Advanced search options

Advanced Search Options 🞨

Browse by author name (“Author name starts with…”).

Find ETDs with:

in
/  
in
/  
in
/  
in

Written in Published in Earliest date Latest date

Sorted by

Results per page:

Sorted by: relevance · author · university · dateNew search

You searched for publisher:"Hokkaido University". Showing records 1 – 30 of 7969 total matches.

[1] [2] [3] [4] [5] … [266]

Search Limiters

Last 2 Years | English Only

Department

Levels

Languages

▼ Search Limiters

1. Zainal, Shamian. A study on ultra-low power and large-scale design of digital circuit for wireless communications.

Degree: PhD, Hokkaido University, 2010, Hokkaido University

 The continuous growth of recent mobile and portable devices has caused a push greater towards low-power circuit designs. Various methods and techniques have been found,… (more)

Subjects/Keywords: TK7800-8360 Electronics

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Zainal, S. (2010). A study on ultra-low power and large-scale design of digital circuit for wireless communications. (Doctoral Dissertation). Hokkaido University. Retrieved from http://eprints.uthm.edu.my/2853/

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Zainal, Shamian. “A study on ultra-low power and large-scale design of digital circuit for wireless communications.” 2010. Doctoral Dissertation, Hokkaido University. Accessed January 20, 2019. http://eprints.uthm.edu.my/2853/.

MLA Handbook (7th Edition):

Zainal, Shamian. “A study on ultra-low power and large-scale design of digital circuit for wireless communications.” 2010. Web. 20 Jan 2019.

Vancouver:

Zainal S. A study on ultra-low power and large-scale design of digital circuit for wireless communications. [Internet] [Doctoral dissertation]. Hokkaido University; 2010. [cited 2019 Jan 20]. Available from: http://eprints.uthm.edu.my/2853/.

Council of Science Editors:

Zainal S. A study on ultra-low power and large-scale design of digital circuit for wireless communications. [Doctoral Dissertation]. Hokkaido University; 2010. Available from: http://eprints.uthm.edu.my/2853/

2. Yanagawa, Yojiro. Characteristics of reproductive physiology during conception period and maintenance of pregnancy in Hokkaido sika deer (Cervus nippon yesoensis).

Degree: 博士(獣医学), 獣医学, 2009, Hokkaido University

 There are many species of boreal or temperate deer (Lincoln 1992) and they are short-day breeders (Sadleir 1987, Lincoln 1985, Loudon and Brinklow 1992) mating… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Yanagawa, Y. (2009). Characteristics of reproductive physiology during conception period and maintenance of pregnancy in Hokkaido sika deer (Cervus nippon yesoensis). (Doctoral Dissertation). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/38268

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Yanagawa, Yojiro. “Characteristics of reproductive physiology during conception period and maintenance of pregnancy in Hokkaido sika deer (Cervus nippon yesoensis).” 2009. Doctoral Dissertation, Hokkaido University. Accessed January 20, 2019. http://hdl.handle.net/2115/38268.

MLA Handbook (7th Edition):

Yanagawa, Yojiro. “Characteristics of reproductive physiology during conception period and maintenance of pregnancy in Hokkaido sika deer (Cervus nippon yesoensis).” 2009. Web. 20 Jan 2019.

Vancouver:

Yanagawa Y. Characteristics of reproductive physiology during conception period and maintenance of pregnancy in Hokkaido sika deer (Cervus nippon yesoensis). [Internet] [Doctoral dissertation]. Hokkaido University; 2009. [cited 2019 Jan 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/38268.

Council of Science Editors:

Yanagawa Y. Characteristics of reproductive physiology during conception period and maintenance of pregnancy in Hokkaido sika deer (Cervus nippon yesoensis). [Doctoral Dissertation]. Hokkaido University; 2009. Available from: http://hdl.handle.net/2115/38268

3. Kim, Hye Seon. Ecological and physiological studies of euphausiids in the Oyashio region, western subarctic Pacific.

Degree: 博士(水産科学), 水産科学, 2009, Hokkaido University

 (1) The present study was made to fill the gap of our knowledge about biological (early larval morphology), ecological (abundance, biomass, life cycle) and physiological… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Kim, H. S. (2009). Ecological and physiological studies of euphausiids in the Oyashio region, western subarctic Pacific. (Doctoral Dissertation). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/38346

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Kim, Hye Seon. “Ecological and physiological studies of euphausiids in the Oyashio region, western subarctic Pacific.” 2009. Doctoral Dissertation, Hokkaido University. Accessed January 20, 2019. http://hdl.handle.net/2115/38346.

MLA Handbook (7th Edition):

Kim, Hye Seon. “Ecological and physiological studies of euphausiids in the Oyashio region, western subarctic Pacific.” 2009. Web. 20 Jan 2019.

Vancouver:

Kim HS. Ecological and physiological studies of euphausiids in the Oyashio region, western subarctic Pacific. [Internet] [Doctoral dissertation]. Hokkaido University; 2009. [cited 2019 Jan 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/38346.

Council of Science Editors:

Kim HS. Ecological and physiological studies of euphausiids in the Oyashio region, western subarctic Pacific. [Doctoral Dissertation]. Hokkaido University; 2009. Available from: http://hdl.handle.net/2115/38346

4. Hara, Yoko. Studies on Infection and Propagation of Neurotropic Viruses in Cultured Dorsal Root Ganglia Cells.

Degree: 博士(獣医学), 獣医学, 2009, Hokkaido University

神経伝播を示すウイルスは末梢神経系から中枢神経系へと神経を伝播し、致死的な脳炎・脳症を惹起する。神経伝播を示すウイルスとしては、狂犬病ウイルス、単純ヘルペスウイルス、ボルナ病ウイルス、オーエスキー病ウイルス、豚血球凝集性脳脊髄炎ウイルスなどが挙げられる。これらのウイルスの神経細胞内での感染および増殖機構を明らかにすることは、ウイルスの性状を理解する上でも、これらのウイルス感染による疾患の予防・治療法を開発する上でも重要である。脊髄背根神経節(DRG)は中枢神経系へのウイルスの侵入門戸またはウイルス増殖の場として重要な役割を果たしており、DRG 細胞はこれまでに神経親和性ウイルスの感染および伝播メカニズムを解明するための実験に利用されてきた。当研究室では、これまでに新生マウスDRG 初代培養細胞を用いたin vitro の実験系で高病原性トリインフルエンザウイルスの神経伝播の証明を行い、さらに細胞骨格阻害剤を用いてこの伝播が微小管依存性軸索輸送とは異なることを報告している。本研究では神経伝播を示すウイルスとして、豚血球凝集性脳脊髄炎ウイルス(HEV)、オーエスキー病ウイルス(PRV)、狂犬病ウイルス(RV)を選択し、これらの感染および増殖について新生マウスDRG 初代培養細胞を用いたin vitro 実験系で検索した。第1 章では、HEV の神経細胞における感染および増殖と細胞骨格との関連について、微小管依存性に細胞内輸送をされることが証明されているPRV と比較検討した。まず、新生マウスのDRG 初代培養細胞にHEV またはPRV を接種し、その感染性を免疫蛍光染色により検討した。その結果DRG 神経細胞では、HEV およびPRV 共にウイルス抗原が認められた。一方、非神経細胞(シュワン細胞および線維芽細胞)においては、ウイルス抗原がPRVでは認められたが、HEV では全く認められなかった。また、微小管または中間径フィラメントの選択的阻害により、DRG 神経細胞におけるHEV およびPRV の感染は有意に抑制された。これらの成績から、PRV と比較してHEV の感染はより強い神経細胞特異性を有すること、および神経細胞での感染はPRV と同様に微小管と中間径フィラメントに依存することが明らかとなった。第2 章では、非常に強い神経親和性を有し、末梢神経から中枢神経系へと神経伝播することが報告されているRV を用いて、同様の実験を行った。RV の検出にはnucleoprotein(N 蛋白)に対するモノクローナル抗体を用いた。RV 抗原は神経細胞と非神経細胞のいずれにおいても検出されたが、神経細胞の抗原陽性細胞数はHEV やPRV と比較して低値であった。また、微小管、中間径フィラメント、マイクロフィラメントの選択的阻害により、RV 抗原陽性細胞数に有意な変化は認められなかった。以上の成績より、RV 抗原陽性細胞数の低値は、神経細胞内での増殖速度もしくは伝達速度の遅さによるものと推察され、これが動物およびヒトの狂犬病における潜伏期間の長さと関連している可能性が考えられた。RV の感染および輸送が微小管およびアクチンフィラメントに依存することが過去に報告されており、今回の成績と異なる理由については、ウイルス粒子の輸送およびパッケージングにはこれらの細胞骨格成分が関与するが、ウイルスN 蛋白は微小管およびアクチンフィラメントとは独立した機構により合成される可能性が推察された。また、RV の非神経細胞への感染が認められたことから、これらの細胞がRV の神経細胞内での感染および増殖の支持細胞として関与している可能性と、シュワン細胞における感染がRV の神経伝播に関与する可能性が考えられた。以上の結果は神経親和性ウイルスの感染および伝播様式の多様性を示唆しており、これらのウイルス感染症の予防・治療法を開発する上で重要な知見と考えられた。

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Hara, Y. (2009). Studies on Infection and Propagation of Neurotropic Viruses in Cultured Dorsal Root Ganglia Cells. (Doctoral Dissertation). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/38475

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Hara, Yoko. “Studies on Infection and Propagation of Neurotropic Viruses in Cultured Dorsal Root Ganglia Cells.” 2009. Doctoral Dissertation, Hokkaido University. Accessed January 20, 2019. http://hdl.handle.net/2115/38475.

MLA Handbook (7th Edition):

Hara, Yoko. “Studies on Infection and Propagation of Neurotropic Viruses in Cultured Dorsal Root Ganglia Cells.” 2009. Web. 20 Jan 2019.

Vancouver:

Hara Y. Studies on Infection and Propagation of Neurotropic Viruses in Cultured Dorsal Root Ganglia Cells. [Internet] [Doctoral dissertation]. Hokkaido University; 2009. [cited 2019 Jan 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/38475.

Council of Science Editors:

Hara Y. Studies on Infection and Propagation of Neurotropic Viruses in Cultured Dorsal Root Ganglia Cells. [Doctoral Dissertation]. Hokkaido University; 2009. Available from: http://hdl.handle.net/2115/38475

5. Sakai, Noriaki. The genetic bases of inter- and intrastrain differences in CYP2D-dependent drug metabolism in rats.

Degree: 博士(獣医学), 獣医学, 2009, Hokkaido University

 The rat is an important model for understanding human physiology and disease. The rat contributes to the biomedical researches of human cardiovascular disease, diabetes, arthritis… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Sakai, N. (2009). The genetic bases of inter- and intrastrain differences in CYP2D-dependent drug metabolism in rats. (Doctoral Dissertation). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/39716

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Sakai, Noriaki. “The genetic bases of inter- and intrastrain differences in CYP2D-dependent drug metabolism in rats.” 2009. Doctoral Dissertation, Hokkaido University. Accessed January 20, 2019. http://hdl.handle.net/2115/39716.

MLA Handbook (7th Edition):

Sakai, Noriaki. “The genetic bases of inter- and intrastrain differences in CYP2D-dependent drug metabolism in rats.” 2009. Web. 20 Jan 2019.

Vancouver:

Sakai N. The genetic bases of inter- and intrastrain differences in CYP2D-dependent drug metabolism in rats. [Internet] [Doctoral dissertation]. Hokkaido University; 2009. [cited 2019 Jan 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/39716.

Council of Science Editors:

Sakai N. The genetic bases of inter- and intrastrain differences in CYP2D-dependent drug metabolism in rats. [Doctoral Dissertation]. Hokkaido University; 2009. Available from: http://hdl.handle.net/2115/39716

6. Soda, Kosuke. Studies on the development of vaccine and molecular basis of pathogenicity of avian influenza viruses for chicken.

Degree: 博士(獣医学), 獣医学, 2010, Hokkaido University

1997年以来、H5またはH7ウイルスの感染に因る高病原性鳥インフルエンザ(HPAI)の発生が続いている。筆者はインフルエンザAウイルスの自然宿主である野生水禽に維持されているH5またはH7ウイルスとHPAIウイルス間でヘマグルチニン(HA)の抗原性が類似していることを示した。本結果に基づき、野生水禽から分離された非病原性鳥インフルエンザウイルスを元に、A/duck/Hokkaido/Vac-1/2004 (H5N1) [Vac-1/04 (H5N1)]、A/duck/Hokkaido/Vac-3/2007 (H5N1)、およびA/duck/Hokkaido/Vac-2/2004 (H7N7)[Vac-2/04 (H7N7)]をワクチン候補株として作出した。ホルマリン不活化したVac-1/04 (H5N1) を100μg皮下接種したマウスは、HPAIウイルスVietnam/1194/2004 (H5N1)の致死量の攻撃に耐過した。Vac-1/04 (H5N1)およびVac-2/04 (H7N7)によって試製したワクチンを接種したニワトリおよびサルは、HPAIウイルスの攻撃に耐過した。以上の結果は野生水禽から分離した非病原性ウイルスがHPAIウイルスに因る感染症に対するワクチン株として有用であることを示している。一方で、ワクチンの濫用はHPAIウイルスの見えない流行拡大を助長する恐れがある。ワクチン接種に依存しHPAI対策の基本である摘発淘汰が疎かとなっている地域では、抗原変異ウイルスの出現を招くと共に、人の感染例が増加している。本研究で確立したワクチン株と流行株間の交差反応性を調べると共に、世界各国が摘発淘汰を基本とした対策を行い、鳥インフルエンザを封じ込める必要がある。H5またはH7ウイルスに因るHPAIに加え、近年低病原性H9N2ウイルスによる鳥インフルエンザの発生がアジア・中近東で続いており、家禽に甚大な被害を及ぼしている。従ってH9ウイルスがH5およびH7ウイルスのように家禽に対する高い病原性を獲得し得るかどうかを確認しておくことは防疫上重要である。本研究において、H9ウイルスのHA開裂部位にHPAIウイルスに見られる塩基性アミノ酸の連続配列を人工的に導入し、さらにヒヨコの気嚢内で10代継代したウイルス、rgY55sub-P10 (H9N2)はニワトリに対して静脈内接種病原性を示した。HA 開裂部位に導入した塩基性アミノ酸、および継代によって起こったアミノ酸の置換がニワトリに対する高い病原性に関与するものと考えられる。rgY55sub-P10 (H9N2)はMDCK細胞における増殖に外来性のトリプシン(ニワトリの呼吸器・腸管に局在)を必要としなかったが、本株を鼻腔内に接種したニワトリはH5ウイルスを接種した場合と異なり全く症状を示さなかった。本結果はニワトリ体内のユビキタスなプロテアーゼによるHAの開裂活性化はウイルスの全身感染に必要であるが、十分条件ではないことを示している。H5ウイルスはH9ウイルスに比べニワトリの血管内皮細胞で効率的に増殖してウイルス血症を引き起こし、さらに脳に侵入して高い病原性を発揮するものと考える。本研究では、H9N2ウイルスが静脈内接種病原性を獲得し得ることを示した。H9ウイルスはニワトリに細菌と共感染すると、鼻腔内接種病原性が増強することが報告されている。HA開裂部位に塩基性アミノ酸の置換変異を有するウイルスが実際に野外のニワトリから分離されており、このようなウイルスが鶏群内で感染を繰り返すことによって、静脈内接種病原性に加え鼻腔内接種病原性を獲得する恐れがあるので、監視を続ける必要がある。本研究で得られた成績は野生水禽および家禽におけるインフルエンザサーベイランスが、1) 環境中のウイルスの抗原性を把握する、2) HPAIに対するワクチン株を得る、3) 新たなHPAIウイルスの出現予測、のために重要であることを示している。

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Soda, K. (2010). Studies on the development of vaccine and molecular basis of pathogenicity of avian influenza viruses for chicken. (Doctoral Dissertation). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/42815

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Soda, Kosuke. “Studies on the development of vaccine and molecular basis of pathogenicity of avian influenza viruses for chicken.” 2010. Doctoral Dissertation, Hokkaido University. Accessed January 20, 2019. http://hdl.handle.net/2115/42815.

MLA Handbook (7th Edition):

Soda, Kosuke. “Studies on the development of vaccine and molecular basis of pathogenicity of avian influenza viruses for chicken.” 2010. Web. 20 Jan 2019.

Vancouver:

Soda K. Studies on the development of vaccine and molecular basis of pathogenicity of avian influenza viruses for chicken. [Internet] [Doctoral dissertation]. Hokkaido University; 2010. [cited 2019 Jan 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/42815.

Council of Science Editors:

Soda K. Studies on the development of vaccine and molecular basis of pathogenicity of avian influenza viruses for chicken. [Doctoral Dissertation]. Hokkaido University; 2010. Available from: http://hdl.handle.net/2115/42815

7. Nakagawa, Emiko. Skull morphology and genetic variation of the Kuril harbor seal (Phoca vitulina stejnegeri) and the spotted seal (Phoca largha) around Hokkaido, Japan.

Degree: 博士(獣医学), 獣医学, 2010, Hokkaido University

北海道沿岸には5種のアザラシ類が生息あるいは回遊しており,中でも個体数が多いのがゼニガタアザラシおよびゴマフアザラシである.近年,両種ともに個体数の増加が報告されており,それに伴って沿岸漁業への被害や混獲によるアザラシの死亡個体数も増加している.沿岸生態系において高次捕食者に位置するアザラシ類の個体数変動は,下位の生物相にも大きな影響を与える.日本で唯一通年生息しているゼニガタアザラシは絶滅危惧ⅠB類として環境省が管理しており,北海道内では個体数の60%以上がえりもと厚岸に集中している.それに対して,冬から春に北海道の日本海およびオホーツク海沿岸に来遊するゴマフアザラシは,環境省ではなく北海道の管理下にある.アザラシの漁業被害量や混獲死亡個体数は地域差が大きく,さらに両種が同所的に生息している地域もある.しかし,それらの多くはどちらか一方を対象としたものであり,分類学的に近縁な2種の相違をより明確にするためには,2種を対象とした比較研究が必要である.本研究では,北海道沿岸に生息するゼニガタアザラシとゴマフアザラシについて,形態学的および遺伝学的比較を行った.ゼニガタアザラシとゴマフアザラシの成長に伴う頭蓋骨形態の変化を調べたところ,ゼニガタアザラシでは幼獣の段階から雌雄差が認められた.また,ゴマフアザラシよりもゼニガタアザラシの方が大型であることもすべての成長段階で認められた.ゴマフアザラシは1980年代には雌雄差がほとんど認められないと報告されていたが,本研究では特に咀嚼機能に関与する計測部位で雌雄差が認められた.これは近年の個体数増加に伴って,繁殖競争や餌生物を巡る競争が激化したためではないかと考えられた.成長段階による頭蓋骨の非計測的特徴の変化を調べたところ,側頭頬骨縫合と鼻骨切歯縫合の形状には種差が認められた.また,両種は幼獣の段階では特徴が類似しているが,成長に伴ってゼニガタアザラシの形状が変化して種差が明確になっていくことが明らかとなった.mtDNA・チトクロームb領域配列の解析の結果,ゼニガタアザラシではえりもの個体のハプロタイプ多様度が他に比べて低く,系統樹でも厚岸や納沙布の個体とは異なる集団に分かれることが認められた.このことから,北海道沿岸のゼニガタアザラシはえりも個体群と道東個体群が存在することが明らかとなった.それに対して,ゴマフアザラシのハプロタイプは多様であり,系統樹でも明確な地域個体群を認めることは出来なかった.この個体群の有無は両種の生態学的相違を反映しており,上陸場への定着性の強いゼニガタアザラシが明確な地域個体群を示したのに対して,回遊性があり特定の上陸場への定着性があまりみられないゴマフアザラシには地域個体群が認められないということが確認された.mtDNAとSRYによる両種の種間交雑判定を試みたところ,えりものゼニガタアザラシ28個体中1個体とゴマフアザラシ5個体中2個体で,斑紋と異なる種のmtDNAハプロタイプを持つことが確認された.その他の地域では,すべての個体は斑紋と同じ種のmtDNAハプロタイプを示した.しかし,SRY配列を調べたところ,ゼニガタアザラシとゴマフアザラシは同じ配列であり,SRYハプロタイプを利用して交雑判定を行うことは不可能であった.しかし斑紋とmtDNAハプロタイプが異なる個体が確認されたことから,えりもで種間交雑が生じている可能性が考えられた.本研究の結果から,北海道沿岸に生息するゼニガタアザラシとゴマフアザラシの頭蓋骨形態の成長に伴う特徴,mtDNAによる地域個体群の存在有無,種間交雑個体の存在の可能性が示された.特に,えりも地域では遺伝的特異性の高いゼニガタアザラシの地域個体群が認められるとともに,ゴマフアザラシとの交雑が生じている可能性も考えられた.従って,北海道におけるアザラシ類の保護管理を行う上で,えりも地域のモニタリングを重点的に進める必要があると考えられた.アザラシ類や沿岸漁業を含めた沿岸生態系の保全管理を実行していくにあたり,本研究の結果を基盤として,更に多様な調査研究へと発展させていくことが望まれる.

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Nakagawa, E. (2010). Skull morphology and genetic variation of the Kuril harbor seal (Phoca vitulina stejnegeri) and the spotted seal (Phoca largha) around Hokkaido, Japan. (Doctoral Dissertation). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/42813

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Nakagawa, Emiko. “Skull morphology and genetic variation of the Kuril harbor seal (Phoca vitulina stejnegeri) and the spotted seal (Phoca largha) around Hokkaido, Japan.” 2010. Doctoral Dissertation, Hokkaido University. Accessed January 20, 2019. http://hdl.handle.net/2115/42813.

MLA Handbook (7th Edition):

Nakagawa, Emiko. “Skull morphology and genetic variation of the Kuril harbor seal (Phoca vitulina stejnegeri) and the spotted seal (Phoca largha) around Hokkaido, Japan.” 2010. Web. 20 Jan 2019.

Vancouver:

Nakagawa E. Skull morphology and genetic variation of the Kuril harbor seal (Phoca vitulina stejnegeri) and the spotted seal (Phoca largha) around Hokkaido, Japan. [Internet] [Doctoral dissertation]. Hokkaido University; 2010. [cited 2019 Jan 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/42813.

Council of Science Editors:

Nakagawa E. Skull morphology and genetic variation of the Kuril harbor seal (Phoca vitulina stejnegeri) and the spotted seal (Phoca largha) around Hokkaido, Japan. [Doctoral Dissertation]. Hokkaido University; 2010. Available from: http://hdl.handle.net/2115/42813

8. Murata, Ryo. Studies on the natural transmission cycle of West Nile virus and the antibody survey in birds.

Degree: 博士(獣医学), 獣医学, 2010, Hokkaido University

ウエストナイルウイルス(WNV)は蚊によって媒介される人獣共通感染症の原因ウイルスである。自然界では野鳥と蚊の間でウイルスの感染環が維持されている。ヒトやウマは髄膜炎や脳炎を発症し、重篤な症例では死に至る。1999年、ニューヨーク(NY)市で北米では初めてWNVが確認され、その後わずか数年でアメリカ合衆国全域に流行が拡大した。WNVは1990年代前半まで病原性の低いウイルスであると考えられてきたが、近年北米で流行している株はヒトやウマだけでなく自然宿主である鳥類に対しても強い病原性を示す。ヒト用の効果的なワクチンや治療法は未だ開発されておらず、WNVの生物学的・生態学的特性を明らかにすることが公衆衛生上重要である。現在WNVの分布域は北米大陸だけでなく、南米大陸およびロシアにおいても拡大しており、ウイルスが渡り鳥や物流を介して日本や東アジア諸国に侵入する危険がある。日本国内でのWNVの流行はまだ報告されていないが、日本にはWNVを媒介可能な蚊と増幅動物となる鳥類が多く生息し、またWNVに近縁で血清学的に交差反応を示す日本脳炎ウイルス(JEV)が常在している。JEVは豚だけでなく野鳥も宿主とすることから、日本や東アジアにWNVが侵入した場合、両ウイルスが野鳥に重感染する可能性がある。鳥類における両ウイルスの感染を鑑別可能な診断法の確立も急務である。これらの背景から以下の研究を行った。第一章では、WNVのエンベロープ(E)蛋白質上への糖鎖付加がウイルスの増殖に与える影響を調べた。多くの病原性の弱いWNV株はE蛋白質上にN型糖鎖付加部位を欠損しており、WNV NY株を含む近年の病原性の強いウイルス株は糖鎖付加部位を持つ。このことから、WNVの強毒化には糖鎖付加が関連している可能性がある。以前の研究で、WNV NY株からE蛋白質上にN型糖鎖付加部位を持つLP株と糖鎖付加部位を持たないSP株を単離した。LP株はSP株に比べてマウス末梢での増殖性が高く、神経侵襲性毒力も強いことが判明している。本研究では、WNVのE蛋白質上への糖鎖付加がウイルスの増殖および伝播に与える影響を明らかにすることを目的とした。自然宿主内でのLP株とSP株の増殖性や病原性を調べるために、鶏雛およびアカイエカを用いて感染実験を行った。LP株を接種した鶏雛ではほぼ全ての個体が死亡したが、SP株接種群では半数以上が生き残った。また、LP株を接種した個体にのみ重度の壊死性心筋炎が観察されたことから、LP株は鶏雛に対してSP株に比べて高い病原性を有することが判明した。鶏雛血清中のウイルス量を経時的に測定したところ、接種後1~7日目まで、LP株はSP株に比べて常に10倍以上高いウイルス血症を示した。一方でアカイエカにLP株とSP株を胸腔内接種または吸血感染させたところ、両株の間に増殖性の差は認められなかった。次に、各ウイルス株の増殖性を調べるために、WNVの宿主となる哺乳類、鳥類および蚊に由来する培養細胞を用いて経時的なウイルスの増殖性を調べた。哺乳類由来細胞(BHK)および鳥類由来細胞(QT6)において、高温培養条件下ではLP株がSP株より10倍以上高い増殖性を示した。しかし蚊由来細胞(C6/36)においては両株の増殖性に差は見られなかった。これらの結果から、WNVのE蛋白質上糖鎖付加はウイルスの増殖性、特に鳥類宿主における高いウイルス血症に関与していることが示唆された。鳥類内でのウイルス血症が高ければ、蚊は高率にWNVに感染するため、この糖鎖付加が自然界における効率的なWNV感染環成立に寄与しているのではないかと考えられた。第二章では、ウエストナイルウイルスの極東ロシアの野鳥における抗体調査を行った。アメリカ大陸だけでなくロシアでもWNVは検出されており、近年その分布域が拡大している。極東ロシアでのWNV流行状況は良く調べられていないが、もしこれらの地域にもWNVが分布しているならば、近接する東アジア諸国へとウイルスが侵入してくる危険性がある。日本を含む東アジアにはWNVに近縁で同じ日本脳炎ウイルス血清型群に属するJEVが常在している。両ウイルスは抗原的に交差反応性を示すため、血清診断による鑑別が難しい。本研究では、信頼性の高い血清診断法である中和試験を用いて両ウイルスの交差反応性を評価した。また、日本に近接する極東ロシアにおいて野鳥の疫学調査を行い、中和試験による血清中の抗WNV抗体の検出を試みた。中和試験の特異性を検討するため、2日齢の鶏雛にJEVもしくはWNVを皮下接種し、一部の個体には3週間後に他方のウイルスを重感染させた。JEVまたはWNVを単独感染させた鶏雛血清についてフォーカス減少法による中和試験を実施したところ、それぞれのウイルスに対する中和抗体を特異的に検出することができた。またJEVとWNVを重感染させた鶏雛では、どちらのウイルスを先に接種しても両ウイルスに対する中和抗体が検出されることが判った。次に、極東ロシアにおけるWNVの浸淫状況を把握するため、野鳥における血清疫学調査を行った。野鳥が多く生息し、渡り鳥の中継地となるハンカ湖やアニュイ川、ホル川で2005年8月と2006年8月に合計152羽の野鳥を捕獲した。回収した野鳥の腎臓からRNAを抽出し、Real-Time PCR法によってWNV遺伝子の検出を試みたが全て陰性であった。一方、中和試験を用いて野鳥血清中の抗体測定を行ったところ、145検体中21検体(14.5%)でWNVに対する中和抗体が検出された。WNVに対する抗体が検出された鳥類種はカモ目やチドリ目、ハト目に属し、WNV感染によって高いウイルス血症を生じることが知られているものであった。WNV抗体陽性検体についてはJEVに対する中和試験も実施したが、ほとんどの検体でJEVに対する中和抗体価よりもWNV中和抗体価が4倍以上高く、この中和試験の結果はJEVに対する交差反応によるものではないことが判った。これらWNV抗体陽性の野鳥には、留鳥であるドバトやキジバトが含まれ、極東ロシアの野鳥間でWNVが流行していることが示唆された。また、その他の野鳥は全て渡り鳥であるため、日本や東アジア諸国へのWNV侵入の危険性が高まっていると思われる。これらの結果から、今後もロシアやロシアに隣接する地域における疫学調査を継続していくことが重要であると考えられた。

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Murata, R. (2010). Studies on the natural transmission cycle of West Nile virus and the antibody survey in birds. (Doctoral Dissertation). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/42812

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Murata, Ryo. “Studies on the natural transmission cycle of West Nile virus and the antibody survey in birds.” 2010. Doctoral Dissertation, Hokkaido University. Accessed January 20, 2019. http://hdl.handle.net/2115/42812.

MLA Handbook (7th Edition):

Murata, Ryo. “Studies on the natural transmission cycle of West Nile virus and the antibody survey in birds.” 2010. Web. 20 Jan 2019.

Vancouver:

Murata R. Studies on the natural transmission cycle of West Nile virus and the antibody survey in birds. [Internet] [Doctoral dissertation]. Hokkaido University; 2010. [cited 2019 Jan 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/42812.

Council of Science Editors:

Murata R. Studies on the natural transmission cycle of West Nile virus and the antibody survey in birds. [Doctoral Dissertation]. Hokkaido University; 2010. Available from: http://hdl.handle.net/2115/42812

9. Tanaka, Tomohisa. Establishment and Pathology of a Murine Model of Influenza Virus-Associated Encephalopathy.

Degree: 博士(獣医学), 獣医学, 2010, Hokkaido University

インフルエンザ脳症 (IAE) はインフルエンザウイルス感染に伴う致死的な中枢神経疾患の一つである。本邦では毎年100例前後の患者がみられ、5歳以下の幼児での発生が全体の約8割を占めている。死亡率は約30%と高く、神経学的後遺症が遺残することも多いため、効果的な治療・予防法の確立が急務である。本疾患の特徴的な臨床所見はインフルエンザによる発熱の直後に現れる左右対称性の急性脳浮腫で、その後しばしば播種性血管内凝固、多臓器不全の続発を伴うことがある。患者剖検例の病理組織学的検査では脳血管の障害による血液脳関門 (BBB) の破綻が明らかであるため、急性経過での血管障害がIAEの基盤病変であると考えられている。本疾患の発症メカニズムに関しては解明されていない点が多く、動物モデルもこれまでに報告されていない。患者の中枢神経系からはインフルエンザウイルスが分離されないことから、ウイルス感染による直接的な脳組織傷害が本疾患の原因である可能性は低いと考えられる。一方、患者の血液中にはTNF-α、IL-1β、IL-6などの炎症性サイトカインの上昇が認められることが多い。これら炎症性サイトカインの血中濃度とIAEの重篤度が比例することから、サイトカイン血症による急性の血管障害がIAEの原因であるという説が有力である。インフルエンザ脳症の病理組織学的所見がエンドトキセミアによる脳症と類似することから、本論文の第1章では、インフルエンザAウイルス (IAV) 感染乳のみマウスへのリポポリサッカライド (LPS) 投与によるIAEモデルの作出を試みた。IAVとLPSを接種したマウス (IAV+LPS群) ではLPS単独接種群のマウスに比べ、神経病原性と脳血管透過性の亢進がより重度に発現することが分かった。病理組織学的検索では、IAV+LPS群の脳に微小出血、浮腫および好中球浸潤が認められ、同群マウスはIAEと同様の血管障害による脳症を示していた。IAV+LPS群マウスの血漿では、IAVまたはLPSを接種したマウスに比べ、TNF-α、IL-6が有意に上昇しており、IAE患者の血清学的検査所見に一致していた。また、IAV+LPS群マウスの脳にはIAVの感染は認められなかった。同群マウスで観察された脳病変、血中サイトカイン動態、および脳におけるIAVの不在がIAEの特徴に一致していたことから、IAV感染乳のみマウスはLPS接種によりIAE類似脳症を示し、IAEの病態モデルとなることが明らかにされた。本論文の第2章では、IAV+LPS接種マウスにおけるIAE様脳病変の形成メカニズムを病理学的に解析した。その結果、IAV+LPS群マウスの脳ではIAVまたはLPS接種群と比べ、アポトーシス細胞の増加がみられた。アポトーシスは主に脳の血管周囲で見られ、その一部は血管内皮様の紡錘形細胞だった。また、アポトーシス陽性細胞の一部はアストロサイトのマーカーに対して陽性を示した。アストロサイトと血管内皮細胞はBBBの機能と密接に関係しており、IAV+LPS群マウスでは、これらの細胞のアポトーシスによるBBBの破綻がIAE様脳病変を引き起こす一因になっていることが示唆された。一方、脳血管内皮細胞に発現するタイトジャンクション (TJ) 蛋白質の発現量を比較したところ、マウス群間での有意な差は認められなかった。このことから、IAV+LPS群マウスのIAE様脳症の形成にはTJの機能低下による内皮細胞間透過性の亢進は重要な要因ではないと考えられた。過去の報告によると、IAE患者の脳グリア細胞や血管内皮細胞においてもアポトーシスの増加が示されており、本実験のIAV+LPS群マウスの脳症病変はIAEと共通のメカニズムにより形成されていることが示唆された。本論文では、乳のみマウスにおいてIAVの肺感染がLPS誘発性の脳症および炎症性サイトカイン産生を増強させることを示した。同処置を行ったマウスの脳の病理組織像、血中サイトカイン動態およびウイルス分布はIAEの特徴に一致した。また、その脳症病変の形成には脳血管内皮細胞とアストロサイトのアポトーシスが関与しており、本実験のIAV+LPSマウスではIAEと共通のメカニズムにより脳症病変が形成されていると考えられた。また、IAV+LPS群マウスでは血中サイトカイン濃度の上昇が脳におけるアポトーシス誘導の引き金となっていると考えられ、ヒトにおいても高サイトカイン血症による脳血管内皮細胞とアストロサイトのアポトーシスがIAEの原因となる可能性が示された。本マウスモデルはIAEの早期診断法と有効な治療法の開発に役立つことが期待される。

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Tanaka, T. (2010). Establishment and Pathology of a Murine Model of Influenza Virus-Associated Encephalopathy. (Doctoral Dissertation). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/42819

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Tanaka, Tomohisa. “Establishment and Pathology of a Murine Model of Influenza Virus-Associated Encephalopathy.” 2010. Doctoral Dissertation, Hokkaido University. Accessed January 20, 2019. http://hdl.handle.net/2115/42819.

MLA Handbook (7th Edition):

Tanaka, Tomohisa. “Establishment and Pathology of a Murine Model of Influenza Virus-Associated Encephalopathy.” 2010. Web. 20 Jan 2019.

Vancouver:

Tanaka T. Establishment and Pathology of a Murine Model of Influenza Virus-Associated Encephalopathy. [Internet] [Doctoral dissertation]. Hokkaido University; 2010. [cited 2019 Jan 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/42819.

Council of Science Editors:

Tanaka T. Establishment and Pathology of a Murine Model of Influenza Virus-Associated Encephalopathy. [Doctoral Dissertation]. Hokkaido University; 2010. Available from: http://hdl.handle.net/2115/42819

10. Sanada, Keisuke. English Root Modals Must and Have to : A Cognitive Linguistic Analysis.

Degree: 博士(文学), 文学, 2009, Hokkaido University

 The present thesis conducts a pragmatic and cognitive linguistic analysis of the semantics and pragmatics of English modal root must and English quasi-modal root have… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Sanada, K. (2009). English Root Modals Must and Have to : A Cognitive Linguistic Analysis. (Doctoral Dissertation). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/43055

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Sanada, Keisuke. “English Root Modals Must and Have to : A Cognitive Linguistic Analysis.” 2009. Doctoral Dissertation, Hokkaido University. Accessed January 20, 2019. http://hdl.handle.net/2115/43055.

MLA Handbook (7th Edition):

Sanada, Keisuke. “English Root Modals Must and Have to : A Cognitive Linguistic Analysis.” 2009. Web. 20 Jan 2019.

Vancouver:

Sanada K. English Root Modals Must and Have to : A Cognitive Linguistic Analysis. [Internet] [Doctoral dissertation]. Hokkaido University; 2009. [cited 2019 Jan 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/43055.

Council of Science Editors:

Sanada K. English Root Modals Must and Have to : A Cognitive Linguistic Analysis. [Doctoral Dissertation]. Hokkaido University; 2009. Available from: http://hdl.handle.net/2115/43055

11. Adachi, Hirokazu. Characterization of the plasma membrane targeting and the endoplasmic reticulum-associated degradation of bovine anion exchanger 1.

Degree: 博士(獣医学), 獣医学, 2010, Hokkaido University

 小胞体(ER)で合成された膜内在性タンパク質は、多くの分泌タンパク質と同様、ER における品質管理機構の作用で選別を受けながら細胞内の目的部位に輸送される。構造に異常のあるポリペプチドは、細胞質でユビキチン-プロテアソームシステムにより分解される(ER 関連分解、ERAD)。哺乳動物細胞におけるERAD の分子機構は、従来、主に嚢胞性線維症の原因タンパク質であるcystic fibrosis transmembrane conductance regulator (CFTR)と、そのΔF508 変異体(ΔF508-CFTR)を中心に進められてきた。本研究は、CFTR とは仕組みが異なることが示唆されるアニオン交換輸送体AE1 (band 3)のERAD についてその性状を明らかにすることを目的とした。 ERAD は、ER における認識、ER から細胞質への逆行輸送、ならびにユビキチン-プロテアソーム系によるポリペプチドの分解からなる一連のプロセスである。第1章では、ERAD関連分子による認識に関わるAE1 の分子内領域を特定する一助として、C 末端細胞質内領域に焦点を充てた検討を行った。ヒトAE1 のC 末端11 アミノ酸残基欠損変異体は、細胞膜輸送異常を来し、家族性尿細管性アシドーシスの原因となることが知られる。まず、このC 末端細胞質内ドメイン(Phe891-...-Val903-COO-)の11、18、28 各アミノ酸残基を欠失させた牛AE1変異体(それぞれΔCt11、ΔCt18、ΔCt28)のHEK293… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Adachi, H. (2010). Characterization of the plasma membrane targeting and the endoplasmic reticulum-associated degradation of bovine anion exchanger 1. (Doctoral Dissertation). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/43250

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Adachi, Hirokazu. “Characterization of the plasma membrane targeting and the endoplasmic reticulum-associated degradation of bovine anion exchanger 1.” 2010. Doctoral Dissertation, Hokkaido University. Accessed January 20, 2019. http://hdl.handle.net/2115/43250.

MLA Handbook (7th Edition):

Adachi, Hirokazu. “Characterization of the plasma membrane targeting and the endoplasmic reticulum-associated degradation of bovine anion exchanger 1.” 2010. Web. 20 Jan 2019.

Vancouver:

Adachi H. Characterization of the plasma membrane targeting and the endoplasmic reticulum-associated degradation of bovine anion exchanger 1. [Internet] [Doctoral dissertation]. Hokkaido University; 2010. [cited 2019 Jan 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/43250.

Council of Science Editors:

Adachi H. Characterization of the plasma membrane targeting and the endoplasmic reticulum-associated degradation of bovine anion exchanger 1. [Doctoral Dissertation]. Hokkaido University; 2010. Available from: http://hdl.handle.net/2115/43250

12. Arashiki, Nobuto. Modification of spectrin in red cell membranes by the lipid peroxidation product 4-hydroxy-2-nonenal associated with the changes in red cell membrane properties.

Degree: 博士(獣医学), 獣医学, 2010, Hokkaido University

Spectrin strengthens the red cell membrane through its direct association with membrane lipids and through protein-protein interactions. Spectrin loss reduces the membrane stability and results… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Arashiki, N. (2010). Modification of spectrin in red cell membranes by the lipid peroxidation product 4-hydroxy-2-nonenal associated with the changes in red cell membrane properties. (Doctoral Dissertation). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/43145

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Arashiki, Nobuto. “Modification of spectrin in red cell membranes by the lipid peroxidation product 4-hydroxy-2-nonenal associated with the changes in red cell membrane properties.” 2010. Doctoral Dissertation, Hokkaido University. Accessed January 20, 2019. http://hdl.handle.net/2115/43145.

MLA Handbook (7th Edition):

Arashiki, Nobuto. “Modification of spectrin in red cell membranes by the lipid peroxidation product 4-hydroxy-2-nonenal associated with the changes in red cell membrane properties.” 2010. Web. 20 Jan 2019.

Vancouver:

Arashiki N. Modification of spectrin in red cell membranes by the lipid peroxidation product 4-hydroxy-2-nonenal associated with the changes in red cell membrane properties. [Internet] [Doctoral dissertation]. Hokkaido University; 2010. [cited 2019 Jan 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/43145.

Council of Science Editors:

Arashiki N. Modification of spectrin in red cell membranes by the lipid peroxidation product 4-hydroxy-2-nonenal associated with the changes in red cell membrane properties. [Doctoral Dissertation]. Hokkaido University; 2010. Available from: http://hdl.handle.net/2115/43145

13. Komatsu, Tomohiko. Canine reticulocyte exosomes : parallel and selective extrusion of Na,K-ATPase and stomatin during reticulocyte maturation in dogs with HK and LK red cell phenotypes.

Degree: 博士(獣医学), 獣医学, 2010, Hokkaido University

 網状赤血球の成熟は、赤芽球系細胞分化・成熟の最終段階であり、成熟赤血球が必要とする膜の特性を獲得するために、トランスフェリンレセプター(TfR)をはじめとする過剰/不要な細胞膜成分を排除する過程である。この過程には、タンパク質分解、ならびにエクソゾーム(exosome) と呼ばれる微小小胞の放出が関わるとされる。犬網状赤血球にはNa,K-ATPase が存在するが、これは成熟赤血球に至る過程で消失し、結果として、犬赤血球は一般に高Na+、低K+のLK 型赤血球となる。一方で、柴犬や珍道犬には遺伝的にNa,K-ATPase を保持したHK 型赤血球をもつ個体が存在する。本研究の目的は、犬網状赤血球成熟過程におけるNa,K-ATPase 消失におけるエクソゾームの役割と、そのHK/LK 赤血球表現型との関連の解明である。第1章では、犬網状赤血球の成熟過程で放出される小胞の性状を解析した。LK 型犬から得た網状赤血球を孵置し、24、72 時間後に上清を分別遠心すると微小小胞が得られた。この小胞は直径20~60 nm で、Hsc70、TfR など、既報エクソゾームの指標となるタンパク質を主要成分として含むことから、エクソゾームと判断した。膜タンパク質の解析から、犬の網状赤血球膜に含まれるが赤血球膜には存在しないNa,K-ATPase α サブユニット、Hsc70、TfR、GLUT1、ならびに脂質ラフトタンパク質のひとつstomatin は、いずれもこのエクソゾームに存在した。一方で、赤血球膜の主要タンパク質、バンド3、スペクトリンは検出されなかった。また、Na,K-ATPase、Hsc70、TfR はTriton X-100 可溶性画分に、一方、GLUT1 は不溶性画分に、GLUT1 と相互作用するstomatin は両画分に含まれていた。さらに、このエクソゾームをショ糖密度勾配遠心で分画したところ、小胞は比重1.06 g/ml~1.14 g/ml(画分4~12)の範囲に広く分布し、Hsc70、TfR、stomatin は画分5~8、特にラフトマーカーのGM1… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Komatsu, T. (2010). Canine reticulocyte exosomes : parallel and selective extrusion of Na,K-ATPase and stomatin during reticulocyte maturation in dogs with HK and LK red cell phenotypes. (Doctoral Dissertation). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/43146

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Komatsu, Tomohiko. “Canine reticulocyte exosomes : parallel and selective extrusion of Na,K-ATPase and stomatin during reticulocyte maturation in dogs with HK and LK red cell phenotypes.” 2010. Doctoral Dissertation, Hokkaido University. Accessed January 20, 2019. http://hdl.handle.net/2115/43146.

MLA Handbook (7th Edition):

Komatsu, Tomohiko. “Canine reticulocyte exosomes : parallel and selective extrusion of Na,K-ATPase and stomatin during reticulocyte maturation in dogs with HK and LK red cell phenotypes.” 2010. Web. 20 Jan 2019.

Vancouver:

Komatsu T. Canine reticulocyte exosomes : parallel and selective extrusion of Na,K-ATPase and stomatin during reticulocyte maturation in dogs with HK and LK red cell phenotypes. [Internet] [Doctoral dissertation]. Hokkaido University; 2010. [cited 2019 Jan 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/43146.

Council of Science Editors:

Komatsu T. Canine reticulocyte exosomes : parallel and selective extrusion of Na,K-ATPase and stomatin during reticulocyte maturation in dogs with HK and LK red cell phenotypes. [Doctoral Dissertation]. Hokkaido University; 2010. Available from: http://hdl.handle.net/2115/43146

14. Abdelrahem Abdallah Darwish, Wageh Sobhy. Biological defense system against xenobiotics in meat-producing animals.

Degree: 博士(獣医学), 獣医学, 2010, Hokkaido University

 Meat-producing animals are frequently exposed during their lifetime to a lot of xenobiotics which affect on their biological systems, growth, disease response and lead to… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Abdelrahem Abdallah Darwish, W. S. (2010). Biological defense system against xenobiotics in meat-producing animals. (Doctoral Dissertation). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/43888

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Abdelrahem Abdallah Darwish, Wageh Sobhy. “Biological defense system against xenobiotics in meat-producing animals.” 2010. Doctoral Dissertation, Hokkaido University. Accessed January 20, 2019. http://hdl.handle.net/2115/43888.

MLA Handbook (7th Edition):

Abdelrahem Abdallah Darwish, Wageh Sobhy. “Biological defense system against xenobiotics in meat-producing animals.” 2010. Web. 20 Jan 2019.

Vancouver:

Abdelrahem Abdallah Darwish WS. Biological defense system against xenobiotics in meat-producing animals. [Internet] [Doctoral dissertation]. Hokkaido University; 2010. [cited 2019 Jan 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/43888.

Council of Science Editors:

Abdelrahem Abdallah Darwish WS. Biological defense system against xenobiotics in meat-producing animals. [Doctoral Dissertation]. Hokkaido University; 2010. Available from: http://hdl.handle.net/2115/43888

15. Hwang, Shiang-Jyi. Studies on the Resistance to Diminazene Aceturate in Babesia gibsoni In Vitro.

Degree: 博士(獣医学), 獣医学, 2010, Hokkaido University

 Canine babesiosis caused by Babesia gibsoni is treated with diminazene aceturate (DA). DA can temporarily improve the clinical signs of canine babesiosis but is unable… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Hwang, S. (2010). Studies on the Resistance to Diminazene Aceturate in Babesia gibsoni In Vitro. (Doctoral Dissertation). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/43997

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Hwang, Shiang-Jyi. “Studies on the Resistance to Diminazene Aceturate in Babesia gibsoni In Vitro.” 2010. Doctoral Dissertation, Hokkaido University. Accessed January 20, 2019. http://hdl.handle.net/2115/43997.

MLA Handbook (7th Edition):

Hwang, Shiang-Jyi. “Studies on the Resistance to Diminazene Aceturate in Babesia gibsoni In Vitro.” 2010. Web. 20 Jan 2019.

Vancouver:

Hwang S. Studies on the Resistance to Diminazene Aceturate in Babesia gibsoni In Vitro. [Internet] [Doctoral dissertation]. Hokkaido University; 2010. [cited 2019 Jan 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/43997.

Council of Science Editors:

Hwang S. Studies on the Resistance to Diminazene Aceturate in Babesia gibsoni In Vitro. [Doctoral Dissertation]. Hokkaido University; 2010. Available from: http://hdl.handle.net/2115/43997

16. Okamatsu, Masatoshi. Antigenic and genetic analyses of avian influenza viruses isolated in Japan.

Degree: 博士(獣医学), 獣医学, 2010, Hokkaido University

 H5 and H9 influenza virus isolates in Japan were genetically and antigenically characterized and the birds infected with the virus were pathologically examined. In 2005,… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Okamatsu, M. (2010). Antigenic and genetic analyses of avian influenza viruses isolated in Japan. (Doctoral Dissertation). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/44513

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Okamatsu, Masatoshi. “Antigenic and genetic analyses of avian influenza viruses isolated in Japan.” 2010. Doctoral Dissertation, Hokkaido University. Accessed January 20, 2019. http://hdl.handle.net/2115/44513.

MLA Handbook (7th Edition):

Okamatsu, Masatoshi. “Antigenic and genetic analyses of avian influenza viruses isolated in Japan.” 2010. Web. 20 Jan 2019.

Vancouver:

Okamatsu M. Antigenic and genetic analyses of avian influenza viruses isolated in Japan. [Internet] [Doctoral dissertation]. Hokkaido University; 2010. [cited 2019 Jan 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/44513.

Council of Science Editors:

Okamatsu M. Antigenic and genetic analyses of avian influenza viruses isolated in Japan. [Doctoral Dissertation]. Hokkaido University; 2010. Available from: http://hdl.handle.net/2115/44513

17. YAMAMOTO, Yu. Asian Lineage H5N1 Highly Pathogenic Avian Influenza Virus Replication in Feathers of Waterfowl.

Degree: 博士(獣医学), 獣医学, 2010, Hokkaido University

1997 年、アジア系統H5N1 亜型ウイルスによる高病原性鳥インフルエンザ(HPAI)が香港の家禽に発生した。その後、本ウイルスは、アジアからヨーロッパやアフリカへ伝播し、多くの国々に深刻な経済的損失をもたらした。このH5N1 HPAI ウイルスの主要な伝播経路として、野鳥や家禽の移動、汚染鶏肉の流通、生鳥市場等の関連が指摘されている。特に、東南アジアにおける流行には、鶏群におけるHPAI の発生と水生家禽との疫学的関連が報告されている。さらに、斃死した野生水禽からのH5N1 HPAI ウイルス分離が多数報告されている。以上の知見から、著者は、水禽の体内でのウイルス増殖に関する解析が、水禽を介するH5N1 HPAI ウイルスの伝播経路の解明に寄与すると考え研究を行った。本研究において、著者はH5N1 HPAI ウイルスが水禽の羽組織で増殖することを見出し、羽が感染水禽からのウイルス排泄経路に重要であることを提示した。次に、ウイルスに汚染された羽が、健康な鳥や哺乳動物への感染源となりうること示し、公衆衛生の観点から重要であることを指摘した。また、感染水禽の羽が、ウイルス検出のための有用な組織サンプルとして利用できる可能性を示した。最後に、ウイルスに汚染された感染水禽の羽が、環境中において、ウイルス媒介物としての役割を果たす可能性を指摘した。本研究は、H5N1 HPAI ウイルス伝播に水禽の羽組織が関わるという新しい見解を提示した。上記の研究成果が、今後のHPAI の制圧に貢献することを期待する。本論文の各章の概要を以下に記載する。第Ⅰ章では、H5N1 HPAI ウイルス山口株を接種したアイガモにおける病理発生について解析した。ウイルスを接種されたアイガモは斃死や神経症状を示した。脳炎、膵臓壊死、角膜混濁、羽を構成する上皮組織の壊死等の病理所見が認められた。幼アイガモでは高致死率が観察され、水禽の日齢が体内でのウイルス増殖に影響することが示唆された。アイガモの羽でウイルスが増殖することを明らかにし、羽が感染水禽からのウイルス排泄経路となる可能性を提示した。第Ⅱ章では、前章で観察された山口株によるアイガモの羽における増殖に関して、H5N1 HPAI ウイルス清武株やガチョウでの本現象の再現性について検索した。H5N1 HPAI ウイルスを実験感染させたアイガモやガチョウの羽を免疫組織化学、電子顕微鏡検索、およびウイルス分離に供し、山口株および清武株が、アイガモおよびガチョウの羽上皮細胞で増殖したことを確認した。この結果、羽におけるH5N1 HPAI ウイルスの増殖が、感染水禽に共通する現象である可能性が示された。さらに、H5N1 HPAI ウイルスに自然感染した白鳥の羽組織を、病理組織学的、ウイルス学的に検索した。羽軸根からウイルスが分離され、免疫組織化学の結果、羽上皮細胞および羽包上皮細胞にウイルス抗原が検出された。さらに羽のパラフィン包埋標本からH5N1… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

YAMAMOTO, Y. (2010). Asian Lineage H5N1 Highly Pathogenic Avian Influenza Virus Replication in Feathers of Waterfowl. (Doctoral Dissertation). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/44514

Chicago Manual of Style (16th Edition):

YAMAMOTO, Yu. “Asian Lineage H5N1 Highly Pathogenic Avian Influenza Virus Replication in Feathers of Waterfowl.” 2010. Doctoral Dissertation, Hokkaido University. Accessed January 20, 2019. http://hdl.handle.net/2115/44514.

MLA Handbook (7th Edition):

YAMAMOTO, Yu. “Asian Lineage H5N1 Highly Pathogenic Avian Influenza Virus Replication in Feathers of Waterfowl.” 2010. Web. 20 Jan 2019.

Vancouver:

YAMAMOTO Y. Asian Lineage H5N1 Highly Pathogenic Avian Influenza Virus Replication in Feathers of Waterfowl. [Internet] [Doctoral dissertation]. Hokkaido University; 2010. [cited 2019 Jan 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/44514.

Council of Science Editors:

YAMAMOTO Y. Asian Lineage H5N1 Highly Pathogenic Avian Influenza Virus Replication in Feathers of Waterfowl. [Doctoral Dissertation]. Hokkaido University; 2010. Available from: http://hdl.handle.net/2115/44514

18. Kawaguchi, Akira. Development of therapeutic strategy for infectious diseases using the antimicrobial peptide or receptor antagonist.

Degree: 博士(獣医学), 獣医学, 2010, Hokkaido University

感染症対策の柱は「予防」と「治療」であり、予防対策の中心は疫学調査とワクチン開発である。しかし予防対策のみでは感染症の克服は困難であり、感染後の病原体の排除や、病態の改善を目的とした治療も重要である。本研究は感染応答に関与する宿主因子に着眼して、感染に対する治療法開発の基礎的知見を得ることを目的とした。第1章では、宿主の免疫機構を担う自然免疫に着眼した。自然免疫は病原体が侵入した際に最初に働く非特異的な免疫機構である。自然免疫因子に属する抗菌ペプチドは病原体の膜に結合して破壊することで抗菌活性を示す。この結合は非特異的であるので広範囲の病原体に作用し、耐性が獲得されにくいという利点がある。その為、感染症の治療への応用の可能性が提唱され、注目されている。本研究では、抗菌ペプチドであるdefensin と相同性が高い新規の遺伝子を単離し、この遺伝子がゲノム上の位置や構造の点でもβ-defensin と相同性が高いことを明らかにした。次に、この新規遺伝子のアミノ酸配列を基にmature peptide 相当部分を予測し、17残基からなるペプチドを合成し、その構造と機能を解析した。本ペプチドは既知の抗菌ペプチドと同様に正の電荷を有しており、Circular dichroism (CD)スペクトルを用いた構造解析の結果から、水溶状態ではランダムコイル構造をとるが、負電荷界面活性剤による変性やアルコール変性を起こした膜の模倣状態下ではα-helix 構造をとるという抗菌ペプチドに共通する特徴を有していた。また本ペプチドは、哺乳類由来細胞には細胞毒性を示さない濃度で抗菌活性を示した。これらの結果から、本研究で合成したペプチドは感染症治療薬として応用できる可能性があると考えられた。第2章では、未だ治療法が確立されていない感染症であるAdult T-cell Leukemia (ATL)発症後の宿主応答に着眼した。ATL はレトロウイルスに属するT細胞指向性のウイルス、(Human T-cell Leukemia Virus Type-I ; HTLV-I)によって惹起されるT 細胞性の白血病である。発症後の予後は不良であり治療法の確立が急務である。腫瘍細胞の全身への浸潤の結果生じる多臓器不全が死因となる為に、腫瘍細胞の浸潤のメカニズムの解明はATL の治療法を開発する上で必要である。腫瘍細胞は生体内のケモカインにより臓器へと誘引される。本研究はATL腫瘍細胞の種々のケモカインに対する応答性をin vitro において検討した結果、Stromal-cell Derived Factor-1α (SDF-1α)に対する応答性が有意に高いことを明らかにした。SDF-1α の受容体であるCXCR4 に対するアンタゴニスト(AMD3100)はその応答性を抑制し、マウスを用いた実験においても腫瘍細胞の組織浸潤を抑制した。以上の結果から本化合物がATLの治療薬の候補となることが示された。実際の臨床現場では感染後や感染症発症後に治療対策をとることが多く、治療法の開発は感染症の克服において重要な課題である。本研究で示した抗菌ペプチドを用いた病原体の排除や、化合物を用いた感染症の病態改善を目指す試みは感染症の治療法の開発につながり、感染症の克服に大きく貢献できると考えられる。

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Kawaguchi, A. (2010). Development of therapeutic strategy for infectious diseases using the antimicrobial peptide or receptor antagonist. (Doctoral Dissertation). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/44515

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Kawaguchi, Akira. “Development of therapeutic strategy for infectious diseases using the antimicrobial peptide or receptor antagonist.” 2010. Doctoral Dissertation, Hokkaido University. Accessed January 20, 2019. http://hdl.handle.net/2115/44515.

MLA Handbook (7th Edition):

Kawaguchi, Akira. “Development of therapeutic strategy for infectious diseases using the antimicrobial peptide or receptor antagonist.” 2010. Web. 20 Jan 2019.

Vancouver:

Kawaguchi A. Development of therapeutic strategy for infectious diseases using the antimicrobial peptide or receptor antagonist. [Internet] [Doctoral dissertation]. Hokkaido University; 2010. [cited 2019 Jan 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/44515.

Council of Science Editors:

Kawaguchi A. Development of therapeutic strategy for infectious diseases using the antimicrobial peptide or receptor antagonist. [Doctoral Dissertation]. Hokkaido University; 2010. Available from: http://hdl.handle.net/2115/44515

19. Nakamura, Kensuke. A Study on Contrast-enhanced Ultrasonography with Second-generation Contrast Agent Sonazoid® for Diagnosis of Liver and Splenic Nodules in Dogs.

Degree: 博士(獣医学), 獣医学, 2010, Hokkaido University

 Ultrasonography is one of the first modalities that has high sensitivity for detection of the abdominal mass lesion. In many patients, however, ultrasonographic characterization of… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Nakamura, K. (2010). A Study on Contrast-enhanced Ultrasonography with Second-generation Contrast Agent Sonazoid® for Diagnosis of Liver and Splenic Nodules in Dogs. (Doctoral Dissertation). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/44516

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Nakamura, Kensuke. “A Study on Contrast-enhanced Ultrasonography with Second-generation Contrast Agent Sonazoid® for Diagnosis of Liver and Splenic Nodules in Dogs.” 2010. Doctoral Dissertation, Hokkaido University. Accessed January 20, 2019. http://hdl.handle.net/2115/44516.

MLA Handbook (7th Edition):

Nakamura, Kensuke. “A Study on Contrast-enhanced Ultrasonography with Second-generation Contrast Agent Sonazoid® for Diagnosis of Liver and Splenic Nodules in Dogs.” 2010. Web. 20 Jan 2019.

Vancouver:

Nakamura K. A Study on Contrast-enhanced Ultrasonography with Second-generation Contrast Agent Sonazoid® for Diagnosis of Liver and Splenic Nodules in Dogs. [Internet] [Doctoral dissertation]. Hokkaido University; 2010. [cited 2019 Jan 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/44516.

Council of Science Editors:

Nakamura K. A Study on Contrast-enhanced Ultrasonography with Second-generation Contrast Agent Sonazoid® for Diagnosis of Liver and Splenic Nodules in Dogs. [Doctoral Dissertation]. Hokkaido University; 2010. Available from: http://hdl.handle.net/2115/44516

20. Uchida, Hideomi. The Effects of a Vitamin D Deficient Diet on Chronic Cadmium Exposure in Rats.

Degree: 博士(獣医学), 獣医学, 2011, Hokkaido University

Itai-itai disease (IID) of humans is one of the most severe forms of chronic Cadmium (Cd) intoxication occurring mainly in post-menopausal women and is characterized… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Uchida, H. (2011). The Effects of a Vitamin D Deficient Diet on Chronic Cadmium Exposure in Rats. (Doctoral Dissertation). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/44978

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Uchida, Hideomi. “The Effects of a Vitamin D Deficient Diet on Chronic Cadmium Exposure in Rats.” 2011. Doctoral Dissertation, Hokkaido University. Accessed January 20, 2019. http://hdl.handle.net/2115/44978.

MLA Handbook (7th Edition):

Uchida, Hideomi. “The Effects of a Vitamin D Deficient Diet on Chronic Cadmium Exposure in Rats.” 2011. Web. 20 Jan 2019.

Vancouver:

Uchida H. The Effects of a Vitamin D Deficient Diet on Chronic Cadmium Exposure in Rats. [Internet] [Doctoral dissertation]. Hokkaido University; 2011. [cited 2019 Jan 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/44978.

Council of Science Editors:

Uchida H. The Effects of a Vitamin D Deficient Diet on Chronic Cadmium Exposure in Rats. [Doctoral Dissertation]. Hokkaido University; 2011. Available from: http://hdl.handle.net/2115/44978

21. Sasaki, Michihito. Studies on MHC class I-mediated entry of equine herpesvirus-1 into cells.

Degree: 博士(獣医学), 獣医学, 2011, Hokkaido University

Equine herpesvirus 1 (EHV-1) is an endemic virus that affects horse populations worldwide, causing respiratory disease, abortion and a serious neurologic disease known as encephalomyelitis.… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Sasaki, M. (2011). Studies on MHC class I-mediated entry of equine herpesvirus-1 into cells. (Doctoral Dissertation). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/44987

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Sasaki, Michihito. “Studies on MHC class I-mediated entry of equine herpesvirus-1 into cells.” 2011. Doctoral Dissertation, Hokkaido University. Accessed January 20, 2019. http://hdl.handle.net/2115/44987.

MLA Handbook (7th Edition):

Sasaki, Michihito. “Studies on MHC class I-mediated entry of equine herpesvirus-1 into cells.” 2011. Web. 20 Jan 2019.

Vancouver:

Sasaki M. Studies on MHC class I-mediated entry of equine herpesvirus-1 into cells. [Internet] [Doctoral dissertation]. Hokkaido University; 2011. [cited 2019 Jan 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/44987.

Council of Science Editors:

Sasaki M. Studies on MHC class I-mediated entry of equine herpesvirus-1 into cells. [Doctoral Dissertation]. Hokkaido University; 2011. Available from: http://hdl.handle.net/2115/44987

22. Torigoe, Daisuke. Genetic analysis of the hooded phenotype in the rat.

Degree: 博士(獣医学), 獣医学, 2011, Hokkaido University

The hooded phenotype showing non-pigmented hairs in the abdominal skin is one of the coat color phenotypes seen peculiarly in the laboratory rat. The hooded… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Torigoe, D. (2011). Genetic analysis of the hooded phenotype in the rat. (Doctoral Dissertation). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/44981

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Torigoe, Daisuke. “Genetic analysis of the hooded phenotype in the rat.” 2011. Doctoral Dissertation, Hokkaido University. Accessed January 20, 2019. http://hdl.handle.net/2115/44981.

MLA Handbook (7th Edition):

Torigoe, Daisuke. “Genetic analysis of the hooded phenotype in the rat.” 2011. Web. 20 Jan 2019.

Vancouver:

Torigoe D. Genetic analysis of the hooded phenotype in the rat. [Internet] [Doctoral dissertation]. Hokkaido University; 2011. [cited 2019 Jan 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/44981.

Council of Science Editors:

Torigoe D. Genetic analysis of the hooded phenotype in the rat. [Doctoral Dissertation]. Hokkaido University; 2011. Available from: http://hdl.handle.net/2115/44981

23. Abdul Samad, Rozanah Asmah. Epidemiological studies of avian influenza.

Degree: 博士(獣医学), 獣医学, 2011, Hokkaido University

Recent outbreaks of highly pathogenic avian influenza (HPAI) have spread from southeast Asia to 62 Eurasian and African countries. H5N1 viruses isolated from dead water… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Abdul Samad, R. A. (2011). Epidemiological studies of avian influenza. (Doctoral Dissertation). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/44986

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Abdul Samad, Rozanah Asmah. “Epidemiological studies of avian influenza.” 2011. Doctoral Dissertation, Hokkaido University. Accessed January 20, 2019. http://hdl.handle.net/2115/44986.

MLA Handbook (7th Edition):

Abdul Samad, Rozanah Asmah. “Epidemiological studies of avian influenza.” 2011. Web. 20 Jan 2019.

Vancouver:

Abdul Samad RA. Epidemiological studies of avian influenza. [Internet] [Doctoral dissertation]. Hokkaido University; 2011. [cited 2019 Jan 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/44986.

Council of Science Editors:

Abdul Samad RA. Epidemiological studies of avian influenza. [Doctoral Dissertation]. Hokkaido University; 2011. Available from: http://hdl.handle.net/2115/44986

24. Katoh, Takashi. Efficient Algorithms for Extracting Frequent Episodes from Event Sequences.

Degree: 博士(情報科学), 情報科学, 2011, Hokkaido University

 Episode mining is one of the data mining method for time-related data introduced by Mannila et al. in 1997. The purpose of episode mining is… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Katoh, T. (2011). Efficient Algorithms for Extracting Frequent Episodes from Event Sequences. (Doctoral Dissertation). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/45078

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Katoh, Takashi. “Efficient Algorithms for Extracting Frequent Episodes from Event Sequences.” 2011. Doctoral Dissertation, Hokkaido University. Accessed January 20, 2019. http://hdl.handle.net/2115/45078.

MLA Handbook (7th Edition):

Katoh, Takashi. “Efficient Algorithms for Extracting Frequent Episodes from Event Sequences.” 2011. Web. 20 Jan 2019.

Vancouver:

Katoh T. Efficient Algorithms for Extracting Frequent Episodes from Event Sequences. [Internet] [Doctoral dissertation]. Hokkaido University; 2011. [cited 2019 Jan 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/45078.

Council of Science Editors:

Katoh T. Efficient Algorithms for Extracting Frequent Episodes from Event Sequences. [Doctoral Dissertation]. Hokkaido University; 2011. Available from: http://hdl.handle.net/2115/45078

25. Simon, Ayo Yila. Genetic analysis and transcriptome profile characterizing pathogenesis of host response to Sendai virus infection in mice.

Degree: 博士(獣医学), 獣医学, 2010, Hokkaido University

 Sendai virus (SeV) was discovered in Japan in 1953. It was isolated in the Tohoku UniversityHospital from a newborn patient presenting pneumonia syndromes. SeV is… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Simon, A. Y. (2010). Genetic analysis and transcriptome profile characterizing pathogenesis of host response to Sendai virus infection in mice. (Doctoral Dissertation). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/45687

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Simon, Ayo Yila. “Genetic analysis and transcriptome profile characterizing pathogenesis of host response to Sendai virus infection in mice.” 2010. Doctoral Dissertation, Hokkaido University. Accessed January 20, 2019. http://hdl.handle.net/2115/45687.

MLA Handbook (7th Edition):

Simon, Ayo Yila. “Genetic analysis and transcriptome profile characterizing pathogenesis of host response to Sendai virus infection in mice.” 2010. Web. 20 Jan 2019.

Vancouver:

Simon AY. Genetic analysis and transcriptome profile characterizing pathogenesis of host response to Sendai virus infection in mice. [Internet] [Doctoral dissertation]. Hokkaido University; 2010. [cited 2019 Jan 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/45687.

Council of Science Editors:

Simon AY. Genetic analysis and transcriptome profile characterizing pathogenesis of host response to Sendai virus infection in mice. [Doctoral Dissertation]. Hokkaido University; 2010. Available from: http://hdl.handle.net/2115/45687

26. Murata, Ayumi; Notani, Kenji; Moriya, Shingo; Muramatsu, Masumi; Kashiwazaki, Haruhiko; Kobayashi, Kunihiko. Relationship between subjective assessment of oral health and medical expenses in community-dwelling elderly persons.

Degree: 博士(歯学), 歯学, 2011, Hokkaido University

 Objectives: The increasing medical expenses of elderly persons in Japan’s rapidly ageing society have become a major concern. It is therefore important to elucidate the… (more)

Subjects/Keywords: oral health; medical expenses

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Murata, Ayumi; Notani, Kenji; Moriya, Shingo; Muramatsu, Masumi; Kashiwazaki, Haruhiko; Kobayashi, K. (2011). Relationship between subjective assessment of oral health and medical expenses in community-dwelling elderly persons. (Doctoral Dissertation). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/49530

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Murata, Ayumi; Notani, Kenji; Moriya, Shingo; Muramatsu, Masumi; Kashiwazaki, Haruhiko; Kobayashi, Kunihiko. “Relationship between subjective assessment of oral health and medical expenses in community-dwelling elderly persons.” 2011. Doctoral Dissertation, Hokkaido University. Accessed January 20, 2019. http://hdl.handle.net/2115/49530.

MLA Handbook (7th Edition):

Murata, Ayumi; Notani, Kenji; Moriya, Shingo; Muramatsu, Masumi; Kashiwazaki, Haruhiko; Kobayashi, Kunihiko. “Relationship between subjective assessment of oral health and medical expenses in community-dwelling elderly persons.” 2011. Web. 20 Jan 2019.

Vancouver:

Murata, Ayumi; Notani, Kenji; Moriya, Shingo; Muramatsu, Masumi; Kashiwazaki, Haruhiko; Kobayashi K. Relationship between subjective assessment of oral health and medical expenses in community-dwelling elderly persons. [Internet] [Doctoral dissertation]. Hokkaido University; 2011. [cited 2019 Jan 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/49530.

Council of Science Editors:

Murata, Ayumi; Notani, Kenji; Moriya, Shingo; Muramatsu, Masumi; Kashiwazaki, Haruhiko; Kobayashi K. Relationship between subjective assessment of oral health and medical expenses in community-dwelling elderly persons. [Doctoral Dissertation]. Hokkaido University; 2011. Available from: http://hdl.handle.net/2115/49530

27. 吉田, 崇. Bone augmentation by highly porous β-TCP scaffold coated with PLGA and FGF2.

Degree: 博士(歯学), 歯学, 2014, Hokkaido University

 β-tricalcium phosphate (β-TCP), a bio-absorbable ceramic, facilitates bone conductivity. We constructed a highly porous three dimensional scaffold using β-TCP for bone tissue engineering and coated… (more)

Subjects/Keywords: β-tricalcium phosphate ( β - TCP ); co-poly lactic acid /glycolic acid (PLGA); fibroblast growth factor-2 (FGF2); bone tissue engineering; regenerative scaffold

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

吉田, . (2014). Bone augmentation by highly porous β-TCP scaffold coated with PLGA and FGF2. (Doctoral Dissertation). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/58257

Chicago Manual of Style (16th Edition):

吉田, 崇. “Bone augmentation by highly porous β-TCP scaffold coated with PLGA and FGF2.” 2014. Doctoral Dissertation, Hokkaido University. Accessed January 20, 2019. http://hdl.handle.net/2115/58257.

MLA Handbook (7th Edition):

吉田, 崇. “Bone augmentation by highly porous β-TCP scaffold coated with PLGA and FGF2.” 2014. Web. 20 Jan 2019.

Vancouver:

吉田 . Bone augmentation by highly porous β-TCP scaffold coated with PLGA and FGF2. [Internet] [Doctoral dissertation]. Hokkaido University; 2014. [cited 2019 Jan 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/58257.

Council of Science Editors:

吉田 . Bone augmentation by highly porous β-TCP scaffold coated with PLGA and FGF2. [Doctoral Dissertation]. Hokkaido University; 2014. Available from: http://hdl.handle.net/2115/58257

28. 岩本, 理恵. ラット脳のCa-及び Mg-ATPase 活性の局所麻酔薬による可逆的な抑制.

Degree: 博士(歯学), 歯学, 2016, Hokkaido University

【緒言】局所麻酔薬(局麻薬)は血液脳関門を容易に通過するため有害な副作用として中枢作用を示すが直接の作用機構には不明な点が多い。脳内にはイオン輸送、情報伝達やエネルギー変換に関与する種々のCa2+及びMg2+で活性化されるATP加水分解酵素( Ca- ATPase, Mg- ATPase) が存在するが、それらに対する局麻薬の作用に関する報告は少ない。そこで、局麻薬の中枢作用にこれらのATPaseに対する作用が関与する可能性を考えて本研究を行った。【材料と方法】ラット全脳からPottorfの方法に従って形質膜(PⅡ)及びミクロソーム( PⅢ) 分画を分離し、pH 7.4あるいは9.5で最大活性を示す6種類のCa- ATPase及びMg- ATPase活性を検出した。各ATPase活性に対するprocaine, tetracaine, lidocaine, prilocaine, bupivacaine及びdibucaineの阻害作用と、阻害が可逆的か否かを検討した。【結果と考察】局麻薬は 6種のATPase活性のうち4種には共通した阻害を示さなかった。最大活性をpH 9.5で示すPⅡのCa- ATPase活性とMg- ATPase活性は、臨床で使用される濃度域で各局麻薬により濃度依存的に抑制され、局麻作用が強いtetracaineとdibucaineは他の局麻薬と比較して阻害作用が強かった。両ATPaseを活性が最大に抑制される濃度のlidocaine, tetracaine及びdibucaine存在下でインキュベーションした後に、各局麻薬の濃度を希釈により下げると活性は最初からその濃度の局麻薬存在下で観察される活性まで回復した。【結論】ラット脳には、局麻薬により可逆的に抑制されるCa- 及びMg- ATPase活性が存在し、 脳内に局麻薬が到達すると機能は抑制されると考えられる。

Subjects/Keywords: 局所麻酔薬; Ca- ATPase; Mg- ATPase

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

岩本, . (2016). ラット脳のCa-及び Mg-ATPase 活性の局所麻酔薬による可逆的な抑制. (Doctoral Dissertation). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/64882

Chicago Manual of Style (16th Edition):

岩本, 理恵. “ラット脳のCa-及び Mg-ATPase 活性の局所麻酔薬による可逆的な抑制.” 2016. Doctoral Dissertation, Hokkaido University. Accessed January 20, 2019. http://hdl.handle.net/2115/64882.

MLA Handbook (7th Edition):

岩本, 理恵. “ラット脳のCa-及び Mg-ATPase 活性の局所麻酔薬による可逆的な抑制.” 2016. Web. 20 Jan 2019.

Vancouver:

岩本 . ラット脳のCa-及び Mg-ATPase 活性の局所麻酔薬による可逆的な抑制. [Internet] [Doctoral dissertation]. Hokkaido University; 2016. [cited 2019 Jan 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/64882.

Council of Science Editors:

岩本 . ラット脳のCa-及び Mg-ATPase 活性の局所麻酔薬による可逆的な抑制. [Doctoral Dissertation]. Hokkaido University; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/2115/64882

29. 髙嶋, 孝寛. ホッケ道北群資源の評価手法構築に関する研究.

Degree: 博士(環境科学), 環境科学, 2016, Hokkaido University

オホーツク海から日本海の後志地方にいたる北海道北部沿岸に分布するホッケPleurogrammus azonus道北群は,年間漁獲量が15万トンに達することもある重要な水産資源である。この資源の持続的かつ安定的利用のために,科学的根拠に基づいた的確な資源評価と資源管理方策の検討を行い,実践する必要がある。そこで本研究では,本種の年齢査定法を新たに確立し,年齢―サイズ関係,漁獲物のサイズおよび年齢組成を検討した++次に,これらの結果に基づいて経年の年齢別漁獲尾数を推定し,Virtual Population Analysis (VPA) による資源解析を可能にした。さらに,雌魚の成熟過程を検討して年齢別成熟率を推定し,VPA解析結果と組み合わせて再生産関係を明らかにした。これらの結果を用いて,産卵親魚量(SSB)管理による加入量制御を主とする本種の資源管理方策について検討することを目的とした++第2章では,耳石(扁平石)断面観察による年齢査定法について検討した。耳石横断面の縁辺が不透明帯である個体の割合は夏季(6~7月)に80%以上,冬季(12~3月)では10%未満であったことから,不透明帯と透明帯とで構成される耳石断面の輪紋は,年周期的に形成されることが確認された。さらに,1月1日を年齢起算日とすると1歳春季~夏季の不透明帯形成に伴って最初の透明帯外縁が形成されると考えられた。このことから透明帯外縁の数を年齢指標数とし,縁辺が不透明帯の個体と7~12月に採集された縁辺が透明帯の個体では指標数をそのまま,1~6月に採集された縁辺が透明帯の個体では指標数に1を加えることで,耳石断面の観察結果を年齢に読み替えることが可能となった。また,得られた結果を用いて年齢と体長との関係を検討し,2歳以上では年齢の増加に対して体長の増加が頭打ちになることが示された。このことから正確な漁獲物年齢組成を得るためには,耳石を用いた年齢査定が必要であると判断された++第3章では,漁獲物の年齢組成を推定する単位を明らかにするために,海域・漁業ごとに漁期と漁獲物の年齢および体長組成について検討した。その結果,本種では漁期を1~6月の上半期と,7~12月の下半期に大別できると考えられた。また,漁場に分布する個体の成長段階や漁具の選択性の相違から,漁獲物のサイズや年齢構成は海域・漁業・あるいは漁期により異なることが示された。これらのことから,道北群の分布海域全体について年齢別漁獲尾数を推定するためには,少なくともオホーツク海,道北日本海,および道央日本海の3海域における,沖合底びき網漁業,定置・底建網漁業類,刺し網漁業類の3漁業種類グループについて,年の上半期と下半期の2つの漁期区分ごとに,漁獲物年齢組成を把握する必要があることが示された。ただし,オホーツク海域については,分布個体が成熟前に日本海側に移動するため,2歳下半期以降の個体がほとんど漁獲されないことから,年齢査定を省略して体長組成および漁獲物銘柄組成から直接に年齢組成を推定することが可能であることも示された++第4章では,耳石あるいは年齢査定結果が保存されていないため年齢構成が不明な過去の体長組成データを用いて年齢組成を推定するために,2003年以降の標本を第2章で確立した方法により年齢査定し,道北日本海および道央日本海について漁業種類・漁期ごとにAge-Length Keyを推定した。これらのAge-Length Keyと体長組成を用いて,1985年から2003年までの道北および道央日本海における年齢別漁獲尾数を推定した。これらと,標本魚の年齢査定結果に基づいて推定した2004年以降の同海域の年齢別漁獲尾数,および体長組成と漁獲物銘柄組成から推定されたオホーツク海域の年齢別漁獲尾数を合算して,1985年以降のホッケ道北群の年齢別漁獲尾数データセットを作成した。このデータセットを半年ステップのVPAで解析することにより,漁期ごとの年齢別資源尾数および資源重量と年齢別漁獲係数の推定を行った++第5章では,本種の再生産関係を明らかにするために,雌魚の成熟様式を調べ,年齢別成熟率を推定した。まず,卵巣の組織観察により9段階の卵母細胞発達段階,および7段階の卵巣成熟段階を定義した。次に,月別に卵巣成熟段階ごとの出現状況を調べた結果,雌魚の卵黄蓄積は8月以降に開始されていたことから,卵黄蓄積の開始がその年の産卵期に向けた成熟の開始を示す指標であると考えられた。その一方で,9月後半にはすでに吸水した卵母細胞が出現したことから,本種の成熟開始から排卵までの卵巣発達は,年周期的かつ1~2ヶ月の短期間に起こることが示された。吸水期以降の卵母細胞を持つ個体では,卵母細胞径1000μm以上に複数のモードが観察されたと同時に,表層胞期から卵黄球期に相当する径の卵母細胞頻度の減少が観察された。これらのことから,本種雌魚の成熟様式は,卵群同期発達-1産卵期複数回産卵型に分類された。一般にこのタイプの魚類は成熟開始直後にその年の最大産卵数が決定することから,本種でも雌魚1尾あたりの産卵量がその体重に依存すると仮定することで,SSBを産卵量の指標として利用可能であることが示された。年齢と成熟率との関係を調べたところ,年にかかわらず0歳魚は成熟せず,2歳魚以上はほぼすべての個体が成熟するが,1歳魚では成熟する個体としない個体が存在し,成熟率は2007年では0.89,2008年では0.66と異なる値が推定された。これら雌1歳魚の平均体長は,2007年では250mm以上であったが,2008年では250mm未満であった。雌魚の成熟割合と体長との関係を調べたところ,50%成熟体長が240mm付近にあった。これらのことから,雌2歳魚以上の体長は,推定された50%成熟体長よりはるかに大きいため,ほぼすべての個体が成熟するが,1歳魚の場合は,産卵期までの成長により1歳時の成熟率が大きく変化する可能性があると考えられた。年齢別成熟率とVPAで推定された年齢別資源量を用いて年ごとのSSBを推定し,加入尾数との関係を検討したところ,リッカー型の再生産関係が推定された。この関係を加入量予測モデルとして利用することで,本種ではSSB管理による加入量制御が可能なことが示された++本研究により,VPAを基本骨格としたホッケ道北群の資源解析が可能になった。さらに,再生産関係モデルを組み合わせて,シミュレーションによる管理効果の検討も可能になった。また,本種に導入したVPAは半年ステップで計算を行う構造なので,海域・漁業種別だけでなく,上半期と下半期の漁期別に条件を設定して予測することが可能である++これらの結果を活用することで,漁期・海域・漁業種類別に条件設定した様々な管理方策案について,その効果とリスクに基づいて議論し,選択することが可能となり,このことは本種の持続的な利用に大きく貢献すると考えられる。

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

髙嶋, . (2016). ホッケ道北群資源の評価手法構築に関する研究. (Doctoral Dissertation). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/67236

Chicago Manual of Style (16th Edition):

髙嶋, 孝寛. “ホッケ道北群資源の評価手法構築に関する研究.” 2016. Doctoral Dissertation, Hokkaido University. Accessed January 20, 2019. http://hdl.handle.net/2115/67236.

MLA Handbook (7th Edition):

髙嶋, 孝寛. “ホッケ道北群資源の評価手法構築に関する研究.” 2016. Web. 20 Jan 2019.

Vancouver:

髙嶋 . ホッケ道北群資源の評価手法構築に関する研究. [Internet] [Doctoral dissertation]. Hokkaido University; 2016. [cited 2019 Jan 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/67236.

Council of Science Editors:

髙嶋 . ホッケ道北群資源の評価手法構築に関する研究. [Doctoral Dissertation]. Hokkaido University; 2016. Available from: http://hdl.handle.net/2115/67236

30. 石, 聡. Physiological and stoichiometry study on foliar nutrients and defensive characteristics of representative deciduous broad-leaved tree species in northern Japan under environmental changes [an abstract of entire text].

Degree: 博士(農学), 農学, 2017, Hokkaido University

 In chapter 1, I made a general introduction about environmental changes, tree species as well as general description about nutrients stoichiometry and defense characteristics. In… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

石, . (2017). Physiological and stoichiometry study on foliar nutrients and defensive characteristics of representative deciduous broad-leaved tree species in northern Japan under environmental changes [an abstract of entire text]. (Thesis). Hokkaido University. Retrieved from http://hdl.handle.net/2115/70488

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

石, 聡. “Physiological and stoichiometry study on foliar nutrients and defensive characteristics of representative deciduous broad-leaved tree species in northern Japan under environmental changes [an abstract of entire text].” 2017. Thesis, Hokkaido University. Accessed January 20, 2019. http://hdl.handle.net/2115/70488.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

石, 聡. “Physiological and stoichiometry study on foliar nutrients and defensive characteristics of representative deciduous broad-leaved tree species in northern Japan under environmental changes [an abstract of entire text].” 2017. Web. 20 Jan 2019.

Vancouver:

石 . Physiological and stoichiometry study on foliar nutrients and defensive characteristics of representative deciduous broad-leaved tree species in northern Japan under environmental changes [an abstract of entire text]. [Internet] [Thesis]. Hokkaido University; 2017. [cited 2019 Jan 20]. Available from: http://hdl.handle.net/2115/70488.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

石 . Physiological and stoichiometry study on foliar nutrients and defensive characteristics of representative deciduous broad-leaved tree species in northern Japan under environmental changes [an abstract of entire text]. [Thesis]. Hokkaido University; 2017. Available from: http://hdl.handle.net/2115/70488

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

[1] [2] [3] [4] [5] … [266]

.