Advanced search options

Advanced Search Options 🞨

Browse by author name (“Author name starts with…”).

Find ETDs with:

in
/  
in
/  
in
/  
in

Written in Published in Earliest date Latest date

Sorted by

Results per page:

Sorted by: relevance · author · university · dateNew search

You searched for publisher:"Daito Bunka University". Showing records 1 – 30 of 72 total matches.

[1] [2] [3]

Search Limiters

Last 2 Years | English Only

▼ Search Limiters

1. 齋藤, 俊輔. アジアのポルトガル帝国 : 16、17世紀におけるポルトガル領インディアの形成とポルトガル人の移動 : the Portuguese Empire in Asia : the Estado da India and Portugueses in the 16th-17th centuries.

Degree: 博士(アジア地域研究), Daito Bunka University / 大東文化大学

本論文は、ポルトガルのアジア進出における植民の重要性を再検討し、ポルトガルの統治機構や支配がいわゆる帝国と呼べるような統合性をもったことを明らかにしている。第1章では、16世紀から17世紀におけるポルトガルのアジア進出とアジアの出先機関ポルトガル領インディアの統治機構について概説している。第2章では、ポルトガルのアジア進出がどのように捉えられていたのか、16世紀の帝国論について論じている。第3章では、ポルトガルからアジアへの移動がどのように管理されていたのかを検討している。第4章では、ポルトガル領インディアに勤務する官吏のプロモーションについて検討している。第5章では、ポルトガル領インディアにおける定住政策とその展開について検討している。第6章では、ポルトガルの軍事制度とその運用について検討している。第7章では、ポルトガル領インディアの航海制度とポルトガル人のアジア各地への移動について検討している。

Subjects/Keywords: ポルトガル史; ヨーロッパ拡張史; アジア史; 帝国史; 植民

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

齋藤, . (n.d.). アジアのポルトガル帝国 : 16、17世紀におけるポルトガル領インディアの形成とポルトガル人の移動 : the Portuguese Empire in Asia : the Estado da India and Portugueses in the 16th-17th centuries. (Thesis). Daito Bunka University / 大東文化大学. Retrieved from http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4755/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

齋藤, 俊輔. “アジアのポルトガル帝国 : 16、17世紀におけるポルトガル領インディアの形成とポルトガル人の移動 : the Portuguese Empire in Asia : the Estado da India and Portugueses in the 16th-17th centuries.” Thesis, Daito Bunka University / 大東文化大学. Accessed February 26, 2020. http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4755/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

齋藤, 俊輔. “アジアのポルトガル帝国 : 16、17世紀におけるポルトガル領インディアの形成とポルトガル人の移動 : the Portuguese Empire in Asia : the Estado da India and Portugueses in the 16th-17th centuries.” Web. 26 Feb 2020.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
No year of publication.

Vancouver:

齋藤 . アジアのポルトガル帝国 : 16、17世紀におけるポルトガル領インディアの形成とポルトガル人の移動 : the Portuguese Empire in Asia : the Estado da India and Portugueses in the 16th-17th centuries. [Internet] [Thesis]. Daito Bunka University / 大東文化大学; [cited 2020 Feb 26]. Available from: http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4755/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

Council of Science Editors:

齋藤 . アジアのポルトガル帝国 : 16、17世紀におけるポルトガル領インディアの形成とポルトガル人の移動 : the Portuguese Empire in Asia : the Estado da India and Portugueses in the 16th-17th centuries. [Thesis]. Daito Bunka University / 大東文化大学; Available from: http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4755/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation
No year of publication.

2. 陳, 柏伩. 〈勢〉に関する術語の研究 : 漢より唐にかけての書論を中心に : Study of the technical term on 〈Shi〉 : with an empahsis on the theory of calligraphy from Han to Tang Dynasty.

Degree: 博士(書道学), 2014, Daito Bunka University / 大東文化大学

書法理論に、〈勢〉に関する語意、術語である〈筆勢〉、〈体勢〉、〈骨勢〉などが早くも用いられることが明白である。語意の解明と術語の解釈によって、書論の〈勢〉の基本態勢を解くことができ、〈勢〉と関連する概念がまとめられる。この概念は、〈象〉〈形〉〈力〉に分けられる。それらは、〈勢〉に緊密なつながりを持ち、〈勢〉を生み出す要素である。この三つの概念を中心として、それぞれに〈勢〉とのつながりを解くと共に、〈勢〉の特性を取り上げることができる。この特性を通して、〈勢〉に対しての理解が更に明晰になるかもしれない。本論文は、序章、第一章〈勢〉の基本構造、概念、術語、第二章〈象〉と〈勢〉、第三章〈形〉と〈勢〉、第四章〈力〉と〈勢〉、第五章〈勢〉の特性、終章、附章からなるものである。

Subjects/Keywords: ; 書道; 術語; 書論; 書法美学

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

陳, . (2014). 〈勢〉に関する術語の研究 : 漢より唐にかけての書論を中心に : Study of the technical term on 〈Shi〉 : with an empahsis on the theory of calligraphy from Han to Tang Dynasty. (Thesis). Daito Bunka University / 大東文化大学. Retrieved from http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4598/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

陳, 柏伩. “〈勢〉に関する術語の研究 : 漢より唐にかけての書論を中心に : Study of the technical term on 〈Shi〉 : with an empahsis on the theory of calligraphy from Han to Tang Dynasty.” 2014. Thesis, Daito Bunka University / 大東文化大学. Accessed February 26, 2020. http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4598/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

陳, 柏伩. “〈勢〉に関する術語の研究 : 漢より唐にかけての書論を中心に : Study of the technical term on 〈Shi〉 : with an empahsis on the theory of calligraphy from Han to Tang Dynasty.” 2014. Web. 26 Feb 2020.

Vancouver:

陳 . 〈勢〉に関する術語の研究 : 漢より唐にかけての書論を中心に : Study of the technical term on 〈Shi〉 : with an empahsis on the theory of calligraphy from Han to Tang Dynasty. [Internet] [Thesis]. Daito Bunka University / 大東文化大学; 2014. [cited 2020 Feb 26]. Available from: http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4598/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

陳 . 〈勢〉に関する術語の研究 : 漢より唐にかけての書論を中心に : Study of the technical term on 〈Shi〉 : with an empahsis on the theory of calligraphy from Han to Tang Dynasty. [Thesis]. Daito Bunka University / 大東文化大学; 2014. Available from: http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4598/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

3. 中村, 薫. 米芾の平淡の研究 : Research on "Ping dan" of MiFu.

Degree: 博士(書道学), 2014, Daito Bunka University / 大東文化大学

米芾(1051~1107)は、「集古字」と呼ばれるほど歴代の名品を学書し、遂に〈平淡〉の境地に辿りついたとされる。本論文は、従来の研究成果を踏まえながら、米芾が〈平淡〉に辿りつくまでの学書過程を、統計学の解析手法を用いて書跡の時代区分を試み(第一章)、過眼した書跡に見出した美意識は如何なるものであったのかを米芾の書論『宝章待訪録』に絞って術語を抽出して考察し(第二章)、その背景にある宋代文人の〈平淡〉の概念は知何なるものであったかを『宋代詩話』から抽出して分類し(第三章)、最後に米芾自身にとって〈平淡〉は如何なる意味を持つものであったかを論じた(第四章)。結論として、統計学の解析の結果、米芾が魏晋の〈平淡〉を自認して、自叙を書いた時期を推定し、その作品の特徴を把握し得た。また米芾の「芾」字、「書」字が、経年的に変化することを確認し、その年代推定の方程式を得た。特定文字に着目し、その特徴から作品の時代を数理統計学的に、数式化、図式化した試みは先行研究に見られない試みである。宋代文人達の用いた〈平淡〉は、六類に分類でき、時代とともに広がったことを論じた。宋代にあっては、〈平淡〉が単なる表現を修飾する形容詞ではなく、「外枯中膏」(孫覿『鴻慶居士文集』に引く蘇軾が陶淵明を評した語)や「漸老漸熟」(周紫芝『竹坡詩話』に引く蘇軾が姪に送った手紙の語)のように作詩の辿りつく境地や人品の風格を表すのに用いられる含蓄に富む審美術語に繋がっている。

米芾の歴代の書家を見下した激烈な評論の背景には、米芾の闘いが有り、また葵京に阿る行為などを見てもわかるように〈俗〉人的であり、世俗の中から抜け出すすことを強く願い、もがき発した評論ではなかったかと結論する。

Subjects/Keywords: 米芾; 統計学的手法; 平淡; 審美術語; 天真

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

中村, . (2014). 米芾の平淡の研究 : Research on "Ping dan" of MiFu. (Thesis). Daito Bunka University / 大東文化大学. Retrieved from http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4599/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

中村, 薫. “米芾の平淡の研究 : Research on "Ping dan" of MiFu.” 2014. Thesis, Daito Bunka University / 大東文化大学. Accessed February 26, 2020. http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4599/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

中村, 薫. “米芾の平淡の研究 : Research on "Ping dan" of MiFu.” 2014. Web. 26 Feb 2020.

Vancouver:

中村 . 米芾の平淡の研究 : Research on "Ping dan" of MiFu. [Internet] [Thesis]. Daito Bunka University / 大東文化大学; 2014. [cited 2020 Feb 26]. Available from: http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4599/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

中村 . 米芾の平淡の研究 : Research on "Ping dan" of MiFu. [Thesis]. Daito Bunka University / 大東文化大学; 2014. Available from: http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4599/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

4. 古市, 友子. 近代日本における中国語教育に関する総合研究 : 宮島大八の中国語教育を中心に.

Degree: 博士(中国言語文化学), 2014, Daito Bunka University / 大東文化大学

本論文では、長い歴史を持つ日本の中国語教育において、宮島大八の中国語教育とともに同時代の中国語教育を再検証することによって、日本における中国語教育について、その社会的な意義・役割を明確にし、今後の中国語教育の方向性を打ち出すことを目的とした。研究の範囲は、明治初期から戦中(昭和前期)の日本における、宮島大八を中心とした、中国語教本と中国語教育の具体的な内容、さらに宮島の思想や政治活動である。手法としては、宮島の編纂した教本および同時代に刊行された代表的教本類、外務省や文部省の公開資料、先達の語った中国語教育についての体験談、新聞記事を詳細に分析し、宮島の中国語教育について検証・考察し、加えて今後の中国語教育について論じた。

Subjects/Keywords: 宮島大八; 善隣書院; 『官話急就篇』; 『急就篇』; 中国語教育

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

古市, . (2014). 近代日本における中国語教育に関する総合研究 : 宮島大八の中国語教育を中心に. (Thesis). Daito Bunka University / 大東文化大学. Retrieved from http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4600/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

古市, 友子. “近代日本における中国語教育に関する総合研究 : 宮島大八の中国語教育を中心に.” 2014. Thesis, Daito Bunka University / 大東文化大学. Accessed February 26, 2020. http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4600/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

古市, 友子. “近代日本における中国語教育に関する総合研究 : 宮島大八の中国語教育を中心に.” 2014. Web. 26 Feb 2020.

Vancouver:

古市 . 近代日本における中国語教育に関する総合研究 : 宮島大八の中国語教育を中心に. [Internet] [Thesis]. Daito Bunka University / 大東文化大学; 2014. [cited 2020 Feb 26]. Available from: http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4600/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

古市 . 近代日本における中国語教育に関する総合研究 : 宮島大八の中国語教育を中心に. [Thesis]. Daito Bunka University / 大東文化大学; 2014. Available from: http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4600/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

5. 蔡, 娟. 宋代白話文献における動補構造の総合研究 : The Verb-Complement Structures Reflected in Vernacular Literature of Sung Period.

Degree: 博士(中国言語文化学), 2014, Daito Bunka University / 大東文化大学

小論では、宋代中国語の口語を代表する信憑性の高い白話文献を幅広く調査し、そこlこ見られる動補構造の各類型を詳細に分類し、典型的な用例を挙げながらその形式と意味の両面から動補構造の特性を描写した。また、同じ宋代白話文献間の共時研究によって、共時文献間の動補構造の共通点と相違点を明確にした。さらに、宋代白話文献に見られる特定の動補構造をほかの時代の動補構造と比較することによって、その歴史的な変遷課程をまとめ、変化の傾向を考察した。

Subjects/Keywords: 宋代中国語; 白話文献; 動補構造; 「V+C」式; 「V+P+C」式

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

蔡, . (2014). 宋代白話文献における動補構造の総合研究 : The Verb-Complement Structures Reflected in Vernacular Literature of Sung Period. (Thesis). Daito Bunka University / 大東文化大学. Retrieved from http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4601/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

蔡, 娟. “宋代白話文献における動補構造の総合研究 : The Verb-Complement Structures Reflected in Vernacular Literature of Sung Period.” 2014. Thesis, Daito Bunka University / 大東文化大学. Accessed February 26, 2020. http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4601/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

蔡, 娟. “宋代白話文献における動補構造の総合研究 : The Verb-Complement Structures Reflected in Vernacular Literature of Sung Period.” 2014. Web. 26 Feb 2020.

Vancouver:

蔡 . 宋代白話文献における動補構造の総合研究 : The Verb-Complement Structures Reflected in Vernacular Literature of Sung Period. [Internet] [Thesis]. Daito Bunka University / 大東文化大学; 2014. [cited 2020 Feb 26]. Available from: http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4601/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

蔡 . 宋代白話文献における動補構造の総合研究 : The Verb-Complement Structures Reflected in Vernacular Literature of Sung Period. [Thesis]. Daito Bunka University / 大東文化大学; 2014. Available from: http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4601/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

6. アリ, アルタディ. 日本語とインドネシア語の条件文の対照研究 : 用法と主節のモダリティを中心に : A Contrastive study of Japanese and Indonesian Language Conditional Sentence : Focusing on Usage and Main Clause Modality.

Degree: 博士(日本言語文化学), 2014, Daito Bunka University / 大東文化大学

論文要旨[本研究の課題]本研究は日本語とインドネシア語の条件文の用法と主節のモダリティを考察したもので、ある。レアリティーの概念とモダリティの枠組みで分析した。1. 日本語の条件文の典型的な形式と周辺形式の用法とモダリティを明らかにする。2. インドネシア語の条件文の用法とモダリティを明らかにする。3. 日本語とインドネシア語の条件文の用法とモダリティの共通点と相違点を明らかにする。[本研究の成果]1. 用法に関しては、「テミロ」形式を除く日本語の条件形式は仮定条件文と恒常条件文が用いられる。一方、事実条件文は基本的に「ト」形式と「タラ」形式が用いられる。モダリティに関しては、仮定条件文の場合、行為系の意志・勧誘・行為要求モダリティを用いられる形式が限られている。2. 用法に関しては、インドネシア語の4つの条件形式では仮定条件文と恒常条件文が用いられる。モダリティに関しては、asal(kan)形式を除くlまとんど制約がない。3. 日本とインドネシア語の条件形式の共通点と相違点は、用法に関して日本語もインドネシア語も同じく仮定条件文と恒常条件文が用いられる。一方、日本語は事実条件文が用いられるが、インドネシア語は用いられない。モダリティに関して仮定条件文のモダリティの場合、日本語の条件形式は行為系の意志・勧誘・行為要求モダリティの用法に制約が見られる。一方、インドネシア語で、はasal(kan)形式を除くその制約がほとんどないという結果が得られた。

Subjects/Keywords: 条件文; 用法; 日本語; モダリティ; インドネシア語

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

アリ, . (2014). 日本語とインドネシア語の条件文の対照研究 : 用法と主節のモダリティを中心に : A Contrastive study of Japanese and Indonesian Language Conditional Sentence : Focusing on Usage and Main Clause Modality. (Thesis). Daito Bunka University / 大東文化大学. Retrieved from http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4602/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

アリ, アルタディ. “日本語とインドネシア語の条件文の対照研究 : 用法と主節のモダリティを中心に : A Contrastive study of Japanese and Indonesian Language Conditional Sentence : Focusing on Usage and Main Clause Modality.” 2014. Thesis, Daito Bunka University / 大東文化大学. Accessed February 26, 2020. http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4602/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

アリ, アルタディ. “日本語とインドネシア語の条件文の対照研究 : 用法と主節のモダリティを中心に : A Contrastive study of Japanese and Indonesian Language Conditional Sentence : Focusing on Usage and Main Clause Modality.” 2014. Web. 26 Feb 2020.

Vancouver:

アリ . 日本語とインドネシア語の条件文の対照研究 : 用法と主節のモダリティを中心に : A Contrastive study of Japanese and Indonesian Language Conditional Sentence : Focusing on Usage and Main Clause Modality. [Internet] [Thesis]. Daito Bunka University / 大東文化大学; 2014. [cited 2020 Feb 26]. Available from: http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4602/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

アリ . 日本語とインドネシア語の条件文の対照研究 : 用法と主節のモダリティを中心に : A Contrastive study of Japanese and Indonesian Language Conditional Sentence : Focusing on Usage and Main Clause Modality. [Thesis]. Daito Bunka University / 大東文化大学; 2014. Available from: http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4602/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

7. 金, 鳳齢. 東アジアにおける水の呪力と水の女 : 「洗濯する女」の文学史.

Degree: 博士(日本言語文化学), 2014, Daito Bunka University / 大東文化大学

日、中両国の水の呪力と水の女についての比較研究を行い、その相違を探した。また、日本の御伽噺を中心として、水の女の伝承を明らかにし、従来日本文学史で言われてきた水の女の系譜を「洗濯する女」という新しい視点から読み直し、さらに東アジア全般にわたって「洗濯する女」の伝承があることを証明し、以てこれらが示唆する文学史的意味を討究した。

Subjects/Keywords: 水の呪力; 水の女; 洗濯; 洗濯する女;

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

金, . (2014). 東アジアにおける水の呪力と水の女 : 「洗濯する女」の文学史. (Thesis). Daito Bunka University / 大東文化大学. Retrieved from http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4603/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

金, 鳳齢. “東アジアにおける水の呪力と水の女 : 「洗濯する女」の文学史.” 2014. Thesis, Daito Bunka University / 大東文化大学. Accessed February 26, 2020. http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4603/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

金, 鳳齢. “東アジアにおける水の呪力と水の女 : 「洗濯する女」の文学史.” 2014. Web. 26 Feb 2020.

Vancouver:

金 . 東アジアにおける水の呪力と水の女 : 「洗濯する女」の文学史. [Internet] [Thesis]. Daito Bunka University / 大東文化大学; 2014. [cited 2020 Feb 26]. Available from: http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4603/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

金 . 東アジアにおける水の呪力と水の女 : 「洗濯する女」の文学史. [Thesis]. Daito Bunka University / 大東文化大学; 2014. Available from: http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4603/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

8. 李, 芊. 『和名類聚抄』と『医心方』-引用書目の比較を中心に- : "Wamyoruijusho" And "Ishinpo" -About the Quote Bibliographies-.

Degree: 博士(日本言語文化学), 2014, Daito Bunka University / 大東文化大学

本研究では、『和名抄』『医心方』が成立した平安時代中期に視座を置き、明経・医学という異なる学問の立場から、同じ書物を抽出・類聚・編纂する作業をおこなった源順・丹波康頼の編纂意識のちがいを考察するとともに、平安中期の律令官人の類書享受の位相、学問のありかたを考察するための一助とする。本研究は『和名抄』『医心方』に重複する引用書目に着目し、出典論・源泉論の立場から、それぞれの引用手法と意識について考察する。また、出典にあたる中国の医書、あるいは秩文が見られる中国の医学類書を視野に入れ、古写本あるいは刊本をできる限り収集し、比較対照表で一字一句を照合しながら読み解く。

Subjects/Keywords: 和名類聚抄; 黄帝内経; 医心方; 針灸; 諸病源候論

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

李, . (2014). 『和名類聚抄』と『医心方』-引用書目の比較を中心に- : "Wamyoruijusho" And "Ishinpo" -About the Quote Bibliographies-. (Thesis). Daito Bunka University / 大東文化大学. Retrieved from http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4604/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

李, 芊. “『和名類聚抄』と『医心方』-引用書目の比較を中心に- : "Wamyoruijusho" And "Ishinpo" -About the Quote Bibliographies-.” 2014. Thesis, Daito Bunka University / 大東文化大学. Accessed February 26, 2020. http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4604/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

李, 芊. “『和名類聚抄』と『医心方』-引用書目の比較を中心に- : "Wamyoruijusho" And "Ishinpo" -About the Quote Bibliographies-.” 2014. Web. 26 Feb 2020.

Vancouver:

李 . 『和名類聚抄』と『医心方』-引用書目の比較を中心に- : "Wamyoruijusho" And "Ishinpo" -About the Quote Bibliographies-. [Internet] [Thesis]. Daito Bunka University / 大東文化大学; 2014. [cited 2020 Feb 26]. Available from: http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4604/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

李 . 『和名類聚抄』と『医心方』-引用書目の比較を中心に- : "Wamyoruijusho" And "Ishinpo" -About the Quote Bibliographies-. [Thesis]. Daito Bunka University / 大東文化大学; 2014. Available from: http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4604/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

9. 邱, 麗君. 日本語教育を視野に入れた指示詞の日中対照研究 : 非現場指示を中心として.

Degree: 博士(日本言語文化学), 2014, Daito Bunka University / 大東文化大学

①日中両言語の指示詞が基本的な機能からほかの機能へ拡張する様相について、アスペクト・テンスとの関わり、標識と不定標識などの側面から日中指示詞の非対応と指示詞の省略現象が生じる原因を究明した。②照応指示用法の同じ枠組みにある日本語の「前方照応指示」と「後方照応指示」、中国語の「前指」と「回指」に焦点を当て、中国語の指示詞"这/那が日本の「コ・ソ・ア」系指示詞と狭義的な対応あるいは広義的な対応にある場合、指示詞の語形、指示用法、指示対象の類別、先行詞の有無、指示詞の文中に占める位置などを含め、日中指示詞の構成と機能の異同から日中指示詞の応条件を考察した。③日本語教科書における用法別指示詞の全数調査を行った。調査対象の教科書を1シリーズ通して分析することによって、この教材の導入、提示、練習問題の設定という流れと、初級、中級、上級のレベルに応じて、どの指示詞、指示用法をメインに提出しているかを把握した。

Subjects/Keywords: 前方照応指示; 後方照応指示; 省略; 回指; 前指

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

邱, . (2014). 日本語教育を視野に入れた指示詞の日中対照研究 : 非現場指示を中心として. (Thesis). Daito Bunka University / 大東文化大学. Retrieved from http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4605/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

邱, 麗君. “日本語教育を視野に入れた指示詞の日中対照研究 : 非現場指示を中心として.” 2014. Thesis, Daito Bunka University / 大東文化大学. Accessed February 26, 2020. http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4605/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

邱, 麗君. “日本語教育を視野に入れた指示詞の日中対照研究 : 非現場指示を中心として.” 2014. Web. 26 Feb 2020.

Vancouver:

邱 . 日本語教育を視野に入れた指示詞の日中対照研究 : 非現場指示を中心として. [Internet] [Thesis]. Daito Bunka University / 大東文化大学; 2014. [cited 2020 Feb 26]. Available from: http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4605/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

邱 . 日本語教育を視野に入れた指示詞の日中対照研究 : 非現場指示を中心として. [Thesis]. Daito Bunka University / 大東文化大学; 2014. Available from: http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4605/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

10. 小尾, 淳. タンジャーヴールの宗教芸能バジャナ・サンプラダーヤの変容 : 楽曲レパートリーに着目して : The Transformation of Religious Performing Arts Bhajana Sampradaya in Thanjavur : Focus on the Repertoire of Musical Composition.

Degree: 博士(アジア地域研究学), 2014, Daito Bunka University / 大東文化大学

平成25年度提出博士学位論文。バジャナ・サンプラダーヤは字義的に「讃歌の伝統」の意で、カリ・ユガ期(ヒンドゥー暦による悪徳の時代)に「神の名を唱えて解脱の境地に至る」という教義(ナーマ・シッダーンタを思想的背景とする。同芸能の最大の特徴である「楽曲レパートリー」に着目し、近現代の南インド、マドラスを中心とした同芸能の展開と在地社会における音楽的状況を結びつけて論じた。

Subjects/Keywords: 芸能の変容; タミル地方; 宗教歌謡; バジャナ・サンプラダーヤ

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

小尾, . (2014). タンジャーヴールの宗教芸能バジャナ・サンプラダーヤの変容 : 楽曲レパートリーに着目して : The Transformation of Religious Performing Arts Bhajana Sampradaya in Thanjavur : Focus on the Repertoire of Musical Composition. (Thesis). Daito Bunka University / 大東文化大学. Retrieved from http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4606/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

小尾, 淳. “タンジャーヴールの宗教芸能バジャナ・サンプラダーヤの変容 : 楽曲レパートリーに着目して : The Transformation of Religious Performing Arts Bhajana Sampradaya in Thanjavur : Focus on the Repertoire of Musical Composition.” 2014. Thesis, Daito Bunka University / 大東文化大学. Accessed February 26, 2020. http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4606/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

小尾, 淳. “タンジャーヴールの宗教芸能バジャナ・サンプラダーヤの変容 : 楽曲レパートリーに着目して : The Transformation of Religious Performing Arts Bhajana Sampradaya in Thanjavur : Focus on the Repertoire of Musical Composition.” 2014. Web. 26 Feb 2020.

Vancouver:

小尾 . タンジャーヴールの宗教芸能バジャナ・サンプラダーヤの変容 : 楽曲レパートリーに着目して : The Transformation of Religious Performing Arts Bhajana Sampradaya in Thanjavur : Focus on the Repertoire of Musical Composition. [Internet] [Thesis]. Daito Bunka University / 大東文化大学; 2014. [cited 2020 Feb 26]. Available from: http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4606/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

小尾 . タンジャーヴールの宗教芸能バジャナ・サンプラダーヤの変容 : 楽曲レパートリーに着目して : The Transformation of Religious Performing Arts Bhajana Sampradaya in Thanjavur : Focus on the Repertoire of Musical Composition. [Thesis]. Daito Bunka University / 大東文化大学; 2014. Available from: http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4606/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

11. フン, ディンチョン. 在ベトナム外資系企業における人材のリテンション・マネジメント : ジョブ・エンベッデッドネスの視点から : Employee Retnetion Management at Foreign Companies in Vietnam based on Job Embeddedness.

Degree: 博士(経営学), 2014, Daito Bunka University / 大東文化大学

本論文では、ベトナムの外資系企業、特にアジア系企業でベトナム人従業員がしばしば離職するという状況を出発点にして、なぜ在ベトナム外資系企業で優秀な人材の離職率が高いのか。また、どのような要因によって優秀な人材を在ベトナム外資系企業の組織に留めることができるのかという素朴な疑問を提起してみた。そして、在ベトナム外資系企業の優秀な従業員の帰属意思・残留意思を高める要因を追及することにした。また、欧米系企業とアジア系企業において優秀な従業員の帰属意思・残留意思へ影響を与える要因はどう異なるのかも検討してみることにした。

Subjects/Keywords: 離職; リテンション; ジョブ・エンベッデッドネス; 人間関係; 媒介効果

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

フン, . (2014). 在ベトナム外資系企業における人材のリテンション・マネジメント : ジョブ・エンベッデッドネスの視点から : Employee Retnetion Management at Foreign Companies in Vietnam based on Job Embeddedness. (Thesis). Daito Bunka University / 大東文化大学. Retrieved from http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4607/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

フン, ディンチョン. “在ベトナム外資系企業における人材のリテンション・マネジメント : ジョブ・エンベッデッドネスの視点から : Employee Retnetion Management at Foreign Companies in Vietnam based on Job Embeddedness.” 2014. Thesis, Daito Bunka University / 大東文化大学. Accessed February 26, 2020. http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4607/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

フン, ディンチョン. “在ベトナム外資系企業における人材のリテンション・マネジメント : ジョブ・エンベッデッドネスの視点から : Employee Retnetion Management at Foreign Companies in Vietnam based on Job Embeddedness.” 2014. Web. 26 Feb 2020.

Vancouver:

フン . 在ベトナム外資系企業における人材のリテンション・マネジメント : ジョブ・エンベッデッドネスの視点から : Employee Retnetion Management at Foreign Companies in Vietnam based on Job Embeddedness. [Internet] [Thesis]. Daito Bunka University / 大東文化大学; 2014. [cited 2020 Feb 26]. Available from: http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4607/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

フン . 在ベトナム外資系企業における人材のリテンション・マネジメント : ジョブ・エンベッデッドネスの視点から : Employee Retnetion Management at Foreign Companies in Vietnam based on Job Embeddedness. [Thesis]. Daito Bunka University / 大東文化大学; 2014. Available from: http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4607/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

12. 滝ロ, 明子. 欧米茶書の比較文化史的研究 : イギリス茶文化の形成と紅茶論争 : A Comparative Study on Early Books on Tea : Controversies and the Making of British Tea Culture.

Degree: 博士(アジア地域研究学), 2014, Daito Bunka University / 大東文化大学

本論文は、17-18世紀ヨーロッパにおける茶文化の形成過程を、茶書を中心とする文献ならびに絵画の研究をとおして明らかにすることを目的とする。「アジアの葉」とも呼ばれた茶は、科学的側面(主に植物学・医学)、商業、貿易など経済的側面、会話と社交や日常の食生活などさまざまな側面で、ヨーロッパ文化に大きな影響を及ぼしたと考えられる。まず、初期の欧米茶書の中から代表的なもの(パウリ、ボンテクー、ブレニー、ケンペル、ショート、レットサムほか)を選び、綿密に読解し,当時欧米では茶がどのように捉えられていたかを検討した。次に、イギリス侶世紀中葉のジョナス・ハンウェイとジョンソン博士の「茶論争」について,史料をもとに実証的に再検討した。中国・日本とは異なり、茶に対する大きな反対論、いわば拒絶反応がおこり、それにもかかわらず文化の受容と定着が進んだ点こそ、イギリス茶文化形成過程の大きな特色といえる。最後に喫茶図を多数参照しつつ、ウェッジウッドの茶器生産と日常生活の変化、茶道具とマナーの問題などについて論じた。巻末にレットサム『茶の博物誌:茶樹と喫茶についての考察』ならびに『茶の文化史:英国初期文献集成(日本語解説)』を収録した。(カラー図版あり)

Subjects/Keywords: 欧米茶書; 会話と近代市民社会; イギリス茶文化; 女性文化; 医薬思想

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

滝ロ, . (2014). 欧米茶書の比較文化史的研究 : イギリス茶文化の形成と紅茶論争 : A Comparative Study on Early Books on Tea : Controversies and the Making of British Tea Culture. (Thesis). Daito Bunka University / 大東文化大学. Retrieved from http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4608/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

滝ロ, 明子. “欧米茶書の比較文化史的研究 : イギリス茶文化の形成と紅茶論争 : A Comparative Study on Early Books on Tea : Controversies and the Making of British Tea Culture.” 2014. Thesis, Daito Bunka University / 大東文化大学. Accessed February 26, 2020. http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4608/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

滝ロ, 明子. “欧米茶書の比較文化史的研究 : イギリス茶文化の形成と紅茶論争 : A Comparative Study on Early Books on Tea : Controversies and the Making of British Tea Culture.” 2014. Web. 26 Feb 2020.

Vancouver:

滝ロ . 欧米茶書の比較文化史的研究 : イギリス茶文化の形成と紅茶論争 : A Comparative Study on Early Books on Tea : Controversies and the Making of British Tea Culture. [Internet] [Thesis]. Daito Bunka University / 大東文化大学; 2014. [cited 2020 Feb 26]. Available from: http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4608/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

滝ロ . 欧米茶書の比較文化史的研究 : イギリス茶文化の形成と紅茶論争 : A Comparative Study on Early Books on Tea : Controversies and the Making of British Tea Culture. [Thesis]. Daito Bunka University / 大東文化大学; 2014. Available from: http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4608/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

13. 丁, 成東. 中国装潢史の研究 : 文献史料を中心として.

Degree: 博士(書道学), 2015, Daito Bunka University / 大東文化大学

本論文は、中国の南北朝時代から清代における通史的な書画装潢の実態とその変容過程を、主として文献史料や資料の解読と分析に基づいて実証的に考察していくものである。考察を通じて、限られた史料を利用して、できる限り各時代の装潢の実態を絞り出し、中国装潢史の全体像をつかむことができた。中国の装潢は、すべての物事と同じく、独自の発生と発展の歴史がある。起源から今日の装潢形式まで、各時代にはそれぞれ異なる内容と変化がある。その歴史は時代の発展、興廃と一致したものであり、ある時代突然現れたものではなく、中国古代の簡冊制度、社会の生産条件、書画の発展などの諸要素の影響の下で現れたものである。直接あるいは間接的に各時代の装潢の実態を反映している。実用の目的から生まれた装潢は、審美がその発展のひとつの原動力となり、実用性を保ちながら、芸術性も重要視されている。今日の書画装潢の再認識に対しても、文化財の保存修復にも、大きな意義を持っていると指摘できる。

Subjects/Keywords: 装潢; 装潢史; 書画装潢; 紹興装; 宣和装

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

丁, . (2015). 中国装潢史の研究 : 文献史料を中心として. (Thesis). Daito Bunka University / 大東文化大学. Retrieved from http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4744/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

丁, 成東. “中国装潢史の研究 : 文献史料を中心として.” 2015. Thesis, Daito Bunka University / 大東文化大学. Accessed February 26, 2020. http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4744/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

丁, 成東. “中国装潢史の研究 : 文献史料を中心として.” 2015. Web. 26 Feb 2020.

Vancouver:

丁 . 中国装潢史の研究 : 文献史料を中心として. [Internet] [Thesis]. Daito Bunka University / 大東文化大学; 2015. [cited 2020 Feb 26]. Available from: http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4744/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

丁 . 中国装潢史の研究 : 文献史料を中心として. [Thesis]. Daito Bunka University / 大東文化大学; 2015. Available from: http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4744/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

14. 亀澤, 孝幸. 書法思想史研究試論 : 文と書を軸にして : A Study on the History of Thoughts on Calligraphy.

Degree: 博士(書道学), 2015, Daito Bunka University / 大東文化大学

中国において書はいかにして芸術となったか。本論は、その答えを、書を芸術としてみることを可能にするような「思想」の形成過程に探ろうとする。書を批評することは、およそ後漢の頃にはじまり、魏晋南北朝に盛んになった。それはいわゆる「書論」として結実する。書についての思想を尋ねようとするなら、第一に参照しなければならないのはそうした書論であろう。しかし、書という芸術を支える思想の形成過程を考えるとき、狭義の書論のみを研究対象とするのでは不充分である。もとより書は領域横断的な文化であり、書をめぐる思想は、さまざまなテクストに散在しているからだ。本論は、このような視座に立って、書論のみならず、文字学、言語哲学、文学論、画論といった分野のテクストを互いに接続し、交差させる。それによって、書をめぐる「思想」が形成されてゆくダイナミックな過程を浮かび上がらせようとした。

Subjects/Keywords: 書道; 書論; 書法; 書法思想

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

亀澤, . (2015). 書法思想史研究試論 : 文と書を軸にして : A Study on the History of Thoughts on Calligraphy. (Thesis). Daito Bunka University / 大東文化大学. Retrieved from http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4745/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

亀澤, 孝幸. “書法思想史研究試論 : 文と書を軸にして : A Study on the History of Thoughts on Calligraphy.” 2015. Thesis, Daito Bunka University / 大東文化大学. Accessed February 26, 2020. http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4745/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

亀澤, 孝幸. “書法思想史研究試論 : 文と書を軸にして : A Study on the History of Thoughts on Calligraphy.” 2015. Web. 26 Feb 2020.

Vancouver:

亀澤 . 書法思想史研究試論 : 文と書を軸にして : A Study on the History of Thoughts on Calligraphy. [Internet] [Thesis]. Daito Bunka University / 大東文化大学; 2015. [cited 2020 Feb 26]. Available from: http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4745/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

亀澤 . 書法思想史研究試論 : 文と書を軸にして : A Study on the History of Thoughts on Calligraphy. [Thesis]. Daito Bunka University / 大東文化大学; 2015. Available from: http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4745/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

15. 藤本, 健一. 中国近代法律新語の研究 : 中日近代法律新語の成立及び相互の影響を中心に.

Degree: 博士(中国言語文化学), 2015, Daito Bunka University / 大東文化大学

本論文は中国語における近代法律新語の形成の諸相を総合的に考察し、その全容解明のために、語彙学研究、歴史研究、翻訳研究、比較研究の視点からそれぞれを連動させながら法律新語の考察を進めた。その成果は法律新語の形成史研究、総体研究、語彙学研究の3方面にわたる。形成史研究は①清末中国の古代法から近代法への発展に際して発生した法律新語の全面的な考察、②中国製法律新語が明治日本の法律新語に与えた影響と和製法律新語の形成に関する系統的な考察、③清末から民国初期の法律新語の形成と和製法律新語から受けた影響の過程の総体的な考察である。総体研究は①清末民初期の漢訳法学書、法典とその草案、法律辞典を手がかりに中国が借用した和製法律新語の影響についての全面的な調査、②中日両国の法律新語の系統的な分類、③中日の法律新語の統計分析による全体的な発展傾向の分析、④法律新語の語彙リストの作成である。語彙学研究は①中国製法律新語と外来語として借用した和製法律新語の特徴、定着傾向の考察、②2字語の法律新語の語素と語構成についての新旧語と日中差の考察、③先行研究を踏まえた法律新語百数語の語誌の記述、④廃語となった中国製法律新語の分析である。

Subjects/Keywords: 法律新語; 近代新語; 日中語彙交流; 語彙学; 語彙史

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

藤本, . (2015). 中国近代法律新語の研究 : 中日近代法律新語の成立及び相互の影響を中心に. (Thesis). Daito Bunka University / 大東文化大学. Retrieved from http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4746/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

藤本, 健一. “中国近代法律新語の研究 : 中日近代法律新語の成立及び相互の影響を中心に.” 2015. Thesis, Daito Bunka University / 大東文化大学. Accessed February 26, 2020. http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4746/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

藤本, 健一. “中国近代法律新語の研究 : 中日近代法律新語の成立及び相互の影響を中心に.” 2015. Web. 26 Feb 2020.

Vancouver:

藤本 . 中国近代法律新語の研究 : 中日近代法律新語の成立及び相互の影響を中心に. [Internet] [Thesis]. Daito Bunka University / 大東文化大学; 2015. [cited 2020 Feb 26]. Available from: http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4746/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

藤本 . 中国近代法律新語の研究 : 中日近代法律新語の成立及び相互の影響を中心に. [Thesis]. Daito Bunka University / 大東文化大学; 2015. Available from: http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4746/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

16. Sarula. Tea in Terms of Fashion Theory : A Cultural History of Tea-related Vocabulary in England to 1714.

Degree: 博士(英語学), 2015, Daito Bunka University / 大東文化大学

本論文には、中国から欧州諸国に伝来したお茶を飲む習慣と英語語彙の発展研究を扱っている。キャサリン・オブ・ブラガンザがイギリスに来る前は紅茶はコーヒーショップで販売されており、薬として利用されていた。その後キャサリン王妃によってポルトガルからイギリスにもたらされた紅茶を飲む習慣がイギリス王室から上流階級へと広まった。また、キャサリン王妃の壮大な持参金の他にタンジール、インドのボンベイ、ポルトガル植民地との自由貿易の権利などをイギリスにもたらしたことが挙げられる。お茶流行によって消費量が増大したことが、イギリスが植民地を拡大する一因となった。そして東インド会社が紅茶の貿易を独占することとなる。紅茶がイギリス社会で発展することがヴェブレンやジンメルのトリクルダウン理論と流行理論に適応しており、喫茶が社会のヒエラルキー内で模倣され、下層まで広まって行ったと考えられる。その流行に影響を受け、お茶がメアリ女王とその妹アンにも愛飲されるようなり、メアリ女王は茶器の収集に興味を持っていた。あるいはアン女王の時代に書かれた劇にもお茶を飲むシーンがたびたび登場する。有名な劇作家コリー・シバーやリチャード・スティールの作品にもしばしば現れる。

Subjects/Keywords: tea; 17th century; vocabulary; Catherine of Braganza; fashion change

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

Sarula. (2015). Tea in Terms of Fashion Theory : A Cultural History of Tea-related Vocabulary in England to 1714. (Thesis). Daito Bunka University / 大東文化大学. Retrieved from http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4747/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Author name may be incomplete
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

Sarula. “Tea in Terms of Fashion Theory : A Cultural History of Tea-related Vocabulary in England to 1714.” 2015. Thesis, Daito Bunka University / 大東文化大学. Accessed February 26, 2020. http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4747/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Author name may be incomplete
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

Sarula. “Tea in Terms of Fashion Theory : A Cultural History of Tea-related Vocabulary in England to 1714.” 2015. Web. 26 Feb 2020.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Author name may be incomplete

Vancouver:

Sarula. Tea in Terms of Fashion Theory : A Cultural History of Tea-related Vocabulary in England to 1714. [Internet] [Thesis]. Daito Bunka University / 大東文化大学; 2015. [cited 2020 Feb 26]. Available from: http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4747/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Author name may be incomplete
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

Sarula. Tea in Terms of Fashion Theory : A Cultural History of Tea-related Vocabulary in England to 1714. [Thesis]. Daito Bunka University / 大東文化大学; 2015. Available from: http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4747/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Author name may be incomplete
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

17. 宋, 群. 関東州の中国人初等教育における日本語教育の研究 : 1904年日露戦争から1945年日本敗戦まで.

Degree: 博士(日本言語文化学), 2015, Daito Bunka University / 大東文化大学

本研究は、研究対象とする時期を、日露戦争期の1904年に関東州で日本語教育が発足した時点から、1945年の日本の敗戦までの時期に限定し、その40年間の日本語教育の実態を主題として、どのような政治的環境の下で、どのような影響を受け、変遷してきたのか、またそれぞれの時期に果たした社会的役割を明らかにすることを研究の目的とした。

Subjects/Keywords: 関東州; 中国人初等教育; 日本語教育; 植民教育; 満州国と満鉄

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

宋, . (2015). 関東州の中国人初等教育における日本語教育の研究 : 1904年日露戦争から1945年日本敗戦まで. (Thesis). Daito Bunka University / 大東文化大学. Retrieved from http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4748/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

宋, 群. “関東州の中国人初等教育における日本語教育の研究 : 1904年日露戦争から1945年日本敗戦まで.” 2015. Thesis, Daito Bunka University / 大東文化大学. Accessed February 26, 2020. http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4748/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

宋, 群. “関東州の中国人初等教育における日本語教育の研究 : 1904年日露戦争から1945年日本敗戦まで.” 2015. Web. 26 Feb 2020.

Vancouver:

宋 . 関東州の中国人初等教育における日本語教育の研究 : 1904年日露戦争から1945年日本敗戦まで. [Internet] [Thesis]. Daito Bunka University / 大東文化大学; 2015. [cited 2020 Feb 26]. Available from: http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4748/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

宋 . 関東州の中国人初等教育における日本語教育の研究 : 1904年日露戦争から1945年日本敗戦まで. [Thesis]. Daito Bunka University / 大東文化大学; 2015. Available from: http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4748/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

18. カンタムパン, スンタリー. 日・タイ語慣用句の対照研究 : 慣用句の特性と意味を中心に : Contrastive Analysis of Japanese and Thai Idioms : Focusing on Meanings and Characteristics.

Degree: 博士(日本言語文化学), 2015, Daito Bunka University / 大東文化大学

本研究では、日本語の慣用句の特性である「形式的(語彙的)変異形」「統語的階層関係」がタイ語にも存在するということを明らかにした。しかし、日本語にある「名詞句への転換」「使役形」「自動詞・他動詞」はタイ語にはない。慣用句の弁別的意味特徴として、《聴覚活動》は日本語とタイ語の意味範囲が異なる。《所有・取得》は、日本語もタイ語も<移動性>を持つが、日本語には<物理・空間的移動>及び<所有の移動>という項目が必要である。また《驚き》は、日本語もタイ語も<表出性>を持つが、タイ語には<視覚認識>及び<体感認識>という項目が必要である。《怒り》に関しては、日本語とタイ語はそれぞれ異なることが分かった。

Subjects/Keywords: タイ語の慣用句; 対照研究; 統語的変異形; 統語的階層関係; 意味分析

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

カンタムパン, . (2015). 日・タイ語慣用句の対照研究 : 慣用句の特性と意味を中心に : Contrastive Analysis of Japanese and Thai Idioms : Focusing on Meanings and Characteristics. (Thesis). Daito Bunka University / 大東文化大学. Retrieved from http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4749/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

カンタムパン, スンタリー. “日・タイ語慣用句の対照研究 : 慣用句の特性と意味を中心に : Contrastive Analysis of Japanese and Thai Idioms : Focusing on Meanings and Characteristics.” 2015. Thesis, Daito Bunka University / 大東文化大学. Accessed February 26, 2020. http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4749/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

カンタムパン, スンタリー. “日・タイ語慣用句の対照研究 : 慣用句の特性と意味を中心に : Contrastive Analysis of Japanese and Thai Idioms : Focusing on Meanings and Characteristics.” 2015. Web. 26 Feb 2020.

Vancouver:

カンタムパン . 日・タイ語慣用句の対照研究 : 慣用句の特性と意味を中心に : Contrastive Analysis of Japanese and Thai Idioms : Focusing on Meanings and Characteristics. [Internet] [Thesis]. Daito Bunka University / 大東文化大学; 2015. [cited 2020 Feb 26]. Available from: http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4749/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

カンタムパン . 日・タイ語慣用句の対照研究 : 慣用句の特性と意味を中心に : Contrastive Analysis of Japanese and Thai Idioms : Focusing on Meanings and Characteristics. [Thesis]. Daito Bunka University / 大東文化大学; 2015. Available from: http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4749/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

19. 孫, 宇雷. 逆接構文における接続機能辞の体系的研究 : 「主観性」から見る逆接構文の成立をめぐって.

Degree: 博士(日本言語文化学), 2015, Daito Bunka University / 大東文化大学

本論における目的は、認知言語学における「主観性」(Subjectivity)から、逆接構文の成立について考察し、逆接機能辞を体系的にまとめることにある。従来の逆接構文に関する研究は、そのほとんどが大量の言語事実を綿密に整理した記述的研究であるといえ、さらに、逆接構文を体系的にまとめた研究も、管見の限りは多くはないようである。複文研究における認知言語学的視点からの成果は、尾谷(2003)、Talmy(1978)などが挙げられる。そこで本論では、これらの研究成果に基づきながら、逆接の成立には「主観性」がどのように関わっているのかを、実例に基づき考察する。更には、この考察結果にもとづき、逆接機能辞を体系的にまとめる。

Subjects/Keywords: 条件系; 事実系; MultipleDominionModel; 主観性; 逆接機能辞

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

孫, . (2015). 逆接構文における接続機能辞の体系的研究 : 「主観性」から見る逆接構文の成立をめぐって. (Thesis). Daito Bunka University / 大東文化大学. Retrieved from http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4750/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

孫, 宇雷. “逆接構文における接続機能辞の体系的研究 : 「主観性」から見る逆接構文の成立をめぐって.” 2015. Thesis, Daito Bunka University / 大東文化大学. Accessed February 26, 2020. http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4750/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

孫, 宇雷. “逆接構文における接続機能辞の体系的研究 : 「主観性」から見る逆接構文の成立をめぐって.” 2015. Web. 26 Feb 2020.

Vancouver:

孫 . 逆接構文における接続機能辞の体系的研究 : 「主観性」から見る逆接構文の成立をめぐって. [Internet] [Thesis]. Daito Bunka University / 大東文化大学; 2015. [cited 2020 Feb 26]. Available from: http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4750/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

孫 . 逆接構文における接続機能辞の体系的研究 : 「主観性」から見る逆接構文の成立をめぐって. [Thesis]. Daito Bunka University / 大東文化大学; 2015. Available from: http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4750/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

20. 朴, 龍徳. 現代日本語における始動アスペクトを表す複合動詞の意味と機能 : 認知意味論的アプローチによる考察 : The Meaning and Function of Compound Verbs that Express the Inchoative Aspect in Modern Japanese : A Cognitive Semantic Approach.

Degree: 博士(日本言語文化学), 2015, Daito Bunka University / 大東文化大学

本研究では認知意味論の枠組みで、「始動」を表す「~出す」「~かかる・かける」「~てくる」を共時的に意味拡張のメカニズム、及びその動機づけを分析することにより、意味的本質を考察することを目的にした。そして、「~始める」との比較を通して、その意味的相違点を明らかにすることを目的にした。結論として、「~始める」は単なる時間的概念を表し、出来事の内部過程における〈始まり-続き-終わり〉といった全過程をベースに、そこから始まりの段階を取り立てる。これに対し、「~出す」は「容器」のスキーマを介し、事態の出現に拡張されたもので、出現した事態の始まりに焦点がある。そして、「~かかる・かける」は事態変化の結果に焦点があり、「かかる」から派生する「阻害」の意味に動機付けられ、結果の未達成を表す。また、「~てくる」は「来る」が表す「自己領域への到達」というところに動機付けられ、ある事態変化の結果が話し手の知覚領域への出現を表す主観的な捉え方である。また、「~てくる」が表す「始動」は話し手が知覚できる変化の結果からの開始を表す。

Subjects/Keywords: 始動アスペクト; 複合動詞; イメージスキーマ; 意味拡張; 動機づけ

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

朴, . (2015). 現代日本語における始動アスペクトを表す複合動詞の意味と機能 : 認知意味論的アプローチによる考察 : The Meaning and Function of Compound Verbs that Express the Inchoative Aspect in Modern Japanese : A Cognitive Semantic Approach. (Thesis). Daito Bunka University / 大東文化大学. Retrieved from http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4751/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

朴, 龍徳. “現代日本語における始動アスペクトを表す複合動詞の意味と機能 : 認知意味論的アプローチによる考察 : The Meaning and Function of Compound Verbs that Express the Inchoative Aspect in Modern Japanese : A Cognitive Semantic Approach.” 2015. Thesis, Daito Bunka University / 大東文化大学. Accessed February 26, 2020. http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4751/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

朴, 龍徳. “現代日本語における始動アスペクトを表す複合動詞の意味と機能 : 認知意味論的アプローチによる考察 : The Meaning and Function of Compound Verbs that Express the Inchoative Aspect in Modern Japanese : A Cognitive Semantic Approach.” 2015. Web. 26 Feb 2020.

Vancouver:

朴 . 現代日本語における始動アスペクトを表す複合動詞の意味と機能 : 認知意味論的アプローチによる考察 : The Meaning and Function of Compound Verbs that Express the Inchoative Aspect in Modern Japanese : A Cognitive Semantic Approach. [Internet] [Thesis]. Daito Bunka University / 大東文化大学; 2015. [cited 2020 Feb 26]. Available from: http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4751/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

朴 . 現代日本語における始動アスペクトを表す複合動詞の意味と機能 : 認知意味論的アプローチによる考察 : The Meaning and Function of Compound Verbs that Express the Inchoative Aspect in Modern Japanese : A Cognitive Semantic Approach. [Thesis]. Daito Bunka University / 大東文化大学; 2015. Available from: http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4751/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

21. LIANG, Gaoyang. A study on Information Quality and Value of E-business Website Relevant to User/Supplier Perspectives.

Degree: 博士(経営学), 2015, Daito Bunka University / 大東文化大学

 We considered to especially work on information quality and the value of website organizations possess. In order to improve the information quality and the value… (more)

Subjects/Keywords: information quality; value; evaluation system; E-business; website

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

LIANG, G. (2015). A study on Information Quality and Value of E-business Website Relevant to User/Supplier Perspectives. (Thesis). Daito Bunka University / 大東文化大学. Retrieved from http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4752/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

LIANG, Gaoyang. “A study on Information Quality and Value of E-business Website Relevant to User/Supplier Perspectives.” 2015. Thesis, Daito Bunka University / 大東文化大学. Accessed February 26, 2020. http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4752/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

LIANG, Gaoyang. “A study on Information Quality and Value of E-business Website Relevant to User/Supplier Perspectives.” 2015. Web. 26 Feb 2020.

Vancouver:

LIANG G. A study on Information Quality and Value of E-business Website Relevant to User/Supplier Perspectives. [Internet] [Thesis]. Daito Bunka University / 大東文化大学; 2015. [cited 2020 Feb 26]. Available from: http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4752/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

LIANG G. A study on Information Quality and Value of E-business Website Relevant to User/Supplier Perspectives. [Thesis]. Daito Bunka University / 大東文化大学; 2015. Available from: http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4752/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

22. レスタ, ダニエーレ. 酒呑童子のメタモルフォーゼ : 説話の翻訳・演劇・映画を中心に : Metamorphoses of Shuten Dōji : translations, visual and theatrical adaptations of a medieval legend.

Degree: 博士(日本言語文化学), 2014, Daito Bunka University / 大東文化大学

本論文は、南北朝期から現代に至るまで、さまざまなジャンルで展開の様相をみせる大江山酒呑童子説話について考察を加えたものである。特に、御伽草子をはじめとする日本古典文学を原拠とし、近代の英訳ちりめん本、現代の映画・演劇・まんがなど、多様なジャンルの表現の変遷をたどり、出典論の立場から、なぜ、そのような変化が生じたかという問題を考察した。

Subjects/Keywords: 酒呑童子; 八尋不二; ちりめん本; 木原敏江; 長谷川武二郎

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

レスタ, . (2014). 酒呑童子のメタモルフォーゼ : 説話の翻訳・演劇・映画を中心に : Metamorphoses of Shuten Dōji : translations, visual and theatrical adaptations of a medieval legend. (Thesis). Daito Bunka University / 大東文化大学. Retrieved from http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4754/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

レスタ, ダニエーレ. “酒呑童子のメタモルフォーゼ : 説話の翻訳・演劇・映画を中心に : Metamorphoses of Shuten Dōji : translations, visual and theatrical adaptations of a medieval legend.” 2014. Thesis, Daito Bunka University / 大東文化大学. Accessed February 26, 2020. http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4754/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

レスタ, ダニエーレ. “酒呑童子のメタモルフォーゼ : 説話の翻訳・演劇・映画を中心に : Metamorphoses of Shuten Dōji : translations, visual and theatrical adaptations of a medieval legend.” 2014. Web. 26 Feb 2020.

Vancouver:

レスタ . 酒呑童子のメタモルフォーゼ : 説話の翻訳・演劇・映画を中心に : Metamorphoses of Shuten Dōji : translations, visual and theatrical adaptations of a medieval legend. [Internet] [Thesis]. Daito Bunka University / 大東文化大学; 2014. [cited 2020 Feb 26]. Available from: http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4754/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

レスタ . 酒呑童子のメタモルフォーゼ : 説話の翻訳・演劇・映画を中心に : Metamorphoses of Shuten Dōji : translations, visual and theatrical adaptations of a medieval legend. [Thesis]. Daito Bunka University / 大東文化大学; 2014. Available from: http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4754/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

23. 髙田, 智仁. 文化財としての表具の研究 : 近世宮廷における書跡掛軸を中心に.

Degree: 博士(書道学), 2015, Daito Bunka University / 大東文化大学

本研究は、日本文化史等の学術領域のなかに表具を改めて位置づけることを目的とし、そのために表具が有する諸価値について論及したものである。掛軸は、鎌倉から室町時代ころより公私を問わぬ「場」で用いる観賞形態となった。そこでは、表具にも意匠が凝らされ、伝来する多くの書画が多彩な裂地や装飾によって彩られることとなった。ここにおいて、日本文化のなかで表具が荷ってきた意義は大きい。しかし、これまでの研究では表具に内在する文化性・芸術性を認めながらも概論の域からは脱しえなかった。本研究ではそれらの先行研究を踏まえ、特に「同一の裂地」が用いられる事例を中心に改めて表具を研究対象として捉え、出来うる限り具体的な事例を基に考察を行った。これまで手付かずの部分が大きかった書跡掛軸に着目するとともに、日本文化において大きな足跡を残した宮廷文化における掛軸に焦点を定めた、七章からなる本研究のなかでは、表具が一つの歴史的史料たりうるモノ(歴史的価値)であること、そして当代の人々による趣向が発揮されたモノ(文化的価値)であることに論及しえた。これはすなわち表具もまた当時における文化的所産であることを論証したことにほかならない。

Subjects/Keywords: 書道史; 文化財; 表具; 書跡文化史; 表装

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

髙田, . (2015). 文化財としての表具の研究 : 近世宮廷における書跡掛軸を中心に. (Thesis). Daito Bunka University / 大東文化大学. Retrieved from http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4756/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

髙田, 智仁. “文化財としての表具の研究 : 近世宮廷における書跡掛軸を中心に.” 2015. Thesis, Daito Bunka University / 大東文化大学. Accessed February 26, 2020. http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4756/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

髙田, 智仁. “文化財としての表具の研究 : 近世宮廷における書跡掛軸を中心に.” 2015. Web. 26 Feb 2020.

Vancouver:

髙田 . 文化財としての表具の研究 : 近世宮廷における書跡掛軸を中心に. [Internet] [Thesis]. Daito Bunka University / 大東文化大学; 2015. [cited 2020 Feb 26]. Available from: http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4756/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

髙田 . 文化財としての表具の研究 : 近世宮廷における書跡掛軸を中心に. [Thesis]. Daito Bunka University / 大東文化大学; 2015. Available from: http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/4756/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

24. プリミアーニ, オレグ. 江戸初期の東照宮三十六歌仙扁額 : 和歌・書・絵の系統を中心に.

Degree: 博士(日本言語文化学), 2015, Daito Bunka University / 大東文化大学

徳川家康の遺言に従い、元和二年(一六一六)、二代将軍徳川秀忠が日光山と久能山の東照宮の造営を開始させる。翌年(一六一七)、両社が竣工し、その拝殿には三十六歌仙扁額が奉納された。両者の制作は、秀忠の願いによって、在位中の後水尾天皇の下で行われ、歌仙和歌に後水尾天皇自身の宸翰がある。この例に倣って江戸初期では、拝殿を荘厳するために欠かせない装飾様式のひとつとして、各地の東照宮にも三十六歌仙扁額が奉納されたと思われる。本研究では、日光・久能山をはじめ、水戸・世良田・仙波・金沢・滝山の東照宮七社に伝来する三十六歌仙扁額を集め、その歌仙和歌の本文と書、そしてその歌仙絵を調査した。その結果、第一に「日光本系統」と「久能山本系統」の歌仙和歌本文二系統の存在が確認された。第二に、日光東照宮本の書における書写手法が明らかになった。第三に、装束・構図において七本の歌仙絵の様式の類似性と相違点が確認された。

Subjects/Keywords: 三十六歌仙; 東照宮; 歌仙絵; 扁額; 和歌

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

プリミアーニ, . (2015). 江戸初期の東照宮三十六歌仙扁額 : 和歌・書・絵の系統を中心に. (Thesis). Daito Bunka University / 大東文化大学. Retrieved from http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/51380/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

プリミアーニ, オレグ. “江戸初期の東照宮三十六歌仙扁額 : 和歌・書・絵の系統を中心に.” 2015. Thesis, Daito Bunka University / 大東文化大学. Accessed February 26, 2020. http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/51380/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

プリミアーニ, オレグ. “江戸初期の東照宮三十六歌仙扁額 : 和歌・書・絵の系統を中心に.” 2015. Web. 26 Feb 2020.

Vancouver:

プリミアーニ . 江戸初期の東照宮三十六歌仙扁額 : 和歌・書・絵の系統を中心に. [Internet] [Thesis]. Daito Bunka University / 大東文化大学; 2015. [cited 2020 Feb 26]. Available from: http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/51380/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

プリミアーニ . 江戸初期の東照宮三十六歌仙扁額 : 和歌・書・絵の系統を中心に. [Thesis]. Daito Bunka University / 大東文化大学; 2015. Available from: http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/51380/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

25. 徐, 輝. 在日インド人の異文化適応に関する研究 : 東京都江戸川区の事例を中心として : A Research on Cross-cultural Adaptation of Indians Living in Japan : A case Study of Edogawa Ward in Tokyo.

Degree: 博士(アジア地域研究学), 2015, Daito Bunka University / 大東文化大学

本研究の目的は、日本におけるインド人の異文化適応に着目し、異文化適応の実態、問題、課題などを明らかにすることである。本研究は5章で構成されている。第1章では、本研究の研究課題、理論的枠組みなどを述べている。第2章では、統計資料をもとに、在日インド人社会を取り上げ、その形成と変容のメカニズムなどについて論じた。第3章では、在日インド人教育問題について論じた。第4章では、アンケートをもとに、江戸川区インド人の全体像を把握している。第5章では、結論と課題について述べた。

Subjects/Keywords: 在日インド人; 移民; ニューカマー; 異文化適応; 江戸川区

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

徐, . (2015). 在日インド人の異文化適応に関する研究 : 東京都江戸川区の事例を中心として : A Research on Cross-cultural Adaptation of Indians Living in Japan : A case Study of Edogawa Ward in Tokyo. (Thesis). Daito Bunka University / 大東文化大学. Retrieved from http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/51390/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

徐, 輝. “在日インド人の異文化適応に関する研究 : 東京都江戸川区の事例を中心として : A Research on Cross-cultural Adaptation of Indians Living in Japan : A case Study of Edogawa Ward in Tokyo.” 2015. Thesis, Daito Bunka University / 大東文化大学. Accessed February 26, 2020. http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/51390/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

徐, 輝. “在日インド人の異文化適応に関する研究 : 東京都江戸川区の事例を中心として : A Research on Cross-cultural Adaptation of Indians Living in Japan : A case Study of Edogawa Ward in Tokyo.” 2015. Web. 26 Feb 2020.

Vancouver:

徐 . 在日インド人の異文化適応に関する研究 : 東京都江戸川区の事例を中心として : A Research on Cross-cultural Adaptation of Indians Living in Japan : A case Study of Edogawa Ward in Tokyo. [Internet] [Thesis]. Daito Bunka University / 大東文化大学; 2015. [cited 2020 Feb 26]. Available from: http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/51390/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

徐 . 在日インド人の異文化適応に関する研究 : 東京都江戸川区の事例を中心として : A Research on Cross-cultural Adaptation of Indians Living in Japan : A case Study of Edogawa Ward in Tokyo. [Thesis]. Daito Bunka University / 大東文化大学; 2015. Available from: http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/51390/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

26. 林, 錦濤. 文人画における書画相互の実態.

Degree: 博士(書道学), 2016, Daito Bunka University / 大東文化大学

中国の書画が実用から審美の功能に変転できるのは、作品の構成要素に類似する部分が存在するからです。例えば、筆、墨、紙、絹という道具や媒材、作者の感情を表わす点画がそれです。書画両者の内面的な趣きには、主観の情感の表現を強調できるという共通点があるので、書と画を自然に繋げて互いの関係を取り上げる論者が登場します。唐代以後、書法と絵画について沢山の人が論じ始め、法と理との間に互いに影響を与えたと考えられます。趙孟頫は『秀石疏林図巻』に「石は飛白の如く、木は籀の如く、竹を写くは還た八法に通ず。若し人の能く此れを会する有らば、則ち書画は本来同じきを知るべし」と題しました。彼はこの理念をもって制作を進める代表者です。書によって画への見方を表わすのは、明清から現代まで続きます。この間、この両者の関係はさらに緊密になり、画法によって書法を表現したり、書法を画法と融合したりすることが頻繁に見られます。

Subjects/Keywords: 文人画; 書画合参; 書画同源; 書を以って画に入る; 書画同体

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

林, . (2016). 文人画における書画相互の実態. (Thesis). Daito Bunka University / 大東文化大学. Retrieved from http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/51400/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

林, 錦濤. “文人画における書画相互の実態.” 2016. Thesis, Daito Bunka University / 大東文化大学. Accessed February 26, 2020. http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/51400/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

林, 錦濤. “文人画における書画相互の実態.” 2016. Web. 26 Feb 2020.

Vancouver:

林 . 文人画における書画相互の実態. [Internet] [Thesis]. Daito Bunka University / 大東文化大学; 2016. [cited 2020 Feb 26]. Available from: http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/51400/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

林 . 文人画における書画相互の実態. [Thesis]. Daito Bunka University / 大東文化大学; 2016. Available from: http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/51400/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

27. 陳, 小珍. 五臣注《文選》の音韻研究 : 朝鮮本を中心に.

Degree: 博士(中国言語文化学), 2016, Daito Bunka University / 大東文化大学

本論文は現存する五臣注《文選》の四つの単注本と三つの合注本を互いに比較し、朝鮮本は現存する最良の五臣注本であると結論付けた。その上、この朝鮮本を底本とし、その版本にある7336個の音注を研究し、五臣音注の声母・韻母・声調の特徴をまとめ、五臣音注の性格を検討した。

Subjects/Keywords: 版本整理; 韻母体系; 音系性格; 声母体系; 声調体系

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

陳, . (2016). 五臣注《文選》の音韻研究 : 朝鮮本を中心に. (Thesis). Daito Bunka University / 大東文化大学. Retrieved from http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/51410/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

陳, 小珍. “五臣注《文選》の音韻研究 : 朝鮮本を中心に.” 2016. Thesis, Daito Bunka University / 大東文化大学. Accessed February 26, 2020. http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/51410/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

陳, 小珍. “五臣注《文選》の音韻研究 : 朝鮮本を中心に.” 2016. Web. 26 Feb 2020.

Vancouver:

陳 . 五臣注《文選》の音韻研究 : 朝鮮本を中心に. [Internet] [Thesis]. Daito Bunka University / 大東文化大学; 2016. [cited 2020 Feb 26]. Available from: http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/51410/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

陳 . 五臣注《文選》の音韻研究 : 朝鮮本を中心に. [Thesis]. Daito Bunka University / 大東文化大学; 2016. Available from: http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/51410/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

28. 石川, 薫. 明治末期から大正末期における中国語教育研究 : 笑話・童話を中心として.

Degree: 博士(中国言語文化学), 2016, Daito Bunka University / 大東文化大学

本論文は3部構成である。第1部では、支那笑話や支那童話を用いた支那語学習テキストが誕生しえた理由について論じている。第1章では語学学習に笑話や童話を学習教材とすることは異文化理解といった点から非常に有効な方法であることを指摘した。第2章では支那笑話と支那童話を用いたテキストが大正末期の一時期に集中して刊行された理由を当時の日本社会に求め分析を行った。第3章では辛亥革命後の中華民国の社会状況について述べた。第4章では笑話テキストと童話テキストが誕生した背景を中国語教育史から論じた。第2部では笑話テキストと童話テキストがどのような材料から、どのように作られたかについて論じた。第5章では岡本正文が支那笑話を語学学習教材として「発見」した先駆者として位置付け、確認した。第6章では矢野藤助と米田祐太郎両者のテキスト作成方法の一端を明らかにした。第3部ではこれらのテキストが北京語の特徴を有するかを確認した。第7章では笑話テキストおよび童話テキストが北京語学習テキストしてふさわしいものであるかを太田辰夫による北京語の7特徴論を用い考察を行った。

Subjects/Keywords: 中国語教育史; 童話; 米田祐太郎; 笑話; 矢野藤助

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

石川, . (2016). 明治末期から大正末期における中国語教育研究 : 笑話・童話を中心として. (Thesis). Daito Bunka University / 大東文化大学. Retrieved from http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/51420/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

石川, 薫. “明治末期から大正末期における中国語教育研究 : 笑話・童話を中心として.” 2016. Thesis, Daito Bunka University / 大東文化大学. Accessed February 26, 2020. http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/51420/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

石川, 薫. “明治末期から大正末期における中国語教育研究 : 笑話・童話を中心として.” 2016. Web. 26 Feb 2020.

Vancouver:

石川 . 明治末期から大正末期における中国語教育研究 : 笑話・童話を中心として. [Internet] [Thesis]. Daito Bunka University / 大東文化大学; 2016. [cited 2020 Feb 26]. Available from: http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/51420/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

石川 . 明治末期から大正末期における中国語教育研究 : 笑話・童話を中心として. [Thesis]. Daito Bunka University / 大東文化大学; 2016. Available from: http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/51420/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

29. 洪, 安瀾. 現代中国語の存在表現 : 空間と時間の視点から.

Degree: 博士(中国言語文化学), 2016, Daito Bunka University / 大東文化大学

本論文は日中両言語における存在表現に関する研究である。存在表現を明らかにするために、筆者は一般に言われている中国語の存在文と“在字句"について、構造上、意味上の考察と分析を行った。構造上の分析は主に日本語連語論の分析方法を活用し、空間詞の「格」および連語レベルの各文成分の関係について調べた。意味上においては、連語論の出来事を分類する考え方と認知、語用論の若干の概念を拝借し、存在文および“在字句"の使用上の問題について分析した。本論の部分は全部で4章から構成されている。第一章は「“在字句"と存在文」であり、第二章は「現代中国語の存在文」である。二章は中国語の存在文と“在字句"の構造についてで分析考察である。第三章は「存在文における「時間」」で、そして第四章は「存在表現における「報告・発見」」である。第三、四章は「認知」、「アスペクト」、「語用論」の若干概念を利用して、分析を試みた。

Subjects/Keywords: 存在表現; 連語論; 報告と発見; アスペクト; 日中対照

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

洪, . (2016). 現代中国語の存在表現 : 空間と時間の視点から. (Thesis). Daito Bunka University / 大東文化大学. Retrieved from http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/51430/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

洪, 安瀾. “現代中国語の存在表現 : 空間と時間の視点から.” 2016. Thesis, Daito Bunka University / 大東文化大学. Accessed February 26, 2020. http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/51430/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

洪, 安瀾. “現代中国語の存在表現 : 空間と時間の視点から.” 2016. Web. 26 Feb 2020.

Vancouver:

洪 . 現代中国語の存在表現 : 空間と時間の視点から. [Internet] [Thesis]. Daito Bunka University / 大東文化大学; 2016. [cited 2020 Feb 26]. Available from: http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/51430/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

洪 . 現代中国語の存在表現 : 空間と時間の視点から. [Thesis]. Daito Bunka University / 大東文化大学; 2016. Available from: http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/51430/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

30. NANG, Seng Hong. The Language of Democracy and Federalism in Burma and Its Divorce from True Concepts : The Way Forward for The Burmese Federation.

Degree: 博士(英語学), 2016, Daito Bunka University / 大東文化大学

 The current Burmese Governments has made gestures toward democratization and been involved in discussions of minority rights in recent years. Ethnic minorities have struggling in… (more)

Subjects/Keywords: Burmese government; democrcy; the way forward; ethnic minorities groups; federalism

Record DetailsSimilar RecordsGoogle PlusoneFacebookTwitterCiteULikeMendeleyreddit

APA · Chicago · MLA · Vancouver · CSE | Export to Zotero / EndNote / Reference Manager

APA (6th Edition):

NANG, S. H. (2016). The Language of Democracy and Federalism in Burma and Its Divorce from True Concepts : The Way Forward for The Burmese Federation. (Thesis). Daito Bunka University / 大東文化大学. Retrieved from http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/51440/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Chicago Manual of Style (16th Edition):

NANG, Seng Hong. “The Language of Democracy and Federalism in Burma and Its Divorce from True Concepts : The Way Forward for The Burmese Federation.” 2016. Thesis, Daito Bunka University / 大東文化大学. Accessed February 26, 2020. http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/51440/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

MLA Handbook (7th Edition):

NANG, Seng Hong. “The Language of Democracy and Federalism in Burma and Its Divorce from True Concepts : The Way Forward for The Burmese Federation.” 2016. Web. 26 Feb 2020.

Vancouver:

NANG SH. The Language of Democracy and Federalism in Burma and Its Divorce from True Concepts : The Way Forward for The Burmese Federation. [Internet] [Thesis]. Daito Bunka University / 大東文化大学; 2016. [cited 2020 Feb 26]. Available from: http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/51440/.

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

Council of Science Editors:

NANG SH. The Language of Democracy and Federalism in Burma and Its Divorce from True Concepts : The Way Forward for The Burmese Federation. [Thesis]. Daito Bunka University / 大東文化大学; 2016. Available from: http://opac.daito.ac.jp/repo/repository/daito/51440/

Note: this citation may be lacking information needed for this citation format:
Not specified: Masters Thesis or Doctoral Dissertation

[1] [2] [3]

.