Advanced search options

Advanced Search Options 🞨

Browse by author name (“Author name starts with…”).

Find ETDs with:

in
/  
in
/  
in
/  
in

Written in Published in Earliest date Latest date

Sorted by

Results per page:

Sorted by: relevance · author · university · dateNew search

You searched for publisher:"Hirosaki University". Showing records 1 – 30 of 542 total matches.

[1] [2] [3] [4] [5] … [19]

Search Limiters

Last 2 Years | English Only

Languages

▼ Search Limiters

1. Kamata, Kosuke; Mizukami, Hiroki; Inaba, Wataru; Tsuboi, Kentaro; Tateishi, Yoshinori; Yoshida, Taro. Islet amyloid with macrophage migration correlates with augmented b-cell deficits in type 2 diabetic patients : 2型糖尿病患者におけるアミロイド沈着は膵島内にマクロファージの浸潤を伴いβ細胞の減少と関連する; 2ガタ トウニョウビョウ カンジャ ニオケル アミロイド チンチャク ワ スイトウ ナイ ニ マクロファージ ノ シンジュン オ トモナイ βサイボウ ノ ゲンショウ ト カンレンスル.

Degree: 博士(医学), 2018, Hirosaki University / 弘前大学

 Aims: Islet amyloid is a hallmark in type 2 diabetic subjects, but its implication in clinical features and development of islet pathology is still unclear.Methods:… (more)

Subjects/Keywords: b-cell loss; macrophage; morphometry; oxidative stress; pancreatic islet; type 2 diabetes

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Kamata, Kosuke; Mizukami, Hiroki; Inaba, Wataru; Tsuboi, Kentaro; Tateishi, Yoshinori; Yoshida, T. (2018). Islet amyloid with macrophage migration correlates with augmented b-cell deficits in type 2 diabetic patients : 2型糖尿病患者におけるアミロイド沈着は膵島内にマクロファージの浸潤を伴いβ細胞の減少と関連する; 2ガタ トウニョウビョウ カンジャ ニオケル アミロイド チンチャク ワ スイトウ ナイ ニ マクロファージ ノ シンジュン オ トモナイ βサイボウ ノ ゲンショウ ト カンレンスル. (Thesis). Hirosaki University / 弘前大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10129/5472

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Kamata, Kosuke; Mizukami, Hiroki; Inaba, Wataru; Tsuboi, Kentaro; Tateishi, Yoshinori; Yoshida, Taro. “Islet amyloid with macrophage migration correlates with augmented b-cell deficits in type 2 diabetic patients : 2型糖尿病患者におけるアミロイド沈着は膵島内にマクロファージの浸潤を伴いβ細胞の減少と関連する; 2ガタ トウニョウビョウ カンジャ ニオケル アミロイド チンチャク ワ スイトウ ナイ ニ マクロファージ ノ シンジュン オ トモナイ βサイボウ ノ ゲンショウ ト カンレンスル.” 2018. Thesis, Hirosaki University / 弘前大学. Accessed July 22, 2018. http://hdl.handle.net/10129/5472.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Kamata, Kosuke; Mizukami, Hiroki; Inaba, Wataru; Tsuboi, Kentaro; Tateishi, Yoshinori; Yoshida, Taro. “Islet amyloid with macrophage migration correlates with augmented b-cell deficits in type 2 diabetic patients : 2型糖尿病患者におけるアミロイド沈着は膵島内にマクロファージの浸潤を伴いβ細胞の減少と関連する; 2ガタ トウニョウビョウ カンジャ ニオケル アミロイド チンチャク ワ スイトウ ナイ ニ マクロファージ ノ シンジュン オ トモナイ βサイボウ ノ ゲンショウ ト カンレンスル.” 2018. Web. 22 Jul 2018.

Vancouver:

Kamata, Kosuke; Mizukami, Hiroki; Inaba, Wataru; Tsuboi, Kentaro; Tateishi, Yoshinori; Yoshida T. Islet amyloid with macrophage migration correlates with augmented b-cell deficits in type 2 diabetic patients : 2型糖尿病患者におけるアミロイド沈着は膵島内にマクロファージの浸潤を伴いβ細胞の減少と関連する; 2ガタ トウニョウビョウ カンジャ ニオケル アミロイド チンチャク ワ スイトウ ナイ ニ マクロファージ ノ シンジュン オ トモナイ βサイボウ ノ ゲンショウ ト カンレンスル. [Internet] [Thesis]. Hirosaki University / 弘前大学; 2018. [cited 2018 Jul 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10129/5472.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Kamata, Kosuke; Mizukami, Hiroki; Inaba, Wataru; Tsuboi, Kentaro; Tateishi, Yoshinori; Yoshida T. Islet amyloid with macrophage migration correlates with augmented b-cell deficits in type 2 diabetic patients : 2型糖尿病患者におけるアミロイド沈着は膵島内にマクロファージの浸潤を伴いβ細胞の減少と関連する; 2ガタ トウニョウビョウ カンジャ ニオケル アミロイド チンチャク ワ スイトウ ナイ ニ マクロファージ ノ シンジュン オ トモナイ βサイボウ ノ ゲンショウ ト カンレンスル. [Thesis]. Hirosaki University / 弘前大学; 2018. Available from: http://hdl.handle.net/10129/5472

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

2. 王, 汝南. 非ダウン症小児急性巨核芽球性白血病にみとめられた新規GATA1 インフレーム変異 : ヒ ダウンショウ ショウニ キュウセイ キョカク ガキュウセイ ハッケツビョウ ニ ミトメラレタ シンキ GATA1 インフレーム ヘンイ.

Degree: 博士(医学), 2018, Hirosaki University / 弘前大学

ダウン症児は巨核芽球性白血病(DS-AMKL)のリスクが高い.DS-AMKL ではほぼ全例でGATA1 遺伝子変異があり,N 末端領域を欠くGATA1s だけが発現する.非ダウン症例(non-DS-AMKL)にはこの変異は稀である.最近我々は,19 例中1 例のnon-DS-AMKL にインフレーム欠失を見出した.患児は出生時より白血球増多を認め,生後1 ヶ月時にAMKL と診断された.芽球の核型は46,XY であった.変異確認の際,第3エクソンのスプライシングを起こす別の欠失を認め,両変異は同アレルに座位していた.この変異体(#135)の転写活性化能は60%に減弱していた.完全長GATA1発現レトロウィルスの導入でDS-AMKL 細胞株KPAM1 の増殖が著しく抑制されたが,GATA1s や#135 では緩やかな抑制だった.これらの結果は#135 変異体がnon-DS-AMKL 発症に関与していることを示している.

出版社版http://repository.ul.hirosaki-u.ac.jp/dspace/handle/10129/5431

Subjects/Keywords: GATA1; 巨核芽球性白血病; ダウン症

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

王, . (2018). 非ダウン症小児急性巨核芽球性白血病にみとめられた新規GATA1 インフレーム変異 : ヒ ダウンショウ ショウニ キュウセイ キョカク ガキュウセイ ハッケツビョウ ニ ミトメラレタ シンキ GATA1 インフレーム ヘンイ. (Thesis). Hirosaki University / 弘前大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10129/5473

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

王, 汝南. “非ダウン症小児急性巨核芽球性白血病にみとめられた新規GATA1 インフレーム変異 : ヒ ダウンショウ ショウニ キュウセイ キョカク ガキュウセイ ハッケツビョウ ニ ミトメラレタ シンキ GATA1 インフレーム ヘンイ.” 2018. Thesis, Hirosaki University / 弘前大学. Accessed July 22, 2018. http://hdl.handle.net/10129/5473.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

王, 汝南. “非ダウン症小児急性巨核芽球性白血病にみとめられた新規GATA1 インフレーム変異 : ヒ ダウンショウ ショウニ キュウセイ キョカク ガキュウセイ ハッケツビョウ ニ ミトメラレタ シンキ GATA1 インフレーム ヘンイ.” 2018. Web. 22 Jul 2018.

Vancouver:

王 . 非ダウン症小児急性巨核芽球性白血病にみとめられた新規GATA1 インフレーム変異 : ヒ ダウンショウ ショウニ キュウセイ キョカク ガキュウセイ ハッケツビョウ ニ ミトメラレタ シンキ GATA1 インフレーム ヘンイ. [Internet] [Thesis]. Hirosaki University / 弘前大学; 2018. [cited 2018 Jul 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10129/5473.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

王 . 非ダウン症小児急性巨核芽球性白血病にみとめられた新規GATA1 インフレーム変異 : ヒ ダウンショウ ショウニ キュウセイ キョカク ガキュウセイ ハッケツビョウ ニ ミトメラレタ シンキ GATA1 インフレーム ヘンイ. [Thesis]. Hirosaki University / 弘前大学; 2018. Available from: http://hdl.handle.net/10129/5473

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

3. Yoshizawa, Tadashi. Invasive micropapillary carcinoma of the extrahepatic bile duct and its malignant potential : 肝外胆管癌における浸潤性微小乳頭癌とその悪性度; カンガイ タンカンガン ニオケル シンジュンセイ ビショウ ニュウトウガン ト ソノ アクセイド.

Degree: 博士(医学), 2018, Hirosaki University / 弘前大学

Invasive micropapillary carcinoma (IMPC) was originally described as a distinctive type of invasive carcinoma in the breast, but it has not been recognized as a… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Yoshizawa, T. (2018). Invasive micropapillary carcinoma of the extrahepatic bile duct and its malignant potential : 肝外胆管癌における浸潤性微小乳頭癌とその悪性度; カンガイ タンカンガン ニオケル シンジュンセイ ビショウ ニュウトウガン ト ソノ アクセイド. (Thesis). Hirosaki University / 弘前大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10129/5476

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Yoshizawa, Tadashi. “Invasive micropapillary carcinoma of the extrahepatic bile duct and its malignant potential : 肝外胆管癌における浸潤性微小乳頭癌とその悪性度; カンガイ タンカンガン ニオケル シンジュンセイ ビショウ ニュウトウガン ト ソノ アクセイド.” 2018. Thesis, Hirosaki University / 弘前大学. Accessed July 22, 2018. http://hdl.handle.net/10129/5476.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Yoshizawa, Tadashi. “Invasive micropapillary carcinoma of the extrahepatic bile duct and its malignant potential : 肝外胆管癌における浸潤性微小乳頭癌とその悪性度; カンガイ タンカンガン ニオケル シンジュンセイ ビショウ ニュウトウガン ト ソノ アクセイド.” 2018. Web. 22 Jul 2018.

Vancouver:

Yoshizawa T. Invasive micropapillary carcinoma of the extrahepatic bile duct and its malignant potential : 肝外胆管癌における浸潤性微小乳頭癌とその悪性度; カンガイ タンカンガン ニオケル シンジュンセイ ビショウ ニュウトウガン ト ソノ アクセイド. [Internet] [Thesis]. Hirosaki University / 弘前大学; 2018. [cited 2018 Jul 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10129/5476.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Yoshizawa T. Invasive micropapillary carcinoma of the extrahepatic bile duct and its malignant potential : 肝外胆管癌における浸潤性微小乳頭癌とその悪性度; カンガイ タンカンガン ニオケル シンジュンセイ ビショウ ニュウトウガン ト ソノ アクセイド. [Thesis]. Hirosaki University / 弘前大学; 2018. Available from: http://hdl.handle.net/10129/5476

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

4. Yoneyama, Mihoko. Vimentin intermediate filament and plectin provide a scaffold for invadopodia, facilitating cancer cell invasion and extravasation for metastasis : ビメンチン中間径フィラメントとプレクチンによる浸潤突起の足場形成は癌転移のための浸潤および血管外脱出過程を促進する; ビメンチン チュウカンケイ フィラメント ト プレクチン ニヨル シンジュン トッキ ノ アシバ ケイセイ ワ ガン テンイ ノタメノ シンジュン オヨビ ケッカンガイ ダッシュツ カテイ オ ソクシンスル.

Degree: 博士(医学), 2018, Hirosaki University / 弘前大学

To investigate the molecular mechanisms of cancer metastasis, we have isolated a high-metastatic bladder cancer cell subpopulation from a low-metastatic cell line by using an… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Yoneyama, M. (2018). Vimentin intermediate filament and plectin provide a scaffold for invadopodia, facilitating cancer cell invasion and extravasation for metastasis : ビメンチン中間径フィラメントとプレクチンによる浸潤突起の足場形成は癌転移のための浸潤および血管外脱出過程を促進する; ビメンチン チュウカンケイ フィラメント ト プレクチン ニヨル シンジュン トッキ ノ アシバ ケイセイ ワ ガン テンイ ノタメノ シンジュン オヨビ ケッカンガイ ダッシュツ カテイ オ ソクシンスル. (Thesis). Hirosaki University / 弘前大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10129/5477

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Yoneyama, Mihoko. “Vimentin intermediate filament and plectin provide a scaffold for invadopodia, facilitating cancer cell invasion and extravasation for metastasis : ビメンチン中間径フィラメントとプレクチンによる浸潤突起の足場形成は癌転移のための浸潤および血管外脱出過程を促進する; ビメンチン チュウカンケイ フィラメント ト プレクチン ニヨル シンジュン トッキ ノ アシバ ケイセイ ワ ガン テンイ ノタメノ シンジュン オヨビ ケッカンガイ ダッシュツ カテイ オ ソクシンスル.” 2018. Thesis, Hirosaki University / 弘前大学. Accessed July 22, 2018. http://hdl.handle.net/10129/5477.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Yoneyama, Mihoko. “Vimentin intermediate filament and plectin provide a scaffold for invadopodia, facilitating cancer cell invasion and extravasation for metastasis : ビメンチン中間径フィラメントとプレクチンによる浸潤突起の足場形成は癌転移のための浸潤および血管外脱出過程を促進する; ビメンチン チュウカンケイ フィラメント ト プレクチン ニヨル シンジュン トッキ ノ アシバ ケイセイ ワ ガン テンイ ノタメノ シンジュン オヨビ ケッカンガイ ダッシュツ カテイ オ ソクシンスル.” 2018. Web. 22 Jul 2018.

Vancouver:

Yoneyama M. Vimentin intermediate filament and plectin provide a scaffold for invadopodia, facilitating cancer cell invasion and extravasation for metastasis : ビメンチン中間径フィラメントとプレクチンによる浸潤突起の足場形成は癌転移のための浸潤および血管外脱出過程を促進する; ビメンチン チュウカンケイ フィラメント ト プレクチン ニヨル シンジュン トッキ ノ アシバ ケイセイ ワ ガン テンイ ノタメノ シンジュン オヨビ ケッカンガイ ダッシュツ カテイ オ ソクシンスル. [Internet] [Thesis]. Hirosaki University / 弘前大学; 2018. [cited 2018 Jul 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10129/5477.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Yoneyama M. Vimentin intermediate filament and plectin provide a scaffold for invadopodia, facilitating cancer cell invasion and extravasation for metastasis : ビメンチン中間径フィラメントとプレクチンによる浸潤突起の足場形成は癌転移のための浸潤および血管外脱出過程を促進する; ビメンチン チュウカンケイ フィラメント ト プレクチン ニヨル シンジュン トッキ ノ アシバ ケイセイ ワ ガン テンイ ノタメノ シンジュン オヨビ ケッカンガイ ダッシュツ カテイ オ ソクシンスル. [Thesis]. Hirosaki University / 弘前大学; 2018. Available from: http://hdl.handle.net/10129/5477

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

5. Yoshimura, Sayuri. Attenuation of collagen-induced arthritis in mice by salmon proteoglycan : サケ・プロテオグリカンによるコラーゲン誘導関節炎の抑制; サケ プロテオグリカン ニヨル コラーゲン ユウドウ カンセツエン ノ ヨクセイ.

Degree: 博士(医学), 2018, Hirosaki University / 弘前大学

Rheumatoid arthritis (RA) is a serious autoimmune disease caused by chronic inflammation of connective tissues. The basic principle of RA treatment is aimed to reduce… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Yoshimura, S. (2018). Attenuation of collagen-induced arthritis in mice by salmon proteoglycan : サケ・プロテオグリカンによるコラーゲン誘導関節炎の抑制; サケ プロテオグリカン ニヨル コラーゲン ユウドウ カンセツエン ノ ヨクセイ. (Thesis). Hirosaki University / 弘前大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10129/5478

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Yoshimura, Sayuri. “Attenuation of collagen-induced arthritis in mice by salmon proteoglycan : サケ・プロテオグリカンによるコラーゲン誘導関節炎の抑制; サケ プロテオグリカン ニヨル コラーゲン ユウドウ カンセツエン ノ ヨクセイ.” 2018. Thesis, Hirosaki University / 弘前大学. Accessed July 22, 2018. http://hdl.handle.net/10129/5478.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Yoshimura, Sayuri. “Attenuation of collagen-induced arthritis in mice by salmon proteoglycan : サケ・プロテオグリカンによるコラーゲン誘導関節炎の抑制; サケ プロテオグリカン ニヨル コラーゲン ユウドウ カンセツエン ノ ヨクセイ.” 2018. Web. 22 Jul 2018.

Vancouver:

Yoshimura S. Attenuation of collagen-induced arthritis in mice by salmon proteoglycan : サケ・プロテオグリカンによるコラーゲン誘導関節炎の抑制; サケ プロテオグリカン ニヨル コラーゲン ユウドウ カンセツエン ノ ヨクセイ. [Internet] [Thesis]. Hirosaki University / 弘前大学; 2018. [cited 2018 Jul 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10129/5478.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Yoshimura S. Attenuation of collagen-induced arthritis in mice by salmon proteoglycan : サケ・プロテオグリカンによるコラーゲン誘導関節炎の抑制; サケ プロテオグリカン ニヨル コラーゲン ユウドウ カンセツエン ノ ヨクセイ. [Thesis]. Hirosaki University / 弘前大学; 2018. Available from: http://hdl.handle.net/10129/5478

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

6. 工藤, 裕介. 街なかまちづくり活動におけるプロセス支援の方法論に関する研究 : A Methodology to Support Community Activities Processes at the City Centers; マチ ナカ マチ ヅクリ カツドウ ニ オケル プロセス シエン ノ ホウホウロン ニ カンスル ケンキュウ.

Degree: 博士(学術), 2018, Hirosaki University / 弘前大学

本研究は、街なかにおける独自の取り組みや活動を見出していくための、支援を可能とする方法論を構築すること、そしてその方法論によって街なかを対象にしている活動者へ資することを目的としている。そのために、次の4つを研究課題として設定した。①「何」と「なぜ」を見出す「プロセスとその方法」を探る、②「プロセスと方法」をベースにした活動を支援する方法論を構築する、③構築した方法論がどのように活用できるのか検討する、④街なかの活動で方法論を活用するための問題点や条件等を整理する、以上である。第一章は、上述した研究の目的や研究課題及びその背景、そして本論文の構成、や方法論に関する研究の位置づけと重要性を述べている。第二章は、研究課題①「「何」と「なぜ」を見出す「プロセスとその方法」を探る」ことのうち、「街なかでの活動のプロセスを捉える」ことに取り組んだ。まず、本研究に関連すると考えた既往研究や文献を整理し、活動プロセスを捉えるための手がかりを得ている。既往研究は、3つのキーワード「任意エリアのマネジメント」「ツールの構築と活用」「活動プロセスと手法化」に着目した。この整理・検討から「フレームワーク」の考え方に着目し、この考え方を基にして街なかにおける活動のプロセスを捉えた。そして、捉えた活動のプロセスをベースに「方法論の枠組み」を構築している。第三章では、研究課題①「「何」と「なぜ」を見出す「プロセスとその方法」を探る」のうち、「何」と「なぜ」を見出す「方法」を探っている。その方法として着目したのが、アクションリサーチの方法論「ソフトシステム方法論(Soft System Methodology:SSM)」である。SSMは、「何」を見出すための探索プロセスと各方法で成り立っている。このSSMと第二章で捉えた活動のプロセス(枠組み)を対象に、方法論として用いることができるか検討・確認した。まず、第二章で構築した枠組み(捉えたプロセス)と実際の活動(実践事例の)プロセスを比較することで、枠組みに問題がないかを把握し、かつ見出した問題に対応した。次に、SSMが方法論として取り入れることができるか検討したが、その検討は実践事例の活動プロセスをSSMの各方法で記述する方法で行った。第三章で対象とした実践事例は、筆者が係っている青森県黒石市の街なか通り再生プログラムという活動である。この活動は、自ら独自の活動を見出し、つまり「何」を見出して取り組みを行っている。また本章以降からは、研究課題④に関する「活動者及び方法論と活動者の関係」についても適宜捉えていった。SSMは有益な方法論だと第三章で判断しているが、それだけでは街なかの活動に対応することができないこともまた明らかとなる。SSMで対応することができない「何」や「なぜ」とは、まちづくりや街なかの活動でも一般的な都市像や将来像としての「エリアビジョン」を検討し作成することである。この問題に対応するために、新たに経営学やマーケティングで用いられる方法あるいは考え方となる、「消費者の購買行動プロセス」と「ポジショニング」に着目した。第四章では、このエリアビジョンの役割を明確にするとともに、上記2つの考え方を参考にして「エリアビジョンを検討・作成する方法」を構築した。以上の第四章までで、研究課題②の活動を支援する方法論は構築できたことになる。続く第五章と第六章では、研究課題③の方法論の活用に関する検討に取り組み、方法論によって独自の取り組みや活動を見出すことができるのか検討・確認していった。第五章では、大館市における中心市街地活性化基本計画の認定に向けた活動、及び街なか通り再生プログラムを実践事例として、方法論の活用について検討・確認した。後者の街なか通り再生プログラムの活動では、並行して土地区画整理事業も行われており、方法論は土地区画整理事業への対応に用いている。第六章は、第五章と同じく大館市の街なかを対象に方法論を活用し、独自の取り組みを見出すことができるか検討・確認している。第五章及び第六章で対象とした実践事例は、「何」を見出すことができず、試行錯誤を繰り返し曖昧な状況が続いている。そうった活動状況に対して方法論を活用し、独自の活動として「何」や「なぜ」等を見出していく過程を例示した。最終章となる第七章では、第六章までの研究課題①から③の検討を踏まえて、本研究の目的である方法論を構築している。本研究では、この方法論を「活動プロセスを支援する方法論」と呼んでいる。また、各章で捉えた活動者及び構築する方法論と活動者の視点から、研究課題④の街なかの活動で方法論を活用するための問題点や条件等を整理し提示した。最後は、以上の検討を踏まえて、街なかにおいて重要な課題あるいはテーマだと考えている、「街なかのマネジメント」へ向かうための論点を見出して整理し、本論文の結びとした。

Subjects/Keywords: 中心市街地; ソフトシステム方法論; デザイン思考; アクションリサーチ; フレームワーク; 階層性; ツール

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

工藤, . (2018). 街なかまちづくり活動におけるプロセス支援の方法論に関する研究 : A Methodology to Support Community Activities Processes at the City Centers; マチ ナカ マチ ヅクリ カツドウ ニ オケル プロセス シエン ノ ホウホウロン ニ カンスル ケンキュウ. (Thesis). Hirosaki University / 弘前大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10129/5578

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

工藤, 裕介. “街なかまちづくり活動におけるプロセス支援の方法論に関する研究 : A Methodology to Support Community Activities Processes at the City Centers; マチ ナカ マチ ヅクリ カツドウ ニ オケル プロセス シエン ノ ホウホウロン ニ カンスル ケンキュウ.” 2018. Thesis, Hirosaki University / 弘前大学. Accessed July 22, 2018. http://hdl.handle.net/10129/5578.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

工藤, 裕介. “街なかまちづくり活動におけるプロセス支援の方法論に関する研究 : A Methodology to Support Community Activities Processes at the City Centers; マチ ナカ マチ ヅクリ カツドウ ニ オケル プロセス シエン ノ ホウホウロン ニ カンスル ケンキュウ.” 2018. Web. 22 Jul 2018.

Vancouver:

工藤 . 街なかまちづくり活動におけるプロセス支援の方法論に関する研究 : A Methodology to Support Community Activities Processes at the City Centers; マチ ナカ マチ ヅクリ カツドウ ニ オケル プロセス シエン ノ ホウホウロン ニ カンスル ケンキュウ. [Internet] [Thesis]. Hirosaki University / 弘前大学; 2018. [cited 2018 Jul 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10129/5578.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

工藤 . 街なかまちづくり活動におけるプロセス支援の方法論に関する研究 : A Methodology to Support Community Activities Processes at the City Centers; マチ ナカ マチ ヅクリ カツドウ ニ オケル プロセス シエン ノ ホウホウロン ニ カンスル ケンキュウ. [Thesis]. Hirosaki University / 弘前大学; 2018. Available from: http://hdl.handle.net/10129/5578

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

7. 鑓水, 浩. 知識の習得に重点を置いた道徳教育の研究-人間行動の自動性に基づく授業開発― : チシキ ノ シュウトク ニ ジュウテン ヲ オイタ ドウトク キョウイク ノ ケンキュウ ニンゲン コウドウ ノ ジドウセイ ニ モトヅク ジュギョウ カイハツ.

Degree: 博士(学術), 2018, Hirosaki University / 弘前大学

(内容の要旨)本研究は、中学校段階の道徳教育において道徳性に関する知識の習得を図ることが、日常的な道徳的な行動の促進につながることを、社会心理学や脳神経科学における人間行動の自動性研究、及び進化生物学における人類の生物的進化研究の知見を中心にした学際的視点によって明らかにしたものである。現在の道徳教育は読み物資料を用いて人間の心情面に焦点を当てるものであるため、結果として道徳性が現実の生活から遊離してしまい、道徳的な実践行動に結びついていかないという問題がある。本研究では、道徳的な行動を促すと同時に反道徳的な行動を統制するには、人間行動の自動性を原理とした知識群を習得することが有効であることを示していく。人間も生物種である以上、遺伝子のコピーを残していくこと、つまり生殖があらゆる行動の最終的な目的である。また、環境中の膨大な量の情報を全て逐一解析してアルゴリズムを算出し、的確な行動をとるといったことは脳の容量からして、とても不可能である。そのため人間の行動というのは、自らの意思によって自覚的に行動しているように思えても、その目的を達成することを第一として、膨大な情報を取捨選択し、さらにカテゴリー化、パターン化して、実際には多くの認知面行動面で自動化されている。だが一方で現代においては、この自動化のために結果としての行動が反道徳的なものとなって多く表出することも現実である。そこで、とかく問題にもつながってしまうこの自動性の原理を応用する形で、道徳的な行動の促進と 、反道徳的な行動への統制に資することができるように道徳教育を焦点化したのである。人間行動の自動性を原理に道徳的な行動を促していく知識として具体的に挙げているのは、大別して次の2つである。第一に、人間が行動をおこす際のリソースとなる知識としての「特性と目標に関連した知識」であり、これは「道徳的ステレオタイプの形成」と「ポジティブ感情の形成と言語表象による客観性の獲得」から成る。第二に、たとえば自己の情動が危険な状態なのかどうかモニタリングするといった自分の状態を知るための手助けとなる情報としての知識としての「メタ認知のための知識」であり、これは「知覚的認知バイアス」と「自己利得的認知バイアス」から成る。さらに、これらの知識群を習得するための授業案として、「特性と目標に関連した知識」を習得するものを4、「メタ認知のための知識」を習得するものを6、合計10にわたる展開例を示した。このように知識を習得するということは、これまでの道徳教育では半ば否定されてきたものであるが、本研究においては、自然科学的な分野を含む学際的な知見を基盤に据えるという、これまでにない切り口で展開している。この研究成果は単に道徳授業の一つの方法を示すにとどまらず、道徳教育において新たな分野を切り開くものである。

Subjects/Keywords: 人間行動の自動性; 道徳教育への学際的アプローチ; 特性と目標に関連した知識; メタ認知のための知識

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

鑓水, . (2018). 知識の習得に重点を置いた道徳教育の研究-人間行動の自動性に基づく授業開発― : チシキ ノ シュウトク ニ ジュウテン ヲ オイタ ドウトク キョウイク ノ ケンキュウ ニンゲン コウドウ ノ ジドウセイ ニ モトヅク ジュギョウ カイハツ. (Thesis). Hirosaki University / 弘前大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10129/5579

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

鑓水, 浩. “知識の習得に重点を置いた道徳教育の研究-人間行動の自動性に基づく授業開発― : チシキ ノ シュウトク ニ ジュウテン ヲ オイタ ドウトク キョウイク ノ ケンキュウ ニンゲン コウドウ ノ ジドウセイ ニ モトヅク ジュギョウ カイハツ.” 2018. Thesis, Hirosaki University / 弘前大学. Accessed July 22, 2018. http://hdl.handle.net/10129/5579.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

鑓水, 浩. “知識の習得に重点を置いた道徳教育の研究-人間行動の自動性に基づく授業開発― : チシキ ノ シュウトク ニ ジュウテン ヲ オイタ ドウトク キョウイク ノ ケンキュウ ニンゲン コウドウ ノ ジドウセイ ニ モトヅク ジュギョウ カイハツ.” 2018. Web. 22 Jul 2018.

Vancouver:

鑓水 . 知識の習得に重点を置いた道徳教育の研究-人間行動の自動性に基づく授業開発― : チシキ ノ シュウトク ニ ジュウテン ヲ オイタ ドウトク キョウイク ノ ケンキュウ ニンゲン コウドウ ノ ジドウセイ ニ モトヅク ジュギョウ カイハツ. [Internet] [Thesis]. Hirosaki University / 弘前大学; 2018. [cited 2018 Jul 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10129/5579.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

鑓水 . 知識の習得に重点を置いた道徳教育の研究-人間行動の自動性に基づく授業開発― : チシキ ノ シュウトク ニ ジュウテン ヲ オイタ ドウトク キョウイク ノ ケンキュウ ニンゲン コウドウ ノ ジドウセイ ニ モトヅク ジュギョウ カイハツ. [Thesis]. Hirosaki University / 弘前大学; 2018. Available from: http://hdl.handle.net/10129/5579

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

8. 葛西, 未央. 東北日本内帯北部の海跡湖における完新世の地形変化と湖水環境変遷 : トウホク ニホン ナイタイ ホクブ ノ カイセキコ ニ オケル カンシンセイ ノ チケイ ヘンカ ト コスイ カンキョウ ヘンセン  .

Degree: 博士(学術), 2018, Hirosaki University / 弘前大学

国土の約7割が山地となっている日本では,海岸とその周辺に発達する低地に人口が集中し,現在の大都市の多くが立地している.ダム建設や堤防の整備などの治水対策が行われているものの,高度経済成長期以降における低地への居住地拡大は,住民の自然災害への意識が希薄な状態で進行したといっても過言ではないであろう.近い将来生じる,またはすでに始まっていると推定される地球温暖化は,海水準の上昇を引き起こし日本の沿岸域にも影響を与えると予想され,さらに近年の異常気象による台風や地震による津波などの自然災害が相乗して,低地の脆弱性を高めるものになると考えられる.したがって日本の臨海部に分布する沖積低地や海跡湖の形成史,およびそれらをとりまく海況の変遷などを明らかにすることは,今後の劇的な環境変化に対応するための基礎資料を提示する上で重要な課題の一つであると思われる.海跡湖は河川河口部に見られる地形で,最終氷期末以降の気候変動に伴った海面上昇により海域が陸域内に侵入して内湾となった場所が,その後の砂州等の形成により外洋から遮断され,湖のような形態に至った水域である.海跡湖の成立過程や湖水環境の変遷の復元は,従来の研究では臨海沖積平野の堆積物を対象とした微化石や地球化学的な分析結果から議論が行われてきたが,縄文海進以降に急激な地形変化が生じていたことを考慮すると,これらの分析のみならず湖自体の地形や水深の時系列変化も考慮した検討が必要不可欠である.本論文では青森県十三湖周辺地域および秋田県八郎潟周辺地域において,新たに複数箇所でオールコアボーリング調査を行い,採取された堆積物の層相観察,粒度分析,珪藻分析,総イオウ含有量分析,14C 年代測定を実施することにより海跡湖に河口を持つ河川低地の古環境変遷を明らかにした.さらに,それらの結果と完新世における湖の形態,特に水深変化を考慮し,縄文海進以降の海跡湖の成立過程,および湖水環境の変遷に関して考察を行った.岩木川最下流部に位置する十三湖では,縄文海進によって約7,000 cal BP に塩分が高い内湾環境を示す珪藻種が多産し,亀ヶ岡遺跡周辺付近まで海域が広がっていたことが明らかにされた.十三湖は,これらの内湾環境から約6,000 cal BP は淡水浮遊生種群のAulacoseira granulata が優占する淡水の影響が強い湖沼環境へと変化し,その後,現在の汽水環境へ至る.約6,000 cal BP に生じた淡水化の要因は,ほぼ同時期に形成された砂州により内湾が外洋から隔たれたことであると推定された.しかし,同層準で実施したイオウ分析の結果では,海成堆積物であることが示され,珪藻分析結果とは相反する結果が得られた.これは,当時の十三湖が現在よりも大きな容量を持ち,水深の大きい湖であったことから,塩分躍層を境にして湖水が成層化したことによるものであると考えられる.この湖水の成層現象は,湖底が河川の土砂供給により埋積されることで解消され,湖水深が小さくなった十三湖は,海水と淡水が撹拌されやすい現在の汽水環境に変化している.淡水化は当時の湖全域において約6,000 cal BP に開始したが,淡水化の終了,すなわち汽水環境へと変化する年代は地点ごとに異なっており,約5,000 ~2,000 cal BP 以降であることが明らかとなった.これらの差異は地形場の違いによって生じたと推定され,土砂供給量が多くデルタの発達速度の大きい河川沿いでより早く埋積が進行し,湖水の攪拌が生じたためであると考えられる.十三湖周辺地域における研究と同様の手法を用いて推定した八郎潟の湖水環境は,珪藻分析により約9,000 calBP には内湾環境が成立,約5,500 cal BP に淡水化が生じ,その後,淡水の影響の強い汽水域へと変化している.八郎潟においても十三湖と同様にA.granulata の優占が淡水環境の指標となったが,同層準のイオウ分析結果は陸成(淡水)堆積物と判別された.この事実は珪藻分析から復元される環境と同調する結果となり,表層と湖底の成層化はみられないことが示された.本研究では,八郎潟南部において縄文海進以降,日本海と内湾を隔てた砂州が海底下で堆積を開始したのは約8,000 cal BP 前後,海水準と同高度となり離水したのが約6,000~5,000 cal BP,風成砂が被覆し,砂丘が形成されたのが約3,000 cal BP であることが明らかとなった.このように海跡湖周辺における堆積物の珪藻分析から得られた環境変遷と,砂州の構成層から推定した形成時期が同調している.すなわち,この時期に形成された砂州によって,八郎潟が外洋からの影響を極めて受けにくくなり,淡水環境が強まったことが指摘できるであろう.本研究では,十三湖,八郎潟,およびそれらの周辺低地におけるボーリングコアの諸分析をもとに,完新世における湖の形態,特に水深変化を考慮しながら,縄文海進以降の海跡湖の成立過程,および湖水環境の変遷に関して考察を行った.その結果,海面変動,気候変化といった外的な環境変化のみならず,湖沼自体の地形変化も大きな影響を与えていることが明らかになった.

Subjects/Keywords: 海跡湖; 完新世; デルタ; 古環境; 珪藻分析; 地形発達

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

葛西, . (2018). 東北日本内帯北部の海跡湖における完新世の地形変化と湖水環境変遷 : トウホク ニホン ナイタイ ホクブ ノ カイセキコ ニ オケル カンシンセイ ノ チケイ ヘンカ ト コスイ カンキョウ ヘンセン  . (Thesis). Hirosaki University / 弘前大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10129/5585

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

葛西, 未央. “東北日本内帯北部の海跡湖における完新世の地形変化と湖水環境変遷 : トウホク ニホン ナイタイ ホクブ ノ カイセキコ ニ オケル カンシンセイ ノ チケイ ヘンカ ト コスイ カンキョウ ヘンセン  .” 2018. Thesis, Hirosaki University / 弘前大学. Accessed July 22, 2018. http://hdl.handle.net/10129/5585.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

葛西, 未央. “東北日本内帯北部の海跡湖における完新世の地形変化と湖水環境変遷 : トウホク ニホン ナイタイ ホクブ ノ カイセキコ ニ オケル カンシンセイ ノ チケイ ヘンカ ト コスイ カンキョウ ヘンセン  .” 2018. Web. 22 Jul 2018.

Vancouver:

葛西 . 東北日本内帯北部の海跡湖における完新世の地形変化と湖水環境変遷 : トウホク ニホン ナイタイ ホクブ ノ カイセキコ ニ オケル カンシンセイ ノ チケイ ヘンカ ト コスイ カンキョウ ヘンセン  . [Internet] [Thesis]. Hirosaki University / 弘前大学; 2018. [cited 2018 Jul 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10129/5585.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

葛西 . 東北日本内帯北部の海跡湖における完新世の地形変化と湖水環境変遷 : トウホク ニホン ナイタイ ホクブ ノ カイセキコ ニ オケル カンシンセイ ノ チケイ ヘンカ ト コスイ カンキョウ ヘンセン  . [Thesis]. Hirosaki University / 弘前大学; 2018. Available from: http://hdl.handle.net/10129/5585

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

9. Murakami, Kazuo. Role of protein kinase C in acetylcholine-induced Ca2+ influx under enhanced phospholipase C-δ1 : ホスリパーゼC-δ1活性亢進下でのアセチルコリン誘発性カルシウム流入におけるプロテインキナーゼCの役割; ホスリパーゼC-δ1 カッセイ コウシンカ デノ アセチルコリン ユウハツセイ カルシウム リュウニュウ ニオケル プロテインキナーゼC ノ ヤクワリ.

Degree: 博士(医学), 2018, Hirosaki University / 弘前大学

冠攣縮性狭心症患者の皮膚線維芽細胞においてphospholipase C(PLC)-δ1活性は亢進しており、PLC-δ1過剰発現マウスでは冠攣縮が誘発されることを報告した。今回我々はPLC-δ1過剰発現下で、アセチルコリン誘発性カルシウム流入におけるprotein kinase C(PKC)の役割についてhuman embryonic kidney 293細胞を用いて検討した。アセチルコリン誘発性カルシウム流入はPLC-δ1過剰発現並びにPKCの抑制により優位に増加し,PKCの活性化により減少した。ニフェジピン存在下でのアセチルコリン誘発性カルシウム流入もPLC-δ1過剰発現並びにPKCの抑制により増加した。PKCはアセチルコリン誘発性カルシウム流入に対して負に作用し,ニフェジピン投与の影響をほとんど受けないことが示唆された。

http://repository.ul.hirosaki-u.ac.jp/dspace/handle/10129/5559

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Murakami, K. (2018). Role of protein kinase C in acetylcholine-induced Ca2+ influx under enhanced phospholipase C-δ1 : ホスリパーゼC-δ1活性亢進下でのアセチルコリン誘発性カルシウム流入におけるプロテインキナーゼCの役割; ホスリパーゼC-δ1 カッセイ コウシンカ デノ アセチルコリン ユウハツセイ カルシウム リュウニュウ ニオケル プロテインキナーゼC ノ ヤクワリ. (Thesis). Hirosaki University / 弘前大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10129/5595

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Murakami, Kazuo. “Role of protein kinase C in acetylcholine-induced Ca2+ influx under enhanced phospholipase C-δ1 : ホスリパーゼC-δ1活性亢進下でのアセチルコリン誘発性カルシウム流入におけるプロテインキナーゼCの役割; ホスリパーゼC-δ1 カッセイ コウシンカ デノ アセチルコリン ユウハツセイ カルシウム リュウニュウ ニオケル プロテインキナーゼC ノ ヤクワリ.” 2018. Thesis, Hirosaki University / 弘前大学. Accessed July 22, 2018. http://hdl.handle.net/10129/5595.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Murakami, Kazuo. “Role of protein kinase C in acetylcholine-induced Ca2+ influx under enhanced phospholipase C-δ1 : ホスリパーゼC-δ1活性亢進下でのアセチルコリン誘発性カルシウム流入におけるプロテインキナーゼCの役割; ホスリパーゼC-δ1 カッセイ コウシンカ デノ アセチルコリン ユウハツセイ カルシウム リュウニュウ ニオケル プロテインキナーゼC ノ ヤクワリ.” 2018. Web. 22 Jul 2018.

Vancouver:

Murakami K. Role of protein kinase C in acetylcholine-induced Ca2+ influx under enhanced phospholipase C-δ1 : ホスリパーゼC-δ1活性亢進下でのアセチルコリン誘発性カルシウム流入におけるプロテインキナーゼCの役割; ホスリパーゼC-δ1 カッセイ コウシンカ デノ アセチルコリン ユウハツセイ カルシウム リュウニュウ ニオケル プロテインキナーゼC ノ ヤクワリ. [Internet] [Thesis]. Hirosaki University / 弘前大学; 2018. [cited 2018 Jul 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10129/5595.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Murakami K. Role of protein kinase C in acetylcholine-induced Ca2+ influx under enhanced phospholipase C-δ1 : ホスリパーゼC-δ1活性亢進下でのアセチルコリン誘発性カルシウム流入におけるプロテインキナーゼCの役割; ホスリパーゼC-δ1 カッセイ コウシンカ デノ アセチルコリン ユウハツセイ カルシウム リュウニュウ ニオケル プロテインキナーゼC ノ ヤクワリ. [Thesis]. Hirosaki University / 弘前大学; 2018. Available from: http://hdl.handle.net/10129/5595

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

10. Shiba, Yuko. Spontaneous epileptic seizures in transgenic rats harboring a human ADNFLE missense mutation in the β2-subunit of the nicotinic acetylcholine receptor : ヒト常染色体優性夜間前頭葉てんかん由来ニコチン性アセチルコリン受容体 β2 サブユニット変異ラットの自発性発作; ヒト ジョウセンショクタイ ユウセイ ヤカン ゼントウヨウ テンカン ユライ ニコチンセイ アセチルコリン ジュヨウタイ β2 サブユニット ヘンイ ラット ノ ジハツセイ ホッサ.

Degree: 博士(医学), 2018, Hirosaki University / 弘前大学

 We generated a transgenic rat strain with a missense mutation in V286L (V286L-TG),in the gene encoding the neuronal nicotinic acetylcholine receptor β2 subunit(CHRNB2) found in… (more)

Subjects/Keywords: autosomal dominant nocturnal frontal lobe epilepsy (ADNFLE); nicotinic acetylcholine receptor (nAChR) mutation; β2-subunit; epilepsy; seizures; transgenic rat

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Shiba, Y. (2018). Spontaneous epileptic seizures in transgenic rats harboring a human ADNFLE missense mutation in the β2-subunit of the nicotinic acetylcholine receptor : ヒト常染色体優性夜間前頭葉てんかん由来ニコチン性アセチルコリン受容体 β2 サブユニット変異ラットの自発性発作; ヒト ジョウセンショクタイ ユウセイ ヤカン ゼントウヨウ テンカン ユライ ニコチンセイ アセチルコリン ジュヨウタイ β2 サブユニット ヘンイ ラット ノ ジハツセイ ホッサ. (Thesis). Hirosaki University / 弘前大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10129/5662

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Shiba, Yuko. “Spontaneous epileptic seizures in transgenic rats harboring a human ADNFLE missense mutation in the β2-subunit of the nicotinic acetylcholine receptor : ヒト常染色体優性夜間前頭葉てんかん由来ニコチン性アセチルコリン受容体 β2 サブユニット変異ラットの自発性発作; ヒト ジョウセンショクタイ ユウセイ ヤカン ゼントウヨウ テンカン ユライ ニコチンセイ アセチルコリン ジュヨウタイ β2 サブユニット ヘンイ ラット ノ ジハツセイ ホッサ.” 2018. Thesis, Hirosaki University / 弘前大学. Accessed July 22, 2018. http://hdl.handle.net/10129/5662.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Shiba, Yuko. “Spontaneous epileptic seizures in transgenic rats harboring a human ADNFLE missense mutation in the β2-subunit of the nicotinic acetylcholine receptor : ヒト常染色体優性夜間前頭葉てんかん由来ニコチン性アセチルコリン受容体 β2 サブユニット変異ラットの自発性発作; ヒト ジョウセンショクタイ ユウセイ ヤカン ゼントウヨウ テンカン ユライ ニコチンセイ アセチルコリン ジュヨウタイ β2 サブユニット ヘンイ ラット ノ ジハツセイ ホッサ.” 2018. Web. 22 Jul 2018.

Vancouver:

Shiba Y. Spontaneous epileptic seizures in transgenic rats harboring a human ADNFLE missense mutation in the β2-subunit of the nicotinic acetylcholine receptor : ヒト常染色体優性夜間前頭葉てんかん由来ニコチン性アセチルコリン受容体 β2 サブユニット変異ラットの自発性発作; ヒト ジョウセンショクタイ ユウセイ ヤカン ゼントウヨウ テンカン ユライ ニコチンセイ アセチルコリン ジュヨウタイ β2 サブユニット ヘンイ ラット ノ ジハツセイ ホッサ. [Internet] [Thesis]. Hirosaki University / 弘前大学; 2018. [cited 2018 Jul 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10129/5662.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Shiba Y. Spontaneous epileptic seizures in transgenic rats harboring a human ADNFLE missense mutation in the β2-subunit of the nicotinic acetylcholine receptor : ヒト常染色体優性夜間前頭葉てんかん由来ニコチン性アセチルコリン受容体 β2 サブユニット変異ラットの自発性発作; ヒト ジョウセンショクタイ ユウセイ ヤカン ゼントウヨウ テンカン ユライ ニコチンセイ アセチルコリン ジュヨウタイ β2 サブユニット ヘンイ ラット ノ ジハツセイ ホッサ. [Thesis]. Hirosaki University / 弘前大学; 2018. Available from: http://hdl.handle.net/10129/5662

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

11. Sawano, Takeyuki. Fatty acid synthase-positive hepatocytes and subsequent steatosis in rat livers by irinotecan : Irinotecan投与によるラット肝の脂肪化誘発とそれに先行する脂肪酸合成酵素陽性細胞の出現; Irinotecan トウヨ ニヨル ラットカン ノ シボウカ ユウハツ ト ソレニ センコウ スル シボウサン ゴウセイ コウソ ヨウセイ サイボウ ノ シュツゲン.

Degree: 博士(医学), 2018, Hirosaki University / 弘前大学

Using a rat model, I investigated factors contributing to the pathogenesis of irinotecan-associated fatty liver disease. Male Sprague-Dawley rats were administered 200 mg/kg irinotecan by… (more)

Subjects/Keywords: fatty acid synthase; liver progenitor cell; Kupffer cell; chemotherapy-associated steatohepatitis; irinotecan

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Sawano, T. (2018). Fatty acid synthase-positive hepatocytes and subsequent steatosis in rat livers by irinotecan : Irinotecan投与によるラット肝の脂肪化誘発とそれに先行する脂肪酸合成酵素陽性細胞の出現; Irinotecan トウヨ ニヨル ラットカン ノ シボウカ ユウハツ ト ソレニ センコウ スル シボウサン ゴウセイ コウソ ヨウセイ サイボウ ノ シュツゲン. (Thesis). Hirosaki University / 弘前大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10129/5663

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Sawano, Takeyuki. “Fatty acid synthase-positive hepatocytes and subsequent steatosis in rat livers by irinotecan : Irinotecan投与によるラット肝の脂肪化誘発とそれに先行する脂肪酸合成酵素陽性細胞の出現; Irinotecan トウヨ ニヨル ラットカン ノ シボウカ ユウハツ ト ソレニ センコウ スル シボウサン ゴウセイ コウソ ヨウセイ サイボウ ノ シュツゲン.” 2018. Thesis, Hirosaki University / 弘前大学. Accessed July 22, 2018. http://hdl.handle.net/10129/5663.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Sawano, Takeyuki. “Fatty acid synthase-positive hepatocytes and subsequent steatosis in rat livers by irinotecan : Irinotecan投与によるラット肝の脂肪化誘発とそれに先行する脂肪酸合成酵素陽性細胞の出現; Irinotecan トウヨ ニヨル ラットカン ノ シボウカ ユウハツ ト ソレニ センコウ スル シボウサン ゴウセイ コウソ ヨウセイ サイボウ ノ シュツゲン.” 2018. Web. 22 Jul 2018.

Vancouver:

Sawano T. Fatty acid synthase-positive hepatocytes and subsequent steatosis in rat livers by irinotecan : Irinotecan投与によるラット肝の脂肪化誘発とそれに先行する脂肪酸合成酵素陽性細胞の出現; Irinotecan トウヨ ニヨル ラットカン ノ シボウカ ユウハツ ト ソレニ センコウ スル シボウサン ゴウセイ コウソ ヨウセイ サイボウ ノ シュツゲン. [Internet] [Thesis]. Hirosaki University / 弘前大学; 2018. [cited 2018 Jul 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10129/5663.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Sawano T. Fatty acid synthase-positive hepatocytes and subsequent steatosis in rat livers by irinotecan : Irinotecan投与によるラット肝の脂肪化誘発とそれに先行する脂肪酸合成酵素陽性細胞の出現; Irinotecan トウヨ ニヨル ラットカン ノ シボウカ ユウハツ ト ソレニ センコウ スル シボウサン ゴウセイ コウソ ヨウセイ サイボウ ノ シュツゲン. [Thesis]. Hirosaki University / 弘前大学; 2018. Available from: http://hdl.handle.net/10129/5663

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

12. Chiba, Noriyuki. Decreased DNA methylation in the promoter region of the WNT5A and GDNF genes may promote the osteogenicity of mesenchymal stem cells from patients with ossified spinal ligaments. : WNT5AとGDNFのプロモーター領域におけるDNAメチル化の減少によって脊柱靱帯骨化症患者由来の間葉系幹細胞の骨化が促進される; WNT5A ト GDHF ノ プロモーター リョウイキ ニオケル DNA メチルカ ノ ジンタイ コッカショウ カンジャ ユライノ カンヨウ ケイ カンサイボウ ノ コッカ ガ ソクシン サレル.

Degree: 博士(医学), 2018, Hirosaki University / 弘前大学

Mesenchymal stem cells (MSCs) isolated from spinal ligaments with ectopic ossification have a pro- pensity toward the osteogenic lineage. To explore epigenetic control of the… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Chiba, N. (2018). Decreased DNA methylation in the promoter region of the WNT5A and GDNF genes may promote the osteogenicity of mesenchymal stem cells from patients with ossified spinal ligaments. : WNT5AとGDNFのプロモーター領域におけるDNAメチル化の減少によって脊柱靱帯骨化症患者由来の間葉系幹細胞の骨化が促進される; WNT5A ト GDHF ノ プロモーター リョウイキ ニオケル DNA メチルカ ノ ジンタイ コッカショウ カンジャ ユライノ カンヨウ ケイ カンサイボウ ノ コッカ ガ ソクシン サレル. (Thesis). Hirosaki University / 弘前大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10129/5664

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Chiba, Noriyuki. “Decreased DNA methylation in the promoter region of the WNT5A and GDNF genes may promote the osteogenicity of mesenchymal stem cells from patients with ossified spinal ligaments. : WNT5AとGDNFのプロモーター領域におけるDNAメチル化の減少によって脊柱靱帯骨化症患者由来の間葉系幹細胞の骨化が促進される; WNT5A ト GDHF ノ プロモーター リョウイキ ニオケル DNA メチルカ ノ ジンタイ コッカショウ カンジャ ユライノ カンヨウ ケイ カンサイボウ ノ コッカ ガ ソクシン サレル.” 2018. Thesis, Hirosaki University / 弘前大学. Accessed July 22, 2018. http://hdl.handle.net/10129/5664.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Chiba, Noriyuki. “Decreased DNA methylation in the promoter region of the WNT5A and GDNF genes may promote the osteogenicity of mesenchymal stem cells from patients with ossified spinal ligaments. : WNT5AとGDNFのプロモーター領域におけるDNAメチル化の減少によって脊柱靱帯骨化症患者由来の間葉系幹細胞の骨化が促進される; WNT5A ト GDHF ノ プロモーター リョウイキ ニオケル DNA メチルカ ノ ジンタイ コッカショウ カンジャ ユライノ カンヨウ ケイ カンサイボウ ノ コッカ ガ ソクシン サレル.” 2018. Web. 22 Jul 2018.

Vancouver:

Chiba N. Decreased DNA methylation in the promoter region of the WNT5A and GDNF genes may promote the osteogenicity of mesenchymal stem cells from patients with ossified spinal ligaments. : WNT5AとGDNFのプロモーター領域におけるDNAメチル化の減少によって脊柱靱帯骨化症患者由来の間葉系幹細胞の骨化が促進される; WNT5A ト GDHF ノ プロモーター リョウイキ ニオケル DNA メチルカ ノ ジンタイ コッカショウ カンジャ ユライノ カンヨウ ケイ カンサイボウ ノ コッカ ガ ソクシン サレル. [Internet] [Thesis]. Hirosaki University / 弘前大学; 2018. [cited 2018 Jul 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10129/5664.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Chiba N. Decreased DNA methylation in the promoter region of the WNT5A and GDNF genes may promote the osteogenicity of mesenchymal stem cells from patients with ossified spinal ligaments. : WNT5AとGDNFのプロモーター領域におけるDNAメチル化の減少によって脊柱靱帯骨化症患者由来の間葉系幹細胞の骨化が促進される; WNT5A ト GDHF ノ プロモーター リョウイキ ニオケル DNA メチルカ ノ ジンタイ コッカショウ カンジャ ユライノ カンヨウ ケイ カンサイボウ ノ コッカ ガ ソクシン サレル. [Thesis]. Hirosaki University / 弘前大学; 2018. Available from: http://hdl.handle.net/10129/5664

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

13. Ueno, Yaeko. Increases in plasma Aß40 levels and the Aß40/42 ratio in patients with Diabetes Mellitus and dementia : 糖尿病および認知症における血漿アミロイドβ40および40/42比の上昇; トウニョウビョウ オヨビ ニンチショウ ニオケル ケッショウ アミロイドβ40 オヨビ 40/42 ヒノジョウショウ.

Degree: 博士(医学), 2018, Hirosaki University / 弘前大学

Aim: The plasma Aß40/42 ratio is a possible biomarker for the onset of Alzheimer’s disease (AD). We here measured plasma Aß40 and Aß42 levels in… (more)

Subjects/Keywords: Dementia; Diabetes mellitus; HbA1c; Plasma Aß40; Plasma Aß40/42ratio

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Ueno, Y. (2018). Increases in plasma Aß40 levels and the Aß40/42 ratio in patients with Diabetes Mellitus and dementia : 糖尿病および認知症における血漿アミロイドβ40および40/42比の上昇; トウニョウビョウ オヨビ ニンチショウ ニオケル ケッショウ アミロイドβ40 オヨビ 40/42 ヒノジョウショウ. (Thesis). Hirosaki University / 弘前大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10129/5666

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Ueno, Yaeko. “Increases in plasma Aß40 levels and the Aß40/42 ratio in patients with Diabetes Mellitus and dementia : 糖尿病および認知症における血漿アミロイドβ40および40/42比の上昇; トウニョウビョウ オヨビ ニンチショウ ニオケル ケッショウ アミロイドβ40 オヨビ 40/42 ヒノジョウショウ.” 2018. Thesis, Hirosaki University / 弘前大学. Accessed July 22, 2018. http://hdl.handle.net/10129/5666.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Ueno, Yaeko. “Increases in plasma Aß40 levels and the Aß40/42 ratio in patients with Diabetes Mellitus and dementia : 糖尿病および認知症における血漿アミロイドβ40および40/42比の上昇; トウニョウビョウ オヨビ ニンチショウ ニオケル ケッショウ アミロイドβ40 オヨビ 40/42 ヒノジョウショウ.” 2018. Web. 22 Jul 2018.

Vancouver:

Ueno Y. Increases in plasma Aß40 levels and the Aß40/42 ratio in patients with Diabetes Mellitus and dementia : 糖尿病および認知症における血漿アミロイドβ40および40/42比の上昇; トウニョウビョウ オヨビ ニンチショウ ニオケル ケッショウ アミロイドβ40 オヨビ 40/42 ヒノジョウショウ. [Internet] [Thesis]. Hirosaki University / 弘前大学; 2018. [cited 2018 Jul 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10129/5666.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Ueno Y. Increases in plasma Aß40 levels and the Aß40/42 ratio in patients with Diabetes Mellitus and dementia : 糖尿病および認知症における血漿アミロイドβ40および40/42比の上昇; トウニョウビョウ オヨビ ニンチショウ ニオケル ケッショウ アミロイドβ40 オヨビ 40/42 ヒノジョウショウ. [Thesis]. Hirosaki University / 弘前大学; 2018. Available from: http://hdl.handle.net/10129/5666

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

14. Haga, Rie. Clinical Utility of Skin Biopsy in Differentiating between Parkinson’s Disease and Multiple System Atrophy : パーキンソン病と多系統萎縮症の鑑別における皮膚生検の有用性; パーキンソンビョウ ト タケイトウ イシュクショウ ノ カンベツ ニオケル ヒフ セイケン ノ ユウヨウセイ.

Degree: 博士(医学), 2018, Hirosaki University / 弘前大学

Background. It is often difficult to differentiate Parkinson’s disease (PD) from multiple system atrophy (MSA), especially in their early stages. Objectives. To examine the clinical… (more)

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Haga, R. (2018). Clinical Utility of Skin Biopsy in Differentiating between Parkinson’s Disease and Multiple System Atrophy : パーキンソン病と多系統萎縮症の鑑別における皮膚生検の有用性; パーキンソンビョウ ト タケイトウ イシュクショウ ノ カンベツ ニオケル ヒフ セイケン ノ ユウヨウセイ. (Thesis). Hirosaki University / 弘前大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10129/5667

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Haga, Rie. “Clinical Utility of Skin Biopsy in Differentiating between Parkinson’s Disease and Multiple System Atrophy : パーキンソン病と多系統萎縮症の鑑別における皮膚生検の有用性; パーキンソンビョウ ト タケイトウ イシュクショウ ノ カンベツ ニオケル ヒフ セイケン ノ ユウヨウセイ.” 2018. Thesis, Hirosaki University / 弘前大学. Accessed July 22, 2018. http://hdl.handle.net/10129/5667.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Haga, Rie. “Clinical Utility of Skin Biopsy in Differentiating between Parkinson’s Disease and Multiple System Atrophy : パーキンソン病と多系統萎縮症の鑑別における皮膚生検の有用性; パーキンソンビョウ ト タケイトウ イシュクショウ ノ カンベツ ニオケル ヒフ セイケン ノ ユウヨウセイ.” 2018. Web. 22 Jul 2018.

Vancouver:

Haga R. Clinical Utility of Skin Biopsy in Differentiating between Parkinson’s Disease and Multiple System Atrophy : パーキンソン病と多系統萎縮症の鑑別における皮膚生検の有用性; パーキンソンビョウ ト タケイトウ イシュクショウ ノ カンベツ ニオケル ヒフ セイケン ノ ユウヨウセイ. [Internet] [Thesis]. Hirosaki University / 弘前大学; 2018. [cited 2018 Jul 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10129/5667.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Haga R. Clinical Utility of Skin Biopsy in Differentiating between Parkinson’s Disease and Multiple System Atrophy : パーキンソン病と多系統萎縮症の鑑別における皮膚生検の有用性; パーキンソンビョウ ト タケイトウ イシュクショウ ノ カンベツ ニオケル ヒフ セイケン ノ ユウヨウセイ. [Thesis]. Hirosaki University / 弘前大学; 2018. Available from: http://hdl.handle.net/10129/5667

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

15. Ishioka, Masamichi. Hyperprolactinemia during antipsychotics treatment increases the level of coagulation markers : 抗精神病薬投与中の高プロラクチン血症と凝固因子の関係; コウ セイシンビョウ ヤク トウヨ チュウ ノ コウ プロラクチン ケッショウ ト ギョウコ インシ ノ カンケイ.

Degree: 博士(医学), 2018, Hirosaki University / 弘前大学

Objective: The strong association between psychiatric patients who receive antipsychotics and the incidence of venous thromboembolism (VTE) is known. Although previous reports suggest that hyperprolactinemia… (more)

Subjects/Keywords: prolactin; antipsychotics; venous thromboembolism

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Ishioka, M. (2018). Hyperprolactinemia during antipsychotics treatment increases the level of coagulation markers : 抗精神病薬投与中の高プロラクチン血症と凝固因子の関係; コウ セイシンビョウ ヤク トウヨ チュウ ノ コウ プロラクチン ケッショウ ト ギョウコ インシ ノ カンケイ. (Thesis). Hirosaki University / 弘前大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10129/5668

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Ishioka, Masamichi. “Hyperprolactinemia during antipsychotics treatment increases the level of coagulation markers : 抗精神病薬投与中の高プロラクチン血症と凝固因子の関係; コウ セイシンビョウ ヤク トウヨ チュウ ノ コウ プロラクチン ケッショウ ト ギョウコ インシ ノ カンケイ.” 2018. Thesis, Hirosaki University / 弘前大学. Accessed July 22, 2018. http://hdl.handle.net/10129/5668.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Ishioka, Masamichi. “Hyperprolactinemia during antipsychotics treatment increases the level of coagulation markers : 抗精神病薬投与中の高プロラクチン血症と凝固因子の関係; コウ セイシンビョウ ヤク トウヨ チュウ ノ コウ プロラクチン ケッショウ ト ギョウコ インシ ノ カンケイ.” 2018. Web. 22 Jul 2018.

Vancouver:

Ishioka M. Hyperprolactinemia during antipsychotics treatment increases the level of coagulation markers : 抗精神病薬投与中の高プロラクチン血症と凝固因子の関係; コウ セイシンビョウ ヤク トウヨ チュウ ノ コウ プロラクチン ケッショウ ト ギョウコ インシ ノ カンケイ. [Internet] [Thesis]. Hirosaki University / 弘前大学; 2018. [cited 2018 Jul 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10129/5668.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Ishioka M. Hyperprolactinemia during antipsychotics treatment increases the level of coagulation markers : 抗精神病薬投与中の高プロラクチン血症と凝固因子の関係; コウ セイシンビョウ ヤク トウヨ チュウ ノ コウ プロラクチン ケッショウ ト ギョウコ インシ ノ カンケイ. [Thesis]. Hirosaki University / 弘前大学; 2018. Available from: http://hdl.handle.net/10129/5668

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

16. 下田, 雄次. 「民俗芸能」の「現在」-生活の中の実践と客体化- : ミンゾク ゲイノウ ノ ゲンザイ セイカツ ノ ナカ ノ ジッセン ト キャクタイカ.

Degree: 博士(学術), 2018, Hirosaki University / 弘前大学

本論は、青森県内に伝わる民俗芸能を対象にし、客体化を経た「地域社会に伝わる土着の芸能」すなわち「民俗芸能」と現代的な「日常」との連関を問題にしながら、「保存」や「観光」(文化財保護制度や観光産業)の枠組みに基づいた議論からは見えにくい部分、人々の生活世界に密接した「美的」なコミュニケーションとしての民俗芸能の側面を明らかにしようとするものである。方法として、青森県津軽地方の弘前市鳥井野地区と同県南部地方の上北郡七戸町上原子集落という二つの地域に伝わる計四種類の芸能を対象にし、論者自らも各芸能に対して4つの異なる立場すなわち「すでに参入をしていた団体内での役割の移行(囃子方から踊り手へ)」、「すでに参入をしていた団体での活動」、「他所の芸能への新たな参入」、「他所の芸能の復興における支援者としての参入」という立場から参入した。第1章ではまず本論の目的を述べ、研究史を整理しながら問題の所在を述べた。次いで本論の研究方法を示し、本論の構成について説明した。第2章「対象の地域と芸能」では、青森県津軽地方の鳥井野地区と同県南部地方の上原子集落について概観したうえで、津軽地方と南部地方という異なる背景と、それぞれの地域に伝わる芸能の性質について記述した。第3章「民俗芸能と「日常」の身体」では、論者が芸能の当事者として拠点にしている津軽地方、鳥井野地区の鳥井野獅子踊りを対象にした。ここでは、論者自身が獅子踊りの囃子方から踊り手へと転向するという過程における学習のなかで得られた情報に基づいて考察を行った。獅子踊りにおける基本的な身体技法を対象にしながら、芸能と日常との繋がりについて、身体技法の側面から明らかにする取り組みを行った。第4章「芸能に遊興性を取り戻す人々」では、津軽の祭囃子を題材にした。ここでは、津軽の祭囃子がいわゆる「保存」としての活動や、「観光」の場での活動といった枠組みではなく、人々の生活世界の中で、娯楽として行われている場面を対象にしながら、そのプロセスやそこでの芸能の機能、あるいは芸能を介した人々の関係性の解明を試みた。第5章「芸能に「協力」する人々」では、南部地方、上原子集落の上原子剣舞踊りを対象にした。現地の人々にとって地域の民俗芸能である剣舞に「協力」するとはどのようなことであるか、人々はいかにして剣舞に「協力」し、それによって何を体験しているのか、などについて剣舞の観察や剣舞の習得を目的とした練習会・本番の舞台への参加を通して明らかにしてゆくという取り組みを行った。第6章「地域的・日常的文脈で復興される民俗芸能」では、前章に引き続いて、上原子集落の芸能を対象にし、当地に伝わる盆踊りの再構築の場を対象にしながら、芸能復興の支援者の立場で芸能を介した人々の交流やその関係性、参加者の意識について論述した。第7章「芸能実践の現代的展開と日常の変質」では、当該地域の芸能における実践の多様化、規模の拡大・スピード化、活動範囲の広域化、新たなネットワークの構築といった当該地域の芸能実践の現代的状況に眼を向けながら、引き続き「身体」と「コミュニケーション」といった観点を手掛かりにして、民俗芸能と人々の「日常」の「つながり」について見てきた。以上のような分析と考察の結果、本論では民俗芸能とそれに関わる人々の日常との「つながり」について、青森県内の鳥井野地区と上原子集落という異なる地域内の質の違う芸能を対象にして明らかにすることができた。現在の地域社会において、民俗芸能が人々の生活世界に密接している領域に眼を向けていくと、そこには、変化や創意工夫、あるいは生活臭や猥雑さ、多様性といった性質をもつ芸能の姿があった。また、芸能の所作だけでなく、日常の生活や労働の中に分野を超えて存在する「類型的な身体技法」が存在し、これが芸能の所作にとっての文化的な資源になっていたという構図も見えてきた。芸能がその身の内に有しているこうした生活的側面の解明は「保存」や「観光」の枠組みに基づきがちであったこれまでの民俗芸能の研究に対して、人間の生活の一面としての芸能の姿を捉えるという、より当事者の立場に立脚した視座の確立をもたらすものであると思われる。また、民俗芸能の所作の資源としての「類型的な身体技法」に対する理解は、芸能の所作を単なる動きのパターンとしてだけでなく、生活や労働を実際に支えてきた極めて実用的な身体能力と連関させて把握する視野を提供するものであり、このような観念は、芸能の動きの理解だけでなく、生活における人々の身体活動の中に芸能を捉えていくというように、より全体的な構図の中で芸能の身体を理解するためにも有効であると思われる。本論で明らかにしてきた民俗芸能の生活的側面とは、身体的側面においても関係性の側面においても、地域的、日常的な文脈の中にあるものであり、芸能を地域的・社会的な文脈から切り離していくような身体観、すなわち「演劇学的身体観」によって等閑視されてきた部分でもある。ゆえに、これまでの民俗芸能に対する身体観を超克し、当事者の生活世界に密接した新たな民俗芸能観を構築してゆく上でも本論で見出した身体観や関係性のあり方は有効性を持のではないかと考えられる。

Subjects/Keywords: 民俗芸能と日常; 身体技法; 関係性; 芸能の機能; 身体性の近代化

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

下田, . (2018). 「民俗芸能」の「現在」-生活の中の実践と客体化- : ミンゾク ゲイノウ ノ ゲンザイ セイカツ ノ ナカ ノ ジッセン ト キャクタイカ. (Thesis). Hirosaki University / 弘前大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10129/5855

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

下田, 雄次. “「民俗芸能」の「現在」-生活の中の実践と客体化- : ミンゾク ゲイノウ ノ ゲンザイ セイカツ ノ ナカ ノ ジッセン ト キャクタイカ.” 2018. Thesis, Hirosaki University / 弘前大学. Accessed July 22, 2018. http://hdl.handle.net/10129/5855.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

下田, 雄次. “「民俗芸能」の「現在」-生活の中の実践と客体化- : ミンゾク ゲイノウ ノ ゲンザイ セイカツ ノ ナカ ノ ジッセン ト キャクタイカ.” 2018. Web. 22 Jul 2018.

Vancouver:

下田 . 「民俗芸能」の「現在」-生活の中の実践と客体化- : ミンゾク ゲイノウ ノ ゲンザイ セイカツ ノ ナカ ノ ジッセン ト キャクタイカ. [Internet] [Thesis]. Hirosaki University / 弘前大学; 2018. [cited 2018 Jul 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10129/5855.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

下田 . 「民俗芸能」の「現在」-生活の中の実践と客体化- : ミンゾク ゲイノウ ノ ゲンザイ セイカツ ノ ナカ ノ ジッセン ト キャクタイカ. [Thesis]. Hirosaki University / 弘前大学; 2018. Available from: http://hdl.handle.net/10129/5855

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

17. Kudo, Syuhei. The low level of understanding of depression among patients treated with antidepressants: a survey of 424 outpatients in Japan : 抗うつ薬の服薬経験がある外来患者のうつ病に対する心理教育の実態調査.

Degree: 博士(医学), 2018, Hirosaki University / 弘前大学

掲載誌Neuropsychiatric Disease and Treatment, 2015(11), p.2811-2816, 2015http://dx.doi.org/10.2147/NDT.S93657

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Kudo, S. (2018). The low level of understanding of depression among patients treated with antidepressants: a survey of 424 outpatients in Japan : 抗うつ薬の服薬経験がある外来患者のうつ病に対する心理教育の実態調査. (Thesis). Hirosaki University / 弘前大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10129/5859

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Kudo, Syuhei. “The low level of understanding of depression among patients treated with antidepressants: a survey of 424 outpatients in Japan : 抗うつ薬の服薬経験がある外来患者のうつ病に対する心理教育の実態調査.” 2018. Thesis, Hirosaki University / 弘前大学. Accessed July 22, 2018. http://hdl.handle.net/10129/5859.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Kudo, Syuhei. “The low level of understanding of depression among patients treated with antidepressants: a survey of 424 outpatients in Japan : 抗うつ薬の服薬経験がある外来患者のうつ病に対する心理教育の実態調査.” 2018. Web. 22 Jul 2018.

Vancouver:

Kudo S. The low level of understanding of depression among patients treated with antidepressants: a survey of 424 outpatients in Japan : 抗うつ薬の服薬経験がある外来患者のうつ病に対する心理教育の実態調査. [Internet] [Thesis]. Hirosaki University / 弘前大学; 2018. [cited 2018 Jul 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10129/5859.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Kudo S. The low level of understanding of depression among patients treated with antidepressants: a survey of 424 outpatients in Japan : 抗うつ薬の服薬経験がある外来患者のうつ病に対する心理教育の実態調査. [Thesis]. Hirosaki University / 弘前大学; 2018. Available from: http://hdl.handle.net/10129/5859

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

18. Fujita, Naoki. The implication of aortic calcification on persistent hypertension after laparoscopic adrenalectomy in patients with primary aldosteronism : 原発性アルドステロン症に対する腹腔鏡下副腎摘除術抵抗性高血圧のリスク因子として大動脈石灰化が重要である.

Degree: 博士(医学), 2018, Hirosaki University / 弘前大学

掲載誌International Journal of Urology, 23(5), p.412-417, 2016http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/iju.13060/abstract

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Fujita, N. (2018). The implication of aortic calcification on persistent hypertension after laparoscopic adrenalectomy in patients with primary aldosteronism : 原発性アルドステロン症に対する腹腔鏡下副腎摘除術抵抗性高血圧のリスク因子として大動脈石灰化が重要である. (Thesis). Hirosaki University / 弘前大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10129/5864

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Fujita, Naoki. “The implication of aortic calcification on persistent hypertension after laparoscopic adrenalectomy in patients with primary aldosteronism : 原発性アルドステロン症に対する腹腔鏡下副腎摘除術抵抗性高血圧のリスク因子として大動脈石灰化が重要である.” 2018. Thesis, Hirosaki University / 弘前大学. Accessed July 22, 2018. http://hdl.handle.net/10129/5864.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Fujita, Naoki. “The implication of aortic calcification on persistent hypertension after laparoscopic adrenalectomy in patients with primary aldosteronism : 原発性アルドステロン症に対する腹腔鏡下副腎摘除術抵抗性高血圧のリスク因子として大動脈石灰化が重要である.” 2018. Web. 22 Jul 2018.

Vancouver:

Fujita N. The implication of aortic calcification on persistent hypertension after laparoscopic adrenalectomy in patients with primary aldosteronism : 原発性アルドステロン症に対する腹腔鏡下副腎摘除術抵抗性高血圧のリスク因子として大動脈石灰化が重要である. [Internet] [Thesis]. Hirosaki University / 弘前大学; 2018. [cited 2018 Jul 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10129/5864.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Fujita N. The implication of aortic calcification on persistent hypertension after laparoscopic adrenalectomy in patients with primary aldosteronism : 原発性アルドステロン症に対する腹腔鏡下副腎摘除術抵抗性高血圧のリスク因子として大動脈石灰化が重要である. [Thesis]. Hirosaki University / 弘前大学; 2018. Available from: http://hdl.handle.net/10129/5864

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

19. Kobayashi, Asami. Gene therapy for ovarian cancer using carbonyl reductase 1 DNA with a polyamidoamine dendrimer in mouse models. : カルボニル還元酵素1DNAとポリアミドアミンデンドリマー複合体を用いた卵巣癌マウスモデルの遺伝子治療.

Degree: 博士(医学), 2018, Hirosaki University / 弘前大学

掲載誌Cancer Gene Therapy, 23, p.24-28, 2016http://www.nature.com/cgt/journal/v23/n1/full/cgt201561a.html

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Kobayashi, A. (2018). Gene therapy for ovarian cancer using carbonyl reductase 1 DNA with a polyamidoamine dendrimer in mouse models. : カルボニル還元酵素1DNAとポリアミドアミンデンドリマー複合体を用いた卵巣癌マウスモデルの遺伝子治療. (Thesis). Hirosaki University / 弘前大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10129/5865

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Kobayashi, Asami. “Gene therapy for ovarian cancer using carbonyl reductase 1 DNA with a polyamidoamine dendrimer in mouse models. : カルボニル還元酵素1DNAとポリアミドアミンデンドリマー複合体を用いた卵巣癌マウスモデルの遺伝子治療.” 2018. Thesis, Hirosaki University / 弘前大学. Accessed July 22, 2018. http://hdl.handle.net/10129/5865.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Kobayashi, Asami. “Gene therapy for ovarian cancer using carbonyl reductase 1 DNA with a polyamidoamine dendrimer in mouse models. : カルボニル還元酵素1DNAとポリアミドアミンデンドリマー複合体を用いた卵巣癌マウスモデルの遺伝子治療.” 2018. Web. 22 Jul 2018.

Vancouver:

Kobayashi A. Gene therapy for ovarian cancer using carbonyl reductase 1 DNA with a polyamidoamine dendrimer in mouse models. : カルボニル還元酵素1DNAとポリアミドアミンデンドリマー複合体を用いた卵巣癌マウスモデルの遺伝子治療. [Internet] [Thesis]. Hirosaki University / 弘前大学; 2018. [cited 2018 Jul 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10129/5865.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Kobayashi A. Gene therapy for ovarian cancer using carbonyl reductase 1 DNA with a polyamidoamine dendrimer in mouse models. : カルボニル還元酵素1DNAとポリアミドアミンデンドリマー複合体を用いた卵巣癌マウスモデルの遺伝子治療. [Thesis]. Hirosaki University / 弘前大学; 2018. Available from: http://hdl.handle.net/10129/5865

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

20. Mizunuma, Makito. The pretreatment neutrophil‑to‑lymphocyte ratio predicts therapeutic response to radiation therapy and concurrent chemoradiation therapy in uterine cervical cancer : 治療前の好中球/リンパ球比は子宮頸癌における放射線療法と化学療法同時放射線療法の治療的反応性を予測する.

Degree: 博士(医学), 2018, Hirosaki University / 弘前大学

掲載誌International Journal of Clinical Oncology, 20(5), p.989-996, 2015http://link.springer.com/article/10.1007%2Fs10147-015-0807-6

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Mizunuma, M. (2018). The pretreatment neutrophil‑to‑lymphocyte ratio predicts therapeutic response to radiation therapy and concurrent chemoradiation therapy in uterine cervical cancer : 治療前の好中球/リンパ球比は子宮頸癌における放射線療法と化学療法同時放射線療法の治療的反応性を予測する. (Thesis). Hirosaki University / 弘前大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10129/5867

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Mizunuma, Makito. “The pretreatment neutrophil‑to‑lymphocyte ratio predicts therapeutic response to radiation therapy and concurrent chemoradiation therapy in uterine cervical cancer : 治療前の好中球/リンパ球比は子宮頸癌における放射線療法と化学療法同時放射線療法の治療的反応性を予測する.” 2018. Thesis, Hirosaki University / 弘前大学. Accessed July 22, 2018. http://hdl.handle.net/10129/5867.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Mizunuma, Makito. “The pretreatment neutrophil‑to‑lymphocyte ratio predicts therapeutic response to radiation therapy and concurrent chemoradiation therapy in uterine cervical cancer : 治療前の好中球/リンパ球比は子宮頸癌における放射線療法と化学療法同時放射線療法の治療的反応性を予測する.” 2018. Web. 22 Jul 2018.

Vancouver:

Mizunuma M. The pretreatment neutrophil‑to‑lymphocyte ratio predicts therapeutic response to radiation therapy and concurrent chemoradiation therapy in uterine cervical cancer : 治療前の好中球/リンパ球比は子宮頸癌における放射線療法と化学療法同時放射線療法の治療的反応性を予測する. [Internet] [Thesis]. Hirosaki University / 弘前大学; 2018. [cited 2018 Jul 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10129/5867.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Mizunuma M. The pretreatment neutrophil‑to‑lymphocyte ratio predicts therapeutic response to radiation therapy and concurrent chemoradiation therapy in uterine cervical cancer : 治療前の好中球/リンパ球比は子宮頸癌における放射線療法と化学療法同時放射線療法の治療的反応性を予測する. [Thesis]. Hirosaki University / 弘前大学; 2018. Available from: http://hdl.handle.net/10129/5867

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

21. Sato, Tendo. Core 2 β-1, 6-N-acetylglucosaminyltransferase-1 expression in prostate biopsy specimen is an indicator of prostate cancer aggressiveness : 前立腺生検標本におけるGCNT1の発現は悪性度の指標になり得る.

Degree: 博士(医学), 2018, Hirosaki University / 弘前大学

掲載誌Biochemical and Biophysical Research Communications, 170(1), p.150-156, 2016http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0006291X16300110

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Sato, T. (2018). Core 2 β-1, 6-N-acetylglucosaminyltransferase-1 expression in prostate biopsy specimen is an indicator of prostate cancer aggressiveness : 前立腺生検標本におけるGCNT1の発現は悪性度の指標になり得る. (Thesis). Hirosaki University / 弘前大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10129/5871

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Sato, Tendo. “Core 2 β-1, 6-N-acetylglucosaminyltransferase-1 expression in prostate biopsy specimen is an indicator of prostate cancer aggressiveness : 前立腺生検標本におけるGCNT1の発現は悪性度の指標になり得る.” 2018. Thesis, Hirosaki University / 弘前大学. Accessed July 22, 2018. http://hdl.handle.net/10129/5871.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Sato, Tendo. “Core 2 β-1, 6-N-acetylglucosaminyltransferase-1 expression in prostate biopsy specimen is an indicator of prostate cancer aggressiveness : 前立腺生検標本におけるGCNT1の発現は悪性度の指標になり得る.” 2018. Web. 22 Jul 2018.

Vancouver:

Sato T. Core 2 β-1, 6-N-acetylglucosaminyltransferase-1 expression in prostate biopsy specimen is an indicator of prostate cancer aggressiveness : 前立腺生検標本におけるGCNT1の発現は悪性度の指標になり得る. [Internet] [Thesis]. Hirosaki University / 弘前大学; 2018. [cited 2018 Jul 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10129/5871.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Sato T. Core 2 β-1, 6-N-acetylglucosaminyltransferase-1 expression in prostate biopsy specimen is an indicator of prostate cancer aggressiveness : 前立腺生検標本におけるGCNT1の発現は悪性度の指標になり得る. [Thesis]. Hirosaki University / 弘前大学; 2018. Available from: http://hdl.handle.net/10129/5871

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

22. Mikami, Jotaro. I-branching N-acetylglucosaminyltransferase regulates prostate cancer invasiveness by enhancing α5β1 integrin signaling : I-branching glycan はインテグリンシグナルを活性化し前立腺癌の浸潤を亢進する.

Degree: 博士(医学), 2018, Hirosaki University / 弘前大学

掲載誌Cancer Science, 107(3), p.359-368, 2015http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/cas.12859/abstract

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Mikami, J. (2018). I-branching N-acetylglucosaminyltransferase regulates prostate cancer invasiveness by enhancing α5β1 integrin signaling : I-branching glycan はインテグリンシグナルを活性化し前立腺癌の浸潤を亢進する. (Thesis). Hirosaki University / 弘前大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10129/5872

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Mikami, Jotaro. “I-branching N-acetylglucosaminyltransferase regulates prostate cancer invasiveness by enhancing α5β1 integrin signaling : I-branching glycan はインテグリンシグナルを活性化し前立腺癌の浸潤を亢進する.” 2018. Thesis, Hirosaki University / 弘前大学. Accessed July 22, 2018. http://hdl.handle.net/10129/5872.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Mikami, Jotaro. “I-branching N-acetylglucosaminyltransferase regulates prostate cancer invasiveness by enhancing α5β1 integrin signaling : I-branching glycan はインテグリンシグナルを活性化し前立腺癌の浸潤を亢進する.” 2018. Web. 22 Jul 2018.

Vancouver:

Mikami J. I-branching N-acetylglucosaminyltransferase regulates prostate cancer invasiveness by enhancing α5β1 integrin signaling : I-branching glycan はインテグリンシグナルを活性化し前立腺癌の浸潤を亢進する. [Internet] [Thesis]. Hirosaki University / 弘前大学; 2018. [cited 2018 Jul 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10129/5872.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Mikami J. I-branching N-acetylglucosaminyltransferase regulates prostate cancer invasiveness by enhancing α5β1 integrin signaling : I-branching glycan はインテグリンシグナルを活性化し前立腺癌の浸潤を亢進する. [Thesis]. Hirosaki University / 弘前大学; 2018. Available from: http://hdl.handle.net/10129/5872

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

23. Nakada, Yuki. Inhibitory effects of trichostatin A on adrenocorticotropic hormone production and proliferation of corticotroph tumor AtT-20 cells : Trichostatin AによるAtT-20腫瘍細胞におけるACTH産生と細胞増殖の抑制作用.

Degree: 博士(医学), 2018, Hirosaki University / 弘前大学

掲載誌Endocrine Journal, 62(12), p.1083-1090, 2015https://www.jstage.jst.go.jp/article/endocrj/62/12/62_EJ15-0369/_article

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Nakada, Y. (2018). Inhibitory effects of trichostatin A on adrenocorticotropic hormone production and proliferation of corticotroph tumor AtT-20 cells : Trichostatin AによるAtT-20腫瘍細胞におけるACTH産生と細胞増殖の抑制作用. (Thesis). Hirosaki University / 弘前大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10129/5884

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Nakada, Yuki. “Inhibitory effects of trichostatin A on adrenocorticotropic hormone production and proliferation of corticotroph tumor AtT-20 cells : Trichostatin AによるAtT-20腫瘍細胞におけるACTH産生と細胞増殖の抑制作用.” 2018. Thesis, Hirosaki University / 弘前大学. Accessed July 22, 2018. http://hdl.handle.net/10129/5884.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Nakada, Yuki. “Inhibitory effects of trichostatin A on adrenocorticotropic hormone production and proliferation of corticotroph tumor AtT-20 cells : Trichostatin AによるAtT-20腫瘍細胞におけるACTH産生と細胞増殖の抑制作用.” 2018. Web. 22 Jul 2018.

Vancouver:

Nakada Y. Inhibitory effects of trichostatin A on adrenocorticotropic hormone production and proliferation of corticotroph tumor AtT-20 cells : Trichostatin AによるAtT-20腫瘍細胞におけるACTH産生と細胞増殖の抑制作用. [Internet] [Thesis]. Hirosaki University / 弘前大学; 2018. [cited 2018 Jul 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10129/5884.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Nakada Y. Inhibitory effects of trichostatin A on adrenocorticotropic hormone production and proliferation of corticotroph tumor AtT-20 cells : Trichostatin AによるAtT-20腫瘍細胞におけるACTH産生と細胞増殖の抑制作用. [Thesis]. Hirosaki University / 弘前大学; 2018. Available from: http://hdl.handle.net/10129/5884

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

24. Tone, Kiyoshi. Utility of intraoperative cytology of resection margins in biliary tract and pancreas tumors : 胆道および膵臓腫瘍の切除断端における術中迅速細胞診断の有用性.

Degree: 博士(医学), 2018, Hirosaki University / 弘前大学

掲載誌Diagnostic Cytopathology, 43(5), p.366-73, 2015http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/dc.23240/full

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Tone, K. (2018). Utility of intraoperative cytology of resection margins in biliary tract and pancreas tumors : 胆道および膵臓腫瘍の切除断端における術中迅速細胞診断の有用性. (Thesis). Hirosaki University / 弘前大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10129/5885

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Tone, Kiyoshi. “Utility of intraoperative cytology of resection margins in biliary tract and pancreas tumors : 胆道および膵臓腫瘍の切除断端における術中迅速細胞診断の有用性.” 2018. Thesis, Hirosaki University / 弘前大学. Accessed July 22, 2018. http://hdl.handle.net/10129/5885.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Tone, Kiyoshi. “Utility of intraoperative cytology of resection margins in biliary tract and pancreas tumors : 胆道および膵臓腫瘍の切除断端における術中迅速細胞診断の有用性.” 2018. Web. 22 Jul 2018.

Vancouver:

Tone K. Utility of intraoperative cytology of resection margins in biliary tract and pancreas tumors : 胆道および膵臓腫瘍の切除断端における術中迅速細胞診断の有用性. [Internet] [Thesis]. Hirosaki University / 弘前大学; 2018. [cited 2018 Jul 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10129/5885.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Tone K. Utility of intraoperative cytology of resection margins in biliary tract and pancreas tumors : 胆道および膵臓腫瘍の切除断端における術中迅速細胞診断の有用性. [Thesis]. Hirosaki University / 弘前大学; 2018. Available from: http://hdl.handle.net/10129/5885

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

25. Chiba, Yuki. Retinoic acid-inducible gene-I-like receptor (RLR)-mediated antiviral innate immune responses in the lower respiratory tract: Roles of TRAF3 and TRAF5 : 下気道におけるレチノイン酸誘導遺伝子-I様受容体を介した抗ウイルス自然免疫応答:TRAF3とTRAF5の役割.

Degree: 博士(医学), 2018, Hirosaki University / 弘前大学

掲載誌 Biochemical and Biophysical Research Communications, 467(2), p.191-196, 2015http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0006291X15307117

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Chiba, Y. (2018). Retinoic acid-inducible gene-I-like receptor (RLR)-mediated antiviral innate immune responses in the lower respiratory tract: Roles of TRAF3 and TRAF5 : 下気道におけるレチノイン酸誘導遺伝子-I様受容体を介した抗ウイルス自然免疫応答:TRAF3とTRAF5の役割. (Thesis). Hirosaki University / 弘前大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10129/5886

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Chiba, Yuki. “Retinoic acid-inducible gene-I-like receptor (RLR)-mediated antiviral innate immune responses in the lower respiratory tract: Roles of TRAF3 and TRAF5 : 下気道におけるレチノイン酸誘導遺伝子-I様受容体を介した抗ウイルス自然免疫応答:TRAF3とTRAF5の役割.” 2018. Thesis, Hirosaki University / 弘前大学. Accessed July 22, 2018. http://hdl.handle.net/10129/5886.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Chiba, Yuki. “Retinoic acid-inducible gene-I-like receptor (RLR)-mediated antiviral innate immune responses in the lower respiratory tract: Roles of TRAF3 and TRAF5 : 下気道におけるレチノイン酸誘導遺伝子-I様受容体を介した抗ウイルス自然免疫応答:TRAF3とTRAF5の役割.” 2018. Web. 22 Jul 2018.

Vancouver:

Chiba Y. Retinoic acid-inducible gene-I-like receptor (RLR)-mediated antiviral innate immune responses in the lower respiratory tract: Roles of TRAF3 and TRAF5 : 下気道におけるレチノイン酸誘導遺伝子-I様受容体を介した抗ウイルス自然免疫応答:TRAF3とTRAF5の役割. [Internet] [Thesis]. Hirosaki University / 弘前大学; 2018. [cited 2018 Jul 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10129/5886.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Chiba Y. Retinoic acid-inducible gene-I-like receptor (RLR)-mediated antiviral innate immune responses in the lower respiratory tract: Roles of TRAF3 and TRAF5 : 下気道におけるレチノイン酸誘導遺伝子-I様受容体を介した抗ウイルス自然免疫応答:TRAF3とTRAF5の役割. [Thesis]. Hirosaki University / 弘前大学; 2018. Available from: http://hdl.handle.net/10129/5886

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

26. Saito, Yoshiaki. Direct epicardial assist device using artificial rubber muscle in a swine model of pediatric dilated cardiomyopathy. : 人工ゴム筋肉を用いた心補助装置の開発とブタ小児拡張型心筋症モデルにおける血行動態的評価.

Degree: 博士(医学), 2018, Hirosaki University / 弘前大学

掲載誌International Journal of Artificial Organs, 38(11), p.588-594, 2015http://dx.doi.org/10.5301/ijao.5000447

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Saito, Y. (2018). Direct epicardial assist device using artificial rubber muscle in a swine model of pediatric dilated cardiomyopathy. : 人工ゴム筋肉を用いた心補助装置の開発とブタ小児拡張型心筋症モデルにおける血行動態的評価. (Thesis). Hirosaki University / 弘前大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10129/5888

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Saito, Yoshiaki. “Direct epicardial assist device using artificial rubber muscle in a swine model of pediatric dilated cardiomyopathy. : 人工ゴム筋肉を用いた心補助装置の開発とブタ小児拡張型心筋症モデルにおける血行動態的評価.” 2018. Thesis, Hirosaki University / 弘前大学. Accessed July 22, 2018. http://hdl.handle.net/10129/5888.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Saito, Yoshiaki. “Direct epicardial assist device using artificial rubber muscle in a swine model of pediatric dilated cardiomyopathy. : 人工ゴム筋肉を用いた心補助装置の開発とブタ小児拡張型心筋症モデルにおける血行動態的評価.” 2018. Web. 22 Jul 2018.

Vancouver:

Saito Y. Direct epicardial assist device using artificial rubber muscle in a swine model of pediatric dilated cardiomyopathy. : 人工ゴム筋肉を用いた心補助装置の開発とブタ小児拡張型心筋症モデルにおける血行動態的評価. [Internet] [Thesis]. Hirosaki University / 弘前大学; 2018. [cited 2018 Jul 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10129/5888.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Saito Y. Direct epicardial assist device using artificial rubber muscle in a swine model of pediatric dilated cardiomyopathy. : 人工ゴム筋肉を用いた心補助装置の開発とブタ小児拡張型心筋症モデルにおける血行動態的評価. [Thesis]. Hirosaki University / 弘前大学; 2018. Available from: http://hdl.handle.net/10129/5888

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

27. Tsuboi, Kentaro. The dipeptidyl peptidase IV inhibitor vildagliptin suppresses development of neuropathy in diabetic rodents: Effects on peripheral sensory nerve function, structure and molecular changes : ジぺプチジルペプチダーゼIV阻害薬であるビルダグリプチンは糖尿病である齧歯動物において神経障害の進展を抑制する:末梢感覚神経の機能、形態と分子変化への影響.

Degree: 博士(医学), 2018, Hirosaki University / 弘前大学

掲載誌Journal of Neurochemistry, 136(4), p.859-870, 2016http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/jnc.13439/abstract

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Tsuboi, K. (2018). The dipeptidyl peptidase IV inhibitor vildagliptin suppresses development of neuropathy in diabetic rodents: Effects on peripheral sensory nerve function, structure and molecular changes : ジぺプチジルペプチダーゼIV阻害薬であるビルダグリプチンは糖尿病である齧歯動物において神経障害の進展を抑制する:末梢感覚神経の機能、形態と分子変化への影響. (Thesis). Hirosaki University / 弘前大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10129/5895

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Tsuboi, Kentaro. “The dipeptidyl peptidase IV inhibitor vildagliptin suppresses development of neuropathy in diabetic rodents: Effects on peripheral sensory nerve function, structure and molecular changes : ジぺプチジルペプチダーゼIV阻害薬であるビルダグリプチンは糖尿病である齧歯動物において神経障害の進展を抑制する:末梢感覚神経の機能、形態と分子変化への影響.” 2018. Thesis, Hirosaki University / 弘前大学. Accessed July 22, 2018. http://hdl.handle.net/10129/5895.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Tsuboi, Kentaro. “The dipeptidyl peptidase IV inhibitor vildagliptin suppresses development of neuropathy in diabetic rodents: Effects on peripheral sensory nerve function, structure and molecular changes : ジぺプチジルペプチダーゼIV阻害薬であるビルダグリプチンは糖尿病である齧歯動物において神経障害の進展を抑制する:末梢感覚神経の機能、形態と分子変化への影響.” 2018. Web. 22 Jul 2018.

Vancouver:

Tsuboi K. The dipeptidyl peptidase IV inhibitor vildagliptin suppresses development of neuropathy in diabetic rodents: Effects on peripheral sensory nerve function, structure and molecular changes : ジぺプチジルペプチダーゼIV阻害薬であるビルダグリプチンは糖尿病である齧歯動物において神経障害の進展を抑制する:末梢感覚神経の機能、形態と分子変化への影響. [Internet] [Thesis]. Hirosaki University / 弘前大学; 2018. [cited 2018 Jul 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10129/5895.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Tsuboi K. The dipeptidyl peptidase IV inhibitor vildagliptin suppresses development of neuropathy in diabetic rodents: Effects on peripheral sensory nerve function, structure and molecular changes : ジぺプチジルペプチダーゼIV阻害薬であるビルダグリプチンは糖尿病である齧歯動物において神経障害の進展を抑制する:末梢感覚神経の機能、形態と分子変化への影響. [Thesis]. Hirosaki University / 弘前大学; 2018. Available from: http://hdl.handle.net/10129/5895

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

28. Satake, Ryu. Prevalence and predictive factors of irritable bowel syndrome in a community-dwelling population in Japan : 本邦の一般住民における過敏性腸症候群の有病率と予測因子について.

Degree: 博士(医学), 2018, Hirosaki University / 弘前大学

掲載誌Internal Medicine (Tokyo), 54(24), p.3105-3112, 2015http://doi.org/10.2169/internalmedicine.54.5378

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Satake, R. (2018). Prevalence and predictive factors of irritable bowel syndrome in a community-dwelling population in Japan : 本邦の一般住民における過敏性腸症候群の有病率と予測因子について. (Thesis). Hirosaki University / 弘前大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10129/5896

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Satake, Ryu. “Prevalence and predictive factors of irritable bowel syndrome in a community-dwelling population in Japan : 本邦の一般住民における過敏性腸症候群の有病率と予測因子について.” 2018. Thesis, Hirosaki University / 弘前大学. Accessed July 22, 2018. http://hdl.handle.net/10129/5896.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Satake, Ryu. “Prevalence and predictive factors of irritable bowel syndrome in a community-dwelling population in Japan : 本邦の一般住民における過敏性腸症候群の有病率と予測因子について.” 2018. Web. 22 Jul 2018.

Vancouver:

Satake R. Prevalence and predictive factors of irritable bowel syndrome in a community-dwelling population in Japan : 本邦の一般住民における過敏性腸症候群の有病率と予測因子について. [Internet] [Thesis]. Hirosaki University / 弘前大学; 2018. [cited 2018 Jul 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10129/5896.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Satake R. Prevalence and predictive factors of irritable bowel syndrome in a community-dwelling population in Japan : 本邦の一般住民における過敏性腸症候群の有病率と予測因子について. [Thesis]. Hirosaki University / 弘前大学; 2018. Available from: http://hdl.handle.net/10129/5896

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

29. Ogasawara, Yukari. Atypical Presentation of Aneurysmal Subarachnoid Hemorrhage: Incidence and Clinical Importance. : 脳動脈瘤性くも膜下出血の非典型発症:発症頻度と臨床的重要性.

Degree: 博士(医学), 2018, Hirosaki University / 弘前大学

掲載誌Journal of Stroke and Cerebrovascular Diseases, 25(5), p.1208-1214, 2016doi:10.1016/j.jstrokecerebrovasdis.2016.01.004
Page 1 Page 2 Page 3

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Ogasawara, Y. (2018). Atypical Presentation of Aneurysmal Subarachnoid Hemorrhage: Incidence and Clinical Importance. : 脳動脈瘤性くも膜下出血の非典型発症:発症頻度と臨床的重要性. (Thesis). Hirosaki University / 弘前大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10129/5899

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Ogasawara, Yukari. “Atypical Presentation of Aneurysmal Subarachnoid Hemorrhage: Incidence and Clinical Importance. : 脳動脈瘤性くも膜下出血の非典型発症:発症頻度と臨床的重要性.” 2018. Thesis, Hirosaki University / 弘前大学. Accessed July 22, 2018. http://hdl.handle.net/10129/5899.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Ogasawara, Yukari. “Atypical Presentation of Aneurysmal Subarachnoid Hemorrhage: Incidence and Clinical Importance. : 脳動脈瘤性くも膜下出血の非典型発症:発症頻度と臨床的重要性.” 2018. Web. 22 Jul 2018.

Vancouver:

Ogasawara Y. Atypical Presentation of Aneurysmal Subarachnoid Hemorrhage: Incidence and Clinical Importance. : 脳動脈瘤性くも膜下出血の非典型発症:発症頻度と臨床的重要性. [Internet] [Thesis]. Hirosaki University / 弘前大学; 2018. [cited 2018 Jul 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10129/5899.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Ogasawara Y. Atypical Presentation of Aneurysmal Subarachnoid Hemorrhage: Incidence and Clinical Importance. : 脳動脈瘤性くも膜下出血の非典型発症:発症頻度と臨床的重要性. [Thesis]. Hirosaki University / 弘前大学; 2018. Available from: http://hdl.handle.net/10129/5899

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

30. 會津, 桂子. 看護学生のアセスメント能力向上のための教育介入 : カンゴ ガクセイ ノ アセスメント ノウリョク コウジョウ ノ タメノ キョウイク カイニュウ.

Degree: 博士(保健学), 2018, Hirosaki University / 弘前大学

 Aim:Recently, it has become increasingly necessary for nurses to possess a high level of clinical judgment, due to advances in medical technology and changes in… (more)

Subjects/Keywords: 看護; アセスメント; 教育介入

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

會津, . (2018). 看護学生のアセスメント能力向上のための教育介入 : カンゴ ガクセイ ノ アセスメント ノウリョク コウジョウ ノ タメノ キョウイク カイニュウ. (Thesis). Hirosaki University / 弘前大学. Retrieved from http://hdl.handle.net/10129/5958

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

會津, 桂子. “看護学生のアセスメント能力向上のための教育介入 : カンゴ ガクセイ ノ アセスメント ノウリョク コウジョウ ノ タメノ キョウイク カイニュウ.” 2018. Thesis, Hirosaki University / 弘前大学. Accessed July 22, 2018. http://hdl.handle.net/10129/5958.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

會津, 桂子. “看護学生のアセスメント能力向上のための教育介入 : カンゴ ガクセイ ノ アセスメント ノウリョク コウジョウ ノ タメノ キョウイク カイニュウ.” 2018. Web. 22 Jul 2018.

Vancouver:

會津 . 看護学生のアセスメント能力向上のための教育介入 : カンゴ ガクセイ ノ アセスメント ノウリョク コウジョウ ノ タメノ キョウイク カイニュウ. [Internet] [Thesis]. Hirosaki University / 弘前大学; 2018. [cited 2018 Jul 22]. Available from: http://hdl.handle.net/10129/5958.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

會津 . 看護学生のアセスメント能力向上のための教育介入 : カンゴ ガクセイ ノ アセスメント ノウリョク コウジョウ ノ タメノ キョウイク カイニュウ. [Thesis]. Hirosaki University / 弘前大学; 2018. Available from: http://hdl.handle.net/10129/5958

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

[1] [2] [3] [4] [5] … [19]

.