CPUEが高くなり,高密度で分布していたと考えられる。また,武蔵堆東部の天狗の鼻と呼ばれる海域に集中して 分布していることを明らかにした。これらの結果から,これまで,4~5月に設置していた産卵期保護のための禁漁 区の効果が小さいことと,12~1月の天狗の鼻海域の禁漁区の漁獲係数削減効果について検討した。また,禁漁期の 設定時期検討するため,漁獲成績報告書による月別操業日数と年齢別漁獲尾数推定のための詳細データである月別 年齢別漁獲尾数データを用い検討した。その結果,9~10月に4,5歳の若齢エビ,12~1月に抱卵雌に相当する年齢 のエビが多く漁獲されていることが明らかになった。最適な禁漁期の効果について検討するため,禁漁期を設定し た場合の年齢別漁獲係数の比を推定した。その結果を用い,時期や期間別の禁漁区,禁漁期の効果を検討するため, 加入量あたり漁獲量,漁獲金額,産卵量解析を行った。その結果,同じ1ヶ月間の禁漁期間では9月または10月の若 齢エビを保護対象とした禁漁期の設定のほうが,12月または1月の抱卵個体を対象とした禁漁期よりも効果が高い ことが明らかになった。また,%SPRの改善効果は小さく,複数の資源管理方策を組み合わせる必要があることが 示された。以上の研究により検討された漁獲選択性を変化させるための資源管理方策(テクニカルコントロール)に加え, 漁獲努力量の削減(インプットコントロール),漁獲量の上限設定(アウトプットコントロール)の資源管理方策 により資源管理を行った場合の,資源管理効果を評価するためオペレーティングモデルによる検討を行った。オペ レーティングモデルには,第3章で構築した年齢構成モデルを用い,加入量の決定にはHockey-stick型の再生産関 係を採用した。TACの設定は,Fmsyを漁獲係数の上限,Blimitを1998~2009年の再生産関係に基づくFmedとHo ckey-stock型の再生産関係の漸近線との交点である産卵親魚量ととし,予防的措置を適用したABC算定規則により 決定した。ここで,資源評価とTAC実行にタイムラグはないものとした。シミュレーションの期間は,2014~204 3年の30年間とし,乱数列を変えて1000回シミュレーションを行った。なお,考慮した不確実性は,加入量変動, 資源量の推定誤差および漁獲の実行誤差とした。資源管理方策の評価指標として,1)30年間の平均漁獲量,2)3 0年後の産卵親魚量,3)30年後の産卵親魚量がBlimitを上回る確率とした。シミュレーションの結果,現状の漁業 を継続すると,資源量,産卵親魚量および漁獲量は過去最低を下回る水準にまで減少した。平均漁獲量の中央値は, テクニカルコントロールによる資源管理に対して,アウトプットコントロールのほうが少なかった。一方で,30年 後の産卵親魚量の中央値は,前者よりも後者のほうが多くなり,資源管理の効果と得られる漁獲量との関係にトレ ードオフの関係が見いだされた。インプットコントロールでは,漁獲努力量の削減率が高くなればなるほど,産卵 親魚量は多くなったが,得られる漁獲量は多くならなかった。さらに,TACによる資源管理では漁獲量の変動が大 きく漁業経営の安定が妨げられる可能性があるのに対して,テクニカルコントロールとインプットコントロールで はその変動は小さいことが示された。なお,シミュレーションでは資源量が0(資源管理の失敗)になる試行結果は なかった。本研究では,考えられる各種資源管理方策の効果について定量的に示した。これらの結果は,実効性のある資源 管理方策を組み込んだ資源管理計画を作成するための判断材料となると考えられる。

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

山口, . (2015). 北海道日本海海域におけるホッコクアカエビの資源評価と資源管理方策に関する研究 [全文の要約]. (Thesis). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/60100

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

山口, 浩志. “北海道日本海海域におけるホッコクアカエビの資源評価と資源管理方策に関する研究 [全文の要約].” 2015. Thesis, Hokkaido University. Accessed May 24, 2018. http://hdl.handle.net/2115/60100.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

山口, 浩志. “北海道日本海海域におけるホッコクアカエビの資源評価と資源管理方策に関する研究 [全文の要約].” 2015. Web. 24 May 2018.

Vancouver:

山口 . 北海道日本海海域におけるホッコクアカエビの資源評価と資源管理方策に関する研究 [全文の要約]. [Internet] [Thesis]. Hokkaido University; 2015. [cited 2018 May 24]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/60100.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

山口 . 北海道日本海海域におけるホッコクアカエビの資源評価と資源管理方策に関する研究 [全文の要約]. [Thesis]. Hokkaido University; 2015. Available from: http://hdl.handle.net/2115/60100

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

21. BHUIYAN, MOHAMMAD NAZRUL ISLAM. Growth factors for uncultured bacteria and structural requirements of quercetin for inhibiting advanced glycation end products (AGEs) formation [an abstract of entire text].

Degree: 博士(農学), 農学, 2015, Hokkaido University

 The growth of strain ASN212 related to Leucobacter sp. was stimulated by thesupernatant of Sphingopyxis sp. strain GF9. In this study, novel porphyrin type growthfactors… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

BHUIYAN, M. N. I. (2015). Growth factors for uncultured bacteria and structural requirements of quercetin for inhibiting advanced glycation end products (AGEs) formation [an abstract of entire text]. (Thesis). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/60194

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

BHUIYAN, MOHAMMAD NAZRUL ISLAM. “Growth factors for uncultured bacteria and structural requirements of quercetin for inhibiting advanced glycation end products (AGEs) formation [an abstract of entire text].” 2015. Thesis, Hokkaido University. Accessed May 24, 2018. http://hdl.handle.net/2115/60194.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

BHUIYAN, MOHAMMAD NAZRUL ISLAM. “Growth factors for uncultured bacteria and structural requirements of quercetin for inhibiting advanced glycation end products (AGEs) formation [an abstract of entire text].” 2015. Web. 24 May 2018.

Vancouver:

BHUIYAN MNI. Growth factors for uncultured bacteria and structural requirements of quercetin for inhibiting advanced glycation end products (AGEs) formation [an abstract of entire text]. [Internet] [Thesis]. Hokkaido University; 2015. [cited 2018 May 24]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/60194.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

BHUIYAN MNI. Growth factors for uncultured bacteria and structural requirements of quercetin for inhibiting advanced glycation end products (AGEs) formation [an abstract of entire text]. [Thesis]. Hokkaido University; 2015. Available from: http://hdl.handle.net/2115/60194

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

22. 今, 美沙紀. Mean-Field Kinetic Theory Based Study of Boundary Condition at Vapor-Liquid Interface [an abstract of entire text].

Degree: 博士(工学), 工学, 2017, Hokkaido University

 The target of this thesis is heat and mass transfer in vapor-liquid two-phase systems composed of vapor and its condensed phase. Not only can this… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

今, . (2017). Mean-Field Kinetic Theory Based Study of Boundary Condition at Vapor-Liquid Interface [an abstract of entire text]. (Thesis). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/65718

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

今, 美沙紀. “Mean-Field Kinetic Theory Based Study of Boundary Condition at Vapor-Liquid Interface [an abstract of entire text].” 2017. Thesis, Hokkaido University. Accessed May 24, 2018. http://hdl.handle.net/2115/65718.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

今, 美沙紀. “Mean-Field Kinetic Theory Based Study of Boundary Condition at Vapor-Liquid Interface [an abstract of entire text].” 2017. Web. 24 May 2018.

Vancouver:

今 . Mean-Field Kinetic Theory Based Study of Boundary Condition at Vapor-Liquid Interface [an abstract of entire text]. [Internet] [Thesis]. Hokkaido University; 2017. [cited 2018 May 24]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/65718.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

今 . Mean-Field Kinetic Theory Based Study of Boundary Condition at Vapor-Liquid Interface [an abstract of entire text]. [Thesis]. Hokkaido University; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/2115/65718

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

23. Shalan, Ahmed Esmail Kamal. Optimization of nanoarchitectures for high-performance planar perovskite solar cells [an abstract of entire text].

Degree: 博士(情報科学), 情報科学, 2017, Hokkaido University

 Perovskite solar cells (PSCs) based on organometal halide light-absorbing materials have attracted enormous research interest for solar cell applications due to their many intriguing optical… (more)

Subjects/Keywords: Localized surface plasmon; Perovskite solar cells; Nickel Oxide; Pulsed laser deposition; Cobalt oxide; Hole-extraction layer; Long-term stability

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Shalan, A. E. K. (2017). Optimization of nanoarchitectures for high-performance planar perovskite solar cells [an abstract of entire text]. (Thesis). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/65849

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Shalan, Ahmed Esmail Kamal. “Optimization of nanoarchitectures for high-performance planar perovskite solar cells [an abstract of entire text].” 2017. Thesis, Hokkaido University. Accessed May 24, 2018. http://hdl.handle.net/2115/65849.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Shalan, Ahmed Esmail Kamal. “Optimization of nanoarchitectures for high-performance planar perovskite solar cells [an abstract of entire text].” 2017. Web. 24 May 2018.

Vancouver:

Shalan AEK. Optimization of nanoarchitectures for high-performance planar perovskite solar cells [an abstract of entire text]. [Internet] [Thesis]. Hokkaido University; 2017. [cited 2018 May 24]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/65849.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Shalan AEK. Optimization of nanoarchitectures for high-performance planar perovskite solar cells [an abstract of entire text]. [Thesis]. Hokkaido University; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/2115/65849

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

24. 福永, 直人. PEG修飾半導体性クラスターの水中における光学特性と応答挙動 [全文の要約].

Degree: 博士(環境科学), 環境科学, 2016, Hokkaido University

現代の社会においてさまざまな汚染物質が引き起こす環境問題に適切に対処し、持続可能な発展を持続するためには対象となる物質を選択的に検出・除去するシステムを構築することが重要である。この目的のために、特定の化学物質を定性的、定量的、選択的に検出・分析するための化学センサーの開発は極めて重要であり、中でも簡便な光学的手法を用いた検出は、環境モニタリングやサンプリングから分析までその場で行うことができるオンサイト分析に適用可能であると期待される。硫化カドミウムやセレン化カドミウムのナノ粒子は、半導体としての性質に由来する特徴的な発光を示すことから、無機クロモフォアとして魅力的であり、表面に汚染物質に対する認識部位を導入することで様々なセンシング系が構築されている。一方、ナノ粒子より一回り小さいサイズを有する明確な組成・構造を有する分子性のカドミウムカルコゲニドクラスターも知られている。こうしたクラスター化合物は、ナノ粒子と類似した半導体性に起因する特徴的な光化学特性を示すうえ、構成原子のほとんどが無機コア表面に位置することから、表面近傍の変化に対して鋭敏に応答することが期待され、高感度な化学センサーとして利用できる可能性がある。本学位論文では、水系媒体中でのセンシングを想定して、高い親水性を有するポリエチレングリコール(PEG)を 表 面 に 導 入 し たカドミウムカルコゲニドクラスターを用い、基礎的な光学的性質を表面近傍の構造的な観点から考察するとともに、発光センシング系構築のための方法論の開拓を行った。著者は半導体性のCd10E4(SR)12(E = S or Se)の組成を有するクラスター群に着目し、有機部位RにさまざまなPEG誘導体を導入することで水に可溶な発光性クラスターを合成した。単純なPEGユニットを無機コアに直結させたCd10Se4(SR)12型クラスター(R = S(CH2CH2O)nCH3, n= 3, ~7, ~17, ~46)の紫外可視吸収スペクトルにおいて、PEG鎖長が長くなるにともなう吸収帯のブルーシフトが観察されている。一方、発光スペクトルでは発光極大のブルーシフト、発光励起スペクトルではスペクトルパターンの変化が観察された。PEG鎖の双極子モーメントは鎖長とともに増大することが知られており、鎖長の長いPEGが提供する極性の高い周辺化学環境が無機コアに電子的な摂動を与えたものと考えられる。実際、比較的鎖長の長いPEG(n=17)と無機コアの間に十分に長いアルキルスペーサーを導入すると、短いPEG鎖を直結させた場合とほぼ同じスペクトル挙動が観察された。無機コアとの空間的距離を物理的に引き離すことで、PEG部位の摂動効果が弱まったためと解釈される。続いて、アミド部位を無機コア近傍に持ちアルキル鎖をスペーサーにはさんだPEG修飾Cd10S4(SR)12型クラスター(R = S(CH2)2CONH(CH2)8(CH2CH2O)~7CH3)をデザインし、水中で各種中性有機ゲストに対する応答性を検討した。その結果、内分泌攪乱の可能性が指摘されている親油性フェノール類に対して選択的なturn-on型の発光応答を示すことを見出している。水中に微量に溶存した親油性フェノールが疎水性相互作用によってアルキル鎖が提供する疎水場に効率的に抽出され、さらにアミドとフェノール部位との水素結合によって無機コア近傍に捕捉されることで発光が増大したものと考えられる。比較的親水性のフェノール類や親油性アルコール・カルボン酸に対して発光応答は観られなかったことから、親油性フェノールとの特異的相互作用による表面有機部位の固定化が運動性の低下をもたらし、結果として励起エネルギーの無幅射失活の抑制を引き起こしたものと結論した。さらに、親油性フェノールを過剰に添加することで二段階の発光応答を示すことが見出し、その機構についても検討を加えた。以上のように、本学位論文では一連のPEG修飾半導体性クラスターを合成し、PEGの鎖長が及ぼす微細な極性変化が半導体性クラスターの無機コア由来の電子的な状態に影響を与え、光学的性質が変化することを明らかにするとともに、適切なゲスト捕捉サイトを設置することで親油性フェノールに対する選択的な発光応答を実現した。本研究では、半導体性クラスターの化学センサーとしての有用性を示すとともに、従来相互作用能に乏しいと考えられてきたPEGの修飾部位としての可能性の基盤を明示することに成功した。

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

福永, . (2016). PEG修飾半導体性クラスターの水中における光学特性と応答挙動 [全文の要約]. (Thesis). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/62117

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

福永, 直人. “PEG修飾半導体性クラスターの水中における光学特性と応答挙動 [全文の要約].” 2016. Thesis, Hokkaido University. Accessed May 24, 2018. http://hdl.handle.net/2115/62117.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

福永, 直人. “PEG修飾半導体性クラスターの水中における光学特性と応答挙動 [全文の要約].” 2016. Web. 24 May 2018.

Vancouver:

福永 . PEG修飾半導体性クラスターの水中における光学特性と応答挙動 [全文の要約]. [Internet] [Thesis]. Hokkaido University; 2016. [cited 2018 May 24]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/62117.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

福永 . PEG修飾半導体性クラスターの水中における光学特性と応答挙動 [全文の要約]. [Thesis]. Hokkaido University; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/2115/62117

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

25. 山﨑, 彩. Molecular ecology of cold adaptations in the family Cottidae focused on type I antifreeze proteins [an abstract of entire text].

Degree: 博士(環境科学), 環境科学, 2016, Hokkaido University

海水が凍結する海域に生息する多くの海洋生物は,不凍タンパク質(AFPs),あるいは不凍糖タンパク(AFGPs)を生産することにより体の凍結を防いでいる。これまでの研究から,これらのタンパク質は4種類存在することが明らかにされた(AFPs:I–III型の3種類,AFGPs:1種類)。約300種で構成されるカジカ科は,主に北太平洋に生息し,そのうち9属31種が北極海に進出している。本研究では,I型AFPをもつカジカ科の凍結海域への進出と適応を明らかにするために,1)カジカ科各種の北極海への進出時期を明らかにし,2)ギスカジカ属の不凍活性とAFP遺伝子構造を調べ,3)温帯性種を含むカジカ科数種の不凍活性を調べた。これらの結果をもとに,4)カジカ科魚類の寒冷地適応について考察した。1)カジカ科における北極海への進出時期の推定カジカ上科(5科27属95種)を対象とした分子系統解析および分岐年代推定により,カジカ科における北極海への進出は少なくとも3回生じたと推定された(COI, 652bp)。最初の進出はベーリング海峡開通以前の790万年前,2回目の進出はベーリング海峡の最初の開通時とされる550–300万年前,そして3回目の進出は250万年前以降の退氷期であると推定された。また,北極海へ進出した種は,浮遊期を持つ深海種を含まず,全て浅海に生息する種であったことから,北極海への進出は成魚による移動であったと考えられる。2)ギスカジカ属Myoxocephalusにおける不凍活性とAFP遺伝子の分子構造不凍活性とAFP遺伝子の関係を明らかにするために,まず寒帯から亜寒帯にかけて種間で異なる分布域を持つギスカジカ属6種の不凍活性を比較した。不凍活性の測定には,亜寒帯性種3種の筋肉から調整したすり身の上清を温度制御観察ステージに載せ,顕微鏡で氷結晶の成長を観察した。寒帯性種3種は先行研究の結果を引用した。次に,亜寒帯性種3種の肝臓と皮膚からmRNAを抽出し,AFP遺伝子の塩基配列を決定した。寒帯性種1種についてはGenBankから配列を引用した。不凍活性を比較したところ,寒帯の浅海性種で最も高く,寒帯の深海性種で最も低く,亜寒帯の浅海性種2種はその中間の値をとり,不凍活性が生息地の水深および底水温と相関することが示された。また,各種のアイソフォーム数は,寒帯性種で最も少なく,亜寒帯性種で多い傾向があった。このことは,不凍活性の高い種では機能するアイソフォームは少数であってもAFPの合成能が高く,不凍活性が低い種ではAFPの合成能が低いことを示している。寒帯性種を対象とした先行研究より,不凍活性の強弱はAFP mRNA転写量と正の相関にあることから,不凍活性が低い種では,mRNA転写量が少ない可能性が考えられる。亜寒帯種の2種のアイソフォームでは,氷結晶への結合部位に変異が多く生じ,特に,特異的なアイソフォームでは,頑健な立体構造を維持するためのイオン結合部位を全て欠いていた。氷結晶との結合部位の変異およびイオン結合の欠如は,氷結晶の成長により立体構造が崩壊し易くなり,不凍活性が低下すると考えられる。これらの部位に多くの変異が見られることは,亜寒帯種の生息環境が強い不凍活性を必要としないためと考えられる。3)カジカ科における不凍活性カジカ科39種について,筋肉の不凍活性を調べたところ,北極海では夏季に採集した種でも高い不凍活性を維持しており,アラスカ,モントレーおよび北海道では低活性あるいは無活性の種が存在することが明らかになった。一方で,冬季の最低水温が9°Cである佐渡において,低いレベルであるが活性を維持している種が確認された。凍結の恐れがない佐渡において,現在も活性を持つ種が複数存在することは,比較的近い過去には,AFPが機能していた可能性が考えられる。約258–1万年前の更新世には日本海は閉鎖的な日本海湖であり,水温が-1.8–-1.4°Cまで下がったと考えられている。従って,この時期を経験した種が現在も遺存形質として不凍活性を保持していると考えられる。4)カジカ科における寒冷地適応カジカ科におけるAFPは,同じカジカ亜目に属し,同じI型AFPをもつクサウオ科との分岐後,約3,000–600万年前に両科で並行して獲得したと考えられた。また,カジカ科におけるAFP遺伝子配列は属ごとに異なっており,それぞれ独自に不凍機能を持った遺伝子を進化させてきたと考えられる。しかし,深海性種,潮間帯性種および温帯性種はAFPを発現せず,それぞれの生息環境に適応し,二次的にAFPを失ったと考えられる。その一方で,北極海に生息し不凍活性を持たない種(Artediellus scaber)も存在していた。このような例は南極のノトセニア科魚類でも確認されており,この種も同様に鰓構造,あるいは皮膚に体表粘液を発達させ,耐凍性を維持しているのかもしれない。以 上 よ り ,カジカ科は凍結海域に適応する様々な方法を進化させ,多くの種が北極海に進出できたのだろう。

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

山﨑, . (2016). Molecular ecology of cold adaptations in the family Cottidae focused on type I antifreeze proteins [an abstract of entire text]. (Thesis). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/62125

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

山﨑, 彩. “Molecular ecology of cold adaptations in the family Cottidae focused on type I antifreeze proteins [an abstract of entire text].” 2016. Thesis, Hokkaido University. Accessed May 24, 2018. http://hdl.handle.net/2115/62125.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

山﨑, 彩. “Molecular ecology of cold adaptations in the family Cottidae focused on type I antifreeze proteins [an abstract of entire text].” 2016. Web. 24 May 2018.

Vancouver:

山﨑 . Molecular ecology of cold adaptations in the family Cottidae focused on type I antifreeze proteins [an abstract of entire text]. [Internet] [Thesis]. Hokkaido University; 2016. [cited 2018 May 24]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/62125.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

山﨑 . Molecular ecology of cold adaptations in the family Cottidae focused on type I antifreeze proteins [an abstract of entire text]. [Thesis]. Hokkaido University; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/2115/62125

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

26. 渡邊, 美穂. Phylogenetic and functional analysis of novel bacteria isolated from aquatic environment [an abstract of entire text].

Degree: 博士(環境科学), 環境科学, 2016, Hokkaido University

細菌をはじめとする微生物は非常に高い生理生化学的多様性を有しており、その代謝活動は地球規模の物質循環に大きな影響を及ぼしている。また細菌は系統学的な多様性も非常に高い。細菌の正式な分類と命名、および細菌の有する機能や性質の解明は、細菌を分離培養することによってのみ実現する。しかし、これまでに分離培養された細菌種の数は細菌全体のうちわずかでしかない。本研究においては、水圏環境から新規細菌を分離培養し、得られた新規細菌株の系統分類と機能解析を行うことを目的とした。skLN1株は淡水湖堆積物を接種源とする培養系より得られた新規通性嫌気性細菌である。skLN1株の細胞は桿状で、細胞長は5-100μmとばらつきが大きかった。系統学的解析により、skLN1株はBacillus綱Alicyclobacillus属のA. pohliaeとA. consociatusを近縁種とすることが示された。Bacillus目全体を網羅する系統樹の分岐パターンよりAlicyclobacillus属はその単系統性が失われていることも明らかになった。skLN1株はA.pohliaeとA.consociatusと共に、大多数のAlicyclobacillus属細菌と大きく離れたひとつの系統群を形成した。skLN1株およびA.pohliaeとA.consociatusは全て中性付近のpHで最適に増殖したが、一般的なAlicyclobacillus属細菌は全て酸性を好む性質があった。以上のことから、skLN1株を新属新種細菌Effusibacillus lacusとして記載すると共にA. pohliaeとA. consociatusの2種をE. pohliae、E. consociatusとする再分類の提唱も行った。Pf12B株は汽水性部分循環湖堆積物を接種源として用い、石油系炭化水素を加えた培養系 よ り得 ら れ た新規硫 酸還 元 細 菌 であ る 。Pf12B株はDeltaproteobacteria綱Desulfovibrio目Desulfomicrobium科に属していることが系統学的解析から示された。Desulfomicrobium科はDesulfomicrobium属のみを含む分類群であったが、Pf12B株およびこれに近縁な環境配列はこの科内で独立した一つの系統を形成しうることが示された。すべてのDesulfomicrobium属細菌は短い桿状の細胞形態を有し、デサルフォビリジンという酵素を持たないことが知られている。しかしPf12B株の細胞は運動性を持つらせん型であり、さらにデサルフォビリジンを保有していることが示唆された。デサルフォビリジンはDesulfovibrio目においてはDesulfovibrio科の一部系統の細菌のみがこれを保有することがこれまでに分かっており、この有無は硫酸還元細菌の化学分類における重要な指標である。Desulfomicrobium科に属すにもかかわらずこれを有する新規細菌を得たことは分類学的な意義が大きい。生理学的にも近縁種とは異なる点が多いため、Pf12B株をDesulfomicrobium科の新属新種細菌Desulfoplanes formicivoransとして提唱した。南極海洋沿岸堆積物を接種源とした培養系より新規通性嫌気性細菌SPP2株を得た。SPP2株はBacteroides門Bacteroides綱のMarinifilum科に属することが系統学的解析により明らかになった。SPP2株は系統樹上において近縁な環境配列とともにMarinifilum属の側系統となる独立した系統群を形成した。既知のMarinifilum属の細菌種はすべて中温性の細菌であったが、SPP2株は0-25°Cの間で増殖し18-22°Cを至適温度とする通性好冷性細菌であった。SPP2株は有機物の利用性についても近縁種とは大きく異なった。これらの特徴に基づき、SPP2株をMarinifilum科における新属新種であるAlgorifilum antarcticumとして提唱した。汽水性部分循環湖堆積物を接種源として用い、石油系炭化水素を添加した集積培養系より新規細菌HC45株を純粋分離株として得た。HC45株は最近縁種(Firmicutes門Clostridium綱に属する細菌)との16S rRNA遺伝子塩基配列相同性が85%以下と非常に低かった。16S rRNA遺伝子塩基配列に基づきFirmicutes門全体にわたる系統学的解析を行った結果、HC45株は近縁な環境配列とともに既存の系統群から独立した系統学的位置にあることが示された。HC45株は中度好熱性細菌であり、糖や有機酸などを用いて生育した。HC45株の細胞形態は球状-桿状-糸状と多様であり、細胞の長さは10-100 μmと様々に変化した。走査型電子顕微鏡による解析の結果、細胞表面には細い毛のような構造が密に存在していることが確認された。一般にFirmicutes門細菌のゲノムDNAのG+C含量は高くとも50%前後である。しかしながらHC45株のG+C含量は70%と細菌全体の中でもきわめて高い値を示した。HC45株と系統的に関連がある細菌群が属しているClostridia綱は偏性嫌気性細菌のグループであるが、HC45株は通性嫌気性であることが示された。HC45株の系統的独立性と生理生化学的性質に基づき、Firmicutes門における新綱新目新科新属新種細菌Limnochorda pilosaとして提唱した。HC45株の完全ゲノム配列の解読と詳細な形態学的解析、および詳細な系統学的解析を行った。透過型電子顕微鏡写真による解析の結果、HC45株の細胞壁構造と細胞分裂様式はグラム陰性細菌型であり、さらに内生胞子を形成することが示された。しかし一般的なFirmicutes門細菌の内生胞子形成に必須な遺伝子セットとHC45株のゲノム情報を比較したところ、HC45株はそれらの遺伝子をいくつか欠いていることが明らかになった。そのため、HC45株は既知の胞子形成性細菌とは異なる胞子形成機構を保有することが示唆された。またHC45株のゲノム上にはグラム陰性型構造の鞭毛の合成に関与する遺伝子群が存在することも示された。HC45株は細菌の細胞分裂に必須とされるタンパク質をコードする遺伝子が非常に多く欠失していることが示された。リボソームタンパク質や23S rRNA遺伝子塩基配列を用いた系統解析により、Firmicutes門における地位不確定ないくつかのメンバーとHC45株には類縁関係が有りそれらは独立したひとつの系統群を形成しうることが示された。以上のことから、新綱Limnochordiaに属する細菌HC45株は、グラム陰性胞子形成性細菌であることが示された。

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

渡邊, . (2016). Phylogenetic and functional analysis of novel bacteria isolated from aquatic environment [an abstract of entire text]. (Thesis). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/62110

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

渡邊, 美穂. “Phylogenetic and functional analysis of novel bacteria isolated from aquatic environment [an abstract of entire text].” 2016. Thesis, Hokkaido University. Accessed May 24, 2018. http://hdl.handle.net/2115/62110.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

渡邊, 美穂. “Phylogenetic and functional analysis of novel bacteria isolated from aquatic environment [an abstract of entire text].” 2016. Web. 24 May 2018.

Vancouver:

渡邊 . Phylogenetic and functional analysis of novel bacteria isolated from aquatic environment [an abstract of entire text]. [Internet] [Thesis]. Hokkaido University; 2016. [cited 2018 May 24]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/62110.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

渡邊 . Phylogenetic and functional analysis of novel bacteria isolated from aquatic environment [an abstract of entire text]. [Thesis]. Hokkaido University; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/2115/62110

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

27. 佐橋, 玄記. Phenotypic diversity and ecology in salmonid fishes : focusing on the effects of migration costs and hatchery stocking [an abstract of entire text].

Degree: 博士(環境科学), 環境科学, 2016, Hokkaido University

サクラマスOnchorhynchus masou、イワナSalvelinus leucomaenis、オショロコマSalvelinus malma、カラフトマスOncorhynchus gorbuschaは北海道に広く分布する在来のサケ科魚類である。サケ科魚類は水産上の重要種であり、小スケールにおいて個体群を形成することから、生態と進化に関する研究が古くから行われてきた。北海道において、サクラマスとイワナでは個体群内の一部の個体が、カラフトマスでは個体群内の全ての個体が、川で生まれた後に海へ降海する降海型の生活史をとる。もし、降海型が生じる個体群間に、回遊中のエネルギー消費や死亡などの回遊コストのばらつきが生じるならば、表現型レベルの多様性が生じている可能性がある。また、サケ科魚類では、資源増殖と個体群の保全を目的とした移植放流とふ化放流が世界中で広く行われており、それに伴う人為的な影響が危惧されている。そこで本研究は、上記4種をモデル生物として、1)回遊コストのばらつきが表現型レベルの多様性に与える影響、2)支流間の冬季生態の違い、3)移植個体群における負の影響、4)ふ化放流に伴う人為選択が表現型レベルの多様性に与える影響、5)正と負の効果の両方を考慮した上での放流効果、について検討することを目的とした。第2章では、課題1)と2)について検討を行った。第2章1節では、釧路川水系で同所的に棲むサクラマスとイワナのオスを対象に、成熟サイズの支流間変異とその要因を調べた。両種のオスは、川で一生を過ごす「残留型」と海へ回遊する「降海型」に生活史が分岐し、成熟サイズはその生活史分岐の基準となる。解析の結果、成熟サイズは種間で同調した変異性を示し、両種ともに成熟開始サイズは海からの距離と負の相関を示した。つまり、サクラマスとイワナともに、海から離れた場所に位置する支流ほど成熟サイズが小さい、という共通の傾向が認められた。これは、回遊のコストの増加に伴い、成熟サイズを小さくし、残留型を選択するように適応した結果であると考えられた。第2章2節では、成熟状態に対するサンプリングのランダム性が成熟サイズの推定に与える影響を検討した。サンプリングのランダム性の指標として用いた初成熟年齢における性比は、海からの距離と正の相関を示した。また、初成熟年齢における性比は、成熟サイズと負の相関を示した。この各支流の性比のばらつきは、成熟状態依存の移動傾向の違いによって生じていると考えられた。これらの結果から、成熟サイズの推定を行う際に、成熟状態に対するサンプリングのランダム性を考慮することの重要性が示唆された。第2章3節では、秋と冬にサクラマスとイワナの生息密度を調べ、生息密度の季節変化の傾向を種間と支流間で比較検討した。秋から冬にかけてイワナの生息密度は全ての支流で減少したが、サクラマスの生息密度は水温が相対的に高い支流において増加していた。また、秋から冬にかけて全ての支流でイワナ率が減少し、サクラマス率が増加した。これらの結果から、越冬のための河川内移動の傾向が種間で異なること、水温依存の生息地選択がサクラマスの生息密度の季節変化に作用していることが示唆された。第2章4節では、カラフトマスの成熟時の形態を北海道と青森の河川間で比較した。形態の発達程度の指標値は、雌雄ともに海からの距離と上に凸の関係を示した。つまり、成熟時の形態は、繁殖場が海から近い河川と海から遠い河川ではあまり発達せず、繁殖場が中間の距離にある河川で発達する傾向がみられた。また、各河川のヒグマの目撃頻度は、海からの距離と負の相関関係を示した。これらの結果は、繁殖場が海から近い河川ではヒグマの選択的捕食リスクの増加、繁殖場が海から遠い河川では回遊コストの増加に伴って形態の発達を抑制するように適応した結果であると考えられた。第3章では、課題3)、4)、5)について検討を行った。第3章1節では、オショロコマの移植元個体群と移植先個体群間で移植から約60年後のヒレ奇形の頻度を比較した。その結果、ヒレ奇形の頻度は移植元の個体群に比べ、移植先の個体群で有意に高くなっていた。この結果は、限られた数の個体が移植事業に用いられたことで、近親交配によって移植先の個体群に高頻度のヒレ奇形が生じたためであると考えられた。第3章2節では、斜里川水系で同所的に棲むオショロコマとサクラマスのオスを対象に、成熟サイズの変異を調べ、滝とふ化放流の影響を検討した。斜里川水系では、オショロコマは全ての個体が残留型になるのに対し、サクラマスの雄は一部の個体が降海型になる。また、中流部に一部のサクラマス降海型のみが遡上可能な滝が存在し、サクラマスでは降海型のみを親魚に用いたふ化放流が行われている。サクラマス放流魚の成熟サイズは、野生魚に比べて大きかった。また、滝上の支流に棲むサクラマス野生魚の成熟サイズは、滝下の支流に棲むサクラマス野生魚に比べ、小さかった。一方、オショロコマの成熟サイズは、滝の上下で変わらなかった。これらの結果から、自然選択(滝)と人為選択(ふ化放流)はサクラマスの成熟サイズに作用し、サクラマスが海に行くか川に残るかの生活史戦略に影響することが示唆された。第3章3節では、斜里川水系におけるサクラマス幼魚の放流事業を対象に、正と負の効果の両方を考慮した放流効果を調べた。野生魚と放流魚合計の生息密度とバイオマスには、非放流支流と放流支流間で差が見られなかった。野生魚の生息密度とバイオマスは、非放流支流に比べて放流支流で有意に低くなった。これらの結果から、サクラマス幼魚の放流事業が正の効果を生むのではなく、野生魚から放流魚への置換というマイナスの効果を生じさせていることが示唆された。最後に、第4章で回遊コストの増減に応じた表現型レベルの多様性創出機構、生息地間のつながりの重要性、ふ化放流の改善案について総合考察を行った。回遊コストの増減に応じた表現型レベルの多様性形成機構は、魚類以外の鳥や昆虫などの他の分類群においても見られる。よって、回遊コストの増減に応じた表現型レベルの多様性形成機構は、回遊動物において一般的に見られる機構なのかもしれない。サケ科魚類の水系内の移動は、成熟状態と季節以外の要因に応じても生じる。例えば、洪水時には本流から支流へ移動することが知られている。よって、常に水系内の連続性が保たれていることがサケ科魚類の成長と生残にとって重要であると考えられる。ふ化放流の管理方式には、野生魚と放流魚を統合して管理する方式と、分離して管理する方式の2通りの方法がある。日本では、大河川を中心に既に長期にわたり放流事業が行われていること、河川の水位変動が激しく放流魚の完全な捕獲・分離が難しいことから、統合管理の適用が現実的であると考えられる。統合管理を行う場合、自然繁殖を促進するとともに、放流に伴う野生魚の置換と放流魚に対する人為選択の連続的な作用を避けることが重要である。そのためには、自然繁殖が盛んに行われていない場所に放流を行うこと、回帰した放流魚を繰返し親魚として用いないことが必要になるだろう。以上のことから、表現型レベルの多様性を保全しながら持続的な漁業を行う上で、回遊コストのばらつきに応じた表現型レベルの多様性形成機構とふ化放流に伴う影響を考慮することの重要性を実証的に示すことができた。

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

佐橋, . (2016). Phenotypic diversity and ecology in salmonid fishes : focusing on the effects of migration costs and hatchery stocking [an abstract of entire text]. (Thesis). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/62121

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

佐橋, 玄記. “Phenotypic diversity and ecology in salmonid fishes : focusing on the effects of migration costs and hatchery stocking [an abstract of entire text].” 2016. Thesis, Hokkaido University. Accessed May 24, 2018. http://hdl.handle.net/2115/62121.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

佐橋, 玄記. “Phenotypic diversity and ecology in salmonid fishes : focusing on the effects of migration costs and hatchery stocking [an abstract of entire text].” 2016. Web. 24 May 2018.

Vancouver:

佐橋 . Phenotypic diversity and ecology in salmonid fishes : focusing on the effects of migration costs and hatchery stocking [an abstract of entire text]. [Internet] [Thesis]. Hokkaido University; 2016. [cited 2018 May 24]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/62121.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

佐橋 . Phenotypic diversity and ecology in salmonid fishes : focusing on the effects of migration costs and hatchery stocking [an abstract of entire text]. [Thesis]. Hokkaido University; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/2115/62121

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

28. 熊, 俊. Structural investigation of polyoxometallates self-assembled architectures induced by crown ether supramolecular cations [an abstract of entire text].

Degree: 博士(環境科学), 環境科学, 2016, Hokkaido University

 Crystal engineering basedon polyoxometallates (POMs) hasintimate relationship with our daily lifebecause of their far ranging applications, whichinvolve catalysis, magnetism, nonlinear optics, medicine and so on.… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

熊, . (2016). Structural investigation of polyoxometallates self-assembled architectures induced by crown ether supramolecular cations [an abstract of entire text]. (Thesis). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/62112

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

熊, 俊. “Structural investigation of polyoxometallates self-assembled architectures induced by crown ether supramolecular cations [an abstract of entire text].” 2016. Thesis, Hokkaido University. Accessed May 24, 2018. http://hdl.handle.net/2115/62112.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

熊, 俊. “Structural investigation of polyoxometallates self-assembled architectures induced by crown ether supramolecular cations [an abstract of entire text].” 2016. Web. 24 May 2018.

Vancouver:

熊 . Structural investigation of polyoxometallates self-assembled architectures induced by crown ether supramolecular cations [an abstract of entire text]. [Internet] [Thesis]. Hokkaido University; 2016. [cited 2018 May 24]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/62112.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

熊 . Structural investigation of polyoxometallates self-assembled architectures induced by crown ether supramolecular cations [an abstract of entire text]. [Thesis]. Hokkaido University; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/2115/62112

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

29. 佐伯, 立. A mechanism of ice-band pattern formation caused by resonant interaction between sea ice and internal waves [an abstract of entire text].

Degree: 博士(環境科学), 環境科学, 2016, Hokkaido University

 Ice bands are frequently observed over marginal ice zones in polar seas. A typical ice band pattern has a regular spacing of about 10 km… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

佐伯, . (2016). A mechanism of ice-band pattern formation caused by resonant interaction between sea ice and internal waves [an abstract of entire text]. (Thesis). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/62102

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

佐伯, 立. “A mechanism of ice-band pattern formation caused by resonant interaction between sea ice and internal waves [an abstract of entire text].” 2016. Thesis, Hokkaido University. Accessed May 24, 2018. http://hdl.handle.net/2115/62102.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

佐伯, 立. “A mechanism of ice-band pattern formation caused by resonant interaction between sea ice and internal waves [an abstract of entire text].” 2016. Web. 24 May 2018.

Vancouver:

佐伯 . A mechanism of ice-band pattern formation caused by resonant interaction between sea ice and internal waves [an abstract of entire text]. [Internet] [Thesis]. Hokkaido University; 2016. [cited 2018 May 24]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/62102.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

佐伯 . A mechanism of ice-band pattern formation caused by resonant interaction between sea ice and internal waves [an abstract of entire text]. [Thesis]. Hokkaido University; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/2115/62102

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

30. 速水, 将人. Ecological genetic studies on intraspecific variation and evolution of reproductive systems in Viola brevistipulata [an abstract of entire text].

Degree: 博士(環境科学), 環境科学, 2016, Hokkaido University

植物の繁殖様式は、花を介し種子を形成する有性繁殖(種子繁殖)と、雌雄の配偶子の受精なしに個体を形成する無性生殖(栄養繁殖)に大別される。さらに種子繁殖には、他家受粉(他殖)と自家受粉(自殖)の2つのプロセスが存在する。固着性で自ら動くことのできない植物は、このような多様な繁殖様式を生育地の複雑な環境(生物的・非生物的)に適応してきた。従って現在、この地球上に生育する植物種の姿は、繁殖様式に代表される生活史特性と環境要因との相互作用の一つの帰結といえるそこで本博士論文では、多年性草本オオバキスミレViolabrevistipulataを対象に、繁殖様式を明らかにするとともに、繁殖様式の種内変異と集団分化の実態を生態学的・分子系統学的アプローチにより解明することを目的として行ったスミレ属植物は、「開放花」と呼ばれる他殖が可能な花を形成するほかに「閉鎖花」と呼ばれる自殖のみを行う花を同じ個体が形成して種子繁殖を行う第一章では、オオバキスミレの開放花と閉鎖花の形成が、異なる生育地に生育する複数の集団間でも維持されているかどうかを調べるために、北海道の複数の野生集団を対象に調査を行った各集団で個体あたりの開放花と閉鎖花の数を追跡調査した結果、開放花と閉鎖花の両方を形成する集団と、閉鎖花を形成せず開放花のみを形成する集団が存在したまた開放花と閉鎖花の結実率を調査した結果、開放花と閉鎖花を形成する集団では、その両方の花で種子生産が行われていたしかし、閉鎖花を形成せず開放花のみを形成する集団では、開放花でもほとんど種子生産が認められなかったさらに生育環境(光環境または送粉環境)が同じであると考えられる隣接集団間でも同様の傾向が認められたつまり、オオバキスミレにおける開放花と閉鎖花の形成は種内集団間で明瞭に異なり、環境の違いによる可塑的な変異である可能性は少ないと考えられた第二章では、第一章で明らかになった開放花と閉鎖花の形成様式が集団間で明瞭に異なる要因を探った一般的に、植物種内において開放花と閉鎖花の形成が維持される一つの仮説である「繁殖補償仮説」では、開放花の結実が不十分である場合、閉鎖花が種子生産を補償すると考えられている本研究では、オオバキスミレにおける開放花の結実様式の実態を解明するため、開放花と閉鎖花を形成する集団と開放花のみを形成する集団の開放花について人工的な操作実験(強制他家受粉・強制自家受粉・袋掛け処理)を行ったその結果、強制他家受粉と強制自家受粉処理を行った後の種子生産量は、開放花と閉鎖花を形成する集団の方が、開放花のみを形成する集団よりも多かったまた袋掛け実験の結果、開放花と閉鎖花を形成する集団では結実が認められたのに対し、開放花のみを形成する集団では全く結実が認められなかったこのことは、開放花と閉鎖花を形成する集団の個体は、閉鎖花だけでなく開放花の自動自家受粉で種子生産が補償されることを示しており、開放花のみを形成する集団の個体の開放花には、種子生産を補償する機能が認められないことを示唆しているしたがって、繁殖補償仮説の観点からは、オオバキスミレにおける開放花と閉鎖花の進化的維持を説明できないことが示されたさらに、地下部の掘り取り調査より、開放花と閉鎖花を形成する集団では栄養繁殖が確認されなかったが、開放花のみを形成する集団では、根茎による栄養繁殖を行っていることが確認された以上よりオオバキスミレでは、開放花と閉鎖花による種子繁殖で集団を維持する“種子繁殖集団”と、開放花のみを形成するが、その開放花においてもほとんど種子生産を行わず、主に栄養繁殖によって集団を維持する“栄養繁殖集団”という、種内で異なる繁殖様式を示すことが明らかになったこのことは、生育環境(光環境または送粉環境)の違いのない同一地点の隣接集団間でも同様の傾向が認められたことから、オオバキスミレ種内の繁殖様式の集団分化は、現在の環境条件下で生じたものではなく、過去に繁殖様式の集団分化が生じ、それが現在の種内集団間で維持されている可能性が示唆された第三章では、オオバキスミレ種内にみられる異なる繁殖様式の進化的背景を探った第一章と第二章の一連の生態学的調査により、北海道に生育するオオバキスミレには、開放花と閉鎖花を介した“種子繁殖集団”が存在する一方、開放花のみを形成するもののほとんど種子を生産せず、主に地下部の根茎の横走を介した“栄養繁殖集団”が存在することが明らかになった本研究では、オオバキスミレ種内における繁殖様式の集団間分化の実態を把握し、その進化的背景について知見を得るため、北海道の調査地点を増やすとともに、東北地方の集団に関する調査を実施したさらに繁殖特性が明らかになった集団の系統関係を明らかにするため、分子系統解析を行ったその結果、種子繁殖集団と栄養繁殖集団は、いずれも北海道及び東北地方の広範囲に分布していることが明らかになったまた、核と葉緑体DNAの分子系統解析の結果では、オオバキスミレは単系統性を示し、近縁種と遺伝的に明瞭に区別される独自のクレードを形成したしかし、種子繁殖集団と栄養繁殖集団は異なる遺伝子型を持ち、同一環境下に生育する隣接集団間においても、繁殖様式の違いに対応した遺伝的分化が認められたしたがってオオバキスミレ種内では、異なる選択圧によって、種子繁殖集団と栄養繁殖集団の遺伝的分化が生じていると考えられたさらに遺伝子型ネットワーク解析より、遺伝的に同一な個体を形成する栄養繁殖集団において、種子繁殖集団よりも多くの遺伝子型が認められたこの結果は、集団が維持されている時間の長さを反映していると考えられ、種子繁殖集団と栄養繁殖集団は、異なる進化的背景を持つことが示唆された一連の研究によって、オオバキスミレにおける繁殖様式は極めて多様な変異を持つだけでなく、集団間で明瞭に分化していることが明らかになった。さらに、本種の繁殖様式の種内分化は、遺伝的分化を伴い、集団間の遺伝的多様性にも影響を及ぼしていることが示唆された本研究より得られた知見は、植物の代表的な繁殖様式を包含する一般性の高い成果であり、植物の繁殖様式の分化メカニズムや、適応進化の遺伝的背景を理解する上で非常に有意義であると考えられる。

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

速水, . (2016). Ecological genetic studies on intraspecific variation and evolution of reproductive systems in Viola brevistipulata [an abstract of entire text]. (Thesis). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/62119

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

速水, 将人. “Ecological genetic studies on intraspecific variation and evolution of reproductive systems in Viola brevistipulata [an abstract of entire text].” 2016. Thesis, Hokkaido University. Accessed May 24, 2018. http://hdl.handle.net/2115/62119.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

速水, 将人. “Ecological genetic studies on intraspecific variation and evolution of reproductive systems in Viola brevistipulata [an abstract of entire text].” 2016. Web. 24 May 2018.

Vancouver:

速水 . Ecological genetic studies on intraspecific variation and evolution of reproductive systems in Viola brevistipulata [an abstract of entire text]. [Internet] [Thesis]. Hokkaido University; 2016. [cited 2018 May 24]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/62119.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

速水 . Ecological genetic studies on intraspecific variation and evolution of reproductive systems in Viola brevistipulata [an abstract of entire text]. [Thesis]. Hokkaido University; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/2115/62119

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

[1] [2] [3] [4] [5] … [250]

.