Advanced search options

Advanced Search Options 🞨

Browse by author name (“Author name starts with…”).

Find ETDs with:

in
/  
in
/  
in
/  
in

Written in Published in Earliest date Latest date

Sorted by

Results per page:

Sorted by: relevance · author · university · dateNew search

You searched for publisher:"Hokkaido University". Showing records 1 – 30 of 6513 total matches.

[1] [2] [3] [4] [5] … [218]

Search Limiters

Last 2 Years | English Only

Department

Levels

Languages

▼ Search Limiters

1. Zainal, Shamian. A study on ultra-low power and large-scale design of digital circuit for wireless communications.

Degree: PhD, Hokkaido University, 2010, Hokkaido University

 The continuous growth of recent mobile and portable devices has caused a push greater towards low-power circuit designs. Various methods and techniques have been found,… (more)

Subjects/Keywords: TK7800-8360 Electronics

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Zainal, S. (2010). A study on ultra-low power and large-scale design of digital circuit for wireless communications. (Doctoral Dissertation). Hokkaido University. Retrieved from http://eprints.uthm.edu.my/2853/

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Zainal, Shamian. “A study on ultra-low power and large-scale design of digital circuit for wireless communications.” 2010. Doctoral Dissertation, Hokkaido University. Accessed November 20, 2017. http://eprints.uthm.edu.my/2853/.

MLA Handbook (7th Edition):

Zainal, Shamian. “A study on ultra-low power and large-scale design of digital circuit for wireless communications.” 2010. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

Zainal S. A study on ultra-low power and large-scale design of digital circuit for wireless communications. [Internet] [Doctoral dissertation]. Hokkaido University; 2010. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://eprints.uthm.edu.my/2853/.

Council of Science Editors:

Zainal S. A study on ultra-low power and large-scale design of digital circuit for wireless communications. [Doctoral Dissertation]. Hokkaido University; 2010. Available from: http://eprints.uthm.edu.my/2853/

2. Ueno, Mayumi. Analyses of population dynamics and establishment of harvest-based population estimation methods in the sika deer (Cervus nippon) in Hokkaido, Japan.

Degree: 博士(農学), 農学, 2008, Hokkaido University

シカ類は世界各地で激増し、人間社会との軋轢を高めているため、駆除や狩猟による捕獲(以下、捕獲)を通じた個体数コントロールが試みられている。しかし、いまだに個体数を目標レベルにまで減少させた例はなく、捕獲の個体数削減効果の検証と個体数管理に必要な分析手法の確立が求められている。本研究は、捕獲効果の検証と捕獲数を用いた個体数推定法の確立を目的に、以下の3つの課題に取り組んだものである。課題1:齢別捕獲数を用いた個体数復元法を確立(2章)。課題2:ニホンジカ個体群の動態分析と捕獲効果の検証(3章)。課題3:大規模スケールでの個体数推定法の確立(4章)。また,総合討論として、4章で検討した手法を実施する場合の問題点を議論している(5章)。2章では、齢別捕獲数を出生年ごとに集計することで、過去の個体数を復元する手法であるコホート解析法の改良を行っている。原理に忠実な方法(以下、オリジナルコホート解析)は、ある年の個体数復元のために寿命と同じ年数の齢別捕獲数が必要なため、寿命の長い陸棲大型哺乳類ではほとんど適用されていない。水産資源管理学では、捕獲データと同期間の個体数復元を可能にする方法が開発されているが、捕獲率にいくつかの仮定を置くため、陸棲大型哺乳類に適用するためには、それらの仮定の妥当性やより適切な仮定の探索が必要である。この章では、ノルウェーのヘラジカの長期間にわたる齢別捕獲数を用いて、オリジナルコホート解析によって算出した齢別個体数を真に近い値と考え、仮定の妥当性を検討した。その結果、データの最終年における齢別捕獲率は、捕獲率の年変化に一定の傾向が見られない限り、過去数年間の平均捕獲率に等しいと仮定することが、後半年の復元個体数の正確性を著しく高めることを明らかにした。このように、より適切な仮定を得ることで、陸棲大型哺乳類における個体数復元法の改良に貢献した。3章では、2章で検討した手法を用いて、1990-2001年における北海道足寄町ニホンジカ個体群の動態を分析し、個体数コントロールに対する捕獲の効果を検証した。90年代前半において、メスの捕獲率は低い値で推移し、個体数は増加し続けた。一方、個体群成長率への密度効果が検出され、個体群自己制御機構の存在が示唆された。しかし、密度が最も高い時でさえ個体群成長率は正であり、密度効果によって個体数は減少しなかった。個体数が初めて減少したのは、積極的なメスジカ捕獲が開始された1998年の翌年で、捕獲率の上昇だけでなく1歳個体の加入率の低下がこの減少に寄与していた。加入率の低下には、子の母親にあたる2歳以上メスの捕獲率の上昇が作用していた。2歳以上メスの捕獲が加入率を低下させた理由には、母親を失った孤児は生存に不利であることが考えられた。以上の分析から、個体数が過剰な状態にあるニホンジカを減少させるためにはメスジカの大量捕獲が不可欠であることが立証された。4章では、3章で復元した個体数を使って自然増加率の推定モデルを作成し、大規模スケールでの新たな個体数推定法を検討した。Matsuda et al. (2002)やYamamura et al. (2008)は、ライトセンサスで得られた個体数指数の動向を参照しながら、捕獲実績に基づいて個体数を推定する手法を開発した。しかし、仮定する自然増加率の大きさによって推定個体数が大きく異なるという問題があった。3章の分析に基づき、密度効果を考慮した自然増加率の時間的変化をモデル化することによって、この問題を解決し、より確度の高い個体数推定が可能になると考えられた。足寄町の復元個体数から自然増加率の推定モデル(以下、足寄モデル)を作成し、その上位個体群にあたる道東個体群の個体数推定法を検討した。その結果、新しい推定値の年変化は妥当で、個体数は自然増加率に1.15を仮定した場合に近い値が得られた。このように、本章ではモデル個体群から得た詳細な情報を取り入れた個体数推定法を確立し,確度の高い個体数推定を可能にした。5章では4章で検討した手法を実施する場合の問題点を議論し、個体群動態に関する詳細な情報を得ることができるモデル個体群の重要性を指摘し、モデル地区からのデータ収集システムの確立を提言した。以上のように本研究は、シカ類の個体数コントロールに不可欠な捕獲の個体数削減効果を検証し、個体数管理に必要な個体数推定法の確立に貢献した。

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Ueno, M. (2008). Analyses of population dynamics and establishment of harvest-based population estimation methods in the sika deer (Cervus nippon) in Hokkaido, Japan. (Doctoral Dissertation). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/44658

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Ueno, Mayumi. “Analyses of population dynamics and establishment of harvest-based population estimation methods in the sika deer (Cervus nippon) in Hokkaido, Japan.” 2008. Doctoral Dissertation, Hokkaido University. Accessed November 20, 2017. http://hdl.handle.net/2115/44658.

MLA Handbook (7th Edition):

Ueno, Mayumi. “Analyses of population dynamics and establishment of harvest-based population estimation methods in the sika deer (Cervus nippon) in Hokkaido, Japan.” 2008. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

Ueno M. Analyses of population dynamics and establishment of harvest-based population estimation methods in the sika deer (Cervus nippon) in Hokkaido, Japan. [Internet] [Doctoral dissertation]. Hokkaido University; 2008. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/44658.

Council of Science Editors:

Ueno M. Analyses of population dynamics and establishment of harvest-based population estimation methods in the sika deer (Cervus nippon) in Hokkaido, Japan. [Doctoral Dissertation]. Hokkaido University; 2008. Available from: http://hdl.handle.net/2115/44658

3. Okamatsu, Masatoshi. Antigenic and genetic analyses of avian influenza viruses isolated in Japan.

Degree: 博士(獣医学), 獣医学, 2010, Hokkaido University

 H5 and H9 influenza virus isolates in Japan were genetically and antigenically characterized and the birds infected with the virus were pathologically examined. In 2005,… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Okamatsu, M. (2010). Antigenic and genetic analyses of avian influenza viruses isolated in Japan. (Doctoral Dissertation). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/44513

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Okamatsu, Masatoshi. “Antigenic and genetic analyses of avian influenza viruses isolated in Japan.” 2010. Doctoral Dissertation, Hokkaido University. Accessed November 20, 2017. http://hdl.handle.net/2115/44513.

MLA Handbook (7th Edition):

Okamatsu, Masatoshi. “Antigenic and genetic analyses of avian influenza viruses isolated in Japan.” 2010. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

Okamatsu M. Antigenic and genetic analyses of avian influenza viruses isolated in Japan. [Internet] [Doctoral dissertation]. Hokkaido University; 2010. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/44513.

Council of Science Editors:

Okamatsu M. Antigenic and genetic analyses of avian influenza viruses isolated in Japan. [Doctoral Dissertation]. Hokkaido University; 2010. Available from: http://hdl.handle.net/2115/44513

4. YAMAMOTO, Yu. Asian Lineage H5N1 Highly Pathogenic Avian Influenza Virus Replication in Feathers of Waterfowl.

Degree: 博士(獣医学), 獣医学, 2010, Hokkaido University

1997 年、アジア系統H5N1 亜型ウイルスによる高病原性鳥インフルエンザ(HPAI)が香港の家禽に発生した。その後、本ウイルスは、アジアからヨーロッパやアフリカへ伝播し、多くの国々に深刻な経済的損失をもたらした。このH5N1 HPAI ウイルスの主要な伝播経路として、野鳥や家禽の移動、汚染鶏肉の流通、生鳥市場等の関連が指摘されている。特に、東南アジアにおける流行には、鶏群におけるHPAI の発生と水生家禽との疫学的関連が報告されている。さらに、斃死した野生水禽からのH5N1 HPAI ウイルス分離が多数報告されている。以上の知見から、著者は、水禽の体内でのウイルス増殖に関する解析が、水禽を介するH5N1 HPAI ウイルスの伝播経路の解明に寄与すると考え研究を行った。本研究において、著者はH5N1 HPAI ウイルスが水禽の羽組織で増殖することを見出し、羽が感染水禽からのウイルス排泄経路に重要であることを提示した。次に、ウイルスに汚染された羽が、健康な鳥や哺乳動物への感染源となりうること示し、公衆衛生の観点から重要であることを指摘した。また、感染水禽の羽が、ウイルス検出のための有用な組織サンプルとして利用できる可能性を示した。最後に、ウイルスに汚染された感染水禽の羽が、環境中において、ウイルス媒介物としての役割を果たす可能性を指摘した。本研究は、H5N1 HPAI ウイルス伝播に水禽の羽組織が関わるという新しい見解を提示した。上記の研究成果が、今後のHPAI の制圧に貢献することを期待する。本論文の各章の概要を以下に記載する。第Ⅰ章では、H5N1 HPAI ウイルス山口株を接種したアイガモにおける病理発生について解析した。ウイルスを接種されたアイガモは斃死や神経症状を示した。脳炎、膵臓壊死、角膜混濁、羽を構成する上皮組織の壊死等の病理所見が認められた。幼アイガモでは高致死率が観察され、水禽の日齢が体内でのウイルス増殖に影響することが示唆された。アイガモの羽でウイルスが増殖することを明らかにし、羽が感染水禽からのウイルス排泄経路となる可能性を提示した。第Ⅱ章では、前章で観察された山口株によるアイガモの羽における増殖に関して、H5N1 HPAI ウイルス清武株やガチョウでの本現象の再現性について検索した。H5N1 HPAI ウイルスを実験感染させたアイガモやガチョウの羽を免疫組織化学、電子顕微鏡検索、およびウイルス分離に供し、山口株および清武株が、アイガモおよびガチョウの羽上皮細胞で増殖したことを確認した。この結果、羽におけるH5N1 HPAI ウイルスの増殖が、感染水禽に共通する現象である可能性が示された。さらに、H5N1 HPAI ウイルスに自然感染した白鳥の羽組織を、病理組織学的、ウイルス学的に検索した。羽軸根からウイルスが分離され、免疫組織化学の結果、羽上皮細胞および羽包上皮細胞にウイルス抗原が検出された。さらに羽のパラフィン包埋標本からH5N1… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

YAMAMOTO, Y. (2010). Asian Lineage H5N1 Highly Pathogenic Avian Influenza Virus Replication in Feathers of Waterfowl. (Doctoral Dissertation). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/44514

Chicago Manual of Style (16th Edition):

YAMAMOTO, Yu. “Asian Lineage H5N1 Highly Pathogenic Avian Influenza Virus Replication in Feathers of Waterfowl.” 2010. Doctoral Dissertation, Hokkaido University. Accessed November 20, 2017. http://hdl.handle.net/2115/44514.

MLA Handbook (7th Edition):

YAMAMOTO, Yu. “Asian Lineage H5N1 Highly Pathogenic Avian Influenza Virus Replication in Feathers of Waterfowl.” 2010. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

YAMAMOTO Y. Asian Lineage H5N1 Highly Pathogenic Avian Influenza Virus Replication in Feathers of Waterfowl. [Internet] [Doctoral dissertation]. Hokkaido University; 2010. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/44514.

Council of Science Editors:

YAMAMOTO Y. Asian Lineage H5N1 Highly Pathogenic Avian Influenza Virus Replication in Feathers of Waterfowl. [Doctoral Dissertation]. Hokkaido University; 2010. Available from: http://hdl.handle.net/2115/44514

5. Kawaguchi, Akira. Development of therapeutic strategy for infectious diseases using the antimicrobial peptide or receptor antagonist.

Degree: 博士(獣医学), 獣医学, 2010, Hokkaido University

感染症対策の柱は「予防」と「治療」であり、予防対策の中心は疫学調査とワクチン開発である。しかし予防対策のみでは感染症の克服は困難であり、感染後の病原体の排除や、病態の改善を目的とした治療も重要である。本研究は感染応答に関与する宿主因子に着眼して、感染に対する治療法開発の基礎的知見を得ることを目的とした。第1章では、宿主の免疫機構を担う自然免疫に着眼した。自然免疫は病原体が侵入した際に最初に働く非特異的な免疫機構である。自然免疫因子に属する抗菌ペプチドは病原体の膜に結合して破壊することで抗菌活性を示す。この結合は非特異的であるので広範囲の病原体に作用し、耐性が獲得されにくいという利点がある。その為、感染症の治療への応用の可能性が提唱され、注目されている。本研究では、抗菌ペプチドであるdefensin と相同性が高い新規の遺伝子を単離し、この遺伝子がゲノム上の位置や構造の点でもβ-defensin と相同性が高いことを明らかにした。次に、この新規遺伝子のアミノ酸配列を基にmature peptide 相当部分を予測し、17残基からなるペプチドを合成し、その構造と機能を解析した。本ペプチドは既知の抗菌ペプチドと同様に正の電荷を有しており、Circular dichroism (CD)スペクトルを用いた構造解析の結果から、水溶状態ではランダムコイル構造をとるが、負電荷界面活性剤による変性やアルコール変性を起こした膜の模倣状態下ではα-helix 構造をとるという抗菌ペプチドに共通する特徴を有していた。また本ペプチドは、哺乳類由来細胞には細胞毒性を示さない濃度で抗菌活性を示した。これらの結果から、本研究で合成したペプチドは感染症治療薬として応用できる可能性があると考えられた。第2章では、未だ治療法が確立されていない感染症であるAdult T-cell Leukemia (ATL)発症後の宿主応答に着眼した。ATL はレトロウイルスに属するT細胞指向性のウイルス、(Human T-cell Leukemia Virus Type-I ; HTLV-I)によって惹起されるT 細胞性の白血病である。発症後の予後は不良であり治療法の確立が急務である。腫瘍細胞の全身への浸潤の結果生じる多臓器不全が死因となる為に、腫瘍細胞の浸潤のメカニズムの解明はATL の治療法を開発する上で必要である。腫瘍細胞は生体内のケモカインにより臓器へと誘引される。本研究はATL腫瘍細胞の種々のケモカインに対する応答性をin vitro において検討した結果、Stromal-cell Derived Factor-1α (SDF-1α)に対する応答性が有意に高いことを明らかにした。SDF-1α の受容体であるCXCR4 に対するアンタゴニスト(AMD3100)はその応答性を抑制し、マウスを用いた実験においても腫瘍細胞の組織浸潤を抑制した。以上の結果から本化合物がATLの治療薬の候補となることが示された。実際の臨床現場では感染後や感染症発症後に治療対策をとることが多く、治療法の開発は感染症の克服において重要な課題である。本研究で示した抗菌ペプチドを用いた病原体の排除や、化合物を用いた感染症の病態改善を目指す試みは感染症の治療法の開発につながり、感染症の克服に大きく貢献できると考えられる。

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Kawaguchi, A. (2010). Development of therapeutic strategy for infectious diseases using the antimicrobial peptide or receptor antagonist. (Doctoral Dissertation). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/44515

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Kawaguchi, Akira. “Development of therapeutic strategy for infectious diseases using the antimicrobial peptide or receptor antagonist.” 2010. Doctoral Dissertation, Hokkaido University. Accessed November 20, 2017. http://hdl.handle.net/2115/44515.

MLA Handbook (7th Edition):

Kawaguchi, Akira. “Development of therapeutic strategy for infectious diseases using the antimicrobial peptide or receptor antagonist.” 2010. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

Kawaguchi A. Development of therapeutic strategy for infectious diseases using the antimicrobial peptide or receptor antagonist. [Internet] [Doctoral dissertation]. Hokkaido University; 2010. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/44515.

Council of Science Editors:

Kawaguchi A. Development of therapeutic strategy for infectious diseases using the antimicrobial peptide or receptor antagonist. [Doctoral Dissertation]. Hokkaido University; 2010. Available from: http://hdl.handle.net/2115/44515

6. Nakamura, Kensuke. A Study on Contrast-enhanced Ultrasonography with Second-generation Contrast Agent Sonazoid® for Diagnosis of Liver and Splenic Nodules in Dogs.

Degree: 博士(獣医学), 獣医学, 2010, Hokkaido University

 Ultrasonography is one of the first modalities that has high sensitivity for detection of the abdominal mass lesion. In many patients, however, ultrasonographic characterization of… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Nakamura, K. (2010). A Study on Contrast-enhanced Ultrasonography with Second-generation Contrast Agent Sonazoid® for Diagnosis of Liver and Splenic Nodules in Dogs. (Doctoral Dissertation). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/44516

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Nakamura, Kensuke. “A Study on Contrast-enhanced Ultrasonography with Second-generation Contrast Agent Sonazoid® for Diagnosis of Liver and Splenic Nodules in Dogs.” 2010. Doctoral Dissertation, Hokkaido University. Accessed November 20, 2017. http://hdl.handle.net/2115/44516.

MLA Handbook (7th Edition):

Nakamura, Kensuke. “A Study on Contrast-enhanced Ultrasonography with Second-generation Contrast Agent Sonazoid® for Diagnosis of Liver and Splenic Nodules in Dogs.” 2010. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

Nakamura K. A Study on Contrast-enhanced Ultrasonography with Second-generation Contrast Agent Sonazoid® for Diagnosis of Liver and Splenic Nodules in Dogs. [Internet] [Doctoral dissertation]. Hokkaido University; 2010. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/44516.

Council of Science Editors:

Nakamura K. A Study on Contrast-enhanced Ultrasonography with Second-generation Contrast Agent Sonazoid® for Diagnosis of Liver and Splenic Nodules in Dogs. [Doctoral Dissertation]. Hokkaido University; 2010. Available from: http://hdl.handle.net/2115/44516

7. サディグル, エルドス ラキムジャン. 日本語とカザフ語のオノマトペ語彙の対照研究.

Degree: 博士(文学), 文学, 2010, Hokkaido University

オノマトペ(onomatopoeia)は,多い少ないの差はともかくとして,世界中の言語において観察されている。日本語は,西洋諸言語と比べると,オノマトペを豊富に持つ言語の一つと言われている。これらのオノマトペは厳密な体系をなし,様々な音韻・形態的などの特徴によって,一般語彙から区別され,固有の語彙層を形成している。筆者の母語であるカザフ語1にもオノマトペは多数存在し,文学作品,新聞,雑誌などに幅広く用いられている。こうしたオノマトペは,日本語とカザフ語それぞれにおいて,かなりの数にのぼり,3000 語以上にも達すると言われている。この語数だけからも両言語にはオノマトペが不可欠な言語要素であり,豊かな生命力を持つといえる。にもかかわらず,オノマトペが言語研究の対象として注目されることは比較的少なく,もっとも遅れている研究分野の一つであると思われる。オノマトペは音象徴(sound symbolism)の面から言語の非恣意性を明らかにしてくれる代表的な言語現象である。音の象徴印象と,その音を出すもののイメージとが直結する点で両者は有縁的な関係を構成する。このような音そのものがある一定のイメージを喚起するという音象徴説をサポートしたのはJesperson(1922),Sapir(1929),Newman(1933),Whorf(1941),Левицкий(1973),Tarte(1974)などである。彼らは,音とそれが表す意味関係の例を示し,音のイメージはすべての語ではないかもしれないが意味と関連性がある程度みうけられると主張している。一方,オノマトペは全ての言語に体系的に存在するわけではないし,子供っぽい幼稚なことばであるとされたり,オノマトペ自体が論理的なことばではなく感覚的なことばの故に捉えるところが少ないと考えられたりしたため,多くの学者に注目されてこなかったようである。しかし,日本語オノマトペに関しては最近,様々な研究がなされ,その成果として論文や専門書が発表されるようになってきた。またオノマトペが感覚的なことばであることに注目して,認知言語学の立場からオノマトペを考察しようとする研究も見られるようになった。本論文は,日本語とカザフ語のオノマトペを対象とし,形態・統語・意味的な面を考察し,両言語のオノマトペの全体像を明らかにするものである。

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

サディグル, . . (2010). 日本語とカザフ語のオノマトペ語彙の対照研究. (Doctoral Dissertation). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/44818

Chicago Manual of Style (16th Edition):

サディグル, エルドス ラキムジャン. “日本語とカザフ語のオノマトペ語彙の対照研究.” 2010. Doctoral Dissertation, Hokkaido University. Accessed November 20, 2017. http://hdl.handle.net/2115/44818.

MLA Handbook (7th Edition):

サディグル, エルドス ラキムジャン. “日本語とカザフ語のオノマトペ語彙の対照研究.” 2010. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

サディグル . 日本語とカザフ語のオノマトペ語彙の対照研究. [Internet] [Doctoral dissertation]. Hokkaido University; 2010. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/44818.

Council of Science Editors:

サディグル . 日本語とカザフ語のオノマトペ語彙の対照研究. [Doctoral Dissertation]. Hokkaido University; 2010. Available from: http://hdl.handle.net/2115/44818

8. Uchida, Hideomi. The Effects of a Vitamin D Deficient Diet on Chronic Cadmium Exposure in Rats.

Degree: 博士(獣医学), 獣医学, 2011, Hokkaido University

Itai-itai disease (IID) of humans is one of the most severe forms of chronic Cadmium (Cd) intoxication occurring mainly in post-menopausal women and is characterized… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Uchida, H. (2011). The Effects of a Vitamin D Deficient Diet on Chronic Cadmium Exposure in Rats. (Doctoral Dissertation). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/44978

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Uchida, Hideomi. “The Effects of a Vitamin D Deficient Diet on Chronic Cadmium Exposure in Rats.” 2011. Doctoral Dissertation, Hokkaido University. Accessed November 20, 2017. http://hdl.handle.net/2115/44978.

MLA Handbook (7th Edition):

Uchida, Hideomi. “The Effects of a Vitamin D Deficient Diet on Chronic Cadmium Exposure in Rats.” 2011. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

Uchida H. The Effects of a Vitamin D Deficient Diet on Chronic Cadmium Exposure in Rats. [Internet] [Doctoral dissertation]. Hokkaido University; 2011. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/44978.

Council of Science Editors:

Uchida H. The Effects of a Vitamin D Deficient Diet on Chronic Cadmium Exposure in Rats. [Doctoral Dissertation]. Hokkaido University; 2011. Available from: http://hdl.handle.net/2115/44978

9. 金澤, 智則. マウスネフロン形成過程における分子基盤の解明 - Hepatocyte nuclear factor 4 alpha はネフロン形成の中心的役割を担う-.

Degree: 博士(獣医学), 獣医学, 2011, Hokkaido University

 Kidney development is started by invasion of the uretelic bud (UB) arising from the Wöllfian duct into the metanephric mesenchyme (MM). Then the MM concentrates… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

金澤, . (2011). マウスネフロン形成過程における分子基盤の解明 - Hepatocyte nuclear factor 4 alpha はネフロン形成の中心的役割を担う-. (Doctoral Dissertation). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/44980

Chicago Manual of Style (16th Edition):

金澤, 智則. “マウスネフロン形成過程における分子基盤の解明 - Hepatocyte nuclear factor 4 alpha はネフロン形成の中心的役割を担う-.” 2011. Doctoral Dissertation, Hokkaido University. Accessed November 20, 2017. http://hdl.handle.net/2115/44980.

MLA Handbook (7th Edition):

金澤, 智則. “マウスネフロン形成過程における分子基盤の解明 - Hepatocyte nuclear factor 4 alpha はネフロン形成の中心的役割を担う-.” 2011. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

金澤 . マウスネフロン形成過程における分子基盤の解明 - Hepatocyte nuclear factor 4 alpha はネフロン形成の中心的役割を担う-. [Internet] [Doctoral dissertation]. Hokkaido University; 2011. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/44980.

Council of Science Editors:

金澤 . マウスネフロン形成過程における分子基盤の解明 - Hepatocyte nuclear factor 4 alpha はネフロン形成の中心的役割を担う-. [Doctoral Dissertation]. Hokkaido University; 2011. Available from: http://hdl.handle.net/2115/44980

10. Sasaki, Michihito. Studies on MHC class I-mediated entry of equine herpesvirus-1 into cells.

Degree: 博士(獣医学), 獣医学, 2011, Hokkaido University

Equine herpesvirus 1 (EHV-1) is an endemic virus that affects horse populations worldwide, causing respiratory disease, abortion and a serious neurologic disease known as encephalomyelitis.… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Sasaki, M. (2011). Studies on MHC class I-mediated entry of equine herpesvirus-1 into cells. (Doctoral Dissertation). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/44987

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Sasaki, Michihito. “Studies on MHC class I-mediated entry of equine herpesvirus-1 into cells.” 2011. Doctoral Dissertation, Hokkaido University. Accessed November 20, 2017. http://hdl.handle.net/2115/44987.

MLA Handbook (7th Edition):

Sasaki, Michihito. “Studies on MHC class I-mediated entry of equine herpesvirus-1 into cells.” 2011. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

Sasaki M. Studies on MHC class I-mediated entry of equine herpesvirus-1 into cells. [Internet] [Doctoral dissertation]. Hokkaido University; 2011. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/44987.

Council of Science Editors:

Sasaki M. Studies on MHC class I-mediated entry of equine herpesvirus-1 into cells. [Doctoral Dissertation]. Hokkaido University; 2011. Available from: http://hdl.handle.net/2115/44987

11. Torigoe, Daisuke. Genetic analysis of the hooded phenotype in the rat.

Degree: 博士(獣医学), 獣医学, 2011, Hokkaido University

The hooded phenotype showing non-pigmented hairs in the abdominal skin is one of the coat color phenotypes seen peculiarly in the laboratory rat. The hooded… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Torigoe, D. (2011). Genetic analysis of the hooded phenotype in the rat. (Doctoral Dissertation). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/44981

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Torigoe, Daisuke. “Genetic analysis of the hooded phenotype in the rat.” 2011. Doctoral Dissertation, Hokkaido University. Accessed November 20, 2017. http://hdl.handle.net/2115/44981.

MLA Handbook (7th Edition):

Torigoe, Daisuke. “Genetic analysis of the hooded phenotype in the rat.” 2011. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

Torigoe D. Genetic analysis of the hooded phenotype in the rat. [Internet] [Doctoral dissertation]. Hokkaido University; 2011. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/44981.

Council of Science Editors:

Torigoe D. Genetic analysis of the hooded phenotype in the rat. [Doctoral Dissertation]. Hokkaido University; 2011. Available from: http://hdl.handle.net/2115/44981

12. 山中, 淳史. 捕殺個体を利用したニホンツキノワグマ (Ursus thibetanus japonicus) の 栄養状態および繁殖評価方法に関する研究.

Degree: 博士(獣医学), 獣医学, 2011, Hokkaido University

 The Japanese black bear (Ursus thibetanus japonicus) is a subspecies of the Asiatic blackbear (Ursus thibetanus), which is classified as a vulnerable species in the… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

山中, . (2011). 捕殺個体を利用したニホンツキノワグマ (Ursus thibetanus japonicus) の 栄養状態および繁殖評価方法に関する研究. (Doctoral Dissertation). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/44982

Chicago Manual of Style (16th Edition):

山中, 淳史. “捕殺個体を利用したニホンツキノワグマ (Ursus thibetanus japonicus) の 栄養状態および繁殖評価方法に関する研究.” 2011. Doctoral Dissertation, Hokkaido University. Accessed November 20, 2017. http://hdl.handle.net/2115/44982.

MLA Handbook (7th Edition):

山中, 淳史. “捕殺個体を利用したニホンツキノワグマ (Ursus thibetanus japonicus) の 栄養状態および繁殖評価方法に関する研究.” 2011. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

山中 . 捕殺個体を利用したニホンツキノワグマ (Ursus thibetanus japonicus) の 栄養状態および繁殖評価方法に関する研究. [Internet] [Doctoral dissertation]. Hokkaido University; 2011. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/44982.

Council of Science Editors:

山中 . 捕殺個体を利用したニホンツキノワグマ (Ursus thibetanus japonicus) の 栄養状態および繁殖評価方法に関する研究. [Doctoral Dissertation]. Hokkaido University; 2011. Available from: http://hdl.handle.net/2115/44982

13. Abdul Samad, Rozanah Asmah. Epidemiological studies of avian influenza.

Degree: 博士(獣医学), 獣医学, 2011, Hokkaido University

Recent outbreaks of highly pathogenic avian influenza (HPAI) have spread from southeast Asia to 62 Eurasian and African countries. H5N1 viruses isolated from dead water… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Abdul Samad, R. A. (2011). Epidemiological studies of avian influenza. (Doctoral Dissertation). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/44986

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Abdul Samad, Rozanah Asmah. “Epidemiological studies of avian influenza.” 2011. Doctoral Dissertation, Hokkaido University. Accessed November 20, 2017. http://hdl.handle.net/2115/44986.

MLA Handbook (7th Edition):

Abdul Samad, Rozanah Asmah. “Epidemiological studies of avian influenza.” 2011. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

Abdul Samad RA. Epidemiological studies of avian influenza. [Internet] [Doctoral dissertation]. Hokkaido University; 2011. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/44986.

Council of Science Editors:

Abdul Samad RA. Epidemiological studies of avian influenza. [Doctoral Dissertation]. Hokkaido University; 2011. Available from: http://hdl.handle.net/2115/44986

14. 乘松, 渉. 確率的画像処理におけるランジュバン方程式に基づく周辺化事後確率最大推定の構成法.

Degree: 修士(情報科学), 情報科学, 2011, Hokkaido University

 We formulate the maximizer of posterior marginal (MPM) estimate for Bayesian probabilistic image processing by using the Langevin equation. We also evaluate the statistical performance… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

乘松, . (2011). 確率的画像処理におけるランジュバン方程式に基づく周辺化事後確率最大推定の構成法. (Masters Thesis). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/44984

Chicago Manual of Style (16th Edition):

乘松, 渉. “確率的画像処理におけるランジュバン方程式に基づく周辺化事後確率最大推定の構成法.” 2011. Masters Thesis, Hokkaido University. Accessed November 20, 2017. http://hdl.handle.net/2115/44984.

MLA Handbook (7th Edition):

乘松, 渉. “確率的画像処理におけるランジュバン方程式に基づく周辺化事後確率最大推定の構成法.” 2011. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

乘松 . 確率的画像処理におけるランジュバン方程式に基づく周辺化事後確率最大推定の構成法. [Internet] [Masters thesis]. Hokkaido University; 2011. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/44984.

Council of Science Editors:

乘松 . 確率的画像処理におけるランジュバン方程式に基づく周辺化事後確率最大推定の構成法. [Masters Thesis]. Hokkaido University; 2011. Available from: http://hdl.handle.net/2115/44984

15. 日野, 光. フィリップス曲線をミクロに検証する労働市場の数理モデル.

Degree: 修士(情報科学), 情報科学, 2011, Hokkaido University

 We attempt to reconstruct macroscopic properties of labor markets from the view point of microscopic descriptions of multi-agent systems. Especially we derive the so-called Philips… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

日野, . (2011). フィリップス曲線をミクロに検証する労働市場の数理モデル. (Masters Thesis). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/44985

Chicago Manual of Style (16th Edition):

日野, 光. “フィリップス曲線をミクロに検証する労働市場の数理モデル.” 2011. Masters Thesis, Hokkaido University. Accessed November 20, 2017. http://hdl.handle.net/2115/44985.

MLA Handbook (7th Edition):

日野, 光. “フィリップス曲線をミクロに検証する労働市場の数理モデル.” 2011. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

日野 . フィリップス曲線をミクロに検証する労働市場の数理モデル. [Internet] [Masters thesis]. Hokkaido University; 2011. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/44985.

Council of Science Editors:

日野 . フィリップス曲線をミクロに検証する労働市場の数理モデル. [Masters Thesis]. Hokkaido University; 2011. Available from: http://hdl.handle.net/2115/44985

16. Katoh, Takashi. Efficient Algorithms for Extracting Frequent Episodes from Event Sequences.

Degree: 博士(情報科学), 情報科学, 2011, Hokkaido University

 Episode mining is one of the data mining method for time-related data introduced by Mannila et al. in 1997. The purpose of episode mining is… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Katoh, T. (2011). Efficient Algorithms for Extracting Frequent Episodes from Event Sequences. (Doctoral Dissertation). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/45078

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Katoh, Takashi. “Efficient Algorithms for Extracting Frequent Episodes from Event Sequences.” 2011. Doctoral Dissertation, Hokkaido University. Accessed November 20, 2017. http://hdl.handle.net/2115/45078.

MLA Handbook (7th Edition):

Katoh, Takashi. “Efficient Algorithms for Extracting Frequent Episodes from Event Sequences.” 2011. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

Katoh T. Efficient Algorithms for Extracting Frequent Episodes from Event Sequences. [Internet] [Doctoral dissertation]. Hokkaido University; 2011. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/45078.

Council of Science Editors:

Katoh T. Efficient Algorithms for Extracting Frequent Episodes from Event Sequences. [Doctoral Dissertation]. Hokkaido University; 2011. Available from: http://hdl.handle.net/2115/45078

17. Simon, Ayo Yila. Genetic analysis and transcriptome profile characterizing pathogenesis of host response to Sendai virus infection in mice.

Degree: 博士(獣医学), 獣医学, 2010, Hokkaido University

 Sendai virus (SeV) was discovered in Japan in 1953. It was isolated in the Tohoku UniversityHospital from a newborn patient presenting pneumonia syndromes. SeV is… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Simon, A. Y. (2010). Genetic analysis and transcriptome profile characterizing pathogenesis of host response to Sendai virus infection in mice. (Doctoral Dissertation). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/45687

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Simon, Ayo Yila. “Genetic analysis and transcriptome profile characterizing pathogenesis of host response to Sendai virus infection in mice.” 2010. Doctoral Dissertation, Hokkaido University. Accessed November 20, 2017. http://hdl.handle.net/2115/45687.

MLA Handbook (7th Edition):

Simon, Ayo Yila. “Genetic analysis and transcriptome profile characterizing pathogenesis of host response to Sendai virus infection in mice.” 2010. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

Simon AY. Genetic analysis and transcriptome profile characterizing pathogenesis of host response to Sendai virus infection in mice. [Internet] [Doctoral dissertation]. Hokkaido University; 2010. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/45687.

Council of Science Editors:

Simon AY. Genetic analysis and transcriptome profile characterizing pathogenesis of host response to Sendai virus infection in mice. [Doctoral Dissertation]. Hokkaido University; 2010. Available from: http://hdl.handle.net/2115/45687

18. 杉江, 聡子. NBLT(ネットワーク活用の言語教育)のための中国語学習支援サイトの構築 : 日本と中国の高校生間の交流型学習者コミュニティー形成.

Degree: 修士(国際広報メディア), 国際広報メディア, 2011, Hokkaido University

本研究は、日本国内の高校中国語教育におけるNBLT(Network-Based Language Teaching)(Warschauer & Kern, 2000)導入の効果を探索することを課題とし、日本の高校で第二外国語として中国語を学ぶ学習者を対象に、日本人と中国人の高校生どうしのインタラクション(意味交渉)のための交流型コンテンツを主とする中国語学習者コミュニティーサイトを構築し、授業を実践し、授業中の観察及び学習者に対するオンラインアンケートの結果を分析、考察する。本研究の目的は、NBLT による中国語教育の導入が、高校の中国語学習者のICT 活用技能の向上(パソコンで中国語を読み書きし、インターネットを活用して関連情報の収集や問題解決に取り組む)、意識の変化(気付き)、学習意欲(動機付け)に与える影響を調査し、現状の課題と今後の展望を探索することにより、日本の高校中国語教育におけるICT 活用のコミュニケーション型授業の展開を支援、促進することにある。

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

杉江, . (2011). NBLT(ネットワーク活用の言語教育)のための中国語学習支援サイトの構築 : 日本と中国の高校生間の交流型学習者コミュニティー形成. (Masters Thesis). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/47301

Chicago Manual of Style (16th Edition):

杉江, 聡子. “NBLT(ネットワーク活用の言語教育)のための中国語学習支援サイトの構築 : 日本と中国の高校生間の交流型学習者コミュニティー形成.” 2011. Masters Thesis, Hokkaido University. Accessed November 20, 2017. http://hdl.handle.net/2115/47301.

MLA Handbook (7th Edition):

杉江, 聡子. “NBLT(ネットワーク活用の言語教育)のための中国語学習支援サイトの構築 : 日本と中国の高校生間の交流型学習者コミュニティー形成.” 2011. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

杉江 . NBLT(ネットワーク活用の言語教育)のための中国語学習支援サイトの構築 : 日本と中国の高校生間の交流型学習者コミュニティー形成. [Internet] [Masters thesis]. Hokkaido University; 2011. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/47301.

Council of Science Editors:

杉江 . NBLT(ネットワーク活用の言語教育)のための中国語学習支援サイトの構築 : 日本と中国の高校生間の交流型学習者コミュニティー形成. [Masters Thesis]. Hokkaido University; 2011. Available from: http://hdl.handle.net/2115/47301

19. 高田, 祐輔. NMR によるオリゴ糖の構造解析.

Degree: 修士(農学), 農学, 2010, Hokkaido University

本研究では,プロトンシグナルの重なり合いという問題を抱えるオリゴ糖を中心にNMR 解析を行った.まず,日常的に用いられる手法の組み合わせにより簡潔に構造解析する手順を確立すること,つぎに,その手順では解析が困難であった事例に対して問題解決の手段を考え,それを用いて解析を行うことを目的とした.オリゴ糖の構造解析をルーチンNMR 法で行うにあたっては,まず,HSQC-TOCSY によって糖残基ごとにシグナルをグループ分けし,つぎに,COSY,HMBC によって帰属を行い,最後に,HMBC によって糖残基間の結合位置を決定するという手順をふむことで,簡潔に解析を行うことができる.糖残基間の結合位置を証明するには残基間HMBC 相関を見出すことが必要であるが,プロトンシグナルの重なり合いのため,残基間HMBC 相関が他の残基内HMBC 相関に埋もれることがある.そのような状況を打開するため,HMBC 相関シグナルの形状を変化させて,複数の相関の存在を明らかにすることを試みた.LRJCH を求めるために考案されたHR-HMBC は,測定時に設定するスケーリングファクター によって,相関シグナルがLRJCH の 倍で右上がりに,JHH の( +1)倍で右下がりに分裂する.この手法を用いたところ,JHH 分裂パターンの違いにより,複数のHMBC 相関が重なっていることを確認できた.同じ糖残基に属するプロトンシグナルの重なり合いのため,カーボンシグナルの帰属が困難な場合がある.そのような状況を打開するために,H2BC を用いた.HMBC が2 および3 結合はなれたプロトンとカーボンに相関を与えるのに対し,H2BC は2 結合はなれたプロトンとカーボンにのみ相関を与える.H2BC を用いると,隣り合うカーボンを順に追って帰属していくことができ,問題を解決することができた.

Subjects/Keywords: オリゴ糖; NMR

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

高田, . (2010). NMR によるオリゴ糖の構造解析. (Masters Thesis). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/47342

Chicago Manual of Style (16th Edition):

高田, 祐輔. “NMR によるオリゴ糖の構造解析.” 2010. Masters Thesis, Hokkaido University. Accessed November 20, 2017. http://hdl.handle.net/2115/47342.

MLA Handbook (7th Edition):

高田, 祐輔. “NMR によるオリゴ糖の構造解析.” 2010. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

高田 . NMR によるオリゴ糖の構造解析. [Internet] [Masters thesis]. Hokkaido University; 2010. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/47342.

Council of Science Editors:

高田 . NMR によるオリゴ糖の構造解析. [Masters Thesis]. Hokkaido University; 2010. Available from: http://hdl.handle.net/2115/47342

20. 渡辺, 真央人. 生活保護受給者の社会的自立 : 社会貢献する権利を支援する.

Degree: 修士(公共政策学 (専門職)), 公共政策学 (専門職), 2012, Hokkaido University

生活保護受給者の多くは、社会貢献をすることなくお金をもらうことをスティグマに感じ、社会から孤立してしまう現状がある。本来であれば、生活保護は「権利」でありスティグマに感じる必要はない。一部の保護実施機関は、受給者の社会貢献の場としてボランティア事業等のプログラムを設けているが、スティグマ意識からそれらにも参加しない受給者も多い。このような受給者に対しては、義務的に参加させ、自身も社会貢献できる存在であるという意識を持ってもらい、社会的自立につなげる必要がある。このいわば「社会貢献義務」は、義務教育と同様に、すべての人が持つ「社会的に自立をして生きる権利」を支援する制度の一つとして理解されるべきである。また、生活保護に依存している世帯に対しても社会貢献を義務付け、生活保護からの自立意欲を高めていくべきである。

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

渡辺, . (2012). 生活保護受給者の社会的自立 : 社会貢献する権利を支援する. (Masters Thesis). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/48649

Chicago Manual of Style (16th Edition):

渡辺, 真央人. “生活保護受給者の社会的自立 : 社会貢献する権利を支援する.” 2012. Masters Thesis, Hokkaido University. Accessed November 20, 2017. http://hdl.handle.net/2115/48649.

MLA Handbook (7th Edition):

渡辺, 真央人. “生活保護受給者の社会的自立 : 社会貢献する権利を支援する.” 2012. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

渡辺 . 生活保護受給者の社会的自立 : 社会貢献する権利を支援する. [Internet] [Masters thesis]. Hokkaido University; 2012. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/48649.

Council of Science Editors:

渡辺 . 生活保護受給者の社会的自立 : 社会貢献する権利を支援する. [Masters Thesis]. Hokkaido University; 2012. Available from: http://hdl.handle.net/2115/48649

21. Harada, Eriko; Murata, Ayumi; Notani, Kenji; Moriya, Shingo; Muramatsu, Masumi; Kashiwazaki, Haruhiko; Kobayashi, Kunihiko. Relationship between subjective assessment of oral health and medical expenses in community-dwelling elderly persons.

Degree: 博士(歯学), 歯学, 2011, Hokkaido University

 Objectives: The increasing medical expenses of elderly persons in Japan’s rapidly ageing society have become a major concern. It is therefore important to elucidate the… (more)

Subjects/Keywords: oral health; medical expenses

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Harada, Eriko; Murata, Ayumi; Notani, Kenji; Moriya, Shingo; Muramatsu, Masumi; Kashiwazaki, Haruhiko; Kobayashi, K. (2011). Relationship between subjective assessment of oral health and medical expenses in community-dwelling elderly persons. (Doctoral Dissertation). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/49530

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Harada, Eriko; Murata, Ayumi; Notani, Kenji; Moriya, Shingo; Muramatsu, Masumi; Kashiwazaki, Haruhiko; Kobayashi, Kunihiko. “Relationship between subjective assessment of oral health and medical expenses in community-dwelling elderly persons.” 2011. Doctoral Dissertation, Hokkaido University. Accessed November 20, 2017. http://hdl.handle.net/2115/49530.

MLA Handbook (7th Edition):

Harada, Eriko; Murata, Ayumi; Notani, Kenji; Moriya, Shingo; Muramatsu, Masumi; Kashiwazaki, Haruhiko; Kobayashi, Kunihiko. “Relationship between subjective assessment of oral health and medical expenses in community-dwelling elderly persons.” 2011. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

Harada, Eriko; Murata, Ayumi; Notani, Kenji; Moriya, Shingo; Muramatsu, Masumi; Kashiwazaki, Haruhiko; Kobayashi K. Relationship between subjective assessment of oral health and medical expenses in community-dwelling elderly persons. [Internet] [Doctoral dissertation]. Hokkaido University; 2011. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/49530.

Council of Science Editors:

Harada, Eriko; Murata, Ayumi; Notani, Kenji; Moriya, Shingo; Muramatsu, Masumi; Kashiwazaki, Haruhiko; Kobayashi K. Relationship between subjective assessment of oral health and medical expenses in community-dwelling elderly persons. [Doctoral Dissertation]. Hokkaido University; 2011. Available from: http://hdl.handle.net/2115/49530

22. Taylor, Kyle Rueben. The Ecologies of Borrelia spp. in Hokkaido, Japan.

Degree: 博士(獣医学), 獣医学, 2013, Hokkaido University

 The ecologies of Borrelia spp. are very specific to location, since they are dependent upon the spirochete species, the vectors, and the host vertebrates present.… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Taylor, K. R. (2013). The Ecologies of Borrelia spp. in Hokkaido, Japan. (Doctoral Dissertation). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/52271

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Taylor, Kyle Rueben. “The Ecologies of Borrelia spp. in Hokkaido, Japan.” 2013. Doctoral Dissertation, Hokkaido University. Accessed November 20, 2017. http://hdl.handle.net/2115/52271.

MLA Handbook (7th Edition):

Taylor, Kyle Rueben. “The Ecologies of Borrelia spp. in Hokkaido, Japan.” 2013. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

Taylor KR. The Ecologies of Borrelia spp. in Hokkaido, Japan. [Internet] [Doctoral dissertation]. Hokkaido University; 2013. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/52271.

Council of Science Editors:

Taylor KR. The Ecologies of Borrelia spp. in Hokkaido, Japan. [Doctoral Dissertation]. Hokkaido University; 2013. Available from: http://hdl.handle.net/2115/52271

23. 池ノ上, 真一. 竹富島における生活の持続のためのソーシャル・イノベーションに関する研究.

Degree: 博士(観光学), 観光学, 2013, Hokkaido University

本論文は、「大交流時代」(石森 2008:p.1)をむかえた現代において、ツーリズムが、訪問者(ゲスト)にとって魅力的で満足度の高い体験となるか、またその受け入れ地域(ホスト)がその特性を失うことなく継承的発展ができるか、それらの質をめぐる動態的な関係をいかに戦略的に構築するかが問われている。他方、現代の地域計画やまちづくり領域においても、自然環境や歴史的文化といった特性を継承し、かつ自律的に生活を創造するにあたって、ツーリズムという現象において外発的要因が地域内部におよぶ影響をいかに受け入れるか、その政策的対応が問われている。  本論文では、以上の問題意識をもって、観光学総論を背景に、とくに地域づくりにおける実践的方法論を追求考察した。研究の方法としては、沖縄県の一離島・竹富島の地域社会を主たる研究対象として取り上げ、そこにおける生活の持続のためにはツーリズム・インパクトを「同化1 」し、発展しうる社会的なしくみの構築が必要であることを示し、その構築プロセスにおいて引き起こされる改革を「ソーシャル・イノベーション」と呼んで、その実現のための条件を明らかにした。  このためには、当該地域が必要としている社会的なしくみとはいかなるものであるかについて言及せねばならない。そもそも地域とはいかなるものであり、その地域住民の生活の持続に必要な社会的なしくみとはいかなる構造を有しているのか、そして直面する地域課題を解決するためには、それらがいかなる過程を経て変革に至ることが求められるのかについて分析を進めた。

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

池ノ上, . (2013). 竹富島における生活の持続のためのソーシャル・イノベーションに関する研究. (Doctoral Dissertation). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/52516

Chicago Manual of Style (16th Edition):

池ノ上, 真一. “竹富島における生活の持続のためのソーシャル・イノベーションに関する研究.” 2013. Doctoral Dissertation, Hokkaido University. Accessed November 20, 2017. http://hdl.handle.net/2115/52516.

MLA Handbook (7th Edition):

池ノ上, 真一. “竹富島における生活の持続のためのソーシャル・イノベーションに関する研究.” 2013. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

池ノ上 . 竹富島における生活の持続のためのソーシャル・イノベーションに関する研究. [Internet] [Doctoral dissertation]. Hokkaido University; 2013. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/52516.

Council of Science Editors:

池ノ上 . 竹富島における生活の持続のためのソーシャル・イノベーションに関する研究. [Doctoral Dissertation]. Hokkaido University; 2013. Available from: http://hdl.handle.net/2115/52516

24. 戸井, 健太郎. 互酬的関係と課税 : 各論からの統合試論.

Degree: 博士(法学), 法学, 2013, Hokkaido University

本稿は、人のつながりを介した相互扶助や互酬的関係といった人間生活にとって不可欠の社会的な関係性が租税法の実定法秩序において如何に概念として把握され得るか、を租税法理論の立場から論じたものである。このような地域における相互扶助や人々の互酬的関係(を基調とする人的結合)に対して、社会科学としての法学の近接領域である社会学や政治学においては、各々公共性、民主主義、市民社会論、福祉国家論との関係や地域経済との関係等の面から、コミュニティ論やソーシャル・キャピタルや社会的連帯、地域コミュニティを基盤とする社会的包摂などについての分析検討が盛んに為されている。その一方で、これまで、租税法においては、互酬的関係や相互扶助関係について論じられたものは、管見の限りほとんど存在しない。このような学問状況の下で、筆者がこうした対象を租税法においても扱うべきであるとの着想を得るきっかけとなったのは、本稿においても検討することとなる、地域通貨活動事業に対する課税の可否が争われた、福祉NPO 流山訴訟である。この訴訟に対して下された司法判断は、地域通貨そのものが有する、互酬的関係や相互扶助といった概念を捨象して、地域通貨を一種のプリペイド・カードとして捉えたものであった。その上で、同判決は、会員の相互扶助的活動を本件の原告である福祉NPO による指示によるものと解して、NPO から会員への周旋業(法人税法施行令5条所定の収益事業)として認定した。本稿は、このような互酬的関係や相互扶助への租税法実定法秩序の非応答性を問題視して、このような関係性を租税法理論として論ずる可能性を探求するものである。もっとも、本稿の後の考察が示すとおり、私的領域における互酬的関係そのものを直ちに法律論の俎上にのぼすことは、国家が法によって扱うべき事柄の範囲についての措定作業を必要とするなど、概念そのものを直ちに扱おうとする総論的な考察方法には、幾多の困難な道のりが予想される。そこで、本稿では、ひとつひとつの検討素材からは必ずしも十分な知見が得られないことを自覚しつつも、互酬的関係と近接する素材を各論的に検討することから、互酬的関係を基調とする団体に対して如何に課税が為されるべきかの基本的考え方そのものを考察する、という方法を採用することとした。以下では、差し当たり、人びとの互酬や「社会的つながり」が法政策の目標として把握される場合において、それを促進すべき「政策」目的として捉えることに潜む問題点を指摘することから、本稿が構築しようとする議論の方向性を示すことにする。

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

戸井, . (2013). 互酬的関係と課税 : 各論からの統合試論. (Doctoral Dissertation). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/53197

Chicago Manual of Style (16th Edition):

戸井, 健太郎. “互酬的関係と課税 : 各論からの統合試論.” 2013. Doctoral Dissertation, Hokkaido University. Accessed November 20, 2017. http://hdl.handle.net/2115/53197.

MLA Handbook (7th Edition):

戸井, 健太郎. “互酬的関係と課税 : 各論からの統合試論.” 2013. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

戸井 . 互酬的関係と課税 : 各論からの統合試論. [Internet] [Doctoral dissertation]. Hokkaido University; 2013. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/53197.

Council of Science Editors:

戸井 . 互酬的関係と課税 : 各論からの統合試論. [Doctoral Dissertation]. Hokkaido University; 2013. Available from: http://hdl.handle.net/2115/53197

25. 三田村, 卓. Downregulation of miRNA-31 induces taxane resistance in ovarian cancer cells through increase of receptor tyrosine kinase MET.

Degree: 博士(医学), 医学, 2013, Hokkaido University

 Ovarian cancer is one of the most aggressive female reproductive tract tumors. Paclitaxel (PTX) is widely used for the treatment of ovarian cancer. However, ovarian… (more)

Subjects/Keywords: ovarian cancer; microRNA; MET; chemoresistance; paclitaxel

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

三田村, . (2013). Downregulation of miRNA-31 induces taxane resistance in ovarian cancer cells through increase of receptor tyrosine kinase MET. (Doctoral Dissertation). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/53260

Chicago Manual of Style (16th Edition):

三田村, 卓. “Downregulation of miRNA-31 induces taxane resistance in ovarian cancer cells through increase of receptor tyrosine kinase MET.” 2013. Doctoral Dissertation, Hokkaido University. Accessed November 20, 2017. http://hdl.handle.net/2115/53260.

MLA Handbook (7th Edition):

三田村, 卓. “Downregulation of miRNA-31 induces taxane resistance in ovarian cancer cells through increase of receptor tyrosine kinase MET.” 2013. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

三田村 . Downregulation of miRNA-31 induces taxane resistance in ovarian cancer cells through increase of receptor tyrosine kinase MET. [Internet] [Doctoral dissertation]. Hokkaido University; 2013. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/53260.

Council of Science Editors:

三田村 . Downregulation of miRNA-31 induces taxane resistance in ovarian cancer cells through increase of receptor tyrosine kinase MET. [Doctoral Dissertation]. Hokkaido University; 2013. Available from: http://hdl.handle.net/2115/53260

26. 保科, 大地. Studies on establishment of novel experimental model of human angiosarcoma and VEGF-targeting therapeutic experiment.

Degree: 博士(医学), 医学, 2013, Hokkaido University

 血管肉腫は、比較的まれな、最も悪性度の高い間葉系悪性腫瘍のひとつである(Coindre et al., 2001)。血管肉腫は様々な臓器に発生しうるが、最も頻度の高い発生部位は皮膚であり、特に高齢者の頭頸部皮膚に生じる(Rouhani et al., 2008)。治療としては、放射線療法や化学療法が施行されているが、しばしば高頻度に再発や転移を起こし、死の転帰を辿る。予後は不良であり、生存期間に関しては、5年生存率35%(Fayette et al., 2007)、もしくは生存期間の中央値は7ヶ月(Abraham et al., 2007)と報告されている。血管肉腫の病態は解明されていないことが多いが、その原因のひとつにヒト血管肉腫の実験モデルが非常に限られている点があげられる。ヒト血管肉腫の培養細胞は、過去にISO-HAS (Masuzawa et al., 1999) およびAS-M (Krump-Konvalinkova et al., 2003) の2つの培養細胞が報告されているのみである。ISO-HASは、マウス血管肉腫の培養上清がその細胞培養には必要であり、管理がやや煩雑であるという欠点がある。また、AS-Mはin vivoでの血管肉腫の組織を形成できないという欠点がある。なお、ヒト血管肉腫のin vivoの実験モデルを用いた治療実験はほとんど行われていない。このような状況が、ヒト血管肉腫に対する有効な治療の確立のための障壁となっているものと考えられる。血管内皮成長因子(vascular… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

保科, . (2013). Studies on establishment of novel experimental model of human angiosarcoma and VEGF-targeting therapeutic experiment. (Doctoral Dissertation). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/53201

Chicago Manual of Style (16th Edition):

保科, 大地. “Studies on establishment of novel experimental model of human angiosarcoma and VEGF-targeting therapeutic experiment.” 2013. Doctoral Dissertation, Hokkaido University. Accessed November 20, 2017. http://hdl.handle.net/2115/53201.

MLA Handbook (7th Edition):

保科, 大地. “Studies on establishment of novel experimental model of human angiosarcoma and VEGF-targeting therapeutic experiment.” 2013. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

保科 . Studies on establishment of novel experimental model of human angiosarcoma and VEGF-targeting therapeutic experiment. [Internet] [Doctoral dissertation]. Hokkaido University; 2013. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/53201.

Council of Science Editors:

保科 . Studies on establishment of novel experimental model of human angiosarcoma and VEGF-targeting therapeutic experiment. [Doctoral Dissertation]. Hokkaido University; 2013. Available from: http://hdl.handle.net/2115/53201

27. 高地, 伸夫. ロバスト特徴抽出と点群・画像の融合処理による三次元計測・モデリングとその遺跡、ビル建築物への応用.

Degree: 博士(情報科学), 情報科学, 2013, Hokkaido University

本研究は、三次元計測のためのロバストステレオマッチング法の開発と、デジタル写真測量法とレーザー計測法を融合させ、遺跡や建築物の三次元計測、モデリングを高精度かつ自動的に行うことを目的とする。そこで課題となるのは、照明変動やオクルージョン、幾何学的変形に強い自動ステレオマッチング法である。そして特徴のないシーンの画像間のステレオマッチング(左右画像の対応点探索)と標定(カメラの位置と姿勢算出)、レーザースキャナから取得された三次元点群と画像から計測した三次元点群との位置合せである。画像間のステレオマッチング法には、照明、オクルージョン、そして変形にロバストな拡張TIN-LSM法を開発する。この手法は、OCM(方向符号マッチング)法により得られた三次元データを粗密探索過程でLSM(最小二乗相関)法に統合することにより、高速かつ高精度な自動三次元計測を行うものである。ロバストステレオマッチング法はマネキンを計測し、0.26mmの高精度を得た。さらにこの性能評価を画像計測だけで実在するギリシア共和国とトルコ共和国の遺跡に適用して行い、作成図面と比較して10mm以内という十分実用的な結果を得た。次に、特徴のないシーンに対応するため、ステレオマッチングのための新しいロバストエッジ抽出法を検討した。それは、直線エッジの抽出により自動標定を行い、カメラ画像からエッジ特徴を利用してモデルを作成し、カメラ画像とレーザースキャナ点群からの三次元エッジにより位置合せを行うものこの成果として、撮影から三次元モデル統合まで計測機器分解能(4mm)と同等な高精度自動計測を達成し、画像的特徴(テクスチャ)のない建物形状をエッジ特徴により表現可能とした。

Subjects/Keywords: 3次元計測; ステレオマッチング; 方向符号照合; 直線エッジ抽出; デジタル写真測量; 地上据え置き型レーザスキャナ; 点群処理; 位置合せ; モデル統合

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

高地, . (2013). ロバスト特徴抽出と点群・画像の融合処理による三次元計測・モデリングとその遺跡、ビル建築物への応用. (Doctoral Dissertation). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/53209

Chicago Manual of Style (16th Edition):

高地, 伸夫. “ロバスト特徴抽出と点群・画像の融合処理による三次元計測・モデリングとその遺跡、ビル建築物への応用.” 2013. Doctoral Dissertation, Hokkaido University. Accessed November 20, 2017. http://hdl.handle.net/2115/53209.

MLA Handbook (7th Edition):

高地, 伸夫. “ロバスト特徴抽出と点群・画像の融合処理による三次元計測・モデリングとその遺跡、ビル建築物への応用.” 2013. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

高地 . ロバスト特徴抽出と点群・画像の融合処理による三次元計測・モデリングとその遺跡、ビル建築物への応用. [Internet] [Doctoral dissertation]. Hokkaido University; 2013. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/53209.

Council of Science Editors:

高地 . ロバスト特徴抽出と点群・画像の融合処理による三次元計測・モデリングとその遺跡、ビル建築物への応用. [Doctoral Dissertation]. Hokkaido University; 2013. Available from: http://hdl.handle.net/2115/53209

28. 佐々木, 裕子. 北西太平洋亜寒帯域およびベーリング海・チャクチ海における鯨類の空間分布様式 [全文の要約].

Degree: 博士(水産科学), 水産科学, 2013, Hokkaido University

鯨類は世界中の海に生息し、海洋の食物網における高次捕食者の一種である。鯨類は、種によって動物プランクトンや魚類およびイカ類などの生物を幅広く利用している。鯨類の餌消費量は1日当たり1,600 kg/個体(シロナガスクジラ)ともいわれ、その種数および生息数を考慮すると、餌となる生物種のバイオマスに大きな影響を与えていると考えられる。しかし、海洋生態系において鯨類を含む哺乳類の役割は非常に複雑なうえ、未解明な部分も多い。そのため、鯨類が海洋生態系の構造と機能に与える影響を把握するうえで、鯨類がいつ、どこに、どれだけ生息しているかを明らかにし、その分布様式の定量化が不可欠である。鯨類の分布様式と海洋環境の経年・季節変化との関係の解明には、大規模な洋上調査が必要である。しかし、大規模な調査には莫大なコストと時間を要するため、調査捕鯨終了後は、取得可能なデータを用いて鯨類生息域を推定することが重要である。そこで本研究では、鯨類目視データ、および衛星リモートセンシングデータを用いて、北西太平洋亜寒帯域に生息する鯨類の空間分布、北西太平洋亜寒帯域におけるイワシクジラとニタリクジラの棲み分け要因、およびベーリング海およびチャクチ海における鯨類生息域を明らかにすることを目的とした。

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

佐々木, . (2013). 北西太平洋亜寒帯域およびベーリング海・チャクチ海における鯨類の空間分布様式 [全文の要約]. (Thesis). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/53215

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

佐々木, 裕子. “北西太平洋亜寒帯域およびベーリング海・チャクチ海における鯨類の空間分布様式 [全文の要約].” 2013. Thesis, Hokkaido University. Accessed November 20, 2017. http://hdl.handle.net/2115/53215.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

佐々木, 裕子. “北西太平洋亜寒帯域およびベーリング海・チャクチ海における鯨類の空間分布様式 [全文の要約].” 2013. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

佐々木 . 北西太平洋亜寒帯域およびベーリング海・チャクチ海における鯨類の空間分布様式 [全文の要約]. [Internet] [Thesis]. Hokkaido University; 2013. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/53215.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

佐々木 . 北西太平洋亜寒帯域およびベーリング海・チャクチ海における鯨類の空間分布様式 [全文の要約]. [Thesis]. Hokkaido University; 2013. Available from: http://hdl.handle.net/2115/53215

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

29. 目黒, 悠一朗. The reproductive isolation mechanisms between the closely related nine-spined stickleback species,the freshwater type and the brackish water type of Pungitius pungitius,and its evolutionary interpretation for each of their speciation processes [an abstract of entire text].

Degree: 博士(水産科学), 水産科学, 2013, Hokkaido University

生物多様性は地球からの人類共有の財産であり、その価値は計り知れない。しかしながら、生物多様性の消失が日々進行している危機的状況において、生物多様性の創出・維持機構についての知見は未だ限られている。特に、種レベルにおける多様性は生物多様性保全において最も一般的かつ重要な保全指標であることからも、種の創出・維持機構について明らかにすることは生物学における重要な研究課題のひとつである。近年、種分化の初期状態にあると考えられるイトヨ種群を研究対象として、いかにして新たな種が創出されるのかについて多くの研究がなされ、種分化の初期段階におけるメカニズムについて重要な知見が蓄積されつつある。しかし、種分化の初期状態以降において強固な生殖的隔離が成立する要因をより深く理解するためには、種レベルの多様性に乏しいイトヨ属魚類に代わる新たなモデルシステムが待望されている。イトヨ属に近縁なトミヨ属魚類(トゲウオ科)は類似した生物学的特性や分布を有し、属内に8種以上という高い種多様性を有することから、新たなモデルシステムとして期待を集めている。近年、高橋洋博士らによって北半球広範をカバーするトミヨ属魚類の分子系統地理学的解析が行われ、極東アジア産トミヨ属魚類の進化史が推定されている(私信)。それによると、最終氷期における異所的隔離により、トミヨ属淡水型(以下、淡水型と略称)の祖先種とトミヨ属汽水型(以下、汽水型と略称)の祖先種が分岐した。その後、淡水型を含む多くの種が祖先種から派生し、次いで1万年頃までに近縁ではあるが直接の姉妹種関係にはない淡水型と汽水型が二次的接触をし、北海道の一部地域で現在見られるような同所的分布域を形成したと推定されている。そこで本研究では、近縁な淡水型と汽水型において2種の繁殖生態を明らかにするとともに、生殖的隔離の機構とその進化を解明することによって、2種それぞれの種分化プロセスについて考察することを目的とした。

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

目黒, . (2013). The reproductive isolation mechanisms between the closely related nine-spined stickleback species,the freshwater type and the brackish water type of Pungitius pungitius,and its evolutionary interpretation for each of their speciation processes [an abstract of entire text]. (Thesis). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/53224

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

目黒, 悠一朗. “The reproductive isolation mechanisms between the closely related nine-spined stickleback species,the freshwater type and the brackish water type of Pungitius pungitius,and its evolutionary interpretation for each of their speciation processes [an abstract of entire text].” 2013. Thesis, Hokkaido University. Accessed November 20, 2017. http://hdl.handle.net/2115/53224.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

目黒, 悠一朗. “The reproductive isolation mechanisms between the closely related nine-spined stickleback species,the freshwater type and the brackish water type of Pungitius pungitius,and its evolutionary interpretation for each of their speciation processes [an abstract of entire text].” 2013. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

目黒 . The reproductive isolation mechanisms between the closely related nine-spined stickleback species,the freshwater type and the brackish water type of Pungitius pungitius,and its evolutionary interpretation for each of their speciation processes [an abstract of entire text]. [Internet] [Thesis]. Hokkaido University; 2013. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/53224.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

目黒 . The reproductive isolation mechanisms between the closely related nine-spined stickleback species,the freshwater type and the brackish water type of Pungitius pungitius,and its evolutionary interpretation for each of their speciation processes [an abstract of entire text]. [Thesis]. Hokkaido University; 2013. Available from: http://hdl.handle.net/2115/53224

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

30. Jirawattanasomkul, Tidarut. Ultimate Shear Behavior and Modeling of Reinforced Concrete Members Jacketed by Fiber Reinforced Polymer and Steel.

Degree: 博士(工学), 工学, 2013, Hokkaido University

 Many existing reinforced concrete (RC) members built using old design codes are susceptible to catastrophic collapse during a major earthquake due to their insufficient shear… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Jirawattanasomkul, T. (2013). Ultimate Shear Behavior and Modeling of Reinforced Concrete Members Jacketed by Fiber Reinforced Polymer and Steel. (Doctoral Dissertation). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/53882

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Jirawattanasomkul, Tidarut. “Ultimate Shear Behavior and Modeling of Reinforced Concrete Members Jacketed by Fiber Reinforced Polymer and Steel.” 2013. Doctoral Dissertation, Hokkaido University. Accessed November 20, 2017. http://hdl.handle.net/2115/53882.

MLA Handbook (7th Edition):

Jirawattanasomkul, Tidarut. “Ultimate Shear Behavior and Modeling of Reinforced Concrete Members Jacketed by Fiber Reinforced Polymer and Steel.” 2013. Web. 20 Nov 2017.

Vancouver:

Jirawattanasomkul T. Ultimate Shear Behavior and Modeling of Reinforced Concrete Members Jacketed by Fiber Reinforced Polymer and Steel. [Internet] [Doctoral dissertation]. Hokkaido University; 2013. [cited 2017 Nov 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/53882.

Council of Science Editors:

Jirawattanasomkul T. Ultimate Shear Behavior and Modeling of Reinforced Concrete Members Jacketed by Fiber Reinforced Polymer and Steel. [Doctoral Dissertation]. Hokkaido University; 2013. Available from: http://hdl.handle.net/2115/53882

[1] [2] [3] [4] [5] … [218]

.